2021/04/21 更新

写真a

イブラヒム ヒツシヤムラドワン
イブラヒム ヒッシャムラドワン
Ibrahim Hisham Radwan
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 教授
農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 教授
職名
教授

学位

  • 博士 (農学) ( 1993年3月   鳥取大学 )

  • 農学修士 ( 1990年3月   山口大学 )

  • 学士 ( 1979年6月   カイロ大学(農学部) )

研究キーワード

  • タンパク質工学

  • 遺伝子工学

  • 抗菌性タンパク

  • 乳酸菌

  • 牛乳

  • 卵白

  • 機能性タンパク質及びペプチド

  • 食品化学・栄養科学

  • 応用微生物学・応用生物化学

  • Structural Biology

  • Nutraceuticals

  • Food Chemistry

  • Biochemistry

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用微生物学  / 食品化学

  • ライフサイエンス / 食品科学  / 機能性食品

  • ライフサイエンス / 機能生物化学  / タンパク質工学

  • ライフサイエンス / 細菌学  / 微生物学

  • ライフサイエンス / 遺伝学  / タンパク質化学

  • ライフサイエンス / 食品科学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

▼全件表示

学歴

  • 島根大学   鳥取大学大学院連合農学研究科   生物資源化学

    1990年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鳥取大学

    - 1993年

  • 鳥取大学   生物資源研究科   生化学

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 山口大学   農学部   農芸化学科

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 山口大学

    - 1990年

  • 山口大学   生物資源研究科   生化学

    - 1990年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • カイロ大学   農学部   食品科学科

    1975年10月 - 1979年6月

      詳細を見る

    国名: エジプト・アラブ共和国

  • Cairo University   Faculty of Agriculture   Food chemistry

    - 1979年

      詳細を見る

    国名: エジプト・アラブ共和国

  • カイロ大学   農学部   食品化学

    - 1979年

      詳細を見る

    国名: エジプト・アラブ共和国

▼全件表示

経歴

  • 鹿児島大学   食品機能化学   教授

    1995年7月 - 現在

  • 鹿児島大学   食品機能科学連合講座   教授

    1995年7月 - 現在

  • Research, Cal Poly University, USA

所属学協会

  • American Oil Chemists Society (AOCS)

    2015年10月 - 現在

  • American Chemical Society (ACS)

    2015年10月 - 現在

  • World Poultry Science Association (WPSA)

    2015年10月 - 現在

  • 国際Food System Functionalty学会 (USA)

    2015年10月 - 現在

  • 国際食品タンパク質構造と機能学会 (Germany)

    2015年10月 - 現在

  • 日本酪農科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本畜産学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際食品機能学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

  • American Oil Chemists Society (AOCS)

  • 日本農芸化学会

  • Japanese Dairy Science Association

  • Japanese Dairy Science Association

  • Japan Society for Bioscience

  • Institute of Food Technologists(IFT)

  • Food System Functionality Association (FSFA)

  • Egg Science Forum

  • Biotechnology

  • American Oil Chemists Society (AOCS)

  • American Chemical Society (ACS)

▼全件表示

委員歴

  • American Chemical Society (ACS)   Conference Organizer  

    2009年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    American Chemical Society (ACS)

  • Americal Chemical Society (ACS)   Hisham Ibrahim  

    2008年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    American Oil Chemists Society (AOCS)

  • Americal Oil Chemist's Society (AOCS)   Hisham Ibrahim  

    2008年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • World’s Poultry Science Association (WPSA)   Hisham Ibrahim  

    2005年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Japanese Dairy Science Association   ヒッシャム イブラヒム  

    2001年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    Japanese Dairy Science Association

  • International Society of Food Function   ヒッシャム イブラヒム  

    1995年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本農芸化学会   ヒッシャム イブラヒム  

    1988年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本農芸化学会

▼全件表示

留学歴

  • 2000年3月 - 2001年3月   カリフォルニア州立工科大学   訪問研究者

取得資格

  • 航空無線通信士

  • 自家用操縦士(飛行機)

  • 普通自動車免許(一種)

 

論文

  • Ibrahim H.R. .  Innate Antimicrobial Proteins and Peptides of Avian Egg .  Food Chemistry, Function and Analysis2019-January ( 14 ) 211 - 222   2019年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Food Chemistry, Function and Analysis  

