2021/05/12 更新

写真a

オオワキ テツヒロ
大脇 哲洋
OWAKI Tetsuhiro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター 教授
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 国際島嶼医療学講座(プロジェクト講座)教授
医歯学域附属病院 附属病院 管理施設 地域医療支援センター所長
職名
教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
地域医療の支援、地域医療学分野の教育・研究、乳癌の手術治療/集学的治療の実施・研究・教育、医学生に対する医学教育、総合診療の診療・研究・教育、以上を行っている。
外部リンク

学位

  • 医学博士 ( 2001年2月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • Sentinel lymph node

  • Esophageal cancer

  • Breast cancer

  • medical care in remote iland

  • 食道外科学

  • 離島へき地医療

  • 消化器

  • 家庭医療

  • 外科

  • 地域医療

  • 医療過誤

  • 医療事故

  • 乳腺外科

  • プライマリーケア

  • フリーラジカル

  • インシデント

  • Surgery

  • Gastrointestine

  • Free Radical

  • Esophagus

  • Breast Cancer

研究分野

  • 人文・社会 / 地域研究

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

  • ライフサイエンス / 救急医学

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

学歴

  • 鹿児島大学

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   医学部

    - 1989年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    - 1989年

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 国際島嶼医療学講座(プロジェクト講座) 地域医療学分野   教授

    2013年6月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 管理施設 地域医療支援センター   所長

    2013年5月 - 現在

  • 鹿児島大学   地域医療学分野   教授

    2013年1月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 病院再開発推進室 鹿児島大学病院 施設拡充整備計画推進室   助手

    2005年4月 - 2007年9月

  • Research Fellow

  • research fellow

▼全件表示

所属学協会

  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

    2018年6月 - 現在

  • 日本医学教育学会

    2010年3月 - 現在

  • 日本プライマリ・ケア連合学会

    2008年6月 - 現在

  • 日本癌治療学会

    2004年3月 - 現在

  • 日本食道学会

    2003年1月 - 現在

  • 日本臨床栄養代謝学会

    2001年10月 - 現在

  • 日本乳癌検診学会

    2001年6月 - 現在

  • 日本外科感染症学会

    2000年5月 - 現在

  • 日本乳癌学会

    2000年5月 - 現在

  • 日本消化器外科学会

    1993年2月 - 現在

  • 日本消化器内視鏡学会

    1992年10月 - 現在

  • 日本外科学会

    1989年6月 - 現在

  • 日本臨床外科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本外科感染症学会

  • 日本プライマリーケア連合学会

  • The Japanese Society of Gastroenterological Surgery

  • The Japanese Breast Cancer Society

  • Japan Surgical Society

  • Japan Surgical Association

  • Japan Gastroenterological Endoscopy Society

▼全件表示

委員歴

  • 日本外科感染症学会   ICD  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本外科感染症学会

  • 日本食道学会   評議員、食道科認定医  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本食道学会

  • 日本プライマリーケア連合学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本プライマリーケア連合学会

  • 日本乳癌検診学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本乳癌検診学会

  • 日本静脈経腸栄養学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本静脈経腸栄養学会

  • 日本外科学会   指導医、専門医  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本外科学会

  • 日本消化器外科学会   指導医、専門医  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本消化器外科学会

  • 日本消化器内視鏡学会   専門医  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本消化器内視鏡学会

  • 日本乳癌学会   乳腺専門医、評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本乳癌学会
    現職

  • 日本癌治療学会   がん治療認定医  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    日本癌治療学会

▼全件表示

留学歴

  • 1995年7月 - 1997年6月   ジョンズ・ホプキンス大学医学部   ::

取得資格

  • 医学教育専門家

  • 指導医

  • 認定医

  • 指導医

  • 認定医

  • 専門医

  • 指導医

  • 認定医

  • 認定医

  • 認定医

  • 専門医

  • 専門医

  • 専門医

  • 指導医

  • 専門医

  • インフェクションコントロールドクター

  • 医師

▼全件表示

 

論文

  • 大脇哲洋,網谷真理恵. .  漢方医学教育の開発,ケーススタディー 改善に向け教育法評価手法の構築を目指す.漢方特集 .  日経メディカル   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Mizuma M, Kawazu S, Sloan RA, Ibusuki R, Takezaki T, Owaki T. .  Clarifying differences in viewpoints between multiple healthcare professionals during discharge planning assessments when discharging patients from a long-term care hospital to home .  Evaluation and Program Planning82   101848   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Evaluation and Program Planning  

    DOI: 10.1016/j.evalprogplan.2020.101848

    Scopus

    PubMed

  • 3. Shinden Y, Nagata A, Nomoto Y, Saho H, Nakajo A, Minami K, Owaki T, Ohtsuka T, Kijima Y. .  Surgical resection with pedicled rotation flap for post-mastectomy locoregional breast cancer recurrence .  Anticancer Research40 ( 10 ) 5739 - 5742   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14589

    Scopus

    PubMed

  • Shinden Y, Saho H, Nomoto Y, Nagata A, Minami K, Nakajo A, Akahane T, Hiraki T, Tanimoto A, Owaki T, Kijima Y, Natsugoe S .  Breast cancer with an intraductal component that was proven genetically to be metastasis of contralateral breast cancer: a case report. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 215   2020年8月

     詳細を見る

  • 大脇哲洋 .  「地域医療構想」これまでの経緯と進展への期待-鹿児島保険医療圏- .  鹿児島県医師会報 ( 828 ) 3 - 5   2020年6月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  • Matsumoto M, Kashima S, Owaki T, Iguchi S, Inoue K, Tazuma S, Maeda T. .  Geographic Distribution of Regional Quota Program Graduates of Japanese Medical Schools: A Nationwide Cohort Study .  Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges94 ( 8 ) 1244 - 1252   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Academic medicine : journal of the Association of American Medical Colleges  

    DOI: 10.1097/ACM.0000000000002688

    Scopus

    PubMed

  • 1. Yoshida S, Matsumoto M, Kashima S, Owaki T, Iguchi S, Inoue K, Tazuma S, Maeda T. .  Emigration of regional quota graduates of Japanese medical schools to non-designated prefectures: A prospective nationwide cohort study .  BMJ Open9 ( 7 ) e029335   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMJ Open  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2019-029335

    Scopus

    PubMed

  • 大脇哲洋 .  鹿児島大学病院栄養サポートチーム(NST)の現状と問題点. .  鹿児島大学医学部医師会報 ( 39 ) 65 - 67   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 大脇哲洋 .  修学資金貸与医学生制度の現状 .  鹿児島県医師会報 ( 808 ) 9 - 11   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Arigami T, Uchikado Y, Omoto I, Sasaki K, Kita Y, Owaki T, Yanagita S, Mori S, Kurahara H, Okumura H, Maemura K, Natsugoe S. .  Primary tumor score based on tumor depth and length predicts prognosis in esophageal squamous cell carcinoma .  Anticancer Research38 ( 9 ) 5447 - 5452   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.12876

    Scopus

    PubMed

  • Higo N. .  Expression of SOX9 is related to prognosis in patients with oesophageal squamous cell carcinoma .  In Vivo32 ( 4 ) 835 - 838   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:In Vivo  

    DOI: 10.21873/invivo.11316

    Scopus

    PubMed

  • Noda M, Okumura H, Uchikado Y, Omoto I, Sasaki K, Kita Y, Mori S, Owaki T, Arigami T, Uenosono Y, Nakajo A, Kijima Y, Ishigami S, Maemura K, Natsugoe S. .  Correlation Between Biomarker Candidate Proteins with the Effect of Neoadjuvant Chemoradiation Therapy on Esophageal Squamous Cell Carcinoma .  Annals of Surgical Oncology25 ( 2 ) 449 - 455   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Surgical Oncology  

    DOI: 10.1245/s10434-017-6271-y

    Scopus

    PubMed

  • 5. Matsumoto M, Takeuchi K, Owaki T, Iguchi S, Inoue K, Kashima S, Tazuma S, Maeda T. .  Results of physician licence examination and scholarship contract compliance by the graduates of regional quotas in Japanese medical schools: A nationwide cross-sectional survey .  BMJ Open7 ( 12 ) e019418   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMJ Open  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2017-019418

    Scopus

    PubMed

  • 大脇哲洋 .  地域医療の教育フィールドの確立を目指して .  鹿児島市医師会報 ( 798 ) 57 - 58   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Kairupan Tara Sefanya, Ibusuki Rie, Kheradmand Motahare, Sagara Yasuko, Mantjoro Eva Mariane, Nindita Yora, Niimura Hideshi, Kuwabara Kazuyo, Ogawa Shin, Tsumematsu-Nakahata Noriko, Nerome Yasuhito, Owaki Tetsuhiro, Matsushita Toshifumi, Maenohara Shigeho, Yamaguchi Kazunari, Takezaki Toshiro .  日本人における全死亡率、癌発生率、アテローム性動脈硬化症関連疾患発生率に対する炎症関連遺伝子多型とHTLV-I感染の相互作用(Interactions between inflammatory gene polymorphisms and HTLV-I infection for total death, incidence of cancer, and atherosclerosis-related diseases among the Japanese population) .  Journal of Epidemiology27 ( 9-10 ) 420 - 427   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疫学会  

    ヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)陽性者436名と年齢、性別、居住地域を一致させた陰性者1744名を最長10年間追跡調査し、TNF-α、IL-10、NF-κB1の多型とHTLV-I感染の相互作用を解析した。評価項目は全死亡率、ならびに癌およびアテローム性動脈硬化症関連疾患の発生率である。調査対象集団のHTLV-I陽性者率は6.4%であった。アテローム性動脈硬化症関連疾患の発生率に関して、TNF-α1031T/C多型とHTLV-Iの有意な相互作用が認められた(p=0.020)。IL-10 819T/C多型およびNF-κB1 94ATTG ins/del多型は、いずれの評価項目においてもHTLV-Iとの相互作用を示さなかった。奄美諸島のHTLV-I陽性者は、同地域の陰性者と比較して、全死亡のリスクが有意に高かった(調整後ハザード比3.03、95%信頼区間1.18〜7.77)。

  • 大脇哲洋 .  地域医療の現状 ~医師は多いのに。なぜ医師不足と言われるのか?~ .  東京都医師会雑誌70 ( 8 )   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 片岡 義裕, 前野 哲博, 阿波谷 敏英, 井口 清太郎, 井上 和男, 大脇 哲洋, 岡山 雅信, 梶井 英治, 竹内 啓祐, 谷 憲治, 長谷川 仁志, 前田 隆浩, 村上 啓雄, 山本 和利, 三瀬 順一, 神田 健史 .  地域医療教育に関する医学部全国調査 第2報 .  医学教育48 ( 3 ) 143 - 146   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

    背景:各大学で地域医療教育が導入されているが、全国的な現状は明らかになっていない。今回、平成23年の第1回調査に引き続き、全国医学部の地域医療教育に関する第2回調査を行った。方法:独自に作成した調査票を各大学に配布し、平成26年4月時点での地域医療教育の状況を尋ねた。結果:80大学から回答を得た。地域医療教育に関するプログラムは、第1回調査では73大学で、今回は78大学にあった。地域医療実習は77大学で実施していた。考察:第1回調査の時点よりも多くの大学で地域医療教育に関するプログラムが導入されていた。地域医療実習の詳細な内容や実施体制については、今後さらに調査が必要と考えられた。(著者抄録)

  • 大脇哲洋 .  地域医療の現状 ~医師は多いのに。なぜ医師不足と言われるのか?~ .  鹿児島県医師会報 ( 792 )   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • 2. Kijima T, Arigami T, Uchikado Y, Uenosono Y, Kita Y, Owaki T, Mori S, Kurahara H, Kijima Y, Okumura H, Maemura K, Ishigami S, Natsugoe S. .  Combined fibrinogen and neutrophil-lymphocyte ratio as a prognostic marker of advanced esophageal squamous cell carcinoma .  Cancer Science108 ( 2 ) 193 - 199   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13127

    Scopus

    PubMed

  • 2. Kijima T, Arigami T, Uchikado Y, Uenosono Y, Kita Y, Owaki T, Mori S, Kurahara H, Kijima Y, Okumura H, Maemura K, Ishigami S, Natsugoe S. .  As a Novel Prognostic Marker, Cysteine/histidine-rich 1 (CYHR1) is a Therapeutic Target in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma .  Annals of Surgical Oncology24 ( 2 ) 586 - 593   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Surgical Oncology  

    DOI: 10.1245/s10434-015-5031-0

    Scopus

    PubMed

  • Kijima Takashi, Arigami Takaaki, Uchikado Yasuto, Uenosono Yoshikazu, Kita Yoshiaki, Owaki Tetsuhiro, Mori Shinichiro, Kurahara Hiroshi, Kijima Yuko, Okumura Hiroshi, Maemura Kosei, Ishigami Sumiya, Natsugoe Shoji .  進行性食道扁平上皮癌の予後マーカーとしてのフィブリノーゲンと好中球-リンパ球比の併用(Combined fibrinogen and neutrophil-lymphocyte ratio as a prognostic marker of advanced esophageal squamous cell carcinoma) .  Cancer Science108 ( 2 ) 193 - 199   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    進行性食道扁平上皮癌(ESCC)患者における治療前の血漿フィブリノーゲンおよび好中球-リンパ球比(NLR)を併用したF-NLRスコアが、腫瘍応答および予後予測因子として有用か検討した。化学放射線療法あるいは化学療法を受けた進行性ESCC患者98例(男性86例、女性12例、年齢46〜88歳、平均年齢64.9歳)を後向きに調べ、患者をF-NLRスコアに基づいて3群に分け調査した。その結果、進行性疾患(PD)群のF-NLRスコアは、非PD群に比べ有意に高値で、F-NLRスコア2患者の全生存率は、F-NLRスコアが0もしくは1の患者に比べ、低いことが示された。また、多変量解析の結果においては、F-NLRスコアが、独立した予後因子の1つとなることが示唆された。以上の結果から、F-NLRスコアは、進行性ESCC患者の治療効果および予後予測マーカーとして有用性が高いことが立証された。

