2022/08/25 更新

写真a

ヨシドメ トシフミ
吉留 俊史
YOSHIDOME Toshifumi
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム 准教授
職名
准教授

学位

  • 工学博士 ( 1990年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • アップコンバージョン

  • 希土類

  • プラズモン

  • 電位差振動

  • 液膜系

  • 増強

  • 金属微粒子

  • 振動分光

  • 表面

学歴

  • 九州大学

    1987年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    1981年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    1993年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻   准教授

    1993年1月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本コンピュータ化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本物理学会

    2015年10月 - 現在

  • 応用物理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本分光学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本分析化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本化学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 1998年6月 - 1999年6月   オタワ大学(University of Ottawa)   文部省在外研究員

 

論文

  • 吉留俊史 .  塩化ユウロピウム結晶膜の低圧環境下で得られる発光増大の機構とその増強に関する研究 .  サンケイ科学振興財団研究報告32   29 - 35   2022年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:公益財団法人 サンケイ科学振興財団  

  • 満塩 勝, 吉留 俊史 .  隣接する2面の応答を独立かつ同時に測定できる金蒸着角型ガラス棒センサーの開発 .  分析化学71 ( 4.5 ) 261 - 267   2022年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本分析化学会  

    <p>正方形の断面を持つ石英ガラス棒の隣接する2面に0と45 nm,または30と70 nmの異なる膜厚の組合せで金薄膜層を形成して表面プラズモン共鳴(SPR)センサーとし,一端から入射した無偏光を他端の偏光板で偏光方向を選択することで,SPR現象がp偏光のみで起こることを利用してセンサーの応答面を選択できることを見いだした.センサーの応答特性は多層フレネル等式を用いて計算された理論曲線とよい一致を示し,理論により応答特性の予測が可能であることも確認された.また,受光部の偏光板の代わりに偏光ビームスプリッターを用いて偏光を二つに分け,2面の同時かつ独立の測定を試みた.その結果,偏光ビームスプリッターの分離特性の影響を受けるが,2面の応答を同時かつ独立して測定が可能であることが分かった.これらの研究により,角型ガラス棒と偏光を組み合わせることによる応答面の選択という,センサー開発における新しいアプローチについての知見を得ることができた.</p>

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.71.261

    Scopus

  • 吉留俊史 .  くさび形試料セル兼干渉計を用いる位相変化を信号とする新規な化学計測器の開発-高速化とレーザー揺らぎへの耐性化 .  サンケイ科学振興財団研究報告31   59 - 64   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:公益財団法人 サンケイ科学振興財団  

  • Morihide Higo, Masaru Mitsushio, Toshifumi Yoshidome, Sadafumi Nakatake .  Characterization of Gold Oxides Prepared by an Oxygen-dc Glow Discharge from Gold Films Using a Gold Discharge Ring by X-ray Photoelectron Spectroscopy .  Analytical Sciences36 ( 10 ) 1177 - 1184   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学会  

    DOI: https://doi.org/10.2116/analsci.20P065

  • Morihide Higo, Kazuma Ono, Kazutoshi Yamaguchi, Masaru Mitsushio, Toshifumi Yoshidome, Sadafumi Nakatake .  Reaction monitoring of gold oxides prepared by an oxygen-dc glow discharge from gold films in various aqueous solutions by a surface plasmon resonance-based optical waveguide sensing system and X-ray photoelectron spectroscopy .  Analytical Sciences36 ( 9 ) 1081 - 1089   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学会  

    DOI: https://doi.org/10.2116/analsci.20P064

  • 吉留俊史 .  薄膜溶液および混合気体を利用する新規な構造化有機結晶膜の創製と評価 .  サンケイ科学振興財団研究報告30   29 - 35   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:公益財団法人 サンケイ科学振興財団  

