2022/04/20 更新

写真a

シオヤ シンイチ
塩屋 晋一
SHIOYA Shinichi
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 建築学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(工学) ( 1994年2月   長崎大学 )

研究キーワード

  • コンクリート工学

  • 耐震構造

  • 鉄筋コンクリート工学

  • 建築構造

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 建築学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 建築学専攻   教授

    1997年1月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本コンクリート工学協会

    2015年10月 - 現在

  • 日本建築学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Reinforced concrete beam producing re-centring and energy dissipation by yielding lower reinforcement prior to upper reinforcement .  17th World Conference on Earthquake Engineering, 17WCEE17   2020年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 財前将大, 塩屋晋一, 西谷政彦, 井上健太 .  柱脚のコッターと壁脚のダボ筋を利用したRC造連層耐震壁の残留変形の抑制に関する水平加力実験と残留変形の評価 .  コンクリート工学年次論文集Vol.42 ( No.2 ) 343 - 348   2020年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋 晋一, 比良 朋香 .  鉄筋を内蔵する集成材の繰り返し曲げ加力実験  .  日本建築学会技術報告集22 ( 50 ) 73 - 76   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,松木和彦,有馬桃子 .  プレストレスを利用する木造ラーメンの剛接合法に関する実験的研究 .  日本建築学会構造系論文集第632   1787 - 1796   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松岡 直, 塩屋 晋一 .  高温環境における鉄筋集成材梁のクリープたわみに関する実験的研究 .  日本建築学会構造系論文集87 ( 791 ) 104 - 115   2022年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p>Work in this paper is to conduct experiments on hybrid steel bar (rebar)-timber beams under long-term loading during high-temperatures in order to determine allowable upper temperature of the beam at fire-resistant temperature environments and to reveal creep deflection of the beam under high temperature in Summer. The results are summarized below.</p><p>i) The rebar drastically reduces bending deflection component of creep of the beam during the temperatures in summer.</p><p>ii) The previous proposed equation could have predicted the bending component even under the high temperatures.</p><p>iii) The allowable temperature for the beam also was 110℃ at the fire temperature environment.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.87.104

    Scopus

  • 塩屋 晋一 .  実大寸法断面の鉄筋集成材梁のモーメント-曲率関係とせん断耐力の評価 .  日本建築学会構造系論文集87 ( 792 ) 205 - 216   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p>To investigate whether previous proposed method can estimate bending capacity and shear capacity of steel rebar - glulam timber composite beam, 15 full-scale beam specimens, which a 3 rebar-embedded lamina was bonded as upper and lower outer layer of beam, were applied to loading tests for bending failure or shear failure. Moreover, push-out loading test of rebar in wood test pieces cut-out from one of the tested beam specimens was conducted to verify estimation method for shear capacity determined owing to shear failure around rebar.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.87.205

    Scopus

  • 塩屋 晋一, 大田 崇央, 伊集 貴洋 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究(その2):長方形断面柱のせん断力-変形関係の評価 .  日本建築学会構造系論文集86 ( 782 ) 589 - 597   2021年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p>Recently, from viewpoint of Global Environment, timber, i.e., one of nature cycle materials, has been tried to be utilized as structural members of large timber buildings in Europe and North America. A representative timber of the members is Cross-laminated timber (CLT), however, CLT structural system very often restricts planning of building because of CLT being plate member. High-stiffness-strength-timber slender beam and column are significantly desired.</p><p>This study focuses a hybrid glulam timber with steel deformed bar (rebar) and Epoxy resin adhesive. Aim of this study is to propose an approach to predict elasto-plastic behavior of the hybrid timber column under lateral reversed cyclic loading, assumed to be attacked by big earthquake. The approach adopts a numerical calculation software for reinforced concrete(R/C) members, using Multi-spring model for R/C column yielded at its bottom by moment. The calculation results were verified with experimental results of hybrid columns previous reported in Reference 1, including skeleton curve, hysteresis loop, energy dissipation, and minimization of residual displacement.</p><p> </p><p>The results are summarized as followings:</p><p>(i) The RC's numerical calculation software is extremely useful for us to predict elasto-plastic behavior of the hybrid timber column because the column has no damages expect yielding of joint rebars between its column' bottom and RC foundation, until 1/50 radian of maximum drifts.</p><p>(ii) Skelton curves, reversed cyclic hysteresis loops, and amount of energy dissipation of the columns have been precisely predicted to the experimental results.</p><p>(iii) The length of the Multi-spring model for plastic hinge of the column could be recommended to be 7/8 of its column' depth.</p><p>(iv) Equivalent viscous damping factor of the column and final residual displacement in quasi-static free vibration immediately after target displacement, under the column bottom yielding, also were predicted on safe side.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.86.589

