2021/09/03 更新

写真a

コサイ ケンイチロウ
小戝 健一郎
KOSAI Ken-ichiro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 運動機能修復学講座 教授
医歯学域附属病院 附属病院 センター長
医歯学域附属病院 附属病院 副センター長
その他 センター長
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
遺伝子治療(癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターの開発による癌免疫・遺伝子ウイルス治療、肝臓病や心臓病への遺伝子治療法開発)、再生医学(ヒトES細胞での技術開発、増殖因子での生体内再生医学)、トランスレーショナルリサーチ
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 1992年3月   久留米大学 )

研究キーワード

  • 遺伝子治療

  • 腫瘍治療学

  • がん免疫

  • バイオテクノロジー

  • 再生医学

  • 分子生物学

  • トランスレーショナルリサーチ

研究分野

  • ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学  / 遺伝子治療

  • ライフサイエンス / 分子生物学  / 再生医学

  • ライフサイエンス / 内科学一般  / トランスレーショナルリサーチ

  • ライフサイエンス / 解剖学  / 組織形態学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / ニューロサイエンス

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学  / 小児科学

▼全件表示

学歴

  • 久留米大学大学院   医学研究科   医学研究科(病理系専攻)

    1988年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 久留米大学   医学部

    - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 一般社団法人バイオロジクス研究・トレーニングセンター   アドバイザリーボードメンバー

    2020年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 南九州先端医療開発センター   センター長

    2018年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学病院 探索的医療開発センター   センター長

    2016年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 革新的治療開発研究センター   センター長

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学病院 臨床研究管理センター   副センター長

    2015年1月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 遺伝子治療・再生医学分野   教授

    2008年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   医学部   客員教授

    2006年7月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科 細胞生物構造学分野   教授

    2006年7月 - 2008年4月

  • 聖マリアンナ医科大学   難病治療研究センター   客員教授

    2005年12月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岐阜大学   医学部   特別協力研究員

    2003年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   高次脳疾患研究所(併任:医学部小児科)   教授

    2003年5月 - 2006年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岐阜大学   医学部 遺伝子治療再生医科学講座   助教

    2002年7月 - 2003年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 岐阜大学   医学部 循環器再生医科学講座   助教

    2000年11月 - 2001年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   先端癌治療研究センター細胞発生工学部門(併任 医学部)   助手

    1997年11月 - 2000年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 大阪大学   医学部バイオメディカルセンター腫瘍性化学教室   教務補佐員

    1996年9月 - 1997年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 米国ベイラー医科大学   客員助教

    1994年1月 - 1996年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 米国ベイラー医科大学   研究員

    1993年3月 - 1993年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   医学部・第一病理学教室   助手

    1992年4月 - 1993年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   医学部・第一病理学教室   研修医

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 久留米大学   医学部・小児科教室   研修医

    1988年5月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本遺伝子治療細胞学会(評議員、若手WG委員、学会員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本再生医療学会(評議員、学会員、認定医)

    2001年12月 - 現在

  • 日本解剖学会(評議員、学会員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本小児科学会(学会員、専門医)

    2015年10月 - 現在

  • 日本分子生物学会(学会員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本癌学会(学会員)

    2015年10月 - 現在

  • American Society of Gene and Cell Therapy(米国遺伝子細胞治療学会)(Official Journal編集委員、学会員)

    2015年10月 - 現在

  • American Association for Cancer Research(米国癌学会)(学会員)

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本解剖学会 第76回九州支部学術集会   大会長  

    2020年10月   

  • 文部科学省科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 第10回ライフサイエンス委員会 橋渡し研究戦略作業部会(第2回)    有識者(参加・発表)  

    2020年10月 - 2020年4月   

  • 九州大学 WAT-NEW 運営委員会・審査委員会   委員  

    2019年4月 - 現在   

  • 京都大学 AMED橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズBC選定委員会 ・書面審査委員会   委員  

    2019年4月 - 2021年3月   

  • 日本遺伝子細胞治療学会 若手ワーキンググループ   委員  

    2015年10月 - 現在   

留学歴

  • 1993年3月 - 1996年7月   米国ベイラー医科大学 病理学教室   Postdoctoral reseach fellow(1993),Visiting Assistant Profesor(Regular Faculty)(1994),遺伝子治療横断グループの創立メンバー

取得資格

  • 小児科専門医(日本専門医機構)

  • 日本再生医療学会 再生医療認定医

  • 日本小児科学会専門医

  • 死体解剖資格認定

  • 日本小児科学会認定医

  • 医師

▼全件表示

 

論文

  • Eriko Matsuda, Yuki Obama, Ken-ichiro Kosai. .  Safe and low-dose but therapeutically elective adenovirus-mediated hepatocyte growth factor gene therapy for type 1 diabetes in mice .  Life Sci268   119014 - 119014   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2020.119014

  • Kaoru Mitsui, Tomoyuki Takahashi, Kanako Ide, Eriko Matsuda, Ken-ichiro Kosai. .  Optimization of Adenoviral Gene Transfer in Human Pluripotent Stem Cells .  Biochem Biophys Res Commun.541   78 - 83   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.01.009

  • Suzuki S, Kofune H, Uozumi K, Yoshimitsu M, Arima N, Ishitsuka K, Ueno S and Kosai K. .  A survivin-responsive, conditionally replicating adenovirus induces potent cytocidal effects in adult T-cell leukemia/lymphoma .  BMC Cancer19 ( 1 ) 516 - 516   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-019-5730-1

  • Ide K, Mitsui K, Irie R, Matsushita Y, Ijichi N, Toyodome S, Kosai K. .  A Novel Construction of Lentiviral Vectors for Eliminating Tumorigenic Cells from Pluripotent Stem Cells .  Stem Cells36   230 - 239   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kida H, Takahashi T, Nakamura Y, Kinoshita T, Hara M, Okamoto M, Okayama S, Nakamura K, Kosai K, Taniwaki T, Yamashita Y, Matsuishi T. .  Pathogenesis of Lethal Aspiration Pneumonia in Mecp2-null Mouse Model for Rett Syndrome .  Scientific Reports7 ( 12032 ) 1 - 13   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-12293-8

  • Sakamoto K, Khai NC, Wang Y, Irie R, Takamatsu H, Matsufuji H, Kosai K. .  Heparin-Binding Epidermal Growth Factor–Like Growth Factor and Hepatocyte Growth Factor Inhibit Cholestatic Liver Injury in Mice via Different Actions .  International Journal of Molecular Medicine38 ( 6 ) 1673 - 1682   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyazaki Y, Matsubara S, Qiang Ding, Tsukasa K, Yoshimitsu M, Kosai K, Takao S. .  Efficient elimination of pancreatic cancer stem cells by Hedgehog/GLI inhibitor GANT61 in combination with mTOR inhibition .  Molecular Cancer15 ( 1 ) 49   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12943-016-0534-2

  • Goto K, Takemura G, Takahashi T, Okada H, Kanamori H, Kawamura I, Watanabe T, Morishita K, Tsujimoto A, Miyazaki N, Ushikoshi H, Kawasaki M, Mikami A, Kosai K, Minatoguchi S. .  Intravenous administration of endothelial colony-forming cells overexpressing integrin b1 augments angiogenesis in ischemic legs .  Stem Cells Transl Med5 ( 2 ) 218 - 226   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5966/sctm.2015-0096.

  • Hara M, Takahashi T, Mitsumasu C, Igata S, Takano M, Minami T, Yasukawa H, Okayama S, Nakamura K, Okabe Y, Tanaka E, Takemura G, Kosai K, Yamashita Y, Matsuishi T. .  Disturbance of cardiac gene expression and cardiomyocyte structure predisposes Mecp2-null mice to arrhythmias .  Scientific Reports   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep11204.

  • Mitsui K, Ide K, Takayama A, Wada T, Irie R, Kosai K. .  Conditionally replicating adenovirus prevents pluripotent stem cell-derived teratoma by specifically eliminating undifferentiated cells .  Mol Ther Methods Clin Dev.   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitsui K, Ide K, Takayama A, Wada T, Irie R, Kosai K.I22:I23 .  Conditionally replicating adenovirus prevents pluripotent stem cell-derived teratoma by specifically eliminating undifferentiated cells .  Mol Ther Methods Clin Dev2   2015年1月国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/mtm.2015.26

  • Yuge K, Takahashi T, Khai NC, Goto K, Fujiwara T, Fujiwara H, Kosai K. .  Intramuscular injection of adenoviral hepatocyte growth factor at a distal site ameliorates dextran sodium sulfate-induced colitis in mice .  Int J Mol Med33 ( 5 ) 1064 - 1074   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M , Mitsui K, Irie R , Setoguchi T, Komiya S, Natsugoe S, Kosai K. .  Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus kills rhabdomyosarcoma stem cells more efficiently than their progeny .  J Trans Med12   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okabe Y, Takahashi T, Mitsumasu C, Kosai K, Tanaka E, Matsuishi T. .  Alterations of Gene Expression and Glutamate Clearance in Astrocytes Derived from an MeCP2-null Mouse Model of Rett Syndrome .  PLoS ONE7 ( 4 )   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinjiro Hino, Akihisa Sakamoto, Katsuya Nagaoka, Kotaro Anan, Yuqing Wang, Shinya Mimasu, Takashi Umehara, Shigeyuki Yokoyama, Ken-ichiro Kosai, Mitsuyoshi Nakao .  FAD-dependent lysine-specific demethylase-1 regulates cellular energy expenditure .  Nature Commun27 ( 3 )   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taro Kamisasanuki, Saori Tokushige, Hiroto Terasaki, Ngin Cin Khai,Yuqing Wang, Taiji Sakamoto, Ken-ichiro Kosai. .  Targeting CD9 produces stimulus-independent antiangiogenic effects predominantly in activated endothelial cells during angiogenesis: A novel antiangiogenic therapy .  Biochem Biophys Res Commun16 ( 413 ) 128 - 135   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiharu Horikawa, Yuqing Wang, Satoshi Nagano, Jun-ichi Kamizono, Minako Ikeda, Setsuro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Assessment of an altered E1B promoter on the specificity and potency of triple-regulated conditionally replicating adenoviruses: implications for the generation of ideal m-CRAs .  Cancer Gene Therapy18 ( 10 ) 724 - 733   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ken-ichi Murakami, Tatsuru Kaji, Ryuichi Shimono, Yoshihiro Hayashida, Hiroshi Matsufuji, Shinichiro Tsuyama, Rie Maezono, Ken-ichiro Kosai, Hideo Takamatsu. .  Therapeutic effects of vitamin A on experimental cholestatic rats with hepatic fibrosis .  Pediatr Surg Int27 ( 6 ) 863 - 870   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ngin Cin Khai, Kouichi Sakamoto, Hideo Takamatsu, Hiroshi Matsufuji, Ken-ichiro Kosai. .  Recombinant soluble form of HB-EGF protein therapy drastically inhibits Fas-mediated fulminant hepatic failure: Implications in clinical application .  Hepatol Res41 ( 6 ) 594 - 596   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasunori Okabe, Akira Kusanaga, Tomoyuki Takahashi, Chiaki Mitsumasu, Yoshinaka Murai, Eiichiro Tanaka, Hideo Higashi, Toyojiro Matsuishi, Ken-ichiro Kosai. .  Neural Development of Methyl-CpG-Binding Protein 2 Null Embryonic Stem Cells: A System for Studying Rett Syndrome .  Brain Res1360 ( 11 ) 17 - 27   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyata S, Takemura G, Kosai KI, Takahashi T, Esaki M, Li L, Kanamori H, Maruyama R, Goto K, Tsujimoto A, Takeyama T, Kawaguchi T, Ohno T, Nishigaki K, Fujiwara T, Fujiwara H, Minatoguchi S. .  Anti-Fas Gene Therapy Prevents Doxorubicin-induced Acute Cardiotoxicity through Mechanisms Independent of Apoptosis .  Am J Pathol176 ( 2 ) 687 - 698   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li L, Okada H, Takemura G, Kosai KI, Kanamori H, Esaki M, Takahashi T, Goto K, Tsujimoto A, Maruyama R, Kawamura I, Kawaguchi T, Takeyama T, Fujiwara T, Fujiwara H, Minatoguchi S. .  Postinfarction gene therapy with adenoviral vector expressing decorin mitigates cardiac remodeling and dysfunction .  Am J Physiol Heart Circ Physiol97 ( 4 ) 1504 - 1513   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umeno H, Chitose S, Murofushi Y, Kosai K, Sato K, Kawahara A, Nakashima T. .  Efficacy of autologous fat injection laryngoplasty with an adenoviral vector expressing hepatocyte growth factor in a canine model .  J Laryngol Otol123 ( 31 ) 24 - 29   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okada H, Takemura G, Kosai K, Tsujimoto A, Esaki M, Takahashi T, Nagano S, Kanamori H, Miyata S, Li Y, Ohno T, Maruyama R, Ogino A, Li L, Nakagawa M, Nagashima K, Fujiwara T, Fujiwara H, Minatoguchi S. .  Combined therapy with cardioprotective cytokine administration and antiapoptotic gene transfer in postinfarction heart failure .  Am J Physiol Heart Circ Physiol296 ( 3 ) 616 - 626   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kondo T, Takemura G, Kosai K, Ohno T, Takahashi T, Esaki M, Goto K, Maruyama R, Murata I, Minatoguchi S, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Application of an adenoviral vector encoding soluble transforming growth factor-beta type II receptor to the treatment of diabetic nephropathy in mice .  Clin Exp Pharmacol Physiol35 ( 11 ) 1288 - 1293   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Esaki M, Takemura G, Kosai KI, Takahashi T, Miyata S, Li L, Goto K, Maruyama R, Okada H, Kanamori, H, Ogino A, Ushikoshi H, Minatoguchi S, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Treatment with an adenoviral vector encoding hepatosyte growth factor mitigates established cardiac dysfunction in doxorubicin -induced cardiomyopathy .  Am J Physiol Heart Circ Physiol294 ( 2 ) 1048 - 1057   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen XH, Minatoguchi S, Kosai K, Yuge K, Takahashi T, Arai M, Wang N, Misao Y, Lu C, Onogi H, Kobayashi H, Yasuda S, Ezaki M, Ushikoshi H, Takemura G, Fujiwara T, Fujiwara H. .  In vivo hepatocyte growth factor gene transfer reduces myocardial ischemiareperfusion injury through its multiple actions .  J Card Fail13 ( 10 ) 874 - 883   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takahashi T, Kawai T, Ushikoshi H, Nagano S, Oshika H, Inoue M, Kunisada T, Takemura G, Fujiwara H, Kosai K. .  Identification and isolation of embryonic stem cell-derived target cells by adenoviral conditional targeting .  Mol Ther14   673 - 683   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murofushi Y, Nagano S, Kamizono J, Takahashi T, Fujiwara H, Komiya S, Matsuishi T, and Kosai K. .  Cell cycle-specific changes in hTERT promoter activity in normal and cancerous cells in adenoviral gene therapy: A promising implication of telomerase-dependent targeted cancer gene therapy .  Int J Oncol29   681 - 688   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Khai NC, Takahashi T, Ushikoshi H, Nagano S, Yuge K, Esaki M, Kawai T, Goto K, Murofushi Y, Fujiwara T, Fujiwara H, Kosai K. .  In vivo hepatic HB-EGF gene transduction inhibits Fas-induced liver injury and induces liver regeneration in mice: A comparative study to HGF .  J. Hepatol44   1046 - 1054   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Misao Y, Takemura G, Arai M, Sato S, Suzuki K, Miyata S, Kosai K, Minatoguchi S, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Bone marrow-derived myocyte-like cells and regulation of repair-related cytokines after bone marrow cell transplantation .  Cardiovasc Res69   476 - 490   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kagawa T., Takemura G., Kosai K., Murata I., Ohno T., Takahashi T., Esaki M., Maruyama R., Fujiwara T., Ohashi H., Fujiwara H. .  Hepatocyte growth factor gene therapy slows down the progression of diabetic nephropathy in db/db mice .  Nephron Physiol102   92 - 102   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuge H, Ohashi K, Yokoyama T, Kanehiro H, Hisanaga M, Koyama F, Bumgardner GL, Kosai K, Nakajima Y. .  Genetic modification of hepatocytes towards hepatocyte transplantation and liver tissue engineering .  Cell Transplant15   1 - 12   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuge K, Takahashi T, Nagano S, Terazaki Y, Murofushi Y, Ushikoshi H, Kawai T, Khai NC, Nakamura T, Fujiwara H, Kosai K. .  Adenoviral Gene Transduction of Hepatocyte Growth Factor Elicits Inhibitory Effects for Hepatoma .  Int J Oncol27   77 - 85   2005年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Komiya S, Fujiwara H, Matsuishi T, Kosai K. .  Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus exhibits cancer-specific and efficient viral replication .  Cancer Res65   5284 - 5291   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tada T, Nguyen JB, Hitoshi Y, Watson NP, Dunn JF, Ohara S, Nagano S, Kosai K, Israel MA. .  Diffuse Encephaloventriculitis and Substantial Leukoencephalopathy after Intraventricular Administration of Recombinant Adenovirus .  Neurol Res27   378 - 386   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagano S, Oshika H, Fujiwara H, Komiya S, Kosai K. .  An Efficient Construction of Conditionally Replicating Adenoviruses that Target Tumor Cells with Multiple Factors .  Gene Ther12   1385 - 1393   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okada H, Takemura G, Kosai K, Li Y, Takahashi T, Esaki M, Yuge K, Miyata S, Maruyama R, Mikami A, Minatoguchi S, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Postinfarction gene therapy against transforming growth factor-beta signal modulates infarct tissue dynamics and attenuates left ventricular remodeling and heart failure .  Circulation111   2430 - 2437   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ushikoshi H, Takahashi T, Chen X, Khai NC, Esaki M, Goto K, Takemura G, Maruyama R, Minatoguchi S, Fujiwara T, Nagano S, Yuge K, Kawai T, Murofushi Y, Fujiwara H, Kosai K. .  Local overexpression of HB-EGF exacerbates remodeling following myocardial infarction by activating noncardiomyocytes .  Lab Invest85   862 - 873   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神囿淳一,永野聡,小宮節郎,小戝健一郎 .  Survivin依存性増殖制御型アデノウイルスを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療法の開発 .  日本整形外科学会誌79 ( 8 ) S896 - S896   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神囿淳一,永野聡,小宮節郎,小戝健一郎 .  Survivin依存性増殖制御型アデノウイルスを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療法の開発 .  日本整形外科学会誌79 ( 8 ) S896 - S896   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li Y, Takemura G, Kosai K, Takahashi T, Okada H, Miyata S, Yuge K, Nagano S, Esaki M, Khai NC, Goto K, Mikami A, Maruyama R, Minatoguchi S, Fujiwara T Fujiwara H. .  Critical roles for the Fas/Fas ligand system in postinfarction ventricular remodeling and heart failure .  Circ.Res95   27 - 36   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawai T, Takahashi T, Esaki M, Ushikoshi H, Nagano S, Fujiwara H, Kosai K. .  Efficient cardiomyogeneic differentiation of embryonic stem cell by FGF-2 and BMP-2 .  Circ. J68   691 - 702   2004年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hisaka Y, Ieda M, Nakamura T, Kosai K, Ogawa S, Fukuda K. .  Powerful and controllable angiogenesis by using gene-modified cells expressing human hepatocyte growth factor and thymidine kinase .  J Am Coll Cardiol43   1915 - 1922   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iida SI, Hirota T, Morisaki T, Marumoto T, Hara T, Kuninaka S, Honda S, Kosai K, Kawasuji M, Pallas DC, Saya H. .  Tumor suppressor WARTS ensures genomic integrity by regulating both mitotic progression and G(1) tetraploidy checkpoint function .  Oncogene23   5266 - 5274   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minatoguchi S, Takemura G, Chen XH, Wang N, Uno Y, Koda M, Arai M, Misao Y, Lu C, Suzuki K, Goto K, Komada A, Takahashi T, KosaiI57:I58 K, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Acceleration of the healing process and myocardial regeneration may be important as a mechanism of improvement of cardiac function and remodeling by postinfarction granulocyte colony-stimulating factor treatment .  Circulation109   2572 - 2580   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagano S, Yuge K, Fukunaga M, Terazaki Y, Fujiwara H, Komiya S, Kosai K. .  Gene Therapy eradicating distant disseminated micro-metastases by optimal cytokine expression in the primary lesion only -novel concepts for successful cytokine gene therapy .  Int. J. Oncol24   549 - 558   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ikoma T, Takahashi T, Nagano S, Li Y-M, Ohno Y, Ando K, Fujiwara T, Fujiwara H and Kosai K. .  A definitive role of RhoC in metastasis of orthotopic lung cancer in mice .  Clin Cancer Res   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 神囿淳一,永野聡,小宮節郎,小戝健一郎 .  癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療 .  日本整形外科学会誌78 ( 6 ) S682 - S682   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li Y, Takemura G, Kosai K, Yuge K, Nagano S, Esaki M, Goto K, Takahashi T, Hayakawa K, Koda M, Kawase Y, Maruyama R, Okada H, Minatoguchi S, Mizuguchi H, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Postinfarct treatment with an adenoviral vector expressing hepatocyte growth factor relieves chronic left ventricular remodeling and dysfunction in mice .  Circulation   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.CIR.0000065579.19126.B8.

