2022/09/23 更新

写真a

ババ マサノリ
馬場 昌範
BABA Masanori
所属
学長・役員等 理事・副学長
職名
理事・副学長

学位

  • 医学博士 ( 1984年3月   福島県立医科大学 )

研究キーワード

  • HTLV-1

  • エイズ

  • ナノテクノロジー

  • エイズ

  • Nanotechnology

  • Chemotherapy

  • ATL

  • AIDS

  • レトロウイルス感染

  • 化学療法

研究分野

  • ライフサイエンス / ウイルス学  / 抗ウイルス薬

学歴

  • 福島県立医科大学   大学院医学研究科   病理系細菌学

    1980年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 福島県立医科大学   医学部   医学科

    1974年4月 - 1980年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   特任教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   学長・役員等   理事・副学長

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 ヒトレトロウイルス学共同研究センター   教授

    2019年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 米国微生物学会(American Society for Microbiology)

  • 日本エイズ学会

  • 日本ウイルス学会

  • 抗ウイルス療法学会

  • 国際抗ウイルス学会(International Society for Antiviral Research)

委員歴

  • 日本エイズ学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本ウイルス学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本抗ウイルス療法学会   理事  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    抗ウイルス療法研究会

留学歴

  • 1986年8月 - 1989年3月   ルーバン・カトリック大学(Katholike Universiteit Leuven)   博士研究員

 

論文

  • Toyama M., Watashi K., Ikeda M., Yamashita A., Okamoto M., Moriishi K., Muramatsu M., Wakita T., Sharon A., Baba M. .  Novel Neplanocin A Derivatives as Selective Inhibitors of Hepatitis B Virus with a Unique Mechanism of Action .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy66 ( 6 ) e0207321   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antimicrobial Agents and Chemotherapy  

    Novel neplanocin A derivatives have been identified as potent and selective inhibitors of hepatitis B virus (HBV) replication in vitro. These include (1S,2R,5R)-5-(5-bromo-4- methyl-7H-pyrrolo[2,3-d]-pyrimidin-7-yl)-3-(hydroxymethyl)cyclopent-3-ene-1,2-diol (AR-II-04-26) and (1S,2R,5R)-5-(4-amino-3-iodo-1H-pyrazolo[3,4-d]pyrimidin-1-yl)-3-(hydroxylmethyl) cyclopent-3-ene-1,2-diol (MK-III-02-03). The 50% effective concentrations of AR-II-04-26 and MK-III-02-03 were 0.77 6 0.23 and 0.83 6 0.36 mM in HepG2.2.15.7 cells, respectively. These compounds reduced intracellular HBV RNA levels in HepG2.2.15.7 cells and infected primary human hepatocytes. Accordingly, they could reduce HBs and HBe antigen production in the culture supernatants, which was not observed with clinically approved anti-HBV nucleosides and nucleotides (reverse transcriptase inhibitors). The neplanocin A derivatives also inhibited HBV RNA derived from cccDNA. In addition, unlike neplanocin A itself, the compounds did not inhibit S-adenosyl-L-homocysteine hydrolase activity. Thus, it appears that the mechanism of action of AR-II-04-26 and MK-III-02-03 differs from that of the clinically approved anti-HBV agents. Although their exact mechanism (target molecule) remains to be elucidated, the novel neplanocin A derivatives are considered promising candidate drugs for inhibition of HBV replication.

    DOI: 10.1128/aac.02073-21

    Scopus

    PubMed

  • Toyama M., Watashi K., Ikeda M., Yamashita A., Okamoto M., Moriishi K., Muramatsu M., Wakita T., Sharon A., Baba M. .  Novel Neplanocin A Derivatives as Selective Inhibitors of Hepatitis B Virus with a Unique Mechanism of Action .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy66 ( 6 ) e0207321   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Antimicrobial Agents and Chemotherapy  

    Novel neplanocin A derivatives have been identified as potent and selective inhibitors of hepatitis B virus (HBV) replication in vitro. These include (1S,2R,5R)-5-(5-bromo-4- methyl-7H-pyrrolo[2,3-d]-pyrimidin-7-yl)-3-(hydroxymethyl)cyclopent-3-ene-1,2-diol (AR-II-04-26) and (1S,2R,5R)-5-(4-amino-3-iodo-1H-pyrazolo[3,4-d]pyrimidin-1-yl)-3-(hydroxylmethyl) cyclopent-3-ene-1,2-diol (MK-III-02-03). The 50% effective concentrations of AR-II-04-26 and MK-III-02-03 were 0.77 6 0.23 and 0.83 6 0.36 mM in HepG2.2.15.7 cells, respectively. These compounds reduced intracellular HBV RNA levels in HepG2.2.15.7 cells and infected primary human hepatocytes. Accordingly, they could reduce HBs and HBe antigen production in the culture supernatants, which was not observed with clinically approved anti-HBV nucleosides and nucleotides (reverse transcriptase inhibitors). The neplanocin A derivatives also inhibited HBV RNA derived from cccDNA. In addition, unlike neplanocin A itself, the compounds did not inhibit S-adenosyl-L-homocysteine hydrolase activity. Thus, it appears that the mechanism of action of AR-II-04-26 and MK-III-02-03 differs from that of the clinically approved anti-HBV agents. Although their exact mechanism (target molecule) remains to be elucidated, the novel neplanocin A derivatives are considered promising candidate drugs for inhibition of HBV replication.

