2022/06/02 更新

写真a

イトウ ユウジ
伊東 祐二
ITO Yuji
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(薬学) ( 1993年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • ファージディスプレイ

  • 抗体医薬

  • 機能性ペプチドのデザイン

研究分野

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / 抗体医薬品

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / ペプチド

  • ライフサイエンス / 薬系化学、創薬科学  / ファージライブラリ

学歴

  • 九州大学   薬学部   薬学科

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学   大学院薬学研究科

    1985年4月 - 1990年3月

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   学術研究員理工学域理学系   教授

    2015年4月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   教授

    2010年4月 - 2015年3月

  • 鹿児島大学   大学院理工学研究科   准教授

    2009年4月 - 2010年3月

  • 鹿児島大学   工学部   准教授

    2007年4月 - 2009年3月

  • 鹿児島大学   工学部   准教授

    1997年4月 - 2007年3月

  • 九州大学   大学院薬学研究科   助手

    1993年2月 - 1997年3月

  • 九州大学   大学院薬学部研究科   職員(教務系)

    1992年4月 - 1993年1月

  • 九州大学   大学院薬学部   職員(教務系)

    1991年6月 - 1992年3月

  • 九州大学   大学院薬学部   職員(教務系)

    1991年6月 - 1992年3月

  • 九州大学   大学院薬学部   職員(教務系)

    1991年6月 - 1992年3月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本化学会

    2019年2月 - 現在

  • 日本生物工学会

    2005年4月 - 現在

  • 日本蛋白質科学会

    2002年 - 現在

  • 日本免疫学会

    2001年 - 現在

  • 日本ペプチド学会

    1999年4月 - 現在

  • 日本薬学会

    1997年 - 現在

  • 日本生化学会

    1987年 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本ペプチド学会   評議員  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生物工学会   九州支部評議員  

    2016年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生物工学会   代議員  

    2015年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生化学会   代議員  

    2013年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

 

論文

  • Tabuchi Y, Watanabe T, Katsuki R, Ito Y, Taki M .  Direct screening of a target-specific covalent binder: stringent regulation of warhead reactivity in a matchmaking environment. .  Chemical communications (Cambridge, England)57 ( 44 ) 5378 - 5381   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/d1cc01773j

    Scopus

    PubMed

  • Mori S. .  A novel site-specific chemical conjugation of IgG antibodies by affinity peptide for immunoassays .  Journal of biochemistry169 ( 1 ) 35 - 42   2021年2月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvaa084

    Scopus

    PubMed

  • Mochizuki K. .  A medium-firm drug-candidate library of cryptand-like structures on T7 phage: Design and selection of a strong binder for Hsp90 .  Organic and Biomolecular Chemistry19 ( 1 ) 146 - 150   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Organic and Biomolecular Chemistry  

    DOI: 10.1039/d0ob01855d

    Scopus

    PubMed

  • Mori Satoka, Abe Arisa, Ishikawa Naoto, Rafique Abdur, Ito Yuji .  A novel site-specific chemical conjugation of IgG antibodies by affinity peptide for immunoassays(和訳中) .  The Journal of Biochemistry169 ( 1 ) 35 - 42   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    黄色ブドウ球菌プロテインAドメイン由来の親和性ペプチドZ34CおよびZ33を基にした、ヒトとマウス双方のIgGに使用できる新しいIgG-Fc化学結合親和性ペプチド(CCAP)試薬を提案した。その結果、従来のランダムに修飾した抗体の活性と比較して、この方法を用いて修飾したマウスIgGは二つの免疫測定法(ELISA、RPLA)で好ましい特徴を示した。結合時に抗体機能を維持する上で提案したCCAP法の利点が示された。

  • Muguruma K. .  Development of a High-Affinity Antibody-Binding Peptide for Site-Specific Modification .  ChemMedChem16 ( 11 ) 1813 - 1820   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:ChemMedChem  

    DOI: 10.1002/cmdc.202000977

    Scopus

    PubMed

  • 伊東 祐二, ラフィーク アブドゥール .  抗体の機能向上を可能にする部位特異的修飾技術CCAP法と高機能性抗体医薬品の創出 .  ファルマシア57 ( 7 ) 625 - 629   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    抗体医薬品は、がんや自己免疫疾患を中心に、治療薬としての地位を確固たるものにしてきた。しかし、抗体の高い分子標的能を損なうことなく、治療効果のある薬剤を抗体に付加することができれば、さらに新たな高機能化治療薬開発へと道を開くことができる。この実現には、抗体と薬剤を連結するための、抗体の部位特異的修飾技術が必要となる。本稿では、我々が開発した抗体部位特異的修飾技術CCAP法と、これを利用した高機能性抗体として、抗体薬物複合体、二重特異性抗体への応用について紹介する。

    DOI: 10.14894/faruawpsj.57.7_625

  • Kato D.i. .  Evaluation of the population structure and phylogeography of the Japanese Genji firefly, Luciola cruciata, at the nuclear DNA level using RAD-Seq analysis .  Scientific Reports10 ( 1 ) 1533   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-58324-9

    Scopus

    PubMed

  • Yokota R. .  Novel anti-CD70 antibody drug conjugate for the treatment of adult T-cell leukemia (ATL) .  Anticancer Research40 ( 8 ) 4471 - 4479   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14452

    Scopus

    PubMed

  • Yimchuen W. .  Strategic design to create HER2-targeting proteins with target-binding peptides immobilized on a fibronectin type III domain scaffold .  RSC Advances10 ( 26 ) 15154 - 15162   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:RSC Advances  

    DOI: 10.1039/d0ra00427h

    Scopus

  • Kato Y. .  Antibody-Drug Conjugates Using Mouse-Canine Chimeric Anti-Dog Podoplanin Antibody Exerts Antitumor Activity in a Mouse Xenograft Model .  Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy39 ( 2 ) 37 - 44   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy  

    DOI: 10.1089/mab.2020.0001

    Scopus

    PubMed

  • Yamada K. .  Recent Chemical Approaches for Site-Specific Conjugation of Native Antibodies: Technologies toward Next-Generation Antibody–Drug Conjugates .  ChemBioChem20 ( 21 ) 2729 - 2737   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:ChemBioChem  

    DOI: 10.1002/cbic.201900178

    Scopus

    PubMed

  • Rafique A. .  Efficient Screening and Design of Variable Domain of Heavy Chain Antibody Ligands Through High Throughput Sequencing for Affinity Chromatography to Purify Fab Fragments .  Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy38 ( 5 ) 190 - 200   2019年10月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy  

    DOI: 10.1089/mab.2019.0027

    Scopus

    PubMed

  • Hamano N. .  Development of antibody-modified nanobubbles using fc-region-binding polypeptides for ultrasound imaging .  Pharmaceutics11 ( 6 )   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Pharmaceutics  

    DOI: 10.3390/pharmaceutics11060283

    Scopus

    PubMed

  • Yamada K. .  AJICAP: Affinity Peptide Mediated Regiodivergent Functionalization of Native Antibodies .  Angewandte Chemie - International Edition58 ( 17 ) 5592 - 5597   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Angewandte Chemie - International Edition  

    DOI: 10.1002/anie.201814215

    Scopus

    PubMed

  • Nakano R. .  A new technology for increasing therapeutic protein levels in the brain over extended periods .  PLoS ONE14 ( 4 ) e0214404   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0214404

    Scopus

    PubMed

  • Kishimoto S. .  Site-Specific Chemical Conjugation of Antibodies by Using Affinity Peptide for the Development of Therapeutic Antibody Format .  Bioconjugate Chemistry30 ( 3 ) 698 - 702   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bioconjugate Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.8b00865

    Scopus

    PubMed

  • Kishimoto, Satoshi, Yuichi Nakashimada, Riri Yokota, Takaaki Hatanaka, Motoyasu Adachi, and Yuji Ito. .  ite-Specific Chemical Conjugation of Antibodies by Using Affinity Peptide for the Development of Therapeutic Antibody Format .  Bioconjugate Chemistry 303   698 - 702   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rafique, Abdur, Kiriko Satake, Satoshi Kishimoto, Kamrul Hasan Khan, Dai-ichiro Kato, and Yuji Ito. .  Efficient Screening and Design of Variable Domain of Heavy Chain Antibody Ligands Through High Throughput Sequencing for Affinity Chromatography to Purify Fab Fragments .  Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada, Kei, Natsuki Shikida, Kazutaka Shimbo, Yuji Ito, Zahra Khedri, Yutaka Matsuda, and Brian A. Mendelsohn. .  AJICAP: Affinity Peptide Mediated Regiodivergent Functionalization of Native Antibodies .  Angewandte Chemie International Edition   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakano, Ryosuke, Sayaka Takagi-Maeda, Yuji Ito, Satoshi Kishimoto, Tomoko Osato, Kaori Noguchi, Kana Kurihara-Suda, and Nobuaki Takahashi. .  A New Technology for Increasing Therapeutic Protein Levels in the Brain over Extended Periods .  Plos One 144   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada, Kei, and Yuji Ito. .  Recent Chemical Approaches for Site‐Specific Conjugation of Native Antibodies: Technologies toward Next‐Generation Antibody–Drug Conjugates .  ChemBioChem   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamano, Nobuhito, Sho Kamoshida, Yamato Kikkawa, Yusuke Yano, Tomomi Kobayashi, Endo-Takahashi. Yoko, Ryo Suzuki, Kazuo Maruyama, Yuji Ito, Motoyoshi Nomizu, Yoichi Negishi .  Development of Antibody-Modified Nanobubbles Using Fc-Region-Binding Polypeptides for Ultrasound Imaging .  Pharmaceutics 11283   1 - 10   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muguruma, Kyohei, Konomi Fujita, Akane Fukuda, Satoshi Kishimoto, Soichiro Sakamoto, Risako Arima, Mayu Ito, Mayu Kawasaki, Shogo Nakano, Sohei Ito, Kanade Shimizu, Akihiro Taguchi, Kentaro Takayama, Atsuhiko Taniguchi, Yuji Ito, Yoshio Hayashi .  Kinetics-Based Structural Requirements of Human Immunoglobulin G Binding Peptides .  Research-articleACS Omega 4 ( 11 ) 14390 - 14397   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muguruma K. .  Kinetics-Based Structural Requirements of Human Immunoglobulin G Binding Peptides .  ACS Omega4 ( 11 ) 14390 - 14397   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:ACS Omega  

    DOI: 10.1021/acsomega.9b01104

    Scopus

    PubMed

  • Muguruma K. .  Synthesis and structure-Activity relationship studies of IgG-binding peptides focused on the C-Terminal histidine residue .  MedChemComm10 ( 10 ) 1789 - 1795   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:MedChemComm  

    DOI: 10.1039/c9md00294d

    Scopus

    PubMed

  • Kikkawa Y. .  Internalization of CD239 highly expressed in breast cancer cells: A potential antigen for antibody-drug conjugates .  Scientific Reports8 ( 1 ) 6612   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-24961-4