  • M. Higo, M. Matsubara, Y. Kobayashi, M. Mitsushio, T. Yoshidome, S. Nakatake .  Formation and decomposition of gold oxides prepared by an oxygen-dc glow discharge from gold films and studied by X-ray photoelectron spectroscopy .  Thin Solid Films699   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Higo, K. Ono, K. Yamaguchi, M. Mitsushio, T. Yoshidome, and S. Nakatake .  Reaction Monitoring of Gold Oxides prepared by an Oxygen-dc Glow Discharge from Gold Films in Various Aqueous Solutions by a Surface Plasmon Resonance-based Optical Waveguide Sensing System and X-ray photoelectron Spectroscopy .  Anal. Sci.36   1081 - 1089   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Higo, M. Mitsushio, T. Yoshidome, S. Nakatake .  Characterization and preservation of gold oxides prepared by an oxygen-dc glow discharge from gold films and studied by X-ray photoelectron spectroscopy .  Gold Bulletin53   77 - 92   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 染川 賢一, 上田 岳彦, 吉留 俊史, 石川 岳志, 錦織 寿 .  珍しい塩基触媒による不斉Diels-Alder合成反応のMOシミュレーション解析 .  Journal of Computer Chemistry, Japan19 ( 4 ) 175 - 177   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本コンピュータ化学会  

    <p>The reaction process and steric situations of novel basic and chiral catalyst Diels-Alder reactions by Kagan et al. were speculated by IRC of PM7 simulation for the three molecules reactions clearly. The addition reactions of enolic dienes (<b>1</b>) with dienophiles (<b>2</b>) by amines (<b>3</b>) such as (<i>S</i>)-(+)-prolinol / (<i>R</i>)-(−)-prolinol proceeded via lower energy reaction complexes (RC) and transition states (TS) of two steps. The steric shapes by IRC (Figure 2 ∼ 6) showed the clear interactions between the reaction points, and of OH with amine moieties in the <b>1·3, 1·3·2</b> and TS complexes, to give high stereoselective adducts. IRC of some reactions also guesses right the Michael reaction selectivity. The handy PM7 simulation is recommended for usual chemical growth.</p>

    DOI: 10.2477/jccj.2021-0011

  • 満塩 勝, 吉留 俊史, 肥後 盛秀 .  各種波長の発光ダイオードを用いる金とアルミニウムを蒸着したガラス棒SPRセンサーの 応答特性 .  分析化学68 ( 12 ) 925 - 935   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学会  

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.68.925

  • M. Mitsushio, E. Uchiyama, R. Kajiya, T. Yoshidome, S. Nakatake, and M. Higo .  Separation and Detection of Hydrocarbons and Gasoline in Automotive Engine Oil Using Teflon® AF2400-coated Gold-deposited Surface Plasmon Resonance-based Glass Rod Sensor .  Analytical Sciences34   1085 - 1091   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/analsci.18P154

  • Taro Shimonosono, Yoshihiro Hirata, Mubin Changgan, Syohei Kamei, Rina Tokaiya, Soichiro Sameshima, Toshifumi Yoshidome, Katshiko Yamaji .  Hydrogen production through dry reforming of biogas using a porous electrochemical cell : Effects of a cobalt catalyst in the electrode and mixing of air with biogas .  Ceramics International44   8904 - 8912   2018年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • 増永卓朗, 満塩勝, 吉留俊史, 肥後盛秀 .  金蒸着ガラス棒SPRセンサー装置の高性能化と 性能評価 .  分析化学65 ( 7 ) 379 - 386   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学  

  • Masaru Mitsushio, Takuro Masunaga, Toshirumi Yoshidome, Morihide Higo .  Alcohol selectivity and measurement of ethanol concentrations in liquors using Teflon® AF2400-coated gold-deposited surface plasmon resonance-based glass rod sensor .  Progress in Organic Coatings91   33 - 38   2016年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.porgcoat.2015.11.014

  • 吉留俊史 .  Heisenbergの不確定性原理と分析化学 .  ぶんせき ( 9 ) 499 - 500   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本分析化学会  