    DOI: 10.1128/aac.02073-21

    Scopus

    PubMed

  • Ukawa M, Endo R, Yagi H, Tomono T, Miyata K, Shigeno K, Tobita E, Uto T, Baba M, Sakuma S .  Mechanism on antigen delivery under mucosal vaccination using cell-penetrating peptides immobilized at multiple points on polymeric platforms. .  International journal of pharmaceutics613   121376 - 121376   2022年2月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Pharmaceutics  

    We have developed an aggregate of D-octaarginine immobilized at multiple points on a co-polymer of N-vinylacetamide and acrylic acid. Previous studies revealed that immunoglobulin G and A were induced when mice were inoculated with influenza virus antigens under coadministration with the D-octaarginine-immobilized polymers as a mucosal vaccine adjuvant. Infection experiments demonstrated that mice vaccinated with a mixture of inactivated influenza viruses and the polymers were protected from infection with mouse-adapted infectious viruses. In the present study, we investigated the mechanism on antigen delivery under mucosal vaccination using the polymers. Two-hour retention of fluorescein-labeled ovalbumin (F-OVA) on the nasal mucosa was observed when applied with the polymers; nevertheless F-OVA was eliminated less than 10 min under polymer-free conditions. F-OVA mixed with the polymers was vigorously taken up into murine dendritic cells. Electrophoresis and dynamic light scattering analysis indicated that OVA interacted with the polymers. The uptake of F-OVA was hardly ever inhibited by the addition of an excess amount of intact OVA. The results suggested that viral antigens were accumulated on the mucosa and delivered into dendritic cells under basolateral membranes via dendrites extending to the mucosal surface and/or subsequent to their permeation through epithelial cells, when they were coadministered with D-octaarginine-immobilized polymers.

    DOI: 10.1016/j.ijpharm.2021.121376

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M. .  Induction of E. coli-derived endonuclease MazF suppresses HIV-1 production and causes apoptosis in latently infected cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications530 ( 3 ) 597 - 602   2020年9月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.07.103

    Scopus

    PubMed

  • Yokota R. .  Novel anti-CD70 antibody drug conjugate for the treatment of adult T-cell leukemia (ATL) .  Anticancer Research40 ( 8 ) 4471 - 4479   2020年8月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14452

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M. .  The chemokine receptor antagonist cenicriviroc inhibits the replication of SARS-CoV-2 in vitro .  Antiviral Research182   104902 - 104902   2020年7月査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:Antiviral Research  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2020.104902

    Scopus

    PubMed

  • Samunuri R. .  Synthesis and anti-HBV activity of carbocyclic nucleoside hybrids with salient features of entecavir and aristeromycin .  RSC Medicinal Chemistry11 ( 5 ) 597 - 601   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:RSC Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1039/d0md00059k

    Scopus

    PubMed

  • Furukawa Y. .  Successful treatment of an AIDS patient with prolonged Mycobacterium avium bacteremia, high HIV RNA, HBV infection, Kaposi's sarcoma and cytomegalovirus retinitis .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 2 ) 279 - 281   2020年2月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.08.012

    Scopus

    PubMed

  • Furukawa Yoshitaka, Hamada Heiichiro, Kamikawaji Kazuto, Unoki Taiji, Inoue Hiromasa, Tashiro Yukie, Okamoto Mika, Baba Masanori, Hashiguchi Teruto .  Mycobacterium avium菌血症、HIV RNA高値、HBV感染症、カポジ肉腫、サイトメガロウイルス網膜炎が遷延化していたAIDS患者での治療成功(Successful treatment of an AIDS patient with prolonged Mycobacterium avium bacteremia, high HIV RNA, HBV infection, Kaposi's sarcoma and cytomegalovirus retinitis) .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 2 ) 279 - 281   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    症例は40歳代前半の男性で、HIVに感染しており、高熱、貧血、ALP高値、肺の嚢胞性病変、上胃部痛が持続していたため当院へ紹介され入院となった。当院の検査でMycobacterium avium菌血症、血漿中のHIV-1 RNAコピー数の高値、CD4陽性T細胞数の低値、血清中のB型肝炎ウイルス(HBV)のDNAおよびHBsAg陽性が示された。紹介元の医療施設で行われていた胃の腫瘍に対する生検の所見からはカポジ肉腫が示唆されていた。M.avium菌血症に対し抗抗酸菌治療を開始し、後には抗レトロウイルス療法(ART)を開始するも高熱は収まらなかった。ALP高値から胆管炎を疑いスルバクタム/セフォペラゾン配合剤を投与するも効果はみられなかった。その後も重症の炎症エピソードを繰り返し発症したが、投薬内容を特別に変えなくともそうした炎症エピソードは毎回自然消退していた。M.avium菌血症は当院初診から79日目まで間欠的に検出されており、治療を持続する必要性が示唆された。ART開始から5ヵ月後の時点ではHIV-1のRNAコピー数は依然として高値であったが11ヵ月後には著明に減少し、CD4陽性T細胞数にも回復が認められた。

  • Tanishita S. .  Cross-Protective Abilities of Hyaluronic Acid Modified with Tetraglycine- l -octaarginine as a Mucosal Adjuvant against Infection with Heterologous Influenza Viruses .  Bioconjugate Chemistry30 ( 12 ) 3028 - 3037   2019年12月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Bioconjugate Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.9b00644

    Scopus

    PubMed

  • Toyama M. .  Pyrimidotriazine derivatives as selective inhibitors of HBV capsid assembly .  Virus Research271   197677 - 197677   2019年10月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virus Research  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2019.197677

