Updated on 2021/06/20

写真a

 
YAMAGUCHI Taihei
 
Organization
Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Health Research Course Developmental Medicine Associate Professor
Title
Associate Professor

Degree

  • 歯学博士 ( 1990.3   北海道大学 )

Research Interests

  • SUMO修飾機構

  • 左右軸形成

  • 胎生期発生

  • ヒトパピローマウィルス

  • 口腔レンサ球菌

Research Areas

  • Life Science / Social dentistry

  • Life Science / Medical management and medical sociology

  • Life Science / Developmental biology

  • Life Science / Bacteriology

Education

  • Hokkaido University

    1986.4 - 1990.3

      More details

    Country: Japan

  • Hokkaido University

    - 1979.4

      More details

    Country: Japan

Research History

  • 鹿児島歯科学院専門学校   歯科衛生士科   非常勤講師

    2011.4

      More details

    Country:Japan

  • たちばな医療専門学校   看護学科   非常勤講師

    2005.4 - 2011.3

      More details

    Country:Japan

  • Kagoshima University   Associate Professor

    2003.4

  • Kagoshima University

    1990.4

Professional Memberships

  • 歯科医学教育学会

    2015.4

  • 九州口腔衛生学会

    2015.10

  • 日本分子生物学会

    2015.10

  • 歯科基礎医学会

    2015.10

  • 日本細菌学会

    2015.10

  • 日本口腔衛生学会

    2015.10

  • 日本がん口腔支持療法学会

    2015.4

  • 日本口腔ケア学会

    2015.4

▼display all

Committee Memberships

  • 日本口腔衛生学会   査読委員  

    2015.5 - 2021.5   

      More details

    Committee type:Other

Studying abroad experiences

  • 1999.11 - 2002.4   米国予防衛生研究所がん研究所 (National Institutes of Health, National Cancer Institute)   訪問研究員

Qualification acquired

  • Dentist

  • Attending physician

  • Authorized medicine

  • インフェクションコントロールドクター

 

Papers

  • MOTOI Toshihiro, NAKANO Yu, NISHIYAMA Takeshi, NAGATA Emi, YAMAGUCHI Taihei, OHO Takahiko .  Exploratory Factor Analysis of Factors Leading to Regular Checkups by Family Dentists among Community-dwelling Inhabitants .  JOURNAL OF DENTAL HEALTH71 ( 2 ) 94 - 101   2021

     More details

    Publisher:Japanese Society for Oral Health  

    <p> According to the 2016 Japanese National Health and Nutrition Survey, 52.9% of people over 20 years of age attend dental checkups in the past year. The goal of the Second Health Japan 21 is to increase this rate to over 65%, but this goal has yet to be achieved. This study enrolled 366 people (183 males, 183 females; average age: 64.6 years) who underwent dental examinations in Osaki, Soo District, Kagoshima Prefecture during 2016–17. Exploratory factor analysis was performed to identify factors leading to regular checkups by family dentists. From the results of a self-completed questionnaire and dental examination, we extracted combinations of factors using decision tree analysis, a data mining method, and evaluated their effects using the <i>χ</i><sup>2</sup>-test. This showed that oral hygiene treatment within a year, sex, and use of interdental cleaning adjuncts were three important factors influencing the decision to attend regular dental checkups. This suggests that dentists should instruct patients to visit a dental office for oral hygiene treatment at least once a year and to use interdental cleaning tools at least 3 days a week to improve the rate of dental checkups. Encouraging men to undergo regular dental checkups was suggested to be more effective.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.71.2_94

  • Yuki Hokita , Kazuyo Mori, Taihei Yamaguchi, Takahiko Oho .  Oral Lesion like Mucous Membrane Pemphigoid under Carboplatininduced Hemolytic Anemia and Pancytopenia as Hypersensitive Reactions in a case with Maxillary Sinus Cancer: A Case Report .  International Journal of Case Reports4   142 - 146   2020.6Oral Lesion like Mucous Membrane Pemphigoid under Carboplatininduced Hemolytic Anemia and Pancytopenia as Hypersensitive Reactions in a case with Maxillary Sinus Cancer: A Case ReportReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:eSciPub  

    上顎洞癌の患者にカルボプラチンによる化学療法を実施したところ、3型のアレルギー反応を発症し、汎血球減少を認めた。珍しい症例であり、症例報告として発表した。

  • Sakiko Soutome, Takumi Hasegawa, Taihei Yamguchi, Kumiko Aoki, Naritomo Kanamura, Takao Mukai, Junichi Yamazoe, Masaya Nishikawa, Emiko Isomura, Kazuto Hoshi, Masahiro Umeda .  Prevention of postoperative pneumonia by perioperative oral care in patients with esophageal cancer undergoing surgery: a multicenter retrospective study of 775 patients .  Supportive Care in Cancer   2020.1Prevention of postoperative pneumonia by perioperative oral care in patients with esophageal cancer undergoing surgery: a multicenter retrospective study of 775 patientsReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Springer  

    多施設で食道癌患者の周術期に口腔機能管理を実施した775例についての口腔管理の効果の検証を行った。術後肺炎の発症率について有意な差を認めた。

  • 中野由、小幡純子、西山毅、長田恵美、山口泰平、鶴田実穂、於保孝彦 .  食道癌術後の繰り返す誤嚥性肺炎予防のため口腔衛生管理を継続している一症例 .  口腔衛生学会雑誌69 ( 1 ) 43 - 47   2019.1食道癌術後の繰り返す誤嚥性肺炎予防のため口腔衛生管理を継続している一症例Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本口腔衛生学会  

