2021/06/10 更新

写真a

イヌイ アキオ
乾 明夫
INUI Akio
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 共同研究講座 漢方薬理学共同研究講座 特任教授
職名
特任教授

学位

  • 博士(医学) ( 1984年3月   神戸大学 )

研究キーワード

  • 消化管運動

  • モデル動物

  • 創薬

  • 摂食障害

  • 悪液質

  • 肥満症

  • 摂食行動

  • 脳腸ペプチド

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 共同研究講座 漢方薬理学共同研究講座   特任教授

    2021年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 漢方薬理学講座   特任教授

    2018年4月 - 2020年12月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座   教授

    2005年1月 - 2018年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部    

    2005年1月 - 2018年3月

所属学協会

  • 日本癌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本消化器病学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本行動医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本心療内科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本心身医学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 国際行動医学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際肥満学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際神経ペプチド学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 国際サイトカイン学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際精神神経内分泌学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際神経内分泌学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国内分泌学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国生理学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国消化器病学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国糖尿病学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本肥満学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 膵ホルモン研究会

    2015年10月 - 現在

  • 消化管ホルモン研究会

    2015年10月 - 現在

  • 日本内科学会(地方会)(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本健康教育学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床薬理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経内分泌学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本老年医学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本糖尿病学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本内分泌学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本膵臓病学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本消化吸収学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Rokot N.T. .  Antagonism for NPY signaling reverses cognitive behavior defects induced by activity-based anorexia in mice .  Psychoneuroendocrinology126   105133   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Psychoneuroendocrinology  

    DOI: 10.1016/j.psyneuen.2021.105133

    Scopus

    PubMed

  • Kawamura N. .  Impaired brain fractalkine-CX3CR1 signaling is implicated in cognitive dysfunction in diet-induced obese mice .  BMJ Open Diabetes Research and Care9 ( 1 )   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMJ Open Diabetes Research and Care  

    DOI: 10.1136/bmjdrc-2020-001492

    Scopus

    PubMed

  • Ogata K. .  The relationship between premorbid intelligence and symptoms of severe anorexia nervosa restricting type .  International Journal of Medical Sciences18 ( 7 ) 1566 - 1569   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Medical Sciences  

    DOI: 10.7150/ijms.53907

    Scopus

    PubMed

  • Shiozaki K. .  Neuropeptide Y deficiency induces anxiety-like behaviours in zebrafish (Danio rerio) .  Scientific Reports10 ( 1 ) 5913   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-62699-0

    Scopus

    PubMed

  • Kawamura N. .  Reduced brain fractalkine-CX3CR1 signaling is involved in the impaired cognition of streptozotocin-treated mice .  IBRO Reports9   233 - 240   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:IBRO Reports  

    DOI: 10.1016/j.ibror.2020.09.002

    Scopus

    PubMed

  • 鄭 凱駿, 宇都 奈々美, 榊 弥香, 小林 由基, 安宅 弘司, 奥津 果優, 乾 明夫 .  (BASIC RESEARCH 1)芋焼酎の有効成分ゲラニオールの血糖降下作用 .  Phil漢方 ( 81 ) 29 - 31   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

    著者らは芋焼酎の成分を分析し、ゲラニオール、リナロール、シトロネロールなどの物質が含有されていることを確認した。本研究では、肝細胞でのグルコース取り込みに及ぼすゲラニオールの効果を測定した。マウス肝細胞AML12内にゲラニオール、リナロール、シトロネロール溶液をそれぞれ投与し、24時間後に細胞内のグルコース取り込み量を測定した。その結果、24時間後に2DG6Pの吸収率が著しく増加し、その中でゲラニオールの増加量が最も著明であった。次に、8週齢のWistar系雄性ラットにSTZを腹腔内投与して糖尿病を発症させ、ゲラニオール、リナロール、シトロネロールをそれぞれ静脈内・腹腔内に投与した。その結果、ゲラニオールはグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)分泌に対する促進効果が最も大きく、血中GLP-1濃度の増加も用量依存性が認められた。また、胆汁酸受容体Transmembrane G protein-coupled receptor 5とゲラニオールとの関連では、トリアムテレン使用量の増加に伴い、ゲラニオールによる血中GLP-1濃度の増加が抑制された。ゲラニオールは糖尿病モデルラットの血糖改善効果を有することが証明された。

  • 森永 明倫, 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  マウスマイクログリアにおける白朮の抗炎症作用について .  Phil漢方 ( 79 ) 20 - 21   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

    マウスのマイクログリア細胞株であるMG6細胞を用いて、白朮の抗炎症作用について検討し、その主要成分であるアトラクチレノリドIIIの効果について評価した。リポポリサッカライド(LPS)の適用によってinterleukin-1β(IL-1β)およびTNF-α mRNA発現の著明な増加が認められた。そのLPSによるIL-1β mRNA発現の増加は、白朮50ng/mLおよび500ng/mLの適用によって、それぞれLPS反応の48%および28%にまで有意に抑制された。また、蒼朮ではIL-1β mRNA発現の増加に対して、50ng/mLの適用では効果がなく、500ng/mLの適用でLPS反応の26%にまで有意な抑制が認められた。さらに、アトラクチレノリドIIIの作用について検討したところ、アトラクチレノリドIII 10μMでは効果は認められなかったが、30μMおよび100μMの適用によって、LPSの反応がそれぞれ82%および40%にまで有意に抑制された。

  • 乾 明夫, 小林 由基, 榊 弥香, 川元 美穂子, 藏薗 秀伍, 宇都 奈々美 .  グレリン-神経ペプチドY空腹系と人参養栄湯:―健康長寿に向けて― .  自律神経57 ( 3 ) 165 - 171   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本自律神経学会  

