2021/07/01 更新

写真a

ニシ ヤスヒロ
西 恭宏
NISHI Yasuhiro
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(歯学) ( 2002年12月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • prosthodontics

  • Denture cleaning

  • 歯科補綴

  • 摂食嚥下機能,口腔機能,義歯清掃と管理,FRC材料,有床義歯補綴

経歴

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 口腔顎顔面補綴学分野   准教授

    2008年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 義歯補綴科   講師

    2003年12月 - 2008年3月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学歯学部附属病院 第2補綴科   講師

    2003年6月 - 2003年11月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学歯学部附属病院 第2補綴科   助手

    1989年4月 - 2003年5月

  • 鹿児島大学   鹿児島大学歯学部附属病院 第2補綴科   助手

    1986年6月 - 1988年12月

所属学協会

  • 日本補綴歯科学会  代議員

    2005年4月 - 現在

  • 日本老年歯科医学会 カイドライン委員会

    2014年6月 - 現在

  • 日本臨床栄養代謝学会 会員

    2017年3月 - 現在

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士

    2017年3月 - 現在

  • 日本歯科医学教育学会(評議員)

    2014年7月 - 現在

  • 日本老年歯科医学会(指導医・専門医)

    2010年1月 - 現在

  • 日本口腔ケア学会(評議員)

    2009年11月 - 現在

  • 日本老年歯科医学会 代議員

    2006年4月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会(専門医・指導医)

    1997年5月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会 社会保険委員会幹事

    2009年4月 - 2011年3月

  • 日本老年歯科医学会 会員

    1987年9月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会 会員

    1986年10月 - 現在

  • 日本顎顔面補綴学会

    2015年10月 - 現在

  • International College of Prosthodontics

    2015年10月 - 現在

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会

    2002年9月 - 現在

  • 日本歯科審美学会

    1994年7月 - 2021年3月

  • 日本口腔インプラント学会

    1994年5月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本口腔ケア学会(評議員)   評議員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本老年歯科医学会 会員   ガイドライン委員会委員  

    2014年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    日本老年歯科医学会

  • 日本補綴歯科学会 会員   社会保険委員会幹事  

    2008年4月 - 2009年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    日本補綴歯科学会

  • 日本補綴歯科学会  代議員   代議員  

    2005年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

取得資格

  • 歯科医師

  • 専門医

  • 専門医

  • 摂食嚥下リハビリテーション認定士

  • 指導医

  • 指導医

  • 認定医

▼全件表示

 

論文

  • o, Y. Hong, G. Tsuboi, A. Kawai, Y. Kondo, H. Nomura, T. Kimoto, S. Gunji, A. Suzuki, A. Ohwada, G. Minakuchi, S. Sato, Y. Suzuki, T. Kimoto, K. Hoshi, N. Saita, M. Yoneyama, Y. Sato, Y. Morokuma, M. Okazaki, J. Maeda, T. Nakai, K. Ichikawa, T. Nagao, K. Fujimoto, K. Murata, H. Kurogi, T. Takase, K. Nishimura, M. Nishi, Y. Murakami, M. Hosoi, T. Hamada, T. .  Multivariate analysis reveals oral health-related quality of life of complete denture wearers with denture adhesives: a multicenter randomized controlled trial .  Journal of Prosthodontic Research   2020年10月

     詳細を見る

  • Takuya Yoshimura, Hajime Suzuki, Hirotaka Takayama, Shotaro Higashi, Yuka Hirano, Masahiro Tezuka, Takayuki Ishida, Kiyohide Ishihata, Yasuhiro Nishi, Yasunori Nakamura, Yasushi Imamura, Etsuro Nozoe, Norifumi Nakamura .  Impact of Preoperative Low Prognostic Nutritional Index and High Intramuscular Adipose Tissue Content on Outcomes of Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma .  Cancers12 ( 11 ) 3167   2020年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    DOI: 10.3390/cancers12113167

  • Murakami, M. Harada, K. Nishi, Y. Shimizu, T. Motoyama, S. Nishimura, M. .  Effects of Storage Temperature and pH on the Antifungal Effects of Commercial Oral Moisturizers against Candida Albicans and Candida Glabrata .  Medicina56 ( 10 ) 525   2020年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/medicina56100525

  • Nishi Yasuhiro, Kimoto Suguru, Gunji Atsuko, Suzuki Asako, Ohwada Gaku, Minakuchi Shunsuke, Sato Yusuke, Suzuki Tetsuya, Kimoto Katsuhiko, Hoshi Noriyuki, Saita Makiko, Nomura Taro, Yoneyama Yoshikazu, Sato Yohei, Morokuma Masakazu, Okazaki Joji, Maeda Takeshi, Nakai Kenichiro, Ichikawa Tetsuo, Nagao Kan, Fujimoto Keiko, Murata Hiroshi, Murakami Mamoru, Kurogi Tadafumi, Yoshida Kazuhiro, Hosoi Toshio, Hamada Taizo, Kawai Yasuhiko, Nishimura Masahiro, Kondo Hisatomo, Ito Yoshihiko, Tsuboi Akito, Hong Guang .  Effect of denture adhesives on oral moisture: A multicenter randomized controlled trial .  Journal of Prosthodontic Research64 ( 3 ) 281 - 288   2020年7月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    <p><i>Purpose: </i>The purpose of this study was to investigate the effect of denture adhesives on oral moisture in a 10-center parallel randomized clinical trial.</p><p><i>Methods: </i>Two hundred edentulous subjects wearing complete dentures were allocated into three groups: cream-type adhesive, powder-type adhesive and control groups. The adhesives (and saline solution in the control group) were applied to the mucosal surface of the dentures for 4 days, and baseline data and data after the intervention for eight meals over 4 days were obtained. For the main outcome, oral moisture was measured with a moisture checking device. Secondary outcomes were denture satisfaction, masticatory performance, denture retention, and occlusal force. In addition to between-group and within-group comparisons of oral moisture, investigations for secondary outcomes were undertaken in subgroups classified according to the degree of oral moisture at baseline (normal subgroup and dry mouth subgroup). Intention-to-treat analysis was also performed.</p><p><i>Results: </i>Between-group and within-group comparisons of oral moisture showed no significant differences. The cream-type and powder-type denture adhesives were significantly effective in the dry mouth group for denture satisfaction ratings of ability to masticate, stability, retention, and comfort of mandibular dentures (<i>p</i> < 0.05). The masticatory performance and retentive force of the dry mouth denture adhesive using groups were significantly improved after intervention (<i>p</i> < 0.05).</p><p><i>Conclusions: </i>The oral moisture of complete denture wearers was not influenced by the use of denture adhesives. Our findings showed that denture adhesives improved subjective denture satisfaction, masticatory performance, and retention for complete denture patients with oral dryness.</p>

    DOI: 10.1016/j.jpor.2019.08.004

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpr/64/3/64_281/_article/-char/en

  • Nishi Yasuhiro, Nomura Taro, Murakami Mamoru, Kawai Yasuhiko, Nishimura Masahiro, Kondo Hisatomo, Ito Yoshihiko, Tsuboi Akito, Hong Guang, Kimoto Suguru, Gunji Atsuko, Suzuki Asako, Ohwada Gaku, Minakuchi Shunsuke, Sato Yusuke, Suzuki Tetsuya, Kimoto Katsuhiko, Hoshi Noriyuki, Saita Makiko, Yoneyama Yoshikazu, Sato Yohei, Morokuma Masakazu, Okazaki Joji, Maeda Takeshi, Nakai Kenichiro, Ichikawa Tetsuo, Nagao Kan, Fujimoto Keiko, Murata Hiroshi, Kurogi Tadafumi, Yoshida Kazuhiro, Hosoi Toshio, Hamada Taizo .  義歯安定剤が口腔湿潤に及ぼす影響 多施設共同無作為化比較試験(Effect of denture adhesives on oral moisture: A multicenter randomized controlled trial) .  Journal of Prosthodontic Research64 ( 3 ) 281 - 288   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    総義歯に義歯安定剤を適用することで口腔湿潤にみられる影響を並行群間比較で調べる無作為化比較試験を行った。無歯顎で総義歯を装着している被験者200名を3群に割付け、クリームタイプの義歯安定剤(ポリグリップS)、パウダータイプの義歯安定剤(ポリグリップパウダー)、生理食塩水(対照群)のいずれかを義歯床粘膜面に4日間適用してもらった。口腔水分計(ムーカス)を用いて測定した口腔湿潤度を主要評価項目に設定したが、その口腔湿潤度には群間比較で有意な差は示されなかった。また、適用期間の前後2時点で比較した群内比較でも有意差はみられなかった。適用前の湿潤度に基づき正常と口腔乾燥症の2亜群に分類して分析を進めた。その結果、口腔乾燥症の亜群ではクリームタイプとパウダータイプの義歯安定剤は下顎義歯の咀嚼能、安定性、維持能、安楽度、を点数評価した義歯満足度からみて有効であることが有意に示された。また、口腔乾燥症亜群での咀嚼能率と維持力は義歯安定剤を適用する介入後に有意に向上していた。総義歯を使用している全集団では義歯安定剤を使用しても口腔湿潤度に影響は現れなかったが、口腔乾燥症患者に限定すると義歯安定剤によって義歯満足度の主観評価、咀嚼能率、義歯維持力は向上していた。

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格,山下皓三,峰元洋光,西村正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 -保険収載後9ヵ月間における分析- .  南九州歯学雑誌1 ( 1 ) 27 - 32   2020年3月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Ohwada G,Minakuchi S,Sato Y,Kondo H,Nomura T,Tsuboi A,Hong G,Itoh Y,Kawai Y,Kimoto S,Gunji A,Suzuki A,Suzuki T,Kimoto K,Hoshi N,Saita M,Yoneyama Y,Sato Y,Morokuma M,Okazaki J,Maeda T,Nakai K,Ichikawa T,Nagao K,Fujimoto K,Murata H,Kurogi T,Yoshida K,Nishimura M,Nishi Y,Murakami M,Hosoi T,Hamada T .  Subjective Evaluation of Denture Adhesives: A Multicenter Randomized Controlled Trial .    5 ( 1 ) 50 - 61   2020年1月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2380084419837607

    Scopus

  • 元山 彩良, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態のアンケート調査 .  老年歯科医学34 ( 3 ) 399 - 405   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

    口腔保湿剤(保湿剤)は、患者みずからがスーパーマーケットやドラッグストアなどで購入し、使用している。しかし、医療従事者がこれらについてどの程度認知し、指導に関与しているかは不明である。本研究の目的は、医療従事者を対象とした保湿剤に関するアンケート調査を行い、その実態を把握することである。鹿児島大学病院に勤務する歯科医師、歯科衛生士、看護師を対象に、保湿剤に対する認知度、指導経験の有無や選択基準などに関するアンケート調査を行った。アンケートの回答を得られた165名を対象に分析を行った。内訳は歯科医師が102名、歯科衛生士が20名、看護師が43名であり、臨床経験年数は5年未満が60名、5年以上10年未満が39名、10年以上が66名であった。「保湿剤を知っているか」「保湿剤を勧めたことがあるか」「使用方法を指導したことがあるか」ならびに「保湿剤を変更したことがあるか」の回答結果は職種において有意差が認められた。「保湿剤を使用すべきと思った場面があるか」「保湿剤を勧めたことがあるか」「使用方法を指導したことがあるか」ならびに「保湿剤を変更したことがあるか」の回答結果は臨床経験年数において有意差が認められた。以上の結果より、職種と臨床経験年数の両者ともに有意差が認められたアンケート項目は、保湿剤を患者に効果的に使用してもらううえで重要な事項と考えられた。(著者抄録)