    Scopus

    PubMed

  • Ukawa M. .  Biodegradable Hyaluronic Acid Modified with Tetraglycine- l -octaarginine as a Safe Adjuvant for Mucosal Vaccination .  Molecular Pharmaceutics16 ( 3 ) 1105 - 1118   2019年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Pharmaceutics  

    DOI: 10.1021/acs.molpharmaceut.8b01110

    Scopus

    PubMed

  • Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Baba M .  Galectin-3 is involved in HIV-1 expression through NF-κB activation and associated with Tat in latently infected cells .  Virus Research260   86 - 93   2019年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virusres.2018.11.012

  • Kumamoto H. .  Synthesis, Anti-HBV, and Anti-HIV Activities of 3′-Halogenated Bis(hydroxymethyl)-cyclopentenyladenines .  ACS Medicinal Chemistry Letters9 ( 12 ) 1211 - 1216   2018年12月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Medicinal Chemistry Letters  

    DOI: 10.1021/acsmedchemlett.8b00374

    Scopus

    PubMed

  • Sakurai Y, Sakakibara N, Toyama M, Baba M, Davey RA .  Novel amodiaquine derivatives potently inhibit Ebola virus infection .  Antiviral Research160   175 - 182   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.antiviral.2018.10.025

  • Muchima Kaname, Todaka Taro, Shinchi Hiroyuki, Sato Ayaka, Tazoe Arisa, Aramaki Rikiya, Kakitsubata Yuhei, Yokoyama Risa, Arima Naomichi, Baba Masanori, Wakao Masahiro, Ito Yuji, Suda Yasuo .  糖鎖ナノテクノロジー及びファージディスプレイ法を用いた成人T細胞白血病に対する糖鎖結合性一本鎖抗体の開発(Development of sugar chain-binding single-chain variable fragment antibody to adult T-cell leukemia cells using glyco-nanotechnology and phage display method) .  The Journal of Biochemistry163 ( 4 ) 281 - 291   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    成人T細胞白血病(ATL)はHTLV-1の感染に起因する白血病で、発症すると強い免疫不全を引き起こす。極めて予後の悪い疾患だが、未だに決定的な治療法や診断法は確立されていない。我々は、ATLに対する分子標的薬を開発するために細胞表層糖鎖に着目し、独自の糖鎖ナノテクノロジーとファージディスプレイ法を組み合わせることで、ATL細胞表層のO型糖鎖に強く結合する一本鎖抗体を得ることに成功したので報告する。(著者抄録)

  • Mohri Kohta, Miyata Kohei, Egawa Tomomi, Tanishita Sohei, Endo Rikito, Yagi Haruya, Ukawa Masami, Ochiai Kyohei, Hiwatari Ken-ichiro, Tsubaki Kazufumi, Shigeno Koichi, Tobita Etsuo, Uto Tomofumi, Baba Masanori, Sakuma Shinji .  鼻腔での抗体誘導に対して、粘膜アジュバントである生体適合性ポリマーに結合したオリゴアルギニンの化学構造が与える影響(Effects of the Chemical Structures of Oligoarginines Conjugated to Biocompatible Polymers as a Mucosal Adjuvant on Antibody Induction in Nasal Cavities) .  Chemical & Pharmaceutical Bulletin66 ( 4 ) 375 - 381   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    生体適合性ポリマーであるポリ(N-ビニルアセトアミド-co-アクリル酸)(PNVA-co-AA)に結合させたオリゴアルギニン(Arg)類10種類(Arg残基数:8〜13、光学活性:D-体9種類、L-体1種類)の化学構造が、鼻粘膜における体液性免疫の誘導に及ぼす影響を検討した。その結果、Arg残基数8〜13のD-Arg残基を持ち、グラフト率が約15%のPNVA-co-AA類の中では、D-オクタArg結合PNVA-co-AA(I)が最高レベルのIgA誘導を示したため、これを粘膜アジュバントとして使用した。Iのアジュバント活性はグラフト率の増加によって促進され、ポリマー骨格におけるD-オクタArgの末端アミノ基とカルボキシ基との間のグリシンセグメントが必要であった。この活性はD-立体配置をL-立体配置に変換すると低下した。以上より、粘膜IgAを誘導する最高のアジュバントとしてのジグリシン-D-オクタArg結合PNVA-co-AAを得ることができた。

  • Baba M, Toyama M, Sakakibara N, Okamoto M, Arima N, Saijo M .  Establishment of an antiviral assay system and identification of severe fever with thrombocytopenia syndrome virus inhibitors .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy25 ( 3 ) 83 - 89   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2040206617740303

  • Uto T. .  Induction of innate and adaptive immunity with polyion complex nanoparticle adjuvant carrying human immunodeficiency virus type-1 gp120 .  Journal of Biomedical Nanotechnology13 ( 7 ) 848 - 857   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Biomedical Nanotechnology  

    DOI: 10.1166/jbn.2017.2399

    Scopus

  • Oyero OG, Toyama M, Mitsuhiro N, Onifade AA, Hidaka A, Okamoto M, Baba M .  Selective inhibition of hepatitis C virus replication by Alpha-zam, a Nigella sativa seed formulation .  African Journal of Traditional, Complementary and Alternative Medicines13 ( 6 ) 144 - 148   2016年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito W, Toyama M, Okamoto M, Ikeda M, Watashi K, Wakita T, Hashimoto Y, Baba M .  Isolation and characterization of hepatitis C virus resistant to a novel phenanthridinone derivative .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy24 ( 5-6 ) 148 - 154   2016年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uto T, Toyama M, Yoshinaga K, Baba M .  Cepharanthine induces apoptosis through the mitochondria/caspase pathway in murine dendritic cells .  Immunopharmacology and Immunotoxicology38 ( 3 ) 238 - 243   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/08923973.2016

