2021/05/18 更新

写真a

タケクマ アキラ
武隈 晃
TAKEKUMA Akira
所属
学長・役員等 理事・副学長
法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(保健体育) 教授
総合科学域共同学系 稲盛アカデミー 稲盛アカデミー長
職名
理事・副学長

学位

  • 体育学修士 ( 1983年3月   筑波大学 )

研究キーワード

  • 体育・スポーツ経営

  • カリキュラム

  • 障害者スポーツ経営

  • 管理者行動

  • 組織論

研究分野

  • 人文・社会 / 経営学  / 体育・スポーツ経営学

  • 人文・社会 / 教育学  / 体育評価論

  • 人文・社会 / 経営学  / 非営利組織論

経歴

  • 鹿児島大学   法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(保健体育) 体育経営学   教授

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   学長・役員等   理事・副学長

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   総合科学域共同学系 稲盛アカデミー   稲盛アカデミー長

    2016年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   副学長

    2014年5月 - 2019年3月

  • 鹿児島大学   教育学部   教育学部長

    2010年4月 - 2014年3月

所属学協会

  • 鹿児島県社会教育委員

    2016年7月 - 2018年7月

  • 鹿児島市青少年問題協議会委員

    2016年5月 - 2018年4月

  • 日本体育学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本体育・スポーツ経営学会

    2015年10月 - 現在

  • 鹿児島市市民参画推進に関する市民会議

    2011年8月 - 2019年3月

  • 鹿児島県男女共同参画審議会

    2010年2月 - 現在

  • 鹿児島市スポーツ推進審議会

    2009年6月 - 2019年3月

▼全件表示

委員歴

  • 鹿児島県社会教育委員   委員長  

    2016年7月 - 2018年7月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  • 鹿児島市教育委員会教育行政評価会議委員   委員長  

    2016年7月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  • 鹿児島市青少年問題協議会委員   委員長  

    2016年5月 - 2018年4月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  • 鹿児島市市民参画推進に関する市民会議   会長  

    2011年8月 - 2017年8月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    鹿児島市市民参画推進課

  • 鹿児島県男女共同参画審議会   専門部会長  

    2010年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    鹿児島県環境生活部青少年男女共同参画課

  • 鹿児島市スポーツ推進審議会   会長  

    2009年6月 - 2017年6月   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

    鹿児島市教育委員会

▼全件表示

 

論文

  • 武隈 晃 .  森(山下)徳治ーCarl Diemの往復書簡にみるスポーツ教育論の共鳴 .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 武隈 晃 .  スポーツ組織の理念にみるスポーツ教育思想の形成過程 -森(山下)徳治とカール・ディームの共鳴関係- .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要25   71 - 76   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学教育学部附属教育実践総合センター  

  • 武隈 晃, 行實 鉄平 .  障がい者スポーツから紐解くスポーツ推進の協働システム .  日本体育学会大会予稿集67 ( 0 ) 54_1 - 54_1   2016年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    <p> 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて障がい者のトップスポーツへの関心が高まる一方、障がい者全体のスポーツ実施率は、依然として低い状況が続いている。例えば、障がい者の週1回以上のスポーツ実施率は18.2%(笹川スポーツ財団、2013)であり、一般成人(40.4%)の半分にも満たない(内閣府、2015)状況であるという。一般的には、社会的包摂やダイバシティ・マネジメントの重要性が認識されるものの、障がい者スポーツの推進を押し留める思想的・構造的問題は、十分検討されてきたとは言い難い。</p><p> スポーツ庁の発足で障がい者スポーツ大会が文部科学省に移管され、オリンピック・パラリンピックの併記が一般的になるなど、障がい者スポーツはその並列的推進が進められつつある。しかし、社会的排除と社会的包摂の鮮明な相克を経験してきた障がい者スポーツの推進・阻害をめぐる構造は、一般の人々のスポーツ推進・阻害をめぐる構造とは同一ではないであろう。</p><p> 本シンポジウムでは、より充実が期待される障がい者スポーツの推進を阻害する思想的・構造的課題を検討し、その推進をめぐる協働システムの可能性をさぐる糸口を紐解きたい。</p>