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,網谷真理恵,嶽﨑俊郎. .  【呼吸器在宅医療のサイエンス】離島へき地における遠隔医療の現状と展望 .  THE LUNG perspective25 ( 1 ) 56 - 59   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • Amitani M, Amitani H, Cheng KC, Kairupan TS, Sameshima N, Shimoshikiryo I, Mizuma K, Rokot NT, Nerome Y, Owaki T, Asakawa A, Inui A .  The Role of Ghrelin and Ghrelin Signaling in Aging. .  Int J Mol Sci.18 ( 7 ) 1511   2017年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms18071511

    Scopus

    PubMed

  • Kairupan Tara Sefanya, Tsumematsu-Nakahata Noriko, Nerome Yasuhito, Owaki Tetsuhiro, Matsushita Toshifumi, Maenohara Shigeho, Yamaguchi Kazunari, Takezaki Toshiro, Ibusuki Rie, Kheradmand Motahare, Sagara Yasuko, Mantjoro Eva Mariane, Nindita Yora, Niimura Hideshi, Kuwabara Kazuyo, Ogawa Shin .  Interactions between inflammatory gene polymorphisms and HTLV-I infection for total death, incidence of cancer, and atherosclerosis-related diseases among the Japanese population .  Journal of Epidemiology27 ( 9 ) 420 - 427   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疫学会  

    <p><i>Background:</i> An increased risk of total death owing to human T-lymphotropic virus type-I (HTLV-I) infection has been reported. However, its etiology and protective factors are unclear. Various studies reported fluctuations in immune-inflammatory status among HTLV-I carriers. We conducted a matched cohort study among the general population in an HTLV-I-endemic region of Japan to investigate the interaction between inflammatory gene polymorphisms and HTLV-I infection for total death, incidence of cancer, and atherosclerosis-related diseases.</p><p><i>Method:</i> We selected 2180 sub-cohort subjects aged 35–69 years from the cohort population, after matching for age, sex, and region with HTLV-I seropositives. They were followed up for a maximum of 10 years. Inflammatory gene polymorphisms were selected from <i>TNF-</i>α, <i>IL-10,</i> and <i>NF-</i>κ<i>B1</i>. A Cox proportional hazard model was used to estimate the hazard ratio (HR) and the interaction between gene polymorphisms and HTLV-I for risk of total death and incidence of cancer and atherosclerosis-related diseases.</p><p><i>Results:</i> HTLV-I seropositivity rate was 6.4% in the cohort population. The interaction between <i>TNF</i>-α 1031T/C and HTLV-I for atherosclerosis-related disease incidence was statistically significant (<i>p</i> = 0.020). No significant interaction was observed between <i>IL-10</i> 819T/C or <i>NF-</i>κ<i>B1</i> 94ATTG ins/del and HTLV-I. An increased HR for total death was observed in the Amami island region, after adjustment of various factors with gene polymorphisms (HR 3.03; 95% confidence interval, 1.18–7.77).</p><p><i>Conclusion:</i> The present study found the interaction between <i>TNF</i>-α 1031T/C and HTLV-I to be a risk factor for atherosclerosis-related disease. Further follow-up is warranted to investigate protective factors against developing diseases among susceptible HTLV-I carriers.</p>

    DOI: 10.1016/j.je.2016.08.017

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • 1. Sasaki K, Uchikado Y, Okumura H, Omoto I, Kita Y, Arigami T, Uenosono Y, Owaki T, Maemura K, Natsugoe S. .  Role of <sup>18</sup>F-FDG-PET/CT in esophageal squamous cell carcinoma after neoadjuvant chemoradiotherapy .  Anticancer Research37 ( 2 ) 859 - 864   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.11390

    Scopus

    PubMed

  • Mantjoro EM, Toyota K, Kanouchi H, Kheradmand M, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata N, Ogawa S, Shimatani K, Kairupan TS, Nindita Y, Ibusuki R, Nerome Y, Owaki T, Maenohara S, Takezaki T. .  Positive Association of Plasma Homocysteine Levels with Cardio-Ankle Vascular Index in a Prospective Study of Japanese Men from the General Population. .  J Atheroscler Thromb.   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 網谷真理恵,浅川明弘,網谷東方,根路銘安仁,大脇哲洋,乾明夫 .  理論から検討するプライマリ・ケア領域での心身医学の重要性 .  心身医学56   1122 - 1126   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 60. Matsumoto M, Takeuchi K, Tanaka J, Tazuma S, Inoue K, Owaki T, Iguchi S, Maeda T. .  Follow-up study of the regional quota system of Japanese medical schools and prefecture scholarship programmes: a study protocol. .  BMJ Open6 ( 4 ) e11165   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2016-011165

  • Okumura H, Uchikado Y, Omoto I, Motomura M, Kita Y, Sasaki K, Noda M, Arigami T, Uenosono Y, Baba K, Mori S, Kijima Y, Nakajo A, Kurahara H, Maemura K, Sakoda M, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  Ferredoxin Reductase Is Useful for Predicting the Effect of Chemoradiation Therapy on Esophageal Squamous Cell Carcinoma. .  Anticancer Res.35 ( 12 ) 6471 - 6474   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 鶴田 祐介, 奥村 浩, 内門 泰斗, 惠 浩一, 浦田 正和, 川越 浩輔, 佐竹 霜一, 喜多 芳昭, 上之園 芳一, 有上 貴明, 盛 真一郎, 馬場 研二, 石神 純也, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  S-1+CDDP併用化学放射線療法が有効であった統合失調症合併進行食道癌の1例. .  癌と化学療法42 ( 12 ) 1923 - 1925   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1. Owaki T, Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Okumura H, Ishigami S, Nerome Y, Takezaki T, Natsugoe S. .  Present status of endoscopic mastectomy for breast cancer. .  World J Clin Oncol.6 ( 3 ) 25 - 29   2015年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   記述言語:英語  