    DOI: 10.1039/9781788013833-00211

    Scopus

  • Ibrahim H.R. .  Potential antioxidant bioactive peptides from camel milk proteins .  Animal Nutrition4 ( 3 ) 273 - 280   2018年9月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Animal Nutrition  

    DOI: 10.1016/j.aninu.2018.05.004

    Scopus

    PubMed

  • Hisham R. Ibrahim, Fukiko Nanbu and Takeshi Miyata .  Potent antioxidant peptides derived from honey major protein enhance tolerance of eukaryotic cells toward oxidative stress .  Food Production Processing and Nutrition3 ( 11 ) 1 - 10   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1186/s43014-021-00052-2

    その他リンク: https://fppn.biomedcentral.com/track/pdf/10.1186/s43014-021-00052-2.pdf

  • Hisham R Ibrahim, Daiichi Miyawaki, Takeshi Miyata .  Ovotransferrin as a novel drug-targeting molecule for cancer chemotherapy .  Journal of Stem Cell Research and Medicine5   1 - 8   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Open Access Text (OAT)  

    DOI: https://doi.org/10.15761/JSCRM.1000141

    その他リンク: https://www.oatext.com/Journal-of-Stem-Cell-Research-and-Medicine-JSCRM.php#gsc.tab=0

  • Ibrahim, H.R. .  Innate antimicrobial proteins and peptides of avian egg .  Eggs as Functional Foods and Nutraceuticals for Human Health ( 12 ) 211 - 222   2019年12月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry Press, Cambridge, UK  

    DOI: https://doi.org/10.1039/9781788013833-00211

    その他リンク: https://pubs.rsc.org/en/content/chapter/9781788013833-00211/978-1-78801-383-3

  • Ibrahim H.R. .  Novel peptide motifs from lysozyme suppress pro-inflammatory cytokines in macrophages by antagonizing toll-like receptor and LPS-scavenging action .  European Journal of Pharmaceutical Sciences107   240 - 248   2017年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Pharmaceutical Sciences  

    DOI: 10.1016/j.ejps.2017.07.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Ibrahim, H.R.; Hamasaki, K.; Miyata, T. .  Novel peptide motifs from lysozyme suppress pro-inflammatory cytokines in macrophages by antagonizing toll-like receptor and LPS-scavenging action .  European Journal of Pharmaceutical Sciences ( 107 ) 240 - 248   2017年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.ejps.2017.07.005

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0928098717304049?via%3Dihub

  • Ibrahim H.R. .  Novel angiotensin-converting enzyme inhibitory peptides from caseins and whey proteins of goat milk .  Journal of Advanced Research8 ( 1 ) 63 - 71   2017年1月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Advanced Research  

    DOI: 10.1016/j.jare.2016.12.002

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Ahmed S. A.; El-Bassiony, T.; Elmalt, L.M.; Ibrahim, H.R.* .  Identification of potent antioxidant bioactive peptides from goat milk proteins .  Food Research International74 ( (Online 23 April 2015) ) 80 - 88   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://dx.doi.org/10.1016/j.foodres.2015.04.032

  • Ibrahim, H.R.; Tatsumoto, S.; Ono, H.; Immerseel, F.V.; Raspoet, R.; Miyata, T. .  A novel antibiotic-delivery system by using ovotransferrin as targeting molecule .  European Journal of Pharmaceutical Sciences66 ( 23 January 2015 (online 12 October 2014) ) 59 - 69   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://dx.doi.org/10.1016/j.ejps.2014.10.005