  • Himeno W, Akagi T, Furui A, Maeno Y, Ishii M, Kosai K, Murohara T, Kato H. .  Increased angiogenic growth factor in cyanotic congenital heart disease .  Pediatr Cardiol24 ( 2 ) 127 - 132   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00246-002-0266-5.

  • Terazaki Y, Yano S, Yuge K, Nagano S, Fukunaga M, Guo ZS, Komiya S, Shirouzu K, Kosai, K. .  An optimal therapeutic expression level is crucial for suicide gene therapy for hepatic metastatic cancer in mice .  Hepatology37 ( 1 ) 155 - 163   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsuneoka M, Umata T, Kimura H, Koda Y, Nakajima M, Kosai K, Takahashi T, Takahashi Y, Yamamoto A. .  c-myc induces autophagy in rat 3Y1 fibroblast cells .  Cell Struct Funct.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida T, Hanada T, Tokuhisa T, Kosai K, Sata M, Kohara M, Yoshimura A. .  Activation of STAT3 by the Hepatitis C virus core protein leads to cellular transformation .  J. Exp. Med196 ( 5 ) 641 - 653   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20012127.

  • Aoyama T, Takemura G, Maruyama R, Kosai K, Takahashi T, Koda M, Hayakawa K, Kawase Y, Minatoguchi S, Fujiwara H. .  Molecular mechanisms of non-apoptosis by Fas stimulation alone versus apoptosis with an additional actinomycin D in cultured cardiomyocytes .  Cardiovasc Res55 ( 4 ) 787 - 798   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0008-6363(02)00493-5

  • Fukunaga M, Takamori S, Hayashi A, Shirouzu K, Kosai K. .  Adenoviral herpes simplex virus thymidine kinase gene therapy in an orthotopic lung cancer model .  Ann Thorac Surg73 ( 6 ) 1740 - 1746   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0003-4975(02)03572-5

  • Shouda T, Yoshida T, Hanada T, Wakioka T, Oishi M, Miyoshi K, Komiya S, Kosai K, Hanakawa Y, Hashimoto K, Nagata K, Yoshimura A. .  Induction of the cytokine signal regulator SOCS3/CIS3 as a therapeutic strategy for treating inflammatory arthritis .  J Clin Invest108 ( 12 ) 1781 - 1788   2001年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI13568.

  • Miyado K, Yamada G, Yamada S, Hasuwa H, Nakamura Y, Ryu F, Suzuki K, Kosai K, Inoue K, Ogura A, Okabe M, Mekada E. .  Requirement of CD9 on the egg plasma membrane for fertilization .  Science 287 ( 5451 ) 321 - 324   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.287.5451.321.

  • Kosai K, Matsumoto K, Funakoshi H, Nakamura T. .  Hepatocyte growth factor prevents endotoxin-induced lethal hepatic failure in mice .  Hepatology30 ( 1 ) 151 - 159   1999年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hep.510300102.

  • Kuratani S, Satokata I, Blum M, Komatsu Y, Haraguchi R, Nakamura S, Suzuki K, Kosai K, Mass R, Yamada G. .  Middle ear defects associated with the double knockout mutation of murine Goosecoid and Msx1 genes .  Cell. Mol. Biol45 ( 5 ) 589 - 599   1999年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Timchenko NA, Wilde M, Kosai KI, Heydari A, Biyeu TA, Finegold MJ, Mohamedali K, Richardson A, Darlington GJ. .  Regenerating livers of old rats contain high levels of C/EBPalpha that correlate with altered expression of cell cycle associated proteins .  Nucleic acids Res26 ( 13 ) 3293 - 3299   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/26.13.3293.

  • Kosai K, Finegold MJ, Thi-Huynh BT, Tewson M, Ou CN, Bowles N, Woo SL, Schwall RH, Darlington GJ. .  Retrovirus-mediated in vivo gene transfer in the replicating liver using recombinant hepatocyte growth factor without liver injury or partial hepatectomy .  Human Gene Ther9 ( 9 ) 1293 - 1301   1998年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/hum.1998.9.9-1293.

  • Kosai K, Matsumoto K, Nagata S, Tsujimoto Y, Nakamura T. .  Abrogation of Fas-induced fulminant hepatic failure in mice by hepatocyte growth factor .  Biochem. Biophys. Res. Commun244 ( 3 ) 3293 - 3299   1998年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/bbrc.1998.8293.

  • Kwong YL, Chen S-H, Kosai K, Finegold MJ, Woo SL. .  Combination therapy with suicide and cytokine genes for hepatic metastases of lung cancer .  Chest112 ( 5 ) 1332 - 1337   1997年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1378/chest.112.5.1332.

  • Kage M, Ogasawara S, Kosai K, Nakashima E, Shimamatsu K, Kojiro M, Kimura A, Fujisawa T, Matsukuma Y, Ito Y, Kondo S, Kawano K, Sata M. .  Hepatitis C virus RNA present in saliva but absent in breast-milk of the hepatitis C carrier mother .  J. Gastroenterol. Hepatol12 ( 7 ) 518 - 521   1997年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1746.1997.tb00476.x.

  • O’Malley BW Jr, Sewell DA, Li D, Kosai K, Chen SH, Woo SL, Duan L. .  The role of interleukin-2 in combination adenovirus gene therapy for head and neck cancer .  Mol. Endocrinol11 ( 6 ) 667 - 673   1997年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/mend.11.6.0012

  • Huang H, Chen S-H, Kosai K, Finegold MJ, Woo SL. .  Gene therapy for hepatocellular carcinoma: long-term remission of primary and metastatic tumors in mice by interleukin-2 gene therapy in vivo .  Gene Ther3 ( 11 ) 980 - 987   1996年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Caruso M, Pham-Nguyen K, Kwong Y-L, Xu B, Kosai K, Finegold MJ, Woo SL. .  Adenovirus-mediated interleukin-12 gene therapy for metastatic colon carcinoma .  Proc. Natl. Acad. Sci. USA93 ( 21 ) 11302 - 11306   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kwong Y-L, Chen S-H, Kosai K, Finegold MJ, Woo SL. .  Adenoviral-mediated suicide gene therapy for hepatic metastases of breast cancer .  Cancer Gene Ther3 ( 5 ) 339 - 344   1996年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen S-H, Kosai K, Xu B, Pham-Nguyen K, Contant C, Finegold MJ, Woo SL. .  Combination suicide and cytokine gene therapy for hepatic metastases of colon carcinoma: Sustained antitumor immunity prolongs animal survival .  Cancer Res56 ( 16 ) 3758 - 3762   1996年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bonnekoh B, Greenhalgh DA, Bundman DS, Kosai K, Chen S-H, Finegold MJ, Krieg T, Woo SL, Roop DR. .  Adenoviral-mediated herpes simplex virus-thymidine kinase gene transfer in vivo for treatment of experimental human melanoma .  J. Invest. Dermatol106 ( 6 ) 1163 - 1168   1996年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1523-1747.ep12347786.

  • Kimura K, Yuge K, Kosai K, Kage M, Fujisawa T, Inoue T, Yamashita Y, Nakashima E, Kato. .  Neonatal cholestasis in two siblings: a variant of Dubin-Johnson syndrome? .  J. Paediatr. Child. Health31 ( 6 ) 557 - 560   1995年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1754.1995.tb00884.x

  • Chen S-H, Chen XHL, Wang Y, Kosai K, Finegold MJ, Rich S, Woo SL. .  Combination gene therapy for liver metastasis of colon carcinoma in vivo .  Proc. Natl. Acad. Sci. USA92 ( 7 ) 942 - 944   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.92.7.2577.

  • 藤沢卓爾, 小戝健一郎, 小笠原幸子, 鹿毛政義, 中嶋英輔, 松隈義則, 木村昭彦, 加藤裕久 .  末梢血リンパ球及び肝組織中Polymerase chain reaction法による乳幼児サイトメガロウイルス肝炎の診断的有用性 .  日本小児科学会雑誌98   1437 - 1438   1994年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kage M, Kosai K, Kojiro M, Nakamura Y, Fukuda S. .  Infantile cholestasis due to cytomegalovirus infection of the liver. A possible cause of paucity of interlobular bile ducts .  Arch. Pathol. Lab. Med117 ( 9 ) 942 - 944   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogasawara S, Kage M, Kosai K, Shimamatsu K, Kojiro M. .  Hepatitis C virus RNA in saliva and breastmilk of hepatitis C carrier mothers .  Lancet341 ( 8844 ) 561 - 561   1993年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/0140-6736(93)90324-A

  • 本廣孝,丸岡隆之,長井健祐,沖眞一郎,津村直幹,佐々木宏和,荒巻雅史,古賀達彦,小戝健一郎 .  新生児、未熟児におけるFlomoxefの基礎的・臨床的検討 .  Japanese journal of antibiotics46 ( 7 ) 547 - 567   1993年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kage M, Kosai K, Shimamatsu K, Nakashima O, Haramaki M, Yasunaga M, Iha H, Kojiro M, Govindarajan S. .  Incidence of hepatitis D virus infection in Japanese patients with hepatocellular carcinoma--immunohistochemical investigation of the delta antigen .  Kurume Medical Journal39 ( 4 ) 231 - 234   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2739/kurumemedj.39.231

  • Kage M, Kosai K, Shimamatsu K, Kojiro M, Haramaki M, Yasunaga M, Iha H, Harada A. .  Ultrastructural studies of the bile duct in alcoholic liver disease .  Kurume Medical Journal39 ( 4 ) 219 - 299   1992年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2739/kurumemedj.39.219

  • 小戝健一郎, 鹿毛正義, 神代正道, 山川良一, 松行真門, 木村昭彦 .  新生児発症のDubin-Johnson syndrome兄弟例の組織学的検討 .  Minophagen Medical Review37   384 - 385   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小戝健一郎, 鹿毛政義, 神代正道 .  胆道閉鎖症予後不良例についての検討 -日本病理剖検輯報に基づく検討- .  日本小児栄養消化器病学会誌6   151 - 157   1992年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kosai K, Kage M, Kojiro M. .  Clinicopathological study of liver involvement in cytomegalovirus infection in infant autopsy cases .  J. Gastroenterol. Hepatol6 ( 6 ) 603 - 608   1991年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1746.1991.tb00919.x.

  • 鹿毛政義, 小戝健一郎, 神代正道 .  Indian childhood cirrhosisの肝病理形態について .  Minophagen Medical Review36   349 - 350   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 11. 赤木保久, 自見厚郎, 小戝健一郎, 神代正道, 森松稔, 加来信雄 .  パラコート中毒症における腎障害—25剖検例の臨床病理学的検討— .  総合臨床40   543 - 548   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小戝健一郎, 弓削建, 小野栄一郎, 橋本信男, 太田喜孝, 鹿毛政義 .  HBs抗原サブタイプaywによるGianotti病の姉妹例—本邦散発例のHBs抗原サブタイプの検討— .  日本小児栄養消化器病学会誌5   294 - 302   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小戝健一郎, 鹿毛政義, 神代正道 .  乳児サイトメガロウイルス感染肝の臨床病理学的研究 .  Minophagen Medical Review49   411 - 412   1991年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katafuchi Y, Kosai K, Ohtaki E, Yamashita Y, Horikawa M, Terasawa M, Nonaka I. .  Cerebral cortex and brainstem involvement in Marinesco-Sjögren syndrome .  Ann. Neurol27 ( 4 ) 448 - 449   1990年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ana.410270418.

  • 鹿毛政義, 小戝健一郎, 神代正道, 井上長三, 矢野右人 .  C型肝炎の病理 .  臨床科学26   1579 - 1586   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 「独自開発の多因子増殖制御型アデノウイルス(m-CRA)技術による遺伝子・ウイルス治療薬の臨床開発と実用化の展望」次世代がん治療

    伊地知暢広、小戝健一郎( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2017年 

     詳細を見る

    総ページ数:249-257   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「第1章iPS細胞作製・培養時における細胞のがん化メカニズムと検出・評価」iPS細胞の安全・高品質な作製技術

    三井 薫, 小戝健一郎( 担当: 共著)

    技術情報協会  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:38-45   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「7. HGF 急性/劇症肝炎.」細胞増殖因子と再生医療

    高橋知之、小戝健一郎.( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2006年7月 

     詳細を見る

    総ページ数:199-204   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「遺伝子治療と再生医学」全日本鍼灸学会雑誌(proceedings)

    小戝健一郎( 担当: 単著)

    社団法人 全日本鍼灸学会  2006年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:56、16−26   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「ES細胞の心筋分化と再生医学への技術開発. ES細胞の分化」幹細胞生物学の新たな展開

    高橋知之、小戝健一郎.( 担当: 共著)

    最新医学社  2005年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:28-34   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「遺伝子治療」骨・関節・靭帯(特集;骨転移の診断と最新治療)

    永野聡、小宮節郎、小戝健一郎.( 担当: 共著)

    アークメディア編  2004年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:17、516-523   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「遺伝子治療(第12章 骨・軟部腫瘍の診断と治療 5項)」整形外科の最新医療(先端医療シリーズ22:整形外科)

    永野聡、小宮節郎、小戝健一郎.( 担当: 共著)

    先端医療技術研究所  2003年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:331-335   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療の可能性」骨・軟部腫瘍の診断と治療(別冊整形外科)

    永野聡、小宮節郎、小戝健一郎( 担当: 共著)

    南江堂  2003年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:43、16-19   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「遺伝子治療と再生医学 臨床医学の展望ー小児科学」日本医療新報

    小戝健一郎

    日本医事新報社  2001年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:4009、18-19   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「癌遺伝子治療と新しい遺伝子治療開発の試み」ミレニアム消化器2000(第86回日本消化器病学会総会(proceedings)

    小戝健一郎、白水和雄

    日本消化 器病 学会編  2000年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:185-188   記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 腫瘍溶解性アデノウイルスの作製・調製法と次世代の癌免疫治療への応用・展望

    西川路侑耶、渡邉真季、小戝健一郎

    創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Viral Vector-Based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Pluripotent Stem Cells for Safer Regenerative Medicine. 査読

    Mitsui K, Ide K, Takahashi T, Kosai K

    Mol Ther Methods Clin Dev   ( 5 )   51 - 58   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • iPS細胞培養からがん化の恐れのある細胞を死滅させる方法

    三井薫、小戝健一郎

    月刊PHARMSTAGE   15 ( 12 )   10 - 15   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多能性幹細胞の腫瘍化原因細胞をがん特異的制限増殖型アデノウイルスにより特異的に除去する新技術

    三井薫、小戝健一郎

    BIO INDUSTRY   33 ( 2 )   19 - 25   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多因子増殖制御型アデノウイルスの開発と実用化の展望:独自開発の技術を本邦発の革新医薬へ

    小戝健一郎

    実験医学   34 ( 1 )   19 - 25   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 増殖制御型アデノウイルスの独自開発から医師主導治験へ—革新的がん治療薬を目指して—

    永野 聡、小戝健一郎、小宮節郎

    関節外科 基礎と臨床   34   10 - 16   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:メジカルビュー社  

  • HB−EGF/HGF 遺伝子導入によるマウス胆汁うっ滞性肝障害の治療

    坂本浩一,小戝健一郎,Ngin Chin Khai,王宇清,前薗理恵,高松英夫,松藤凡

    日本小児外科学会雑誌   48 ( 4 )   808 - 809   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Leptin gene therapy in the fight against diabetes. 査読

    Yuqing Wang, Akihiro Asakawa,Akio Inui, Ken-ichiro Kosai.