  • 山口 泰平, 五月女さき子, 西山毅, 長田恵美, 小幡純子, 中野由, 濵田 佳菜子, 橋口千琴, 峰元里子, 田中謙光, 上川義昭, 久米健一, 山本芳丈, 稲田絵美, 是枝清孝, 吉田礼子, 森和代, 堀之内美帆, 福重雅美, 下田平貴子, 於保孝彦 .  医科歯科連携  歯のチェック室のあゆみ .  鹿児島大学歯学部紀要38   51 - 54   2018.3医科歯科連携  歯のチェック室のあゆみInvited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

    少子高齢化社会を迎え、多職種連携など医療介護システムの改革が進められている。目的は医科的疾患の治療に際し、適切な口腔管理を行うことにより口腔に関連した有害事象を予防、軽減することで、質の高い医療の提供を可能とし、かつ治療全体の効率化をはかることにある。鹿児島大学病院では平成18年度から、NST下部組織として口腔ケアチームが組織され、医科の病室を訪問して、治療や口腔ケア管理を行ってきた。平成24年に医科歯科連携が正式に保険適応となったことを受け、平成25年10月に歯科口腔ケアセンターを設立して歯科管理依頼の窓口を一本化することで積極的な歯科紹介を依頼した。次に平成26年1月に「歯のチェック室」を併設して口腔機能評価を実施して入院直後からの管理が可能になった。平成28年4月から血液膠原病内科、同年8月から消化器内科と直接連携を組むことができ、29年10月1日には対象を全医科診療科に広げることで対象症例の内の全身麻酔下で実施する手術症例を全例受け入れる体制を確立した。

  • 山口 泰平 .  鹿児島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と展望 .  鹿児島大学歯学部同窓会誌26   43 - 44   2017.9鹿児島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と展望Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • 山口泰平 .  医科歯科連携医療 -新たなシステム作りに向けてー .  鹿児島大学同窓会連合会報24   15 - 15   2017.7医科歯科連携医療 -新たなシステム作りに向けてーInvited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Kazuyo Mori, Miho Horinouchi, Ayumi Domitsu, Takako Shimotahira, Sakiko Soutome, Taihei Yamaguchi, Takahiko Oho .  Proper oral hygiene protocols decreased inflammation of gingivitis in a patient during chemotherapy with bevacizumab: a case report .  Clinical Case Reports 5 ( 8 ) 1352 - 1357   2017.4Proper oral hygiene protocols decreased inflammation of gingivitis in a patient during chemotherapy with bevacizumab: a case report Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The case is a woman who had a diagnosis of ovarian cancer and endometrial cancer. After surgical therapy, platinum-based adjuvant treatment was performed, followed by additional bevacizumab administration. Because considerable gingivitis appeared, a proper approach for oral hygiene was performed. As a result, the symptom was reduced considerably.

    DOI: 10.1002/ccr3.1034

    PubMed

  • 田口 則宏,中村 典史,西村 正宏,嶺崎 良人,岩崎 智憲,糀谷 淳,山口 泰平, 作田 哲也,武内 博信,門川 明彦,丸山 浩美,今村 晴幸,大河内 孝子, 深水 篤,植田 紘貴,末永 重明,諏訪 素子 .  臨床教育部会報告  鹿児島大学歯学部における臨床教育 ━現状と今後の方向性について━   .  鹿児島大学歯学部紀要34   103 - 106   2014.4臨床教育部会報告  鹿児島大学歯学部における臨床教育 ━現状と今後の方向性について━  

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:鹿児島大学歯学部  

  • 宮脇正一、植田紘貴、松山孝司、佐藤強志、徳田雅行、山中淳之、峰和治、大西智和、松尾美樹、山口泰平、岩崎智憲、迫田賢二、鎌下祐次、新田哲也、比地岡浩志、糀谷淳、西村正宏、菊地聖史、田口則宏、佐藤智昭 .  鹿児島大学歯学部カリキュラム改善ワーキンググループ活動報告 .  鹿児島大学歯学部紀要34   107 - 111   2014.4鹿児島大学歯学部カリキュラム改善ワーキンググループ活動報告Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Sakiko Soutome, Takahiko Oho .  Purification of a novel fibronectin binding protein from Granulicatella para-adiacen. .  Pathogens and Disease71   73 - 80   2014.1Purification of a novel fibronectin binding protein from Granulicatella para-adiacen.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Maria Zulfiqar, Taihei Yamaguchi, Setsuko Sato, Takahiko Oho .  Oral Fusobacterium nucleatum subsp. polymorphum binds to human salivary α-amylase. .  Molecular Oral Microbiology28 ( 6 ) 425 - 434   2013.11Oral Fusobacterium nucleatum subsp. polymorphum binds to human salivary α-amylase.

