2022/07/01 更新

写真a

カネクラ タクロウ
金蔵 拓郎
KANEKURA Takuro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 感覚器病学講座 教授
医歯学域医学系 医学部  
職名
教授
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 1991年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • CD147/Basigin

  • 好中球性皮膚疾患 Neutrophilic dermatosis

  • アフェレシス療法

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 感覚器病学講座   教授

    2006年9月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    1993年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本リウマチ学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本アレルギー学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本網内系学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本研究皮膚科学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国研究皮膚科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本皮膚科学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本研究皮膚科学会理事  

    2013年 - 2018年   

 

論文

  • Higashi Y, Nomoto Y, Miyauchi I, Honda R, Okubo A, Kawahira H, Yamasuji Y, Hisadome M, Baba N, Hatanaka M, Ibusuki A, Tada K, Uchida Y, Fujii K, Kanekura T. .  Granulocyte and Monocyte Adsorptive Apheresis for Pyoderma Gangrenosum. .  Ther Apher Dial 26   450 - 455   2022年

  • Abe T, Matsuo H, Abe R, Abe S, Asada H, Ashida A, Baba A, Eguchi K, Eguchi Y, Endo Y, Fujimori Y, Furuichi K, Furukawa Y, Furuya M, Furuya T, Hanafusa N, Hara W, Harada-Shiba M, Hasegawa M, Hattori N, Hattori M, Hidaka S, Hidaka T, Hirayama C, Ikeda S, Imamura H, Inoue K, Ishizuka K, Ishizuka K, Ito T, Iwamoto H, Izaki S, Kagitani M, Kaneko S, Kaneko N, Kanekura T, Kitagawa K, Kusaoi M, Lin Y, Maeda T, Makino H, Makino S, Matsuda K, Matsugane T, Minematsu Y, Mineshima M, Miura K, Miyamoto K, Moriguchi T, Murata M, Naganuma M, Nakae H, Narukawa S, Nohara A, Nomura K, Ochi H, Ohkubo A, Ohtake T, Okada K, Okado T, Okuyama Y, Omokawa S, Oji S, Sakai N, Sakamoto Y, Sasaki S, Sato M, Seishima M, Shiga H, Shimohata H, Sugawara N, Sugimoto K, Suzuki Y, Suzuki M, Tajima T, Takikawa Y, Tanaka S, Taniguchi K, Tsuchida S, Tsukamoto T, Tsushima K, Ueda Y, Wada T, Yamada H, Yamada H, Yamaka T, Yamamoto K, Yokoyama Y, Yoshida N, Yoshioka T, Yamaji K .  The Japanese Society for Apheresis clinical practice guideline for therapeutic apheresis. .  Therapeutic apheresis and dialysis : official peer-reviewed journal of the International Society for Apheresis, the Japanese Society for Apheresis, the Japanese Society for Dialysis Therapy25 ( 6 ) 728 - 876   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/1744-9987.13749

    PubMed

  • Fujii K, Kanekura T .  Surgical excision: An option for a resectable lesion of cutaneous type adult T-cell leukemia/lymphoma. .  The Journal of dermatology   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16221

    PubMed

  • The numbers of FoxP3-positive cells and PD-1-positive cells were associated with spontaneous regression in a patient with primary cutaneous diffuse large B-cell lymphoma with multiple lesions. .  J Dermatol 46   e410 - e412   2019年

     詳細を見る

共同研究・競争的資金等の研究

  • 腫瘍細胞の生存調節因子としてのCD147/basiginの機能解析

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  文部科学省科学研究費補助金

      詳細を見る

    腫瘍細胞の生存調節因子としてのCD147/basiginの機能解析

  • トランスポーターと小胞輸送による共役的抗がん剤輸送機構の解析

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  文部科学省科学研究費補助金

      詳細を見る

    トランスポーターと小胞輸送による共役的抗がん剤輸送機構の解析

  • CD147/Basigin を標的とした新たな皮膚癌治療戦略の構築

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  文部科学省科学研究費補助金

      詳細を見る

    CD147/Basigin を標的とした新たな皮膚癌治療戦略の構築

  • 中国東北地方の悪性腫瘍と関連疾患の発症要因の学術調査

    2007年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  文部科学省科学研究費補助金

      詳細を見る

    中国東北地方の悪性腫瘍と関連疾患の発症要因の学術調査