2023/10/10 更新

写真a

ワン グアン
王 鋼
WANG gang
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 情報・生体工学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 1993年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 脳波

  • 視覚的認知

  • 脳高次機能

  • 情報処理

研究分野

  • その他 / その他  / 神経科学

  • その他 / その他  / 生体工学

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 情報・生体工学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    1995年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 情報生体システム工学専攻   教授

    1995年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 北米神経科学学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本ME学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経科学学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • ワン ライディ, 岡村 純也, 王 鋼 .  三次元物体弁別学習に伴う事象関連電位の変化とその発生源 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)142 ( 5 ) 522 - 529   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    To understand the underlying neuronal representation for object recognition, we designed this study to investigate the changes in N1, the first negative event-related potential component, accompanied by object discrimination learning. Subjects were asked to train themselves to recognize novel computer-made objects by performing an object discrimination task, in which an object had to be discriminated from others regardless of the change in viewing angle. Such object discrimination did not cause any significant change in either the averaged N1 amplitude or the averaged amplitude delay over the subjects. However, the dipole source analysis for N1 found statistically significant displacement of estimated dipole location caused by object discrimination training in the right hemisphere. The source obtained after training located significantly laterally than that obtained before training. The finding demonstrates the difference in neuronal representations of the experienced objects before and after view-invariant object discrimination learning, and suggests the different neuronal representations for object recognition with novel objects and familiar objects.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.142.522

    Scopus

  • Jun-ya Okamura, Ridey Hsiao Wang, Kousuke Kawano, Gang Wang .  Differences in the neuronal correlation between the central and peripheral vision in the cat early visual cortex .  NeuroReport32 ( 10 ) 899 - 906   2021年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang R.H., Dai L., Okamura J.y., Fuchida T., Wang G. .  Object discrimination performance and dynamics evaluated by inferotemporal cell population activity .  IBRO Neuroscience Reports10   171 - 177   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IBRO Neuroscience Reports  

    We have previously reported an increase in response tolerance of inferotemporal cells around trained views. However, an inferotemporal cell usually displays different response patterns in an initial response phase immediately after the stimulus onset and in a late phase from approximately 260 ms after stimulus onset. This study aimed to understand the difference between the two time periods and their involvement in the view-invariant object recognition. Responses to object images with and without prior experience of object discrimination across views, recorded by microelectrodes, were pooled together from our previous experiments. With a machine learning algorithm, we trained to build classifiers for object discrimination. In the early phase, the performance of classifiers created based on data of responses to the object images with prior training of object discrimination across views did not significantly differ from that based on data of responses to the object images without prior experience of object discrimination across views. However, the performance was significantly better in the late phase. Furthermore, compared to the preferred stimulus image in the early phase, we found 2/3 of cells changed their preference in the late phase. For object images with prior experience of training with object discrimination across views, a significant higher percentage of cells responded in the late phase to the same objects as in the early phase, but under different views. The results demonstrate the dynamics of selectivity changes and suggest the involvement of the late phase in the view-invariant object recognition rather than that of the early phase.

    DOI: 10.1016/j.ibneur.2021.02.008

    Scopus

    PubMed

  • Ridey H. Wang, Lulin Dai, Jun-ya Okamura, Takayasu Fuchida, Gang Wang .  Object discrimination performance and dynamics evaluated by inferotemporal cell population activity .  IBRO Neuroscience Reports10   171 - 177   2021年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡村 純也, 王 鋼 .  下側頭葉皮質における興奮性細胞及び抑制性細胞の三次元物体認識への関わり .  電子情報通信学会技術研究報告120   7 - 10   2021年

  • ワン ライディ, 宇都 嘉浩, 王 鋼 .  視覚連合野における観察角度に依存しない物体弁別 .  生体医工学Annual59 ( Abstract ) 488 - 488   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生体医工学会  