    <p>グレリン-神経ペプチドY(NPY)空腹系は,個体や種族維持の根幹を担ってきた食欲・体重調節系であり,進化の長い歴史の中にあっては,飢えに応答する役割を有してきたと考えられる.グレリン-NPY空腹系はまた,健康長寿をもたらすカロリー制限の効果を介在するシステムでもある.近年,高齢化の進む我が国において,サルコペニア(骨格筋萎縮)を基礎としたフレイル(frailty)が注目されている.このフレイルの引き金になるのは食欲不振であり,グレリン-NPY空腹系の加齢によるシグナリングの低下が,その要因であると考えられる.漢方薬,とりわけ人参養栄湯は,グレリン-NPY空腹系を活性化し,フレイル病態への有用性が期待される.</p>

    DOI: 10.32272/ans.57.3_165

  • Yagi T. .  Red rice koji extract alleviates hyperglycemia by increasing glucose uptake and glucose transporter type 4 levels in skeletal muscle in two diabetic mouse models .  Food and Nutrition Research64   1 - 9   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Food and Nutrition Research  

    DOI: 10.29219/fnr.v64.4226

    Scopus

    PubMed

  • Suzuki H. .  Helicobacter pylori Vacuolating Cytotoxin A Causes Anorexia and Anxiety via Hypothalamic Urocortin 1 in Mice .  Scientific Reports9 ( 1 ) 6011   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-019-42163-4

    Scopus

    PubMed

  • Kairupan T.S. .  Rubiscolin-6 activates opioid receptors to enhance glucose uptake in skeletal muscle .  Journal of Food and Drug Analysis27 ( 1 ) 266 - 274   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Food and Drug Analysis  

    DOI: 10.1016/j.jfda.2018.06.012

    Scopus

    PubMed

  • Uto N.S. .  Herbal Medicine Ninjin'yoeito in the Treatment of Sarcopenia and Frailty .  Frontiers in Nutrition5   126   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Nutrition  

    DOI: 10.3389/fnut.2018.00126

    Scopus

    PubMed

  • Ogata K. .  The Effectiveness of Cognitive Behavioral Therapy With Mindfulness and an Internet Intervention for Obesity: A Case Series .  Frontiers in Nutrition5   56   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Nutrition  

    DOI: 10.3389/fnut.2018.00056

    Scopus

    PubMed

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 杉村 光隆, 杉浦 剛, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 園田 拓郎, 乾 明夫 .  持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方28   113 - 118   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して補中益気湯と当帰芍薬散が奏効した症例を経験した。症例は70歳代女性で、下顎前歯部の難治性疼痛があり、歯科治療にも抵抗性があるため当科を受診した。東洋医学的に気血両虚、寒証、気鬱と診断し、補中益気湯7.5gと当帰芍薬散7.5gを併用し投与したところ、約2週でVASおよび口腔粘膜の平均表面温度の改善がみられ、3ヵ月で軟口蓋の挙上運動が良好となり、改善が認められた。持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対しては、冷えが関与する場合もあり、補気・補血による温裏、補陽を考えた方剤も有効な治療法の一つと考えられた。(著者抄録)

  • Amitani M. .  The role of ghrelin and ghrelin signaling in aging .  International Journal of Molecular Sciences18 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms18071511

    Scopus

    PubMed

  • 乾 明夫 .  フレイルと漢方—人参養栄湯研究再び .  心身医学57 ( 10 ) 995 - 996   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本心身医学会  

    DOI: 10.15064/jjpm.57.10_995

  • Kido M, Asakawa A, Koyama KK, Takaoka T, Tajima A, Takaoka S, Yoshizaki Y, Okutsu K, Takamine KT, Sameshima Y, Inui A. .  Acute effects of traditional Japanese alcohol beverages on blood glucose and polysomnography levels in healthy subjects. .  PeerJ   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kairupan TS, Amitani H, Cheng KC, Runtuwene J, Asakawa A, Inui A. .  Role of gastrointestinal hormones in feeding behavior and obesity treatment. .  J Gastroenterol   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen YC, Inui A, Chang ES, Chen SC, Lee WJ, Chen CY. .  Comparison of gut hormones and adipokines stimulated by glucagon test among patients with type II diabetes mellitus after metabolic surgery. .  Neuropeptides   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koyama KI, Amitani H, Adachi R, Morimoto T, Kido M, Taruno Y, Ogata K, Amitani M, Asakawa A, Inui A. .  Good appearance of food gives an appetizing impression and increases cerebral blood flow of frontal pole in healthy subjects. .  Int J Food Sci Nutr   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moriyama M, Fujimoto Y, Rikimaru S, Ushikai M, Kuroda E, Kawabe K, Takano K, Asakawa A, Inui A, Eto K, Kadowaki T, Sinasac DS, Okano Y, Yazaki M, Ikeda S, Zhang C, Song YZ, Sakamoto O, Kure S, Mitsubuchi H, Endo F, Horiuchi M, Nakamura Y, Yamamura K, Saheki T. .  Mechanism for increased hepatic glycerol synthesis in the citrin/mitochondrial glycerol-3-phosphate dehydrogenase double-knockout mouse: Urine glycerol and glycerol 3-phosphate as potential diagnostic markers of human citrin deficiency. .  Biochim Biophys Acta   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Haruta I, Fuku Y, Kinoshita K, Yoneda K, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Asakawa A, Sugawara H, Takeda Y, Bowers CY, Inui A. .  One-year intranasal application of growth hormone releasing peptide-2 improves body weight and hypoglycemia in a severely emaciated anorexia nervosa patient. .  J Cachexia Sarcopenia Muscle   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohbuchi K, Nishiumi S, Fujitsuka N, Hattori T, Yamamoto M, Inui A, Azuma T, Yoshida M. .  Rikkunshito Ameliorates Cancer Cachexia Partly through Elevation of Glucarate in Plasma. .  Evid Based Complement Alternat Med   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeuchi S, Yazaki M, Yamada S, Fukuyama T, Inui A, Iwasaki Y, Ikeda S. .  An Adolescent Case of Citrin Deficiency With Severe Anorexia Mimicking Anorexia Nervosa. .  Pediatrics   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amitani M, Cheng KC, Asakawa A, Amitani H, Kairupan TS, Sameshima N, Shimizu T, Hashiguchi T, Inui A. .  Allantoin ameliorates chemically-induced pancreatic β-cell damage through activation of the imidazoline I3 receptors. .  PeerJ   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitagawa H, Munekage M, Matsumoto T, Sadakane C, Fukutake M, Aoki K, Watanabe J, Maemura K, Hattori T, Kase Y, Uezono Y, Inui A, Hanazaki K. .  Pharmacokinetic Profiles of Active Ingredients and Its Metabolites Derived from Rikkunshito, a Ghrelin Enhancer, in Healthy Japanese Volunteers: A Cross-Over, Randomized Study. .  PLoS One   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Runtuwene J, Amitani H, Amitani M, Asakawa A, Cheng KC, Inui A. .  Hydrogen-water enhances 5-fluorouracil-induced inhibition of colon cancer. .  PeerJ   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inui A, Chen CY, Meguid M .  Microbiome, peptide autoantibodies, and eating disorders: a missing link between gut and brain. .  Nutrition   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen PC, Inui A, Chen CY. .  Paradoxical responses of plasma glucagon and bile acid levels after duodenal nutrient exclusion. .  Gut   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miwa H, Kusano M, Arisawa T, Oshima T, Kato M, Joh T, Suzuki H, Tominaga K, Nakada K, Nagahara A, Futagami S, Manabe N, Inui A, Haruma K, Higuchi K, Yakabi K, Hongo M, Uemura N, Kinoshita Y, Sugano K, Shimosegawa T .  Evidence-based clinical practice guidelines for functional dyspepsia. .  J Gastroenterol   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 【フレイル予防・対策:基礎研究から臨床、そして地域へ】フレイルの全体像を学ぶ 精神・心理的フレイル