    Scopus

    PubMed

  • Mizukami M. .  Efficient production of Trastuzumab Fab antibody fragments in Brevibacillus choshinensis expression system .  Protein Expression and Purification150   109 - 118   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Protein Expression and Purification  

    DOI: 10.1016/j.pep.2018.05.013

    Scopus

    PubMed

  • Uematsu S. .  Combinatorially Screened Peptide as Targeted Covalent Binder: Alteration of Bait-Conjugated Peptide to Reactive Modifier .  Bioconjugate Chemistry29 ( 6 ) 1866 - 1871   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bioconjugate Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.8b00301

    Scopus

    PubMed

  • Mizukami M, Onishi H, Hanagata H, Miyauchi A, Ito Y. .  rotein Expression and Purification Efficient production of Trastuzumab Fab antibody fragments in Brevibacillus choshinensis expression system. .  Protein Expr Purif150 ( May ) 109 - 118   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uematsu S, Tabuchi Y, Ito Y, Taki M. .  Covalent Binder: Alteration of Bait-Conjugated Peptide to Reactive Modifier. Bioconjug Chem .  Bioconjug Chem29 ( 6 ) 1866 - 1871   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikkawa Y, Enomoto-Okawa Y, Fujiyama A, Fukuhara T, Harashima N, Sugawara Y, Negishi Y, Katagiri F, Hozumi K, Nomizu M, Ito Y. .  Internalization of CD239 highly expressed in breast cancer cells: A potential antigen for antibody-drug conjugates. .  Sci Rep8 ( 1 )   2018年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muchima K. .  Development of sugar chain-binding single-chain variable fragment antibody to adult T-cell leukemia cells using glyco-nanotechnology and phage display method .  Journal of Biochemistry163 ( 4 ) 281 - 291   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvy005

    Scopus

    PubMed

  • Muchima Kaname, Todaka Taro, Shinchi Hiroyuki, Sato Ayaka, Tazoe Arisa, Aramaki Rikiya, Kakitsubata Yuhei, Yokoyama Risa, Arima Naomichi, Baba Masanori, Wakao Masahiro, Ito Yuji, Suda Yasuo .  糖鎖ナノテクノロジー及びファージディスプレイ法を用いた成人T細胞白血病に対する糖鎖結合性一本鎖抗体の開発(Development of sugar chain-binding single-chain variable fragment antibody to adult T-cell leukemia cells using glyco-nanotechnology and phage display method) .  The Journal of Biochemistry163 ( 4 ) 281 - 291   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    成人T細胞白血病(ATL)はHTLV-1の感染に起因する白血病で、発症すると強い免疫不全を引き起こす。極めて予後の悪い疾患だが、未だに決定的な治療法や診断法は確立されていない。我々は、ATLに対する分子標的薬を開発するために細胞表層糖鎖に着目し、独自の糖鎖ナノテクノロジーとファージディスプレイ法を組み合わせることで、ATL細胞表層のO型糖鎖に強く結合する一本鎖抗体を得ることに成功したので報告する。(著者抄録)

  • Maeda J. .  The complete mitochondrial genome sequence and phylogenetic analysis of Luciola lateralis, one of the most famous firefly in Japan (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B: Resources2 ( 2 ) 546 - 547   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Mitochondrial DNA Part B: Resources  

    DOI: 10.1080/23802359.2017.1365640

    Scopus

    PubMed

  • Maeda J. .  The complete mitogenome and phylogenetic analysis of Japanese firefly ‘Genji Botaru’ Luciola cruciata (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B: Resources2 ( 2 ) 522 - 523   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Mitochondrial DNA Part B: Resources  

    DOI: 10.1080/23802359.2017.1365641

    Scopus

    PubMed

  • Khan K. .  IgY-binding peptide screened from a random peptide library as a ligand for IgY purification .  Journal of Peptide Science23 ( 10 ) 790 - 797   2017年10月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Peptide Science  

    DOI: 10.1002/psc.3027

    Scopus

    PubMed

  • Juri Maeda, Dai-ichiro Kato, Masatoshi Okuda, Masahiro Takeo, Seiji Negoro, Kazunari Arima, Yuji Ito, Kazuki Niwa .  Biosynthesis-inspired deracemizative production of D-luciferin by combining luciferase and thioesterase .  Biochim. Biophys. Acta (BBA) -General Subjects ( 1861 ) 2112 - 2118   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda J. .  Biosynthesis-inspired deracemizative production of D-luciferin by combining luciferase and thioesterase .  Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects1861 ( 8 ) 2112 - 2118   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2017.04.010

    Scopus

    PubMed

  • Kamrul Hasan Khan, Arisa Himeno, Shouhei Kosugi, Yosuke Nakashima, Abdur Rafique, Ayana Imamura, Takaaki Hatanaka, Dai-Ichiro Kato and Yuji Ito .  IgY-binding peptide screened from a random peptide library as a ligand for IgY purification .  Journal of Peptide Science ( 23 ) 790 - 797   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:the European Peptide Society  

  • Juri Maeda, Dai-ichiro Kato, Kazunari Arima, Yuji Ito, Atsushi Toyoda, Hideki Noguchi .  The complete mitochondrial genome sequence and phylogenetic analysis of Luciola lateralis, one of the most famous firefly in Japan (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B ( 2 ) 546 - 547   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Juri Maeda, Dai-ichiro Kato, Kazunari Arima, Yuji Ito, Atsushi Toyoda, Hideki Noguchi .  The complete mitogenome and phylogenetic analysis of Japanese firefly 'Genji Botaru' Luciola cruciata (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B ( 2 ) 522 - 523   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uematsu S. .  Selection of turning-on fluorogenic probe as protein-specific detector obtained via the 10BASE<inf>d</inf>-T .  AIP Conference Proceedings1807   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:AIP Conference Proceedings  

    DOI: 10.1063/1.4974810

    Scopus

  • Enomoto-Okawa Y. .  An anti-human lutheran glycoprotein phage antibody inhibits cell migration on laminin-511: Epitope mapping of the antibody .  PLoS ONE12 ( 1 ) e0167860   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0167860

    Scopus

    PubMed

  • 伊東 祐二 .  網羅的配列解析による多様な候補抗体の迅速同定手法の開発 .  薬学雑誌. 乙号137 ( 7 ) 823 - 830   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    &emsp;As an alternative to hybridoma technology, the antibody phage library system can also be used for antibody selection. This method enables the isolation of antigen-specific binders through an <i>in vitro</i> selection process known as biopanning. While it has several advantages, such as an avoidance of animal immunization, the phage cloning and screening steps of biopanning are time-consuming and problematic. Here, we introduce a novel biopanning method combined with high-throughput sequencing (HTS) using a next-generation sequencer (NGS) to save time and effort in antibody selection, and to increase the diversity of acquired antibody sequences. Biopannings against a target antigen were performed using a human single chain Fv (scFv) antibody phage library. VH genes in pooled phages at each round of biopanning were analyzed by HTS on a NGS. The obtained data were trimmed, merged, and translated into amino acid sequences. The frequencies (%) of the respective VH sequences at each biopanning step were calculated, and the amplification factor (change of frequency through biopanning) was obtained to estimate the potential for antigen binding. A phylogenetic tree was drawn using the top 50 VH sequences with high amplification factors. Representative VH sequences forming the cluster were then picked up and used to reconstruct scFv genes harboring these VHs. Their derived scFv-Fc fusion proteins showed clear antigen binding activity. These results indicate that a combination of biopanning and HTS enables the rapid and comprehensive identification of specific binders from antibody phage libraries.<br>

    DOI: 10.1248/yakushi.16-00252-2

    Scopus

    PubMed

  • 岸本 聡, 伊東 祐二 .  ラクダ科動物重鎖抗体由来の抗原結合ドメインVHHの医療技術への応用 .  MEDCHEM NEWS27 ( 1 ) 35 - 41   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    <p>抗体医薬の新たなフォーマットとして、ラクダ科の重鎖抗体由来の抗原結合ドメイン(VHH, Nanobody)を使った医薬品開発が進められている。このVHHは、高い安定性、バクテリアにおける高い発現効率、抗体工学の容易さといった優れた特性をもつ一方で、投与後の血中半減期の短さといった弱点もあわせもつ。臨床試験の結果を通して、このようなVHH医薬品の課題と今後の展開について考えてみたい。さらに、ファージディスプレイライブラリーと網羅的配列解析手法を使った新しいVHHの開発手法、ならびに、VHHを使った新しい抗体医薬品の形として、抗体特異的修飾法(CCAP:Chemical conjugation by affinity peptide)によるIgG-VHHコンジュゲートについて紹介する。</p>

    DOI: 10.14894/medchem.27.1_35

  • Abe Y, Kubota M, Takazaki S, Ito Y, Yamamoto H, Kang D, Ueda T, Imoto T. .  Effect on catalysis by replacement of catalytic residue from hen egg white lysozyme to Venerupis philippinarum lysozyme .  Protein Sci.25   1637 - 1647   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakayama H, Murakami A, Yoshida M, Muraoka J, Wakai J, Kenjyou N, Ito Y. .  Characterization and Selection of 3-(1-Naphthoyl)-Indole Derivative-Specific Alpaca VHH Antibodies Using a Phage Display Library .  Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.35   231 - 234   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muguruma K, Yakushiji F, Kawamata R, Akiyama D, Arima R, Shirasaka T, Kikkawa Y, Taguchi A, Takayama K, Fukuhara T, Watabe T, Ito Y, Hayashi Y. .  Novel Hybrid Compound of a Plinabulin Prodrug with an IgG Binding Peptide for Generating a Tumor Selective Noncovalent-Type Antibody-Drug Conjugate .  Bioconjug Chem.27 ( 7 ) 1606 - 1613   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakayama H, Kenjjou N, Shigetoh N, Ito Y. .  Fluorescence Immunoassay for Cocaine Detection .  Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.35   83 - 85   2016年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakayama H, Kenjyou N, Ito Y. .  Development and Characterization of Monoclonal Antibodies Specific for 3-(1-naphthoyl) Indole Derivatives .  Monoclon Antib Immunodiagn Immunother.35   48 - 51   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Taki M, Inoue H, Mochizuki K, Yang J, Ito Y. .  Selection of Color-Changing and Intensity-Increasing Fluorogenic Probe as Protein-Specific Indicator Obtained via the 10BASE(d)-T .  Anal Chem.88   1096 - 1099   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1. Nobuo Miyazaki, Norihiko Kiyose, Yoko Akazawa, Mizuki Takashima, Yosihisa Hagihara, Naokazu Inoue, Tomonari Matsuda, Ryu Ogawa, Seiya Inoue, Yuji Ito .  Isolation and characterization of antigen-specific alpaca (Lama pacos) VHH antibodies by biopanning followed by high-throughput sequencing .  Journal of Biochemistry158 ( 3 ) 205 - 215   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvv038

