2022/03/23 更新

写真a

ナカジマ サチコ
中島 祥子
NAKAJIMA Sachiko
所属
法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 文学修士 ( 1990年3月   信州大学 )

研究キーワード

  • 異文化理解教育

  • ストラテジー

  • 談話分析

  • 社会言語学

  • 日本語教育

研究分野

  • 人文・社会 / 日本語教育  / 上級、アカデミック・ライティング

  • 人文・社会 / 言語学  / 社会言語学

  • その他 / その他  / 異文化間教育

経歴

  • 鹿児島大学   法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科   准教授

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   法文教育学域教育学系 教育学部 生涯教育総合課程(国際理解教育) 言語理解論   准教授

    1992年2月 - 2017年3月

  • 信州大学   人文学部   助手

    1988年4月 - 1992年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本語教育学会審査・運営協力員

    2019年6月 - 現在

  • 異文化間教育学会

    2015年10月 - 現在

  • 社会言語科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本音声学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本語教育学会

    2015年10月 - 現在

  • 国語学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本語教育学会・支部活動委員会

    2015年7月 - 2019年6月

  • 国立大学日本語教育研究連絡協議会・理事

    2011年6月 - 2014年5月

  • 日本語教育学会・研究集会委員会

    2010年7月 - 2015年6月

  • 「第25回お茶の間エッセイ」審査委員会

    2009年3月 - 2009年10月

  • 「第24回お茶の間エッセイ」審査委員会

    2008年3月 - 2008年10月

  • 国立大学日本語教育研究連絡協議会

    2007年4月 - 現在

  • 「第23回お茶の間エッセイ」審査委員会

    2007年4月 - 2007年10月

  • 日本語教育学会・研究集会委員会

    2005年4月 - 2005年11月

  • 九州日本語教育連絡協議会

    2004年4月 - 現在

  • 国立国語研究所基本用例データベース委員会委員

    1992年4月 - 1999年3月

▼全件表示

委員歴

  • 公益社団法人日本語教育学会   文化庁委託文化庁令和3年度「日本語教育人材の研修プログラム普及事業」運営委員会委員  

    2022年7月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 公益社団法人日本語教育学会・チャレンジ支援委員会   委員  

    2019年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 公益社団法人日本語教育学会・支部活動委員会   副委員長  

    2015年7月 - 2019年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本語教育学会・研究集会委員会   九州・沖縄地区委員  

    2010年7月 - 2015年6月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

取得資格

  • 日本語教育能力検定試験合格

  • 高等学校教諭専修免許

  • 中学校教諭専修免許

 

論文

  • 阿部新、中島祥子、村岡貴子 .  中国の大学における日本語専攻の学生と教員が抱くライティング学習と教育に関するビリーフ : 学生と教員の違いを中心に .  多文化社会と留学生交流 ( 26 ) 73 - 84   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: info:doi/10.18910/86450

    その他リンク: https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/86450/MESE_26_073.pdf

  • 中島祥子、村岡貴子 .  ライティング教育に関するビリーフ調査に向けての基礎的調査 ―韓国の大学の事例をもとに― .  多文化社会と留学生交流 ( 25 ) 63 - 74   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    その他リンク: https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/79104/MESE_25_063.pdf

  • 村岡貴子、中島祥子 .  日本語非母語話者教員による日本語読解・ライティング教育に関する期待と課題 : 漢字圏と非漢字圏の各地域における大学教員への調査から .  多文化社会と留学生交流 ( 25 ) 85 - 94   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

    その他リンク: https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/79106/MESE_25_085.pdf

  • 村岡貴子,鎌田美千子、中島祥子,石黒圭,堀一成 .  大学における日本語ライティング教育の課題と可能性―言語スキル養成からライティング支援人材の育成まで― .  2019年度日本語教育学会春季大会予稿集   63   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:日本語教育学会  

  • 中島 祥子 .  初年次学部留学生対象の日本語科目におけるアカデミック・ライティング教育の実践―初年次教育科目との関連から― .  人文学科論集 ( 86 ) 47 - 61   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • 中島祥子 .  多文化間プロジェクト型協働学習における留学生の学び―留学生と日本人学生がともに地域を学ぶプロジェクトから― .  鹿児島大学教育学部研究紀要 人文・社会科学編 65   133 - 148   2014年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部  

  • 中島祥子、板倉ひろこ .  日本語学習者と母語話者の異文化理解の形成―電子メールプロジェクトワークを通して .  『異文化間教育』、異文化間教育学会 ( 17号 ) 87 - 95   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 板倉ひろこ、中島祥子 .  IT時代における日本語教育―香港・鹿児島間の電子メール双方向型プロジェクトワークの試み .  『世界の日本語教育<日本語教育事情報告篇>』、国際交流基金日本語国際センター ( 6 ) 227 - 240   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 大学での学びをアクティブにするアカデミック・スキル入門〔新版〕

    伊藤奈賀子、中島祥子( 担当: 編集)

    有斐閣  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:292   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 実践方言学講座 第3巻 人間を支える方言

    中島祥子、今村かほる( 担当: 分担執筆)

    くろしお出版  2020年12月 

     詳細を見る

    担当ページ:223-244   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 実践方言学講座 第3巻 人間を支える方言

    小林,隆, 今村, かほる( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「第11章 外国人医療・介護従事者と方言」)

    くろしお出版  2020年12月  ( ISBN:9784874248478

     詳細を見る

    総ページ数:xv, 271p   担当ページ:223-244   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  • 人間を支える方言