    Scopus

  • 松岡直、塩屋晋一、福留幹太 .  高温下の鉄筋集成材梁のクリープたわみに関する長期載荷実験 -その 1.研究の目的と夏季温度耐熱実験 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 493 - 498   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 春口綱慶、永野功大、朴珍錫 、塩屋晋一 .  リセンタリング性能を発揮する乾式接合を用いる曲げ降伏型鉄筋集成材梁に関する実験 その2. 残留変形抑制と梁端のモーメント-回転角関係および剛性と耐力 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 501 - 504   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 朴珍錫 、春口綱慶、永野功大、塩屋晋一 .  リセンタリング性能を発揮する乾式接合を用いる曲げ降伏型鉄筋集成材梁に関する実験 その1. 研究の目的と実験概要および履歴ループ .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 497 - 500   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 須﨑広大、川添敦也、塩屋晋一 .  再現性の高い鉄筋コンクリート柱の解析モデルに関する研究 その2 解析結果と実験結果の比較 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 393 - 396   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 德永寿祐、 川添敦也、塩屋晋一 .  再現性の高い鉄筋コンクリート柱の解析モデルに関する研究 その1 提案する解析モデル .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 389 - 392   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 永野功大,塩屋晋一、春口綱慶,PARK Jinseok .  回転を許容するシャープレートを用いる下端フランジの降伏型鉄骨梁に関する実験  その 1. 研究の目的と梁の加力実験 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 329 - 332   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 川﨑 璃子、向井基紘、大田崇央、森和也、塩屋晋一 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究 その 4.中高層を想定した正方形断面柱の追加水平加力実験 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 505 - 508   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 向井基紘、塩屋晋一、大田崇央、森和也、川﨑 璃子 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究 その5.水平せん断力-変形角関係と曲げ耐力式および骨格曲線 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 505 - 508   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 向井基紘、塩屋晋一、大田崇央、森和也、川﨑 璃子 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究 その6.曲げ降伏後のせん断耐力と限界変形の評価 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 533 - 536   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 森和也、大田崇央、塩屋晋一 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究 その 7. マルチスプリングモデルによる正方形断面柱の履歴特性の評価モデル .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 537 - 540   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 大田崇央、塩屋晋一 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究 その8. 等価粘性係数と評価 .  日本建築学会研究報告 九州支部, 第60号・1号構造系60 ( 1 ) 541 - 544   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 塩屋 晋一, 福留 幹太, 松岡 直 .  長期載荷を受ける鉄筋集成材梁のクリープ特性に関する研究 .  日本建築学会構造系論文集86 ( 786 ) 1190 - 1201   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p>Recently, from view-point of Global Environment, timber, i.e., one of nature-cycle materials, is being tried to be utilized as structural members of large timber buildings in Europe and North America. </p><p>A representative timber of the members is Cross-laminated timber (CLT), however, CLT structural system very often restricts planning of building because of CLT being plate member. High-stiffness-strength-timber slender beam and column are significantly desired.</p><p> This study focuses a hybrid glulam timber beam with steel deformed bar (rebar) and Epoxy resin adhesive. The aim of this study is to clarify mechanism of suppressing bending creep of the hybrid beam by rebars and to develop method of estimating its relative creep coefficient in design. This paper reported creep behavior of hybrid glulam timber beams with a small size under 4-year term loading and additional coated beams under 1.5-year term loading. The coated beam specimens were prepared in order to investigate adverse effects of moisture on shear stiffness of wood around the rebars. The result and discussion of the two experiments are summarized as follows:</p><p>(ⅰ) Creep of curvature of the hybrid beam rapidly boosted against prediction based on assumption of Navier hypothesis, during same term in every year when humidity increases in Japan, i.e., July-September, as Fig.11.</p><p>(ⅱ) The boost results from position of rebar-embedded lamina in the beam section because moisture in air around beam percolates surface of its timber and decreases shear stiffness of wood part around rebars. One of basic ways to protect the decrease is to arrange the rebar-embedded lamina as the second layer from outer layer because adhesive layers between the outer layer and the second, as seen in Fig. 20, prevent the moisture from percolating the second layer , i.e., rebar lamina.</p><p>(ⅲ) This problem may occur in the small-sized beam, however, the real full-sized hybrid beam can readily prevent it in some ways as shown in Fig.20(b),(c), by using waterproof coating, burning marginal later, or refractory coating.</p><p>(ⅳ) The protected hybrid beam is estimated to significantly suppress its bending creep by rebars, as Relative creep coefficient C<sub>φ</sub> of curvature in 50-year for design listed in Table 8. </p><p>(ⅴ) Deflection-stiffness of timber beam and hybrid beam rarely deteriorated during creeping, as Fig.25.</p><p>(ⅵ) A prediction method for relative creep fluctuating intensely owing to seasonal influence was proposed by using two - tangent lines on logarithmic chart, as Fig.21, Fig.22, and Fig.23.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.86.1190