  • 窪木 拓男,市川 哲雄,馬場 一美,藤澤 政紀,佐藤 博信,會田 英紀,小山 重人,秀島 雅之,佐藤 裕二,和気裕之,大野(木村) 彩,永尾 寛,上田(小平) 順加,玉置 勝司,貞森 紳丞,津賀 一弘,西 恭宏,澤瀬 隆,越野 寿,鱒見 進一,櫻井 薫,石橋 寛二,大山 喬史,赤川 安正,平井 敏博,佐々木 啓一,古谷野 潔,矢谷 博文,松村 英雄 .  補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの妥当性の検討 ─(公社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究─ .  日本補綴歯科学会誌   2019年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mamoru Murakami,Yasuhiro Nishi,Kea Harada,Tomohiro Masuzaki,Yoko Minemoto,Takahiro Yanagisawa,Takaharu Shimizu,Akito Tsuboi,Taizo Hamada,Masahiro Nishimura .  Impact of Oral Intake of Glucosylceramide Extracted from Pineapple on Xerostomia: A Double-Blind Randomized Cross-Over Trial. .  Nutrients11 ( 9 ) 2020 - 2020   2019年8月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu11092020

    Scopus

    PubMed

  • Mamoru Murakami,Yasuhiro Nishi,Misaki Nishio,Yoko Minemoto,Takaharu Shimizu,Masahiro Nishimura .  A Retrospective Cohort Study of the Cumulative Survival Rate of Obturator Prostheses for Marsupialization. .    28 ( 2 ) e811 - e816   2019年2月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jopr.12652

    Scopus

    PubMed

  • Mamoru Murakami, Kei Fujishima, Yasuhiro Nishi, Kae Harada, Masahiro Nishimura .  Effects of Storage Temperatures and Type of Oral Moisturizers on their Antifungal Effects. .  Oral Health and Dental Management17 ( 6 ) 1057   2018年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田中壮子,中村康典,西 恭宏,下松孝太,中村典史 .  鹿児島医療センターにおける心臓弁膜症手術患者の周術期口腔機能管理の現状 .  日本口腔ケア学会雑誌13 ( 1 ) 21 - 27   2018年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Takuo Kuboki,Tetsuo Ichikawa,Kazuyoshi Baba,Masanori Fujisawa,Hironobu Sato,Hideki Aita,Shigeto Koyama,Masayuki Hideshima,Yuji Sato,Hiroyuki Wake,Aya Kimura-Ono,Kan Nagao,Yorika Kodaira-Ueda,Katsushi Tamaki,Shinsuke Sadamori,Kazuhiro Tsuga,Yasuhiro Nishi,Takashi Sawase,Hisashi Koshino,Shin-Ichi Masumi,Kaoru Sakurai,Kanji Ishibashi,Takashi Ohyama,Yasumasa Akagawa,Toshihiro Hirai,Keiichi Sasaki,Kiyoshi Koyano,Hirofumi Yatani,Hideo Matsumura .  A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society. .  Journal of prosthodontic research62 ( 2 ) 162 - 170   2018年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami M,Nishi Y,Nishimura M,Takenouchi Y,Shimizu T .  Application of a Bedtime Obturator Prosthesis for an Edentulous Patient with an Extensive Maxillary Defect .  Dental Oral Biology and Craniofacial Research1 ( 1 ) 1 - 4   2018年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuboki T, Ichikawa T, Baba K, Fujisawa M, Sato H, Aita H, Koyama S, Hideshima M, Sato Y, Wake H, Kimura-Ono A, Nagao K, Kodaira-Ueda Y, Tamaki K, Sadamori S, Tsuga K, Nishi Y, Sawase T, Koshino H, Masumi S, Sakurai K, Ishibashi K, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K, Yatani H, Matsumura H .  A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society. .  Journal of Prosthodontontic Research62 ( 2 ) 162 - 170   2018年4月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 日本補綴歯科学会  

    <p><i>Purpose:</i> The Japan Prosthodontic Society developed a multi-axis assessment protocol to evaluate the complex variations in patients who need prosthodontic care, and to classify the level of treatment difficulty. A previous report found the protocol to be sufficiently reliable. The purpose of this multi-center cohort study was to evaluate the validity of this multi-axis assessment protocol.</p><p><i>Methods:</i> The treatment difficulty was evaluated using the multi-axis assessment protocol before starting prosthodontic treatment. The time required for active prosthodontic treatment, medical resources such as treatment cost, and changes in the oral health-related QOL before and after treatment, were evaluated after treatment completion. The construct validity of this protocol was assessed by the correlation between the dentist's pre-operative subjective assessment of the treatment difficulty, and the level of difficulty determined by this protocol. The predictive validity was assessed estimating the correlations between a "comprehensive level of treatment difficulty" based on the four axes of this protocol and total treatment cost, total treatment time, and changes in the oral health-related QOL before and after treatment.</p><p><i>Results:</i> The construct validity of this protocol was well documented except for psychological assessment. Regarding the predictive validity, the comprehensive level of treatment difficulty assessed before treatment was significantly correlated with the three surrogate endpoints known to be related to the treatment difficulty (total treatment cost, treatment time, and improvement in the oral health-related QOL). To further clarify the validity of the protocol according to patients' oral condition, a subgroup analysis by defects was performed. Analyses revealed that treatment difficulty assessment before treatment was significantly related to one or two surrogate endpoints in the fully edentulous patients and the partially edentulous patients. No significant relationship was observed in the patients with mixture of full/partial edentulism and the patients with teeth problems, possibly due to the small sample size in these groups.</p><p><i>Conclusion:</i> This study revealed that the multi-axis assessment protocol was sufficiently valid to predict the level of treatment difficulty in prosthodontic care in patients with fully edentulous defects and with partially edentulous defects.</p>

    DOI: 10.1016/j.jpor.2017.08.002

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Murakami M, Nishi Y, Nishimura M, Takenouchi Y, Shimizu T. .  Application of a bedtime obturator prosthesis for an edentulous patient with an extensive maxillary defect. .  DENTAL ORAL AND CRANIOFACIAL RESEARCH   2018年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.10xx/j.DOCR.2018.10.003

  • Mamoru Murakami, Kei Fujishima, Yasuhiro Nishi, Yoko Minemoto, Takahito Kanie, Norihiro Taguchi, Masahiro Nishimura. .  Impact of Type and Duration of Application of Commercially Available Oral Moisturizers on Their Antifungal Effects .  Journal of prosthodontics27 ( 1 ) 52 - 56   2018年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi: 10.1111/jopr.12458

  • Murakami M, Fujishima K, Nishi Y, Minemoto Y, Kanie T, Taguchi N, Nishimura M. .  Impact of type and duration of application of commercially available oral moisturizers on their antifungal effects .  Journal of Prosthodontics27 ( 1 ) 52 - 56   2018年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Prosthodontics  

    DOI: 10.1111/jopr.12458

    Scopus

    PubMed

  • 中村 康典, 田中 荘子, 村上 杏理, 江口 洋子, 西 恭宏 .  鹿児島医療センターにおける医科歯科連携の現状 .  日本口腔ケア学会雑誌12 ( 1 ) 37 - 42   2017年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本口腔ケア学会  

    歯科口腔外科を開設した平成25年3月〜平成26年3月迄の1年1ヵ月の期間に受診した489例(男性282例、女性207例、8〜92歳)を対象とした。受診患者数は、初診患者489例、月平均37.6例で、延患者数3676例、月平均320.4例であった。歯科口腔外科への依頼科では循環器科が185例(37.9%)と一番多く、ついで血液内科の79例(16.2%)、耳鼻咽喉科の64例(13.1%)の順であった。依頼患者の医科疾患の内訳は、悪性腫瘍患者210例(42.3%)、循環器疾患207例(42.3%)であった。悪性腫瘍患者の内訳は、造血器腫瘍が77例(36.7%)ともっとも多く、ついで頭頸部がんの57例(27.1%)であった。周術期口腔機能管理計画策定料算定件数は236例(48.3%)で、悪性腫瘍が122例(51.7%)、循環器疾患114例(48.3%)であった。歯科口腔管理および治療を行った患者で、地域歯科医療機関に紹介した患者は160例(32.7%)、地域歯科医療機関に紹介した患者に対して、地域医療機関からの診療情報の返答は34例(21.3%)であった。

  • Kimoto S, Kawai Y, Nishi Y ほか .  Study protocol for a multi-center, randomized controlled trial to develop Japanese denture adhesive guidelines for patients with complete dentures: the Denture Adhesive Guideline trial: study protocol for a randomized controlled trial. .  Trials   2016年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://trialsjournal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13063-016-1612-x

  • 服部佳功,枝広あや子,渡邊 裕,平野浩彦,古屋純一,中島純子,田村文誉,北川昇,堀 一浩,原 哲也,吉川峰加,西 恭宏,永尾 寛,市川哲雄,櫻井 薫 .  認知症患者の歯科治療に対する疑問と問題点 ─ Clinical Question調査から─ .  老年歯科医学31 ( 1 ) 3 - 8   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Murakami M, Nishi Y, Fujishima K, Nishio M, Minemoto Y, Kanie T, Nishimura M. .  Impact of types of moisturizer and humidity on the residual weight and viscosity of liquid and gel oral moisturizers. .  Journal of Prosthodontics   2015年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jopr.12341

  • 枝広あや子,渡邊 裕,平野浩彦,古屋純一,中島純子,田村文誉,北川昇,堀一浩,原 哲也,吉川峰加,西 恭宏,永尾 寛,服部佳功,市川哲雄,櫻井 薫 .  認知症患者の歯科的対応および歯科治療のあり方 ―学会の立場表明 2015― .  老年歯科医学30 ( 1 ) 3 - 10   2015年6月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:老年歯科医学会  

  • 西 恭宏,西村正宏 .  クリニカル シリーズ 身近な臨床・これからの歯科医のための臨床講座73 全部床義歯の快適な使用のための経過観察時の検査と調整の要点. .  日本歯科医師会雑誌68 ( 1 ) 43 - 49   2015年4月

    招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:日本歯科医師会  

  • Murakami M, Nishi Y, Umezono M, Kamashita Y, Nishimura M. .  Fabrication of a Movable Obturator Following Maxillary Reconstruction with Slit-Shaped Fenestration. Journal of Prosthodontics. Journal of Prosthodontics. .  Journal of Prosthodontics.24 ( 3 ) 254 - 259   2015年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishi Y, Seto K, Kamashita Y, Kaji A, Kurono A, Nagaoka E. .  Survival of microorganisms on complete dentures following ultrasonic cleaning combined with immersion in peroxide-based cleanser solution. .  Gerodontology31 ( 3 ) 202 - 209   2014年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami M, Nishi Y, Seto K, Kamashita Y, Nagaoka E. .  Dry mouth and denture plaque microflora in complete denture and palatal obturator prosthesis wearers. .  Gerodontology, in press   2014年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami M, Nishi Y, Kamashita Y, Nagaoka E. .  Comparison of a saliva wetness tester and a moisture-checking device in patients with maxillary obturator prostheses .  Gerodontology31 ( 2 ) 83 - 88   2014年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西 恭宏 .  欠損の拡大を防ぐ-部分床義歯における残存歯の保全ための基本事項と現在の考え方- .  補綴臨床47 ( 1 ) 70 - 81   2014年1月