    DOI: 10.20693/jspehss.67.54_1

    CiNii Article

  • 武隈晃,前田晶子 .  「日本スポーツ少年団の哲理・理念」における教育思想の形成過程 .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要第24巻   59 - 69   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 武隈 晃 .  教育課程と運動部活動の関連性(学校運動部活動の現代的意義と経営改革の方向性II-これからの運動部活動と教師への期待-,シンポジウム,06 体育経営管理,専門領域企画) .  日本体育学会大会予稿集64 ( 0 ) 53 - 54   2013年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    DOI: 10.20693/jspehss.64.53_3

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  学校体育経営論からみたミニマムの捉え方(公教育の変容と学校体育システム-すべての子どものための学校体育を創る-,シンポジウム,体育経営管理,専門分科会企画) .  日本体育学会大会予稿集58 ( 0 )   2007年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    DOI: 10.20693/jspehss.58.53_1

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  新しいカリキュラムマネジメントと学校体育経営(遊べない子ども、遊ばせない環境-子どものスポーツ環境を創造する-,シンポジウム,体育経営管理,専門分科会企画) .  日本体育学会大会予稿集57 ( 0 )   2006年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    DOI: 10.20693/jspehss.57.36_2

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  障害者スポーツ組織の事業展開 : 障害者スポーツ経営論序説 .  体育・スポーツ経営学研究12 ( 1 ) 43 - 51   1996年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    DOI: 10.24519/jsmpes.12.1_43

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  管理者行動論によるスポーツ組織の検討 .  体育学研究40 ( 4 ) 234 - 247   1995年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    The managerial behavior theory was applied to analyze sport organizations in this paper. The purposes of this study were 1) to clarify the factorial structure of managerial behaviors in sport organizations, 2) to examine some situational factors determining managerial behaviors, and 3) to investigate the influence of managerial behaviors on the effectiveness of sport organizations. Data were collected from 176 chairmen of the board of directors in sport organizations by a mail questionnaire. It contained 35 managerial behavior statements in daily job accomplishment and 45 items about organizational climate, organizational learning style, task trait, task environment, and organizational effectiveness. A factor analysis and multiple regression analysis were applied to analyze the data. Major findings were summarized as follows: 1) 8 factors (initiative of strategic innovation, external negotiations, consideration, initiating structure, supervision through information, fostering followers, performance emphasis, and upward influence) were extracted as sub-dimensions of managerial behaviors. 2) Some situational factors affected leadership behaviors (consideration, initiating structure, and performance emphasis) and initiative of strategic innovation. However, on the whole, the degree of the effect of situational factors on managerial behaviors was relatively low. 3) 7 factors (sub-dimensions) of managerial behaviors determined the effectiveness of sport organizations. Particularly, initiative of strategic innovation, fostering followers, external negotiations, and performance emphasis positively determined the organizational effectiveness of sport organizations.

    DOI: 10.5432/jjpehss.KJ00003391402

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  体育経営組織における管理者行動の規定要因および有効性について .  体育学研究38 ( 5 ) 361 - 374   1994年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    The purposes of this study were 1) to clarify some situational factors determining managerial behaviors of physical education managers, and 2) to examine the effectiveness of managerial behaviors and the moderating effect of situational characteristics on the relationship of managerial behaviors with organizational activities. Data were collected from 537 managers of physical education in elementary schools, junior high schools and senior high schools by a mail questionnair. The managers of physical education were asked to respond to the items about organizational behaviors, improvement of management, organizational learning style, organizational climate, task environment and managerial behaviors.The results were obtained by applying multiple regression analysis and ANOVA. Major findings were summarized as follows : 1) Task environmental characteristics affected managerial behaviors of physical education managers in elementary schools. Four dimentions of managerial behaviors in junior high schools were influenced by organizational learning style. Managerial behaviors in senior high schools were affected by organizational learning style and task characteristics. 2) Five dimentions of managerial behaviors determined the effectiveness of organizational attivities in elementary and junior high schools. 3) Task uncertainty in junior high schools and positive organizational learning style in senior high schools moderated the relationship of managerial behaviors with organizational activities.

