2022/11/29 更新

写真a

ヤブキ アキラ
矢吹 映
YABUKI Akira
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(獣医学) ( 2001年11月   東京大学 )

研究キーワード

  • 腎臓病理

  • 腎疾患

  • 細胞診

  • 獣医臨床病理

学歴

  • 鹿児島大学   獣医学科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 臨床獣医学   教授

    2019年10月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 臨床獣医学   准教授

    2012年4月 - 2019年9月

  • 鹿児島大学    

    1999年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本腎臓学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医腎泌尿器学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医臨床病理学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Maki S., Islam M.S., Itoh T., Nurimoto M., Yabuki A., Furusawa Y., Kamishina H., Kobatake Y., Rakib T.M., Tacharina M.R., Yamato O. .  Molecular Epidemiological Survey for Degenerative Myelopathy in German Shepherd Dogs in Japan: Allele Frequency and Clinical Progression Rate .  Animals12 ( 13 )   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Animals  

    Canine degenerative myelopathy (DM) is an adult-onset, chronic, progressive neurode-generative disease reported in multiple canine breeds, including the German Shepherd Dog (GSD). Clinical signs include progressive motor neuron paralysis, which begins in the pelvic limbs and eventually leads to respiratory distress, which may necessitate euthanasia. A common DM-associated mutation is a single nucleotide substitution that causes an amino acid substitution (c.118G>A, p.E40K) in the canine SOD1 gene. This SOD1 mutation and the clinical progression rate of A/A risk genotype in the Japanese GSD population have not been analyzed before. Therefore, the aim of this study was to determine the frequency of the mutated allele and analyze the clinical progression rate in the Japanese GSD population. We studied 541 GSDs registered with the Japanese German Shepherd Dog Registration Society between 2000 and 2019. Genotyping was performed using real-time PCR with DNA extracted from the hair roots of each dog. The study revealed 330 G/G dogs (61%), 184 G/A dogs (34%), and 27 A/A dogs (5%), indicating a frequency of the mutant allele of 0.220, which are in Hardy–Weinberg equilibrium. We analyzed the clinical signs in A/A dogs with an age limit of 10 years based on information obtained from the dogs’ owners. Of the seven A/A dogs older than 10 years, owners reported DM-related clinical signs, indicating a clinical progression rate of 100%. These results, further genotyping, and thorough clinical examinations of SOD1 A/A risk genotype will help control and prevent DM in the Japanese GSD population.

    DOI: 10.3390/ani12131647

    Scopus

    PubMed

  • Pervin S, Islam MS, Yorisada Y, Sakai A, Masamune S, Yabuki A, Rakib TM, Maki S, Tacharina MR, Yamato O .  Carrier Rate and Mutant Allele Frequency of GM1 Gangliosidosis in Miniature Shiba Inus (Mame Shiba): Population Screening of Breeding Dogs in Japan. .  Animals : an open access journal from MDPI12 ( 10 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/ani12101242

    PubMed

  • Pervin S., Islam M.S., Tada N., Tsutsui T., Rahman M.M., Yabuki A., Tacharina M.R., Rakib T.M., Maki S., Yamato O. .  Screening and Carrier Rate of Neuronal Ceroid Lipofuscinosis in Chihuahua Dogs in Japan .  Animals12 ( 9 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Animals  

    Neuronal ceroid lipofuscinosis (NCL) is a group of rare lethal neurodegenerative lysosomal storage diseases that occur in a range of dog breeds, including Chihuahuas. Recently, a homozygous single base-pair deletion (c.846delT), which causes a frame shift generating a premature stop codon (p.Phe282Leufs13*) in the canine CLN7/MFSD8 gene, has been identified as a causative mutation for NCL in Chihuahuas. The objective of this study was to determine the frequency of the mutant allele and/or carrier rate of NCL in Chihuahuas in Japan using a newly designed real-time PCR assay. Samples of saliva were randomly collected from 1007 Chihuahua puppies during physical examinations prior to the transportation to pet shops. Screening results revealed a carrier rate of 1.29%, indicating a mutant allele frequency (0.00645) that is considered sufficiently high to warrant measures for the control and prevention of this lethal disease. The genotyping assay designed in this study could make a valuable contribution to the control and prevention of NCL.

    DOI: 10.3390/ani12091210

    Scopus

    PubMed

  • Islam M.S., Takagi M., Lee K.W., Chang H.S., Okawa H., Yunus M., Lestari T.D., Tacharina M.R., Pervin S., Rakib T.M., Yabuki A., Yamato O. .  Frequency of an X-Linked Maternal Variant of the Bovine FOXP3 Gene Associated with Infertility in Different Cattle Breeds: A Pilot Study .  Animals12 ( 8 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Animals  

    Immune adaptation plays an essential role in determining pregnancy, which has been shown to be dependent on sufficient immunological tolerance mediated by FOXP3+ regulatory T cells. Recently, an X-linked maternal single-nucleotide polymorphism (SNP), located 2175 base pairs upstream of the start codon in the bovine FOXP3 gene (NC_037357.1: g.87298881A>G, rs135720414), was identified in Japanese Black (JB: Bos taurus) cows in association with recurrent infertility. However, with the exception of JB cows, the frequency of this SNP has yet to be studied in other cow populations. In this study, we thus aimed to evaluate the frequency of this SNP in different cow breeds. Between 2018 and 2021, a total of 809 DNA samples were obtained from 581 JB, 73 Holstein Friesian (HF: B. taurus), 125 Korean Hanwoo (KH: B. taurus coreanae), and 30 Indonesian Madura (IM: a crossbreed between B. indicus and B. javanicus) cows, which were genotyped using a TaqMan probe-based real-time polymerase chain reaction assay designed in this study. The frequency of the G allele was found to be relatively high in local IM (0.700), moderate in dairy HF (0.466), and low in beef JB (0.250) and KH (0.112) cows, with differences in the frequencies between each group being shown to be statistically significant (p < 0.005) using Fisher’s exact test. The results obtained in this study indicate that the G allele frequencies of the identified the SNP differ markedly in different breeds of taurine and indicine cattle. Given these findings, it would thus be important to evaluate the relationships between high frequencies of the G allele and infertility in different breeds.

    DOI: 10.3390/ani12081044

    Scopus

    PubMed

  • Uehara Y., Furusawa Y., Islam M.S., Yamato O., Hatai H., Ichii O., Yabuki A. .  Immunohistochemical Expression of TGF-β1 in Kidneys of Cats with Chronic Kidney Disease .  Veterinary Sciences9 ( 3 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Veterinary Sciences  

    Transforming growth factor-beta 1 (TGF-β1) plays a central role in the progression of chronic kidney disease (CKD). However, in feline CKD, renal expression of TGF-β1 and how it changes as the disease progresses have not been fully studied. In the present study, we immunohistochemically assessed the renal expression levels of TGF-β1 in cats with CKD and statistically analyzed its correlation with CKD severity. Clear immunosignals were detected in the glomerular mesangial cells, Bowman’s capsules, proximal tubules, distal nephrons, platelets, and vascular smooth muscles in the kidneys of cats with CKD. Statistically, luminal signals in the distal nephrons showed positive correlations with plasma creatinine levels and glomerulosclerosis, while those in the proximal tubules and platelets showed negative correlations with plasma urea and/or creatinine levels. Therefore, it was suggested that the changes in the renal expression of TGF-β1 could be associated with progression of feline CKD.

    DOI: 10.3390/vetsci9030114

    Scopus

    PubMed

  • Tanaka S., Suzuki R., Koyama H., Machida N., Yabuki A., Yamato O. .  Glycogen storage disease in a young cat with heart failure .  Journal of Veterinary Internal Medicine36 ( 1 ) 259 - 263   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Veterinary Internal Medicine  

    An 8-month-old domestic short-haired female cat presented with acute tachypnea, poor growth, hypothermia, and lethargy. Thoracic radiography showed cardiomegaly with mild pleural effusion, and transthoracic echocardiography identified dilatation of both atria and left ventricular systolic dysfunction. Although clinical signs improved temporarily with treatment, the cat died of pulmonary edema 135 days after the first visit. At necropsy, the heart was grossly enlarged. Microscopic examination of the heart identified severe vacuolization of cardiac muscle cells in histologic sections stained with hematoxylin and eosin. Examination of periodic acid-Schiff stained preparations of formalin-fixed heart tissue disclosed coarse granules within vacuoles that disappeared on predigestion with diastase, indicating that they were glycogen. On the basis of these findings, a necropsy diagnosis of glycogen storage disease type II (Pompe disease) was made. This report is the first case of a young cat with clinical signs closely resembling infantile Pompe disease of humans.

    DOI: 10.1111/jvim.16339

    Scopus

    PubMed

  • Tamura S., Tamura Y., Nakamoto Y., Hasegawa D., Tsuboi M., Uchida K., Yabuki A., Yamato O. .  Positioning Head Tilt in Canine Lysosomal Storage Disease: A Retrospective Observational Descriptive Study .  Frontiers in Veterinary Science8   802668   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science  

    Positioning head tilt is a neurological sign that has recently been described in dogs with congenital cerebellar malformations. This head tilt is triggered in response to head movement and is believed to be caused by a lack of inhibition of the vestibular nuclei by the cerebellar nodulus and ventral uvula (NU), as originally reported cases were dogs with NU hypoplasia. We hypothesized that other diseases, such as lysosomal storage diseases that cause degeneration in the whole brain, including NU, may cause NU dysfunction and positioning head tilt. Videos of the clinical signs of canine lysosomal storage disease were retrospectively evaluated. In addition, post-mortem NU specimens from each dog were histopathologically evaluated. Nine dogs were included, five with lysosomal storage disease, two Chihuahuas with neuronal ceroid lipofuscinosis (NCL), two Border Collies with NCL, one Shikoku Inu with NCL, two Toy Poodles with GM2 gangliosidosis, and two Shiba Inus with GM1 gangliosidosis. Twenty-eight videos recorded the clinical signs of the dogs. In these videos, positioning head tilt was observed in seven of nine dogs, two Chihuahuas with NCL, one Border Collie with NCL, one Shikoku Inu with NCL, one Toy Poodle with GM2 gangliosidosis, and two Shiba Inus with GM1 gangliosidosis. Neuronal degeneration and loss of NU were histopathologically confirmed in all diseases. As positioning head tilt had not been described until 2016, it may have been overlooked and may be a common clinical sign and pathophysiology in dogs with NU dysfunction.

    DOI: 10.3389/fvets.2021.802668

    Scopus

    PubMed

  • Tamura S. .  Adult-onset neuronal ceroid lipofuscinosis in a shikoku inu .  Veterinary Sciences8 ( 10 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Veterinary Sciences  

    DOI: 10.3390/vetsci8100227

    Scopus

    PubMed

  • Kumagai M. .  Quantification of histidine-containing dipeptides in dolphin serum using a reversed-phase ion-pair high-performance liquid chromatography method .  Separations8 ( 8 )   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Separations  

    DOI: 10.3390/separations8080128

    Scopus

  • MATSUMOTO Fumi, SHIMA-SAWA Mariko, FURUSAWA Yu, YAMATO Osamu, YABUKI Akira .  A rapid multiple immunofluorescence method for the simultaneous detection of CD20 and CD3 in canine and feline cytological samples .  The Journal of Veterinary Medical Science   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>CD20 and CD3 are considered reliable markers for B and T cells, respectively. This study aimed to develop a rapid multiple immunofluorescence (RMIF) method for the detection of CD20 and CD3 on a single cytology slide. Air-dried smears were prepared using samples collected from dogs (n=26) and cats (n=6). Immunosignal detection using the newly developed method required 60 min. Clear immunosignals for CD20 and CD3 were detected in 24 of 26 samples in dogs and in all 6 cats. As the RMIF (CD20/CD3) method can detect markers of both B and T cells simultaneously on a single cytology smear, it would be an efficient tool for the immunophenotyping of canine and feline lymphoma samples.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0597