    招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:医歯薬出版  

  • Masao Ushijima, Yuji Kamashita, Yasuhiro Nishi, Eiichi Nagaoka .  Changes in lip forms on three-dimensional images with alteration of lip support and/or occlusal vertical dimension in complete denture wearers. .  Journal of Prosthodontic Research in press57 ( 2 ) 113 - 121   2013年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuhiro Nishi, Katsura Seto, Yuji Kamashita, Chiaki Take, Asutsugu Kurono, Eiichi Nagaoka .  Examination of denture cleaning methods based on the quantity of microorganisms adhering to a denture .  Gerodontology29   e259 - e266   2012年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maruyama H, Nishi Y, Nagaoka E. .  Optimum design for glass fiber-reinforced composite clasps using nonlinear finite element analysis .  Dental Materials Journal30 ( 5 )   2011年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Murakami, Y. Nishi, Y. Kamashita, E. Nagaoka .  Relationship between symptoms of dryness and moisture levels in patients with maxillofacial prostheses .  Journal of Prosthodontic Research54 ( 2 ) 65 - 69   2010年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taichi Imaizaki, Yasuhiro Nishi,Akihito Kaji, Eiichi Nagaoka .  Roles of the artificial tooth arch during swallowing in edentates .  Journal of Prosthodontic Research54 ( 1 ) 14 - 23   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Murakami, Y. Nishi, Y. Kamashita, E. Nagaoka .  Relationship between Medical Treatment and Oral Dryness diagnosed by Oral Moisture-checking Device in Patients with Maxillofacial Prosthesis .  Journal of Prosthodontic Research53 ( 2 ) 67 - 71   2009年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Hashiguchi, Y. Nishi, T. Kanie, S. Ban, E Nagaoka .  Bactericidal efficacy of glycine-type amphoteric surfactant as a denture cleaner and its influence on properties of denture base resins .  Dental Material Journal 28 ( 3 ) 307 - 314   2009年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Hashiguchi, H. Sato, Y. Nishi, S. Ban, K. Krnel, A. Kocjan, T. Kosmac .  Effect of surface treatments on bonding strength of zirconia to dental cements .  Key Engineering Materials   575 - 578   2009年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 村上 格,西 恭宏,丸山浩美,小野原昌弘,鎌下祐次,長岡英一 .  全部床義歯補綴学の基礎実習におけるシミュレーション実習と講義との連携についてのアンケート調査 .  日歯教誌24 ( 3 ) 50 - 57   2008年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuhiro Nishi, Kazunori Tsuru, Chie Kishita, Yuji Kamashita, Tohru Hamano, Eiichi Nagaoka .  Effect of different labio-lingual spaces in tray designs on the displacement of and pressure against a mobile tooth .  Journal of Oral Rehabilitation35 ( 9 ) 700 - 705   2008年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mamoru Murakami, Kiyoshi Takesako, Naotsugu Kawahata,Hideaki Tanaka, Yasuhiro Nishi,Eichi Nagaoka .  Stabilities of Maxillary Complete Overdentures With and Without Abutment Tooth Support -Examination by Dynamics of Atmospheric Pressure as an Index of Denture Stability .  Prosthodontic Research and Practice7 ( 2 ) 89 - 96   2008年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chie Kishita, Yasuhiro Nishi, Kazunori Tsuru, Hiromi Maruyama, Shunichi Hamamura, Eiichi Nagaoka .  Application of a Glass Fiber-reinforced Composite Material to Clasps -Study on Adhesive Method of Veneering Composite- .  Prosthodont Res Pract7 ( 2 ) 141 - 143   2008年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuji Kamashita, Tomomi Sonoda, Yumiko Kamada, Yasuhiro Nishi, Eiichi Nagaoka .  Reliability, Validity and Preference of an Original New Faces Scale for Assessing Denture Patient Mood .  Prosthodontic Research and Practice6 ( 2 ) 93 - 98   2007年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiromi Maruyama, Tohru Hamano, Chie Kishita, Yasuhiro Nishi, Shinichiro Kawamoto, Eiichi Nagaoka .  Stress Analysis of Clasps made of Glass Fiber-reinforced Composite Material using Three-dimensional Finite Element Method-Influence of shape in Cross and Longitudinal sections of Circumferential Clasp Arms- .  Dental Materials Journal, 26(4):534-544, 200726 ( 4 ) 534 - 544   2007年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西恭宏,水口佳,中村康典,長岡英一 .  義歯の清掃と管理に関する調査研究第1報現状と清掃実施者の指導についての認識 .  老年歯科医学21 ( 1 ) 25 - 34   2006年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eiichi Nagaoka, Yuji Kamashita, Yumiko Kamada, Yasuhiro Nishi, Tohru Hamano, Kazumi Kajiwara .  Examination of mood assessment using a faces scale for denture patients, Effectiveness of the faces scale and some factors affecting the assessment results .  Dentistry in Japan42 ( ※ ) 167 - 171   2006年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 濱村俊一,木下智恵,水流和徳,西恭宏(NishiYsuhiro),濵野徹,長岡英一 .  ガラス繊維補強型高分子材料を用いたクラスプの作製方法 .  日本歯科審美学会雑誌18 ( 2 ) 235 - 241   2006年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長岡英一,鎌田ユミ子,鎌下祐次,西 恭宏,濵野 徹,梶原和美 .  効果的なEarly Exposureのための視覚素材を用いた授業-学生による全部床義歯患者の顔貌の審美性の評定- .  日本歯科医学教育学会雑誌21 ( 3 ) 272 - 278   2005年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 水流和徳,西恭宏,濵野徹,木下智恵,鎌下祐次,濱村俊一,長岡英一 .  ガラス繊維補強型高分子材料をクラスプに応用した臨床例 .  日本歯科審美学会雑誌17 ( 2 ) 161 - 168   2005年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ガラス繊維補強型高分子材料のクラスプへの応用-繰り返し着脱が維持力に及ぼす影響- .  濵野 徹,西 恭宏,木下智恵,水流和徳,長岡英一 .  歯科審美16 ( 2 ) 290 - 299   2004年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chie Kishita, Tohru Hamano, Kazunori Tsuru, Yasuhiro Nishi, Eiichi Nagaoka .  Application of a Glass Fiber-reinforced Composite Material to Clasps -The Effects of Immersion and Repeated Loading- .  Dental Materials Journal23 ( 4 ) 528 - 532   2004年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 水流和徳,西恭宏,木下智恵,濵野徹,川畑直嗣,長岡英一 .  顎堤の前後的傾斜が支台歯の挙動に及ぼす影響-レストシート形態と支台歯連結- .  日本補綴歯科学会雑誌46 ( 2 ) 165 - 174   2002年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鎌下祐次(KamashitaYuji),西恭宏,濵野徹,長岡英一 .  有床義歯患者における気分と審美性との関係-Face Scale による気分評価- .  歯科審美14 ( 2 ) 257 - 258   2002年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kouji Fujii, Hiroyuki Arikawa, Takahito Kanie, Tohru Hamano, Yasuhiro Nishi, Eiichi Nagaoka .  Dynamic viscoelastic properties of commercial glass-fibre reinforced resin used for crowns and bridges .  J Oral Rehabili _ Blackwell Science Ltd29 ( ※ ) 827 - 834   2002年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuhiro Nishi, Kazunori Tsuru, Chie Kishita, Tohru Hamano, Naotsugu Kawahata, Eiichi Nagaoka .  Impression pressures against teeth in a partially edentulous model with a mobile tooth: influence of impression tray design .  Journal of Oral Rehabilitation27 ( 5 ) 380 - 386   2000年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuhiro Nishi, Tohru Hamano, Naotsugu Kawahata, Eiichi Nagaoka .  Displacement of a mobile tooth during impression procedure: effect of impression tray design .  Journal of Oral Rehabilitation25 ( 7 ) 553 - 559   1998年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naotsugu Kawahata, Yuuji Kamashita, Yasuhiro Nishi, Tohru Hamano, Eiichi Nagaoka .  Analysis of Residual Ridges and Ridge Relationship by Three-dimensional Reconstruction Method .  Journal of Oral Rehabilitation25 ( 2 ) 110 - 116   1998年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naotsugu Kawahata, Hideki Ono, Yasuhiro Nishi, Tohru Hamano, Eiichi Nagaoka .  Trial of duplication procedure for complete dentures by CAD/CAM .  Journal of Oral Rehabilitation24 ( 7 ) 540 - 548   1997年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Naotsugu Kawahata, Atsuhiko Otsuka, Yuuji Kamashita, Mamoru Murakami, Yasuhiro Nishi, Tohru Hamano, Eiichi Nagaoka .  A Study of Diagnostic Method of Edentulous Ridge Shape. Application of the Three-dimensional reconstruction method .  Dentistry in Japan33 ( ※ ) 55 - 58   1997年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下 皓三, 峰元 洋光, 西村 正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 保険収載後9ヵ月間における分析 .  南九州歯学会雑誌1 ( 1 ) 27 - 32   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:南九州歯学会  

    【目的】平成30年度から口腔機能低下を規定の検査で診断して管理することが診療報酬において評価されるようになったが,どのような対象者に実施すべきか不明確であり広く実施されていない.このため,今回,検査対象者の目安を得るため,病院と歯科診療所の2施設における検査・診断状況を分析し,比較した.【方法】平成30年4月から12月の期間で鹿児島大学病院義歯補綴科(A)と鹿児島市内の一歯科診療所(B)の口腔機能検査実施患者において,検査結果と口腔機能低下症の診断状況について調査・分析した.【結果と考察】対象者は,合計36名(A:16名,B:20名)であり,口腔機能低下症の下位症状の中で,低舌圧,舌口唇運動機能低下,口腔乾燥は,機能低下の割合が高い症状であった.口腔機能低下症と診断された割合はA:100.0%,B:85.0%とかなり高く,咬合力低下(残存歯数)に対して舌口唇運動機能と咀嚼機能との相関が認められた.これらのことから,口腔機能低下症の診断基準は,従来から口腔機能の主機能と考えられる咀嚼機能よりも発音,摂食機能に関連する個別的な舌,口唇,唾液分泌の機能低下をピックアップしやすいと考えられた.また,残存歯数が少ないと一部の口腔機能低下を生じやすいという相関関係が抽出された.しかし,検査対象者の選定や検査方法のブラッシュアップに今後さらなる検討が必要であると考えられる.(著者抄録)

  • Murakami Mamoru, Nishi Yasuhiro, Shimizu Takaharu, Nishimura Masahiro .  全歯を有し口蓋欠損がみられたある患者へ適用した維持装置を用いない栓塞子補綴(A retainer-free obturator prosthesis in a fully dentulous patient with palatal defects) .  Journal of Oral Science62 ( 1 ) 122 - 124   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本大学歯学部  

    症例は57歳女性で、鼻閉を訴えて当院の耳鼻咽喉科を受診し、筋上皮腫と診断された。上顎骨と口蓋の切除術を予定され、その術後補綴治療の計画立案目的で当義歯補綴科へ診察依頼された。術前評価では欠損歯は認められなかった。口蓋切除術の施行後、鼻逆流と咀嚼困難を訴えた。口腔内診察の結果、歯槽骨または歯牙で失われたものは無かったが、左側の下鼻甲介が外科的に切除されておりそのため楕円形で4×3cmと巨大な口蓋欠損が硬口蓋から軟口蓋にかけて生じていることが判明した。この欠損はAramany分類では3級に相当していた。そのため手術の1週間後にクラスプ支持口蓋栓塞子を挿入しその後に何度も調整を試みたものの、整容性の問題や食物残滓の蓄積などを訴えた。こうした問題に対処するため維持装置を用いない栓塞子補綴物を新調することに決定した。口蓋欠損部の印象採得を行って栓塞子の本体を製造し、さらに鼻腔内に挿入される上部の後辺をさらに後方へ突出させることでアンダーカット形態を付与した。その付与すべき突出形態は、常温重合レジンとティッシュコンディショナーを用いてチェアサイドで調節し決定した。こうして栓塞子を新調することで嚥下、発話、栓塞子の維持といった機能面が改善したことが確認された。その後5年間にわたる経過観察においても臨床的な問題は観察されなかった。