    Scopus

  • 塩屋 晋一, 伊集 貴洋, 大田 崇央, 春口 綱慶 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究(その1):長方形断面柱の水平加力実験 .  日本建築学会構造系論文集86 ( 779 ) 107 - 116   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p> Recently, from view-point of Global Environment, timber, i.e., one of nature-cycle materials, has been tried to be utilized as structural members of large timber buildings in Europe and North America. A representative timber of the members is Cross-laminated timber (CLT), however, CLT structural system very often restricts planning of building because of CLT being plate member. High-stiffness-strength-timber slender beam and column are significantly desired.</p><p> This study focuses a hybrid glulam timber with steel deformed bar (rebar) and Epoxy resin adhesive.</p><p> Aim of this study is to reveal elastic-plastic behavior of the hybrid timber column under lateral reversed cyclic loading, assumed to be attacked by a large number of big earthquakes. Column specimens were designed to yield at columnreinforced concrete foundation connection by bending.</p><p> The result of loading test and its discussion are summarized as follows:</p><p>  (i) Proposed connection of column and foundation demonstrated potential of minimizing damage and final residualdisplacement and protecting degradation of hysteresis loop of the column even if reversed cyclic loading by 8-bigearthquakes was applied.</p><p> (ii) The final residual displacement drift was minimized to be less than 1/400rad., which can be neglected by the eye ofhuman, by quasi-static cyclic reverse loadings resembled free vibration to reveal the re-centring of the column afterthe bottom flexural yielded at earthquakes.</p><p> (iii) The hysteresis loops, indicated spindle shape with no pinching and abundant energy dissipation as never observedin RC columns.</p><p> (iv) The column has a region near interface between column and foundation, where bending stiffness for the hybridglulam timber cannot generate, and an assumption that bending stiffness at the region is degraded as Fig. 22(b), produces fairly good estimation of lateral stiffness of the column until its yielding.</p><p> (v) Lateral stiffness and loading capacity of the column produced approximately as much as those of a reinforced concretecolumn replaced wood with concrete of compressive strength 30N/mm<sup>2</sup>.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.86.107

    Scopus

  • Mori K. .  Stiffness and strength of full-scale steel bar-timber composite beams with comparative small depth .  World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021  

    Scopus

  • Matsuoka N. .  Long - Term loading test on creep of steel bar-timber composite beam .  World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021  

    Scopus

  • Mukai M. .  Horizontal - Loading test of steel bar-timber composite column for mid - Rise building .  World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021  

    Scopus

  • Matsuoka N. .  Heat resistance of steel bar-timber composite beam .  World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021  

    Scopus

  • Nagano K. .  Experiement on a new connection between column and beam producing high-energy dissipation and re-centring .  World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:World Conference on Timber Engineering 2021, WCTE 2021  

    Scopus

  • 塩屋 晋一, 松岡 直 .  温度と含水率の変動に伴う鉄筋集成材内の鉄筋と集成材の内部応力度に関する研究 内部応力度の評価式の誘導 .  日本建築学会構造系論文集85 ( 777 ) 1469 - 1478   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    <p> Recently, from view-point of Global Environment, timber, i.e., one of nature-cycle materials, has been tried to be utilized as structural members of large timber buildings in Europe and North America. A representative timber of the members is Cross-laminated timber (CLT), however, CLT structural system very often restricts planning of building because of CLT being plate member. High-stiffness-strength-timber slender beam and column are significantly desired.</p><p> This study focuses a hybrid glulam timber beam with steel deformed bar (rebar) and Epoxy resin adhesive. Aim of this study is to derive equations for internal stress of hybrid glulam timber beam by temperature and moisture content variation in its timber were derived from a differential equation. The result of derivation, numerical analysis, and its discussion are summarized as follows:</p><p> (i) A spring model for the hybrid glulam timber beam was proposed to derive the equations, by simplifying essential elements of the hybrid beam.</p><p> (ii) Effects on internal stress when temperature rises 60℃ or moisture content(MC) rises 3% were discussed; equations for axial stress of rebar and timber in way of beam axis, and bond stress around rebar at MC of 3% were suggested.</p><p> (iii) The equations were verified with numerical analysis for two beam cross sections with span lengths from 4-m to 20-m. Calculations by the equations were fairly good agreed with calculations by the numerical analysis.</p><p> (iv) Under natural environment in Japan, air temperature rises with air humidity, therefore effects on internal stress in the hybrid beam of timber temperature and moisture content are estimated to decrease. Also, large size timber utilized for the hybrid beam could not absorb air moisture compared with smaller size timber. Hereafter, standardization of temperature and moisture content for the hybrid beam will be required.</p>