    PubMed

  • ISLAM Md Shafiqul, YAMATO Osamu, SHINYA Urara, TAKAGI Mitsuhiro, AKAHOSHI Takao, YABUKI Akira, PERVIN Shahnaj, RAKIB Tofazzal Md, RAHMAN Mohammad Mahbubur, TACHARINA Martia Rani .  Carrier rate of the c.235G>C mutation in the bovine isoleucyl-tRNA synthetase (<i>IARS</i>) gene of Japanese Black cows at Kagoshima prefecture, Japan, and analysis of the metabolic profiling and reproductive performance of heterozygous cows .  The Journal of Veterinary Medical Science83 ( 2 ) 254 - 259   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Bovine isoleucyl-tRNA synthetase (IARS) disorder, a major cause of weak calf syndrome, is caused by a homozygous missense (c.235G>C) mutation in the bovine <i>IARS</i> gene of Japanese Black (JB) cattle, which was identified in 2013. However, the extent to which the carrier rate has changed at Kagoshima prefecture, Japan, and whether the carrier status is associated with any clinical or reproductive problems, have yet to be ascertained. In this study, using a real-time polymerase chain reaction-based genotyping assay, we determined the carrier rate in a regional JB cow population at Kagoshima prefecture. Comparative analyses were performed on the metabolic profile test (MPT) results and reproductive performance data obtained for heterozygous carrier and homozygous wild-type cows. In 2009 and 2018, DNA samples were collected from 130 and 462 clinically healthy JB cows, respectively, in Kagoshima prefecture. MPT results and reproductive performance data were evaluated for 62 cows, comprising four heterozygous carriers and 58 wild-type cows. Genotyping revealed that the carrier rate was 6.9% in 2009 and 1.5% in 2018, the difference of which was statistically significant (<i>P</i><0.005). There were no statistically significant differences between the carrier and wild-type cows with respect to either MPT results or reproductive performance, indicating that the carrier cows have necessary IARS activity to maintain minimal health and reproductive potential.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0356

    Scopus

    PubMed

  • YABUKI Akira, FURUSAWA Yu, MIYOSHI Noriaki, TANIGUCHI Kazuyuki, YAMATO Osamu .  Expression of neuronal nitric oxide synthase and renin in dysplastic kidneys of young dogs .  The Journal of Veterinary Medical Science   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Renin and neuronal nitric oxide synthase in the kidney control the renin-angiotensin and tubuloglomerular feedback systems. The present study investigated the expression of renin and neuronal nitric oxide synthase in the dysplastic kidneys of three young dogs. Renin-immunoreactivity, which occurs in the juxtaglomerular and tubular cells of dysplastic kidneys, did not differ from that in the normal kidneys of young dogs. Macula densa cells in the normal kidneys showed neuronal nitric oxide synthase -immunoreactivity, but those in the dysplastic kidneys showed no apparent signals. This observation may be correlated with the pathological mechanisms of renal failure in young dogs.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.21-0074

    PubMed

  • FURUSAWA Yu, TAKAHASHI Masashi, SHIMA-SAWA Mariko, HATAI Hitoshi, MIYOSHI Noriaki, YAMATO Osamu, YABUKI Akira .  Immunocytochemical evaluation of epithelial–mesenchymal transition in epithelial tumors of dogs and cats .  The Journal of Veterinary Medical Science83 ( 9 ) 1363 - 1368   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Epithelial–mesenchymal transition (EMT) plays a crucial role in metastasis of epithelial tumors; however, it is challenging to detect EMT by cytology. In the present study, EMT was visualized by fluorescence-immunocytochemistry (FICC). Air-dried smears from epithelial tumors of dogs (n=22) and cats (n=9) were stained using mouse monoclonal anti-E-cadherin and rabbit monoclonal anti‐vimentin antibodies. Enzymatic immunohistochemistry (IHC) revealed that 51.6% (8/22 in dogs, 8/9 in cats) of the cases showed EMT. In dogs, FICC could detect EMT in 62.5% (5/8) of those cases. In cats, FICC could detect EMT in 100% (8/8) of the cases. In conclusion, the present FICC method could successfully detect EMT using conventional air-dried cytology smear slides.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.21-0021

    Scopus

    PubMed

  • Furusawa Y, Takahashi M, Shima-Sawa M, Yamato O, Yabuki A .  Argyrophilic nucleolar organizer regions staining for cytology smears in dogs and cats .  Journal of Veterinary Medicine82 ( 9 ) 1267 - 1270   2020年9月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Furusawa Yu, Takahashi Masashi, Shima-Sawa Mariko, Yamato Osamu, Yabuki Akira .  犬猫の細胞診スメアの核小体形成領域銀染色(Argyrophilic nucleolar organizer regions staining for cytology smears in dogs and cats) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 9 ) 1267 - 1270   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Furusawa Y, Takahashi M, Iwanaga T, Yabuki A, Kano R, Hatai H, Sueno W, Endo Y, Momoi Y .  Systemic Inonotus sp. Infection in a dog .  Journal of Veterinary Medicine82 ( 6 ) 779 - 783   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1292/jvms.19-0455.

  • Furusawa Yu, Takahashi Masashi, Iwanaga Tomoko, Yabuki Akira, Kano Rui, Hatai Hitoshi, Sueno Wako, Endo Yasuyuki, Momoi Yasuyuki .  イヌにおけるInonotus sp.全身感染(Systemic Inonotus sp. Infection in a dog) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 779 - 783   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Hai-Ying C, Tanaka Y, Hifumi T, Shoji K, Kayesh MEH, Hashem MA, Kitab B, Sanada T, Fujiyuki T, Yoneda M, Hatai H, Yabuki A, Miyoshi N, Kai C, Kohara M, Tsukiyama-Kohara K .  Pathological and genetic aspects of spontaneous mammary gland tumor in Tupaia belangeri (tree shrew) .  PIos One15 ( 5 )   2020年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Uehara Y, Ichii O, Yoshida C, Yamato O .  Expression of Peroxisome Proliferator-activated Receptor-γ in the Kidneys of Cats with Chronic Kidney Disease .  Journal of Comparative Pathology176   81 - 85   2020年4月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • FURUSAWA Yu, TAKAHASHI Masashi, IWANAGA Tomoko, YABUKI Akira, KANO Rui, HATAI Hitoshi, SUENO Wako, ENDO Yasuyuki, MOMOI Yasuyuki .  Systemic <i>Inonotus</i> sp. Infection in a dog .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 779 - 783   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>A 3-years-old male golden retriever was presented for decreased activity (lethargy), anorexia, and titubation. Superficial lymph nodes were enlarged, and arrhythmia and tachycardia were auscultated. Fungal hyphae-like structures were detected in the biopsy samples from an enlarged lymph node and spleen. Nucleotide sequence of the internal transcribed spacer region of the fungi amplified by PCR was highly homologous to that of <i>Inonotus pachyphloeus</i>. The dog was treated with antifungal agents such as itraconazole, fluconazole, and voriconazole. Clinical signs resolved for 325 days but the dog died suddenly, possibly because of arrhythmia. Postmortem examination revealed the presence of a disseminated fungal infection. This report describes the case of canine systemic <i>Inonotus</i> sp. infection treated by an antifungal agent.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0455

    Scopus

    PubMed

  • Lestari TD, Ismudiono I, Sardjito T, Yamato O, Takagi M, Yabuki A, Srianto P .  Breeding performance of Indonesian beef cattle as recipients for embryo transfer .  Journal of Veterinary Medicine81 ( 11 ) 1688 - 1691   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1292/jvms.19-0429.

  • Tita Damayanti Lestari , Ismudiono Ismudiono , Trilas Sardjito , Yamato Osamu, Takagi Mitsuhiro, Yabuki Akira, Pudji Srianto .  胚移植のレシピエントとしてのインドネシア産肉用牛の繁殖成績(Breeding performance of Indonesian beef cattle as recipients for embryo transfer) .  The Journal of Veterinary Medical Science81 ( 11 ) 1688 - 1691   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Ohara Y. .  Renal Infiltration of Macrophages in Canine and Feline Chronic Kidney Disease .  Journal of Comparative Pathology170   53 - 59   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Comparative Pathology  

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2019.05.006

    Scopus

  • Ohara Y, Yabuki A, Nakamura R, Ichii O, Mizukawa H, Yokoyama N, Yamato O .  Renal Infiltration of Macrophages in Canine and Feline Chronic Kidney Disease. J Comp Pathol. .  Journal of Comparative Pathology   2019年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1016/j.jcpa.2019.05.006.

  • Yamato, O., Tsuneyoshi, T., Ushijima, M., Jikihara, H., Yabuki, A .  Safety and efficacy of aged garlic extract in dogs: upregulation of the nuclear factor erythroid 2-related factor 2 (Nrf2) signaling pathway and Nrf2-regulated phase II antioxidant enzymes. .  BMC Veterinary Research   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1186/s12917-018-1699-2.

  • Yabuki A, Hamamoto T, Rahman MM, Yamato O .  Changes in lectin-binding patterns in the kidneys of canines with immune-complex mediated glomerulonephritis .  J Vet Med Sci80 ( 10 ) 1562 - 1566   2018年11月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.18-0331

  • Yabuki Akira, Hamamoto Takeshi, Rahman Mohammad Mahbubur, Yamato Osamu .  免疫複合体介在性糸球体腎炎の犬の腎臓におけるレクチン結合パターンの変化(Changes in lectin-binding patterns in the kidneys of canines with immune-complex mediated glomerulonephritis) .  The Journal of Veterinary Medical Science80 ( 10 ) 1562 - 1566   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Ichii O, Nakamura T, Horino T, Yabuki A, Elewa YHA, Kon Y .  Abnormal morphology of distal tubular epithelial cells is regulated by genetic factors derived from mouse chromosome 12 .  American Journal of Pathology   2018年9月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morita T, Nakamura K, Osuga T, Kobayashi A, Ichii O, Yabuki A, Takiguchi M .  Pulmonary hypertension due to unclassified interstitial lung disease in a Pembroke Welsh corgi .  J Vet Med Sci   2018年6月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0716

  • Morita Tomoya, Nakamura Kensuke, Osuga Tatsuyuki, Kobayashi Atsushi, Ichii Osamu, Yabuki Akira, Takiguchi Mitsuyoshi .  ウェルシュコーギーペンブロークにおける未分類間質性肺疾患による肺高血圧症(Pulmonary hypertension due to unclassified interstitial lung disease in a Pembroke Welsh corgi) .  The Journal of Veterinary Medical Science80 ( 6 ) 939 - 944   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Sawa M. .  Rapid multiple immunofluorescent staining for the simultaneous detection of cytokeratin and vimentin in the cytology of canine tumors .  Veterinary Clinical Pathology47 ( 2 ) 326 - 332   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Veterinary Clinical Pathology  

    DOI: 10.1111/vcp.12598

    Scopus

    PubMed

  • Nakamura R, Yabuki A, Ichii O, Mizukawa H, Yokoyama N, Yamato O .  Changes in Renal Peritubular Capillaries in Canine and Feline Chronic Kidney Disease .  J Comp Pathol160   79 - 83   2018年4月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcpa.2018.03.004

  • Otomaru K, Ono K, Wataya K, Akioka K, Ando T, Yabuki A, Kubota C, Miyoshi N, Kawasaki Y .  Hydromyelia in a Japanese Black calf .  J Vet Med Sci   2017年12月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0371

  • Yabuki A, Sawa M, Kohyama M, Hamamoto T, Yamato O .  Paraffin immunofluorescence for detection of immune complexes in renal biopsies: an efficient salvage technique for diagnosis of glomerulonephritis in dogs .  BMC Vet Res13 ( 1 ) 371   2017年12月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12917-017-1287-x

  • Otomaru Konosuke, Ono Keisuke, Wataya Kenta, Akioka Kohei, Ando Takasaki, Yabuki Akira, Kubota Chikara, Miyoshi Noriaki, Kawasaki Yasuaki .  黒毛和種仔牛における水脊髄症(Hydromyelia in a Japanese Black calf) .  The Journal of Veterinary Medical Science79 ( 12 ) 1983 - 1985   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Yabuki A, Iwanaga T, Giger U, Sawa M, Kohyama M, Yamato O .  Acquired Fanconi syndrome in two dogs following long-term consumption of pet jerky treats in Japan: case report .  J Vet Med Sci79   818 - 821   2017年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0043

  • Yabuki Akira, Iwanaga Tomoko, Giger Urs, Sawa Mariko, Kohyama Moeko, Yamato Osamu .  日本におけるペット用ジャーキーを長期摂取した2頭のイヌの後天性Fanconi症候群 症例報告(Acquired Fanconi syndrome in two dogs following long-term consumption of pet jerky treats in Japan: case report) .  The Journal of Veterinary Medical Science79 ( 5 ) 818 - 821   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Sawa M, Inoue M, Yabuki A, Kohyama M, Miyoshi N, Setoguchi A, Yamato O .  Rapid immunocytochemistry for the detection of cytokeratin and vimentin: assessment of its diagnostic value in neoplastic diseases of dogs .  Vet Clin Pathol46   172 - 178   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/vcp.12462

