2022/11/24 更新

写真a

ミヨシ ノリアキ
三好 宣彰
MIYOSHI Noriaki
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(農学) ( 1993年3月   東京大学 )

  • 農学修士 ( 1988年3月   宮崎大学 )

研究キーワード

  • 動物

  • 腫瘍

  • 疾病

  • 抗癌剤

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

学歴

  • 宮崎大学   農学部   獣医学科

    - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 宮崎大学   大学院農学研究科   獣医学専攻

    1986年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   大学院連合農学研究科   生物資源科学専攻

    1988年4月 - 1989年12月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 退学

経歴

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   副学部長

    2016年4月 - 2024年3月

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   教授

    2012年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農学部獣医学科   教授

    2011年4月 - 2012年3月

  • 鹿児島大学   農学部獣医学科   准教授

    2007年4月 - 2011年3月

  • 鹿児島大学   農学部獣医学科   助教授

    2002年7月 - 2007年3月

  • 鹿児島大学   農学部獣医学科   助手

    1990年1月 - 2002年6月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本獣医病理学専門家協会

    2003年4月 - 現在

  • 日本獣医学会

    1989年4月 - 現在

  • 日本獣医師会

    1988年5月 - 現在

取得資格

  • 獣医師

 

論文

  • Hui-Wen Chen, Yu-Chang Lai, Md Mahfuzur Rahman, Al Asmaul Husna, Md Nazmul Hasan, Hitoshi Hatai, Noriaki Miyoshi , Osamu Yamato, Naoki Miura. .  NGS-identified miRNAs in canine mammary gland tumors show unexpected expression alterations in qPCR analysis. .  in vivo36 ( 4 ) 1628 - 1636   2022年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12873

  • Hifumi T, Akioka K, Tanaka T, Miyoshi N. .  Development of a loop-mediated isothermal amplification (LAMP) assay targeting the mitochondrial cytochrome b gene for the rapid detection of alveolar echinococcosis in hepatic nodules of horses. .  Vet Parasitol299   109573   2021年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vetpar.2021.109573.

  • Furusawa Y, Takahashi M, Shima-Sawa M, Hatai H, Miyoshi N, Yamato O, Yabuki A .  Immunocytochemical evaluation of epithelial–mesenchymal transition in epithelial tumors of dogs and cats. .  Journal of Veterinary Medical Science83 ( 9 ) 1363 - 1368   2021年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0021

  • YABUKI Akira, FURUSAWA Yu, MIYOSHI Noriaki, TANIGUCHI Kazuyuki, YAMATO Osamu .  Expression of neuronal nitric oxide synthase and renin in dysplastic kidneys of young dogs .  The Jounal of Veterinary Medical Science   2021年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Renin and neuronal nitric oxide synthase in the kidney control the renin-angiotensin and tubuloglomerular feedback systems. The present study investigated the expression of renin and neuronal nitric oxide synthase in the dysplastic kidneys of three young dogs. Renin-immunoreactivity, which occurs in the juxtaglomerular and tubular cells of dysplastic kidneys, did not differ from that in the normal kidneys of young dogs. Macula densa cells in the normal kidneys showed neuronal nitric oxide synthase -immunoreactivity, but those in the dysplastic kidneys showed no apparent signals. This observation may be correlated with the pathological mechanisms of renal failure in young dogs.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.21-0074

    PubMed

  • Tatsuro Hifumi, Tetsuya Tanaka, Emmanuel Pacia Hernandez, Kohei Akioka, Kaori Yamada, Yasutaka Imamura, Hitoshi Hatai, Noriaki Miyoshi .  Relationship between hepatic grayish-white solid nodules in horses imported from Canada and larval Echinococcus multilocularis infection .  The Canadian Veterinary Journal62 ( 3 ) 285 - 288   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Canadian veterinary journal = La revue veterinaire canadienne  

    Scopus

  • Hitoshi Hatai, Takashi Hatazoe, Haruka Seo, Teruaki Tozaki, Shingo Ishikawa, Noriaki Miyoshi, Kazuhiro Misumi, Seiji Hobo .  Primary sinonasal malignant melanoma with systemic metastasis in a non-gray horse .  Journal of Veterinary Diagnostic Investigation33 ( 2 ) 379 - 383   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Diagnostic Investigation  

    DOI: 10.1177/1040638720978561

    Scopus

    PubMed

  • Mohammad Enamul Hoque Kayesh, Yutaka Amako, Md Abul Hashem, Shuko Murakami, Shintaro Ogawa, Naoki Yamamoto, Tatsuro Hifumi, Noriaki Miyoshi, Masaya Sugiyama, Yasuhito Tanaka, Masashi Mizokami, Michinori Kohara, Kyoko Tsukiyama-Kohara .  Development of an in vivo delivery system for CRISPR/Cas9-mediated targeting of hepatitis B virus cccDNA .  Virus Research290   198191   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virus Research  

    Chronic hepatitis B virus (HBV) infection constitutes a global health issue with limited current therapeutic efficacy owing to the persistence of viral episomal DNA (cccDNA). The CRISPR/Cas9 system, a newly developed, powerful tool for genome editing and potential gene therapy, requires efficient delivery of CRISPR components for successful therapeutic application. Here, we investigated the effects of lentiviral- or adeno-associated virus 2 (AAV2) vector-mediated delivery of 3 guide (g)RNAs/Cas9 selected from 16 gRNAs. These significantly suppressed HBV replication in cells, with WJ11/Cas9 exhibiting highest efficacy and chosen for in vivo study. AAV2/WJ11-Cas9 also significantly inhibited HBV replication and significantly reduced cccDNA in the tested cells. Moreover, AAV2/WJ11-Cas9 enhanced entecavir effects when used in combination, indicative of different modes of action. Notably, in humanized chimeric mice, AAV2/WJ11-Cas9 significantly suppressed HBcAg, HBsAg, and HBV DNA along with cccDNA in the liver tissues without significant cytotoxicity; accordingly, next generation sequencing data showed no significant genomic mutations. To our knowledge, this represents the first evaluation of the CRISPR/Cas9 system using an HBV natural infection mode. Therefore, WJ11/Cas9 delivered by comparatively safer AAV2 vectors may provide a new therapeutic strategy for eliminating HBV infection and serve as an effective platform for curing chronic HBV infection.

    DOI: 10.1016/j.virusres.2020.198191

    Scopus

    PubMed

  • MM Rahman, Yu-Chang Lai, AA Husna, Hui-Wen Chen, Yuiko Tanaka, Hiroaki Kawaguchi, Hitoshi Hatai, Noriaki Miyoshi, Takayuki Nakagawa, Ryuji Fukushima, Naoki Miura .  Aberrantly expressed snoRNA, snRNA, piRNA and tRFs in canine melanoma .  Veterinary and Comparative Oncology18 ( 3 ) 353 - 361   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary and Comparative Oncology  

    DOI: 10.1111/vco.12558

    Scopus

    PubMed

  • HATAI Hitoshi, NAGAI Katsuhisa, TANAKA Yuki, MIYOSHI Noriaki .  Primary pharyngeal alveolar rhabdomyosarcoma in an adolescent Japanese black heifer .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 8 ) 1146 - 1150   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Alveolar rhabdomyosarcoma (ARMS) is a rare mesenchymal tumor with differentiation toward the skeletal muscle. Although several cases of canine ARMS have been reported in veterinary medicine, only one case of abdominal ARMS has been reported in a cow. A 13-month-old, Japanese black heifer was referred for pus-like nasal discharge. On autopsy, an 11 × 7 × 4.5-cm pedunculated mass closed to the left palatine tonsillar sinus that occupied the laryngopharynx. Histopathological and immunohistochemical analyses indicated that the tumor was a typical ARMS. To the best of our knowledge, this has been the first case of primary pharyngeal ARMS in a Japanese black heifer, which is rare among cows. Nonetheless, its characteristics, including site, age and subtype, are identical to those among humans and dogs.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.20-0305

    Scopus

    PubMed

  • Chi Hai-Ying, Hiroki Tanaka, Tatsuro Hifumi, Ko-ichiro Shoji, Mohammad Enamul Hoque Kayesh, Md Abul Hashem, Bouchra Kitab, Takahiro Sanada, Tomoko Fujiyuki, Hitoshi Hatai, Akira Yabuki, Noriaki Miyoshi, Chieko Kai, Michinori Kohara, Kyoko Tsukiyama-Kohara .  Pathological and genetic aspects of spontaneous mammary gland tumor in Tupaia belangeri (Tree shrew) .  PLoS ONE15 ( 5 ) e0233232   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone

  • Md Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Al Asmaul Husna, Hui-Wen Chen, Yuiko Tanaka, Hiroaki Kawaguchi, Hitoshi Hatai, Noriaki Miyoshi, Takayuki Nakagawa, Ryuji Fukushima, Naoki Miura .  Transcriptome analysis of dog oral melanoma and its oncogenic analogy with human melanoma .  Oncology Reports43 ( 1 ) 16 - 30   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2019.7391