  • Okamoto M, Hidaka A, Toyama M, Hosoya T, Yamamoto M, Hagiwara M, Baba M .  Selective inhibition of HIV-1 replication by the CDK9 inhibitor FIT-039 .  Antiviral Research123   1 - 4   2015年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uto T, Akagi T, Akashi M, Baba M .  Induction of potent adaptive immunity by the novel polyion complex nanoparticles .  Clinical Vaccine Immunology22 ( 5 ) 578 - 585   2015年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakakibara N, Balboni G, Congiu C, Onnis V, Demizu Y, Misawa T, Kurihara M, Kato Y, Maruyama T, Toyama M, Okamoto M, Baba M .  Design, synthesis, and anti-HIV-1 activity of 1-substituted 3-(3,5-dimethylbenzyl)triazine derivatives .  Antiviral Chemistry and Chemotherapy24 ( 2 ) 62 - 71   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Toyama, H. Aoyama, R. Mukai, M. Nakamura, K. Yoshimura, M. Okamoto, T. Ohshima, Y. Hashimoto, Masanori Baba .  A novel tetramethylnaphthalene derivative selectively inhibits adult T-cell leukemia (ATL) cells in vitro .  Anticancer Research34 ( 4 ) 1771 - 1778   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 馬場昌範 .  エイズウイルス薬に関する研究の最前線 .  鹿児島大学医学部医師会報 ( 33 ) 48 - 49   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • T. Hamasaki, M. Okamoto, Masanori Baba .  Identification of novel inhibitors of human immunodeficiency virus type 1 replication by in silico screening targeting cyclin T1/Tat interaction .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy57 ( 3 ) 1323 - 1331   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Okamoto, H. Chono, Y. Kawano, N. Saito, H. Tsuda, K. Inoue, I. Kato, J. Mineno, Masanori Baba .  Sustained inhibition of HIV-1 replication by conditional expression of the E. coli-derived endoribonuclease MazF in CD4+ T cells .  Human Gene Therapy Methods24 ( 2 ) 94 - 103   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, M. Toyama, Y. Nishi, T. Akagi, F. Shima, M. Akashi, Masanori Baba .  Uptake of biodegradable poly(γ-glutamic acid) nanoparticles and antigen presentation by dendritic cells in vivo .  Results in Immunology3 ( 1 ) 1 - 9   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Toyama, T. Hamasaki, T. Uto, H. Aoyama, M. Okamoto, Y. Hashimoto, Masanori Baba .  Synergistic inhibition of HTLV-1-infected cell proliferation by combination of cepharanthine and a tetramethylnaphthalene derivative .  Anticancer Research32 ( 7 ) 2639 - 2645   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • P. Ordonez, T. Hamasaki, Y. Isono, N. Sakakibara, M. Ikejiri, T. Maruyama, Masanori Baba .  Anti-human immunodeficiency virus type 1 activity of novel 6-substituted 1-benzyl-3-(3,5-dimethylbenzyl)uracil derivatives .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy56 ( 5 ) 2581 - 2589   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M.T. Salim, H. Aoyama, K. Sugita, K. Watashi, T. Wakita, T. Hamasaki, M. Okamoto, Y. Urata, Y. Hashimoto, Masanori Baba .  Potent and selective inhibition of hepatitis C virus replication by novel phenanthridinone derivatives .  Biochemical and Biophysical Research Communications415 ( 4 ) 714 - 718   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, Y. Nishi, M. Toyama, K. Yoshinaga, Masanori Baba .  Inhibitory effect of cepharanthine on dendritic cell activation and function .  International Immunopharmacology11 ( 11 ) 1932 - 1938   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, T. Akagi, M. Toyama, Y. Nishi, F. Shima, M. Akashi, Masanori Baba .  Comparable activity of biodegradable nanoparticles with aluminum adjubvants: antigen uptake by dendritic cells and induction of immune response in mice .  Immunology Letters140 ( 42006 ) 35 - 43   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, T. Akagi, K. Yoshinaga, M. Toyama, M. Akashi, Masanori Baba .  The induction of innate and adaptive immunity by biodegradable poly(γ-glutamic acid) nanoparticles via a TLR4 and MyD88 signaling pathway .  Biomaterials32 ( 22 ) 5206 - 5212   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, M. Toyama, H. Aoyama, Y. White, M. Okamoto, N. Arima, Y. Hashimoto, Masanori Baba .  Selective inhibition of HTLV-1-infected cell proliferation by a novel tetramethylnaphthalene derivative .  Anticancer Research31 ( 6 ) 2241 - 2247   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. T. A. Salim, Y. Goto, T. Hamasaki, M. Okamoto, H. Aoyama, Y. Hashimoto, S. Musiu, J. Paeshuyse, J. Neyts, M. Froeyen, P. Herdewijn, Masanori Baba .  Highly potent and selective inhibition of bovine viral diarrhea virus replication by γ-carboline derivatives .  Antiviral Research88 ( 3 ) 263 - 268   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamasaki, T. Uto, T. Akagi, M. Akashi, Masanori Baba .  Modulation of gene expression related to Toll-like receptor signaling in dendritic cells by poly(γ-glutamic acid) nanoparticles .  Clinical and Vaccine Immunology17 ( 5 ) 748 - 756   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. T. A. Salim, M. Okamoto, S. Hosoda, H. Aoyama, Y. Hashimoto, Masanori Baba .  Anti-bovine viral diarrhoea virus activity of novel diphenylmethane derivatives .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy20 ( 5 ) 193 - 200   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Okamoto, M. Sakai, Y. Goto, M. T. A. Salim, C. Baba, K. Goto, K. Watashi, K. Shimotohno, Masanori Baba .  Anti-bovine viral diarrhea virus and hepatitis C virus activity of the cyclooxygenase inhibitor SC-560 .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy20 ( 1 ) 47 - 54   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Shi, X. Wang, M. Okamoto, S. Takao, Masanori Baba .  