2022/12/15 更新

写真a

スダ ヤスオ
隅田 泰生
SUDA Yasuo
所属
理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 特任教授
職名
特任教授

学位

  • 工学博士 ( 1984年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 表面プラズモン共鳴

  • チップ

  • 複合糖質

  • 高分子

  • ヘパリン

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 工学専攻 化学生命工学プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    2002年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 化学生命・化学工学専攻   教授

    2002年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • FCCA

    2015年10月 - 現在

  • 日本蛋白科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2015年10月 - 現在

  • 有機合成化学協会

    2015年10月 - 現在

  • 日本糖質学会

    2015年10月 - 現在

  • 高分子学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本化学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Kajiya T., Sawayama H., Arima E., Okamoto M., Baba M., Toyama M., Okuya K., Ozawa M., Atsuchi N., Nishi J., Suda Y. .  Novel RT-PCR Using Sugar Chain-Immobilized Gold-Nanoparticles Correlates Patients' Symptoms: The Follow-Up Study of COVID-19 Hospitalized Patients .  Viruses14 ( 11 )   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Viruses  

    Background: The transmissible capacity and toxicity of SARS-CoV-2 variants are continually changing. We report here the follow-up study of hospitalized COVID-19 patients from 2020 to 2022. It is known that the PCR diagnosis for hospitalized patients sometimes causes confusion because of the incompatibility between their diagnosis and symptoms. We applied our sugar chain-immobilized gold-nanoparticles for the extraction and partial purification of RNA from specimens for quantitative RT-PCR assay and evaluated whether the results correlate with patients' symptoms. Methods and Results: Saliva specimens were taken from hospitalized patients with mild or moderate symptoms every early morning. At the time of RT-PCR diagnosis, two methods for the extraction and partial purification of RNA from the specimen were performed: a commonly used Boom (Qiagen) method and our original sugar chain-immobilized gold nanoparticle (SGNP) method. For symptoms, body temperature and oxygen saturation (SpO2) of patients were monitored every 4 h. Conclusions: It was clear that patients infected with the Delta variant needed more time to recover than those with the Omicron variant, and that the SGNP method showed more realistic correlation with the symptoms of patients compared with the common Qiagen method.

    DOI: 10.3390/v14112577

    Scopus

    PubMed

  • 隅田 泰生 .  大学発ベンチャー(株)スディックスバイオテックの歴史と技術について .  生物工学会誌100 ( 10 ) 569 - 571   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本生物工学会  

    DOI: 10.34565/seibutsukogaku.100.10_569

  • Wakao M. .  Synthesis of mucin type core 3 and core 5 structures and their interaction analysis with sugar chips .  Carbohydrate Research516   108565   2022年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Carbohydrate Research  

    For the functional analysis of mucin related glycan, we synthesized core 3 and 5 structures of mucin type O-glycan and investigated their binding interaction with lectins using sugar chip technology. The construction of Tn antigen moiety containing α-N-acetylgalactosamine residue was achieved by α-selective glycosylation of 2-azido-6-tert-butyldiphenylsilyl-3,4-di-O-chloroacetyl-2-deoxy-galctopyranosyl imidate and glucose moiety, which acts as a hydrophilic spacer when immobilized on a gold-coated sensor chip. Core 3 and core 5 structures were synthesized by the glycosylation of appropriate N-acetylglucosamine and N-galactosamine donors, respectively, and were converted into sugar-chain ligand conjugates according to the method reported. The interaction analysis of lectins with sugar chips coated with ligand conjugates was performed with a surface plasmon resonance (SPR) biosensor. The specific interaction was observed between the core 3 structure and Jacalin (JAC) and kinetic parameters were estimated as ka = 1.5 × 104, kd = 5.8 × 10−3, and KD = 3.8 × 10−7.

    DOI: 10.1016/j.carres.2022.108565

    Scopus

    PubMed

  • Shinchi H. .  Glyco-Nanoadjuvants: Impact of Linker Length for Conjugating a Synthetic Small-Molecule TLR7 Ligand to Glyco-Nanoparticles on Immunostimulatory Effects .  ACS Chemical Biology17 ( 4 ) 957 - 968   2022年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACS Chemical Biology  

    Immunotherapy has become a powerful clinical strategy for treating infectious diseases and cancer. Synthetic small-molecule toll-like receptor 7 (TLR7) ligands are attractive candidates as immunostimulatory agents for immunotherapy. TLR7 is mainly localized in intracellular endosomal compartments so that the formulation of their small-molecule ligands with macromolecules enhances endocytic uptake of TLR7 ligands and improves the pharmaceutical properties. Previously, we demonstrated that gold nanoparticles co-immobilized with a TLR7 ligand derivative, that is, a conjugate of synthetic small-molecule TLR7 ligand (1V209) and thioctic acid (TA) via 4,7,10-trioxa-1,13-tridecanediamine, and α-mannose (1V209-αMan-GNPs: glyco-nanoadjuvants) significantly enhances immunostimulatory effects. In the present study, we designed a second-generation glyco-nanoadjuvant that possesses a poly(ethylene glycol) (PEG) chain as a spacer between 1V209 and GNPs and investigated the impact of linker length in 1V209 derivatives on the immunostimulatory activities. We used different chain lengths of PEG (n = 3, 5, 11, or 23) as spacers between 1V209 and thioctic acid to prepare four 1V209-αMan-GNPs. In the in vitro study using primary mouse bone-marrow-derived dendritic cells, 1V209-αMan-GNPs that immobilized with longer 1V209 derivatives, especially the 1V209 derivative possessing PEG23 (1V209-PEG23-TA), showed the highest potency toward induction both for interleukin-6 and type I interferon production than those derivatives with shorter PEG chains. Furthermore, 1V209-αMan-GNPs that immobilized with 1V209-PEG23-TA showed significantly higher adjuvant effects for inducing both humoral and cell-mediated immune responses against ovalbumin in the in vivo immunization study. These results indicate that the linker length for immobilizing small-molecule TLR7 ligand on the GNPs significantly affects the adjuvant activity of 1V209-αMan-GNPs and that 1V209-αMan-GNPs immobilized with 1V209-PEG-23-TA could be superior adjuvants for immunotherapies.

    DOI: 10.1021/acschembio.2c00108

    Scopus

    PubMed

  • Yasuo Suda, Yasuhisa Tajima, Jun-Ichiro Nishi, Takashi Kajiya .  Diagnostic Method for COVID-19 Using Sugar Chain-Immobilized Nanoparticles and Saliva Specimens .  Methods Mol Biol2452   63 - 74   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  • Wataru Fukunaga, Yuiko Hayakawa-Sugaya, Fumiko Koike, Nguyen Van Diep, Isshu Kojima, Yuuhei Yoshida, Yasuo Suda, Tatsunori Masatani, and Makoto Ozawa .  Newly-designed primer pairs for the detection of type 2 porcine reproductive and respiratory syndrome virus genes .  Journal of Virological Methods291   114071   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Virological Methods  

    Porcine reproductive and respiratory syndrome (PRRS) is an infectious disease, caused by PRRS virus (PRRSV), that critically affects the swine industry. While the detection of PRRSV genes plays a key role in PRRS control, the PRRSV genome is known to undergo frequent mutation. Nevertheless, primer pairs widely used for the detection of PRRSV genes were designed between 1995 and 2010. The reliability of these primer pairs for the detection of currently circulating PRRSVs is therefore questionable. Here, we investigated the sensitivity of the previously reported primer pairs to detect PRRSV genes that have been recently isolated or detected in Japan. In addition, based on nucleotide sequences from the recent Japanese PRRSVs, we designed four new primer pairs for the detection of PRRSV genes. The sensitivity and specificity of the new primer pairs were evaluated by quantitative reverse transcription PCR using RNA extracted from PRRSV isolates, swine serum, and oral fluid specimens collected from PRRS-affected pigs, and swine sera collected from a PRRSV-free pig farm in Japan. One of novel primer pairs used in our study exhibited greater sensitivity than the previously reported primer pairs, and is thus more reliable for the detection of PRRSV genes.

    DOI: 10.1016/j.jviromet.2021.114071

    Scopus

    PubMed

  • Shinchi H. .  Glyco-Nanoadjuvants: Sugar Structures on Carriers of a Small Molecule TLR7 Ligand Affect Their Immunostimulatory Activities .  ACS Applied Bio Materials4 ( 3 ) 2732 - 2741   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ACS Applied Bio Materials  

    Toll-like receptors (TLRs) are pattern recognition receptors that activate innate immunity, and their ligands are promising adjuvants for vaccines and immunotherapies. Small molecule TLR7 ligands are ideal vaccine adjuvants as they induce not only proinflammatory cytokines but also type I interferons. However, their application has only been approved for local administration due to severe systemic immune-related adverse events. In a previous study, we prepared the gold nanoparticles coimmobilized with synthetic small molecule TLR7 ligand, 1V209, and α-mannose (1V209-αMan-GNPs). 1V209-αMan-GNPs were selectively delivered via a cell surface sugar-binding protein, mannose receptor, which enabled selective delivery of TLR7 ligands to immune cells. Besides the mannose receptor, immune cells express various sugar-binding proteins such as macrophage galactose binding lectins and sialic acid-binding immunoglobulin-type lectins and recognize distinct sugar structures. Hence, in the present study, we investigated whether sugar structures on GNPs affect the efficiency and selectivity of intracellular delivery and subsequent immunostimulatory potencies. Five neutral sugars and two sialosides were selected and each sugar was coimmobilized with 1V209 onto GNPs (1V209-SGNPs) and their innate immunostimulatory potencies were compared to that of 1V209-αMan-GNPs. The in vitro study using mouse bone marrow derived dendritic cells (BMDCs) demonstrated that α-glucose, α-N-acetylglucosamine, or α-fucose immobilized 1V209-SGNPs increased interleukin-6 and type I interferon release similar to that of 1V209-αMan-GNPs, whereas galacto-type sugar immobilized 1V209-SGNPs predominantly enhanced type I interferon release. In contrast, sialoside immobilized 1V209-SGNPs did not enhance the potency of 1V209. In the in vivo immunization study using ovalbumin as a model antigen, neutral sugar immobilized 1V209-SGNPs induced comparable T helper-1 immune response to that of 1V209-αMan-GNPs and by 10-fold higher than that of sialoside immobilized 1V209-SGNPs. These results indicate that the sugar structures on 1V209-SGNPs affect their immunostimulatory activities, and functionalization of the carrier particles is important to shape immune responses.

    DOI: 10.1021/acsabm.0c01639

    Scopus

    PubMed

  • Mikami Y. .  Validation of the loop-mediated isothermal amplification method for rapid and sensitive detection of Ureaplasma species in respiratory tracts of preterm infants .  PLoS ONE16 ( 3 March ) e0247618   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:PLoS ONE  

    Introduction A simple and rapid diagnosis of Ureaplasma spp. is required for the choice of the appropriate antibiotic. However, an ideal detection method has not been available. This study examines the efficacy of the loop-mediated isothermal amplification (LAMP) assay, which provides rapid and sensitive results, to detect Ureaplasma spp. in respiratory tract samples of preterm infants. Methods The study included preterm infants born before 32 weeks of gestation admitted Kagoshima City Hospital from June 2018 to March 2020. Nasopharyngeal swabs and/or tracheal aspirates were obtained in the first seven postnatal days. One hundred sixty-seven nasopharyngeal swabs and 101 tracheal aspirates were analyzed by LAMP, culture, and quantitative real-time polymerase chain reaction. Results All 167 infants had a median (range) gestational age of 28.7 weeks (22.3-30.9) and birthweight 1030g (322-1828). One hundred sixty-seven nasopharyngeal swabs and 101 tracheal aspirates were obtained. In the results of nasopharyngeal swabs, the sensitivity and specificity of LAMP were 73.9% (17/23) and 97.2% (140/144), whereas those of quantitative real-time polymerase chain reaction were 73.9% (17/23) and 95.8% (138/144), compared to culture. In the results of tracheal aspirates, the sensitivity and specificity of LAMP were 89.5% (17/19) and 92.7% (76/82), whereas those of quantitative real-time polymerase chain reaction were 89.5% (17/19) and 93.9% (77/82), compared to culture. Conclusions The LAMP assay showed similar sensitivity and specificity with quantitative real-time polymerase chain reaction in the respiratory tracts of preterm infants including extremely preterm infants during the immediate postnatal period. Therefore, the LAMP is a practical alternative for the early detection so that appropriate antibiotics can be administered for preventing BPD.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0247618

    Scopus

    PubMed

  • Tajima Y. .  A case report of SARS-CoV-2 confirmed in saliva specimens up to 37 days after onset: Proposal of saliva specimens for COVID-19 diagnosis and virus monitoring .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 10 ) 1086 - 1089   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.06.011

    Scopus

    PubMed

  • Tajima Yasuhisa, Suda Yasuo, Yano Kunio .  発症から37日後まで唾液検体中にSARS-CoV-2が確認された症例報告 COVID-19の診断とウイルスモニタリングのための唾液検体の提案(A case report of SARS-CoV-2 confirmed in saliva specimens up to 37 days after onset: Proposal of saliva specimens for COVID-19 diagnosis and virus monitoring) .  Journal of Infection and Chemotherapy26 ( 10 ) 1086 - 1089   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    症例は71歳男性で、COVID-19が集団発生したクルーズ船から搬送された。当初は身体の痛みを訴え、3日目に体温が37.5℃となり、9日目にCOVID-19と診断された。乾性咳と鼻汁を除き、入院時のバイタルサインと臨床検査結果は正常範囲であった。口腔咽頭/鼻咽頭スワブの他に早朝唾液検体(EMSS)と日中唾液検体(DSS)を採取した。唾液中のウイルスをsugar chain-immobilized magnetic gold nanoparticlesで濃縮・精製後にRNAを溶出させた。抽出RNAを凍結保存または冷蔵保存してから、CDCが推奨するプライマーを一部修正してRT-PCRを行った。発症から42日目まで口腔咽頭あるいは鼻咽頭からSARS-CoV-2のRNAが検出され続けた。DSSは発症から26日目まで陽性で、EMSSは37日目まで陽性であった。鼻咽頭検体が2日間連続で陰性となり発症から45日目に退院した。鼻咽頭検体の成績と比較したDSSの感度は25%で、特異度は100%であった。EMSSの感度は66.7%、特異度は100%であった。

  • 若尾 雅広, 新地 浩之, 馬場 暁士, Chan Michael, 林 公子, B. Cottam Howard, A. Carson Dennis, 隅田 泰生 .  TLR7リガンド複合体の合成と免疫増強活性 .  エンドトキシン・自然免疫研究23 ( 0 ) 28 - 33   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本エンドトキシン・自然免疫研究会  

    <p> Toll-like receptors (TLRs) are transmembrane proteins classified into pattern recognition receptors (PRRs). TLRs are found in cell surface and/or endocytic vehicles in immune cells. TLRs activate innate immunity by recognizing pathogen-associated molecular patterns (PAMPs) derived from bacteria and viruses and damage-associated molecular patterns (DAMPs) produced by damaged tissue. The activation of innate immunity induces adaptive immunity that plays an important role in the host defense against pathogenic infection. On the other hand, abnormal activation of innate immunity causes immune disorders such as autoimmune disease. Therefore, TLRs are important molecules in the immune system. So far, 10 types of TLRs (TLR1 to TLR10) in humans and 12 types of TLRs (TLR1 to TLR9, TLR11 to TLR13) in mice have been found. TLR1, TLR2, TLR4, and TLR6 are found on the cell surface, and TLR3, TLR7, TLR8, and TLR9 are found in the endosomal compartment. Each TLR recognizes specific PAMPs and DAMPs ; lipopeptides for TLR1/2 and TLR2/6 ; nucleic acid structures for TLR3, TLR7, TLR8 and TLR9 ; lipopolysaccharide (LPS) structures and heat-shock proteins for TLR4. In recent years, various ligands activating TLRs signal have also been chemically synthesized and have been utilized as effective adjuvants in antiviral and anticancer therapy. Regarding TLR7 ligand (TLR7L), conjugates with peptides, polymers, proteins, glycans, and nanoparticles have attracted much attention because they have great potencies on the humoral and cellular immune response. In this paper, we describe recent progress in the synthesis and biological property of TLR7 ligand conjugate containing our recent study.</p>

    DOI: 10.24753/jeiis.23.0_28

  • Akihito Baba, MasahiroWakao, Hiroyuki Shinchi, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Shiyin Yao, Howard B.Cottam, Dennis A.Carson, Yasuo Suda .  Synthesis and immunostimulatory activity of sugar-conjugated TLR7 ligands .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters30 ( 3 ) 126840   2020年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Shinchi, Toru Yamaguchi, Toshiro Moroishi, Masaharu Yuki, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Gold Nanoparticles Coimmobilized with Small Molecule Toll-Like Receptor 7 Ligand and α-Mannose as Adjuvants .  Bioconjugate Chemistry30 ( 11 ) 2811 - 2821   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinchi H., Nakamura T., Ota H., Nishihara S., Wakao M., Suda Y. .  Cell profiling based on sugar chain‐cell binding interaction and application to typing and quality verification of cells .  ChemBioChem20 ( 14 ) 1810 - 1816   2019年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ChemBioChem  

    DOI: 10.1002/cbic.201900028

    Scopus

    PubMed

  • 大山真也,若尾雅広,Alast Ahmadiiveli,杜若祐平,山口徹,新地浩之,Michael Chan,Nikunj M. Shukla,林公子,Howard B. Cottam,Dennis A. Carson,隅田泰生 .  ピリミドインドール系TLR4リガンドの構造活性相関研究 .  エンドトキシン・自然免疫研究21   42 - 46   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muchima K, Todaka T, Shinchi H, Sato A, Tazoe A, Aramaki R, Kakitsubata Y, Yokoyama R, Arima N, Baba M, Wakao M, Ito Y, Suda Y. .  Development of sugar chain-binding single chain variable fragment antibody to adult T-cell leukemia cells using glyco-nanotechnology and phage display method .  The Journal of Biochemistry163 ( 4 ) 281 - 291   2018年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahito Hashimoto, Taichi Matsumoto, Miwa Tamura-Nakano, Mami Ozono, Shuhei Hashiguchi, and Yasuo Suda .  Characterization of outer membrane vesicles of Acetobacter pasteurianus NBRC3283 .  Journal of Bioscience and Bioengineering 125 ( 4 ) 425 - 431   2018年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Bioscience and Bioengineering  

    DOI: 10.1016/j.jbiosc.2017.11.006

    Scopus

    PubMed

  • Chan M. .  Structure-Activity Relationship Studies of Pyrimido[5,4-b]indoles as Selective Toll-Like Receptor 4 Ligands .  Journal of Medicinal Chemistry60 ( 22 ) 9142 - 9161   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Medicinal Chemistry  

