2022/11/22 更新

写真a

マツモト ミツハル
松元 光春
MATSUMOTO Mitsuharu
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(農学) ( 1992年11月   東京大学 )

  • 農学修士 ( 1982年3月   鹿児島大学 )

  • 農学士 ( 1980年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 免疫組織化学

  • VEGF

  • PSP

  • 電子顕微鏡

  • 透過性

  • 血管新生

  • 毛細血管

  • 乳腺

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 基礎獣医学   教授

    2012年4月 - 現在

所属学協会

  • 世界獣医解剖学会

    1991年5月 - 現在

  • 日本畜産学会

    1982年7月 - 現在

  • 日本哺乳類学会

    1981年5月 - 現在

  • 日本獣医学会

    1981年3月 - 現在

  • 日本実験動物学会

    1882年7月 - 現在

取得資格

  • 肉眼動物解剖技術指導者

 

論文

  • Muroi Y., Aburaya I., Shima T., Matsumoto M., Sasahara R., Suzuki T., Watanabe K., Wada K., Sugimoto Y. .  Repression Effects of Hydrolysates from Hen-Egg Proteins on Amyloid Fibril Formation .  日本家禽学会誌59 ( 4 ) 384 - 391   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本家禽学会  

    Amyloid fibrils, which are formed from aggregates of aberrant proteins, can cause various forms of amyloidosis (including Alzheimerʼs disease). Such disorders often occur in elderly populations and are suspected to be lifestyle related. Thus, it has been speculated that some foodstuffs could be beneficial for preventing amyloidosis. In this study, we determine whether fibril formation by the hen egg white lysozyme (HEWL) could be inhibited by conducting a thioflavin T assay followed by fluorescence and electron microscopy observations. The results demonstrated that four peptide specimens prepared by the hydrolysis of crude proteins from the egg white, egg yolk, chalazae, and eggshell membrane of hen eggs effectively inhibited HEWL fibril formation. Among the four specimens, peptides from chalazae exhibited the highest preventive ability. The superiority of chalaza peptides was also observed when fibril formation was assayed using a full-length human lysozyme and human amyloid β peptide 1-42, which is the key factor for the development of Alzheimerʼs disease. Our study of the fibrillization of the human lysozyme also showed that metal ions (Zn2+, Ca2+, Co2+, Mn2+ and Al3+) promoted fibrillization, and their effects were abolished by the peptide specimens (especially by chalaza peptides). Thus, we conclude that chicken-egg proteins could be a convenient source of therapeutic materials for amyloidosis.

    DOI: 10.2141/jpsa.0220038

    Scopus

    PubMed

  • Islam M.S., Matsumoto M. .  Immunohistochemical localization of VEGFR-2 in mouse mammary gland during reproductive cycle .  Journal of Advanced Veterinary and Animal Research8 ( 4 ) 581 - 588   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Advanced Veterinary and Animal Research  

    Objective: The objective of this study was to obtain an insight into the role of the vascular endothelial growth factor (VEGF) in pregnancy-associated mammary epithelial development and angiogenesis. However, we examined the primary VEGF receptor (VEGFR-2) in the mouse mammary cycle. Materials and Methods: The virgin (10–12 weeks), days 10 and 18 of pregnancy (P-10 and P-18), days 0, 5, 10, and 20 of lactation (L-0, L-5, L-10, and L-20), and days 5 and 10 of post-weaning (W-5 and W-10) stage were all used in this study. Immunohistochemistry and Western blotting were carried out on mammary tissues taken from three mice at each stage. Results: VEGFR-2 was detected immunohistochemically in the cytoplasm of mammary epithelial and endothelial cells. Immunostaining for VEGFR-2 was consistently positive in mammary endothelial cells across all stages, whereas staining intensity in epithelial cells varied across the mammary cycle. Additionally, immunoblot analysis indicated a 220 kDa unique band of VEGFR-2 protein at all stages of the mammary cycle, with the maximum expression reported toward the end of pregnancy and gradually decreasing toward the end of lactation. Conclusion: In conclusion, the presence of VEGFR-2 in the mammary epithelium in addition to the endothelium suggests that VEGF plays an autocrine and paracrine role in the development, proliferation, and differentiation of the mammary epithelium during pregnancy.