Inhibition of porcine endogenous retrovirus (PERV) replication by HIV-1 gene expression inhibitors .  Antiviral Research83 ( 2 ) 201 - 204   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, T. Akagi, T. Hamasaki, M. Akashi, Masanori Baba .  Modulation of innate and adaptive immunity by biodegradable nanoparticles .  Immunology Letters125 ( 1 ) 46 - 52   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, X. Wang, T. Akagi, R. Zenkyu, M. Akashi, Masanori Baba .  Improvement of adaptive immunity by antigen-carrying biodegradable nanoparticles .  Biochemical and Biophysical Research Communications379 ( 2 ) 600 - 604   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masanori Baba, M. Okamoto, T. Hamasaki, S. Horai, X. Wang, Y. Ito, Y. Suda, N. Arima .  Highly enhanced expression of CD70 on human T-lymphotropic virus type 1-carrying cell lines and adult T-cell leulemia cells .  Journal of Virology82 ( 8 ) 3843 - 3852   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • X. Wang, T. Uto, T. Akagi, M. Akashi, Masanori Baba .  Poly(γ-glutamic acid) nanoparticles as an efficient antigen delivery and adjuvant system: potential for an anti-AIDS vaccine .  Journal of Medical Virology80 ( 1 ) 11 - 19   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • X. Wang, T. Uto, T. Akagi, M. Akashi, Masanori Baba .  Induction of potent CD8+ T-cell responses by novel biodegradable nanoparticles carrying human immunodeficiency virus type 1 gp120 .  Journal of Virology81 ( 18 ) 10009 - 10016   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • X. Wang, K. Yamataka, M. Okamoto, S. Ikeda, Masanori Baba .  Potent and selective inhibition of Tat-dependent HIV-1 replication in chronically infected cells by a novel naphtalene derivative JTK-101 .  Antivral Chemistry and Chemotherapy18 ( 4 ) 201 - 211   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Shi, X. Wang, E. De Clercq, S. Takao, Masanori Baba .  Selective inhibition of porcine endogenous retrovirus (PERV) replication in human cells by acyclic nucleoside phosphonates .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy51 ( 7 ) 2600 - 2604   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uto, X. Wang, K. Sato, M. Haraguchi, T. Akagi, M. Akashi, Masanori Baba .  Targeting of antigen to dendritic cells with poly(γ-glutamic acid) nanoparticles induces antigen-specific humoral and cellular immunity .  The Journal of Immunology178 ( 5 ) 2979 - 2986   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masanori Baba, H. Miyake, X. Wang, M. Okamoto, K. Takashima .  Isolation and characterization of human immunodeficiency virus type 1 resistant to the small-molecule CCR5 antagonist TAK-652 .  Antimicribial Agents and Chemotherapy51 ( 2 ) 707 - 715   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masanori Baba, K. Takashima, H. Miyake, N. Kanzaki, K. Teshima, X. Wang, M. Shiraishi, Y. Iizawa .  TAK-652 inhibits CCR5-mediated HIV-1 infection in vitro and has favorable pharmacokinetics in humans .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy49 ( 11 ) 4584 - 4591   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Okamoto, X. Wang, Masanori Baba .  HIV-1-infected macrophages induce astrogliosis by SDF-1alpha and matrix metalloproteinases .  Biochemical and Biophysical Research Communications336 ( 4 ) 1214 - 1220   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Takashima, H. Miyake, N. Kanzaki, Y. Tagawa, X. Wang, Y. Sugihara, Y. Iizawa, Masanori Baba .  Highly potent inhibition of human immunodeficiency virus type 1 replication by TAK-220, an orally bioavailable small molecule CCR5 antagonist .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy49 ( 8 ) 3474 - 3482   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Nitanda, X. Wang, H. Kumamoto, K. Haraguchi, H. Tanaka, Y.-C. Cheng, Masanori Baba .  Anti-human immunodeficiency virus type 1 activity and resistance profile of 2',3'-didehydro-3'-deoxy-4'-ethynylthymidine in vitro .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy49 ( 8 ) 3355 - 3360   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kawamura, X. Wang, T. Uto, K. Sato, M. Ueno, M. Akagi, K. Hiraishi, T. Matsuyama, M. Akashi, Masanori Baba .  Induction of dendritic cell-mediated immune responses against HIV-1 by antigen-capturing nanospheres in mice .  Journal of Medical Virology76 ( 1 ) 7 - 15   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • X. Wang, T. Uto, K. Sato, K. Ide, T. Akagi, M. Okamoto, T. Kaneko, M. Akashi, Masanori Baba .  Potent activation of antigen-specific T cells by antigen-loaded nanospheres .  Immunology Letters98 ( 1 ) 123 - 130   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • C. Baba, K. Yanagida, T. Kanzaki, Masanori Baba .  CCR5 antagonists as anti-HIV-1 agents. Part 3: Synthesis and biological evaluation of piperidine-4-carboxamide derivatives .  Antiviral Chemistry & Chemotherapy16 ( 1 ) 397 - 416   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Yanagida, C. Baba, Masanori Baba .  Inhibition of bovine viral diarrhea virus (BVDV) by mizoribine: Synergistic effect of combination with interferon-alpha .  Antiviral Research64 ( 3 ) 195 - 201   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • X. Wang, T. Nitanda, M. Shi, M. Okamoto, T. Furukawa, Y. Sugimoto, S. Akiyama, Masanori Baba .  Induction of cellular resistance to nucleoside reverse transcriptase inhibitors by the wild-type breast cancer resistance protein .  Biochemical Pharmacology68 ( 7 ) 1363 - 1370   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ウイルス病の治療