    DOI: 10.1021/acs.jmedchem.7b00797

    Scopus

    PubMed

  • 若尾雅広、杜若祐平、Alast Ahmadiiveli、馬場暁士、大山真也、新地浩之、Michael Chen、林 公子、Howard B. Cottam、Dennis A. Carson、隅田泰生 .  ピリミドインドール骨格を有するTLR4リガンドの構造改変と構造活性相関解析 .  エンドトキシン・自然免疫研究20   60 - 63   2017年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 橋本雅仁、馬場梨沙子、大薗まみ、橋口周平、隅田泰生、深瀬浩一、藤本ゆかり .  黒酢中の自然免疫活性化物質と酢酸菌由来リポ多糖 .  エンドトキシン・自然免疫研究20   57 - 59   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto M, Mizukami M, Osuki K, Fujiwara N, Suda Y, Uchiumi T .  Characterization of O-antigen polysaccharide backbone derived from nitric oxide-inducing Mesorhizobium loti MAFF 303099 lipopolysaccharide .  Carbohydrate Research445   44 - 50   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakao, M., Watanabe, S., Kurahashi, Y., Matsuo, T., Takeuchi, M., Ogawa, T., Suzuki, S., Yumino, T., Myogadani, T., Saito, A., Muta, K., Kimura M., Kajikawa, K., Suda, Y. .  Optical Fiber-Type Sugar Chip Using Localized Surface Plasmon Resonance .  Analytical Chemistry89 ( 2 ) 1086 - 1091   2017年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Ozono, M., Furuyashiki, M., Baba, R., Hashiguchi, S., Suda, Y., Fukase, K. & Fujimoto, Y. .  Characterization of a novel D-glycero-D-talo-oct-2-ulosonic acid-substituted lipid a moiety in the lipopolysaccharide produced by the acetic acid bacterium Acetobacter pasteurianus NBRC 3283 .  Journal of Biological Chemistry291 ( 40 ) 21184 - 21194   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakitsubata Y, Aramaki R, Nishioka K, Wakao M, Suda Y .  Toward the Construction of Dermatan Sulfate (DS) Partial Disaccharide Library: Efficient Synthesis of Building Blocks, Common Intermediate, and Ligand Conjugate of Type-B DS Disaccharide .  Tetrahedron Letters57 ( 10 ) 1154 - 1157   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinchi H, Yuki N, Ishida H, Hirata K, Wakao M, Suda Y .  Visual Detection of Human Antibodies Using Sugar Chain-Immobilized Fluorescent Nanoparticles: Application as a Point of Care Diagnostic Tool for Guillain-Barré Syndrome .  PLoS ONE10 ( 9 ) e0137966   2015年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda Y, Nagatomo M, Yokoyama R, Ohzono M, Aoyama K, Zhang X, Nakajima K, Murakami N, Shinoda T, Hirota T, Yanagihara S, Nishi J .  Highly sensitive detection of influenza virus in saliva by real-time PCR method using sugar chain-immobilized gold nanoparticles; application to clinical studies .  Biotechnology Reports7   64 - 71   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinchi H, Crain B, Yao S, Chan M, Zhang S.S., Ahmadiiveli A, Suda Y, Hayashi T, Cottam H.B., and Carson D.A. .  Enhancement of the Immunostimulatory Activity of a TLR7 Ligand by Conjugation to Polysaccharides .  Bioconjugate Chemistry26 ( 8 ) 1713 - 1723   2015年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saksono B, Dewi BE, Nainggolan L, Suda Y .  A Highly Sensitive Diagnostic System for Detecting Dengue Viruses Using the Interaction between a Sulfated Sugar Chain and a Virion .  PLoS ONE10 ( 5 ) e0123981   2015年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Teruya K, Wakao M, Sato M, Hamanaka T, Nishizawa K, Funayama Y, Sakasegawa Y, Suda Y, Dou-ura K .  Heparinase I-specific disaccharide unit of heparin is a key structure but insufficient for exerting anti-prion activity in prion-infected cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications460 ( 4 ) 989 - 995   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakao M, Obata R, Miyachi K, Kakitsubata Y, Kondo T, Sakami C, Suda Y .  Synthesis of a chondroitin sulfate disaccharide library and a GAG-binding protein interaction analysis .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters25 ( 7 ) 1407 - 1411   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyachi K, Wakao M, Suda Y .  Syntheses of chondroitin sulfate tetrasaccharide structures containing 4,6-disulfate patterns and analysis of their interaction with glycosaminoglycan-binding protein .  Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters25 ( 7 ) 1552 - 1555   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Shinchi , Masahiro Wakao, Nonoka Nagata , Masaya Sakamoto , Eiko Mochizuki , Taro Uematsu , Susumu Kuwabata , and Yasuo Suda .  Cadmium-Free Sugar-Chain-Immobilized Fluorescent Nanoparticles Containing Low-Toxicity ZnS-AgInS2 Cores for Probing Lectin and Cells .  Bioconjugate Chem25 ( 2 ) 286 - 295   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaristus Chibunna Mbanefo, Kikuchi M, Nguyen Tien Huy, Mohammed Nasir Shuaibu, Mahamoud Sama Cherif, Chuanxin Yu, Wakao M, Suda Y, Hirayama K .  Characterization of a Gene Family Encoding SEA (Sea-urchin Sperm Protein, Enterokinase and Agrin)-Domain Proteins with Lectin-Like and Heme-Binding Properties from Schistosoma japonicum .  Plos Negl Trop Dis   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto M, Obara K, Ozono M, Furuyashiki M, Ikeda T, Suda Y, Fukase K, Fujimoto Y, Shigehisa H. .  Separation and characterization of the immunostimulatory components in unpolished rice black vinegar (kurozu) .  J. Biosci. Bioeng.116 ( 6 ) 688 - 696   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujimoto Y, Mitsunobe K, Fujiwara S, Mori M, Hashimoto M, Suda Y, Kusumoto S, Fukase K .  Synthesis and biological activity of phosphoglycolipids from Thermus thermophilus .  Org Biomol Chem.11 ( 30 ) 5034 - 5041   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuichi Kodama,Yasuhiro Okamoto,Junichirou Nishi,Sho Hashhiguchi,Yumi Yamaki,Koichiro Kurauchi,Takayuki Tanabe,Yuichi Shinokoda,Takuro Nishikawa,Yasuo Suda,Yoshifumi Kawano .  Ramsay Hunt Syndorome inGirl With Acute Lymphoblastic Leukemia During Maintenance Therapy .  J Pediator Hematol Oncol35 ( 5 )   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kenji Kukita, Miki Kawabata-Matsuo, Takahiko Oho, Mami Nagatomo, Yuichi Oogai, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Staphylococcus aureus SasA is Reponsible for Binding to Salivary Agglutinin gp 340, Derived from Human Saliva .  Infect. Immun.81 ( 6 ) 1870 - 1879   2013年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahito Hashimoto, Haruka Eguchi, Kazuki Tawaratsumida, Teruo Kirikae and Yasuo Suda .  Identification of a Toll-like receptor 2-stimulating lipoprotein in Bacteroidesfragilis JCM 11019 (NCTC 9343) .  Innate Immun.29 ( 4 ) 132 - 139   2013年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda Y, Zang X, Takahashi Y, Yokoyama R, Nagatomo M, Aoyama K, Okuno T, Saito S, Morikawa S, Kase T, Hiroi S, Murakami N, Nishi J, Wakao M .  Discrimination of Influenza Virus Strains and Super High Sensitive Detection of Viruses using Sugar Chip and Sugar-Chain Immobilized Gold Nano-Particles .  ACS Books "Tailored Polymer Architectures for Pharmaceutical and Biomedical Applications",ACS Symp.Ser. 1135   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MASAHITO HASHIMOTO,YOUHEI TANISHITA,YASUO SUDA,EI-ICHI MURAKAMI,MAKI NAGATA,KEN-ICHI KUCHO, MIKIKO ABE,and TOSHIKI UCHIMMI .  Characterizeation of Nitric Oxide-Inducing Lipid A Derived from Mesorhizobium loti Lipopolysaccharide .  Microbes Environ27 ( 4 ) 490 - 496   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • YasuoSuda;Okazaki,F;Hasegawa,Y;Adachi,S;Fukase,K;Kokubo,S;Kuramitsu,S;Kusumoto,S .  Structural Characterization of Neutral and Acid Glycolipids from Themus thermophilus HB8 .  PLOS ONE7 ( 7 )   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Shimoyama, Akinori Saeki, Natsuko Tanimura, Hiroko Tsutsui, Kensuke Miyake, Yasuo Suda, Yukari Fujimoto, Koichi Fukase .  Chemical Synthesis of Helicobacter pylori Lipopolysaccharide Partial Structures and their Selective Proinflammatory Responses .  Chem. Eur. J.17 ( 51 ) 14464 - 14474   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kiyotaka Fujita, Shiho Sakamoto, Yuki Ono, Masahiro Wakao, Yasuo Suda, Kanefumi Kitahara, Toshihiko Suganuma .  Molecular Cloning and Characterization of a β-L-Arabinobiosidase in Bifidobacterium longum That Belongs to a Novel Glycoside Hydrolase Family .  JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY286 ( 7 ) 5143 - 5150   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Errol Wijelath, Mayumi Namekata, Jacqueline Murray, Mai Furuyashiki, Siyuan Zhang, Daniel Coan, Masahiro Wakao, Robert B. Harris, Yasuo Suda, Lianchun Wang, Michael Sobel .  Multiple mechanisms for exogenous heparin modulation of vascular endothelial growth factor activity .  Journal of Cellular Biochemistry111 ( 2 ) 461 - 468   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • JiuPian Yang, Reiko Yoshida, Yuki Kariya, Xu Zhang, Shuhei Hashiguchi, Toshihiro Nakashima, Yasuo Suda, Ayato Takada, Yuji Ito, Kazuhisa Sugimura .  Characterization of human single-chain antibodies against highly pathogenic avian influenza H5N1 viruses: mimotope and neutralizing activity .  The Journal of Biochemistry 148 ( 4 ) 507 - 515   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Kariya, Yusuke Yoshihara, Yumiko Nakao, Nobuko Sakurai, Masaru Ueno, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Carboxymethyl-chitin promotes chondrogenesis by inducing the production of growth factors from immune cells .  Journal of Biomedical Materials Research Part A94A ( 4 ) 1034 - 1041   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saito,A., Wakao,M., Deguchi,H., Mawatari, A., Sobel, M., Suda, Y. .  Towards the assembly of heparin and heparan sulfate oligosaccharide libraries: efficient synthesis of uronic acid and disaccharide building blocks .  Tetrahedron66 ( 22 ) 3951 - 3926   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki, N., Hirano, T., Ichimiya, T., Wakao, M., Hirano, K., Akiko Kinoshita-Toyoda, H., Toyoda, H., Suda, Y.,, Nishihara, S. .  The 3’-Phosphoadenosine 5’-Phosphosulfate Transporters, PAPST1 and 2, Contribute to the Maintenance and Differentiation of Mouse Embryonic Stem Cells .  PLoS ONE4 ( 12 ) e8262   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yukari Fujimoto, Masahito Hashimoto, Maiko Furuyashiki, Mami Katsumoto, Tsukasa Seya, Yasuo Suda, Koichi Fukase .  Lipopeptides from Staphylococcus aureus as Tlr2 Ligands: Prediction with mRNA Expression, Chemical Synthesis, and Immunostimulatory Activities .  ChemBioChem10 ( 14 ) 2311 - 2315   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sato, M, Ito Y, Arima N, Baba M, Sobel M, Wakao M, and Suda Y .  High-sensitivity analysis of naturally occurring sugar chains, using a novel fluorescent linker molecule .  J Biochem146 ( 1 ) 33 - 41   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muraoka, S, Ito Y, Kamimura M, Baba M, Arima N, Suda Y, Hashiguchi S, Torikai M, Nakashima T, Sugimura K, .  Effective induction of cell death on adult T-cell leukaemia cells by HLA-DRbeta-specific small antibody fragment isolated from human antibody phage library .  J. Biochem.145 ( 6 ) 799 - 810   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuki Tawaratsumida, Maiko Furuyashiki, Mami Katsumoto, Yukari Fujimoto, Koichi Fukase, Yasuo Suda, Masahito Hashimoto .  Characterization of N-terminal Structure of TLR2-activating Lipoprotein in Staphylococcus aureus .  The Journal of Biological Chemistry284 ( 14 ) 9147 - 9152   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田泰生 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子,それらを用いたウイルス検査法の開発 .  フナコシ・レビュー, フナコシ株式会社3   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 隅田泰生 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子の開発とウイルス検査への応用 .  遺伝子医学MOOK,臨床糖鎖バイオマーカーの開発ー糖鎖機能の解明とその応用,第2章 合成編 医薬応用に向けた糖鎖合成技術の活用 第3編・(株)メディカルドゥ大阪 ( 11 ) 104 - 109   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 隅田泰生 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP)-糖鎖と蛋白質やウイルスとの結合相互作用を解析するための新しい分析ツール- .  MRS-J NEWS・日本MRS ( 20 ) 4 - 6   2008年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yoshiyuki Fukase, Yukari Fujimoto, Yo Adachi, Yasuo Suda, Shoichi Kusumoto, Koichi Fukase .  Synthesis of Rubrivivax gelatinosus Lipid A and Analogues for Investigation of the Structural Basis for Immunostimulating and Inhibitory Activities .  Bull. Chem. Soc. Jpn.81 ( 7 ) 796 - 891   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura-Tsuruta, S, Kishimoto Y, Nishimura T,Suda Y .  One-step purification of lectins from banana pulp using sugar-immobilized gold nano-particles .  J Biochem143 ( 6 ) 833 - 839   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Imamura A, Yoshikawa T, Komori T, Ando M, Ando H, Wakao M, Suda Y, Ishida H, Kiso M. .  Design and synthesis of versatile ganglioside probes for carbohydrate microarrays .  Glycoconjugate J.25 ( 3 ) 269 - 278   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba M, Okamoto M, Hamasaki T, Horai S, Wang X, Ito Y, Suda Y, Arima N. .  Highly enhanced expression of CD70 on human T-lymphotropic virus type 1-carrying T-cell lines and adult T-cell leukemia cells .  Journal of Virology82 ( 8 ) 3843 - 3852   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wakao M, Saito A, Ohishi K, Kishimoto Y, Nishimura T, Sobel M, Suda Y .  Sugar Chips immobilized with synthetic sulfated disaccharides of heparin/heparin sulfate partial structure .  Bioorg. Med. Chem. Lett.18 ( 7 ) 2499 - 2504   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norihiko Sasaki, Kazuhiko Okishio, Kumiko Ui-Tei, Kaoru Saigo, Akiko Kinoshita-Toyoda, Hidenao Toyoda, Tomoaki Nishimura, Yasuo Suda, Michiko Hayasaka, Kazunari Hanaoka, Seiji Hitoshi, Kazuyuki Ikenaka, Shoko Nishihara .  Heparan sulfate regulates self-renewal and pluripotency of embryonic stem cells .  J. Biol. Chem.283 ( 6 ) 3594 - 3606   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahito Hashimoto, Katsuhiro Takashige, Maiko Furuyashiki, Keitaro Yoshidome, Ryoko Sano, Yutaka Kawamura, Shinji Ijichi, Hirofumi Morioka, Hiroyuki Koide, Naoto Oku, Yoichiro Moriya, Shoich Kusumoto, Yasuo Suda .  Enhancement of antitumor activity of OK-432 (Picibanil) by Triton X-114 phase partitioning .  International Immunopharmacology8 ( 1 ) 12 - 19   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • higeki Kakiuchi, Yasuo Suda, Kozo Obara, Hidekazu Sueyoshi .  Microwave Heating of Thin Cu Film .  Transactions of the Materials Research Society of Japan32 ( 3 ) 603 - 608   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroyuki Kariya, Ai Kiyohara, Shingo Masuda, Yuseke Yoshihara, Masaru Ueno, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Biological roles of carboxymethyl-chitin associated for the growth factor production .  J. Biomed. Mater. Res.83A ( 1 ) 58 - 63   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yukari Fujimoto, Masato Iwata, Noriko Imakita, Atsushi Shimoyama, Yasuo Suda, Shoichi Kusumoto, Koichi Fukase .  Synthesis of immunoregulatory Helicobacter pylori lipopolysaccharide partial structures .  Tetrahedron Lett.48 ( 37 ) 6577 - 6581   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liu, J-H., Yang, P-C., Chiu, Y-H., Suda, Y. .  Synthesis and characterization of novel liquid-crystalline copolymers containing thermally stable photochromic groups .  J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem.45 ( 10 ) 2026 - 2037   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liu, J-H., Yang, P-C., Chiu, Y-H., Suda, Y. .  Synthesis and characterization of novel liquid-crystalline copolymers containing thermally stable photochromic groups .  J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem.45 ( 10 ) 2026 - 2037   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahito Hashimoto, Maiko Furuyashiki, Ryoko Kaseya, Yuka Fukada, Mai Akimaru, Kazue Aoyama, Toshiomi Okuno, Toshihide Tamura, Teruo Kirikae, Fumiko Kirikae, Nobutaka Eiraku, Hirofumi Morioka, Yukari Fujimoto, Koichi Fukase, Katsuhiro Takashige, Yoichiro .  Evidence of immunostimulating lipoprotein co-existing in natural lipoteichoic acid fraction .  Infect. Immun.75 ( 4 ) 1926 - 1932   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Furuyashiki, M., Suda, Y. .  Response to comment on "not lipoteichoic acid but lipoproteins appear to be the dominant immunobiologically active compounds in Staphylococcus aureus" .  J. Immunol.178 ( 5 ) 2610 - 2611   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田泰生 .  Synthesis of lipid A monosaccharide analogues containing acidic aminoacid: Exploring the structural basis for the endotoxic and antagonistic activities .  Bioorg. Med. Chem.14 ( 19 ) 6759 - 6777   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Errol S. Wijelath, Salman Rahman, Mayumi Namekata, JacquelineMurray, Tomoaki Nishimura, Zohreh Mostafavi-Pour, Yatin Patel, Yasuo Suda, Martin J. Humphries Michael Sobel .  Heparin-II Domain of Fibronectin Is a Vascular Endothelial Growth Factor-Binding Domain. Enhancement of VEGF Biological Activity by a Singular Growth Factor/Matrix Protein Synergism .  Circ Res.99 ( 8 ) 853 - 860   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Kataoka, M. Hashimoto, Y. Suda, S. Kusumoto, and K. Fukase .  Synthesis and Biological Activities of Biscarboxymethyl Lipid A Analogues .  Heterocycles69   395 - 415   2006年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Tawaratsumida, K., Kariya, H., Kiyohara, A., Suda, Y., Krikae, F., Kirikae, T., G_tz F. .  Not lipoteichoic acid but lipoproteins appear to be the dominant immunobiologically active compounds in Staphylococcus aureus. .  J. Immunol.177 ( 5 ) 3126 - 3169   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuo Suda, Akio Arano, Yasuhiro Fukui, Shuhei Koshida, Masahiro Wakao, Tomoaki Nishimura, Shoichi Kusumoto, Michael Sobel .  Immobilization and clustering of structurally defined oligosaccharides for sugar chips: An improved method for surface plasmon resonance analysis of protein-carbohydrate interactions .  Bioconj. Chem.17 ( 5 ) 1125 - 1135   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田泰生、若尾雅広 .  Sugar-Immobilized Gold Nano-Particles (SGNP): Novel Bioprobe for the On-Site analysis of the Oligosaccharide-Protein Interactions .  Polymer Preprints47 ( 2 ) 156 - 157   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 橋本雅仁,隅田泰生 .  Lipoprotein is a predominant Toll-like receptor 2 ligand in Staphylococcus aureus cell wall components. .  Int. Immunol18 ( 2 ) 355 - 362   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M.Hashimoto, K.Tawaratsumida, H.Kariya, K.Aoyama, T.Tamura, Y.Suda .  Lipoprotein is a predominant Toll-like receptor 2 ligand in Staphylococcus aureus cell wall components. .  International Immunology18 ( 2 ) 355 - 362   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田 泰生 .  表面プラズモン共鳴・糖鎖チップを用いた糖鎖-タンパク質相互作用の解析 .  未来を拓く糖鎖科学,金芳堂   74 - 75   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujimoto, Y., Adachi, Y., Akamatsu, M., Fukase, Y., Kataoka, M., Suda, Y., Fukase, K., Kusumoto, S. .  Synthesis of lipid A and its analogues for investigation of the structural basis for their bioactivity .  J. Endotoxin Res11 ( 6 ) 341 - 347   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Iwata, N. Imakita, Y. Suda, Y. Fujimoto, K. Fukase and S. Kusumoto .  Synthesis and biological activity of Helicobacter pylori lipopolysaccharide partial structures containing 2-keto-3-deoxy-D-manno-octonic acid (Kdo) .  Glycobiology14 ( 11 ) 1201   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Akamatsu, M. Kataoka, Y. Fujimoto, Y. Suda, K. Fukase and S. Kusumoto .  Synthesis and biological activities of lipid A mimics possessing acidic amino acid .  Glycobiology14 ( 11 ) 1201 - 1202   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ed. M. Akashi, Y. Suda, T. Aoyagi, T. Taguchi, and H. Ohgushi .    .  Transactions of the Materials Research Society of Japan, Materials Research Society of Japan29 ( 6 )   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kusumoto, S., Fukase, K., Fukase, Y., Kataoka, M., Yoshizaki, H., Sato, K., Oikawa, M., Suda, Y. .  Structural basis for endotoxic and antagonistic activities: investigation with novel synthetic lipid A analogs .  J. Endotoxin Res.9 ( 6 ) 361 - 366   2003年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomohiko Ogawa, Yasuyuki Asai, Yasuhiro Sakai, Masato Oikawa, Koichi Fukase, Yasuo Suda, Shoichi Kusumoto, Toshihide Tamura .  Endotoxic and immunobiological activities of a chemically synthesized lipid A of #IHelicobacter pylori#I strain 206-1 .  FEMS lmmunology and Medical Microbiology36 ( 1,2 ) 1 - 7   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koichi Fukase, Atsushi Ueno, Yoshiyuki Fukase, Masato Oikawa, Yasuo Suda, and Shoichi Kusumoto .  Synthesis and Biological Activities of Lipid A Analogs Possessing β- Glycosidic Linkage at 1-Position .  Bulletin of the Chemical Society of Japan76 ( 3 ) 485 - 500   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Kirikae, F., Dohi, T., Adachi, S., Kusumoto, S., Suda, Y., Fujita, T., Naoki, H. .  Structural study on lipid A and the O-specific polysaccharide of the lipopolysaccharide from a clinical isolate of Bacteroides vulgatus from a patient with Crohn's disease .  Eur. J. Biochem.269   3715 - 3721   2002年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田泰生 .  Information Technology(IT)と電子ジャーナル .  南風(鹿児島大学図書館報) ( 59 ) 2 - 3   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kusumoto, S., Fukase, K., Oikawa M., Suda, Y. .  