    小林 隆, 今村 かほる, 友定 賢治, 岩城 裕之, 札埜 和男, 津田 智史, 二階堂 整, 村上 敬一, 櫛引 祐希子, 半沢 康, 本多 真史, 後藤 典子, 中島 祥子, 武田 拓

    くろしお出版  2020年  ( ISBN:9784874248478

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 大学での学びをアクティブにするアカデミック・スキル入門〔新版〕

    伊藤奈賀子, 中島祥子編( 担当: 共編者(共編著者) ,  範囲: 第7,20,21,23章)

    有斐閣  2019年3月  ( ISBN:9784641184459

     詳細を見る

    総ページ数:278   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • アカデミック・スキル入門 : 大学での学びをアクティブにする

    伊藤 奈賀子, 中島 祥子

    有斐閣  2019年  ( ISBN:9784641184459

     詳細を見る

  • 大学と社会をつなぐライティング教育

    村岡貴子, 鎌田美千子, 仁科喜久子編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第6章 初年次教育におけるライティング教育―組織的な取り組みと実践の一例―)

    くろしお出版  2018年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:223   担当ページ:97-116   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 小山悟, 中島祥子 .  留学生対象の授業に「学士力の育成」をどう盛り込むか ―「知識学習型」と「協働プロジェクト型」の実践を例に― .  日本語教育学会第1回九州・沖縄地区研究集会  日本語教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀大学  

  • 今村かほる,中島祥子 .  EPA による外国人看護師・介護士候補者の直面する方言の問題について .  日本語教育学会  日本語教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山  

    国内学会

  • 中島祥子 .  口頭発表における学習者相互評価と録画映像による振り返りの効果―大学における上級日本語学習者を対象として― .  2011世界日本語教育大会  2011世界日本語教育大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:中国(天津外国語大学)  

    国際学会

  • 中島祥子、吉里さち子、要弥由美、濱中誠 .  新たな日本語リテラシー教育の実践―「戦略的大学連携支援事業」としての試み― .  2009年度日本語教育学会研究集会(宮崎)第1回研究発表・講演会  2009年度日本語教育学会研究集会(宮崎)第1回研究発表・講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎(宮崎大学教育文化学部)  

    研究会

  • 中島祥子 .  留学生と日本人学生がともに地域を学ぶプロジェクトワークの実践―参加者の地域理解と文化理解― .  日本語教育学世界大会2008(第7回日本語教育国際研究大会)  日本語教育学世界大会2008(第7回日本語教育国際研究大会)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国釜山市(釜山外国語大学校)  

    国際学会

  • 村岡貴子, 鎌田三千子, 中島祥子, 石黒圭, 堀一成 .  大学におけるライティング教育の課題と可能性―言語スキル養成からライティング支援人材育成まで― .  2019年度日本語教育学会春季大会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 日本語読解・ライティングの方法に影響する母語・母文化の教育的背景要因に関する研究

    研究課題/領域番号:19H01269  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    村岡 貴子, 阿部 新, 脇田 里子, 太田 亨, 石黒 圭, 鎌田 美千子, 山路 奈保子, 太田 達也, 池田 隆介, 中島 祥子, 堀 一成, 大島 弥生

      詳細を見る

    配分額:16250000円 ( 直接経費:12500000円 、 間接経費:3750000円 )

  • 大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価

    2014年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価

  • 大学・大学院でのキャリア形成に資する在学段階別日本語ライティング教育の開発と評価

    2014年4月 - 2017年3月

    文部科学省:科学研究費補助金(基盤研究(c)) 

    村岡 貴子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 災害対応のための方言活用システムと方言ツールの開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    災害対応のための方言活用システムと方言ツールの開発

  • 『多文化間プロジェクト型共同学習における相互行為とその影響・効果に関する研究』2010年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号22520534

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『多文化間プロジェクト型共同学習における相互行為とその影響・効果に関する研究』2010年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号22520534

  • 『心理療法におけるTherapistの変化成長過程に関する研究』2004-2006年科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号16530453

    2004年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『心理療法におけるTherapistの変化成長過程に関する研究』2004-2006年科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号16530453

  • 『心理療法における言語・非言語行動が心理療法過程と効果に及ぼす影響に関する研究』2002-2003年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号14510159

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『心理療法における言語・非言語行動が心理療法過程と効果に及ぼす影響に関する研究』2002-2003年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号14510159

  • 『TherapyにおけるTherapist-client関係に関する研究― Therapeutic Discourse Analysisの視点からの検討』2000-2001年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号1261014

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『TherapyにおけるTherapist-client関係に関する研究― Therapeutic Discourse Analysisの視点からの検討』2000-2001年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号1261014

  • 『Therapeutic Discourseに関する研究―TherapyにおいてTherapistの発話がclientに及ぼす影響―』1997-1998年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号:09834011

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『Therapeutic Discourseに関する研究―TherapyにおいてTherapistの発話がclientに及ぼす影響―』1997-1998年度科学研究費補助金基盤研究(c)(1)課題番号:09834011

  • 『鹿児島市とその周辺地域における地域共通語の実態とその教育に関する研究』1994-1996年度文部省科学研究費補助金基盤研究(B)課題番号:06451090

    1994年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  科学研究費

      詳細を見る

    『鹿児島市とその周辺地域における地域共通語の実態とその教育に関する研究』1994-1996年度文部省科学研究費補助金基盤研究(B)課題番号:06451090

▼全件表示