2021/09/17 更新

写真a

ミヤモト アツシ
宮本 篤
MIYAMOTO Atsushi
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(獣医学) ( 1995年3月   山口大学 )

  • 農学修士 ( 1984年3月   鹿児島大学 )

  • 農学士 ( 1982年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 脳循環

  • ブラジキニン

  • 動物種差と血管機能の進化

  • 機能性食品

  • 情報伝達

  • マグネシウム

  • 一酸化窒素(NO)

  • 内皮細胞

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医薬理学

学歴

  • 鹿児島大学   大学院農学研究科獣医学専攻

    1982年4月 - 1984年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   農学部獣医学科

    1978年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   その他   学長補佐(南九州畜産獣医学拠点担当)

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   共同獣医学部   部長(学部長含む)

    2016年4月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学   共同獣医学部・獣医学科・基礎獣医学講座 ・薬理学分野   教授

    2012年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農学部・獣医学科   教授

    2006年4月 - 2012年3月

  • 鹿児島大学   農学部・獣医学科   助教授

    2003年8月 - 2006年3月

  • 鹿児島大学   農学部・獣医学科   助手

    1989年4月 - 2003年7月

  • 株式会社大塚製薬工場   研究開発部   職員(技術系)   獣医師

    1984年4月 - 1989年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

委員歴

  • 国公立大学獣医学協議会   副会長  

    2019年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本マグネシウム学会   理事  

    2017年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • NPO法人獣医系大学間獣医学教育支援機構   理事  

    2016年8月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本獣医学会   編集委員  

    2010年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本マグネシウム学会   理事  

    2009年4月 - 2015年11月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本獣医学会   評議員  

    2007年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本マグネシウム学会   編集委員  

    2006年4月 - 2015年11月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本マグネシウム学会   評議員  

    2006年4月 - 2015年11月   

  • 日本薬理学会   学術評議員  

    1999年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

留学歴

  • 1996年4月 - 1997年3月   ハーバード大学医学部ブリガムアンドウィメンズ病院   博士研究員

取得資格

  • 獣医師

  • JGAP審査員補

  • JGAP指導員

  • 薬理学エデュケーター

 

論文

  • Md. Zahorul Islam, Shusuke Kojima, Masamichi Sameshima, Takeshi Obi, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Vasomotor effects of noradrenaline, 5-hydroxytryptamine, angiotensin II, bradykinin, histamine, and acetylcholine on the bat (Rhinolophus ferrumequinum) basilar artery .  Comparative Biochemistry and Physiology - Part C: Toxicology & Pharmacology, in press   2021年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.cbpc.2021.109190

  • Md. Zahorul Islam, Yuji Sawatari, Shusuke Kojima, Yusuke Kiyama, Moe Nakamura, Kyouko Sasaki, Mika Otsuka, Takeshi Obi, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Vasomotor effects of 5-hydroxytryptamine, histamine, angiotensin II, acetylcholine, noradrenaline, and bradykinin on the cerebral artery of bottlenose dolphin (Tursiops truncatus) .  Journal of Veterinary Medical Science, 82 ( 10 ) 1456 - 1463   2020年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本獣医学会  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0351

    PubMed

  • Jesmin Akter, Md Zahorul Islam, Md Amzad Hossain, Shinsuke Kawabata, Kensaku Takara, Ha Thi Thanh Nguyen, De-Xing Hou, Atsushi Miyamoto .  Endothelium-independent and calcium channel-dependent relaxation of the porcine cerebral artery by different species and strains of turmeric .  Journal of Traditional and Complementary Medicine, 9 ( 4 ) 297 - 303   2019年10月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jtcme.2018.08.002

    PubMed

  • Nguyen Than Hai, Atsushi Miyamoto, Ha Thi Thanh Nguyen, Thanh Van Nguyen .  A study on anthelmintic and antibacterial effects of extracts from chinese honeysuckle (Quisqualis Indica L) seeds and areca (Areca Catechu) nuts .  Asian Journal of Pharmaceutical and Clinical Research, 12 ( 6 ) 88 - 92   2019年6月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Innovare Academic Science  

    DOI: 10.22159/ajpcr.2019.v12i6.32664

    その他リンク: https://innovareacademics.in/journals/index.php/ajpcr/article/view/32664/20107

  • Kasumi SUDO, Cuong VAN DAO, Atsushi MIYAMOTO, Mitsuya SHIRAISHI .  Comparative analysis of in vitro neurotoxicity of methylmercury, mercury, cadmium, and hydrogen peroxide on SH-SY5Y cells .  Journal of Veterinary Medical Science, 81 ( 6 ) 828 - 837   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0059

    PubMed

  • Cuong Van Dao, Mitsuya Shiraishi*, Atsushi Miyamoto .  The MARCKS protein amount is differently regulated by calpain during toxic effects of methylmercury between SH-SY5Y and EA.hy926 cells .  Journal of Veterinary Medical Science, 79 ( 12 ) 1931 - 1938   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.17-0473

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Hiroaki Kawaguchi, Naoki Miura, Noriaki Miyoshi, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto*, Akihide Tanimoto .  Hypertension alters the endothelial-dependent biphasic response of bradykinin in isolated Microminipig basilar artery .  Microvascular Research, 114   52 - 57   2017年11月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.mvr.2017.06.001

    PubMed

  • Pitchaya Pothinuch, Atsushi Miyamoto, Ha Thi Thanh Nguyen, Sasitorn Tongchitpakdee .  Vasodilatory effects of mulberry (Morus spp.) leaf extract on porcine cerebral arteries in vitro: Possible underlying mechanisms .  Journal of Functional Foods, 38   151 - 159   2017年9月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jff.2017.09.010

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Cuong Van Dao, Atsushi Miyamoto, Mitsuya Shiraishi .  Rho-kinase and the nitric oxide pathway modulate basilar arterial reactivity to acetylcholine and angiotensin II in streptozotocin-induced diabetic mice .  Naunyn-Schmiedebergs Archives of Pharmacology, 390 ( 9 ) 929 - 938   2017年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer-Verlag  

    DOI: 10.1007/s00210-017-1396-x

    PubMed

  • Ha Thi Thanh Nguyen, Hai Thanh Nguyen, Md. Zahorul Islam, Takeshi Obi, Pitchaya Pothinuch, Thanh Van Nguyen, Tuong Manh Nguyen, Cuong Van Dao, Mitsuya Shiraishi and Atsushi Miyamoto .  Antagonistic effects of Gingko biloba leaf and Sophora japonica L. flower bud extracts on cerebral vasoconstriction in response to histamine, 5-hydroxytryptamine, U46619 and bradykinin .  The American journal of Chinese Medicine, 44 ( 8 ) 1607 - 1625   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Science  

    DOI: 10.1142/S0192415X16500907

    PubMed

  • Cuong Van Dao, Md. Zahorul Islam, Kasumi Sudo, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  MARCKS is involved in methylmercury-induced decrease in cell viability and nitric oxide production in EA.hy926 cells .  Journal of Veterinary Medical Science, 78 ( 10 ) 1569 - 1576   2016年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.16-0249

    PubMed

  • Masato Ohkubo, Atsushi Miyamoto, Mitsuya Shiraishi .  Heavy metal chelator TPEN attenuates fura-2 fluorescence changes induced by cadmium, mercury and methylmercury .  Journal of Veterinary Medical Science, 78 ( 5 ) 761 - 767   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.15-0620

    PubMed

  • Nguyen Van Thanh, Nguyen Thanh Hai, Dao Thi Huong, Atsushi Miyamoto .  The effect of garic (Allium Sativum L.) bulbs and pepper (Piper Nigrum L.) seeds ethanol extracts on piglet diarrhea .  International Journal of Medical Research and Pharmaceutical Sciences, 3 ( 4 ) 23 - 28   2016年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5281/zenodo.50336

  • Ha Thi Thanh Nguyen, Hai Thanh Nguyen, Md. Zahorul Islam, Takeshi Obi, Pitchaya Pothinuch, Phyu Phyu Khine Zar, De Xing Hou, Thanh Van Nguyen, Tuong Manh Nguyen, Cuong Van Dao, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Pharmacological characteristics of Artemisia vulgaris L. in isolated porcine basilar artery .  Journal of Ethnopharmacology, 182 ( 22 ) 16 - 26   2016年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jep.2016.02.009

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Cuong Van Dao, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Methylmercury affects cerebrovascular reactivity to angiotensin II and acetylcholine .  Life Science, 147   30 - 38   2016年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2016.01.033