    Scopus

    PubMed

  • Md. Mahfuzur Rahman, Yu-Chang Lai, Al Asmaul Husna, Hui-wen Chen, Yuiko Tanaka , Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Takayuki Nakagawa, Ryuji Fukushima, Naoki Miura. .  Micro RNA Transcriptome Profile in Canine Oral Melanoma .  International Journal of Molecular Sciences20 ( 19 ) 4832   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Abstract: MicroRNAs (miRNAs) dysregulation contribute the cancer pathogenesis. However, the miRNA profile of canine oral melanoma (COM), one of the frequent malignant melanoma in dogs is still unrevealed. The aim of this study is to reveal the miRNA profile in canine oral melanoma. MiRNAs profile of oral tissues from normal healthy dogs and COM patients were compared by next-generation sequencing. Along with tumour suppressor miRNAs, we report 30 oncogenic miRNAs in COM. The expressions of miRNAs were further confirmed by quantitative real-time PCR (qPCR). Pathway analysis showed that deregulated miRNAs impact on cancer and signalling pathways. Three oncogenic miRNAs targets (miR-450b, 301a, and 223) from human study also were down-regulated in COM and had a significant negative correlation with their respective miRNA. Furthermore, we found that miR-450b expression is higher in metastatic cells and regulated MMP9 expression through a PAX9-BMP4-MMP9 axis. In silico analysis indicated that miR-126, miR-20b, and miR-106a regulated the highest numbers of differentially expressed transcription factors with respect to human melanoma. Chromosomal enrichment analysis revealed the X chromosome was enriched with oncogenic miRNAs. We comprehensively analyzed the miRNA’s profile in COM which will be a useful resource for developing therapeutic interventions in both species.

    DOI: doi:10.3390/ijms20194832

  • Norio Ushio, Md Mahfuzur Rahman, Tadashi Maemura, Yu-Chang Lai, Tomoko Iwanaga, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Momoi, Naoki Miura .  Identification of dysregulated microRNAs in canine malignant melanoma. .  Oncology Letter17 ( 1 ) 1080 - 1088   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.9692.

  • Kido N, Tanaka S, Omiya T, Shoji Y, Senzaki M, Hanzawa S, Ando M, Osaki T, Hatai H, Miyoshi N, Hifumi T, Suzuki N, Kawakami S. .  Novel treatment for chronic pododermatitis in an Indian elephant (Elephas maximus indicus) with Mohs' paste. .  Journal of Veterinary Medical Science80 ( 12 ) 1834 - 1838   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.18-0316.

  • Y-C Lai, N Ushio, M M Rahman, Y Katanoda, K Ogiharn, Y Naya, A Moriyama, T Iwanaga, Y Saitoh, T Sogawa, T Sunaga, Y Momoi, H Izumi, N Miyoshi, Y Endo, M Fujiki, H Kawaguchi, N Miura .  Aberrant expression of microRNAs and the miR-1/MET pathway in canine hepatocellular carcinoma .  Veterinary and Comparative Oncology16 ( 2 ) 288 - 296   2018年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary and Comparative Oncology  

    Canine hepatocellular carcinoma (HCC) is the most common primary hepatic tumour in dogs. MicroRNA (miRNA) dysregulation has been reported in human HCC and shown to have diagnostic and prognostic value; however, there are no data on miRNA expression in canine HCC. The aim of the present study was to investigate differentially expressed miRNAs in canine HCC. Analysis of miRNA expression in canine HCC tissues and cell lines by quantitative reverse transcription PCR showed that miR-1, miR-122, let-7a, and let-7g were downregulated, whereas miR-10b and miR-21 were upregulated in canine HCC. MET is one of the target genes of miR-1. MET was upregulated in canine HCC at the gene and protein levels, and a significant correlation between the concomitant downregulation of miR-1 and upregulation of MET was observed. Fast/intermediate-proliferating canine HCC cell lines had higher MET gene and protein expression levels than the slow-proliferating cell line. These findings suggest that miRNAs are differentially expressed in canine HCC, and that the miR-1/MET pathway may be associated with canine HCC cell proliferation.

    DOI: 10.1111/vco.12379

    Scopus

  • Mariko Sawa, Akira Yabuki, Moeko Kohyama, Noriaki Miyoshi, Osamu Yamato .  Rapid multiple immunofluorescent staining for the simultaneous detection of cytokeratin and vimentin in the cytology of canine tumors. .  Veterinary Clinical Pathology47 ( 2 ) 326 - 332   2018年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY  

    DOI: 10.1111/vcp.12598

  • OTOMARU Konosuke, ONO Keisuke, WATAYA Kenta, AKIOKA Kohei, ANDO Takaaki, YABUKI Akira, KUBOTA Chikara, MIYOSHI Noriaki, KAWASAKI Yasuaki .  Hydromyelia in a Japanese Black calf .  The Jounal of Veterinary Science79 ( 12 ) 1983 - 1985   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>A Japanese Black calf, manifested by clinical signs of inability to stand and extending hind limbs after birth, was investigated clinically and pathologically. In the neurological inspection, gastrocnemius reflex and patellar tendon reflex of the right hind limb were hyperactive, and gastrocnemius reflex and crossed extension reflex of the left hind limb were also hyperactive. Magnetic resonance imaging (MRI) examination showed a cavity in the cord at the area of the third and fourth lumbar vertebrae in T2-weighted imaging. After the calf was euthanized, necropsy confirmed the swelling of the spinal cord at the third and fourth lumbar vertebrae. The histopathological examination confirmed that the central canal remained open, and the inner surface of central canal was lined with ependymal cells. Therefore, this calf was diagnosed to have hydromyelia of the lumbar cord. This study indicated that MRI was useful for diagnosing myelodysplasia such as hydoromyelia. This is the first report of hydoromyelia in Japanese Black calf.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.17-0371

    Scopus

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Hiroaki Kawaguchi, Naoki Miura, Noriaki Miyoshi, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto, Akihide Tanimoto .  Hypertension alters the endothelial-dependent biphasic response of bradykinin in isolated Microminipig basilar artery. .  Microvascular Research114   52 - 57   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mvr.2017.06.001

  • Mohammad E.H. Kayesh, Sayeh Ezzikouri, Haiying Chi, Khadija Rebbani, Bouchra Kitab, Aya Matsuu, Noriaki Miyoshi, Michinori Kohara, Kyoko Tsukiyama-Kohara .  Oxidative Stress and Immune Responses During Hepatitis C Virus Infection in Tupaia belangeri.Tupaia belangeri .  Scientific Reports7   9848   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-1

  • Mohammad Enamul Hoque Kayesh, Sayeh Ezzikouri, Haiying Chi, Takahiro Sanada, Naoki Yamamoto, Bouchra Kitab, Takumi Haraguchi, Rika Matsuyama, Chimene Nze Nkogue, Hitoshi Hatai, Noriaki Miyoshi, Shuko Murakami, Yasuhito Tanaka, Jun-ichiro Takano, Yumiko Shigama, Yasuhiro Yasutomi, Michinori Kohara, Kyoko Tsukiyama-Kohara .  Interferon-β response is imparied by hepatitis B virus infection in Tupaia belangeri. .  Virus Research237   47 - 57   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2017.05.013.

  • Sawa M, Inoue M, Yabuki A, Kohyama M, Miyoshi N, Setoguchi A, Yamato O. .  Rapid immunocytochemistry for the detection of cytokeratin and vimentin: assessment of its diagnostic value in neoplastic diseases of dogs. .  Veterinary Clinical Pathology46 ( 1 ) 172 - 178   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/vcp.12462.

  • 本川 裕介,五位塚 勝利,藤川 拓郎,齋藤 靖生,畑井 仁,乙丸 孝之介,安藤 貴朗,三浦 直樹,三好 宣彰,窪田 力 .  黒毛和種子牛の腹部体表にみられたメラノサイトーマの一例 .  鹿児島県獣医師会会報58   9 - 10   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 鹿児島県獣医師会  

  • 西 洋志,松永 文,上村 利也,三好 宣彰 .  若齢猫の両側性腎周囲偽嚢胞の1例 .  鹿児島県獣医師会会報58   20 - 21   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 鹿児島県獣医師会  

  • GM2 Gangliosidosis Variant 0 (Sandhoff Disease) in a Mixed-breed Dog. .    51 ( 6 ) 396 - 400   2015年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5326/JAAHA-MS-625

  • Murata D, Tokunaga S, Tamura T, Kawaguchi H, Miyoshi N, Fujiki M, Nakayama K, Misumi K. .  A preliminary study of osteochondral regeneration using a scaffold-free three-dimensional construct of porcine adipose tissue-derived mesenchymal stem cells. .  J Orthop Surg Res10   35   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13018-015-0173-0.