  • Kohyama M, Kitagawa M, Kamishina H, Kobatake Y, Yabuki A, Sawa M, Kakita S, Yamato O .  Degenerative myelopathy in the Collie breed: a retrospective immunohistochemical analysis of superoxide dismutase 1 in an affected Rough Collie, and a molecular epidemiological survey of the SOD1: c.118G>A mutation in Japan .  J Vet Med Sci792   375 - 379   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.16-0391

  • 矢吹 映 .  「私のこともっと知ってほしい from AKI」:2. 急性腎障害の内科療法 .  動物臨床医学26 ( 4 ) 153 - 154   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物臨床医学会  

    DOI: 10.11252/dobutsurinshoigaku.26.153

  • Takagi M, Kohyama M, Ono T, Adachi S, Shirao D, Tamura H, Taniguchi M, Yabuki A, Yamato O .  Recovery with a regular dose of antibiotics from bacillary hemoglobinuria in a Holstein cow .  J Vet Med Sci78   1737 - 1740   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.16-0296

  • Yabuki A, Miyazaki A, Ichii O, Kohyama M, Sawa M, Yamato O .  Low expression of cyclooxygenase-2 in chronic kidney disease in young dogs .  Res Vet Sci109   71 - 73   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2016.09.006

  • Mizukami K, Yabuki A, Kohyama M, Kushida K, Rahman MM, Uddin MM, Sawa M,Yamato O .  Molecular prevalence of multiple genetic disorders in Border collies in Japan and recommendations for genetic counselling .  Vet J   2016年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohyama M, Tada N, Mitsui H, Tomioka H, Tsutsui T, Yabuki A, Rahman MM, Kushida K, Mizukami K, Yamato O .  Real-time PCR genotyping assay for canine progressive rod-cone degeneration and mutant allele frequency in Toy Poodles, Chihuahuas and Miniature Dachshunds in Japan .  Journal of Medical Science   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Shimokawa Miyama T, Kohyama M, Yamato O. .  Canine IgA nephropathy: a case report .      2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohyama M, Yabuki A, Ochiai K, Nakamoto Y, Uchida K, Hasegawa D, Takahashi K, Kawaguchi H, Tsuboi M, Yamato O .  In situ detection of GM1 and GM2 gangliosides using immunohistochemical and immunofluorescent techniques for auxiliary diagnosis of canine and feline gangliosidoses .  BMC Vet Res   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno H, Yamato O, Sugiura T, Kohyama M, Yabuki A, Miyoshi K, Matsuda K, Uchide T .  GM1 gangliosidosis in a Japanese domestic cat: a new variant identified in Hokkaido, Japan .  Journal of Veterinary Medical Science   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sawa M, Yabuki A, Setoguchi A, Yamato O .  Development and application of multiple immunofluorescence staining for diagnostic cytology of canine and feline lymphoma .  Vet Clin Pathol   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Sawa M, Chang HS, Yamato O. .  A Practical Technique for Electron Microscopy of Buffy Coats in Dogs and Cats .  Anatomia, Histologia, Embryologia   2015年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Mizukami K, Tokunaga S, Yamato O .  Change in intrarenal Ghrelin expression in immune complex-mediated glomerular disease in dogs .  Journal of Veterinary Medical Science   2015年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kushida K, Giger U, Tsutsui T, Inaba M, Konno Y, Hayashi K, Noguchi K, Yabuki A, Mizukami K, Kohyama M, Endo Y, Yamato O .  Real-time PCR genotyping assay for feline erythrocyte pyruvate kinase deficiency and mutant allele frequency in purebred cats in Japan .  Journal of Veterinary Medical Science   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ozawa M, Himaki T, Ookutsu S, Mizobe Y, Ogawa J, Miyoshi K, Yabuki A, Fan J, Yoshida M .  Production of Cloned Miniature Pigs Expressing High Levels of Human Apolipoprotein(a) in Plasma .  PLoS One   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohyama M, Yabuki A, Kawasaki Y, Kawaguchi H, Miura N, Kitano Y, Onitsuka T, Rahman MM, Miyoshi N, Yamato O .  GM2 Gangliosidosis Variant 0 (Sandhoff Disease) in a Mixed-Breed Dog .  J Am Anim Hosp Assoc   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映、宮 豊、宮 紀子、野添伸樹、大和 修 .  糸球体腎炎と膵炎を併発した犬の3例-腎生検と治療経過について .  鹿児島県獣医師会会報52   23 - 25   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Yabuki A, Endoh D, Chang HS, Lee KW, Nakayama M, Kushida K, Kohyama M, Lee JI, Yamato O .  Investigation of parallel and simultaneous selection for collie eye anomaly and ivermectin toxicosis. .  Vet Rec   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Otsuka S, Ohta H, Yabuki A, Horino T, Kon Y. .  MicroRNA expression profiling of cat and dog kidneys. .  Res Vet Sci96 ( 2 ) 299 - 303   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rahman MM, Yabuki A, Kohyama M, Mitani S, Mizukami K, Uddin MM, Chang HS, Kushida K, Kishimoto M, Yamabe R, Yamato O. .  Real-time PCR genotyping assay for GM2 gangliosidosis variant 0 in toy poodles and the mutant allele frequency in Japan. .  J Vet Med Sci   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Yoneshige S, Tanaka S, Tsujio M, Mitani S, Yamato O. .  Age-related histological changes in kidneys of Brown Norway rat. .  J Vet Med Sci76 ( 2 ) 277 - 280   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitani S, Yabuki A, Sawa M, Chang HS, Yamato O. .  Intrarenal distributions and changes of Angiotensin-converting enzyme and Angiotensin-converting enzyme 2 in feline and canine chronic kidney disease. .  J Vet Med Sci76 ( 1 ) 45 - 50   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Yabuki A, Chang HS, Uddin MM, Rahman MM, Kushida K, Kohyama M, Yamato O. .  High frequency of a single nucleotide substitution (c.-6-180T>G) of the canine MDR1/ABCB1 gene associated with phenobarbital-resistant idiopathic epilepsy in Border Collie dogs. .  Dis Markers   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin MM, Arata S, Takeuchi Y, Chang HS, Mizukami K, Yabuki A, Rahman MM, Kohyama M, Hossain MA, Takayama K, Yamato O .  Molecular epidemiology of canine GM1 gangliosidosis in the Shiba Inu breed in Japan: relationship between regional prevalence and carrier frequency .  BMC Vet Res   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitani S, Yabuki A, Taniguchi K, Yamato O. .  Association between the Intrarenal Renin-Angiotensin System and Renal Injury in Chronic Kidney Disease of Dogs and Cats. .  J Vet Med Sci75 ( 2 ) 127 - 133   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin MM, Tanimoto T, Yabuki A, Kotani T, Kuwamura M, Chang HS, Yamato O. .  Mutation analysis of GM1 gangliosidosis in a Siamese cat from Japan in the 1960s. .  J Feline Med Surg   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sawa M, Yabuki A, Miyoshi N, Arai K, Yamato O. .  A simple and rapid immunocytochemical technique for detection of cytokeratin, vimentin, and S-100 protein in veterinary diagnostic cytology. .  Res Vet Sci93 ( 3 ) 1341 - 1345   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Mitani S, Mizukami K, Yamato O. .  Nephron segment identification in the normal canine kidney by using lectin histochemistry. .  Res Vet Sci. 93 ( 2 ) 560 - 564   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Mitani S, Sawa M, Mizukami K, Fujiki M, Yamato O. .  A comparative study of chronic kidney disease in dogs and cats: Induction of cyclooxygenases. .  Res Vet Sci. 93 ( 2 ) 892 - 897   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sawa M, Yabuki A, Miyoshi N, Arai K, Yamato O. .  Rapid-air-dry papanicolaou stain in canine and feline tumor cytology: a quantitative comparison with the giemsa stain. .  J Vet Med Sci174 ( 9 ) 1133 - 1138   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chang HS, Endoh D, Ishida Y, Takahashi H, Ozawa S, Hayashi M, Yabuki A, Yamato O. .  Radioprotective Effect of Alk(en)yl Thiosulfates Derived from Allium Vegetables against DNA Damage Caused by X-Ray Irradiation in Cultured Cells: Antiradiation Potential of Onions and Garlic. .  ScientificWorldJournal   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Kawamichi T, Koie H, Tamura S, Matsunaga S, Imamoto S, Saito M, Hasegawa D, Matsuki N, Tamahara S, Sato S, Yabuki A, Chang HS, Yamato O. .  Neuronal ceroid lipofuscinosis in border collie dogs in Japan: clinical and molecular epidemiological study (2000-2011). .  ScientificWorldJournal   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Chang HS, Ota M, Yabuki A, Hossain MA, Rahman MM, Uddin MM, Yamato O. .  Collie eye anomaly in Hokkaido dogs: case study. .  Vet Ophthalmol. 15 ( 2 ) 128 - 132   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rahman MM, Kawaguchi H, Miyoshi N, Yabuki A, Nakamoto Y, Ozawa T, Yamato O. .  Pathological features of salivary gland cysts in a Shiba dog with GM1 gangliosidosis: a possible misdiagnosis as malignancy. .  J Vet Med Sci. 74 ( 4 ) 485 - 489   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mifune H, Nishi Y, Tajiri Y, Yabuki A. .  Different A-type natriuretic peptide level in five strains of mice. .  J Vet Med Sci.74 ( 4 ) 499 - 502   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga S, Fujiki M, Yabuki A, Misumi K. .  Immunohistochemical analysis of cartilage-derived retinoic acid-sensitive protein (CD-RAP)/melanoma inhibitory activity (MIA) in murine, canine, bovine and equine cerebrospinal tissues. .  J Vet Med Sci.74 ( 4 ) 523 - 526   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Chang HS, Yabuki A, Kawamichi T, Hossain MA, Rahman MM, Uddin MM, Yamato O. .  Rapid genotyping assays for the 4-base pair deletion of canine MDR1/ABCB1 gene and low frequency of the mutant allele in Border Collie dogs. .  J Vet Diagn Invest.24 ( 1 ) 127 - 134   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映、土岐学司、大和 修 .  腎病理から逆流性腎症の進行による末期腎不全と診断された若齢犬の1例 .  日本獣医腎泌尿器学会誌   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Chang HS, Yabuki A, Kawamichi T, Kawahara N, Hayashi D, Hossain MA, Rahman MM, Uddin MM, Yamato O. .  Novel rapid genotyping assays for neuronal ceroid lipofuscinosis in Border Collie dogs and high frequency of the mutant allele in Japan. .  J Vet Diagn Invest. 23 ( 6 ) 1131 - 1139   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoh H, Yamauchi T, Yamasaki M, Maede Y, Yabuki A, Chang HS, Asanuma T, Yamato O. .  Rapid detection of GM1 ganglioside in cerebrospinal fluid in dogs with GM1 gangliosidosis using matrix-assisted laser desorption ionization time-of-flight mass spectrometry. .  J Vet Diagn Invest. 23 ( 6 ) 1202 - 1207   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Yabuki A, Sasaki N, Otsuka S, Ohta H, Yamasaki M, Takiguchi M, Namiki Y, Hashimoto Y, Endoh D, Kon Y. .  Pathological correlations between podocyte injuries and renal functions in canine and feline chronic kidney diseases. .  Histol Histopathol. 2011 Oct;26(10):1243-55.26 ( 10 ) 1243 - 1255   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akira Yabuki, KeijiroMizukami,Mariko Sawa, SawaneMitani, and Osamu Yamato .  Early Stage of Chronic Kidney Disease with Renal Injury Caused by Hypertension in a Dog .  Case Reports in Veterinary Medicine   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamoto Y, Yamato O, Uchida K, Nibe K, Tamura S, Ozawa T, Ueoka N, Nukaya A, Yabuki A, Nakaichi M. .  Neuronal ceroid-lipofuscinosis in longhaired Chihuahuas: clinical, pathologic, and MRI findings. .  J Am Anim Hosp Assoc47 ( 4 ) 64 - 70   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizukami K, Shoubudani T, Nishimoto S, Kawamura R, Yabuki A, Yamato O. 2012 Jul 4;74(6):797-800. .  Trapped neutrophil syndrome in a border collie dog: clinical, clinico-pathologic, and molecular findings. .  J Vet Med Sci.74 ( 6 ) 797 - 800   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映、澤 真理子 .  一次診療におけるGFRの測定 .  J Vet   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Rahman MM, Shoubudani T, Mizukami K, Chang HS, Hossain MA, Yabuki A, Mitani S, Higo T, Arai T, Yamato O. .  Rapid and simple polymerase chain reaction-based diagnostic assays for GM2 gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in Japanese domestic cats. .  J Vet Diagn Invest23 ( 2 ) 338 - 342   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村田大紀、井出哲也、矢吹 映、三好宣彰、畠添 孝、藤木 誠、三角一浩 .  扁平上皮癌により眼球摘出した馬の1例 .  日獣会誌 63 ( 12 ) 931 - 934   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 徳永 暁、政岡和彦、新井 恒、村田大紀、三浦直樹、矢吹 映、三好宣彰、藤木 誠、三角一浩 .  肺扁平上皮癌により肥大性骨症を発症した犬の治癒経過 .  鹿児島県獣医師会会報26 ( 2 ) 20 - 21   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chang HS, Mizukami K, Yabuki A, Hossain MA, Rahman MM, Uddin MM, Arai T, Yamato O. .  A novel rapid genotyping technique for Collie eye anomaly: SYBR Green-based real-time polymerase chain reaction method applicable to blood and saliva specimens on Flinders Technology Associates filter paper. .  J Vet Diagn Invest 22 ( 5 ) 708 - 715   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamura S, Tamura Y, Uchida K, Nibe K, Nakaichi M, Hossain MA, Chang HS, Rahman MM, Yabuki A, Yamato O. .  GM2 gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in a family of toy poodles. .  J Vet Intern Med24 ( 5 ) 1013 - 1019   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映 .  尿路閉塞と急性腎後性高窒素血症 .  J VET280   21 - 31   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Chang HS, Ko M, Ishizuka M, Fujita S, Yabuki A, Hossain MA, Yamato O. .  