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Yutaka Watanabe, Ha Thi Thanh Nguyen, Emi Yamazaki-Himeno, Takeshi Obi, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Vasomotor effects of acetylcholine, bradykinin, noradrenaline, 5-hydroxytryptamine, histamine and angiotensin II on the mouse basilar artery .  Journal of Veterinary Medical Science, 76 ( 10 ) 1339 - 1345   2014年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.14-0223

    PubMed

  • Md. Zahorul Islam, Kaori Miyagi, Tsukasa Matsumoto, Ha Thi Thanh Nguyen, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto .  Bradykinin induces NO and PGF2α production via B2 receptor activation from cultured porcine basilar arterial endothelial cells .  Naunyn-Schmiedebergs Archives of Pharmacology, 387 ( 7 ) 697 - 702   2014年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00210-014-0989-x

    PubMed

  • Takeshi Obi, Maki Chibana, Chie Taira, Ayano Nakayama, Kei Miazaki, Kozo Takase, Ichiro Nakamura, Atsushi Miyamoto, Yasuhiro Kawamoto .  Antimicrobial susceptibility in enterobacteriaceae recovered from Okinawa leasthorseshoe bat (Rhinolophus pumilus) .  Wildlife Biology, 20 ( 1 ) 64 - 66   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2981/wlb.13067

    その他リンク: http://www.bioone.org/doi/full/10.2981/wlb.13067

  • AtsuhiroTanabe, Yasuharu Sasaki, Atsushi Miyamoto, Mitsuya Shiraishi, Makoto Hangai, Megumi Yamamoto, Masanori Sasaki .  Alteration in MARCKS phosphorylation and expression by methylmercury in SH-SY5Y cells and rat brain .  Environmental Toxicology and Pharmacology, 37 ( 3 ) 1256 - 1263   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.etap.2014.04.025

    PubMed

  • Nguyen Thanh Hai, Nguyen Van Thanh, Bui Thi Tho, Miyamoto Atsushi .  A study about anthelmintic effect of punica gramatum L bark on veterinary endoparasites. .  Asian Journal of Pharmaceutical and clinical research, 7 ( 2 ) 148 - 152   2014年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://innovareacademics.in/journals/index.php/ajpcr/article/viewFile/976/635

  • Nguyen Thanh Hai, Miyamoto Atsushi .  Evaluation acaricidal efficacy of Camellia sasanqua thumb seed oil against the cattle tick Rhipicephalus (Boophilus) microplus and the dog tick Rhipicephalus sanguineus .  International Journal of Medicinal Plants Research, 3 ( 3 ) 284 - 289   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://internationalscholarsjournals.org/download.php?id=632711151410883168.pdf&type=application/pdf&op=1

  • Mitsuya Shiraishi, Kazuya Tamura, Mina Egoshi, Atsushi Miyamoto .  Cholesterol enrichment of rabbit platelets enhances the Ca2+ entry pathway induced by platelet-derived secondary feedback agonists .  Life Sciences, 92 ( 14-16 ) 838 - 844   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2013.02.017

    PubMed

  • Hideyuki Yamatoya, Hiroaki Kawaguchi, Kanako Yajima, Hidetomi Kadokura, Tsuyoshi Yoshikawa, Rie Yamashita, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto and Noriaki Miyoshi .  Data on Wistar Hannover rats from a general toxicity study .  Experimental Animals, 61 ( 4 ) 467 - 476   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.61.467

    PubMed

  • Fukuko Matsumoto, Yutaka Watanabe, Takeshi Obi, Md Zahorul Islam, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi and Atsushi Miyamoto* .  Characterization of 5-hydroxytryptamine-induced contraction and acetylcholine-induced relaxation in isolated chicken basilar artery .  Poultry Science, 91 ( 5 ) 404 - 407   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3382/ps.2011-01945

    PubMed

  • Hideyuki Yamatoya, Hiroaki Kawaguchi, Takeshi Fukuda, Hidetomi Kadokura, Rie Yamashita, Tsuyoshi Yoshikawa, Mitsuya Shiraishi, Atushi Miyamoto and Noriaki Miyoshi .  Data on Wistar Hannover rats from an immunotoxicity study .  Experimental Animals, 61 ( 2 ) 171 - 175   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1538/expanim.61.171

    PubMed

  • Miki Nakashima, Yukiko Shigekuni, Takeshi Obi, Mitsuya Shiraishi, Atsushi Miyamoto*, Hideo Yamasaki, Takeomi Etho and Sumio Iwai .  Nitric oxide-dependent hypotensive effects of wax gourd juice .  Journal of Ethonopharmacology, 138 ( 2 ) 404 - 407   2011年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jep.2011.09.027

    PubMed

  • Ichiro Nakamura, Takeshi Obi, Yoko Sakemi, Ayano Nakayama, Kei MiyazakiI, Go Ogura, Masanobu Tamaki, Tatsuzo Oka, Kozo Takase, Atsushi Miyamoto and Yasuhiro Kawamoto .  The prevalence of antimicrobial-resistant Escherichia coli in two species of invasive alien mammals in Japan .  Journal of Veterinary Medical Science, 73 ( 8 ) 1067 - 1070   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.10-0525

    PubMed

  • Takeshi Obi, Mitsuharu Matsumoto, Miyazaki, K., Kitsutaka, K., Tamaki, M., Kozo Takase, Atsushi Miyamoto, Tatsuzo Oka, Yasuhiro Kawamoto and Tadashi Nakada .  Skeletal ryanodine receptor 1-heterozygous PSE (Pale, Soft and Exudative) meat contains a higher concentration of myoglobin than genetically normal PSE meat in pigs .  Asian-Australasian Journal of Animal Sciences, 23 ( 9 ) 1244 - 1249   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5713/ajas.2010.90542

    Web of Science

    その他リンク: http://www.ajas.info/upload/pdf/23-164.pdf

  • Mitsuya Shiraishi, Eisuke Tani and Atsushi Miyamoto* .  Modulation of rabbit platelet aggregation and calcium mobilization by platelet cholesterol content .  Journal of Veterinary Medical Science, 72 ( 3 ) 285 - 292   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.09-0385

    PubMed

  • Noriko Shinya, Oka, S., Miyabashira, S., Kaetsu, H., Uchida, T., Sueyoshi, M., Takase, K., Masao Akuzawa, Atsushi Miyamoto and Shigaki, T. .  Improvement of the tissue-adhesive and sealing effect of fibrin sealant using polyglycolic acid felt .  Journal of Investigative Surgery, 22 ( 5 ) 383 - 389   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/08941930903214743

    PubMed

  • Daisaku Ueno, Akira Yabuki, Takeshi Obi, Mitsuya Shiraishi, Akira Nishio and Atsushi Miyamoto* .  Characterization of bradykinin-induced endothelium-independent contraction in equine basilar artery .  Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics, 32 ( 3 ) 264 - 270   2009年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2885.2008.01037.x

    PubMed

  • Tadatsune Okuno, Akira Yabuki, Mitsuya Shiraishi, Takeshi Obi and Atsushi Miyamoto* .  Histamine-induced modulation of vascular tone in the isolated chicken basilar artery: A possible involvement of endothelium .  Comparative Biochemistry and Physiology - Part C: Toxicology & Pharmacology, 147 ( 3 ) 339 - 344   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpc.2007.12.002

    PubMed

  • Narihiro Yoshinaga, Tadatune Okuno, Yutaka Watanabe, Tsukasa Matsumoto, Mitsuya Shiraishi, Takeshi Obi, Akira Yabuki and Atsushi Miyamoto* .  Vasomotor effects of noradrenaline, acetylcholine, histamine, 5-hydroxytriptamine and bradykinin on Snake (Trimeresurus flavoviridis) Basilar Arteries .  Comparative Biochemistry and Physiology - Part C: Toxicology & Pharmacology, 146 ( 4 ) 478 - 483   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cbpc.2007.05.007

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Yoriko Hashiguchi, Takeshi Obi, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Ibuprofen or ozagrel increases NO release and L-nitro arginine induces TXA2 release from cultured porcine basilar arterial endothelial cells .  Vasculal Pharmacology, 46 ( 2 ) 85 - 90   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.vph.2006.06.018

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Ryoko Wada, Aya Inoue, Shigeru Ishiguro, James K. Liao and Akira Nishio .  Role of angiotensin II receptor subtypes in porcine basilar artery: Functional, radioligand binding, and cell culture studies .  Life Sciences, 78 ( 9 ) 943 - 949   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2005.06.044