    <p>視覚環境の変化に伴って網膜に映る物体像が常に変化するにも関わらず、我々は不変的に物体を認識することができる。本研究は、観察角度という変化に着目し、観察角度に依らない3次元物体認識の脳内情報処理メカニズムの解明を目指すものである。当研究室がニホンザルを対象にこれまで行ってきた複数の電気生理学的な実験データを集め、機械学習の手法を用いた物体弁別モデルを構築しながら再解析を行った。視覚連合野である側頭葉下部皮質は物体視に関わる腹側視覚経路の最終段に位置し、物体認識の根幹を為す部分である。これまでに、物体認識に際して側頭葉下部皮質細胞の刺激選択性、学習に伴った刺激選択性の変化について研究してきた。本研究は、積み重ねてきた側頭葉下部皮質の神経細胞集団の発火頻度データを用いて集団応答ベクトルを生成し、機械学習による観察角度に依らない物体弁別モデルを構築した。さらに、発火頻度データの解析区間を短くし、時間連続的に配置することで、観察角度不変性の形成過程を、時間連続的な物体弁別モデルを用いた物体弁別精度の変動という形で表現する解析法を提案した。</p>

    DOI: 10.11239/jsmbe.annual59.488

  • Okamura J.y., Yamamoto Y., Dai L., Uto Y., Yamada Y., Wang G. .  Analysis of Representations of 3-Dimensional Objects in the Cell Populations in the Temporal Association Area Using Machine Learning .  IFMBE Proceedings82   181 - 187   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IFMBE Proceedings  

    Three-dimensional objects can be recognized regardless of the viewing angles. It was reported that the cells in the temporal association area responded tolerantly in a certain viewing angle range to the objects experienced in discrimination at the same viewing angles. In the present study, machine learning was applied to the population response vectors in the temporal association area. A classifier was trained to create a hyperplane that separated an object from similar object at the same viewing angles and then tested by the population response vectors to the object images at a different viewing angle. The discrimination performance evaluated from true positives, false positives, and d’ values was higher in the objects experienced in discrimination at the same viewing angles than those without discrimination experience in the whole 100–600 ms time window. For the objects experienced in discrimination at the same viewing angles, the d’ values were low in the early phase of the responses of 100–220 ms time window, but became higher in the late phase of 220–600 ms time window. The d’ values for the objects experienced by learning association of different views of the objects were high in the early and late phases of the responses. The results demonstrate computational models for object representation created by using cellular responses in the temporal association area, and differences of the representation of the viewing angle tolerance in different time windows.

    DOI: 10.1007/978-3-030-66169-4_23

    Scopus

  • Jun-ya Okamura, Jin Oshima, Reona Yamaguchi, Wakayo Yamashita, Gang Wang .  An intrinsic algorithm for viewing angle tolerance of object discrimination in human subjects .  Canadian Journal of Experimental Psychology74 ( 1 ) 73 - 82   2020年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 5. 宇都 嘉浩、山本 悠介、岡村 純也、山田 陽介、戴 璐璘、王 鋼 .  機械学習を用いた側頭連合野細胞活動による物体の脳内表現に関する研究 .  電子情報通信学会技術研究報告(IEICE Technical Report)119 ( 408 ) 63 - 67   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang, Mai Kino, Kei Yamauchi, Ridey Hsiao Wang .  Correlations between features of event-related potentials and Autism Spectrum Quotient scores .  Journal of Clinical Neuroscience59   202 - 208   2019年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2018.10.070

  • Jun-ya Okamura, Koki Uemura, Shintaro Saruwatari, Gang Wang .  Difference in the generalization of response tolerance across views between the anterior and posterior part of the inferotemporal cortex .  European Journal of Neuroscience48 ( 12 ) 3552 - 3566   2018年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ejn.14162

  • Lanwei Hou, Yujuan Guo, Bo Lian, Yanyu Wang, Changjiang Li, Gang Wang, Qi Li, Jinjing Pang, Hongwei Sun, Lin Sun .  Synaptic Ultrastructure Might Be Involved in the HCN1-Related BDNF mRNA in the Withdrawal-Anxiety After Ethanol Dependence .  Frontiers in Psychiatry   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyt.2018.00215