  • Hisham R. Ibrahim; Akiko Hozono; Masaharu Fukami; Mohamed A Shaban; Takeshi Miyata .  Expression of ovotransferrin enhances tolerance of yeast cells toward oxidative stress .  J. Agri. Food Chem.61 http://dx.doi.org/10.1021/jf401152e ( (26) Publish Date (Web): June 11, 2013 ) 6358 - 6365   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hisham R. Ibrahim .  Anti-infective drugs: why should we pay attention? .  Outlook on Developing DrugsOpen Access ( http://dx.doi.org/10.4172/oddo.1000e112 ) 1 - 2   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Myint, SL; Kinoshita,K; Shimogiri, T; Ibrahim,HR; Tsusaki, T; Tanoue, T; Kawabe, K; Maeda, Y; Okamoto, S .  Effect of polymorphism in egg white lysozyme on muramidase and antibacterial activities as well as hatchability in the Japanese quail (Coturnix japonica) .  Journal of Animal Science90 ( 6 ) 1747 - 1755   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • イブラヒム ヒッシャム .  治療薬として卵白ペプチドの新しいポテンシャル .  食品の流通システムと食品に関する最新の科学・食品加工実習所シンポジウム5   13 - 16   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ibrahim, H.R.; Imazato, K. and Ono, H. .  Human lysozyme possesses novel antimicrobial peptides within its N-terminal domain that target bacterial respiration .  J. Agri. Food Chem.59 ( 18 ) 10336 - 10345   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hoq, M.I. and Ibrahim, H.R. .  Potent antimicrobial action of triclosan-lysozyme complex against skin pathogens mediated through drug-targeted delivery mechanism .  Eur. J. Pharm. Sci.42   130 - 137   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R. .  Novel drug-targeting strategy from beneath the shell of egg .  Expert Opin. Drug Deliv.7 ( 10 ) 1145 - 1158   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hoq, M.I.; Aoki, T.; Ibrahim, H.R.* .  Triclosan-lysozyme complex: A promising anti-microbial macromolecule stable against photooxidative damage .  Food Res. Intl.42   298 - 306   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R. and Kiyono, T. .  Novel anticancer activity of the auto-cleaved ovotransferrin against human colon and breast cancer cells .  J. Agric. Food Chem.57   11383 - 11390   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enomoto, H., Nagae, S., Hayashi, Y., Li, C.P., Ibrahim H.R., Sugimoto, Y., Aoki, T. .  Improvement of functional properties of egg white protein through glycation and phosphorylation by dry-heating .  Asian-Australian J. Anim. Sci.22 ( 4 ) 591 - 697   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi, Y., Nagano, S., Enomoto, H., Li, C.P., Sugimoto, Y., H., Ibrahim H.R., Hatta, H., Takeda, C., Aoki, T. .  Improvement of foaming property of egg white protein by phosphorylation through dry-heating in the presence of pyrophosphate .  Food Chem. 74 ( 1 ) C68 - C72   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enomoto, H., Li, C.P., Morizane, K., Ibrahim H.R., Sugimoto, Y., Ohki, S., Ohtomo, H. and Aoki, T. .  Improvement of functional properties of bovine serum albumin through phosphorylation by dry-heating in the presence of pyrophosphate .  J. Food Sci.73 ( 2 ) 84 - 91   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R. .  A new potential for anti-infection therapy .  INFORM19 ( 3 ) 189 - 192   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hoq, M.I.; Mitsuno, K.; Tsujino, Y.; Aoki, T.; Ibrahim, H.R.* .  Triclosan-lysozyme complex as novel antimicrobial macromolecule: a new potential of lysozyme as phenolic drug-targeting molecule .  Intl. J. Biol. Macromol. 42 ( 5 ) 468 - 477   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi, Y., Li, C.P., Enomoto, H., Ibrahim H.R., Sugimoto, Y., Aoki, T. .  Improvement of functional properties of ovotransferrin by phosphorylation through dry-heating in the presence of pyrophosphate .  Asian-Australian J. Anim. Sci.21 ( 4 ) 596 - 602   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Hoq, M.I.; Aoki, T. .  Ovotransferrin Possesses SOD-like Superoxide Anion Scavenging Activity that is Promoted by Copper and Manganese Binding .  Intl. J. Biol. Macromol.41 ( 5 ) 631 - 640   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • El-waziry, A.M. and Ibrahim, H.R. .  Effect of Saccharomyces cerevisiae on Cell Wall Constituents Digestion in Sheep Fed Berseem (Trifolium alexandrinum) Hay and Cellulase Activity .  Australian Journal of Basic and Applied Sciences1 ( 4 ) 379 - 385   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Abdou, A.M.; Higashiguchi, S.; Aboueleinin, A.M.; Kim, M.; Ibrahim, H.R. .  Antimicrobial peptides derived from hen egg lysozyme with inhibitory effect against Bacillus species .  Food Control18   173 - 178   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enomoto(Hirofumi),Morizane(K),イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,大木(信一),大友(英生),青木孝良(AokiTakayoshi) .  Glycation and phosphorylation of β-lactoglobulin by dry-heating: Effect on protein structure and some properties. .  J. Agri. Food Chem.55 ( 8 ) 2392 - 2398   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Haraguchi, T.; Aoki, T. .  Ovotransferrin is a Redox-dependent Autoprocessing Protein Incorporating Four Consensus Self-cleaving Motifs Flanking the Two Kringles .  Biochim. Biophys. Acta1760 ( 3 ) 347 - 355   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Inazaki, D.; Abdou, A.; Aoki, T.; Kim, M. .  Processing of Lysozyme at Distinct Loops by Pepsin: A Novel Action for Generating Multiple Antimicrobial Peptide Motifs in The Newborn Stomach .  Biochim. Biophys. Acta1726 ( 1 ) 102 - 114   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li, C.P.; Hayashi, Y.; Shinohara, H.; Ibrahim, H.R.; Sugimoto, Y.; Kurawaki, J.; Matsudomi, N.; Aoki, T. .  