  • Okumura H, Uchikado Y, Omoto I, Kita Y, Sasaki K, Arigami T, Uenosono Y, Matsushita D, Hiraki Y, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  The usefulness of neoadjuvant chemoradiation therapy for locally advanced esophageal cancer with multiple lymph-node metastases. .  Annals og Surgical Oncology21 ( 9 ) 2845 - 2849   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nerome Y, Kojyo K, Ninomiya Y, Ishikawa T, Ogiso A, Takei S, Kawano Y, Douchi T, Takezaki T, Owaki T. .  Current human T-cell lymphotropic virus type 1 mother-to-child transmission prevention status in Kagoshima. .  Pediatrics international56 ( 4 ) 640 - 643   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakurai T, Okumura H, Matsumoto M, Uchikado Y, Owaki T, Kita Y, Setoyama T, Omoto I, Kijima Y, Ishigami S, Natsugoe S. .  Endoglin (CD105) is a useful marker for evaluating microvessel density and predicting prognosis in esophageal squamous cell carcinoma. .  Anticancer Research34 ( 7 ) 3431 - 3438   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Omoto I, Matsumoto M, Uchikado Y, Kita Y, Sakurai T, Sasaki K, Setoyama T, Okumura H, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  Immunohistochemical evidence of association between ghrelin expression and tumor growth in esophageal carcinoma. .  Anticancer Research34 ( 6 ) 2727 - 2733   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Omoto I, Matsumoto M, Okumura H, Uchikado Y, Setoyama T, Kita Y, Owaki T, Kijima Y, Shinchi H, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Expression of vascular endothelial growth factor-C and vascular endothelial growth factor receptor-3 in esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncology Letter7 ( 4 ) 1027 - 1032   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kita Y, Nishizono Y, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Matsumoto M, Setoyama T, Tanoue K, Omoto I, Mori S, Owaki T, Ishigami S, Nakagawa H, Tanaka F, Mimori K, Mori M, Natsugoe S. .  Clinical and biological impact of cyclin-dependent kinase subunit 2 in esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncology Reports.31 ( 5 ) 1986 - 1992   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawasaki Y, Okumura H, Uchikado Y, Kita Y, Sasaki K, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  Nrf2 is Useful for Predicting the Effect of Chemoradiation Therapy on Esophageal Squamous Cell Carcinoma. .  Ann Surg Oncol   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura H, Uchikado Y, Setoyama T, Matsumoto M, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  Biomarkers for predicting the response of esophageal squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemoradiation therapy. .  Surg Today44 ( 3 ) 421 - 428   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 11. 根路銘安仁,大脇哲洋,桑原和代,新村英士,嶽﨑俊郎. .  鹿児島県における地域枠医学生のキャリア計画時の問題点. .  医学教育11 ( 6 ) 461 - 465   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakurai T, Okumura H, Matsumoto M, Uchikado Y, Setoyama T, Omoto I, Owaki T, Maemura K, Ishigami S, Natsugoe S. .  The expression of LC-3 is related to tumor suppression through angiogenesis in esophageal cancer. .  Med Oncol30 ( 4 ) 421 - 428   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 奥村 浩, 内門 泰斗, 佐々木 健, 尾本 至, 松本 正隆, 大脇 哲洋, 石神 純也, 夏越 祥次. .  消化器癌術後フォローアップ】 食道癌術後フォローアップ .  外科75 ( 10 ) 1047 - 1050   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Okumura H, Uchikado Y, Minami K, Ijichi T, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  A case of esophageal cancer with septic disseminated intravascular coagulation treated with recombinant human soluble thrombomodulin during chemoradiation therapy .  Gan To Kagaku Ryoho40 ( 9 ) 1213 - 1215   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kheradmand M, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata N, Nakamura A, Ogawa S, Mantjoro EM, Shimatani K, Nerome Y, Owaki T, Kusano K, Takezaki T. .  Association of Inflammatory Gene Polymorphisms and Conventional Risk Factors With Arterial Stiffness by Age. .  J Epidemiol   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐々木 健, 奥村 浩, 内門 泰斗, 南 幸次, 伊地知 徹也, 大脇 哲洋, 石神 純也, 夏越 祥次. .  食道癌化学放射線治療中のDICに対し組換えヒト可溶型トロンボモジュリンが奏効した1例. .  癌と化学療法40 ( 9 ) 1213 - 1215   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Okumura H, Kurahara H, Uchikado Y, Setoyama T, Kita Y, Kijima Y, Nishizono Y, Nakajo A, Owaki T, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical implications of DLL4 expression in gastric cancer. .  J Exp Clin Cancer Res32   46   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Okumura H, Uchikado Y, Owaki T, Kijima Y, Nakajo A, Maemura K, Ueno S, Hokita S, Hiraki Y, Nakajo M, Natsugoe S. .  Outcomes of advanced gastric cancer patients treated with chemoradiation therapy .  Gan To Kagaku Ryoho40 ( 6 ) 727 - 731   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 石神 純也, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 内門 泰斗, 大脇 哲洋, 喜島 祐子, 中条 哲浩, 前村 公成, 上野 真一, 帆北 修一, 平木 嘉幸, 中條 政敬, 夏越 祥次. .  進行・再発胃癌に対する化学放射線療法の治療成績 .  癌と化学療法40 ( 6 ) 727 - 731   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kita Y, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Omoto I, Matsumoto M, Setoyama T, Tanoue K, Mori S, Owaki T, Ishigami S, Ueno S, Kajiya Y, Natsugoe S. .  Clinical significance of 118F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography in superficial esophageal squamous cell carcinoma. .  Ann Surg Oncol20 ( 5 ) 1646 - 1652   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura H, Uchikado Y, Setoyama T, Matsumoto M, Owaki T, Ishigami S, Natsugoe S. .  Biomarkers for predicting the response of esophageal squamous cell carcinoma to neoadjuvant chemoradiation therapy. .  Surg Today   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiaki Kita, Hiroshi Okumura, Yasuto Uchikado, Ken Sasaski, Itaru Omoto, Masataka Matsumoto, Tetsuro Setoyama, Kiyonori Tanoue, Shinichiro Mori, Tetsuhiro Owaki, Sumiya Ishigami, Shinichi Ueno, Yoriko Kajiya, Shoji Natsugoe. .  Clinical Significance of 18F-fluorodeoxyglucose Positro Emission Tomography in Suoerficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma .  Annals of Surgical Oncology20 ( 5 ) 1646 - 1652   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tetsuhiro Owaki, Hiroshi Okumura, Yasuto Uchikado, Ken Sasaki, Masataka Matsumoto, Itaru Omoto, Tetsuro Setoyama, Yoshiaki Kita, Toshihide Sakurai, Daisuke Matsushita, Sumiya Ishigami, Shinichi Ueno, Shoji Natsugoe .  Serum Concentrations of Antibiotics During Severe Invasive Surgery Such as Esophagectomy for Esophageal Cancer .  International Surgery98   1 - 5   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 喜多芳昭, 松本正隆, 内門泰斗, 奥村浩, 大脇哲洋, 夏越祥次 .  一期的縫合閉鎖が有効であった食道穿孔の2例 .  臨床外科・医学書院67 ( 5 ) 715 - 719   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura H, Uchikado Y, Matsumoto M, Owaki T, Kita Y, Omoto I, Sasaki K, Sakurai T, Setoyama T, Nabeki B, Matsushita D, Ishigami S, Hiraki Y, Nakajo M, Natsugoe S .  Prognostic factors in esophageal squamous cell carcinoma patients treated with neoadjuvant chemoradiation therapy .  Int J Clin Oncol・Published online   18 - 18   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Owaki T, Matsumoto M, Okumura H, Uchicado Y, Kita Y, Setoyama T, Sasaki K, Sakurai T, Omoto I, Shimada M, Sakamoto F, Yoshinaka H, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Endoscopic ultrasonography is useful for monitoring the tumor response of neoadjuvant chemoradiation therapy in esophageal squamous cell carcinoma. .  American Journal of Surgery203   191 - 197   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Matsumoto M, Okumura H, Uchikado Y, Kita Y, Nishizono Y, Maemura K, Kijima Y, Nakajo A, Owaki T, Ueno S, Hokita S, Natsugoe S .  Cancerous HLA class I expression and regulatory T cell infiltration in gastric cancer .  Cancer Immunol Immunother61   1663 - 1669   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okumura H, Uchikado Y, Owaki T, Matsumoto M, Setoyama T, Kita Y, Omoto I, Sasaki K, Sakurai T, Ishigami S, Natsugoe S .  Post-Esophagectomy Chylothorax Successfully Treated with the Combination of Thoracic Duct Clipping and Ocrtreotide Administration .  Esophagus9   29 - 32   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Owaki T, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Matsumoto M, Omoto I, Setoyama T, Kita Y, Sakurai T, Matsushita D, Ishigami S, Ueno S and Natsugoe S .  Serum Concentrations of Antibiotics during Severe Invasive Surgery such as Esophagectomy for Esophageal Cancer .  Int Surg97   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松本正隆,内門泰斗,喜多芳昭,尾本 至,奥村 浩,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  知っておきたい癌取扱い規約のポイント-日本と世界の違い- 食道癌 .  外科治療103 ( 5 ) 436 - 442   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松本正隆,内門泰斗, 喜多芳昭,奥村 浩,大脇哲洋,夏越祥次 .  6.食道切除後再建術における血行再建の適応と手技 .  手術64 ( 10 ) 1387 - 1390   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,南 幸次,又木雄弘,前村公成,松本正隆,大脇哲洋,北薗正樹,石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  肝葉切除術における器械縫合器使用の実際:長期成績に基づいて .  鹿児島大学医学雑誌62 ( 2 ) 23 - 26   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,松本正隆,夏越祥次 .  2.悪性腫瘍-3.診断法 C.その他の診断法- .  食道外科   138 - 145   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松本正隆,大脇哲洋,夏越祥次 .  2.悪性腫瘍-4.内視鏡治療- .  食道外科   149 - 155   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,采女博文,大辻惠麻,夏越祥次 .  術後合併症と医療過誤 .  永井書店102 ( 5 ) 780 - 789   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松本正隆,内門泰斗, 喜多芳昭,尾本 至,奥村 浩,大脇哲洋, 石神純也,夏越祥次 .  胸部食道癌に対する外科治療の限界 .  癌の臨床56 ( 3 ) 219 - 224   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 根路銘安仁,大脇哲洋,小川信,中村昭彦,平佐田和代,常松典子,新村英士,嶽﨑俊郎. .  皆既日食ツアー時におけるトカラ列島の医療体制 .  へき地・離島救急医療研究会誌vol.11   60 - 65   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,小川信,中村昭彦,平佐田和代,常松典子,新村英士,嶽﨑俊郎. .  鹿児島県での救急搬送用ヘリコプターの問題点と可能性. .  へき地・離島救急医療研究会誌vol.11   42 - 45   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Natsugoe S,Matsumoto M,Okumura H,Uchicado Y, Setoyama T,Sasaki K, Sakurai T, Omoto I, Owaki T, Shinchi H, Ueno S, Ishigami S .  Clinical course and outcome after esophagectomy with three-field lymphadenectomy in esophageal cancer .  Langenbecks Arch Surg395   341 - 346   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Natsugoe S, Ishigami S, Matsumoto M, Okumura H, Setoyama T, Uchikado Y, Kita Y, Tamotsu K,Sakamoto A, Owaki T, Aikou T. .  Significance of Twist expression and its association with E-cadherin in esophageal squamous cell carcinoma .  Journal of Experimental &Clinical Cancer Research28 ( 158 ) 42248 - 42256   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 的場康徳,松本正隆,奥村浩,内門泰斗, 瀬戸山徹郎, 有上貴明, 喜多芳昭,上之園芳一,大脇哲洋, 石神純也,夏越祥次 .  消化管におけるIVR 食道狭窄・閉塞に対するIVR .  消化器外科32 ( 12 ) 1811 - 1821   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 夏越祥次,上之園芳一, 有上貴明,有馬豪男,柳田茂寛,舩迫 和,平田宗嗣,奥村 浩, 松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗, 大脇哲洋,石神純也 .  食道癌のsentinel node navigation surgery の現状と展望 .  癌と化学療法36 ( 9 ) 1442 - 1446   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 嶽﨑俊郎,新村英士,根路銘安仁,大脇哲洋 .  Ⅵ へき地・離島のある都道府県から学ぶこと 鹿児島県 .  救急医学33 ( 7 ) 843 - 846   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 夏越祥次, 内門泰斗, 瀬戸山徹郎, 松本正隆,奥村浩,上之園芳一,有上貴明, 大脇哲洋,石神純也 .  進行食道癌の術前補助療法はリンパ節微小転移の制御に有効か? .  外科治療100 ( 4 ) 401 - 402   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 内門泰斗,奥村 浩, 松本正隆,瀬戸山徹郎,有上貴明,上之園芳一,石神純也, 大脇哲洋,夏越祥次 .  食道癌:胸部食道癌 治療の実際 .  消化器外科32 ( 5 ) 699 - 705   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 奥村浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,松本正隆,大脇哲洋,夏越祥次 .  胃による食道再建術~後縦隔胃挙上再建 .  手術63 ( 4 ) 423 - 426   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 尾本 至,奥村 浩,松本正隆,佐々木健,喜多芳昭,小園 勉,前村公成, 大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  1期的切除再建と集学的治療を行った食道癌穿孔の1例 .  日本消化器外科会誌42 ( 8 ) 1371 - 1376   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上之園芳一, 有上貴明,有馬豪男,柳田茂寛,奥村 浩, 松本正隆, 大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  Sentinel Node Navigation Surgery の進歩 2.食道癌 .  日本外科学会雑誌110 ( 2 ) 63 - 67   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Natsugoe S, Ishigami S, Matsumoto M, Okumura H, Setoyama T, Uchikado Y, Kita Y, Tamotsu K,Hnazono K, Owaki T, Aikou T. .  Expression of CXCL12 and its receptor CXCR4 in esophageal squamous cell carcinoma .  ONCOLOGY REPORTS21   65 - 71   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Natsugoe S, Ishigami S, Matsumoto M, Okumura H, Setoyama T, Uchikado Y, Kita Y, Tamotsu K, Sakurai T, Owaki T, Aikou T. .  Expression of CXCL12 and its Receptor CXCR4 Correlates With Lymph Node Metastasis in Submucosal Esophageal Cancer. .  Journal of Surgical Oncology97   433 - 438   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋 .  手術時手洗いと術後創管理 .  日本産科婦人科学会鹿児島地方部会雑誌15   6 - 9   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 花園幸一, 夏越祥次, 奥村浩, 松本正隆, 大脇哲洋, 瀬戸山徹郎, 平木嘉幸, 有村健, 中村文彦, 中條政敬, 愛甲 孝. .  ステント留置と化学放射線療法が有用であった食道肺瘻を有する胸部食道癌の1例 .  癌と化学療法34   1275 - 1278   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Natsugoe S, Uchikado Y, Okumura H, Matsumoto M, Setoyama T, Tamotsu K, Kita Y, Sakamoto A, Owaki T, Ishigami S, Aikou T. .  Snail plays a key role in E-cadherin-preserved esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncology Report17   517 - 523   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokomakura N, Natsugoe S, Okumura H, Ikeda R, Uchikado Y, Mataki Y, Takatori H, Matsumoto M, Owaki T, Ishigami S, Aikou T. .  Improvement in radiosensitivity using small interfering RNA targeting p53R2 in esophageal squamous cell carcinoma. .  Oncology Reports18   561 - 567   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Takatori, S. Natsugoe, H. Okumura, M. Matsumoto, Y. Uchikado, T. Setoyama, K. Sasaki, K. Tamotsu, T. Owaki, S. Ishigami, T. Aikou .  Cyclooxygenase-2 expression is related to prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma. .  European Journal of Surgical Oncology34   397 - 402   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Natsugoe S, Higashi M, Okumura H, Matsumoto M, Hanazono K, Setoyama T, Yanagi M, Owaki T, Ishigami S, Yonazawa S, Aikou T. .  Esophageal carcinoma with granulocyte colony-stimulating factor. Case report. .  Esopgagus4   129 - 134   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,夏越 祥次,奥村 浩,松本正隆,池田直徳,愛甲 孝. .  空腸瘻造設の問題点 -空腸瘻カテーテル留置に起因した術後イレウス症例からの教訓-. .  手術60   2039 - 2143   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Owaki T, Kijima Y, Yoshinaka H, Uenosono Y, Yoshioka T, Natsugoe S,Aikou T. .    .  Breast Cancer14   57 - 60   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  Endoscopic Quadrantectomy for Breast Cancer with Sentinel Lymph Node Navigation via a Small Axillar Incision .  The Breast14 ( 1 ) 57 - 60   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  特集術中損傷のリカバリー法.術中損傷を起こさないためのコツ .  手術59 ( 3 ) 295 - 301   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tetsuhiro Owaki, Heiji Yoshinaka, Katsuhiko Ehi, Yuko Kijima, Yoshikazu Uenosono, Kazusada Shirao, Shizuo Nakano, Shoji Natsugoe and Takashi Aikou .    .  The Breast14 ( 1 ) 57 - 60   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  特集「外科診療における材料・器具・装置のすべて」III.装置9.超音波凝固切開装置、超音波メス .  外科67 ( 12 ) 1549 - 1554   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  手術室に関するインシデント報告の解析 .  手術医学25 ( 1 ) 37 - 39   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  インシデント報告におけるチューブトラブルの解析 .  医科器械学72 ( 2 ) 32 - 36   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,吉中平次,當房和己,宮園きよ子,高松英夫 .  砕石位における体下織布挿入には注意が必要!-ヨード接触性皮膚炎症例から学ぶこと- .  医科器械学74 ( 10 ) 622 - 623   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,吉中平次,臼井一恵(クオリティマネージメント室),高松英夫 .  施設内インシデント報告の解析 -部署別の特徴と問題点の抽出- .  日本医師会雑誌132 ( 10 ) 1331 - 1336   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tetsuhiro Owaki, Heiji Yoshinaka, Yuko Kijima, Katsuhiko Ehi, Yoshikazu Uenosono, Shoji Natsugoe, Takashi Aikou .    .  Eur J Radiol Extra51   622 - 120   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋,吉中平次,高松英夫. .  手術室に関するインシデント報告の解析. .  手術医学25 ( 1 ) 37 - 39   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  施設内インシデント報告の解析-部署別の特徴と問題点の抽出- .  日本医師会雑誌133 ( 10 ) 1331 - 1336   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  砕石位における体下織布挿入には注意が必要!-ヨード接触性皮膚炎症例から学ぶこと- .  医科器械学74 ( 10 ) 622 - 623   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  Lymphatic Stream from a Breast Tumor to a Sentinel Node in the Parasternal Node Basin ? consideration of two cases with internal mammary node metastasis - .  Eur J Radiol Extra51 ( ※ ) 11 - 16   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  総合医療支援システム上でのインシデント情報の収集と手術部におけるインシデントの分析 .  手術医学24 ( 2 ) 102 - 107   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  インシデント・アクシデントの情報収集と対応 .  手術医学24 ( 4 ) 293 - 296   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  チューブトラブル、機械・器具に関する問題についてのインシデント報告の解析 .  医科器械学73 ( 10 ) 639 - 640   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2. Tetsuhiro Owaki, Avedis Meneshian, Kosei Maemura, Sonshin Takao, Dajie Wang, Katherine C. Fuh, Gregory B. Bulkley, and Andrew S. Klein. .  Endothelial cells potentiate phagocytic killing by macrophages via platelet-activating factor release. .  AJP-Heart & Circulatory Physiology278 ( 1 ) H269 - H276   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    The immunomodulatory function of endothelial cells (EC) includes the initiation of leukocyte margination, diapedesis, and activation through the upregulation of various cell surface-associated molecules. However, the effect that EC have on the phagocytic function of neighboring monocytes and macrophages is less well described. To address this issue, microvascular EC were cocultured with murine peritoneal macrophages, first in direct contact, then in a noncontact coculture system, and macrophage phagocytosis and phagocytic killing were assessed. The presence of increasing concentrations of EC resulted in a dose-dependent increase in macrophage phagocytic killing. This stimulatory effect was inhibited in a dose-dependent manner by the pretreatment of macrophage/EC cocultures with WEB-2086 or CV-6209, specific platelet-activating factor (PAF)-receptor antagonists, but not by anti-tumor necrosis factor-alpha, anti-interleukin (IL)-1alpha, or anti-IL-1beta. Furthermore, the effect was reproduced in the absence of EC by the exogenous administration of nanomolar concentrations of PAF. Microvascular EC potentiate macrophage phagocytic killing via the release of a soluble signal; PAF appears to be an important component of that signal.