    DOI: 10.3130/aijs.85.1469

    Scopus

  • 永野功大,塩屋晋一 .  大地震時の損傷と残留変形を抑制する二段階曲げ降伏梁の概念の提案 その1.新たな梁の接合の概念と方法および鉄筋集成材ラーメン架構への適用 .  日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) ,構造Ⅲ   167 - 168   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 塩屋晋一、鹿嶋雅之 .  外壁診断の省力化を目的とした打診点検ロボットの性能評価 その2.自動診断システムの概要、仕上げ材の浮の判定指標および位置の特定方法 .  日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) ,構造Ⅲ   1187 - 1189   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 中崎豪士、江里口玲、梅津基宏、塩屋晋一、石川雄康 .  外壁診断の省力化を目的とした打診点検ロボットの性能評価 その1.打診点検ロボットの概要と基本性能 .  日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) ,構造Ⅲ   1185 - 1186   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 春口綱慶、塩屋晋一 .  大地震時の損傷と残留変形を抑制する二段階曲げ降伏梁の概念の提案 その2.ウェッブのシャーキーと鉄筋集成材ラーメン架構への適用 .  日本建築学会大会学術講演梗概集(関東) ,構造Ⅲ   169 - 170   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 塩屋晋一 .  鉄筋集成材梁における温度と含水率の変動に伴う応力変動に関する解析 .  日本建築学会大会学術講演梗概集(金沢) 2019 年9月,構造系構造系   61 - 62   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塩屋 晋一, 清水 庸介, 庄司 秀雄 .  鉄筋を複合する木質集成材梁の曲げ耐力に対する荷重継続期間の影響係数 .  日本建築学会構造系論文集84 ( 756 ) 257 - 266   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    &nbsp;Recently, from view-point of Global Environment, timber, i.e., one of nature-cycle materials, has been tried to be utilized as structural members of large timber buildings in Europe and North America. A representative timber of the members is Cross-laminated timber (CLT), however, CLT structural system very often restricts planning of building because of CLT being plate member. High-stiffness-strength-timber slender beam and column are significantly desired.<br>&nbsp;This study focuses a hybrid glulam timber with steel deformed bar (rebar) and Epoxy resin adhesive. Hybrid timber beams such as this study technique has been researched as we can recognize at several references<sup>6)-17)</sup>. No research, however, on duration of load factor of hybrid timber beam has been conducted.<br>&nbsp;Aim of this study is to reveal duration of load (DOL) factor of the hybrid timber beam under bending load. We conducted short-term loading test and long-term loading test. The short-loading test was conducted to identify maximum loading capacity necessary for stress level in long-term loading test.<br>&nbsp;The result of short-term loading test and its discussion are summarized as follows:<br>&nbsp;(i) The number of specimens of hybrid timber beam and timber beam, which each have same cross-section, was ten. Standard deviation (&sigma;hy) of maximum bending capacity of the hybrid timber beams was 41% of that (&sigma;w) of the timber beams. Mechanism of the deviation reduction by rebar is worth to be researched furthermore;<br>&nbsp;(ii) Standard deviation of bending moment at rebar yielding of hybrid timber beam is extremely small because same production rebars are used and property of the rebar is stable, whereas that of bending moment capacity of the timber beam is comparatively large because bending strength of timber is more variable;<br>&nbsp;(iii) Bending moment-curvature curve of the hybrid timber beam can be precisely predicted by calculation using Bernoulli-Euler hypothesis and appropriate stress- strain curve of rebar and timber.<br>&nbsp;The result of long-term loading test and its discussion are summarized as follows:<br>&nbsp;(iv) Nearly all of the data of DOL factors of the hybrid timber beams tested were more than value of Madison curve and conventional timber beam, and DOL factor after 50 years of the hybrid timber beam is predicted to exceed DOL factor, i.e. 55%, required by Japan's Building Standards Act;<br>&nbsp;(v) Equation (5) to predict DOL factor curve of the hybrid timber beam has been proposed, which is based on assumption: DOL factor of timber is calculated by Madison curve; all rebars have yielded in fracture of the beam, and; maximum bending moment capacity of the beam is equal to sum of its timber bending moment and its rebar bending moment. The equation predicted approximately experiment data of DOL factor of the hybrid timber beam: the all experiment data ranged within standard deviation (&plusmn; &sigma;hy) of bending moment capacity of the beam in short-term loading to curve by Equation (5) as seen in Fig. 11 (b);<br>&nbsp;(vi) Design methods of check to prevent bond failure around rebar and shear failure of web in the hybrid timber beam are described in order to ensure to fail under bending load. By the method, hybrid timber beam specimen of this experiment has been evaluated not to collapse by the bond failure and the shear failure after 50 years, and DOL factor after 50 years, which is predicted by Equation (5), has been evaluated to demonstrate its ability.

