2021/06/16 更新

写真a

ミヤマチ ヒロキ
宮町 宏樹
MIYAMACHI Hiroki
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 地球科学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(理学) ( 1993年9月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 火山活動

  • 地震波速度構造

  • 地殻構造

  • 地震活動

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 地球科学プログラム 島弧火山   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 地球環境科学専攻 島弧火山   教授

    1990年3月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本火山学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本地震学会(代議員)

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Yuki Susukida,Kei Katsumata, Masayoshi Ichiyanagi, Mako Ohzono, Hiroshi Aoyama,Ryo Tanaka, Masamitsu Takada, Teruhiro Yamaguchi, Kazumi Okada, Hiroaki Takahashi, Shin’ichi Sakai,Satoshi Matsumoto, Tomomi Okada, Toru Matsuzawa, Hiroki Miyamachi, Shuichiro Hirano,Yoshiko Yamanaka, Shinichiro Horikawa, Masahiro Kosuga, Hiroshi Katao, Yoshihisa Iio, Airi Nagaoka,Noriko Tsumura, Tomotake Ueno and The Group for the Aftershock Observations of the 2018 Hokkaido .  Focal mechanisms and the stress field in the aftershock area of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (MJMA = 6.7) .  Earth, Planets and Space73 ( 1 )   2021年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 志藤 あずさ, 中元 真美, 宮町 凛太郎, 一柳 昌義, 大園 真子, 岡田 和見, 勝俣 啓, 高田 真秀, 高橋 浩晃, 谷岡 勇市郎, 山口 照寛, 光岡 郁穂, 小菅 正裕, 東 龍介, 内田 直希, 江本 賢太郎, 太田 雄策, 岡田 知己, 海田 俊輝, 小園 誠史, 鈴木 秀市, 高木 涼太, 松本 聡, 出町 知嗣, 中原 恒, 中山 貴史, 平原 聡, 松澤 暢, 三浦 哲, 山本 希, 今西 和俊, 内出 崇彦, 吉見 雅行, 松島 健, 青井 真, 浅野 陽一, 上野 友岳, 藤田 英輔, 阿部 英二, 飯高 隆, 岩崎 貴哉, 加藤 愛太郎, 蔵下 英司, 酒井 慎一, 相澤 広記, 椎名 高裕, 芹澤 正人, 田中 伸一, 中川 茂樹, 平田 直, 増田 正孝, 宮川 幸治, 八木 健夫, 渡邉 篤志, 後藤 和彦, 清水 洋, 伊藤 武男, 奥田 隆, 寺川 寿子, 堀川 信一郎, 前田 裕太, 松廣 健二郎, 山中 佳子, 渡辺 俊樹, 飯尾 能久, 片尾 浩, 内田 和也, 加納 靖之, 津田 寛大, 三浦 勉, 村本 智也, 山下 裕亮, 大久保 慎人, 山品 匡史, 大倉 敬宏, 中尾 茂, 平野 舟一郎, 神薗 めぐみ, 宮町 宏樹, 八木原 寛, 手操 佳子 .  2016年熊本地震合同地震観測データ:—地震学的解析の基礎的資料として— .  地震2 ( 73 ) 149 - 157   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsumata K. .  The 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake (M = 6.7) was triggered by a strike-slip faulting in a stepover segment: insights from the aftershock distribution and the focal mechanism solution of the main shock .  Earth, Planets and Space71 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    DOI: 10.1186/s40623-019-1032-8

    Scopus

  • 高橋浩晃; 青山裕; 大園真子; 田中良; 伊藤ちひろ; 渡邉早姫; 松島健; 山下裕亮; 宮町宏樹; 奥山哲; ゴルディエフ, エフゲニー; ムラビヨフ, ヤロスラフ; マグースキン, キリル; マリック, ナタリヤ; ミノロフ, イワン; チェブロフ, ダニラ .  ロシア・カムチャツカ半島アバチンスキー火山での傾斜観測 .  北海道大学地球物理学研究報告 ( 82 ) 11 - 18   2019年3月国際共著