    DOI: 10.5455/javar.2021.h548

    Scopus

    PubMed

  • 西中川駿,立松弘,塗木千穂子,真木康之,廣田圭一,松元光春 .  ウマの骨計測値から骨長の推定法ー体高推定への応用ー .  動物考古学 ( 37 ) 21 - 29   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本動物考古学会  

  • Suzuki S, Matsumoto M .  Geographic skull variation of the Japanese weasel, Mustela itatsi in islands adacent to southern Kyushu .  Mammal Study45 ( 1 ) 27 - 39   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本哺乳類学会  

    DOI: 10.3106/ms2019-0023

    Scopus

  • 西中川駿,下市寿史,中村修,佐藤克己,尾崎陽子,松元光春 .  ウシの骨計測値から骨長ならびに体高の推定法 .  動物考古学 ( 34 ) 21 - 32   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本動物考古学会  

  • 西中川 駿、幸村真由美、吉野文彦、塗木千穂子、松元光春 .  ウマの臼歯の計測値から体高および年齢の推定法 .  動物考古学32   1 - 9   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga Y, Matsumoto M, Tokunaga M, Arakawa T, Sugimoto Y .  Amyloid fibril formation in vitro from halophilic metal binding protein: Its high solubility and reversibility minimized formation of amorphous protein aggregations .  Protein Science22 ( 11 ) 1582 - 1591   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 植月 学、津村宏臣、覚張隆史、松元光春、西中川 駿 .  臼歯形状による遺跡出土馬の系統分類の試み .  動物考古学30   221 - 236   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Islam MS, Matsumoto M, Hidaka R, Miyoshi N, Yasuda Y .  Expression of NOS and VEGF in feline mammary tumours and their correlation with angiogenesis .  The Veterinary Journal192   338 - 344   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Islam MS, Matsumoto M, Ishida R, Oka T, Kanouchi H .  Change in VEGF expression in mouse mammary gland during reproductive cycle .  Journal of Veterinary Medical Science72 ( 9 ) 1159 - 1163   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bayin J, Matsumoto M, Islam MS, Yabuki A, Kanouchi H, Oka T, Nishinakagawa H .  Promoting effects of Chinese pangolin and wild pink medicines on the mammary gland development in immature mice .  Journal of Veterinary Medical Science71 ( 10 ) 1325 - 1330   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西中川駿、福島晶、谷山敦、池田省吾、土岐学司、小山田和央、松元光春 .  イヌの骨計測値から骨長ならびに体高の推定法 .  動物考古学25   1 - 11   2008年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 喜界町川尻遺跡出土の動物遺体ー平成24、25年度調査ー 査読

    松元光春・川原弘・西中川駿( 担当: 共著 ,  範囲: データの解析と論文の取りまとめ)

    喜界町教育委員会  2021年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:246   担当ページ:169-199   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

講演・口頭発表等

  • 坂口 実穂, 辻尾 祐志, 松元 光春 .  骨組織におけるGla蛋白質の発現性に関する免疫組織化学的研究 .  第165回日本獣医学会学術集会  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:相模原市  

  • 石中 向日葵, 松元 光春, 辻尾 祐志, 西中川 駿 .  熊本市上高橋高田遺跡出土の哺乳類遺体 .  第165回日本獣医学会学術集会  2022年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 辻尾 祐志, 白石 光也, 松元 光春 .  コロナ禍及びこれからの獣医解剖学実習 コロナ禍における鹿児島大学の獣医解剖・組織学教育の実施方法と今後の取り組み .  第165回日本獣医学会学術集会  2022年9月  (公社)日本獣医学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:相模原市  

  • 石中向日葵・松元光春・藤澤朋也・辻尾祐志・西中川駿・田中 学 .  長崎市魚の町遺跡出土のネコの骨の形態計測 .  第2回日本獣医解剖アカデミア  2022年4月  北海道大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 藤澤 朋也, 松元 光春, 西中川 駿, 辻尾 祐志, 田中 学 .  長崎市魚の町遺跡出土の哺乳類遺体 .  第164回日本獣医学会学術集会  2021年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:江別市  

  • 松元光春・川原弘・藤澤朋也・辻尾祐志・西中川駿・野崎拓司 .  鹿児島県喜界島川尻遺跡出土の哺乳類遺体ー平成25年度発掘調査ー .  第1回日本獣医解剖アカデミア  2021年3月  北海道大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 松元 光春, 川原 弘, 藤澤 朋也, 辻尾 祐志, 西中川 駿, 野崎 拓司 .  鹿児島県喜界島川尻遺跡出土の哺乳類遺体 平成24年度発掘調査 .  第163回日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:山口市  

  • 中山 裕, 辻尾 祐志, 松元 光春 .  卵巣摘出マウスの骨組織にアピゲニン投与が及ぼす影響 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 高橋 和裕, 西中川 駿, 辻尾 祐志, 松元 光春, 山口 美由紀 .  出島和蘭商館跡から出土した哺乳類遺体(平成23年度) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 松元 光春, 西中川 駿, 辻尾 祐志, 山口 美由紀 .  出島和蘭商館跡 江戸町側出土の哺乳類遺体 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2019年8月  (公社)日本獣医学会

▼全件表示