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 西山毅、長田恵美、五月女さき子、佐藤節子、山口泰平、於保孝彦 .  特定健康診査と歯周疾患健診の同時実施から得られた結果について .  鹿歯会報 THHTHFUL104 ( 8, 9 ) 8 - 10   2012.8特定健康診査と歯周疾患健診の同時実施から得られた結果について

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 山口泰平 .  第2回 歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研)報告 .  鹿児島大学歯学部紀要32   81 - 82   2012.4第2回 歯科医学教育者のためのワークショップ(富士研)報告

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:鹿児島大学歯学部  

  • Taihei Yamaguchi, Sakiko Soutome, Takahiko Oho .  Identification and characterization of a fibronectin-binding protein from Granulicatella adiacens. .  Molecular Oral Microbiology26 ( 5 ) 353 - 364   2011.6Identification and characterization of a fibronectin-binding protein from Granulicatella adiacens.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 北田勝浩、西山毅、日野陽一、長田恵美、五月女さき子、佐藤節子、山口泰平、於保孝彦 .  地域住民の特定健康診査と歯周疾患検診における診査項目との関連性 .  口腔衛生学会雑誌61   245 - 253   2011.1地域住民の特定健康診査と歯周疾患検診における診査項目との関連性Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Andreia Toledo, Katsuhiro Kitada, Taihei Yamaguchi, Takahiko Oho .  Adherence of oral opportinistic bacteria to endotracheal tube and cuffs. .  口腔衛生学会雑誌61   57 - 64   2011.1Adherence of oral opportinistic bacteria to endotracheal tube and cuffs.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 田中千穂子、西山毅、五月女さき子、長田恵美、三重幸恵、北田勝浩、佐藤節子、日野陽一、山口泰平、於保孝彦 .  唇顎口蓋裂児の咀嚼能力および食事や口腔に対する保護者の意識に関する研究 .  口腔衛生学会雑誌60   88 - 95   2010.1唇顎口蓋裂児の咀嚼能力および食事や口腔に対する保護者の意識に関する研究Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Mitsuharu Matsumoto, Yasushi Sugimoto, Sakiko Soutome, Takahiko Oho .  Gene-cloning and characterization of Streptococcus intermedius fimbriae involved in saliva-mediated aggregation. .  Research in Microbiology160   809 - 816   2009.1Gene-cloning and characterization of Streptococcus intermedius fimbriae involved in saliva-mediated aggregation.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 日野陽一、佐藤節子、山口泰平、北田勝浩、長田恵美、鉛山ゆかり、伊藤博夫、於保孝彦 .  鹿児島大学新入生の歯科健康診断結果について .  口腔衛生学会雑誌   2007.4鹿児島大学新入生の歯科健康診断結果についてReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本歯科口腔衛生学会  