    DOI: 10.1152/ajpheart.2000.278.1.H269.

    PubMed

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  The Ultrasonic Coagulating and Cutting System Injures Nerve Function. .  Endoscopy34 ( ※ ) 575 - 579   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  総合病院情報システムにおける手術オーダリングシステム―診断術式マスターの構築と手術部の効率的な管理運用― .  手術医学23 ( 4 ) 305 - 310   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  ORのEBMに基づく環境整備―手術室設備,機器の整備― .  OPE nursing(OPE nursing)17 ( 11 ) 1185 - 1189   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  内視鏡的非開胸食道抜去術のための透明円筒管の開発 .  医科器械学72 ( 10 ) 545 - 546   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  上手なペインコントロール 危険な疼痛―腹痛― .  臨床と研究78 ( ※ ) 429 - 433   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  手術室内の粉塵の分布と減少対策 .  医科器械学71 ( ※ ) 105 - 106   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  消化器外科における感染症対策;CDCガイドラインを中心に .  消化器外科24 ( ※ ) 341 - 345   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  甲状腺手術における超音波凝固切開装置の問題点とその対策 .  医科器械学70 ( 10 ) 449 - 450   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大脇哲洋(OwakiTetsuhiro) .  Endothelial cells potentiate phagocytic killing by macrophages via platelet-activating factor release. .  AJP-Heart & Circulatory Physiology278 ( Issue 1 )   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 地域医療学入門

    松本正俊、大脇哲洋、前田隆浩、岡山雅信、小谷和彦、藤本眞一( 担当: 共著)

    診断と治療社  2019年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:171   担当ページ:45-49   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 食道表在癌 

    奥村浩、内門泰斗、松本正隆、大脇哲洋、夏越祥次( 担当: 単著)

    中外医学社  2015年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:168   担当ページ:139-147   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 食道疾患用語解説集

    大脇哲洋,他執筆者119名( 担当: 共著)

    金原出版  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 手術患者のケア・マニュアル.全科手術の術前・術後の管理,患者ケアのポイント:術後の管理-特殊な患者の管理

    大脇哲洋(OwakiTetsuhiro)( 担当: 単著)

    医学芸術社  2005年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 手術患者のケア・マニュアル.全科手術の術前・術後の管理,患者ケアのポイント:術後の管理-特殊な患者の管理.

    大脇哲洋,愛甲 孝( 担当: 共著)

    医学芸術社,東京  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 滅菌後の安全保存期間のポイント.EBMに基づいて速攻解決!洗浄・消毒・滅菌のポイント209

    大脇哲洋(OwakiTetsuhiro)( 担当: 単著)

    メディカ出版  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 滅菌後の安全保存期間のポイント.

    大脇哲洋,吉中平次( 担当: 共著)

    EBMに基づいて 速攻解決!洗浄・消毒・滅菌のポイント209 Infection Control 2004年増刊.メディカ出版.  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • インシデント報告におけるチューブトラブルの解析

    大脇哲洋,吉中平次,高松英夫,臼井一恵,村永文学,宇都由美子,熊本一朗( 担当: 共著)

    医科器械学  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC

  • 医療安全-患者と医師が信頼しあえる外科医療を目指して レジリエンスに基づいた消化器外科手術における医療安全への取り組み

    内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 有上 貴明, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次

    日本外科学会雑誌   121 ( 1 )   123 - 124   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • 『治療的自己』を教えること、伝えること 治療的自己、全人的医療を学びとして得る フィールドワークを用いた医学教育の取り組み

    網谷 真理恵, 下敷領 一平, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋

    日本心療内科学会誌   21 ( 3 )   105 - 110   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本心療内科学会  

    「治療的自己」は、心療内科に限らず、すべての医療者が身につけるべき、医療者としての基盤を成すものである。1978年にJG Watkinsが提唱して以来、心療内科医教育を行う上で最重要の学習到達目標として「治療的自己」は挙げられてきたといっても過言ではない。近年の医学教育においても、「プロフェッショナリズム」教育として注目されており、「治療者としての意識」をどのように医学生が学びとして会得するかについての教育カリキュラムの開発は、今後も重視されていくテーマである。治療的自己の理解において、「共鳴」と「客観的理解」が重要視されている。これらをバランスよく会得するには、多くの環境や職業の知識・経験を持っておくことが、より深い理解につながる。医学生にとって、自分が育ってきた環境以外の生活にふれることは、治療的自己、全人的医療の学びに必要となると考える。このような背景も含め、地域医療教育の一環として、住民とのふれあいを重視した、農家民泊を取り入れた体験型実習を実施している。治療者-患者間での信頼関係の重要性、医療者としての在り方についての自覚の向上など、全人的医療の根本にある、治療的自己が涵養されるような学びを促す地域でのフィールドワーク実習について述べる。(著者抄録)

  • 【呼吸器在宅医療のサイエンス】離島へき地における遠隔医療の現状と展望

    大脇 哲洋, 根路銘 安仁, 網谷 真理恵, 嶽崎 俊郎

    THE LUNG-perspectives   25 ( 1 )   56 - 59   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

    遠隔医療(遠隔診療)を保険制度上の「診療」と捉える方向に進んでおり、診療、診断、加療への応用が行われている。また、情報通信技術の進歩は想像以上に早く、スマートフォンによるテレビ電話機能はその端末の普及の広がりと合わせて安価な遠隔医療の発達を促し、これから広がる在宅医療への応用は加速度的に進むであろう。(著者抄録)

  • 鹿児島県における地域医療支援方策 医師配置の方向性

    東 桂子, 川邉 智子, 古田 真美, 大脇 哲洋, 高松 英夫

    へき地・離島救急医療学会誌   14   40 - 43   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:へき地・離島救急医療学会  

  • 医療・福祉系大学における多職種連携・チーム医療教育の現在と未来 【鹿児島大学】里山における医学科・保健学科・歯学部学生の合同地域医療体験実習の試み.

    大脇 哲洋, 桑原 和代,根路銘 安仁, 新村 英士, 毛利 通宏, 肥後 利治, 嶽崎 俊郎.

    保健医療福祉連携   6   28 - 30   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 開胸食道癌根治術におけるこだわりのデバイス 各種圧排鉤,食道挙上鉤,スキャンラン鉗子,ハーモニックスカルペル 査読

    夏越祥次, 奥村浩, 内門泰斗, 松本正隆, 喜多芳昭, 大脇哲洋

    手術・金原出版株式会社   66 ( 4 )   381 - 384   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【見て・聞いて・触って&画像で納得 臓器別 術後の必須アセスメント】胃手術後の必須アセスメント 査読

    内門泰斗, 奥村浩, 松本正隆, 有上貴明, 上之園芳一, 大脇哲洋, 石神純也, 夏越祥次

    消化器外科Nursing   17   26 - 42   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 術中損傷と医療過誤の境界に関する考え方. 査読

    大脇哲洋

    日医雑誌   136   2237 - 2241   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新設手術室設計における,手術室の数・広さの算出と配置.

    大脇哲洋

    手術医学   28   90 - 95   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【消化器癌の外科病理】 食道浸潤を伴う胃上部胃癌の病理像からみた外科治療 査読

    松本正隆, 夏越祥次, 石神純也, 奥村浩, 上之園芳一, 宮薗太志, 大脇哲洋, 帆北修一, 愛甲孝

    消化器外科   30   561 - 567   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Circulating tumor cells in blood of esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Setoyama T, Natsugoe S, Okumura H, Matsumoto M, Uchikado Y, Ishigami S, Owaki T, Aikou T.

    Esophagu   4   23 - 27   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 鹿児島大学医学部・歯学部付属病院(鹿児島大学病院)施設拡充整備計画の進捗状況

    大脇哲洋

    鹿児島大学医学部医師会報   26   53 - 54   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集 海外における医科器械の最新動向.手術室関連設備の海外の動向.

    大脇哲洋,吉中平次

    医科器械   76   42 - 45   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集 術中損傷のリカバリー法.術中損傷を起こさないためのコツ.

    大脇哲洋,中野静雄,吉中平次,愛甲 孝

    手術   59 ( 3 )   295 - 301   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大脇哲洋、義岡孝子、小園 ?、肥後直倫、久保昌亮、原口優清、喜島祐子、平田宗嗣、谷本昭英、夏越祥次. .  腺様嚢胞癌(Adenoid cystic carcinoma)の診断に関する考察 -診断困難な症例の検討- .  .第23回日本乳癌学会学術総会  日本乳癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京国際フォーラム,東京  

  • 大脇哲洋,尾本 至,奥村 浩,内門泰斗,喜多芳昭,恵 浩一,松本正隆,佐々木建,石神純也,上野真一,川崎洋太,夏越祥次. .  酸化ストレス測定による食道癌手術侵襲の評価. .  第115回 日本外科学会定期学術集会  日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

  • T Owaki, H Okumura, Y Uchikado, K Sasaki, I Omoto, Y Kawasaki, S Natsugoe. .  THE TRANSUTION OF THE OXIDATIVE STRESS AFTER THE ESOPHAGECTOMY BY THE RIGHT THORECOTOMY IN THE ESOPHAGEAL CANCER PATIENTS. .  The International Society of Disease for the Esophagus (ISDE) 2014  The International Society of Disease for the Esophagus (ISDE) 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Vancouver, CANADA  

    国際学会

  • 大脇哲洋,古田真美,川邉智子,根路銘安仁,網谷真理恵,東 桂子,高松英夫,嶽崎俊郎. .  地域医療情報データベース「せごどん」の開発と運用. .  第5回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第5回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山市  

    国内学会

  • T Owaki, Y Nerome, K Kuwabara, T Takezaki. .  The present conditions of the decrease of the surgeon in Japan. -the regional disparity is an important problem. .  WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014  WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Kuching Sarawak, Malaysia  

    国際学会

  • Y Nerome, T Owaki, K Kuwabara, T Takezaki. .  The current HTLV-1 mother-to child transmission prevention status in Kagoshima. .  WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014  WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Kuching Sarawak, Malaysia  

    国際学会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰斗,尾本 至,佐々木建,松本正隆、南 幸次,川崎洋太,石神純也,根路銘安仁,夏越祥次. .  インシデント解析に見る外科医に求められる危機対応能力. .  第114回 日本外科学会定期学術集会  第114回 日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰人,佐々木健,尾本 至,川崎洋太,松本正隆,瀬戸山徹郎,石神純也,夏越祥次 .  EUSによるNACRT症例を含む進行食道癌症例の術前診断 .  第67回 日本食道学会学術集会  第67回 日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 大脇哲洋 .  「離島へき地医療人育成センター」これまでの活動とその成果 .  第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:仙台市  

    国際学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,奥村 浩,内門泰人,佐々木健,松本正隆,尾本 至,白尾一定,迫田雅彦,上野真一,石神純也,新村英士,桑原和代,夏越祥次,嶽崎俊郎 .  離島における消化器癌の加療とフォローの実態 .  第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第4回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰斗,佐々木健,松本正隆、尾本 至,石神純也,上野真一,松下大輔,夏越祥次,根路銘安仁,新村英士,桑原和代,嶽崎俊郎. .  離島での地域医療・外科診療実習の影響 -全国公募医学生への臨床実習- .  第113回 日本外科学会定期学術集会  第113回 日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,深水 知英,田中睦美,柴田由香里,福田ゆかり,竹元明子,出口尚寿,奥村 浩,内門泰斗,佐々木健,松下大輔,川崎洋太,夏越祥次,根路銘安仁,嶽崎俊郎. .  食道癌切除後の栄養管理. .  第28回日本静脈経腸栄養学会  第28回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢市  

    国内学会

  • Owaki T, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Omoto I, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S .  The esophageal invasion and mediastinal lymph node metastasis of esophago-gastric junction cancer .  13rd World Congress of the International Society for Disease of the Esophagus  13rd World Congress of the International Society for Disease of the Esophagus国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:ヴェネチア・リド島,イタリア  

    国際学会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰斗,佐々木建,松本正隆,瀬戸山徹郎,尾本 至,前村公成,盛慎一郎,石神純也,上野真一,根路銘安仁,嶽﨑俊郎,夏越祥次. .  離島出身消化器癌患者の大学病院加療後の現況と対策. .  日本癌治療学会  日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 根路銘安仁,大脇哲洋,桑原和代,新村英士,嶽崎俊郎,河野嘉文. .  鹿児島県のHTLV-1母子感染対策の現状. .  第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第3回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,桑原和代,新村英士,嶽﨑俊郎 .  地域推薦枠医学生の卒前・卒後教育への取り組み ~全国的なコンセンサスを求めて~ .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:慶應義塾大学,神奈川県横浜市  