Synthetic chemistry and function of bacterial cell surface glycoconjugates .  J. Chin. Chem. Soc.49 ( 4 ) 453 - 458   2002年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liao, J., Oku, N., Suda, Y. .  Ottenbrite, R.M., Hydrophobic Modification of Poly(MA-CDA) to Enhance Biological Activity .  J. Macromol. Sci. Polymer ReviewsC42 ( 2 ) 291 - 306   2002年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 金 庸民,長田久美子,隅田泰生,楠本正一,田村俊秀,下山孝 .  Helicobacter pylori 株由来の lipid A の構造解析と免疫生物学的作用 .  兵庫医科大学医学会雑誌27 ( 1 ) 51 - 68   2002年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y. .  Preface: the special issue for lipopolysaccharide .  Trends in Glycoscience and Glycotechnology14   51 - 52   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Kirikae, T., Kirikae, F., Liu, W-C., Oikawa, M., Suda, Y., Kurosawa, M., Fukase, Y., Yoshizaki, H., Kusumoto, S. .  Synthesis of [H-3]-Labeled Bioactive Lipid A Analogs and Their Use for Detection of Lipid A-Binding Proteins on Murine Macrophages .  Bull. Chem. Soc. Jpn.74 ( 11 ) 2189 - 2197   2001年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Kirikae, F., Dohi, T., Kusumoto, S., Suda, Y., Kirikae, T. .  Structural Elucidation of a Capsular Polysaccharide from a Clinical Isolate of Bacteroides vulgatus from a Patient with Crohn's Disease .  Eur. J. Biochem.268 ( 11 ) 3139 - 3144   2001年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshizaki, H., Fukuda, N., Sato, K., Oikawa, M., Fukase, K., Suda, Y., Kusumoto, S. .  First Total Synthesis of the Re-Type Lipopolysaccharide .  Angew. Chem. Int. Ed.40 ( 8 ) 1475 - 1480   2001年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kim, Y-M., Ogawa, T., Yasui, N., Hasegawa, Y., Kashihara, W., Shimoyama, T., Aoyama, K., Nagata, K., Tamura, T., Kusumoto, S. .  Chemical Structure and Biological Activity of a Lipid A Component from Helicobacter pylori strain 206 .  J. Endotoxin Res.7 ( 2 ) 95 - 104   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sobel, M., Fish, W. R., Toma, N., Luo, S., Bird, K. E., Mori, K., Kusumoto, S., Blystone, S. D., Suda, Y. .  Heparin Modulates Integrin Function in Human Platelets .  J. Vascular Surgery33   587 - 594   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshida, S., Suda, Y., Arano, A., Sobel M., Kusumoto, S. .  An Efficient Method for the Assembly of Sulfated Oligosaccharides Using Reductive Amination .  Tetrahedron Lett.42   1293 - 1296   2001年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshida, S., Suda, Y., Sobel, M., Kusumoto, S. .  Synthesis of Oligomeric Assemblies of a Platelet-Binding Key Disaccharide in Heparin and Their Biological Activities .  Tetrahedron Lett.42   1289 - 1292   2001年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Wakao, M., Izumi, M., Ueno, A., Oikawa, M., Suda, Y., Kusumoto, S., Nestler, H. P., Sherlock, R., Liu, R. .  Identification of Branched Peptidic Structures that Recognize Immunostimulating Glycoconjugate Lipid A from Encoded Combinatorial Libraries .  Peptide Science 20002000 ( 37th ) 365 - 368   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Nakamura, M., Koshida, S., Kusumoto, S., Sobel, M. .  Novel Photo Affinity Crosslinking Resin for the Isolation of Heparin Binding Proteins .  J. Bioact. Compat. Polym.15 ( 6 ) 468 - 477   2000年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakai, Y., Oikawa, M., Yoshizaki, H., Ogawa, T., Suda, Y., Fukase, K., Kusumoto, S. .  Synethesis of Helicobacter pylori lipid A and its analogue using p-(trifluoromethyl)benzyl protecting group .  Tetrahedron Lett.41   6843 - 6847   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Imamura, Y., Morichika, T., Arimoto, K., Takeuchi, O., Takeda, K., Akira, S., Aoyama, K., Tamura, T., Kotani, S., Suda, Y., Kusumoto, S. .  Cytokine-inducing Macromolecular Glycolipids from Enterococus hirae: Improved Method for Separation and Analysis of Its Effects on Cellular Activation .  Biochem. Biophys. Res. Commun.273 ( 1 ) 164 - 169   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimamura, M., Suda, Y., Kusumoto, S., Sato, K., Grusby, M. J., Sato, H., Nakayama, T., Taniguchi, M. .  Positive Selection of NKT Cells by CD1+, CD11c+ Non-Lymphoid Cells Residing in the Extrathymic Organs .  Eur. J. Immunol.29 ( 12 ) 3962 - 3970   1999年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshida, S., Suda, Y., Sobel, M., Ormsby, J., Kusumoto, S. .  Synthesis of Heparin Partial Structures and Their Binding Activities to Platelets .  Bioorg. Med. Chem. Lett9 ( 21 ) 3127 - 3132   1999年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oikawa, M., Furuta, H., Suda, Y., Kusumoto, S. .  Synthesis and Bioactivity of a Fluorescence-Labeled Lipid A Analogue .  Tetrahedron Lett.40   5199 - 5202   1999年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshida, S., Suda, Y., Fukui, Y., Ormsby, J., Sobel, M., Kusumoto, S. .  Synthesis and Biological Activity of Oligomer Model Compounds Containing Units of Platelet-Binding Key Disaccharide in Heparin .  Tetrahedron Lett.40   5725 - 5728   1999年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Mori, K., Bird, K., Marques, D., Ormsby, J., Tanaka, T., Koshida, S., Nakamura, M., Kusumoto, S., Sobel, M. .  A Novel Crosslinking Reagent and Its Application for the Detection and Isolation of Heparin-Binding Protein(s) on the Platelet Surface .  J. Biochem.125 ( 6 ) 1011 - 1015   1999年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liu, W.-C., Oikawa, M., Fukase, K., Suda, Y., Kusumoto, S. .  A Divergent Synthesis of Lipid A and Its Chemically Stable Unnatural Analogues .  Bull. Chem. Soc. Jpn72 ( 6 ) 1377 - 1385   1999年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 隅田泰生 .  リピドAおよびヘパリン部分構造の負イオン法 ESI/TOF MS .  J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.47   206 - 210   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniguchi, I., Akiyoshi, K., Sunamoto, J., Suda, Y., Yamamoto, M., Ichinose, K. .  Cell Specificity of Macromolecular Assembly of Cholesteryl and Galactoside Groups-Conjugated Pullulan .  J. Bioact. Compt. Polym.14   195 - 212   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Aoyama, K., Arimoto, K., Tamura, T., and Kusumoto, S. .  S-form Lipopolysaccharide (LPS), but not Lipid A nor R-Chemotype LPS, Induces Interleukin-6 Production in Vitamin D3-Differentiated THP-1 Cells .  Biochem. Biophys. Res. Commun.257 ( 2 ) 327 - 332   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishihara, S., Hiraga, T., Ikehara, Y., Iwasaki, H., Kudo, T., Yazawa, S., Morozumi, K., Suda Y., Narimatsu, H. .  Molecular Behavior of Mutant Lewis Enzymes #Iin vivo#I .  Glycobiology9 ( 4 ) 373 - 382   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kirikae, T., Nitta, T., Kirikae, F., Suda, Y., Kusumoto, S., Qureshi, N., Nakano, M. .  Lipopolysaccharides (LPS) of Oral Black-Pigmented Bacteria Induce Tumor Necrosis Factor Production by LPS-Refractory C3H/HeJ Macrophages in a Way Different from That of Salmonella LPS .  Infect. Immun.67 ( 4 ) 1736 - 1742   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Imamura, Y., Yasuoka, J. Kotani, S., Kusumoto, S., Suda, Y. .  A Novel Cytokine-Inducing Glycolipid Isolated from the Lipoteichoic Acid Fraction of Enterococcus hirae ATCC 9790: A Fundamental Structure of the Hydrophilic Part .  Glycoconjugate J.16 ( 3 ) 213 - 221   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, F., Oikawa, M., Suda, Y., Liu, W.-C., Fukase, Y., Shintaku, T., Seklijic, H., Yoshizaki, H., Kusumoto, S. .  New Synthesis and Conformational Analysis of Lipid A: Biological Activity and Supramolecular Assembly .  J. Endotxin Res.5   46 - 51   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Fukase, Y., Oikawa, M., Liu, W.-C., Suda, Y., Kusumoto, S. .  Divergent Synthesis and Biological Activities of Lipid A Analogues of Shorter Acyl Chains .  Tetrahedron54   4033 - 4050   1998年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasukochi, T., Fukase, K., Suda, Y., Takagaki, K., Endo, M., Kusumoto, S. .  Enzymatic Synthesis of 4-Methylumbelliferyl Glycoside of Trisacchairde and Core Tetrasaccharide, Gal(a1-3)Gal(a1-4)Xyl(a)-MU and GlcA(a1-3)Gal(a1-3)Gal(a1-4)Xyl, Corresponding to the Linkage Region of Proteoglycans .  Bull. Chem. Soc. Jpn.70 ( 11 ) 2719 - 2725   1997年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogawa, T., Suda, Y., Kashihara, W., Hayashi, T., Shimoyama, T., Kusumoto, S. Tamura, T. .  Immunobiological Activities of Chemically Defined Lipid A from Helicobacter pylori LPS in Comparison with Porphyromonas gingivalis Lipid A and Escherichia coli-type Synthetic Lipid A (Compound 506) .  Vaccine15   1598 - 1605   1997年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Onozuka, K., Kirikae, T., Kirikae, F., Suda, Y., Kusumoto, S., Yamamoto, S., Shimamura, T., Nakano, M. .  Participation of CD14 in the Phagocytosis of Smooth-Type Salmonella typhimurium by the Macrophage-Like Cell Line, J774.1 .  Microbiol. Immunol.41   765 - 772   1997年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Ogawa, T., Kashihara, W., Oikawa, M., Shimoyama, T., Hayashi, T., Tamura, T., Kusumoto, S. .  Chemical Structure of Lipid A from Helicobacter pylori Strain 206-1 Lipopolysaccharide .  J. Biochem.121 ( 6 ) 1129 - 1133   1997年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Liu, W.-C., Oikawa, M., Fukase, K., Suda, Y., Winarno, H., Mori, S., Hashimoto, M., and Kusumoto, S. .  Enzymatic Preparation of (S)-3-Hydroxytetradecanoic Acid and Synthesis of Unnatural Analogues of Lipid A Containing (S)-Acid .  Bull. Chem. Soc. Jpn.70 ( 6 ) 1441 - 1450   1997年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Poletti, L. F., Bird, K. E., Marques, D., Harris, R. B., Suda, Y., Sobel, M. .  Structural Aspects of Heparin Responsible for Interactions with von Willebrand Factor .  Arterioscler Thromb. Vasc. Biol17 ( 5 ) 925 - 931   1997年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, M., Ysuoka, J., Suda, Y., Takada, H., Yoshida, T., Kotani, S., Kusumoto, S. .  Structural Feature of the Major but Not Cytokine-Inducing Molecular Species of Lipoteichoic Acid .  J. Biochem121 ( 4 ) 779 - 786   1997年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kusumoto, S., Fukase, K., Suda Y., Oikawa, M. .  Chemical Synthesis of Bacterial Glycoconjugates in Relation to Their Immunostimulating Activity .  J. Synth. Org. Chem. Jpn.54   976 - 987   1996年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Yasukochi, T., Suda, Y., Yoshida, M., Kusumoto, S. .  Chemoenzymatic Synthesis of Gal(a1-3)Gal(a1-4)Xyl(a)-MU by the Use of a _D-Galactosidase .  Tetrahedron Lett.37   6763 - 6766   1996年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Hashimoto, M., Yasuoka, J., Kusumoto, S., Oku, N., Ding J.-L., Ottenbrite, R.M. .  Exo-vivo Cytokine Inducing Activity of Hydrophobized Poly(maleic acid-alt-7,12-dioxaspiro-[5,6] dodec-9-ene) [Poly(MA-CDA)] .  J. Bioact. Compat. Polym11   100 - 109   1996年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Kinoshita, I., Suda, Y., Aoki, Y., Liu, W.-C., Oikawa, M., Kurosawa, M., Zahringer, U., Seydel, U., Rietschel, E. Th., Kusumoto, S. .  Synthetic Study of a Bioactive 3H-Labeled Analogue of Lipid A .  Synlett1996 ( 3 ) 252 - 253   1996年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Bird, K., Shiyama, T., Koshida, S., Marques, D., Fukase, K., Sobel, M., Kusumoto, S. .  Synthesis and Biological Activity of a Model Disaccharide Containing a Key Unit in Heparin for Binding to Platelets .  Tetrahedron Lett.37   1053 - 1056   1996年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Shiyama, T., Yasukochi, T., Kawano, K., Brade, H., Rietschel, E. Th., Kusumoto, S. .  Separation of Wild-Type Lipopolysaccharides by Centrifugal Partition Chromatography: Isolation of Smooth Form Species .  J. Endotoxin Res.3   1 - 7   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Aoki, Y., Kinoshita, I., Suda, Y., Kurosawa, M., Zahringer, U., Rietschel, E. Th., Kusumoto, S. .  Synthetic Route for 14C-Labeling of a Bioactive Lipid A Analogue .  Tetrahedron Lett.36   8645 - 8648   1995年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukase, K., Liu, W.-C., Suda, Y., Oikawa, M., Wada, A., Mori, S., Ulmer, A.J., Rietschel, E.T., Kusumoto, S. .  Synthesis of an Analog of Biosynthetic Precursor Ia of Lipid A by an Improved Method: A Novel Antagonist Containing Four (S)-3-Hydroxy Fatty Acids .  Tetrahedron Lett.36   7455 - 7458   1995年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Tochio, H., Kawano, K., Takada, H., Yoshida, T., Kotani, S., Kusumoto, S. .  Cytokine-Inducing Glycolipids in the Lipoteichoic Acid Fraction from Enterococcus hirae ATCC 9790 .  FEMS Immun. Med. Microbiol.12 ( 2 ) 97 - 112   1995年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kirikae, T., Shiyama, T., Yasukochi, T., Kirikae, F., Nakano, M., Rietschel, E. Th., Kusumoto, S. .  Macrophage Activation in Response to S-Form Lipopolysaccharides (LPS) Separated by Centrifugal Partition Chromatography from Wild-Type LPS: Effects of the O-Polysaccharide Portion of LPS .  Biochem. Biophys. Res. Commun.210 ( 3 ) 678 - 685   1995年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oku, N., Yamashita, S., Sakuragi, N., Doi, K., Okada, S., Shimidzu, K., Sumi, M., Nadai, T., Kusumoto, S., Suda, Y. .  Therapeutic Efficacy of 5-Fluorouracil Prodrugs Using Endogenous Serum Protein as a Drug Carrier: A New Strategy in Drug Delivery System .  Biol. Pharma. Bull.18 ( 1 ) 181 - 184   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takada, H., Kawabata, Y., Arakaki, R., Kusumoto, S., Fukase, K., Suda, Y., Yoshimura, T., Kokeguchi, S., Kato, K., Komuro, T., Tanaka, N., Saito, M., Yoshida, T., Sato, M., Kotani, S. .  Molecular and Structural Requirements of a Lipoteichoic Acid from Enterococcus hirae ATCC 9790 for Cytokine-Inducing, Antitumor, and Antigenic Activities .  Infect. Immun.63   57 - 65   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita, S., Nadai, T., Sumi, M., Suda, Y. .  Possible Role of Serum Protein Binding to Improve Drug Disposition .  Int. J. Pharm.108   241 - 247   1994年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kusumoto, K., Ottenbrite, R.M., Sobel, M. .  ffective Fluorescent and 125-Iodide Labelling of Proteins with a New Labelling Reagent .  J. Bioact. Compat.9   310 - 317   1994年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Bird, K., Shiyama, T., Kusumoto, S., Marques, D., Sobel, M. .  Structural Insights into Heparin-Platelet Binding from a Synthetic Heparin Disaccharide with High Affinity for Platelets .  Circulation90   I 397 - I 397   1994年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kusumoto, S., Oku, N., Ottenbrite, R.M. .  New Macromolecules for Targeting of Bioactive Compounds .  Macromolecular ReportsA31   1077 - 1083   1994年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Shimidzu, K., Sumi, M., Oku, N., Kusumoto, S., Nadai, T., Yamashita, S. .  The Synthesis and In Vitro and In Vivo Stability of 5-Fluorouracil Prodrugs Which Possess Serum Albumin Binding Potency .  Biol. Pharm. Bull16 ( 9 ) 876 - 878   1993年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photoreaction of Poly(amino acid)s Containing Thymine Moieties as Side Groups .  Nucleic Acids Research Symposium Series12   169 - 172   1993年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Marques, D., Kermode, J.C., Kusumoto, S., Sobel, M. .  Structural Characterization of Heparin's Binding Domain for Human Platelets .  Thromb. Res.69   501 - 508   1993年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Shimidzu, K., Sumi, M., Kusumoto, S., Nadai, T., Yamashita, S. .  Chemical and Biological Degradation of 5-Fluorouracil Prodrugs Having High Serum Albumin Binding Potencies .  Biol. Pharm. Bull.16 ( 3 ) 322 - 324   1993年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kusumoto, S., Oku, N., Yamamoto, H., Sumi, M., Ito, F., Ottenbrite, R.M. .  Modified Polyanionic Polymers for Enhanced Cell Membrane Interaction .  J. Bioact. Compat. Polym.7   275 - 287   1992年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Shimidzu, K., Sumi, M., Kusumoto, S., Nadai, T., Yamashita, S. .  5-Fluorouracil Derivatives Having High Protein Binding Potency Affect the UV-VIS Absorption and Circular Dichroism Spectra of 2-(4'-Hydroxyphenylazo) benzoic acid-Human Serum Albumin Complex .  Chem. Express7   389 - 392   1992年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Yamamoto, H., Sumi, M., Oku, N., Ito, F., Yamashita, S., Nadai, T., Ottenbrite, R.M. .  Modified Polyanionic Polymers I. Grafting of Hydrophobic Group onto Poly(maleic acid-alt-3,4- dihydroxyphenylprop-1-ene) to Improve the Affinity for Cell Membrane .  J. Bioact. Compat. Polym.7   15 - 24   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Marques, D., Kermode, J.C., Kusumoto S., Sobel, M. .  Structural Specificity of Heparin Binding to Platelets .  Blood78 ( 1 ) 218 - 218   1991年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pan-Hou, H., Fujimori, H., Suda .  Effect of Porphyrins on [3H]-L-Glutamate Binding to Rat Brain Synaptic Membranes .  Chem. Express6   33 - 36   1991年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pan-Hou, H., Fujimori, H., Ohe, Y., Suda, Y. .  Effect of Aspartame on N-Methyl-D-Aspartate-Sensitive L-[3H]Glutamate Binding Sites in Rat Brain Synaptic Membranes .  Brain Res.520 ( 1,2 ) 351 - 353   1990年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Sumi, M., Sobel, M., Ottenbrite, R.M. .  Slective Labeling of Bioactive Polysaccharides with a New Fluorescent Reagent .  J. Bioact. Compat. Polym.5   412 - 419   1990年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sobel, M., Marques, D., Conroy, R., Suda, Y. .  Identification of Platelet Receptors Which Bind Heparin .  Blood74   172 - 172   1989年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita, S., Suda, Y., Masada, M., Nadai, T., Sumi, M. .  5-Fluorouracil Derivatives with Serum Protein Binding Potencies .  Chem. Pharm. Bull.37 ( 10 ) 2861 - 2863   1989年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagae, S., Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Application of Nucleic Acid Bases Containing Polymers to High Performance Liquid Chromatography .  J. Polym. Sci.:Part A: Polym. Chem. Ed.27   2593 - 2609   1989年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Ohe, Y., Okazaki, Y., Tanimura, K., Tetsumi, T., Nishi, M., Sumi, M. .  The Synthesis and Properties of Block-Copoly(amino acid)s with Folded Structures: A Primitive Enzyme Model .  J. Bioact. Compat. Polym.4   137 - 150   1989年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pan-Hou, H., Suda, Y., Sumi, M., Yoshioka, M., Kawai, N. .  A Spider Toxin (JSTX) Inhibits L-Glutamate Uptake by Rat Brain Synaptosome .  Brain Res.476 ( 2 ) 354 - 357   1989年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pan-Hou, H., Suda, Y., Sumi, M., Yoshioka, M., Kawai, N. .  Inhibitory Effect of 2,4-Dihydroxy-phenylacetylasparagine, a Common Moiety of Spider Toxin on Glutamate Binding to Rat Brain Synaptic Membranes .  Neurosci. Lett.81   199 - 203   1987年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pan-Hou, H., Suda, Y. .  Molecular Action Mechanism of Spider Toxin on Glutamate Receptor: Role of 2,4-Dihydroxy phenylacetylacetic Acid in Toxin Molecule .  Brain Res.418 ( 1 ) 198 - 200   1987年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inaki, Y., Fukunaga, S., Suda, Y., Takemoto, K. .  Synthesis and Photochemical Reaction of Polymethacrylate Derivative Containing 6-Cyanouracil .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.24   119 - 132   1986年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Kono, M., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photochmical Reactions on Oligo- and Polyethyleneimines Containing Pendant Thymine Bases: Effect of the Spacer .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.22   2427 - 2442   1984年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photodimerization of Pendant Thymine Bases in Thymine Containing Poly-Lysine Derivatives .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.21   2813 - 2832   1984年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photodimerization of Pendant Thymine Bases in Thymine Containing Isopoly-L-Lysine Derivative .  Polymer J.16   303 - 306   1984年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photoinduced Conformational Change of Thymine Containing Poly-Lysine Derivatives .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.22   623 - 636   1984年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suda, Y., Inaki, Y., Takemoto, K. .  Photoreaction of Poly(amino acid)s Containing Thymine Moieties as Side Groups .  Nucleic Acids Research Symposium Series12   169 - 173   1983年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inaki, Y., Sakuma, Y., Suda, Y., Takemoto, K. .  Synthesis of Oligomer Models of Polyethyleneimine Derivatives Containing Pendant Thymine Bases .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.20   1917 - 1933   1982年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inaki, Y., Suda, Y., Y. Kita and K. Takemoto .  Photochemical Reactions on Oligo- and Polyethyleneimines Which Contain Pendant Thymine Bases .  J. Polymer Sci. Polymer Chem. Ed.19   2519 - 2530   1981年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 生体分子と疾患 ヘルスサイエンスの切り札としての化学