    DOI: 10.3130/aijs.84.257

    Scopus

  • 塩屋 晋一 .  鉄筋を複合する木質集成材梁の短期載荷時の曲げ性能と評価式 .  日本建築学会構造系論文集84 ( 756 ) 247 - 256   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本建築学会  

    Hybrid glulam timber beam reinforced with deformed steel bar (rebar) and epoxy resin adhesive is reported on followings:<br>1. Review of works of the hybrid timber beam, importance of increasing bending stiffness under short-term loading by 3-4 times of those of conventional glulam timber beam, and target of this study are described.<br>2. The hybrid timber beam adopted a large amount of rebar was tested by short-term loading.<br>3. Equations for allowable moment, bending strength, moment-curvature of the hybrid timber bam are proposed.<br>4. Equations for shear deformation of the hybrid timber beam are also proposed.

    DOI: 10.3130/aijs.84.247

    Scopus

  • 阿部友樹,塩屋晋一,孔令テキ .  接合位置や形状が異なる腰壁・垂れ壁付R C 柱のせん断耐力の評価に関する研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.34 ( No.2 ) 127 - 132   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 濱崎哲也, 塩屋晋一,門田基靖 .  残存振動による残留変形抑制効果を発揮させるRC 柱の実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.34 ( No.2 ) 151 - 156   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古賀武司,塩屋晋一,武矢直子 .  残留変形抑制機構を部材内部に内蔵するRC梁の残留変形を抑制する条件の検証 .  コンクリート工学年次論文集Vol.34 ( No.2 ) 217 - 222   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡崎駿也,塩屋晋一,武矢直子 .  残留変形抑制機構を部材内部に内蔵するRC梁の実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.34 ( No.2 ) 211 - 216   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 今村祐輔,塩屋晋一,景山勇輝,浜岡 和史 .  高復元性と損傷抑制を有するR C 梁に関する実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.32 ( No.3 ) 223 - 228   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山田 直樹,塩屋 晋一,佐々木 泉 .  損傷と残留変形を抑制するR C 柱の残留変形角の評価 .  コンクリート工学年次論文集Vol.32 ( No.3 ) 127 - 132   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 孔令テキ,塩屋晋一,渡辺達也,岩崎まり恵 .  接合位置や形状が異なる腰壁・垂れ壁付R C 柱のせん断耐力の評価に関する実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.32 ( No.3 ) 85 - 90   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 渡辺達也, 塩屋晋一, 中迫由香, 中嶋彩也香 .  接合位置や形状が異なる腰壁・たれ壁付柱のせん断耐力と終局変形角に関する実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.31 ( No.3 ) 181 - 186   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐々木泉, 塩屋晋一, 栗野史典, 廣田賢史 .  復元モーメントに着目するRC柱の地震後の残留変形抑制に関する実験 .  コンクリート工学年次論文集Vol.31 ( No.3 ) 145 - 150   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,大川光雄,岡元裕弥 .  圧縮ブレースを用いて耐震補強する既存RC造ピロティ架構の耐震性能の評価 .  日本建築学会構造系論文集第632   1823 - 1832   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐々木泉,塩屋晋一 .  柱断面内の応力分布性状を考慮したR C 柱の曲げ解析 .  コンクリート工学年次論文集Vol.30 ( No.3 ) 151 - 156   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡元夕弥,塩屋晋一 .  圧縮抵抗型ブレースを用いて耐震補強するピロティ架構の荷重- 変形関係の評価 .  コンクリート工学年次論文集Vol.30 ( No.3 ) 1237 - 1242   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 谷川正明,塩屋晋一 .  壁が偏心接合する腰壁・たれ壁・袖壁付RC柱のせん断特性に関する実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集,,(2008年 7月),Vol.30,No.3,pp.Vol.30 ( No.3 ) 235 - 240   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 有馬桃子,塩屋晋一 .  曲げ降伏する腰壁・たれ壁付柱の荷重-変形関係の評価 .  コンクリート工学年次論文集Vol.30 ( No.3 ) 205 - 210   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 渡辺達也,塩屋晋一 .  曲げ降伏する腰壁・たれ壁付R C 柱の終局変形に関する実験的研究 .  