  • Amit Kumar, Taihei Yamaguchi, P. Sharma, Michael R. Kuehn .  Transgenic mouse lines expressing Cre recombinanse specifically in posterior notochord and notochord.Genesis 45:729-736 2007 .  Genesis45   729 - 736   2007Transgenic mouse lines expressing Cre recombinanse specifically in posterior notochord and notochord.Genesis 45:729-736 2007Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Youko Miwa, Yoshito Eizuru .  Candidate Human Papillomavirus (HPV) Type 27b: Nucleotide Sequence and Heterogeneity with HPV 27. .  Journal of Medical Virology77   113 - 115   2005Candidate Human Papillomavirus (HPV) Type 27b: Nucleotide Sequence and Heterogeneity with HPV 27.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, P. Sharma, M. Athanasiou, Amit Kumar, Satoru Yamada, Michael R. Kuehn .  Mutation of SENP1/SuPr-2 reveals an essential role for desumoylation in mouse development. Mol. Cell. Biol. 25:5171-5182 2005 .  Molecular and Cellular Biology25   5171 - 5182   2005Mutation of SENP1/SuPr-2 reveals an essential role for desumoylation in mouse development. Mol. Cell. Biol. 25:5171-5182 2005Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Hiroko Koreeda .  Distribution and characterization of hemolytic activity by an oral anaerobe from the Streptococcus milleri group. .  Oral Microbiology and Immunology19   132 - 135   2004Distribution and characterization of hemolytic activity by an oral anaerobe from the Streptococcus milleri group.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi .  Human salivary aggregation in Streptococcus intermedius type G strains: relationship with secretive IgA. .  FEMS Immunology and Medical Microbiology41   101 - 107   2004Human salivary aggregation in Streptococcus intermedius type G strains: relationship with secretive IgA. Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi .  Purification of saliva agglutinin of Streptococcus intermedius and its association with bacterial aggregation and adherence. .  Archives of Microbiology 181   106 - 111   2004Purification of saliva agglutinin of Streptococcus intermedius and its association with bacterial aggregation and adherence.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Nobuko Matsunoshita .  Isolation and some properties of fimbriae of oral Streptococcus intermedius. .  Current Microbiology49   59 - 65   2004Isolation and some properties of fimbriae of oral Streptococcus intermedius.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Kohtaro Kasamo, Makoto Chuman, Miho Machigashira, Masakazu Inoue, Takeshi Sueda, .  Preparation and characterization of an Actinomyces naeslundii aggregation factor that mediates coaggregation with Porphyromonas gingivalis. .  Journal of Periodontal Research33   460 - 468   1998.1Preparation and characterization of an Actinomyces naeslundii aggregation factor that mediates coaggregation with Porphyromonas gingivalis.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Yumi Yamashita, Kotaro Kasamo, Masakazu Inoue, Hiroshi Sakaoka, Kei Fujinaga .  Genomic heterogeneity maps to tandem repeat sequences in the herpes simplex virus type 2 UL region. .  Virus Research55   221 - 231   1998.1Genomic heterogeneity maps to tandem repeat sequences in the herpes simplex virus type 2 UL region.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Masanobu Shindoh, Akira Amemiya, Nobuo Inoue, Masahiro Kawamura, Hiroshi Sakaoka, Masakazu Inoue, Kei Fujinaga .  Detection of human papillomavirus type 2 related sequence in oral papilloma. .  Analytical Cellular Pathology16   125 - 130   1998.1Detection of human papillomavirus type 2 related sequence in oral papilloma.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Taihei Yamaguchi, Masanobu Shindoh, Akira Amemiya, Kenichi Notani, Hiroshi Fukuda, Hiroshi Sakaoka, Masakazu Inoue, Kei Fujinaga .  Identification of human papilloma virus DNA sequence in the hyperplastic epithelium of an oral denture fibroma. .  Disease Markers13   135 - 140   1997.1Identification of human papilloma virus DNA sequence in the hyperplastic epithelium of an oral denture fibroma.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yamaguchi T., Taketoshi M., Eifuku-Koreeda H., Yakushiji T., Inoue M .  Haemagglutinating activities of oral strains of “Streptococcus milleri group”. .  Microbios 75   249 - 259   1993.1Haemagglutinating activities of oral strains of “Streptococcus milleri group”. Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yamashita Y., Hotsubo T., Nakata S., Yamaguchi T., Sanekata T., Chiba S., Homma M., Fujinaga K. .  Enteric adenovirus type 41 isolates: cloning, physical maps and diversity in restriction enzyme cleavage pattern. .  Microbiology Immunology36   1291 - 1303   1992.1Enteric adenovirus type 41 isolates: cloning, physical maps and diversity in restriction enzyme cleavage pattern. Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 山口泰平 .  単純ヘルペスウイルスのユニーク部に見い出された繰り返し配列 .  基礎歯科医学会雑誌33   401 - 410   1991.1単純ヘルペスウイルスのユニーク部に見い出された繰り返し配列Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 島野敏司, 副島道夫, 山口泰平, 山川康, 西川鑑, 高嶋知, 塚本勝城, 成松英明, 藤永蕙, 橋本正淑 .  In situ hybridization 法によるHPV DNA検出の感度について .  臨床病理38   1291 - 1294   1990.1In situ hybridization 法によるHPV DNA検出の感度についてReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Fukushima M., Shimano S., Yamakawa Y., Yamaguchi T., Sawada Y., Hashimoto M., Fujinaga K. .  The detection of human papillomavirus (HPV) in a case of minimal deviation adenocarcinoma of the uterine cervix (adenoma malignum) using in situ hybridization. .  Japan Journal of Clinical Oncology20   407 - 412   1990.1The detection of human papillomavirus (HPV) in a case of minimal deviation adenocarcinoma of the uterine cervix (adenoma malignum) using in situ hybridization.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Sakaoka H., Kawana T., Grillner L., Aomori T., Yamaguchi T., Saito H., Fujinaga K. .  Genome variations in herpes simplex virus type 2 strains isolated in Japan and Sweden. .  Journal of general Virology68   2105 - 2116   1987.1Genome variations in herpes simplex virus type 2 strains isolated in Japan and Sweden. Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yoshimura F., Takasawa T., Yoneyama M., Yamaguchi T., Shiokawa H., Suzuki T. .  Fimbriae from the oral anaerobe Bacteroides gingivalis: physical, chemical, and immunological properties. .  Journal of Bacteriology163   730 - 734   1985.1Fimbriae from the oral anaerobe Bacteroides gingivalis: physical, chemical, and immunological properties.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 周術期等口腔機能管理の実際がよくわかる本

    編者:梅田正博、五月女さき子( Role: Joint author ,  脳卒中手術と口腔管理)

    クイントエッセンス出版株式会社  2020.9 

     More details

    Total pages:128   Responsible for pages:37-43   Language:Japanese Book type:Scholarly book

    脳卒中の病態の概説と急性期病院における脳卒中患者の口腔機能管理

  • Carcinoma of the uterine cervix and human papillomavirus.

    Yamakawa Y., Shimano S., Hashimoto M., Yamaguchi T., Ishida S., Sawada Y., Fujinaga K., Iwasawa A. Kumamoto Y.( Role: Sole author)

    Fukushima Print. Sapporo. Japan.  1988.6 

     More details

    Language:English Book type:Scholarly book

MISC

  • Streptococcus intermedius の感染に関与する付着機構

    山口泰平

    鹿児島大学歯学部紀要   28   27 - 38   2008

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

Presentations

  • 山口泰平   口腔機能管理の現状と課題:連携による治療前から入院中の管理について   Invited

    第14回 出水郡医科歯科連携研究会  2020.11  出水郡医科歯科連携協議会

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:鹿児島県  出水郡医師会広域医療センター   Country:Japan  

  • 山口泰平、高島裕之、渋谷恭之 他:   膵頭十二指腸切除術における周術期口腔機能管理の術後合併症予防効果  

    第17回 日本口腔ケア学会学術大会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2020.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:長崎  

    多施設における膵頭十二指腸切除術を施行された患者について周術期口腔機能管理を行った場合の効果についての検証。肺炎は関連なかったが、手術部位感染では明らかな効果を認めた。

  • 延原浩、五月女さき子、村田咲、、、山口泰平 他   大腸癌術後合併症に対する周術期口腔機能管理の予防効果に関する多施設共同研究  

    第17回 日本口腔ケア学会学術大会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2020.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:長崎  