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Hiroshi Moriki, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  In vitro application of endotoxin enhances nitric oxide production in thoracic aortas from Mg-deficient rats .  Magnesium Research, 18 ( 3 ) 155 - 162   2005年9月査読

  • Atsushi Miyamoto, Hiroshi Moriki, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  In vitro application of endotoxin to thoracic aortas from magnesium-deficient rats enhances vascular hyporeactivity to phenylephrine .  Journal of the American College of Nutrition, 23 ( 5 ) 518S - 520S   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ken-ichiro Hayashida, Takashi Takeuchi, Takeshi Ozaki, Hirohiko Shimizu, Kumio Ando, Atsushi Miyamoto and Etsumori Harada .  Bovine lactoferrin has anitric oxide-dependent hypotensive effect in rats .  American Journal of Physiology, 286 ( 2 ) R359 - R365   2004年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00214.2003

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Yumi Yamazaki, Tomoaki Takagi, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Enhancement of endotoxin-induced vascular hyporeactivity to phenylephrine in the thoracic aortas of Mg-deficient rats ex vivo .  Life Sciences, 73 ( 21 ) 2713 - 2726   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0024-3205(03)00613-1

    PubMed

  • Toyokazu Shogi, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Enhanced release of IL-1beta and TNF-alpha following endotoxin challenge from rat alveolar macrophages cultured in low-Mg2+ medium .  Magnesium Research, 16 ( 2 ) 111 - 119   2003年6月査読

  • Tatsuya Yokoyama, Hiromi Oono, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Magnesium-deficient medium enhances NO production in alveolar macrophages isolated from rats .  Life Sciences72 ( 11 ) 1247 - 1257   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0024-3205(02)02371-8

    PubMed

  • Toyokazu Shogi, Hiromi Oono, Masae Nakagawa, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Effects of a low extracellular magnesium concentration and endotoxin on IL-1beta and TNF-alpha release from, and mRNA level in, isolated rat alveolar macrophages .  Magnesium Research15 ( 3-4 ) 147 - 152   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hiromi Oono, Masae Nakagawa, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Mechanisms underlying the enhanced elevation of IL-1beta and TNF-alpha mRNA levels following endotoxin challenge in rat alveolar macrophages cultured with low-Mg2+ medium .  Magnesium Research15 ( 3-4 ) 153 - 160   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, ShinMurata and Akira Nishio .  Role of ACE and NEP in bradykinin-induced relaxation and contraction response of isolated porcine basilar artery .  Naunyn-Schmiedbergs Archives of Pharmacology365 ( 5 ) 365 - 370   2002年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00210-002-0543-0

    PubMed

  • Naoko Takamatsu, Akira Nishio, SHigeo Nagata, June Matsumoto, Yukihiro Kamimura, Atsushi Miyamoto and Shigeru Ishiguro .  Decreased absorption and retention rates of magnesium in the rats fed on spinach-supplemented diets: possible explanations .  Magnesium Research14 ( 4 ) 247 - 256   2001年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 石黒茂、藤本祐佳、中川麻恵、川崎安亮、宮本篤、西尾晃 .  健康な犬および猫の血液中のイオン化マグネシウム値 .  鹿大農学術報告51   23 - 27   2001年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    その他リンク: http://hdl.handle.net/10232/1531

  • Masae Nakagawa, Takao Ike, Kotaro Kawabe, Makoto Fujii, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  In vivo and in vitro effects of magnesium deficiency on hepatic haptoglobin mRNA levels .  Magnesium Research14 ( 1-2 ) 19 - 25   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Shigeru Ishiguro, Yasushi Nakamura, June Kawase, Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Endothelium-dependent relaxation in response to low concentrations of bradykinin is enhanced by phosphoramidon, bosentan and BQ-123 in bovine coronary arteries in vitro. .  Japan Journal of Pharmacology86 ( 2 ) 262 - 264   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.86.262

    PubMed

  • Shigeru Ishiguro, June Kawase, Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Endothelin receptor mediating contraction of isolated bovine coronary artery .  Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics24 ( 3 ) 203 - 208   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2885.2001.00323.x

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Tomoko Matsuyama, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Captopril increases the affinity of bradykinin receptor binding sites in bovine coronary arterial endothelial cells .  Japan Journal of Pharmacology84 ( 1 ) 82 - 85   2000年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.84.82

    PubMed

  • Shigeru Ishiguro, Atsushi Miyamoto, Takahiro Tokushima, Atsushi Ueda and Akira Nishio .  Low extracellular Mg2+ concentrations suppress phagocytosis in vitro by alveolar macrophages from rats .  Magnesium Research13 ( 1 ) 11 - 18   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Shigeru Ishiguro, Takashi Iwasaki, Atsushi Miyamoto, Toyoki Mori and Akira Nishio .  Vasopressin receptor subtypes on mesenteric and cremasteric arterioles in rat .  European Journal of Pharmacology400 ( 1 ) 121 - 125   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0014-2999(00)00342-3

    PubMed

  • 西尾晃、高松直子、永田茂穂、松元順、上村幸廣、石黒茂、宮本篤 .  鹿児島県産有機栽培ホウレン草のミネラル含量とそれらの調理による消失 .  鹿大農学術報告50   49 - 56   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    その他リンク: https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3430&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

  • Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Stimulation of bradykinin B2-receptors on endothelial cells induces relaxation and contraction in porcine basilar artery in vitro .  British Journal of Pharmacology128 ( 1 ) 241 - 247   1999年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bjp.0702783

    PubMed

    その他リンク: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1571616/

  • Atsushi Miyamoto, Shui-Xian Yang, Ulrich Laufs, Xiu-Lu Ruan, X.L. and James K. Liao .  Activation of guanine nucleotide-binding proteins and induction of endothelial tissue-type plasminogen activator gene transcription by alcohol .  The Journal of Biological Chemistry274 ( 17 ) 12055 - 12060   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.274.17.12055

    PubMed

    その他リンク: http://www.jbc.org/content/274/17/12055.long

  • Yasushi Nakamura, Kohei Kawagoe, Takeshi Obi, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Femtomolar bradykinin-induced relaxation of isolated bovine coronary arteries, mediated by endothelium-derived nitric oxide .  Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics21 ( 4 ) 304 - 308   1998年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2885.1998.00141.x

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Tetsuya Nakamoto, Matsuoka, Y., Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  The role of thromboxane A2 in regulating porcine basilar arterial tone .  Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics21 ( 3 ) 223 - 227   1998年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2885.1998.00135.x

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Ulrich Laufs, Cecilio Pardo and James K. Liao .  Modulation of bradykinin receptor ligand binding affinity and its coupled G-proteins by nitric oxide .  The Journal of Biological Chemistry272 ( 31 ) 19601 - 19608   1997年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.272.31.19601

    PubMed

    その他リンク: http://www.jbc.org/content/272/31/19601.long

  • Shigeru Ishiguro, Tomoko Matsuyama, Toyoaki Sakoda, Hideaki Sakaguchi, Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Ex vivo study of the effects of dietary magnesium deficiency on the formation and release of NO from endothelial cells and the sensitivity to NO of smooth muscle cells of thoracic aortas isolated from rats .  Magnesium Research10 ( 1 ) 11 - 20   1997年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Junko Kanda, Tatsuya Haruta and Akira Nishio .  Stability of free Mg2+ concentration and increased concentration of free Ca2+ in vascular smooth muscle cells during dietary magnesium deficiency in rat .  Magnesium Research9 ( 2 ) 101 - 108   1996年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Takeshi Obi and Akira Nishio .  The vasomotor effects of 5-hydroxytryptamine on equine basilar arteries in vitro .  Veterinary Research Communications20 ( 1 ) 61 - 70   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00346578

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Junko Kanda and Akira Nishio .  Responsiveness of equine basilar artery to transmural nerve stimulation differs from that of porcine and bovine basilar arteries in vitro .  Journal of Veterinary Medical Science57 ( 2 ) 365 - 366   1995年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.57.365

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Mitsuharu Matsumoto and Akira Nishio .  Pharmacological detection of an integrity of endothelium in pig, cattle and horse basilar arteries in vitro .  Mem. Fac. Agr. Kagoshima Univ.31   63 - 68   1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    その他リンク: http://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/2879/1/KJ00000011083.pdf

  • Hideaki Sakaguchi, Naohiro Anai, Atsushi Miyamoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Mechanisms of the enhanced contractile response to a low concentration of phorbol 12, 13-dibutyrate in thoracic aorta isolated from rats with dietary magnesium deficiency .  Japan Journal of Pharmacology67 ( 1 ) 9 - 13   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.67.9