Phosphorylation of Ovalbumin by Dry-heating in the Presence of Pyrophosphate: Effect on Protein Structure and Some Properties .  J. Agric. Food Chem.53 ( 12 ) 4962 - 4967   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李ソウ鵬,林葉子,篠原広志,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,藏脇淳一,松冨直利,青木孝良 .  Phosphorylation of ovalbumin by dry-heating in the presence of pyrophosphate: Effect on protein structure and some properties .  J. Agri. Food Chem.53 ( 12 ) 4962 - 4967   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li, C.P.; Ibrahim, H.R.; Sugimoto, Y.; Hatta, H.; Aoki, T. .  Improvement of Functional Properties of Egg White Protein through Phosphorylation by Dry-Heating in the Presence of Pyrophosphate .  J. Agric. Food Chem.52 ( 18 ) 5752 - 5758   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李ソウ鵬,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,八田一,青木孝良 .  Improvement of functional properties of egg white protein through phosphorylation by dry-heating in the presence of pyrophosphate .  J. Agri. Food Chem.52 ( 18 ) 5752 - 5758   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakano, T.; Sugimoto, Y.; Ibrahim, H.R.; Toba, Y.; Aoe, S.; Kawakami, H.; Aoki, T. .  Preparation of Micellar Calcium Phosphate-Casein Phosphopeptide Complex from Rennet Casein Using Ultrafiltration .  Milk Science53 ( 2 ) 63 - 69   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinoshita K, Shimogiri T, Okamoto S, Yoshizawa K, Mannen H, Ibrahim, H.R, Cheng HH, Maeda Y. .  Linkage mapping of chicken ovoinhibitor and ovomucoid genes to chromosome 13 .  Anim. Genet.35 ( 4 ) 356 - 358   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中野智木,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン,鳥羽保宏,川上浩,青木孝良 .  Preparation of micellar calcium phosphate-casein phosphopeptide complex from rennet casein using ultrafiltration .  Milk Science53 ( 2 ) 64 - 69   2004年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Taniyama, N.; Aoki, T. .  Distinct Dimerization between Alpha-lactalbumin and Lysozyme Exhibiting Novel Antimicrobial Activity against Gram-positive and Gram-negative Bacteria .  Letters in Drug Design & Discovery1 ( 2 ) 101 - 109   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李ソウ鵬,アルビンS.サルバドル,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,青木孝良 .  Phosphorylation of egg white proteins by dry-heating in the presence of phosphate .  J. Agri. Food Chem.51 ( 23 ) 6908 - 6815   2003年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R. .  Hen Egg White Lysozyme and Ovotransferrin: Mystery, Structural Role and Antimicrobial Function .  Proceedings of the Xth European Symposium on the Quality of Eggs and Egg Products3   350 - 365   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 中野智木,アルビンS.サルバドル(Arvin S. Salvador),田持二郎,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン,鳥羽保宏,青江誠一郎,川上浩,青木孝良 .  Phosphorylation of strach and dxtrin by dry-heating in the presence of phosphpate, and their calcium phosphate-silubilizing ability .  Nahrung/Food47 ( 4 ) 274 - 278   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R. and Aoki, T. .  New Promises of Lysozyme as Immune Modulator and Antimicrobial Agent for Nutraceuticals .  Foods & Food Ingredients J. Jpn208 ( 5 ) 361 - 374   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinoshita, K.; Shimogiri, T.; Okamoto, S.; Kawabe, K.; Ishizuka, J.; Ibrahim, H.R.; Maeda, Y. .  Identification of ovalbumin phenotypes of the Asian indigenous chicken populations using polymerase chain reaction-restriction fragment length polymorphism .  Anim. Sci. J.74   355 - 362   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T.; Pellegrini, A. .  Strategies for New Antimicrobial Proteins and Peptides: Lysozyme and Aprotinin as Model Molecules .  Current Pharmaceutical Design8 ( 9 ) 671 - 693   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pellegrini, A., Thomas, U. and Ibrahim, H.R. .  A Bactericidal Domain of Lysozyme with Helix-loop-helix structure Present A Strong Antimicrobial Activity .  Proceedings of the 27th European Peptide Symposium27   582 - 583   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Ibrahim, H.R.; Thomas, U.; Pellegrini, A. .  A helix-loop-helix peptide at the upper lip of the active site cleft of lysozyme confers potent antimicrobial activity with membrane permeabilization action .  J. Biol. Chem.276 ( 47 ) 43767 - 43774   2001年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Matsuzaki, T.; Aoki, T. .  Genetic evidence that antibacterial activity of lysozyme is independent of its catalytic function .  FEBS Letters506 ( 1 ) 27 - 32   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim, H.R.; Sugimoto, Y.; Aoki, T. .  Ovotransferrin Antimicrobial Peptide (OTAP-92) Kills Bacteria through Membrane Damaging Mechanism .  Biochim. Biophys. Acta1523   196 - 205   2001年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 青木孝良,吹留優子,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン .  Modification of ovalbumin with oligogalacturonic acids through the Maillard reaction .  Food Research International34 ( ※ ) 127 - 132   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugimoto Y.; Sanuki S.; R. Ibrahim, H.R.; Aoki T.; Kusakabe T.; Koga K. .  Occurrence of ovalbumin in ovarian yolk of chicken during oogenesis .  Biochim. Biophys. Acta1526 ( 1 ) 1 - 4   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中野智木,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン,鳥羽保宏,青江誠一郎,青木孝良 .  Preparation of milk calcium salts by using casein phosphopeptides and their characterization .  Preparative Biochemistry and Biotechnology30 ( 2 ) 155 - 166   2000年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Eggs as Functional Foods and Nutraceuticals for Human Health