    隅田泰生( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 9章 糖鎖とウイルス感染)

    株式会社化学同人  2021年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:194   担当ページ:90-98   記述言語:日本語

  • 試料分析講座 糖質分析

    隅田泰生( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第6章 糖鎖チップ)

    丸善出版  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 細胞・生体分子の固定化と機能発現

    新地浩之、若尾雅広、隅田泰生( 担当: 共著 ,  範囲: 糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の開発とその利用)

    シーエムシー出版  2018年4月 

     詳細を見る

    担当ページ:247-255   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 非侵襲的検体検査の最前線-唾液検査・呼気検査を中心に-Up-to-date Non-invasive Clinical Examination-Saliva Test and Breath Test- (バイオテクノロジーシリーズ)

    隅田泰生,西 順一郎,岡本実佳,馬場昌範,古川良尚,橋口照人( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2015年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:79-85   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • コイヘルペスウイルス(KHV)病的感染耐過魚からのウイルス高感度検出の試み

    小林健一郎、的山央人、兵藤則行、張旭、隅田泰生( 担当: 単著)

    新潟県内水面水産試験場調査研究報告書   2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 感染症診断における唾液検査の有用性-糖鎖固定化ナノ粒子を用いた感染初期からのインフルエンザウイルス、およびエイズウイルス(HIV-1)の検出-

    隅田 泰生、西 順一郎、岡本 実佳、馬場 昌範、古川 良尚、橋口 照人( 担当: 共著)

    BIO INDUSTRY・シーエムシー出版  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Highly Sensitive Diagonstic System of Viruses Using Suger Chain and Nano-biotechnology

    隅田 泰生、西 順一郎、岡本 実佳、馬場 昌範、古川 良尚、橋口 照人( 担当: 共著)

    BIO INDUSTRY・シーエムシー出版  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Surface Plasmon Resonance and Sugar Chip Analysis for Sugar Chain-Protein Interactions

    Y. Suda( 担当: 単著)

    Experimental Glycoscience, Glycochemistry・Springer  2008年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • マイクロアレイ・バイオチップの最新技術

    隅田泰生( 担当: 単著 ,  範囲: 第12章 糖鎖アレイ)

    伊藤嘉浩 編,シーエムシー出版,  2007年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 役に立つ化学シリーズ「高分子化学」

    隅田泰生( 担当: 単著 ,  範囲: 第6章4節 医用高分子)

    朝倉書店  2005年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 糖鎖科学の新展開-機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて

    隅田泰生( 担当: 単著 ,  範囲: 第4編3章 糖鎖チップ)

    株式会社エヌティーエス  2005年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 糖鎖化学の最先端技術 (The Recent Trends of Glycochemistry)

    隅田泰生( 担当: 単著 ,  範囲: 糖鎖チップの開発)

    シーエムシー出版  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 立尾清悟,吉満 誠,伊東祐二,新地浩之,若尾雅広,隅田泰生 .  成人T細胞白血病患者から樹立した細胞株に特異的に結合する一本鎖抗体をキメラ抗原受容体として導入したナチュラルキラー細胞の開発と細胞免疫療法への応用 .  第30回日本抗ウイルス療法学会学術集会・総会  2022年9月  日本抗ウイルス療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都リサーチパーク サイエンスホール(京都市下京区)  

  • 隅田泰生 .  糖鎖ナノテクノロジーに基づくウイルス検査法の開発 .  22-1ポリマーフロンティア21~大学発ベンチャーによるイノベーションの創出  2022年4月  公益社団法人高分子学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    開催地:オンライン開催  

  • 隅田泰生 .  「偽陰性」の発生を低減する唾液のPCR検査技術 (Webinar) .  「ウイルス検査」セミナー  2021年3月  技術情報協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 隅田泰生 .  糖鎖に基づくバイオナノテクノロジー .  日本薬剤学会第35年会(誌上開催)  2020年5月  公益社団法人日本薬剤学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:熊本  

  • 隅田泰生 .  ウイルス感染症のオンサイトPCR検査を目指して .  医療・健康・介護分野における課題解決~新型コロナウイルス含む感染症対策への貢献から考える~  2020年4月  大阪商工会議所(MDF:次世代医療システム産業化フォーラム)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Hikaru Oyama, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Single-chain variable fragment antibodies that bind to chondroitin sulfate A .  Japan Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka University  

  • Ryoma Hayase, Kensuke Sameshima, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on heparan sulfate partial disaccharide structures containing GlcN-IdoA sequence .  Japan Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka University  

  • Mitsuki Hashiguchi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Binding selectivity of single-chain variable fragment antibodies that bind to N-glycolylneuraminic acid-containing sialyl Tn antigen to cancer cells .  Japan Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka University  

  • Nana Masunaga, Kaito Hashiguchi, Mitsuki Hashiguchi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthesis and binding interaction analysis of sialyl Tn antigens .  Japan Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2022  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Osaka University  

  • 橋口 允紀, 立尾 清悟, 新地 浩之, 吉満 誠, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  がん細胞の異常糖鎖に特異的に結合する一本鎖抗体(scFv)の開発と細胞免疫療法への応用 .  第95回日本生化学会大会  2022年11月  公益社団法人日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 大山 輝, 新地 浩之, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  コンドロイチン硫酸A構造に結合する一本鎖抗体 .  第95回日本生化学会大会  2022年11月  公益社団法人日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 新地 浩之, 山口 徹, 幸 勝治, 小牧 史和, 若尾 雅広, 諸石 寿朗, 隅田 泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を合成低分子TLR7リガンドのキャリアに用いた糖鎖ナノアジュバントの免疫増強活性 .  第40回 日本糖質学会年会  2022年10月  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月 - 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター  

  • 隅田泰生 .  糖鎖ナノテクノロジーの診断・治療法への展開 .  第44回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  2022年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ホテル矢太樓(長崎県長崎市)  

  • 橋口允紀,吉松幸美,松林由眞,橋口海斗,増永成菜,新地浩之,若尾雅広,伊東祐二,隅田泰生 .  シアリルTn抗原糖鎖に結合する一本鎖抗体の調製と機能解析 .  日本化学会第102春季年会(2022)(Web開催)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:ポスター発表  

  • 早瀬嶺麿,鮫島健介,若尾雅広,隅田泰生 .  GlcNAc3S-IdoA配列を含むヘパラン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  日本化学会第102春季年会(2022)(Web開催)  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:ポスター発表  

  • Seigo Tateo, Hiroyuki Shinchi, Makoto Yoshimitsu, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of chimeric antigen receptor expressed natural killer cells for immunotherapy against adult T cell leukemia .  Joint Symposium of JTBW 2021 and KNJS 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • Yasuo Suda .  Sugar Chain-based Nano-Biotechnology .  Joint Symposium of JTBW 2021 and KNJS 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Mitsuki Hashiguchi, Komi Yoshimatsu, Yumi Matsubayashi, Kaito Hashiguchi, Nana Masunaga, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Preparation of sialyl Tn antigen binding single chain variable antibody and its binding analysis to membrane protein from cancer cells .  Joint Symposium of JTBW 2021 and KNJS 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • Fumikazu Komaki, Hiroyuki Shinchi, Toshiro Moroishi, Haruka Ohara, Naohiro Hayakawa, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Glyco-nanoadjuvants: Effect of spacer length between gold nanoparticles and synthetic small molecule TLR7 ligand for immunostimulatory activities .  Joint Symposium of JTBW 2021 and KNJS 2021  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • Sugar Chain-based Nano-Biotechnology .  Prof. Iso Momose’s Memorial Symposium (Online)  2021年11月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    開催地:National Cheng Kung University (NCKU) Future Venue   国名:台湾  

  • 立尾清悟,新地浩之,吉満 誠,若尾雅広,隅田泰生 .  成人T細胞白血病細胞に特異的に結合する一本鎖抗体をキメラ抗原受容体として導入したナチュラルキラー細胞の開発 .  第94回日本生化学会大会(Web開催)  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • 橋口允紀,吉松幸美,松林由眞,橋口海斗,増永成菜,新地浩之,若尾雅広,伊東祐二, 隅田泰生 .  シアリルTn抗原結合性一本鎖抗体の調製とがん細胞由来膜タンパク質への結合性解析 .  第94回日本生化学会大会(Web開催)  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • 小牧史和,新地浩之, 諸石寿朗,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖ナノアジュバント:合成低分子TLR7リガンドと金ナノ粒子とのリンカー長が免疫増強活性に与える影響 .  第94回日本生化学会大会(Web開催)  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    会議種別:ポスター発表  

  • 橋口允紀,吉松幸美,松林由眞,橋口海斗,増永成菜,新地浩之,若尾雅広,伊東祐二,隅田泰生 .  N-グリコリルノイラミン酸含有シアリルTn抗原に結合する一本鎖抗体の開発 .  第39回日本糖質学会年会  2021年10月  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 早瀨嶺磨,鮫島健介,若尾雅広,隅田泰生 .  GlcNAc-IdoA配列をもつヘパラン硫酸部分構造に関する合成研究 .  第39回日本糖質学会年会  2021年10月  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 隅田泰生 .  糖鎖ナノバイオテクノロジーによる高感度・正確なウイルス検査診断法 .  熊本大学HIGOプログラム企業セミナー(オンライン講演)  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  • 真辺賢了、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  低環境負荷性糖鎖固定化蛍光性カーボンナノ粒子(SFCNP)の開発 .  日本化学会第100春季年会(2020)  日本化学会第100春季年会(2020)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県野田市  

  • 鮫島健介、長友琴愛、市吉賢太、若尾雅広、隅田泰生 .  GlcN-IdoA配列含有ヘパラン硫酸二糖部分構造に関する合成研究 .  日本化学会第100春季年会(2020)  日本化学会第100春季年会(2020)

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉県野田市  

  • 若尾雅広、新地浩之、隅田泰生 .  糖鎖-TLR7リガンド複合体の合成と免疫増強活性 .  第25回日本エンドトキシン・自然免疫研究会  第25回日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉県所沢市  

  • 御手洗すみれ、石川真悟、川口博明、畑添 至、隅田泰生、帆保誠二、正谷 達謄、小澤 真 .  2017-2018年に鹿児島県で検出された牛呼吸器合胞体ウイルスの遺伝子的性状解析 .  第67回日本ウイルス学会学術集会  第67回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都  

  • Seigo Tateo, Shogo Tokizaki, Misaki Ito, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Toward diagnostic and therapeutic agent for adult T cell leukemia using fluorescent nanoparticles immobilized with single chain variable fragment antibody .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Hirona Shimoda, Seigo Tateo, Kaname Muchima, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Shogo Nakano, Sohei Ito, Hiroaki Tokiwa, Yasuo Suda .  Modification of sugar-chains-binding single chain variable fragment antibody based on bioinformatics .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Kanta Iiboshi, Kaoru Toda, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on core structures of muchin-type O-glycan .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Kotomi Nagatomo, Kensuke Sameshima, Kenta Ichiyoshi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on heparan sulfate tetrasaccharide structure that contains glucuronic acid .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Masaharu Yuki, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of toll-like receptor 7 ligand and sugar chain immobilaized fluorescent nanoparticles .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Masayuki Yada, Kaito Hashiguchi, Masahiro Wakao, Hiroyuki Shinchi, Yasuo Suda .  Synthetic study on novel sialyl Tn antigen containing?N-glycolylneuraminic acid .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Hayate Sawayama, Yuki Enjoji, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of sugar chain binding single chain variable fragment antibody to HPV-infected cells toward molecular targeted therapy .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Yuki Enjoji, Hayate Sawayama, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibodies to cell surface N-glycan on cervical cancer cell line .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Takuma Nakatake, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Study on sulphated sugar chain-binding single chain variable fragment antibodies .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Yumi Matsubayashi, Kaito Hashiguchi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibody which recognizes sialyl Tn antigen .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • Shiho Hayashi, Takahumi Hayashi, Yuki Kinoue, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on keratan sulfate partial structure library .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州, 米国  

  • 円城寺佑貴、中竹拓馬、松林由眞、澤山颯、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  子宮頚がん細胞表層のN-型糖鎖に結合する一本鎖抗体の開発 .  第92回日本生化学会大会  第92回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県  

  • Takenari Nakahara, Toru Yamaguchi, Shuto Usuyama, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Sugar Chain and TLR Ligands Immobilized Gold Nanoparticles for Vaccine Agent .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • Yasuo Suda .  Sugar Chain-based Nano-Biotechnology .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:台南市、台湾  

  • Takafumi Hayashi, Shiho Hayashi, Yuki Kinoue, Tatsuyuki Yoshida, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic Study on Keratan Sulfate Partial Disaccharide Unit Library .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:台南市、台湾  

  • Ryuho Tanaka, Shinya Oyama, Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Masahiro Wakao, and Yasuo Suda .  Synthetic Study on Toll-like Receptor 4 Ligand Composed of 8-aryl-3,5-dihydro-4H-pyrimido[5,4-b]indolone Framework .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • Yoshiaki Manabe, Yurina Ata, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Preparation of Sugar Chain Immobilized Fluorescent Carbon Nanoparticles towards the Safer Metal-Free Analytical Tool .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • Kensuke Sameshima, Kotomi Nagatomo, Kenta Ichiyoshi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic Study on Heparan Sulfate Disaccharide Partial Structures Containing Iduronic Acids .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • Naoki Fujita, Ryohei Kanda, Yasuaki Ikeda, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic Study on Chondroitin Sulfate Partial Tetrasaccharide Structure with CS-T+T Sequence .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • Seigo Tateo, Shogo Tokizaki, Hiroyuki Shinchi, Wakao Masahiro, Yasuo Suda .  Fluorescent Nanoparticle Immobilized with Single Chain Variable Fragment Antibody for the Diagnostic/Therapeutic Tools towards Adult T Cell Leukemia .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019  Taiwan-Japan Bilateral Workshop 2019国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市、台湾  

  • 澤山 颯、円城寺佑貴、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  子宮頚がん細胞表層糖鎖特異的に結合する一本鎖抗体の探索 .  第43回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第43回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡県遠賀郡  

  • H. Shinchi, T. Yamaguchi, T. Moroishi, T. Hayashi, H.B. Cottam, D. Carson, M. Wakao, Y. Suda .  Development of toll-like receptor 7 ligand and α-mannose immobilized gold nanoparticles toward adjuvant immunotherapy .  American Chemical Society Fall 2019 National Meeting & Expo  American Chemical Society Fall 2019 National Meeting & Expo国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, U.S.A.  