コンクリート工学年次論文集Vol.30 ( No.3 ) 199 - 204   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,大川光雄,幸加木宏亮 .  圧縮抵抗ブレースを用いる既存RC造ピロティ架構の耐震補強に関する実験的研究 .  日本建築学会構造系論文集   127 - 134   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,當房和博 .  腰壁・垂れ壁が中心接合されるRC柱のせん断耐力 .  日本建築学会構造系論文集   149 - 156   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松木 和彦,塩屋晋一,當房和博,今岡宏暢 .  腰壁・たれ壁が中心接合されたRC柱のせん断耐力の評価 .  コンクリート工学年次論文集(a11)   121 - 126   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡元夕弥,塩屋晋一,大川光雄 .  圧縮抵抗型ブレースを用いて耐震補強されるRCピロティ架構の剛性・強度・変形の評価 .  コンクリート工学年次論文集(a11)   1171 - 1176   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大川光雄,塩屋晋一,幸加木宏亮,岡元夕弥 .  圧縮抵抗型ブレースを用いるRC造ピロティ架構の部分架構の加力破壊実験 .  コンクリート工学年次論文集(a11)   1165 - 1170   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 幸加木宏亮,塩屋晋一,江頭裕介,大川光雄 .  5階建て既存RCピロティ架構の耐震補強を想定した部分架構の加力破壊実験 .  コンクリート工学年次論文集(a10)   1231 - 1236   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大川光雄,塩屋晋一,幸加木宏亮,江頭裕介 .  圧縮抵抗型ブレースを用いる既存RCピロティ架構の耐震補強における梁の支圧実験 .  コンクリート工学年次論文集(a11)   1141 - 1146   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,吉留潤平,西元大輔,當房和博 .  壁梁が偏心接合されたRC柱の耐震補強に関する加力破壊実験 .  コンクリート工学年次論文集(a9)   1135 - 1140   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松木和彦,塩屋晋一,吉留潤平,當房和博 .  曲げ破壊形式の腰壁・たれ壁付RC柱の靱性率の評価 .  コンクリート工学年次論文集(a8)   199 - 204   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 當房和博,塩屋晋一,廣實亮太,吉留潤平 .  腰壁・たれ壁が中心接合されたRC柱のせん断耐力の低下率と評価 .  コンクリート工学年次論文集(a7)   193 - 198   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西元大輔,塩屋晋一,増田祐一郎 .  一軸圧縮を受ける角形鋼管コンクリート柱の応力分布性状に関する有限要素解析 .  コンクリート工学年次論文集(a7)   121 - 126   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋晋一,町頭洋平,吉留潤平 .  壁梁が偏心接合されるRC柱のせん断特性 .  日本建築学会構造系論文集   103 - 110   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西元 大輔, 塩屋 晋一,増田 祐一郎, 末吉 伸丈* .  コンクリート構成則の検証を目的とした角形鋼管コンクリート柱の応力分布測定実験 .  コンクリート工学年次論文集(a3)   115 - 120   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 増田 祐一郎,塩屋 晋一,木宮 玄喜*, 河野 圭悟* .  圧縮抵抗型ブレースを用いるR C 造ピロティ架構の耐震補強におけるブレースの座屈耐力と補強効果 .  コンクリート工学年次論文集(a7)   1111 - 1116   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 幸加木 宏亮, 塩屋 晋一,河野 圭悟*, 原田 喜実* .  圧縮抵抗型ブレースを用いる既存RC造ピロティ架構の耐震補強における既存梁部分の支圧耐力 .  コンクリート工学年次論文集(a6)   1105 - 1110   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 當房 和博, 塩屋 晋一,町頭 洋平*, 吉留 潤平 .  壁梁が偏心接合されるRC柱のせん断破壊性状とせん断耐力の低下率 .  コンクリート工学年次論文集(a5)   187 - 192   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉留 潤平, 塩屋 晋一,町頭 洋平*, 井田 昌宏* .  壁梁付きRC柱におけるせん断応力の応力集中とそれによるせん断耐力の低下率 .  コンクリート工学年次論文集(a4)   181 - 186   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塩屋 晋一,黒木 康博,大迫 亘 .  力学的対称性を利用するコンクリート内部の圧縮応力分布の測定 .  日本建築学会構造系論文   155 - 162   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 増田 祐一郎,塩屋 晋一,末吉 伸丈,谷村 真理 .  軸力・曲げ・せん断力を受けるRC 造柱の降伏ヒンジ領域の応力伝達機構に関する研究 .  コンクリート工学年次論文集   265 - 270   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉留潤平,塩屋晋一,町頭洋平,見越勇也 .  壁梁が偏心接合されるRC柱のせん断破壊性状に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.26,No.2,pp.-,2004 .  コンクリート工学年次論文集   475 - 480   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大久保全陸 .  構造目地を有する鉄筋コンクリート造腰壁付き骨組の力学的特性に関する研究 そのI-腰壁付きはり・柱十字形骨組の加力実験について .  日本建築学会構造系論文報告集380   10 - 21   1994年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