    乾 明夫

    Advances in Aging and Health Research   2020   59 - 68   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)長寿科学振興財団  

  • 人参養栄湯と蛋白尿

    乾 明夫, 榊 弥香, 網谷 東方, 雑敷 孝博

    Phil漢方   ( 82 )   22 - 23   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

  • クロトー欠損マウスにおける補剤の寿命延長効果

    乾 明夫, 高橋 隆二

    Phil漢方   ( 82 )   24 - 27   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

  • 【悪液質-内部障害のリハビリテーション栄養】悪液質の病態

    榊 弥香, 乾 明夫

    リハビリテーション栄養   4 ( 2 )   125 - 130   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本リハビリテーション栄養学会  

    悪液質は、食欲不振、体重減少、骨格筋の減少を主徴とした病態であり、がんの他、多くの疾患に合併して認められる。また、適切な栄養補給を行っても回復が困難な免疫や代謝、神経内分泌系の異常が複雑に絡み合って誘発される病態である。悪液質とサルコペニア(特に二次性)はその病態において共通している点が多く、両者のメカニズムには共通する因子が存在する。そこでは特に炎症性サイトカインが重要な役割を担っており、各種炎症性サイトカインを上流とする代謝異常が、筋萎縮、食欲低下および体脂肪量減少などを招来している。悪液質およびそれに伴うサルコペニアにおいては、全身炎症を背景とした複数の原因が関与しているため、多臓器・多要因に着目したメカニズムの解明とともに栄養療法、運動療法、薬物療法などによる早期の集学的介入が重要であり、心身両面からの多面的なアプローチが重要となる。(著者抄録)

  • グレリン-神経ペプチドY空腹系と人参養栄湯 健康長寿に向けて

    乾 明夫, 小林 由基, 榊 弥香, 川元 美穂子, 藏薗 秀伍, 宇都 奈々美

    自律神経   57 ( 3 )   165 - 171   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本自律神経学会  

    グレリン-神経ペプチドY(NPY)空腹系は,個体や種族維持の根幹を担ってきた食欲・体重調節系であり,進化の長い歴史の中にあっては,飢えに応答する役割を有してきたと考えられる.グレリン-NPY空腹系はまた,健康長寿をもたらすカロリー制限の効果を介在するシステムでもある.近年,高齢化の進む我が国において,サルコペニア(骨格筋萎縮)を基礎としたフレイル(frailty)が注目されている.このフレイルの引き金になるのは食欲不振であり,グレリン-NPY空腹系の加齢によるシグナリングの低下が,その要因であると考えられる.漢方薬,とりわけ人参養栄湯は,グレリン-NPY空腹系を活性化し,フレイル病態への有用性が期待される.(著者抄録)

  • 【がんにおけるカヘキシア-とくにサルコペニアの問題を考える】カヘキシアとサルコペニア概論

    榊 弥香, 乾 明夫

    医学のあゆみ   274 ( 6-7 )   555 - 561   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

    カヘキシア(悪液質)は、食欲不振、体重減少、骨格筋の減少を主徴とした病態であり、がんの他、多くの疾患に合併して認められる。サルコペニア(骨格筋萎縮)は骨格筋量および骨格筋力の低下を特徴とする症候群であり、加齢によるもの(一次性)と、廃用や疾病、低栄養によるもの(二次性)がある。カヘキシアとサルコペニア(とくに二次性)はその病態において共通している点が多く、両者のメカニズムには共通する因子が存在する。とくに炎症性サイトカインが重要な役割を担っており、各種炎症性サイトカインを上流とする代謝異常が、筋萎縮、食欲低下および体脂肪量減少などを招来している。がんカヘキシア(がん悪液質)およびそれに伴うサルコペニアにおいては、全身性炎症を背景とした複数の原因が関与しているため、多臓器・多要因に着目したメカニズムの解明とともに薬物療法、栄養療法、運動療法などによる早期の集学的介入が重要である。(著者抄録)

  • 【サルコペニア 診断と治療Update】知っておくべきサルコペニアの予防と治療 漢方薬のサルコペニアに対する効果

    榊 弥香, 乾 明夫

    Medical Practice   37 ( 5 )   765 - 770   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • Editorial: Frailty and Herbal Medicines- From Molecular Mechanisms to Clinical Efficacy

    Ataka K.