Sodium 2-propenyl thiosulfate derived from garlic induces phase II detoxification enzymes in rat hepatoma H4IIE cells. .  Nutr Res30 ( 6 ) 435 - 440   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Taniguchi K, Yamato O. .  Immunohistochemical examination of cyclooxygenase-2 and renin in a KK-A(y) mouse model of diabetic nephropathy .  Exp Anim59 ( 4 ) 479 - 486   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Mitani A, Fujiki M, Misumi K, Endo Y, Miyoshi N, Yamato O. .  Comparative study of chronic kidney disease in dogs and cats: Induction of myofibroblasts. .  Res Vet Sci 88 ( 2 ) 294 - 299   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chang HS, Arai T, Yabuki A, Hossain MA, Rahman MM, Mizukami K, Yamato O .  Rapid and reliable genotyping technique for GM1 gangliosidosis in Shiba dogs by real-time polymerase chain reaction with TaqMan minor groove binder probes. .  J Vet Diagn Invest22 ( 2 ) 234 - 237   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Otsuka S, Sasaki N, Yabuki A, Ohta H, Takiguchi M, Hashimoto Y, Endoh D, Kon Y .  Local overexpression of interleukin-1 family, member 6 relates to the development of tubulointerstitial lesions .  Lab Invest90 ( 3 ) 459 - 475   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rahman MM, Shoubudani T, Mizukami K, Chang HS, Hossain MA, Yabuki A, Mitani S, Higo T, Arai T, Yamato O. .  Rapid and simple polymerase chain reaction-based diagnostic assays for GM2 gangliosidosis variant 0 (Sandhoff-like disease) in Japanese domestic cats. .  J Vet Diagn Invest   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映、川崎安亮、池田耕夫、大和 修 .  巣状糸球体硬化症の進行による末期腎不全と診断されたイヌの1例 .  日本獣医腎泌尿器学会誌2   46 - 50   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga S, Yamanokuchi K, Yabuki A, Fujiki M, Misumi K. .  Cartilage oligomeric matrix protein in canine spinal cord appears in the cerebrospinal fluid associated with intervertebral disc herniation. .  Spine35 ( 1 ) 4 - 9   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamamoto T, Yabuki A, Yamato O, Fujiki M, Misumi K, Matsumoto M. .  Immunohistochemical analysis of cyclooxygenase-2 induction during wound healing in dog skin. .  Res Vet Sci87 ( 3 ) 349 - 354   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanokuchi K, Yabuki A, Yoshimoto Y, Arai K, Fujiki M, Misumi K. .  Gene and protein expression of cartilage oligomeric matrix protein associated with oncogenesis in canine tumors. .  J Vet Med Sci.71 ( 4 ) 499 - 503   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno D, Yabuki A, Obi T, Shiraishi M, Nishio A, Miyamoto A. .  Characterization of Bradykinin-induced Endothelium-independent Contraction in Equine Basilar Artery. .  J. Vet. Pharmacol. Ther.32 ( 3 ) 264 - 270   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamato O, Funk H, Kawahara N, Fukova M, Entlerova Z, Petrusova H, Hayashi D, Satoh H, Yamasaki M, Maeda Y, Yabuki A, Arai T. .  Mutation screening of canine GM1 gangliosidosis for preventive measures: absence of the mutation allele in breeding Shiba dogs in the Czech Republic. .  Jpn. J. Prophy. Vet. Med. 1 ( 2 ) 63 - 68   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Yamato O, Suzuki S. .  Age-dependent changes in the kidney morphology of female DBA/2 mice. .  Exp Anim58 ( 1 ) 53 - 56   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映 .  持続的腎代替療法 .  J VET261   21 - 30   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yabuki A, Endo Y, Sakamoto H, Nagayoshi T, Matsumoto M, Suzuki S. .  Quantitative assessment of renal cortical echogenicity in clinically normal cats. .  Anat. Histol. Embryol.37   383 - 386   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okuno T, Yabuki A, Shiraishi M, Obi T, Miyamoto A .  Histamine-induced modulation of vascular tone in the isolated chicken basilar artery: A possible involvement of endothelium .  Comp Biochem Physiol C147 ( 3 ) 339 - 344   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Yabuki A, Ojima T, Matsumoto M, Taniguchi K, Suzuki S .  Immunohistochemical localization of renin, NO synthase-1, and cyclooxygenase-2 in rodent kidney .  Histol Histopathol23 ( 2 ) 143 - 150   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshinaga N, Okuno T, Watanabe Y, Matsumoto T, Shiraishi M, Obi T, Yabuki A, Miyamoto A .  Vasomotor effects of noradrenaline, acetylcholine, histamine, 5-hydroxytryptamine and bradykinin on snake (Trimeresurus flavoviridis) basilar arteries .  Comp Biochem Physiol C Toxicol Pharmacol146 ( 4 ) 478 - 483   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映,岡田亜矢子,松元光春,上村亮三,谷口和美,谷口和之,鈴木秀作 .  成長期のマウスの腎臓におけるレニンとシクロオキシゲナーゼ-2の発現動態 .  九州実験動物雑誌23   47 - 50   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura R, Setoyama K, Yabuki A, Tottori J, Suzuki S .  Characteristics and gender differences concerning pulmonary hemodynamics in Clawn miniature pigs .  Exp Anim56 ( 5 ) 375 - 378   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Kamimura R, Setoyama K, Tottori J, Taniguchi K, Matsumoto M, Suzuki S .  Skin morphology of the Clawn miniature pig .  Exp Anim56 ( 5 ) 369 - 373   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki K, Wakabayashi H, Takahashi M, Fukushima K, Yabuki A, Endo Y .  A Possible treatment strategy and clinical factors to estimate the treatment response in Bebesia gibsoni infection .  J Vet Med Sci69 ( 5 ) 563 - 568   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映,遠藤泰之,藤木誠,三好宣彰,松元光春,鈴木秀作 .  犬および猫の腎不全におけるシクロオキシゲナーゼ-2およびNO合成酵素-1の発現 .  鹿児島大学農学部学術報告57   21 - 28   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松元光春,安田研,三好宣彰,安田宣彰,矢吹映,鈴木秀作,西中川駿 .  口之島野生化牛の筋組織に関する組織計測学的研究 .  鹿児島大学農学部学術報告57   29 - 36   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murata N, Yabuki A, Matsumoto M, Nishinakagawa H, Suzuki S. .  Strain differences in morphometrical characteristics of rat kidneys. .  J Vet Med Sci68 ( 11 ) 1185 - 1189   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映,加藤隆志,松元光春,鈴木秀作 .  DBA/2Crマウスの腎臓の形態における下顎腺・単孔舌下腺摘出の影響-近位尿細管上皮について- .  九州実験動物雑誌22   17 - 21   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Yabuki A, Ojima T, Matsumoto M, Suzuki S. .  Species specific differences in the ratio of short to long loop nephrons in the kidneys of laboratory rodents. .  Exp Anim55 ( 5 ) 473 - 476   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Tanaka S, Matsumoto M, Suzuki S. .  Morphometric study of gender differences with regard to age-related changes in the C57BL/6 mouse kidney. .  Exp Anim55 ( 4 ) 399 - 404   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Yabuki A, Ojima T, Matsumoto M, Suzuki S .  Rodent renal structure differs among species .  J Vet Med Sci68 ( 5 ) 439 - 445   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichii O, Yabuki A, Ojima T, Matsumoto M, Suzuki S. .  Rodent renal structure differs among species. .  J Vet Med Sci68 ( 5 ) 439 - 445   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Onimaru S, Nakamura K, Kariyazono H, Ikeda R, Ueno T, Fukumoto Y, Yabuki A, Sakata R, Yamada K .  Inhibitory effects of edaravone on the production of tumor necrosis factor-alpha in the isolated heart undergoing ischemia and reperfusion .  Heart Vessels 21 ( 2 ) 108 - 115   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Taharaguchi S, Ichii O, Kojima M, Nishi Y, Mifune H, Kamimura R, Matsumoto M, Suzuki S. .  Immunohistochemical localization of ghrelin in rodent kidneys. .  Histochem Cell Biol126 ( 2 ) 231 - 238   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Tahara T, Taniguchi K, Matsumoto M, Suzuki S .  Neuronal nitric oxide synthase and cyclooxygenase-2 in diabetic nephropathy of type 2 diabetic OLETF rats .  Exp Anim55 ( 1 ) 17 - 25   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 金井香純,矢吹映,土屋公幸,松元光春,上村亮三,鈴木秀作 .  ハムスター類の腎臓の形態における種差および雌雄差 .  九州実験動物雑誌21   7 - 12   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村亮三,御船弘治,矢吹映,瀬戸山健太郎,菅野正美,鳥取潤一,鈴木秀作 .  低体温Clawnミニブタの血行動態とANP動態 .  九州実験動物雑誌21   21 - 25   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okada A, Yabuki A, Matsumoto M, Suzuki S .  Development of gender differences in DBA/2Cr mouse kidney morphology during maturation .  J Vet Med Sci67 ( 9 ) 877 - 882   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Maeda M, Matsumoto M, Kamimura R, Masuyama T, Suzuki S .  SAMP1/Sku as a murine model for tubulointerstitial nephritis: a study using unilateral ureteral obstruction .  Exp Anim54 ( 1 ) 53 - 60   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映,田中愼,松元光春,上村亮三,鈴木秀作 .  F344/N雌ラットの腎臓の組織構造における加齢変化 .  九州実験動物雑誌20 ( ※ ) 9 - 14   2004年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda M, Yabuki A, Matsumoto M, Taniguchi K, Suzuki S. .  Morphometrical analysis of the kidney from nonobese diabetic (NOD) mice in the non-diabetic stage. .  J Vet Med Sci66 ( 10 ) 1259 - 1262   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Ojima T, Kojima M, Nishi Y, Mifune H, Matsumoto M, Kamimura R, Masuyama T, Suzuki S. .  Characterization and species differences in gastric ghrelin cells from mice, rats and hamsters. .  J Anat205 ( 3 ) 239 - 246   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Matsumoto M, Taniguchi K, Suzuki S .  The effects of microwave-irradiated fixation for postmortem changes of the kidney .  J Vet Med Sci66 ( 6 ) 705 - 707   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Matsumoto M,Kamimura R, Taniguchi K, Suzuki S. .  Renin, cyclooxygenase-2 and neuronal nitric oxide synthase in the kidneys of transgenic Tsukuba hypertensive mouse. .  Exp Anim53 ( 4 ) 387 - 390   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki S, Mifune H, Kamimura R, Yabuki A, Obara T, Matsumoto M, Tsuchiya K .  Fine structure of the parotid and mandibular glands of the cotton rat (Sigmodon hispidus) .  Exp Anim52 ( 5 ) 441 - 444   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Matsumoto M, Nishinakagawa H, Suzuki S .  Age-related morphological changes in kidneys of SPF C57BL/6Cr mice maintained under controlled conditions .  J Vet Med Sci65 ( 8 ) 845 - 851   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Effects of sex hormones on the development of giant lysosomes in the proximal tubules of DBA/2Cr mouse kidney .  J Anat202 ( 5 ) 445 - 452   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Matsumoto M, Nishinakagawa H, Suzuki S .  Giant lysosomes in the renal proximal tubules- a morphological characteristic of DBA/2 and DBA/1 mouse kidneys .  Exp Anim52 ( 2 ) 159 - 163   2003年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda M, Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Taniguchi K, Nishinakagawa H .  Renal lesions in spontaneous insulin-dependent diabetes mellitus in the nonobese diabetic mouse: acute phase of diabetes .  Vet Pathol40 ( 2 ) 187 - 195   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Taniguchi K, Nishinakagawa H .  A simple method for the specific detection of Ren-1 renin .  Kidney Int62 ( 6 ) 2294 - 2299   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映,鈴木秀作,松元光春,西中川駿 .  マウス腎臓の組織構造の特性-系統差および雌雄差- .  九州実験動物雑誌18 ( ※ ) 23 - 28   2002年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Lectin-Histochemical and -Cytochemical Study of Periodic Acid Schiff-Positive Lysosme Granules as a Histological Feature of the Female Mouse Kidney .  Histol Histopathol17 ( 4 ) 1017 - 1024   2002年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Life span and renal morphological characterization of the SAMP1//Ka mouse .  Exp Anim51 ( 1 ) 75 - 81   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Sex and strain dependent histological features of the proximal convoluted tubular epithelium of mouse kidney: association with lysosomes containing apolipoprotein B .  Histol Histopathol17 ( 1 ) 1 - 7   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumot M, Kurohmaru M, Hayashi Y, Nishinakagawa H .  Staining pattern of the brush border and detection of cytoplasmic granules in the uriniferous tubules of female DBA/2Cr mouse kidney: comparison among various fixations and stains .  J Vet Med Sci63 ( 12 ) 1339 - 1342   2001年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹 映 .  マウス腎臓の組織構造における系統と雌雄の特性およびその機能的意義 .      2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Yabuki A, Maeda M, Suzuki S, Matsumoto M, Kurohmaru M, Hayashi Y, Taniguchi K, Nishinakagawa H .  Effects of estrous cycle on the mouse kidney morphology .  J Vet Med Sci63 ( 4 ) 461 - 465   2001年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Sex and strain differences in the brush border and PAS-positive granules and giant bodies of the mouse renal S3 segment cells .  Exp Anim50 ( 1 ) 59 - 66   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Morphometrical analysis of sex and strain differences in the mouse nephron .  J Vet Med Sci61(8) ( 8 ) 891 - 896   1999年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yabuki A, Suzuki S, Matsumoto M, Nishinakagawa H .  Sexual dimorphism of proximal straight tubular cells in mouse kidney .  Anat. Rec.255 ( ※ ) 316 - 323   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 矢吹映、鈴木秀作、松元光春、西中川駿 .  マウス腎臓のネフロン構成細胞の雌雄差に関する形態計測学的研究 .  九州実験動物雑誌12 ( ※ ) 11 - 17   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