    Expert.Opin.Biol.Ther   10 ( 10 )   1405 - 1414   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 革新的癌治療薬となる遺伝子・ウイルス治療薬と肝疾患への再生医薬

    室伏善照, 小戝健一郎

    ケミカルエンジニヤリング   54 ( 1 )   32 - 38   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 増殖制御型アデノウイルスによる遺伝子治療

    堀川良治、小宮節郎、小戝健一郎

    関節外科 基礎と臨床   27 ( 1 )   132 - 133   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元: メディカルレビュー社  

  • 先端医学開発の研究と医学教育

    小戝健一郎

    鹿児島大学医学雑誌   59 ( 2 )   17 - 23   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • ES細胞再生医学の新技術開発-ヒトES細胞と遺伝子治療技術-

    高橋知之、藤原久義、國貞隆弘、小戝健一郎

    再生医療(日本再生医療学会雑誌)   5   43 - 51   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新世代癌遺伝子治療のための多因子で増殖制御/癌特異化するアデノウイルスの作製法

    室伏善照、神囿純一、小戝健一郎

    細胞工学   25   60 - 66   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Ex Vivo遺伝子導入法を用いた新規肝組織総額技術の開発

    大橋一夫,久下博之,横山貴司,金廣裕道,久永倫聖,高済峯,小戝健一郎,中島祥介

    日本移植学会誌   41   165 - 165   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多因子で増殖制御/癌特異標的化するアデノウイルスベクターのはじめての標準化作成技術

    神囿純一、室伏善照、小戝健一郎

    バイオテクノロジージャーナル   5   728 - 731   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HGF遺伝子導入肝細胞による肝Tissue Engineering

    大橋一夫,久下博之,横山貴司,小山文一,金廣裕道,小戝健一郎,中島祥介

    日本移植学会誌   40   345 - 345   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Rett症候群は可逆性で線条体へのMeCP2遺伝子治療で治療できるーMeCP2欠損マウスでの検討

    小戝健一郎,飯盛健生,久佐賀晃,高嶋幸男,松石豊二郎

    脳と発達   37   165 - 165   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 遺伝子導入肝細胞による肝Tissue Engineering法の確立

    久下博之,大橋一夫,横山貴司,金廣裕道,久永倫聖,高済峯,長尾美津男,庄雅之,小戝健一郎,中島祥介

    炎症・再生(日本炎症・再生医学会誌)   25 ( 4 )   362 - 362   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 遺伝子治療と再生医学

    小戝健一郎

    久留米医学会雑誌   67   175 - 180   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PS-109-5至適治療発現レベルはマウスの転移性肝癌に対する自殺遺伝子治療において重要である

    寺崎泰宏,永松佳憲,福永真理,矢野正二郎,小戝健一郎,白水和雄

    日本外科学会雑誌   105   508 - 508   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肺癌の細胞増殖及び浸潤能に関わるCD9の役割について

    福永真理,高森信三,三輪啓介,真栄城兼誉,中村寿,林明宏,白水和雄,小戝健一郎

    日本外科学会雑誌   105   580 - 580   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肺癌の浸潤・転移におけるCD9の役割

    寺崎泰宏,小戝健一郎,福永真理,三輪啓介,光岡正浩,高森信三,林明宏,白水和雄

    日本外科学会雑誌   103   177 - 177   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 癌,先天代謝疾患への新世代遺伝子治療開発の試み

    小戝健一郎,白水和雄

    Biotherapy   15 ( 3 )   199 - 199   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HGF(肝細胞増殖因子)による劇症肝炎の治療

    小戝健一郎、中村敏一、加藤裕久

    小児科   41   381 - 390   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 新しいmetalloproteinaseであるADAMfamilyについての浸潤能の評価

    志田誠一郎,小戝健一郎,目加田英輔,緒方裕,白水和雄

    日本外科学会雑誌   101   468 - 468   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • コンビネーション癌遺伝子治療と新しい遺伝子治療開発の試み

    小戝健一郎,白水和雄

    日本消化器学会雑誌   97   133 - 133   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 小児期の肝内胆管消失症候群

    鹿毛正義、小戝健一郎、神代正道、松行真門、木村昭彦

    病理と臨床   9   1557 - 1563   1991年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 小児の慢性肝炎の病理—小児期の特徴—

    鹿毛政義、小戝健一郎、松行真門

    小児科   22   1451 - 1456   1990年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Research and Development, Nonclinical Studies and First-In-Human and Phase Ⅰ/Ⅱ Clinical Trials of Conditionally Replicating Adenovirus Targeting and Treating with Multiple Factors (m-CRA) for Next-Generation Oncolytic Virus Immunotherapy. .  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  • Optimization of Highly Efficient Gene Transfer with Adenoviral Vectors in Human Pluripotent Stem Cells. .  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Safe and low-dose but therapeutically effective adenovirus-mediated hepatocyte growth factor gene therapy for type 1diabetes: Important implications for developing strategies for clinical application of in vivo gene therapy. .  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  次世代の腫瘍溶解ウイルス・免疫治療 .  イノベーション・ジャパン2021〜大学見本市 Online  2021年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスSurv.m-CRA-1を用いたFirst-In-Human医師主導治験 .  第5回日本臨床薬理学会 九州・沖縄地方会  2021年7月  鹿児島大学病院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島(ハイブリット)   国名:日本国  

  • 永野聡、小戝健一郎、篠原直弘、佐々木裕美、谷口昇 .  進行性骨軟部腫瘍に対する独自開発の増殖制御型アデノウイルスを用いた医師主導治験 .  第141回西日本整形・災害外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  腫瘍溶解性ウイルス療法の開発と展望 .  第94回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 松田恵理子、小戝健一郎 .  1型糖尿病マウスに対する安全性と低用量による治療効果を確保した肝細胞増殖因子HGFアデノウイルス遺伝子治療 .  第14回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 西川路侑耶、伊地知暢広、三井薫、小戝健一郎 .  次世代の腫瘍溶解性ウイルスの開発と癌と再生医学への治療応用 .  日本解剖学会第76回九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松田恵理子、小戝健一郎 .  難治性疾患に対する増殖因子HGFとHB-EGFの生体内作用の解明と治療薬への研究 .  日本解剖学会第76回九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三井薫、伊地知暢広、井手佳菜子、小戝健一郎 .  COVID-19下でのオンライン組織学実習への取り組み .  日本解剖学会第76回九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 小戝健一郎 .  次世代がんウイルス免疫療法 .  BioJapan2020 World Business Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • Satoshi Nagano, Toshitaka Futagawa, Eriko Sumi, Nobuhiro Ijichi, Munekazu Yamakuchi, Masanori Nakajo, Teruto Hashiguchi, Yasuo Takeda, Takashi Yoshiura, Akira Shimizu, Muneo Takatani, Setsuro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Survivin-responsive Conditionally Replicating Adenovirus for Patients with Advanced Sarcoma Demonstrated Potent and Long-term Efficacy and High Safety in Phase 1 Clinical Trial. .  2020 ASCO Annual Meeting.   2020年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 小戝健一郎 .  独自開発のがんへの免疫遺伝子・ウイルス治療:基礎・非臨床開発・医師主導治験について .  南九州先端医療開発センター 第2回シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  サバイビン反応性多因子増殖制御型アデノウイルスSurv.m-CRA-1の First in human医師主導治験での効果・安全性. .  第4回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー  2019年11月  日本遺伝子細胞治療学会 若手ワーキンググループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京慈恵会医科大学1号館(東京)   国名:日本国  

  • 三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化原因細胞除去技術へのゲノム編集の応用 .  第4回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー  2019年11月  日本遺伝子細胞治療学会 若手ワーキンググループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:東京慈恵会医科大学1号館(東京)   国名:日本国  

  • 井手佳菜子、三井薫、松田恵理子、小戝健一郎 .  独自開発のレンチウイルスベクター(TC-LV)による多能生幹細胞の腫瘍化原因細胞の同定・除去技術 .  第75回日本解剖学会九州支部学術集会  2019年11月  九州歯科大学(福岡)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  サバイビン反応性増殖型アデノウイルスベクターによる進行固形腫瘍の治療 .  九州山口小児がん学術講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 井手佳菜子、豊留宗一郎、三井薫、松田恵理子、小戝健一郎 .  多能生幹細胞の腫瘍化完全克服を目指した「ゲノム編集での自殺遺伝子挿入技術」の開発. .  第18回日本再生医療学会  2019年3月  鳥取大学大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸国際会議場 神戸国際展示場(兵庫)   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  難病やがん等の疾患から再び健康を取り戻す技術開発 .  2019 World Alliance Forum in Awaji (ITあわじ会議)   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 松田恵理子、三井薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  多能性幹細胞における目的細胞単離の独自ベクター技術の開発 .  第12回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小戝健一郎 .  「腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療」の実用化を目指した非臨床開発とFirst-in-human医師主導治験 .  国立研究開発法人 日本医療研究開発機 革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成30年度成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小戝健一郎 .  完全オリジナルの次世代「腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療」の実用化を目指した非臨床開発とFirst-in-human医師主導治験 .  国立研究開発法人 日本医療研究開発機 革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成30年度成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  南九州先端医療開発センターの概要と研究推進プロジェクト .  南九州先端医療開発センター キックオフシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松田恵理子、三井薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  多能性幹細胞での再生医療のための目的細胞単離の独自ベクター技術の開発. .  第3回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー  2018年12月  日本遺伝子細胞治療学会 若手ワーキンググループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京慈恵会医科大学(東京)   国名:日本国  

  • 井手佳菜子、三井薫、松田恵理子、小戝健一郎 .  多能性幹細胞での再生医療に必須となる腫瘍化克服の独自技術の開発 .  第3回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー  2018年12月  日本遺伝子細胞治療学会 若手ワーキンググループ

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京慈恵会医科大学(東京)  

  • 小戝健一郎 .  独自開発の腫瘍溶解性ウイルスSurv.m-CRAのFirst-in-human医師主導治験と実用化の展望 .  第60回日本小児血液・がん学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Nobuhiro Ijichi, Toshitaka Futagawa, Eriko Sumi, Munekazu Yamaguchi, Masanori Nakajo, Teruto Hashiguchi, Yasuo Takeda, Takashi Yoshiura, Akira Shimizu, Muneo Takatani, Setsuro Komiya .  Development of next-generation oncolytic viro-immuno-therapy and investigator-initiated first-in-human clinical trial .  第77回日本癌学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  サバイビン反応性増殖型アデノウイルスの骨軟部肉腫へのFirst-in-human医師主導治験 .  第24回日本遺伝子細胞治療学会学術集会  2018年7月  国立成育医療研究センター研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:虎ノ門ヒルズフォーラム(東京)   国名:アメリカ合衆国  

  • Ide Kanako, Mitsui Kaoru, Kosai Ken-ichiro .  A novel construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells from pluripotent stem cells .  Internatinal Society for Stem Cell Research (ISSCR 2018 Annual Meeting)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne, Australia  

  • Ide Kanako, Mitsui Kaoru, Kosai Ken-ichiro .  A novel construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells from pluripotent stem cells. .  Internatinal Society for Stem Cell Research (ISSCR 2018 Annual Meeting  2018年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Toshitaka Futagawa, Eriko Sumi, Nobuhiro Ijichi, Munekazu Yamaguchi, Masanori Nakajo, Teruto Hashiguchi, Yasuo Takeda, Takashi Yoshiura, Akira Shimizu, Muneo Takatani, Setsuro Komiya .  Phase I Study of Potentially "Best-in-Class" Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus for Advanced Sarcoma Actually Demonstrates Potent and Long-Term Efficacy and High Safety .  AMERICAN SOCIETY of GENE & CELL THERAPY(21stAnnual Meething ASGCT )  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago, USA  

  • S.Nagano, T.Futagawa, E.Sumi, N.Ijichi, M.Yamaguchi, M.Nakajo, T.hashiguchi, Y.Takeda, T.Yoshiura, A.Shimizu, M.Takatani, S.Komiya, K-i.Kosai .  Phase I Study of Potentially "Best-in-Class" Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus for Advanced Sarcoma Actually Demonstrates Potent and Long-Term Efficacy and High Safety .  merican Association for Cancer Research(AACR Annual Meeting)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小戝健一郎 .  肉腫への革新的医薬実用化を目指した独自開発の増殖制御型アデノウイルスの医師主導治験?本邦発の次世代の腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療の早期実用化 .  ジャパン・キャンサーリサーチ・プロジェクト 平成29年度企業向け成果発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 小戝健一郎 .  独自開発の全身性の腫瘍溶解性ウイルス・免疫遺伝子治療の開発 .  国立研究開発法人 日本医療研究開発機 革新的医療技術創出拠点プロジェクト 平成29年度成果報告会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 井手佳菜子、三井薫、入江理恵、松下洋平、伊地知暢広、豊留宗一郎、松田恵理子、冨山好美、前原静香、小戝健一郎 .  レンチウイルスベクターを用いたヒト多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術(遺伝子構築の網羅解析技術)の開発 .  第11回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 豊留宗一郎、三井薫、井手佳菜子、松田恵理子、冨山好美、前原静香、小戝健一郎 .  ゲノム編集技術CRISPR/Cas9によるヒト多能性幹細胞の腫瘍化原因細胞除去システムの開発:安全な再生医療応用を提供する革新技術 .  第11回桜ヶ丘基礎系研究発表会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  独自開発のサバイビン反応性増殖型アデノウイルスのFirst in human医師主導治験. .  第2回JSGCT若手研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞における腫瘍化阻止のための新規ベクターシステムの開発. .  第2回JSGCT若手研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  癌への多因子制御型アデノウイルス(m-CRA)の開発と応用 .  第35回日本ヒト細胞学会学術集会in種子島 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  新規レンチウイルスベクターシステムによる多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発 .  第35回日本ヒト細胞学会学術集会in種子島  2017年10月  日本ヒト細胞学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:種子島・西之表市民会館(種子島)   国名:日本国  

  • 三井薫、井手佳菜子、豊留宗一郎、小戝健一郎 .  多能性幹細胞由来腫瘍を直接殺傷除去する革新的なウイルスベクター技術の開発 .  第35回日本ヒト細胞学会学術集会in種子島 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小戝健一郎 .  幹細胞へのウイルスベクター技術応用を中心とした再生医療の開発 .  第5回臍帯血による再生医療研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Kaoru Mitsui,Kanako Ide, Ken-ichiro Kosai .  Viral vector-based innovative approaches to directly abolishing tumorigenic cells:Novel technologies for safer clinical application of pluripotent stem cell-based regenerative medicine .  第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ken-ichiro Kosai .  The first-in-human investigator-initiated ICH-GCP clinical trial of oncolytic Surv.m-CRA towards an approval and the development of the next-generation oncolytic immunotherapies using m-CRA-based technology .  第23回日本遺伝子細胞治療学会学術集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  遺伝子治療、再生医療の独自開発技術の臨床応用と発生学への展望 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化阻止のための新規レンチウイルスベクター技術の開発 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎  

  • 伊地知暢広、川上広高、小宮節郎、小戝健一郎 .  増殖制御型アデノウイルスによる癌・再生医学研究へのハムスターモデルの開発 .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会  2017年3月  長崎大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学   国名:日本国  

  • 三井 薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発. .  第122回日本解剖学会総会全国学術集会  2017年3月  長崎大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学   国名:日本国  

  • 小戝 健一郎 .  多因子増殖制御型アデノウイルス(m-CRA)による腫瘍溶解・免疫/遺伝子ウイルス治療への開発 .  第16回日本再生医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮城  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の多因子制御増殖型アデノウイルスによる多能性幹細胞の腫瘍化阻止の新技術?心筋分化系での検討 .  第16回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮城  

  • 伊地知 暢広、田上 聖徳、小戝 健一郎 .  独自開発の多因子制御によるがん特異的増殖型アデノウイルスの肝癌幹細胞への革新的治療作用O-28-1 .  第16回日本再生医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮城  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化細胞を同定・殺傷する新規レンチウイルスベクターの効率的作製法の開発 .  第16回日本再生医療学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:宮城  

  • 小戝 健一郎、伊地知 暢広、永野 聡、二川 俊隆、川上広高、小宮 節郎、武田 泰生、山口 宗一、橋口 照人、角 栄里子、 清水 章 .  癌への多因子増殖制御型アデノウイルス(m-CRA)の医師主導治験と免疫遺伝子ウイルス治療への展望 .  日本免疫治療学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  • 三井薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  多因子増殖制御型アデノウイルスm-CRAによるヒト多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 伊地知 暢広、永野 聡、二川 俊隆、川上 広高、小宮 節郎、武田 泰生、山口 宗一、橋口 照人、小戝 健一郎 .  悪性骨軟部腫瘍に対する多因子増殖制御型アデノウイルス(m-CRA)の本学発・初のFirst in human医師主導治験 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 井手佳菜子、三井薫、入江理恵、松下洋平、伊地知暢広、小戝健一郎 .  レンチウイルスベクターを用いたヒト多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 松田恵理子、三井薫、井手佳菜子、豊留宗一郎、小戝健一郎 .  多能性幹細胞由来の目的細胞の高純度単離法の開発 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 豊留宗一郎、三井薫、井手佳菜子、松田恵理子、小戝健一郎 .  ゲノム編集技術によるヒトES細胞における安全かつ安定的な遺伝子発現技術の確立 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  2017年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 伊地知暢広、永野聡、二川俊隆、川上広高、小宮節郎、武田泰生、山口宗一、橋口照人、小戝健一郎 .  独自開発の多因子増殖制御型アデノウイルスによる癌への革新的な免疫遺伝子ウイルス治療の開発 .  独自開発の多因子増殖制御型アデノウイルスによる癌への革新的な免疫遺伝子ウイルス治療の開発  2017年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞による再生医療の腫瘍化を根絶する新戦略:腫瘍化原因細胞を直接標的治療する独自ウイルスベクター技術の開発 .  第1回 日本遺伝子治療学会若手研究会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 小戝健一郎 .  癌への多因子増殖制御型アデノウイルスのベクター開発と実用化への医師主導治験. .  第1回日本遺伝子細胞治療学会若手研究会セミナー  2016年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京慈恵会医科大学(東京)   国名:日本国  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  革新的がん治療と幹細胞再生医療の腫瘍化克服を実現する独自開発の遺伝子治療・ウイルスベクター技術と応用 .  第39回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川  

  • 三井 薫、井手 佳菜子、小戝 健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発 .  第39回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川  

  • 井手 佳菜子、三井 薫、小戝 健一郎 .  多能性幹細胞の腫瘍化細胞を同定・標的殺傷する新規レンチウイルスベクターの開発 .  第39回 日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川  

  • 三井薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発. .  第39回日本分子生物学会年会  2016年11月  東京大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月 - 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜(神奈川)   国名:日本国  