    多施設における大腸がん切除術を施行された患者について周術期口腔機能管理を行った場合の効果についての検証。肺炎は関連なかったが、手術部位感染では明らかな効果を認めた。

  • 高島裕之、渋谷恭之、五月女さき子、、、山口泰平 他   周術期口腔ケアによる胃癌術後合併症予防効果に関する臨床的検討  

    第17回 日本口腔ケア学会学術大会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2020.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:長崎  

    多施設における胃がん切除術を施行された患者について周術期口腔機能管理を行った場合の効果についての検証。肺炎は関連なかったが、術後の発熱では明らかな効果を認めた。

  • 鶴田美穂、、、、山口泰平、於保孝彦    胃がん患者に対する周術期口腔機能管理の効果   International conference

    第69回日本口腔衛生学会学術大会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2020.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡 WEB開催  

    鹿児島大学口腔保健科で管理した胃癌の周術期の症例について歯科的介入の効果を検証した。術後の在院日数に有意な差を認めた。

  • 下神梢、森和代、、、山口泰平   口腔清掃不良が難治性口腔GVHDの一要因となった1症例  

    第5回日本がん口腔支持療法学会学術大会  日本がん口腔支持療法学会

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京  

    急性骨髄性白血病の1症例について急性GVHDで口腔清掃不良による重度の口腔粘膜炎が発症した症例を報告した。

  • 基敏裕、、、山口泰平、於保孝彦   頭頚部がんに対する強度変調放射線療法に伴う口腔粘膜炎と入院期間との関係   International conference

    第5回日本がん口腔支持療法学会学術大会  日本がん口腔支持療法学会

     More details

    Event date: 2019.11 - 2019.12

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京  

    鹿児島大学口腔保健科で管理した耳鼻咽喉科で放射線療法を受けた患者における口腔機能管理の効果の検証を実施した。介入により有意に粘膜炎の軽減、在院日数の縮小がみられた。

  • 山口泰平   鹿児島大学病院における周術期口腔機能管理の現状と課題 ー大学における医科歯科連携と地域包括ケアとの関わりー   Invited

    九州歯科大学 口腔ケアセミナー  九州歯科大学

     More details

    Event date: 2019.11

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:北九州市  

    九州歯科大学で周術期口腔機能管理を立ち上げるに当たって、鹿児島大学での実績、システムについての参考講演を実施した。

  • 鶴田美穂、、、、山口泰平、於保孝彦    成人T細胞白血病に対する移植前後の周術期口腔機能管理の1症例  

    第41回 九州口腔衛生学会総会  九州口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:北九州市  

    鹿児島大学病院で加療した成人T細胞白血病患者について歯科口腔ケアを実施した症例について、その効果を検証したところ、口腔粘膜炎の発症に有意に効果を認めることができた。

  • 堀之内美帆,森和代,下田平貴子,山口泰平   化学放射線療法後の亜鉛欠乏を一因とした難治性口腔粘膜炎により様々な障害をきたした1例  

    第14回 日本歯科衛生学会学術大会  日本歯科衛生学会

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:ウインクあいち  

    頭頚部癌に対する化学放射線療法では、晩期に至っても口腔乾燥や味覚異常等の有害事象は残りやすく、食事内容の制限や口腔周囲筋の萎縮に伴う機能低下も相まって栄養状態が悪化しやすい。中でも亜鉛は細胞の再生に必須で、不足すると治癒遅延・治癒不全をきたす。今回、亜鉛欠乏が一因で難治性口腔粘膜炎となり、良好な口腔内環境へ改善させるのに難渋した症例を経験したため報告する。

  • 山口泰平、小幡純子、森和代、下神梢、下田平貴子、於保孝彦   造血細胞移植患者における血流感染の実態調査  (移植治療中以外を含む)  

    第16回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋  

  • 森和代、下神梢、下田平貴子、山口泰平、於保孝彦   口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の使用と今後の課題   International conference

    第16回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2019.4

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:名古屋  

  • 山口泰平   本院における周術期口腔機能管理のシステム作りとその効果  

    第12回 鹿児島大学保健医療研究会  鹿児島大学保健医療研究会

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:鹿児島大学  

    鹿児島大学における周術期口腔機能管理のシステム作りについて

  • 中野由、、、山口泰平、於保孝彦   食道癌術後の繰り返す誤嚥性肺炎予防のため口腔衛生管理を継続している一症例   International conference

    第40回 九州口腔衛生学会総会  九州口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島市  

    食道癌手術を受けた後、誤嚥性肺炎を続発する1症例の口腔ケア管理についての報告

  • 山口泰平   大学における医科歯科連携と地域包括ケアとの関わり   Invited

    第40回 九州口腔衛生学会総会  九州口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2018.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:鹿児島市  

    鹿児島大学病院における周術期口腔機能管理のシステムとその運用について

  • 山口泰平、於保孝彦   造血細胞移植後に発生する口腔粘膜炎に対する咬傷の影響についての考察  

    第15回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2018.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

  • 帆北友紀、山口泰平、森和代、於保孝彦、下田平貴子   右上顎癌に対して化学放射線併用療法実施後に重度の口腔粘膜炎を呈した1症例  

    第15回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2018.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