    PubMed

  • 神田純子、宮本 篤、西尾 晃 .  Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋細胞内遊離CaおよびMgイオン濃度 .  マグネシウム14   55 - 61   1995年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideaki Sakaguchi, Shigeru Ishiguro, Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Enhanced contractile response to phenylephrine and increased density of [3H]PN200-110 binding sites in thoracic aorta isolated from dietary magnesium-deficient rats .  Magnesium Research7 ( 3-4 ) 199 - 206   1994年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Vasomotor effects of histamine on bovine and equine basilar arteries in vitro .  Veterinary Research Communications18 ( 6 ) 447 - 456   1994年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF01839422

    PubMed

  • Atushi Miyamoto, Mitsuharu Matsumoto and Akira Nishio .  Endothelial modulation of vascular tone in isolated porcine and bovine basilar arteries .  Journal of Veterinary Medical Science56 ( 5 ) 947 - 950   1994年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.56.947

    PubMed

  • Atsushi Miyamoto, Toyoaki Sakota and Akira Nishio .  Characterization of 5-hydroxytryptamine receptors on the isolated pig basilar artery by functional and radioligand binding studies .  Japan Journal of Pharmacology65 ( 3 ) 265 - 273   1994年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.65.265

    PubMed

  • 宮本篤、松野下高広、西尾晃 .  Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋のフェニレフリンによる収縮増強は細胞外Caイオンの流入増大による .  マグネシウム13   61 - 71   1994年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi Miyamoto and Akira Nishio .  Characterization of histamine receptors in isolated pig basilar artery by functional and radioligand binding studies .  Life Sciences53 ( 16 ) 1259 - 1266   1993年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0024-3205(93)90570-S

    PubMed

  • 石黒茂、宮本篤、小尾岳士、西尾晃 .  酢酸ベンジルのラットに対する催奇形性試験 .  鹿大農学術報告43   25 - 31   1993年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    その他リンク: https://ir.kagoshima-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9423&item_no=1&attribute_id=16&file_no=1

  • Atsushi Miyamoto, Ken Ito and Akira Nishio .  Characterization of beta-adrenoceptors in pig basilar artery from functional and radioligand binding studies .  Japan Journal of Pharmacology61 ( 2 ) 93 - 99   1993年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.61.93

    PubMed

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jphs1951/61/2/61_2_93/_pdf

  • 西尾晃、坂口英明、宮本篤、小尾岳士、石黒茂、安田宣紘、橋口稔、荒川順一 .  分娩後にMg欠乏症状を示した肉用牛の血漿、心筋および冠動脈の電解質含量と冠動脈の収縮・弛緩能 .  マグネシウム12   65 - 72   1993年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeshi Obi, Atsushi Miyamoto, Mitsuharu Matumoto, Shigeru Ishiguro and Akira Nishio .  Participation of H1-receptors in histamine-induced contraction and relaxation of horse coronary artery in vitro .  Journal of Veterinary Medical Science 53 ( 5 ) 789 - 795   1991年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.53.789

    PubMed

  • Akira Nishio, Takeshi Obi, Shigeru Ishiguro, Atsushi Miyamoto and Tokihide Ni-iro .  Comparison of vascular reactivity to vasoactive agents in coronary arteries isolated from cattle, pigs and horses .  Mem. Fac. Agr. Kagoshima Univ.27   55 - 61   1991年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    その他リンク: https://ir.kagoshima-u.ac.jp/bitstream/10232/2902/1/KJ00000011017.pdf

  • Atsushi Miyamoto, Akemi Sumi, Yoshikatsu Ishido, Tatsuro Nakano, Mamoru Yahagi and Shichiro Inada .  Sensory nerve conduction velocities in the cutaneous afferents of the ulnar and peroneal nerves of the dog: tissue temperature-dependent reference ranges .  Veterinary Research Communications14 ( 2 ) 147 - 156   1990年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF00346555

    PubMed

    その他リンク: https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/BF00346555.pdf

▼全件表示

書籍等出版物

  • 第19章 殺虫薬(獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 獣医薬理学<第二版>)

    宮本篤(編集:堀正敏、池田正浩、海野年弘、太田利男、乙黒兼一、竹内正吉、山崎純)( 担当: 共著)

    (株)近代出版  2021年3月  ( ISBN:978-4-87402-270-2

     詳細を見る

    総ページ数:290   担当ページ:244-249   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第19章 殺虫薬(獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 獣医薬理学<初版>)

    宮本篤(編集:池田正浩、伊藤茂男、尾崎博、下田実、竹内正吉)( 担当: 共著)

    (株)近代出版  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第5章 化学物質のリスクアナリシス(獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 獣医毒性学<初版>)

    代田眞理子、津田修治、宮本篤(編集:石塚真由美、尾崎博、佐藤晃一、下田実、寺岡宏樹)( 担当: 共著)

    (株)近代出版  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第21章 殺虫薬(新 獣医薬理学<第三版> )

    宮本篤 (編集:伊藤勝昭、伊藤茂男、尾崎博、下田実、竹内正吉)( 担当: 共著)

    (株)近代出版  2010年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 第15章リスクアナリシス(新 獣医毒性学 )

    津田修治、宮本篤(編集:石塚真由美、尾崎博、佐藤晃一、下田実、寺岡宏樹、津田修治)( 担当: 共著)

    (株)近代出版  2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 血管Ⅱ(血管内皮細胞由来弛緩因子)(薬理学・毒性学実験 第3版)

    白石光也、宮本篤 (編集:寺岡宏樹、石塚真由美、尾崎博、堀正敏、竹内正吉、東泰孝、佐藤晃一)( 担当: 共著)

    文永堂出版  2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • アムロジピン、アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、エナラプリル、カプトプリル、カルシウムチャネル阻害薬、キニナーゼ、キニン類、キマーゼ、血管内皮、血小板活性化因子、ジヒドロピリジン系薬、ジルチアゼム、腸クロム親和性細胞、ニカルジピン、ニコランジル、ニトレンジピン、ニフェジピン、ベナゼプリル、ベニジピン、ラミプリル、ロサルタン(新獣医学辞典)

    宮本篤 (監修:土井邦夫、山根義久)( 担当: 共著)

    チクサン出版  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Phagocytosis by alveolar macrophages during dietary magnesium deficiency in adult rats. In: Advances in Magnesium Research : Nutrition and Health

    Akira Nishio, Kazuo Kikuchi, Atsushi Ueda, Atsushi Miyamoto and Shigeru Ishiguro (Eds: Rayssiguier, Y., Mazur, A. and Durlach J.)( 担当: 共著)

    John Libbey & Company Ltd, England  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • a. 脳底動脈標本(平滑筋実験マニュアル )

    西尾晃、宮本篤 (編集:浦川紀元、唐木英明)( 担当: 共著)

    文永堂出版  1995年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

講演・口頭発表等

  • 宮本篤、新免薫、Smith Henry Ivan、白石光也、松岡由紀、澤佐和子、森真理、森英樹、家森幸男 .  早朝尿検査から推定された1日マグネシウム摂取量は幾つかの健康診断結果と関連する ~徳之島伊仙町にて~ .  第39回 一般社団法人 日本マグネシウム学会学術集会  一般社団法人 日本マグネシウム学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大坂  

  • 宮本篤,有村卓朗,三角一浩 ,三好宣彰,奥田優,度会雅久, 佐藤晃一 .  VetJapan SouthにおけるEAEVE認証取得への取り組み .  第161回日本獣医学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:つくば国際会議場  

  • 大田和朋紀、白石光也、宮本篤 .  エラブウミヘビの摘出胸大動脈における血管作動物質の反応性 .  日本爬虫両棲類学会第56回大会  日本爬虫両棲類学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学黒髪南キャンパス  

  • 鈴木舞、白石光也、松岡由紀、澤佐和子、森真理、森英樹、家森幸男、宮本篤 .  徳之島伊仙町の飲料水を用いて調整したクレブスリンゲル液の脳血管反応性に及ぼす影響 .  第37回社団法人日本マグネシウム学会学術集会  一般社団法人日本マグネシウム学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランキューブ大阪国際会議場  

  • 白石光也、Dao Van Cuong, 宮本 篤 .  MARCKSタンパク質を介するメチル水銀毒性におけるカルパインの関与 .  第70回日本薬理学会西南部会  日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かごしま県民交流センター  