    Frontiers in Nutrition   7   41   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Nutrition  

    DOI: 10.3389/fnut.2020.00041

    Scopus

    PubMed

  • フレイルへの漢方応用 人参養栄湯を中心に

    乾 明夫

    東京内科医会会誌   36 ( 1 )   7 - 13   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)東京内科医会  

  • 【サルコペニアに関する最近の知見-変革する概念】サルコペニアに対する漢方薬治療

    榊 弥香, 小林 由基, 宇都 奈々美, 安宅 弘司, 乾 明夫

    カレントテラピー   37 ( 12 )   1201 - 1207   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ライフメディコム  

    超高齢社会を迎えたわが国において、サルコペニアおよびサルコペニアを骨子とするフレイルへの対策は克服すべき大きな課題となっている。高齢者においては、心身両面にわたる機能低下やその多種多様な病態あるいは症状がみられるため、薬物療法に際しては多剤併用がなされることが多いが、薬物代謝の低下や副作用の発現などに留意する必要がある。多彩な生薬成分を含む漢方薬は、副作用が比較的少ないと言え、また、未病の段階から投与でき、多面的なアプローチが可能であるため、サルコペニアおよびフレイルの予防・治療手段として有用であると考えられる。本稿ではサルコペニアおよびフレイル病態に対し、補剤、補腎剤を中心に、臨床効果、作用機序や有効成分を現代医学的な立場からエビデンスを基に述べた。(著者抄録)

  • 【高齢者の消化器診療】加齢と消化管機能

    榊 弥香, 小林 由基, 川元 美穂子, 宇都 奈々美, 安宅 弘司, 乾 明夫

    消化器・肝臓内科   6 ( 5 )   371 - 378   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【栄養を学ぶ-学際と実際】心身内科学と栄養

    榊 弥香, 菊池 春菜, 宇都 奈々美, 乾 明夫

    理学療法ジャーナル   53 ( 9 )   893 - 898   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>はじめに 超高齢社会を迎えたわが国では,高齢者の健康寿命の延伸や介護予防は非常に重要な課題である.65歳以上の高齢者が要介護状態となった主な原因として,「認知症」が最も多く,次いで「脳血管疾患(脳卒中)」,「高齢による衰弱」,「骨折・転倒」が挙げられる.高齢による衰弱いわゆるフレイルや,骨折・転倒のリスク因子であるサルコペニアは,ともに低栄養が深く関与する.日本において65歳以上の低栄養傾向の者[Body mass index(BMI)≦20kg/m2]の割合は16.4%であり,80歳以上では約20%に及ぶ.また,リハビリテーション実施患者の30〜50%に低栄養の可能性があり,低栄養の場合,機能回復が不良で,再入院・死亡率が高いとの報告もあり,高齢者の低栄養予防は非常に重要である.しかし,高齢者においては,栄養摂取が大事であることは理解していても食べたいという欲求(食欲)そのものが低下していることが多い.本稿では,高齢者の食欲不振の要因について述べるとともに,食欲不振に対するアプローチについて概説する.

  • 福祉の現場から フレイルと人参栄養湯 健康長寿に向けて

    高橋 隆二, 乾 明夫

    地域ケアリング   21 ( 7 )   109 - 111   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)北隆館  

    日本は世界に先駆けて超高齢社会に到達し、社会のあり方や疾病構造そのものが大きく変貌しつつある。健康長寿をもたらす取り組みは、国や地域社会をあげて行われ、種々のレベルでのパラダイムシフトが求められている。そのなかで注目されている病態はフレイル(frailty)である。フレイルは、要介護状態に至る前段階として位置づけられるが、身体的脆弱性のみならず精神・心理的脆弱性や社会的脆弱性などの多面的な問題を抱えやすく、自立障害や死亡を含む健康障害を招きやすいハイリスク状態を意味している。(著者抄録)

  • フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて

    高橋 隆二, 乾 明夫

    Medical Science Digest   45 ( 6 )   319 - 321   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

  • 【消化吸収アップデート】食欲の調節機構

    宇都 奈々美, 榊 弥香, 小林 由基, 川元 美穂子, 安宅 弘司, 乾 明夫

    消化器・肝臓内科   5 ( 5 )   457 - 467   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【認知症を考える】フレイルと認知症

    宇都 奈々美[鮫島], 榊 弥香, 小林 由基, 川元 美穂子, Rokot Natasya, Cheng Kai-Chun, 安宅 弘司, 網谷 東方, 乾 明夫

    精神科   34 ( 4 )   324 - 333   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 分子から迫る神経薬理学 ニューロペプチドY受容体をターゲットとした臨床応用

    河村 菜実子, 勝浦 五郎, 乾 明夫

    Clinical Neuroscience   37 ( 1 )   16 - 18   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)中外医学社  

  • 分子から迫る神経薬理学 ニューロペプチドY受容体の生理的および薬理的作用

    河村 菜実子, 勝浦 五郎, 乾 明夫

    Clinical Neuroscience   36 ( 12 )   1388 - 1389   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)中外医学社  

  • 分子から迫る神経薬理学 ニューロペプチドY受容体の種類

    河村 菜実子, 勝浦 五郎, 乾 明夫

    Clinical Neuroscience   36 ( 11 )   1258 - 1259   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)中外医学社  

  • 【消化器病漢方治療-理論と実践】実践 漢方薬治療の実際 このように治療する 食欲不振 フレイルも含めて

    宇都 奈々美, 安宅 幸司, 網谷 東方, 乾 明夫

    臨床消化器内科   33 ( 11 )   1377 - 1385   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    <文献概要>食欲不振は消化器疾患でしばしば遭遇する重要な症状であり,体重減少をきたしやすい.基礎疾患の有無の精査後,食事療法,薬物療法が考慮される.食欲不振の第一選択薬は漢方であり,六君子湯,補中益気湯,人参養栄湯などの補剤が考慮される.骨格筋萎縮(サルコペニア)を主徴とする病態には悪液質が挙げられるが,社会の高齢化とともにフレイルが注目されている.フレイルは漢方でいう未病病態に近しく,多成分系を特徴とする漢方は,多様な身体疾患や不安・抑うつ・認知機能の低下など,心身両面の異常を示すフレイルの予防と治療に威力を発揮するものと期待される.本稿では補剤を中心に,その臨床の実際や作用機序・有効成分に関し,エビデンスを基に述べた.