  • 山口泰平   大学における医科歯科連携と地域包括ケアとの関わり   Invited

    鹿児島大学歯学部公開講座  鹿児島県歯科医師会

     More details

    Event date: 2017.12

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:鹿児島市  

    鹿児島大学における周術期口腔機能管理のシステム作りとその課題

  • 五月女さき子、、、山口泰平、、、   食道がん術後肺炎に対する口腔ケアの予防効果~口腔ケア学会共同研究委員会による多施設共同研究の提案~  

    第14回 日本口腔ケア学会学術大会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2017.4

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:沖縄  

    食道がん術後肺炎患者に対する口腔ケアの予防効果を口腔ケア学会共同研究委員会による多施設共同研究で実施した。口腔ケア管理を取り入れることによって術後肺炎が有意に減少した。

  • 山口泰平、於保孝彦   鹿児島大学病院における「歯のチェック室」の運用状況についての考察  

    第14回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2017.4

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:沖縄  

  • 山口泰平   口腔ケアとその実践口腔ケアとその実践   Invited

    鹿児島大学歯学部公開講座  宮崎県歯科医師会

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:宮崎市  

    鹿児島大学における周術期口腔機能管理のシステム作りとその実績、課題

  • 森和代、堀之内美帆、堂満愛弓、下田平貴子、山口泰平、於保孝彦、五月女さき子   ベバシズマブ投与により歯肉炎増悪となった症例への口腔ケア介入  

    第13回 日本口腔ケア学会総会  日本口腔ケア学会

     More details

    Event date: 2016.4

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:千葉  

  • 佐藤節子、山口泰平、於保孝彦   ストレス環境下におけるStreptococcus anginosusの硫化水素産生能の増大  

    基礎歯科医学会  基礎歯科医学会

     More details

    Event date: 2014.9

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 山口泰平、五月女さき子、於保孝彦   Granulicatella adiacensのフィブロネクチン結合能における血中トランスフェリンの役割  

    Lancefieldレンサ球菌研究会  Lancefieldレンサ球菌研究会

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    研究会

  • 西山毅、五月女さき子、佐藤節子、都丸誠、長田恵美、山口泰平、於保孝彦   運動習慣と全身・口腔の健康状態との関連性  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:Japanese  

    Venue:長野  

    国内学会

  • 山口泰平、於保孝彦   Intermedilysinのコレステロール認識機構の解析  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:Japanese  

    Venue:長野  

    国内学会

  • Zulfiqar Maria、山口泰平、佐藤節子、於保孝彦   Fusobacterium nucleatumの唾液アミラーゼへの付着機構の解析  

    九州口腔衛生学会  九州口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 三輪容子、山口泰平、島田和幸、佐藤巌   両生類下顎骨における甲状腺ホルモンレセプターに発現について  

    歯科基礎医学会  歯科基礎医学会

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese  

    Venue:福島  

    国内学会

  • 三輪容子、山口泰平、島田和幸、佐藤巌   両生類歯胚における甲状腺ホルモンレセプターの発現について  

    日本解剖学会  日本解剖学会

     More details

    Event date: 2012.3

    Language:Japanese  

    Venue:山梨  

    国内学会

  • 山口泰平、於保孝彦   Granulicatella para-adiacensの持つ新規フィブロネクチン結合タンパクの精製  

    日本細菌学会  日本細菌学会

     More details

    Event date: 2012.3

    Language:Japanese  

    Venue:長崎  

    国内学会

  • 山口泰平   口腔細菌の定着・感染機構を応用した宿主のリスク診断  

    日本口腔衛生学会 自由集会  日本口腔衛生学会 自由集会

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese  

    Venue:千葉  

    国内学会

  • 西山毅、長田恵美、五月女さき子、佐藤節子、山口泰平、於保孝彦   残存歯数と全身健康状態および生活状態との関連  

    九州口腔衛生学会  九州口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese  

    Venue:熊本  

    国内学会

  • 山口泰平、五月女さき子、於保孝彦   Granulicatella adiacens のフィブロネクチン結合能における血中トランスフェリンの役割  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese  

    Venue:千葉  

    国内学会

  • 西山毅、田中千穂子、五月女さき子、長田恵美、三重幸恵、北田勝浩、佐藤節子、日野陽一、山口泰平、於保孝彦   小児の咀嚼に関する保護者の意識  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese  

    Venue:長野  

    国内学会

  • 山口 泰平、於保 孝彦   口腔レンサ球菌のカルシウム依存性唾液凝集反応の解析  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese  

    Venue:長野  

    国内学会

  • 山口泰平、於保孝彦   口腔レンサ球菌の口腔内付着を調節する唾液因子の解析  

    日本細菌学会  日本細菌学会

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese  

    Venue:京都  

    国内学会

  • 五月女さき子、山口泰平、於保孝彦   Granulicatella adiacens 表層のフィブロネクチン結合物質の同定、解析   International conference

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:English  

    Venue:東京  

    国際学会

  • 山口泰平、於保孝彦   口腔レンサ球菌の口腔内付着を阻害する唾液因子の同定、解析  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2007.10

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 山口泰平、於保孝彦   Granulicatella adiacens 表層のフィブロネクチン結合物質の同定、解析  

