2021/11/06 更新

写真a

ハシモト マサヒト
橋本 雅仁
HASHIMOTO Masahito
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ

学位

  • 博士(理学) ( 1997年6月   大阪大学 )

  • 修士(理学) ( 1994年3月   神戸大学 )

  • 学士(理学) ( 1992年3月   神戸大学 )

研究キーワード

  • 植物免疫

  • 自然免疫

  • 感染症

  • 細菌

  • NMR

  • 分子間相互作用

  • 生物活性

  • 機能解析

  • 構造

  • 複合糖質

学歴

  • 大阪大学   有機化学専攻

    1994年4月 - 1997年6月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 神戸大学   化学専攻

    1992年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 神戸大学   化学科

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻   教授

    2014年5月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   准教授

    2004年4月 - 2014年4月

  • 朝日大学   歯学部   助手

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ヒューマンサイエンス振興財団(国立国際医療センター)   リサーチレジデント

    2000年10月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立国際医療センター   研究所   流動研究員

    2000年4月 - 2000年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 学術振興会(大阪大学)   特別研究員

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本生物工学会

    2017年4月 - 現在

  • 日本糖質学会

    2006年1月 - 現在

  • 日本分子生物学会

    2002年1月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2001年1月 - 現在

  • 日本免疫学会

    2000年11月 - 現在

  • 日本生化学会

    1996年10月 - 現在

  • 日本化学会

    1992年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Elahi M, Nakayama-Imaohji H, Hashimoto M, Tada A, Yamasaki H, Nagao T, Kuwahara T .  The human gut microbe bacteroides thetaiotaomicron suppresses toxin release from clostridium difficile by inhibiting autolysis .  Antibiotics10 ( 2 ) 187   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antibiotics  

    DOI: 10.3390/antibiotics10020187

    Scopus

    PubMed

  • Thierry Devanthéry, Keisuke Nakamura, Shuhei Hashiguchi, Masahito Hashimoto .  Structure of a heptose-containing polysaccharide derived from Komagataeibacter europaeus NBRC 3261 .  Carbohydrate Research492 ( 107989 ) 1 - 4   2020年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carres.2020.107989

  • Takeda Y, Azuma M, Hatsugai R, Fujimoto Y, Hashimoto M, Fukase K, Matsumoto M, Seya T .  The second and third amino acids of Pam2 lipopeptides are key for the proliferation of cytotoxic T cells .  Innate Immunity24 ( 5 ) 323 - 331   2018年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Innate Immunity  

    DOI: 10.1177/1753425918777598

    Scopus

    PubMed

  • Hashimoto M, Matsumoto T, Tamura-Nakano M, Ozono M, Hashiguchi S, Suda Y. .  Characterization of outer membrane vesicles of Acetobacter pasteurianus NBRC3283 .  J. Biosci. Bioeng.125 ( 4 ) 425 - 431   2018年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.11.006

    PubMed

  • 2. Hasibul K, Nakayama-Imaohji H, Hashimoto M, Yamasaki H, Ogawa T, Waki J, Tada A, Yoneda S, Tokuda M, Miyake M, Kuwahara T. .  D-tagatose inhibits the growth and biofilm formation of Streptococcus mutans. .  Mol Med Rep17   843 - 851   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mmr.2017.8017

    PubMed

  • 1. Hashimoto M, Satou R, Ozono M, Inagawa H, Soma G-i .  Characterization of the O-antigen polysaccharide derived from Pantoea agglomerans IG1 lipopolysaccharide. .  Carbohydr. Res.449   32 - 36   2017年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carres.2017.06.017

    PubMed

  • 2. Hashimoto M, Waki J, Nakayama-Imaohji H, Ozono M, Hashiguchi S, Kuwahara T. .  TLR2-stimulating contaminants in glycoconjugate fractions prepared from Bacteroides fragilis. .  Innate Immun.23 ( 5 ) 449 - 458   2017年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1753425917714313

    PubMed

  • Hashimoto M, Mizukami M, Osuki KI, Fujiwara N, Suda Y, Uchiumi T. .  Characterization of O-antigen polysaccharide backbone derived from nitric oxide-inducing Mesorhizobium loti MAFF 303099 lipopolysaccharide. .  Carbohydr. Res.445   44 - 50   2017年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.carres.2017.04.002

