2021/07/29 更新

写真a

オオニシ トモカズ
大西 智和
OHNISHI Tomokazu
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1992年12月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 骨芽細胞

  • 歯周炎

  • 肝細胞増殖因子

  • 病態医科生化学

  • 生体活性物質

  • Pathological Medical Biochemistry

  • ケラチノサイト

  • COVID-19

研究分野

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学  / 細胞分子生物学

  • ライフサイエンス / 病態医化学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

学歴

  • 鹿児島大学   歯学部   歯科学

    - 1988年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    - 1988年

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科   准教授

    2003年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 口腔生化学   助手

    1992年4月 - 現在

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本骨代謝学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

    2015年10月 - 現在

  • 歯科基礎医学会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本生化学会

▼全件表示

委員歴

  • 歯科基礎医学会   評議委員  

留学歴

  • 1999年11月 - 2001年11月   ジョンズ・ホプキンス大学   ポスドク

  • 1996年2月 - 1996年4月   マインツ大学   研究員

 

論文

  • Ohnishi T, Hisadome M, Joji K, Chiba N, Amir MS, Kanekura T, Matsuguchi T .  Ultraviolet B irradiation decreases CXCL10 expression in keratinocytes through endoplasmic reticulum stress. .  Journal of cellular biochemistry   2021年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: 10.1002/jcb.29936

    PubMed

  • Bone morphogenetic protein 9 (BMP9) directly induces Notch effector molecule Hes1 through the SMAD signaling pathway in osteoblasts .    595 ( 3 ) 389 - 403   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1873-3468.14016

  • Tomokazu Ohnishi , Joji Kusuyama , Kenjiro Bandow , Tetsuya Matsuguchi .  Glut1 Expression Is Increased by p53 Reduction to Switch Metabolism to Glycolysis During Osteoblast Differentiation .  Biochemical Journal477 ( 10 ) 1795 - 1811   2020年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BCJ20190888

  • Joji Kusuyama, Kenjiro Bandow , Tomokazu Ohnishi , Muhammad Subhan Amir Kaori Shima , Ichiro Semba , Tetsuya Matsuguchi .  CXCL13 Is a Differentiation- And Hypoxia-Induced Adipocytokine That Exacerbates the Inflammatory Phenotype of Adipocytes Through PHLPP1 Induction .  Biochemical Journal476 ( 22 ) 3533 - 3548   2019年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Joji Kusuyama , Changhwan Seong , Toshiaki Nakamura , Tomokazu Ohnishi, Muhammad Subhan Amir , Kaori Shima, Ichiro Semba , Kazuyuki Noguchi , Tetsuya Matsuguchi .  BMP9 Prevents Induction of Osteopontin in JNK-inactivated Osteoblasts via Hey1-Id4 Interaction .  nt J Biochem Cell Biol .2019 ( 116 )   2019年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nahoko Eiraku , Norika Chiba , Toshiaki Nakamura , Muhammad Subhan Amir 3 , Chang-Hwan Seong 3 , Tomokazu Ohnishi , Joji Kusuyam, Kazuyuki Noguchi, Tetsuya Matsuguchi .  BMP9 Directly Induces Rapid GSK3-β Phosphorylation in a Wnt-independent Manner Through Class I PI3K-Akt Axis in Osteoblasts .  FASEB J .   2019年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusuyama J, Seong C, Makarewicz NS, Ohnishi T, Shima K, Semba I, Bandow K, Matsuguchi T. .  Low intensity pulsed ultrasound (LIPUS) maintains osteogenic potency by the increased expression and stability of Nanog through spleen tyrosine kinase (Syk) activation. .  Cell Signal   109345   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cellsig.2019.109345.

    PubMed

  • Kusuyama J, Amir MS, Albertson BG, Bandow K, Ohnishi T, Nakamura T, Noguchi K, Shima K, Semba I, Matsuguchi T. .  JNK inactivation suppresses osteogenic differentiation, but robustly induces osteopontin expression in osteoblasts through the induction of inhibitor of DNA binding 4 (Id4). .  FASEB J33 ( 6 ) 7331 - 7347   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.201802465R.

    PubMed

  • Kusuyama J, Nakamura T, Ohnishi T, Albertson BG, Ebe Y, Eiraku N, Noguchi K, Matsuguchi T. .  Low-intensity pulsed ultrasound promotes bone morphogenic protein 9-induced osteogenesis and suppresses inhibitory effects of inflammatory cytokines on cellular responses via Rho-associated kinase 1 in human periodontal ligament fibroblasts. .  J Cell Biochem   10   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.28727.

    PubMed

  • Kusuyama J, Kamisono A, ChangHwan S, Amir MS, Bandow K, Eiraku N, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Spleen tyrosine kinase influences the early stages of multilineage differentiation of bone marrow stromal cell lines by regulating phospholipase C gamma activities. .  J Cell Physiol233 ( 3 ) 2549 - 2559   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcp.26130.

    PubMed

  • Kusuyama J, Ohnishi T, Bandow K, Amir MS, Shima K, Semba I, Matsuguchi T. .  Constitutive activation of p46JNK2 is indispensable for C/EBPホエ induction in the initial stage of adipogenic differentiation. .  Biochem J474 ( 20 ) 3421 - 3437   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BCJ20170332.

    PubMed

  • Kusuyama J, Nakamura T, Ohnishi T, Eiraku N, Noguchi K, Matsuguchi T. .  Low-Intensity Pulsed Ultrasound (LIPUS) Promotes BMP9-Induced Osteogenesis and Suppresses Inflammatory Responses in Human Periodontal Ligament-Derived Stem Cells. .  J Orthop Trauma31 ( 7 ) S4   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/01.bot.0000520897.92470.70.