    日本細菌学会  日本細菌学会

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese  

    Venue:大阪  

    国内学会

  • 五月女さき子、山口泰平、伊藤博夫、於保孝彦   フィブロネクチンとの結合に関与するGranulicatella adiacens表層物質の同定  

    日本口腔衛生学会  日本口腔衛生学会

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese  

    Venue:大阪  

    国内学会

  • 山口 泰平、於保 孝彦   口腔レンサ球菌の口腔内付着は、唾液中の複数の因子で調節される  

    歯科基礎医学会  歯科基礎医学会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

    Venue:神奈川  

    国内学会

  • 鉛山ゆかり、山口泰平、伊藤博夫、於保孝彦   Porphyromonas gingivalisの線毛遺伝子型と歯周疾患重症度との関連性について  

    日本口腔衛生学会九州地方会  日本口腔衛生学会九州地方会

     More details

    Event date: 2006.7

    Language:Japanese  

    Venue:宮崎  

    国内学会

  • 山口泰平、於保孝彦   口腔レンサ球菌の初期付着における唾液中の付着阻害因子の解析  

    日本細菌学会  日本細菌学会

     More details

    Event date: 2006.3

    Language:Japanese  

    Venue:金沢  

    国内学会

  • 松尾佳菜子・岩崎司・山口泰平・杉元康志   オボアルブミン除去胚の形態観察と遺伝子発現の解析  

    日本分子生物学会  日本分子生物学会

     More details

    Event date: 2005.12

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 山口泰平   生体マウス由来の臓器を用いた新規SUMO化基質の同定  

    日本歯科基礎医学会  日本歯科基礎医学会

     More details

    Event date: 2005.9

    Language:Japanese  

    Venue:仙台  

    国内学会

  • 山口泰平   口腔連鎖球菌の菌体表層カルシウム結合タンパクはenolaseであった  

    Lancefieldレンサ球菌研究会  Lancefieldレンサ球菌研究会

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    研究会

  • 山口泰平   口腔連鎖球菌の菌体表層カルシウム結合タンパク質の精製と機能解析  

    日本細菌学会  日本細菌学会

     More details

    Event date: 2005.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 山口泰平   口腔ミレリ連鎖球菌の産生する溶血毒素の同定と精製  

    歯科基礎医学会  歯科基礎医学会

     More details

    Event date: 2004.10

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    国内学会

  • 山口 泰平, 於保 孝彦, 佐藤 節子, 長田 恵美, 西山 毅, 小幡 純子, 中野 由   鹿児島大学病院における「歯のチェック室」の運用状況についての考察  

    日本口腔ケア学会雑誌  2017.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 中野 由, 小幡 純子, 西山 毅, 長田 恵美, 山口 泰平, 鶴田 実穂, 石田 真子, 櫨元 里紗, 於保 孝彦   食道癌術後の繰り返す誤嚥性肺炎予防のため口腔衛生管理を継続している一症例  

    口腔衛生学会雑誌  2019.7  (一社)日本口腔衛生学会

  • 五月女 さき子, 栗田 浩, 植野 高章, 渋谷 恭之, 大部 一成, 山口 泰平, 長谷川 巧実, 冨原 圭, 青木 久美子, 池上 由美子   食道がん術後肺炎に対する口腔ケアの予防効果 口腔ケア学会共同研究委員会による多施設共同研究の提案  

    日本口腔ケア学会雑誌  2017.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 山口 泰平, 小幡 純子, 森 和代, 下神 梢, 下田平 貴子, 於保 孝彦   造血細胞移植患者における血流感染の実態調査(移植治療中以外を含む)  

    日本口腔ケア学会雑誌  2019.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 山口 泰平, 於保 孝彦, 森 和代, 堀之内 美帆, 下田平 貴子   造血細胞移植後に発生する口腔粘膜炎に対する咬傷の影響についての考察  

    日本口腔ケア学会雑誌  2018.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 基 敏裕, 西山 毅, 長田 恵美, 山口 泰平, 於保 孝彦   かかりつけ歯科医による定期検診の受診要因についての因子探索研究  

    口腔衛生学会雑誌  2020.3  (一社)日本口腔衛生学会

  • 堀之内 美帆, 森 和代, 下田平 貴子, 山口 泰平   化学放射線療法後の亜鉛欠乏を一因とした難治性口腔粘膜炎により様々な障害をきたした1例  

    日本歯科衛生学会雑誌  2019.8  日本歯科衛生学会

  • 山口 泰平   医療連携を考える 大学における医科歯科連携と地域包括ケアとの関わり  

    口腔衛生学会雑誌  2019.7  (一社)日本口腔衛生学会

  • 五月女 さき子, 林田 咲, 川北 晃子, 岩田 英治, 長谷川 巧実, 古森 孝英, 山田 慎一, 栗田 浩, 宮本 大模, 渋谷 恭之, 河岡 有美, 兒島 由佳, 山口 泰平, 於保 孝彦, 中原 寛和, 延原 浩, 船原 まどか, 梅田 正博   医科歯科連携 がん手術時の周術期口腔機能管理の有効性に関する多施設共同研究  

    日本口腔科学会雑誌  2018.7  (NPO)日本口腔科学会

  • 森 和代, 下神 梢, 下田平 貴子, 石田 真子, 山口 泰平, 於保 孝彦   口腔粘膜炎に対するエピシル口腔溶液の使用と今後の課題  

    日本口腔ケア学会雑誌  2019.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 帆北 友紀, 山口 泰平, 森 和代, 於保 孝彦, 下田平 貴子   右上顎癌に対して化学放射線併用療法実施後に重度の口腔粘膜炎を呈した1症例  