  • 松永 文,三好宣彰,齋藤靖生,三浦直樹,德永 暁, .  雄性仮性半陰陽のミニチュアダックスフントの1例 .  鹿児島県獣医師会会報55 ( 1 ) 21 - 23   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人鹿児島県獣医師会  

  • Yasuo Fushimi, Mitsuhiro Takagi, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Takeshi Tsuka, Eisaburo Deguchi .  Three cases of idiopathic eosinophilic enteritis with chronic obstinate diarrhea in Japanese Black fattening cattle. .  J. Vet. Med. Sci.77 ( 3 ) 337 - 340   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.14-0460

  • Kohei Matsushita, Yuji Ishii, Shinji Takasu, Ken Kuroda, Aki Kijima, Takuma Tsuchiya, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Takehiko Nohmi, Kumiko Ogawa, Akiyoshi Nishikawa, Takashi Umemura .  A medium-term gpt delta rat model as an in vivo system for analysis of renal carcinogenesis and the underlying mode of action. .  Exp. Toxicol. Pathol.67 ( 1 ) 31 - 39   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.etp.2014.0

  • 一二三達郎、真下忠久、原崎裕介、阿野直子、野村耕二、安田 準、川口博明、三好宣彰 .  犬の胸腔内異所性肝の1例 .  日獣会誌68 ( 1 ) 64 - 67   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura N, Kucho K, Noguchi M, Miyoshi N, Uchiumi T, Kawaguchi H, Tanimoto A. .  Comparison of the genomic sequence of the microminipig, a novel breed of swine, with the genomic database for conventional pig. .  In Vivo28 ( 6 ) 1107 - 1111   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohei Matsushita, Ken Kuroda, Yuji Ishii, Shinji Takasu, Aki Kijima, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Takehiko Nohmi, Kumiko Ogawa, Akiyoshi Nishikawa, Takashi Umemura .  Improvement and validation of a medium-term gpt delta rat model for predicting chemical carcinogenicity and underlying mode of action. .  Exp. Toxicol. Pathol.66 ( 7 ) 313 - 321   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.etp.2014.0

  • Tatsuro Hifumi, Hiroaki Kawaguchi, Manabu Yamada, Noriaki Miyoshi .  Intrathoracic ectopic liver in a cow. .  J. Vet. Med. Sci.76 ( 5 ) 711 - 713   2014年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.13-0532

  • Murata D, Sogawa T, Tokunaga S, Iwanaga T, Kawaguchi H, Miyoshi N, Momoi Y, Fujiki M, Miura N .  Ganglion cysts arising from a canine stifle joint. .  J Vet Med Sci76 ( 3 ) 457 - 459   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kohei Akioka, Hiroaki Kawaguchi, Sawako Kitajima, Naoki Miura, Michiko Noguchi, Masahisa Horiuchi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto .  Investigation of necessity of sodium cholate and minimal required amount of cholesterol for dietary induction of atherosclerosis in microminipigs. .  in vivo28 ( 1 ) 81 - 91   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroaki Kawaguchi, Tomonobu Yamada, Naoaki Miura, Michiko Noguchi, Hiroyuki Izumi, Noriaki Miyoshi and Akihide Tanimoto .  Sex Differences in Serum Lipid Profile in Novel Microminipigs. .  in vivo27 ( 5 ) 616 - 622   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Galay Remil Linggatong, Aung Kyaw Min, Umemiya-Shirafuji Rika, Maeda Hiroki, Matsuo Tomohide, Kawaguchi Hiroaki, Miyoshi Noriaki, SuzukiHiroshi, Xuan Xuenan, Mochizuki Masami, Fujisaki Kozo, TanakaTetsuya .  Multiple ferritins are vital to successful blood feeding and reproduction of the hard tick Haemaphysalis longicornis. .  J. Exp. Biol.216 ( 10 ) 1905 - 1915   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1242/jeb.081240.

  • Naoaki Miura, Hiroaki Kawaguchi, Tomoko Nagasato, Tomonobu Yamada, Takashi Ito, Hiroyuki Izumi, Hisayo Shameshima, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto, Ikuro Maruyama .  Coagulation activity and white thrombus formation in the microminipig. .  in vivo27 ( 3 ) 357 - 362   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Emi Arimura, Masahisa Horiuchi, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Kohji Aoyama, Toru Takeuchi .  Low-protein diet improves blood and urinary glucose levels and renal manifestations of diabetes in C57BLKS-db/db mice .  Eur J Nutr .52 ( 2 ) 813 - 824   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00394-012-0

  • Kohei Matsushita, Aki Kijima, Yuji Ishii, Shinji Takasu, Meilan Jin, Ken Kuroda,Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Takehiko Nohmi, Kumiko Ogawa, Takashi Umemura .  Development of a medium-term animal model using gpt delta rats to evaluate chemical carcinogenicity and genotoxicity. .  J. Toxicol. Pathol.26 ( 1 ) 19 - 27   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1293/tox.26.19

  • Tsuyoshi Yoshikawa, Yoshihoro Takahashi, Hiroaki Kawaguchi, Shinji Utsunomiya, Naoki Miura, Hiroyuki Izumi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto .  A dermal phototoxicity study following intravenous infusion administration of ciprofloxacin hydrochloride in the novel microminipigs. .  Toxicol. Pathol.41 ( 1 ) 109 - 113   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/019262331245

  • Mariko Sawa, Akira Yabuki, Noriaki Miyoshi, Kou Arai, Osamu Yamato .  A simple and rapid immunocytochemical technique for detection of cytokeratin, vimentin, and S-100 protein in veterinary diagnostic cytology. .  Res. Vet. Sci.93 ( 3 ) 1341 - 1345   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2012.

  • James K. Chambers, Kazuyuki Uchida, Tomoyuki Harada, Masaya Tsuboi, Masumi Sato, Masahito Kubo, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Hajime Tsujimoto, Hiroyuki Nakayama .  Neurofibrillary tangles and the deposition of a beta amyloid peptide with a novel N-terminal epitope in the brains of wild Tsushima leopard cats. .  PLos One7 ( 10 ) 1 - 10   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone

  • Mariko Sawa, Akira Yabuki, Noriaki Miyoshi, Kou Arai, Osamu Yamato .  Rapid-air-dry papanicolaou stain in canine and feline tumor cytology: a quantitative comparison with the Giemsa stain .  J. Vet. Med. Sci.74 ( 9 ) 1133 - 1138   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.12-0046

  • Yuki Shimono, Satoshi Taharaguchi, K. Taira, Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda .  rDNA ITS sequences of Uncinaria spp. from Tsushima leopard cat (Prionailurus bengalensis euptilura). .  Heiminthologia49 ( 3 ) 123 - 127   2012年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideyuki Yamatoya, Hiroaki Kawaguchi, Kanaka Yajima, Hidetomi Kadokura, Tsuyoshi Yoshikawa, Rie Yamashita, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto, Noriaki Miyoshi .  Data on Wistar Hannover rats from a general toxicity study. .  Exp. Anim. 61 ( 4 ) 467 - 476   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.61.4

  • Hiroaki Kawaguchi,Tomonobu Yamada, Naoki Miura,Yoshihiro Takahashi, Tsuyoshi Yoshikawa, Hiroyuki Izumi, Tatsuo Kawarasaki, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto .  Reference values of hematological and biochemical parameters for the world smallest Microminipigs. .  J. Vet. Med. Sci.74 ( 7 ) 933 - 936   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.11-0571

  • Daisuke Murata. Naoki Miura, Tomoto Iwanaga, Satoshi Tokunaga, Noriaki Miyoshi, Yosiyuki Kitano, Yasuyuki Momoi, Makoto Fujiki .  CT and MRI imaging diagnosis of epidural idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation in a dog spinal canal. .  J. Vet. Med. Sci.74 ( 7 ) 913 - 915   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.11-0348

  • Tomoko Iwanaga, Naoki Miura, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Endo, Yasuyuki Momoi .  Abnormal erythroid cell proliferation and myelofibrosis in a cat. .  J. Vet. Med. Sci.74 ( 7 ) 909 - 912   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.11-0268

  • Mohammad S. Islam, Mitsuharu Matsumoto, Ryotaro Hidaka, Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda .  Expression of NOS and VEGF in feline mammary tumours and their correlation with angiogenesis. .  Vet. J.192 ( 3 ) 338 - 344   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tvjl.2011.