    PubMed

  • Kusuyama J, Bandow K, Ohnishi T, Hisadome M, Shima K, Semba I, Matsuguchi T. .  Osteopontin inhibits osteoblast responsiveness through the down-regulation of focal adhesion kinase mediated by the induction of low-molecular weight protein tyrosine phosphatase. .  Mol Biol Cell28 ( 10 ) 1326 - 1336   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1091/mbc.E16-10-0716.

    PubMed

  • Kusuyama J, Komorizono A, Bandow K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  CXCL3 positively regulates adipogenic differentiation. .  J Lipid Res57 ( 10 ) 1806 - 1820   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hisadome M, Ohnishi T, Kakimoto K, Kusuyama J, Bandow K, Kanekura T, Matsuguchi T. .  Hepatocyte growth factor reduces CXCL10 expression in keratinocytes. .  FEBS Lett590 ( 20 ) 3595 - 3605   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/1873-3468.12452.

    PubMed

  • Kusuyama J, Hwan Seong C, Ohnishi T, Bandow K, Matsuguchi T. .  10. Low-Intensity Pulsed Ultrasound (LIPUS) Stimulation Helps to Maintain the Differentiation Potency of Mesenchymal Stem Cells by Induction in Nanog Protein Transcript Levels and Phosphorylation. .  J Orthop Trauma30 ( 8 ) S4 - S5   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/01.bot.0000489983.17459.0b.

    PubMed

  • Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  AMP-activated protein kinase (AMPK) activity negatively regulates chondrogenic differentiation. .  Bone74   125 - 133   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2014.12.001.

    PubMed

  • Maeda A, Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T. .  Induction of CXCL2 and CCL2 by pressure force requires IL-1ホイ-MyD88 axis in osteoblasts. .  Bone74   76 - 82   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2015.01.007.

    PubMed

  • Kusuyama J, Bandow K, Shamoto M, Kakimoto K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Low intensity pulsed ultrasound (LIPUS) influences the multilineage differentiation of mesenchymal stem and progenitor cell lines through ROCK-Cot/Tpl2-MEK-ERK signaling pathway. .  J Biol Chem289 ( 15 ) 10330 - 10344   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.546382.

    PubMed

  • Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Kusuyama J, Matsuguchi T. .  Long-time treatment by low-dose N-acetyl-L-cysteine enhances proinflammatory cytokine expressions in LPS-stimulated macrophages. .  PLoS One9 ( 2 ) e87229   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0087229.

    PubMed

  • Nakao J, Fujii Y, Kusuyama J, Bandow K, Kakimoto K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) inhibits LPS-induced inflammatory responses of osteoblasts through TLR4-MyD88 dissociation. .  Bone58   17 - 25   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2013.09.018.

    PubMed

  • Matsui I, Hamano T, Mikami S, Inoue K, Shimomura A, Nagasawa Y, Michigami T, Ohnishi T, Fujii N, Nakano C, Kusunoki Y, Kitamura H, Iwatani H, Takabatake Y, Kaimori JY, Matsuba G, Okoshi K, Kimura-Suda H, Tsubakihara Y, Rakugi H, Isaka Y. .  Retention of fetuin-A in renal tubular lumen protects the kidney from nephrocalcinosis in rats. .  Am J Physiol Renal Physiol304 ( 6 ) F751 - F760   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajprenal.00329.2012.

    PubMed

  • Bandow K, Kusuyama J, Shamoto M, Kakimoto K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  LPS-induced chemokine expression in both MyD88-dependent and -independent manners is regulated by Cot/Tpl2-ERK axis in macrophages. .  FEBS Lett586 ( 10 ) 1540 - 1546   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2012.04.018.

    PubMed

  • Bandow K, Maeda A, Kakimoto K, Kusuyama J, Shamoto M, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Molecular mechanisms of the inhibitory effect of lipopolysaccharide (LPS) on osteoblast differentiation. .  Biochem Biophys Res Commun402 ( 4 ) 755 - 761   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.10.103.

    PubMed

  • Kakimoto K, Musikacharoen T, Chiba N, Bandow K, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Cot/Tpl2 regulates IL-23 p19 expression in LPS-stimulated macrophages through ERK activation. .  J Physiol Biochem66 ( 1 ) 47 - 53   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13105-010-0007-9.

    PubMed

  • Ohnishi T, Okamoto A, Kakimoto K, Bandow K, Chiba N, Matsuguchi T. .  Involvement of Cot/Tp12 in bone loss during periodontitis. .  J Dent Res89 ( 2 ) 192 - 197   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0022034509353405.

    PubMed

  • Okamoto A, Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Chiba N, Maeda A, Fukunaga T, Miyawaki S, Matsuguchi T. .  Reduction of orthodontic tooth movement by experimentally induced periodontal inflammation in mice. .  Eur J Oral Sci117 ( 3 ) 238 - 247   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0722.2009.00625.x.

    PubMed

  • Matsuguchi T, Chiba N, Bandow K, Kakimoto K, Masuda A, Ohnishi T. .  JNK activity is essential for Atf4 expression and late-stage osteoblast differentiation. .  J Bone Miner Res24 ( 3 ) 398 - 410   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1359/jbmr.081107.

    PubMed

  • Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Machigashira M, Matsuyama T, Matsuguchi T. .  Oxidative stress causes alveolar bone loss in metabolic syndrome model mice with type 2 diabetes. .  J Periodontal Res44 ( 1 ) 43 - 51   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0765.2007.01060.x.