  • 林 志帆、林昂史、吉田龍幸、若尾雅広、隅田泰生 .  ケラタン硫酸二糖ユニットに関する合成研究 .  第38回日本糖質学会年会  第38回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 鮫島健介、長友琴愛、市吉賢太、若尾雅広、隅田泰生 .  イズロン酸含有ヘパラン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  第38回日本糖質学会年会  第38回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市  

  • 隅田泰生 .  TLR7リガンドと糖鎖を固定化した金ナノ粒子の免疫増強活性とワクチンへの応用 .  第29回抗ウイルス療法学会学術集会・総会  第29回抗ウイルス療法学会学術集会・総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 隅田泰生 .  大学発ベンチャーの起業 .  第56回薬剤学懇談会研究討論会  第56回薬剤学懇談会研究討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県額田郡  

  • 幸 勝治、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  Toll様受容体7リガンド・糖鎖共固定化蛍光性ナノ粒子の開発 .  2019年度日本生化学会九州支部例会  2019年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 立尾清悟、時崎照吾、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  一本鎖抗体固定化蛍光性ナノ粒子を用いた成人T細胞白血病に対する光線力学療法の開発 .  2019年度日本生化学会九州支部例会  2019年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 下田裕菜、鞭馬奏萌、中野祥吾、伊藤創平、新地浩之、常盤広明、隅田泰生 .  バイオインフォマティクスに基づく遺伝子組み換えによる糖鎖結合性一本鎖抗体の改変 .  2019年度日本生化学会九州支部例会  2019年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎市  

  • 隅田泰生 .  糖鎖を用いたバイオテクノロジーのナノメディシンへの展開 .  ナノ学会第17回大会  ナノ学会第17回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島市  

  • 橋口海斗、矢田将之、飯干寛太、若尾雅広、隅田泰生 .  N-グリコリルノイラミン酸含有シアリルTn抗原糖鎖の合成と相互作用解析 .  日本化学会第99春季年会(2019)  日本化学会第99春季年会(2019)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県  

  • 山口徹、新地浩之、諸石寿朗、若尾雅広、林 公子、Cottom B. Howard, Carson A. Dennis, 隅田泰生 .  新規アジュバントとしてのTLR7リガンド・糖鎖固定化金ナノ粒子の開発 .  第24回日本エンドトキシン・自然免疫研究会  第24回日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月 - 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県  

  • Yoshiaki Manabe, Yurina Ata, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of sugar chain immobilized fluorescent carbon nanoparticles .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Yasuo Suda .  Sugar Chain-based Nano-Biotechnology .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • Masahiro Wakao, Akihito Baba, Hiroyuki Shinchi, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthesis and Biological Evaluation of Sugar chain-conjugates with Toll-like Receptor 7 Ligand .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Preparation and application of sugar chain-immobilized fluorescent nanoparticles .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • Hayate Sawayama, Yuki Enjoji, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibody (scFv) to sugar chains on HPV-infected cells toward molecular targeted therapy of cancer, .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Shinya Oyama, Ryuho Tanaka, Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthetic study on Toll-like receptor 4 ligands .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Kaito Hashiguchi, Masayuki Yada, Kanta Iiboshi, Masahiro Wakao, Hiroyuki Shinchi, Yasuo Suda .  Synthetic study on Sialyl Tn oligosaccharide containing?N-glycolylneuraminic acid .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Masaharu Yuki, Tomoko Hayashi, Howard B. Cottom, Dennis A. Carson, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of gold nanoparticles immobilized with toll-like receptor-7 ligand molecule and sugar chains toward versatile vaccine platform .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Yuki Enjoji, Hayate Sawayama, Takuma Nakatake, Yumi Matubayashi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibodies (scFvs) which recognize cell surface sugar chain on HPV-infected cells for targeted therapy .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Shintaro Ishimaru, Hirona Shimoda, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibodies which bind to sulphated sugar chains .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Ryohei Kanda, Naoki Fujita, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on uronic acid building blocks for construction of chondroitin sulfate/dermatan sulfate partial structure library .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Ryuho Tanaka, Shinya Oyama, Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on Toll-like receptor 4 ligand composed of 8-aryl-3,5-dihydro-4H-pyrimido- [5,4-b]indolone framework .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Yuhei Kakitsubata, Eriko Arima, Yasuo Suda .  Development of sugar chain-immobilized magnetic silver/gold nanoparticles and their application for diagnosis of viruses .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Takafumi Hayashi, Yuki Kinoue, Shiho Hayashi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on keratan sulfate partial structure library  .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Noritaka Nakamoto, Rikiya Aramaki, Kensuke Sameshima, Kotomi Nagatomo, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on heparan sulfate partial tetrasaccharide structures containing glucuronic acid moiety .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Shogo Tokizaki, Seigo Tateo, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Study on photodynamic therapy against adult T cell luekemia using fluorescenet nanoparticles immobilized with single chain variable fragemet antibody .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Shuto Usuyama, Toru Yamaguchi, Takenari Nakahara, Hiroyuki Shinchi, Yasuo Suda .  Application of sugar chain immobilized gold nanoparticles to vaccine agent .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Kensuke Sameshima, Noritaka Nakamoto, Kotomi Nagatomo, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on heparan sulfate partial structures that contain iduronic acids .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Seigo Tateo, Kaname Muchima, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Shogo Nakano, Sohei Ito, Hiroaki Tokiwa, Yasuo Suda .  Improvement of the sulfated sugar chains-binding single chain variable fragment antibody (scFv) through gene engineering and bioinformatics .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Masayuki Yada, Kaito Hashiguchi, Kanta Iiboshi, Masahiro Wakao, Hiroyuki Shinchi, Yasuo Suda .  Synthetic study on Neu5Gc2-6GalNAc1-Ser, N-glycolylneuraminic acid containing Sialyl Tn antigen .  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)  4th KU-NDSU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers (KNJS2018)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 隅田泰生、杜若祐平、有馬えり子 .  糖鎖固定化磁性銀ナノ粒子の開発とウイルス検査への応用 .  第91回日本生化学会大会  第91回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 立尾清悟、鞭馬奏萌、新地浩之、中野祥吾、伊藤創平、常盤広明、隅田泰生 .  遺伝子組み換えとバイオインフォマティクスによる糖鎖結合性一本鎖抗体の改変 .  第91回日本生化学会大会  第91回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 藤田清貴、石渡明弘、伊藤幸成、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文 .  Aureobacterium sp. M2由来の組み替えendo-D-arabinaseの機能解析 .  第91回日本生化学会大会  第91回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 増田匠吾、スンダラム アルモジラジャ、隅田泰生、常盤広明 .  レクチン-糖鎖複合体に対する高精度第一原理計算の適用 .  第37回日本糖質学会年会  第37回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城  

  • 林 昂史、木上雄輝、若尾雅広、隅田泰生 .  フコース含有ケラタン硫酸部分構造に関する合成研究、 .  第37回日本糖質学会年会  第37回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮城  

  • Akihito Baba, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthesis and Biological Evaluation of Glyco-conjugates with Toll-Like Receptor 7 Ligand .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Tomoko Hayashi, Howard B. Cottom, Dennis A. Carson, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Development of toll-like receptor ligand immobilized gold nanoparticles toward versatile vaccine platform .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Seigo Tateo, Kaname Muchima, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Shogo Nakano, Sohei Ito, Hiroaki Tokiwa, Yasuo Suda .  Development of Sugar Chain Binding Single Chain Variable Fragment Antibody toward Targeted Therapy for Adult T-cell Leukaemia .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Shinya Oyama, Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthetic study of Toll-like receptor 4 ligands .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Takafumi Hayashi, Yuki Kinoue, Masahiro Wakao, and Yasuo Suda .  Synthetic study on keratan sulfate partial structure library .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • Hiroyuki Shinchi, Toru Yamaguchi, Brian Crain, Synin Yao, Michael Chan, Shannon S. Zhang, Alast Ahmadiiveli, Yasuo Suda, Tomoko Hayashi, Howard B. Cottam, Dennis A. Carson .  Development of effective vaccine adjuvants using small toll-like receptor 7 ligand molecules .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2018国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 隅田泰生、有馬えり子、小澤 真、松鵜 彩、永井秀典、古市丈治、所崎香織 .  糖鎖ナノバイオテクノロジーと高速PCR測定機を用いた鳥インフルエンザウイルスのオンサイト検査 .  平成30年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学医学部百年講堂  

  • 時崎照吾、立尾清悟、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  蛍光性ナノ粒子を利用した光線力学療法による成人T細胞白血病の新規治療法の開発研究 .  平成30年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部百年講堂  

  • 円城寺佑貴、澤山 颯、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  子宮頸がん細胞表層糖鎖に結合する一本鎖抗体の探索 .  平成30年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部百年講堂  

  • 石丸慎太郎、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  硫酸化糖鎖結合性一本鎖抗体の探索 .  平成30年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月 - 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部百年講堂  

  • 山口 徹、新地浩之、若尾雅広、林 公子、Cottom Haward, Carson Dennis, 隅田泰生 .  リガンド固定化金ナノ粒子の調製と免疫増強活性評価 .  2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫県神戸市  

  • 大山真也、若尾雅広、隅田泰生 .  ピリミドインドール系 TLR4 リガンドの構造活性相関研究 .  第23回日本エンドトキシン・自然免疫研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:兵庫県西宮市  

  • Shintaro Ishimaru, Kaname Muchima, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain variable fragment antibodies (scFvs) which bind to sulfated sugar chains .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州(米国)  

  • Toru Yamaguchi, Hiroyuki Shinchi, Tomoko Hayashi, Howard B. Cottom, Dennis A. Carson, Masahiro Wakao, and Yasuo Suda .  Development of toll-like receptor ligand immobilized gold nanoparticles toward development of versatile vaccine platform .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州(米国)  

  • Takafumi Hayashi, Yuki Kinoue, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on keratin sulfate partial structure library .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州(米国)  

  • Shogo Tokizaki, Seigo Tateo, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Study on low toxic fluorescent nanoparticles toward the application of photodynamic therapy .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州(米国)  

  • Shinya Oyama, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthetic study of toll-like receptor 4 ligands .  NDSU-KU Joint Symposium on Biotechnology, Nanomaterials and Polymers  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ノースダコタ州(米国)  

  • Yasuo Suda .  Sugar Chain Based Nano-Biotechnology for the Diagnosis of Viruses .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Kaito Hashiguchi, Masahiro Wakao, Hiroyuki Shinchi, Yasuo Suda, .  Synthetic Study on Sialyl Tn Antigen Containing N-Glycolylneuraminic Acid .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Noritaka Nakamoto, Rikiya Aramaki, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic Study on Heparan Sulfate Partial Tetrasaccharide Structures Containing Glucuronic Acid Moiety .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Kaname Muchima, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of Sugar Chain Binding Single Chain Variable Fragment Antibody toward Targeted Therapy for Adult T-cell Leukaemia .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Akihito Baba, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Howard B. Cottam, Michael Chan, Tomoko Hayashi, Dennis A. Carson, Yasuo Suda .  Synthesis and Bioactivity of Conjugates with Toll-Like Receptor 7 Ligand 1V209 .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Hayate Sawayama, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of Sugar Chain Binding Single Chain Variable Fragment Antibody to Human Papilloma Virus (HPV)-infected Cells for Targeted Therapy .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Takeru Oyama, Kyosuke Nishioka, Tatsuki Haranosono, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic study on dermatan sulfate/chondroitin sulfate hybrid tetrasaccharide structure .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • Yurina Ata, Yoshiaki Manabe, Hiroyuki Shinchi, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Preparation of Sugar Chain-immobilized Fluorescent Carbon Nanoparticles .  Taiwan-Japan Bilateral Workshop (2017TJBW)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:台南市(台湾)  

  • 鞭馬奏萌、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T細胞白血病細胞に特異的に発現する糖鎖構造に対する一本鎖抗体の探索 .  第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県阿蘇郡  

  • 澤山 颯、円城寺佑貴、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  子宮頚がん細胞表層糖鎖に特異的に結合する一本鎖抗体の探索 .  第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:熊本県阿蘇郡  

  • 林 昂史、木上雄輝、若尾雅広、隅田泰生 .  ケラタン硫酸部分構造ライブラリーに関する合成研究 .  第36回日本糖質学会年会  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:旭川市  

  • 橋口海斗、若尾雅広、新地浩之、隅田泰生 .  N-グリコリルノイラミンサン構造を含むシアリルTn抗原の合成研究 .  第36回日本糖質学会年会  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:旭川市  

  • 馬場暁士、若尾雅広、川崎友樹、中村直輝、新地浩之、林公子、Howard B. Cottam、Michael Chan、Dennis A. Carson、隅田泰生 .  TLR7とTLR7リガンドのドッキングシミュレーション .  平成29年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • 新地浩之、松本光、時崎照吾、若尾雅広、隅田泰生 .  蛍光性ナノ粒子を利用した成人T細胞白血病の診断・治療法の開発研究 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • 大山雄滝、西岡京祐、原之園龍輝、杜若祐平、若尾雅広、隅田 泰生 .  デルマタン硫酸/コンドロイチン硫酸ハイブリット四糖構造に関する合成研究 .  日本化学会第97回春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • 林昂史、木上雄輝、若尾雅広、隅田泰生 .  ケラタン硫酸部分構造に関する合成研究 .  日本化学会第97回春季年会  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市  

  • 若尾雅広、隅田泰生 .  ピリミドインドール骨格を有するTLR4アゴニストの構造改変と構造活性相関解析 .  第22回日本エンドトキシン・自然免疫研究会  日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • Suda, Y. .  Sugar chain based nano-biotechnology for the diagnosis of animal viruses .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • Nishioka K., Kakitsubata, Y., Wakao, M., Suda, Y .  Synthesis of dermatan sulfate disaccharide partial structures containing IdoA3S .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • Haranosono, T., Miyachi, K., Wakao, M., Suda, Y. .  Synthesis study of chondroitin sulfate (CS) tetrasaccharides containing GalNAc4S6S structure in the reducing terminus .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • Matsumoto, H., Shinchi, H., Yoshimitsu, M., Wakao, M., Ito, Y., Suda, Y. .  Development of a diagnostic tool for adult T-cell leukemia using O-glycan binding single chain variable fragment antibody immobilized fluorescent nanoparticles .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)[Joint Symposium of JTBW2016 & KNJS2016]  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

    国際学会

  • Ata Y., Shinchi, H., Wakao, M., Suda, Y. .  Preparation of sugar chain-immobilized fluorescent carbon nanoparticles (SFCNPs) .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)[Joint Symposium of JTBW2016 & KNJS2016]  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • Oyama, T., Nishioka, K., Haranosono, T., Wakao, M., Suda, Y. .  Synthetic study on dermatan sulfate/chondroitin sulfate hybrid tetrasaccharide structure .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • Muchima, K., Todaka, T., Shinchi, H., Wakao, M., Ito, Y., Suda, Y. .  Analysis of interaction of sugar chain and single chain variable fragment antibody which recognizes sugar chains on Adult T-cell Leukemia cell surface .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • Baba, A., Nakamura, N., Shinchi, H., Wakao, M., Cottam, H.B., Chan, M., Hayashi, T., Carson, D., Suda, Y. .  Conjugation of Toll-like receptor 7 agonist to carbohydrate .  日本-台湾二国間科学技術ワークショップ(JTBW2016)及び鹿児島大学-ノースダコタ州立大学合同シンポジウム(KNJS2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月 - 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • 松本光、新地浩之、吉満誠、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  O型糖鎖結合性一本鎖抗体(scFv)固定化蛍光性ナノ粒子を用いた成人T細胞白血病(ATL)診断ツールの開発 .  第89回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター・東北大学川内北キャンパス  

  • 阿多優里菜、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  糖鎖固定化カーボンナノ粒子の開発研究 .  第35回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知市文化プラザかるぽーと  

  • 隅田泰生 .  糖鎖を用いるバイオテクノロジー .  第40回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 鞭馬奏萌、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T細胞白血病(ATL)細胞の表層糖鎖に結合する一本鎖抗体(scFv)の糖鎖結合性解析 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス(鹿児島市)  

  • 原之園龍輝、若尾雅広、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分四糖構造に関する合成研究 .  日本化学会第96回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス  

  • 西岡京佑、杜若祐平、若尾雅広、隅田泰生 .  IdoA3S構造を有するデルマタン硫酸二糖構造の合成 .  日本化学会第96回春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス  

  • Hiroyuki Shinchi, Tomoya Nakamura, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Quality control of cell based on the binding pattern of sugar chain-immobilized fluorescent nanoparticles (SFNPs) .  251st ACS National Meeting & Exposition  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Yuhei Kakitsubata, Masahiro Wakao, Yasuo Suda, Micheal Chan, Howard Cottam, Tomoko Hayashi, Dennis Carson .  Modification and characterization of TLR4 and TLR7 ligands obtained by high throughput screening, San Diego Convention Center .  251st ACS National Meeting & Exposition  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Masahiro Wakao, Kento Miyachi, Yukiko Ichiki, Yasuo Suda .  Synthesis of chondroitin sulfate partial structure and interaction analysis with GAG-binding proteins by SPR imaging .  251st ACS National Meeting & Exposition  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Yasuo SUDA .  Sugar Chain Based Nano-biotechnology for the Detection of Viruses: Update for on-site Diagnosis .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2015  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2015招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • 荒巻力也、松山奈央、若尾雅広、隅田泰生 .  グルクロン酸を含むへパラン硫酸部分二糖構造の系統的合成と相互作用解析 .  第34回日本糖質学会年会  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月 - 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 松本光、永田野々香、新地浩之、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  蛍光性ZAIS/ZnSコアシェルナノ粒子を用いた成人T細胞白血病(ATL)診断ツールの開発研究 .  平成27年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 戸髙太郎、若尾雅広、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T細胞白血病(ATL)細胞に特異的に発現する糖鎖構造に対する一本鎖抗体(scFv)の探索 .  平成27年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • Yasuo Suda .  Development of highly sensitive diagnostic system for dengue viruses using the interaction between sulfated sugar-chain and viral particle .  Integrating Glycoscience from Biology and Chemistry to Medecine  Integrating Glycoscience from Biology and Chemistry to Medecine国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Honolulu  

    国際学会

  • 隅田泰生 .  ナノテクとウイルスの糖鎖結合性を利用した好感度検査診断技術の開発 .  第8回多糖の未来フォーラム  第8回多糖の未来フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 隅田泰生 .  糖鎖固定化ナノ粒子を用いたウイルス性疾患診断システム .  バイオジャパン2014  バイオジャパン組織委員会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜  

  • Yasuo SUDA,Budi SAKSONO,Sachiko NISHIMURA,Toshihiko NISHIMURA .  Development of Highly Sensitive and Conventional Diagnositic System for Viruses using the Interaction between Sugar Chain and Viral Particle .  Taiwan Japan Bilateral Workshop(TJBW)2014  Taiwan Japan Bilateral Workshop(TJBW)2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Taiwan  

    国際学会

  • 橋本雅仁、栗山太成、柴田貴浩、古屋鋪舞子、隅田泰生、瀬谷司 .  スピルリナ熱水抽出物に含まれるTLR2活性化物質 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Sakusono Budi、隅田泰生 .  デング熱ウイルス(DENV)の高感度検出法の開発 .  第51回日本ウイルス学会九州支部総会  第51回日本ウイルス学会九州支部総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 中村友哉、新地浩之、若尾雅広、隅田泰生 .  糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いた細胞の糖鎖結合性に基づく細胞識別法の開発 .  第33回日本糖質学会年会  第33回日本糖質学会年会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • 宮地健人、市来幸子、杜若祐平、若尾雅広、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分構造の合成とGAG結合性タンパク質との相互作用解析 .  第33回日本糖質学会年会  第33回日本糖質学会年会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • 杜若祐平、西岡京佑、若尾雅広、隅田泰生 .  テルマタン硫酸部分構造に関する合成研究 .  第33回日本糖質学会年会  第33回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Yasuo Suda,Mami Nagatomo,Risa Yokoyama,Mami Ohzono,Kazue Aoyama,Budi Sakusono,Kazuhiko Nakajima .  Highly Sensitive Diagonstic System of Viruses Using Suger Chain and Nano-biotechnology .  RESEARCH SYMPOSIUM ON PETROCHEMIKAL AND MATERIALS TECHNOLOGY AND THE 22th PPC SYMPOSIUM ON PETROLEUM,PETROCHEMICALS AND POLYMERS  RESEARCH SYMPOSIUM ON PETROCHEMIKAL AND MATERIALS TECHNOLOGY AND THE 22th PPC SYMPOSIUM ON PETROLEUM,PETROCHEMICALS AND POLYMERS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Bankok  

    国際学会

  • Yasuo Suda .    .  Infectious Diseases Laboratory Diagostic:the role f nanotechnology  Infectious Diseases Laboratory Diagostic:the role f nanotechnology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Jakarta  

    国際学会

  • Yuhei Kakitsubata、Masahiro Wakao、Yasuo Suda .  Sunthesis of dermatan sulfate partial structures and their binding interaction analyses .  27th International Carbohydrate Symposium  27th International Carbohydrate Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Indean Institute of Science Bangalore,Indea  

    国際学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖に基づくバイオナノテクノロジーによるウイルス感染症の早期診断法開発 .  WSフォーラム  WSフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 橋本雅仁、小原恭子、大薗まみ、古屋敷舞子、池田剛、隅田泰生、深瀬浩一、藤本ゆかり、重久浩 .  黒酢中に含まれる自然免疫活性化リガンドの分離 .  日本エンドトキシン・自然免疫研究会  日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 大和田尚、松本千恵子、隅田泰生、篠原直也、蕎麦田理恵子、金子萌、内田茂治、佐竹正博、田所憲治 .  E型肝炎ウイルス(HEV)関連蛋白について、その化学ウイルス学的検討 .  第61回日本ウイルス学会学術集会  第61回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖とナノバイオテクノロジーを用いたウイルスの高感度検査診断システム .  金沢医科大学大学院医学研究科第25回大学院医学研究セミナー  金沢医科大学大学院医学研究科第25回大学院医学研究セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    その他