  • 伊東祐二、宮崎誠生、榎元友里恵 .  抗体工学とその応用(6.1ファージディスプレイ法) .  免疫測定法 基礎から先端まで(小林典弘、他、編集) 講談社(2014)   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Makoto Mizukami、Hiroko Tokunaga、Hiromasa Onishi、Yohei Ueno、Hiroshi Hanagata、Nobuo Miyazaki、Norihiko Kiyose、Yuji Ito, Matsujiro Ishibashi, Yoshihisa Hagihara, Tsutomu Arakawa, Akira Miyauchi, Masao Tokunaga .  Highly efficient production of VHH antibody fragments in Brevibacillus choshinensis expression system .  Protein Expression and Purification105   23 - 32   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keisuke Fukunaga, Takaaki Hatanaka, Yuji Ito, Michiko Minami and Masumi Taki .  Construction of a crown ether-like supramolecular library by conjugation of genetically-encoded peptide linkers displayed on bacteriophage T7 .  Chem. Commun.30   3887 - 4012   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga, Y., Azetsu, Y., Fukunaga, Y., Hat-anaka T., Ito, Y. and Taki, M. .  Pharmacophore Generation from a Drug-like Core Molecule Surrounded by a Library Peptide via the 10BASEd-T on Bacteriophage T7 .  Molecules19   2481 - 2496   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muraoka, J., Ozawa, T., Enomoto, Y., Kiyose, N. Imamura, A., Arima, K. Nakayama, H. and Ito, Y. .  Selection and characterization of human serum albumin-specific porcine scFv antibodies using a phage display library .  Monoclonal Antibodies in Immunodiagnosis and Immunotherapy33   42 - 48   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keisuke Fukunaga, Takaaki Hatanaka, Yuji Ito, Masumi Taki .  Gp10 based-thioetherification (10BASEd-T) on a displaying library peptide of bacteriophage T7 .  Molecular BioSystems9   2988 - 2991   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muraoka, J., Kamiya, N., and Ito, Y. .  Preparation and evaluation of cellulose-dissolving magnetic ionic liquid .  Journal of Molecular Liquids182   76 - 78   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatanaka, T., Ohzono, S., Park, M., Sakamoto, K., Tsukamoto, S., Sugita, R., Ishitobi, H., Mori, T., Ito, O., Sorajo, K., Sugimura, K., Ham, S., and Ito, Y. .  Human IgA-binding peptides selected from random peptide libraries: affinity maturation and application in IgA purification .  The Journal of biological chemistry287   43126 - 43136   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takaaki Hatanaka, Shogo Tsukamoto, Kotaro Sakamoto, Kazunari Arima and Yuji Ito .  Isolation and affinity maturation of human IgA-specific peptide from random peptide T7 phage library for designing a new IgA affinity ligand .  Peptide Science 2011   25 - 26   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takaaki Hatanaka, Shinji Ohzono, Mirae Park, Shogo Tsukamoto, Ryohei Sugita, Kotaro Sakamoto, Hiroyuki Ishitobi, Toshiyuki Mori, Osamu Ito, Koichi Sorajo, Kazuhisa Sugimura, Sihyun Ham, Yuji Ito .  Human IgA-binding peptides selected from random peptide libraries: affinity maturation and application in IgA purification .  The Journal of biological chemistry287   43126 - 43136   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka K, Nishimura, M, Yamaguchi, Y, Hashiguchi, S, Takiguchi, S, Yamaguchi, M,Tahara, H, Gotanda, T, Abe, R, Ito, Y, Sugimura, K. .  A mimotope peptide of Abeta42 fibril-specific antibodies with Abeta42 fibrillation inhibitory activity induces anti-Abeta42 conformer antibody response by a displayed form on an M13 phage in mice .  Journal of neuroimmunology236 ( 42006 ) 27 - 38   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yang, J., Yoshida, R., Kariya, Y., Zhang, X., Hashiguchi, S., Nakashima, T., Suda, Y., Takada, A., Ito, Y., Sugimura, K. .  Characterization of human single-chain antibodies against highly pathogenic avian influenza H5N1 viruses: mimotope and neutralizing activity .  Journal of biochemistry148 ( 4 ) 507 - 515   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Maeda, Yuji Ito, Takaaki Hatanaka, Shuhei Hashiguchi, Masaharu Torikai, Toshihiro Nakashima and Kazuhisa Sugimura .  Regulation of T cell response by blocking the ICOS signal with the B7RP-1-specific small antibody fragment isolated from human antibody phage library .  mAbs1 ( 5 ) 450 - 457   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sato M, Ito Y, Arima N, Baba M, Sobel M, Wakao M. and Suda Y. .  High sensitivity analysis of naturally occurring sugar-chains, using a novel fluorescent linker molecule .  Journal of biochemistry146 ( 1 ) 33 - 41   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muraoka S, Ito Y, Kamimura M, Baba M, Arima N, Suda Y, Hashiguchi S, Torikai M, Nakashima T. and Sugimura K. .  Effective Induction of Cell Death on Adult T-Cell Leukemia Cells by HLA-DR{beta}-Specific Small Antibody Fragment Isolated From Human Antibody Phage Library. .  Journal of biochemistry145 ( 6 ) 799 - 810   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nunoya J, Nakashima T, Kawana-Tachikawa A, Kiyotahi K, Ito Y, Sugimura K, Iwamoto A. .  Generation of recombinant monoclonal antibodies against an immunodominant HLA-A*2402-restricted HIV-1 CTL epitope. .  AIDS research and human retroviruses25 ( 9 ) 897 - 904   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakamoto K, Ito Y, Hatanaka T, Soni P.B., Mori T. and Sugimura K. .  Discovery and characterization of a peptide motif that specifically recognizes a non-native conformation of human IgG induced by acidic pH conditions. .  The Journal of biological chemistry284   9986 - 9993   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keisuke Yoshinaga, Miyuki Matsumoto, Masaharu Torikai, Kazuki Sugyo, Saori Kuroki, Kentaro Nogami, Ryo Matsumoto, Shuhei Hashiguchi, Yuji Ito, Toshihiro Nakashima, and Kazuhisa Sugimura .  Ig L-chain Shuffling for Affinity Maturation of Phage Library-derived Human Anti-human MCP-1 Antibody Blocking its Chemotactic Activity .  J. Biochem.143 ( 5 ) 593 - 601   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoki Yoshihara, Sho Takiguchi, Akifumi Kyuno, Koichi Tanaka, Sayaka Kuba, Shuhei Hashiguchi, Yuji Ito, Tadafumi Hashimoto, Takeshi Iwatsubo, Shinichiro Tsuyama, Toshihiro Nakashima, and Kazuhisa Sugimura .  Immunoreactivity of Phage Library-derived Human Single-chain Antibodies to Amyloid Beta Conformers In vitro .  J. Biochem.143 ( 4 ) 475 - 486   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masanori Baba, Mika Okamoto, Takayuki Hamasaki, Sawako Horai, Xin Wang, Yuji Ito, Yasuo Suda, Naomichi Arima .  Highly Enhanced Expression of CD70 on Human T-Lymphotropic Virus Type1-Carrying T-Cell Lines and Adult T-Cell Leukemia Cells .  J. Virology82 ( 8 ) 3843 - 3852   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eijiro Honjo Yoshinari Shoyama Taro Tamada Hideki Shigematsu Takaaki Hatanaka Sachiko Kanaji Kazuhiro Arima Yuji Ito Kenji Izuhara Ryota Kuroki .  Expression of the extracellular region of the human interleukin-4 receptor alpha chain and interleukin-13 receptor alpha1 chain by a silkworm-baculovirus system .  Protein Expr Purif60 ( 1 ) 25 - 30   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamasaki, Takayuki; Uchida, Shunsuke; Yoshihara, Tomoki; Hashiguchi, Shuhei; Ito, Yuji; Sugimura, Kazuhisa .  Biopanning of Antibody-Phage Clones Using Immunoplates Coated with Gel Slices of Electrophoresis: Immunogel-Biopanning .  Biol. Pharm. Bull.30 ( 8 ) 1361 - 1364   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Sakamoto, Y. Ito, T. Mori, and K. Sugimura .  Interaction of Human Lactoferrin with Cell Adhesion Molecules through RGDMotif Elucidatedby Lactoferrin-binding Epitopes .  The Journal of Biological Chemistry281 ( 34 ) 24472 - 24478   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, S. Hashiguchi, Y. Ito, Z. Kato*, K. Nakanish*, T. Nakashima*, K. Sugimura .  Human Anti-Human IL-18 Antibody Recognizing the IL-18-Binding Site 3 with IL-18 Signaling Blocking Activity .  J.Biochem.138 ( 4 ) 433 - 442   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Ito, S. Yamashita, A. Tomichi,M. Maeda, S. Hashiguchi, K. Sakamoto, M. Torikai*,T. Nakashima*, K. Sugimura .  Blockade of costimulatory signals by anti B7RP-1 scFv antibodies from a human antibody phage library .  Immunology   467 - 470   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Hamasaki, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Nakanishi*, K. Sugimura .  Human antibody recognizing the epitope of Interleukin-18 Binding Site III for IL-18 receptor .  Immunology   481 - 484   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • S. Hashiguchi, T. Hayashi, Y. Ito,K. Sugimura .  Binding Epitope of Human Anti-FcεRI α-chain Receptor Antibody, RE51, with the Blocking Activity on IgE-mediated Histamine Release .  Immunology   541 - 544   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • R. Matsumoto, K. Fujino*, Y. Nagata, S. Hashiguchi, Y. Ito, Y. Aihara*, Y. Takahashi*,K. Maeda*, K. Sugimura .  Molecular characterization of a 10-kDa buckwheat molecule reactive to allergic patients' IgE .  Allergy59 ( 5 ) 533 - 538   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 高機能化抗体医薬品の開発に向けたIgG抗体部位特異的修飾法、医学のあゆみVol278 No.6

    伊東祐二、ラフィーク アブドゥール

    医歯薬出版株式会社  2021年8月 

     詳細を見る

    担当ページ:623-629   記述言語:日本語

  • 親和性ペプチドによる部位特異的修飾、Bio Clinica 36(6)

    伊東祐二

    株式会社北隆館  2021年6月 

     詳細を見る

    担当ページ:21-25   記述言語:日本語

  • 抗体の機能向上を可能にする部位特異的修飾技術CCAP法と高機能性抗体医薬品の創出、ファルマシア Vol.57 No.7

    伊東祐二、ラフィーク アブドゥール

    公益社団法人日本薬学会  2021年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ヒト抗体医薬開発を目指した次世代シークエンサーとファージライブラリによる抗体設計

    伊東祐二

    編集:植田充美. 細胞表層工学の進展. 株式会社シーエムシー出版  2020年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術

    加藤由貴子、岸本聡、牧野智宏、伊東祐二( 範囲: 第1章 第3節 ファージディスプレイ法と次世代シークエンサーを利用したペプチドの網羅的配列探索・解析)

    (株)技術情報協会  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  • 免疫測定法 基礎から先端まで

    宮﨑誠生,榎元友里恵,伊東祐二,小林典裕,上田宏,三宅司郎,荒川秀俊( 担当: 分担執筆)

    株式会社講談社サイエンティフィク  2014年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:325   担当ページ:137-146   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    理論と技術を身につけ、役立つプロトコールとハイテク測定法でスキルアップ。自作抗体でオリジナル研究のエキスパートを目指す!