  • Mohammad Mahbubur Rahman, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Akira Yabuki, Yuya Nakamoto, Tsuyoshi Ozawa, Osamu Yamato .  Pathological features of salivary gland cysts in a Shiba dog with GM1 gangliosidosis: a possible misdiagnosis as malignancy. .  J. Vet. Med. Sci.74 ( 4 ) 485 - 489   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.11-0309

  • 橋本信一郎、荒木 航、宮地裕也、三好宣彰、川口博明、小尾岳士、高瀬公三 .  若齢より発生したブロイラー鶏の趾蹠皮膚炎の病理学的および細菌学的検索 .  日獣会誌65 ( 3 ) 199 - 203   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Yamatoya, Hiroaki Kawaguchi, Takeshi Fukuda, Hidetomi Kadokura, Rie Yamashita, Tsuyoshi Yoshikawa, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto, Noriaki Miyoshi .  Data on Wistar Hannover rats from an immunotoxicity study. .  Exp. Anim.61 ( 2 ) 171 - 175   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.61.1

  • 村田大紀、三浦直樹、松元光春、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  馬の頸椎損傷の画像診断例 .  日獣会誌64 ( 9 ) 703 - 707   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kato, Toyohiro, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Aoyama, Kohji, Komatsu, Masaharu, Masahisa Horiuchi, Hiroki Yoshida, Toru Takeuchi .  Effect of habitual exercise on renal carcinogenesis by ferric nitrilotriacetate. .  Environ. Health Prev. Med.16 ( 4 ) 232 - 238   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12199-010-0

  • 川口博明、秋岡幸兵、北島沢子、有村恵美、三好宣彰 .  六白黒豚におけるどんぐり給与が肉質特性に及ぼす影響についてー井辺野黒豚の開発ー .  鹿大農学術報告61   17 - 21   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 村田大紀、井出哲也、矢吹映、三好宣彰、畠添孝、藤木誠、三角一浩 .  扁平上皮癌により眼球摘出した馬の1例 .  日獣会誌63 ( 12 ) 931 - 934   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 德永暁、政岡和彦、新井恒、村田大紀、三浦直樹、矢吹映、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  肺扁平上皮癌により肥大性骨症を発症した 犬の治療経過 .  鹿児島県獣医師会会報26 ( 2 ) 20 - 21   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Masahisa Horiuchi, Yishinori Inokuchi, Yoko Miyamoto, Naoki Miura, Satatoshi Tokunaga, Makoto Fujiki, Yasukatsu Izumi, Hiroaki Miyajima, Ryoichi Nagata, Kazuhiro Misumi, Toru Takeuchi, Akihide Tanimoto, Nobuhiro Yasuda, Hiroki Yoshida, Hiroaki Kawaguchi .  Novel microminipig model of atherosclerosis by high fat and high cholesterol diet, established in Japan. .  In Vivo24 ( 5 ) 671 - 680   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yoko Miyamoto, Masakazu Souda,Yoshihisa Umekita,Nobuhiro Yasuda, Hiroki Yoshida .  Effects of fetal exposure to 4-n-octylphenol on mammary tumorigenesis in rats. .  In Vivo24 ( 4 ) 463 - 470   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tatsuo Hifumi, Noriaki Miyoshi, Hiroaki Kawaguchi, Koji Nomura, Nobuhiro Yasuda .  Immunohistochemical detection of proteins associated with multidrug resistance to anti-cancer drugs in canine and feline primary pulmonary carcinoma. .  J. Vet. Med. Sci.72 ( 5 ) 665 - 668   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.09-0519

  • Akira Yabuki, Sawane Mitani, Makoto Fujiki, Kazuhiro Misumi, Yasuyuki Endo, Noriaki Miyoshi, Osamu Yamato .  Comparative study of chronic kidney disease in dogs and cats : induction of myofibroblasts. .  Res. Vet. Sci.88 ( 2 ) 294 - 299   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rvsc.2009.

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yoko Miyamoto, Masakazu Souda, Yoshihisa Umekita, Nobuhiro Yasuda, Hiroki Yoshida .  Effects of fetal exposure to diethylstilbestrol on mammary tumorigenesis in rats .  J. Vet. Med. Sci.71 ( 12 ) 1599 - 1608   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.001599

  • Noriaki Miyoshi, Mitsuharu Matsumoto, Hiroaki Kawaguchi, Kazuyuki Uchida, Nobuhiro Yasuda .  Ependymoblastoma in a Japanese black heifer. .  J. Vet. Med. Sci.71 ( 10 ) 1393 - 1395   2009年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.001393.

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yoshihisa Umekita, Hiroki Yoshida .  Effects of exposure period and dose of diethylstilbestrol on pregnancy in rats. .  J. Vet. Med. Sci.71 ( 10 ) 1309 - 1315   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.001309.

  • Tetsuya Ide, Noriaki Miyoshi, Kenji Ochiai, Nobuhiro Yasuda .  Oligoastrocytoma of brain in a hooded crane (Grus Monacha) .  Vet. Pathol.46 ( 2 ) 309 - 312   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1354/vp.46-2-309.

  • 川崎安亮、長谷郁美、寺島陽子、小池仁美、三好宣彰、大石明広 .  GM1- ガングリオシドーシスのホモ接合体あるいはヘテロ接合体と考えられた同腹子3例の猫での聴性脳幹誘発電位による機能評価 .  日獣会誌62 ( 2 ) 148 - 154   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新井恒、福満志乃、福満和人、三好宣彰、三角一浩 .  猫の咽頭部に認 められた単発性線毛上皮嚢胞の一例 .  鹿児島県獣医師会会報21 ( 2 ) 26 - 28   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三好宣彰、高瀬公三、田原口智士、山崎憲一、佐々木義和、清水和、宮本徳子 .  採卵鶏農場において長期間飼育されたおとり鶏の病理組織学的検索 .  鹿大農学術報告58   9 - 14   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 川崎安亮、池田耕夫、三好宣彰、坂本紘 .  聴性脳幹誘発電位による聴力推定で中耳炎と内耳炎が診断された咀嚼筋萎縮を併発した犬の1例 .  日獣会誌61 ( 2 ) 145 - 149   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keishi Miwa, Kazuhiro Misumi, Kaoru Shimada, Noriaki Miyoshi, Takehiro Inoue, Yoshihiro Kawabe, Kazuhiro Moriyama, Satoshi Ibara, Tsuyomu Ikenoue, Hiroshi Sakamoto .  A device for adsorbing unbound, unconjugated bilirubin and its effects in vitro and in a hyperbilirubinemic newborn piglet .  J. Perinat. Med.35 ( 3 ) 232 - 235   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/JPM.2007.045

  • 矢吹映、遠藤泰之、藤木誠、三好宣彰、松元光春、鈴木秀作 .  犬おとび猫の腎不全におけるシクロオキシゲナーゼ-2およびNO合成酵素-1の発現 .  鹿大農学術報告57   21 - 27   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 松元光春、安田研、三好宣彰、安田宣紘、矢吹映、鈴木秀作、西中川駿 .  口之島野生化牛の金組織に関する組織計測学的研究 .  鹿大農学術報告57   28 - 36   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 片岡祐子、新川祥子、大上直子、宮城敦、亀山和久、三好宣彰、川崎安亮、永吉貴子、坂本紘 .  犬の海馬にみられた脳腫瘍の一例 .  鹿児島県獣医師会会報19 ( 2 ) 23 - 24   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahito Kubo, Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda .  Hepatozoonosis in two species of Japanese wild cat. .  J. Vet. Med. Sci.68 ( 8 ) 833 - 837   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.68.833.

  • Mitsuhiro Takagi, K. Takagaki, Syun-ichi Kamimura, Keiko Zizohara, Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda, Yasuaki Kawasaki, Yasuyuki Endo, Akihiro Ohishi, E. Yasumura, Eizaburo Deguchi .  Primary erythrocytosis in a Japanese black calf: a case report. .  J. Vet. Med. A53   296 - 299   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1439-0442.

  • 大石明広,宇根良馬,馬場進,福島健次郎,鈴木維時,三好宣彰 .  Short colonの猫の1例 .  日獣会誌59 ( 59 ) 403 - 408   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, M. Souda, H. Maeda, H. Kawashima, K. Gejima, Kazuyuki Uchida, Yoshihisa Umekita, Hiroki Yoshida .  Renal adenocarcinoma in a ferret. .  Vet. Pathol.43 ( 3 ) 353 - 356   2006年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1354/vp.43-3-353

  • 塩賀由紀、窪田力、高木光博、三好宣彰 .  重度の血尿がみられた黒毛和種雌牛の膀胱頚部浸潤性移行上皮癌 .  鹿児島県獣医師会会報19 ( 1 ) 23 - 24   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 金気啓介、宮城敦、片岡祐子、亀山和久、三好宣彰 .  心膜中皮腫を疑い心膜腔内カルボプラチン投与を行った犬の1例 .  鹿児島県獣医師会会報18   28 - 29   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 安田宣紘、井上美佳、三好宣彰 .  出水平野における越冬ツルの疾病調査 .  鹿児島県獣医師会会報18   18 - 21   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanako Miya, Kazuhiro Misumi, Noriaki Miyoshi, Ko Arai, Makoto Fijiki, Chikara Kubota, Hiroshi Sakamoto .  Interpreting gelatinase activity in tumor tissue and serum as a prognostic marker of naturally developing canine tumors .  J. Vet. Med. Sci.67 ( 8 ) 769 - 775   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.67.769.