    PubMed

  • Bandow K, Nishikawa Y, Ohnishi T, Kakimoto K, Soejima K, Iwabuchi S, Kuroe K, Matsuguchi T. .  Low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) induces RANKL, MCP-1, and MIP-1beta expression in osteoblasts through the angiotensin II type 1 receptor. .  J Cell Physiol211 ( 2 ) 392 - 398   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ohnishi T, Kakimoto K, Bandow K, Lowenstein CJ, Daikuhara Y, Matsuguchi T. .  Mature hepatocyte growth factor/scatter factor on the surface of human granulocytes is released by a mechanism involving activated factor Xa. .  J Immunol176 ( 11 ) 6945 - 6953   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Bandow K, Ohnishi T, Tamura M, Semba I, Daikuhara Y. .  Hepatocyte growth factor/scatter factor stimulates migration of muscle precursors in developing mouse tongue. .  J Cell Physiol201 ( 2 ) 236 - 243   2004年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Padalko E, 大西智和(OhnishiTomokazu), Matsushita K, Sun H, Fox-Talbot K, Bao C, Baldwin WM 3rd, Lowenstein CJ. .  Peroxynitrite inhibition of Coxackievirus infection by prevention of viral RNA entry. .  Proc Natl Acad Sci USA101 ( 32 ) 11731 - 11736   2004年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohnishi T, Daikuhara Y. .  Hepatocyte growth factor/scatter factor in development, inflammation and carcinogenesis: its expression and role in oral tissues. .  Arch Oral Biol48 ( 12 ) 797 - 804   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ohnishi Tomokazu, Daikuhara Yasushi .  口腔生物学における肝細胞増殖因子(Hepatocyte Growth Factor in Oral Biology) .  Dentistry in Japan39   48 - 51   2003年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本歯科医学会  

  • Tsuboi Y, Kakimoto K, Nakajima M, Akatsu H, Yamamoto T, Ogawa K, Ohnishi T, Daikuhara Y, Yamada T. .  Increased hepatocyte growth factor level in cerebrospinal fluid in Alzheimer's disease. .  Acta Neurol Scand107 ( 2 ) 81 - 86   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 大西智和(OhnishiTomokazu) .  Hepatocyte growth factor in oral biology .  Dentistry in Japan39 ( ※ ) 48 - 51   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito T, Suzuki A, Imai E, Horimoto N, Ohnishi T, Daikuhara Y, Hori M. .  Tornado extraction: a method to enrich and purify RNA from the nephrogenic zone of the neonatal rat kidney. .  Kidney Int62 ( 3 ) 763 - 769   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kakimoto K, Machigashira M, Ohnishi T, Kajihara T, Semba I, Setoguchi T, Tamura M, Izumi Y, Daikuhara Y. .  Hepatocyte growth factor in gingival crevicular fluid and the distribution of hepatocyte growth factor-activator in gingival tissue from adult periodontitis. .  Arch Oral Biol47 ( 9 ) 655 - 663   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Matsumori A, Takano H, Obata JE, Takeda S, Tsuyuguchi N, Ono K, Okada M, Miyamoto T, Ohnishi T, Daikuhara Y, Sasayama S. .  Circulating hepatocyte growth factor as a diagnostic marker of thrombus formation in patients with cerebral infarction. .  Circ J66 ( 2 ) 216 - 218   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Matsumori Akira, Takano Hajime, Obata Jun-ei, Takeda Satoshi, Tsuyuguchi Naohiko, Ono Koh, Okada Masaharu, Miyamoto Tadashi, Ohnishi Tomokazu, Daikuhara Yasushi, Sasayama Shigetake .  脳梗塞患者における血栓形成診断の標識としての血中肝細胞増殖因子(Circulating Hepatocyte Growth Factor as a Diagnostic Marker of Thrombus Formation in Patients With Cerebral Infarction) .  Circulation Journal66 ( 2 ) 216 - 218   2002年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本循環器学会  

    急性心筋梗塞の超早期に血中肝細胞増殖因子(HGF)濃度が上昇することを見出したので脳梗塞の場合も血中HGFが血栓形成の標識となるか否かを検討した.脳梗塞32例中,血中HGFが対照者の平均+2SD以上を示したのは発症6時間以内で20例中10例,発症24時間以内で32例中15例であった.HGF高値の患者の約半数で血漿中D-dimerも高値であった

  • Qian Z, Gelzer-Bell R, Yang Sx SX, Cao W, Ohnishi T, Wasowska BA, Hruban RH, Rodriguez ER, Baldwin WM 3rd, Lowenstein CJ. .  Inducible nitric oxide synthase inhibition of weibel-palade body release in cardiac transplant rejection. .  Circulation104 ( 19 ) 2369 - 2375   2001年11月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 坂東 健二郎, 田村 正人, 大西 智和, 仙波 伊知郎, 大工原 恭 .  胎生期のマウス舌における肝細胞増殖因子(HGF)の生理活性 .  歯科基礎医学会雑誌43 ( 5 )   2001年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:歯科基礎医学会  

    CiNii Article

  • Ohnishi T, Kakimoto K, Hashida S, Fujii M, Hirono S, Nishiyama K, Amita Y, Ishikawa E, Tsubouchi H, Daikuhara Y. .  Development of highly sensitive enzyme-linked immunosorbent assays for hepatocyte growth factor/scatter factor (HGF/SF): determination of HGF/SF in serum and urine from normal human subjects. .  J Immunol Methods244 ( 43467 ) 163 - 173   2000年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Matsumori A, Miyazaki S, Takano H, Ono K, Okada M, Miyamoto T, Nonogi H, Daikoku S, Mitsudo K, Matsunaga Y, Ohnishi T, Daikuhara Y, Sasayama S. .  Circulating hepatocyte growth factor as a marker of thrombus formation in unstable angina pectoris. .  Jpn Circ J64 ( 10 ) 805 - 807   2000年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Dziegielewska KM, Daikuhara Y, Ohnishi T, Waite MP, Ek J, Habgood MD, Lane MA, Potter A, Saunders NR. .  Fetuin in the developing neocortex of the rat: distribution and origin. .  J Comp Neurol423 ( 3 ) 373 - 388   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • OHNISHI T., SUWA M., OYAMA T., ARAKAKI N., TORII M., DAIKUHARA Y. .  Prostaglandin E_2 Predominantly Induces Production of Hepatocyte Growth Factor/Scatter Factor in Human Dental Pulp in Acute Inflammation .  Journal of dental research79 ( 2 ) 748 - 755   2000年2月