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Murayama T. .  Time–space variations in infrasound sources related to environmental dynamics around Lützow–Holm Bay, east Antarctica .  Polar Science14   39 - 48   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Polar Science  

    DOI: 10.1016/j.polar.2017.10.001

    Scopus

  • Shito A. .  Seismic velocity structure in the source region of the 2016 Kumamoto earthquake sequence, Japan .  Geophysical Research Letters44 ( 15 ) 7766 - 7772   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Geophysical Research Letters  

    DOI: 10.1002/2017GL074593

    Scopus

  • Yakiwara Hiroshi, Kanehara Hisao, Nakao Shigeru, Hirano Shuichiro, Yamashita Yusuke, Shimizu Hiroshi, Uchida Kazunari, Umakoshi Kodo, Nakahigashi Kazuo, Miyamachi Hiroki, Yagi Mitsuharu .  Seismic Observations using Ocean Bottom Seismometers around Kuchierabujima Volcano .  Journal of Natural Disaster Science38 ( 1 ) 119 - 131   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本自然災害学会  

    The remarkable eruption on Kuchierabujima, which occurred on May 29, 2015, had the potential to disrupt land seismic observation if the volcanic activities had expanded. Since relatively deep-volcano-tectonic (DVT) earthquakes under the volcano may have extended into the sea region around the island, we deployed four ocean bottom seismometers (OBSs) on the seafloor at distances at approximately 6.5 km from the crater. During the OBS observation period from July 3 to October 9, 2015, 303 volcanic earthquakes were detected. The daily numbers and the temporal amplitude changes indicate that seismic activities declined in the middle of August. However, only nine of the events were DVT earthquakes, and we were unable to identify any clear differences between the hypocenter distribution characteristics of the DVT events discussed in previous studies and those of our observations. However, since the temporal tendency of daily earthquake numbers derived from our OBS data resembled that compiled by the Japan Meteorological Agency using real-time land data, when eruption expansions occur on a small-scale remote island such as Kuchierabujima, OBS observations can provide a useful backup to efforts aimed at grasping the seismicity.

    DOI: 10.2328/jnds.38.119

  • T. Okada,T. Matsuzawa,N. Umino,K. Yoshida,A. Hasegawa,H. Takahashi,T. Yamada,M. Kosuga,T. Takeda,A. Kato,T. Igarashi,K. Obara,S. Sakai,A. Saiga,T. Iidaka,T. Iwasaki,N. Hirata,N. Tsumura,Y. Yamanaka,T. Terakawa,H. Nakamichi,T. Okuda,S. Horikawa,H. Katao,T. Miura,A. Kubo,T. Matsushima,K. Goto,H. Miyamachi .  Hypocenter migration and crustal seismic velocity distribution observed for the inland earthquake swarms induced by the 2011 Tohoku-Oki earthquake in NE Japan: implications for crustal fluid distribution and crustal permeability .  Geofluid ( 15 ) 293 - 309   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Maeda, K. Yamaoka, H. Miyamachi, H. Yakiwara et al. .  A subsurface structure change associated with the eruptive activity at Sakurajima Volcano, Japan, inferred froman accurately controlled source .  Geophys. Res. Lett.42   5179 - 5186   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015GL064351

  • Y. Yamashita, H. Yakiwara, Y. Asano, S. Hirano, H. Miyamachi et al. .  Migrating tremor off southern Kyushu as evidence for slow slip of a shallow subduction interface .  Science348   676 - 679   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aaa4242