  • 吉留俊史、SARNO Brian John、藤田 由、大橋卓也、満塩 勝、肥後盛秀 .  新規なくさび形配置二枚ガラスセルでの光干渉における位相変化を信号とする化学分析用計測 器の開発 .  分析化学62 ( 10 ) 931 - 936   2013年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Brian John Sarno, Toshifumi Yoshidome, Youhei Ikuta, Janice B. Rabor, Yuki Tsurumura, Menchie E. Montecillo, and Morihide Higo .  Application of Infrared-Attenuated Total Reflection Technique Combined with Sedimentation Phenomena to Particle Size Measurement: Fundamental Experiments for its Applicability of the Method .  Journal of Applied Spectroscopy 4 ( 80 ) 482 - 485   2013年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Brian John Sarno, Toshifumi Yoshidome, Youhei Ikuta, Janice B. Rabor, Yuki Tsurumura, Menchie E. Montecillo, and Morihide Higo .  Theoretical Treatment of New Particle-Size-Measurement Method Using Infrared-Attenuated Total Reflection Technique Combined with Sedimentation Phenomena and Its Application to Commercially Available Particle Samples .  Spectroscopy Letters46 ( 5 ) 334 - 343   2013年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Taylor and Francis  

  • Janice B. Rabor, Toshifumi Yoshidome, Tatsuya Mitsushio, Keisuke Yoshida, Brian J. Sarno, and Morihide Higo .  Luminescence Spectral Changes of Solid EuCl 3 6H2O Under N, N -Dimethylformamide and Methanol Vapors .  International Research Journal of Pure and Applied Chemistry3 ( 3 ) 159 - 181   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuki Tsurumura, Toshifumi Yoshidome, Janice B. Rabor, Hidetoshi Miyazaki and Morihide Higo .  Infrared Study on Crystal Formation-Growth Process and Crystal Structure of Maleimide from Gaseous Solution System Including Air or Air/MeOH Mixture as Solvent Gas .  International Research Journal of Pure and Applied Chemistry3 ( 2 ) 75 - 89   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Janice B. Rabor, Toshifumi Yoshidome, Keigo Tamaki, Yuki Tsurumura, Brian J. Sarno and Morihide Higo .  Micrometer-Range Pattern Formations of Crystal Films from Liquid Thin Films of Maleimide Methanol Solution .  International Research Journal of Pure and Applied Chemistry2 ( 3 ) 183 - 195   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Menchie E. Montecillo, Toshifumi Yoshidome, Toshiyuki Yamagata, Tatsuya Yamasaki, Masaru Mitsushio, Brian John Sarno, Morihide Higo .  Concentration Determination of Individual Components in Methanol-Raffinose Mixtures Using Diffusion through Agar Membrane Attached to a Surface Plasmon Resonance Sensor .  Bulletin of the Chemical Society of Japan, 日本化学会83 ( 12 ) 1531 - 1533   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉留俊史 .  全物質を対象に無限大感度を目指す光干渉化学センサーの開発 .  鹿児島科学研究所研究報告20   23 - 34   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 肥後盛秀、池田陽一、木戸口俊一、満塩勝、吉留俊史 .  非弾性電子トンネル分光法と原子間力顕微鏡による鉛薄膜における極性分子の浸透に関する研究 .  色材(J. Jpn. Soc. Colour Mater.)83 ( 6 ) 249 - 255   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshifumi YOSHIDOME, Natsumi FUKUYAMA, Yuichiro FUKUSHIMA, and Morihide HIGO .  Proposal of Method to Determine Particle Size by Using Incidence-Angle Dependence of Spectral Intensity for Particle-Size-Measurement Method by Applying Infrared Attenuated-Total-Reflection Technique and Its Simulations by Using Algebraic-Simultaneous Equations .  Analytical Sciences24   939 - 943   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshifumi YOSHIDOME, Yuichiro FUKUSHIMA, and Morihide HIGO* .  Theoretical Treatment of Particle-Size Measurements by Applying Attenuated-Total-Reflection Technique and Its Comparisons with Experimental Results .  Analytical Sciences24   443 - 449   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉留俊史,高濱淳,満塩勝,肥後盛秀 .  Distribution of the Amplitude of the Self-Oscillation of the Electrical Potential Difference Observed in an Organic Phase of a Water-Oil-Water Liquid Membrane System .  Analytical Sciences, 日本分析化学会19 ( 4 ) 603 - 606   2003年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉留俊史,高濱淳,満塩勝,肥後盛秀 .  Observation of Self-Oscillation of Electrical Potential Difference in Organic Phase of Water-Oil-Water Liquid Membrane System .  Chemistry Letters, 日本化学会 ( 4 ) 446 - 447   2002年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 多成分・広粒度分散微粒子系のための表面局在電磁波を利用する粒径同時測定法の開発