     詳細を見る

  • Ohnishi T, Suwa M, Oyama T, Arakaki N, Torii M, Daikuhara Y. .  Prostaglandin E2 predominantly induces production of hepatocyte growth factor/scatter factor in human dental pulp in acute inflammation. .  J Dent Res79 ( 2 ) 748 - 755   2000年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Abdullah Abu Musa DM, Kobayashi K, Yasuda I, Iijima M, Christoffels VM, Tomomura M, Horiuchi M, Ohnishi T, Kajihara T, Daikuhara Y, Lamers WH, Saheki T. .  Involvement of a cis-acting element in the suppression of carbamoyl phosphate synthetase I gene expression in the liver of carnitine-deficient mice. .  Mol Genet Metab68 ( 3 ) 346 - 356   1999年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Nakamura O, Kazi JA, Ohnishi T, Arakaki N, Shao Q, Kajihara T, Daikuhara Y. .  Effects of rat fetuin on stimulation of bone resorption in the presence of parathyroid hormone. .  Biosci Biotechnol Biochem63 ( 8 ) 1383 - 1391   1999年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 中村 修, ジャミール・アハサン・カジ , 大西 智和, 新垣 尚捷, シャオ・チン , 梶原 武弘, 大工原 恭 .  副甲状腺ホルモン存在下における骨吸収促進に及ぼすラットフェチュインの効果 .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry63 ( 8 ) 1383 - 1391   1999年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本農芸化学会  

    ラットフェチュインは骨基質から精製された59kDaのシアロ蛋白質で,ヒトα2-HS糖蛋白質及びウシフェチュインの分子ホモログである.本蛋白質を,45Ca標識した骨片からの45Caの遊離を指標にした骨吸収系に添加したところ,本蛋白質単独では何の効果もなかったが,低濃度の副甲状腺ホルモンにより誘導される骨吸収を用量依存的に促進した.この効果は,カテプシンLの阻害剤であるキモスタチンによって阻害された.I型コラーゲンを本蛋白質とプレインキュベーションすると,カテプシンLによるI型コラーゲンの分解が用量依存的に促進された

  • Arakaki N, Kajihara T, Arakaki R, Ohnishi T, Kazi JA, Nakashima H, Daikuhara Y. .  Involvement of oxidative stress in tumor cytotoxic activity of hepatocyte growth factor/scatter factor. .  J Biol Chem274 ( 19 ) 13541 - 13546   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kajihara T, Ohnishi T, Arakaki N, Semba I, Daikuhara Y. .  Expression of hepatocyte growth factor/scatter factor and c-Met in human dental papilla and fibroblasts from dental papilla. .  Arch Oral Biol44 ( 2 ) 135 - 147   1999年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kazi JA, Nakamura O, Ohnishi T, Arakaki N, Kajihara T, Nakagawa S, Daikuhara Y. .  Changes with age of the rat fetuin concentration in serum and its mRNA expression. .  J Biochem124 ( 1 ) 179 - 186   1998年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kazi Jamil Ahsan, Nakamura Osamu, Ohnishi Tomokazu .  血清中のラットフェチュイン(Fetuin)濃度の年齢による変化とそのmRNA発現 .  The Journal of Biochemistry124 ( 1 ) 179 - 186   1998年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    ラットフェチュイン,ヒトα2-HS糖蛋白質の相対物とウシのフェチュインは強い分子間結合を示し,他の血清蛋白質と関係がある.ラット血清中のフェチュイン濃度を測定する為に,サンプルに1%SDSと5%2-メルカプトエタノールで100℃,3分間前処理し,SDS-PAGEで分離後ウェスタンブロッティングを行った.その結果より,正常ラット血清中のフェチュイン濃度は2.5から4.5mg/mlであることがわかった.ノーザンブロット解析の結果からラットフェチュインmRNAは出生後2から4週間をピークに主に肝臓で発現していた.肝臓中のフェチュインmRNAのレベルはフェチュイン血清濃度に比例して変化していた.脛骨も又フェチュインを発現しているが肝臓より非常に少ない

  • Arakaki N, Kazi JA, Kazihara T, Ohnishi T, Daikuhara Y. .  Hepatocyte growth factor/scatter factor activates the apoptosis signaling pathway by increasing caspase-3 activity in sarcoma 180 cells. .  Biochem Biophys Res Commun245 ( 1 ) 211 - 215   1998年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ohnishi T, Nakamura O, Arakaki N, Daikuhara Y. .  Effect of phosphorylated rat fetuin on the growth of hepatocytes in primary culture in the presence of human hepatocyte-growth factor. Evidence that phosphorylated fetuin is a natural modulator of hepatocyte-growth factor. .  Eur J Biochem243 ( 3 ) 753 - 761   1997年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • KAJI Jamil A., 中村 修, 大西 智和, 大工原 恭 .  ラットフェチュイン発現の局在性 : in situ hybridization 法による検討 .  日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism14 ( 2 )   1996年6月

     詳細を見る

  • Shao Q, Arakaki N, Ohnishi T, Nakamura O, Daikuhara Y. .  Effect of hepatocyte growth factor/scatter factor on lipogenesis in adult rat hepatocytes in primary culture. .  J Biochem119 ( 5 ) 940 - 946   1996年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Shao Qing, Arakaki Naokatu, Ohnishi Tomokazu .  初代培養細胞中の成熟ラット肝細胞での脂肪合成に関する肝細胞成長因子/scatter因子の効果 .  The Journal of Biochemistry119 ( 5 ) 940 - 946   1996年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    肝細胞成長因子(HGF)/scatter因子は,肝細胞の為の最も有望な有糸分裂誘発因子として知られている.組換えヒトHGF(rhHGF)10ng/mlで24時間処理した初期培養ラット肝細胞中では,長鎖脂肪酸中への3H2Oの取り込みを測定すると,コントロールの2倍以上脂肪合成が促進されていた.インスリン(0.1μM)は,rhHGFよりも効果的であるが,rhHGFはインスリンに加えても著者等が使用したコンディションの元では相加・相乗効果の為にNADPHを供給する大切な酵素であるglucose-6-phosphat dehydrogenase(G6PDH)とmalic enzyme,及び脂肪合成の律速酵素であるacetyl-CoA carboxylaseの活性を高めた.G6PDHとacetyl-CoA carboxylase活性の増加は,その酵素のmRNAレベルの増加に伴っている.これらの結果は,HGFが,細胞増殖の刺激だけでなく肝細胞の分化の促進においても肝再生に寄与することを示してしる