  • 森英樹, 森真理, 垣渕直子, 次田一代 ,磯村実, 江口昭彦, 宮本篤, 家森幸男 .  「栄養で日本を元気に」プロジェクトの報告(第1報) .  第64回日本栄養改善学会学術総会  日本栄養改善学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島・アスティとくしま  

  • Cuong Dao, 白石光也、宮本 篤 .  Cleavage of MARCKS by calpain is involved in cytotoxicity of methylmercury in SH-SY5Y cells .  第160回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 鈴木舞,白石光也,松岡由紀,澤佐和子,森真理,森英樹,家森幸男,宮本篤 .  飲料水のマグネシウム成分および町民の24時間尿採取現地調査によりみた徳之島伊仙町における長寿の要因 .  第36回日本マグネシウム学会学術集会  日本マグネシウム学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際交流センター  

  • 宮本 篤 .  マグネシウムの血圧および死亡率へ及ぼす影響 .  第36回日本マグネシウム学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪国際交流センター  

  • Ha Thi Thanh Nguyen, Hai Thanh Nguyen, 白石光也、宮本 篤 .  Antagonistic effects of Gingko biloba leaf and Sophora japonica L. flower bud extracts on cerebral vasoconstriction .  第159回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学(藤沢市),  

  • 宮本 篤 .  メチル水銀の脳血管反応および内皮細胞に及ぼす影響 .  第6回日本中毒学会九州地方会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島市立病院  

  • 宮本篤 .  長寿と飲料水のミネラル成分との関連について~マグネシウム~ .  第35回 一般社団法人日本マグネシウム学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学楽友会館(京都市)  

  • Atsushi Miyamoto, Tomoaki Nii, Mitsuya Shiraiahi, Takashi Takeuchi, Hidefumi Kuwata, and Etsumori Harada .  Direct evidence of nitric oxide production in bovine lactoferrin-induced hypotension and enhancing effect of magnesium on this production .  XIIth International Conference on Lactoferrin, Structure, Function and Applications  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Westin Nagoya Castle Hotel  

  • 須藤加澄, 白石光也, 宮本篤. .  各種重金属による細胞死および増殖抑制機序とその比較 .  第158回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北里大学(十和田市)  

  • Cuong Dao Van, 白石光也, 宮本篤. .  Toxic effects of methylmercury on endothelial cell function and involvement of MARCKS. .  第158回日本獣医学会学術集会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北里大学(十和田市)  

  • Ha Thi Thanh Nguyen, 侯徳興, 白石光也, 宮本篤. .  Resoonsiveness of Artemisia vulgaris L. (Japanese name: Yomogi) extract on isolated basilar arteries and its mechanism. .  第158回日本獣医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北里大学(十和田市)  

  • Md. Zahoru Islam, Cuong.V. Dao., 白石光也, 宮本篤 .  低濃度メチル水銀暴露が成熟マウスの心血管系に与える影響 .  第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)  第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • Cuong.V. Dao., Md. Zahoru Islam, 宮本篤, 白石光也 .  胎生期および授乳期におけるメチル水銀暴露がマウス心血管系に与える影響 .  第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)  第88回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Mitsuya Shiraishi,Toyoki Mori,Toshimasa Ochiai,Takashi Ito,Ikuro Maruyama,Atsushi Miyamoto. .  The effect of platelet preservation by 3D-clinostat on platelet functions. .  第37回日本分子生物学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜パシフィコ(横浜市)  

  • 松岡由紀、川崎暢義、白石光也、宮本篤 .  飲料水と野菜および特産品のミネラル成分よりみた徳之島伊仙町における長寿の要因 .  第34回日本マグネシウム学会学術集会(京都大学医学部紫蘭会館)  第34回日本マグネシウム学会学術集会(京都大学医学部紫蘭会館)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 桑田英文、Md. Zahorul Islam、石渡亜耶乃、野原万友美、白石光也、原田悦守、宮本篤 .  ラクトフェリンのより厳密な品質管理を目指した高次構造依存活性の評価 .  日本ラクトフェリン学会第6回学術集会(つくば国際会議場)  日本ラクトフェリン学会第6回学術集会(つくば国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Md. Zahoru Islam, Dao Van Cuong, 白石光也,宮本篤 .  Methylmercury affects cerebrovascular reactivities to angiotensin II and acetylcholine via rho-kinase and NO pathways . .  第157回日本獣医学会学術集会(北海道大学)  第157回日本獣医学会学術集会(北海道大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • イスラム・モハメドザホルル,山崎-姫野絵美,白石光也,宮本篤,川口博明,三好宣彰,三浦直樹,谷本昭英 .  Angiotensin II decreases bradykinin-induced NO and increases prostaglandin F2alpha release from cultured Microminipig basilar arterial endothelial cells .  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 大久保正人,宮本篤,白石光也 .  Analysis of intracellular calcium mobilization induced by heavy metals using fura-2 and TPEN in SH-SY5Y cells .  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • ニュエン・タンハイ,ニュエン・テイタンハ,白石光也,宮本篤 .  Study on pharmacological effects of Punica gramatum extracts on animal endoparasitesPunica gramatum .  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)  第87回日本薬理学会年会(仙台国際センター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 山崎―姫野絵美、龍治美希、Mohamed Z. Islam, 白石光也、伴真紀子、森豊樹、本馬敦子、落合俊昌、宮本篤 .  血管内皮細胞での疑似微小重力によるThromboxane A2/Prostacyclin 比の変化に対するマグネシウムイオンの影響 .  第33回日本マグネシウム学会学術集会(旭川グランドホテル)  第33回日本マグネシウム学会学術集会(旭川グランドホテル)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Thi Thanh Ha Nguyen、Van Cuong Dao、小尾岳士、白石光也、宮本篤 .  Biphasic effects of Artemisia vulgaris L. equaous extract on porcine basilar artery .  第156回日本獣医学会学術集会 (岐阜大学)  第156回日本獣医学会学術集会 (岐阜大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • Md. Zahorul Islam, Miharu Nishimura, Hiroaki Kawaguchi, Naoki Miura, Tomoko Iwanaga, Emi Yamazaki-Himeno, Mitsuya Shiraishi, Noriaki Miyoshi, Akihide Tanimoto, Atsushi Miyamoto .  Treatment of angiotensin II decreased NO and increased prostaglandin PGF 2α production by bradykinin in cultured porcine basilar arterial endothelial cells .  第156回日本獣医学会学術集会 (岐阜大学)  第156回日本獣医学会学術集会 (岐阜大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • Pitchaya Pothinucha, Sasitorn Tongchitpakdeea and Atsushi Miyamoto .  Vasoactive Effects of Mulberry (Morus alba) Leaves on Brain Arteries .  Korean Society of Food Science and Technology  Korean Society of Food Science and Technology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Seoul (korea)  

    国際学会

  • Emi Yamazaki-Himeno, Miki Ryoji, Mohamed Z. Islam, Mitsuya Shiraishi, Makiko Ban, Toyoki Mori, Atsuko Homma, Toshimasa Ochiai, Atsushi Miyamoto .  Imbalance of Thromboxane A2/Prostacyclin in Endothelial Cells under Simulated Microgravity .  34th Annual Meeting International Gravitational Physiology  34th Annual Meeting International Gravitational Physiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Toyohashi (Japan)  