  • 角栄里子、小戝健一郎、二川俊隆、永野聡、小宮節郎、伊地知暢広、武田泰生、清水章 .  治験のための腫瘍溶解性ウイルスの準備 .  ARO協議会第4回学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Shiori Waki, Hisashi Sahara, Kaoru Mitsui, Mitsuhiro Sekijima, Takahiro Murokawa, Takehiro Iwanaga, Yurika Ichinari, Kenichiro Kosai, Kazuhiko Yamada .  Efficacious combination of substrate and medium for feeder-free culture of naive porcine iPS .  The 26th International Congress of The Transplantation Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

  • Shiori Waki, Hisashi Sahara, Kaoru Mitsui, Mitsuhiro Sekijima, Takahiro Murokawa, Takehiro Iwanaga, Yurika Ichinari, Kenichiro Kosai, Kazuhiko Yamada. .  Efficacious combination of substrate and medium for feeder-free culture of naïve porcine iPS .  The 26th International Congress of The Transplantation Society  2016年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:中華人民共和国  

  • Ken-ichiro Kosai, Kanako Ide, Kaoru Mitsui .  AN EFFICIENT CONSTRUCTION OF LENTIVIRAL VECTORS THAT IDENTIFY AND ELIMINATE TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco,USA  

  • Kaoru Mitsui, Kanako Ide, Ken-ichiro Kosai .  :A NOVEL METHOD USING CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUS FOR SPECIFICALLY KILLING TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco,USA  

  • A NOVEL METHOD USING CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUS FOR SPECIFICALLY KILLING TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS. .  A NOVEL METHOD USING CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUS FOR SPECIFICALLY KILLING TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS. .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  2016年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ken-ichiro Kosai, Kanako Ide, Kaoru Mitsui. .  AN EFFICIENT CONSTRUCTION OF LENTIVIRAL VECTORS THAT IDENTIFY AND ELIMINATE TUMORIGENIC CELLS DERIVED FROM PLURIPOTENT STEM CELLS. .  ISSCR 2016 ANNUAL MEETING  2016年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 永野 聡,瀬戸口啓夫,小戝健一郎,小宮節郎 .  独自開発の遺伝子・ウイルス治療を骨軟部腫瘍で医師主導治験へ .  第89回日本整形外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:横浜  

  • 小戝健一郎 .  医師主導治験で実用化計画中の独自開発の革新的がん標的ウイルス医薬m-CRA .  ライフサイエンスワールド2016第13回アカデミックフォーラム  2016年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京ビッグサイト、東京   国名:日本国  

  • Ide K, Mitsui K, Kosai K .  An Efficient Construction of Lentiviral Vectors That Identify and Eliminate Tumorigenic Cells in Pluripotent Stem Cells. .  The American Society of Gene Therapy’s 19th Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington DC, USA  

  • Ide K , Mitsui K , Kosai K. .  An Efficient Construction of Lentiviral Vectors That Identify and Eliminate Tumorigenic Cells in Pluripotent Stem Cells. .  The American Society of Gene Therapy’s 19th Annual Meeting  2016年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 三井薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  ヒトES/iPS細胞における再生医療の課題を克服する独自ウイルスベクターの開発 .  第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:福島  

  • 入江理恵、坂本浩一、小戝健一郎 .  胆道閉塞性肝障害マウスモデルにおけるHB-EGFとHGFの異なる再生・治療作用の特性 .  第121回日本解剖学会総会・全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福島  

  • 三井 薫、井手佳菜子、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制限型アデノウイルスベクターによるヒ トES/iPS細胞の腫瘍化細胞治療技術の発展 .  第15回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 井手佳菜子、三井 薫、小戝健一郎 .  1. ES/iPS細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチ ウイルスベクターの開発と治療効果 .  第15回日本再生医療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 三井 薫,井手佳菜子,小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウィルスベクターm-CRAによるヒト多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術 .  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 川上広高,小濱祐行,伊地知暢弘,小戝健一郎 .  サイトカイン遺伝子搭載腫瘍溶解性アデノウィルス(Surv.m-CRA)開発のための同種移植担癌ハムスターモデルの確立 .  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小濱祐行,川上広高,伊地知暢弘,小戝健一郎 .  免疫活性化遺伝子(サイトカイン)を発現する腫瘍溶解性アデノウィルス(Surv.m-CRA)の開発 .  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 井手佳菜子,三井 薫,小戝健一郎 .  An efficient construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells in pluripotent stem cells .  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第9回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  再発・固形癌に対する独自開発の増殖制御型ウイルス医薬の開発 .  バイオジャパン2015 World Business Forum  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川   国名:日本国  

  • Mitsui K,Ide K, Kosai K .  Conditionally replicating adenovirus prevents pluripotent stem cell-derived teratoma by killing undifferentiated kills tumorigenic pluripotent stem cells. .  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  • An efficient construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells in pluripotent stem cells .  第74回日本癌学会学術総会  2015年10月  国立病院機構名古屋医療センター

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場(名古屋)   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  本学発のがんへのウィルス医薬~研究と臨床応用の展望 .  市民公開講座・鹿児島大学公開講座  市民公開講座・鹿児島大学公開講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

  • Ken-ichiro Kosai .  Development of the original surviving-responsive conditionally replicating adenovirus toward the investigator-initiated GCP clinical trial .  第21回日本遺伝子治療学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • Ide K, Mitsui K, Matsushita Y, Kosai K .  An efficient construction of lentiviral vectors that identify and eliminate tumorigenic cells in pluripotent stem cells. .  第21回日本遺伝子治療学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Mitsui K, Ide K, Takayama A, Wada T, Irie R, Wang Y, Kosai K .  Conditionally replicating adenovirus kills tumorigenic pluripotent stem cells .  第21回日本遺伝子治療学会学術集会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 三井 薫、井手佳菜子、高山明子、和田忠久、小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たなES/iPS細胞の腫瘍化細胞 治療技術の開発 .  第14回日本再生医療学会総会  第14回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 井手佳菜子、三井 薫、松下洋平、小戝健一郎 .  ES/iPS細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチウイルスベクターの効率的作 製法の開発 .  第14回日本再生医療学会総会  第14回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 井手佳菜子,三井 薫,松下洋平,小戝健一郎 .  ES/iPS細胞の腫瘍化細胞を可視化・標的殺傷するレンチウイルスベクターの効率的作製法の開発 .  第8回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第8回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 三井 薫,井手佳菜子,王 宇清,入江理恵,小戝健一郎 .  独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた新たなES/iPS細胞の腫瘍化細胞除去方法の開発 .  第8回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第8回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  増殖制御型アデノウイルスによる革新的癌治療法の独自開発と臨床応用への展望 .  第29回日本整形外科基礎学術集会  第29回日本整形外科基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 永野 聡、小戝健一郎、小宮節郎 .  革新的治療薬を目指した増殖制御型アデノウィルスの独自開発から医師主導治験へ .  第29回日本整形外科基礎学術集会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:城山観光ホテル(鹿児島)   国名:日本国  

  • 永野聡、小戝健一郎、小宮節郎 .  革新的癌治療薬を目指した増殖制御型アデノウィルスの独自開発から医師主導治験へ .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  2014年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  癌への遺伝子治療の独自開発と本学での医師主導治験を目指して .  市民公開講座・鹿児島大学公開講座  市民公開講座・鹿児島大学公開講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 小戝健一郎 .  新しい遺伝子治療ウイルスベクターの開発と基礎・臨床への応用 .  第91回日本生理学会大会  第91回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 三井薫、高橋知之、井手佳菜子、小戝健一郎 .  アデノウイルスベクターでのヒト多能性幹細胞への効率的遺伝子導入技術の開発 .  第13回日本再生医療学会総会  第13回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 松下洋平、井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞の再生医療応用における新規腫瘍化阻止技術の開発(2)マウスES細胞での検証 .  第7回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第7回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  多能性幹細胞の再生医療応用における新規腫瘍化阻止技術の開発(1)ヒトES細胞での検証 .  第7回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第7回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  癌を標的治療する増殖型アデノウイルスの独自技術開発と臨床応用への展望 .  鹿児島がんフォーラム  鹿児島がんフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 小戝健一郎 .  革新的ながん治療薬(癌だけを殺すウイルス)の開発と臨床応用に向けて .  鹿児島大学公開講座  鹿児島大学公開講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 王宇清、小戝健一郎 .  癌幹細胞を標的治癒するCD133反応性増殖型アデノウイルスについての研究. .  第6回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  2013年1月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 井手佳菜子、三井薫、小戝健一郎 .  増殖型アデノウイルスベクターを用いた安全なヒトES/iPS 細胞治療の開発 .  第6回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第6回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  再生医療と癌の遺伝子治療−技術と臨床応用の現状と展望—. .  平成24年度鹿児島大学医学部産科学婦人科学教室碩門会  2012年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • Ken-ichiro Kosai .  Development of conditionally replicating adenovirus specifically targeting and/or efficiently treating cancer stem cells .  2012年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Kiyonori Tanoue, Yuqing Wang, Takao Setoguchi, Setsuro Komiya, Shoji Natusgoe, Ken-ichiro Kosai. .  Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus Efficiently Treats Rhabdomyosarcoma-Initiating Cells. .  第71回日本癌学会学術総会  第71回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • Ken-ichiro Kosai. .  Develop,ment of conditionally replicating adenovirus specifically targeting and/or efficiently treating cancer stem cells. .  第71回日本癌学会学術総会  第71回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 小戝健一郎、三井薫、王宇清、高橋知之. .  ヒトES/iPS細胞での再生医療の課題を克服する独自のアデノウイルスベクターと発現技術の開発. .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M, Mitsui K, Setoguchi T, Komiya S, Natusgoe S, Kosai K .  Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus efficiently kills rhabdomyosarcoma-initiating cells: A promising m-CRA strategy for treating cancer stem cells .  第18回日本遺伝子治療学会  第18回日本遺伝子治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 三井薫、井手佳菜子、高山明子、小戝健一郎 .  増殖型アデノウイルスベクターを用いた安全なヒトES/iPS細胞治療の開発. .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 田上聖徳、王宇清、池田美奈子、三井薫、瀬戸口啓夫、小宮節郎、夏越祥次、小戝健一郎 .  独自開発の増殖型アデノウイルスベクターで癌幹細胞は効果的に治療できる. .  第11回日本再生医療学会総会  第11回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M, Mitsui K, Setoguchi T, Komiya S, Natsugoe S, Kosai K. .  Efficient treatment of Rhabdomyosarcoma-initiating cells by Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus : Promising m-CRA strategy for treating cancer stem cells. .  The American Society of Gene Therapy’s 15h Annual Meeting  2012年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M, Mitsui K, Setoguchi T, Komiya S, Natsugoe S, Kosai K. .  Efficient treatment of Rhabdomyosarcoma-initiating cells by Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus : Promising m-CRA strategy for treating cancer stem cells. .  The American Society of Gene Therapy’s 15h Annual Meeting  The American Society of Gene Therapy’s 15h Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Philadelphia, USA  

    国際学会

  • Kiyonori Tanoue, Minako Ikeda, Yuqing Wang, Kaoru Mitsui, Takao Setoguchi, Setsuro Komiya, Shoji Natsugoe and Ken-ichiro Kosai .  Therapeutic Efficacy of Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus in Rhabdomyosarcoma-Initiating Cells. .  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 尾形 彰, 三井薫, 小戝健一郎 .  同定・単離技術を中心としたヒトES 細胞/iPS 細胞による再生医学の研究 .  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 坂本浩一、小戝健一郎、Nign Cin Khai、高松英夫、松藤 凡 .  HB-EGF組換え蛋白質のFas誘導急性肝障害への効果 .  第48回日本小児外科学会学術集会  2011年7月  昭和大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 坂本浩一、小戝健一郎、Nign Cin Khai、王 宇清、前薗理恵、高松英夫、松藤 凡 .  胆汁うっ滞性肝疾患へのHB-EGF/HGF遺伝子治療 .  第48回日本小児外科学会学術集会  2011年7月  昭和大学医学部

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:TFT東京ファッションタウンビル(東京)   国名:日本国  

  • Kosai K, Horikawa Y, Wang Y, Nagano S, Kamizono J, Ikeda M, Komiya S .  ASSESSMENT OF AN ALTERED E1B PROMOTER ON THE SPECIFICITY AND POTENCY OF TRIPLE-REGULATED CONDITIONALLY REPLICATING ADENOVIRUSES (CRA): A NEW INSIGHT TO GENERATE IDEAL m-CRAS. .  2011年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Sakamoto K, Khai NC, Wang Y, Maezono R, Tanoue K, Matsufuji H, Hideo T, Kosai K .  HB-EGF/HGF HEPATIC GENE THERAPY FOR BILE DUCT LIGATED CHOLESTATIC LIVER INJURY IN MICE: THEIR DIFFERENT AND/OR SYNERGIC THERAPEUTIC EFFECTS. .  2011年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Ken-ichiro Kosai, Yoshiharu Horikawa, Yuqing Wang, Satoshi Nagano, Jun-ichi Kamizono, Minako Ikeda, Setsuro Komiya. .  Assessment of an Altered E1B Promoter on the Specificity and Potency of Triple-Regulated Conditionally Replicating Adenoviruses (CRA): A New Insight to Generate Ideal M-CRAs .  第17回日本遺伝子治療学会学術集会  第17回日本遺伝子治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kouichi Sakamoto, Nign Cin Khai, Yuqing Wang, Rie Maezono, Kiyonori Tanoue, Hitoshi Matsufuji, Hideo Takamatsu, Ken-ichiro Kosai .  HB-EGF/HGF Hepatic Gene Therapy For Bile Duct Ligated Cholestatic Liver Injury in Mice: Their Different and/or Synergic Therapeutic Effects. .  第17回日本遺伝子治療学会学術集会  第17回日本遺伝子治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kosai K, Sakamoto K, Khai NC, Wang Y, Maezono R, Tanoue K, Hideo T, Matsufuji H. .  HB-EGF/HGF Hepatic Gene Therapy Effectively Inhibits Bile Duct Ligated Cholestatic Liver Injury In Mice In Their Different Therapeutic Modes. .  The American Society of Gene Therapy’s 14h Annual Meeting  2011年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ken-ichiro Kosai, Kouichi Sakamoto, Nign CIn Khai, Yuqing Wang, Rie Maezono, Kiyonori Tanoue, Hideo Takamatsu,Hiroshi Matsufuji .  HB-EGF/HGF Hepatic Gene Therapy Effectively Inhibits Bile Duct Ligated Cholestatic Liver Injury in Mice in Their Different Therapeutic Modes. .  The 14th Annual Meeting of the American Society of Gene & Cell Therapy  The 14th Annual Meeting of the American Society of Gene & Cell Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Seattle,Washington  

    国際学会

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療からみた再生医療と臨床化の展望 .  第11回鹿児島消化器・生活習慣病フォーラム  2011年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 寺崎寛人、上笹貫太郎、徳重沙織、Ngin Cin Khai、Wang Yuqing、坂本泰二、小戝健一郎 .  膜蛋白CD9の標的治療はGeneralに作用する新規血管新生阻害剤となる .  第10回日本再生医療学会  第10回日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 坂本浩一、Ngin Cin Khai、王宇清、前薗理恵、高松英夫、松藤凡、小戝健一郎 .  胆道閉塞性肝疾患へのHB-EGF生体内再生医療 .  第10回日本再生医療学会  第10回日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小戝健一郎、岡部共典、久佐賀晃、高橋知之、光益千秋、村井恵良、田中永一郎、松石豊次郎 .  MeCP2遺伝子欠損ES細胞のin vitro文化誘導法によるRett症候群/神経発生の研究システム .  第10回日本再生医療学会  第10回日本再生医療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 岡部恭典、久佐賀晃、高橋智徳、光益千秋、村井恵良、東英穂、松下豊次郎、小戝健一郎、田中永一郎 .  RTTモデルES細胞由来神経細胞の電気生理学的解析 .  第88回日本生理学会大会  第88回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 高山明子、和田和久、田上聖徳、王宇清、三井薫、武田泰生、小戝健一郎 .  革新的な癌治療薬を目指したオリジナルの癌特異的増殖型アデノウィルスの開発 .  第27回日本薬学会九州支部大会  2010年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  次世代医療の開発~遺伝子治療と再生治療を中心に〜 .  熊本県医師会医学講座  2010年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医療の独自開発—がん治療の増殖型ウイルス薬等 .  バイオジャパン2010 World Business Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月 - 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  革新的ながん治療のウィルス医薬と肝再生医薬 .  イノベーションジャパン2010 大学見本市 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月 - 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝 健一郎 .  遺伝子治療と再生医療の独自開発-がん治療の増殖型ウイルス薬等 .  バイオジャパン2010 World Business Forum  バイオジャパン2010 World Business Forum

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    その他

  • 小戝 健一郎 .  遺伝子治療と再生医療の独自開発-がん治療の増殖型ウイルス薬等 .  イノベーションジャパン2010 大学見本市  イノベーションジャパン2010 大学見本市

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Yoshiharu Horikawa, Ken-ichiro Kosai. .  Improved survivin-responsive m-CRA for efficient and safer cancer therapy: A new rule of E1B promoter replacement. .  第69回日本癌学会学術総会  第69回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Taro Kamisasanuki, Saori Tokushige, Ken-ichiro Kosai, Taiji Sakamoto. .  CD9 siRNA gene therapy inhibits diverse growth factors-induced angiogenesis in vitro and in vivo. .  The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO)2010 Annual Meeting  2010年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 上笹貫太郎、徳重沙織、小戝健一郎、坂本泰二 .  膜蛋白CD9 標的RNAiはGeneralに作用する新たな血管新生阻害剤となる .  第114回日本眼科学会総会  2010年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場 (名古屋)   国名:日本国  

  • 上笹貫太郎、徳重沙織、坂本泰二、小戝健一郎 .  膜蛋白CD9標的RNAiはGeneralに作用する新たな血管新生阻害剤となる. .  第114回日本眼科学会総会  第114回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 小戝健一郎 .  先端的治療法の現状と展望 遺伝子治療と再生医療を中心に. .  鹿児島県医師会学術講演会  2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • Taro Kamisasanuki, Saori Tokushige, Ken-ichiro Kosai, Taiji Sakamoto. .  CD9 siRNA gene therapy inhibits diverse growth factors-induced angiogenesis in vitro and in vivo. .  The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting  The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2010 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Florida, USA  