  • Masashi Takahashi, Ryoma Une, Kenjiro Fukushima, Makoto Fujiki, Kazuhiro Misumi, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Endo, Akihiro Ohishi, Masao Akuzawa .  Molecular cloning of canine nm23 cDNAs and their expression in normal and tumor tissues. .  J. Vet. Med. Sci.67 ( 8 ) 837 - 841   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.67.837.

  • 楢橋知長,山鹿歩,三好宣彰,安田宣紘,上村俊一,浜名克己 .  鹿児島県内で発生した6例のクローディン16欠損症 .  鹿児島県獣医師会会報17   14 - 16   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 芝原彩,上村俊一,安藤貴朗,小池仁美,三好宣彰,大石明広,浜名克己 .  黒毛和種牛の左卵巣に未分化胚細胞腫,右卵巣に顆粒膜細胞腫がみられた1例 .  日獣会誌56 ( 9 ) 592 - 594   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naoki Miura, Makoto Fujiki, Noriaki Miyoshi, Kazuyuki Misumi, Hiroshi Sakamoto .  Steroid injection therapy in a feline solitary bone cyst. .  J. Vet. Med. Sci.65 ( 4 ) 523 - 525   2003年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.65.523.

  • 水野恵,AMROZI,上村俊一,浜名克己,吉田光敏,三好宣彰,蔵前哲郎 .  ホルスタイン種乳牛の三つ子にみられたフリーマーチンの一例 .  鹿児島県獣医師会会報16   6 - 7   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田中龍太郎,門松俊隆,三好宣彰,佐藤真澄,門田耕一 .  豚のリンパ類上皮細胞性(Lennert)リンパ腫の一例 .  鹿児島県獣医師会会報16   27 - 28   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三好宣彰,安田宣紘,高山健二,亀山和久,藤木誠,三角一浩,大石明広,坂本紘,清水孜 .  牛,馬,鶏における多剤耐性遺伝子の検出と犬乳腺腫瘍におけるP-糖タンパク質の免疫組織化学的検索 .  日獣会誌55 ( 6 ) 346 - 366   2002年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Etsuko Tojo, Akihiro Oishi, Makoto Fujiki,Kazuhiro Misumi, Hiroshi Sakamoto, Kazuhisa Kameyama, Tsutomu Shimizu, Nobuhiro Yasuda .  Immunohistochemical detection of P-glycoprotein (PGP) and multidrug resistance-associated protein (MRP) in canine cutaneous mast cell tumors. .  J. Vet. Med. Sci.64 ( 6 ) 531 - 533   2002年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.64.531.

  • 松元隆介,鶴田勉,三好宣彰,安田宣紘 .  猫の子宮平滑筋肉腫の1症例 .  鹿児島県獣医師会会報15   22 - 23   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda, Yuji Kamimura, Masahiko Shinozaki,Tsutomu Shimizu .  Teratoma in a feline unilateral cryptorchid testis. .  Vet. Pathol.38 ( 6 ) 729 - 730   2001年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1354/vp.38-6-729.

  • 上村利也,迫坪千代子,三浦直樹,瀬戸山健太郎,三角一浩,坂本 紘,三好宣彰,安田宣紘 .  雌犬に発生した生殖器の腫瘍二例 .  鹿児島県獣医師会会報14   27 - 29   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村田太郎,新井恒,藤木誠,三角一浩,坂本紘,北川明日香,三好宣彰,安田宣紘 .  馬の下顎部における扁平上皮癌の一例. .  鹿児島県獣医師会会報13   14 - 16   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anudep Rungsipipat, Susumu Tateyama, Ryoji Yamaguchi, Kazuyuki Uchida, Noriaki Miyoshi .  Expression of c-yes oncogene product in various animal tissues and spontaneous canine tumours. .  Res. Vet. Sci.66 ( 3 ) 205 - 210   1999年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/rvsc.1998.02

  • 上村俊一,甲斐身江子,牛之浜寛治,浜名克己,三好宣彰 .  膣脱傾向を示した牛の顆粒膜細胞腫の摘出例 .  鹿大農学術報告49   19 - 24   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Anudep Rungsipipat, Susumu Tateyama, Ryoji Yamaguchi, Kazuyuki Uchida,Yuichi Murakami, Noriaki Miyoshi, Toshiharu Hayashi .  Amplification of the c-yes oncogene in canine mammary tumors. .  J. Vet. Med. Sci.61 ( 2 ) 185 - 189   1999年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.61.185.

  • Anudep Rungsipipat, Susumu Tateyama,Ryoji Yamaguchi, Kazuyuki Uchida, Noriaki Miyoshi, Toshiharu Hayashi .  Immunohistochemical analysis of c-yes and c-erbB-2 oncogene products and p53 tumor suppressor protein in canine mammary tumors. .  J. Vet. Med. Sci.61 ( 1 ) 27 - 32   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.61.27.

  • 安田宣紘,石上紀明,三好宣彰,清水孜 .  鹿児島県中之島に生息するトカラ馬の寄生虫相 .  日獣会誌51 ( 6 ) 303 - 306   1998年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 政岡和彦,三好宣彰 .  肺原発腫瘍の転移による食道狭窄の一例 .  鹿児島県獣医師会会報10   28 - 30   1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jinjun Li, Tsutomu Shimizu, Noriaki Miyoshi, Nobuhiro Yasuda .  Rapid apoptotic changes in the gastric glandular epithelium of rats administered intraperitoneally with fusarenon-X. .  J. Vet. Med. Sci.59 ( 1 ) 17 - 22   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.59.17.

  • 安田宣紘,都築秀明,三好宣彰,清水孜 .  鹿児島地区における猫の内部寄生虫調査 .  日獣会誌49 ( 4 ) 241 - 244   1996年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 三浦直樹,平川篤,上村祐二,東条秀一,三好宣彰,前田孝,坂本紘 .  全身性に石灰沈着を伴った犬の副腎皮質機能亢進症の1例 .  鹿児島県獣医師会会報9   36 - 39   1996年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Deming M. Zhao, Susumu Tateyama, Noriaki Miyoshi, Kazuyuki Uchida, Ryouji Yamaguchi, Tetsushi Yamagami, Toshiharu Hayashi .  Sequence of the canine c-yes proto-oncogene. .  Res. Vet. Sci.59 ( 3 ) 230 - 233   1995年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0034-5288(95

  • 安田宣紘,都築秀明,三好宣彰,清水孜 .  鹿児島地区における猫の内部寄生虫調査 .  日獣会誌47 ( 10 ) 777 - 781   1994年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Achariya Sailasuta, Ted Tesaprateep, Boonmee Sunyasootcharee,Susumu Tateyama, Ryoji Yamaguchi, Dai Nosaka, Noriaki Miyoshi .  Proto-oncogenes of genomic DNA in normal Thai domestic animals. .  Thai J. Vet. Med.23 ( 2 ) 137 - 150   1994年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rostami B. Mina, Susumu Tateyama, Noriaki Miyoshi, Kazuyuki Uchida, Ryoji Yamaguchi, Hiromitsu Ohtsuka .  Amplification of a c-yes-1-related oncogene in canine lymphoid leukemia. .  J. Vet. Med. Sci.56 ( 4 ) 773 - 774   1994年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.56.773.

  • 三好宣彰,安田宣紘,宮之原祐子,稲田順子,川口博明,江崎健二郎,岡山猛,都築秀明,清水孜 .  1993年,1年間の生検のおける検索 イヌおよびネコを中心として .  鹿児島県獣医師会会報7   39 - 42   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Deming Zhao, Susumu Tateyama,Noriaki Miyoshi, Ryoji Yamaguchi, Kazuyuki Uchida, Kiyonori Kai, Bambang P. Priosoeryanto, Rostami B. Mina .  Human c-yes-1-related proto-oncogene in clinically normal dogs. .  J. Vet. Med. Sci.56 ( 1 ) 177 - 179   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.56.177.

  • Kiyonori Kai, Susumu Tateyama, Noriaki Miyoshi, Pyoji Yamaguchi, Kazuyuki Uchida, Rostami Mina .  Proto-oncogene of genomic DNA, related to the human epidermal growth factor receptor (EGFR) gene, from clinically normal domestic animals. .  J. Vet. Med. Sci.55 ( 2 ) 319 - 321   1993年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.55.319.