    吉留俊史( 担当: 単著)

    平成17-19年度 科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

MISC

  • Heisenbergの不確定性原理の広がりと分析化学

    吉留俊史

    ぶんせき・日本分析化学会   ( 9 )   499 - 500   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 永光 航大, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  固相析出過程に観られるIR-ATR信号の振動現象 .  九州分析化学若手の会第35回若手研究講演会および第40回夏季セミナー  2022年7月  日本分析化学会 九州分析化学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 中野 裕二, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  EuCl₃析出固相膜の低圧環境下で進行する不可逆的蛍光増大とスペクトル変化に関する研究 .  九州分析化学若手の会第35回若手研究講演会および第40回夏季セミナー  2022年7月  日本分析化学会 九州分析化学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 吉留 航, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  SPRセンサーにおけるフッ素樹脂コーティングの効果の検討 .  九州分析化学若手の会第35回若手研究講演会および第40回夏季セミナー  2022年7月  日本分析化学会 九州分析化学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 佐藤亜星, 満塩勝, 吉留俊史 .  金蒸着ガラス棒SPRセンサーの長期使用における応答の安定化に関する研究 .  九州分析化学若手の会第35回若手研究講演会および第40回夏季セミナー  2022年7月  日本分析化学会 九州分析化学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • 川野 碧士, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  赤外ATR法と重力沈降現象を利用する新規な粒径計測法における共存粒子相互干渉と分散媒の影響 .  九州分析化学若手の会第35回若手研究講演会および第40回夏季セミナー  2022年7月  日本分析化学会 九州分析化学若手の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web  