    馬場昌範( 担当: 単著)

    標準微生物学第12版(医学書院)  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗ウイルス薬

    馬場昌範(分担)( 担当: 単著)

    病原微生物学-基礎と臨床-・東京化学同人  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 侵入阻害薬

    馬場昌範(分担)( 担当: 単著)

    HIV感染症とAIDS・最新医学社  2014年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗ウイルス薬の開発

    馬場昌範( 担当: 共著)

    新編 ウイルスの今日的意味  2012年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウイルス病の治療

    馬場昌範( 担当: 単著)

    標準微生物学第11版(医学書院)  2012年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 逆転写酵素阻害薬とプロテアーゼ阻害薬

    馬場昌範( 担当: 単著)

    HIV感染症とAIDS(最新医学社)  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウイルス病の治療

    馬場昌範( 担当: 単著)

    標準微生物学第10版(医学書院)  2009年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗ウイルス薬

    馬場昌範( 担当: 単著)

    ウイルスハンドブック(日本医学館)  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウイルス感染症の治療

    馬場昌範( 担当: 単著)

    シンプル微生物学第4版(南江堂)  2006年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ウイルス病の治療

    馬場昌範( 担当: 単著)

    標準微生物学第9版(医学書院)  2005年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Cellular factors as targets for anti-HIV-1 chemotherapy

    Masanori Baba( 担当: 単著)

    HIV Chemotherapy: A Critical Review (Horizon Scientific Press/Caister Academic Press)  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 【これからの抗ウイルス療法】抗ウイルス薬の開発の歴史

    馬場 昌範

    臨床と微生物   45 ( 6 )   675 - 678   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)近代出版  

    ヘルペスウイルス感染症に対する治療薬の発見から始まった。抗ウイルス薬の研究と開発の歴史は、ヒト免疫不全ウイルス、インフルエンザウイルス、そして肝炎ウイルスへと、半世紀以上の歳月をかけて、その対象を拡大してきた。その結果、これらのウイルスに対しては、治療効果が高く、副作用の少ない薬剤が開発され、臨床で幅広く使用されている。(著者抄録)

  • 【進化するHIV感染症とAIDSの治療】臨床開発中の抗HIV-1薬

    馬場 昌範

    医学のあゆみ   265 ( 7 )   580 - 584   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    逆転写酵素を阻害するジドブジンの発見により、HIV-1感染症に対する抗ウイルス化学療法が開始されて以来、種々の逆転写酵素阻害薬、プロテアーゼ阻害薬、そしてインテグレース阻害薬がつぎつぎに開発された。その結果、作用機序の異なる薬剤を複数併用する抗レトロウイルス療法(ART)が確立したことで、薬剤耐性ウイルスの出現を抑え、感染者の血中ウイルス量を検出限界以下に維持し続けることが可能となった。さらに最近では、複数の薬剤をまとめた合剤が開発され、服薬が1日1回1錠ですむようになった。このように、ARTはほぼ完成の領域に達した感があるものの、より完全な治療法の確立を求めて新薬の臨床開発がいまもなお積極的に行われている。このなかには、既存の抗HIV-1薬とは作用機序(標的分子)が異なるもの、同じ作用機序ではあるが、より強い薬効と低い毒性を有するもの、そして月に1回程度の投与で十分な効果のある長時間作用型注射薬などがある。とくに長時間作用型注射薬については、抗HIV-1維持療法への適用と、曝露前予防投与への道を開くものとして、大きな期待が寄せられている。(著者抄録)

  • CD70を標的とする抗ATL抗体薬物複合体の開発研究

    横田璃里, 橋本駿, 渡邉いく子, 伊東祐二, 外山政明, 岡本実佳, 馬場昌範

    日本HTLV‐1学会学術集会   5th   78   2018年

     詳細を見る

  • 抗ウイルス薬開発の歴史

    馬場昌範

    化学療法の領域   33 ( 1 )   22 - 24   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬の歴史と分類

    馬場昌範

    臨床と微生物   40 ( 1 )   3 - 7   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬研究の歴史と進歩

    馬場昌範

    日本臨床   70 ( 4 )   553 - 557   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬の開発

    馬場昌範

    化学療法の領域   27 ( 9 )   1967 - 1975   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HIV感染症/AIDS治療の進歩の展望-HIVのアキレス腱は他にもあるか-