  • 水上允人、隅田泰生、内海俊樹、橋本雅仁 .  根粒菌M.loti由来リポ多糖のO-抗原多糖の構造解析 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 新地浩之、結城伸泰、石田秀治、平田幸一、若尾雅弘、隅田泰生、 .  ガングリオシド糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いたギラン・バレー症候群簡易診断法 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 若尾雅広、松山奈央、齊藤彰寛、隅田泰生 .  GlcNAc-GlcA配列を含むヘパラン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 杜若祐平、若尾雅広、隅田泰生 .  デルマタン硫酸部分構造の合成とタンパク質相互作用解析 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  Suger-chain based nano-biotechnology:SugerChip and Suger-Chain Immobilized Gold Nano-Partcles .  長崎大学熱帯医学研究所 平成25年度大学院セミナー  長崎大学熱帯医学研究所 平成25年度大学院セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    その他

  • Hiroyuki Shinchi,Nobuhiro Yuki,Hideharu Hirata,Wakao Masahiro,Yasuo Suda .  Quick and Convinient diagnostic method for Guillan-Barre' syndrome using suger-chainimmobilized fluorescent nano-particles .  22nd Internatinal Symposium on Glyconjugates  22nd Internatinal Symposium on Glyconjugates国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 隅田泰生、西順一郎、村上直樹、中嶋一彦、青山和枝、横山理沙、大薗まみ、永友真未 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いた唾液中インフルエンザの高感度診断 .  第27回インフルエンザ研究者交流の会  第27回インフルエンザ研究者交流の会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 若尾雅広、新地浩之、永田野々香、坂本雅弥、望月衛子、上松太郎、桑畑進、隅田泰生 .  糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いた相互作用解析 .  日本ケミカルバイオロジー研究会 第8回年会  日本ケミカルバイオロジー研究会 第8回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Yasuo Suda .  Sugar-chain immobilized nano-particles for clinical diagnosis of HIV/Flu .  FBPS 2013 Tenth International Symposium on Frontiers in Biomedical Polymers  FBPS 2013 Tenth International Symposium on Frontiers in Biomedical Polymers国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:canada  

    国際学会

  • 新地浩之、結城伸泰、石田秀治、石田秀治、石田秀治、若尾雅広、隅田泰生 .  糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いたギラン・バレー症候群の簡易診断法 .  平成25年度日本生化学会九州支部会例会  平成25年度日本生化学会九州支部会例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 杜若祐平、若尾雅広、隅田泰生 .  デルマタン硫酸部分構造の合成と結合活性評価 .  日本化学会第93春季年会(2013)  日本化学会第93春季年会(2013)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 宮地健人、若尾雅広、市来幸子、杜若祐平、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸四糖部分構造に関する合成研究 .  日本化学会第93春季年会(2013)  日本化学会第93春季年会(2013)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 新地浩之、結城伸泰、石田秀二、平田幸一、若尾雅広、隅田泰生 .  糖査固定化蛍光性ナノ粒子を用いたギラン・バレー症候群の迅速簡易な検査診断法の開発 .  日本化学会第93春季年会(2013)  日本化学会第93春季年会(2013)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • Budi Saksona、永友真未、横山理沙、隅田泰生 .  糖査固定化ナノ粒子を用いたデングウイルスの超高感度検出 .  第85回日本生化学大会  第85回日本生化学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 佐藤綾香、田添安理紗、榎元友里恵、中森百恵、若尾雅弘、伊東祐二、有馬直道、隅田泰生 .  ファイバー型シュガーチップを用いた成人T細胞白血病(ATL)細胞表層糖査に対する一本鎖抗体scFvの選別と活性評価 .  第85回日本生化学大会  第85回日本生化学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 新地浩之、永田野乃香、坂本雅弥、若尾雅広、上松太郎、望月衛子、桑畑進、隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子の結合特異性と毒性 .  第85回日本生化学大会  第85回日本生化学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Yasuo Suda .  High sensitive detection of viruses based on their binding activities to sugar-chains .  Japan-taiwan meeting 2012  Japan-taiwan meeting 2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Osaka  

    国際学会

  • Yasuo Suda .  Lipoteichoic acid is not a toll-like receptor 2-stimulating component in Staphylococcus aureus .  Japanese Endotoxin Society Metting IEIIS2012  Japanese Endotoxin Society Metting IEIIS2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo  

    国際学会

  • 佐藤綾香、田添安里紗、中森百恵、木地山真実、前原千恵里、岩切健二、若尾雅広、伊東祐二、有馬直道、隅田泰生 .  抗体治療を目的とした成人T細胞白血病(ATL)細胞表層の糖鎖に結合する一本鎖抗体(scFV)の開発 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 池田 剛、大薗まみ、隅田泰生、橋本雅仁 .  酢酸菌由来リポ多糖リピドAの構造解析 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 市来幸子、杜若洋平、酒見千穂、宮地健人、若尾雅広、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分四糖構造に関する合成研究 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 松山奈央、齊藤彰寛、若尾雅広、隅田泰生 .  グルクロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 関 洋平、水倉美早保、一宮智美、隅田泰生、西原祥子、高瀬 明 .  ヘパリンによるエコトロピックマウス白血病ウイルスの感染阻害低毒性糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の開発と応用 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 新地浩之、坂本雅弥、永田野々香、上松太郎、望月衛子、桑畑 進、若尾雅広、隅田泰生 .  低毒性糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の開発と応用 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 若尾雅広、春山まみ、隅田泰生 .  イズロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造ライブラリーの系統的合成 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 杜若祐平、市来幸子、宮地賢人、若尾雅広、隅田泰生 .  デルマタン硫酸部分構造の合成とタンパク質相互作用解析 .  第31回日本糖質学会学年会  第31回日本糖質学会学年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖固定化ナノ粒子 .  高分子学会九州支部フォーラム~有機-無機ハイブリッド研究の最前線~  高分子学会九州支部フォーラム~有機-無機ハイブリッド研究の最前線~

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Professor Yasuo Suda .  High sensitive Detection Of Viruses Using Sugar-Chain Based Nanotechnology .  Department of Microbiology Seminar Series3 ,National Univarsity of Singarpore  Department of Microbiology Seminar Series3 ,National Univarsity of Singarpore

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:シンガポール  

    研究会

  • 隅田泰生 .  糖鎖とナノバイオテクノロジーによる高感度検査 .  第12回 学術講演会(日本赤十字社)  第12回 学術講演会(日本赤十字社)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 隅田泰生 .  糖鎖を用いたナノバイオテクノロジーによるウイルスの高感度検出法 .  第72回分析化学討論会  第72回分析化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 隅田泰生 .  糖鎖とナノバイオテクノロジーによるウイルスの高感度検出法 .  BIOtech2012  BIOtech2012

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Xu Zang,Sachiko Nakamura Tsuruta,Mami Haruyama,Risa Yokoyama,Mami Nagatomo,Masahiro Wakao,Kazuhiro Nakajima,Kazue Aoyama,Toshiomi Okuno,Saeko Morikawa,Satoshi Hiroi,Tetso Kase,Hirohisa Nose,Junichi Nishi,Mika Okamoto,Masanori Baba,Yasuo Suda .  Super high senstive detection of viruses using sugar-chain immobilized gold nanoparticles(SGNPs) .  ACS National Meeting & Expo,San Diego Spring 2012  ACS National Meeting & Expo,San Diego Spring 2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国(米国)  

    国際学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖に基づくバイオナノテクノロジー .  平成23年度鹿児島大学大学院連合農学研究科農学特別講義Ⅰ(一般セミナー)  平成23年度鹿児島大学大学院連合農学研究科農学特別講義Ⅰ(一般セミナー)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • Ayaka Sato, Kenji Iwakiri, Mami kijiyama, Chieri Maehara, Masahiro Wakao, Naomichi Arima, Yuji Ito, Yasuo Suda .  Development of single chain Fv antibody (scFv) which recognizes sugar-chains on ATL cell surface for targeted therapy .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • Yukiko Ichiki, Chiho Sakami, Yuhei Kakitsubata, Masahiro Wakao, Yasuo Suda .  Synthetic Study on Chondoroitin Sulfate Tetrasaccharaide Partial Structure .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • H.Shinchi, S.Nakagawa, M.Sakamoto, N.Nagata, M.Wakao, E.Mochiduki, T.Uematsu, S.Kuwabata,Y.Suda .  Preparation and application of sugar-chain immobilized fluorescence nanoparticles containing ZnS-AgInS2/ZnS core/shell structure .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • Yuhei KAKITSUBATA, Yukiko ICHIKI, Masahiro WAKAO, Yasuo SUDA .  Synthetic study on dermatan sulfate disaccharide partial structure .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • Keiko Ono, Hiroyuki Kariya, Kazuki Tawaratsumida, Yasuo Suda, Masahito Hashimoto .  Expression on Staphylococcus aureus lipoproteins in various conditions .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • Y. Suda .  Screening of single chain anibodies using sugar-chip immobilized with N-glycans from leukemia cells .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • Hiroyuki Kariya, Mami Nagatomo, Masahiro Wakao, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Application of sugar-chain immobilized nano-particles to develop antibodies for viral protein .  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011  Japan-Taiwan Bilateral Workshop on Nano-Science 2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:台湾  

    その他

  • 張旭,篠田 直,芦田延久,鷺谷敦廣,弘田辰彦,山本直之,横山理沙,永友真未,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いたインフルエンザウイルスの高感度検出の応用(An application of high sensitive detection of Influenza virus using sugar-chain immobilized gold nano-particles) .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 橋本雅仁,谷下洋平,隅田泰生,村上英一,永田真紀,丸町健一,阿部美紀子,内海俊樹 .  一酸化窒素誘導に関与する根粒菌リポ多糖由来リピドAの解析 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 新地浩之,中川奨,永田野々香,坂本雅弥,若尾雅広,望月衛子,上松太郎,桑畑進,隅田泰生 .  糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いた相互作用解析と生物学的評価 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 佐藤綾香、岩切健二、仮屋博敬、木地山真実、前原千恵里、岡田摩耶、戎義子、若尾雅広、有馬直道、伊東祐二、隅田泰生 .  成人T細胞白血病(ATL)細胞表層の糖鎖に結合する一本鎖抗体(scFv)の開発 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 春山まみ,若尾雅広,隅田泰生 .  イズロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造ライブラリーの構築 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 張旭,小林健一郎,的山央人,兵藤則行,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いた鯉ヘルペスウイルスの高感度検出 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 新地浩之,中川奨,望月衛子,桑畑進,若尾雅広,隅田泰生 .  CdTe/CdS コア/シェル QD を用いた糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の合成と応用 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 杜若祐平,市来幸子,若尾雅広,隅田泰生 .  デルマタン硫酸-E二糖部分構造に関する合成研究 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 若尾雅広,斎藤彰寛,春山まみ,大石紘, 松山奈央, 出口弘史,馬渡彩,隅田泰生 .  ヘパラン硫酸部分構造ライブラリーの構築に向けた二糖ビルディングブロックの合成研究 .  第30回日本糖質学会年会  第30回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖とナノバイオテクノロジーに基づくウイルス高感度検出法の開発(Development of high sensitive diagnostic method of viruses based on nano-glycobiotechnology) .  第30回日本糖質学会年会,シンポジウム2:糖鎖機能解明のブレークスルーを求めて  第30回日本糖質学会年会,シンポジウム2:糖鎖機能解明のブレークスルーを求めて

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  糖を使ったナノテクでウイルスを測る .  4/17 Science Cafe in Ooita 特別版  4/17 Science Cafe in Ooita 特別版

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    その他

  • 松山奈央,齊藤彰寛,若尾雅広,隅田泰生 .  グルクロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造の合成研究 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 新地浩之,中川奨,若尾雅広,望月衛子,上松太郎,桑畑進,隅田泰生 .  ZnS-AgInS2/ZnS コア/シェル構造を有する糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の合成と応用 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 杜若祐平,若尾雅広,隅田泰生 .  デルマタン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 春山まみ,齊藤彰寛,横山理沙,若尾雅広,隅田泰生 .  イズロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造の合成とシュガーチップへの応用 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 宮原つかさ,若尾雅広,隅田泰生 .  ムチン型糖鎖コア構造に関する合成研究 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 田中小代里,張旭,永友真未,若尾雅広,隅田泰生 .  酸化鉄を磁性成分に持つ糖鎖固定化磁性ナノ粒子の調製 .  日本化学会第91春季年会(2011)  日本化学会第91春季年会(2011)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上およびWeb上で開催(震災のため)  

    国内学会

  • 仮屋博敬、岩切健二、新地浩之、永友真美、若尾雅弘、隅田泰生 .  一本鎖抗体固定化量子ドットを用いた ATL 細胞のOn-site 検査システムの開発 .  JST地域間連携事業 ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)シンポジウム2011in福岡  JST地域間連携事業 ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)シンポジウム2011in福岡

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • 岩切健二,仮屋博敬,山口憂三, 佐藤綾香, 戎義子, 岡田摩耶, 若尾雅広, 隅田泰生 .  ファイバー型シュガーチップを用いたATL細胞表層糖鎖に特異的に結合する一本鎖抗体 (scFv) の探索 .  JST地域間連携事業 ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)シンポジウム2011in福岡  JST地域間連携事業 ATL(成人T細胞白血病・リンパ腫)シンポジウム2011in福岡

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • 西原祥子,佐々木紀彦,平野和己,隅田泰生,豊田英尚,一宮智美 .  ES細胞の未分化性・多能性維持、分化シグナルの拠点となる硫酸化糖鎖 .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Masahito Hashimoto, Mami Ozono, Yasuo Suda .  Structurer and immunobiological activities of lipolysaccharide from Acetobacter pasteurianus .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 永友真未,田中小代里,若尾雅広,隅田泰生 .  蛋白質‐糖鎖固定化磁性金ナノ粒子を用いた細胞や微生物の分離・濃縮 .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 田中小代里,張旭,馬場昌範,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化磁性金ナノ粒子を用いたウシウイルス性下痢症ウイルスの高感度検出 .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 張旭,小林健一郎,的山央人,兵藤則行,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いた鯉ヘルペスウイルスの高感度検出 .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Hiroyuki Kariya, Yusuke Yoshihara, Nobuko Sakura, Masaru Ueno, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Enhancement of bactericidal activity of phagocyte by carboxymethyl-chitin .  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)  BMB2010(第33回日本分子生物学会年会,第83回日本生物化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 隅田泰生,張旭,青山和枝,若尾雅広,森川佐依子,廣井聡,加瀬哲男,斎藤秀 .  糖鎖結合性に基づくインフルエンザウイルス株の類型化と予測 .  第58回日本ウイルス学会学術集会  第58回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    その他

  • 田﨑堅聖,上村広志,若尾雅広,隅田泰生 .  ルイス型糖鎖の合成とシュガーチップ化 .  2010年日本化学会西日本大会  2010年日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    その他

  • 小野敬子,俵積田一樹,隅田泰生,橋本雅仁 .  黄色ブドウ球菌由来免疫活性化物質に関する研究 .  第16回日本エンドトキシン・自然免疫研究会  第16回日本エンドトキシン・自然免疫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    研究会

  • Y. Suda .  High Sensitive Detection of Viruses Based on Their Binding Activities to Sugar-Chains .  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • M. Hashimoto, M. Ozono, Y. Suda .  Structural study of lipopolysaccharide from acetic acid bacteria .  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • Keiko Ono, Hiroyuki Kariya, Kazuki Tawaratsumida, Yasuo Suda .  Expression of Staphylococcus aureus lipoproteins in various conditions .  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • X. Zhang, M. Baba, N. Arima. M. Okamoto, M. Wakao, Y. Suda .  Comprehensive Analyses of Sugar-Chain Binding Activity of Viruses Using Array-type Sugar Chip .  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • H. Shinchi, M. Wakao, Y. Suda .  Preparation and Application of Sugar-Chain Immobilized Fluorescent Nanoparticles Containing CdTe/CdS Core/Shell Structure .  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials  Japan-Taiwan 3 University Joint Seminar on Nanostructure and Advanced Materials

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 隅田泰生 .  糖鎖化学に基づいた新型インフルエンザ検査法の開発 .  第60回日本薬学会近畿支部総会・大会  第60回日本薬学会近畿支部総会・大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    その他

  • 隅田泰生,張旭 ,永友真未,青山和枝,横山理沙,田中小代里,劉文騎,若尾雅広 .  糖鎖固定化ナノ粒子を利用したウイルスの高感度検出 .  第4回バイオ関連シンポジウム  第4回バイオ関連シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    その他

  • 若尾雅広,小幡瑠美,酒見千穂,杜若祐平,近藤宇男,隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分構造の合成とタンパク質相互作用解析 .  第59回高分子討論会  第59回高分子討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    その他

  • 隅田泰生 .  糖を使ったナノテクでウイルスを測る .  JSTサイエンスカフェみやざき  JSTサイエンスカフェみやざき

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    その他

  • 藤田清貴, 坂元志帆, 小野祐樹, 若尾雅広, 隅田泰生, 北原兼文, 菅沼俊彦 .  ビフィズス菌由来β-L-アラビノビオシダーゼの機能解析 .  第59回日本応用糖質科学会・第18 回糖質関連酵素化学シンポジウム  第59回日本応用糖質科学会・第18 回糖質関連酵素化学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • M. Wakao, R. Obata, C. Sakami, Y. Kakitsubata, T. Kondo, N. Mitsushita, Y. Suda .  Synthesis and Application of Chondroitin Sulfate Partial Disaccharide Library .  25 International Carbohydrate Symposium (ICS2010)  25 International Carbohydrate Symposium (ICS2010)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    開催地:千葉  

    国際学会

  • S. Nishihara, N. Sasaki, T. Hirano, T. Ichimiya, K. Hirano, H. Toyoda, Y. Suda .  Functional analysis of sulfated glycans in the differentiation of embryonic stem cells .  25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)  25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:英語  

    開催地:千葉  

    国際学会

  • 馬場宏一,奥野寿臣,古谷基,隅田泰生 .  超高速PCR装置『UR-104MK IV』の評価 .  第51回日本臨床ウイルス学会  第51回日本臨床ウイルス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  High sensitive detection of viruses based on their binding activities to sugar-chains .  第49回日本生体医工学会大会  第49回日本生体医工学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小湊葉月, 若尾雅広, 伊東祐二, 隅田泰生 .  シュガーチップを用いた糖鎖認識一本鎖抗体の探索 .  平成22年度日本生化学会九州支部例会  平成22年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 張旭,小林健一郎, 的山央人, 兵藤則行, 若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP)を用いた鯉ヘルペスウイルス(KHV)の高感度検出 .  平成22年度日本生化学会九州支部例会  平成22年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 新地浩之, 若尾雅広, 望月衛子, 桑畑進, 隅田泰生 .  糖鎖固定化蛍光性CdTe/CdSナノ粒子を用いた細胞解析 .  平成22年度日本生化学会九州支部例会  平成22年度日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 春山まみ,大石紘,齊藤彰寛,若尾雅広,隅田泰生 .  イズロン酸含有ヘパラン硫酸部分二糖構造に関する合成研究 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 出口弘史,齊藤彰寛,馬渡彩,若尾雅広,隅田泰生 .  グルクロン酸-グルコサミン配列を持つヘパラン硫酸部分構造に関する合成研究 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 馬渡彩,齊藤彰寛,出口弘史,若尾雅広,隅田泰生 .  イズロン酸-グルコサミン配列を有するヘパラン硫酸部分二糖構造の合成研究 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 若尾雅広,新地浩之,隅田 泰生 .  CdTe/CdS コア/シェル構造を有する糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子の合成と応用 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 竹内誠,若尾 雅広,佐坂真一,荻原亮介,隅田 泰生 .  干渉分光バイオセンサーを用いた糖鎖-タンパク質相互作用解析 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 酒見千穂,杜若祐平,若尾雅広,隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸四糖部分構造の合成研究 .  日本化学会第90回春季年会  日本化学会第90回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Changes in Expression of Lipoproteins in Staphylococcus aureus .  第83回日本細菌学会総会  第83回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 隅田泰生,小野敬子,山口憂三 .  分離・精製技術分子相互作用 .  Bio Japan 2009 (World Business Forum)  Bio Japan 2009 (World Business Forum)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    その他

