2022/11/07 更新

写真a

ニミヤ ヒデヨ
二宮 秀與
NIMIYA Hideyo
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 建築学プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(工学) ( 1994年3月   東京大学 )

  • 工学修士 ( 1986年3月   鹿児島大学 )

  • 工学士 ( 1984年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 建物,熱性能,窓,省エネルギー,設計用気象データ

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 建築学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 建築学専攻   教授

    2008年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 空気調和・衛生工学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本建築学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Putra I.D.G.A., Nimiya H., Sopaheluwakan A., Kubota T., Lee H.S., Pradana R.P., Alfata M.N.F., Perdana R.B., Permana D.S., Riama N.F. .  Development of climate zones for passive cooling techniques in the hot and humid climate of Indonesia .  Building and Environment226   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Building and Environment  

    The classification of climate zones is required for developing appropriate predesign strategies for energy-efficient buildings. Standardized hourly climatic data from 2014 to 2020, including global horizontal irradiance, air temperature, wind speed, relative humidity, precipitation, atmospheric pressure, total cloud cover, and mixing ratio, collected from 106 sites were used for climate zoning in Indonesia. First, the temperature zones containing four area divisions were determined to obtain statistical patterns of diurnal and seasonal air temperature. The comfort ventilation potential was assessed based on a zoning using a combination of air temperature and wind speed characteristics, while the evaporative cooling potential was assessed based on the combination of relative humidity and wind speed characteristics. Total hours for comfort ventilation and evaporative cooling showed diurnal (daytime and nighttime) and seasonal changes. Second, eight integrated climate zones namely, equatorial, sub-equatorial, highland tropical, very highland tropical, monsoonal, sub-monsoonal, savanna, and sub-savanna, were determined based on principal component analysis, cluster analysis, and spatial interpolation methods. Third, the calculation of cooling degree days and cooling loads followed by the calculation of the potentials for night ventilation, comfort ventilation, and evaporative cooling were carried out in each integrated climate zone. For example, by taking the lower probability limit of 50%, the monsoonal, savanna, and sub-savanna climate zones were found to be suitable for comfort ventilation methods. Meanwhile, the sub-equatorial climate zone was suitable for applying passive methods by combining night ventilation and comfort ventilation.

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2022.109698

    Scopus

  • 岸本 尚子, 季 思雨, 辻 果歩, 谷口 景一朗, 佐藤 誠, 前 真之, 二宮 秀與, 井上 隆 .  実環境下における日射制御部材を有する窓の成分別取得熱量の測定 .  日本建築学会技術報告集28 ( 69 ) 745 - 750   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本建築学会  

    <p>In recent years, passive designs, that acquire solar radiation from large windows during winter time, are becoming widespread. However, due to privacy issues, there are some houses in which curtains and other shading devices remain closed throughout the year. In this research, we focused on the roller blinds that can control the solar radiation and view, in response to the weather conditions and the surrounding environment, and measure the solar heat gain and the heat transfer by component of the windows with roller blinds under the actual environment.</p>

    DOI: 10.3130/aijt.28.745

  • Chreng K., Lee H.S., Pradana R.P., Trong T.Q., Arya Putra I.D.G., Nimiya H. .  Imputation of missing values for generating typical meteorological year (TMY) with data decomposition and recurrent neural networks .  IOP Conference Series: Earth and Environmental Science1007 ( 1 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IOP Conference Series: Earth and Environmental Science  

    Typical meteorological year (TMY) for a specific location is critical information when designing low-carbon and energy-saving buildings. However, in developing countries, long-Term observations of weather are now readily available and even mixed with missing values. In this study, a nonlinear autoregressive (NAR) recurrent neural network model in combination with improved complete ensemble empirical mode decomposition with adaptive noise (ICEEMDAN) method is demonstrated for treating the missing values in observed daily average air temperature at Bogor City in Indonesia. The prediction results for missing values indicate that the ICEEMDAN-NAR hybrid model performs very well with high accuracy when compared with the observed in the validation and model comparison phases. Particularly, the relatively lower frequency oscillation modes in observed data can be predicted well. Thus, this method can be used for relatively medium-and long-Term prediction of missing values with respect to the given data/input period. critical to consider cities and buildings from the eyes of older people in society.

    DOI: 10.1088/1755-1315/1007/1/012020

    Scopus

  • 広川 智子, 二宮 秀與, 後藤 哲男, 飯野 由香利 .  中学生を対象とした1/10組立住宅模型を用いた建築教育 その3:熱環境に関する建築講座の実践と効果の検証 .  日本建築学会技術報告集27 ( 67 ) 1568 - 1573   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本建築学会  

    <p>This study proposes effective teaching tools and architectural education methods of indoor thermal environments using 1/10 assembled house models for junior high school students. The thermal insulation experiment device and natural ventilation experiment device were developed as a supplementary tools. Architectural lectures concerning thermal insulation environments and natural ventilation were conducted for 117 junior high school students in Nagaoka during 2015, 2016 and 2019. Architectural education using these models and devices deepened students’ understanding about variations of indoor thermal comfort environments and form viewpoints of thermal comfort experiments for each wall type, and locations of window openings in house.</p>

    DOI: 10.3130/aijt.27.1568

  • 広川智子,二宮秀與,後藤哲男,飯野由香利 .  中学生を対象とした1/10組立住宅模型を用いた建築教育(その2):光環境に関する建築講座の実践と効果の検証 .  日本建築学会技術報告集   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 広川 智子,二宮 秀與,後藤 哲男 .  中学生を対象とした1/10組立模型を用いた建築教育 .  日本建築学会技術報告集26 ( 62 ) 418 - 423   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会  