  • Sugiyama A, Arakaki R, Ohnishi T, Arakaki N, Daikuhara Y, Takada H. .  Lipoteichoic acid and interleukin 1 stimulate synergistically production of hepatocyte growth factor (scatter factor) in human gingival fibroblasts in culture. .  Infect Immun64 ( 4 ) 1426 - 1431   1996年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Arakaki N, Kawakami S, Nakamura O, Ohnishi T, Miyazaki H, Ishii T, Tsubouchi H, Daikuhara Y. .  Evidence for the presence of an inactive precursor of human hepatocyte growth factor in plasma and sera of patients with liver diseases. .  Hepatology22 ( 6 ) 1728 - 1734   1995年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 中村 修, 大西 智和, 大工原 恭 .  ラットフェチュインの骨吸収促進活性 : 低濃度PTHとの相互作用 .  日本骨代謝学会雑誌 = Japanese journal of bone metabolism13 ( 2 )   1995年7月

     詳細を見る

  • 中村 修, 大西 智和, 大工原 恭 .  ラットフェチュインの骨吸収促進活性 低濃度PTHとの相互作用 .  日本骨代謝学会雑誌13 ( 2 ) 21 - 21   1995年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本骨代謝学会  

  • Ohnishi T, Nakamura O, Arakaki N, Miyazaki H, Daikuhara Y. .  Effects of cytokines and growth factors on phosphorylated fetuin biosynthesis by adult rat hepatocytes in primary culture. .  Biochem Biophys Res Commun200 ( 1 ) 598 - 605   1994年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ohnishi T, Nakamura O, Ozawa M, Arakaki N, Muramatsu T, Daikuhara Y. .  Molecular cloning and sequence analysis of cDNA for a 59 kD bone sialoprotein of the rat: demonstration that it is a counterpart of human alpha 2-HS glycoprotein and bovine fetuin. .  J Bone Miner Res8 ( 3 ) 367 - 377   1993年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ohnishi T, Arakaki N, Nakamura O, Hirono S, Daikuhara Y. .  Purification, characterization, and studies on biosynthesis of a 59-kDa bone sialic acid-containing protein (BSP) from rat mandible using a monoclonal antibody. Evidence that 59-kDa BSP may be the rat counterpart of human alpha 2-HS glycoprotein and is synthesized by both hepatocytes and osteoblasts... .  J Biol Chem266 ( 22 ) 14636 - 14645   1991年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 27. S. Kumasa, H. Mori, M. Mori, T. Shibutani, Y. Iwayama, T. Tsujimura, T. Ohnishi, N. Arakaki, M. Nakata, K. Kurisu. .  Heterotopic bone formation in tumor stroma tissue .  Acta Histochim Cytochim23   427 - 439   1990年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Nitric oxide and myocarditis

    Nitric oxide and Inflammation,Birkhäuser Verlag  2001年 

  • α2- HS 糖タンパク質 ヒトフェチュイン

    血漿タンパク質・廣川書店  2001年 

MISC

  • 【HGF-発見とその展開】HGFの構造と機能

    大西 智和, 大工原 恭

    肝胆膵   38 ( 4 )   613 - 621   1999年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • HGFの構造と機能

    肝胆膵   38   613 - 622   1999年

講演・口頭発表等

  • Ohnishi T. .  Glut1 expression is increased by p53 reduction to switch metabolism to glycolysis during osteoblast differentiation .  Biochemical Journal  2020年5月  Biochemical Journal

     詳細を見る

  • 竹川 政範, 佐藤 泰祥, 本橋 征之, 吉田 将亜, 藤盛 真樹, 谷 和俊, 大西 智和, 松田 光悦 .  骨髄由来の間葉系幹細胞を用いた骨再生に使用する担体の評価 .  日本口腔科学会雑誌  2008年1月  (NPO)日本口腔科学会

  • 大西 智和, 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 松口 徹也 .  骨芽細胞分化によるATP産生経路の呼吸鎖から解糖系への移行 .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2015年12月  (公社)日本生化学会

  • 葛西 貴行, 坂東 健二郎, 柿本 協子, 大西 智和, 川本 真一郎, 長岡 英一, 松口 徹也 .  骨芽細胞分化における細胞内エネルギーセンサーキナーゼ(AMPK)の役割 .  Journal of Oral Biosciences  2009年8月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 大西 智和 .  骨芽細胞分化におけるJNKの役割 .  Journal of Oral Biosciences  2007年8月  (一社)歯科基礎医学会

  • 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 大西 智和, 松口 徹也 .  骨芽細胞におけるCot/Tpl2を介したメカニカルストレスのシグナル伝達経路 .  Journal of Oral Biosciences  2011年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  解糖阻害は初期分化段階の初代骨芽細胞においてユビキチン-プロテアソーム系を介してアポトーシスタンパク質の発現を増加させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 楠山 讓二, Subhan Amir, 榮樂 菜保子, 松口 徹也 .  解糖系阻害が骨芽細胞のユビキチン-プロテアソーム機構に及ぼす影響 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • Hisadome Mitsuhiro, Ohnishi Tomokazu, Kakimoto Kyoko, Kusuyama Joji, Bandow Kenjiro, Kanekura Takuro, Matsuguchi Tetsuya .  角化細胞において肝細胞増殖因子はCXCL10の発現を減少させる(Hepatocyte growth factor reduces CXCL10 expression in keratinocytes) .  日本研究皮膚科学会年次学術大会・総会プログラム  2016年12月  (一社)日本研究皮膚科学会