  • Keisuke Yoshida, Akira Hasegawa, Tomomi Okada, Hiroaki Takahashi, Masahiro Kosuga, Takaya Iwasaki, Yoshiko Yamanaka, Hiroshi Katao, Yoshihisa Iio, Atsuki Kubo, Takeshi Matsushima, Hiroki Miyamachi, Youichi Asano .  Pore pressure distribution in the focal region of the 2008 M7.2 Iwate-Miyagi Nairiku earthquake .  Earth, Planets and Space66 ( 59 )   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshun Yamaoka, Hiroki Miyamachi, Toshiki Watanabe, Takahiro Kunitomo, Tsuyoshi Michishita1, Ryoya Ikuta and Masato Iguchi .  Active monitoring at an active volcano: amplitude-distance dependence of ACROSS at Sakurajima Volcano, Japan .  Earth, Planets and Space66   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masayuki Obayashi, Junko Yoshimitsu, Guust Nolet, Yoshio Fukao, Hajime Shiobara, Hiroko Sugioka, Hiroki Miyamachi, and Yuan Gao .  Finite frequency whole mantle P wave tomography: Improvement of subducted slab images .  GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS ( 40 ) 1 - 6   2013年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yakiwara, H., Hirano, S., Miyamachi, H., Takayama, T., Yamazaki, T., Tameguri, T., Iguchi, M. .  Semi-diurnal tidal periodicity observed by an ocean bottom seismometer deployed at a location very close to seafloor fumaroles inWakamiko caldera, northeast of Sakurajima volcano .  Bull. Volcanol. Soc. Japan58 ( 1 ) 269 - 279   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsutsui, T., Yagi, N., Tsushima, K., Iguchi, M., Tameguri, T., Mikada, H., Onishi, K. Miyamachi, H.,Nishimura, T., Morita, Y., Watanabe, A." .  Structure of northeastern Sakurajima, south Kyushu, Japan, revealed by seismic reflection survey" .  Bull. Volcanol. Soc. Japan58 ( 1 ) 239 - 250   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroki Miyamachi, Chisato Tomari, Hiroshi Yakiwara, Masato Iguchi, Takeshi Tameguri, Keigo Yamamoto, Takahiro Ohkura, Takashi Ando, Kyosuke Onishi, Hiroshi Shimizu, Yusuke Yamashita,Haruhisa Nakamichi, Teruo Yamawaki, Jun Oikawa, Sadato Ueki, Tomoki Tsutsui, Hitoshi Mori, Makoto Nishida, Hideyuki Hiramatsu, Tomoyuki Koeda, Yoshirou Masuda, Kouji Katou, Kengo Hatakeyama and Tetsuo Kobayashi .  Shallow velocity structure beneath the Aira caldera and Sakurajima volcano as inferred from refraction analysis of the seismic experiment in 2008 .  Bull. Volcanol. Soc. Japan58 ( 1 ) 227 - 237   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aitaro Kato, Toshihiro Igarashi, Kazushige Obara, Shinichi Sakai, Tetsuya Takeda, Atsushi Saiga, Takashi Iidaka, Takaya Iwasaki, Naoshi Hirata, Kazuhiko Goto, Hiroki Miyamachi, Takeshi Matsushima, Atsuki Kubo, Hiroshi Katao, Yoshiko Yamanaka, Toshiko Terakawa, Haruhisa Nakamichi, Takashi Okuda, Shinichiro Horikawa, Noriko Tsumura, Norihito Umino, Tomomi Okada, Masahiro Kosuga, Hiroaki Takahashi and Takuji Yamada .  Imaging the source regions of normal faulting sequences induced by the 2011 M9.0 Tohoku-Oki earthquake .  