    PubMed

  • Kino Y, Nakayama-Imaohji H, Fujita M, Tada A, Yoneda S, Murakami K, Hashimoto M, Hayashi T, Okazaki K, Kuwahara T .  Counterselection employing mutated pheS for markerless genetic deletion in Bacteroides species. .  Anaerobe42   81 - 88   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2016.09.004

    PubMed

  • Hashimoto M, Ozono M, Furuyashiki M, Baba R, Hashiguchi S, Suda Y, Fukase K, Fujimoto Y. .  Characterization of a novel D-glycero-D-talo-oct-2-ulosonic acid-substituted lipid a moiety in the lipopolysaccharide produced by the acetic acid bacterium Acetobacter pasteurianus NBRC 3283. .  J. Biol. Chem. 291 ( 40 ) 21184 - 21194   2016年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.751271

    PubMed

  • Watanabe S, Matsumura K, Iwai H, Funatogawa K, Haishima Y, Fukui C, Okumura K, Kato-Miyazawa M, Hashimoto M, Teramoto K, Kirikae F, Miyoshi-Akiyama T, Kirikae T. .  A Mutation in the 16S rRNA Decoding Region Attenuates the Virulence of Mycobacterium tuberculosis. .  Infect. Immun.84 ( 8 ) 2264 - 2273   2016年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00417-16

    PubMed

  • Hashimoto M, Obara K, Ozono M, Furuyashiki M, Ikeda T, Suda Y, Fukase K, Fujimoto Y, Shigehisa H .  Separation and characterization of the immunostimulatory components in unpolished rice black vinegar (kurozu). .  J. Biosci. Bioeng.116 ( 6 ) 688 - 696   2013年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2013.05.029

    PubMed

  • Fujimoto Y, Mitsunobe K, Fujiwara S, Mori M, Hashimoto M, Suda Y, Kusumoto S, Fukase K. .  Synthesis and biological activity of phosphoglycolipids from Thermus thermophilus. .  Org. Biomol. Chem. 11 ( 30 ) 5034 - 5041   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c3ob40899j

    PubMed

  • Kukita K, Kawada-Matsuo M, Oho T, Nagatomo M, Oogai Y, Hashimoto M, Suda Y, Tanaka T, Komatsuzawa H. .  Staphylococcus aureus SasA is responsible for binding to salivary agglutinin, gp340, derived from human saliva. .  Infect. Immun. 81 ( 6 ) 1870 - 1879   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hashimoto M, Eguchi H, Tawaratsumida K, Kirikae T, Suda Y .  Identification of a Toll-like receptor 2-stimulating lipoprotein in Bacteroides fragilis JCM 11019 (NCTC 9343). .  Innate Immun.19 ( 2 ) 132 - 139   2013年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1753425912454179

    PubMed

  • Hashimoto M, Tanishita Y, Suda Y, Murakami Ei, Nagata M, Kucho Ki, Abe M, Uchiumi T .  Characterization of Nitric Oxide-Inducing Lipid A derived from Mesorhizobium loti Lipopolysaccharide .  Microbes Environ.27 ( 4 ) 490 - 496   2012年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1264/jsme2.ME12103

    PubMed

  • Oogai Y, Matsuo M, Hashimoto M, Kato F, Sugai M, Komatsuzawa H .  Expressions of virulence factors in Staphylococcus aureus grown in serum. .  Appl. Environ. Microbiol.77 ( 22 ) 8097 - 8105   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.05316-11

    PubMed

  • Murakami E, Nagata M, Shimoda Y, Kucho K, Higashi S, Abe M, Hashimoto M, Uchiumi T. .  Nitric Oxide Production Induced in Roots of Lotus japonicus by Lipopolysaccharide from Mesorhizobium loti. .  Plant Cell Physiol52 ( 4 ) 610 - 617   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pcr020

    PubMed

  • Kariya, K., Yoshihara, Y., Nakao, Y., Sakurai, N., Ueno, M., Hashimoto, M., Suda .  Carboxymethyl chitin promotes chondrogenesis by inducing the production of growth factors from immune cells .  J. Biomed. Mater. Res.94 ( 4 ) 1034 - 1041   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.a.32771

    PubMed

  • Azuma M, Sawahata R, Akao Y, Ebihara T, Yamazaki S, Matsumoto M, Hashimoto M, Fukase K, Fujimoto Y, Seya T. .  The peptide sequence of diacyl lipopeptides determines dendritic cell TLR2-mediated NK activation. .  PLoS One. 5 ( 9 ) e12550   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0012550