    国際学会

  • 小戝健一郎 .  アデノウイルスベクターの独自技術開発から遺伝子治療の応用へ .  岐阜大学 再生医科学セミナー  2009年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 上笹貫太郎、徳重沙織、坂本泰二、小戝健一郎 .  CD9発現抑制による新たなRNAi血管新生抑制治療の開発. .  第3回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会.  第3回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  1) 癌治療薬と遺伝子導入試薬の両事業用のm-CRAベクター、2) 肝再生治療薬HB-EGF . .  バイオジャパン2009 World Business Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝 健一郎 .  CD9 は血管新生に必須の膜蛋白である;新しい血管新生抑制剤としてのsiRNA CD9. .  第68回日本癌学会学術総会  第68回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 小戝 健一郎 .  1) 癌治療薬とDDSの両事業用のm-CRAベクター、2) 肝再生治療薬 . .  第8回国際バイオEXPO 併催 国際バイオフォーラム 大学・国公立研究所による研究成果発表フォーラム~バイオ アカデミック フォーラム~  第8回国際バイオEXPO 併催 国際バイオフォーラム 大学・国公立研究所による研究成果発表フォーラム~バイオ アカデミック フォーラム~

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Taro Kamisasanuki, Taiji Sakamoto, Ken-ichiro Kosai. .  CD9 siRNA gene therapy can generally inhibit diverse growth factors-induced angiogenesis in vitro and in vivo. .  第15回日本遺伝子治療学会  第15回日本遺伝子治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小戝 健一郎 .  ヒトES細胞と遺伝子治療. .  第49回日本先天異常学会学術集会  第49回日本先天異常学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Yoshiteru Murofushi, Satoshi Nagano, Setsuro Komiya and Ken-ichiro Kosai .  Elucidation of the importance and the mechanism if cancer-specific expression of E1B in conditionally replicating adenovirus regulated with 4 different cancer-specific factors. .  American Association for Cancer Research 100th AACR Annual Meeting  2009年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医学:独自のベクター技術を中心に .  久留米大学分子生命科学研究所開設20周年記念セミナー(2)  2009年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医学:独自のベクター技術を中心に. .  久留米大学分子生命科学研究所開設20周年記念セミナー(2)  久留米大学分子生命科学研究所開設20周年記念セミナー(2)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • 小戝健一郎 .  独自ベクター技術を中心とした遺伝子治療と再生医学の開発. “Development of gene therapy and regenerative medicine based on original vector technology.” .  熊本大学グローバルCOEリエゾンラボ研究会  熊本大学グローバルCOEリエゾンラボ研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    研究会

  • 小戝健一郎 .  癌への遺伝子・ウイルス治療薬と肝疾患への再生医薬 .  南九州発新技術説明会  南九州発新技術説明会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医療 -高血圧・心疾患の新しい治療戦略-. .  第二十七回 二十一人の会  第二十七回 二十一人の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 小戝健一郎 .  1.癌への革新的なウイルス/遺伝子治療薬2.肝疾患の再生治療薬 .  イノベーション・ジャパン2008-大学見本市  イノベーション・ジャパン2008-大学見本市

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 小戝健一郎 .  多因子でウイルス増殖制御/癌特異化するアデノウイルス(m-CRA)の開発と治療応用を目指して .  第12回 日本神経ウイルス研究会学術集会  第12回 日本神経ウイルス研究会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Murofushi Y, Nagano S, Komiya S and Kosai K. .  Conditionally replicating adenovirus regulated with 4 independent cancer-specific factors enhances cancer-specificity without reducing potent anti-cancer effect; the importance of E1B promoter. .  The American Society of Gene Therapy’s 11th Annual Meeting.  2008年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月 - 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Murofushi Y, Nagano S, Komiya S and Kosai K. .  Conditionally replicating adenovirus regulated with 4 independent cancer-specific factors enhances cancer-specificity without reducing potent anti-cancer effect; the importance of E1B promoter. .  The American Society of Gene Therapy’s 11th Annual Meeting  The American Society of Gene Therapy’s 11th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 津山新一郎、前薗理恵、小戝健一郎 .  胃底腺壁細胞の酸分泌活性とトランスフォーメーション .  第113回日本解剖学会総会・全国学術集会  2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分   国名:日本国  

  • 津山新一郎、前薗理恵、小戝健一郎 .  胃底線壁細胞の酸分泌活性とトランスフォーメーション .  第113回日本解剖学会総会・全国学術集会  第113回日本解剖学会総会・全国学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療ベクターと再生医学の技術開発と応用 .  第113回日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム  第113回日本解剖学会総会・全国学術集会シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • Kosai K. .  Original biotechnologies and agenets in gene therapy and regenerative medicine. .  JUNBA2008 (Summit, Symposium and Technology Fair)  2008年1月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 津山新一郎、前薗理恵、小戝健一郎 .  壁細胞トランスフォーメーションにおけるリン酸エズリンとCD44の動態解析 .  第49回日本顕微鏡学会学術講演会  第49回日本顕微鏡学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 神囿純一、永野聡、室伏善照、小戝健一郎、小宮節郎 .  多因子増殖制御増殖型アデノウイルスによる新規遺伝子治療法の開発 .  第22回日本整形外科学会基礎学術集会  2007年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:浜松   国名:日本国  

  • 小戝健一郎, 室伏善照 .  独立2〜6因子で癌を標的化・治療する癌特異的増殖制御型アデノウイルス .  第66回日本癌学会学術集会  2007年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 小戝健一郎、室伏善照. .  独立2~6因子で癌を標的化・治療する癌特異的増殖制御型アデノウイルス. .  第66回日本癌学会学術集会  第66回日本癌学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 室伏善照、神囿純一、小戝健一郎. .  Survivin/CEA-responsive conditionally replicating adenovirus enhances cancer specificity with potent anti-cancer effect. .  第66回日本癌学会学術集会  第66回日本癌学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 津山新一郎、前薗理恵、村田長芳、小戝健一郎. .  胃底腺壁細胞におけるリン酸化エズリン分布の電顕免疫組織化学的検討. .  第48回日本組織細胞化学会総会・学術集会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー)  第48回日本組織細胞化学会総会・学術集会(第8回日中合同組織細胞化学セミナー)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山梨  

    国内学会

  • 小戝健一郎. .  遺伝子治療と再生医学の独自技術の開発と応用化. .  イノベーション・ジャパン2007-大学見本市  イノベーション・ジャパン2007-大学見本市

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 遺伝子治療と再生医学 .  第35回南星セミナー  2007年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

  • 神囿純一、永野聡、小宮節郎、小戝健一郎 .  癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療. .  第37回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎. .  遺伝子治療と再生医療の独自シーズによる試薬から医薬までの相乗的事業化の提案. .  産学協同シーズイノベーション化事業 JST Innovation Bridge 九州・沖縄地区10大学・1高専連携 シーズ発表会  産学協同シーズイノベーション化事業 JST Innovation Bridge 九州・沖縄地区10大学・1高専連携 シーズ発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Yoshiteru Murofushi, Junichi Kamizono, Ngin Cin Khai, Tomoyuki Takahashi, Setsuro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Conditionally Replicating Adenovirus Regulated by Survivin and CEA Promoters Exerted More Strict Cancer Specificity and Potent Anti-Cancer Effect. .  第13回日本遺伝子治療学会  第13回日本遺伝子治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 小戝健一郎. .  遺伝子治療と再生医療のシーズの相乗的な事業化. .  第6回国際バイオEXPO 併催 国際バイオフォーラム 大学・国公立研究所による研究成果発表フォーラム~バイオ アカデミック フォーラム~  第6回国際バイオEXPO 併催 国際バイオフォーラム 大学・国公立研究所による研究成果発表フォーラム~バイオ アカデミック フォーラム~

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Yoshiteru Murofushi, Junichi Kamizono, Ngin Cin Khai, Tomoyuki Takahashi, Setsutro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus Additionally Regulated with Cancer Specificity without Reducing Anti-Cancer Effect .  The 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,  2007年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月 - 2007年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 津山新一郎、前薗理恵、村田長芳、阿布都艾尼阿布都熱合曼、小戝健一郎 .  胃底腺壁細胞におけるエズリン電顕免疫組織化学的局在 .  第63回日本顕微鏡学会学術講演会・総会  第63回日本顕微鏡学会学術講演会・総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • Yoshiteru Murofushi, Junichi Kamizono, Ngin Cin Khai, Tomoyuki Takahashi, Setsuro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus Additionally Regulated with Cancer Specificity without Reducing Anti-Cancer Effect. .  The 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 10th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 村上研一、高松英夫、田原博幸、下野隆一、林田良啓、小戝健一郎、津山新一郎、前薗理恵 .  胆道閉鎖動物モデルにおいてビタミンA投与が肝線維化に及ぼす効果(第2報) .  第107回日本外科学会定期学術集会  2007年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 村上研一、田原博幸、加治健、下野隆一、林田良啓、高松英夫、津山新一郎、前薗理恵、小戝健一郎. .  胆道閉塞動物モデルにおいてビタミンA投与が肝線維化に及ぼす効果. .  第112回日本解剖学会総会・全国学術集会  第112回日本解剖学会総会・全国学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 村上研一、田原博幸、下野隆一、林田良啓、高松英夫、津山新一郎、前薗理恵、小戝健一郎 .  胆道閉塞動物モデルにおいてビタミンA投与が肝線維化に及ぼす効果(第2報) .  第33回日本胆道閉鎖症研究会  第33回日本胆道閉鎖症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 小戝健一郎. .  臨床化を目指した遺伝子治療・再生医学の独自開発. .  日本人類遺伝学会第51回大会  日本人類遺伝学会第51回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 神囿純一、永野聡、小戝健一郎、小宮節郎. .  独自の癌特異的増殖型アデノウイルスによる骨肉腫遺伝子治療法の開発. .  第21回日本整形外科学会基礎学術集会  第21回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Khai NC, Takahashi T, Murofushi Y, Kosai K. .  HB-EGF Gene Therapy is more potently therapeutic (protective and mitogenic for hepatocytes) than HGF for hepatic injury in mice. .  第12回日本遺伝子治療学会総会  第12回日本遺伝子治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 神囿純一、永野聡、小戝健一郎、小宮節郎. .  独自の癌特異的増殖型アデノウイルスによる癌遺伝子治療法の開発. .  南九州腫瘍研究会、第11回学術集会  南九州腫瘍研究会、第11回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Ken-ichiro Kosai, Ngin Cin Khai, Tomoyuki Takahashi. .  Hepatic HB-EGF (Heparin-Binding EGF-Like Growth Factor) Gene Therapy for Fulminant Hepatic Failure in Mice: More Potent Protective and Mitogenic Effects for Hepatocytes Than HGF (Hepatocyte Growth Factor) .  The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2006年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月 - 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ken-ichiro Kosai, Ngin Cin Khai, Tomoyuki Takahashi. .  Hepatic HB-EGF (Heparin-Binding EGF-Like Growth Factor) Gene Therapy for Fulminant Hepatic Failure in Mice: More Potent Protective and Mitogenic Effects for Hepatocytes Than HGF (Hepatocyte Growth Factor). .  The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 9th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 小戝健一郎. .  HB-EGF肝遺伝子治療でHGFより強力に劇症肝炎を治療できる .  第109回日本小児科学会学術集会  第109回日本小児科学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 小戝健一郎. .  CD9遺伝子治療は病的心肥大/頻脈を直接正常化し、致死性心疾患を治療する. .  第109回日本小児科学会学術集会  第109回日本小児科学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 小戝健一郎. .  遺伝子治療と再生医療を本邦で実現するための完全オリジナルの基盤技術の開発. .  第109回日本小児科学会学術集会  第109回日本小児科学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 神囿純一、永野聡、小宮節郎、小戝健一郎. .  Survivin依存性増殖型アデノウイルスを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療法の開発. .  第20回日本整形外科学会基礎学術集会.  第20回日本整形外科学会基礎学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:三重  

    国内学会

  • 小財健一郎. .  遺伝子治療と再生医学. .  第32回日本小児栄養消化器肝臓学会.  第32回日本小児栄養消化器肝臓学会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小財健一郎、神囿純一、室伏善照 .  多因子で癌特異化を可能とする増殖制御型アデノウイルスの効率的作製法の開発. .  第64回日本癌学会学術総会  第64回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 室伏善照、神囿純一、小財健一郎 .  独立した4因子で増殖制御されるCRA開発による癌治療効果と癌特異性の向上. .  第64回日本癌学会学術総会  第64回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 神囿純一、室伏善照、小財健一郎 .  Survivin依存性増殖型アデノウイルスによる癌特異的効果的治療法の開発. .  第64回日本癌学会学術総会  第64回日本癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Kosai K, Takahashi T. .  CD9 Gene Therapy Directly Normalizes Hypertrophy and Tachycardia on Cardiomyocytes and Abolishes the Fatality After Myocardial Infarction in Mice. .  第11回日本遺伝子治療学会  第11回日本遺伝子治療学会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kosai K, Takahashi T. .  Definitive Identification of Embryonic Stem Cell-Derived Target Cells by Adenoviral Conditional Targeting; the successful purification of immature and mature cells in the cardiac lineage and the usefulness for HUMAN ES cells. .  2005年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医学 .  2005年6月  日本小児科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 小財健一郎. .  遺伝子治療と再生医学. .  第54回(社)全日本鍼灸学会学術大会  2005年6月  第54回(社)全日本鍼灸学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Ushikoshi H, Takahashi T, Takemura G, Li Y, Esaki M, Khai NC, Kawai T, Fujiwara H, Kosai K .  CD9 Gene Therapy Inhibits Cardiac Hypertrophy and Tachycardia, and Attenuates the Remodeling after Myocardial Infarction in Mice. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2005年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Kosai K, Takahashi T .  Definitive Identification and Isolation of Embryonic Stem Cell-Derived Target Cells by Adenoviral Conditional Targeting; Efficient Purification of Immature and Mature Cells in the Cardiac Lineage. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2005年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Kosai K, Kusaga A, Isagai T, Hirata K, Nagano S, Murofushi Y, Takahasi T, Takashima S, Matsuishi T. .  Rett Syndrome Is Reversible and Treatable by MeCP2 Gene Therapy into the Striatum in Mice. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2005年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Kosai K, Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Komiya S. .  Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus Exhibits Strictly Cancer-Specific and Efficient Viral Replication. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2005年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ushikoshi H, Takahashi T, Takemura G, Li Y, Esaki M, Khai NC, Kawai T, Fujiwara H, Kosai K. .  CD9 Gene Therapy Inhibits Cardiac Hypertrophy and Tachycardia, and Attenuates the Remodeling after Myocardial Infarction in Mice. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kosai K, Takahashi T. .  Definitive Identification and Isolation of Embryonic Stem Cell-Derived Target Cells by Adenoviral Conditional Targeting; Efficient Purification of Immature and Mature Cells in the Cardiac Lineage. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kosai K, Kusaga A, Isagai T, Hirata K, Nagano S, Murofushi Y, Takahasi T, Takashima S, Matsuishi T. .  Rett Syndrome Is Reversible and Treatable by MeCP2 Gene Therapy into the Striatum in Mice. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kosai K, Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Komiya S. .  Survivin-Responsive Conditionally Replicating Adenovirus Exhibits Strictly Cancer-Specific and Efficient Viral Replication. .  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  The 8th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Rett症候群では可逆性で線条体へのMeCP2遺伝子治療ができる―MeCP2欠損マウスでの検討. .  第47回日本小児神経学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  多因子制御の癌特異的増殖型アデノウィルス(m-CRA)の効率的作製方法とキット―画期的な癌遺伝子治療薬の開発のための基盤バイオテクノロジー― .  第4回国際バイオEXPO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  CD9遺伝子医薬 病的心肥大と頻脈を正常化し難治性疾患を治療する .  第4回国際バイオEXPO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小宮節郎、小戝健一郎 .  骨軟部腫瘍の遺伝子治療 .  第75回日本整形外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、永野聡、神囿純一、室伏善照 .  Survivin依存性増殖型アデノウイルスによる小児癌, 骨肉腫の治療法の開発 .  第108回日本小児科学会学術集会  第108回日本小児科学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 飯盛健生、久佐賀晃、平田孝治、永野 聡、室伏善照、高嶋幸男、松石豊次郎、小戝健一郎 .  Rett症候群は可逆性である―MeCP2欠損マウスへの遺伝子治療 .  第108回日本小児科学会学術集会  2005年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 小戝健一郎、高橋知之、河合隆夫、藤原久義、國貞隆弘 .  ヒト,マウスES細胞と遺伝子治療技術による小児心疾患への再生療法の基盤技術開発 .  第108回日本小児科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療と再生医学のバイオテクノロジー開発と応用 .  聖マリアンナ医科大学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 飯盛健生、久佐賀晃、 平田孝治、 永野聡、 室伏善照、 高嶋幸男、松石豊次郎、 小戝健一郎 .  Rett症候群は可逆性である-MeCP2欠損マウスへの遺伝子治療- .  第108回日本小児科学会学術集会  第108回日本小児科学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小財健一郎、高橋知之、河合隆雄、藤原久義、國貞隆弘. .  独自技術開発によるヒト、マウスES細胞での心筋再生医学. .  第4回日本再生医療学会総会  第4回日本再生医療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小財健一郎、高橋知之、河合隆雄、藤原久義、國貞隆弘. .  ヒト、マウスES細胞と遺伝子治療技術応用による再生医学の基盤技術開発. .  第4回日本再生医療学会総会.  第4回日本再生医療学会総会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小戝健一郎、 .  再生医学:「先端医療としての現状と展望」 .  福岡県臨床外科医学会秋季総会  2004年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • H. Okada, G. Takemura, K. Kosai, Y. Li, K. Yuge, M. Esaki, T. Takahashi, S. Nagano, S. Miyata, R. Maruyama, T. Fujiwara, H. Fujiwara. .  Postinfarction gene therapy against transforming growth factor-β signal modulates infarct tissue dynamics and attenuates left ventricular remodeling and heart failure. .  The 77th Scientific Sessions of American Heart Association. 2004  2004年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ushikoshi, T. Takahashi, M. Esaki, N.C.Khai, T. Kawai, S. Minatoguchi, T. Fujiwara, K. Kosai. .  Membrane protein CD9 regulates hypertrophy and heart failure via EGFR signaling in vitro and in vivo. .  The 77th Scientific Sessions of American Heart Association  2004年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Ushikoshi H, Takahashi T, Esaki M, N.C.Khai, Kawai T, Minatoguchi S, Fujiwara T, Kosai K. .  Membrane protein CD9 regulates hypertrophy and heart failure via EGFR signaling in vitro and in vivo. .  The 77th Scientific Sessions of American Heart Association. 2005  The 77th Scientific Sessions of American Heart Association. 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kosai K, Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y. .  A rapid, efficient and feasible method for constructing conditionally-replicating adenoviral vectors that specifically target cancer cells with multiple factors: Potentials for new cancer gene therapies. .  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.   2004年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ギリシャ共和国  

  • Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Kosai K. .  Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus achieves specific and efficient cancer therapy .  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.  2004年10月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ギリシャ共和国  