  • Asei Sato, Masaru Mitsushio, Toshifumi Yoshidome .  Study on aging prevention of sensing properties by annealing for a gold-deposited SPR-based glass rod sensor .  Joint Symposium of JTBW2021 and KNJS 2021  2021年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Aoto Kawano, Toshifumi Yoshidome, and Masaru Mitsushio .  Effects of coexisting particles and pH on developed-particle-size measurement using infrared ATR method and gravitational settling phenomenon .  Joint Symposium of JTBW2021 and KNJS 2021  2021年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 満塩 勝, 平田 勇輝, 安永 愛萌, 吉留 俊史 .  金蒸着角型ガラス棒SPRセンサーにおける選択性付与に関する基礎研究 .  日本分析化学会第70年会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 川野 碧士, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  赤外ATR法と重力沈降現象を利用する新規な粒径計測法における共存粒子相互干渉とpHの影響 .  日本分析化学会第70年会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 永光 航大, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  マレイミド‐メタノール2成分気相系の固相析出過程に観られるIR-ATR信号の振動現象 .  日本分析化学会第70年会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 佐藤 亜星, 満塩 勝, 今村 彰宏, 吉留 俊史, 林 秀樹, 山内 貴行, 新堂 正俊, 肥後 盛秀, 山本 憲吾 .  金蒸着ガラス棒SPRセンサーにおける金表面のアニーリングによる経時変化の低減 .  日本分析化学会第70年会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 宮原 晶宏, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  金蒸着角型ガラス棒SPRセンサーにおけるシリコーンゴムシートによる温度補正 .  日本分析化学会第70年会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 宮原 晶宏, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  ゴムシート貼付金蒸着角型ガラス棒SPRセンサーを用いた温度補正に関する研究 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 川野 碧士, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  赤外ATR法と重力沈降現象を利用する新規な粒径計測法の定量性及び粒子相互干渉について .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 境 將太, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  溶液薄膜から生成するマレイミド結晶膜のミクロレベルでの空間的および時間的挙動について .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 永光 航大, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  マレイミド-メタノール 2 成分気相系の凝縮から析出までのプロセスと構造について .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 渡辺 玖瑠美, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  析出EuCl3結晶の真空中閉鎖環境下で進行する不可逆的蛍光増大について .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 平田 勇輝, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  金蒸着角型ガラス棒SPRセンサーにおけるシリコーンゴムシート貼付の効果 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 藤井 祐太, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  波長共鳴型SPRセンサーを用いたPTFEビーズ混合テフロンAF2400選択膜による潤滑油基油の加水分解に関する研究 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 前田 真友子, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  PTFEビーズ混合テフロンAF2400選択膜被覆金蒸着ガラス棒SPRセンサーの応答特性の評価 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 山本 瑞樹, 満塩 勝, 吉留 俊史 .  PTFEビーズ混合テフロンAF2400選択膜被覆金蒸着ガラス棒SPRセンサーによるワインのエタノール濃度の測定における選択膜の乾燥方法の影響 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 今村 彰宏、満塩 勝、吉留 俊史 .  金蒸着ガラス棒SPRセンサーにおける金表面の修飾と汚染防止性能の関係 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 奈須 慎太朗、満塩 勝、吉留 俊史 .  合金薄膜の表面プラズモン共鳴現象を用いたセンサーの基礎研究 .  南日本分析化学フォーラム  鹿児島大学工学部(吉留 俊史)、理学部(新留 康郎)招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 宮原 晶宏, 吉留 俊史, 満塩 勝 .  ゴムシート貼付金蒸着角型ガラス棒SPRセンサーを用いた温度補正に関する研究 .  日本分析化学会第69年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学(Web開催に変更)  

  • 今村 彰宏, 満塩 勝, 吉留 俊史, 山内 貴行, 新堂 正俊, 肥後 盛秀, 山本 憲吾 .  金蒸着ガラス棒SPRセンサーにおける金表面の修飾と汚染防止性能の関係 .  日本分析化学会第69年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学(Web開催に変更)  

  • 奈須 慎太朗, 吉留 俊史, 久保 臣悟, 満塩 勝, 肥後 盛秀 .  合金薄膜の表面プラズモン共鳴現象を用いたセンサーの基礎研究 .  日本分析化学会第69年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学(Web開催に変更)  

  • 吉留 俊史, 鴛本 純也, 橋山 大成, 満塩 勝 .  低圧環境下で進行する析出塩化ユウロピウム結晶の不可逆的蛍光増大 .  日本分析化学会第69年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学(Web開催に変更)  

  • 吉留 俊史,甲斐 大介,肥後 盛秀 .  赤外分光法によるマレイミド‐メタノール混合気体からの析出膜生成過程と構造 ― 蒸発速度が遅い場合のスペクトル挙動の変化 .  日本分析化学会第68年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学西千葉キャンパス  

    マレイミド‐メタノール混合気体から基板にマレイミド析出膜が生成する過程と構造を赤外分光法により調べた。特に蒸発速度が遅い場合のスペクトル挙動の変化について述べる

  • 吉留俊史 .  多成分混合粉体の粒径同時計測のための新規計測法 .  令和元年度 作業環境測定技術研修会  (公社)日本作業環境測定協会九州支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島市  