    日本口腔ケア学会雑誌  2018.4  (一社)日本口腔ケア学会

  • 鶴田 実穂, 西山 毅, 山口 泰平, 於保 孝彦   急性リンパ性白血病に対する移植前後の周術期口腔機能管理の一症例  

    口腔衛生学会雑誌  2020.4  (一社)日本口腔衛生学会

  • 基 敏裕, 小幡 純子, 中野 由, 西山 毅, 長田 恵美, 山口 泰平, 島袋 紀一, 於保 孝彦   歯周組織状態に対するかかりつけ歯科医院による定期管理の有効性 大崎町研究  

    口腔衛生学会雑誌  2018.1  (一社)日本口腔衛生学会

  • 延原 浩, 五月女 さき子, 林田 咲, 梅田 正博, 長谷川 巧実, 明石 昌也, 山田 慎一, 栗田 浩, 中原 寛和, 上田 順宏, 桐田 忠昭, 中村 知寿, 渋谷 恭之, 山口 泰平, 森 和代   消化器外科SSI対策 経験からその検証へ 大腸癌術後SSIに対する周術期口腔ケアの予防効果に関する多施設共同研究  

    日本外科感染症学会雑誌  2020.10  (一社)日本外科感染症学会

  • 鶴田 実穂, 藤島 慶, 西山 毅, 長田 恵美, 山口 泰平, 石田 真子, 森 ひかる, 瀬戸口 大介, 於保 孝彦, 夏越 祥次, 伊地知 徹也   胃がん患者に対する周術期口腔機能管理の効果  

    口腔衛生学会雑誌  2020.3  (一社)日本口腔衛生学会

▼display all

Intellectual Property

  • NOVEL PEPTIDE OR SALT THEREOF, COMPOSITION FOR ENHANCING PROLIFERATION OF FIBROBLAST CELLS AND COMPOSITION FOR ENHANCING ELASTIN PRODUCTION IN FIBROBLAST CELLS AND CHONDROCYTES CONTAINING THE SAME

    Arima K, Yamaguchi T, Komine T, Takuno M

     More details

    Application no:2017-199547  Date applied:2018.10

    Country of applicant:Foreign country  

  • 新規なペプチド(又はその塩)並びにそれを含む線維芽細胞増殖促進剤及び繊維芽細胞又は軟骨細胞におけるエラスチン産生促進剤

    有馬一成、山口泰平、小峯卓士、宅野美月

     More details

    Application no:29NK999  Date applied:2017.10

    Country of applicant:Domestic  

Research Projects

  • 口腔常在菌による誤嚥性肺炎発症機構の分子的解析と宿主リスク評価法

    2018.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    山口泰平、五月女さき子、有馬一成

  • 放射線性多発う蝕の発生機序の解明と予防法に関する多施設共同ランダム化比較試験

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    五月女さき子、梅田正博、長谷川巧実、山田慎一 、渋谷恭之、上田順宏、兒島由佳、山口泰平

  • 口腔アンギノーサスレンサ球菌による深部感染症の発症機構の解析と宿主リスク評価

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    口腔アンギノーサスレンサ球菌による深部感染症の発症機構の解析と宿主リスク評価

  • 口腔細菌による全身性疾患に対する定着・感染機構を応用した宿主のリスク診断法の開発

    2011.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    口腔細菌による全身性疾患に対する定着・感染機構を応用した宿主のリスク診断法の開発

  • 起炎菌不明とされてきた感染性心内膜炎の感染機序の解明および新規予防法の開発

    2009.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    起炎菌不明とされてきた感染性心内膜炎の感染機序の解明および新規予防法の開発

  • 口腔細菌のバイオフィルム形成因子の発現は唾液タンパク質によって制御されるか?

    2009.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    口腔細菌のバイオフィルム形成因子の発現は唾液タンパク質によって制御されるか?

  • 口腔常在細菌叢のコントロールによる口腔および全身性感染防御法の構築とその応用

    2008.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    口腔常在細菌叢のコントロールによる口腔および全身性感染防御法の構築とその応用

  • 口腔バイオフィルム誘発性全身疾患に対する新しい予防法の開発

    2007.4 - 2010.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    口腔バイオフィルム誘発性全身疾患に対する新しい予防法の開発

  • 唾液中の細菌付着阻害タンパクを応用した、全身的な細菌感染防御法の開発

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    唾液中の細菌付着阻害タンパクを応用した、全身的な細菌感染防御法の開発

  • 唾液タンパク質由来ペプチドを用いた新しい口腔ケア方法の開発

    2006.4 - 2008.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    唾液タンパク質由来ペプチドを用いた新しい口腔ケア方法の開発

  • 感染症局所病変の病型決定に関する宿主遺伝子の探索

    2005.4 - 2007.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      More details

    感染症局所病変の病型決定に関する宿主遺伝子の探索

  • 口腔Streptococcus milleriの生体定着因子に関する研究

    1996.4 - 1998.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      More details

    口腔Streptococcus milleriの生体定着因子に関する研究

  • 口腔内ミレリ連鎖球菌表層のカルシウム依存性抗原物質の精製と性情、構造の分析

    1996.4 - 1998.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    口腔内ミレリ連鎖球菌表層のカルシウム依存性抗原物質の精製と性情、構造の分析

  • 口腔Streptococcus milleri のヒト細胞特異的溶解性毒素

    1991.4 - 1992.3

    科学研究費補助金  奨励研究

      More details

    口腔Streptococcus milleri のヒト細胞特異的溶解性毒素

▼display all