    馬場昌範

    血液フロンティア(医薬ジャーナル社)   20 ( 12 )   2167 - 2173   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • これからの抗HIV薬研究の進むべき方向 査読

    馬場昌範,中田浩智,朝光かおり,駒野 淳,岡本実佳,杉浦 亙

    日本エイズ学会誌   12 ( 2 )   74 - 80   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Entry inhibitors of human immunodeficiency virus 査読

    Masanori Baba

    Antiviral Research: Strategies in Antiviral Drug Discovery (ASM Press)   19 ( 32 )   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エイズの現状;社会的影響への考察も含めて

    新薬の開発状況

    Pharma Medica   27 ( 4 )   45 - 49   2008年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新しい抗HIV-1薬開発の展望

    馬場昌範

    化学療法の領域   23 ( 7 )   1102 - 1108   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Development of core-corona type polymeric nanoparticles as an anti-HIV-1 vaccine 査読

    X. Wang, T. Akagi, M. Akashi, Masanori Baba

    Mini-Reviews in Organic Chemistry   4 ( 1 )   51 - 59   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬(Antiviral agents)

    馬場昌範

    Drug Delivery System   22 ( 1 )   78 - 79   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬

    馬場昌範

    医薬ジャーナル   43 ( S-1 )   90 - 95   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Nanotechnology and antiretroviral therapy 査読

    Masanori Baba

    Blood   108 ( 8 )   2505 - 2506   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Recent advances of CCR5 antagonists 査読

    Masanori Baba

    Current Opinion in HIV and AIDS   1 ( 5 )   367 - 372   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Recent status of HIV-1 gene expression inhibitors 査読

    Masanori Baba

    Antiviral Research   71 ( 2-3 )   301 - 306   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 宿主細胞由来の因子を標的とする抗エイズ薬の開発は可能か?

    馬場昌範

    カレントテラピー   24 ( 3 )   321 - 321   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 薬剤耐性(ウイルス)

    馬場昌範

    臨床と微生物   33 ( 1 )   94 - 95   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エイズ治療薬の進歩と今後の課題

    馬場昌範

    日本医事新報   ( 4254 )   20 - 24   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A role of breast cancer resistance protein (BCRP/ABCG2) in the cellular resistance to HIV-1 nucleoside reverse transcriptase inhibitors 査読

    X. Wang, Masanori Baba

    Antiviral Chemistry & Chemotherapy   16 ( 4 )   213 - 216   2005年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬研究の歩み(Advances in antiviral chemotherapy)

    馬場昌範

    ウイルス   55 ( 1 )   69 - 76   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エイズワクチン開発の現況とナノ粒子の応用(Anti-AIDS vaccine development and application of nanospheres)

    馬場昌範, 明石満

    バイオマテリアル   22 ( 6 )   394 - 399   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗ウイルス薬研究最近の進歩:抗エイズ薬を中心として(Recent progress in anti-HIV-1 research)

    馬場昌範

    ウイルス   54 ( 1 )   59 - 66   2004年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Inhibitors of HIV-1 gene expression and transcription 査読

    Masanori Baba

    Current Topics in Medicinal Chemistry   4 ( 9 )   871 - 882   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 谷下 宗平, 吉田 祐樹, 辻岡 拓実, 鵜川 真実, 伴野 拓巳, 宮田 康平, 飛田 悦男, 宇都 倫史, 馬場 昌範, 佐久間 信至 .  膜透過ペプチド固定化ヒアルロン酸を粘膜アジュバントとして含有する経鼻粘膜ワクチンの交差反応性のマウス感染実験による実証 .  日本薬剤学会年会講演要旨集  2019年5月  (公社)日本薬剤学会

  • 八木 晴也, 谷下 宗平, 鵜川 真実, 吉田 祐樹, 飛田 悦男, 宇都 倫史, 馬場 昌範, 佐久間 信至 .  膜透過ペプチドを固定化したヒアルロン酸誘導体の粘膜投与型ワクチンのアジュバントとしての特性評価 .  日本薬剤学会年会講演要旨集  2018年5月  (公社)日本薬剤学会

  • 隅田 泰生, 馬場 昌範, 田島 靖久, 東元 一晃, 坪内 博仁, 西 順一郎, 帖佐 俊行, 加治屋 崇 .  糖鎖ナノバイオテクノロジーとPCRによる高感度ウイルス検査診断法の開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 佐久間 信至, 馬場 昌範 .  次世代創薬ターゲット"バイオ医薬"の動態を制御するキー分子「細胞膜透過ペプチド」のDDS研究最前線 膜透過ペプチド固定化高分子を用いた粘膜投与型ワクチンの開発 .  日本薬学会年会要旨集  2017年3月  (公社)日本薬学会

  • 馬場 昌範 .  新型コロナウイルス感染症治療薬の現状と将来 .  日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録  2020年9月  日本分子腫瘍マーカー研究会

  • 谷下 宗平, 八木 晴也, 毛利 浩太, 熊谷 光倫, 宮田 康平, 落合 恭平, 日渡 謙一郎, 滋野 浩一, 飛田 悦男, 宇都 倫史, 馬場 昌範, 佐久間 信至 .  ヒアルロン酸を支持体とするオクタアルギニン固定化高分子の粘膜投与型ワクチンの抗原キャリアとしての有用性評価 .  日本薬学会年会要旨集  2017年3月  (公社)日本薬学会