  • Murakami Mamoru, Nishi Yasuhiro, Shimizu Takaharu, Nishimura Masahiro .  A retainer-free obturator prosthesis in a fully dentulous patient with palatal defects .  Journal of Oral Science62 ( 1 ) 122 - 124   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本大学歯学部  

    <p>Retainers are the most important component in the success of an obturator prosthesis. However, the optimal retainer design for a fully dentulous patient with palatal defect needs four widely separated retainers—resulting in unsatisfactory esthetics—and regulates engagement of deep undercuts of the defect cavity, which leads to an inadequate palatal seal. A new retainer-free obturator prosthesis that closes only the defect cavity and is retained by undercuts within the defect was designed and proved useful for problems caused by a clasp-retained obturator prosthesis for a fully dentulous patient with palatal defects.<b> </b></p>

    DOI: 10.2334/josnusd.18-0276

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • 窪木 拓男, 市川 哲雄, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 佐藤 博信, 會田 英紀, 小山 重人, 秀島 雅之, 佐藤 裕二, 和気 裕之, 大野 彩[木村], 永尾 寛, 上田 順加[小平], 玉置 勝司, 貞森 紳丞, 津賀 一弘, 西 恭宏, 澤瀬 隆, 越野 寿, 鱒見 進一, 櫻井 薫, 石橋 寛二, 大山 喬史, 赤川 安正, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 古谷野 潔, 矢谷 博文, 松村 英雄 .  【二次出版】Secondary Publication 補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの妥当性の検討 (公社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究 .  日本補綴歯科学会誌11 ( 4 ) 355 - 375   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    目的:日本補綴歯科学会は、補綴歯科治療を必要とする患者の複雑な多様性を評価し、それをもとに難易度分類を行うことを目的に「補綴歯科治療の難易度を測定する多軸診断プロトコル」を作成し、すでに臨床上十分な信頼性を示すことを確認した。本研究では多施設臨床追跡研究により本プロトコルの妥当性を検討した。方法:新たに作成した多軸診断プロトコルは、口腔内の状態、身体社会的状態、口腔関連QOL(OHIP-J54)、精神心理学的状態の4つの診断軸からなる。それぞれグレード0(易しい)から3(難しい)の4段階評価を行う。日本補綴歯科学会の認定研修施設である大学病院補綴科9施設で、歯質もしくは歯列欠損に対し補綴歯科治療が必要と判断された初診患者を連続サンプリングした。補綴歯科治療前に、本プロトコルを用いて難易度評価を行った。そして補綴歯科治療後に、治療に要した時間、医療費などの医療資源および口腔関連QOL評価を行った。本プロトコルの構成概念妥当性は、治療前の術者の主観による難易度評価と、本プロトコルの各軸の難易度の相関を求め検討した。予測妥当性は、総医療費、総治療時間、治療前後の口腔関連QOL変化量をサロゲートエンドポイントとして用い、本プロトコルの4つの診断軸の難易度を統合した総合難易度との相関を求めた。結果と考察:口腔内の状態(Axis I)、身体社会的状態(Axis II)、口腔関連QOL(Axis III)と治療前の術者の主観による難易度評価は、有意な正の相関を示した。一方、精神心理学的状態(Axis IV)と治療前の術者の主観による難易度評価には相関が認められなかった。術前に本プロトコルで評価した患者の総合難易度は、治療の難易度とよく関連すると考えられるサロゲートエンドポイント(総治療費、総治療時間、口腔関連QOL改善量)のいずれとも有意に相関した。口腔内状況別にこの関係を精査すると、術前の総合難易度評価は、全部歯列欠損症例や部分歯列欠損症例においては、これらのサロゲートエンドポイントの一部と有意に相関が認められたが、全部歯列欠損と部分歯列欠損の混合症例や歯の問題の症例においては、それらのサンプルサイズが小さいこともあり有意差が認められなかった。結論:補綴歯科治療の難易度を初めて多軸診断することに成功した本プロトコルの総合難易度評価は、全部歯列欠損症例や部分歯列欠損においては、臨床使用上十分な予測妥当性を示すことがわかった。(著者抄録)

  • 元山 彩良, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態のアンケート調査 .  老年歯科医学34 ( 3 ) 399 - 405   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本老年歯科医学会  

    <p> 口腔保湿剤(保湿剤)は,患者みずからがスーパーマーケットやドラッグストアなどで購入し,使用している。しかし,医療従事者がこれらについてどの程度認知し,指導に関与しているかは不明である。本研究の目的は,医療従事者を対象とした保湿剤に関するアンケート調査を行い,その実態を把握することである。鹿児島大学病院に勤務する歯科医師,歯科衛生士,看護師を対象に,保湿剤に対する認知度,指導経験の有無や選択基準などに関するアンケート調査を行った。アンケートの回答を得られた165名を対象に分析を行った。内訳は歯科医師が102名,歯科衛生士が20名,看護師が43名であり,臨床経験年数は5年未満が60名,5年以上10年未満が39名,10年以上が66名であった。「保湿剤を知っているか」「保湿剤を勧めたことがあるか」「使用方法を指導したことがあるか」ならびに「保湿剤を変更したことがあるか」の回答結果は職種において有意差が認められた。「保湿剤を使用すべきと思った場面があるか」「保湿剤を勧めたことがあるか」「使用方法を指導したことがあるか」ならびに「保湿剤を変更したことがあるか」の回答結果は臨床経験年数において有意差が認められた。以上の結果より,職種と臨床経験年数の両者ともに有意差が認められたアンケート項目は,保湿剤を患者に効果的に使用してもらううえで重要な事項と考えられた。</p>

    DOI: 10.11259/jsg.34.399

    CiNii Article

  • 窪木 拓男, 和気裕之, 大野(木村) 彩, 永尾 寛, 上田(小平) 順加, 玉置 勝司, 貞森 紳丞, 津賀 一弘, 西 恭宏, 澤瀬 隆, 越野 寿, 市川 哲雄, 鱒見 進一, 櫻井 薫, 石橋 寛二, 大山 喬史, 赤川 安正, 平井 敏博, 佐々木 啓一, 古谷野 潔, 矢谷 博文, 松村 英雄, 馬場 一美, 藤澤 政紀, 佐藤 博信, 會田 英紀, 小山 重人, 秀島 雅之, 佐藤 裕二 .  補綴歯科治療の難易度を測定するプロトコルの妥当性の検討:─(公社)日本補綴歯科学会による多施設臨床研究─ .  日本補綴歯科学会誌11 ( 4 ) 355 - 375   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本補綴歯科学会  

    <p><b>目的</b>:日本補綴歯科学会は,補綴歯科治療を必要とする患者の複雑な多様性を評価し,それをもとに難易度分類を行うことを目的に「補綴歯科治療の難易度を測定する多軸診断プロトコル」を作成し,すでに臨床上十分な信頼性を示すことを確認した.本研究では多施設臨床追跡研究により本プロトコルの妥当性を検討した.</p><p><b>方法</b>:新たに作成した多軸診断プロトコルは,口腔内の状態,身体社会的状態,口腔関連QOL(OHIP-J54),精神心理学的状態の4つの診断軸からなる.それぞれグレード0(易しい)から3(難しい)の4段階評価を行う.</p><p> 日本補綴歯科学会の認定研修施設である大学病院補綴科9施設で,歯質もしくは歯列欠損に対し補綴歯科治療が必要と判断された初診患者を連続サンプリングした.補綴歯科治療前に,本プロトコルを用いて難易度評価を行った.そして補綴歯科治療後に,治療に要した時間,医療費などの医療資源および口腔関連QOL 評価を行った.</p><p> 本プロトコルの構成概念妥当性は,治療前の術者の主観による難易度評価と,本プロトコルの各軸の難易度の相関を求め検討した.予測妥当性は,総医療費,総治療時間,治療前後の口腔関連QOL 変化量をサロゲートエンドポイントとして用い,本プロトコルの4つの診断軸の難易度を統合した総合難易度との相関を求めた.</p><p><b>結果と考察</b>:口腔内の状態(Axis Ⅰ),身体社会的状態(Axis Ⅱ),口腔関連QOL(Axis Ⅲ)と治療前の術者の主観による難易度評価は,有意な正の相関を示した.一方,精神心理学的状態(Axis Ⅳ)と治療前の術者の主観による難易度評価には相関が認められなかった.</p><p> 術前に本プロトコルで評価した患者の総合難易度は,治療の難易度とよく関連すると考えられるサロゲートエンドポイント(総治療費,総治療時間,口腔関連QOL 改善量)のいずれとも有意に相関した.口腔内状況別にこの関係を精査すると,術前の総合難易度評価は,全部歯列欠損症例や部分歯列欠損症例においては,これらのサロゲートエンドポイントの一部と有意に相関が認められたが,全部歯列欠損と部分歯列欠損の混合症例や歯の問題の症例においては,それらのサンプルサイズが小さいこともあり有意差が認められなかった.</p><p><b>結論</b>:補綴歯科治療の難易度を初めて多軸診断することに成功した本プロトコルの総合難易度評価は,全部歯列欠損症例や部分歯列欠損においては,臨床使用上十分な予測妥当性を示すことがわかった.</p>

    DOI: 10.2186/ajps.11.355

    CiNii Article

  • 田中 荘子, 中村 康典, 西 恭宏, 下松 孝太, 中村 典史 .  鹿児島医療センターにおける心臓弁膜症手術患者の周術期口腔機能管理の現状 .  日本口腔ケア学会雑誌13 ( 1 ) 21 - 27   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本口腔ケア学会  

    心臓弁膜症疾患で全身麻酔下手術を施行し、周術期口腔機能管理を実施した103名(男性61名、女性42名、21〜88歳)を対象とした。周術期口腔機能管理介入率は、症例全体の56.9%であった。歯科疾患は、辺縁性歯周炎が89例でもっとも多く、ついで義歯不適合が34例、根尖性歯周炎が32例、齲蝕が16例であった。残存歯数は平均15.5本で、残存歯数21〜25本が27例でもっとも多かった。無歯顎症例は13例であった。歯周ポケット4mm以上の歯の数は平均3.7本、根管充填歯数の平均は4.0本、根尖病巣歯数は平均で0.5本、歯冠補綴歯所有本数の平均は6.4本、残根歯数では平均が0.6本であった。歯科処置の内訳は、歯石除去などの辺縁性歯周病の初期治療がもっとも多く89例で、ついで抜歯が41例、義歯調整が34例、齲蝕処置が8例であった。辺縁性歯周炎治療や根尖性歯周炎歯の抜歯、歯根嚢胞の嚢胞摘出、義歯不適合に対する義歯調整や義歯修理は、ほぼ100%で治療完遂した。術後の37.5℃以上3日以上の発熱ありが22例で、3例に肺炎の発症を認めた。術後在院日数が31日以上の患者では根管充填歯、歯冠補綴歯が有意に多かった。