    国内学会

  • 根路銘安仁,桑原和代,大脇哲洋,新村英士,嶽崎俊郎. .  全国公募離島実習の試み. .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 桑原和代,根路銘安仁,新村英士,毛利通宏,肥後利治,嶽崎俊郎,大脇哲洋. .  里山における医学科・保健学科・歯学部学生の合同地域医療体験実習の試み. .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 前田隆浩,井口清太郎,阿波谷敏英,大脇哲洋,梶井英治,竹内啓祐,谷 憲治,長谷川仁志,前野哲博,山本和利,三瀬順一,神田健史(全国地域医療教育協議会),中里未央,関田孝晴. .  本邦の臨床教授制度についての実態調査. .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 竹内啓祐,前田隆浩,井口清太郎,阿波谷敏英,大脇哲洋,梶井英治,谷 憲治,長谷川仁志,前野哲博,山本和利,三瀬順一,神田健史(全国地域医療教育協議会). .  全国の地域医療教育プログラムの現状 ―全国アンケート調査-. .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 前野哲博,前田隆浩,井口清太郎,阿波谷敏英,大脇哲洋,梶井英治,竹内啓祐,谷 憲治,長谷川仁志,山本和利,三瀬順一,神田健史(全国地域医療教育協議会). .  我が国の医学部における地域医療教育部門の実態調査. .  第44回日本医学教育学会大会  第44回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰人,佐々木健,松本正隆,尾本 至,石神純也,喜多芳昭,瀬戸山徹郎,夏越祥次 .  離島での食道疾患治療の現状と問題点 .  第66回日本食道学会学術集会  第66回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:軽井沢プリンスホテルウエスト,長野県  

    国内学会

  • 田中睦美(鹿児島大学病院栄養管理室),大脇哲洋,出口尚寿,深水知英,福田ゆかり,佐藤香奈子,柴田由香里.鹿児島大学の活動報告. .  鹿児島大学の活動報告. .  第9回鹿児島NST研究会  第9回鹿児島NST研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    研究会

  • Owaki T, Nerome Y, Kuwabara K, Nimura H, Natsugoe S, Takezaki T .  Esophageal cancer treatment in the southern remote islands in Japan .  19th WONCA Asia Pacific Regional Conference  19th WONCA Asia Pacific Regional Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:済州島,韓国  

    国際学会

  • Y Nerome, T Owaki, K Kuwabara, T Takezaki, H Nimura. .  Regional medical training before the graduation raises the duty intention working in rural areas of medical students without interest to work at remote areas for medical care. .  19th WONCA  19th WONCA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Jeju  

    国際学会

  • 田中睦美(鹿児島大学病院栄養管理室),大脇哲洋,出口尚寿,深水知英,福田ゆかり,佐藤香奈子,柴田由香里. .  「あいーとR」の使用により満足感が得られた,脳幹グリオーマ小児症例. .  第37回日九州代謝・栄養研究会  第37回日九州代謝・栄養研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰斗,佐々木健,松本正隆,尾本 至,喜多芳昭,瀬戸山徹郎,石神純也,上野真一,新地寛之,夏越祥次. .  食道癌術後経管栄養使用症例の下痢対策. .  第27回日本静脈経腸栄養学会  第27回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫県  

    国内学会

  • 深水知英(鹿児島大学病院薬剤部),柴田由香里,大脇哲洋,出口尚寿,加治 建,佐藤香奈子,福田ゆかり,田中睦美,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  経腸栄養剤の経口摂取時での細菌汚染の検討. .  第27回日本静脈経腸栄養学会  第27回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 柴田由香里(鹿児島大学病院薬剤部),深水知英,大脇哲洋,出口尚寿,加治 建,佐藤香奈子,福田ゆかり,田中睦美,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  下痢症例に対するNSTの介入. .  第27回日本静脈経腸栄養学会  第27回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,松本正隆,奥村 浩,内門泰人,喜多芳昭,尾本 至,川崎洋太,瀬戸山徹郎,石神純也,夏越祥次. .  食道胃接合部癌の術式に関する検討. .  第65回日本食道学会学術集会.  第65回日本食道学会学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台国際センター,仙台市  

    国内学会

  • Owaki T, Nerome S, Natsugoe S. .  2Problems od esophageal cancer treatment in the southern remote islands in Japan. .  International Surgical Week/ISW 2011.  International Surgical Week/ISW 2011.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan.  

    国際学会

  • 根路銘安仁,大脇哲洋,新村英士,嶽﨑俊郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター). .  地域医療教育の現状 .  第43回日本医学教育学会大会  第43回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島国際会議場 広島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英士,嶽﨑俊郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター). .  地域推薦枠医学生のキャリア構築の重要性.シンポジウムⅣ 地域医療教育の新たな展開. .  第43回日本医学教育学会大会.  第43回日本医学教育学会大会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島国際会議場 広島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,松本正隆,奥村 浩,内門泰斗,喜多芳昭,尾本 至,川崎洋太,石神純也,上野真一,夏越祥次. .  食道胃接合部癌の臨床病理学的検討と術前超音波内視鏡検査の意義.パネルディスカッション1 食道・胃接合部癌の治療戦略. .  第66回 日本消化器外科学会総会  第66回 日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,嶽﨑俊郎. .  鹿児島大学の現状と今後の展望.シンポジウム1 地域医療教育関連講座の現状と今後の展望. .  第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第2回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:ロイトン札幌 札幌  

    国内学会

  • 大脇哲洋,内門泰斗,喜多芳昭,松本正隆,尾本 至,恵 浩一,川崎洋太, 奥村 浩,瀬戸山徹郎,佐々木健,桜井俊秀,石神純也,上野真一,吉中平次,夏越祥次. .  手術室における医療事故の解析. .  第111回 日本外科学会定期学術集会.  第111回 日本外科学会定期学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:紙上開催 名古屋市  

    国内学会

  • 竹元明子(鹿児島大学病院栄養管理室),永田美智子,大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,深水知英,佐藤香奈子,高松英夫. .  栄養指導継続により減量に成功した統合失調症患者の1例. .  第36回日九州代謝・栄養研究会  第36回日九州代謝・栄養研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎大学医学部良順会館 ボードインホール ,長崎市  

    国内学会

  • 深水知英(鹿児島大学病院 薬剤部),大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,柴田由香里,高松英夫. .  増粘剤を用いた経腸栄養剤の胃内半固形化についての実験的検討. .  第26回日本静脈経腸栄養学会  第26回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 出口尚寿(鹿児島大学神経病学講座),大脇哲洋,甲斐敬子,深水知英,佐藤香奈子,福田ゆかり,加治 建,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  遷延する痙攣・不随意運動による誤燕に対し経鼻幽門後チューブ栄養法が有用であった辺縁系脳炎の1例. .  第26回日本静脈経腸栄養学会  第26回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,深水知英,福田ゆかり,加治 建,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  真夏のトカラ列島皆既日食における熱中症発症状況と、経口補水液OS-1の使用と熱中症に関するアンケート調査. .  第26回日本静脈経腸栄養学会  第26回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,中条哲浩,松本正隆,内門泰人,喜多芳昭,奥村 浩,瀬戸山徹郎緒,尾本 至,櫻井俊秀,佐々木健,石神純也,上野真一,吉中平次,夏越祥次 .  手術室におけるインシデント報告と過失の判断 .  第72回 日本臨床外科学会総会  第72回 日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,内門泰人,喜多芳昭,松本正隆,奥村 浩,瀬戸山徹郎,尾本 至,桜井俊秀,佐々木健,石神純也,上野真一,夏越祥次 .  経口不良食道癌症例に対する、切除前補食の重要性 .  第48回 日本癌治療学会学術集会  第48回 日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都 京都市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,松本正隆,内門泰人,喜多芳昭,奥村 浩,瀬戸山徹郎,尾本 至,佐々木健,桜井俊秀,石神純也,上野真一,夏越祥次 .  食道癌患者の周術期における、経口摂取不良患者と糖尿病合併患者の管理 .  第63回日本胸部外科学会定期学術集会  第63回日本胸部外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場 大阪市  

    国内学会

  • Owaki T, Matsumoto M, Ushikado Y, Kita Y, Okumura H, Omoto I, Sasaki K, Sakurai T, Hanazono K, Setoyama T, Ishigami S, Ueno S, Aikou T, Natsugoe S. .  What do you do for the esophageal cancer postoperative glycemic control? .  12th ISDE  12th ISDE国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Kagoshima  

    国際学会

  • 深水知英(鹿児島大学病院 薬剤部),大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,福田ゆかり,落司治代,徳留麻美,加治建,高松英夫,福枝幹雄(鹿児島大学 循環器・呼吸器・消化器疾患制御学),山田勝士. .  小腸大量切除後患者へNSTが介入した1症例. .  第2回日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会  第2回日本静脈経腸栄養学会九州支部学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:石橋文化センター ,久留米市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,松本正隆,奥村 浩,内門泰人,瀬戸山徹郎,喜多芳昭,尾本 至,石神純也,上野真一,夏越祥次 .  島嶼医療における食道癌治療の問題点 .  第64回日本食道学会学術集会  第64回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:石橋文化ホール 他,久留米市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英士,夏越祥次,嶽﨑俊郎(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター) .  全国の地域医療再生計画に見る、地域医療教育と地域推薦枠医学生の問題点 .  第42回日本医学教育学会大会  第42回日本医学教育学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:都市センターホテル 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,内門泰斗,喜多芳昭,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,尾本 至,松本一明(鹿児島大学病院 薬剤部),上野真一,夏越祥次 .  周術期感染治療の為の,検出菌と薬剤耐性 -消化器外科病棟での12年間にわたる動向- .  第65回 日本消化器外科学会総会  第65回 日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:海峡メッセ下関・下関市民会館他 下関市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,鎌村好孝(徳島県医療環境整備室),嶽﨑俊郎 .  全国の地域推薦枠医学生の増加とその問題点 ~卒前教育に関する自治体の取り組みの実態~ .  第1回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  第1回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京フォーラム 東京  

    国内学会

  • 深水知英(鹿児島大学病院 薬剤部),大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,福田ゆかり,落司治代,徳留麻美,加治建,高松英夫,福枝幹雄(鹿児島大学 循環器・呼吸器・消化器疾患制御学),山田勝士. .  小腸大量切除後患者へNSTが介入した1症例 .  第7回鹿児島NST研究会  第7回鹿児島NST研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学医学部鶴陵会館,鹿児島市  

    研究会

  • 出口尚寿(鹿児島大学神経病学講座),大脇哲洋,深水知英,甲斐敬子,佐藤香奈子,鈴木真由美,福田ゆかり,金子直子,加治 建,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  「意識障害・痙攣・不随意運動が遷延し、誤燕を繰り返す脳炎患者の栄養管理」 .  第7回ポストTNT研修会  第7回ポストTNT研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:サットンプレイスホテル 内 TKP博多シティーセンター 福岡市  

    その他

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,嶽﨑俊郎,松本正隆、奥村 浩,内門泰斗,喜多芳昭,瀬戸山徹郎,尾本 至,上野真一,石神純也,夏越祥次 .  全国公募医学生に対する離島へき地での地域医療・外科診療実習 .  第110回 日本外科学会定期学術集会  第110回 日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,松本正隆,内門泰人,喜多芳昭,奥村 浩,瀬戸山徹郎,尾本 至,櫻井俊秀,佐々木健,花園幸一,石神純也,加治 健,高松英夫(鹿児島大学小児外科),夏越祥次 .  食道癌術後血糖管理はどうすればいいのか? .  第25回日本静脈経腸栄養学会  第25回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ・東京ベイ幕張他 千葉市.  

    国内学会

  • 大脇哲洋、根路銘安仁1)、岩切 洋2)、伊瀬知智子3)、鳥越 哲3)、土屋信太郎4)、新村英士1)、嶽﨑俊郎1)、夏越祥次.1)鹿児島大学大学院医歯学総合研究科離島へき地医療人育成センター,2)株式会社大塚製薬工場メディカルフーズ事業部,3)鹿児島県十島村,4)近畿日本ツーリスト株式会社. .  トカラ列島皆既日食 「熱中症の発生と背景」 .  第45回鹿児島栄養代謝研究会  第45回鹿児島栄養代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島東急ホテル 鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,松本正隆,内門泰人,瀬戸山徹郎,尾本 至,櫻井俊秀,佐々木健,奥村 浩,石神純也,夏越祥次,出口尚寿・加治 健・高松英夫(鹿児島大学病院NST) .  外科医としてのNSTへの取り組み .  第71回 日本臨床外科学会総会  第71回 日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都国際会議場 京都市  

    国内学会

  • 喜多芳昭,松本正隆,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,石神純也,大脇哲洋,三森功士,森 正樹,夏越祥次 .  食道扁平上皮癌におけるSTC2(Stanniocalcin 2)の高発現とその意義 .  第20回日本消化器癌発生学会総会  第20回日本消化器癌発生学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:オリエンタルホテル広島 広島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,嶽﨑俊郎,奥村 浩,内門泰人,瀬戸山徹郎,松本正隆,石神純也,夏越祥次 .  離島の状況別の癌治療の現況と対策 .  第47回 日本癌治療学会学術集会  第47回 日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英士,中村昭彦,常松典子,平佐田和代,藤原由紀子,新川佳美,嶽﨑俊郎 .  鹿児島県でのドクターヘリの可能性 .  第13回 へき地離島救急医療研究会学術集会  第13回 へき地離島救急医療研究会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:和歌山県立医科大学 大ホール,和歌山市  

    研究会

  • 櫻井俊秀,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰人,佐々木健,尾本 至,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌におけるオートファージーマーカーLC3発言の意義 .  第47回 日本癌治療学会学術集会  第47回 日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 櫻井俊秀,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,佐々木健,尾本 至,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌におけるオートファジーマーカーLC-3 発現の意義 .  第47回日本癌治療学会学術集会  第47回日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,櫻井俊秀,佐々木健,新村英士,嶽﨑俊郎,松本正隆,石神純也,夏越祥次 .  離島の状況別の癌治療の現況と対策 .  第47回日本癌治療学会学術集会  第47回日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 奥村 浩,松本正隆,大脇哲洋,内門泰斗,瀬戸山徹郎,桜井俊秀,尾本 至,石神純也,上之園芳一,夏越祥次 .  化学放射線療法にて長期生存が得られた高齢者食道癌肉腫の1例 .  第78回日本消化器内視鏡学会総会  第78回日本消化器内視鏡学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:国立京都国際会館 京都市  