    国際学会

  • 白石光也,半谷誠,佐々木眞敬,宮本篤 .  メチル水銀の細胞毒性発現におけるMARCKSの役割 .  第86回日本薬理学会年会 (福岡国際会議場)  第86回日本薬理学会年会 (福岡国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 宮本篤,イスラム・モハメド・ザホルル,川口博明,三浦直樹,山崎-姫野絵美,白石光也,三好宣彰,谷本昭英 .  アンジオテンシンII静脈内持続投与のマイクロミニピッグ脳底動脈反応性へ及ぼす影響 .  第86回日本薬理学会年会 (福岡国際会議場)  第86回日本薬理学会年会 (福岡国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 大久保正人,宮本篤,白石光也 .  重金属による細胞内カルシウム濃度の変化とその特徴 .  第155回日本獣医学会学術集会 (東京大学駒場キャンパス)  第155回日本獣医学会学術集会 (東京大学駒場キャンパス)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮軒弘実、中村萌、中島美紀、岩井純夫、白石光也、宮本篤 .  冬瓜搾汁濃縮液の自然発症高血圧ラットの血圧へ及ぼす影響 .  第65回日本薬理学会西南部会(熊本大学薬学部)  第65回日本薬理学会西南部会(熊本大学薬学部)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 白石光也、半谷 誠、佐々木眞敬、宮本 篤 .  MARCKS 発現量・リン酸化にメチル銀がおよぼす影響と細胞毒性との関連 .  第65回日本薬理学会西南部会(熊本大学薬学部)  第65回日本薬理学会西南部会(熊本大学薬学部)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 白石光也,半谷誠,佐々木眞敬,宮本篤 .  メチル水銀によるMARCKSリン酸化機序と毒性発現との関連 .  第154回日本獣医学会学術集会(岩手大学)  第154回日本獣医学会学術集会(岩手大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • Islam Md. Zahorul,Nishimura Miharu,Kawaguchi Hiroaki,Miura Naoki,Iwanaga Tomoko,Yamazaki-Himeno Emi,Shiraishi Mitsuya,Miyoshi Noriaki,Tanimoto Akihide,Miyamoto Atsushi .  Effect of continuous intravenous infusion of angiotensin II on blood pressure and basilar arterial responsiveness to vasoactive substances in Microminipig .  第154回日本獣医学会学術集会(岩手大学)  第154回日本獣医学会学術集会(岩手大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 白石光也,田村和也,江越未奈,宮本篤 .  血小板膜コレステロール量の増加によるCa流入機構の増強 .  第5回トランスポーター研究会(ホテルJALシティ宮崎)  第5回トランスポーター研究会(ホテルJALシティ宮崎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 宮軒弘美、中村萌、中島美紀、岩井純夫、白石光也、宮本篤 .  トウガン搾汁の経口投与による自然発症高血圧ラットの血圧への影響 .  第152回日本獣医学会学術集会(大阪府立大学)  第152回日本獣医学会学術集会(大阪府立大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小島秀介,前川千香子,吉川剛,前田芳彦,宗岡篤信,福﨑好一郎,白石光也,宮本篤 .  サル大動脈内皮細胞の培養方法およびその実証と特性の検討 .  第63回日本薬理学会西南部会(かごしま県民交流センター)  第63回日本薬理学会西南部会(かごしま県民交流センター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 白石光也,田村和也,谷英佑,宮本篤 .  細胞膜コレステロールによるウサギ血小板活性化の調節 .  第63回日本薬理学会西南部会(かごしま県民交流センター)  第63回日本薬理学会西南部会(かごしま県民交流センター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 田村和也,白石光也,宮本篤 .  膜コレステロール増加による血小板ポジティブフィードバック機構への影響 .  第150回日本獣医学会学術集会(帯広畜産大学)  第150回日本獣医学会学術集会(帯広畜産大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • ジョン・キョンア,白石光也,田村和也,佐々木眞敬,宮本篤 .  ラット血小板におけるメチル水銀による血小板活性化とMARCKS発現量への影響 .  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 重国由起子,中島美紀,白石光也,山崎秀雄,衛藤威臣,岩井純夫,宮本篤 .  細胞外液Mgイオン濃度のトウガン搾汁によるNO産生作用に対する影響 .  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 白石光也,ジョン・キョンア,佐々木眞敬,宮本篤 .  MARCKSリン酸化または発現量を指標とした神経毒性スクリーニング法の基礎的検討 .  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)  第148回日本獣医学会(とりぎん文化会館)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 重國由起子,中島美紀,山崎秀雄,衛藤威臣,岩井純夫,宮本篤 .  トウガン搾汁の一酸化窒素産生作用とそれに対する細胞外液Mgイオン濃度の影響 .  第28回日本マグネシウム学会(広島大学)  第28回日本マグネシウム学会(広島大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 小尾岳士、鹿島正文、平千恵、及川伸、宮本亨、玉城政信、川本康博、宮本篤、岡達三 .  牛と畜検査における血漿Paraoxonase 1, Apolipoprotein A-1および120kDaタンパク質測定の有用性 .  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 新屋希子、石澤由希、冨田里美、松井元、宮本篤、阿久沢正夫、志垣隆通 .  フィブリン糊製剤及び同種cryoprecipitate由来フィブリン糊のイヌにおける効果及び組織反応性 .  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 谷英佑,宮本篤,白石光也 .  ウサギ血小板におけるトロンビン惹起血小板活性化への膜コレステロール除去の影響 .  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 前川千香子,吉川剛,永山伸一,戸門洋志,福崎好一郎,前田芳彦,白石光也,宮本篤 .  サル大動脈内皮細胞の培養方法の検討 .  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 宇野陽子,吉川剛,永山伸一,前田芳彦,戸門洋志,福崎好一郎,白石光也,宮本篤 .  Angiotensin II の摘出サル脳動脈および腎動脈に対する血管反応性及び関連する受容体サブタイプの検討 .  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)  第146回日本獣医学会(コンベンションセンターサミット)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 中島美紀、宮本篤、渡邉豊、山崎秀雄、衛藤威臣、岩井純夫 .  トウガン搾汁は一酸化窒素依存性の血圧低減効果を示す .  第81回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)  第81回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 白石光也、山口大輝、田辺敦弘、宮本篤、佐々木泰治 .  神経突起伸長刺激による膜脂質ラフト局在MARCKS量の変化 .  第144回日本獣医学会(酪農学園大)  第144回日本獣医学会(酪農学園大)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 渡邉豊、吉永就洋、奥野忠恒、白石光也、宮本篤 .  摘出マウス脳底動脈の種々の血管作動薬に対する反応性 .  第144回日本獣医学会(酪農学園大)  第144回日本獣医学会(酪農学園大)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 渡邉豊、吉永就洋、奥野忠恒、宮本篤 .  摘出マウス脳底動脈リング標本に対する内因性血管作動物質の効果 .  第80回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)  第80回日本薬理学会年会(名古屋国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 吉永就洋、奥野忠恒、渡邉豊、松本つかさ 、矢吹映、小尾岳士、宮本篤 .  摘出ヘビ脳動脈の生理活性物質に対する血管反応性 .  第59回日本薬理学会西南部会(那覇市)  第59回日本薬理学会西南部会(那覇市)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 上野大作 、英介、松本つかさ 、渡邉豊、矢吹映、宮本篤 .  摘出ウマ脳底動脈のbradykininに対する反応性とそれに関連する受容体の検討 .  第142回日本獣医学会(山口大学)  第142回日本獣医学会(山口大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 奥野忠恒、小尾岳士、矢吹映、宮本篤 .  摘出ニワトリ脳動脈の内因性血管作動物質に対する血管反応の検討 .  第142回日本獣医学会(山口大学)  第142回日本獣医学会(山口大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 吉永就洋、奥野忠恒、渡邉豊、松本つかさ 、矢吹映、小尾岳士、宮本篤 .  摘出ヘビ脳動脈の内因性血管作動物質に対する反応性の検討 .  第142回日本獣医学会(山口大学)  第142回日本獣医学会(山口大学)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 宮本篤、加計悟 、井上綾 、西尾晃、石黒茂 .  ブタ脳底動脈内皮細胞のAT2受容体を介したブラジキニン遊離によるアンジオテンシンII 収縮反応の修飾 .  第79回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)  第79回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 新居朋昭、宮本篤、石黒茂、原田悦守、西尾晃 .  ラクトフェリンによる培養ウシ大動脈内皮細胞の一酸化窒素産生に対する細胞外Mg2+濃度の影響 .  第25回日本マグネシウム学会  第25回日本マグネシウム学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 加計悟 、西尾晃、石黒茂、宮本篤 .  摘出ブタ脳底動脈のAngiotensinII反応へのBradykininの関与 .  第140回日本獣医学会(鹿児島)  第140回日本獣医学会(鹿児島)

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 橋口順子、宮本篤、石黒茂 .  培養ブタ脳底動脈内皮細胞より自発的に遊離する一酸化窒素とトロンボキサンA2 .  第140回日本獣医学会(鹿児島)  第140回日本獣医学会(鹿児島)

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宮本篤、橋口順子、西尾晃、石黒茂 .  培養ブタ脳底動脈での一酸化窒素およびトロンボキサンA2の相互作用 .  第78回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)  第78回日本薬理学会年会(横浜国際会議場)