  • Chunzhen Zhao, Ridey Hsiao Wang, Gang Wang .  Long-term object discrimination at several viewpoints develops neural substrates of view-invariant object recognition in inferotemporal cortex .  Neuroscience392   190 - 202   2018年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lanwei Hou, Yirui Qi, Hongwei Sun, Gang Wang, Qi Li, Yanyu Wang, Zhongde Du, Lin Sun .  Applying ketamine to alleviate the PTSD-like effects by regulating the HCN1-related BDNF .  Progress in Neuropsychopharmacology & Biological Psychiatry86   313 - 321   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Xiaoran Sun, Mengting Wang, Yiqiang Wang, Bo Lian, Hongwei Sun, Gang Wang, Qi Li, Lin Sun .  Melatonin produces a rapid onset and prolonged efficacy in reducing depression-like behaviors in adult rats exposed to chronic unpredictable mild stress .  Neuroscience Letters642   129 - 135   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yinghong Jiang, Yiqiang Wang, Xiaoran Sun, Bo Lian, Hongwei Sun, Gang Wang, Zhongde Du, Qi Li, Lin Sun .  Short- and long-term antidepressant effects of Ketamine in a rat chronic unpredictable stress model .  Brain and Behavior7 ( 8 )   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/brb3.749

  • Chunzhen Zhao, Jun-ya Okamura, Gang Wang. .  Differences in spatial and temporal frequency interactions between central and peripheral parts of the feline area 18 .  European Journal of Neuroscience44 ( 8 ) 2635 - 2645   2016年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ejn.13372

  • Jun-ya Okamura, Koki Uemura, Shintaro Saruwatari, Gang Wang .  Difference in the generalization of response tolerance across views between the anterior and posterior part of the inferotemporal cortex .  European Journal of Neuroscience44 ( 8 ) 2632 - 2645   2016年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山口玲欧奈、岡村純也、本田寿成、大島仁、猿渡真太郎、王鋼 .  連合学習を経験した三次元物体の観察角度像に対する側頭葉下部皮質神経細胞集団の応答 .  電気学会論文誌C(電子・情報システム部門誌)136 ( 9 ) 1254 - 1260   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reona Yamaguchi, Jun-ya Okamura, Gang Wang. .  Dynamics of population coding for object views following object discrimination training .  Neuroscience330   109 - 120   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2016.05.039

  • 岡村純也、薗田崇弘、内田晃平、福留啓太、王 鋼 .  視覚刺激の周辺修飾における視覚野の情報の流れの解析 .  生体医工学53 ( 5 ) 270 - 275   2015年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Megumi Niina, Jun-ya Okamura, Gang Wang. .  Electrophysiological evidence for separation between human face and non-face object processing only in the right hemisphere .  International Journal of Psychophysiology98 ( 1 ) 119 - 127   2015年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.ijpsycho.2015.07.008