    DOI: 10.5432/jjpehss.KJ00003391969

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  学校体育経営における組織行動特性に関する実証的研究 .  体育・スポーツ経営学研究9 ( 1 ) 29 - 41   1992年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    The purpose of this study was to examine Takekuma's model of community of knowledge - ambiguity about organizational behavior in management of physical education. Furthermore, this study also aimed to verify several hypotheses that were deduced from this model. Data were collected from 537 managers of physical education in elementary schools, junior high schools and high schools by questionnairs. The managers of physical education were required to reply to the items about organizational behavior, physical education improvement, style of organizational learning, organizational climate, task environment and managerial behavior. The results were obtained by applications of ANOVA and multiple regression analysis. Main findings were summarized as follows: 1) Organizational behaviors on physical education class in elementary school and club service were categorized in "autonomous behavior". Organizational behaviors on physical education class in junior high and high school had an inclination to "self-reflected behavior" or "fixed behavior". 2) "Fixed behavior" was most effective in four typical behaviors, and "autonomous behavior" was least effective. From the viewpoint of getting higher the organizational effectiveness, it needed to own jointly the process of sense-making and to have agenda. Under the conditions of possessing the knowledge (or information), it was important to exclude the ambiguity. 3) The degree of "occupation-community of knowledge" and "exclusion-retention of ambiguity" were depended on style of organizational learning, organizational climate, and managerial behavior.

    DOI: 10.24519/jsmpes.9.1_29

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  学校体育経営における組織行動に関する研究 .  体育・スポーツ経営学研究8 ( 1 ) 1 - 10   1991年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    The purpose of this paper was to present a descriptive model of organizational behaviors in management of school physical education. An effective model provides the viewpoint of explanation about organizational behavior in management of physical education. Furthermore, it will be able to explain the organizational change relating to organizational behavior. At first, we tried to review 1) March & Olsen's (1976) garbage can model of the educational organizations, 2) Weick's (1976) model of the educational organizations as loosely coupled system, 3) Daft & Weick's (1984) model of organizations as interpretation systems and 4) Tao's (1990) study on the organizations of public administration. Their Organizational model suggested that the organizational constructive elements and activities which retained the ambiguity were loosely coupled. And, their relationships depended on the environmental interpretation peculiar to the organizations. Second, a descriptive model of organizational behaviors in management of school physical education was presented. The model was composed of two dimensions which affect the organizational behaviors. One dimension explained about occupation-community of knowledge (information). Another dimension explained about exclusion-retention of ambiguity. The combination of these two dimensions identified four typical organizational behaviors of "fixed behavior", "self-reflected behavior", "autonomous behavior" and "creative behavior". If several necessary conditions were not filled, each behavior varied to undesirable organizational behavior. In this paper, the patterns were indicated that one organizational behavior varied to another behavior. It meant the mechanism of organizational change. Third, several propositions were presented which were deduced from this descriptive model of organizational behaviors in management of school physical education.

    DOI: 10.24519/jsmpes.8.1_1

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  地域スポーツ集団の維持・発展と指導者行動の相互影響過程 .  体育・スポーツ経営学研究7 ( 1 ) 11 - 21   1990年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    The leaders have supported the maintenance or development of sport groups in community. Therefore, leaders' behavior have discussed several points of view. In this paper, it was analyzed that the possibility and meanings of the transformation of leaders' behavior. The key word was 'group age' which was defined as the mean term of members' belonging to the groups. Panel survey was conducted in 1986 and 1989. 60 samples of leaders and 716 samples of members were collected by questionnaires. The main results were as follows: 1. Leaders' initiating innovation and goal attainment which were two dimentions within the five dimentions of leaders' behavior were influenced by group age. And, the others were not influenced by group age. The effectiveness of leaders' goal attainment were higher in low-aged-groups. While, leaders' initiating innovation influenced negatively in low-aged-groups. 2. Non-institutional structure which was behavioral environment perceived by members was operationally defined such dimentions as relationship orientation-task orientation and maintenance orientation-innovation orientation. On the first dimention, relationship orientation-task orientation, significant correlation did not find with group age. On another dimention, maintenance orientation-innovation orientation, it found that there were signi-ficantly positive correlation between group age and non-institutional structure. And, the higher group age became, the higher degree of maintenance orientation became. 3. Every dimentions of leaders' behavior did not transform so easy. Especially, consider-ation and goal attainment which were two dimentions of leaders' behavior were relatively difficult to transform. But, these two dimentions of behavior were relatively easy to trans-form in low-aged-groups. Leaders who perceived the need of change about consideration transformed their behavior positively rather than others. These results indicated that the framework of the theory of managerial behavior and the concepts of organizational psychology were useful to analyze the process of sport groups.