Geophysical Research Letters ( 40 ) 1 - 6   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Paul Karson ALANIS, Hiroki MIYAMACHI, Hiroshi YAKIWARA, Kazuhiko GOTO, Reiji KOBAYASHI, Takeshi TAMEGURI and Masato IGUCHI .  Seismic velocity structure of the crust beneath the Aira caldera in southern Kyushu by tomography of travel times of local earthquake data .  Bull. Volcanol. Soc. Japan57 ( 4 ) 227 - 234   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kanao, A. Fujiwara, H. Miyamachi, S. Toda, K. Ito, M. Tomura, T. Ikawa and The SEAL Geotransect Group .  Reflection imaging of the crust and the lithospheric mantle in the Lutzow-Holm complex, Eastern Dronning Maud Land, Antarctica, derived from the SEAL transects .  Tectonophysics ( 508 ) 73 - 84   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Shinohara, T. Yamada, K. Nakahigashi, S. Sakai, K. Mochizuki, K. Uehira, Y. Ito, R. Azuma, Y. Kaiho, T. No, H. Shiobara, R. Hino, Y. Murai, H. Yakiwara, T. Sato, Y. Machida, T. Shinbo, T. Isse, H. Miyamachi, K. Obana, N. Takahashi, S. Kodaira, Y. Kaneda, K. Hirata, S. Yoshikawa, K. Obara, T. Iwasaki, and N. Hirata .  Aftershock observation of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake by using ocean bottom seismometer network .  Earth Planets and Space ( 63 ) 835 - 840   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aitaro Kato, Shinichi Sakai, Takashi Iidaka, Takaya Iwasaki, Eiji Kurashimo,Toshihiro Igarashi, Naoshi Hirata, Toshihiko Kanazawa, Kei Katsumata,Hiroaki Takahashi, Ryo Honda, Takahiro Maeda, Masayoshi Ichiyanagi,Teruhiro Yamaguchi, Masahiro Kosuga, Tomomi Okada, Junichi Nakajima,Shuichiro Hori, Takashi Nakayama, Akira Hasegawa, Toshio Kono, Syuichi Suzuki,Noriko Tsumura, Yoshihiro Hiramatsu, Katsunori Sugaya, Aiko Hayashi,Tetsuya Hirose, Akihiro Sawada, Keisuke Tanaka, Yoshiko Yamanaka,Haruhisa Nakamichi, Takashi Okuda, Yoshihisa Iio, Kin’ya Nishigami,Masatoshi Miyazawa, Hiroo Wada, Norio Hirano, Hiroshi Katao, Shiro Ohmi,Kiyoshi Ito, Issei Doi, Shunta Noda, Satoshi Matsumoto, Takeshi Matsushima,Atsushi Saiga, Hiroki Miyamachi, Kazutoshi Imanishi, Tetsuya Takeda,Youichi Asano, Yohei Yukutake, Tomotake Ueno, Takuto Maeda,Takanori Matsuzawa, Shutaro Sekine, Makoto Matsubara, and Kazushige Obara" .  Anomalous depth dependency of the stress field in the 2007Noto Hanto, Japan, earthquake: Potential involvementof a deep fluid reservoir .  GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERSdoi:10.1029/2010GL046413   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一柳昌義・高橋浩晃・前田宜浩・笠原稔・宮町宏樹・平野舟一郎・Sen Rak Se,・Mikhaylov Valentin・Kim Chun Ung .  日露共同地震観測による2007年8月2日に発生したサハリン西方沖の地震(MJMA6.4)の余震活動 .  地震62 ( 4 ) 139 - 152   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 八木原寛・井口正人・為栗 健・筒井智樹・及川純・大倉敬宏・宮町宏樹 .  諏訪之瀬島の火山浅部3次元P波速度構造と爆発発生場 .  