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 宮城香、宮本篤、西尾晃、石黒茂 .  ブラジキニン刺激により培養ブタ脳底動脈内皮細胞から遊離するNO産生量 .  第138回日本獣医学会(北大)  第138回日本獣医学会(北大)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 永野弘樹、林田健一郎、竹内崇、宮本篤、原田悦守 .  ミルク由来ラクトフェリンによる血圧低下作用 .  第138回日本獣医学会(北大)  第138回日本獣医学会(北大)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 宮本篤、和田涼子、西尾晃、石黒茂 .  ブタ脳底動脈平滑筋および内皮細胞でのアンジオテンシンIIの役割 .  第137回日本獣医学会 (日大)  第137回日本獣医学会 (日大)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Wada, R., Nishio, A. and Ishiguro, S. .  Characterization of angiotensin receptors in isolated porcine basilar artery by functional and radioligand binding studies .  第77回日本薬理学会年会  第77回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Nishio, A., Yamasaki, Y., Takagi, T., Moriki, H., Miyamoto, A. and Ishiguro, S. .  Enhancement of endotoxin-induced vascular hyporeactivity to phenylephrine in Mg-deficient rat thracic aorta ex vivo. .  第76回日本薬理学会年会  第76回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 宮本篤,西木戸優子,和田涼子,石黒茂,西尾晃 .  摘出ブタ脳底動脈のアンジオテンシンIIにによる血管反応性へのチロシンキナーゼの関与 .  第135回日本獣医学会  第135回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Nishikido, Y., Wada, R., Ishiguro, S. and Nishio, A. .  Role of trrosine kinase in angiotensin II-induced response via AT1 and AT2 receptors in isolated porcine basilar artery .  第76回日本薬理学会年会  第76回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 山崎裕美,宮本篤,石黒茂,西尾晃 .  Endotoxin投与による血管反応性の低下のMg欠乏ラットでの増強 .  第133回日本獣医学会  第133回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 宮本篤,和田涼子,石黒茂,西尾晃 .  アンジオテンシンIおよびIIに対する摘出ブタ脳底動脈の反応性とアンジオテンシン受容体サブタイプ .  第133回日本獣医学会  第133回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 西尾晃,笑喜東洋一,大野弘美,宮本篤,石黒茂 .  LPS刺激による肺胞マクロファージからのIL-1βとTNF-αの遊離の低Mg2+培養液中での増強とそれに及ぼす種々の阻害薬の効果 .  第133回日本獣医学会  第133回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:専修大  

    国内学会

  • 大野弘美,中川麻恵,宮本篤,石黒茂,西尾晃 .  ラット肺胞マクロファージのIL-1β mRNAレベルに及ぼす低Mg濃度に及ぼす影響 .  第132回日本獣医学会  第132回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 横山竜也,宮本篤,石黒茂,西尾晃 .  ラット肺胞マクロファージのNO産生に及ぼす低Mg濃度に及ぼす影響 .  第132回日本獣医学会  第132回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 宮本篤,村田伸,石黒茂,西尾晃 .  ブタ脳底動脈のブラジキニン2相性反応に及ぼすACEおよびNEP阻害剤の影響 .  第131回日本獣医学会  第131回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Murata. S., Ishiguro, S. and Nishio, A. .  Effect of captopril and thiorphan on bradykinin-induced biphasic response in isolated porcine basilar artery .  第74回日本薬理学会年会  第74回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 宮本篤 .  シンポジウム:若手が考える獣医薬理学の未来:各種家畜の摘出血管による情報伝達機序の解明 .  第129回日本獣医学会  第129回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくば市  

    国内学会

  • 中川麻恵,池隆雄,宮本篤,石黒茂,西尾晃 .  低Mg血症時の血漿中Hp増加機序 .  第52回日本薬理学会西南部会  第52回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宮本篤,村田伸,石黒茂,西尾晃 .  ブタ脳底動脈のブラジキニン2相性反応に及ぼすACEおよびNEP阻害剤の影響 .  第52回日本薬理学会西南部会  第52回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 宮本篤,村田伸,石黒茂,西尾晃 .  摘出ブタ脳底動脈のブラジキニンによる2相性反応へのACEおよびNEPの影響 .  第128回日本獣医学会  第128回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Nishio, A., Tokushima, T., Miyamoto, A. and Ishiguro, S. .  Phagocytosis of alveolar macrophages requires extracellular ionic magnesium and is inhibited by vanadate .  第72回日本薬理学会年会  第72回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • Ishiguro, S., Kawase, J., Miyamoto, A. and Nishio, A. .  Endothelin receptors mediating contraction of isolated bovine coronary artery .  第72回日本薬理学会年会  第72回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 宮本篤,松山とも子,石黒茂,西尾晃 .  カプトプリルにより増強されるブラジキニン弛緩反応へのG-蛋白質の関与 .  第51回日本薬理学会西南部会  第51回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 川瀬遵,宮本篤,石黒茂,西尾晃 .  摘出ウシ冠状動脈のET-1に対する反応 .  第126回日本獣医学会  第126回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:江別市  

    国内学会

  • 西尾晃,上田敦士,徳島崇弘,宮本篤,石黒茂 .  ラット肺胞マクロファージ貪食能の培養液中マグネシウムによる調節 .  第126回日本獣医学会  第126回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:江別市  

    国内学会

  • 宮本篤,西尾晃 .  摘出ブタ脳底動脈のBK2受容体を介した内皮依存性弛緩および収縮反応 .  第125回日本獣医学会  第125回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:宇都宮市  

    国内学会

  • Miyamoto, A. and Nishio, A. .  Endothelium-dependent relaxations and contractions mediated via activation of BK2 receptors in isolated porcine basilar artery .  第71回日本薬理学会年会  第71回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 宮本篤,Ulrich Laufs, Cecilio Pardo, James K. Liao .  ブラジキニン受容体に共役したG-蛋白のNOによる修飾 .  第50回日本薬理学会西南部会  第50回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:久留米  

    国内学会

  • 宮本篤,Ulrich Laufs, James K. Liao .  ブラジキニン受容体に共役したG-蛋白のNOによる修飾 .  第124回日本獣医学会  第124回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 石黒茂,藤本祐佳,宮本篤,西尾晃 .  各種動物の血液中のイオン化マグネシウム値 .  第124回日本獣医学会  第124回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 西尾晃,中村泰,石黒茂,宮本篤 .  摘出ウシ冠状動脈のbradykininによる内皮依存性弛緩のphosphoramidonによる増強 .  第123回日本獣医学会  第123回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:藤沢市  

    国内学会

  • 中村泰,宮本篤,西尾晃 .  低濃度ブラジキニンによる摘出ウシ冠状動脈の内皮依存性弛緩 .  第121回日本獣医学会  第121回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮本篤,中元哲也,西尾晃 .  摘出ブタ脳底動脈の血管緊張性に対する内因性アラキドン酸代謝産物の関与について .  第120回日本獣医学会  第120回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • Obi, T., Miyamoto, A., Kawagoe, K. and Nishio, A. .  Bradykinin-induced endothelium-dependent biphasic relaxation of bovine coronary artery in vitro .  第68回日本薬理学会年会  第68回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 神田純子,宮本篤,西尾晃 .  Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋細胞内遊離 Ca および Mg イオン濃度 .  第14回日本マグネシウム研究会  第14回日本マグネシウム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮本篤,迫田豊秋,西尾晃 .  機能的および放射性リガンド結合実験からみた摘出ブタ脳底動脈の5-HT受容体の特性 .  第117回日本獣医学会  第117回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Sakota, T. and Nishio, A. .  Characterization of 5-HT receptors in pig basilar artery from functional and radioligand binding studies. .  第67回日本薬理学会年会  第67回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 宮本篤,松野下高広,西尾晃 .  Mg欠乏ラット摘出胸大動脈平滑筋細胞内Caイオン動態 .  第13回日本マグネシウム研究会  第13回日本マグネシウム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    国内学会

  • 宮本篤,西尾晃,新納時英 .  放射性リガンド結合実験からみたブタ脳底動脈のヒスタミン受容体の特性 .  第115回日本獣医学会  第115回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A. and Nishio, A. .  Characterization of histamine receptors in pig basilar artery from radioligand binding study .  第66回日本薬理学会  第66回日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 西尾晃,坂口英明,安田宣紘,宮本篤,小尾岳士,寺井寛郎,石黒茂,橋口稔,荒川順一 .  低Mgおよび低K血症を示した雌ウシの心臓と冠動脈の電解質含量と冠動脈の反応性 .  第12回日本マグネシウム研究会  第12回日本マグネシウム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福島  