  • Kosai K, Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y. .  A rapid, efficient and feasible method for constructing conditionally-replicating adenoviral vectors that specifically target cancer cells with multiple factors: Potentials for new cancer gene therapies. .  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

    開催地:ギリシャ  

    国際学会

  • Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Kosai K. .  Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus achieves specific and efficient cancer therapy. .  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.  9th World Congress on Advances in Oncology and 7th International Symposium on Molecular medicine.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

    開催地:ギリシャ  

    国際学会

  • Yoshiteru Murofushi, Satoshi Nagano, Junichi Kamizono, Ken-ichiro Kosai. .  Conditionally replicating a regulated with telomerase and E2F in combination with mutated E1A and E1B increased cancer-specificity. . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Ken-ichiro Kosai, Takeo Isagai, Akira Kusaga, Koji Hirata, Satoshi Nagano, Yoshiteru Murofushi and  Toyojiro Matsuishi. .  Adenovira MeCP2 gene therapy for Rett syndrome in mice. . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Hatsue Oshika, Yoshiteru Murofushi, Junichi Kamizono, Setsuro Komiya and Hisayoshi Fujiwara. .  A rapid, efficient and feasible construction of conditionally replicating adenoviral vectors that target cancer cells with multiple factors. . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Junichi Kamizono, Satoshi Nagano, Yoshiteru Murofushi, Ken-ichiro Kosai .  Survivin-dependent conditionally replicating adenovirus achieves specific and efficient cancer therapy. . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • Yoshiteru Murofushi, Satoshi Nagano, Junichi Kamizono, Ken-ichiro Kosai .  Conditionally replicating a regulated with telomerase and E2F in combination with mutated E1A and E1B increased cancer-specificity. .  第10回日本遺伝子治療学会総会  第10回日本遺伝子治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ken-ichiro Kosai, Takeo Isagai, Akira Kusaga, Koji Hirata, Satoshi Nagano, Yoshiteru Murofushi and Toyojiro Matsuishi .  Adenovira MeCP2 gene therapy for Rett syndrome in mice. .  第10回日本遺伝子治療学会総会  第10回日本遺伝子治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Hatsue Oshika, Yoshiteru Murofushi, Junichi Kamizono, Setsuro Komiya and Hisayoshi Fujiwara .  A rapid, efficient and feasible construction of conditionally replicating adenoviral vectors that target cancer cells with multiple factors. .  第10回日本遺伝子治療学会総会  第10回日本遺伝子治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Junichi Kamizono, Satoshi Nagano, Yoshiteru Murofushi, Ken-ichiro Kosai .  Survivin-dependent conditionally replicating adenovirus achieves specific and efficient cancer therapy. .  第10回日本遺伝子治療学会総会  第10回日本遺伝子治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小戝健一郎 .  我々の遺伝子治療と再生医学研究のOverview. .  久留米大学 神経合同セミナー2004 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福岡  

  • 神囿純一、永野聡、小宮節郎、小財健一郎 .  癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた骨軟部腫瘍に対する遺伝子治療. .  第37回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会  第37回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kosai K, Isagai T, Kusaga A, Hirata K, Nagano S, Murofushi Y, Matsuishi T. .  Adenoviral MeCP2 Gene Therapy Partially Improves Neurological Symptoms of Rett Syndrome in Mice. .  5th Annual Rett Syndrome Symposium  2004年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Murofushi Y, Nagano S, Komiya S, Kosai K. .  A rapid, efficient and feasible method for constructing conditionally-replicating adenoviral vectors that specifically target cancer cells with multiple factors. .  The American Society of Gene Therapy’s 7th Annual Meeting  2004年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Murofushi Y, Nagano S, Komiya S, Kosai K. .  A rapid, efficient and feasible method for constructing conditionally-replicating adenoviral vectors that specifically target cancer cells with multiple factors. .  The American Society of Gene Therapy’s 7th Annual Meeting  The American Society of Gene Therapy’s 7th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kosai K, Isagai T, Kusaga A, Hirata K, Nagano S, Murofushi Y, Matsuishi T. .  Adenoviral MeCP2 Gene Therapy Partially Improves Neurological Symptoms of Rett Syndrome in Mice. .  5th Annual Rett Syndrome Symposium.  5th Annual Rett Syndrome Symposium.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Shinya Minatoguchi, Genzo Takemura, Xue-Hai Chen, Ning yuan Wang, Yoshihiro Uno, Masahiko Kohda, masazumi Arai, Yu Misao, Takako Fujiwara, Tomoyuki Takahashi, Ken-ichiro Kosai, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  Healing process acceleration may be important as a mechanism of improvement of cardiac function and remodeling by post-infarct G-CSF treatment. .  The 68th Annual Scientific meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • Takao Kawai, Tomoyuki Takahashi, Masayuki Esaki, Hiroaki Ushikoshi, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai. .  Efficient cardiomyogenic differentiation of embryonic stem cell by FGF-2 and BMP-2. .  The 68th Annual Scientific meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Genzo Takamura, Ken-ichiro Kosai, Yiwen Li, Kentaro Yuge, Satoshi Nagano, Tomoyuki Takahashi, Masaru Esaki, Shusaku Miyata, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  Postinfarction gene thransfer of soluble TGF-ß typeII receptor relieves heart failure during the chronic stage of myocardial infarction. .  The 68th Annual Scientific meeting of the Japanese Circulation Society. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Hideshi Okada, Genzo Takamura, Ken-ichiro Kosai, Yiwen Li, Kentaro Yuge, Satoshi Nagano, Tomoyuki Takahashi, Masaru Esaki, Shusaku Miyata, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  Combination therapy of antiapoptosis and regeneration against postinfarct heart failure- A novel therapeutic concept-. .  The 68th Annual Scientific meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  多因子で制御可能な癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターの迅速作成法開発と癌遺伝子治療への応用. .  第26回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  小児血液疾患の診断学の向上と治療学の確率 .  第8回小児科血液セミナー  2003年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  MeCP2遺伝子欠損マウスを用いたRett症候群への遺伝子治療と再生医学開発の戦略 .  第1回久留米大学合同シンポジウム Rett症候群の臨床的、基礎的研究 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福岡  

  • Ushikoshi H, Takahashi T, Chen X, Takemura G, Esaki M, Khai NC, Minatoguchi S, Fujiwara T, Kosai K. .  Heparin-Binding EGF-Like Growth Factor is a Pathological Factor Rather Than a Protective Factor for the Heart: Direct Evidence from Adenoviral Gene Transduction. .  The 76th Scientific Sessions of American Heart Association  2003年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 小戝健一郎 .  「遺伝子治療と再生医療」―小児疾患、小児循環器疾患への先端治療法開発―( .  宗像小児科医会  2003年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 永野聡、小戝健一郎 .  癌特異的増殖制御型アデノウィルスベクターの開発による新世代癌遺伝子治療 .  第56回筑後ニューロサイエンス研究会  2003年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • 永野聡、小宮節郎、小戝健一郎 .  骨軟部腫瘍に対するアデノウィルスベクターを用いた遺伝子治療 .  第36回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  • Satoshi Nagano, Setsuro Komiya, Ken-ichiro Kosai. .  Replication-Controllable Adenoviral Vector That Specifically Targets Cancer Cells by Multiple Factors. .  American Society of Gene Therapy Sixth Annual Meeting  2003年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Yasuo Hisaka, Keiichi Fukuda, Masaki Ieda, Kensuke Kimura, Isao Shibuya, Haruko Kawaguchi, Toshikazu Nakamura, Hidezo Mori, Naoto Fukuyama, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Ogawa. .  Gene-Modified Cell Transplantation Therapy Expressing hHGF and TK Produces Arteriolar Level Angiogenesis in Murine Hind Limb Ischemia. .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Yiwen Li, Genzou Takemura, Kenji Hayakawa, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Tomoyuki Takaahashi, Kentaro Yuge, Masayasu Esaki, Masahiko Kohda, Yukinori Kawase, Hideshi Okada, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  Evidence For the Regulatory Role of Fas/Fas Ligand Interaction during the Subacute Stage Myocardial Infarction for Post-Infact Heart Failure. .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Genzou Takemura, Yiwen Li, Kenji Hayakawa, Ken-ichiro Kosai, Hisayoshi Fujiwara. .  Roles of Fas/Fas Ligand Interaction and Beneficial Effect of Soluble Fas Gene Therapy for Post-Infarct Ventricular Remodeling and Dysfunction.(国内・特別演題)The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society, .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Xue-Hai Chen, Shinya Minatoguchi, Ken-ichiro Kosai, Kenntaro Yuge, Minoru Nagano, Tomoyuki Takahashi, Masazumi Arai, Ningyuan Wang, Yu Misao, Chuanjian Lu, Hiroshi Nagai, Genzou Takemura, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  HGF Gene Transfar Reduces Myicardial Infact Size through Decreasing Hydroxyl Radicals Production and Enhancing Expression of Bcl-2 in Rabbits. .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Tomoko Kagawa, Genzou Takemura, Ichijiro Murata, Ken-ichiro Kosai, Tomoyuki Takahashi, Kentaro Yuge, Satoshi Nagano, Masayasu, Esaki, Kaori Baba, Rumi Muranaga, Shinya Minatoguchi, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara. .  Hepatocyte Growth Factor Gene Therapy Slows Down the Progression of Diabetic Nephropathy in db/db Mice. .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Hiroaki Ushikoshi, Tomoyuki Takahashi, Masayasu Esaki, Xue-Hai Chen, Genzou Takemura, Shinya Minatoguchi, Takako Fujiwara, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai. .  Elucidation of the Roles of HB-EGF in the Heart by the Overexpreddion of HB-EGF. .  The 67th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • G-CSF Treatment after Myicardial infarction Improves Left Ventricular Function and Remodeling Even at 3 Months after infarction. .  九州大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡   国名:日本国  

  • Li Y, Takemura G, Hayakawa K, Kosai K, Nagano S, Yuge K, Eaki M, Koda M, Kawase Y, Maruyama R, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Post-Infarct Injection of an Adenoviral Vector Experssing Hepatocyte Growth Factor Into Skeletal Muscle Relieves Ventricular Remodeling and Heart Failure In Mice. .  American Heart Association; 75th Scientific Sessions 2002  2002年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Minatoguchi S, Takemura G, Chen X, Wang N, Arai M, Misao Y, Lu C, Uno Y, Koda M, Goto K, Takahashi T, Kosai K, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Myocardial Infarction Itself Induces Cardiomytocyte Regeneration from Bone Marrow Cells, and Post-Ischemic G-CSF Treatment Improves Cardiac Dysfunction via Acceleration of the Process. .  75th Scientific Sessions of American Heart Association  2002年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Misao Y, Arai M, Chen X, Lu C, Wang N, Koda M, Takahashi T, Kosai K, Takemura G,Minatoguchi S, Fujiwara T, Fujiwara H. .  Regeneration of cardiomyocytes and Their Ultrastructure from Intravenous Transplantation of Autologous Bone Marrow Cella and the Chronic Effect In Rabbit Ischemmia-Reperfusion Infarct Model. .  75th Scientific Sessions of American Heart Association  2002年11月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 永野 聡、小宮節郎、小戝健一郎 .  骨肉腫肺転移に対するアデノウィルスベクターを用いたIL-2遺伝子治療 .  第17回日本整形外科学会基礎学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:青森   国名:日本国  

  • Yiwen Li, Kenji Hayakawa, Masayasu Esaki, Masahiko Koda, Yukinori Kawase, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Kentaro Yuge, Takako FujiwaraYiwen Li, Kenji Hayakawa, Masayasu Esaki, Masahiko Koda, Yukinori Kawase, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Kentaro Yuge, Takako FujiwaraYiwen Li, Kenji Hayakawa, Masayasu Esaki, Masahiko Koda, Yukinori Kawase, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Kentaro Yuge, Takako Fujiwara .  Injection of an adenoviral vector expressing hepatocyte growth factor into skeletal muscle after myocardial infarction relieves post-infact heart failure. .  The 66th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道   国名:日本国  

  • Yiwen Li, ji Hayakawa, Masayasu Esaki, Masahiko Koda, Yukinori Kawase, Rumi Maruyama, Shinya Minatoguchi, Hisayoshi Fujiwara, Ken-ichiro Kosai, Satoshi Nagano, Takako Fujiwara. .  Critical roles of the Fas/Fas ligand system for post-infarct ventricular remodeling and heart failure. .  The 66th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療とES細胞を用いた再生医科学 .  第62回岐阜循環器疾患研究会  2002年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、白水和雄 .  癌、先天代謝疾患への新世代遺伝子治療開発の試み .  第13回バイオセラピー学会学術集会  2001年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  創薬のための基礎的薬理学的・臨床薬理学的最新実験手法. .  第3回高度技術研修  2001年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 福永真理、小戝健一郎、高森信三、寺崎泰宏、本田順一、増岡 慈、吉無田太郎、林 明宏、白水和雄 .  肺癌の浸潤・転移とCD9. .  第60回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 吉無田太郎、本田順一、増岡 慈、福永真理、高森信三、小戝健一郎 .  IL-5遺伝子発現アデノウィルスベクターを用いた原発性肺癌モデルマウスの治療 .  第60回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  新しい遺伝子治療と再生医学の開発 .  第1回岐阜シンポジウムー再生医学と創薬  2001年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、高橋知之、河合隆雄、弓削健太郎、永野聡、江崎正泰、牛越博昭、藤原久義 .  ES細胞からの心筋再生と遺伝子治療 .  第7回東海血管&内皮研究会  2001年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、高橋知之、河合隆雄、弓削健太郎、永野聡、江崎正泰、牛越博昭、荒井正純、竹村元三、湊口信也、藤原久義 .  ES細胞から心筋細胞作製による心再生医療開発の試み .  第6回岐阜分子病研究会  2001年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 操裕、荒井正純、陳学海、李一文、竹村元三、湊口信也、藤原久義、高橋知之、小戝健一郎 .  髄stem cellsの梗塞後心筋組織への移植の試み .  第6回岐阜分子病研究会  2001年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  • 永野 聡、小戝健一郎、小宮節郎 .  IL-2遺伝子治療による骨肉腫肺転移の抑制. .  第34回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:栃木   国名:日本国  

  • Nagano S, Komiya S, Fukunaga M, Yuge K, Terasaki Y, Fujiwara H, and Kosai K. .  Adenovirus-Mediated Interleukin-2 Gene Transduction only into the Primary Tumor Inhibits Lung Metastasis of Osteosarcoma : Direct Evidence in Animal Models Reflecting Clinical Pathology. .  The Japan Society of Gene Therapy the 7th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • Yuge K, Terasaki Y, Fukunaga M, Nagano S, Nishida A, Fujiwara H, and Kosai K. .  Adenoviral HGF Gene Transduction Inhibits Hepatoma in vitro. .  The Japan Society of Gene Therapy the 7th Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • Nagano S, Komiya S, Kosai K. .  Suppression of lung metastasis of osteosarcoma by adenovirus-mediated IL-2 gene therapy: Direct evidence in animal models reflecting clinical pathology. .  4th Combined Meeting of the Orthopaedic Research Societies of the USA, Canada, Europe and Japan  2001年6月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ギリシャ共和国  

  • Nagano S, Komiya S, Kosai K. .  Suppression of lung metastasis of osteosarcoma by adenovirus-mediated IL-2 gene therapy: Direct evidence in animal models reflecting clinical pathology. .  4th Combined Meeting of the Orthopaedic Research Societies of the USA, Canada, Europe and Japan,  2001年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ギリシャ共和国  

  • Nagano S, Komiya S, Yuge K, Terazaki Y, Fukunaga M, Fujiwara H, Kosai K .  Inhibition of lung metastasis of osteosarcoma by adenovirus-mediated interleukin-2 gene transduction only into the primary tumor. .  The 4th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2001年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月 - 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Yuge K, Terazaki Y, Fukunaga M, Nagano S, Nishida A, Fujiwara H, Kosai K. .  Inhibitory effect of adenviral HGF gene transduction for hepatoma: Dual nature of HGF for hepatoma and hepatocyte. .  The 4th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy  2001年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月 - 2001年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • 寺崎泰宏、田中真理、矢野正二郎、山崎義哉、青柳慶史郎、孝富士喜久夫、武田仁良、白水和雄、小戝健一郎 .  胃癌肝転移に対するアデノウィルスベクターによるHSV-tk遺伝子治療は適切な転写調節下でのみ有効である:臨床応用への示唆 .  第59回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 田中真理、寺崎泰宏、高森信三、本田順一、白水和雄、小戝健一郎 .  同所性肺癌マウスモデルを用いたアデノウィルスベクターによるHSVtk自殺遺伝子治療の試み .  第59回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 田中真理、寺崎泰宏、高森信三、本田順一、白水和雄、小戝健一郎 .  同所性肺癌マウスモデルを用いたアデノウィルスベクターによるHSVtk自殺遺伝子治療の試み. .  第59回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • Terazaki Y, Yano S, Yuge K, Tanaka M, Nagano S, Komiya S, Shirouzu K, Kato H, and Kosai K. .  Adenovirus-Mediated Herpes Simplex Virus Thymidine Kinase Gene Therapy for Hepatic Metastasis of Gastric Cancer is Well Beneficial, but Only under the Proper Transcriptional Control : Implication for Clinical Trials. .  The 6th Annual Meeting 2000 The Japan Society of Gene therapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • Tanaka M, Takamori S, Terazaki Y, Yuge K, Nagano S, Honda J, Shirouzu K, Kato H, Komiya S, and Kosai K .  Adenovirus-Mediated Herpes Simplex Virus Thymidine Kinase Gene Therapy in an Animal Model of Orthtopic . .  The 6th Annual Meeting 2000 The Japan Society of Gene therapy 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、白水和雄 .  コンビネーション癌遺伝子治療と新しい遺伝子治療開発の試み .  第86回日本消化器病学会総会  2000年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:新潟   国名:日本国  