  • 岩谷 博次, 長澤 康行, 上田 仁康, 山本 陵平, 新澤 真紀, 大西 智和, 松口 徹也, 楽木 宏実, 猪阪 善隆 .  腎糸球体IgA沈着にはTLR9刺激ではなく、微生物学的環境が関与する .  日本腎臓学会誌  2012年4月  (一社)日本腎臓学会

  • 坂東 健二郎, 田村 正人, 大西 智和, 仙波 伊知郎, 大工原 恭 .  胎生期のマウス舌における肝細胞増殖因子(HGF)の生理活性 .  歯科基礎医学会雑誌  2001年8月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 町頭 三保, 坂東 健二郎, 楠山 譲二, 柿元 協子, 松口 徹也 .  結紮誘導歯周炎モデルにおけるP.gingivalis感染が糖尿病マウスに及ぼす影響 .  Journal of Oral Biosciences  2011年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 長澤 康行, 大西 智和, 橋本 雅仁, 川田 早百合, 永井 孝憲, 木田 有利, 名波 正義, 蓮池 由起子, 倉賀野 隆裕, 中西 健 .  細菌感染のよるIgA腎症モデルマウスの作成の検討 .  日本腎臓学会誌  2015年4月  (一社)日本腎臓学会

  • 大西 智和, 柿元 協子, 坂東 健二郎, 町頭 三保, 松口 徹也 .  糖尿病モデルマウスにおける歯槽骨吸収とeNOS発現 .  Journal of Oral Biosciences  2005年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 坂東 健二郎, 大西 智和, 田村 正人, 大工原 恭 .  筋芽細胞におけるHGFとbFGFの作用 .  歯科基礎医学会雑誌  2003年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和 .  石灰化組織に見いだされるフェチュイン .  Connective Tissue  1993年6月  日本結合組織学会

  • 坂東 健二郎, 田村 正人, 大西 智和, 仙波 伊知郎, 大工原 恭 .  発生期の舌におけるHGF/SFの生理活性 .  生化学  2000年8月  (公社)日本生化学会

  • 坂東 健二郎, 大西 智和, 仙波 伊知郎, 大工原 恭 .  発生期の培養マウス舌における肝細胞増殖因子(HGF)の発現 .  歯科基礎医学会雑誌  1999年8月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 新垣 尚捷, 鳥井 光男, 大工原 恭 .  炎症歯髄における肝細胞増殖因子(HGF)の産生促進機構 .  歯科基礎医学会雑誌  1998年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 柿元 協子, 町頭 三保, 大西 智和, 梶原 武弘, 仙波 伊知郎, 瀬戸口 尚志, 田村 正人, 和泉 雄一, 大工原 恭 .  歯周疾患患者における歯肉溝滲出液中のHGF濃度の測定 .  生化学  2001年8月  (公社)日本生化学会

  • 柿元 協子, 町頭 三保, 大西 智和, 梶原 武弘, 仙波 伊知郎, 田村 正人, 大工原 恭 .  歯周炎患者における歯肉中HGFの動態 .  歯科基礎医学会雑誌  2002年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 岡本 敦子, 大西 智和, 福永 智広, 前田 綾, 宮脇 正一, 松口 徹也 .  歯周炎モデルマウスにおける矯正的歯の移動度の減弱 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2008年9月  (公社)日本矯正歯科学会

  • 大西 智和, 柿元 協子, 坂東 健二郎, 松口 徹也 .  実験的歯周炎における歯槽骨吸収のCot/Tpl2による制御 .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2008年10月  (一社)日本骨代謝学会

  • 大西 智和, 松口 徹也 .  基礎系科目の学習効果向上に有効であった授業方法 .  日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2015年7月  (一社)日本歯科医学教育学会

  • 大西 智和 .  卵黄抗体(IgY)を用いたhHGFの高感度測定法の開発 .  生化学  1997年7月  (公社)日本生化学会

  • 大西 智和 .  初代培養肝細胞におけるラット下顎骨由来59kDaのリン酸不含シアロタンパク質の生合成調節 .  生化学  1992年8月  (公社)日本生化学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和 .  低酸素誘導因子Hif-1α蛋白は骨芽細胞のBMP9刺激により早期に誘導され、解糖系酵素PDK1の発現を介して骨芽細胞分化に重要な役割を果たす .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Kusuyama Joji, Nakamura Toshiaki, Ohnishi Tomokazu, Eiraku Nahoko, Noguchi Kazuyuki, Matsuguchi Tetsuya .  低出力超音波パルス(LIPUS)は、ヒト歯根膜由来幹細胞(hPDLSCs)におけるBMP9誘導骨形成を促進し、炎症応答を抑制する(LOW intensity pulsed ultrasound(LIPUS) promotes BMP9-induced osteogenesis and suppresses inflammatory responses in human periodontal ligament-derived stem cells(hPDLSCs)) .  Journal of Hard Tissue Biology  2016年10月  硬組織再生生物学会

  • 大西 智和 .  リン酸化ラットfetuinの肝細胞増殖因子に対する効果 .  生化学  1993年8月  (公社)日本生化学会

  • 大西 智和 .  ラット骨由来シアロタンパク質の骨芽細胞による生合成 .  生化学  1990年7月  (公社)日本生化学会

  • 大西 智和 .  ラット骨由来シアロタンパク質の産生細胞 .  歯科基礎医学会雑誌  1990年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和 .  ラット下顎骨由来59kDaシアロタンパク質(59-kDa BSP)の分子クローニングと発現調節機構 .  歯科基礎医学会雑誌  1992年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和 .  ラット下顎骨由来59-kDaリン酸不含シアロタンパク質(59-kDa BSP)をコードするcDNAのクローニングとその解析 .  日本骨代謝学会雑誌  1992年6月  (一社)日本骨代謝学会