  • ラクダ科動物由来天然起源シングルドメイン抗体(VHH抗体)の開発

    宮﨑誠生, 伊東祐二, 萩原義久( 担当: 共著)

    次世代医薬開発に向けた抗体工学の最前線(シーエムシー出版)  2012年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ファージライブラリによるヒト抗体特異的アフィニティペプチドの探索と抗体検出、精製技術への応用

    畠中孝彰, 杉村和久, 伊東祐二( 担当: 共著)

    ペプチド医薬の最前線(シーエムシー出版)  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 非抗体スカフォールドプロテインバインダー

    若井純子, 伊東祐二( 担当: 共著)

    新機能抗体開発ハンドブック~次世代抗体創製から産業への展開まで~(株式会社エヌ・ティー・エス)  2012年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 7章-1 ヒト抗体をディスプレイするバクテリオファージ

    旭由香里、伊東祐二、橋口修平、杉村和久( 担当: 共著)

    実験医学別冊 抗体実験マニュアル  2008年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗体医薬の最前線 第2章 ファージディスプレイによる抗体医薬開発

    伊東祐二、村岡賢、杉村和久( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2007年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Construction of T7 phage displaying fluorescence protein and its application for immuno detection

    S. Muraoka, K. Sakamoto, S. Hashiguchi, Y. Ito, K. Sugimura( 担当: 共著)

    Peptide Science  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • HUMAN IMMUNOGLOBULIN G-SPECIFIC MOTIFS BY SCREENING OF A RANDOM PEPTIDE T7-PHAGE LIBRARY

    K. Sakamoto, Y. Ito, S. Hashiguchi, T. Mori*, K. Sugimura( 担当: 共著)

    Peptide Science  2005年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Prion-conformation-specific human antibodies established from phage display library

    S. Hashiguchi, M. Yamamoto, S. Kitamoto, T. Nakashima*, H. Yamanaka*, D. Ishibashi*, S. Sakaguchi*, S. Katamine*, Y. Ito, K. Sugimura( 担当: 共著)

    PRIONS: Food and Drug Safety  2005年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Isolation of lactoferrin binding peptide by T7-phage display and its immunoregulatory activities

    K.. Sakamoto, Y. Ito, S. Muraoka,H. Waki, S. Hashiguchi, K. Sugimura( 担当: 共著)

    Peptide Science  2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC

  • 【構造生命科学による創薬への挑戦】タンパク質工学から創薬へ 高機能化抗体医薬品の開発に向けたIgG抗体部位特異的修飾法

    伊東 祐二, ラフィーク・アブドゥール

    医学のあゆみ   278 ( 6 )   623 - 629   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    近年の抗体医薬品は、癌や自己免疫疾患を中心とした治療薬として、その地位を確固たるものとしてきた。しかし、さらなる高い治療効果やほかの疾患への適用を拡大するためには抗体医薬品のさらなる高機能化が必要である。その手法として有効なのは、抗体と治療効果を生む薬剤との連結(コンジュゲーション)であり、その例としては、すでに癌の治療薬として使用されている抗体薬物複合体(ADC)がある。本稿では、筆者らが開発した新たな抗体の部位特異的修飾法(コンジュゲーション法)であるCCAP(Chemical Conjugation by Affinity Peptide)法と、その医薬品開発に向けた応用として、ADC、PETイメージング抗体プローブについて述べる。(著者抄録)

  • 【モダリティ多様化を支援する創薬基盤技術】抗体の機能向上を可能にする部位特異的修飾技術CCAP法と高機能性抗体医薬品の創出

    伊東 祐二, ラフィーク・アブドゥール

    ファルマシア   57 ( 7 )   625 - 629   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • 【ADC(抗体薬物複合体)薬の進歩】親和性ペプチドによる部位特異的修飾ADC

    伊東 祐二

    BIO Clinica   36 ( 6 )   533 - 537   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    近年の抗体薬物複合体(ADC)の開発トレンドとして、部位特異的修飾によること、薬物抗体比の制御が容易なことが求められている。この流れの中で、我々は、抗体Fcに特異的に結合するペプチドを用いた共有結合による部位特異的修飾法を開発した。この方法は、抗体の抗原結合能を阻害することなく、1価もしくは2価にて、低分子からタンパク質に至るまでの種々の機能性物質を抗体に導入することが可能である。本稿では、この修飾原理、この修飾法によるADCの作製、並びに作製したADCの抗腫瘍活性について紹介する。(著者抄録)

  • 【次世代抗体医薬の衝撃 新たな標的・新たな機序によりいま再び盛り上がる抗体創薬】親和性ペプチドを用いた部位特異的修飾法による抗体の高機能化技術

    伊東 祐二, 金山 洋介, 林 良雄

    実験医学   36 ( 11 )   1854 - 1858   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)羊土社  

    次世代の抗体医薬の創製をめざした抗体のさらなる高機能化の手法として、親和性ペプチドを用いた化学修飾による部位特異的な抗体の修飾法(CCAP法)を開発した。本法は、親和性ペプチドにあらかじめ、抗体の高機能化のためのペイロードを導入しておけば、抗体と混合するだけで、抗体の機能を損なうことなく部位特異的にかつ定量的に、共有結合でのペイロードの導入が可能である。この技術による抗体の高機能化の例として、抗体薬物複合体とPETイメージングのための金属キレート剤付加抗体の作製とその利用について紹介する。(著者抄録)

  • Development of a Rapid Identification Method for a Variety of Antibody Candidates Using High-throughput Sequencing 査読

    Yuji Ito

    YAKUGAKU ZASSHI   ( 137 )   823 - 830   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 抗体医薬品を極める 新規抗体創薬と品質安全性評価のための基盤技術 網羅的配列解析による多様な候補抗体の迅速同定手法の開発

    伊東 祐二

    薬学雑誌   137 ( 7 )   823 - 830   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • High-Throughput Sequencing on a Next Generation Sequencer to Identify Specific Binders from a Phage Library

    Yuji Ito

    Asia-Pacific Biotech News   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ネオバイオ分子:未知なるバイオ分子との遭遇-人工コアのファージ上での分子進化-

    瀧真清、伊東祐二

    生物工学会誌   94 ( 8 )   473 - 476   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 2. ヒトIgG 特異的化学修飾技術による機能性抗体医薬の創出(特集 抗体医薬の進歩)

    伊東 祐二

    細胞   94 ( 8 )   473 - 476   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 分子標的素子デザインにおけるファージライブラリー法

    橋口周平,宮原隆二,岸本 聡,伊東祐二

    生物工学会誌   93 ( 5 )   289 - 292   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ファージディスプレイBeyond antibody:~抗体様分子による分子標的~

    橋口 周平、伊東祐二、田中孝一、松木園美穂、村岡賢、杉村和久

    生化学   82 ( 8 )   710 - 726   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ファージディスプレイによる分子デザイン―抗体から低分子ペプチドまで― 査読

    伊東祐二、坂元孝太郎、前田政敏、村岡賢、杉村和久

    生物物理   48 ( 5 )   294 - 298   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ファージディスプレイによるヒト抗体のデザイン

    伊東祐二、杉村和久

    メディカルサイエンスダイジェスト(Medical Science Digest, MSD)   34 ( 5 )   14 - 17   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 単クローン抗体を利用した3次元分子設計法

    伊東祐二、田中孝一、 杉村和久

    分子細胞治療   3 ( 4 )   65 - 70   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 伊東祐二 .  新規架橋型高親和性低分子ペプチドを使った抗体医薬品の精製技術 .  第73回日本生物工学会大会  2021年10月  日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京:オンライン開催  

  • Yuji Ito .  Advances in CCAP method for development of functionalized antibody conjugate .  The 58th Japanese Peptide Symposium  2021年10月  The Japanese Peptide Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 伊東祐二 .  革新的抗体医薬品開発を目指した抗体部位選択的修飾法の開発と応用 .  日本化学会九州支部秋期研究発表会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    国名:日本国  

  • 伊東祐二 .  BioAccordシステムを用いたCCAP法による抗体コンジュゲートの高機能化研究 .  Webinar「バイオ医薬品向け ”Smart MS”BioAccordシステムシリーズ」  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:東京:日本Waters本社東京支社   国名:日本国  

  • 森 怜香, 阿部 ありさ, 石川 直到, ラフィーク アブドゥール, 伊東 祐二 .  [3Z12-01(P-698)] IgG部位特異的修飾法を用いた免疫測定法への応用研究 .  第93回日本生化学会大会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    国名:日本国  

  • 伊東祐二 .  親和性ペプチドを用いた部位特異的化学修飾による多機能性バイオロジクスの開発 .  第93回日本生化学会大会公募シンポジウム2S01:疾患治療に向けた多機能バイオロジクスの展開  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • 山田 武直, 高木 さやか, 中野 了輔, 伊東 祐二, 岸本 聡, 高橋 信明 .  中枢疾患治療への適用を目指した中枢移行性抗体の設計と機能評価研究 .  第93回日本生化学会大会公募シンポジウム2S01:疾患治療に向けた多機能バイオロジクスの展開  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  • 伊東祐二 .  IgG-Fc特異的親和性ペプチドを用いた抗体の部位特異的修飾法の開発と医薬品・診断薬への応用 .  日本薬剤学会第35年会、シンポジウム3:中分子・高分子医薬品創薬における「薬剤学」への招待  2020年5月  日本薬剤学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    開催地:熊本(紙上開催にに変更)   国名:日本国  

  • Yuji Ito .  Site-Specific Chemical Conjugation of Antibody Using Affinity Peptide for Development of Innovative Antibody Medicines .  2nd International Conference on PharmScience Research & Development 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    開催地:Los Angeles: Four Points by Sheraton, Los Angeles International Airport   国名:アメリカ合衆国  

  • 伊東祐二 .  親和性ペプチドを用いた抗体標識による高機能性抗体医薬品の開発~ADC、PETプローブを中心に~ .  理研シンポジウム:第2回エンジニアリングネットワーク・ワークショップ「精密武装抗体の合成と機能評価」  2020年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    開催地:東京:(株)島津製作所 東京支社   国名:日本国  

  • Yuji Ito .  Site-specific chemical conjugation of human antibody by an affinity peptide-based reagent .  Antibody Engineering & Therapeutics 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Manchester Grand Hyatt San Diego, San Diego  