    Ibrahim, H.R.( 担当: 単著 ,  範囲: Innate antimicrobial proteins and peptides of avian egg)

    The Royal Society of Chemistry Press, Cambridge  2019年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:406   担当ページ:244-222   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Natural Food Antimicrobial Systems

    Ibrahim, H.R. ( 担当: 単著 ,  範囲: Ovotransferrin: Chemistry and Antimicrobial Function)

    CRC Press Inc. FL, USA  2000年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Hen Eggs-Their Basic and Applied Science

    Ibrahim, H.R.( 担当: 単著 ,  範囲: Insights into the structure-function relationships of ovalbumin, ovotransferrin and lysozyme)

    CRC Press Inc. FL, USA  1997年 

     詳細を見る

    総ページ数:224   担当ページ:37-56   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Egg Uses and Processing Technology

    Kato, A.; Ibrahim, H.R.; Nakamura, S. and Kobayashi, K. ( 担当: 共著 ,  範囲: New methods for improving functionality of egg white proteins; In “Egg Uses and Processing Technology)

    CAB International, Wallingford, UK  1994年 

     詳細を見る

    総ページ数:436   担当ページ:250-268   記述言語:英語 著書種別:学術書

    その他リンク: https://www.amazon.co.jp/s?k=9780851988665

  • Food Proteins: Structure and Functionality

    Ibrahim, H.R. and Kato, A.( 担当: 共著 ,  範囲: Design of amphipathic lysozyme using chemical and genetic modifications to achieve diverse antimicrobial action and optimal food functionality)

    VCH Verlagsgesellschaft Press, Weinheim, Germany  1993年 

     詳細を見る

    総ページ数:363   担当ページ:16-28   記述言語:英語 著書種別:学術書

    その他リンク: https://www.amazon.com/Food-Proteins-Structure-Functionality-Schwenke/dp/1560817690

MISC

  • A new potential for anti-infection therapy 査読

    Ibrahim, H.R.