  • Manoj Eradath, Tsuguo Mogami, Gang Wang, Keiji Tanaka .  Time context of cue-outcome associations represented by neurons in perirhinal cortex .  The Journal of Neuroscience35 ( 10 ) 4350 - 4365   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 猿渡真太郎、岡村純也、山口玲欧奈、大島仁、吉満美沙希、王鋼 .  三次元物体に対する側頭葉下部皮質後半部の神経細胞集団の応答 .  電子情報通信学会技術研究報告(IEICE Technical Report)114 ( 408 ) 43 - 46   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山口玲欧奈、岡村純也、本田寿成、吉満美沙希、王鋼 .  側頭葉下部皮質における興奮性神経細胞及び抑制性神経細胞の刺激選択性 .  電子情報通信学会技術研究報告(IEICE Technical Report)114 ( 408 ) 39 - 42   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡村 純也, 里中 俊太, 永江 恒大, 秦 良佑, 田中 智康, 王 鋼 .  ネコ初期視覚野における神経細胞の同期的な活動 .  生体医工学52 ( 6 ) 288 - 295   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jun-ya Okamura, Reona Yamaguchi, Kazunari Honda, Gang Wang, Keiji Tanaka .  Neural substrates of view-invariant object recognition developed without experiencing rotations of the objects .  The Journal of Neuroscience34 ( 45 ) 15047 - 15059   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miki Jitouzono, Jun-ya Okamura, Gang Wang .  Separation of Stimulus Selective and non-Selective Components in Intrinsic Optical Signals .  IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering9 ( 3 ) 267 - 274   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang, Jun-ya Okamura .  Surround modulation in cortical orientation map revealed by optical imaging based on intrinsic signals .  The Journal of Physiological Sciences64   s87   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Reona Yamaguchi, Kazunari Honda, Jun-ya Okamura, Shintaro Saruwatari, Jin Oshima, Gang Wang .  Dynamics of Neuronal Responses in the Inferotemporal Cortex Associated with 3D Object Recognition Learning .  ICONIP 2013, Part III, LNCS 8228, Springer-Verlag Berlin Heidelberg 2013. The 20th International Conference on Neural Information Processing   193 - 199   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 本田寿成、山口玲欧奈、岡村純也、王鋼 .  側頭葉下部皮質細胞集団における三次元物体観察角度像の表現 .  生体医工学シンポジウム2013   268 - 270   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 山口玲欧奈、本田寿成、池尻祐大、岡村純也、王鋼 .  長期的に視覚経験した三次元物体の観察角度像に対する側頭葉下部皮質神経細胞の応答 .  生体医工学51 ( 1 ) 9 - 16   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanami Uchimura, Jun-ya Okamura, Gang Wang .  Surround modulation in cortical orientation map revealed by optical imaging and its dependency on receptive field eccentricity. .  European Journal of Neuroscience36 ( 10 ) 3344 - 3355   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wataru Tokudome, Gang Wang .  Similarity dependency of the change in ERP component N1 accompanying with the object recognition learning .  International Journal of Psychophysiology83 ( 1 ) 102- - 109   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang, Midori Nagai, Junya Okamura .  Orientation dependency of intrinsic optical signal dynamics in cat area 18 .  NeuroImage57 ( 3 ) 1140 - 1153   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, K. Miyahara, M. Kuroiwa .  A statistical parametric method for the extraction of stimulus dependent activity from intrinsic optical signals .  Proceedings of International Joint Conference on Neural Network (IJCNN 2011)   933 - 936   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 永井翠、岡村純也、井上雄太、王鋼 .  ネコ第二次視覚野における内因性光学的信号の時間的変化とその傾き方位の依存性 .  生体医工学49 ( 3 ) 485 - 489   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡村純也、池尻祐大、山口玲欧奈、王鋼 .  側頭葉下部皮質における観察角度に依らない物体認識の表現 .  電子情報通信学会信学技報MBE2010 ( 87 ) 45 - 50   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang, Junichi Bingo .  Three-dimensional object recognition learning alters an early ERP component of N1 .  Clinical Neurophysiology121 ( 9 ) 1473 - 1480   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakayo Yamashita, Gang Wang, Keiji Tanaka .  View-invariant object recognition ability develops after discrimination, not mere exposure, at several viewing angles .  European Journal of Neuroscience31   327 - 335   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 永井翠、大塚俊幸、王鋼 .  大脳皮質における内因性光学的反応のダイナミクスの解析法 .  生体医工学47 ( 2 ) 176 - 183   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Midori Nagai, Gang Wang .  Extraction of stimulus-selective intrinsic optical signals from the cat visual cortex .  IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering4 ( 6 ) 696 - 703   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang .  A magnetoencephalographic study of the components of event-related fields in object recognition .  NeuroReport19 ( 6 ) 641 - 645   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang .  観察角度をまたいだ物体弁別の学習に対する内挿角画像呈示の促進作用 .  生体医工学46 ( 5 ) 514 - 521   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Nagai, W. Suzuki, G. Wang .  Functional map of orientation tuning width and specificity .  NeuroReport18 ( 13 ) 1357 - 1360   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, K. Suemitsu .  Object recognition learning differentiates the representations of objects at the ERP component N1 .  Clinical Neurophysiology118 ( 2 ) 372 - 380   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Recognizing objects regardless of viewing angles enlarges the difference across the ERP component N1amplitudes evoked by the objects .  