  • Kuboki Takuo, Ichikawa Tetsuo, Baba Kazuyoshi, Fujisawa Masanori, Sato Hironobu, Aita Hideki, Koyama Shigeto, Hideshima Masayuki, Sato Yuji, Wake Hiroyuki, Kimura-Ono Aya, Nagao Kan, Kodaira-Ueda Yorika, Tamaki Katsushi, Sadamori Shinsuke, Tsuga Kazuhiro, Nishi Yasuhiro, Sawase Takashi, Koshino Hisashi, Masumi Shin-ichi, Sakurai Kaoru, Ishibashi Kanji, Ohyama Takashi, Akagawa Yasumasa, Hirai Toshihiro, Sasaki Keiichi, Koyano Kiyoshi, Yatani Hirofumi, Matsumura Hideo .  日本補綴歯科学会により開発された治療困難指数の妥当性を評価した多施設共同での疫学研究(A multi-centered epidemiological study evaluating the validity of the treatment difficulty indices developed by the Japan Prosthodontic Society) .  Journal of Prosthodontic Research62 ( 2 ) 162 - 170   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本補綴歯科学会  

    補綴ケアを必要とする患者において複合的な諸変量を評価し治療の難しさのレベルを分類することを目的として、日本補綴歯科学会は多軸評価手順を開発した。当評価手順が十分な信頼性を有することは既報にて示されているが、今回はその妥当性を評価するため多施設共同のコホート研究を施行した。当評価手順の構成概念妥当性は、心理的評価の点を除き、良く証拠づけられていた。予測妥当性に関しては、治療前に評価された治療困難性の包括的レベルが治療困難性と関連するとされる3種の代替エンドポイント、すなわち総治療コスト、治療時間、口腔健康関連QOLと有意に相関していることが示された。歯の欠損の程度に従ってサブグループ解析を施行した結果、完全無歯顎や部分無歯顎の患者集団では、治療前に評価した治療困難性レベルは一つまたは二つの代替エンドポイントと有意に関連していることが明らかになった。当多軸評価手順は完全/部分無歯顎者に対する補綴治療の困難性を予測する上で十分な妥当性を有していることが判明した。

▼全件表示

書籍等出版物

  • 認知症の人への歯科治療ガイドライン 第9章 認知症患者の歯科補綴治療

    櫻井 薰,市川哲雄,服部佳功,枝広あや子,田村文誉,中島純子,西 恭宏,古屋純一,原 哲也,平野浩彦,堀 一浩,吉川峯加,矢儀一智( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 平成30年度 老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業 介護保険施設における口腔の健康管理に関する実施状況の把握及び協力歯科医療機関等の役割に関する調査研究事業

    秋野 憲一,足立 融,石黒 幸枝,伊藤 加代子,糸田 昌隆,井上 誠,猪原 健,岩佐 康行,梅本 丈二,太田 博見,大野 友久,鴨田 勇司,貴島 真佐子,阪口 英夫,坂本 まゆみ,佐々木 力丸,栂安 秀樹,恒石 美登里,戸原 雄,中島 純子,西 恭宏,花形 哲夫,平野 浩彦,古屋 純一,山崎 裕,吉田 光由,渡邊 裕,渡部 芳彦,櫻井 薰,佐藤 裕二( 担当: 共著)

    一般社団法人 日本老年歯科医学会 理事長 佐藤 裕二  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • らくらくお口のケア 義歯ケア事典 日本義歯ケア学会編 第Ⅱ章臨床編 2義歯洗浄剤

    西 恭宏,西村正宏( 担当: 共著)

    永松書店  2018年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:143   担当ページ:41-49   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 平成24年度 日本補綴学会主催 部分床義歯学臨床基礎実習改善ワークショップ報告

    安陪 晋,河野文昭,河相安彦,池田和博,北川 昇,西 恭宏,野村修一,古谷野潔( 担当: 共著)

    日本補綴歯科学会誌  2013年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 効果的な義歯清掃方法の検討 -義歯用ブラシの使用と義歯洗浄剤の使用頻度について-

    瀬戸 佳,西 恭宏,長岡英一( 担当: 共著)

    日本歯科衛生学会雑誌  2011年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 摂食・嚥下障害ならびに構音障害に対する口腔内補助装置の適用に関するデータベースの構築

    佐々木啓一,小野高裕,中島純子,高橋 裕,田中貴信,鈴木哲也,谷口 尚,小正 裕,岡崎定司,津賀一弘,吉峰峰加,西 恭宏,飯沼利光,川島美佐雄,皆木省吾( 担当: 共著)

    日本歯科医学会誌  2010年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Use of a Magnetic Attachment to Retain an Obturator Prosthesis for an Osseous Defect.

    Kawamoto S, Hamamura S, Kawahara H, Nishi Y, Nagaoka E.( 担当: 共著)

    J Prosthodont. 26(3), 359-362, 2009.  2009年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • 歯科臨床ハンドブックー臨床ヒント集ダイジェスト版ー

    西恭宏(NishiYsuhiro)( 担当: 単著)

    クインテッセンス出版株式会社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 義歯の清掃指導について―アンケートによる義歯使用者の意識調査から―

    西恭宏(NishiYsuhiro),長岡英一( 担当: 共著)

    鹿児島県歯科医師会会報  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • カラーアトラスハンドブック有床義歯臨床ヒント集

    西恭宏(NishiYsuhiro)( 担当: 単著)

    クインテッセンス出版  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 硬口蓋全欠損をきたした硬口蓋悪性腫瘍症例に対するプロテーゼ使用経験

    西元謙吾,岩元光明,唐木敦子,黒野祐一,西 恭宏,森田康彦( 担当: 共著)

    日本耳鼻咽喉科学会会報  2002年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Face Scaleによる下顎骨高度萎縮無歯顎患者の気分評価

    長岡英一,西恭宏,鎌下祐次,濵野徹,小野原昌弘( 担当: 共著)

    老年歯科医学  2002年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC

  • 認知症患者の義歯診療ガイドライン 2018 査読

    市川 哲雄,服部 佳功,枝広 あや子,田村 文誉,中島 純子,西 恭宏,古屋 純一,原 哲也,平野 浩彦,堀 一浩,吉川 峰加,矢儀 一智 ,櫻井 薫

    日本老年歯科医学会   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 特集:高齢者の口腔ケア 手技の基本 8.義歯の取り扱い.

    西 恭宏

    Modern physician   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 高齢社会の義歯衛生管理 ―プラークの早期除去と付着抑制― 

    西 恭宏,村上 格,藤島 慶,西村正宏

    鹿歯会報 124 ( 703 ) 8 - 10   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:鹿児島県歯科医師会  

  • 欠損の拡大を防ぐ-部分床義歯における残存歯の保全ための基本事項と現在の考え方-

    西 恭宏

    補綴臨床47 ( 1 ) 70 - 81   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 下顎総義歯の維持不良の防ぎ方 7.下顎位を明確にしてから義歯形態へ

    西 恭宏

    歯科医療27 ( 1 ) 65 - 72   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • パーシャルデンチャーテクニック 第5版 査読

    西 恭宏

    医歯薬出版株式会社   151 - 159   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者の摂食機能と歯科補綴

    西 恭宏

    鹿児島大学歯学部紀要29   47 - 56   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ガラス繊維補強型高分子材料を用いた“白いクラスプ”の製作

    木下智恵,西恭宏(NishiYsuhiro),濵野徹,濱村俊一,長岡英一

    歯科技工34 ( 3 ) 358 - 367   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 審美性に優れたクラスプ

    西恭宏(NishiYsuhiro),木下智恵,濵野徹,水流和徳,長岡英一

    補綴臨床39 ( 2 ) 162 - 169   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 基礎から学ぼう口腔ケア義歯編5義歯の手入れ

    西恭宏(NishiYsuhiro),長岡英一

    総合ケア13 ( 8 ) 86 - 87   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 基礎から学ぼう口腔ケア義歯編9義歯の洗浄剤

    西恭宏(NishiYsuhiro),長岡英一

    総合ケア13 ( 12 ) 62 - 63   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 基礎から学ぼう口腔ケア義歯編8義歯の接着剤

    西恭宏(NishiYsuhiro),長岡英一

    総合ケア13 ( 11 ) 84 - 85   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • グラスファイバー補強型高分子材料のクラスプへの応用

    木下智恵,濵野徹,西恭宏,水流和徳,藤井孝一,長岡英一

    QDT (Quintessence of Dental Technology)26 ( 8 ) 15 - 22   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 脳卒中患者への医科歯科連携に関するガイドブック

    櫻井 薫, 佐藤 裕二, 水口 俊介, 津賀 一弘, 池邉 一典, 永尾 寛, 山本 健, 古屋 純一, 田村 文誉, 上田 貴之, 松尾 浩一郎, 金澤 学, 福島 正義, 吉田 光由, 猪原 健, 市川 哲雄, 服部 佳功, 西 恭宏, 原 哲也, 中島 純子, 堀 一浩, 吉川 峰加, 枝広 あや子, 平野 浩彦, 矢儀 一智, 窪木 拓男, 内藤 徹, 大井 孝, 戸原 玄, 糸田 昌隆, 稲次 基希, 中根 綾子, 中川 量晴, 三串 伸哉, 田中 信和, 尾崎 研一郎, 中山 渕利, 飯田 貴俊, 一般社団法人・日本老年歯科医学会

    老年歯科医学34 ( 4 ) E1 - E21   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 【高齢者の口腔ケア】手技の基本 義歯の取り扱い

    西 恭宏

    Modern Physician37 ( 9 ) 967 - 970   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)新興医学出版社  

    <ポイント>各個人に見合った義歯の保管方法について、スタッフ間で共通認識を持つ。義歯を良好に機能させるには、歯科による定期的管理が必要である。経口摂取再開のスムースさから、義歯の装着継続を考慮する。毎日、義歯洗浄剤が使用できるサポートが必要である。義歯洗浄剤と超音波洗浄器の併用は有効である。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 西 恭宏 .  義歯を測る -義歯の動き- .  第10回日本義歯ケア学会学術大会  2018年1月28日  日本義歯ケア学会

    招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月28日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:徳島市  

  • 西 恭宏 .  「義歯安定剤 ガイドライン研究から見えてきたもの」 義歯安定剤が口腔湿潤度に与える影響ならびに口腔湿潤度との関連項目の検討 −多施設ランダム化比較試験− .  平成29年度 日本義歯ケア学会シンポジウム  2017年11月18日  日本義歯ケア学会

    招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  新規開発した義歯洗浄剤を含めた泡タイプ義歯洗浄剤の比較検討 .  日本義歯ケア学会第13回学術大会  2021年2月28日  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 西 恭宏,村上 格,原田佳枝,堀之内玲耶,西村正宏 .  義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から- .  日本義歯ケア学会第13回学術大会  2021年2月28日  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • M. Murakami, K. Harada, Y. Nishi and M. Nishimura .  Storage temperature and pH of commercial oral moisturizers affects the antifungal effects .  7th Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP  2021年2月19日 

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月19日 - 2021年2月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格,西村正宏 .  エアロラップ法研磨による床用レジンの理工学的性状変化と微生物付着状況の検討 .  令和2年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2020年11月29日  日本補綴歯科学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 西 恭宏、山下 裕輔、村上 格、原田 佳枝、益崎 与泰、峰元 洋光、堀之内 玲耶、池田 菜緒、中村 康典、西村 正宏 .  補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連 .  日本老年歯科医学会第31回学術大会  2020年10月30日  日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 村上 格,原田佳枝,元山彩良,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響 .  日本老年歯科医学会第31回学術大会  2020年10月30日  日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 堀之内玲耶、原田佳枝、山下裕輔、益崎与泰、村上 格、西恭宏、西村正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の洗浄効果の検討 .  日本老年歯科医学会第31回学術大会  2020年10月30日  日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月30日 - 2020年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 下田平佳純,中村康典,木村菜美子,横山千鶴,江口洋子,堂薗文子,西 恭宏 .  鹿児島医療センターにおける口腔ケアチーム活動に関する臨床統計学的検討 .  第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月2日 - 2020年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 中村康典,木村菜美子,下田平佳純,横山千鶴,江口洋子,吉村卓也,手塚征宏,西 恭宏 .  造血幹細胞移植療法に対する周術期口腔機能管理とその効果 .  第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月2日 - 2020年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,田畑雅士 .  都城医療センターにおける骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の現状 .  第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会  日本口腔ケア学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月2日 - 2020年9月3日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  要介護者に向けた義歯安定剤が付着した義歯の新規清掃法の開発 .  第17回日本口腔ケア学会学術大会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月2日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市  