    PubMed

  • Fujimoto Y, Hashimoto M, Furuyashiki M, Katsumoto M, Seya T, Suda Y, Fukase K. .  Lipopeptides from Staphylococcus aureus as Tlr2 Ligands: prediction with mrna expression, chemical synthesis, and immunostimulatory activities. .  Chembiochem.10 ( 14 ) 2311 - 2315   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200900242

    PubMed

  • Tawaratsumida K, Furuyashiki M, Katsumoto M, Fujimoto Y, Fukase K, Suda Y, Hashimoto M. .  Characterization of N-terminal structure of TLR2-activating lipoprotein in Staphylococcus aureus. .  J. Biol. Chem.284 ( 14 ) 9147 - 9152   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M900429200

    PubMed

  • Carmelo Segovia del Castillo, Takeshi Yoshikawa, Masahito Hashimoto and Taizo Sakata, .  Correlation between Chemical Structures and Inhibitory Activities of Anti-bacterial Substances from Marine Pseudoalteromonas sp. A1-J11 .  Fish Pathol. 43 ( 2 ) 65 - 71   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3147/jsfp. 43.65

  • Hashimoto, M., Takashige, K., Furuyashiki, M., Yoshidome, K., Sano, R., Kawamura, Y., Ijichi, S., Morioka, H., Koide, H., Oku, M., Moriya, Y., Kusumoto, S., Suda, Y. .  Enhancement of antitumor activity of OK-432 (Picibanil) by Triton X-114 phase partitioning. .  Int. Immunopharmacol. 8 ( 1 ) 12 - 19   2008年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.intimp.2007.09.021

    PubMed

  • Kariya H, Kiyohara A, Masuda S, Yoshihara Y, Ueno M, Hashimoto M, Suda Y. .  Biological roles of carboxymethyl-chitin associated for the growth factor production. .  J. Biomed. Mater. Res. Part A83 ( 1 ) 58 - 63   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.a.31202

    PubMed

  • Hashimoto M, Furuyashiki M, Kaseya R, Fukada Y, Akimaru M, Aoyama K, Okuno T, Tamura T, Kirikae T, Kirikae F, Eiraku N, Morioka H, Fujimoto Y, Fukase K, Takashige K, Moriya Y, Kusumoto S, Suda Y .  Evidence of immunostimulating lipoprotein co-existing in natural lipoteichoic acid fraction. .  Infect. Immun. 75 ( 4 ) 1926 - 1932   2007年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.02083-05

    PubMed

  • Hasegawa M, Yang K, Hashimoto M, Park JH, Fujimoto Y, Nunez G, Fukase K, Inohara N .  Differential release and distribution of Nod1 and Nod2 immunostimulatory molecules among bacterial species and environments. .  J. Biol. Chem.281 ( 39 ) 29054 - 29063   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M602638200

    PubMed

  • Hashimoto M, Tawaratsumida K, Kariya H, Kiyohara A, Suda Y, Krikae F, Kirikae T, Goetz F .  Not lipoteichoic acid but lipoproteins appear to be the dominant immunobiologically active compounds in Staphylococcus aureus. .  J. Immunol.177 ( 5 ) 3162 - 3169   2006年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4049/jimmunol.178.5.2610-a

    PubMed

  • M.Hashimoto, K.Tawaratsumida, H.Kariya, K.Aoyama, T.Tamura, Y.Suda .  Lipoprotein is a predominant Toll-like receptor 2 ligand in Staphylococcus aureus cell wall components. .  Int. Immunol18 ( 2 ) 355 - 362   2006年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxh374

    PubMed

  • Y.Asai, Y.Ohyama, Y.Taiji, Y.Makimura, R.Tamai, M.Hashimoto, T.Ogawa .  Treponema medium glycoconjugate inhibits activation of human gingival fibroblasts stimulated with phenol-water extracts of periodontopathic bacteria. .  J. Dent. Res84 ( 5 ) 456 - 461   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/154405910508400511

    PubMed

  • Y.Asai, M.Hashimoto, H.M.Fletcher, K.Miyake,S.Akira, T.Ogawa .  Lipopolysaccharide Preparation Extracted from Porphyromonas gingivalis Lipoprotein-Deficient Mutant Shows a Marked Decrease in Toll-Like Receptor 2-Mediated Signaling. .  Infect. Immun.73 ( 4 ) 2157 - 2163   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.73.4.2157-2163.2005