  • 吉留俊史,町田光,早坂美似奈,肥後盛秀 .  溶液薄膜から生成するマレイミド結晶膜のミクロレベルでの空間的および時間的挙動 .  ナノ学会第17回大会  ナノ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Masaru Mitsushio, Akihiro Imamura, Sayaka Fukuda,Toshifumi Yoshidome, Morihide Higo .  Study on Alcohol Selectivity of a TeflonAF-coated Au-deposited SPR-based Quartz Glass Rod Sensor .  4th Kagoshima University North Dakota State University Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials, and Polymers  鹿児島大学工学部化学生命工学科国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 吉留俊史, 松山薫, 早坂美似奈, 肥後盛秀 .  マレイミドメタノール溶液膜から準静的に生成する結晶膜の時間的段階生成および構造相関 .  日本分析化学会第67年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学  

  • 吉留俊史 .  マレイミド-メタノール混合系に観る準静的および不可逆的結晶膜生成過程と構造 .  第55回化学関連支部合同九州大会  日本分析化学会 九州支部 計8支部招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北九州国際会議場  

  • 平部雅人、吉留俊史、肥後盛秀 .  赤外ATR法と重力沈降現象を利用する新規な粒子径計測法の開発―不連続な粒度分布に限定した新たな解析理論の構築とその検証 .  日本分析化学会第66年会(D4003)  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学葛飾キャンパス  

  • 松山 薫、吉留俊史、千北健太郎、肥後盛秀 .  赤外分光法によるマレイミド-メタノール混合気体からの析出膜生成過程と構造‐極度な過飽和状態の形成 .  日本分析化学会第66年会(B4004)  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学葛飾キャンパス  

  • 吉留俊史、福薗悠紀人、横田竜典、肥後盛秀 .  微量溶媒の長時間作用で誘起される過塩素酸ユウロピウム固溶体の蛍光増大 .  日本分析化学会第66年会(B3011)  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学葛飾キャンパス  

  • 吉留俊史,千北健太郎,肥後盛秀 .  赤外分光法によるマレイミド―メタノール混合気体からの準静的結晶膜生成過程と化学構造 .  日本分析化学会第65年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学工学部  

  • 平部 雅人, 吉留 俊史, 久島 優也, 肥後 盛秀 .  赤外ATR法と重力沈降現象を利用した新規粒径計測法を実現するためのC++解析プログラムの開発と検証―測定点補間へのスプライン法の応用 .  日本分析化学会第65年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 福薗悠紀人, 吉留俊史, J. B. Rabor, 肥後盛秀 .  ユウロピウム蛍光分析による高濃度塩水溶液からの固相膜生成過程と化学状態‐過塩素酸ユウロピウムにおける初濃度の影響 .  日本分析化学会第65年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学工学部  

  • 松山薫, 吉留俊史, 肥後盛秀 .  光干渉を利用する位相モニター型化学センサーの開発‐環境変動耐性化のための測定セル開発 .  日本分析化学会第65年会  日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学工学部  

  • 吉留俊史 .  赤外分光法によるマレイミド―メタノール混合気体からの準静的結晶膜生成過程と構造 .  九重分子科学セミナー2016  日本分光学会 九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州地区国立大学九重共同研修所  

  • ○吉留 俊史、宮崎 将平、肥後 盛秀 .  マレイミドーメタノール溶液薄膜から試験管内壁に形成された乾燥散逸構造のパターンとラマン散乱ペクトル .  日本分析化学会 第63年会  日本分析化学会 第63年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島大学東広島キャンパス(東広島市)  

    国内学会

  • ○千北 健太郎、吉留 俊史、鶴村 勇貴、肥後 盛秀 .  メタノール-マレイミド混合気体からの析出膜の生成過程と構造- 混合気体調製法の違いによる比較 .  日本分析化学会 第63年会  日本分析化学会 第63年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島大学東広島キャンパス(東広島市)  