IFMBE Proceedings14   1071 - 1074   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Recognizing objects regardless of viewing angles enlarges the difference across the ERP component N1amplitudes evoked by the objects .  IOMP Proceedings2   1071 - 1074   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 永井翠(Modori Nagai),鈴木航,王鋼(WangGang) .  内因性光学的信号による刺激選択性を強調した機能マップの構築(Functional map emphasizing stimulus selectivity from intrinsic optical singals) .  生体医工学(Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering)44 ( 1 ) 71 - 76   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang),小濱慎司(Shinji Obama),Wakayo Yamashita,Tadashi Sugihara,Keiji Tanaka .  異なる角度から物体を認識するには回転の経験が必要ない(Prior experience of rotation is not required for recognizing objects seen from different angles) .  ネイチャ・ニューロサイエンス(Nature Neuroscience)8 ( 12 ) 1768 - 1775   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 亀田俊輔,末満圭,野元寛之,鈴木航,王鋼(WangGang) .  観察角度に依存しない物体認識課題時の事象関連電位(ERP Component Associated with View-invariant Object Recognition) .  生体医工学(Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering)43 ( 3 ) 424 - 429   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang),Shunsuke Kameda .  Event-related potential component associated with the recognition of three-dimensional objects .  NeuroReport16 ( 7 ) 767 - 771   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  嚥下音の判別分析の試み .  日摂食嚥下リハ会誌(日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌)8 ( 2 ) 182 - 185   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang .  Functional Segregation of Plural Regions Representing Cardinal Contours in Cat Primary Visual Cortex .  European Journal of Neuroscience20 ( 7 ) 1906 - 1914   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉田 邦広, 王 鋼 .  視覚刺激に伴う大脳皮質視覚野における内因性光学的反応とその抽出 .  生体医工学42 ( 2 ) 15 - 20   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  視覚刺激に伴う大脳皮質視覚野における内因性光学的反応とその抽出 .  生体医工学( Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering)42 ( 2 ) 15 - 20   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  嚥下音・呼気音のwavelet解析の試み .  日摂食嚥下リハ会誌(日本摂食嚥下リハビリテーション学会雑誌)8 ( 1 ) 64 - 68   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, S. Ding, K. Yunokuchi .  Representation of cardinal contour overlaps less with representation of nearby angles in cat visual cortex .  Journal of Neurophysiology90 ( 6 ) 3912 - 3920   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  視覚刺激による皮質光学的反応の経時的変化と信号の抽出(Time Course of Sitmulus-driven Optical Signals in Visual Cortex and Its Extraction) .  生体医工学( Transactions of the Japanese Society for Medical and Biological Engineering)41 ( 1 ) 34 - 40   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, S. Ding, K. Yunokuchi .  Difference in the representation of cardinal and oblique contours in cat visual cortex .  Neuroscience Letters338   77 - 81   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  暗算処理における脳磁界コヒーレンス解析に関する研究(Analysis of MEG Coherence with Mental Calculation) .  日本応用磁気学会誌27 ( 4 ) 460 - 463   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  異なる呈示刺激に対する事象関連電位によるワーキングメモリの検討 .  医用・生体工学研究会MBE13575   55 - 59   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Causality of frontal and occipital alpha activity revealed by directed coherence .  IEICE Transactions on Information and Systems ( 8 ) 1334 - 1340   2002年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, S. Ding, K. Yunokuchi .  Glutamate induced increases in intracellular Ca2+ in cultured rat neocortical neurons .  NeuroReport13 ( 8 ) 1051 - 1056   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ウシガエルの坐骨神経を用いたパルス磁気刺激の局在性の検討 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(Trans. IEE of Japan)   916 - 921   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  事象関連電位によるワーキングメモリ活動の検討 .  電子情報通信学会信学技報 ( 156 ) 31 - 36   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ヒトのワーキングメモリにおける脳部位間の関連性の検討 .  電子情報通信学会信学技報 ( 155 ) 25 - 30   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  聴覚刺激に対する運動野応答の変化 .  電子情報通信学会信学技報 ( 138 ) 7 - 12   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ワーキングメモリに関連した脳波パワースペクトル特性 .  医用電子と生体工学40 ( 1 ) 7 - 12   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Modeling and simulation of frequency response of nerve-muscle .  IEICE Transactions on Information and Systems ( 1 ) 199 - 202   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ワーキングメモリにおける脳の機能的関連性の検討 .  医用・生体工学研究会MBE10990   37 - 42   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Characteristic frequency of muscle response to electrical stimulation in normal and hypokalemic rats .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(Trans. IEE of Japan) ( 9 ) 1495 - 1499   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  聴覚刺激に対する運動皮質の興奮性に関する時系列的評価(Time course of estimation in motor cortex excitability by auditory stimulation) .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(Trans. IEE of Japan) ( 9 ) 1536 - 1541   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ワーキングメモリにおける脳磁界コヒーレンス解析(Analysis of MEG Coherence during Working Memory Tasks) .