    PubMed

  • M. Hashimoto, Y. Asai , T. Ogawa .  Separation and structural analysis of lipoprotein in a lipopolysaccharide preparation from Porphyromonas gingivalis .  Int. Immunol16 ( 10 ) 1431 - 1437   2004年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxh146

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • エンドトキシン・自然免疫研究22

    橋本雅仁( 担当: 単著)

    医学図書出版  2019年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:82   担当ページ:54-57   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン・自然免疫研究21

    脇 純平,今大路浩之,大薗 まみ,橋口 周平,桑原 知巳,橋本 雅仁( 担当: 共著)

    医学図書出版  2018年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:69   担当ページ:18-22   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン・自然免疫研究20

    3. 橋本雅仁、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平、隅田泰生、深瀬浩一、藤本ゆかり( 担当: 共著)

    医学図書出版  2017年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:67   担当ページ:57-59   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン・自然免疫研究 18

    橋本雅仁( 担当: 単著)

    医学図書出版  2015年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:100   担当ページ:65-68   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン・自然免疫研究 16

    橋本雅仁、隅田泰生、俵積田一樹( 担当: 共著)

    医学図書出版  2013年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:39   担当ページ:35-39   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン・自然免疫研究 14

    小野敬子、俵積田一樹、隅田泰生、橋本雅仁( 担当: 共著)

    医学図書出版  2011年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:88   担当ページ:86-88   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドトキシン研究 12

    俵積田一樹、橋本雅仁、隅田泰生( 担当: 共著)

    医学図書出版  2009年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:121   担当ページ:75-77   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • Structure and synthesis of lipid A. 査読

    Kusumoto S, Hashimoto M, Kawahara K.

    Adv. Exp. Med. Biol.   667   5 - 23   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4419-1603-7_2

    PubMed

  • グラム陰性菌のペプチドグリカンを認識する Nod1 と自然免疫 査読

    橋本雅仁、猪原直弘

    臨床免疫   41 ( 3 )   309 - 313   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 牧百合恵、大薗まみ、橋口周平、橋本雅仁 .  酢酸菌由来外膜小胞のアジュバント活性 .  第94回日本生化学会大会  2021年11月  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 橋本雅仁 .  酢酸菌の自然免疫活性化物質 .  自然免疫制御技術研究組合第9回シンポジウム  2021年3月  自然免疫制御技術研究組合招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都港区   国名:日本国  

  • 橋本雅仁、馬場梨沙子、牧百合恵、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の免疫調整能 .  第92回日本細菌学会総会  2019年4月  日本細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道札幌市   国名:日本国  

  • 橋本雅仁 .  酢酸菌による外膜小胞の産生とその性質 .  第24回日本エンドトキシン・自然免疫研究会  日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月 - 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関東学院大・関内メディアセンター  

  • Masahito Hashimoto .  Immunostimulatory components in kurozu .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kagoshima University  

  • 橋本雅仁、松元太一、中村佳祐、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の収量改善の検討 .  第70回日本生物工学会大会 (2018)  日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:関西大学千里山キャンパス  

  • 橋本雅仁、松元太一、中村佳祐、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平 .  Acetobacter pasteurianus 由来外膜小胞の分離と免疫刺激能 .  2017年度生命科学系学会合同年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • 橋本雅仁 .  酢酸菌リポ多糖の構造と生物活性 .  酢酸菌研究会第9回研究集会  酢酸菌研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県半田市  

  • 橋本雅仁、松元太一、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平 .  酢酸菌由来外膜小胞の産生と性質 .  第69回日本生物工学会  日本生物工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学 西早稲田キャンパス  

  • 橋本雅仁 .  黒酢に含まれる細菌成分とその生物活性 .  動物植物生態三学会合同鹿児島例会  動物植物生態三学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島大学理学部  

  • 橋本雅仁 .  酢酸菌由来リポ多糖と黒酢 .  第52回自然免疫賦活技術研究会  自然免疫賦活技術研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高松センタービル TCB 会議室  

▼全件表示

知的財産権

  • 植物免疫活性化剤

    橋本雅仁、内海俊樹

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:2018-106085  出願日:2018年6月

受賞

  • 奨励賞

    2014年12月   日本エンドトキシン・自然免疫研究会   細菌由来の複合糖質画分に莢雑する自然免疫活性化リポタンパク質の研究

    橋本 雅仁

     詳細を見る

    受賞国:日本国