  • 【診断と治療のABC[137]フレイル】(第4章)フレイルの予防と治療 フレイルに対する漢方薬の効果

    宇都 奈々美, 安宅 弘司, 網谷 東方, 乾 明夫

    最新医学   別冊 ( フレイル )   163 - 174   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    フレイルは、漢方で言う未病病態に近しく、多成分系を特徴とする漢方は、多様な身体疾患や不安・抑うつ・認知など、心身両面の異常を示すフレイルの予防と治療に威力を発揮するものと期待される。本稿ではフレイル病態に関し、補剤としての人参養栄湯・補中益気湯・六君子湯、補腎剤としての八味(地黄)丸・牛車腎気丸を中心に、柴胡加竜骨牡蠣湯・半夏厚朴湯、抑肝散・抑肝散加陳皮半夏などの臨床効果、作用機序や有効成分を、エビデンスをもとに述べた。(著者抄録)

  • がん緩和医療と人参養栄湯 より良き支持療法を目指して

    乾 明夫

    Phil漢方   ( 71 )   13 - 17   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

  • 漢方薬を用いたフレイルの予防・改善 人参養栄湯の可能性

    鮫島 奈々美, 森永 明倫, 安宅 弘司, 乾 明夫

    新薬と臨牀   67 ( 4 )   447 - 455   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬情報研究所  

  • 【ストレス関連疾患のメカニズム-最近の知見から】脳腸ペプチドの立場から

    河村 菜実子, 勝浦 五郎, 乾 明夫

    日本医事新報   ( 4895 )   24 - 29   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

    <Point>▼ストレスによって引き起こされる気分障害および不安障害に、グレリンが重要な役割を果たしていると考えられている▼ストレスによる交感神経の活性化は、胃からのグレリン分泌を増加させる▼グレリンは、青斑核(LC)およびEdinger-Westphal核(EW)に作用して、視床下部室傍核(PVN)のcorticotropin-releasing factor(CRF)ニューロンの活性化を引き起こし、血中glucocorticoidの増加を引き起こす▼グレリンは、直接的および間接的に視床下部-下垂体-副腎系に作用し、ストレス反応を調節すると考えられる(著者抄録)

  • 【漢方と心療内科-フレイルを中心に】高齢者のフレイルに対する人参養栄湯の効果

    森永 明倫, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫

    日本心療内科学会誌   22 ( 1 )   25 - 27   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本心療内科学会  

    超高齢社会を迎えた日本では、高齢者の介護が社会問題となっており、健康寿命を延長し、社会保障費の増加を抑えることは急務である。近年注目されているフレイルは、低栄養・筋肉量低下・認知機能低下などにより生活機能障害をきたし、介護状態に移行する前段階である。フレイルの段階で治療を行い、介護状態への移行を予防することは重要な課題である。われわれは古来よりフレイルに類似する病態に使われてきた人参養栄湯に注目し、フレイルを改善する薬剤と考え、臨床研究を進めている。(著者抄録)

  • 【漢方と心療内科-フレイルを中心に】フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて

    乾 明夫

    日本心療内科学会誌   22 ( 1 )   9 - 15   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本心療内科学会  

    高齢化の進む我が国において、予防医学の立場から注目されているのが、サルコペニア(sarcopenia)を基礎としたフレイル(frailty)である。サルコペニアは骨格筋萎縮をさし、加齢に伴う成長ホルモン-インスリン様成長因子(GH-IGF)系や性ホルモンの低下を背景に、急速に筋肉量の減少を生じやすい。フレイルは漢方で言う未病病態であり、フレイルを予防、加療することによる健康寿命の延長が愁眉の課題になっている。フレイルは補剤の良い適応であり、多成分系を特徴とする漢方は、多様な身体疾患や食欲不振・不安・抑うつ・認知など、心身両面の異常を示すフレイル病態の治療に威力を発揮するものと期待される。人参養栄湯は気血両虚を補う代表的な補剤であり、がんをはじめとする緩和医療の領域で汎用されてきた。人参養栄湯はまた、高齢者や術後の全身状態の改善、貧血・血小板低下や骨格筋・臓器機能、認知・情動の改善など、フレイルにも関わる多くの臨床報告がなされている。本稿では、人参養栄湯および構成生薬の作用とそのメカニズムを、エビデンスを基に基礎・臨床の両面から述べた。グレリン-神経ペプチドY(NPY)という空腹系シグナルの増強が、食欲不振・サルコペニア改善など人参養栄湯の作用機構の一翼を担うこと、また人参養栄湯構成生薬は、骨髄の造血系や間葉系幹細胞の増殖・分化を促進し、臓器組織の修復再生に関わるという、最近の我々の成績についても触れた。(著者抄録)

  • 【消化管ホルモンup to date】グレリンの臨床応用

    跡部 祐太, 鮫島 奈々美, 榊 弥香, 乾 明夫

    消化器・肝臓内科   3 ( 2 )   111 - 120   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【漢方とアンチエイジング】フレイルと補剤 人参養栄湯を中心に

    鮫島 奈々美, 榊 弥香, 石神 睦子, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 乾 明夫

    アンチ・エイジング医学   13 ( 6 )   796 - 804   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • 【漢方とアンチエイジング】六君子湯の作用 グレリンを含めて

    武田 宏司, 藤塚 直樹, 服部 智久, 乾 明夫

    アンチ・エイジング医学   13 ( 6 )   790 - 795   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて

    乾 明夫

    東京内科医会会誌   33 ( 2 )   139 - 146   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)東京内科医会  