  • 寺崎泰宏、弓削健太郎、矢野正二郎、白水和雄裕久、小宮節郎、加藤裕久、小戝健一郎 .  胃癌肝転移に対する臨床応用を目指した自殺遺伝子治療の研究. .  第12回日本バイオセラピィ学会学術集会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 宮戸健二、山田源、山田秀一、蓮輪英毅、中村康弘、劉文憲、鈴木健一郎、小戝健一郎、小倉淳郎、岡部 勝、目加田英輔 .  CD9欠損マウスは精子と卵子の融合過程に顕著な異常を示す .  第52回日本細胞生物学会大会  1999年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、中村敏一 .  劇症肝炎はHGF(肝細胞増殖因子)で治療できる―HGFのエンドトキシン誘導劇症肝炎の発症阻止作用― .  第102回日本小児科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年4月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、中村敏一 .  HGF(肝細胞増殖因子)はFas誘導の劇症肝炎を防止し、治療できる .  第11回肝再生研究会  1998年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  遺伝子治療 .  平成10年度佐賀医科大学 医学科在校生合宿研修  1998年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大分県湯布院町   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  消化器癌に対する新しい遺伝子治療法:自殺遺伝子、サイトカイン遺伝子導入によるin vivo Combination Gene Therapy. 消化器癌に対する遺伝子治療の展望. .  第40回日本消化器病学会大会  1998年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小清水右一、小戝健一郎、松本邦夫、中村敏一 .  エンドトキシン投与によって引き起こされる大量肝細胞死/劇症肝炎に対するHGFの抗アポトーシス/発症阻止作用. .  第57回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年9月 - 1998年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • Kosai K, Chen S-H, and Woo S.L.C .  Combination Suicide and Cytokine Gene Therapy for Hepatic Metastases of Colon Carcinoma in vivo : Sustained Antitumor Immunity Prolongs Animal Survival. .  1998年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年7月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、中村敏一 .  HGF(肝細胞増殖因子)はFas誘導の劇症肝炎を阻止し、治療できる.第101回日本小児科学会学術集会 .  第101回日本小児科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鳥取   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、中村敏一 .  HGF(肝細胞増殖因子)はFas誘導の劇症肝炎を阻止し、治療できる. .  第34回日本肝臓学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  大腸癌の肝転移に対する遺伝子治療:自殺遺伝子、サイトカイン遺伝子導入によるin vivo Combination Gene Therapy. 大腸癌の肝転移の治療. .  第84回日本消化器病学会総会  1998年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  Milton J Finegold, Chin-Nan ou, Savio LC Woo, Ralph H Schwall, Gretchen J Darlington、肝細胞増殖因子(HGF)による肝細胞分裂誘導下でのレトロウイルスベクターin vivo肝遺伝子導入法-遺伝性・代謝性疾患のための新しい遺伝子導入法の開発 .  第40回日本先天代謝異常学会(会長推薦演題)  1997年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、長田重一、中村敏一 .  HGFはFasを介した広範性肝細胞死による劇症肝炎を防止する .  第56回日本癌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  • 小戝健一郎、松本邦夫、辻本賀英、長田重一、中村敏一 .  HGFはFasを介した広範性肝細胞死による劇症肝炎を防止する. .  第70回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  • 小戝健一郎 .  Combination Suicide and Cytokine Gene Therapy for Hepatic Metastases of Colon Carcinoma ; Sustained Antitumor Immunity. .  平成9年度公開シンポジウム“生体への遺伝子導入と治療への展望”『病態解析と遺伝子治療』  1997年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  • Chen SH, Kosai K, Xu B, Pham-Nguyen K, Contant C, Finegold MJ, Woo SLC .  Combination suicide and cytokine gene therapy for metastatic colon carcinoma in the liver. .  Keystone Symposia  1997年  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Timchenko NA, Wilde M, Kosai K, Heydari A, Bilyeu TA, Finegold MJ, Mohamedal K, Richardson A, Darlington GJ. .  Regenerating livers of old rats contain high levels of C/EBP and have altered expression of a number of cell cycle associated proteins.“Cell Senescent and Differentiation. .  FASEB summer conference  1996年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年8月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Bonnekoh B, Greenhalgh DA, Kosai K, Chen SH, Krieg T, Woo SLC, Roop DR. .  Growth inhibition of human experimental melanoma by in vivo adenoviral HSV-thymidine kinase gene transfer. .  The Annual Meeting Society for Investigative Dermatology  1996年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Huang H, Chen SH, Kosai K, Finegold MJ, Woo SLC. .  Gene therapy for hepatocellular carcinoma: long-term remission of primary and metastatic tumors in mice by interleukin-2 gene therapy in vivo. .  7th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research  1996年4月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Chen SH, Kosai KI, Xu B, Pham-Nguyen K, Contant C, Finegold MJ, Woo SLC. .  Combination suicide and cytokine gene therapy for metastatic colon carcinoma in the liver. .  87th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research  1996年4月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Chen SH, Chen XH Li, Kosai K, Wang Y, Finegold MJ, Rich S, Woo SLC. .  Combination gene therapy for metastastases of colon carcinoma in vivo. .  86th Annual Meeting of the American Association for Cancer Research  1995年3月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  • Chen SH, Chen XH Li, Kosai K, Wang Y, Finegold MJ, Rich S, Woo SLC. .  Combination suicide and cytokine gene therapy for metastatic colon carcinoma in vivo. .  “Gene Therapy and Molecular Medicine"Keystone Symposia.  1995年3月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Chen SH, Chen XH Li, Kosai K, Wang Y, Finegold MJ, Rich S, Woo SLC. .  Combination suicide and cytokine gene therapy for metastatic colon carcinoma in vivo. .  Keystone Symposia; Gene Therapy and Molecular Medicine.  1995年  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年

    国名:アメリカ合衆国  

  • Chen SH, Chen XH Li, Kosai K, Wang Y, Finegold MJ, Rich S, Woo SLC. .  Combination gene therapy for liver metastases of colon carcinoma in vivo. .  Cold Spring Harbor Laboratory Meeting; Gene Therapy  1994年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Kage M, Kosai K, Ogasawara S, Kimura A, Fujisawa T, Kojiro M. .  Prospectives study on mother to infant transmission of hepatitis C virus. .  The 83th Meetings of United States and Canada Academy Pathology  1993年3月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  • Kosai K, Kage M. .  Clinicopathologic study on liver involvement of cytomegalovirus infection in infant autopsy. .  7th Asian Congress of Paediatrics  1991年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

  • Kage M, Kosai K, Kojiro M. .  Pathomorphologic study of chronic viral hepatitis in children. .  7th Asian congress of Paediatrics  1991年5月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:オーストラリア連邦  

▼全件表示

受賞

  • 第18回日本再生医療学会 Poster Teasers

    2019年3月   日本再生医療学会  

    井手佳菜子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第1回かぎん未来創造プランコンテスト 事業化部門グランプリ(最高賞)

    2018年1月   鹿児島銀行株式会社  

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • BRAVE 2017 Winter(アクセラレーションプログラム) VectorBuilder 賞

    2017年12月   Beyond Next Ventures   癌腫全般を対象とできる革新的な癌治療薬

    小戝ラボ

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞

    2016年11月   日本分子生物学会年会   「独自開発の増殖制御型アデノウイルスベクターによる新たな多能性幹細胞の腫瘍化阻止技術の開発」

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第18回日本遺伝子治療学会 アンジェス賞

    2013年7月   日本遺伝子治療学会  

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第9回バイオビジネスコンペJAPAN 奨励賞

    2009年2月   バイオビジネスコンペJAPAN   完全オリジナルの癌遺伝子治療m-CRAベクターによる試薬・ 医薬の総合事業

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第6回バイオビジネスコンペJAPAN 審査委員特別賞

    2005年12月   バイオビジネスコンペJAPAN   根幹病態の心肥大/頻脈を正常化して難治性心疾患を治療する初めての遺伝子医薬の事業化(相乗的な遺伝子治療事業)

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第37回日本整形外科学会 骨・軟部腫瘍学会 優秀ポスター賞 

    2004年7月   日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学会   癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターを用いた骨・軟部腫瘍に対する遺伝子治療

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 欧州整形外科学会/欧米加日・整形外科基礎学会 2001年度 最優秀賞

    2001年5月   Mario Boni Award 2001  

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Mario Boni Award 2001 (欧州整形外科学会/欧米加日・整形外科基礎学会 2001年度 最優秀賞)

    2001年5月   欧州整形外科学会/欧米加日・整形外科基礎学会  

    小戝健一郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 第102回日本小児科学会 優秀演題賞

    1999年4月   第102回日本小児科学会  

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第101回日本小児科学会 優秀演題賞

    1998年5月   第101回日本小児科学会  

    小戝 健一郎

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 独自開発・革新性能の増殖制御型アデノウイルスの骨腫瘍(希少・難治性がん)承認への第Ⅱ相医師主導治験

    研究課題/領域番号:21ck0106660h00  2021年4月 - 2024年3月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  革新的がん医療実用化研究事業 

    小戝健一郎、谷口昇、永野聡、武田泰生、二川俊隆、伊地知暢広、三井薫、橋口照人、山口宗一、吉浦敬、中條正典、平岡弘二、濵田哲矢、平川晃弘、川井章、岩田慎太郎、原田亜希子、松田恵理子、渡邉真季

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:100100000円 ( 直接経費:77000000円 、 間接経費:23100000円 )

  • 骨軟部肉腫を制圧できる全身性癌免疫誘導の革新的な遺伝子ウイルス治療の開発

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    小戝健一郎、三井薫、入江理恵、伊地知暢広、永野聡

  • 顎骨間葉系幹細胞を用いた再生医療実現のための基盤研究

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西村正宏、小戝健一郎、石井正和、佐原寿史

      詳細を見る

    配分額:900000円

  • 増殖型ウイルス/CAR-T融合による革新的な癌免疫遺伝子・細胞治療技術の創出

    2020年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 抗細胞死・抗線維化・再生誘導の革新作用で難治性疾患治療のHB-EGF蛋白医薬品の実用化開発

    2020年4月 - 2021年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム 橋渡し研究・新規開発シーズA 

    小戝健一郎、三井薫、松田恵理子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 骨軟部腫瘍へのがん免疫抑制阻害・活性化をもたらす革新的がん免疫ウイルス療法の開発

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊地知暢広、小戝健一郎

  • miRNAを用いた効率的な心筋ダイレクトリプログラミング法の確立と分子基盤の解明

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    三井薫、小戝健一郎

  • 非切除膵癌を対象とした腫瘍溶解性ウイルスの腫瘍内局所投与療法の有効性と安全性に関する医師主導治験

    2019年4月 - 2022年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費  橋渡し研究戦略的推進プログラム  橋渡し研究・シーズC 

    井戸章雄、小戝健一郎、橋元慎一、田ノ上史郎、有馬志穂、三井薫、伊地知暢広、永野聡、山口宗一、二川俊隆、伊藤達也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 共同研究費 研究員受入許諾契約

    2018年10月 - 2019年9月

    民間企業  国内共同研究 

  • Rett症候群における新規のエピジェネティックな生理活性物質産生メカニズムの解明

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    入江理恵、小戝健一郎

  • 独自開発の革新的な増殖抑制型アデノウイルスの肉腫への承認申請を目指した医師主導治験

    2018年4月 - 2021年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  革新的がん医療実用化研究事業 

    小戝健一郎、永野聡、河野嘉文、武田泰生、二川俊隆、伊地知暢広、三井薫、入江理恵、橋口照人、 山口宗一、吉浦敬、中條正典、平岡弘二、清水章

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 次世代バイオ医薬品の高度な生産技術に関する人材育成に資する教育プログラムの作成

    2018年4月 - 2021年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  創薬基盤推進研究事業 

    豊島 聰、小戝健一郎、長村文孝、内田和久

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 抗腫瘍免疫制御を解除する独自の免疫ウイルス薬の開発と実用化への取り組み

    2018年4月 - 2019年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム 医療機関推進事業補助金 シーズA 

    伊地知暢広、小戝健一郎、三井薫、入江理恵、井手佳菜子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 骨軟部肉腫への腫瘍溶解・免疫誘導・癌幹細胞制圧の革新的な遺伝子ウイルス治療の開発

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 自己体性幹細胞の多軸的制御と可視的評価による委縮顎骨の増生治療開発

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西村正宏、小戝健一郎、石井正和、朝比奈泉、山田和彦

  • 独自開発の全身性の腫瘍溶解性・免疫療法の非臨床開発

    2017年4月 - 2020年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム 革新的医療技術創出拠点プロジェクト シーズB 

    小戝健一郎、伊地知暢広、三井薫、入江理恵、川上広高、永野聡、武田泰生、二川俊隆、橋口照人、山口宗一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 多能性幹細胞の腫瘍化根絶に向けた革新的ベクター技術の開発と応用

    2017年4月 - 2018年3月

    日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究戦略的推進プログラム 医療機関推進事業補助金 シーズA 

    三井薫、小戝健一郎、井手佳菜子、伊知地暢広、豊留宗一郎、松田恵理子

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 骨軟部腫瘍への免疫遺伝子を搭載した増殖型ウイルスの開発

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊地知暢広、小戝健一郎

  • ES/iPS細胞由来遺伝子改変破骨細胞によるBRONJ治療法の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    増原正明、小戝健一郎、佐藤友昭、三井薫、上川善昭

  • 転移がんを制圧する独自の免疫ウイルス薬の開発と実用化への取り組み

    2016年4月 - 2017年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)  橋渡し研究加速ネットワークプログラム 研究開発施設共用等促進費補助金 シーズA 

    小戝健一郎、三井薫、伊地知暢広、井手佳菜子、川上広高

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 肉腫への革新医薬実用化を目指した独自開発の増殖制御型アデノウイルスの医師主導治験

    2015年4月 - 2018年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  革新的がん医療実用化研究事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • HB-EGF医薬の難治性疾患への適応拡大による実用化推進

    2015年4月 - 2016年3月

    日本医療研究開発機構(AMED)  橋渡し研究加速ネットワークプログラム 研究開発施設共用等促進費補助金 シーズA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 脈管再生能を主体とする顎堤増生治療の開発

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    西村正宏、小戝健一郎、朝比奈泉

  • 超微形態と独創的実験系によるRett症候群の「非」神経器官の解析による全病態解明

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    入江理恵、小戝健一郎

  • 独自開発の増殖制御型ウイルス医薬の難治癌への医師主導治験

    2014年4月 - 2016年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究加速ネットワークプログラム 研究開発施設共用等促進費補助金 シーズC 

    小戝健一郎、小宮節郎、夏越祥次、永野聡、上野真一、武田泰生、三井薫、入江理恵、伊地知暢広、橋口照人、田上聖徳

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    独自開発の増殖制御型ウイルス医薬の難治癌への医師主導治験

  • 難治性肝疾患を治療するHB-EGF再生医薬の実用化

    2014年4月 - 2015年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)   橋渡し研究加速ネットワークプログラム 研究開発施設共用等促進費補助金 シーズA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    難治性肝疾患を治療するHB-EGF再生医薬の実用化

  • 難治癌を標的治療する新規の癌溶解性ウイルス医薬の前臨床研究

    2014年4月 - 2015年3月

    国立開発研究法人 日本医療研究開発機構研究費(AMED)  橋渡し研究加速ネットワークプログラム 研究開発施設共用等促進費補助金 探索医療研究助成 シーズA 

    小戝健一郎、永野聡、小宮節郎、夏越祥次、三井薫、入江理恵、伊地知暢広、王宇清、田上聖徳、鳥海亙

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 独自ベクター技術による癌幹細胞標的・同定と革新的治療の技術開発

    2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    伊地知暢広、小戝健一郎

  • ES/iPS細胞の腫瘍化を克服し再生医療応用を実現するベクター技術の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 正常と癌の幹細胞の分子機構解明による小児癌への革新的m-CRA治療薬の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 糖鎖に基づくウイルス感染症および癌の検査診断法と治療薬の開発研究による人材育成

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム

    隅田泰生、小戝健一郎、馬場昌範、井戸章雄、門川淳一、若尾雅広

  • 糖鎖に基づくウイルス感染症および癌の検査診断法と治療薬の開発研究による人材育成

    2013年4月 - 2016年3月

    独立行政法人 日本学術振興会  頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 

    隅田泰生、小戝健一郎、馬場昌範、井戸章雄、門川淳一、若尾雅広

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ヒトES/iPS細胞由来心筋細胞の腫瘍化克服のための革新的な高純度単離技術の開発

    2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    三井薫、小戝健一郎

  • 骨軟部腫瘍に対する新規遺伝子治療ベクターの開発-GLI2 をターゲットとして

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    永野聡、小戝健一郎、小宮節郎、瀬戸口啓夫

  • 硝子体の基盤病態の解明と制御機構の研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    坂本泰二、小戝健一郎、丸山征郎、高橋照人、高尾尊身

  • 難治癌を標的治療できる完全オリジナルのウイルス遺伝子医薬の実用化のための前臨床研究

    2012年4月 - 2015年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    小戝健一郎、三井薫、前薗理恵、王宇清、小宮節郎、夏越祥次、永野聡、福崎好一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ヒトES/iPS細胞由来の腫瘍を標的治療する増殖型アデノウイルス技術の開発

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 独自m-CRAベクターによる癌幹細胞の同定・標的治療技術の開発と革新的な遺伝子治療の実現

    2010年4月 - 2014年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    小戝健一郎、三井薫、前薗理恵、小宮節郎、瀬戸口啓夫、坂本泰二、隅田泰生、國貞隆弘、近藤亨

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 癌幹細胞を標的治療する増殖制御型アデノウイルス開発による革新的な小児癌治療の確立

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 食欲調節ペプチド自己抗体症候群の概念、病態生理的意義の確立と新しい治療戦略

    2010年4月 - 2013年3月

    独立行政法人 日本学術振興会  頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム 

    乾明夫、小戝健一郎、浅川明弘、岸田昭世、宮田篤郎、夏越祥次、伊東祐二、安部恒久、加藤郁夫

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • オリジナルの癌細胞特異的増殖制御型アデノウイルス技術による癌幹細胞の同定と治療法の開発

    2010年4月 - 2011年3月

    公益財団法人 小林がん学術振興会  公益財団法人 小林がん学術振興会 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    オリジナルの癌細胞特異的増殖制御型アデノウイルス技術による癌幹細胞の同定と治療法の開発

  • ヒトiPS/ES細胞由来心筋細胞の効率的な単離方法の確立

    2010年4月 - 2011年3月

    公益財団法人 テルモ科学技術振興財団  公益財団法人 テルモ科学技術振興財団 2010年度一般研究助成 

    三井薫、小戝健一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 独自開発のm-CRAベクターによる多能性幹細胞由来の腫瘍細胞治療技術の開発

    2009年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • HB-EGF関連分子の難病治療への医薬化応用

    2009年4月 - 2010年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  重点地域研究開発推進プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    HB-EGF関連分子の難病治療への医薬化応用

  • 硝子体の研究:環境解析とその制御およびそれを利用した治療開発

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    坂本泰二、小戝健一郎、園田康平、丸山征郎、高尾尊身、隅田泰生

  • 独自開発の増殖型アデノウイルスによる癌幹細胞の標的治療法の研究

    2008年4月 - 2009年3月

    公益財団法人 鈴木謙三記念財団法人医科学応用研究財団  公益財団法人 鈴木謙三記念財団法人医科学応用研究財団 平成20年度調査研究助成金 

    小戝 健一郎、室伏善照

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    独自開発の増殖型アデノウイルスによる癌幹細胞の標的治療法の研究