火山55 ( 2 ) 75 - 87   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Onizawa, H.Oshima, H. Aoyama, T. Maekawa, A. Suzuki, H. Miyamachi, T. Tsutsui, T. Matsushima, S. Tanaka, J. Oikawa, N. Matsuwo, K. Yamamoto, T. Shiga, T. Mori .  Basement structure of Hokkaido Komagadake Volcano, Japan, as revealed by artificial seimisc survey .  Journal of Volcanology and Geothermal Research ( 183 ) 245 - 253   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Aoki, M. Takeo, H. Aoyama, J. Fujimatsu, S. Matsumoto, H. Miyamachi, H. Nakamichi, T. Ohkura, T. Ohminato, J. Oikawa, R. Tanada, T. Tsutsui, K. Yamamoto, M. Yamamoto, H. Yamasato, T. Yamawaki .  P-wave velocity structure beneath Asama Volcano, Japan, inferred from active source seismic experiment .  Journal of Volcanology and Geothermal Research ( 187 ) 272 - 277   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Iidaka, Aitaro Kato, Eiji Kurashimo, Takaya Iwasaki, Naoshi Hirata, Hiroshi Katao, Issei Hirose, Hiroki Miyamachi .  Fine structure of P-wave velocity distribution along the Atotsugawa fault, central Japan .  Tectonophysics ( 47 ) 95 - 104   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 関谷博、後藤和彦、八木原寛、宮町宏樹、角田寿喜 .  1997年鹿児島県北西部地震(M6.6,M6.4)の余震域におけるS波偏向異方性 .  地震60 ( 4 ) 285 - 289   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Tahara*, K. Uehira, H. Shimizu, M. Nakada, T. Yamada, K. Mochizuki, M. Shinohara, M. Nishino, R. Hino, H. Yakiwara, H. Miyamachi, K. Umakoshi, M. Goda, N. Matsuwo and T. Kanazawa .  Seismic velocity structure around the Hyuganada region, Southwest Japan, derived from seismic tomography using land and OBS data and its implications for interplate coupling and vertical crustal uplift .  Physics of the Earth and Planetary Interiors ( 167 ) 19 - 33   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Onizawa, H. Oshima, H. Aoyama, H. Y. Mori, T. Maekawa, A. Suzuki, T. Tsutsui, N. Matsuwo, J. Oikawa, T. Ohminato, K. Yamamoto, T. Mori, T. Taira, H. Miyamachi, and H. Okada .  P-wave velocity structure of Usu volcano: Implication of structural controls on magma movements and eruption locations .  Journal of Volcanology and Geothermal Research ( 160 ) 175 - 194   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Matsumoto, A. Watanabe, T. Matsushima, H. Miyamachi, and S. Hirano .  Imaging S-wave scatterer distribution in southeast part of the focal area of the 2005West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (MJMA7.0) by dense seismic array .  Earth Planets and Space58 ( 12 ) 1627 - 1632   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Hori, S. Matsumoto, K. Uehira, T. Okada, T. Yamada, Y. Iio, M. Shinohara, H. Miyamachi, H. Takahashi, K. Nakahigashi, A. Watanabe, T. Matsushima, N. Matsuwo, T. Kanazawa, and H. Shimizu .  Three-dimensional seismic velocity structure as determined by double-difference tomography in and around the focal area of the 2005West off Fukuoka Prefecture earthquake .  