    DOI: 10.3130/aijt.26.418

  • 佐久間 英二, 二宮 秀與, 永田 明寛, 萩原 伸治 .  窓に付属する日射遮蔽物の断熱性能に関する研究 .  日本建築学会環境系論文集82 ( 731 ) 31 - 41   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会  

  • 児島 輝樹, 二宮 秀與 .  日射遮蔽物を有する窓の日射熱取得簡易計算法 .  日本建築学会環境系論文集81 ( 728 ) 865 - 874   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会  

  • 宮澤千顕,二宮秀與,田代達一郎 .  窓と躯体の間の熱伝導が建物の熱性能に及ぼす影響 .  日本建築学会環境系論文集78 ( 683 ) 17 - 23   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 窪田真樹,二宮秀與,曽我和弘 .  標高を考慮した住宅の省エネルギー基準の地域区分に関する考察 .  日本建築学会環境系論文集77 ( 681 ) 855 - 860   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田代達一郎,二宮秀與,斉藤孝一郎 .  フレームを考慮したカーテンウォールの熱性能計算 .  日本建築学会環境系論文集76 ( 670 ) 1033 - 1042   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福留伸高,赤坂 裕,二宮秀與,武田和大,村橋喜満,川上寛明 .  2棟の実証棟での測定に基づく外壁・屋根への遮熱技術の導入効果の確認 通気層を有する外壁・屋根の遮熱・断熱効果の計算法に関する研究(その4) .  日本建築学会環境系論文集・日本建築学会75 ( 648 ) 139 - 148   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 木下泰斗,赤坂裕,二宮秀與 .  板ガラスとベネシャンブラインドとを組み合わせた光学特性の計算法 .  日本建築学会環境系論文集・日本建築学会74 ( 639 ) 569 - 578   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 斉藤孝一郎,赤坂裕,二宮秀與,田代達一郎,木下泰斗 .  窓フレームを考慮したビル用窓の熱性能簡易計算法 .  日本建築学会環境系論文集・日本建築学会74 ( 636 ) 151 - 160   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taito Kinoshita, Hiroshi Akasaka, Hideyo Nimiya, Kazuhiro Soga and Koichiro Saito .  A Simplified Calculation Method for Seasonal Accumulated Solar Heat Gain through Windows .  Architectural Science Review・The University of Sydney51 ( 4 ) 329 - 337   2008年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 木下泰斗,赤坂裕,二宮秀與 .  ベネシャンブラインドの光学特性の計算法 .  日本建築学会環境系論文集72 ( 617 ) 1 - 8   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 北迫茂樹,二宮秀與,池谷風雅 .  インドネシアの設計用気象データに関する研究 その① 日射量の直散分離と合成モデルの検証 .  日本建築学会九州支部研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今村将太,二宮秀與 .  ZEBを実現するための設計用一分値気象データの開発 その1欠測値の補間 .  日本建築学会九州支部研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀨戸まりな,二宮秀與,岸本尚子 .  屋外環境下における開口部の日射熱取得性能の測定方法に関する研究 その7  内付けスクリーンの測定結果 .  日本建築学会九州支部研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 徳満 涼輔,二宮 秀與,飯泉 元気 .  メソ数値予報モデル GPV 地上面データを用いた水平面全天日射量の推定方法 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松鵜さとみ,二宮秀與 .  クール/ヒートピット設備における真菌叢に関する研究 第6報 2019年度実測調査と遺伝子解析 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小林 茜,木村 円香,秋元 孝之,近藤 武士,二宮 秀與,古山 明義,渋谷 篤 .  既築集合住宅におけるCNF活用建材の導入に関する研究 その3: シミュレーション手法による省エネ性及び温熱環境向上効果の検討 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 近藤 武士,小林 茜,木村 円香,秋元 孝之,二宮 秀與,古山 明義,渋谷 篤 .  既築集合住宅におけるCNF活用建材の導入に関する研究 その2: 実住宅での省エネルギー効果の実測結果 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀬戸まりな,二宮秀與,児島輝樹 .  屋外環境下における開口部の日射熱取得性能の測定方法に関する研究 その8 外付けスクリーンの測定結果 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今村将太,二宮秀與 .  ZEBを実現するための設計用過酷気象データの開発 その1 地上気象観測一分値データの欠測値補間 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 徳満 涼輔,二宮 秀與,飯泉 元気 .  メソ数値予報モデルGPV 地上面データを用いた水平面全天日射量の推定方法 .  日本建築学会九州支部研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀨戸 まりな,二宮 秀與,児島 輝樹 .  屋外環境下における開口部の日射熱取得性能の測定方法に関する研究 その 6 外付けスクリーンの測定結果 .  日本建築学会九州支部研究報告 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二宮 秀與 .  パッシブ設計に関する最新知見 .  自立循環プロジェクトシンポジウム2020  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二宮 秀與 .  住宅の省エネルギー基準における方位係数の考察 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 石野 久彌,村上 周三,二宮 秀與,他 .  建築エネルギー・環境シミュレーションツール ほ BEST の開発 第 85 報 最新 BEST の全体像 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 松鵜 さとみ,佐藤 龍義,二宮 秀與 .  クール/ヒートピット設備における真菌叢に関する研究 第 5 報 2018 年度実測調査と遺伝子解析 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 児島 輝樹,二宮 秀與 .  屋外環境下における開口部の日射熱取得率の測定法に関する研究 その 7 ロールスクリーンやレースカーテンでの測定結果 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 齊藤 孝一郎,二宮 秀與,安田 健一,岸本 尚子 .  日本のカーテンウォール熱性能簡易計算法の開発 その1 建築設計プロセスにおけるカーテンウォール熱性能評価の現状と簡易計算法の提案 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 石積 広行,二宮 秀與,他 .  住宅用窓製品の総合熱性能評価プログラムの開発 その20 .  日本建築学会大会学術講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示