  • 大西 智和 .  ラット下顎骨から精製したシアロタンパク(59-KDa BSP)の性質と生合成 .  歯科基礎医学会雑誌  1993年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 大工原 恭 .  ラットfetuinとIgGのFc部分との結合 .  歯科基礎医学会雑誌  2003年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 柿元 協子, 坂東 健二郎, 松口 徹也 .  メタボリックインドロームを持つ2型糖尿病モデルマウスの歯槽骨吸収に酸化的ストレスが及ぼす影響 .  日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集  2007年11月  (公社)日本生化学会

  • 坂東 健二郎, 楠山 譲二, 柿元 協子, 大西 智和, 松口 徹也 .  マクロファージにおけるLPSによるCot/Tpl2-ERK経路を介したケモカインの誘導 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2012年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 楠山 譲二, 松口 徹也 .  マウス頭蓋冠由来骨芽細胞の分化と解糖系の関係 .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2013年5月  (一社)日本骨代謝学会

  • 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也, 久留 光博, 榮樂 菜保子, スバン・アミル .  ケラチノサイトにおける紫外線B波長によるインターフェロンγ反応性の阻害はERストレスを介する .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

  • 梶原 武弘, 大西 智和, 新垣 尚捷, 田村 正人, 大工原 恭 .  STAT1を介する肝細胞増殖因子(HGF)のp21発現制御機構 .  生化学  1999年8月  (公社)日本生化学会

  • Ohnishi T. .  Prostaglandin E<inf>2</inf> predominantly induces production of hepatocyte growth factor/scatter factor in human dental pulp in acute inflammation .  Journal of Dental Research  2000年  Journal of Dental Research

     詳細を見る

  • 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 大西 智和, 仙波 伊知郎, 松口 徹也 .  p46JNK2の構成的活性は脂肪分化前期におけるC/EBPδの発現に必須である .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2015年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 成 昌奐, 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  Notchエフェクター分子Hes1のBMP9誘導性骨芽細胞分化における発現機構および機能的意義の解明(Elucidation of molecular mechanisms and functional roles of Notch signaling molecule Hes1 in BMP9-induced osteoblast differentiation) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • Ohnishi T. .  Molecular cloning and sequence analysis of cDNA for a 59 kD bone sialoprotein of the rat: Demonstration that it is a counterpart of human α<inf>2</inf>‐HS glycoprotein and bovine fetuin .  Journal of Bone and Mineral Research  1993年3月  Journal of Bone and Mineral Research

     詳細を見る

  • 柿元 協子, 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 大西 智和, 松口 徹也 .  MAP3K8/Cot/Tpl2シグナル分子はマクロファージのLPS刺激による分解の後、NF-κBによるmRNAの誘導により回復する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2015年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Kakimoto Kyoko, Bandow Kenjiro, Kusuyama Joji, Hisadome Mitsuhiro, Ohnishi Tomokazu, Matsuguchi Tetsuya .  LPS誘発性IL-12p40 mRNAはマクロファージにおいてCot/Tpl2-MEK-ERK axisを介したMCPIP-1 ribonucleaseの発現により調節される(LPS-induced IL-12p40 mRNA is regulated by MCPIP-1 ribonuclease expression through Cot/Tpl2-MEK-ERK axis in macrophages) .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2013年9月  (公社)日本生化学会

  • 松口 徹也, 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 大西 智和 .  Low-Intensity Pulsed Ultra Sound(LIPUS)が炎症性遺伝子発現に及ぼす影響 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2012年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Nakamura M. .  Long-term result of combination of open reduction and femoral derotation varus osteotomy with shortening for developmental dislocation of the hip .  Journal of Pediatric Orthopaedics Part B  2004年7月  Journal of Pediatric Orthopaedics Part B

     詳細を見る

  • 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 社本 光央, 柿元 協子, 大西 智和, 松口 徹也 .  LIPUS(低出力超音波)刺激は間葉系前駆細胞の分化方向性に影響する .  日本生体電気・物理刺激研究会誌  2012年12月  日本生体電気・物理刺激研究会

  • 楠山 譲二, 成 昌奐, 大西 智和, 嶋 香織, 仙波 伊知郎, 松口 徹也 .  JNK活性の減弱は正常な骨芽細胞分化を阻害し、転写因子Id4を介してオステオポンチン高発現細胞を誘導する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Usuki F. .  Inhibition of Nonsense-Mediated mRNA Decay Rescues the Phenotype in Ullrich's Disease .  Annals of Neurology  2004年5月  Annals of Neurology

     詳細を見る

  • 新垣 尚捷, 梶原 武弘, 大西 智和, 大工原 恭 .  HGFによるSarcoma 180細胞の増殖抑制機構 .  生化学  1998年8月  (公社)日本生化学会

  • 久留 光博, 大西 智和, 柿元 協子, 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 金蔵 拓郎, 松口 徹也 .  Hepatocyte growth factorはケラチノサイトにおいてCXCL10発現を抑制する(Hepatocyte growth factor reduces CXCL10 expression in keratinocytes) .  西日本皮膚科  2017年8月  日本皮膚科学会-西部支部

  • 大西 智和 .  Heat shockに関するラットfetuinプロモーター領域の解析 .  生化学  1996年7月  (公社)日本生化学会

  • 楠山 譲二, 坂東 健二郎, 柿元 協子, 大西 智和, 松口 徹也 .  CXCL3は脂肪細胞分化を正に制御する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Ohnishi T. .  Cooperation of LIM domain-binding 2 (LDB2) with EGR in the pathogenesis of schizophrenia .  EMBO Molecular Medicine  2021年4月  EMBO Molecular Medicine