  • 田中小代里,張旭,青山和枝,加瀬哲男,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子によるウイルス濃縮 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 隅田泰生,張旭,青山和枝,鶴田-,中村祥子,加瀬哲男,小財健一郎,若尾雅広 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いたウイルスの濃縮と高感度検出 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 恒見圭太,隅田泰生,橋本雅仁 .  Mesorhizobuum loti由来NO生産リポ多糖の活性検討及び構造解析 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 張旭,青山和枝,田中小代里,森川佐依子,廣井聡,加瀬哲男, 若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖への結合性を利用したインフルエンザウイルスの 類型化ならびに高感度検出法 .  第57回日本ウイルス学会学術集会  第57回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  新しいバイオデバイス:「シュガーチップ」と「糖鎖固定化金ナノ粒子」 .  「技術開発フォーラム-新規分子検出システムによる次世代バイオ分析」全日本科学機器展 in 大阪 2009、学会連動セミナー  「技術開発フォーラム-新規分子検出システムによる次世代バイオ分析」全日本科学機器展 in 大阪 2009、学会連動セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    その他

  • 古屋鋪舞子,俵積田一樹,小野敬子,隅田泰生,橋本雅仁 .  黄色ブドウ球菌リポプロテインの発現変化 .  第82回日本生化学会大会  第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 関洋平,和田美早穂,一宮智美,隅田泰生,西原祥子,高瀬明 .  神経病原性マウス白血病ウイルスA8のEnvタンパク質とヘパラン硫酸の相互作用 .  第57回日本ウイルス学会学術集会  第57回日本ウイルス学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 張旭,青山和枝,若尾雅広,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いたインフルエンザウイルスの高感度検出 .  第29回日本糖質学会年会  第29回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 山口憂三,佐藤昌紀,岩切健二,若尾雅広,隅田泰生 .  蛍光性リンカーを用いた微量糖鎖のチップ化と局在プラズモン共鳴法による相互作用解析 .  第29回日本糖質学会年会  第29回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 若尾雅広,小幡瑠美,酒見千穂,杜若祐平,近藤宇男,満下宣子,隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分二糖構造ライブラリーの構築とシュガーチップへの応用 .  第29回日本糖質学会年会  第29回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 田中小代里,若尾雅広,隅田泰 .  Fe3O4をコア成分とした糖鎖固定化磁性金ナノ粒子の開発 .  第29回日本糖質学会年会  第29回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子:ウイルスの超高感度検出のための新規ツール .  国際バイオフォーラム  国際バイオフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 張旭, 青山和枝, 加瀬哲男,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子を用いた インフルエンザウイルスの高感度検出 .  第23回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム  第23回インフルエンザ研究者交流の会シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 若尾雅広,田中小代里,下釜宏美,隅田泰生 .  コア成分にAu-Feを用いる糖鎖固定化磁性ナノ粒子の調製 .  日本化学会第89回春季年会  日本化学会第89回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 若尾雅広,春山まみ,大石紘,齊藤彰寛,満下宣子,隅田泰生 .  イズロン酸を含むヘパラン硫酸部分二糖構造の合成 .  日本化学会第89回春季年会  日本化学会第89回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 齊藤彰寛,出口弘史,馬渡彩,若尾雅広,隅田泰生 .  ヘパラン硫酸部分構造の合成のためのウロン酸成分の高効率調製法 .  日本化学会第89回春季年会  日本化学会第89回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 小幡瑠美,酒見千穂,近藤宇男,満下宣子,若尾雅広,隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分二糖構造の合成とシュガーチップ化 .  日本化学会第89回春季年会  日本化学会第89回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 若尾雅広,宮原つかさ,橋口明典,隅田泰生 .  ムチン型糖鎖Core 3構造の合成とシュガーチップ化 .  日本化学会第89回春季年会  日本化学会第89回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 若尾雅広,田中小代里,下釜宏美,隅田泰生 .  糖鎖固定化磁性ナノ粒子を用いた糖鎖-タンパク質相互作 .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Kazuki Tawaratsumida, Maiko Furuyashiki, Yasuo Suda, Masahito Hashimoto .  Identification of TLR2-activating lipoproteins in Staphylococcus aureus .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 村岡賢,伊東祐二,上村将樹,橋口周平,馬場昌範,有馬直道,隅田泰生,鳥飼正治,中島敏博,杉村和久 .  成人T細胞白血病細胞(ATL)を標的にした細胞死誘導を持つ低分子抗体 .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Hiroyuki Kariya, Shingo Masuda, Yusuke Yoshihara, Masaru Ueno, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Carboxymethyl-chitin promotes chondrogenesis through the production of growth factor from immune cells .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Sachiko Nakamura-Tsuruta, Yuko Kishimoto, Tomoaki Nishimura, Masahiro Wakao, Akihiro Saito, Koh Ohishi, Takao Kondo, Kyoku Chou, Rumi Obata, Natsumi Ichinomiya, Toshiomi Okuno, Yasuo Suda .  Sugar-binding specificities of human herpesviruses (HHVs) and their effective concentration with Haparin-immobilized gold nano-particles .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 佐藤昌紀,時任真衣子,濱崎隆之,馬場昌範,有馬直道,伊東祐二,伊藤浩美,澤木弘道,成松久,若尾雅広,隅田泰生 .  成人T細胞白血病細胞株S1Tに特異的に発現する糖鎖の解析 .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 隅田泰生,西村知晃,山下早希子,青山和枝,繁田麻衣,高橋優子,若尾雅広,奥野寿臣,森川佐依子,廣井聡,加瀬哲男 .  シアル酸含有糖鎖への結合性を利用したインフルエンザウイルスの新しい識別法 .  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)  BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 俵積田 一樹, 古屋鋪 舞子, 隅田 泰生, 橋本 雅仁 .  Staphyloococcus aureus由来TLR2活性化リポプロテインの同定 .  第14回日本エンドトキシン研究会  第14回日本エンドトキシン研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    研究会

  • 佐々木紀彦,沖汐和彦,程 久美子,豊田亜希子,豊田英尚,西村知晃,隅田泰生,早坂美智子,花岡和則,等 誠司,池中一裕,西原祥子 .  へパラン硫酸はマウス胚性幹細胞の未分化性と多能性を制御する .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 佐藤昌紀,時任真衣子,濱崎隆之,馬場昌範,有馬直道,伊東祐二,伊藤浩美,澤木弘道,成松久,若尾雅広,隅田泰生 .  成人T細胞白血病細胞表層に特異的に発現する糖鎖解析 .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 齊藤彰寛,大石 紘,出口弘史,馬渡彩,山口憂三,春山まみ,満下宣子,西村知晃,Errol S. Wijelath,Michael Sobel,若尾雅広,隅田泰生 .  ヘパリン/ヘパラン硫酸部分二糖構造の合成研究(II) .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 小幡瑠美,近藤宇男,酒見千穂,鶴田(中村)祥子,満下宣子,西村知晃,若尾雅広,隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸二糖構造の合成とシュガーチップ化ならびに相互作用解析 .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 下山敦史, 藤本ゆかり, 岩田昌門,笠松千郁, 隅田泰生, 楠本正一,深瀬浩一 .  自然免疫活性化機構の解明を目指したヘリコバクター・ピロリ細胞表層成分リポ多糖部分構造の合成 .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP): 糖鎖と蛋白質やウイルスとの結合相互作用を解析するための 新しい分析ツール .  第12回日本神経ウイルス研究会  第12回日本神経ウイルス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:不明  

    研究会

  • 若尾雅広,下釜宏美,田中小代里,隅田泰生 .  Au-Feをコア成分とした糖鎖固定化磁性ナノ粒子の調製 .  第28回日本糖質学会年会  第28回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 勝本 麻美,藤本 ゆかり,古屋舗 舞子,橋本 雅仁,隅田 泰夫,深瀬 浩一 .  免疫刺激活性を持つグラム陽性菌由来リポペプチドの合成研究 .  日本化学会第88回春季年会  日本化学会第88回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 下山 敦史,藤本 ゆかり,岩田 昌門,隅田 泰生,楠本 正一,深瀬 浩一 .  ヘリコバクターピロリ細胞表層成分リポ多糖部分構造の合成 .  日本化学会第88回春季年会  日本化学会第88回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 若尾 雅広,倉橋 佳江,渡辺 省伍,小川 智央,弓野 猛,牟田 健一,斎藤 敬,梶川 浩太郎,隅田 泰生 .  多チャンネル光ファイバー型シュガーチップによる糖鎖相互作用解析 .  日本化学会第88回春季年会  日本化学会第88回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 仮屋博敬、増田真吾、吉原雄祐、上野勝、橋本雅仁、隅田泰生 .  カルボキシメチルキチンによるTGF-beta1を介した軟骨形成の誘導 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 橋本雅仁、本田大士、梶山健次、隅田泰生、永田真紀、九町健一、阿部美紀子、内海俊樹 .  一酸化窒素誘導性Mesorhizobium loti由来リポ多糖の研究 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 俵積田一樹、斎藤敦、隅田泰生、橋本雅仁 .  Bacteroides fragilis由来免疫調整リポプロテインの同定 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 隅田泰生、若尾雅広、高橋優子、齊藤彰寛、近藤宇男、大石紘、鶴田-中村祥子、西村知晃、岸本裕子、山下早希子、石田秀治、奥野寿臣 .  ウイルスの糖鎖結合性を利用したウイルス株の識別 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 古屋鋪舞子、高重克洋、小出裕之、奥直人、守屋陽一郎、橋本雅仁、隅田泰生 .  トリトンX-114相分離法によるOK-432(ピシバニール)の抗腫瘍活性の向上 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 村岡賢、伊東祐二、橋口周平、馬場昌範、有馬直道、隅田泰生、中島敏博、杉村和久 .  抗体ファージライブラリによるHTLV感染細胞に対するヒト抗体の単離とそのアポトーシス誘導能 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 鶴田(中村)祥子,岸本裕子,西村知晃,奥野寿臣,隅田泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNPs)を用いた糖結合タンパク質の1ステップ精製 .  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)  BMB2007(第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  インフルエンザウイルス株の検査法を目指してーシュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子 .  第56回高分子討論会  第56回高分子討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    その他

  • 隅田泰生、若尾雅広、高橋優子、齊藤彰寛、近藤宇男、猿渡梨紗、大石紘、鶴田(中村)祥子、西村知晃、岸本裕子、山下早希子、繁田麻衣、高橋祥子、石田秀治、奥野寿臣、筒井ひろ子 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子:ウイルス株の検査識別を目指して .  第27回日本糖質学会年会  第27回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 若尾雅広、渡辺省伍、木村光徳、小川智央、弓野猛、鈴木啓悟、茗荷谷徹、牟田健一、斎藤敬、梶川浩太郎、隅田泰生 .  局所表面プラズモン共鳴センサーに用いる光ファイバー型シュガーチップの調製と評価 .  第27回日本糖質学会年会  第27回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 齊藤彰寛、大石紘、一ノ宮奈津美、時任真衣子、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  ヘパラン硫酸部分構造を固定化したシュガーチップの調製と糖鎖結合性タンパク質との結合特性 .  第27回日本糖質学会年会  第27回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 近藤宇男、小幡瑠美、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸部分二糖構造のシュガーチップ化とそのSPRによる評価 .  第27回日本糖質学会年会  第27回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 橋口明典、猿渡梨紗、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  T-、Tn-及びシアリルTn糖鎖抗原を固定化したシュガーチップの調製とそれらの評価 .  第27回日本糖質学会年会  第27回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Y. Suda, T. Nishimura, Y. Kishimoto, S. Yamashita, M. Shigeta, S. Takahashi, M. Wakao, A. Saito, T. Kondo, R. Saruwatari, K. Ohishi, Y. Takahashi, S. Nakamura-Tsuruta, H. Ishida, H. Okuno, H. Tsutsui .  Advanced Analytical Systems for the Binding Interaction of Sugar Chains with Proteins, Cells or Viruses: Sugar Chips and Sugar Chain-Immobilized Gold Nano-Particles .  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • M. Wakao, S. Watanabe, T. Ogawa, K. Suzuki, T. Yumino, T. Myogadani, A. Saito, K. Muta, M. Kimura, K. Kajikawa, Y. Suda .  Development of Optical Fiber-Type Sugar Chip for Localized Surface Plasmon Resonance Apparatus .  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Y. Suda, M. Wakao, Y. Takahashi, A. Saito, T. Kondo, R. Saruwatari, K. Ohishi, S. Nakamura-Tsuruta, T. Nishimura, Y. Kishimoto, M. Shigeta, S. Takahashi, H. Ishida, H. Tsutsui, H. Okuno .  Sugar Chips and Sugar Chain-immobilized Gold Nano-Particles: Towards a Diagonosis for Influenza Virus Strains .  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • M. Ando, T. Komori, T. Yoshikawa, A. Imamura, H. Ishida, M. Kiso, Y. Suda .  Systematic Synthesis of Functional Oligosaccharide Probes for Sugar_Chips .  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)  XIX International Symposium on Glycoconjugates (GLYCO-19)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 近藤宇男、Teng, Ho Hsun、Omar, Huda、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  コンドロイチン硫酸E部分二糖構造の合成とシュガーチップへの応用 .  日本化学会第87春季年会  日本化学会第87春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP):糖鎖と蛋白質、細胞、ウイルスとの結合相互作用を解析するための先端分析システム .  KAGAWA機能糖鎖フォーラム第4回シンポジウム  KAGAWA機能糖鎖フォーラム第4回シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川  

    その他

  • Yasuo Suda .  Sugar Chips: Advanced Analytical Systems for the Binding Interaction of Sugar Chains with Proteins, Cells or Viruses .  2006 International Conference on Chemical and Molecular Technologies (ICCMT 2006)  2006 International Conference on Chemical and Molecular Technologies (ICCMT 2006)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:英語  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • Y. Suda, Y. Kishimoto, T. Nishimura, S. Yamashita, M. Hamamatsu, A. Saito, M. Sato, M. Wakao .  Sugar-immobilized gold nano-particles (SGNP): Novel bioprobe for the on-site analysis of the oligosaccharide-protein interactions .  232nd American Chemical Society National Meeting & Exposition  232nd American Chemical Society National Meeting & Exposition国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 山下早希子、高橋優子、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  シアリルラクト系糖鎖の化学・酵素合成とそのシュガーチップ化 .  第26回日本糖質学会年会  第26回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 齊藤彰寛、大石 紘、西村知晃、岸本裕子、若尾雅広、隅田泰生 .  構造明確なヘパラン硫酸部分構造を固定化したシュガーチップ .  第26回日本糖質学会年会  第26回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 西村知晃、岸本裕子、山下早希子、若尾雅広、隅田泰生 .  シュガーチップと表面プラズモン共鳴法を用いた分析システムの応用(I) .  第26回日本糖質学会年会  第26回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Tomoaki Nishimura, Yuko Kishimoto, Sakiko Yamashita, Masahito Wakao, Kurt Strand, Michael Sobel, Yasuo Suda .  Advanced Analytical Systems for the Binding Interactions between Oligosaccharides and Proteins/Cells, using Surface Plasmon Resonance or Gold Nano-Particles .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Hiroyuki Kariya, Ai Kiyohara, Shingo Masuda, Masaru Ueno, Masahito Hashimoto, Yasuo Suda .  Effect of CM-chitin in cartilage regeneration. .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Yasuo Suda, Masahito Hashimoto, Maiko Furuyashiki, Kazue Aoyama, Toshiomi Okuno, Teruo Kirikae, Fumiko Kirikae, Yukari Fujimoto, Koichi Fukase, Shoichi Kusumoto .  Immunostimulating activity of natural lipoteichoic acid fraction is caused by the lipoprotein-like compounds co-existing in the fraction .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Masahito Hashimoto, Kazuki Tawaratsumida, Hiroyuki Kariya, Yasuo Suda, Fumiko Krikae, Teruo Krikae, Friedrich Goetz .  Immunobiological activity of lipoteichoic acid fraction from Staphylococcus aureus lgt deficient mutant. .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 古屋鋪 舞子, 青山 和枝, 田村 俊秀, 切替 照雄, 切替 富美子, 橋本 雅仁, 隅田 泰生 .  リポタイコ酸画分のサイトカイン誘導活性に対する中和抗体の性質 .  第79回日本細菌学会総会  第79回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • 若尾 雅広, 小川 智央, 鈴木 啓悟, 茗荷谷 徹, 牟田 健一, 斎藤 敬, 木村 光徳, 梶川 浩太郎, 隅田 泰生 .  光ファイバー型シュガーチップの作製とその評価 .  日本化学会第86春季年会  日本化学会第86春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 斎藤 彰寛, 大石 紘, 西村 知晃, 岸本 裕子, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  種々のヘパリン部分構造のシュガーチップ化 .  日本化学会第86春季年会  日本化学会第86春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 若尾 雅広, 高橋 優子, 山下 早希子, 西村 知晃, 岸本 裕子, 隅田 泰生 .  シアリルラクト系糖鎖の化学・酵素合成とそのシュガーチップ化 .  日本化学会第86春季年会  日本化学会第86春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 若尾 雅広, 猿渡 梨紗, 西村 知晃, 岸本 裕子, 隅田 泰生 .  ムチン型糖鎖のシュガーチップ化 .  日本化学会第86春季年会  日本化学会第86春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 隅田 泰生 .  構造明確なオリゴ糖鎖と蛋白質/細胞との結合相互作用分析システム:表面プラズモン共鳴ならびに金ナノ粒子の利用 .  第3回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム  第3回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Y.Suda, T.Nishimura, Y.Kishimoto, S.Yamashita, H.Nakagawa, A.Arano, M.Sato, A.Saito, M.Wakao, J.Murray- Wijelath, E.Wijelath, K.Strand, M.Sobel .  Development of a sugar chip: Advanced analytical system for the binding interaction of structurally defined oligosaccharides using surface plasmon resonance (SPR) .  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005)  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Y.Suda, Y.Kishimoto, T.Nishimura, S.Yamashita, H.Nakagawa, M.Hamamatsu, M.Uetani, M.Wakao .  Carbohydrate - immobilized gold nano - particles: An on - site analytical tool for detecting the interactions between oligosaccharides and proteins .  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2005国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 俵積田 一樹, 青山 一恵, 田村 俊秀, 隅田 泰生, 橋本 雅仁 .  黄色ブドウ球菌の主要なTLR2リガンドの研究 .  第78回日本生化学会大会  第78回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 西村 知晃, 岸本 裕子, 山下 早希子, 佐藤 昌紀, 斎藤 彰宏, 若尾 雅広, J.Murray-Wijelath, E..Wijelath, K.Strand, M.Sobel, 隅田 泰生 .  表面プラズモン共鳴を用いた糖鎖ー蛋白質/細胞結合相互作用解析の先端分析システム .  第78回日本生化学会大会  第78回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 岸本 裕子, 西村 知晃, 山下 早希子, 濱松 三奈, 上谷 昌稔, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  糖固定化金ナノ粒子:オリゴ糖鎖と蛋白質との相互作用を解析するための新しいバイオプローブ .  第78回日本生化学会大会  第78回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 藤本 ゆかり, 岩田 昌門, 今北 紀子, 吉留 敬太郎, 楠本 正一, 隅田 泰生, 深瀬 浩一 .  ヘリコバクター・ピロリ菌リポ多糖部分構造の合成と生物活性 .  第47回天然有機化合物討論会  第47回天然有機化合物討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    その他

  • 清原 藍, 仮屋 博敬, 増田 真吾, 上野 勝, 橋本 雅仁, 隅田 泰生 .  軟骨再生に対するカルボキシメチルキチンの影響 .  第78回日本生化学会大会  第78回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 柿内 茂樹, 中村 祐三, 隅田 泰生, 小原 幸三, 末吉 秀一 .  マイクロ波加熱によるAu薄膜チップの作製 .  日本金属学会2005秋期(第137回)大会  日本金属学会2005秋期(第137回)大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • Y.Suda, T.Nishimura, Y.Kishimoto, S.Yamashita, M.Sato, M.Uetani, M.Hamamatsu, A.Saito, M.Wakao, J.Murray-Wijelath, E..Wijelath, K.Strand, M.Sobel .  Advanced analytical systems for the binding interaction of structurally defined oligosaccharides with proteins/cells: use of surface plasmon resonance (SPR) or gold nanoparticles (GNP) .  XVIII International Symposium on Glycoconjugates  XVIII International Symposium on Glycoconjugates

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:イタリア  

    その他

  • 藤原 聡子, 藤本 ゆかり, 隅田 泰生, 深瀬 浩一 .  高度好熱菌Thermus Thermophilus HB8 由来細胞膜糖脂質の合成 .  理研シンポジウム高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト第4回連携研究会  理研シンポジウム高度好熱菌丸ごと一匹プロジェクト第4回連携研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語  

