2021/05/24 更新

写真a

イハラ ケイイチロウ
井原 慶一郎
IHARA Keiichiro
所属
法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(文学) ( 1998年9月   広島大学 )

研究キーワード

  • 英文学

  • 映画

  • 写真

  • メディア論

  • 視覚文化

  • 批評

  • 芸術

  • 表象

経歴

  • 鹿児島大学   法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   ■廃止組織■ 経済情報学科 国際協力   教授

    1998年10月 - 2017年3月

所属学協会

  • 日本映画学会

    2012年7月 - 現在

  • 日本英文学会

    2008年9月 - 現在

  • 日本英文学会九州支部

    2003年7月 - 現在

  • ディケンズ・フェロウシップ日本支部

    1995年6月 - 現在

 

論文

  • 井原慶一郎 .  「Shall we リメイク?―『Shall we ダンス?』とハリウッド映画のイデオロギー」 .  加藤幹郎=監修, 杉野健太郎=編, 映画学叢書『映画とイデオロギー』 ミネルヴァ書房   97 - 148   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://www.minervashobo.co.jp/book/b185357.html

  • 井原慶一郎 .  「小説と映画―『静かな生活』はいかにしてアクション映画になったか?」 .  人文学科論集・鹿児島大学法文学部 ( 80 ) 67 - 78   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 井手口彰典, 井原慶一郎, 大寺聡, 小林潤司, 平田みずほ .  「「参照の時代」の音楽文化をめぐって『ネットワーク・ミュージッキング』出版記念シンポジウム 基調講演・パネルディスカッションの概要」 .  鹿児島国際大学福祉社会学部論集・鹿児島国際大学福祉社会学部28 ( 4 ) 85 - 102   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 井原慶一郎 .  「ディケンズを読み・書く大江健三郎―『キルプの軍団』」 .  要田圭治・大嶋浩・田中孝信=編『英文学の地平/テキスト・人間・文化』音羽書房鶴見書店   198 - 216   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://www.otowatsurumi.com/detaitankou.htm#chihei

  • 井原慶一郎 .  「近代絵画とジャコメッティ」(講演) .  人文学科論集・鹿児島大学法文学部 ( 70 ) 四七 - 六七   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 井原慶一郎 .  「『近代絵画』とジャコメッティ」 .  人文学科論集・鹿児島大学法文学部 ( 60 ) 一 - 二五   2004年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Dickens and Class: Social Mobility in Our Mutual Friend" .    43   57 - 66   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 井原慶一郎 .  ディケンズの公開朗読台本をめぐって——書かれたテキストと〈声〉 .  日本英文学会九州支部第72回大会  日本英文学会九州支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:熊本県立大学  

    チャールズ・ディケンズは1853年から1870年に亡くなるまでの約16年にわたって472回にも及ぶ自作の公開朗読をおこなった。朗読台本を編纂したフィリップ・コリンズは、「当時の評者たちは、公開朗読によって既知のテキストにどのような意味が付与されたかを説明するために様々な直喩を使った」と述べ、ディケンズの朗読が聞き手に与えたであろう「啓示」についてこう簡潔にまとめている。「自分自身で本を読む代わりに、ディケンズの朗読を聴くことは、誰かから手紙をもらう代わりに直接その人物に会うかのようだった――あるいは、二次元的な写真を見る代わりに、立体写真を見るかのようだった、または、ある絵画の複製の版画を見る代わりに、本物の絵画を見るかのようだった――もしくは、それは『古くからの知り合いの隠されていた秘密が突如発覚したときのような驚きや発見』に近い経験だった」(Collins, ed., Charles Dickens: Sikes and Nancy and Other Public Readings, Oxford UP, 1983, pp.viii-ix)。これらの説明を手掛かりに、本発表では、ディケンズの朗読によって、書かれたテキストにどのような意味が付与されたのかを、いくつかの代表的な朗読台本に即して具体的に考察してみたい。

  • 井原慶一郎 .  『クリスマス・キャロル』の新訳について .  ディケンズ・フェロウシップ日本支部2016年度春季大会  ディケンズ・フェロウシップ日本支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学  

  • 井原慶一郎 .  小説と映画―『静かな生活』はいかにしてアクション映画になったか? .  日本映画学会第8回全国大会  日本映画学会第8回全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

    国内学会

その他研究活動

  • 「視点 ディケンズと映画」『日本映画学会会報』 第55号

    2018年11月

  • 「チャールズ・ディケンズ(著), 佐々木徹(訳)『荒涼館』」『ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報』第41号

    2018年11月

  • 「デイヴィッド・シルヴェスター著『ジャコメッティ 彫刻と絵画』(みすず書房、2018年)」『図書新聞』第3371号

    2018年10月

  • 「幻影から没入へ―IMAXカメラで描く360度全方位の戦争パノラマ画『ダンケルク』」かみのたね www.kaminotane.com

    2017年9月

     詳細を見る

    クリストファー・ノーラン監督『ダンケルク』レビュー

  • 「レフ・マノヴィッチ著『ニューメディアの言語/デジタル時代のアート、デザイン、映画』堀潤之訳(みすず書房、2013年)」『日本映画学会会報』第38号

    2014年3月

  • 「視点 『ウィンドウ・ショッピング』と『ヴァーチャル・ウィンドウ』」『日本映画学会会報』第33号

    2012年12月

  • 「井手口彰典著『ネットワーク・ミュージッキング/「参照の時代」の音楽文化』(勁草書房、2009年)」『南日本新聞』

    2009年10月

  • 「Tamara S. WAGNER, and Narin HASSAN, eds, Consuming Culture in the Long Nineteenth Century: Narratives of Consumption, 1700-1900」『ディケンズ・フェロウシップ日本支部年報』第31号

    2008年12月

  • 「リービ英雄著『千々にくだけて』(講談社、2005年)」『南日本新聞』

    2005年5月

▼全件表示