  • Yumi Ota, Tetsuya Kadonosono, Takahiro Kuchimaru, Masumi Taki, Yuji Ito, Shinae Kondoh .  Development of HER2-targeting small protein harboring a structurally constrained peptide .  The 54th Japanese Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Prefecture University, Sakai  

  • Arisa Himeno, Yosuke Nakashima, Ryo Yatomaru, Shun Hashimoto, Md. Kamrul Hasan Khan, Daiichiro Kato, Yuji Ito .  A novel covalently-labeling method of IgG by using protein A-mimic peptide .  The 54th Japanese Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Prefecture University, Sakai  

  • Satoshi Kishimoto, Abdor Rafique, Kanade Fujisaki, Nobuyuki Nagamizo, Dai-ichiro Kato, Yuji Ito .  Construction of bispecific antibody by site-specific chemical conjugation with IgG-binding peptide .  The 54th Japanese Peptide Symposium 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka Prefecture University, Sakai  

  • 伊東祐二 .  抗体ファージライブラリーによる抗体医薬品の開発~抗体改変と免疫原性の間で考えること~ .  アッヴィ合同会社(AbbVie GK)社内講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:アッヴィ合同会社、東京  

  • Yuji Ito .  Efficient selection of antigen-specific antibodies from phage library using high throughput sequencing .  The 55th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan   招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kumamoto University, Kumamoto  

  • 伊東祐二 .  部位特異的修飾による抗体の高機能化に向けた親和性ペプチド試薬のデザイン .  第55回日本生物物理学会年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:熊本大学、熊本  

  • 加藤太一郎, 前田樹里, 奥田真利, 白川大暉, 武尾正弘、根来誠司, 有馬一成, 伊東祐二, 丹羽一樹, 太田博道 .  デラセミ化とラセミ化-非発光基質L-ルシフェリンからホタル生物発光を実現する2つの方法 .  第69回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学、東京  

  • 鞭馬奏萌、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T 細胞白血病細胞に特異的に発現する糖鎖構造に対する一本鎖抗体の探索 .  第41 回 蛋⽩質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:休暇村南阿蘇、熊本  

  • 澤山颯、円城寺佑貴、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  子宮頸がん細胞表層糖鎖に特異的に結合する一本鎖抗体の探索 .  第41 回 蛋⽩質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:休暇村南阿蘇、熊本  

  • 八藤丸 亮、中島 洋介、姫野 ありさ、岸本 聡、橋本 駿、田中 亜澄、加藤 太一郎、伊東 祐二 .  プロテインA 改変ペプチドZ33 を用いた部位特異的抗体標識試薬の設計と結合評価 .  第49 回若手ペプチド夏の勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎ブルースカイホテル、長崎  

  • 姫野ありさ、八藤丸亮、中島洋介、岸本聡、橋本駿、田中亜澄、加藤太一郎、伊東祐二 .  ヒトIgG 結合ペプチドの特異性変換 .  第49 回若手ペプチド夏の勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎ブルースカイホテル、長崎  

  • 太田 優美、門之園 哲哉、口丸 高弘、瀧 真清、伊東 祐二、近藤 科江 .  構造ゆらぎ抑制による抗HER2抗体代替分子の創製 .  第49 回若手ペプチド夏の勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎ブルースカイホテル、長崎  

  • 鶴田 篤弘, 加藤 太一郎, 有馬 一成, 伊東 祐二, 赤澤 陽子, 中島 芳浩 .  ホタルルシフェラーゼ特異的抗体を用いた酵素活性制御の試み .  第49 回若手ペプチド夏の勉強会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎ブルースカイホテル、長崎  

  • 伊東祐二 .  ファージライブラリを使ったアフィニティペプチドのデザインと抗体部位特異的標識技術への応用 .  愛媛大学工学部応用科学科ミニシンポジウム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 伊東祐二 .  抗体特異的標識技術CCAP法を用いた新規抗体医薬品開発 .  愛媛大学PROSセミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛媛大学医学部、松山  

  • Arisa Himeno .  Covalent Labeling of Immunogloblin G by a Reagent Derived From Human IgG-specific Affinity Peptide .  ASK Summer Workshop 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月 - 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: Dream Center, Gyeuongju Korea  

  • Yosuke Nakashima .  Conjugation of human IgG with HSA by a site-specific modification, CCAP method .  ASK Summer Workshop 2017   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月 - 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Dream Center, Gyeuongju Korea  

  • 伊東祐二 .  “新たな部位特異的抗体修飾法による抗体機能の改良” in 3WB革新的バイオ医薬創製に向けた蛋白質科学的アプローチ .  第17回日本蛋白質科学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学、仙台  

  • 伊東祐二 .  次世代シークエンサーを用いたファージライブラリーからの低分子抗体のデザイン .  第3回蛋白質工学研究会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台国際センター、仙台  

  • 伊東祐二 .  Fcドメイン特異的結合ペプチドによる標識技術(CCAP)の応用” ”ラクダ科動物の重鎖抗体可変領域(VHH)の有用性 .  ナノキャリア講演会 第13回社外講師による勉強会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ナノキャリア社柏の葉オープンイノベーションラボ、柏  

  • 中島洋介、姫野ありさ、八藤丸亮、橋本駿、田中亜澄、加藤太一郎、伊東祐二 .  CCAP 法を用いたヒトIgG 抗体への部位特異的HSA 付加による抗体検出感度の向上 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮日会館・宮崎大学清武キャンパス、宮崎  

  • 加藤由貴子、伊東祐二 .  NGS を用いたファージライブラリからの配列同定手法 .  第1回HTS バイオ分子設計研究会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学、鹿児島  

  • Yuji Ito .  Site-specific chemical conjugation of human antibody by an affinity peptide-based reagent .  AsiaTIDES: Oligonucleotide & Peptide Therapeutics 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 伊東祐二 .  抗体特異的修飾法を使った革新的抗体医薬品の創製に向けて .  鹿児島大学感染症制御のためのシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島大学鶴陵会館  

  • Yuji Ito .  Application of CCAP method to create new antibody therapeutics .  The 2th Highone New Drug Development Symposia  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Highone, South Korea  

  • 岸本聡、Abdor Rafique、宮本結花、佐竹貴莉子、藤崎奏、加藤太一郎、伊東祐二 .  IgG抗体への新規昨日付加を目的としたFc部位特異的なVHHコンジュゲートの作製と機能評価(口頭発表) .  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州工業大学情報工学部 飯塚  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  ”網羅的配列解析による多様な候補抗体の迅速同定手法の開発”in一般シンポジウム:抗体医薬品を極めるー新規抗体創薬と品質安全性評価のための基盤技術ー(口頭発表) .  日本薬学会第136年会  日本薬学会第136年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜、横浜  

    国内学会

  • 横田璃里、前田祐加、橋本駿、辻井温子、加藤太一郎、馬場昌範、伊東祐二 .  CCAP法による新規抗体薬物複合体の作製とその腫瘍細胞成長阻害活性評価(口頭発表) .  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州工業大学情報工学部 飯塚  

    国内学会

  • Md.Kamrul Hasan Khan、Arisa Himeno、Md.Abdur Rafique、Ayana Imamura、Takaaki Hatanaka、Yuji Ito .  Development of IgY purification system using IgY binding peptide isolated by T7 phage display technology(口頭発表) .  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会  第23回 日本生物工学会九州支部 飯塚大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州工業大学情報工学部 飯塚  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  ”ファージライブラリーとNGSによる網羅的配列解析を組み合わせた手法による機能性抗体・ペプチドのデザイン”in シンポジウム:バクテリオファージの最前線と展望(口頭発表) .  第39回 日本分子生物学会年会  第39回 日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜、横浜  

    国内学会

  • Yurie Okawa(Enomoto),Yamato Kikkawa,Shuhei Umemura,Aiko Fujiyama,Ryoko Mieno,Yukiko Kato,Dai-ichiro Kato and Yuji Ito .  Identification of functional antibodies from antibody phage display library using next generation sequencer.(口頭発表) .  The Annual meeting of the Molecular Biology Society of Japan  The Annual meeting of the Molecular Biology Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:Yokohama、PACIFICO Yokohama  

    国内学会

  • Yusi Ito,Satoshi Kishimoto,Dai-ichiro Kato,Yoshio Hayashi,Kentaro Takayama,Kyohei Muguruma,Yosuke Kanayama,Nobuaki Takahashi,Ryosuke Nakano,Sayaka Takagi .  Site-specific chemical modification of antibody by affinity peptide for development of new antibody drugs(口頭発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Arisa Himeno,MD.Kamrul Hasan Khan,Daiichiro Kato,and Yuji Ito .  Covalent Labeling of Immunoglobulin G by a Reagent Derived from a Human IgG-specific Affinity Peptide(ポスター発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Tadashi Shiozawa,Tetsuya Kadonosono,Maika Kitazawa,Wanaporn Yimchuen,Takahiro Kuchimaru,Masumi Taki,Yuji Ito and Shinae Kondoh .  Development of a high-affinity anti-PD-1 small protein harboring a constrained PD-1-binding peptide(ポスター発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Md.Kamrul Hasan Khan,Arisa Himeno,Md.Abdur Rafique,Ayana Imamura,Takaaki Hatanaka,and Yuji Ito .  Affinity Purification of IgY from Egg Yolk by IgY-binding Peptide Developed with T7 Phage Display Screening(ポスター発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Kyohei Muguruma,Takuya Shirasaka,Ryosuke Kawamata,Daichi Akiyama,Risako Arima,Yamamoto Kikkawa,Akihiro Taguchi Kentaro Takayama,Atsuhiko Taniguchi,Yuji Ito,Yoshio Hayashi .  Synthesis of a plinabulin-IgG binding peptide hybrid:posshibility of new cancer treatment strategy using non-covalent-typeantibody-drug conjugate(口頭発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Kazuto Mochizuki,Yuji Ito,Michiko Minami and Masumi Taki .  "Constrution of Cryptand Library via the Gp10 Based-Thioetherification(10BASE(10BASE(10BASEd-T)"(ポスター発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Maika Kitazawa,Tetsuya Kadonosono,Tadashi Siozawa,Wanaporn Yimchuen,Takahiro Kuchimaru,Masumi Taki,Yuji Ito and Shinae Kondoh .  Development of fibronectin-based small protein harboring a structurally constrained HER2-binding peptide(ポスター発表) .  53th Jpanese Peptide Symposium  53th Jpanese Peptide Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都、京都テルサ  

    国内学会

  • Norihito Nakata,Yoshinari Shoyama,Akio Hayashi,Atsuko Tsujii,Shun Hashimoto,Yuji Ito .  Evaluation of In-111 labeled trastuzumab using a novel site-specific conjugation technique of human IgG .  日本薬物動態学会 第31回年会  日本薬物動態学会 第31回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:松本、キッセイ文化ホール  