  • 痩せ・悪液質・フレイルに対する漢方薬補剤の応用 人参栄養湯を中心に

    鮫島 奈々美, 榊 弥香, 石神 睦子, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 乾 明夫

    肥満研究   23 ( 3 )   226 - 232   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本肥満学会  

    悪液質は食欲不振、痩せ、サルコペニア(骨格筋萎縮)を主徴とする病態で、がんをはじめ多くの疾患に合併して認められる。悪液質は、肥満・メタボリックシンドロームという過栄養に対し、その対極に位置する病態である。同じサルコペニアを基礎として、予防医学の立場から注目されているのがフレイル(frailty)である。フレイルは漢方でいう未病病態であり、フレイルを予防、加療することによる健康寿命の延長が愁眉の課題になっている。フレイルは補剤の良い適応であり、多成分系を特徴とする漢方は、多様な身体疾患や食欲不振・不安・抑うつ・認知など、心身両面の異常を示すフレイルの治療に威力を発揮するものと期待される。人参栄養湯は最強の補剤とも称され、がんの緩和医療などに広く応用されてきた。人参栄養湯は食欲不振、体重減少、疲労、貧血、血小板低下、肝機能障害などを改善し、抗がん剤の抗腫瘍効果を増強させると報告されている。また慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者においては、食欲不振、体重減少や低アルブミン血症など悪液質徴候の改善とともに、咳・痰、息切れ、不眠などを改善させると報告されている。高齢者においては、食欲不振、サルコペニアの軽減、免疫機能の強化、感染の制御、認知機能や周辺症状の改善など、在宅医療への応用やフレイルの予防・改善効果が期待される。フレイルは肥満・悪液質の下流に位置し、その前駆症状として食欲不振は重要である。グレリン-神経ペプチドY(NPY)という空腹軸は、肥満症のみならず悪液質やフレイルの病態に深く関わっているものと考えられる。食欲を促進し、サルコペニアを改善する人参栄養湯や六君子湯は、この空腹軸に作用する。補剤に加え、八味丸・牛車腎気丸など補腎剤(泌尿器系症状)、抑肝散・抑肝散加陳皮半夏(認知症周辺症状)、半夏厚朴湯(誤嚥症状)なども、フレイルの病態に応じて併用投与することが可能である。(著者抄録)

  • 【モチベーションの科学】モチベーションと消化管ペプチド

    河村 菜実子, 勝浦 五郎, 浅川 明弘, 乾 明夫

    最新精神医学   22 ( 5 )   399 - 405   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)世論時報社  

  • フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて

    乾 明夫, 武田 宏司, 寺山 靖夫, 矢田 俊彦, 上園 保仁, 相良 博典, 櫻井 孝, 大澤 匡弘, 丸中 良典, 加島 雅之, 森永 明倫, 高橋 隆二

    Phil漢方   ( 65 )   3 - 11   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

  • 【高齢者の栄養】臨床に役立つQ&A 高齢者の食欲調節メカニズムと食思不振に対するアプローチについて教えてください

    鮫島 奈々美, 乾 明夫

    Geriatric Medicine   55 ( 7 )   781 - 785   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

    高齢者の食欲不振は、嗅覚・味覚や口腔・消化管機能の低下、抑うつや孤立といった心理社会的要因、悪液質としての体重減少、薬物による副作用など、多彩な原因に基づく。食欲・体重調節系においては、グレリン-神経ペプチドY(NPY)という空腹系の低下と、コレシストキニン(CCK)、コルチコトロピン放出因子(CRF)などの満腹系の増加が特徴である。食欲不振は、サルコペニアやフレイル(心身の脆弱性)の準備状態であることに注意が必要である。個々人の嗜好や食欲不振の要因に基づき、栄養療法や薬物療法を行うことになる。エネルギー価の高い食品や栄養機能食品、漢方薬(六君子湯、人参養栄湯)などが用いられている。(著者抄録)

  • 【急性期から慢性期までの患者QOLの向上を求めて サルコペニアの病態と栄養管理の意義】悪液質とサルコペニア 悪液質を伴うサルコペニアへの栄養介入

    石神 睦子, 鮫島 奈々美, 網谷 真理恵, 乾 明夫

    栄養経営エキスパート   2 ( 2 )   53 - 59   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医療企画  

  • MEDICAL TOPICS(第61回) グレリンと健康長寿

    乾 明夫, 鮫島 奈々美, 森永 明倫, 網谷 真理恵

    THE LUNG-perspectives   25 ( 1 )   84 - 87   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    グレリンは、成長ホルモン分泌促進因子(GHS)受容体の内因性アゴニストとして、胃から同定された空腹ホルモンであり、サルコペニアや悪液質への臨床応用が進められている。近年の研究により、漢方薬の六君子湯や人参養栄湯が、低下したグレリン分泌やその抵抗性を改善する作用があることが明らかとなった。筆者らは、グレリン抵抗性を有する病的老化マウスであるKlotho(クロトー)欠損マウス、SAM(サム)P8マウスおよび正常老化マウスであるICRマウスに六君子湯を長期投与し、その影響を検討した。グレリンシグナリングの改善は、サーチュイン1を活性化させることにより、これら3系統の老化マウスの健康寿命を延長した。グレリンは、カロリー制限による健康長寿に深く関わるものと考えられる。(著者抄録)

  • 【フレイルに対する漢方医学の果たす役割】フレイルに対する漢方医学的アプローチ 心身のフレイルと漢方

    乾 明夫, 鮫島 奈々美, 網谷 真理恵, 森永 明倫, 浅川 明弘

    Progress in Medicine   37 ( 2 )   165 - 169   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

  • 消化器科医によるメタボリック手術の将来の展望(A perspective on metabolic surgery from a gastroenterologist)

    Syu Yu-Fong, Inui Akio, Chen Chih-Yen

    Journal of Pharmacological Sciences   133 ( 2 )   61 - 64   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

  • 【サルコペニアとフレイル-最新知見から考えるその高齢社会における意義-】漢方とフレイル

    乾 明夫, 鮫島 奈々美, 網谷 真理恵, 森永 明倫

    Geriatric Medicine   55 ( 1 )   55 - 59   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ライフ・サイエンス  