    DOI: 10.24519/jsmpes.7.1_11

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  地域スポーツクラブの有効性を規定する要因の検討 : リーダーシップ認知の一致度と指導者の信頼度の影響 .  体育経営学研究3 ( 1 ) 13 - 21   1986年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    The purpose of this study was to examine the influence of the difference of leadership perceptions between leaders' own and members' upon the effectiveness of sport clubs in community. At the same time, it was also aimed to examine the relation between members' reliance on their leader and club effectiveness. Data were collected from 39 leaders and 312 members of sport clubs in community by means of questionnaires in 1984. Based on House's Path-Goal Thory which was a kind of Expectancy Theory Model and multivariate statistical procedures were applied, following results were detected. 1. Leadership (initiating structure and consideration ) perceptions by leaders' own were more positive than members'. It indicated that the discrepancy of leadership perceptions led the decrease of members' path instrumentarity of behavior for goal attainment. 2. The lower the degree of difference between leaders' perceptions on leadership and members' became, the higher the effectivenss of sport clubs turned out. 3. Even if the degree of discrepancy on initiating structure perceptions were high, when the degree of members' reliance on their leader was high the effectiveness didn't become so low. But even if the degree of members' reliance was high, when the degree of discrepancy on consideration perceptions were high the effectiveness became low.

    DOI: 10.24519/jsmpesb.3.1_13

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  リーダーシップ行動の規定要因及び有効性の検討 : 地域スポーツクラブ指導者の指導活動に関する動機論的研究 .  体育経営学研究2 ( 0 ) 33 - 41   1985年査読

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本体育・スポーツ経営学会  

    The purpose of this study was to examine the influence of the instrumentality perceptions (concerning the degree to which the leadership behavior is seen as leading to accomplish his own instructional objectives), extrinsic factors ((characteristic of group, characteristics of followers,,task uncertainty and favorableness for leader) and instrumentality perceptions (concerning the degree to which the leader is seen as leading to realize follower's objectives) on the leadership behavior (initiating structure and consideration), and the influence of the difference between two leadership measurements (leader's own and followers') on the effectiveness of sport clubs in community. The subjects were 63 leaders and 312 members of sport clubs in community. The main results were as follows: 1. The correlation between the instrumentality perceptions of initiating structure and the actual leadership (initiating structure) were considerrably high (p.05). 2. Significantly positive correlation between the instrumentality perceptions of leader by club members and the attitude toward the leadership of leader were found (p.05). 3. As to the effectiveness of clubs, conincident clubs (leader's own evaluation and followers' on leadership) was higher than uncoincidentclubs (p.05). These findings indicated that the leader's leadership behavior (initiating structure) could be predicated from the Expectancy Theory model and the difference between leader's own evaluation and that of club members' on leadership influenced on the effectiveness of sport clubs in community.

    DOI: 10.24519/jsmpesb.2.0_33

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  リーダーシップ代替物アプローチによる検討(地域スポーツクラブの指導者について,体育管理,専門分科会シンポジウム) .  日本体育学会大会号35 ( 0 )   1984年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    DOI: 10.20693/jspeconf.35.0_32