    国内学会

  • 内門泰人,奥村 浩,瀬戸山徹郎,溝口資夫,大脇哲洋,新地洋之,上野真一,石神純也,夏越祥次 .  胸腔鏡下核出術を施行した長径5㎝の食道平滑筋腫の一例 .  第62回日本胸部外科学会定期学術集会  第62回日本胸部外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜  

    国内学会

  • 奥村 浩,内門泰人,瀬戸山徹郎,松本正隆,尾本 至,櫻井俊秀,恵浩一,南幸次,溝口資夫,福島浩平,平原徹志,石神純也,大脇哲洋,夏越祥次 .  骨髄異型性症候群(MDS)合併食道癌切除症例の検討 .  第47回 日本癌治療学会学術集会  第47回 日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 内門泰人,奥村 浩,瀬戸山徹郎,松本正隆,安藤慶,尾本 至,櫻井俊秀,大脇哲洋,石神純也,喜島祐子,吉中平次,夏越祥次 .  乳癌切除後放射線照射後の誘発食道癌切除症例の検討 .  第47回日本癌治療学会学術集会  第47回日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,嶽﨑俊郎,村永文学,奥村浩,松本正隆,内門泰斗,瀬戸山徹郎,夏越祥次 .  大学病院退院後の癌治療の動向からみた離島医療の問題点 .  日本プライマリーケア連合学会  日本プライマリーケア連合学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都国際会議場 京都市  

    国内学会

  • 福田ゆかり,大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,深水知英,鈴木真由美,福永直子,加治 健,高松英夫(鹿児島大学病院NST) .  鹿児島NST研究会の経過 .  第5回 鹿児島NST研究会  第5回 鹿児島NST研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島県市町村自治会館 鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,櫻井俊秀,佐々木健,尾本至,松本正隆,石神純也,夏越祥次 .  食道癌患者の周術期栄養管理 術前管理と早期経腸栄養 .  第64回 日本消化器外科学会総会  第64回 日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 内門泰斗,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  進行食道癌の術前化学放射線療法とリンパ節微小転移 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 松本正隆,夏越祥次,奥村 浩,瀬戸山徹郎,内門泰斗,花園幸一,櫻井俊秀,佐々木健,大脇哲洋,石神純也 .  食道アカラシアの外科治療 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 保 清和,奥村 浩,松本正隆,内門泰斗,瀬戸山徹郎,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道扁平上皮癌症例におけるAurora-A 発現による術前化学放射線療法の効果予測 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 花園幸一,松本正隆,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,大脇哲洋,石神純也,帆北修一,夏越祥次 .  高齢者に対する食道癌手術の問題点 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 櫻井俊秀,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,佐々木健,尾本 至,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌におけるオートファジーマーカーLC-3 発現の意義 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 尾本 至,奥村 浩,松本正隆,内門泰斗,瀬戸山徹郎,佐々木健,櫻井俊秀,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  高齢者進行食道癌に対する治療方針 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 奥村 浩,横枕直哉,保 清和,高取寛之,内門泰斗,瀬戸山徹郎,松本正隆,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌化学放射線療法効果予測に基づく個別化治療戦略 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 瀬戸山徹郎,奥村 浩,松本正隆,内門泰斗,佐々木健,櫻井俊秀,尾本 至,石神純也,大脇哲洋,夏越祥次 .  食道表在癌における血中CEAmRNA 発現と原発巣接着因子発現の関連性の検討 .  第64回日本消化器外科学会総会  第64回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 内門泰斗,大脇哲洋,奥村 浩,瀬戸山徹郎,松本正隆,櫻井俊秀,尾本 至,石神純也,夏越祥次 .  当科における非開胸食道抜去術の反回神経麻痺について .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 松本正隆,夏越祥次,奥村 浩,花園幸一,瀬戸山徹郎,内門泰斗,櫻井俊秀,尾本 至,大脇哲洋,石神純也 .  食道悪性狭窄に対するステント治療 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 平原徹志,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,松本正隆,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  血小板低値を伴う骨髄異型性症候群(MDS)合併食道癌の1例 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 尾本 至,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,櫻井俊秀,平原徹志,大脇哲洋,夏越祥次 .  胃切除術後食道狭窄の1例 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 南 幸次,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,松本正隆,櫻井俊秀,尾本 至,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道結核の1例 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 櫻井俊秀,奥村 浩,瀬戸山徹郎,内門泰斗,佐々木健,尾本 至,松本正隆,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌におけるストレス応答キナーゼ(p38)発現の意義 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 奥村 浩,横枕直哉,喜多芳昭,内門泰斗,瀬戸山徹郎,櫻井俊秀,尾本 至,松本正隆,大脇哲洋,夏越祥次 .  食道扁平上皮癌におけるG2/M 期チェックポイント蛋白 14-3-3sigma発現解析 .  第63回日本食道学会学術集会  第63回日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,嶽﨑俊郎,村永文学,夏越祥次 .  離島へき地における外科加療後のフォローと問題点とその対策 .  第109回 日本外科学会定期学術集会  第109回 日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡国際会議場ほか 福岡市  

    国内学会

  • 松本正隆,夏越祥次,奥村 浩,内門泰斗,瀬戸山徹郎,佐々木健,櫻井俊秀,尾本 至,花園幸一,大脇哲洋,石神純也,帆北修一,野村秀洋,愛甲 孝 .  同時性食道胃重複癌の進行度別治療法の検討 .  第109回日本外科学会定期学術集会  第109回日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡国際会議場ほか 福岡市  

    国内学会

  • 内門泰斗,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,佐々木健,櫻井俊秀,喜島祐子,北薗正樹,大脇哲洋,柳 正和,石神純也,新地洋之,上野真一,夏越祥次 .  EMT関連タンパク Snail, Slug はpN0食道癌の予後と関連する .  第109回日本外科学会定期学術集会  第109回日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡国際会議場ほか 福岡市  

    国内学会

  • 櫻井俊秀,奥村 浩,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,佐々木健,尾本 至,大脇哲洋,石神純也,夏越祥次 .  食道癌におけるオートファジーマーカーLC-3 発現の意義 .  第109回日本外科学会定期学術集会  第109回日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡国際会議場ほか 福岡市  

    国内学会

  • 佐藤香奈子,大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,深水知英,鈴木真由美,福田ゆかり,福永直子,加治 建,横内雅博,高松英夫(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院NST) .  栄養療法の限界から、大腿切断を提案した1症例 .  第34回九州代謝・栄養研究会  第34回九州代謝・栄養研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎県医師会館 宮崎市  

    研究会

  • 大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,加治 健,深水知英,鈴木真由美,福永直子,福田ゆかり,熊本一郎,高松英夫(鹿児島大学病院NST) .  合同シンポジウム「栄養療法の成功例、失敗例」,栄養療法の限界 -栄養改善の為には,NSTによる栄養療法以外の器質的加療の提案が必要である- .  第24回日本静脈経腸栄養学会  第24回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市民文化ホール 鹿児島市  

    国内学会

  • 深水知英,大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,鈴木真由美,福田ゆかり,福永直子,加治 建,高松英夫(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院NST),山田勝士(同 薬剤部) .  固形化補助食品リフラノンを用いた胃内固形化により,胃食道逆流による誤嚥を改善できた2症例 .  第24回日本静脈経腸栄養学会  第24回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鴨池ドーム他 鹿児島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,村永文学(医療情報部),根路銘安仁,新村英士,小川 信,夏越祥次,嶽﨑俊郎 .  鹿児島の離島 ~これまでの訪問記~.パネルディスカッション「地域医療の魅力を探る」 .  第16回鹿児島県国保地域医療学会.」  第16回鹿児島県国保地域医療学会.」

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市町村自治会館 大ホール 鹿児島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,村永文学(医療情報部),根路銘安仁,新村英士,小川 信,夏越祥次,嶽﨑俊郎 .  遠隔医療による離島へき地医療機関との連携の構築.パネルディスカッション10 がん診療連携拠点病院と地域ネットワーク .  第46回 日本癌治療学会総会  第46回 日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,内門泰人,瀬戸山徹郎,尾本 至,櫻井俊秀,佐々木健,花園幸一,奥村 浩,迫田雅彦,石神純也,愛甲 孝 .  食道癌切除術後の術後感染発症阻止抗菌薬の使用状況と術後検出菌 -薬剤耐性からの検討-.サージカルフォーラム .  第70回 日本臨床外科学会総会  第70回 日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:ホテルニューオータニ 東京  

    国内学会

  • 深水知英,大脇哲洋,出口尚寿,加治 建,甲斐敬子,佐藤香奈子,鈴木真由美,福田ゆかり,福永直子,高松英夫(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院NST),山田勝士(同 薬剤部) .  固形化補助食品リフラノンを用いた胃内固形化により,胃食道逆流による誤嚥を改善できた症例 .  第41回鹿児島栄養代謝研究会  第41回鹿児島栄養代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島東急ホテル 鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,内門泰人,瀬戸山徹郎,石神純也,奥村 浩,愛甲 孝 .  EUSによる食道癌術前リンパ節転移診断の精度―2個以内の転移を検出できるか?― .  第46回 日本癌治療学会総会  第46回 日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英二,夏越祥次,嶽﨑俊郎 .  地域枠学生をどう教育するか.シンポジウム「離島へき地医療教育に関わる教育と研修のありかた」. .  第12回 へき地離島救急医療研究会学術集会  第12回 へき地離島救急医療研究会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鶴陵会館 大ホール,鹿児島市  

    研究会

  • T. Owaki, T. Matsumoto, T.Setoyama, Y. Uchikado, H. Okumura, K. Sasaki, T. Sakurai, S. Natsugoe .  Precision of a lymph node metastasis diagnosis of esophageal cancer by EUS .  The 11th World Congress of the International society for Disease of the Esophagus  The 11th World Congress of the International society for Disease of the Esophagus国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Novotel Budapest Congress, Budapest, Hungary  

    国際学会

  • 大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,深水知英,鈴木真由美,福田ゆかり,福永直子,花原 洋,加治 健,高松英夫(鹿児島大学病院NST) .  鹿児島NST研究会の経過 .  第5回 鹿児島NST研究会  第5回 鹿児島NST研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島県市町村自治会館 鹿児島市  

    研究会

  • 佐藤香奈子,大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,深水知英,鈴木真由美,福永直子,福田ゆかり,加治 建,堂地 勉,高松英夫(鹿児島大学医学部・歯学部附属病院NST) .  卵巣癌術後化学療法中に回腸末端ストーマからの排液量が多く,輸液・栄養管理に難渋した症例 .  第5回鹿児島NST研究会  第5回鹿児島NST研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島県市町村自治会館 大ホール 鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,奥村 浩,瀬戸山徹郎,内門泰斗,石神純也,愛甲 孝 .  消化器外科病棟での検出細菌、薬剤耐性、抗菌薬使用について -12年間の調査結果- .  第63回 日本消化器外科学会定期学術総会  第63回 日本消化器外科学会定期学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:ロイトン札幌ほか 札幌市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,奥村 浩,愛甲 孝 .  食道癌切除後の検出菌とその薬剤耐性 .  第62回 日本食道学会学術集会  第62回 日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:都市センターホテル 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,瀬戸山徹郎,内門泰斗,櫻井俊秀,尾本 至,奥村 浩,愛甲 孝 .  糖尿病合併患者の食道癌切除周術期における血糖コントロール .  第108回 日本外科学会定期学術集会  第108回 日本外科学会定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎ブリックホール,長崎新聞文化ホールほか 長崎市  

    国内学会

  • 大脇哲洋 .  パネルディスカッション .  離島へき地医療人育成シンポジウム  離島へき地医療人育成シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鶴陵会館 大ホール 鹿児島市  

    その他

  • 大脇哲洋,根路銘安仁,新村英士,嶽崎俊郎 .  離島へき地医療人育成センター概要説明 .  離島へき地医療人育成シンポジウム  離島へき地医療人育成シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鶴陵会館 大ホール 鹿児島市  