    高齢化の進むわが国において、サルコペニアを基礎にしたフレイル(frailty)が注目されているが、漢方でいう未病病態に近しい。フレイルは補剤や補腎剤のよい適応であり、多成分系を特徴とする漢方は、多様な身体疾患や不安・抑うつ・認知など、心身両面の異常を示すフレイルの治療に威力を発揮するものと期待される。本稿ではフレイル病態とその治療に関し、六君子湯、人参養栄湯、牛車腎気丸を中心に、作用機序や有効成分などそのエビデンスを述べた。(著者抄録)

  • 【分子精神医学の最前線】グレリンの臨床応用

    鮫島 奈々美, 乾 明夫

    精神科   30 ( 1 )   81 - 89   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 薬理作用から見えてきたフレイルに対する漢方治療の可能性 健康長寿に向け"最強の補剤"の臨床応用

    加島 雅之, 乾 明夫

    Phil漢方   ( 63 )   3 - 8   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  Journal of Musculoskeletal Pain Research  2018年11月  (一社)日本運動器疼痛学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2018年5月  (公社)日本リハビリテーション医学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  Dementia Japan  2018年9月  (一社)日本認知症学会

  • 網谷 真理恵, 緒方 慶三郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  認知行動療法による介入が奏功した摂食障害患者の一例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

  • Ohbuchi Katsuya, Nishiumi Shin, Fujitsuka Naoki, Hattori Tomohisa, Yamamoto Masahiro, Inui Akio, Azuma Takeshi, Yoshida Masaru .  血漿のメタボローム解析による、癌悪液質に対する六君子湯の作用機序の探求(Searching for the action mechanism of Rikkunshito to cancer cachexia using plasma metabolome analysis) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 森永 明倫, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  脳内fractalkine-CX3CR1シグナル 1型糖尿病モデルマウスの学習記憶障害における病態生理的意義 .  日本内分泌学会雑誌  2017年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  肥満モデルマウスの視床下部及び脂肪組織での新規エネルギー代謝関連ペプチドの発現について .  臨床化学  2018年7月  (一社)日本臨床化学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  肥満モデルマウスにおけるエネルギー代謝関連ペプチドadropinの発現について .  日本内分泌学会雑誌  2017年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 川津 優, 福元 崇真, 新牧 恭太, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫, 野添 新一 .  約7年間休職した遷延性うつ病症例の問題分析と治療 .  心身医学  2020年9月  (一社)日本心身医学会

  • 緒方 慶三郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  短期行動療法単独で奏功した長期の抜毛症の1例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

  • Uchino Minako, Katsuura Goro, Kawamura Namiko, Inui Akio, Asakawa Akihiro, Sugimura Mitsutaka .  疼痛誘発はマウスのショ糖嗜好性を抑制する(Pain induction suppresses sucrose preference in mice) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • 乾 明夫 .  漢方の抗老化メカニズムUp-To-Date 漢方と健康長寿 六君子湯を中心に .  日本抗加齢医学会総会プログラム・抄録集  2017年6月  (一社)日本抗加齢医学会

  • 乾 明夫 .  消化管から見た健康・栄養 消化管ペプチドと健康・栄養 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2017年4月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 鈴木 甫, 安宅 弘司, 乾 明夫 .  機能性消化器疾患の病態解明と診療の進歩 Helicobacter pyloriが産生する外毒素VacAはUcn1-CRF受容体軸を介して摂食を抑制し、不安様行動を惹起する .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 鈴木 甫, 安宅 弘司, 乾 明夫 .  機能性消化器疾患の病態解明と診療の進歩 Helicobacter pyloriが産生する外毒素VacAはUcn1-CRF受容体軸を介して摂食を抑制し、不安様行動を惹起する .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 吉崎 由美子, 浅川 明弘, 高峯 和則, 鮫島 吉廣, 乾 明夫 .  日本の発酵食品に関する新展開 焼酎と焼酎用麹の健康効果 .  日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2019年4月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • 乾 明夫 .  悪液質と人参養栄湯 .  リハビリテーション栄養  2019年10月  (一社)日本リハビリテーション栄養学会

  • 福元 崇真, 浅川 明弘, 乾 明夫, 新牧 恭太, 野添 新一 .  幼少時からの累積したトラウマ曝露により複雑・多彩な症状を呈したトラウマ性心身障害の一症例 .  心身医学  2018年4月  (一社)日本心身医学会

  • 網谷 東方, 網谷 真理恵, 乾 明夫 .  女性医療-痩せと肥満双方のリスクから考える- 空腹系ペプチドから見た女性の痩せ・肥満、フレイルと漢方 .  肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 乾 明夫 .  和漢薬の高齢者疾患に対する可能性と新たな研究アプローチ 老化モデル動物を用いた人参養栄湯研究とフレイル病態への応用 .  和漢医薬学会学術大会要旨集  2019年8月  (一社)和漢医薬学会

  • 乾 明夫 .  副作用対策の基礎から臨床・在宅医療まで がんと漢方薬 緩和医療のリポジショニング? .  Phil漢方  2019年10月  (株)メディカルパブリッシャー

  • 藤塚 直樹, 飯塚 生一, 服部 智久, 武田 宏司, 上園 保仁, 矢田 俊彦, 乾 明夫 .  六君子湯によるグレリンを介したマウス加齢性変化の改善 視床下部サーチュイン1活性化の関与 .  日本内分泌学会雑誌  2017年1月  (一社)日本内分泌学会

  • 福 祐貴, 春田 いづみ, 小木曽 和磨, 網谷 東方, 網谷 真理恵, 蔡 明倫, 濱田 聡史, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  低栄養状態で長期に経過した神経性食欲不振症に対する栄養療法中にDICを合併した一例 .  心身医学  2017年4月  (一社)日本心身医学会