    国内学会

  • 三重野亮子、加藤由貴子、伊東祐二 .  ヒト抗体ファージライブラリを用いた抗体医薬品の抗原性解析システムの構築(ポスター発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • 佐竹貴莉子、宮本結花、岸本聡、加藤由貴子、加藤太一郎、萩原義久、赤澤陽子、松田知成、宮崎誠生、清瀬紀彦、伊東祐二 .  抗原免疫したアルパカVHH抗体ファージライブラリからの抗体フラグメント特異的VHH抗体の単離と特性解析(ポスター発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • 宮本結花、岸本聡、佐竹貴莉子、藤崎奏、加藤太一郎、中野了輔、高木さやか、高橋信明、伊東祐二 .  血液脳関門の通過を目指したトランスフェリンレセプター特異的VHH抗体の単離(口頭発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • 松本光、新地浩之、吉満誠、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  O型糖鎖結合性一本鎖抗体(scFv)固定化蛍光性ナノ粒子を用いた成人T細胞白血病(ATL)診断ツールの開発(口頭発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • 前田祐加、榎元友里恵、吉川大和、橋本駿、辻井温子、加藤太一郎、伊東祐二 .  抗体薬物複合体の創製に向けた癌細胞特異的単鎖Fv-Fcの修飾法(ポスター発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、藤崎奏、加藤太一郎、伊東祐二 .  ヒトIgG抗体へのFc部位特異的な抗FcαRVHHのコンジュゲート構築と機能評価(ポスター発表) .  第89回 日本生化学会大会  第89回 日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • Ito,Y.,Kanayama,Y.,Hayashi,Y.,Takahasi,N .  "Covalent conjugation of variety of functional ligands to antibody through Fc-specific affinity peptide"in symposium 2S19:Potential of antibodies at new frontiers(口頭発表) .  The 89th Annuaal Meeting of the Japanese Biochemical Society  The 89th Annuaal Meeting of the Japanese Biochemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台、東北大学川内キャンパス  

    国内学会

  • Yousuke Kanayama,Riyo Zochi,Emi Hayashinaka,Yasuhiro Wada,Kyohei Muguruma,Kentaro Takayama,Yoshio Hayashi,Yuji Ito,Yasuyoshi Watanabe. .  Evaluation of Peptide-mediated Fc Region-specific Radiolabeling on Antibody Distribution by using PET with Tumor-bearing Mice .  World Molecular Imaging Congress 2016  World Molecular Imaging Congress 2016国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語  

    開催地:New York  

    国際学会

  • Ito,Yuji.Kishimoto,S.,Kato,D.,Hayashi,Y.,Takayama,K.,Muguruma,K.,Kanayama,Y,Takahashi,N.,Nakano,R.,Takagi,S.. .  Specific Chemical Modification of Human Antibodies by a Reagent based on Fc-specific Affinity Peptide .  34th European Peptide Symposium,8th International Peptide Symposium  34th European Peptide Symposium,8th International Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Leipzig,German  

    国際学会

  • 前田樹里、加藤太一郎、奥田真利、武尾正弘、根来誠司、伊東祐二、丹羽一樹 .  デラセミ化反応を用いるホタル生物発光のキラルフリー化戦略(ポスター発表) .  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:指宿、指宿ベイテラス  

    国内学会

  • 横田璃里、前田祐加、橋本駿、辻井温子、加藤太一郎、馬場昌範、伊東祐二 .  CCAP法による新規抗体薬物複合体の作製とその腫瘍細胞成長阻害活性評価(ポスター発表) .  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:指宿、指宿ベイテラス  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、藤崎奏、加藤太一郎、伊東祐二 .  FcαR特異的VHH抗体のIg抗体Fc領域への部位特異的コンジュゲート作製と機能評価(ポスター発表) .  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:指宿、指宿ベイテラス  

    国内学会

  • Yuji Ito(Invited speaker) .  A covalent conjugation of antibodies through Fc-specific affinity peptide reagents to generate new types of antibody therapeutics .  The 2nd ASK(Antibody Society of Korea)summer workshop  The 2nd ASK(Antibody Society of Korea)summer workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Busan,South Korea  

    国際学会

  • 伊東祐二 .  抗体、ペプチドライブラリーからの機能分子の特定における次世代シークエンサーの活用(口頭発表) .  第5回 ネオバイオ分子研究会  第5回 ネオバイオ分子研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島、鹿児島大学学習交流プラザ  

    国内学会

  • 横田璃里、前田祐加、橋本駿、辻井温子、加藤太一郎、伊東祐二 .  CCAP法による新規抗体薬物複合体の作製とその腫瘍細胞成長阻害活性評価(口頭発表) .  平成28年度 日本生化学会九州支部例会  平成28年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:稲盛会館、鹿児島市  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、藤崎奏、加藤太一郎、伊東祐二 .  CCAP法によるヒトIgG抗体への部位特異的なFcαR特異的VHHの導入とそのコンジュゲートの機能評価(口頭発表) .  平成28年度 日本生化学会九州支部例会  平成28年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:稲盛会館、鹿児島市  

    国内学会

  • 藤山愛子、梅村修平、榎本友里恵、手島玲子、福冨友馬、伊東祐二 .  NGS解析によるアレルギー患者由来ヒト抗体ファージライブラリからの特異的IgEの同定と特性解析(2P-076ポスター発表) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 加藤太一郎、奥田真利、丹羽一樹、武尾正弘、根来誠司、伊東祐二 .  キラルフリーホタル発光システム(2P-050ポスター発表) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、加藤太一郎、伊東祐二 .  アルパカ由来ナイーブVHH抗体ライブラリからの抗原特異的抗体の獲得と特性解析ならびにBrevibacillus brevis 発現系を用いた発現(2P-075ポスター発表) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 佐竹貴莉子、宮本結花、岸本聡、加藤由貴子、加藤太一郎、伊東祐二 .  抗原免疫したVHH抗体ファージライブラリからのハイスループット配列解析により同定された特異的抗体候補の抗原結合活性の評価(2P-073ポスター発表) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宮本結花、佐竹貴莉子、岸本聡、加藤由貴子、加藤太一郎、伊東祐二 .  抗原免疫したVHH抗体ファージライブラリからのハイスループット配列解析による特異的抗体の同定(2P-074ポスター発表) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  次世代シークエンサー配列解析による効率的な抗原特異的抗体の同定(シンポジウム) .  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ  第67回 日本生物工学会 抗体工学の新潮流:シーズからニーズへ

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、加藤太一郎、伊東祐二 .  アルパカナイーブVHH抗体ライブラリから得られたVHH抗体特性解析(ポスター発表) .  第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 藤山愛子、梅村修平、榎本友里恵、手島玲子、福冨友馬、伊東祐二 .  GS解析によるヒト抗体ファージライブラリからのアレルゲン特異的IgGの同定と特性解析(ポスター発表) .  第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • Yuji Ito,Yurie Enomoto,Shuhei Umemura,Aiko Fujiyama,Ryoko Mieno,Yukiko Kato,Dai-ichiro Kato and Yuji Ito .  Identification of disease related antigen-specific novel human antibodies by method that combines biopanning and analysis of next generation sepuencer from patient-derived scFv antibody library(PI-069) .  The 29th annual symposium of the protein society  The 29th annual symposium of the protein society

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:Barcelona,Spain  

    国内学会

  • 加藤太一郎、丹羽一樹、奥田真利、根来誠司、伊東祐二 .  デラセミ化反応を用いたL-ルシフェリンからのホタル発光システム(口頭発表) .  平成27年度 日本生化学会九州支部例会  平成27年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡、九州大学箱崎キャンパス  

    国内学会

  • 岸本聡、ABDOR RAFIQUE、佐竹貴莉子、宮本結花、加藤太一郎、伊東祐二 .  アルパカ免疫・非免疫抗体ライブラリから得られたVHH抗体特性とグラム陽性菌Brevibacillus brevisでの発言(口頭発表) .  平成27年度 日本生化学会九州支部例会  平成27年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡、九州大学箱崎キャンパス  

    国内学会

  • 松本光、永田野々香、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  蛍光性ZAIS/ZnSコアシェルナノ粒子を用いた成人T細胞白血病(ATL)診断ツールの開発研究(口頭発表) .  平成27年度 日本生化学会九州支部例会  平成27年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡、九州大学箱崎キャンパス  

    国内学会

  • 戸高太郎、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T細胞白血病(ATL)細胞に特異的に発現する糖鎖構造に対する一本鎖抗体(scFv)の探索(口頭発表) .  平成27年度 日本生化学会九州支部例会  平成27年度 日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡、九州大学箱崎キャンパス  

    国内学会

  • 伊東祐二、岸本聡、宮崎誠生、萩原義久、松田知成 .  アルパカ免疫・非免疫抗体ライブラリからの抗原特異的なVHHフラグメントの選別と特性解析 .  第37回日本分子生物学会年会  第37回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 梅村修平、福富友馬、手島玲子、松田知成、伊東祐二 .  次世代シークエンサーを用いた網羅的配列解析による小麦アレルゲン特異的IgEの同定法 .  第37回日本分子生物学会年会  第37回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 梅村修平、福富友馬、手島玲子、松田知成、伊東祐二 .  次世代シークエンサーを用いた小麦アレルゲン特異的IgEの同定法 .  第38回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第38回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 今給黎厚志、伊東祐二 .  ランダムペプチドライブラリから得られた低親和性ペプチドのBrevibacillus発現システムを用いた機能評価系の構築 .  第38回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第38回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 藤山愛子、榎元友里恵、古川大和、Hui Kam Man、松田知成、伊東祐二 .  次世代シークエンサーを用いた網羅的抗体配列解析によるルテラン特異的な肝癌患者由来抗体の解析 .  平成26年度日本生化学会九州支部例会  平成26年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 梅村修平、福冨友馬、手島玲子、松田知成、伊東祐二 .  小麦アレルギー発症機構の解明を目指したアレルゲン特異的IgE の同定 .  平成26年度日本生化学会九州支部例会  平成26年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Nobuo Miyazaki,Norihiko Kiyose,Yosihisa Hagihara,Matsuda Tomonari,Seiya Inoue,Kazunori Arima,Yuji Ito .  Isolation and characterization of antigen-specific VHH antibodies from immunized alpaca VHH antibody phage library using Next Generation Sequencing (NGS) .  Antibody Engineering & Therapeutics 2013  Antibody Engineering & Therapeutics 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Huntington Beach, CA (USA)  

    国際学会

  • Ayana Imamura, Takaaki Hatanaka, Kiri Ichizu, Tomomi Kikuta, Arisa Himeno and Yuji Ito .  Identification of Chicken IgY-Specific Binding Peptide from Random Peptide Library and its application for IgY Affinity Purification .  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 50th Japanese Peptide Symposium  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium 50th Japanese Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Osaka,Japan  