MISC

  • 症例で学ぶ 検査値の落とし穴(第1回) 血液化学検査 多尿の犬で高カリウム血症が持続しています。なぜでしょうか?

    矢吹 映

    SA Medicine   21 ( 4 )   44 - 45   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 症例で学ぶ検査値の落とし穴-血液化学検査

    矢吹 映

    SA medicine   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【犬と猫の腎泌尿器疾患 後編:内科的治療】犬の蛋白漏出性腎症

    矢吹 映

    MVM   27 ( 6 )   6 - 15   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ファームプレス  

  • 【臨床徴候シリーズvol.2 頻尿と排尿障害〜尿のトラブルへの診断・治療アプローチ〜】猫の下部尿路疾患 特発性膀胱炎を中心に

    矢吹 映

    J-VET   31 ( 7 )   30 - 34   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 犬の蛋白漏出性腎症

    矢吹 映

    MVM   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 猫の下部尿路疾患~特発性膀胱炎を中心に~

    矢吹 映

    J VET   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 私のこともっと知ってほしいfrom AKI 急性腎障害の内科療法

    矢吹 映

    動物臨床医学   26 ( 4 )   153 - 154   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:動物臨床医学会  

  • 排尿障害-猫の下部尿路疾患

    矢吹 映

    SA Medicine   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • コリー系統における変性性脊髄症 罹患したラフコリーにおけるスーパーオキシドジスムターゼ1の後向き免疫組織化学的解析とSOD1の分子疫学的調査 日本におけるc.118G>A変異(Degenerative myelopathy in the Collie breed: a retrospective immunohistochemical analysis of superoxide dismutase 1 in an affected Rough Collie, and a molecular epidemiological survey of the SOD1: c.118G>A mutation in Japan)

    Kohyama Moeko, Kitagawa Masato, Kamishina Hiroaki, Kobatake Yui, Yabuki Akira, Sawa Mariko, Kakita Shusaku, Yamato Osamu

    The Journal of Veterinary Medical Science   79 ( 2 )   375 - 379   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • 【一目でわかる症候シリーズ Vol.13 排尿障害】猫の下部尿路疾患

    矢吹 映

    SA Medicine   19 ( 1 )   18 - 21   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 細胞診の兵法~そして相手を知る~その二 泌尿・生殖器系の細胞診

    矢吹 映

    MVM   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 【細胞診の兵法〜そして相手を知る〜その二】泌尿・生殖器系の細胞診

    矢吹 映

    MVM   26 ( 1 )   36 - 44   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ファームプレス  

  • 重篤な腎不全:どこまでやれるか?-腹膜透析 査読

    矢吹 映

    獣医腎泌尿器学会誌   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腎障害を起こす生活の身近にある中毒物質-中国産チキン・ジャーキーによるイヌのファンコニ-症候群 査読

    矢吹 映

    獣医腎泌尿器学会誌   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多飲多尿-腎性尿崩症

    矢吹 映

    SA Medicine   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 犬の貧血治療を見直す-腎不全における貧血の診断と治療

    矢吹 映

    J VET   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 猫の血圧測定・採尿法

    矢吹 映

    Companion Animal Practice   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 尿検査 尿蛋白/クレアチニン比(UP/C) 尿中アルブミン/クレアチニン比(UA/C)

    矢吹 映

    Companion Animal Practice   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 尿検査 細菌培養同定と薬剤感受性試験,UCCR

    矢吹 映

    Companion Animal Practice   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 急性腎不全(ARF)と急性腎障害(AKI)の定義と診断基準

    矢吹映

    日本獣医腎泌尿器学会誌   3   6 - 9   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 柴犬のGM1ガングリオシドーシス~早期診断を導くために必要な知識~.

    中本裕也,小澤剛,矢吹映,大和修

    CLINIC NOTE   58   71 - 82   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 犬の下部尿路疾患のエビデンス.

    矢吹映

    J VET   256   3 - 12   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 見直そう、尿検査-尿検査でわかる、これだけのこと.

    矢吹映

    MVM   106   5 - 11   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 慢性腎臓病(慢性腎疾患)の診断のエビデンス

    矢吹映

    J VET   249   5 - 13   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Morphological analysis of cervix in Black Bengal goats for artificial insemination . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 214. PERVIN Shahnaj、 ISLAM Md Shafiqul、矢吹 映、RAHMAN Mohammad Mahbubur、RAKIB Tofazzal Md、TACHARINA Martia Rani、MAKI Shinichiro1、FARUQ Abdullah Al、大和 修 .  Molecular epidemiology on canine neuronal ceroid lipofuscinosis and GM1 gangliosidosis .  第165回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 牧 晋一郎、上大迫 萌佳、ISLAM Md Shafiqul、矢吹 映、PERVIN Shahnaj、RAKIB Tofazzal Md、FARUQ Abdullah Al 、大和 修 .  ボーダー・コリーの遺伝子疾患に関する分子疫学的研究:レイン症候群および感覚性ニューロパチーの日本国内における変異アレル頻度 .  第14回日本獣医腎泌尿器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Novel mutation in the feline GAA gene in a cat with glycogen storage disease type II (Pompe disease) . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 208. 荒川奈那美、濵﨑英治、佐藤晃幸、大迫美波、熊谷百慶、加藤早苗、矢吹映、大和修 .  イルカ飼料への水産物未利用資源導入によるフードエンリッチメント効果:イミダゾールジペプチド高含量のカツオ腹皮がイルカの臨床病理学的検査値を改善する .  日本獣医臨床病理学会2022年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 209. 古澤 悠、高橋 雅、一二三達郎、三好宣彰、大和 修、矢吹 映 .  犬の尿路移行上皮癌および前立腺癌における細胞診迅速蛍光抗体法を用いたCOX-2の検出 .  日本獣医臨床病理学会2022年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 藏原 なつめ、大和 修、湯通堂 彩海 、矢吹 映 .  高齢ネコの慢性腎臓病における腎臓組織の酸化ストレス .  第14回日本獣医腎泌尿器学会学術集会  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 湯通堂 彩海、藏原 なつめ、山野 茂樹、大和 修、矢吹 映 .  ネコの腎疾患と腎組織へのアミロイド沈着の関連性 .  第14回日本獣医腎泌尿器学会学術集会  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    国名:日本国  

  • 矢吹 映 .  鹿児島大学における参加型臨床実習の実際「COVID-19下での参加型臨床実習の実施」 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月  酪農学園大学招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web開催  

  • 藏原 なつめ、大和 修、市居 修、矢吹 映 .  ネコの慢性腎臓病における腎臓組織の酸化ストレスと病態との関連性 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月  酪農学園大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 203. 牧 晋一郎、Md Shafiqul Islam、伊藤 智仁、塗本 雅信、矢吹 映、大和 修 .  国内のジャーマン・シェパード集団における各種遺伝子疾患の変異アレル頻度調査 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月  酪農学園大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 矢吹 映 .  腎泌尿器疾患の生検、細胞診 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年8月  日本獣医腎泌尿器学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web開催  

  • 荒川奈那美、大塚美加、熊谷百慶、濵野剛久、大瀬智尋、柏木伸幸、加藤早苗矢吹 映、大和 修 .  イルカ飼料中イミダゾールジペプチドのフードエンリッチメント効果:魚種とその処理法がハンドウイルカの臨床病理学的検査値を改善する .  日本獣医臨床病理学会2021年次大会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 野崎信裕、矢吹 映、三浦直樹 .  脳脊髄検査(cerebrospinal fluid: CSF)で蛋白細胞解離が見られた症例のMRI画像検査との関連性の評価 .  日本獣医臨床病理学会2021年次大会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古澤 悠、十川 英、徳持雄太、齋藤靖生、高橋 雅、三浦直樹、大和 修、矢吹 映 .  細胞診および免疫細胞化学染色により診断された鼻腔内髄外性形質細胞腫の犬の1例 .  日本獣医臨床病理学会2021年大会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月 - 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映 .  猫の腎臓病の臨床検査とバイオマーカー(シンポジウム:猫の腎臓病をみつめなおす) .  第13回日本獣医腎泌尿器学会学術集会  2021年8月  日本獣医腎泌尿器学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Web開催  

  • 矢吹 映、山崎寛文、時村元気、大和 修 .  メサンギウム融解を示した巣状分節性糸球体硬化症の犬の一例 .  第13回日本獣医腎泌尿器学会学術集会  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • Akira Yabuki, Yukiko Uehara, Osamu Ichii, Osamu Yamato. .  Expression of transforming growth factor-beta in the kidneys in of felines with chronic kidney disease .  The 44th World Small Animal Veterinary Association Congress (WSAVA)  2021年3月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 矢吹 映 .  腹膜透析のやり方 .  第17回日本獣医内科学アカデミー  2021年2月  日本獣医内科学アカデミー

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月 - 2031年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web開催  

  • 矢吹 映 .  糸球体疾患・アミロイドーシスの診断法と治療 .  第17回日本獣医内科学アカデミー  2021年2月  日本獣医内科学アカデミー招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月 - 2021年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:Web開催  