    INFORM   3 ( 19 )   189 - 192   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:American Oil Chemists' Society (AOCS)  

  • Nutrition and Health Life Science 査読

    Hatta, H. and Ibrahim, H.R.

    Nutrition and Health Life Science   3 ( 4 )   18 - 25   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • Nippon Nogeikagaku Kaishi 査読

    Ibrahim, H.R.

    Nippon Nogeikagaku Kaishi   ( 71 )   39 - 41   1997年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本農芸化学会誌  

講演・口頭発表等

  • イブラヒム ヒッシャム .  Novel bioactive peptides from honey with therapeutic potential for treatment of oxidative stress-related diseases .  第18回 機能性食品国際学会  機能性食品センター招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ハーバード大学医学部ーバード大学医学部  

  • Hisham Ibrahim .  Bioactive peptides from goat milk with new promises for skin health .  106th American Oil Chemists Society-2015  106th American Oil Chemists Society-2015国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Orlando, Florida, USA  

    国際学会

  • Hisham Ibrahim .  Novel peptides from lysozyme with potential for treatment of inflammatory diseases .  105th American Oil Chemists Society-2014  105th American Oil Chemists Society-2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:San Antonio, Texas, USA  

    国際学会

  • Hisham IBRAHIM .  Novel Bioptides from Lysozyme with Therapeutic Potential for Infectious and Inflammatory Diseases .  14th International Conference of Functional Foods and Bioactive Compounds in the Management of Chronic Inflammation  14th International Conference of Functional Foods and Bioactive Compounds in the Management of Chronic Inflammation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語  

    開催地:University of California Los Angeles (UCLA), Los Angeles, USA  

    国際学会

  • Kosuke HAMASAKI; Hisham IBRAHIM .  Unique Antimicrobial Peptides from Lysozyme with Potent Anti-inflammatory Activities .  The 5th International Symposium on Antimicrobial Resistance in Animals and the Environment (ARAE 2013)  The 5th International Symposium on Antimicrobial Resistance in Animals and the Environment (ARAE 2013)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Aula, Ghent-Belgium  

    国際学会

  • Hisham IBRAHIM; Hajime ONO; Takemichi KUBO .  Novel Antibiotics Drug-delivery Strategy by Utilizing Lysozyme as Targeting Molecule .  The 5th International Symposium on Antimicrobial Resistance in Animals and the Environment (ARAE 2013)  The 5th International Symposium on Antimicrobial Resistance in Animals and the Environment (ARAE 2013)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Aula, Ghent-Belgium  

    国際学会

  • Hisham Ibrahim .  Novel Therapeutic Potential of Egg Ovotransferrin .  104th American Oil Chemists Society-2013  104th American Oil Chemists Society-2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Montreal, Canada  

    国際学会

  • Hisham Ibrahim .  Decoding the Functional Roles of Polypeptides in Egg Albumen: New Therapeutic Hope .  International Workshop on MDR efflux pumps and Salmonella Infection  International Workshop on MDR efflux pumps and Salmonella Infection国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Ghent University, Belgium  

    国際学会

  • ヒッシャム イブラヒム .  感染症と戦う卵白由来の機能性ペプチド .  機能性食品用ペプチド研究会  機能性食品用ペプチド研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場(大阪市)  

    研究会

  • Hisham Ibrahim .  Therapeutic Potential of Novel Bioactive Peptides from Honey .  103rd American Oil Chemists Society-2012  103rd American Oil Chemists Society-2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Long Beach, California, USA  

    国際学会

  • Hisham Ibrahim .  Potential Therapeutic Bio-peptides from Beneath the Shell of Egg .  Innovations in Egg Utilization Research and Development-2012  Innovations in Egg Utilization Research and Development-2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Banff, Alberta, Canada  

    国際学会

  • イブラヒム ヒッシャム .  治療薬として卵白ペプチドの新しいポテンシャル .  食品の流通システムと食品に関する最新の科学  食品の流通システムと食品に関する最新の科学