    その他

  • 大脇哲洋、吉中平次、夏越祥次、愛甲 孝. .  臨床分離緑膿菌の薬剤感受性の変化と多剤耐性緑膿菌の検出状況の推移. .  第17回日本外科感染症学会  第17回日本外科感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:長岡市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,内門泰人,瀬戸山徹郎,櫻井俊秀,奥村 浩,愛甲 孝 .  食道癌周術期管理におけるインスリンの使用法. .  第28回 日本癌治療学会総会  第28回 日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次. .  手術における過失の考え方 .  第29回日本手術医学会総会  第29回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,瀬戸山徹郎,花薗幸一,奥村 浩,愛甲 孝 .  NSTによる消化器癌患者術前スクリーニングにおけるrapid turnover proteinの有用性. .  第62回 日本消化器外科学会定期学術総会.  第62回 日本消化器外科学会定期学術総会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,喜島祐子,舩迫 和,愛甲 孝. .  各種ホルモン・化学放射線療法の変更によりQOL・全身骨転移の改善を認めている進行乳癌症例. .  第15回 日本乳癌学会学術総会  第15回 日本乳癌学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,瀬戸山徹郎,花薗幸一,奥村 浩,横枕直哉,柳 正和,愛甲 孝. .  食道癌切除術後,胃管気管支瘻を形成し,治療に難渋している症例. .  第61回 日本食道学会学術集会  第61回 日本食道学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,出口尚寿,甲斐敬子,佐藤香奈子,花原 洋,武 亜希子,加治 建,仮屋園博子,花原 洋,高松英夫 .  2375 Kcalの熱量摂取により栄養改善をみたステロイド内服高齢者の1例. .  第4回 九州地区ポストTNT研修会  第4回 九州地区ポストTNT研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    研究会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,松本正隆,花園幸一,瀬戸山徹郎,奥村 浩,愛甲 孝. .  通過障害を有する進行食道癌患者の術前栄養管理. .  第107回 日本外科学会定期学術集会.  第107回 日本外科学会定期学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,花園幸一,瀬戸山徹郎,松本正隆,甲斐敬子,出口尚寿,高松英夫,愛甲 孝. .  経口摂取不良の食道癌患者の術前栄養管理. .  第22回 日本静脈経腸栄養学会,  第22回 日本静脈経腸栄養学会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛県民文化会館・愛媛県総合社会福祉会館 ほか 松山市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,迫田雅彦,愛甲 孝. .  外科病棟におけるICT介入のタイミング ??MRSAサーベイランスから??.サージカルフォーラム .  第68回日本臨床外科学会総会  第68回日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島国際会議場・広島全日空ホテル他 広島市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,久保田信1),川口幸一1),高松英夫1),梅宮兵衛2),佐藤政弘2)(鹿児島大学病院再開発推進室1),鹿児島大学 施設部2)). .  新設手術室設計における,手術室の数・広さの算出と配置.シンポジウム??「医療経済からみた効率的手術部運営」. .  第28回日本手術医学会総会  第28回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場 大阪市.  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,花園幸一,瀬戸山徹郎,奥村 浩,松本正隆,出口尚寿1),甲斐敬子1),佐藤香奈子1),仮屋薗博子1),花原 洋1),武 亜希子1),高松英夫1),愛甲 孝.鹿児島大学病院 NST1). .  術前放射線化学療法施行食道癌患者における栄養管理 ??術後合併症軽減のためのNSTによる栄養改善目標値の設定??. .  第35回 鹿児島栄養代謝研究会  第35回 鹿児島栄養代謝研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島東急ホテル 鹿児島市.  

    研究会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,愛甲 孝. .  食道癌放射線化学療法におけるNutrition Support Team による栄養改善目標の設定. .  第61回 日本消化器外科学会定期学術総会 パネルディスカッション 「消化器外科と栄養管理」.  第61回 日本消化器外科学会定期学術総会 パネルディスカッション 「消化器外科と栄養管理」.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜 横浜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,小川洋樹,白尾一定,喜島祐子,吉中平次,夏越祥次,愛甲 孝. .  Combination TherapyによりQOL維持長期生存が得られている肝・鎖骨上/腹部リンパ節転移進行再発乳癌症例. .  第14回 日本乳癌学会学術総会.  第14回 日本乳癌学会学術総会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川県立音楽堂ほか 金沢市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,坂元史典,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,島田麻里緒,愛甲 孝. .  食道癌における超音波内視鏡によるリンパ節転移診断.ワークショップ「食道癌転移の画像診断はどこまで可能か」. .  第60回 日本食道学会学術集会.  第60回 日本食道学会学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京王プラザホテル 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,木場洋一1),久保田信1),川口幸一1),高松英夫1),梅宮兵衛2),佐藤政弘2)(鹿児島大学病院再開発推進室1),鹿児島大学 施設部2)). .  新設手術室の数と広さに関する考察. .  第81回日本医科器械学会大会,  第81回日本医科器械学会大会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪国際会議場 大阪  

    国内学会

  • 大脇哲洋,西順一郎,川原元司,溝口初枝,大磯浩次,宮之原弘晃,夏越祥次,愛甲 孝. .  重症混合病棟でのMRSAサーベイランスのタイミング ??MRSA毒素・遺伝子タイプを利用した対策の確立??. .  第107回 日本外科学会定期学術集会.  第107回 日本外科学会定期学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京フォーラム 東京  

    国内学会

  • Owaki T, Natsugoe S, Okumura H, Matsumoto M, Shimada M, Sakamoto F, Yoshinaka H, Aikou T. .  The Valuation of Tumor Response of Neoadjuvant Chemoradiation Therapy Diagnosed by EUS on Esophageal Cancer. .  10th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus.  10th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:英語  

    開催地:Adelaide Convention Centre, Adelaide, South Australia, Australia.  

    国際学会

  • 大脇哲洋,出口尚寿,穂満由紀,下野恵子,甲斐敬子,仮屋園博子,花原 洋,青山みゆき,内窪世知子,高松英夫(鹿児島大学病院NST). .  栄養改善により早期創傷治癒が可能となった下肢切断患者の1例. .  第21回 日本静脈経腸栄養学会,  第21回 日本静脈経腸栄養学会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜長良川国際会議場 岐阜市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,宮之原弘晃,夏越祥次,愛甲 孝. .  臨床分離緑膿菌の薬剤感受性の変化と多剤耐性緑膿菌の検出状況の推移. .  第18回日本外科感染症学会  第18回日本外科感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:ホテルニューオータニ長岡 長岡市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,大辻惠槙,吉中平次,夏越祥次,愛甲 孝. .  第60回 日本消化器外科学会定期学術集会 術中損傷と医療過誤の境界 ??当施設のデータと国内の現状動向??,パネルディスカッション 術後合併症と医療過誤. .    

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新高輪プリンスホテルなど 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,愛甲 孝. .  食道癌EUS深読み症例の検討.第59回 日本食道学会学術集会. .    

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京ドームホテル 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,愛甲 孝. .  高度侵襲消化器外科手術における、術後感染発症阻止抗菌薬の投与法 ??血中濃度からの考察??. .  第31回 鹿児島栄養代謝研究会.  第31回 鹿児島栄養代謝研究会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:サンロイヤルホテル 鹿児島市.  

    研究会

  • 大脇哲洋,吉中平次,喜島祐子,上之園芳一,衣裴勝彦,有上貴雄,有馬豪男,柳田茂寛,夏越祥次,愛甲 孝. .  センチネルリンパ節同定はRIのみで十分である。 .  第13回 日本乳癌学会総会.  第13回 日本乳癌学会総会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:倉敷市民会館ほか 倉敷市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,愛甲 孝. .  食道癌化学放射線療法と栄養管理.要望演題, .  第20回 日本静脈経腸栄養学会,  第20回 日本静脈経腸栄養学会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,喜島祐子,上之薗芳一,衣裴勝彦,有上貴明,有馬豪男,柳田茂寛,夏越祥次,愛甲 孝. .  内視鏡補助下センチネルリンパ節ナビゲーション乳房扇状切除. .  第2回 日本乳癌学会九州地方会.  第2回 日本乳癌学会九州地方会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学百年講堂 福岡市  

    国内学会

  • Owaki T, Yoshinaka H, Ehi K, Kijima Y, Uenosono Y, Higashi Y, Shirao K, Natsugoe S and Aikou T. .  Endoscopic Quadrantectomy for Breast Cancer with Sentinel Lymph Node Biopsy via a Small Axillar Incision. .  2nd Surgical Forum: Kagoshima and Yonsei.  2nd Surgical Forum: Kagoshima and Yonsei.

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:Seoul KOREA  

    研究会

  • Tetsuhiro Owaki, Shoji Natsugoe, Heiji Yoshinaka, Hiroaki Miyanohara, Takashi Aikou. .  Surveillance of Susceptibility of Clinical Isolates to Representative Antibiotics between 1996 and 2003 in Gastrointestinal Department of Kagoshima University Hospital. .  19th World Congress of International Society of Digestive Surgery.  19th World Congress of International Society of Digestive Surgery.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Yokohama, Japan.  

    国際学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,高松英夫,臼井和恵(クウォリティマネージメント室),宇都由美子(医療情報部),村永文学(医療情報部),熊本一朗(医療情報部). .  手術・手術室に関するインシデント報告の解析. .  第26回 日本手術医学会総会.  第26回 日本手術医学会総会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,石神純也,吉中平次,奥村 浩,坂元史典,島田麻里緒,愛甲 孝. .  食道浸潤胃癌における超音波内視鏡診断による食道浸潤距離とリンパ節診断. .  第43回 日本癌治療学会総会  第43回 日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋国際会議場 名古屋市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,中野静雄,愛甲 孝. .  食道癌放射線化学療法後切除症例では切除単独より、より高い栄養維持が必要. .  第42回 日本癌治療学会総会  第42回 日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,島田麻里緒,坂元史典,中野静雄,愛甲 孝. .  超音波内視鏡による化学放射線療法前後の食道癌原発巣の変化と、病理学的効果判定の対比. .  DDW(第68回 日本消化器内視鏡学会総会).  DDW(第68回 日本消化器内視鏡学会総会).

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,高松英夫,宮之原弘晃(臨床検査部 細菌検査室). .  8年間の単一施設での代表的臨床分離細菌株の抗菌薬感受性の変化. .  第26回 鹿児島感染症研究会.  第26回 鹿児島感染症研究会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:城山観光ホテル 鹿児島市  

    研究会

  • 大脇哲洋,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,吉中平次,中野静雄,愛甲 孝. .  食道癌切除単独と化学放射線療法後切除症例での栄養評価と合併症の発生の比較検討. .  第58回 日本食道学会学術集会.  第58回 日本食道学会学術集会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:赤坂プリンスホテル 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,當房和己,宮園きよ子,高松英夫. .  砕石位における体下不織布挿入には注意が必要! ??ヨード接触性皮膚炎症例から学ぶこと??. .  第79回 日本医科器械学会大会.  第79回 日本医科器械学会大会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京フォーラム 東京  

    国内学会

  • 大脇哲洋,吉中平次,夏越祥次,奥村 浩,松本正隆,愛甲 孝. .  血中濃度からみた侵襲の大きな消化器外科手術における予防的抗菌薬投与. .  第104回日本外科学会定期学術集会,  第104回日本外科学会定期学術集会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪リーガロイヤルホテル 大阪市  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  術前sm2と診断した,0-??p+0-??b Papillary typem2食道癌症例 .  第50回食道色素研究会  第50回食道色素研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  乳癌センチネルリンパ節同定率向上のくふうとナビゲーション手術 .  第65回日本臨床外科学会総会  第65回日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  手術・手術室に関するインシデント報告の解析 .  第25回日本手術医学会総会  第25回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  食道癌術前化学放射線療法後切除症例における、術後合併症予防のめやす .  第58回日本消化器外科学会総会  第58回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  チューブトラブル、機械・器具に関する問題についてのインシデント報告の解析 .  第78回日本医科器械学会大会  第78回日本医科器械学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  下部食道・胃接合部癌のリンパ節転移部位と治療方針 .  第57回日本食道学会  第57回日本食道学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  乳癌センチネルリンパ節ナビゲーション手術の基礎的研究と臨床応用 .  第11回日本乳癌学会総会  第11回日本乳癌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  食道癌放射線化学療法後Grade3症例の超音波内視鏡像 .  第65回日本消化器内視鏡学会総会  第65回日本消化器内視鏡学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  食道癌切除手術時経腸栄養チューブ留置のトラブル―過去4年間の経験から― .  第28回九州外科代謝・栄養研究会  第28回九州外科代謝・栄養研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  術前放射線化学療法を施行した食道癌手術症例の栄養評価と術後合併症との関係 .  第18回日本静脈経腸栄養学会  第18回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  インシデント・アクシデントの情報収集と対応 .  第24回日本手術医学会総会  第24回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  食道癌術前化学放射線療法による,所属リンパ節の超音波内視鏡像の変化 .  第57回日本消化器外科学会  第57回日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  乳癌におけるセンチネルリンパ節ナビゲーション手術の臨床応用 .  第10回日本乳癌学会総会  第10回日本乳癌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  化学放射線療法による食道癌原発巣の変化とEUS診断 .  第56回食道疾患研究会  第56回食道疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  内視鏡的非開胸食道抜去術のための透明円筒管の開発 .  第77回日本医科器械学会大会  第77回日本医科器械学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  術前化学放射線療法による食道癌原発巣の変化??超音波内視鏡診断と病理組織の対比??(Comparison the histological diagnosis with change of the primary lesions under EUS on esophageal cancer cases with preoperative chemo-radiation therapy) .  第102回日本外科学会総会  第102回日本外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  術前放射線化学療法・食道癌切除後に敗血症・間質性肺炎を合併した症例 .  第27回九州外科代謝・栄養研究会  第27回九州外科代謝・栄養研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  総合システムの中の手術オーダリングシステム―マスターに基づいた入力― .  第23回日本手術医学会総会  第23回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  乳癌の実際のsentinel node navigation surgeryと病理 .  第63回日本臨床外科学会総会  第63回日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  下部食道胃接合部癌の術前リンパ節転移診断と術式の選択 .  第56回日本消化器外科学会  第56回日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  消化器癌術前β??d??glucan高値症例の検討 .  第38回日本外科代謝栄養学会  第38回日本外科代謝栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  超音波内視鏡(EUS)による食道表在癌の深達度診断 .  第55回食道疾患研究会  第55回食道疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  手術室の環境対策 .  第76回日本医科器械学会大会  第76回日本医科器械学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  乳癌におけるセンチネルリンパ節ナビゲーションの臨床応用 .  第26回外科系連合学会  第26回外科系連合学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  センチネルリンパ節に転移のみられた症例 .  第9回日本乳癌学会総会  第9回日本乳癌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  術後MRSA感染の特徴とその治療 .  第101回日本外科学会総会  第101回日本外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  消化器癌術前にβ??d??glucan高値で推移した症例 .  鹿児島感染症研究会  鹿児島感染症研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  MRSA感染に対する周術期対策 .  第62回日本臨床外科学会総会  第62回日本臨床外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  センチネルリンパ節生検の臨床応用 .  第20回鹿児島乳癌研究会  第20回鹿児島乳癌研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  超音波凝固切開装置のpitfall―実験モデルでの検討― .  第22回日本手術医学会総会  第22回日本手術医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  OXIDANT-REGULATED PHAGOCYTIC KILLING OF RAT KUPFFER CELLS AGAINST E. COLI. .  10th Biennial Meeting of the International Society for Free radical Research  10th Biennial Meeting of the International Society for Free radical Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Japan  