  • 野口 あやな, 大和 修, 市居 修, 矢吹 映 .  健常猫の腎臓におけるレクチン組織化学的研究 .  第163回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映 .  臨床現場における尿沈渣の細胞診 .  第16回日本獣医内科学アカデミー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映 .  動物看護師が知っておくべき 尿検査の基本 .  第16回日本獣医内科学アカデミー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 199. 谷﨑ゆり,高橋 香,古市汐美,原田美咲希,一丸由里子,松元大地,佐野あすか 谷村明香里,酒匂夏美,谷山詩音,前田紗季,齋藤靖生,矢吹 映,遠藤泰之 .  歯科処置時の体位変更に伴う体温低下の比較 .  第16回日本獣医内科学アカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古市汐美,古澤 悠,岩永朋子,矢吹 映,遠藤泰之 .  鹿児島大学附属動物病院における献血ドナーの現状 .  第16回日本獣医内科学アカデミー  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映, 井上理人, 田邊美加, 大和 修 .  ループス腎炎様の糸球体疾患と診断した犬の1例 .  2019年度獣医学術九州地区学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映, 上原 由季, 吉田 千紘, 市居 修, 大和 修 .  慢性腎臓病の猫の腎臓におけるperoxisome proliferator activated receptor-γの発現動態 .  第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映 .  腎臓の形態および腎疾患の病態機構に関する比較生物学的研究 .  第162回日本獣医学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大和 修, 恒吉 唯充, 牛島 光保, 直原 寛, 天野 浩貴, 内田 恵子, 矢吹 映 .  犬における熟成ニンニク抽出液の安全性および機能性 .  第162回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上原由季, 矢吹 映, 中村麗菜, 小野―大原優美子, 大和 修 .  慢性腎臓病のネコの腎臓におけるTGF-βの発現 .  第12回日本獣医腎泌尿器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古澤 悠, 水上 圭二郎, 阪口 雅弘, 矢吹 映, 大和 修 .  犬の遺伝性膵炎関連遺伝子の検索:トイプードルにおけるSPINK1遺伝子アレル頻度 .  第15回日本獣医内科学アカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原田 実咲希, 矢吹 映, 遠藤 泰之 .  猫の特発性膀胱炎の治療としての多面的環境改善に関する調査研究 .  第15回日本獣医内科学アカデミー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Akira Yabuki, Takeshi Hamamoto, Yumiko Ohara, Takako Shimokawa, Osamu Yamato .  Correlation between renal damage and clinicopathological changes in immune-complex glomerulonephritis and non- immune-complex glomerulonephritis in dogs .  The 43th World Small Animal Veterinary Association Congress (WSAVA) 2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映、浜本岳志、Rahman Mohammad Mahbubur、三好 宣彰、大和 修 .  若齢犬の異形成腎におけるシクロオキシゲナーゼ-2、レニンおよび神経型NO合成酵素の発現に関する免疫組織化学的検索 .  第161回日本獣医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映、安藤崇則、田邊美加、大和 修 .  糸球体血栓症の犬の1例 .  第11回日本獣医腎泌尿器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Osamu Yamato, Mika Otsuka, Hiroyuki Tsuchida, Takahisa Hamano, Mariko Shima-Sawa, Akira Yabuki .  Transport stress markers in the whale shark (Rhincodon typus): changes in clinicopathological and blood gas parameters during transportation between an aquarium and the seaside .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fumi Matsumoto, Akira Yabuki, Mariko Sawa, Osamu Yamato .  Rapid multiple immUnofluorescences for simultaneous detection of CD20 and CD3 in the cytology of dogs and cats .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Mohammad Mahbubur Rahman, Martin L. Katz, Gray S. Johnson, Md Shafiqul Islam, Martia Rani Tacharina, Moeko Shiroma-Kohyama, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  Screening for mutant alleles of GM1 and GM2 gangliosidoses in Japanese dog breeds .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Md Shafiqul Islam, Naomi Tada, Toshihiko Tsutsui, Mohammad Mahbubur Rahman, Martia Rani Tacharina, Moeko Shiroma-Kohyama, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  Rapid genotyping assay for neuronal ceroid lipofuscinosis in Chihuahua dogs reveals high frequency of the mutant allele .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Moeko Shiroma-Kohyama, Mariko Shima-Sawa, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  Real-time PCR genotyping assays for three types of feline progressive retinal atrophy and mutant allele frequencies in pure- and mixed-breed cat populations in Japan .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Ryoko Ito, Hiroaki Kamishina, Moeko Shiroma-Kohyama, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  Clinical, clinicopathological, and molecular analysis of canine degenerative myelopathy in Bernese Mountain dogs .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Martia Rani Tacharina, Suryo Kuncorojakti, Chairul Anwar, Sri Agus Sudjarwo, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  Immunological tolerance of Propolis against food allergy in a murine model .  18th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映、浜本岳志、大原優美子、下川孝子、大和 修 .  犬の糸球体疾患における腎組織障害と臨床病態の関連性:免疫複合体糸球体腎炎と非免疫複合体糸球体腎炎の違い .  平成29年度日本獣医師会獣医学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 池海英、一二三達郎、畑井仁、三好宣彰、矢吹 映、木村真輔、小原道法、小原恭子 .  乳腺腫瘍の自然発症新規動物モデル?ツパイでの病理学的解析 Pathology of spontaneous breast tumor in tree shrews (Tupaia belangeri chinenesis) .  第40回日本分子生物学会年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Akira Yabuki, Mariko Shima-Sawa, Moeko Kohyama, Osamu Yamato .  Evaluation of the immune complex in renal biopsy of dogs by immunofluorescence of formalin-fixed and paraffin-embedded sections .  The 42th World Small Animal Veterinary Association Congress (WSAVA) 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Mariko Shima-Sawa, Akira Yabuki, Moeko Shiroma-Koyama, Osamu Yamato .  Rapid multiple immunofluorescent staining for detection of cytokeratin and vimentin for use in diagnostic cytology in canine neoplastic diseases .  The 42th World Small Animal Veterinary Association Congress (WSAVA) 2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 柿田周作、内田和幸、矢吹 映、神山萌子、杉原知佳、澤 真理子、大和 修 .  中枢神経に先天性海綿状変性を呈した黒毛和種子牛の遺伝学的および免疫組織化学的解析:アスパルトアシラーゼ欠損症(カナバン病)の除外 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大原優美子、矢吹 映、市居 修、水川葉月、横山 望、中村麗菜、大和 修 .  犬と猫の慢性腎臓病における腎臓へのマクロファージ浸潤 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多田尚美、本田恵萌、三井寛子、筒井敏彦、神山萌子、矢吹 映、大和 修 .  犬の錐体-杆体ジストロフィーの新規迅速遺伝子型検査法の開発ならびに日本国内のミニチュア・ダックスフンドおよびカニヘン・ダックスフンドにおける変異アレル頻度 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 176. 柿田周作、内田和幸、矢吹 映、神山萌子、杉原知佳、澤 真理子、大和 修 .  中枢神経に先天性海綿状変性を呈した黒毛和種子牛の遺伝学的および免疫組織化学的解析:アスパルトアシラーゼ欠損症(カナバン病)の除外 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大原優美子、矢吹 映、市居 修、水川葉月、横山 望、中村麗菜、大和 修 .  犬と猫の慢性腎臓病における腎臓へのマクロファージ浸潤 .  第160回日本獣医学会学術集会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多田尚美、本田恵萌、三井寛子、筒井敏彦、神山萌子、矢吹 映、大和 修 .  犬の錐体-杆体ジストロフィーの新規迅速遺伝子型検査法の開発ならびに日本国内のミニチュア・ダックスフンドおよびカニヘン・ダックスフンドにおける変異アレル頻度 .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市居 修、木村 純平、岡村 匡史、堀野 太郎、中村 鉄平、矢吹 映、佐々木 隼人、Yaser Hosny Ali Elewa、昆 泰寛 .  尿細管間質病変に関与するIL-36シグナリング .  第10回日本獣医腎泌尿器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 浜本岳志、矢吹 映、大原優美子、下川孝子、大和 修 .  犬の糸球体疾患における腎組織障害と臨床病態の関連性:免疫複合体糸球体腎炎と非免疫複合体糸球体腎炎の違い .  第10回日本獣医腎泌尿器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 林 雄平、山﨑寛文、石川武史、若林 伸、矢吹 映、松永 悟、小野憲一郎、平尾秀博 .  腎生検を行った蛋白漏出性腎症の犬の2例 .  第10回日本獣医腎泌尿器学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 澤 真理子、矢吹 映、神山萌子、岩永朋子、浜本岳志、福満志乃、大和 修 .  サイトケラチンとビメンチンの迅速多重蛍光抗体法の細胞診への応用 .  日本獣医臨床病理学会2017年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 矢吹 映,澤 真理子,神山萌子,大和 修 .  犬の腎生検における免疫複合体の検出:ホルマリン固定パラフィン切片を用いた蛍光抗体法 .  平成28年度日本獣医師会獣医学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 柘植彩,西口明博,遠藤泰之,川崎安亮,三浦直樹,瀬戸口明日香,矢吹映,桃井康行 .  猫のクリプトコッカス症に対する血清学的検査の有用性 .  第35回動物臨床医学会年次大会  第35回動物臨床医学会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 島田大,島田のぞみ,坂本栄一,矢吹映 .  腎アミロードーシスの1例、腎生検による病理所見と臨床病理学的所見 .  第35回動物臨床医学会年次大会  第35回動物臨床医学会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 井上万悠子,澤真理子,矢吹映,大和修 .  細胞診におけるサイトケラチンとビメンチンの迅速免疫染色の有用性 .  第63回九州地区獣医師大会  第63回九州地区獣医師大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 矢吹映, 徳永暁, 大和修 .  犬の糸球体疾患における腎組織障害と臨床的病態との関連性 .  第63回九州地区獣医師大会  第63回九州地区獣医師大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 清武典子,飛田泰男,松田広一,張春花,新井 賢,砂川一浩,肥後隆志,矢吹映,神山萌子,櫛田和哉,遠藤泰之,大和修 .  猫のβ-ウレイドプロピオナーゼ欠損症:その臨床、分子基盤および分子疫学 .  第63回九州地区獣医師大会  第63回九州地区獣医師大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 神山萌子, 矢吹映, 中本裕也, 浦野充夫, 山下拡, 山口忍, 川口博明, 桑村充, Mohammad Mejbah Uddin, 大和修 .  雑種猫家系に認められたGM1ガングリオシドーシス:新規病原性変異の同定 .  第62回日本小動物獣医学会九州地区学会  第62回日本小動物獣医学会九州地区学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 櫛田和哉,Giger Urs,因幡恵美,今野喜夫,林くれは,野口佳那,矢吹映,水上圭二郎,神山萌子,大和修 .  国内純血種猫集団における赤血球ピルビン酸キナーゼ欠損症の病原性変異アレル頻度 .  第157回日本獣医学会学術集会  第157回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 矢吹映,水上圭二郎,大和修 .  犬の糸球体疾患における腎臓内グレリンの変化 .  第157回日本獣医学会学術集会  第157回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 矢吹映, 下川孝子,遠藤泰之,吉田信恵,北野吉秋,大和修 .  IgA腎症の犬の2例 .  第7回日本獣医腎泌尿器学会学術集会  第7回日本獣医腎泌尿器学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 甲斐みちの・前島さおり・大石太郎・矢吹 映 .  家族性が疑われるポメラニアンとW・コーギーの膜性増殖性糸球体腎炎(TypeⅠ) .  平成25年度岡山県小動物獣医学会  平成25年度岡山県小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • Moeko Kohyama, Akira Yabuki, Kazuya Kushida, Osamu Yamato .  Immunohistochemical techniques for diagnosis of GM1 and GM2 gangliosidoses in dogs and cats .  The 16th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP) 2014  The 16th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP) 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Denmark  

    国際学会

  • Akira Yabuki, Mariko Sawa, Mauko Inoue, Osamu Yamato .  Multiple immunofluorescence staining for the classification of lymphocyte immunophenotypes in canine and feline lymphoma .  The 16th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP) 2014  The 16th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP) 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Denmark  

    国際学会

  • 澤真理子,矢吹映,井上万悠子,久野裕理,川口博明,三好宣彰,大和修 .  細胞診標本の免疫染色における凍結保存の有用性と限界 .  日本獣医臨床病理学会2014年学術大会  日本獣医臨床病理学会2014年学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大和修,神山萌子,矢吹映,中本裕也,浦野充夫,山下拡,他(山口忍、川口博明、桑村充、Mohammad Mejbah Uddin) .  雑種犬家系に認められたサンドホフ病(GM2 ガングリオシドーシス0 亜型):新規病原性変異の同定 .  平成25年度日本獣医師会学術学会年次大会  平成25年度日本獣医師会学術学会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 市居 修、大塚 沙織、矢吹 映、大田 寛、堀野 太郎、昆 泰寛 .  伴侶動物の腎臓に発現するmiRNAのデータベース構築-動物種共通のバイオマーカー開発を目指して- .  第156回日本獣医学会学術集会  第156回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 宮崎 章子、矢吹 映、三好 宣彰、大和 修 .  イヌの腎異形成におけるシクロオキシゲナーゼの発現異常に関する免疫組織化学的検索 .  第6回日本獣医腎泌尿器学会  第6回日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 澤 真理子、矢吹 映、瀬戸口明日香、大和 修 .  細胞診標本におけるリンパ球サブセット分類のための多重蛍光抗体法 .  日本獣医臨床病理学会2013年大会  日本獣医臨床病理学会2013年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 矢吹 映、櫛田 和哉、大和 修 .  プラスチック製ヘマトクリット毛細管を利用したバフィーコート電顕法の検討 .  日本獣医臨床病理学会2013年大会  日本獣医臨床病理学会2013年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Mizukami K, Yabuki A, Yamato O .  Molecular epidemiologic research on multiple genetic diseases in pure dog breeds: a simulation analysis of prevention. .  Joint Conference of HGM 2013 and 21st International Congress of Genetics  Joint Conference of HGM 2013 and 21st International Congress of Genetics国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