    国際学会

  • 今給黎厚志, 中島田雄一, 畠中孝彰, 伊東祐二 .  Characterizations and Applications of Small Affinity Peptides Isolated from Disulfide-Containing Random Peptide Library .  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium・第50回ペプチド討論会 合同大会(大阪)  4th Asia-Pacific International Peptide Symposium・第50回ペプチド討論会 合同大会(大阪)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • 宮崎誠生、清瀬紀彦、萩原義久、井上聖也、有馬一成、伊東祐二 .  抗原免疫動物から構築したアルパカVHH抗体ファージライブラリからの抗原特異的抗体の単離と機能解析 .  第86回日本生化学大会  第86回日本生化学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 小澤拓矢,若井純子,有馬一成,伊東祐二 .  ブタ抗体ファージライブラリを使った抗原特異的ヒト化抗体 .  第86回日本生化学会大会(横浜)  第86回日本生化学会大会(横浜)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 清瀬紀彦、宮崎誠生v井上聖也、萩原義久、有馬一成、伊東祐二 .  Alpaca由来VHHナイーブ抗体ファージライブラリから単離された抗原特異的VHH抗体の機能解析 .  第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 清瀬紀彦、宮崎誠生、井上聖也、有馬一成、岸本聡、萩原義久、伊東祐二 .  アルパカ由来VHHナイーブ抗体ファージライブラリから単離された抗原特異的VHH抗体の単離と機能解析 .  第86回日本生化学大会  第86回日本生化学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 榎元友里恵,吉川大和,Hui Kam Man,有馬一成,伊東祐二 .  肝癌患者由来の抗体ファージライブラリから得られた抗ルテラン抗体の機能解析 .  第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(長崎)  第37回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(長崎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Satoshi Muraoka, Hideaki Kume, Hiromi Saitoh, Yurie Enomoto, Yuji Ito, Satoshi Nisizuka, Go Wakabayashi, Isamu Hoshino, Hisahiro Matsubara, Takeshi Tomonaga .  Development of High-Throughput Screening System Using Autoantibody Library for Discovery of Scirrhous Gastric Cancer Biomaker .  HUPO 12th AnnualWorld Congress(横浜)  HUPO 12th AnnualWorld Congress(横浜)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • 榎元友里恵,吉川大和,Hui Kam Man,有馬一成,伊東祐二 .  患者由来の抗体ファージライブラリから得られた肝癌細胞抗原ルテランに対する自己抗体の性状解析 .  第86回日本生化学会大会(横浜)  第86回日本生化学会大会(横浜)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 伊東 祐二、萩原 義久、宮崎 誠生、松田 知成 .  網羅的配列解析を利用した抗体ファージライブラリからの特異抗体の単離・同定 .  第13回日本蛋白質科学会年会(鳥取)  第13回日本蛋白質科学会年会(鳥取)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  低分子親和性ペプチドリガンドによる抗体の精製、検出技術への展開 .  BIO tech 2013 -国際バイオテクノロジー展/技術会議-アカデミックフォーラム  BIO tech 2013 -国際バイオテクノロジー展/技術会議-アカデミックフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京(国際展示場)  

    その他

  • 伊東祐二 .  ファージディスプレイ技術による機能性ペプチド・抗体のデザインと応用 .  第11 回化学・材料研究セミナー  第11 回化学・材料研究セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • Takaaki Hatanaka, Shinji Ozono, Modori Kitao, Kazuhisa Sugimura, Yuji Ito .  Peptide designs for affinity ligands of immunoglobulin by random peptide phage library .  15th Korean Peptide and Protein Synposium  15th Korean Peptide and Protein Synposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語  

    開催地: Ochag (Korea)  

    国際学会

  • 畠中孝彰、塚本翔悟、坂本幸太郎、有馬一成、伊東祐二 .  T7ファージディスプレイシステムを用いた新規IgAアフィニティリガンドのデザイン .  第48回ペプチド討論会  第48回ペプチド討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  T7ファージライブラリを用いたヒト抗体結合ペプチドのデザインと評価 .  第4回生体分子科学シンポジウム,(第2回ケミカルバイオロジー研究所シンポジウム)  第4回生体分子科学シンポジウム,(第2回ケミカルバイオロジー研究所シンポジウム)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学(大阪)  

    研究会

  • Kakoi S, Hatanaka T, Sugita R, Tsukamoto S, Sakamoto K, Arima K and Ito Y .  Identification of mouse IgG antibody-binding peptide by screening from T7 phage random peptide library .  5th International Peptide Symposium  5th International Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto, Japan  

    国際学会

  • Hatanaka T, Kakoi S, Sugita R, Sakamoto K, Arima K, Asai H, Yamada T and Ito Y .  Human IgA-specific Peptide from Random Peptide Library: Its Application for IgA Affinity Purification .  5th International Peptide Symposium  5th International Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto, Japan  

    国際学会

  • Hatanaka T, Kakoi S, Sugita R, Tsukamoto S, Sakamoto K, Arima K and Ito Y .  Isolation and characterization of human IgA-specific binding peptides from random peptide library on T7 phage display system .  5th International Peptide Symposium  5th International Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kyoto, Japan  

    国際学会

  • 伊東祐二 .  Tファージ提示法による機能性抗体とペプチドのデザイン .  大阪大学蛋白質研究所セミナー「バクテリオファージ研究の可能性と課題」  大阪大学蛋白質研究所セミナー「バクテリオファージ研究の可能性と課題」

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪大学蛋白質研究所(大阪)  

    研究会

  • 畠中孝彰,栫幸也香,杉田良平,塚本翔悟,有馬一成,伊東祐二 .  BIAcore T100によるT7ファージ上に提示された特異ペプチドとヒト抗体との相互作用解析 .  BIA Symposium 2010  BIA Symposium 2010

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 畠中 孝彰,栫 幸也香,坂元 孝太郎,有馬 一成,伊東 祐二 .  IgG特異的結合ペプチドを用いたヒト血清からの抗体精製法の検討 .  第10回日本蛋白質科学会  第10回日本蛋白質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 小湊葉月,若尾雅広,伊東祐二,隅田泰生 .  シュガーチップを用いた糖鎖認識一本鎖抗体の探索 .  平成22 年度日本生化学会九州支部例会  平成22 年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 塚本翔悟,畠中孝彰,有馬一成,伊東祐二 .  高機能性低分子化抗体の単離を目指したT7 ファージによる抗体ライブラリの構築 .  平成22 年度日本生化学会九州支部例会  平成22 年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 畠中孝彰,栫幸也香,有馬一成,伊東祐二 .  IgG 結合ペプチドによる抗体精製システムの構築の試み .  平成22 年度日本生化学会九州支部例会  平成22 年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 杉田良平,上村将樹,井出上公太郎,橋口周平,伊東祐二,杉村和久 .  ヒト化単鎖Fv フレームワークを用いた完全合成ヒト抗体ライブラリの評価 .  平成22 年度日本生化学会九州支部例会  平成22 年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 山口憂三,岩切健二,藤森久之,若尾雅広,伊東祐二,隅田泰生 .  ファイバー型シュガーチップを用いた成人T 細胞白血病細胞表層糖鎖に特異的に結合する一本鎖抗体(scFv)の探索 .  平成22 年度日本生化学会九州支部例会  平成22 年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Ito Y. .  Selections of cell-specific antibodies and Ig-specific peptides by phage display: their potentials for clinical and industrial uses .  2010 KSBB (Korean Society for Biotechnology and Bopscience) Spring Meeting and International Symposium  2010 KSBB (Korean Society for Biotechnology and Bopscience) Spring Meeting and International Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Seuol, Korea  

    国際学会

  • 伊東祐二、坂元孝太郎、畠中孝彰、栫幸也香、杉村和久 .  T7ファージライブラリを用いたヒト抗体結合ペプチドのデザインと評価 .  第82回日本生化学会大会「Beyond antibodyという研究領域」シンポジウム  第82回日本生化学会大会「Beyond antibodyという研究領域」シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  抗体医薬開発の最新動向 .  南九州腫瘍研究会第17回学術集会特別講演  南九州腫瘍研究会第17回学術集会特別講演

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 伊東祐二 .  ペプチドライブラリを用いたヒト抗体結合ペプチドのデザインと評価~ ProteOn XPR36 を用いたマルチアフィニティ解析~ .  第9回日本蛋白質科学会年会ランチョンセミナー  第9回日本蛋白質科学会年会ランチョンセミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Yuji Ito .  Designs of Human Antibodies and Peptides Specific to Disease‐Related Target Molecules by Phage Display Library .  ATI International Forum 2009“Protein Structure Determination and Applications”  ATI International Forum 2009“Protein Structure Determination and Applications”国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokai  

    国際学会

  • Yuji Ito, Kotaro Sakamoto, Jun Hayashida, Takaaki Hatanaka, Soni Preeti and Kazuhisa Sugimura, .  Aggregation of human IgG by acidic pH treatment: discovery and use of peptides specific to acid-induced conformer in its detection and purification .  The fifth annual Protein Engineering Summit  The fifth annual Protein Engineering Summit国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Boston  

    国際学会

  • Y. Ito, K. Sakamoto, J. Hayashida, T. Hatanaka, S. Preeti, K. Sugimura .  Binding peptides specific to low pH-induced conformer of human IgG-Fc: application for conformational analysis and affinity purification .  4th international peptide symposium 7th Australia peptide conference 2nd Asia-Pecific International Peptide Symposium  4th international peptide symposium 7th Australia peptide conference 2nd Asia-Pecific International Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 伊東祐二,坂元孝太郎,林田潤,杉村和久 .  ランダムペプチドライブラリからのヒト抗体IgG-Fc特異的ペプチドのデザイン .  第127回日本薬学会  第127回日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山  

    国内学会

  • 伊東祐二 .  ファージ提示システムを用いた機能性ペプチドの相互作用解析と応用 .  大阪大学蛋白質研究所セミナー バクテリオファージ研究の新たな方向と応用  大阪大学蛋白質研究所セミナー バクテリオファージ研究の新たな方向と応用

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Y.Ito, K.Sugimura .  Human anti-human IL-18 antibody recognizing the IL-18-binding site3 with IL-18 signaling blocking activity .  Antibody Engineering Conference  Antibody Engineering Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 伊東祐二 .  ペプチドファージライブラリからの蛋白機能ミミックのデザイン゜ .  第5回国際バイオEXPO&国際バイオフォーラム  第5回国際バイオEXPO&国際バイオフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 伊東 祐二 .  疾患治療に向けた多機能バイオロジクスの展開 親和性ペプチドを用いた部位特異的化学修飾による多機能性バイオロジクスの開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 山田 武直, 高木 さやか, 中野 了輔, 伊東 祐二, 岸本 聡, 高橋 信明 .  疾患治療に向けた多機能バイオロジクスの展開 中枢疾患治療への適用を目指した中枢移行性抗体の設計と機能評価研究 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 中野 了輔, 高木 さやか, 伊東 祐二, 岸本 聡, 栗原 佳奈, 高橋 信明 .  次世代抗体医薬品開発に向けた抗体の高機能化戦略 脳・中枢における持続的抗体濃度増強を目的とした新規技術構築 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 伊東 祐二 .  次世代抗体医薬品開発に向けた抗体の高機能化戦略 CCAP法を用いた部位特異的化学修飾による抗体の機能性強化 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 米丸 朋美, 高木 淳一, 有森 貴夫, 伊東 祐二 .  新規抗体断片フォーマットを用いた免疫ウサギ抗体ライブラリの構築と抗原特異的抗体の単離 .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • Ito Yuji .  新機能分子系を創出してきた地球生物進化と試験管内進化の対話 網羅的配列解析による抗体ファージライブラリーからの抗原特異的抗体の効率的な選別(Dialogue between in vitro evolution and biological evolution, both of which have created new functional biomolecules Efficient selection of antigen-specific antibodies from phage library using high throughput sequencing) .  生物物理  2017年8月  (一社)日本生物物理学会