  • 馬場 昌範 .  ウイルス感染症とその最新治療薬 新型コロナウイルス感染症からエイズまで .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 馬場 昌範 .  HIV感染症の早期発見・診療とARTの今後の展望 臨床開発中の抗HIV薬とARTの将来展望 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 馬場 昌範 .  HIV感染症の早期発見・診療とARTの今後の展望(共催:ヴィーブヘルスケア) 臨床開発中の抗HIV薬とARTの将来展望 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 馬場 昌範 .  HIVの増殖機構からみた抗エイズ薬の開発 .  臨牀と研究  2020年6月  大道学館出版部

  • 馬場 昌範, 岡本 実佳, 青木 伸, 八木 良樹, 外山 政明, 田中 智博, 丹羽 卓朗 .  MedChemCorona:COVID-19治療薬創製研究の最前線 新型コロナウイルスの複製を阻害する新規化合物の同定と開発(Identification and development of novel compounds inhibitory to SARS-CoV-2 replication) .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 馬場 昌範 .  新型コロナウイルス感染症治療薬開発へのアプローチ .  日本小児科学会雑誌  2022年2月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田中 智博, 横井 健汰, 佐藤 秀哉, 森田 都望恵, 神戸 梓, 吉村 弥生, 岡本 実佳, 外山 政明, 馬場 昌範, 青木 伸 .  抗マラリア薬アモジアキンをリード化合物とした抗SARS-CoV-2治療薬の創製 .  日本薬学会年会要旨集  2022年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 本間 大暉, 岡本 実佳, 馬場 昌範, 須原 義智 .  抗ウイルス活性を有する新規ビタミン誘導体の研究 .  ビタミン  2022年4月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 馬場 昌範 .  新型コロナウイルス感染症治療薬開発へのアプローチ .  日本小児科学会雑誌  2022年2月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田中 智博, 横井 健汰, 佐藤 秀哉, 森田 都望恵, 神戸 梓, 吉村 弥生, 岡本 実佳, 外山 政明, 馬場 昌範, 青木 伸 .  抗マラリア薬アモジアキンをリード化合物とした抗SARS-CoV-2治療薬の創製 .  日本薬学会年会要旨集  2022年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 本間 大暉, 岡本 実佳, 馬場 昌範, 須原 義智 .  抗ウイルス活性を有する新規ビタミン誘導体の研究 .  ビタミン  2022年4月  (公社)日本ビタミン学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 南日本文化賞

    2016年11月   南日本新聞社  

    馬場昌範

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 日本エイズ学会賞「シミック賞」

    2014年12月   日本エイズ学会   新規抗HIV薬の開発とその増殖抑制機構の解明

    馬場 昌範

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 国際抗ウイルス学会賞「エリオン賞」

    2013年5月   国際抗ウイルス学会 (International Society for Antiviral Research)  

    馬場 昌範

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • アモジアキンおよび誘導体の抗SFTSV効果に関する研究

    研究課題/領域番号:17H04084  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    馬場 昌範, 西條 政幸

      詳細を見る

    配分額:16900000円 ( 直接経費:13000000円 、 間接経費:3900000円 )

    平成 29 年度までの研究により,重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の原因ウイルスである SFTSV に対する in vitro 抗ウイルスアッセイ系を確立し,それを用いた薬剤のスクリーニングにより,アモジアキンに選択的な抗 SFTSV 効果を同定した。さらに,種々のアモジアキン誘導体について,それらの抗 SFTSV 効果を検討したところ,アモジアキンと比較して,抗ウイルス活性が 10 倍程度高い新規誘導体(# 90)を同定することに成功した。そこで,平成 30 年度の本研究では,# 90 について,研究代表者が in vivo 実験用に必要な量の薬剤を準備するとともに,研究分担者が国立感染症研究所において SFTSV に感受性を有する1型インターフェロン受容体ノックアウトマウスを用いた in vivo 投与実験を行った。その結果,SFTSV 感染マウスに対し,# 90 の最大量(100 mg/kg)の経口投与群においても,非投与群と比較して,有意な致死率の減少をもたらさなかった。一方で,非感染マウスの最大量投与群においても,体重減少などの有害事象が全く認められなかったため,# 90 については in vivo における薬物体内動態(経口吸収性など)に問題があるのではないかと思われた。そこで # 90 の体内動態を改善することを目的に,原体から塩体(塩酸塩)への変換を行った。次年度は #90 塩酸塩を用いて,in vitro 活性試験および in vivo 活性試験を行う予定である。
    また,本研究から派生した研究成果として,米国のテキサス・バイオメディカル研究所の BSL4 施設を用いた国際共同研究を実施し,# 90 に強い in vitro 抗エボラウイルス効果を有することも明らかにした。

  • 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に有効な抗ウイルス薬の探索研究

    研究課題/領域番号:26460559  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    馬場 昌範, 有馬 直道

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    SFTS は新しいウイルス SFTSV によるダニ媒介性感染症である。SFTS の致死率は高齢者で極めて高く,現時点で有効な治療薬が存在しない。そこで,本研究では抗ウイルスアッセイ系の構築を行うとともに,それを用いて種々の薬剤の抗 SFTSV 効果について検討した。本法を用いて,既に抗 SFTSV 活性が報告されている,リバビリンおよびファビピラビルについて検討したところ,それらの EC50 値は,それぞれ 40.1 ± 16.3 および 25.0 ± 9.3 μM であった。さらに,アモジアキンに選択的な抗 SFTSV 効果を認めた(EC50 = 19.1 ± 5.1 μM)。