  • 西 恭宏,村上 格,山下裕輔,西村正宏 .  下顎骨辺縁切除に起因する下顎骨の歪みに対して支台装置に可動性を付与した顎義歯症例 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月27日 - 2020年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,山下裕輔,下田平直大,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の検討 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月27日 - 2020年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 村上 格,西 恭宏,原田佳枝,益崎与泰,峰元洋光,柳澤嵩大,西村正宏 .  パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する:二重盲検無作為化交差試験 .  日本補綴歯科学会第129回学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月27日 - 2020年6月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 西 恭宏,山下裕輔,西 慶太郎,中村麻弥 .  歯科外来患者と口腔腫瘍患者における口腔機能と骨格筋指数の関連 .  第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会  日本臨床栄養代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月27日 - 2020年2月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:紙面開催  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,神園健人,濱坂厘杏,下田平直大,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  義歯安定剤使用者に向けた新しい義歯洗浄法の開発 .  第12回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,田畑雅士,西久保舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状と課題 .  第73回国立病院医学会  国立病院機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月9日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 西 恭宏 .  鹿児島大学歯学部における訪問歯科診療に関する教育 .  第4回歯学国際シンポジウム Ⅱ健康長寿社会を担う歯科医学教育 地域医療に貢献できる人材の育成〜訪問診療への対応〜  2019年6月18日  鹿児島大学歯学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月18日

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格,山下皓三,原田佳枝,益崎与泰,有馬 敬,鎌下祐次,中村康典,西村正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 .  日本老年歯科医学会 第30回 学術大会  日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月7日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • 村上 格,西 恭宏,原田佳枝,西村正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査 .  第30回日本老年歯科医学会学術大会  日本老年歯科医学会学術大会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月7日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • 原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  適正なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である .  第30回日本老年歯科医学会学術大会  日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月7日 - 2019年6月8日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市  

  • 山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下 皓三, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 有馬 敬, 中村 康典, 西村 正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月7日 - 2019年6月8日

  • 堀之内玲耶,原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である .  日本補綴歯科学会第128回学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月11日 - 2019年5月12日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,田畑雅士,西久保舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状 ~第5報 6年間の振り返りから~ .  第16回日本口腔ケア学会総会・学術大会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日 - 2019年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 川嵜順子,外園美幸,木之瀬晴香,中島瑞代,川端涼子,堂薗文子,木村菜美子,西 恭宏,中村康典 .  新人看護師に対する口腔ケア研修の実施と受講後口腔ケアへの意識と実施状況 .  第16回日本口腔ケア学会総会・学術大会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日 - 2019年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 木村菜美子,中村康典,西 恭宏,吉村卓也,中村典史 .  鹿児島医療センターにおけるARONJの現状 .  第16回日本口腔ケア学会総会・学術大会   日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月27日 - 2019年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 西 恭宏 .  摂食嚥下機能評価 第2回摂食嚥下内視鏡実践セミナー  .  第2回摂食嚥下内視鏡実践セミナー  2019年3月2日  鹿児島大学歯学部同窓会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月2日 - 2019年3月3日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島市 UKデンタル,鹿児島大学病院  

  • 西 恭宏 .  口腔機能低下症の検査 第2回摂食嚥下内視鏡実践セミナー  .  第2回摂食嚥下内視鏡実践セミナー  2019年3月3日  鹿児島大学歯学部同窓会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月2日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島市  

  • 藤島 慶,瀬戸口 大介,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  義歯装着患者より採取したCandida albicans臨床分離株の病原性評価について .  第11回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月2日 - 2019年2月3日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都 東京医科歯科大学  

  • 西 恭宏 .  口腔ケアの実際 「義歯のケアと管理」 「歯科的装置」 .  鹿児島大学病院 平成30年度 NST専門療法士実地修練カリキュラム  鹿児島大学病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月3日 - 2018年12月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島市 鹿児島大学病院  

  • 東翔太郎,鈴木甫,吉村卓也,手塚征宏,西恭宏,中村康典,中村典史 .  鹿児島大学口腔顎顔面外科受診患者におけるフレイルの実態調査 .  第14回鹿児島摂食嚥下リハビリテーション研究会  鹿児島摂食リハビリテーション研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市 市民病院  

  • 西 恭宏 .  摂食嚥下障害とその評価 .  鹿児島大学公開講座 第2回 摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース  2018年9月12日  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔顎顔面補綴学分野

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月12日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島大学 医学部臨床講義棟第5講義室  

  • 新屋俊明,西 恭宏 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理実施患者の口腔内状況 ~舌背細菌数について~ .  第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会  日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月8日 - 2018年9月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

  • 西 恭宏,野村太郎,村上 格,西村正宏,近藤尚知,洪 光,坪井明人,秋葉徳寿,鈴木哲也,水口俊介,木本 統,河相安彦,木本克彦,米山喜一,岡崎定司,市川哲雄,黒木唯文, 村田比呂司,細井紀雄,濱田泰三 .  義歯安定剤の使用効果は口腔湿潤度に影響される?多施設ランダム化比較試験? .  平成30年度 日本補綴歯科学会 九州支部学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月25日 - 2018年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本市 熊本県歯科医師会館  

  • 元山彩良,村上 格,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態に関するアンケート調査 .  平成30年度 日本補綴歯科学会 九州支部学術大会  日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月25日 - 2018年8月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本市 熊本県歯科医師会館  

  • 田口則宏,西村正宏,南弘之,西谷佳浩,中山歩,大戸敬之,岩下洋一朗,宮脇正一 .  鹿児島大学が展開する全国歯学生離島実習プログラム鹿児島大学が展開する全国歯学生離島実習プログラム ~課題解決型高度医療人材養成プログラムの一環として~ .  第37回日本歯科医学教育学会総会および学術大会  日本歯科医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月27日 - 2018年7月28日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福島市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,中村康典,村上 格,原田佳枝,鎌下祐次,西村正宏 .  舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係 .  第29回学術大会日本老年歯科医学会   日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月23日 - 2018年6月24日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都  

  • 村上 格,藤島 慶,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響 .  第127回学術大会日本補綴歯科学会   日本補綴歯科学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月18日 - 2018年6月19日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山市  

  • 川嵜順子,原ノ園亜矢,吉滿琴美 ,池田智子,福元京子,田中荘子 ,西 恭宏,中村康典 .  看護師新人研修における口腔ケア研修導入の効果 ~研修後アンケートによる検討~ .  第15回日本口腔ケア学会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月28日 - 2018年4月29日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,田畑雅士,西久保舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状 第4報 舌背細菌レ ベル、舌背細菌数について .  第15回日本口腔ケア学会  日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月28日 - 2018年4月29日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

  • 西 恭宏 .  摂食嚥下障害とその評価 .  鹿児島大学公開講座 第1回 摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース  2017年9月27日  鹿児島大学大学院医歯学総合研究科口腔顎顔面補綴学分野

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月27日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島大学 医学部臨床講義棟第5講義室  

  • 西 恭宏,村上 格,蟹江隆人,橋口千琴,田中帝臣,西尾美咲,西村正宏 .  床用レジンにおけるエアロラップ法鏡面研磨による研磨時間と表面粗さの関係 .  第123回日本補綴歯科学会  第123回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,橋口千琴,西尾美咲,田中帝臣,蟹江隆人,西村正宏 .  口腔保湿剤の種類および湿度が粘度に及ぼす影響 .  第123回日本補綴歯科学会  第123回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 松井竜太郎,下松孝太,西 恭宏,三浦尚子,中村康典,野村昌弘,中村典史,西村正宏,杉原一正 .  口腔癌の治療における栄養状態と術後合併症の検討 .  第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会  第19回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:倉敷  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,冨宿美紀,西尾美咲,西村正宏 .  無歯顎者における嚥下時呼吸とむせ自覚との関連 .  平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 丸山浩美,鎌下祐次,橋口千琴,葛西貴行,西 恭宏,西村正宏 .  テーラーメイド有限要素解析によるインプラント治療に役立つ力学挙動の解明 .  平成25年度日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー  平成25年度日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • .鎌下祐次,西 恭宏,村上 格,丸山浩美,葛西貴行,田中帝臣,橋口千琴,冨宿美紀,西尾美咲,西村正宏 .  義歯患者の残存歯の状態が患者の主観的評価に及ぼす影響 .  平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 安陪 晋、河野 文昭、河相 安彦、池田 和博、北川 昇、西 恭宏、野村 修一、古谷野 潔、 .  卒後臨床研修における補綴処置の自験例に関する実態調査 .  第32回日本歯科医学教育学会総会・学術大会  第32回日本歯科医学教育学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 冨宿美紀,西 恭宏,村上 格,鎌下祐次,西村正宏 .  エアロラップ法による鏡面研磨が床用レジンの表面荒さにおよぼす影響 .  日本老年歯科医学会第24回学術大会  日本老年歯科医学会第24回学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 西 恭宏,上川善昭,高本健生,加地彰人,冨宿美紀,西村正宏 .  ナノ銀粒子加工によるレジン床義歯の抗カンジダ性 .  日本老年歯科医学会第24回学術大会  日本老年歯科医学会第24回学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,西村正宏 .  顎義歯粘膜面の鏡面研磨によるデンチャープラークの付着抑制 .  日本老年歯科医学会第24回学術大会  日本老年歯科医学会第24回学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 村上 格,鎌下祐次,葛西貴行,瀬戸 佳,田中帝臣,富宿美紀,西 恭宏,西村正宏 .  口腔保湿剤の種類および湿度が残存重量に及ぼす影響 .  第122回日本補綴歯科学会  第122回日本補綴歯科学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 丸山浩美,西 恭宏,濱村俊一,葛西貴行,鎌下祐次,長岡英一 .  FRCクラスプの臨床応用の実際 .  第22回日本歯科医学会総会  第22回日本歯科医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一 .  顎欠損患者と口腔乾燥-簡便な評価方法と口腔細菌叢に及ぼす影響― .  第22回日本歯科医学会総会  第22回日本歯科医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 橋口千琴,川本真一郎,葛西貴行,西 恭宏,長岡英一 .  2型糖尿病モデルラットにおけるチタンインプラントの生体力学的・組織形態計測学的分析 .  平成24年度日本補綴歯科学会四国・中国・九州支部合同学術大会  平成24年度日本補綴歯科学会四国・中国・九州支部合同学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 鎌下祐次,村上 格,丸山浩美,加地彰人,田中帝臣,西 恭宏,長岡英一 .  義歯患者の主観的評価-口腔関連QOL,気分,義歯満足度の関連性- .  平成24年度日本補綴歯科学会四国・中国・九州支部合同学術大会  平成24年度日本補綴歯科学会四国・中国・九州支部合同学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 冨宿美紀、西 恭宏、中村康典、松井竜太郎、田中帝臣、加地彰人、下松孝太、平田晃士、杉原一正、中村典史 .  歯科医院受診の後期高齢者における摂食・嚥下機能に関する実態調査 .  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,冨宿美紀,長岡英一 .  有歯顎者と無歯顎者の呼吸パターンと嚥下時無呼吸 .  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 丸山浩美,西 恭宏,濱村俊一,葛西貴行,鎌下祐次 .  有限要素法を利用したFRCクラスプデザインの最適化 .  平成24年度日本歯科理工学会九州支部夏期セミナー  平成24年度日本歯科理工学会九州支部夏期セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 松井竜太郎,中村康典、西 恭宏、野村昌弘,緒方裕子、下松孝太、加地彰人、中村典史,杉原一正 .  当院における口腔癌治療に対する摂食嚥下チーム介入の現状 .  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会  第17,18回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 加地彰人,西 恭宏,丸山浩美,鎌下祐次,長岡英一 .  有床義歯補綴学実習への新視聴覚システム導入による実習説明方法についてのアンケート調査 .  第31回日本歯科医学教育学会学術大会  第31回日本歯科医学教育学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,村上 格,鎌下祐次 ,長岡英一 .  義歯洗浄剤を併用した超音波洗浄による義歯清掃の時間的検討 .  第23回日本老年歯科医学会学術大会  第23回日本老年歯科医学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくば市  