     詳細を見る

  • Hosokawa K. .  Comparative evaluation of direct thrombin and factor Xa inhibitors with antiplatelet agents under flow and static conditions: An in vitro flow chamber model .  PLoS ONE  2014年1月  PLoS ONE

     詳細を見る

  • Seong C.H. .  Bone morphogenetic protein 9 (BMP9) directly induces Notch effector molecule Hes1 through the SMAD signaling pathway in osteoblasts .  FEBS Letters  2021年2月  FEBS Letters

     詳細を見る

  • 成 昌奐, 大西 智和, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  BMP9誘導性骨芽細胞分化におけるNotchエフェクター分子Hes1の発現機構および機能的意義の解明(Bone morphogenetic protein 9(BMP 9) induces the expression of Hes1 in osteoblasts: Analyses of its molecular mechanisms and functional roles) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和 .  BMP9刺激によって誘導されるHif-1αは解糖系酵素PDK1の発現を介して骨芽細胞分化に必須の役割を果たす .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 榮樂 奈保子, 楠山 譲二, 大西 智和 .  BMP9はWnt非依存的に骨芽細胞のGSK3β/β-cateninシグナルを活性化する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 松口 徹也, 千葉 紀香, 楠山 譲二, 大西 智和 .  BMP9の骨芽細胞分化誘導作用におけるPI3K-Akt-GSK3β/β-cateninシグナル経路の重要性 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 榮樂 菜保子, 千葉 紀香, 大西 智和, 中村 利明, 松口 徹也, 野口 和行 .  BMP9のClass1 PI3K-Akt経路を介した直接的な骨芽細胞分化誘導 .  日本歯周病学会会誌  2019年10月  (NPO)日本歯周病学会

  • 千葉 紀香, 成 昌奐, 大西 智和, 松口 徹也 .  BMP-9骨分化誘導シグナル伝達における転写因子Egr-1の重要な役割 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 千葉 紀香, 大西 智和, 松口 徹也 .  BMP-9による骨芽細胞分化におけるEgr-1の役割の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 大西 智和, 成 昌奐, 千葉 紀香, 松口 徹也 .  All-transレチノイン酸はHes1を介して骨芽細胞のTnfrsf11b mRNA発現低下を誘導する .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • Takahashi A. .  <inf>P</inf>53-dependent adaptive responses in human cells exposed to space radiations .  International Journal of Radiation Oncology Biology Physics  2010年11月  International Journal of Radiation Oncology Biology Physics

     詳細を見る

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • アイソフォーム特異的な新たなJNKシグナル制御機構の解明

    研究課題/領域番号:17K11646  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 歯周病菌が関わる糖尿病性腎症発症メカニズムの解明

    研究課題/領域番号:20K09909  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 抗アレルギー治療新規ターゲット分子としてのMAPキナーゼフォスファターゼの解析

    研究課題/領域番号:18K09508  2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 歯周炎における調節性T細胞のシグナル伝達

    研究課題/領域番号:17K11676  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  • 細胞分化コントロールによる新たな骨疾患治療法開発を目指す基礎研究

    研究課題/領域番号:26462817  2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 歯周病増悪因子Cot/Tpl2を分子標的とした治療法を探る

    研究課題/領域番号:25462895  2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • LPSで誘導される高OPN骨芽細胞の骨免疫学的解析

    研究課題/領域番号:23592739  2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ヘルパーT細胞の異常が引き起こす肥満の病態解析

    研究課題/領域番号:23592740  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 免疫監視システム制御に関わる新規シグナル分子機構の解明

    研究課題/領域番号:23592741  2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 骨代謝に対する組織レニン‐アンギオテンシン系の影響

    研究課題/領域番号:19390474  2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 骨芽細胞の免疫調節機能に及ぼす細胞分化とメカニカルストレスの影響

    研究課題/領域番号:19390474  2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • MAPキナーゼフォスファターゼによる生体内ヘルパーT細胞分化調節の分子機構

    研究課題/領域番号:17390496  2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • TLR-4を介するシグナル伝達系の口腔癌発生への関与

    研究課題/領域番号:17591943  2005年4月 - 2007年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 歯周炎における肝細胞増殖因子(HGF)と一酸化窒素(NO)の血管新生作用

    研究課題/領域番号:14571767  2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 肝細胞増殖因子の舌癌増殖抑制におけるシグナル伝達系の解析

    研究課題/領域番号:11771142  1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 骨芽細胞分化におけるオステオカルシンmRNAのUTRに結合する因子とその作用機構

    研究課題/領域番号:11671847  1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 尿中HGF測定による泌尿器系腫瘍の早期診断法の開発

    研究課題/領域番号:11140261  1999年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • Fetuin/α_2-HS糖タンパク質結合因子の同定

    研究課題/領域番号:9771544  1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 歯周疾患の新しい診断法の開発 ー歯肉溝滲出液中のhHGFの動態と病態の検討ー

    研究課題/領域番号:8557100  1996年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

  • 乳歯交換期の破歯細胞に及ぼすヒト肝細胞増殖因子(hHGF)の作用

    研究課題/領域番号:8771614  1996年4月 - 1997年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

  • ヒト菌敗間葉系における肝細胞増殖因子(HGF)産生細胞の変遷

    研究課題/領域番号:7771666  1995年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ヒト歯胚における肝細胞増殖因子(HGF)の発現とその役割

    研究課題/領域番号:6857142  1994年4月 - 1995年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ヒト肝細胞増殖因子(hHGF)の活性化及び不活性化機構-病態との関連-

    研究課題/領域番号:6281252  1994年4月 - 1995年3月

    科学研究費補助金  重点領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • ラット骨基質由来59-KDaシアロタンパクの組換え体作製

    研究課題/領域番号:5771522  1993年4月 - 1994年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示