Earth Planets and Space58 ( 12 ) 1621 - 1626   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Uehira, T. Yamada, M. Shinohara, K. Nakahigashi, H. Miyamachi, Y. Iio, T. Okada, H. Takahashi, N. Matsuwo, K. Uchida, T. Kanazawa, and H. Shimizu .  Precise aftershock distribution of the 2005 West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (Mj=7.0) using a dense onshore and offshore seismic network .  Earth Planets and Space58 ( 12 ) 1605 - 1610   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Shimizu, H. Takahashi, T. Okada, T. Kanazawa, Y. Iio, H. Miyamachi, T. Matsushima, M. Ichiyanagi,N. Uchida, T. Iwasaki, H. Katao, K. Goto, S. Matsumoto,N. Hirata, S. Nakao, K. Uehira, M. Shinohara,H. Yakiwara, N. Kame, T. Urabe, N. Matsuwo, T. Yamada, .  Aftershock seismicity and fault structure of the 2005West Off Fukuoka Prefecture Earthquake (MJMA7.0) derived from urgent joint observations .  Earth Planets and Space58 ( 12 ) 1599 - 1604   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Yamashita, H. Miyamachi, M. Kanao, T. Matsushima, S. Toda, M. Takada and A. Watanabe .  Deep Reflection Imaging beneath the Mizuho Plateau, East Antarctica, by SEAL-2002 Seismic Experiment .  Antarctica: Contributions to global earth sciences   147 - 154   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 藤井雄士郎,竹中博士,宮町宏樹 .  地震波動シミュレーションのための鹿児島県北西部における3次元速度構造モデル .  地震_日本地震学会57 ( 3 ) 365 - 375   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 筒井智樹,須藤靖明,森健彦,勝俣啓,田中聡,及川純,戸松稔貴,松尾のり道,松島健,宮町宏樹,西潔,藤原善明,平松秀行 .  阿蘇火山中央火口丘山体の3次元地震波速度構造 .  火山_日本火山学会48 ( 3 ) 293 - 307   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Miyamachi, S. Toda, T. Matsushima, M. Takada, A. Watanabe, M. Yamashita and M. Kanao .  Seismic refraction and wide-angle reflection exploration in JARE-43 on the Mizuho Plateau, East Antarctica .  Polar Geoscience ( 16 ) 1 - 21   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 山下 裕亮、仲谷 幸浩、八木原 寛、平野 舟一郎、中尾 茂、宮町 宏樹、小林 励司、清水 洋、松島 健、内田 和也、中東 和夫、阿部 英二、山田 知朗、篠 原 雅尚 .  喜界島東方海域における浅部低周波微動活動(その1) .  日本地震学会2020年度秋季大会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 宮町宏樹・小林励司・八木原寛他66名 .  人工地震探査による姶良カルデラ下の速度構造(4) .  日本火山学会2019年度秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 宮町宏樹、小林励司、八木原 寛、平野舟一郎、久保武史、海野直弘、松島 健、内田和也、宮町凜太郎、片尾 浩、澁谷拓郎、三浦 勉、中川 潤、米田 格、為栗 健、瀧下恒星、仲井一穂、山下裕亮、前田裕太、堀川信一郎、松廣健二郎、奥田 隆、辻 修平、十川直樹、中東和夫、蔵下英司、山田知朗、安藤美和子、田中伸一、池澤賢志、佐藤利典、山本 希、平原 聡、中山貴史、東 龍介、鈴木秀市、筒井智樹、竹井瑠一、多田悠也、高橋浩晃、青山 裕、大園真子、椎名高裕、髙田真秀、一柳昌義、山口照寛、伊藤ちひろ、薄田悠樹、村井芳夫、中垣達也 .  人工地震探査による南九州横断測線下の速度構造(4) .  日本地震学会2019年度秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 八木原 寛、仲谷幸浩、平野舟一郎、小林励司、宮町宏樹、中尾 茂、山下裕亮、内田和也、松島 健、清水 洋、中東和夫、馬越孝道、阿部英二、池澤賢志、諏訪祥士、山田知朗、篠原雅尚 .  南西諸島北部の海域及び島嶼域における地震観測によるプレート境界面形状の推定(6) .  日本地震学会2019年度秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 仲谷幸浩、八木原 寛、平野舟一郎、小林励司、宮町宏樹、中尾 茂、内田和也、松島 健、清水 洋、山下裕亮、中東和夫、山田知朗、阿部英二、篠原雅尚 .  南西諸島北部域における海底地震観測と検出された相似地震の特徴 .  日本地震学会2019年度秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市  