    二次壁を非構造化する設計法の開発を行った。

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 森和也,塩屋晋一 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する研究,その 12. マルチスプリングモデルによる十字形・T字形断面柱の履歴特性の評価モデル .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 川口莉央,塩屋晋一,森和也,向井基紘 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究,その11.曲げ降伏後のせん断耐力の評価と骨格曲線 .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 羅琅,塩屋晋一,森和也,向井基紘,川口莉央  .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する実験的研究,その9.曲げ圧縮域の圧縮応力-ひずみ関係を把握する圧縮実験 .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 松下静香,塩屋晋一 .  鉄筋集成材梁の燃えしろ設計に関する燃焼試験,その3.内部温度分布の測定方法の提案と曲げヤング係数と曲げ強度の分布のモデル化 .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 川﨑璃子,松下静香,塩屋晋一 .  鉄筋集成材梁の燃えしろ設計に関する燃焼試験,その2. 損傷と内部の温度とひずみの変化 .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 松下静香,塩屋晋一,川﨑璃子 .  "鉄筋集成材梁の燃えしろ設計に関する燃焼試験,その1.燃えしろ設計の考え方と実験概要および結果 " .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 梁瀬りん,永野功大,朴珍錫,塩屋晋一 .  乾式接合を用いる鉄筋集成材梁に関する研究,その2.ダンパーのすべり面を固定した場合の加力実験 .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 朴珍錫,永野功大,梁瀬りん,塩屋晋一 .  " 乾式接合を用いる鉄筋集成材梁に関する研究,その1. 接合の鉄骨の下端フランジのみをすべり降伏させる実験" .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 松岡直、塩屋晋一 .  "長期載荷を受ける鉄筋集成材梁の曲げクリープ特性に関する研究 その5. 昨年からのクリープの経過報告" .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 長濵銀正,川添敦也,塩屋晋一 .  "再現性の高い鉄筋コンクリート梁の解析モデルに関する研究 その2 解析結果と実験結果の比較" .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 髙石健祐,川添敦也,塩屋晋一 .  "再現性の高い鉄筋コンクリート梁の解析モデルに関する研究 その1 提案する解析モデル" .  日本建築学会研究報告 九州支部報告会   2021年9月  日本建築学会・九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • 森和也,塩屋晋一,向井基紘, 川﨑璃子 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する研究-中層建物を想定した正方形断面柱の実験 その1.実験の概要と荷重変形角関係ラーメン架構への適用 .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 松岡直,塩屋晋一 .  高温下の鉄筋集成材梁のクリープたわみに関する長期載荷実験 .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 永野功大,朴珍錫,塩屋晋一 .  リセンタリング性能を発揮する乾式接合を用いる曲げ降伏型鉄筋集成材梁に関する実験 その2. 実験方法とせん断力-変形角関係および残留変形抑制 .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 朴珍錫,永野功大,塩屋晋一 .  リセンタリング性能を発揮する乾式接合を用いる曲げ降伏型鉄筋集成材梁に関する実験 その1. 研究の目的と実験概要 .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 川﨑璃子,塩屋晋一 .  損傷抑制とエネルギー消費を発揮するCLT連層壁の開発 -回転変形を許容するせん断力伝達機構の提案- .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 向井基紘,塩屋晋一,森和也, 川﨑璃子 .  柱脚が曲げ降伏する鉄筋集成材柱の弾塑性性状に関する研究-中層建物を想定した正方形断面柱の実験 その 2. 実験結果と骨格曲線 .  日本建築学会  2021年9月  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海  