  • 安田宣紘,丸山浩幸,阿久沢正夫,伊沢雅子,三好宣彰,清水孜 .  ツシマヤマネコ(Felis bengalensis euptilura)の糞便から得られた Arthrostoma hunanensis のイエネコ(Feli catus)への感染実験 .  鹿大農学術報告42   59 - 67   1992年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 安田宣紘,丸山浩幸,阿久沢正夫,伊沢雅子,三好宣彰,清水孜 .  ツシマヤマネコ(Felis bengalensis euptilura)の内部寄生虫調査 .  鹿大農学術報告42   45 - 58   1992年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 都築秀明,岡山猛,稲田順子,川口博明,宮之原祐子,三好宣彰,安田宣紘,清水孜,田中徳雄,瀬戸川敏夫 .  鹿児島地区における猫の寄生虫調査 .  鹿児島県獣医師会会報5   24 - 31   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乾奈保子,瀬戸口浩二,平山玉紀,南川実穂,三好宣彰,安田宣紘,清水孜 .  最近の剖検例および生検例でみられた頭部の腫瘤 .  鹿児島県獣医師会会報5   50 - 54   1992年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Susumu Tateyama, Kandai Ogawa, Ryoji Yamaguchi,Haruto Kuroda, Nobuhiro Yasuda, Tsutomu Shimizu .  Abnormal structure of the canine oncogene, related to the human c-yes-1 oncogene, in canine mammary tumor tissue. .  Am. J. Vet. Res.52 ( 12 ) 2046 - 2049   1991年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamamoto K., Lin H.-F., Yamashita M., Miyoshi N., Tojo A., Shibuya M. .  An EcoRI RFLP downstream of the human c-myc gene. .  Nucleic Acids Res.19 ( 24 ) 6973 - 6973   1991年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Susumu Tateyama, Kandai Ogawa, Dai Nosaka, Tomio Ohashi, Boonmee Sunyasootcharee .  Proto-oncogenes of genomic DNA in clinically normal animals of various species. .  Am. J. Vet. Res.52 ( 6 ) 940 - 944   1991年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriaki Miyoshi, Susumu Tateyama, Dai Nosaka,Boonee Sunyasootcharee .  Survey on proto-oncogenes in normal Japanese domestic animals. .  Proc. 7th FAVA Congress, Pattaya   176 - 184   1990年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Ted Tesprateep, Boonee Sunyasootcharee, Achariya Sailasuta, Susumu Tateyama, Ryoji Yamaguchi, Dai Nosaka, Noriaki Miyoshi .  Preliminary survey on proto-oncogenes in normal Thai domestic animals. .  Proc. 7th FAVA Congress, Pattaya   325 - 332   1990年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Susumu Tateyama, Akwmi Takeshita, Dai Nosaka, Rouji Yamaguchi, Noriaki Miyoshi, Fusao Kondo .  Tissue culture of feline normal mammary gland. .  Jpn. J. Vet. Sci.52 ( 1 ) 137 - 143   1990年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms1939.52.

▼全件表示

MISC

  • 動物の軟部組織腫瘍

    三好宣彰

    病理と臨床   30 ( 11 )   1265 - 1272   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Microminipig, a non-rodent experimental animal optimized for life science research: novel atherosclerosis model induced by high fat and cholesterol diet. 査読

    Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Naoki Miura, Makoto Fujiki, Masahisa Horiuchi, Yasukatsu Izumi, Hiroaki Miyajima, Ryoichi Nagata, Kazuhiro Misumi, Toru Takeuchi, Akihide Tanimoto, Hiroki Yoshida

    J. Pharmacol. Sci.   115 ( 2 )   115 - 121   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肥満細胞腫の病理組織診断と予後

    三好宣彰

    インフォベッツ   6   10 - 12   2003年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗癌剤耐性の分子機構

    三好宣彰

    日本獣医がん研究会誌   4   4 - 10   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 動物の正常およびイヌ腫瘍組織ゲノムにおける癌(原)遺伝子の検索

    三好宣彰

    日本獣医病理学会会報特集号   17 - 21   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Tatsuro Hifumi, Tetsuya Tanaka, Miho Sato, Kohei Akioka, Chiaki Fujimata, Noriaki Miyoshi .  Development of a real-time recombinase polymerase amplification (RPA) for the rapid detection of alveolar echinococcosis in hepatic nodules of horses. .  2022年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一二三達郎、田仲哲也、佐藤美穂、秋岡幸兵、藤又千晶、 三好宣彰 .  馬の多包虫症の迅速な検出を目的としたリコンビナーゼポリメラーゼ増幅法による新しい診断法の開発 .  第74回日本寄生虫学会・第71回日本衛生動物学会南日本支部合同大会  2022年10月  日本寄生虫学会、日本衛生動物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州市  

  • 佐藤美穂、一二三達郎、田仲哲也、秋岡幸兵、藤又千晶、三好宣彰 .  馬の多包虫症におけるリコンビナーゼポリメラーゼ増幅法を用いた迅速な診断法の開発 .  令和4年度獣医学術九州地区学会日本獣医公衆衛生学会(九州地区)  2022年9月  公益社団法人大分県獣医師会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 一二三達郎、三好宣彰 .  イヌの皮膚腫瘤 .  第9回日本獣医病理専門家協会(JCVP)学術集会/第62回獣医病理学研修会  2022年3月  日本獣医病理専門家協会(JCVP)

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(北海道大学)  

  • 一二三達郎、秋岡幸兵、田仲哲也、三好宣彰 .  馬の多包虫症におけるLAMP法を用いた迅速的な診断方法の開発 .  令和3年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会  2022年1月  日本獣医師会・日本獣医公衆衛生学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月 - 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 一二三達郎、秋岡幸兵、田仲哲也、三好宣彰 .  馬の多包虫症を迅速に検出するための多包条虫のミトコンドリア・シトクロムb遺伝子を標的とするLAMP法の開発 .  第73回日本寄生虫学会南日本支部大会・第70回日本衛生動物学会南日本支部大会 合同大会  2021年10月  日本寄生虫学会南日本支部、日本衛生動物学会南日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 一二三達郎、秋岡幸兵、田仲哲也、三好宣彰 .  馬の多包虫症におけるLAMP法を用いた迅速的な診断方法の開発 .  令和3年度獣医学術九州地区学会  2021年10月  日本獣医師会・日本獣医公衆衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(担当宮崎県)  

  • 三好 宣彰 .  鹿児島大学共同獣医学部(共同教育課程)における発展的なカリキュラム改良について .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道江別市(Web開催)  

  • 畑井 仁、一二三達郎、三好宣彰 .  イヌの口腔粘膜腫瘤 .  第8回日本獣医病理専門家協会(JCVP)学術集会/第61回獣医病理学研修会  2021年3月  日本獣医病理専門家協会(JCVP)

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(Web)  

  • 池海英、田中祐樹、一二三達郎、庄司紘一郎、ケアンシュ モハメド、ハッシェム モハメド、ブシュラ キタブ、真田崇裕、藤幸知子、米田美佐子、畑井仁、矢吹映、三好宣彰、甲斐千恵子、小原道法、小原恭子 .  新規乳がん自然発症モデル−ツパイ−における病理学的解析 .  第79回日本癌学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島  

  • 岩崎 隆, Rahman Md. Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Al Asmaul Husna, Chen Hui-Wen, Hasan Md. Nazmul, 野崎 信裕, 畑井 仁, 三好 宣彰, 三浦 直樹 .  イヌ肝細胞癌のマイクロRNAトランスクリプトームプロファイル(MicroRNA transcriptome profile of canine hepatocellular carcinoma) .  日本獣医学会学術集会  2020年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:山口大学(Web)  

  • Chen Hui-Wen, Lai Yu-Chang, Rahman Md. Mahfuzur, Al Asmaul Husna, Hasan Md. Nazmul, 畑井 仁, 三好 宣彰, 三浦 直樹 .  次世代シーケンスを用いたイヌ乳腺腫瘍におけるマイクロRNA発現の違いに関する検討(Micro RNAs differential expression profile in Canine Mammary Gland Tumor by Next-Generation Sequencing) .  日本獣医学会学術集会  2020年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    開催地:山口大学(Web)  

  • 一二三達郎、畑井 仁、三好宣彰 .  ツパイの乳腺腫瘤 .  第7回日本獣医病理専門家協会(JCVP)学術集会/第60回獣医病理学研修会  2020年9月  日本獣医病理専門家協会(JCVP)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口大学(Web)  

  • 宮本 篤, 有村 卓朗, 三角 一浩, 三好 宣彰, 奥田 優, 度会 雅久, 佐藤 晃一 .  4大学連携による獣医学教育の改善 VetJapan SouthにおけるEAEVE認証取得への取り組み .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 矢吹 映, 浜本 岳志, Rahman Mohammad Mahbubur, 三好 宣彰, 大和 修 .  若齢犬の異形成腎におけるシクロオキシゲナーゼ-2、レニンおよび神経型NO合成酵素の発現に関する免疫組織化学的検索 .  日本獣医学会学術集会  2018年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  • 須永 隆文, 蔵元 智英, 十川 英, 上窪 良和, 藤木 誠, 三好 宣彰 .  低血糖、脳浮腫、誤嚥性肺炎、肝外胆管閉塞、胆嚢破裂など複数の合併症を伴った急性膵炎の犬1症例 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2018年6月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