    国内学会

  • ○於保 千絵、吉留 俊史、Janice Rabor、肥後 盛秀 .  過塩素酸ユウロピウムの有機配位子置換反応における蛍光スペクトル変化の固相と液相での比較 .  日本分析化学会 第63年会  日本分析化学会 第63年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島大学東広島キャンパス(東広島市)  

    国内学会

  • 吉留俊史 .  マレイミドメタノール溶液薄膜からガラス基板上に形成された乾燥散逸パターンとラマン散乱ペクトル(依頼公演) .  九重分光学関連夏季セミナー(日本分光学会 九州支部)  九重分光学関連夏季セミナー(日本分光学会 九州支部)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州地区国立大学九重共同研修所(大分)  

    研究会

  • 吉留俊史、藤田 由、SARNO Brian John、肥後盛秀 .  光干渉を利用する汎用の化学検出系の開発ー位相変化を信号とするシステムの基本性能 .  2012年 日本化学会西日本大会  2012年 日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀(佐賀大学 本庄キャンパス)  

    国内学会

  • 吉留俊史、Sarno Brian Jhon、藤田由、肥後盛秀 .  光干渉を利用する汎用の化学検出計の開発ー位相変化を信号とする装置の試作 .  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川県(金沢大学)  

    国内学会

  • Rabor Janice、吉留俊史、鶴村勇貴、満塩達也、古澤尚英、肥後盛秀 .  Coordination structural changes of EuCl3.6H2O in solid state upon exposure to methanol and N, N-dimethylformamide vapors based on luminescence spectra .  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川県(金沢大学)  

    国内学会

  • Sarno Brian John、吉留俊史、生田洋平、鶴村勇貴、肥後盛秀 .  Development of Particle Size Measurement Method Using IR-ATR and Sedimentation Phenomenon: Theoretical Treatment and it's Application .  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川県(金沢大学)  

    国内学会

  • 鶴村勇貴、吉留俊史、Sarno Brian john、Rabor Janice、肥後盛秀 .  溶媒気体中の温度制御された場におけるマレイミド膜の析出過程と構造-メタノール-空気混合気体を溶媒とした場合 .  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会  日本分析化学会第61年会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川県(金沢大学)  

    国内学会

  • 鶴村勇貴、吉留俊史、玉城圭悟、Sarno Brian John、Rabor Janice、肥後盛秀 .  溶媒気体の共存と温度制御により分子環境が変調された場におけるマレイミド膜の析出過程と構造-標準状態空気を溶媒気体とした場合 .  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島(鹿児島大学郡元キャンパス)  

    国内学会

  • Sarno Brian John、吉留俊史、生田洋平、鶴村勇貴、肥後盛秀 .  Development of Particle Size Measurement Method Using IR-ATR and Sedimentation Phenomena-Influence of Particle Mobility and Aggregation .  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島(鹿児島大学郡元キャンパス)  

    国内学会

  • Rabor Janice、吉留俊史、鶴村勇貴、満塩達也、古澤尚英、肥後盛秀 .  Coordination Structural Changes of Eu(III) Hydrates in Solid State upon Exposure to MeOH Vapor Based on Luminescence Spectra .  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会  第72回分析化学討論会, 日本分析化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島(鹿児島大学郡元キャンパス)  

    国内学会

  • 鶴村 勇貴, 吉留 俊史, 玉城 圭悟, Sarno Brian Jhon, Rabor Janice, 肥後 盛秀 .  マレイミドを用いる大気中での昇華・析出過程を経由する膜成長に関する赤外分光法による研究 .  日本分析化学会第60年会  日本分析化学会第60年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知県(名古屋大学,東山キャンパス)  

    国内学会

  • 玉城 圭悟, 吉留 俊史, 鶴村 勇貴, Rabor Janice, Sarno Brian Jhon, 肥後 盛秀 .  メタノールの濡れ性に起因する液薄膜からの場所依存的に生成したマクロに均一な乾燥散逸構造の評価 .  日本分析化学会第60年会  日本分析化学会第60年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知県(名古屋大学,東山キャンパス)  