  • 藤田 好珠, 六車 共平, 坂本 宗一郎, 岸本 聡, 伊藤 真由, 田口 晃弘, 高山 健太郎, 谷口 敦彦, 伊東 祐二, 林 良雄 .  抗体薬物複合体への適用を指向した抗体結合ペプチドの構造活性相関研究 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 永溝 修幸, 岸本 聡, 伊東 祐二 .  抗体ファージライブラリ由来のガン特異的VHH抗体を用いた新規ガンマーカー探索法の確立 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

  • 善家 弘貴, 柴田 祐稀, 清水 孝昭, 成田 公義, 岸本 聡, 中村 翠珠, 坂口 秀雄, 伊東 祐二, 澤崎 達也, 竹田 浩之 .  愛媛県産ドチザメ近縁種を用いたvNAR抗体作製 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 円城寺 佑貴, 中竹 拓馬, 松林 由眞, 澤山 颯, 新地 浩之, 若尾 雅広, 伊東 祐二, 隅田 泰生 .  子宮頸がん細胞表層のN-型糖鎖に結合する一本鎖抗体の開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2019年9月  (公社)日本生化学会

  • 六車 共平, 坂本 宗一郎, 藤田 好珠, 伊藤 真由, 田口 晃弘, 高山 健太郎, 谷口 敦彦, 伊東 祐二, 林 良雄 .  分子のレジデンスを考える-新しい機能分子設計の鍵として- 抗体Fc部結合ペプチドの構造活性相関研究 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 吉川 大和, 大川 友里恵[榎元], 藤山 愛子, 福原 武志, 原島 望, 菅原 由美香, 碇 和樹, 根岸 洋一, 片桐 文彦, 保住 建太郎, 野水 基義, 伊東 祐二 .  乳癌細胞において内在化するラミニンα5鎖受容体CD239に対する抗体-薬物結合体の作製 .  日本結合組織学会学術大会プログラム・抄録集  2018年6月  日本結合組織学会

  • 伊東 祐二 .  中分子・高分子医薬品創薬における「薬剤学」への期待 IgG-Fc特異的親和性ペプチドを用いた抗体の部位特異的修飾法の開発と医薬品・診断薬への応用 .  日本薬剤学会年会講演要旨集  2020年5月  (公社)日本薬剤学会

  • 鶴田 篤弘, 加藤 太一郎, 有馬 一成, 伊東 祐二, 赤澤 陽子, 中島 芳浩 .  ホタルルシフェラーゼ生物発光活性制御におけるアルパカ抗体の利用 .  日本生物工学会大会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本生物工学会

  • 太田 優美, 門之園 哲哉, 口丸 高弘, 瀧 真清, 伊東 祐二, 近藤 科江 .  ヒトフィブロネクチンIII型ドメインを足場とする小型HER2結合分子の創製 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 伊東 祐二 .  バイオ医薬品を、みる・よむ・つくる 抗体部位特異的修飾技術による新しい抗体医薬品の創製 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 盛満 晴佳, 岸本 聡, 宮本 結花, 佐竹 貴莉子, 加藤 由貴子, 伊東 祐二 .  アルパカファージライブラリからのハイスループット配列解析によるTfR特異的VHH抗体の同定とCCAP法を用いたIgG抗体へのVHH抗体修飾の手法確立 .  日本薬学会年会要旨集  2019年3月  (公社)日本薬学会

  • 森 怜香, 阿部 ありさ, 石川 直到, ラフィーク・アブドゥール , 伊東 祐二 .  IgG部位特異的修飾法を用いた免疫測定法への応用研究 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 岸本 聡, Rafique Md. Abdur, 永溝 修幸, 折小野 優, 盛満 晴佳, 加藤 太一郎, 伊東 祐二 .  IgG-Fc部位特異的修飾を可能とするCCAP法の開発とVHH抗体を用いた二重特異性抗体の構築 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

  • Satoka Mori, Yukinari Kato, Mika K. Kaneko, Abdur Rafique, Yuji Ito (Oral presentation) .  Site-specific covalent conjugation of IgG antibodies by CCAP method using Z33 affinity peptide: its application for drug and diagnostic reagent .  The 57th Japanese Peptide Symposium  2020年11月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

  • Abdur Rafique and Yuji Ito (Oral presentation) .  Development of small affinity peptide ligands for human antibody purification .  The 57th Japanese Peptide Symposium  2020年11月 

     詳細を見る

    国名:日本国  

▼全件表示

知的財産権

  • IgG結合ペプチド、及び該ペプチドによる抗体の特異的修飾

    伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2017-118735  出願日:2017年6月

    出願国:国内  

  • 可溶性タンパク質に対する親和性物質、切断性部分および反応性基を有する化合物またはその塩

    山田慧、伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2017-90679  出願日:2017年4月

    出願国:国内  

  • IgG結合ペプチドによる部位特異的RI標識抗体

    2. 伊東祐二、正山祥生、林明希男、中田徳仁

     詳細を見る

    出願番号:特願2016-117395  出願日:2016年6月

    出願国:国内  

  • IgG結合ペプチドによる抗体の特異的修飾

    伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2016/065061  出願日:2016年5月

    出願国:国内  

  • IgG結合ペプチドによる抗体の特異的修飾

    伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2015-103153  出願日:2015年5月

    出願国:国内  

  • 低分子化抗体のスクリーニング方法及び製造方法

    伊東祐二, 小川隆, 宮﨑誠生, 松田知成, 萩原義久, 赤澤陽子

     詳細を見る

    出願番号:2013-241806  出願日:2013年11月

    出願国:国内  

  • IgG結合性ペプチド及びそれによるIgGの検出および精製方法

    伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2011-182539  出願日:2011年8月

    出願国:国内  

  • IgA結合性ペプチド及びそれによるIgAの精製

    伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2010-118508  出願日:2010年5月

    出願国:国内  

  • 多岐用途型蛍光性リンカー化合物、及びその製造方法ならびにそれを用いて製造するリガンド複合体

    隅田泰生、若尾雅広、佐藤昌紀、馬場昌範、有馬直道、伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:2008-108561  出願日:2008年4月

    出願国:国内  

  • IgG結合性ペプチド

    伊東祐二

     詳細を見る

    特許番号/登録番号:2010-118508  登録日:2012年3月 

    出願国:国内  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ランダムなアミノ酸配列ライブラリを利用した抗苦味受容体人口抗体の開発

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    内田享弘、伊東祐二

      詳細を見る

    ランダムなアミノ酸配列ライブラリを利用した抗苦味受容体人口抗体の開発

  • ヒト抗体ライブラリを用いた網羅的配列解析によるガン細胞特異的ヒト抗体の創製

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    ヒト抗体ライブラリを用いた網羅的配列解析によるガン細胞特異的ヒト抗体の創製

  • 抗体医薬品の製造方法,品質特性解析法及び試験法の開発

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金

      詳細を見る

    抗体医薬品の製造方法,品質特性解析法及び試験法の開発

  • 低分子抗体医薬開発に最適化されたヒト抗体ライブラリ構築と選別法の確立

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    低分子抗体医薬開発に最適化されたヒト抗体ライブラリ構築と選別法の確立

  • 敗血症治療をめざした核内炎症性サイトカインを標的とする阻害剤開発の基礎研究

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    敗血症治療をめざした核内炎症性サイトカインを標的とする阻害剤開発の基礎研究

  • 免疫反応の制御をめざしたウイルスベクターによる抗体医薬開発のための基礎研究

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    免疫反応の制御をめざしたウイルスベクターによる抗体医薬開発のための基礎研究

  • 免疫細胞への標的機能をもつファージライブラリ人型抗体の作製と免疫制御

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    免疫細胞への標的機能をもつファージライブラリ人型抗体の作製と免疫制御

  • 免疫細胞標的モチーフによる抗原特異的免疫増強とワクチン開発への応用

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

      詳細を見る

    免疫細胞標的モチーフによる抗原特異的免疫増強とワクチン開発への応用

  • 標的分子デザイン

    1998年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

    標的分子デザイン

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • ペプチドと抗体から作られる新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    日本ペプチド学会市民フォーラム2017「生命を支えるアミノ酸・ペプチド~病気と細胞受容体」  2017年11月

  • タンパク質から作る革新的バイオ医薬品~がん・認知症を狙い撃つ~

    役割:講師

    第七回食と健康に関するシンポジウム  鹿児島大学稲盛会館、鹿児島  2017年11月

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    熊本市立必由館高等学校上級学校  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    鹿児島県立伊集院高等学校  2017年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 抗体と薬剤の結合制御による抗体医薬品開発の新しい展開~がん・認知症を狙い撃つ~

    役割:講師

    平成29年度九大薬友会鹿児島支部講演会  ホテルタイセイアネックス、鹿児島  2017年8月

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    筑紫女学園高等学校  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    宮崎県立都城西高等学校  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    福岡県立香住丘高等学校  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    鹿児島県立加治木高等学校  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • タンパク質を薬にする新しいバイオ医薬品

    役割:講師

    鹿児島純心女子高等学校  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

▼全件表示

メディア報道

  • 化学の扉:ラクダに期待 薬の未来 新聞・雑誌

    朝日新聞  2020年8月

  • ATL治療薬候補を作製

    南日本新聞  2020年7月

  • 低分⼦抗体の本命はVHH抗体 新聞・雑誌

    日経BP  日経バイオテク  2020年2月

学術貢献活動

  • 日本ペプチド学会

    役割:企画立案・運営等

    第16期理事  2020年 - 2021年

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本生化学会

    役割:企画立案・運営等

    代議員  2020年 - 2021年

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本生物工学会

    役割:企画立案・運営等

    代議員  2020年

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本化学会

    役割:企画立案・運営等

    代表正会員  2019年3月 - 2021年2月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本薬学会

    役割:企画立案・運営等

    代議員  2019年2月 - 2021年1月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本生物工学会九州支部

    役割:企画立案・運営等

    評議員  2010年 - 現在

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

▼全件表示