  • 小児の固形癌への革新的治療法となる増殖制御型アデノウイルスの開発

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 完全オリジナルの癌遺伝子治療m-CRAベクターを基盤とした試薬・医薬総合的ベンチャーの創出

    2007年4月 - 2010年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  独創的シーズ展開事業 大学発ベンチャー創出推進 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    完全オリジナルの癌遺伝子治療m-CRAベクターを基盤とした試薬・医薬総合的ベンチャーの創出

  • 増殖型ベクターと幹細胞のオリジナル技術による革新的な癌遺伝子治療法の開発

    2007年4月 - 2010年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    小戝健一郎、小宮節郎、瀬戸口啓夫、坂本泰二、隅田泰生、高橋知之、室伏善照

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 肝再生治療薬HB-FGFの臨床化を目指した試験研究

    2007年4月 - 2008年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成19年度シーズ発掘試験 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    肝再生治療薬HB-FGFの臨床化を目指した試験研究

  • 癌幹細胞を標的・治療する増殖型アデノウイルスの開発

    2007年4月 - 2008年3月

    公益財団法人 内藤記念科学振興財団  公益財団法人 内藤記念科学振興財団 第39回内藤記念科学奨励金(研究助成) 

    小戝健一郎、室伏善照、高橋知之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    癌幹細胞を標的・治療する増殖型アデノウイルスの開発

  • ES細胞再生医学での腫瘍化細胞を増殖制御型ベクターで除去する新技術の開発

    2007年4月 - 2008年3月

    公益財団法人武田科学振興財団  公益財団法人武田科学振興財団 2007年度医学系研究奨励(基礎系研究) 

    小戝健一郎、高橋知之、室伏善照

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ES細胞再生医学での腫瘍化細胞を増殖制御型ベクターで除去する新技術の開発

  • 難治性疾患に対するHB-EGFと関連分子の遺伝子治療法の開発と治療分子機構の解明

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    小戝健一郎、Ngin Cin Khai

  • 独自開発したヒトES細胞由来心筋細胞の単離技術による心疾患への再生(再建)医療の確立

    2006年4月 - 2007年3月

    公益信託 加藤記念難病研究助成基金  公益信託 加藤記念難病研究助成基金 

    小戝健一郎、高橋知之、室伏善照、竹村元三

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    独自開発したヒトES細胞由来心筋細胞の単離技術による心疾患への再生(再建)医療の確立

  • ヒトES細胞による心筋発生・分化機構の解明と再生療法の開発

    2006年4月 - 2007年3月

    公益財団法人 石橋財団 石橋学術振興基金  平成18年度石橋学術振興基金助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ヒトES細胞による心筋発生・分化機構の解明と再生療法の開発

  • 完全オリジナル技術を基盤とした「ヒト」ES細胞での心疾患への再建療法の開発

    2006年4月 - 2007年3月

    公益財団法人 持田記念医学薬学振興財団  第24回持田記念研究助成金 

    小戝健一郎、高橋知之、竹村元三

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    完全オリジナル技術を基盤とした「ヒト」ES細胞での心疾患への再建療法の開発

  • 多因子癌特異的増殖制御型アデノウイルスの試薬、医薬化を目指した研究

    2006年4月 - 2007年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム 平成18年度シーズ発掘試験 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    多因子癌特異的増殖制御型アデノウイルスの試薬、医薬化を目指した研究

  • 未成年心臓血管病の根治を目指した遺伝子治療と再生医学の開発と体制整備

    2005年4月 - 2006年3月

    平成17年度財団法人宮田心臓病研究振興基金  未成年心臓血管病の教育・研修に関する助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    未成年心臓血管病の根治を目指した遺伝子治療と再生医学の開発と体制整備

  • ES細胞由来の目的細胞の画期的な同定・単離技術の実用化

    2005年4月 - 2006年3月

    国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)  重点地域研究開発推進事業 平成17年度シーズ育成試験 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ES細胞由来の目的細胞の画期的な同定・単離技術の実用化

  • 「ヒト」ES細胞による心筋再建療法のための基礎技術の開発

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 木村記念循環器財団  第25回木村記念循環器財団研究助成 

    小戝健一郎、高橋知之、竹村元三、國貞隆弘、室伏善照、久佐賀晃

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    「ヒト」ES細胞による心筋再建療法のための基礎技術の開発

  • 小児固形癌を効果的に治療できる新規の増殖制御型アデノウイルスの開発

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 母子健康協会  平成17年度小児医学研究助成 

    小戝健一郎、高橋知之、神囿純一、室伏善照、松石豊次郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    小児固形癌を効果的に治療できる新規の増殖制御型アデノウイルスの開発

  • 染色体異常依存性の癌特異的増殖制御型アデノウイルス開発による新規癌遺伝子治療法の確立

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 SGH財団  佐川がん研究振興助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    染色体異常依存性の癌特異的増殖制御型アデノウイルス開発による新規癌遺伝子治療法の確立

  • ヒトES細胞移植と遺伝子治療の融合による独自の再建医学

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団  第20回基礎医学医療研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ヒトES細胞移植と遺伝子治療の融合による独自の再建医学

  • 染色体異常をターゲットとした新規の増殖制御型アデノウイルスと独創的癌遺伝子治療の開発

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 石橋財団 研究助成金  公益財団法人 石橋財団 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    染色体異常をターゲットとした新規の増殖制御型アデノウイルスと独創的癌遺伝子治療の開発

  • 独自開発の多因子癌特異的増殖制御型アデノウイルスのベクター試薬と遺伝子医薬の実用化のための育成研究

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 柿原科学技術研究財団  公益財団法人 柿原科学技術研究財団 平成17年度研究助成 

    小戝健一郎、高橋知之、室伏善照、神囿純一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    独自開発の多因子癌特異的増殖制御型アデノウイルスのベクター試薬と遺伝子医薬の実用化のための育成研究

  • ヒトES細胞による独自の遺伝子治療ベクター技術を利用した心筋分化誘導法の開発

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 かなえ医薬振興財団  かなえ医薬振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 染色体異常を標的とした癌特異的増殖制御型アデノウイルス開発による新規癌遺伝子治療法の確立

    2005年4月 - 2006年3月

    公益財団法人 福岡県対がん協会  福岡県対がん協会平成17年度がん研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 独自開発した多因子による癌特異的増殖制御型アデノウイルスベクターによる革新的な癌遺伝子治療法の開発

    2004年4月 - 2007年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

    小戝健一郎、小宮節郎、神囿純一、高橋知之、Shu-Hsia Chen、室伏善照

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 独自開発した目的細胞特異的増殖制御型アデノウイルスベクター(遺伝子治療用ベクター)の事業化に関する可能性試験

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  都市エリア産学官連帯促進事業可能性試験補助金

  • 関節リウマチの遺伝子治療に関する研究

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  大学院高度化推進特別経費

  • ヒトES(胚性幹)細胞による心疾患への再生医療法の開発

    2004年4月 - 2005年3月

    公益財団法人 テルモ科学技術振興財団  公益財団法人 テルモ科学技術振興財団 

    小戝健一郎、永野聡、高橋知之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ヒトES(胚性幹)細胞による心疾患への再生医療法の開発

  • Rett症候群に対する遺伝子治療の開発

    2004年4月 - 2005年3月

    公益財団法人 石橋財団  石橋学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Hepatocyte Growth Factor(HGF)による水頭症の治療に関する研究

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    多田剛、小戝健一郎、田中雄一郎、中村敏一

  • 拡張型心筋症に対する顆粒球コロニー刺激因子を用いた非侵襲性再生医療の挑戦

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    藤原久義、小戝健一郎、竹村元三、新井正純

  • Rett症候群の動物モデルにおける分子基盤の確立と遺伝子治療の試み

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  高度先進医療開発経費(A)

    松石豊次郎、小戝健一郎、古賀靖敏、近藤郁子、高嶋幸男、永光信一郎、山下裕史郎

  • Rett症候群の動物モデルにおける分子基盤の確立と遺伝子治療の試み

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    松石豊次郎、小戝健一郎、古賀靖敏、近藤郁子、高嶋幸男、永光信一郎、山下裕史郎

  • 遺伝子治療技術とES細胞(胚生幹細胞)による新たな再生医学の開発と先天疾患への応用

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小戝健一郎、國貞隆弘、高橋知之、藤原久義

  • ES細胞(胚性幹細胞)より分化誘導した心筋細胞のイオンチャンネルの特徴—心筋ATP感受性K   チャネルとL型Caチャネルについてー

    2002年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    土屋邦彦、小戝健一郎

  • 『こころと脳』の認知神経学・分子生物学的研究

    2002年4月 - 2003年5月

    科学研究費補助金  私立大学府学術研究高度化推進事業 オープンリサーチセンター整備事業

  • 生活習慣病としての心筋梗塞、難治性肝疾患に対する、新しい遺伝子治療法(HB-EGF, CD9遺伝子治療)開発の萌芽的研究

    2002年4月 - 2003年3月

    鈴木謙三記念 財団法人医科学応用研究財団 第22回研究助成金  鈴木謙三記念 財団法人医科学応用研究財団 第22回研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 慢性心不全に対するアポトーシス抑制因子可溶性Fas遺伝子治療ー新たに開発されたガットレスadenovirus vectorを用いた検討

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西垣和彦、小戝健一郎、藤原久義

  • 肺癌に対するCD9の分子作用解明とCD9遺伝子治療の開発

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    林明宏、小戝健一郎

  • New in vivo心筋細胞アポトーシスモデルの開発とBcl-2遺伝子治療

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    藤原久義、小戝健一郎

  • 心臓の虚血・再灌流障害に対する可溶性Fas遺伝子治療の試みー最近開発されたガットレスADVベクターを用いた検討

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    湊口信也、小戝健一郎

  • 新しいベクター開発による先天性代謝疾患への新世代肝遺伝子治療法の確立

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小戝健一郎、芳野信

  • 新しい増殖制御型アデノウイルスベクター開発による新世代癌遺伝子治療の研究

    2000年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小戝健一郎、白水和雄、Shu-Hsia Chen

  • 新たな増殖制御型アデノウイルスベクター開発による新世代癌遺伝子治療の研究

    2000年4月 - 2001年3月

    公益財団法人 上原記念研究財団研究奨励金  上原記念研究財団研究奨励金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 新しいキメラベクターの開発と骨軟部腫瘍に対するコンビネーション癌遺伝子治療法

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小宮節郎、小戝健一郎

  • 膜結合細胞増殖因子HB-EGFの分泌型への転換機構の解析

    1999年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    目加田英輔、小戝 健一郎、馬田敏幸、宮戸健二、岩本亮、常岡誠、山田源

  • 先天代謝性疾患に対する新しい肝遺伝子治療法の開発とその臨床応用の研究

    1999年4月 - 2000年3月

    久留米大学医学部同窓会研究助成金  久留米大学医学部同窓会研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 先天代謝疾患のための新しいキメラベクターと肝遺伝子導入法の開発

    1999年4月 - 2000年3月

    公益財団法人 石橋財団 石橋学術振興基金  石橋学術振興基金 

    小戝健一郎、目加田英輔、倉地幸徳

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 先天代謝疾患のための新しいキメラベクターと肝遺伝子導入法の開発

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    小戝健一郎、目加田英輔、倉地幸徳

  • 新しいキメラベクターとコンビネーション癌遺伝子治療法の開発

    1998年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    小戝健一郎、目加田英輔、倉地幸徳

  • 先天代謝疾患のための新しいキメラベクターと肝遺伝子導入法の開発

    1998年4月 - 1999年3月

    公益財団法人 石橋財団  石橋学術振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 遺伝子治療基盤に関する研究

    1997年4月 - 1998年3月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • HGFアンタゴニストに基づく癌の浸潤・転移ならびに腫瘍血管新生阻止能をもつ新規制癌剤の開発研究

    1997年4月 - 1998年3月

    公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団  平成9年度調査研究助成金 

    松本邦夫、小戝健一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 癌浸潤・転移腫瘍血管申請阻止能をもつクリングル融合蛋白質による制癌技術の確立

    1997年4月 - 1998年3月

    公益財団法人 日産科学振興財団  第24回日産学術研究助成 

    松本邦夫、小戝健一郎

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 解剖学

    機関名:鹿児島医療センター附属鹿児島看護学校

  • 発生学

    機関名:久留米大学

 

メディア報道

  • 腫瘍溶解性ウイルス 膵臓がんの治験開始 鹿大病院 正常な細胞痛めず 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がん治験開始 インターネットメディア

    NEWS Collect  NEWS Collect  2020年7月

  • すい臓がん遺伝子治療の治験開始 インターネットメディア

    NHK  NHK NEWS WEB  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がん治験開始 インターネットメディア

    ORICON NEWS  ORICON NEWS  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がん治験開始 インターネットメディア

    dmenuニュース  dmenuニュース  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がんで治験 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がん治験開始 インターネットメディア

    gooニュース  gooニュース  2020年7月

  • 独自開発のウイルス医薬 鹿大病院 膵がん治験開始 インターネットメディア

    47NEWS  2020年7月

  • すい臓がん遺伝子治療の治験開始 テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHK 鹿児島県のニュース  2020年6月

  • 先端医療開発センター 最先端医療183人が学ぶ 鹿大でシンポ 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2020年2月

  • 鹿児島大学 先端医療開発センター 第二回シンポジウム開催 テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHK お昼のニュース  2020年2月

  • 先端医療開発センター 基礎研究から実用化へ 鹿児島大が設置 産業創出目指す/鹿児島 新聞・雑誌

    毎日新聞  毎日新聞  2019年1月

  • 鹿児島大、学内シーズの実用化支援へ南九州先端医療開発センターを設置 インターネットメディア

    日経  日経バイオテクONLINE  2019年1月

  • <先端医療開発センター>基礎研究から実用化へ 鹿児島大が設置 産業創出目指す/鹿児島 インターネットメディア

    毎日新聞  毎日新聞 gooニュース  2019年1月

  • 鹿児島大学 先端医療開発センター 基礎研究の実用化 強化へ テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHK お昼のニュース  2019年1月

  • がん 革新的ウイルス医薬 鹿大で開発 テレビ・ラジオ番組

    KKB  KKBスーパーJチャンネル  2017年11月

  • 本学発のがんへのウイルス医薬の医師主導治験について 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2017年3月

  • 本学発のがんへのウイルス医薬の医師主導治験について インターネットメディア

    Yahoo!  Yahoo!ニュース  2017年3月

  • 期待 がん治療薬 鹿大が独自開発 テレビ・ラジオ番組

    KKB  KKBスーパーJチャンネル  2017年3月

  • 期待 がん治療薬 鹿大が独自開発 テレビ・ラジオ番組

    KKB  KKBスーパーJチャンネル  2017年3月

  • がん新薬を鹿大が発表 テレビ・ラジオ番組

    MBC  MBCニューズナウ  2017年3月

  • 鹿大 がんに直接ダメージを与えるがんの新薬を開発 臨床試験を実施 テレビ・ラジオ番組

    KYT   KYT news every かごしま  2017年3月

  • 鹿児島大学、癌特異増殖型アデノウイルスのFirst-in-human試験を開始 軟部肉腫を対象にした医師主導治験 インターネットメディア

    日経  日経バイオテクONLINE  2017年2月

  • 鹿大で開発『がん治療薬』とは? テレビ・ラジオ番組

    KTS  KTSみんなのニュースかごしま 「あしたのミカタ」  2016年9月

  • ウイルス導入による新しい治療戦略医師主導治験へ テレビ・ラジオ番組

    ラジオNIKKEI  ラジオNIKKEI第1「病薬アワー」  2016年4月

  • 鹿児島大小戝教授、骨軟部腫瘍に対するウイルス療法の医師主導治験を2015年度内に開始へ インターネットメディア

    日経  日経バイオテクONLINE  2015年9月

  • がん化恐れある細胞だけを死滅 鹿児島大、iPS向け 新聞・雑誌

    日本経済新聞  日本経済新聞  2015年7月

  • iPS由来 がん化する細胞だけ除去 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2015年7月

  • iPS細胞がん化阻止 遺伝子治療ウイルス応用 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2015年7月

  • がん細胞 ウイルスで死滅 鹿児島大が臨床試験へ 新聞・雑誌

    産経新聞  産経新聞  2015年5月

  • ウイルス使い がん細胞死滅 医師主導治験鹿大が開始へ 新聞・雑誌

    讀賣新聞  讀賣新聞  2015年5月

  • がん細胞、狙い撃ち 正常細胞傷つけぬウイルス薬 鹿児島大、治験開始へ 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2015年5月

  • がん細胞標的ウイルス開発 鹿大 来年1月にも治験開始 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2015年5月

  • ウイルス増殖、がん死滅 鹿児島大が臨床試験へ 新聞・雑誌

    日本経済新聞  日本経済新聞  2015年5月

  • ノーベル賞受賞で注目 iPS細胞 鹿児島でも! テレビ・ラジオ番組

    KTS  KTSスーパーニュース  2012年11月

  • 鹿大のチカラ:がん治療薬の開発 正常細胞傷つけぬ技術 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2010年9月

  • なぜ研究者がベンチャー起業するのか? 会誌・広報誌

    JST  JSTNews 8月号JST大学発ベンチャー創出推進の事業展開事例から  2010年8月

  • がん細胞だけ破壊するウイルス:鹿児島大小戝教授迅速に作成技術開発 新聞・雑誌

    熊本日日新聞  熊本日日新聞  2010年6月

  • がん治療薬技術を開発鹿大小戝教授 末期・進行患者に光 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2010年5月

  • 医歯学総合研究科 小戝教授が革新的ながん標的治療薬(ウイルス医薬)と遺伝子治療の基盤技術の開発に成功〜革新的なバイオ技術の開発と医療応用に向けてベンチャー企業を設立〜 会誌・広報誌

    鹿児島大学  鹿児島大学NEWS RELEASE  2010年5月

  • がん遺伝子治療向けウイルス薬開発でVB 会誌・広報誌

    化学工業  化学工業日報  2010年5月

  • がんを標的治療するウイルス医薬の開発と遺伝子治療の基盤技術を提供するベンチャー企業設立(JST大学発ベンチャー創出推進の研究開発成果を事業展開) 会誌・広報誌

    科学技術振興機構  科学技術振興機構報第735号  2010年5月

  • 劇症肝炎治療で効果 投与、細胞死抑える 新聞・雑誌

    日経産業新聞  日経産業新聞  1997年10月

▼全件表示