    国内学会

  • Rabor Janice, 吉留 俊史, 満塩 達也, 玉城 圭悟, 肥後 盛秀 .  Luminescence spectroscopic study on solvation of solid EuCl3 by MeOH vapor .  日本分析化学会第60年会  日本分析化学会第60年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知県(名古屋大学,東山キャンパス)  

    国内学会

  • Sarno Brian Jhon, 吉留 俊史, 生田 洋平, 肥後 盛秀 .  Development of particle size measurement method using IR-ATR and sedimentation phenomena - Application to disperse system with binary sizes .  日本分析化学会第60年会  日本分析化学会第60年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地: 愛知県(名古屋大学,東山キャンパス)  

    国内学会

  • 吉留 俊史, Sarno Brian Jhon, 藤田 由,肥後 盛秀 .  光干渉を利用する汎用の化学検出計の開発ー干渉縞計数法と分離分析法の融合の試み .  日本分析化学会第60年会  日本分析化学会第60年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知県(名古屋大学,東山キャンパス)  

    国内学会

  • 吉留 俊史 .  分散液中の粒子沈降と特異環境下での有機結晶膜の析出に観る自己組織化ー分析化学における厄介な存在から物理化学的魅惑の存在へ .  第28回九州コロイドコロキウム  第28回九州コロイドコロキウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島県霧島市(霧島ハイツ)  

    国内学会

  • Keigo Tamaki, Toshifumi Yoshidome, Yuuki Tsurumura, Morihide Higo .  Study of Maleimide Thin Film for Solid State Photoreaction under Surface Plasmon Optical Electric Field .  日台科学技術交流セミナー (Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials)  日台科学技術交流セミナー (Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

▼全件表示

受賞

  • Hot Article Award Analytical Science

    2008年4月   日本分析化学会   Theoretical Treatment of Particle-Size Measurements by Applying Attenuated-Total-Reflection Technique and Its Comparisons with Experimental Results

    吉留 俊史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 赤外ATR分光法と沈降現象を利用する粒径同時計測法の開発―混合系での相互干渉の原因および対策に関する研究

    2022年4月 - 2023年3月

    公益財団法人 サンケイ科学振興財団  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:400000円

  • 塩化ユウロピウム結晶膜の低圧環境下で得られる発光増大の機構解明とその増強に関する研究

    2022年4月 - 2023年3月

    公益財団法人 米盛誠心育成会  公益財団法人 米盛誠心育成会 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  • 塩化ユウロピウム結晶膜の低圧環境下で得られる 発光増大の機構とその増強に関する研究

    2021年4月 - 2022年3月

    公益財団法人 サンケイ科学振興財団  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

  • くさび形試料セル兼干渉計を用いる位相変化を信号とする新規な化学計測器の開発-高速化とレーザー揺らぎへの耐性化

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人 サンケイ科学振興財団  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  • 薄膜溶液および混合気体を利用する 新規な構造化有機結晶膜の創製と評価

    2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人 サンケイ科学振興財団  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 赤外分光法と沈降現象を利用する粒径同時計測法の開発とコロイド化学への応用のための基礎研究

    2015年4月 - 2016年3月

    公益財団法人 サンケイ科学振興財団  公益財団法人 サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 全物質を対象に超高感度な光干渉を利用した汎用化学計測システムの開発

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    全物質を対象に超高感度な光干渉を利用した汎用化学計測システムの開発

  • 多成分・広粒度分散微粒子系のための表面局在電磁波を利用する粒径同時測定法の開発

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    多成分・広粒度分散微粒子系のための表面局在電磁波を利用する粒径同時測定法の開発

  • 微粒子の光物性を利用する環境低負荷型大気汚染物質除去法の開発に関する基礎研究

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    微粒子の光物性を利用する環境低負荷型大気汚染物質除去法の開発に関する基礎研究

▼全件表示