    開催地:シンガポール  

    国際学会

  • Yabuki A, Yoneshige S, Mizukami K, MRahman MM, Uddin MM, Yamato O. .  Electron microscopic examination of buffy coat: simple method using plastic hematocrit tube and application for diagnosis of lysosomal storage diseases in dogs and cats. .  The 15th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP).  The 15th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Slovenia  

    国際学会

  • Mizukami K, Chang HS, Endoh D, Yabuki A, Yamato O. .  Relationship between collie eye anomaly- and ivermectin toxicosis-associated mutation: Analysis across multiple dog breeds. .  The 15th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP).  The 15th Biennial Congress of the International Society for Animal Clinical Pathology (ISACP).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Slovenia  

    国際学会

  • 水上圭二郎, 張 慧淑, 川道 卓二, 矢吹 映, 大和 修. .  純血種犬に潜在する遺伝子病の統合的予防に関する実践的研究. .  第153回日本獣医学会  第153回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Akira Yabuki, Sawane Mitani, Keijiro Mizukami, Osamu Yamato .  CYCLOOXYGENASE INDUCTION IN CANINE AND FELINE KIDNEY DISEASES: IMMUNOHISTOCHEMICAL EXPRESSION AND RELATIONWITH PATHOLOGICAL CHANGES .  2011WSAVA  2011WSAVA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Sawane Mitani, Akira Yabuki, Keijiro Mizukami, Osamu Yamato .  IMMUNOHISTOCHEMICAL ANALYSIS OF RENIN AND ANGIOTENSIN II IN THE KIDNEYS OF DOGS AND CATS WITH KIDNEY DISEASES .  2011WSAVA  2011WSAVA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Keijiro Mizukami, Mitsuharu Ota, Hye-Sook Chang, Akira Yabuki, Osamu Yamato .  COLLIE EYE ANOMALY IN HOKKAIDO DOGS: CASE STUDY .  2011WSAVA  2011WSAVA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Mohammad Rahman, Yukiko Sato, Mitsuko Sakata, Akira Yabuki, Mohammad Hossain, Hye-Sook Chang, Keijiro Mizukami, Mohammad Uddin, Osamu Yamato .  A NEW TYPE OF FELINE GM2 GANGLIOSIDOSIS VARIANT 0 IN JAPANESE DOMESTIC CATS .  2011 WSAVA  2011 WSAVA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 水上圭二郎, 河村竜太, 矢吹 映, 大和 修. .  ボーダーコリーの捕捉好中球症候群(TNS). .  日本小動物獣医学会九州地区学会  日本小動物獣医学会九州地区学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 三島 隆生、寺岡 宏樹、高瀬 公三、水上 圭二郎、矢吹 映、大和 修 .  ツル科鳥類のリアルタイムPCR法を用いた新規迅速性別判定法の開発 .  第152回日本獣医学会  第152回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 古澤 悠、矢吹 映、水上 圭二郎、桑村 充、二瓶 和美、内田 和幸、大和 修 .  日本猫の神経セロイドリポフスチン症における原因遺伝子の検討 .  第152回日本獣医学会  第152回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 矢吹 映、美谷沙和音、水上圭二郎、大和 修 .  犬と猫の腎疾患における組織化学的機能マーカーとしてのRicinus Communis Agglutinin Iレクチンの可能性 .  第152回日本獣医学会  第152回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 矢吹 映、澤 真理子、富永なおみ、池田耕夫、上村志真、野添伸樹、大和 修 .  腎生検により膜性増殖性糸球体腎炎と診断されたイヌの2例 .  日本獣医腎泌尿器学会  日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 澤 真理子、矢吹 映、三好宣彰、新井 恒、大和 修 .  細胞診における迅速免疫染色 .  第151回日本獣医学会  第151回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 矢吹 映、藤木 誠、三角一浩、大和 修 .  健常犬の腎臓におけるレクチン組織化学的研究 .  第151回日本獣医学会  第151回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 濱田亜以・三浦直樹・岩永朋子・植松洋介・山口智宏・川口博明・川崎安亮・佐藤裕之・鳥巣至道・矢吹 映・三好宣彰・松木直章・桃井康行 .  イヌの中枢性リンパ腫の脳脊髄液リンパ球クローナリティー解析の有用性. .  内科学アカデミー  内科学アカデミー

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 米重慎一郎,矢吹映,田中愼,大和修 .  BN/CrlCrlj ラットの腎臓組織における加齢変化 .  第28回九州実験動物研究会  第28回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 市居修,大塚沙織,矢吹映,佐々木宣哉,並木由佳,橋本善春,遠藤大二,昆泰寛 .  DBA/2マウスの腎臓における遠位尿細管上皮傷害 -多発性嚢胞腎の早期病変としての可能性- .  第150回日本獣医学会  第150回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 水上圭二郎,張慧淑,矢吹映・大和,修 .  MDR1/ABCB1遺伝子変異のマイクロチップ電気泳動およびリアルタイムPCRを用いた新規検査法開発ならびに国内ボーダーコリーにおける病原性アレル頻度 .  第150回日本獣医学会  第150回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 市居修,矢吹映,佐々木宣哉,大塚沙織,大田寛,山崎真大,滝口満喜,並木由佳,橋本善春,遠藤大二,昆泰寛 .  慢性腎臓病における糸球体上皮細胞傷害の解析―腎機能とスリット膜関連分子の動態はイヌとネコで異なる .  第3回日本獣医腎泌尿器学会  第3回日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 土岐学司,矢吹映,大和修 .  腎病理により逆流性腎症が疑われた若齢犬の一例 .  第3回日本獣医腎泌尿器学会  第3回日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 矢吹映 .  急性腎不全(ARF)と急性腎傷害(AKI)-定義と発生機序. .  第3回日本獣医腎泌尿器学会  第3回日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 市居修,佐々木宣哉,矢吹映,大田寛,滝口満喜,大塚沙織,橋本善春,遠藤大二,昆泰寛 .  イヌおよびネコの腎疾患における病態差 -腎機能とスリット膜関連分子の動態- .  第149回日本獣医学会  第149回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 徳永暁,金善煕,矢吹映,藤木誠,三角一浩 .  各動物種の脊髄および小脳におけるMelanoma inhibitory activity (MIA)の発現に関する免疫組織学的検討 .  第149回日本獣医学会  第149回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 澤真理子,矢吹映,三好宣彰,新井恒,大和修 .  細胞診における乾燥迅速パパニコロウ染色の有用性 .  第149回日本獣医学会  第149回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 水上圭二郎、張慧淑、矢吹映、大和修 .  コリー眼異常のリアルタイムPCRを用いた遺伝子型検査法開発およびボーダーコリーにおける病原性アレル頻度 .  第149回日本獣医学会  第149回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 矢吹映,水上圭二郎,菖蒲谷友彬,岩元レナ,大和修 .  高血圧性腎症の犬の1例 .  平成21年度日本獣医師会年次大会  平成21年度日本獣医師会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 澤田浩気,大和修,矢吹映,美名口順,植田弘美,中本裕也,小澤剛,田村慎司,竹花一成 .  透過型電子顕微鏡を用いたライソゾーム病の形態学的診断とその物理化学的考察 .  平成21年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会  平成21年度日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    研究会

  • 永松大典,村上敬正,川崎安亮,長谷川大輔,永吉貴子,坂本紘,矢吹 映,大和修 .  熊本で同定されたサンドホフ病の日本猫3例:グルココルチコイド療法による延命の可能性 .  平成21年度日本小動物獣医学会(九州)  平成21年度日本小動物獣医学会(九州)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 矢吹映,水上圭二郎,菖蒲谷友彬,岩元レナ,大和修 .  高血圧性腎症の犬の1例 .  平成21年度日本小動物獣医学会(九州)  平成21年度日本小動物獣医学会(九州)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 藤木誠,峰原友香,喜多亜希子,徳永暁,山之口和人,新井恒,矢吹映,樋口雅仁,三角下一浩 .  犬の同種保存皮質骨移植における組織学的および強度解析に関する検討 .  第148回日本獣医学会  第148回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 山之口和人,矢吹映,藤木誠,三角一浩 .  免疫電子顕微鏡的手法を用いた犬の乳腺腫瘍細胞で産生されるCartilage oligometric matrix proteinの検討 .  第148回日本獣医学会  第148回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 澤田浩気,大和修,矢吹映,美名口順,上田弘美,中本裕也,小澤剛,田村慎二,竹花一成 .  抹消血を用いたライソゾーム病の形態学的診断とその物理学化学的考察 .  第148回日本獣医学会  第148回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 市居修,昆泰寛,佐々木宣哉,矢吹映,大塚沙織,橋本善春,遠藤大二 .  (DBA/2×C57BL/6)F2交雑マウスに出現する水腎症 .  第148回日本獣医学会  第148回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 矢吹映,谷口和之,大和修 .  犬の腎疾患におけるレニン発現の免疫組織化学的検索 .  第148回日本獣医学会  第148回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 矢吹映,川崎安亮,池田耕夫,大和修 .  難治性のタンパク尿と高血圧をともない巣状糸球体硬化症と診断された犬の一例 .  第2回日本腎泌尿器学会  第2回日本腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 市居修,大塚沙織,佐々木宣哉,矢吹映,大田寛,滝口満喜,橋本善春,遠藤大二,昆泰寛 .  腎疾患の新しい診断指標 -Interleukin 1 family, member 6は尿細管傷害マーカーになり得る .  第147回日本獣医学会  第147回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 菖蒲谷友彬,矢吹映,池田正浩,伊藤勝沼,大和 修 .  先天性の特発性尿失禁と診断された猫の1例 .  日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会 2009年大会  日本獣医内科学アカデミー/日本獣医臨床病理学会 2009年大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 矢吹映,大和 修 .  犬と猫の腎疾患における筋線維芽細胞の発現 .  平成20年度日本獣医師会年次大会  平成20年度日本獣医師会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 大和修,水上 圭二郎,菖蒲谷友彬,矢吹映 .  ボーダーコリーの神経セロイドリポフスチン症の国内発生状況 .  平成20年度日本獣医師会年次大会  平成20年度日本獣医師会年次大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 矢吹映,大和修,鈴木秀作 .  2型糖尿病モデルKK-Ayマウスの腎臓の病態とCOX-2の発現 .  第26回九州実験動物研究会  第26回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    研究会

  • 矢吹映,大和修,田原口智士,御船弘治,鈴木秀作 .  2型糖尿病モデルKK-Ayマウスの糖尿病性腎症と腎臓グレリンの動態 .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 伊原宏美,松元光春,矢吹映,田原口智士,御船弘治・鈴木秀作 .  つくば高血圧マウスにおけるghrelinの動態 .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 御船弘治,西芳寛,矢吹映,児島将康,寒川賢治 .  絶食時のマウスにおけるデカン酸修飾型グレリンの分泌動態について .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 徳永暁,山之口和人,矢吹映,藤木誠,三角一浩 .  脊髄損傷を診断する細胞外基質分子マーカーの検討 .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 濱本岳志,松元光春,矢吹映,藤木誠,三角一浩,鈴木秀作 .  シクロオキシゲナーゼ-2阻害剤が犬の皮膚の創傷治癒に及ぼす影響 .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 水上圭二郎・菖蒲谷友彬・矢吹映・大和修 .  ボーダーコリーの神経セロイドリポフスチン症の国内発生状況 .  第146回日本獣医学会  第146回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 矢吹映,大和 修 .  犬と猫の腎疾患における筋線維芽細胞の発現 .  第1回日本獣医腎泌尿器学会  第1回日本獣医腎泌尿器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 木下広之,矢吹映,松元光春,御船弘治,鈴木秀作 .  KK マウスにおける心房性利尿ペプチド(ANP)およびghrelin の経日的変化 .  第144回日本獣医学会  第144回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 藤田あゆみ,松元光春,長井優子,岡部正明,叶内宏明,岡達三,矢吹映,鈴木秀作 .  乳腺と新生仔消化管におけるVEGF とその受容体の局在 .  第144回日本獣医学会  第144回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小寺由希子,矢吹映,松元光春,鈴木秀作 .  マウスの尿細管間質性線維症の雌雄差および系統差-片側尿管結紮による検討- .  第144回日本獣医学会  第144回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 矢吹映,松元光春,鈴木秀作 .  雌DBA/2マウスの腎臓の加齢変化 .  第144回日本獣医学会  第144回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Matsumoto M, Kanouch H, Okabe M, Oka T,Islam MS, Yabuki A, Shusaku Suzuki S .  Immunohistochemical detection of perchloric acid-soluble protein in the mouse mammary gland reproductive cycle .  10th Asian Congress of Nutrition  10th Asian Congress of Nutrition国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • Hayashi M, Yabuki A, Hohdatsu T, Endo Y .  Inhibitory effect of ubenimex on feline infectious peritonitis virus replication in vitro .  25th ACVIM forum  25th ACVIM forum国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 矢吹映,遠藤泰之,永吉貴子,坂本紘,松元光春,鈴木秀作 .  ネコの腎臓のエコー輝度 .  第143回日本獣医学会  第143回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 矢吹映,上村亮三,瀬戸山健太郎,松元光春,鈴木秀作 .  クラウンミニブタの皮膚に関する組織学的研究 .  第24回九州実験動物研究会  第24回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    研究会