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(Trans. IEE of Japan) ( 9 ) 1529 - 1535   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  第一次視覚野における細胞機能活動の光学的計測と信号の抽出 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(Trans. IEE of Japan) ( 9 ) 1490 - 1494   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  in vivo optical imaging and its application to the study of brain functions .  Acta Psychologica Sinica34   62 - 63   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  生体内組織の不均一性のパルス磁気刺激に及ぼす影響(The Effect of Pulsed Magnetic Stimulation on Focality of Eddy Current in an Inhomogeneous Soft Tissue) .  電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌) ( 12 ) 1079 - 1084   2001年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  ウシガエル坐骨神経を用いた磁気刺激の局在性評価法 .  医用・生体工学研究会MBE14611   21 - 26   2001年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  生体磁気刺激による刺激興奮部位の評価 .  電子情報通信学会/MEとバイオサイバネティックス研究会 ( 137 ) 7 - 12   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  in vivo光学的記録法による脳神経活動の測定と信号の抽出 .  医用電子と生体工学39 ( 1 ) 42 - 47   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, S. Ding, K. Yunokuchi .  Different distribution of nifedipine- and ω-conotoxin GVIA-sensitive Ca2+ Channels in rat hippocampal neurons .  NeuroReport11 ( 11 ) 2419 - 2423   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Reciprocal information flow between prefrontal cortex and ventral tegmental area in an animal model of schizophrenia .  NeuroReport11 ( 9 ) 2007 - 2011   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, T. Hashiguchi, Y. Sakamoto, M. Takigawa, M. Kameyama .  Distribution of Nifedipine- andω-Conotoxin GVIA-Sensitive Ca2+ Channels in Cultured Rat Neocortical Neurons .  Neuroscience93 ( 2 ) 491 - 495   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, M. Tanifuji, K. Tanaka .  Functional Architecture in Monkey Inferotemporal Cortex Revealed by in vivo Optical Imaging .  Neuroscience Research32   33 - 46   1998年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E. Kobatake, G. Wang, K. Tanaka .  Effects of Shape-discrimination Training on the Selectivity of Inferotemporal Cells in Adult Monkeys .  Journal of Neurophysiology80   324 - 330   1998年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, K. Tanaka, M. Tanifuji .  Optical Imaging of Functional Organization in the Monkey Inferotemporal Cortex .  Science272   1665 - 1668   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  in vivo光計測法によるサル視覚連合野(TE野)における情報表現の研究 .  生物物理36 ( 6 ) 281 - 285   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Takigawa, G. Wang, H. Kawasaki, H. Fukuzako .  EEG Analysis of Epillepsy by Directed Coherence Method - A Data Processing Approach .  International Journal of Psychophysiology21   65 - 73   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gang Wang, Morikuni Takigawa .  Directed coherence as a measure of interhemispheric correlation of EEG .  International Journal of Psychophysiology13 ( 2 ) 119 - 128   1993年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • G. Wang, M. Takigawa .  Directed coherence as a measure of interhemispheric correlation of EEG .  International Journal of Psychophysiology13   119 - 128   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • G. Wang, M. Takigawa .  Development of data reconstruction system of paper-recorded EEG: method and its evaluation .  Electroencephalography and clinical Neurophysiology83   398 - 401   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  A data reconstruction system for EEG recorded on paper .  Frontiers of Medical and Biological Engineering4   55 - 60   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  A non-linear method for estimating the alpha generators from an EEG over the scalp .  Frontiers of Medical and Biological Engineering4   169 - 178   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Correlation of alpha activity between the frontal and occipital cortex .  Japanese Journal of Physiology42   1 - 13   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Analysis of EEG changes between the frontal and occipital cortex during speech .  The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology45   843 - 854   1991年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王鋼(WangGang) .  Event-related information entropy analysis on human EEG .  Neurosciences (Tokyo)16   277 - 282   1990年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Cognitive Neuroscience

    王鋼(WangGang)( 担当: 単著)

    Peking University Press  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC

  • In vivo optical imaging and its application to the study of brain functions

    王鋼(WangGang)

    SPIE Proceedings Series   3863   211 - 213   1999年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ブレインサイエンス・レビュー

    王鋼(WangGang)

    医学書院   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Optical Imaging as a New Technique Probing into the Brain

    王鋼(WangGang)

    RIKEN Review   9   7 - 8   1995年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Ting Wang, Gang Wang .  Object discrimination evaluated by neural activity of inferotemporal cells and its dynamics .  2023年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国