    国内学会

  • 宮本篤,伊藤憲,西尾晃,新納時英 .  摘出ブタ脳底動脈のnorepinephrineによる弛緩反応に関与するβ受容体サブタイプ .  第113回日本獣医学会  第113回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Ito, K. and Nishio, A. .  Characterization of β-adrenoceptors in pig basilar artery from functional and radioligand binding studies .  第65回日本薬理学会  第65回日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1992年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 宮本篤,西尾晃,新納時英 .  摘出ブタ脳底動脈のヒスタミン受容体 .  第111回日本獣医学会  第111回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A. and Nishio, A. .  Participation of H1- and H2-receptors in histamine-induced contraction and relaxation of pig basilar arteries in vitro. .  第64回日本薬理学会  第64回日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1991年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 宮本篤,西尾晃,新納時英 .  ウシ、ブタ、ウマ摘出脳底動脈のヒスタミン反応に対する内皮除去の影響 .  第109回日本獣医学会  第109回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Miyamoto, A., Matsumoto, M. and Nishio, A. .  Vascular reactivity to histamine in basilar arteries isolated from cattle, horses and pigs .  第63回日本薬理学会  第63回日本薬理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1990年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮本篤,小尾岳士,西尾晃 .  ヒスタミン、セロトニン、ノルエピネフリンのウシ、ブタおよびウマ摘出脳底動脈に対する作用 .  第42回日本薬理学会西南部会  第42回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小尾岳士,宮本篤,西尾晃 .  ブタ、ウマおよびウシから摘出した冠状動脈のhistamineによる収縮反応の比較 .  第42回日本薬理学会西南部会  第42回日本薬理学会西南部会

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 宮本篤,石堂義克,稲田七郎 .  犬における尺骨神経の感覚神経伝導速度に関する研究 .  第97回日本獣医学会  第97回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1984年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 石堂義克,宮本篤,稲田七郎 .  犬の脛骨神経電気刺激時にみられる2次筋応答の起源に関する筋電図学的研究 .  第97回日本獣医学会  第97回日本獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1984年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

▼全件表示

知的財産権

  • 血小板製剤保存装置および血小板製剤の保存方法

    本馬敦子,落合俊昌,宮本篤,白石光也,丸山征郎

     詳細を見る

    出願人:三菱重工業株式会社,国立大学法人 鹿児島大学

    出願番号:特願2014-12598  出願日:2014年1月

    公開番号:特開2015-139487  公開日:2015年8月

    出願国:国内  

    血小板製剤を3次元で回転させながら保存し、血小板製剤を保存する際の攪拌運動を最小限に抑制することで、血小板の数を維持すると共に血小板の凝集を抑制しながら保存することができるため、血小板製剤の品質を維持しつつ血小板製剤の保存期間の延長に寄与することができる。この結果、品質の高い血小板製剤を提供することに寄与することが可能である。

共同研究・競争的資金等の研究

  • ミネラル成分を多く含む硬水に対する住民認識と24時間尿のMg測定値との関係

    2016年4月 - 2017年3月

    文部科学省  特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

担当経験のある授業科目

  • 獣医薬理学

    2003年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 毒性学

    2004年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 薬理毒性学実習

    1989年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 専攻演習(動物生命科学専修)

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 大学と地域

    2014年4月
    -
    2020年3月
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 獣医学概論

    2008年4月
    -
    2020年3月
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2018年12月   ミャンマー連邦共和国・獣医科学大学と大学間学術交流協定

 

社会貢献活動

  • 第2回鹿児島大学かごしまCOCセンター平成27年度地域志向教育研究経費 教育研究成果報告会

    役割:講師, 情報提供

    鹿児島大学かごしまCOCセンター  鹿児島大学農学部・共同獣医学部共通棟101号教室  2016年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    種別:講演会

    「ミネラル成分の高い飲料水が島嶼地域で長寿と健康に貢献している直接的証明」について鹿児島大学農学部・共同獣医学部共通棟101号教室で報告を行った。

  • 鹿児島大学かごしまCOCセンター平成27年度地域志向教育研究経費 教育研究成果報告会

    役割:講師, 情報提供

    鹿児島大学かごしまCOCセンター  与論町中央公民館  2016年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    種別:講演会

    「ミネラル成分の高い飲料水が島嶼地域で長寿と健康に貢献している直接的証明」について与論町中央公民館で報告、その後情報交換を行った。

  • ベトナム国家農業大学(旧:ハノイ農業大学)との親善交流(3)

    役割:講師

    ベトナム国家農業大学(旧:ハノイ農業大学)  2016年2月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    鹿児島大学共同獣医学部の紹介を行い、親善交流を深めた。

  • 第39回 伊仙町産業 伊仙町産業 ・食の文化祭 記念講演会

    役割:講師

    伊仙町  徳之島交流ひろば ほーらい館 癒てぃなホール  2015年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

    「健康長寿の”蓬莱島”をつくる」について武庫川女子大学・国際健康開発所の家森幸男所長と共同で徳之島交流ひろば「ほーらい館」(癒てぃなホール)にて講演した。

  • 鹿児島大学かごしまCOCセンター平成26年度地域志向教育研究経費 教育研究成果報告会

    役割:講師

    鹿児島大学かごしまCOCセンター  薩摩川内市役所 本庁 南別館5階501  2015年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    「奄美島嶼の長寿の理由を島の水および特産物に含まれるミネラル成分より検討する」について薩摩川内市役所(本庁南別館5階501)にて報告した。

  • 鹿児島大学COC事業 島嶼シンポジウムin与論

    役割:パネリスト, 講師

    鹿児島大学かごしまCOCセンター  与論町中央公民館  2015年2月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    「飲料水のミネラル成分からみた長寿の要因」について報告、その後、町民の方々とパネルディスカッションを行った。

  • ハノイ農業大学との親善交流(2)

    役割:講師

    ハノイ農業大学  2013年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    藤田秋一教授(分子病態学)および田仲哲也准教授(感染症学)とで鹿児島大学共同獣医学部および研究紹介を行い、親善交流を深めた。

  • タイグエン農林業大学との親善交流

    役割:講師

    2013年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    藤田秋一教授(分子病態学)および田仲哲也准教授(感染症学)と鹿児島大学共同獣医学部および研究紹介を行い、親善交流を深めた。

  • 青少年のための科学の祭典「心臓の音を聴き、マダニを覗いてみよう」

    役割:パネリスト, 講師, 情報提供, 実演

    鹿児島市立博物館  鹿児島市立博物館  2013年7月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:フェスティバル

  • 獣医学生サミット2012 in 岩手

    役割:講師

    日本獣医学生協会(JAVS)  岩手大学  2012年9月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    宇宙創薬 ―新しい創薬ターゲット―

  • インドシナ地域における拠点・支援大学の教育実態調査と相互交流(ハノイ農業大学にて親善交流)

    役割:出演, パネリスト, 講師

    山口大学大学院連合獣医学研究科  ハノイ農業大学  2010年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    ハノイ農業大学において会議を開催し、各大学から学部長および担当者1 名(計2 名)が会議に参加した。まず、田浦研究科長が本プログラム
    の趣旨説明をした後、各大学からそれぞれ行われている獣医学教育について発表、さらに今後のラオスおよびベトナムでの獣医学教育についての活発な議論を行った。その結果、ハノイ農業大学を拠点校とし、その他プラットフォーム参加大学から教育支援を得られることを確認した。さらに、会議終了後、拠点大学での教育シンポジウム開催と学生・教員との交流を行った(資料参照)。教員・獣医学部5 年生が参加し、日本からは代議委員3 名(山本、宮本、山口)および副研究科長(音井)の4 名が各大学の教育および大学・大学院の紹介を行ったほか、日本への留学方法を含む事務的な手続きについても交流会(パネルデイスカッション)において学務係長(田中)が説明した。本交流会では、学生から多数の質問があったが、学生の目の輝きに将来のベトナム獣医学教育の可能性を感じた(参加人数約300名)。

  • 雇用創造促進事業研修

    役割:講師

    徳之島伊仙町  伊仙町ほーらい館  2009年9月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    日本有機・川崎会長および侯徳興教授(農学部食品分子機能)と共に徳之島伊仙町ほーらい館を訪問し、「トウガンの機能性とその魅力と商品化」につてにて講演した。

  • ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI~動物の種差と進化を心臓・血管・血液からさぐる

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 実演

    独立行政法人日本学術振興会  2008年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:サイエンスカフェ

  • 第二金曜日の会

    役割:講師

    鹿児島市薬局薬剤師  2008年1月

     詳細を見る

    「動物の種差の話」について鹿児島市薬剤師の方々へ講演

  • どこが違う?アメリカの大学

    役割:講師, 情報提供

    (財)鹿児島県国際交流協会  第3回かごしま国際理解講座  1999年6月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

▼全件表示

メディア報道