  • Rahman Md Mahfuzur, Lai Yu-Chang, Ushio Norio, Tanaka Yukiko, Hatai Hitoshi, Nakagawa Takayuki, Miyoshi Noriaki, Miura Naoki .  イヌのメラノーマに関するmicroRNA-mRNAのトランスクリプトームクロストーク(microRNA-mRNA transcriptomic crosstalk of canine melanoma) .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • 池 海英, 一二三 達郎, 畑井 仁, 三好 宣彰, 矢吹 映, 木村 真輔, 小原 道法, 小原 恭子 .  乳腺腫瘍の自然発症新規動物モデル・ツパイでの病理学的解析 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

  • Daiki Murata, Satoshi Tokunaga, Tadashi Tamura, Hiroaki Kawaguchi, Makoto Fijiki, Noriaki MiyoshiI, Koichi Nakayama, Kazuhiro Misumi .  Osteochondral regeneration with scaffold free 3D-structure of swine adipose tissue-derived mesenchymal stem cells. .  International Cartilage Repair Society (ICRS) 2013  International Cartilage Repair Society (ICRS) 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:トルコ  

    国際学会

  • 宮本篤、Islam Md. Zahorul、川口博明、三浦直樹、山崎絵美、白石光也、三好宣彰、谷本昭英 .  アンギオテンシンⅡ静脈内持続投与のマイクロミニピッグ脳底動脈反応性へ及ぼす影響 .  第86回日本薬理学会年会  第86回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 村田大紀、德永暁、田村忠士、川口博明、藤木誠、三好宣彰、中山功一、三角一浩 .  ブタの脂肪組織由来間葉系幹細胞を用いた骨軟骨再生 .  第12回日本再生医療学会総会  第12回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 清田友、川口博明、三好宣彰、小尾岳士、髙瀨公三 .  出水平野に飛来するツルに発生した高病原性鳥インフルエンザの病理学的特徴 .  第155回日本獣医学会学術集会  第155回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 増田真緒、川口博明、内村美恵、吉川剛、遠藤泰之、岡村麻生、谷本昭英、三好宣彰 .  イリオモテヤマネコ3例における大動脈病変の病理学的検索 .  第155回日本獣医学会学術集会  第155回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 野村耕二、三好宣彰、桑村充、尾崎清和 .  WHO腫瘍組織診断名日本語化について .  第155回日本獣医学会学術集会  第155回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 三好宣彰、佐藤晃一 .  山口大学と鹿児島大学による共同獣医学部教育課程について .  第155回日本獣医学会学術集会  第155回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 星野友哉、安藤貴朗、窪田力、三浦直樹、岩永朋子、川口博明、三好宣彰 .  超音波画像検査を用いた牛の先天性心奇形の臨床診断 .  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 清田 友、三好宣彰、小尾岳士、高瀬公三 .  出水平野に飛来するツルに発生した高病原性鳥インフルエンザの病理学的特徴について .  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 大川洋明、冨來基寿、三好宣彰、高木光博 .  搾乳牛にみられた卵巣周囲膿瘍の1例 .  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)  平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 一二三達郎、大津尚子、上田敦士、岡田大輔、山田学、川口博明、三好宣彰、西村耕一 .  肉眼的に肺腫瘍との鑑別が困難であった馬の肺に形成された cryptooccoma の一例 .  平成24年度日本獣医公衆衛生学会(九州地区)  平成24年度日本獣医公衆衛生学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • チェンバーズジェームズ、内田和幸、坪井誠也、久保正仁、三好宣彰、中山裕之 .  ツシマヤマネコの脳に認められた神経原線維変化およびベータアミロイド沈着 .  第53回日本神経病理学会総会学術研究会  第53回日本神経病理学会総会学術研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 青江貴史、山田知信、川口博明、三浦直樹、和泉博之、谷本昭英、三好宣彰 .  マイクロミニピッグを用いた食餌性動脈硬化症モデルの開発 .  第153回日本獣医学会学術集会  第153回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Tomoji Ono, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto, Satoru Morishita, Michiaki Murakoshi, Motoyasu Ohdera, Keikichi Sugiyama, Kazuhiko Yamada, Hoyoku Nishino .  Preventive effect of enteric-formulated lactoferrin against diet induced atherosclerosis model of microminipig. .  The 2011 annual meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF).  The 2011 annual meeting of the International Society for Nutraceuticals and Functional Foods (ISNFF).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:北海道  

    国際学会

  • 永野健二朗、川口博明、三浦直樹、堀内正久、谷本昭英、三好宣彰 .  マイクロミニピッグ動脈硬化症モデルを用いたラクトフェリンの評価 .  第29回九州実験動物研究会総会  第29回九州実験動物研究会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 北島沢子、川口博明、三浦直樹、堀内正久、谷本昭英、三好宣彰 .  低容量コレステロール配合飼料によるマイクロミニピッグ動脈硬化症モデルの作出 .  第29回九州実験動物研究会総会  第29回九州実験動物研究会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 秋岡幸兵、川口博明、三浦直樹、堀内正久、谷本昭英、三好宣彰 .  マイクロミニピッグ動脈硬化症モデルにおける食餌中コール酸の必要性 .  第29回九州実験動物研究会総会  第29回九州実験動物研究会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 岡田大輔、川口博明、三好宣彰 .  ラット乳癌における免疫組織化学的検索によるHer2発言の解析 .  第29回九州実験動物研究会総会  第29回九州実験動物研究会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 古芝美穂子、窪田力、川崎安亮、新井恒、三浦直樹、三好宣彰、中馬猛久、小島敏之 .  黒毛和種子牛の中耳炎診断におけるX-ray computed tomography (CT)、内視鏡の有効性 .  平成23年度日本産業動物獣医学会(九州地区)  平成23年度日本産業動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 村田大紀、三浦直樹、岩永朋子、德永暁、矢吹映、三好宣彰、川口博明、藤木誠 .  犬の膝に形成したガングリオンシストの1例 .  平成23年度日本小動物獣医学会(九州地区)  平成23年度日本小動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 江頭潤将、窪田力、高木光博、新井恒、矢吹映、川口博明、三好宣彰、松元光春 .  黒毛和種育成雌牛における唾液腺排出障害が推測された一例 .  平成23年度日本産業動物獣医学会(九州地区)  平成23年度日本産業動物獣医学会(九州地区)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 柿元俊彰、川口博明、三好宣彰、堀内正久、谷本昭英、叶内宏明 .  マイクロミニピッグにおける食餌誘発性動脈硬化と血清ホモシステイン値との関係 .  第152回日本獣医学会学術集会  第152回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 宮崎悠太、川口博明、三好宣彰、高橋義博、和泉博之、上坪由里子、叶内宏明 .  マイクロミニピッグとヒトにおける血漿および血清ホモシステイン濃度の日内変動 .  第152回日本獣医学会学術集会  第152回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 宇都宮慎治、髙橋義博、本門忠文、小屋敷奈穂、大島洋次郎、和泉博之、洲加本孝幸、川口博明、三好宣彰、谷本昭英 .  マイクロミニピッグを用いた骨埋植試験. .  第38回日本トキシコロジー学会  第38回日本トキシコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 山下祐介、髙橋義博、本門忠文、西藤俊輔、吉川 剛、宇都宮慎治、大坪靖治、一井隆亨、和泉博之、大島洋次郎、川口博明、三好宣彰、堀内正久、谷本昭英、洲加本孝幸 .  カプサイシンを用いたマイクロミニピッグにおける4週間反復経皮投与毒性試験. .  第38回日本トキシコロジー学会  第38回日本トキシコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 西藤俊輔、髙橋義博、本門忠文、笹木祐司、三浦瞳、大坪靖治、一井隆亨、宇都宮慎治、山下祐介、和泉博之、大島洋次郎、川口博明、三好宣彰、谷本 昭英、洲加本孝幸 .  マイクロミニピッグの損傷皮膚モデルの作製―ラット及びウサギとの比較―. .  第38回日本トキシコロジー学会  第38回日本トキシコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 山下祐介、髙橋義博、本門忠文、西藤俊輔、宇都宮慎治、大坪靖治、一井隆亨、和泉博之、大島洋次郎、川口博明、三好宣彰、洲加本孝幸 .  マイクロミニピッグ、クラウン系、NIBS系及びゲッチンゲン系ミニブタにおける皮膚一次刺激性試験. .  第38回日本トキシコロジー学会  第38回日本トキシコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 川口博明、堀内正久、和泉博之、永田良一、三好宣彰、谷本昭英、吉田浩己 .  マイクロミニピッグの 毒性試験および薬効試験への応用:特にhistopathologyからの検討 .  第38回日本トキシコロジー学会  第38回日本トキシコロジー学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Naoaki Miura, Masahisa Horiuchi, Tomoji Ono, Michiaki Murakoshi, Hoyoku Nishino, Ryoichi Nagata, Hisashi Sahara, Akihide Tanimoto, Kazuhiko Yamada, Hiroki Yoshida .  Microminipig: research models to break through cardiovascular disease .  第84回日本薬理学会年会・The 11th Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists  第84回日本薬理学会年会・The 11th Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 澤真理子、矢吹映、三好宣彰、新井恒、大和修 .  細胞診における迅速免疫染色 .  第151回日本獣医学会学術集会  第151回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 柿元俊彰、川口博明、三好宣彰、谷本昭英、堀内正久、叶内宏明 .  マイクロミニピッグにおける動脈硬化と血清ホモシステイン値との関係 .  第151回日本獣医学会学術集会  第151回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 岩永朋子、三浦直樹、三好宣彰、桃井康行 .  赤芽球の成熟異常により貧血を呈した猫の1例 .  第7回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第7回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 村田大紀、三浦直樹、岩永朋子、德永暁、矢吹映、三好宣彰、北野吉秋、桃井康行、藤木誠 .  犬の脊柱管内脂肪織炎の画像診断例 .  第7回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第7回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto, Yoshihiro Takahashi, Shinji Utsunomiya, Tadafumi Motokado, Yojiro Ooshima,Hiroyuki Izumi, Takayuki Sukamoto, Ryoichi Nagata .  A study of phototoxicity following intravenous administration of ciprofloxacin hydrochloride in the Microminipig. .  Society of Toxicology 2011(50th) Annual Meeting  Society of Toxicology 2011(50th) Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Washington, DC, USA.  