  • 仲谷 幸浩、八木原 寛、平野 舟一郎、小林 励司、宮町 宏樹、中尾 茂、内田 和也、松島 健、清水 洋、中東 和夫、山下 裕亮、阿部 英二、山田 知朗、篠原 雅尚 .  Ocean bottom seismographic observation and similar earthquake detection in the northern part of the Nansei Islands .  日本地球惑星科学連合2019年大会  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    開催地:千葉市  

  • Seismic refraction and wide-angle reflection experiment in southern Kyushu, Japan: (3) the 2018 exploration report .  2019年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宮町宏樹・高橋浩晃・青山 裕他48名 .  大規模人工地震探査による姶良カルデラ及び周辺域の地殻構造の解明(2)予備的成果と2018年観測計画 .  日本地震学会2018年度秋季大会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山市  

  • 八木原寛・仲谷幸浩・平野舟一郎・小林励司・宮町宏樹・中尾茂・馬越孝道・内田和也・松島健・清水洋・中東和夫・山下裕亮・阿部英二・池澤賢志・諏訪祥士・山田知朗・篠原雅尚 .  南西諸島北部の海域及び島嶼域における地震観測によるプレート境界面形状の推定(5) .  日本地震学会2018年度秋季大会  2018年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡山市  

  • 宮町宏樹・高橋浩晃・青山 裕他48名 .  大規模人工地震探査による姶良カルデラ及び周辺域の地殻構造の解明(2)予備的成果と2018年観測計画 .  日本火山学会2018年度秋季大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田市  

  • 前田裕太・渡辺俊樹・宮町宏樹・山岡耕春・國友孝洋・辻 修平・佐伯晃聖 .  2018年3月桜島アクロス稠密観測(序報) .  日本火山学会2018年度秋季大会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田市  

  • 山岡 耕春、佐伯 晃聖、辻 修平、藤田 英輔、宮町 宏樹、渡辺 俊樹、國友 孝洋、八木原 寛、生田 領野、為栗 健、井口 正人 .  地震計アレイとアクロスで捉えた2015年桜島マグマ貫入にともなう地震波伝播特性の変化 .  日本地球惑星科学連合2018年大会  2018年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

  • 八木原寛・平野舟一郎・小林励司・宮町宏樹・中尾茂・後藤和彦・馬越孝道・内田和也・松島健・清水洋・中東和夫・山下裕亮・阿部英二・池澤賢志・諏訪祥士・山田知朗・篠原雅尚 .  南西諸島北部の海域及び島嶼域における地震観測によるプレート境界面形状の推定(4) .  日本地震学会2017年度秋季大会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • 前田裕太・山岡耕春・渡辺俊樹・國友孝洋・宮町宏樹・八木原寛・井口正人・為栗 健 .  桜島火山噴火前後の地震波伝播特性変化の1 次散乱による解釈 .  日本火山学会2017年度秋季大会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ryo Narita, Kouta Hamada, Kazunori Yoshizawa, Hitoshi Kawakatsu, Hiroki Miyamachi, Masayoshi Ichiyanagi, Hiroaki Takahashi, Iurii Levin, Valentin Mikhaylov, Dmitrii Kostylev .  3-D upper mantle structure beneath the Sea of Japan with inter-station surface-wave analysis using multiple seismic arrays .  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 筒井 智樹、井口 正人、中道 治久、為栗 健、大島 弘光、青山 裕、山本 希、野上 健治、大湊隆雄、前田 裕太、大倉 敬宏、清水 洋、松島 健、八木原 寛、宮町 宏樹、小林 励司、平原 聡、辻 浩、渡邊 篤志、堀川 信一郎、園田 忠臣、吉川 慎、竹中 悠亮、平野 舟一郎、栁澤 宏彰、菅井 明、井手 和彦、長山 泰淳、滿永 大輔、小窪 則夫、重信 有三、渡辺 茂、畠山 康憲 .  桜島火山における反復地震探査(最終回) .  日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

  • 山岡 耕春、渡辺 将史、渡辺 俊樹、前田 裕太、國友 孝洋、宮町 宏樹、八木原 寛、為栗 健、生田 領野、井口 正人 .  アクロスで捉えた2015年8月15日桜島マグマ貫入イベントに伴う地震波伝播特性の変化 .  日本地球惑星科学連合2017年大会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉市  

▼全件表示