    国内学会

  • 丸山浩美,西 恭宏, 濱村俊一,鎌下祐次,長岡英一 .  積層構造を有するFRCクラスプの非線形有限要素解析-レジンコーティング法の検討- .  第121回日本補綴歯科学会  第121回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,加地彰人,冨宿美紀,鎌下祐次,長岡英一 .  開窓療法に適用した栓塞子の臨床的評価-栓塞子の設計と生存期間について- .  第121回日本補綴歯科学会  第121回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 西 恭宏 .  義歯清掃方法に関するレビュー .  日本老年歯科医学会九州南ブロック鹿児島県支部設立記念講習会  日本老年歯科医学会九州南ブロック鹿児島県支部設立記念講習会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    その他

  • 西恭宏 .  歯とお口と健康の話 .  第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会)  第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 鎌下祐次,西 恭宏,中村和人,長岡英一 .  口唇口蓋裂に伴う反対咬合をメタルフリー接着ブリッジで修復した症例 .  第22回日本歯科審美学会  第22回日本歯科審美学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 松井竜太郎,中村康典,西 恭宏,平原成浩,緒方裕子,比地岡浩志,野村昌弘,平林大典,藤崎順一,長岡英一,中村典史,杉原一正 .  当院における口腔癌の治療に対する摂食嚥下チームの介入の現状 .  第56回日本口腔外科学会総会・学術大会  第56回日本口腔外科学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 中村康典,西 恭宏,松井竜太郎,平原成浩,長岡英一,杉原一正,平田晃士,中村典史 .  歯科医院受診高齢者の摂食・嚥下機能に関する実態調査 .  第56回日本口腔外科学会総会・学術大会  第56回日本口腔外科学会総会・学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • H. MARUYAMA, Y. NISHI, E. NAGAOKA .  Influence of coating thickness on retentive forces of FRC clasps .  The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research  The 59th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:広島  

    国際学会

  • Nishi Y, Tanaka T, Kaji A, Fushuku M, Kamashita Y, Nagaoka E .  Relationship between Respiration and Swallowing in Edentulous Patients with and without Dentures .  The 14th Annual Biennial Meeting of International College of Prosthodontists  The 14th Annual Biennial Meeting of International College of Prosthodontists

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,鎌下祐次 ,長岡英一 .  施設入所者の義歯に付着するカンジダと清掃方法の関連 .  第22回日本老年歯科医学会  第22回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 西 恭宏 .  効果的な義歯の清掃方法-わかっていること,わかっていないこと- .  第22回日本老年歯科医学会  第22回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,梅園 穣,濱村俊一,鎌下祐次,丸山浩美,長岡英一 .  スリット型口蓋再建後に可動性オブチュレーターを適用した顎補綴症例 .  第22回日本老年歯科医学会  第22回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,冨宿美紀,鎌下祐次,長岡英一 .  無歯顎者における嚥下動作と呼吸 .  第120回日本補綴歯科学会  第120回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一 .  上顎欠損患者における舌と顎義歯粘膜面における細菌叢の関係 .  第120回日本補綴歯科学会  第120回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 西 恭宏 .  招待講演「義歯は無歯顎者の嚥下にどのように関わっているか?」 .  平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 鈴木真由美,中村康典,西 恭宏,松井竜太郎,瀬戸 佳,加地彰人,田中帝臣,友栗英子,杉原一正,長岡英一,中村典史 .  摂食・嚥下に関するアンケートによる入院時摂食・嚥下機能評価 .  第6回鹿児島摂食嚥下リハビリ研究会  第6回鹿児島摂食嚥下リハビリ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一 .  上顎顎義歯装着者におけるデンチャープラークの細菌叢と口腔乾燥との関係 .  平成22年度日本補綴学会九州支部会  平成22年度日本補綴学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 水流和徳,西 恭宏,丸山浩美,濱村俊一,長岡英一 .  クラスプに用いるガラス繊維補強型高分子材料の比較 .  平成22年度日本補綴学会九州支部会  平成22年度日本補綴学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 西山 毅,中村康典,西 恭宏,中村典史,長岡英一,於保孝彦 .  急性期病院に入院患者の口腔衛生状態と口腔ケア介入による効果 .  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 鈴木真由美,中村康典,西 恭宏,松井竜太郎,瀬戸 佳,加地彰人,田中帝臣,友栗英子, 杉原一正,中村典史,長岡英一 .  摂食・嚥下に関するアンケートによる入院時摂食・嚥下機能評価 .  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,冨宿美紀,長岡英一 .  無歯顎者の嚥下時の呼吸パターン .  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会  第16回日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 西 恭宏,中村康典,瀬戸 佳,加地彰人,田中帝臣,長岡英一 .  自立高齢者における摂食・嚥下機能と義歯に関する実態調査 .  第21回日本老年歯科医学会  第21回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一 .  義歯に付着する微生物の除去効果による清掃方法の比較 .  第21回日本老年歯科医学会  第21回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,鎌下祐次,長岡英一 .  有歯顎者における嚥下動作と呼吸の関係 .  第119回日本補綴歯科学会  第119回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一 .  上顎欠損患者における口腔細菌叢と口腔乾燥との関係 .  第119回日本補綴歯科学会  第119回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 丸山浩美,川本真一郎,西 恭宏,長岡英一 .  マイオセントリックトラジェクトリーからみた顎関節症患者における下顎偏位の様相 .  第119回日本補綴歯科学会  第119回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,長岡英一 .  嚥下動作と呼吸の関係についての検討 .  第5回鹿児島摂食・嚥下リハビリテーション研究会  第5回鹿児島摂食・嚥下リハビリテーション研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 加地彰人,田中帝臣,西 恭宏,長岡英一 .  嚥下機能と呼吸パターン .  QOL連携研究:咀嚼・嚥下カテゴリーシンポジウム  QOL連携研究:咀嚼・嚥下カテゴリーシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    その他

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,武 千秋,長岡英一 .  義歯に付着する微生物による義歯清掃方法の検討 ―外来受診者と施設入所者について― .  第6回日本口腔ケア学会  第6回日本口腔ケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宇都宮  

    国内学会

  • 水流和徳,木下智恵,西 恭宏,丸山浩美,濱村俊一,長岡英一 .  ガラス繊維補強型高分子材料を連続切縁レストに応用した金属不使用の部分床義歯症例 .  平成21年度日本補綴学会九州支部会  平成21年度日本補綴学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一 .  上顎欠損患者における口腔水分量に関連する要因 .  平成21年度日本補綴学会九州支部会  平成21年度日本補綴学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 田中帝臣,西 恭宏,加地彰人,今井崎太一,鎌下祐次,長岡英一 .  有歯顎者における自由嚥下時の呼吸パターン .  平成21年度日本補綴学会九州支部会  平成21年度日本補綴学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,長岡英一 .  義歯に付着する微生物による効果的な義歯清掃方法の検討 .  第4回 日本歯科衛生学会  第4回 日本歯科衛生学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 鎌下祐次,牛島正雄,西 恭宏,長岡英一 .  無歯顎者の顔貌評定に対する全部床義歯の影響 -歯科医師による評価- .  第20回日本歯科審美学会  第20回日本歯科審美学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 中村康典、西 恭宏、松井竜太郎、平原成浩、鈴木真由美、瀬戸 佳、加地彰人、五味暁憲、杉原一正、長岡英一、中村典史 .  健常高齢者における摂食・嚥下機能に関する実態調査 .  第15回日本摂食嚥下リハビリテーション学会  第15回日本摂食嚥下リハビリテーション学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 丸山浩美,西 恭宏,木下智恵,水流和徳,長岡英一 .  非線形有限要素法によるFRCクラスプの応力解析 .  第118回日本補綴歯科学会  第118回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,橋口真紀子,鎌下祐次,長岡英一 .  義歯の微生物付着に影響する要因についての検討 .  第20回日本老年歯科医学会  第20回日本老年歯科医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 瀬戸 佳,西 恭宏,橋口真紀子,鎌下祐次,長岡英一 .  効果的な義歯清掃についての微生物学的研究 .  第118回日本補綴歯科学会  第118回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一 .  上顎欠損患者における口腔水分量,唾液湿潤度と口腔乾燥の自覚症状の関係 .  第118回日本補綴歯科学会  第118回日本補綴歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 橋口真紀子,佐藤秀夫,西 恭宏,野田 誠,奥田祐司,長岡英一,伴 清治 .  ジルコニアのレジン系セメントの接着強さー表面処理の影響ー .  第53回日本歯科理工学会  第53回日本歯科理工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Akihito Kaji, Yasuhiro Nishi, Taichi Imaizaki, Eiichi Nagaoka .  A role of denture on the coordination of lip, cheek and tongue during swallowing in edentulous .  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Yuji Kamashita, Masao Ushijima, Yasuhiro Nishi, Eiichi Nagaoka .  Influence of Appraisers on Esthetics of Facial Appearances of a Complete Denture Patient .  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Chie Kishita, Kazunori Tsuru, Yasuhiro Nishi, Shunichi Hamamura, Eiichi Nagaoka .  Application of Metal Free RPD using a Glass Fiber-reinforced Composite Material to Metal Allergy Patient .  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics  The 6th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 西 恭宏,今井崎 太一 ,加治 彰人,鎌下 祐次,長岡 英一 .  無歯顎者の嚥下に人工歯列と嚥下関連筋はどのように関わっているか .  第21回 日本歯科医学会総会  第21回 日本歯科医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 木村 菜美子, 中村 康典, 西 恭宏, 吉村 卓也, 中村 典史 .  鹿児島医療センターにおけるARONJの現状 .  日本口腔ケア学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 中村 康典 .  舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係 .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 西村 正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査 .  老年歯科医学  2019年9月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 堀之内 玲耶, 原田 佳枝, 山下 裕輔, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた試作義歯洗浄剤の洗浄効果の検討 .  老年歯科医学  2021年3月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査 .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 村上 格, 原田 佳枝, 元山 彩良, 西 恭宏, 西村 正宏 .  口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響 .  老年歯科医学  2021年3月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 西 恭宏, 山下 裕輔, 村上 格, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 堀之内 玲耶, 池田 菜緒, 中村 康典, 西村 正宏 .  補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連 .  老年歯科医学  2021年3月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 下神 梢, 鉛山 光世, 神之田 理恵, 堀之内 美帆, 元山 彩良, 下田平 貴子, 西 恭宏 .  鼻腔ガン患者へ外鼻および上口唇切除後顔面エピテーゼを作製した患者に介入した1症例 .  日本歯科衛生学会雑誌  2017年8月  日本歯科衛生学会