  • 吉永就洋,奥野忠恒,渡邉豊,松本つかさ,矢吹映,小尾岳士,宮本篤 .  摘出ヘビ脳動脈の生理活性物質に対する血管反応性 .  第59回日本薬理学会西南部会  第59回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 吉永就洋,奥野忠恒,渡邊豊,松本つかさ,矢吹映,宮本篤 .  摘出ヘビ脳動脈の内因性血管作動物質に対する反応性の検討 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 奥野忠恒,小尾岳士,矢吹映,宮本篤 .  摘出ニワトリ脳動脈の内因性血管作動物質に対する血管反応の検討 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 上野大作,谷英介,松本つかさ,渡邊豊,矢吹映,宮本篤 .  摘出ウマ脳底動脈のbradykininに対する反応性とそれに関連する受容体の検討 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 長井優子,松元光春,矢吹映,鈴木秀作 .  マウス乳腺の生殖周期における分化増殖関連因子の発現動態 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 白木亮太朗,矢吹映,田原口智士,松元光春,鈴木秀作 .  マウスの胃におけるghrelinの生後発達 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 片野史子,矢吹映,松元光春,鈴木秀作 .  シリアンハムスターの腎臓の組織構造における精巣・卵巣摘出およびテストステロン投与の影響 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 矢吹映,遠藤泰之,藤木誠,三好宣彰,松元光春,鈴木秀作 .  犬および猫の腎臓におけるシクロオキシゲナーゼ-2およびNO合成酵素-1の発現 .  第142回日本獣医学会  第142回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 矢吹映 .  腎臓の比較解剖学 .  第141回日本獣医学会  第141回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Akira Yabuki, Satoshi Taharaguchi, Osamu Ichii, Hiroharu Mifune, Masayasu Kojima, Yoshihiro Nishi, Mitsuharu Matsumoto, and Shusaku Suzuki .  Immunohistochemical localization of ghrelin in rodent kidney .  第1回アジア獣医解剖学会  第1回アジア獣医解剖学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • Yabuki A,Taharaguchi S,Ichii O,Mifune H,Kojima M,Nishi Y,Matsumoto M,Suzuki S .  Immunohistochemical localization of ghrelin in rodent kidney .  アジア獣医解剖学会  アジア獣医解剖学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城  

    国際学会

  • 矢吹 映,田原口智士,市居 修,御船弘治,児島将康,上村亮三,松元光春,鈴木秀作 .  マウス,ラット,ハムスターの腎臓におけるグレリンの局在 .  第23回九州実験動物研究会  第23回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    研究会

  • 山之口和人,矢吹映,吉本由紀,藤木誠・三角一浩,坂本紘 .  犬の腫瘍組織におけるcartilage oligomeric matrix protein (COMP)の発現 .  第140回日本獣医学会  第140回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 矢吹 映,田原智徳,谷口和之,松元光春,鈴木秀作 .  2型糖尿病モデルOLETFラットの腎臓におけるnNOSおよびCOX-2の発現 .  第140回日本獣医学会  第140回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 市居 修,矢吹映,小嶋敏慶,松元光春,鈴木秀作 .  齧歯目の腎臓における種差ーネフロン長、GFR調節因子、水チャネルおよびナトリウムポンプについて .  第140回日本獣医学会  第140回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 市居修,小嶋敏慶,矢吹映,松元光春,鈴木秀作 .  実験動物の腎臓の種差に関する形態計測学的研究 .  第22回九州実験動物研究会  第22回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • 加藤隆志,矢吹映,松元光春,鈴木秀作 .  マウス腎臓の組織構造に対する下顎腺摘出の影響 .  第22回九州実験動物研究会  第22回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • 井原麻里子,松元光春,岡達三,矢吹映,鈴木秀作 .  マウス移植乳腺におけるPSPの局在に関する免疫組織化学的研究 .  第22回九州実験動物研究会  第22回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • 小嶋敏慶,市居修,矢吹映,松元光春,御船弘治,児島将康,鈴木秀作 .  齧歯類の胃底におけるグレリン産生細胞について .  第22回九州実験動物研究会  第22回九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • 上村亮三,御船弘治,矢吹 映,瀬戸山健太郎,菅野正美,鳥取潤一,松元光春,鈴木秀作 .  低体温モデルClawnミニブタの血行動態およびANP動態の検討 .  第138回日本獣医学会  第138回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 岡田亜矢子,矢吹 映,松元光春,鈴木秀作 .  マウス腎臓の雌雄差-生後発達に関する形態計測学的研究- .  第138回日本獣医学会  第138回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 矢吹 映,田中 愼,松元光春,上村亮三,鈴木秀作 .  F344N雌ラット腎臓の組織構造における加齢変化 .  第138回日本獣医学会  第138回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 矢吹 映,松元光春,上村亮三,福山伸隆,鈴木秀作 .  尿細管間質性腎炎の高感受性モデルとしてのSAMP1/Ka-片側尿管結紮による検討- .  第19回SAM研究協議会  第19回SAM研究協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    研究会

  • 矢吹 映,松元光春,上村亮三,福山信隆,鈴木秀作 .  SAMP1/Kaマウスの尿細管間質性腎炎モデルとしての有用性-尿管結紮モデルによる病態解析- .  第137回日本獣医学会  第137回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 矢吹 映,小嶋敏慶,松元光春,御船弘治,児島将康,上村亮三,鈴木秀作 .  第137回哺乳動物のグレリン産生細胞-マウス、ラットおよびハムスターの胃底について- .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 松元光春,岡達三,矢吹映,鈴木秀作 .  マウス乳腺におけるPSPの局在に関する免疫組織化学的研究 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 矢吹映,鈴木秀作,松元光春 .  マウス腎臓の近位直尿細管上皮におけるPAS反応性およびPAS陽性顆粒の雌雄差 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 矢吹映,鈴木秀作,松元光春 .  マウス腎臓のネフロンの微細構造-系統差 .  九州実験動物研究会  九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    研究会

  • 矢吹映,鈴木秀作,松元光春 .  マウスのネフロンの微細構造における雌雄差 .  九州実験動物研究会  九州実験動物研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    研究会

  • 柿田 周作, 内田 和幸, 矢吹 映, 神山 萌子, 杉原 知佳, 澤 真理子, 大和 修 .  中枢神経系に先天性海綿状変性を呈した黒毛和種子牛の遺伝学的および免疫組織化学的解析 アスパルトアシラーゼ欠損症(カナバン病)の除外 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 池 海英, 一二三 達郎, 畑井 仁, 三好 宣彰, 矢吹 映, 木村 真輔, 小原 道法, 小原 恭子 .  乳腺腫瘍の自然発症新規動物モデル・ツパイでの病理学的解析 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 池 海英, 田中 祐樹, 一二三 達郎, 庄司 紘一郎, ケアシュ・モハメド , ハシェム・モハメド , ブシュラ・キタブ , 真田 崇裕, 藤幸 知子, 米田 美佐子, 畑井 仁, 矢吹 映, 三好 宣彰, 甲斐 知恵子, 小原 道法, 小原 恭子 .  新規乳がん自然発症モデルーツパイーにおける病理学的解析 .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 多田 尚美, 本田 恵莉, 三井 寛子, 筒井 敏彦, 神山 萌子, 矢吹 映, 大和 修 .  犬の錐体-杆体ジストロフィーの新規迅速遺伝子型検査法の開発ならびに日本国内のミニチュアダックスフンドおよびカニンヘンダックスフンドにおける変異アレル頻度 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 矢吹 映 .  猫のCKDの治療最前線 CKDの病態と内科療法 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2017年11月  動物臨床医学会

  • 矢吹 映 .  腎生検 .  動物臨床医学会年次大会プロシーディング  2019年11月  動物臨床医学会

  • 矢吹 映, 浜本 岳志, Rahman Mohammad Mahbubur, 三好 宣彰, 大和 修 .  若齢犬の異形成腎におけるシクロオキシゲナーゼ-2、レニンおよび神経型NO合成酵素の発現に関する免疫組織化学的検索 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 牧 晋一郎, 上大迫 萌佳, Islam Md Shafiqul, 矢吹 映, Previn Shahnaj, Rakib Tofazzal Md, Al Faruq Abdullah, 大和 修 .  ボーダー・コリーの遺伝子疾患に関する分子疫学的研究 レイン症候群および感覚性ニューロパチーの日本国内における変異アレル頻度 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 矢吹 映 .  「新型コロナ感染症(COVID-19)下での参加型臨床実習の実施 鹿児島大学における参加型臨床実習の実際 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2021年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Rakib Tofazzal Md, Islam Md Shafiqul, 田中 茂喜, 矢吹 映, Pervin Shahnaj, 牧 晋一郎, Faruq Abdullah Al, Tacharina Martia Rani, 大和 修 .  Novel mutation in the feline GAA gene in a cat with glycogen storage disease type II(Pompe disease)(和訳中) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Faruq Abdullah Al, Poddar Sonnet, Sohel Md Shahriar Hasan, Basu Joyita, Das Prokash Kumar, Rakib Tofazzal Md, Alam Mahabub, Islam Md Shafiqul, Hassan Mohammad Mahmudul, Uddin Mohammad Mejbah, 矢吹 映, 大和 修 .  Morphological analysis of cervix in Black Bengal goats for artificial insemination(和訳中) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Pervin Shahnaj, Islam Md Shafiqul, 矢吹 映, Rahman Mohammad Mahbubur, Rakib Tofazzal Md, Tacharina Martia Rani, Maki Shinichiro, Faruq Abdullah Al, 大和 修 .  Molecular epidemiology on canine neuronal ceroid lipofuscinosis and GM1 gangliosidosis(和訳中) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 犬猫の糸球体疾患における上皮・内皮/間葉転換機構の解明と新規バイオマーカーの探索

    研究課題/領域番号:19K06385  2019年4月 - 2022年3月

    JSPS  科学研究費  基盤研究(C)

    矢吹 映

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 犬猫の糸球体腎症におけるオーバーフィル理論の解明、バイオマーカーおよび治療法開発

    研究課題/領域番号:16K08056  2016年4月 - 2019年3月

    JSPS  科学研究費  基盤研究(C)

    矢吹 映

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 犬と猫の糸球体腎症における病態機序の解明と新規診断・治療マーカーの探索

    研究課題/領域番号:25450446  2013年4月 - 2016年4月

    JSPS  科学研究費  基盤研究(C)

    矢吹 映

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 犬と猫の腎疾患におけるCOXとRA系を介した新規病態解明と診断治療法開発

    研究課題/領域番号:22580364  2010年4月 - 2012年3月

    JSPS  科学研究費  基盤研究(C)

    矢吹 映

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 新規ペプチドグレリンの腎臓における機能的意義-糖尿病モデルを用いた解析-

    研究課題/領域番号:19780218  2007年4月 - 2009年3月

    JSPS  科学研究費  若手(B)

    矢吹 映

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 下顎腺EGFを介した腎臓の性差発現メカニズム

    研究課題/領域番号:17780220  2005年4月 - 2007年3月

    JSPS  科学研究費  若手(B)

    矢吹 映

  • 新規ペプチドグレリンの生後発達

    2007年4月 - 2008年3月

    その他機関  森永奉研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    新規ペプチドグレリンの生後発達

▼全件表示