  • 山口 孝二郎, 新田 英明, 鈴木 甫, 園田 拓郎, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 乾 明夫 .  三叉神経痛の漢方治療に関する文献的考察 .  日本東洋医学雑誌  2017年4月  (一社)日本東洋医学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  マウス視床下部及び脂肪組織でのNUCB2 mRNA発現について .  日本内分泌学会雑誌  2019年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  マウス脂肪組織におけるnesfatin-1分泌へのglucoseの影響について .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  マウス脂肪組織におけるnesfatin-1の発現・分泌促進について .  日本内分泌学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 多河 典子, 浅川 明弘, 藤波 綾, 乾 明夫, 加藤 郁夫 .  マウス脂肪組織におけるnesfatin-1の発現・分泌促進について .  日本内分泌学会雑誌  2018年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  マウスの摂食調節に対する脳内fractalkine-CX3CR1シグナルの作用 .  日本内分泌学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  マウスの摂食調節に対する脳内fractalkine-CX3CR1シグナルの作用 .  日本内分泌学会雑誌  2018年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 田中 相子, ヤダナ・モエ , 森下 雅大, 矢橋 里和, 勝浦 五郎, 岩重 記洋, 阿久根 淳, 乾 明夫, 坂井 貴文, 塚原 伸治 .  マウス、スンクス、コモンマーモセットのカルビンディン発現細胞により構成される性的二型核 .  日本内分泌学会雑誌  2017年1月  (一社)日本内分泌学会

  • 乾 明夫 .  フレイルへの漢方応用 がん緩和・支持療法を中心に .  日本整形外科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 乾 明夫 .  フレイルに対する人参養栄湯の作用機構 .  日本老年医学会雑誌  2017年5月  (一社)日本老年医学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと漢方薬 がんの緩和・支持療法を中心に .  日本老年医学会雑誌  2020年7月  (一社)日本老年医学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 最近の基礎及び臨床研究を中心に .  日本心療内科学会誌  2018年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 最近の基礎・臨床研究を中心に .  The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2019年5月  (公社)日本リハビリテーション医学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 最近の基礎および臨床研究を中心に .  日本整形外科学会雑誌  2019年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 葛谷 雅文, 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本公衆衛生学会総会抄録集  2017年10月  日本公衆衛生学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本医学会総会会誌  2019年4月  日本医学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  アレルギー  2019年5月  (一社)日本アレルギー学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本整形外科学会雑誌  2018年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • Inui Akio .  Ghrelinシグナル伝達と健康寿命(Ghrelin signaling and healthy lifespan) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 乾 明夫 .  フレイルと人参養栄湯 健康長寿に向けて .  日本東洋医学雑誌  2017年4月  (一社)日本東洋医学会

  • 福元 崇真, 新牧 恭太, 川津 優, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫, 野添 新一 .  トラウマ性心身障害の長期経過における心理的アプローチに関する考察 .  心身医学  2020年9月  (一社)日本心身医学会

  • Imai Kota, Mishima Kohei, Taniguchi Shoko, Miyano Kanako, Eto Moeko, Hachiya Rika, Nonaka Miki, Yoshizawa Kazumi, Higami Yoshikazu, Wada Hiroshi, Inui Akio, Uezono Yasuhito .  グレリン受容体(GHSR)の活性に対する黒糖焼酎分画および蒸留により分離された油の解析(Analysis of Kokuto Shochu fraction and separated oil during distillation on the activity of ghrelin receptor (GHSR)) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 乾 明夫 .  グレリン-神経ペプチドY空腹系と人参養栄湯 .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2019年11月  日本自律神経学会

  • 乾 明夫 .  がん緩和医療と漢方 人参養栄湯を中心に .  日本自律訓練学会大会プログラム・発表抄録集  2017年9月  日本自律訓練学会

  • 乾 明夫 .  がん緩和医療と人参養栄湯 .  Palliative Care Research  2019年6月  (NPO)日本緩和医療学会

  • 乾 明夫 .  がんの悪液質と関連病態 サルコペニアからフレイルまで .  学会誌JSPEN  2019年9月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 乾 明夫 .  「心身医療と地域創生:心身医学による新しいしくみづくり」 大学における心身医学の新しいしくみ .  心身医学  2018年4月  (一社)日本心身医学会

  • 網谷 真理恵, 山口 孝二郎, 福 祐貴, 網谷 東方, 森永 明倫, 沖 利通, 浅川 明弘, 乾 明夫, 根路銘 安仁, 大脇 哲洋 .  PBL、シミュレーション教育、漢方煎じ体験を組み合わせた漢方医学教育の学習方略と学生の意識について .  医学教育  2017年8月  (一社)日本医学教育学会

  • 乾 明夫 .  超高齢社会における漢方薬の可能性 フレイルと人参養栄湯 最近の基礎・臨床研究を中心に .  日本老年医学会雑誌  2018年5月  (一社)日本老年医学会

  • 森永 明倫, 浅川 明弘, 網谷 東方, 乾 明夫 .  高齢者のフレイルに対する人参養栄湯の効果 .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 河村 菜実子, 後藤 伸子, 勝浦 五郎, 森永 明倫, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  高嗜好性の食物摂取に対するニコチン受容体アゴニストの作用 .  肥満研究  2017年9月  (一社)日本肥満学会

  • 山元 貴子, 浅川 明弘, 川元 美穂子, 田中 康広, 福 祐貴, 向井 美希, 森永 明倫, 網谷 東方, 乾 明夫 .  食事療法・行動療法が著効し、減量に成功した肥満症患者の一例 .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 河村 菜実子, 勝浦 五郎, 乾 明夫, 浅川 明弘 .  食事性肥満モデルマウスの学習記憶障害における脳内fractalkine-CX3CR1シグナルの作用 .  肥満研究  2018年9月  (一社)日本肥満学会

  • 福 祐貴, 網谷 真理恵, 石神 睦子, 木下 和久, 森永 明倫, 山口 孝二郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  難治性の耳鳴・めまいに対して認知行動療法・漢方治療が有効であった一例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

▼全件表示