    その他

  • 岸本 裕子, 西村 知晃, 山下 早希子, 中川 裕美, 濱松 三奈, 上谷 昌稔, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  糖固定化金ナノ粒子:糖鎖ー蛋白質相互作用の解析システム .  第25回日本糖質学会年会  第25回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 西村 知晃, 岸本 裕子, 山下 早希子, 中川 裕美, 佐藤 昌紀, 斎藤 彰宏, 若尾 雅広, J. Murray-Wijelath, E. Wijelath, K. Strand, M. Sobel, 隅田 泰生 .  表面プラズモン共鳴を用いた糖鎖ー蛋白質相互作用の解析システム .  第25回日本糖質学会年会  第25回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 隅田 泰生 .  シュガーチップ .  第45回澱粉研究懇談会  第45回澱粉研究懇談会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    その他

  • 隅田 泰生 .  鹿児島大学ベンチャービジネスラボラトリーの概要と研究プロジェクトについて .  鹿児島商工会議所工業部会委員研修会  鹿児島商工会議所工業部会委員研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 隅田 泰生 .  シュガーチップ .  センサ・アクチュエータ・マイクロマシン/ウィーク2005 総合シンポジウム  センサ・アクチュエータ・マイクロマシン/ウィーク2005 総合シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 隅田 泰生 .  鹿児島大学のMOTへの取り組み(現状報告) .  MOTシンポジウムin鹿児島ーグローバル時代に対応したMOT戦略  MOTシンポジウムin鹿児島ーグローバル時代に対応したMOT戦略

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 隅田 泰生 .  シュガーチップ .  第30回糖質科学懇話会  第30回糖質科学懇話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    その他

  • Y. Suda, R. Kaseya, M. Akimaru, Y. Fukada, K. Aoyama, T. Okuno, T. Tamura, T. Kirikae, F. Kirikae, N. Eiraku, H. Morioka, Y. Fujimoto, K. Fukase, S. Kusumoto and M. Hashimoto .  Comparison of cytokine-inducing active components in the LTA fraction obtained with 1-butanol extraction from Enterococcus hirae and Staphylococcus aureus .  8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society  8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Y. Fujimoto, M. Akamatsu, Y. Adachi, Y. Fukase, M. Kataoka, Y.Suda, K. Fukase and S. Kusumoto .  Synthesis of lipid A and its novel analogues for investigation of the structural and conformational bases for their bioactivity .  8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society  8th Biennial Conference of the International Endotoxin Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Y. Suda and M. Sobel .  Sugar Chip: A Novel Method for Immobilization of Oligosaccharides for Surface Plasmon Resonance Analysis of Heparin-Protein Interactions .  The 2nd Taiwan-Japan International Symposium of Molecular Design Science and Technology  The 2nd Taiwan-Japan International Symposium of Molecular Design Science and Technology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • 隅田 泰生 .  生体・天然高分子 .  第15回高分子・繊維入門基礎スクール  第15回高分子・繊維入門基礎スクール

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • 隅田 泰生 .  シュガーチップ .  第5回関西グライコサイエンスフォーラム  第5回関西グライコサイエンスフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    その他

  • 青山 和枝, 中嶋 一彦, 武田 梨里, 濱畑 早百合, 隅田 泰生, 田村 俊秀 .  Helicobacter pylori 臨床分離株における lipid Aの構造と病原性との関連 .  第77回日本細菌学会総会  第77回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 隅田泰生、上谷昌稔、久保美奈、岸本裕子、西村知晃、荒野明男 .  マルトースおよびラクトースを集合化して固定化したシュガーチップを用いたレクチン蛋白質の相互作用解析 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 隅田泰生、岩田啓充、小久保晋、山下伸二、木之内直美、奥 直人 .  β1-6/1-3グルカンオリゴマーの合成と生物活性 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 荒野明男、SOBEL Michael、楠本正一、隅田泰生 .  シュガーチップ:新規リンカー化合物の合成とそれを用いた硫酸化オリゴ糖の固定化 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 足立 庸、深瀬嘉之、藤本ゆかり、隅田泰生、深瀬浩一、楠本正一 .  紅色光合成最近リピドAの全合成と生物活性 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 赤松雅夫、片岡美佳世、藤本ゆかり、深瀬浩一、隅田泰生、楠本正一 .  酸性アミノ酸を含むリピドA単糖類縁体の合成と生物活性 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 深瀬浩一、上野敦史、深瀬嘉之、及川雅人、隅田泰生、楠本正一 .  リピドA類縁体の合成と生物活性 .  日本化学会第84春季年会  日本化学会第84春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Yasuo Suda, Akio Arano, Hideki Hayashi, Shoichi Kusumoto,and Michael Sobel .  Sugar Chip: Advanced Analytical System for the Elucidation of Biological Function of Oligosaccharides .  Towards Creating New industries Based on lnter-Nanoscience and 7th SANKEN International Symposium on Hybridization of Chemistry, Biology, and Material Science  Towards Creating New industries Based on lnter-Nanoscience and 7th SANKEN International Symposium on Hybridization of Chemistry, Biology, and Material Science

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    その他

  • Y. Suda, A. Arano, H. Hayashi, S. Kusumoto and M. Sobel .  Sugar Chip:Advanced Analytical System for the Biological Function of Oligosaccharides .  The Ninth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry(IKCOC-9)  The Ninth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry(IKCOC-9)

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    その他

  • Y. Suda, A. Arano, H. Hayashi, S. Kusumoto and M. Sobel .  Advanced Analytical System for the Biological Function of Oligosaccharides .  The 8th IUMRS International on Advanced Materials(IUMRS-ICAM2003)  The 8th IUMRS International on Advanced Materials(IUMRS-ICAM2003)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • Yasuo Suda, Akio Arano, Masaki Sato, Masatoshi Uetani, Yukari Kato, Mina Kubo, Ho-Hsun Teng, Hiromitsu Iwata, Hideki Hayashi, Shoichi Kusumoto, Michael Sobel .  Sugar Chip:Advanced analytical system for the binding interaction of oligosaccharides at nanometer scale .  第76回日本生化学会大会  第76回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Yasuo Suda, Mai Akimaru, Ryoko Kaseya, Kazue Aoyama, Toshiomi Okuno, Toshihide Tamura, Teruo Kirikae, Fumiko Kirikae, Shoichi Kusumoto, Masahito Hashimoto .  Comparison of cytokine-inducing macromolecuiar glycolipids from Gram-positive Enterococcus hirae and Staphyrococcus aureus .  第76回日本生化学会大会  第76回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Susumu Kokubo, Shoichi Kusumoto, Kazue Aoyama, ToshihideTamura, Yasuo Suda .  Structural study of immuno-stimulaying glycolipids from Mycobacteria .  第76回日本生化学会大会  第76回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Y. Suda, A. Arano, S. Kusumoto and M. Sobel .  Sugar Chips Immobilized with Clustered Heparin-derived Oligosaccharides and their Application for Surface Plasmon Resonance .  The 8th IUMRS International on Advanced Materials(IUMRS-ICAM2003)  The 8th IUMRS International on Advanced Materials(IUMRS-ICAM2003)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • Yasuo SUDA, Fumiaki OKAZAKI, Yushi HASEGAWA, Seiji AKACHI, Koichi FUKASE, Susumu KOKUBO, Seiki KURAMITSU and Shoichi KUSUMOTO .  Structural Characterization of Neutral and Acidic Glycolipids from Thermus thermophilus HB8 .  RIKEN Seminar  RIKEN Seminar

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語  

    その他

  • 荒野明男, 楠本正一, Sobel Michael, 隅田泰生 .  硫酸化オリゴ糖を集合化して固定化したシュガーチップの調製とSPR法への応用 .  第24回日本糖質学会年会  第24回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 新宮祐子, 西田芳弘, 殷 軍, 中村高典, 小林一清, 隅田泰生, 松田和洋 .  病原性マイコプラズマに由来する新規グリセロ糖脂質の構造と生物活性 .  第24回日本糖質学会年会  第24回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 隅田泰生, 荒野明男, 林秀樹, 楠本正一 , Sobel Michael .  オリゴ糖鎖のナノレベル機能解析システムの開発 .  第24回日本糖質学会年会  第24回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 隅田泰生, 金庸民, 長田久美子, 中嶋一彦, 青山和枝, 下山孝, 楠本正一, 田村俊秀 .  ヘリコバクターピロリ菌のリピド Aの構造解析と免疫生物活性 .  第76回日本細菌学会総会  第76回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 稲村誠一, 深瀬浩一, 隅田泰生, H .ハイネ A.J.ウエルマ-, 楠本正一 .  合成ペプチドグリカンフラグメントによるヒト単球のサイトカイン誘導活性 .  日本化学会第83春季年会  日本化学会第83春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 林秀樹, 荒野明男, Sobel.Michael, 隅田泰生, 楠本正 .  多岐用途型リンカ-を用いた糖鎖の集合化と表面プラズモン共鳴法解析ならびにアフィニティークロマトグラフィ-への応用 .  日本化学会第83春季年会  日本化学会第83春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 今北紀子, 吉崎弘明, 隅田泰生, 及川雅人, 深瀬浩一, 楠本正一 .  Helicobacter pylori リポ多糖部分構造の合成研究 .  日本化学会第83春季年会  日本化学会第83春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 深瀬浩一, 深瀬嘉之, 及川雅人, 隅田泰生, 楠本正一 .  リピド Aとその類縁体のアフィニティー分離法を利用した効率的な合成と機能 .  第44回天然有機化合物討論会  第44回天然有機化合物討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • 隅田泰生, 荒野明男, 林秀樹, MichaelSobel, 楠本正一 .  硫酸化オリゴ糖を固定化したシュガーチップの開発と表面プラズモン共鳴法への応用 .  第75回日本生化学会大会  第75回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 荒野明男, Sobel.Michael, 楠本正一, 隅田泰生 .  ヘパリン部分構造を有するクラスター化オリゴ糖鎖リガンドの合成とチップテクノロジーへの応用 .  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 岡崎文秋, 隅田泰生, 倉光成紀, 深瀬浩一, 及川雅人, 楠本正一 .  高度好熱菌Thermus thermophilus HB8の表層糖脂質の構造解析 .  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 隅田泰生 .  ヘリコバクターピロリ菌由来のリポ多糖およびリピド Aの構造多糖性と免疫生物活性 .  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 吉崎弘明, 今北紀子, 隅田泰生, 及川雅人, 深瀬浩一, 楠本正一 .  新しい経路によるReLPS類縁体の合成と生物活性 .  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 林秀樹, 荒野明男, Sobel. Michael, 隅田泰生, 楠本正一 .  糖鎖の集合化と固定化のための新規リンカー分子の合成 .  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会  日本化学会第82秋季年会(2002)、化学関係学協会連合協議会研究発表会、連合討論会~合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 隅田泰生, 金庸民, 長田久美, 下山孝, 楠本正一, 田村俊秀 .  ヘリコバクターピロリ菌のリピド Aの構造と機能 .  第23回日本糖質学会年会  第23回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 林秀樹, 荒野明男, Sobel.Michael, 楠本正一, 隅田泰生 .  硫酸化オリゴ糖の集合化、ビオチン化とそのセンサーチップへの応用 .  第23回日本糖質学会年会  第23回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • Y. Suda, Y-M.Kim, K.Nagata, T.Shimoyama, S.Kusumoto, T.Tamura .  Structure and function of Helicobacter pylori lipid A .  International Endotoxin Symposium  International Endotoxin Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • S. Kusumoto, K. Fukase, Y. Fukase, M. Kataoka, Y. Suda .  Structural basis for endotoxic and antagonistic activities. Investigation with novel synthetic lipid A analogs .  International Endotoxin Symposium  International Endotoxin Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 隅田泰生 .  硫酸化天然多糖の機能ドメイン構造の再構築とセンサーチップへの応用 .  日本化学会第81春季年会  日本化学会第81春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 深瀬嘉之, 及川雅人, 隅田泰生, 深瀬浩一, 楠本正一 .  アシル基に多様性を持つリピドA類縁体の効率的な合成と生物活性 .  日本化学会第81春季年会  日本化学会第81春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 片岡美佳世, 隅田泰生, 深瀬浩一, 楠本正一 .  ビスカルボキシメチルリピドA類縁体の合成と生物活性 .  日本化学会第81春季年会  日本化学会第81春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 隅田 泰生 .  日本細菌学会が目指す産官学連携の戦略とイノベーションの創出 糖鎖を基盤としたナノバイオテクノロジー .  日本細菌学雑誌  2022年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小牧 史和, 新地 浩之, 若尾 雅広, 諸石 寿朗, 隅田 泰生 .  糖鎖ナノアジュバント 合成低分子TLR7リガンドと金ナノ粒子とのリンカー長が免疫増強活性に与える影響 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 御手洗 すみれ, 石川 真悟, 川口 博明, 畑添 至, 隅田 泰生, 帆保 誠二, 小澤 真 .  鹿児島県内で検出された牛呼吸器合胞体ウイルスの遺伝的性状の解析 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 福永 航, 早川 結子, 隅田 泰生, 小澤 真 .  豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルスに対する高感度な遺伝子検出法の確立 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本獣医学会

  • 幸 勝治, 新地 浩之, 山内 隆好, 諸石 寿朗, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  糖鎖固定化金ナノ粒子をキャリア分子としたTLR7リガンドの免疫増強活性評価 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 隅田 泰生, 馬場 昌範, 田島 靖久, 東元 一晃, 坪内 博仁, 西 順一郎, 帖佐 俊行, 加治屋 崇 .  糖鎖ナノバイオテクノロジーとPCRによる高感度ウイルス検査診断法の開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2020年9月  (公社)日本生化学会

  • 隅田 泰生 .  糖鎖に基づくバイオナノテクノロジー .  日本薬剤学会年会講演要旨集  2020年5月  (公社)日本薬剤学会

  • 藺牟田 直子, 児玉 祐一, 川村 英樹, 郡山 豊泰, 西 順一郎, 隅田 泰生, 福山 竜子 .  勤務中の医療従事者を対象とした唾液からのインフルエンザウイルス高感度検査法の検討 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 藤田 清貴, 石渡 明弘, 伊藤 幸成, 若尾 雅広, 隅田 泰生, 北原 兼文 .  Aureobacterium sp.M2由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 三上 裕太, 不破 一将, 柳原 格, 茨 聡, 隅田 泰生 .  Loop mediated Isothermal Amplification(LAMP)法の早産児Ureaplasma検出における有用性の検討 .  日本新生児成育医学会雑誌  2021年4月  (公社)日本新生児成育医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 立尾 清悟, 新地 浩之, 吉満 誠, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  成人T細胞白血病細胞に特異的に結合する一本鎖抗体をキメラ抗原受容体として導入したナチュラルキラー細胞の開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 立尾 清悟, 新地 浩之, 吉満 誠, 若尾 雅広, 隅田 泰生 .  成人T細胞白血病細胞に特異的に結合する一本鎖抗体をキメラ抗原受容体として導入したナチュラルキラー細胞の開発 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 橋口 允紀, 吉松 幸美, 松林 由眞, 橋口 海斗, 増永 成菜, 新地 浩之, 若尾 雅広, 伊東 祐二, 隅田 泰生 .  シアリルTn抗原結合性一本鎖抗体の調製とがん細胞由来膜タンパク質への結合性解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

知的財産権

  • 糖鎖固定化磁性金属ナノ粒子、ウイルスの捕捉、濃縮、精製と検出

    隅田泰生

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-146501  出願日:2019年8月

    公開番号:特開2020-25536  公開日:2020年2月

    特許番号/登録番号:6893644  登録日:2021年6月 

    出願国:国内   取得国:国内

  • 糖鎖結合性一本鎖抗体およびその作製方法

    隅田 泰生, 常盤 広明, 伊藤 創平, 中野 祥吾, 新地 浩之

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-091686  出願日:2019年5月

    出願国:国内  

  • TLRリガンド固定化ナノ粒子

    隅田泰生、新地浩之、若尾雅広

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-202064  出願日:2018年10月

    公開番号:特開2019-77686  公開日:2019年5月

    出願国:国内  

  • 糖鎖固定化磁性銀ナノ粒子、およびそれを用いたウイルスの捕捉・濃縮・精製と検出

    隅田泰生

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-149114  出願日:2018年8月

    出願国:国内  

  • 糖鎖結合性一本鎖抗体の改変

    隅田 泰生、常盤 広明、伊藤 創平、新地 浩之

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-093399  出願日:2018年5月

    出願国:国内  

  • 細胞結合性の組成物とその利用

    若尾雅広、隅田泰生

     詳細を見る

    出願番号:特願2014-102882  出願日:2014年5月

    公開番号:特開2015-219108  公開日:2015年12月

    出願国:国内  

  • 免疫性末梢神経障害症由来抗体を認識する組成物とその利用

    隅田泰生、若尾雅広、石田秀治、結城伸泰

     詳細を見る

    出願番号:特願2013-044851  出願日:2013年3月

    公開番号:特開2016-105041  公開日:2016年6月

    出願国:国内  

  • ヒト抗ATL細胞表層O-結合型糖鎖抗体および抗体フラグメント

    隅田泰生、伊東祐二、有馬直道、若尾雅広

     詳細を見る

    出願番号:特願2012-255690  出願日:2012年11月

    公開番号:特開2014-100116  公開日:2014年6月

    出願国:国内  

  • 糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子、およびその製造方法

    若尾雅広、隅田 泰生

     詳細を見る

    出願番号:特願2011-053453  出願日:2011年3月

    公開番号:特開2011-209282  公開日:2011年10月

    特許番号/登録番号:5700336  登録日:2015年2月 

    出願国:国内  

  • ウイルスの濃縮方法、細胞または細菌の濃縮方法および磁性体組成物

    若尾雅広、隅田泰生、児玉崇

     詳細を見る

    出願番号:US 12/844,742  出願日:2010年7月

    出願国:外国   取得国:外国

  • ウイルスの濃縮方法および磁性体組成物

    隅田泰生、若尾雅広、児玉 崇

     詳細を見る

    出願番号:特願2010-045753   出願日:2010年3月

    公開番号:特開2011-45358  公開日:2011年3月

    特許番号/登録番号:5692738  登録日:2015年4月 

    出願国:国内  

  • 多岐用途型蛍光性リンカー化合物、及びその製造方法ならびにそれを用いて製造するリガンド複合体

    隅田泰生、若尾雅広、佐藤昌紀、馬場昌範、有馬直道、伊東祐二

     詳細を見る

    出願番号:特願2008-108561  出願日:2008年4月

    公開番号:特開2009-256261  公開日:2009年11月

    出願国:国内  

  • 生体関連物質と糖鎖との相互作用の測定方法、生体関連物質の糖鎖選択性の評価方法、生体関連物質のスクリーニング方法、および生体関連物質のパターニング方法、並びにこれらの方法を実施するためのキット

    隅田泰生、西村知晃、岸本裕子、山下早希子、鶴田祥子、若尾雅広、奥野壽臣

     詳細を見る

    出願番号:特願2007-324036  出願日:2007年12月

    公開番号:特開2008-175813  公開日:2008年7月

    特許番号/登録番号:5278992  登録日:2013年5月 

    出願国:国内  

  • 支持体に対する金属微粒子膜の形成方法及び局在プラズモン共鳴センサ

    若尾雅広、隅田泰生、小川智央

     詳細を見る

    出願番号:特願2006-06673  出願日:2006年3月

    特許番号/登録番号:4802309  登録日:2011年8月 

    出願国:国内  

  • リンカー化合物及びリガンド複合体、並びにそれらの製造方法

    隅田泰生、荒野明男、楠本正一、ソベール・マイケル、若尾雅広

     詳細を見る

    出願番号:特願2005-517757  出願日:2005年2月

    特許番号/登録番号:4628960  登録日:2010年11月 

    出願国:国内  

  • アポトーシス誘導能を有するヒト抗体

    中島敏博、伊東祐二、有馬直道、隅田泰生、馬場昌範、鳥飼正治

     詳細を見る

    出願人:一般財団法人化学及血清療法研究所、国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2009-542551  出願日:2008年11月

    公開番号:再公表2009-066655  公開日:2009年5月

▼全件表示