  • 田中 荘子, 中村 康典, 村上 杏里, 江口 洋子, 西 恭宏 .  鹿児島医療センターにおける心臓血管手術患者の周術期口腔管理の現状 .  日本口腔ケア学会雑誌  2017年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 川嵜 順子, 前田 奈々, 原ノ園 亜矢, 井手 智子, 池田 智子, 上原 真知子, 村上 杏里, 田中 荘子, 西 恭宏, 中村 康典 .  鹿児島医療センターにおける口腔ケア向上の取り組み 口腔ケア学習会の効果と今後の課題 .  日本口腔ケア学会雑誌  2017年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 田畑 雅士, 西久保 舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状と課題 .  国立病院総合医学会講演抄録集  2019年11月  国立病院総合医学会

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 田畑 雅士, 西久保 舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状(第5報) 6年間の振り返りから .  日本口腔ケア学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 田畑 雅士, 西久保 舞 .  都城医療センターにおける周術期口腔機能管理の現状(第4報) 舌背細菌レベル、舌背細菌数について .  日本口腔ケア学会雑誌  2018年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 堀之内 玲耶, 原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である .  日本補綴歯科学会誌  2019年5月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  適切なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である .  日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  適切なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である .  老年歯科医学  2019年9月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 瀬ノ口 奈緒, 田栗 教子, 竹元 明子, 深水 知英, 鈴木 真由美, 加治 建, 出口 尚寿, 尾本 至, 有村 愛子, 西 恭宏, 永田 俊行, 武田 亜矢, 青木 雅也, 大脇 哲洋 .  術後の経過に難渋し長期間の経管栄養から経口摂取に移行できた1症例 .  学会誌JSPEN  2021年1月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 新屋 俊明, 西 恭宏, 中村 康典, 村上 格, 原田 佳枝, 鎌下 祐次, 西村 正宏 .  舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係 .  老年歯科医学  2018年9月  (一社)日本老年歯科医学会

  • 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 山下 裕輔, 下田平 直大, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の洗浄効果の検討 .  日本補綴歯科学会誌  2020年6月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 川嵜 順子, 原ノ園 亜矢, 吉滿 琴美, 池田 智子, 福元 京子, 田中 荘子, 西 恭宏, 中村 康典 .  看護師新人研修における口腔ケア研修導入の効果 研修後アンケートによる検討 .  日本口腔ケア学会雑誌  2018年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 西 恭宏, 山下 裕輔, 西 慶太郎, 中村 麻弥 .  歯科外来患者と口腔腫瘍患者における口腔機能と骨格筋指数の関連 .  学会誌JSPEN  2020年11月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 鉛山 光世, 神之田 理恵, 下神 梢, 元山 彩良, 下田平 貴子, 西 恭宏 .  某病院における看護師の義歯清掃・管理の状況について .  日本歯科衛生学会雑誌  2017年8月  日本歯科衛生学会

  • 川嵜 順子, 外園 美幸, 木之瀬 晴香, 中島 瑞代, 川端 涼子, 堂園 文子, 木村 菜美子, 西 恭宏, 中村 康典 .  新人看護師に対する口腔ケア研修の実施と受講後口腔ケアへの意識と実施状況 .  日本口腔ケア学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 田口 則宏, 小松澤 均, 吉田 礼子, 西 恭宏, 宮脇 正一 .  地域基盤型歯学教育における新たな取り組み .  日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2017年7月  (一社)日本歯科医学教育学会

  • 村上 格, 西 恭宏, 竹之内 往久, 西村 正宏 .  口蓋欠損を有する有歯顎患者における分割式栓塞子の適用 .  日本補綴歯科学会誌  2017年6月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 村上 格, 藤島 慶, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏 .  口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響 .  日本補綴歯科学会誌  2018年6月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 下田平 直大, 末廣 史雄, 藤島 慶, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 西 恭宏, 西村 正宏 .  口腔インプラント専門外来におけるインプラントオーバーデンチャーの経過報告について .  日本口腔インプラント学会誌  2017年9月  (公社)日本口腔インプラント学会

  • 西 恭宏, 村上 格, 山下 裕輔, 西村 正宏 .  下顎骨辺縁切除に起因する下顎骨の歪みに対して支台装置に可動性を付与した顎義歯症例 .  日本補綴歯科学会誌  2020年6月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 西原 一秀, 西 恭宏, 末廣 史雄, 益崎 与泰, 石畑 清秀, 中村 典史, 西村 正宏, 新崎 章 .  上顎前歯部欠損症例に対する骨造成術併用インプラント治療の検討 .  日本口腔インプラント学会学術大会抄録集  2017年9月  (公社)日本口腔インプラント学会

  • 村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 柳澤 嵩大, 西村 正宏 .  パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する 二重盲検無作為化交差試験 .  日本補綴歯科学会誌  2020年6月  (公社)日本補綴歯科学会

  • 山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下 皓三, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 有馬 敬, 鎌下 祐次, 中村 康典, 西村 正宏 .  2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況 .  老年歯科医学  2019年9月  (一社)日本老年歯科医学会

▼全件表示

受賞

  • 優秀ポスター賞カボデンタル賞

    2021年6月   日本補綴歯科学会   下顎骨辺縁切除に起因する下顎骨 の歪みに対して支台装置に可動性 を付与した顎義歯症例

    西 恭宏,山下裕輔,村上 格,西村正宏

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 優秀発表賞

    2021年2月   日本義歯ケア学会   義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から-

    西 恭宏,村上 格,原田佳枝,堀之内玲耶,西村正宏

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 学会論文賞

    2020年6月   日本補綴歯科学会   A Retrospective Cohort Study of the Cumulative Survival Rate of Obturator Prostheses for Marsupialization

    Murakami M, Nishi Y, Nishio M, Minenoto Y, Shimizu T, Nishimura M.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 優秀ポスター賞カボデンタル賞

    2016年6月   日本補綴歯科学会   開窓療法後に適用した栓塞子の予後 に関するコホート研究

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 中堅優秀論文賞

    2015年6月   日本補綴歯科学会   Dry mouth and denture plaque microflora in complete denture and palatal obturator prosthesis wearers.

    Murakami M, Nishi Y, Seto K, Kamashita Y, Nagaoka E.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

共同研究・競争的資金等の研究

  • 摂食機能評価に基づいた栄養食事指導の有効性と体組成改善への影響の検討

    2019年04月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 食味嗜好に対応する温度調節型保湿法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 造血幹細胞移植療法における口腔合併症に対する系統的口腔管理の構築

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 植物セラミドを用いた新規口腔乾燥治療法の開発と多軸的評価

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • ケアの負担軽減に繋げるための義歯に付与するプラーク付着抑制能の検討

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

 

担当経験のある授業科目

  • 有床義歯補綴学

    機関名:鹿児島大学

  • 高齢者歯科学・在宅歯科医療学

    機関名:鹿児島大学

  • 歯科栄養学

    機関名:鹿児島大学

 

社会貢献活動

  • 鹿児島大学公開講座 第3回 摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース

    司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 口腔顎顔面補綴学分野,リハビリテーション医学分野  第3回 鹿児島摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース  2019年9月4日 - 2019年11月20日

  • 鹿児島大学公開講座 第2回 摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース

    司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学 大学院医歯学総合研究科 口腔顎顔面補綴学分野,リハビリテーション医学分野  第2回 鹿児島摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース  2018年9月5日 - 2018年11月21日

  • 鹿児島大学公開講座 第1回 摂食嚥下リハビリテーション研修講座 初級コース

    司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    大学院医歯学総合研究科 口腔顎顔面補綴分野,リハビリテーション医学  鹿児島大学医学部臨床講義棟 4F 第5講義室  2017年9月 - 2017年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    摂食嚥下リハビリテーションに関する基礎的講座を全8回にて各講師が,9月~11月に水曜夜(19:30~21:00)に実施

  • 第2回 嚥下内視鏡検査実技講習セミナー

    講師, 企画, 運営参加・支援, 実演

    鹿児島大学歯学部同窓会卒後研修委員会  2019年3月2日 - 2019年3月3日

  • 第1回 嚥下内視鏡検査実技講習セミナー

    講師, 企画, 運営参加・支援, 実演

    鹿児島大学歯学部同窓会卒後研修委員会  2018年2月17日 - 2018年2月18日

  • 歯科衛生士実践セミナー 第1回訪問診療・口腔機能低下症スタートアップセミナー

    司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    鹿児島大学歯学部同窓会  2019年6月22日 - 2019年6月23日

  • 口腔機能低下症 総論・検査の現状等 令和2年度 歯科衛生士人材育成研修会

    講師

    鹿児島県歯科医師会  鹿児島県歯科医師会 令和2年度歯科衛生士人材育成研修会  2021年2月26日 - 2021年3月8日

  • 歯科における栄養食事支援-通院患者において- 鹿児島臨床歯学懇話会(Web開催)

    講師

    鹿児島臨床歯学懇話会  鹿児島臨床歯学懇話会(Web開催)  2021年1月16日

  • 口腔機能低下症への対応と今後. 肝付歯科医師会 口腔機能管理推進セミナー

    講師

    肝付歯科医師会  肝付歯科医師会 口腔機能管理推進セミナー  2020年2月1日

  • 歯科医院での口腔機能サポート -評価と管理-  南薩歯科医師会 地域住民の口腔機能向上推進講演会

    講師

    南薩歯科医師会  南薩歯科医師会 地域住民の口腔機能向上推進講演会  2020年1月18日

  • 求められる口腔機能低下症の対応 -来院患者の口腔機能管理を担うには-. 鹿児島県歯科医師会 口腔機能管理推進セミナー

    講師, 助言・指導

    鹿児島県歯科医師会  鹿児島県歯科医師会 口腔機能管理推進セミナー  2019年12月7日

  • お口のことを知って健康力アップ. 鹿児島市令和元年度 第1回食育教室

    講師

    鹿児島市  令和元年度 第1回食育教室(鹿児島市)  2019年6月24日

  • .平成29年度鹿児島大学歯学部公開講座 摂食嚥下障害の評価と対応

    講師

    鹿児島大学歯学部  2017年12月2日

  • 分科会「口腔ケアに関する実践について」 指定助言 第21回介護福祉士会 九州ブロック大会inかごしま

    コメンテーター, 情報提供

    第21回 介護福祉士会 九州ブロック大会inかごしま  2017年11月24日

  • 摂食嚥下リハビリテーションの現状と概要 KDS研修会

    講師

    KDS研修会  2017年10月17日

  • 義歯装着者の摂食嚥下機能評価と食支援 いちき串木野日置歯科医師会研修会

    講師

    いちき串木野日置歯科医師会  2017年5月20日

  • 栄養食事指導による食支援の試み 第6回口腔機能管理推進協議会

    講師

    鹿児島県歯科医師会  2017年2月2日

  • 「食のための口腔ケア -義歯のケアと管理-」 NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク 第22回 全国の集い in 鹿児島 2016

    講師

    NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク  2016年9月19日

  • 平成28年度鹿児島大学歯学部公開講座 摂食嚥下機能において歯科が担う口腔機能管理と食支援

    講師

    鹿児島大学歯学部  摂食嚥下機能において歯科が担う口腔機能管理と食支援  2016年9月11日

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 学術団体

    種別:講演会

▼全件表示