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本大学、藤沢  

    研究会

  • Hisham Ibrahim .  Ovotransferrin and its Peptides Confer in vivo Resistance to Oxidative Stress .  第102回 AOCS "Health Aspects of Food Proteins and Peptides"  第102回 AOCS "Health Aspects of Food Proteins and Peptides"国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Cincinnati, Ohio, USA  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R. .  Novel Protein-based Drug-targeting Strategy from Beneath the Shell of Egg .  第101回 AOCS "Proteins for Healing : from Peptides to Macromolecules国際シンポジウム"  第101回 AOCS "Proteins for Healing : from Peptides to Macromolecules国際シンポジウム"国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語  

    開催地:フェニックス、アメリカ  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R. .  Squeezing New Therapeutic Peptides Out of Egg Albumin .  第100回 AOCS "Bio-active Peptides in Human Health and Diseases国際シンポジウム"  第100回 AOCS "Bio-active Peptides in Human Health and Diseases国際シンポジウム"国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

    開催地:オーランド、アメリカ  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R. .  Multiplex biopeptides of C-type lysozymes: Emerging therapeutic potential .  第237回 ACS "Bio-peptides and Specialty Proteins in Health Promotion and Disease Risk Reduction国際シンポジウム"  第237回 ACS "Bio-peptides and Specialty Proteins in Health Promotion and Disease Risk Reduction国際シンポジウム"国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

    開催地:ソルトレーク、アメリカ  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R. .  The Discovery of Functional Sectrets of Hen's Egg Ovotransferrin: A New Potential for Human Health .  第99回AOCS "Advances and Challenges toward Health Benefits of Proteins国際シンポジウム"  第99回AOCS "Advances and Challenges toward Health Benefits of Proteins国際シンポジウム"国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:シアトル, アメリカ  

    国際学会

  • Hisham Ibrahim .  Strategy for Novel Anti-infection and Anti-oxidant Polyphenol-Protein Complex: An Example with Lysozyme .  98th AOCSのタンパク質およびその生成物質国際シンポジウム  98th AOCSのタンパク質およびその生成物質国際シンポジウム国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:ケベック、カナダ  

    国際学会

  • 永江志保,榎元廣文,林葉子,李ソウ鵬,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  糖リン酸化による卵白タンパク質の機能特性の改善 .  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 榎元廣文,李ソウ鵬,大友英生,大木信一,杉元康志,イブラヒムヒッシャムラドワン,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  糖リン酸化によるホエータンパク質のゲル化特性の改善 .  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  糖リン酸化による卵白タンパク質の機能特性の改善 .  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  糖リン酸化によるホエータンパク質のゲル化特性の改善 .  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会  平成18年度日本農芸化学会西日本支部及び日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T. .  オボトランスフェリンの機能ミステリーの解明:ヒト治療のために .  第3回食品蛋白質国際シンポジウム  第3回食品蛋白質国際シンポジウム国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:英語  

    開催地:日本 (山口)  

    国際学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  乾燥加熱を利用した糖リン酸化によるホエータンパク質分離物の機能特性の改善 .  平成18年度日本酪農科学シンポジウム  平成18年度日本酪農科学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • 林葉子,李ソウ鵬,榎元廣文,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  ピロリン酸存在での乾燥加熱によるオボトランスフェリンのリン酸化??構造変化について .  日本畜産学会106回大会  日本畜産学会106回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  ピロリン酸存在での乾燥加熱によるオボトランスフェリンのリン酸化?構造変化について .  日本畜産学会106回大会  日本畜産学会106回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  糖リン酸化によるホエータンパク質の機能特性の改善 .  日本畜産学会106回大会  日本畜産学会106回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • 李ソウ鵬,林葉子,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,八田一,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  ピロリン酸塩存在下で乾燥加熱リン酸化による卵白タンパク質の多機能化 .  第56回西日本畜産学会大会  第56回西日本畜産学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  ピロリン酸塩存在下で乾燥加熱リン酸化による卵白タンパク質の多機能化 .  第56回西日本畜産学会大会  第56回西日本畜産学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T. .  Mystery of Egg Components with New Ray of Hope for Human Therapy .  Healthier with Egg 国際シンポジウム  Healthier with Egg 国際シンポジウム国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語  