  • 濱崎哲也,塩屋晋一,門田基靖 .  残存振動による残留変形角抑制効果を発揮させるRC柱の実験的研究 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 比良朋香,塩屋晋一,古賀武司 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収型の立体木質ラーメン骨組の開発その4.鉄筋による曲げクリープ変形の抑制効果の評価と梁の曲げ性能 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 比良朋香,塩屋晋一,古賀武司 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収型の立体木質ラーメン骨組の開発その3.鉄筋で曲げ補強した梁のクリープ試験 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 古賀武司、塩屋晋一,比良朋香,石峯忠浩 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収型の立体木質ラーメン骨組の開発その2.柱と梁の接合部における鉄筋の継手方法の開発 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 石峯忠浩、塩屋晋一,比良朋香,古賀武司 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収型の立体木質ラーメン骨組の開発その1.開発する構法の概要と十字型断面柱の柱梁接合部のせん断加力実験 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 岡崎駿也,塩屋晋一,武矢直子 .  残留変形抑制機構を部材内部に内蔵するRC梁の実験的研究その2. 残留変形抑制効果と条件および梁の力学的特性 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 武矢直子,塩屋 晋一,岡崎駿也 .  残留変形抑制機構を部材内部に内蔵するRC梁の実験的研究その1.提案する残留変形抑制機構と実験概要 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 古賀武司,塩屋晋一,比良朋香 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収性能の木造ラーメンの開発に関する実験的研究 その1.柱梁接合部のせん断加力実験と十字型骨組の水平加力実 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 武矢直子,塩屋晋一 .  高復元性と損傷抑制を有するRC梁の曲げ降伏後の残留変形抑制に関する研究 その1 最大応答変形後の残存振動による梁の残留変形の抑制効果 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 門田基靖,濱崎哲也,塩屋晋一 .  復元力によるモーメントに着目したRC柱の地震後の残留変形抑制に関する実験 その2 柱主筋を変化させた場合の実験結果の考察 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 濱崎哲也,門田基靖,塩屋晋一 .  復元力によるモーメントに着目したRC柱の地震後の残留変形抑制に関する実験 その1 柱主筋を変化させた場合の研究目的と実験概要 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 孔令テキ,岡崎駿也,塩屋晋一 .  腰壁・垂れ壁が中心接合されたRC柱のせん断耐力の評価に関する実験的研究 その2 実験結果とせん断耐力の低下率の適用範囲と長方形断面柱への適用方法の検証 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 岡崎駿也,孔令テキ,塩屋晋一 .  腰壁・垂れ壁が中心接合されたRC柱のせん断耐力の評価に関する実験的研究 その1 研究目的と実験概要 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 比良朋香、塩屋晋一, 古賀武司 .  高剛性・高耐力・高エネルギー吸収性能の木造ラーメンの開発に関する実験的研究 その2.実験結果と柱梁接合部のせん断補強効果 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 塩屋晋一,武矢直子,山本憲司 .  高復元性と損傷抑制を有するRC梁の曲げ降伏後の残留変形抑制に関する研究 その2 残存振動により残留変形が零になる条件式と動的応答解析による検証 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 孔 令テキ, 塩屋 晋一 .  接合位置や形状が異なる腰壁・垂れ壁付柱のせん断耐力に関する実験的研究 実験概要とせん断耐力の低下率 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎市  

    国内学会

  • 今村祐輔,塩屋晋一 .  高復元性と損傷抑制を有するRC梁の開発に関する実験的研究その2.エネルギー吸収と変形機構および主筋の抵抗状況 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎市  

    国内学会

  • 今村祐輔,塩屋晋一 .  高復元性と損傷抑制を有するRC梁の開発に関する実験的研究その1.研究目的と実験概要 .  日本建築学会  日本建築学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:長崎市  

    国際学会

  • 山田直樹, 塩屋 晋一 .  鉄筋で曲げ補強する木造集成材の架構の開発-部材の曲げ剛性に関する梁の曲げ加力実験 .  日本建築学会  日本建築学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:長崎市  

    国際学会

  • 佐々木 泉, 塩屋 晋一 .  復元モーメントに着目するRC柱の地震後の残留変形抑制に関する実験 その2.実験結果 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 塩屋 晋一, 佐々木 泉 .  復元モーメントに着目するRC柱の地震後の残留変形抑制に関する実験 その1.研究目的と実験方法 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 渡辺達也,塩屋晋一 .  接合位置や形状が異なる腰壁・たれ壁付柱のせん断耐力と終局変形角に関する実験的研究 その2 せん断耐力の低下率と終局変形の検討 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 今村祐輔, 渡辺達也, 塩屋晋一 .  接合位置や形状が異なる腰壁・たれ壁付柱のせん断耐力と終局変形角に関する実験的研究 その1 実験概要と荷重?変形角関係および破壊状況 .  日本建築学会大会  日本建築学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 山田直樹, 塩屋晋一, 松木和彦, 有馬武城, 寺光秀徳 .  プレストレスを利用する木造ラーメン剛接合法の合理化を目指した実験的研究 その3.柱梁接合部のせん断特性と梁のせん断力伝達 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 寺光秀徳, 塩屋晋一, 松木和彦, 有馬武城, 山田直樹 .  プレストレスを利用する木造ラーメン剛接合法の合理化を目指した実験的研究 その2.実験方法と層せん断力-層間変形角関係 .  日本建築学会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  •  鉄筋を複合する革新的木質ハイブリット部材ラーメン構法の構造設計法に関する基礎研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    我が国は、温暖多雨で樹木の成長が極めて早く、森林資源国家である。木材を建築の構造材として大量に利用することは建築分野が環境負荷の削減に貢献する。更に建物が役割を終えた後、その木質を効率よく燃焼させてエネルギーに変換できる。我が国はそれに適している。この概念は海外で研究されており、現在、欧州,北米等で積極的に試みられている。設計の自由度を高める,剛性と強度が高い木質軸材とそのラーメン構法が熱望されており、本研究ではスギ集成材に鉄筋を挿入して接着して、鉄筋コンクリートや鉄骨の部材と同等以上の構造性能を発揮させて、多くの建物を木質構造に転換させていこうとする設計方法の開発である。

  • 二次壁付きSRC造骨組の耐震性状に関する研究

    1998年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

      詳細を見る

    二次壁付きSRC造骨組の耐震性状に関する研究