    国際学会

  • Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Naoki Miura, Masahisa Horiuchi, Tomoji Ono, Michiaki Murakoshi, Hoyoku Nishino, Ryoichi Nagata, Hisashi Sahara, Akihide Tanimoto, Kazuhiko Yamada, Hiroki Yoshida .  Microminipig: research models to break through cardiovascular disease. An extremely small size mini-pig made in Japan (MicrominipigTM): Evolution as a medical research tool. .  第84回日本薬理学会年会・The 11th Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists 同時開催  第84回日本薬理学会年会・The 11th Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists 同時開催国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 村田大紀、吉田年伸、宮田健二、三浦直樹、松元光春、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  馬の頚椎損傷に対する画像検査の1例 .  平成22年日本産業動物獣医学会(九州)  平成22年日本産業動物獣医学会(九州)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 德永暁、政岡和彦、新井恒、村田大紀、三浦直樹、矢吹映、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  肺扁平上皮癌により肥大性骨症を発症した犬の治療経過 .  平成22年日本小動物獣医学会(九州)  平成22年日本小動物獣医学会(九州)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • Mohammad Saiful Islam、松元光春、日高遼太郎、三好宣彰、安田宣紘 .  Immunohistochemical localization of NOS and VEGF in feline mammary carcinoma. .  第149回日本獣医学会学術集会  第149回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 澤真理子、矢吹映、三好宣彰、新井恒、大和修 .  細胞診における乾燥迅速パパニコロウ染色の有用性 .  第149回日本獣医学会学術集会  第149回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 新井恒、瀬戸口明日香、三好宣彰、福満和人、関屋仁、鈴木寛之、政岡和彦 .  両側恥骨および坐骨切除術を実施したイヌの4例と猫の1例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 井ノ口義哲、川口博明、宮本陽子、三好宣彰、三浦直樹、德永暁、藤木誠、三角一浩、堀内正久、金子直樹、宮嶌宏彰、安田宣紘 .  高脂肪および高コレステロール食によるマイクロミニピッグ動脈硬化モデルの作出 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 貝塚左希子、松元光春、三好宣彰、安田宣紘 .  イヌの正常乳腺組織におけるレクチン組織化学的研究 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 日高遼太郎、松元光春、三好宣彰、安田宣紘 .  猫の乳腺腫瘍における筋線維芽細胞の形態学的解析 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 川口博明、井ノ口義哲、宮本陽子、三好宣彰、中西喜彦、藤木誠、三角一浩、瀬戸山健太郎、上村亮三、堀内正久、金子直樹、宮嶌宏彰 .  高脂肪・高コレステロール食によるマイクロミニピッグ動脈硬化モデルの作出 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 宮本陽子、川口博明、井ノ口義哲、三好宣彰、松元光春、梅北喜久、堀内正久、安田宣紘、 .  雄ラットにおける乳腺の分化および乳癌発生とホルモン・レセプター発現の関連について .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 一二三達郎、三好宣彰、御厨純、野村耕二、安田宣紘 .  犬および猫の肺癌における甲状腺転写因子(TTF-1)および抗癌剤耐性関連因子の発現に対する免疫組織化学的検索 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 地蔵原景子、山鹿絵里加、篠崎正彦、三好宣彰 .  犬の膀胱線維腫の外科的切除後に肥大性骨症が退縮した1症例 .  日本小動物獣医師会年次学会  日本小動物獣医師会年次学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 三好宣彰 .  臨床家が知っておくべき腫瘍病理 .  日本臨床獣医学ファーラム九州地区大会  日本臨床獣医学ファーラム九州地区大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 新井恒、矢吹映、三好宣彰、藤木誠、三角一浩 .  馬のリンパ形質細胞性リンパ腫の一例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 三好宣彰 .  ー新しいWHO分類の理解のためにーイヌとネコの呼吸器腫瘍の病理、肺ーWHO病理診断基準の概説 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 向井周平、高木光博、伏見康生、松下幸平、北島秀生、高牟礼千郎、松下俊彦、三好宣彰、安田宣紘、出口栄三郎 .  第三胃葉の形成不全により第一胃の鼓脹様症状を示した黒毛和種雄牛の1症例 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 永野慎一、大林清幸、三好宣彰 .  犬の慢性化膿性胃炎の1例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 矢吹映、遠藤泰之、藤木誠、三好宣彰、松元光春、鈴木秀作 .  犬および猫の腎臓におけるシクロオキシゲナーゼ-2およびNO合成酵素-1の発現 .  日本獣医解剖学会  日本獣医解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 湯木正史、三好宣彰、西飯直仁、伊藤博 .  長期間生存した若齢ミニチュア・ダックスフンドの悪性リンパ腫における多剤耐性に関する検討 .  日本獣医内科学アカデミー  日本獣医内科学アカデミー

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 久保正仁、三好宣彰、安田宣紘 .  日本産ヤマネコにみられたヘパトゾーン .  日本獣医病理学会  日本獣医病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 永野慎一、山口智、大林清幸、三好宣彰 .  口腔粘膜と第一腰椎及びその周囲に扁平上皮癌を認めた犬の1例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 金気啓介、宮城敦、片岡祐子、亀山和久、三好宣彰 .  心膜中皮腫を疑い心膜腔内カルボプラチン投与を行ったイヌの1例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 馬場進、福島建次郎、鈴木維時、大石明広、阿久沢正夫、三好宣彰 .  大腸欠損のネコの一例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 伏見康生、高木光博、上村俊一、三好宣彰、安田宣紘、川崎安亮、安村悦郎、出口栄三郎 .  真性赤血球増加症が疑われた子牛の一例 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 栗谷川俊之、高木光博、出口栄三郎、山鹿歩、三好宣彰、安田宣紘、伊村嘉美、岡本光司 .  天然ハーブ製品による黒毛和種子牛に対する抗コクシジウム効果 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 永野慎一、山口智、大林清幸、三好宣彰 .  右心耳に発生した血管肉腫による犬の再発性心タンポナーデに対し、腫瘍切除とサブトータル心膜切除術を行った1例 .  日本獣医循環器学会  日本獣医循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 宮城敦、森重純子、金気啓介、片岡祐子、亀山和久、川崎安亮、三好宣彰、藤木誠、坂本紘 .  慢性中耳炎に続発する鼓室硬化が疑われたイヌの一例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 楢橋知長、山鹿歩、三好宣彰、安田宣紘、上村俊一、浜名克己 .  鹿児島県で発生した6例のクローディン16欠損症 .  日本産業動物獣医学会  日本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 福島建次郎、遠藤泰之、三好宣彰、大石明広、阿久沢正夫 .  薬剤耐性克服療法を試みた犬のリンパ腫の1例 .  日本小動物獣医学会  日本小動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 宮加奈子、三角一浩、三好宣彰、藤木誠、坂本紘 .  血清および腫瘍組織のゼラチナーゼ活性と腫瘍の病理学的診断および予後 .  日本獣医学会  日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 福島建次郎、遠藤泰之、三好宣彰、大石明広、阿久沢正夫 .  薬剤耐性克服療法を試みた犬のリンパ腫の1例 .  日本獣医内科学アカデミー  日本獣医内科学アカデミー

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 三好宣彰 .  肥満細胞腫の分類と予後、薬剤耐性 .  日本獣医がん学会  日本獣医病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

▼全件表示

受賞

  • 九州地区学会長賞

    2021年10月   日本獣医公衆衛生学会   馬の多包虫症におけるLAMP法を用いた迅速的な診断方法の開発

    一二三達郎、秋岡幸兵、田仲哲也、三好宣彰

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