    開催地:オランダ  

    国際学会

  • 李ソウ鵬,赤崎恵美,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  ヤクカゼインミセルのミセル性リン酸カルシウム架橋 .  平成17年度日本酪農科学シンポジウム  平成17年度日本酪農科学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T. .  ヒトの感染病と戦う卵白タンパク質の高度利用 .  第2回たまご研究会  第2回たまご研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    研究会

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T. .  Molecular Basis of Lysozyme in Innate Immune Defense: Identification of A Novel Mechanism of Activation with New Hope to Human Therapy .  第96回 AOCSのタンパク質およびその生成物質国際シンポジウム(  第96回 AOCSのタンパク質およびその生成物質国際シンポジウム(国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R.; Aoki, T. .  Unraveling The Functional Mystery of Pharmaceutically Potential Proteins from Hen Egg Albumin: A .  第3回家禽.卵国際シンポジウム  第3回家禽.卵国際シンポジウム国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 林葉子,李ソウ鵬,榎元廣文,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  ピロリン酸塩存在下での乾燥加熱によるオボアルブミンのリン酸化??構造変化について .  日本畜産学会104回大会  日本畜産学会104回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 李ソウ鵬,林葉子,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,八田一,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  乾燥加熱によりリン酸化した卵白タンパク質の熱誘導ゲル .  日本畜産学会104回大会  日本畜産学会104回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  ピロリン酸塩存在下での乾燥加熱によるオボアルブミンのリン酸化?構造変化について .  日本畜産学会104回大会  日本畜産学会104回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  乾燥加熱によりリン酸化した卵白タンパク質の熱誘導ゲル .  日本畜産学会104回大会  日本畜産学会104回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • Ibrahim, H.R. .  Unraveling The Functional Mystery of Pharmaceutically Potential Proteins from Hen Egg Albumin: A New Ray of Hope to Human Therapy .  第3回 家禽.卵国際シンポジウム (IPC’2005)  第3回 家禽.卵国際シンポジウム (IPC’2005)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語  

    開催地:ハルガダ、エジプト  

    国際学会

  • Aoki, T.;…...Ibrahim, H.R. .  糖リン酸化によるホエータンパク質の機能特性の改善 .  日本栄養・食糧学会西日本支部大会および国際シンポジウム  日本栄養・食糧学会西日本支部大会および国際シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:国内  

    国内学会

  • 榎元廣文,李ソウ鵬,林葉子,イブラヒムヒッシャムラドワン,杉元康志,青木孝良(Aoki Takayoshi) .  リン酸化によるホエータンパク質の機能特性の改善 .  日本栄養・食糧学会西日本支部大会および国際シンポジウム  日本栄養・食糧学会西日本支部大会および国際シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 青木孝良(Aoki Takayoshi),Li(Can-Peng),イブラヒムヒッシャムラドワン .  Phosphorylation and improvement of functional properties of food proteins by dry-heating in the presence of phosphate .  American Oil Chemical Society  American Oil Chemical Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Ibrahim, H.R. and Kato, A. .  On The Catalytically Independent Novel Antimicrobial Function of Hen Egg white Lysozyme: A Conformation dependent Activity .  第5回食品タンパク質の構造と機能性国際シンポジウム  第5回食品タンパク質の構造と機能性国際シンポジウム国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:英語  

    開催地:ポツダム、ドイツ  

    国際学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Antimicrobial System of Avian Egg

      詳細を見る

  • Genetic and Biochemical Approaches to The Antimicrobial Mechanism of Lysozyme.

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

  • 鳥卵の抗菌システム

    指定研究 

      詳細を見る

    体内消化シミュレーションによる卵白の抗菌及び抗酸化機能性ペプチドの解明

  • 機能性食品ペプチド

      詳細を見る

    鶏卵.牛乳及び乳酸菌の生理機能ペプチド

  • リゾチームの機能性ペプチド

      詳細を見る

    新規の医薬品剤としてヒトリゾチームの抗菌ペプチドの生産開発

  • オボトランスフェリンの構造と生理機能の解明

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    オボトランスフエリンの新規抗癌ペプチドの機能解明と生産開発

  • Structure and Antimicrobial Function of Ovotransferrin.

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

  • Potential Antimicrobial strategy using Genetically Engineered Dimer of α-lactalbumin, and lysozyme.

    Grant-in-Aid for Scientific Research 

      詳細を見る

▼全件表示