    CiNii Article

  • 武隈 晃 .  体育組織におけるリーダーシップに関する研究 .      1983年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 武隈 晃, 嶋﨑 雅規 .  子どもの運動生活をどう変えるか、どのように変えるか .  日本体育学会大会予稿集68 ( 0 ) 40_1 - 40_1   2017年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    <p> 子ども時代の運動生活を豊かにすることは、生涯にわたるスポーツライフの基盤となるだけでなく、未来世代のスポーツライフにまで引き継がれていく可能性がある、という意味で超時代的意義を有している。子どもの遊び・運動・スポーツをめぐる環境は、この50年余りの間に大きく変容した。1964年東京五輪を契機に地域社会を舞台に誕生した様々な子どもスポーツ団体は、自発的・未組織的な運動遊びの世界を解体し、受益者負担原則が貫く「子どもスポーツ制度」へと公式化・組織化した。また、続くスポーツの産業化は、子どもを「消費の対象」に位置づけ、月謝を払って専門的指導者から「習う商品」へとスポーツを変質させた。</p><p> このような子どもの運動・スポーツをめぐる生活環境の諸変化は、平成以降に本格化した遊びのIT化と相俟って、子どものライフスタイル(生活習慣)に重大な影響を及ぼすこととなり、結果として、子どもの心と身体、そして社会関係にも憂慮すべき問題を生じさせた。とりわけ、体力・運動能力の個人差が広がっていること、特に低い水準の子どもが増加していること、そしてそれは運動実施頻度が低いことに起因していることは、体育学の立場から看過できない問題である。</p><p> 本シンポジウムではまず、子どもの運動生活に関わる問題状況とその背景となる要因を共有する。次に、子どもが運動遊びを積極的に行うようになる実践事例を踏まえ、また、健康格差に関わる研究知見を手がかりにしながら、遍く子どもたちの豊かな運動生活を保障する運動のセーフティネット構築に向けた環境づくりの方策について検討したい。</p>

    DOI: 10.20693/jspehss.68.40_1

    CiNii Article

  • 大嶋 章一, 川崎 登志喜, 武隈 晃, 藤田 雅文, 斉藤 隆志 .  領域専門S4体育経営管理 学校体育経営の自律性と学校文化の創造 .  日本体育学会大会号50 ( 0 )   1999年招待

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本体育学会  

    DOI: 10.20693/jspeconf.50.0_85

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • 小学校の体育授業づくり入門(第三版)

    鈴木秀人,山本理人,杉山哲司,佐藤善人,越川茂樹,武隈晃( 担当: 共著)

    学文社  2014年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • スポーツ・ボランティアへの招待

    山口泰雄,水上博司,高橋伸治,工藤保子,武隈 晃,大沼義彦,高橋義雄,福本直子,野川春夫,長ヶ原誠,杉山重利( 担当: 共著)

    世界思想社 第5章,7章,15章分担執筆  2004年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 指導者のための体育・スポーツ行政

    佐藤良男,畑 攻,齊藤隆志,冨田幸博,渋谷貞夫,池田延行,本村清人,島 喜八,岩上安孝,赤松喜久,岡崎助一,川崎登志喜,武隈晃,藤田雅文,片山孝重,谷藤千香( 担当: 共著)

    ぎょうせい 第2部2-2・3分担執筆  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 日本の教育学における発達思想の史的検討

    前田晶子,武隈 晃

    科学研究費助成事業・研究成果報告書   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

講演・口頭発表等

  • 武隈 晃 .  学校運動部活動の現代的意義と経営改革の方向性Ⅱ -教育課程と運動部活動の関連性- .  日本体育学会第64回大会シンポジウム  日本体育学会第64回大会シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 武隈 晃 .  豊かな学校体育システムの構築を目指して-学校体育経営論からみた「ミニマム」の捉え方- .  日本体育・スポーツ経営学会 スポーツ経営フォーラム  日本体育・スポーツ経営学会 スポーツ経営フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 武隈 晃 .  公教育の変容と学校体育経営システム-学校体育経営論から見たミニマムの捉え方- .  日本体育学会  日本体育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 武隈 晃 .  遊ばない子ども,遊ばせない環境 -新しいカリキュラムマネジメントと学校体育経営- .  日本体育学会  日本体育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

共同研究・競争的資金等の研究

  • 日本の教育学における発達思想の史的検討

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    前田晶子、武隈 晃

  • スポーツボランティアを活用した障害者スポーツ経営システムの構築

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  萌芽的研究

  • 障害者スポーツ経営に関する組織論的研究

    1995年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金  奨励研究(A)