    国際学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  甲状腺手術における超音波凝固装置の問題点とその対策 .  第75回日本医科器械学会大会  第75回日本医科器械学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  甲状腺内視鏡手術における超音波凝固切開装置の問題点 .  第12回日本内分泌外科学会総会  第12回日本内分泌外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  鏡視下甲状腺切除の問題点とその対策 .  第100回日本外科学会総会  第100回日本外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 大脇哲洋(Owaki Tetsuhiro) .  鏡視下甲状腺切除の問題点とその対策??視野確保のための試作鏡体一体型透明円筒管を用いた手術。 .  第8回クリニカルビデオフォーラム  第8回クリニカルビデオフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:※  

    国内学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 川津 優, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  鹿児島大学における漢方教育カリキュラム評価の取り組み .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 三島 一乃, 泊 成一郎, 松元 麻里子, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  鹿児島大学におけるプライマリ・ケアサークルKAANの活動 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 奥村 浩, 有上 貴明, 盛 真一郎, 前村 公成, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道癌補助療法の最前線 局所進行食道癌に対する術前DCF-RT療法 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 小倉 葉月, 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 上之園 芳一, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後難治性挙上空腸肺瘻の1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後胃管再建術の胃管血流評価と治療成績 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後胃管再健における胃管血流評価と治療成績 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後経腸栄養ルートの検討 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後経腸栄養ルートに関する検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 吉満 工平, 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後経腸栄養ルートに関する検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後経腸栄養ルートに関する検討 .  外科と代謝・栄養  2017年8月  日本外科代謝栄養学会

  • 安留 龍太郎, 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 浦田 正和, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後栄養管理目的の栄養チューブ挿入法 空腸瘻から胃管瘻・十二指腸瘻へ .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 野田 昌宏, 有上 貴明, 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 柳田 茂寛, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術後の食道胃管吻合部縫合不全が原因の難治性消化管皮膚瘻に対して陰圧閉鎖療法が有用であった2例 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 平島 忠寛, 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 園田 智洋, 中嶋 太極, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道癌術後の再発食道裂孔ヘルニアに対し腹腔鏡下tension free修復術を行った一例 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 野田 昌宏, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術前治療中の経管栄養の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術前治療中の経管栄養の検討 .  学会誌JSPEN  2019年9月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 野田 昌宏, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術前治療中の経管栄養の有用性の検討 .  学会誌JSPEN  2021年1月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 野田 昌宏, 大脇 哲洋, 奥村 浩, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術前化学療法中の経管栄養 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 上之園 芳一, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌術前DCF療法の治療前栄養スコアの検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 野田 昌宏, 大脇 哲洋, 奥村 浩, 大迫 祐作, 喜多 芳昭, 瀬戸山 徹郎, 夏越 祥次 .  食道癌手術における肺癌重複例の術式選択について .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 佐々木 健, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道癌に対する術前化学放射線療法の臨床的奏効度は組織学的奏効度を反映するか .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 野田 昌宏, 佐々木 健, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道癌に対する胸腔鏡下食道亜全摘術の合併症についての検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 野田 昌宏, 尾本 至, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道癌と頭頸部癌の同時性重複癌の治療方針 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 田中 貴子, 有上 貴明, 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 柳田 茂寛, 喜多 芳昭, 夏越 祥次 .  食道扁平上皮癌に対する深達度と腫瘍径から算出されるPrimary Tumor Scoreの臨床的意義 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 奥村 浩, 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 喜多 芳昭, 瀬戸山 徹郎, 有上 貴明, 上之園 芳一, 盛 真一郎, 馬場 研二, 樋渡 清治, 南 幸次, 大脇 哲洋, 石神 純也, 前之原 茂穂, 夏越 祥次 .  食道扁平上皮癌におけるフィールド癌化現象の機序 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 園田 智洋, 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 平島 忠寛, 中嶋 太極, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道原発滑膜肉腫の1切除例 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 浦田 正和, 尾本 至, 野田 昌宏, 佐々木 健, 内門 泰斗, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  食道切除術後せん妄に対する,ラメルテオン,抑肝散併用の効果についての検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 上之園 芳一, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  食道切除後再建法の工夫と成績 食道切除術後食道胃管吻合における胃管吻合部位に関するランダム化比較試験 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 喜多 芳昭, 大脇 哲洋, 瀬戸山 徹郎, 奥村 浩, 石神 純也, 夏越 祥次 .  頸部食道癌に対する集学的治療の重要性 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 安留 龍太郎, 佐々木 健, 内門 泰人, 尾本 至, 浦田 正和, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  難治性食道肺瘻に対して経気道的・経消化管的充填術が奏功した1例 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 大脇 哲洋, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎 .  離島・へき地地域医療実習の期間延長の影響 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 大脇 哲洋, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎 .  離島・へき地地域医療実習の18年間の経験 改良の工夫と問題点 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 浦田 正和, 内門 泰斗, 佐々木 健, 尾本 至, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  進行食道癌に対する緩和的食道ステント治療の検討 .  日本外科系連合学会誌  2017年5月  日本外科系連合学会

  • 浦田 正和, 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 有上 貴明, 上之園 芳一, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  進行食道癌に対する緩和的食道ステント治療の検討 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 瀬ノ口 奈緒, 田栗 教子, 竹元 明子, 深水 知英, 鈴木 真由美, 加治 建, 出口 尚寿, 尾本 至, 有村 愛子, 西 恭宏, 永田 俊行, 武田 亜矢, 青木 雅也, 大脇 哲洋 .  術後の経過に難渋し長期間の経管栄養から経口摂取に移行できた1症例 .  学会誌JSPEN  2021年1月  (一社)日本臨床栄養代謝学会

  • 下村 寛貴, 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  術前治療施行食道癌患者の治療前栄養スコアに関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  術前治療を施行した食道癌患者の治療前栄養スコアの検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  術前治療を施行した食道癌患者の治療前栄養スコアの検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  術前化学放射線治療を施行した食道癌患者の治療前栄養スコアの検討 .  外科と代謝・栄養  2018年8月  日本外科代謝栄養学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 喜多 芳昭, 奥村 浩, 有上 貴明, 上之園 芳一, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  臨床病期II/III食道癌に対する術前DCF-RT療法 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 佐保 葉月, 新田 吉陽, 永田 彩子, 野元 優貴, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  膵SPNの乳房転移の一例 .  日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2020年10月  (一社)日本乳癌学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 大脇 哲洋, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 前村 公成, 夏越 祥次 .  胸部食道癌の頸部吻合再建後の頸部ドレーン留置の現状 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 大脇 哲洋, 奥村 浩, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 石神 純也, 大迫 祐作, 夏越 祥次 .  胸部食道癌の頸部吻合再建における頸部ドレーンの抜去時期について .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 佐々木 健, 柳 政行, 尾本 至, 野田 昌宏, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 浦田 正和, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  胸部食道扁平上皮癌のリンパ節微小転移に対する術前化学放射線療法の影響とその意義 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 網谷 真理恵, 野村 弥加, 三谷 京香, 曽原 純, 下敷領 一平, 水間 喜美子, 根路銘 安仁, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  経験的学習サイクルに基づいた全人的医療を学ぶ地域体験実習の取り組み .  医学教育  2017年8月  (一社)日本医学教育学会

  • 竹元 明子, 加治 建, 出口 尚寿, 尾本 至, 有村 愛子, 塩川 奈理, 竹之内 和則, 深水 知英, 柴田 由香里, 瀬ノ口 奈緒, 倉元 景子, 大脇 哲洋 .  精神科疾患に対するNST介入経験 特に摂食障害患者への食育効果について .  日本静脈経腸栄養学会雑誌  2018年1月  (株)ジェフコーポレーション

  • 水間 喜美子, 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 下敷領 一平, 大脇 哲洋 .  漢方医学教育の評価における360度カメラを使用した映像評価システムの妥当性の検証 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 新田 英明, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  漢方医学教育におけるOSCE開発に向けた模擬患者の養成 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  消化器癌に対する集学的治療 術前化学療法を施行した食道癌患者の治療前栄養スコアの検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  日米海外臨床実習経験者による日本とアメリカの医学教育の比較についての検証 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 大脇 哲洋, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 根路銘 安仁, 下敷領 一平, 指宿 理恵, 嶽崎 俊郎 .  教育資源としての地域医療の可能性 地域医療実習現場から見たやりがいと期待 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 大迫 祐作, 尾本 至, 浦田 正和, 佐々木 健, 内門 泰斗, 有上 貴明, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  当院における食道ステント留置術68症例の検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 奥村 浩, 野田 昌宏, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 盛 真一郎, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  当院における同時性頭頸部癌合併食道癌治療の現状 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 尾本 至, 内門 泰斗, 佐々木 健, 野田 昌宏, 奥村 浩, 有上 貴明, 柳田 茂寛, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 洋次 .  当院における同時性頭頸部癌合併食道癌治療の現状 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 野田 昌宏, 尾本 至, 鶴田 祐介, 有上 貴明, 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  局所進行食道癌に対する術前DCF-RT療法 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 揚村 菜々子, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  少子化が進む地域での産婦人科医療 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 喜多 芳昭, 大脇 哲洋, 有上 貴明, 上之園 芳一, 盛 真一郎, 浦田 正和, 奥村 浩, 石神 純也, 夏越 祥次 .  外科系医師のインシデント報告の現状と報告推進の取り組み .  日本外科系連合学会誌  2017年5月  日本外科系連合学会

  • 水間 喜美子, 網谷 真理恵, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  地域枠医学生は地域医療実習により、スパイラルカリキュラムとしての縦断的な学びを深化させている .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 松本 正俊, 大脇 哲洋, 井口 清太郎, 井上 和男, 前田 隆浩 .  地域枠出身医師と都道府県奨学金受給医師の国家試験合格率と義務順守率について .  医学教育  2018年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 川上 唯, 安藤 有希, 小武家 優子, 大谷 昴, 瀬戸口 友萌, 代永 良太, 川邊 史夏, 下敷領 一平, 指宿 りえ, 網谷 真理恵, 窪田 敏夫, 森内 宏志, 大脇 哲洋, 嶽崎 俊郎, 吉武 毅人 .  地域医療トレーニングキャンプにおけるIPE教育の薬学生参加報告 第8回地域医療トレーニングキャンプ2017inさつま町 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

  • 中嶋 太極, 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 平島 忠寛, 園田 智洋, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  右総頸動脈に穿通した食道癌術後の再建胃管潰瘍の1救命例 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 茶圓 晃平, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  医学生は健康教育実習を通し、対象者に応じた教授法やテーマの理解など多くを学んでいる .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 奥村 浩, 有上 貴明, 盛 真一郎, 前村 公成, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  化学放射線療法の現状と新たなる展望〜制癌剤と照射法の工夫〜 局所進行食道癌に対する術前DCF-RT療法 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 大脇 哲洋, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎 .  出身地の違いは、離島・へき地医療実習の効果に影響を及ぼすのか? .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 堀部 碧, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  住民の生活体験におけるモデル・コア・カリキュラムを用いた学びの質的研究 社会・行動科学の視点から .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 有上 貴明, 大脇 哲洋, 前村 公成, 夏越 祥次 .  レジリエンスに基づいた消化器外科手術における医療安全への取り組み .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 奥村 浩, 有上 貴明, 盛 真一郎, 前村 公成, 大脇 哲洋, 夏越 祥次 .  ハイリスク食道癌症例に対する気縦隔鏡・用手補助腹腔鏡下非開胸食道切除術 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 内門 泰斗, 尾本 至, 佐々木 健, 喜多 芳昭, 大脇 哲洋, 奥村 浩, 石神 純也, 有上 貴明, 上之園 芳一, 夏越 祥次 .  サルベージ手術の術後合併症予防、再発予測 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 鳩宿 章子, 網谷 真理恵, 水間 喜美子, 指宿 りえ, 嶽崎 俊郎, 大脇 哲洋 .  へき地、離島で働く女性医師のキャリア形成 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 新田 吉陽, 佐保 葉月, 野元 優貴, 永田 彩子, 南 孝次, 中条 哲浩, 大脇 哲洋, 大塚 隆生 .  Pedicled Rotation Flapを用いた乳房全切除後胸壁再発の切除 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 網谷 真理恵, 山口 孝二郎, 福 祐貴, 網谷 東方, 森永 明倫, 沖 利通, 浅川 明弘, 乾 明夫, 根路銘 安仁, 大脇 哲洋 .  PBL、シミュレーション教育、漢方煎じ体験を組み合わせた漢方医学教育の学習方略と学生の意識について .  医学教育  2017年8月  (一社)日本医学教育学会

  • 佐々木 健, 内門 泰斗, 尾本 至, 浦田 正和, 奥村 浩, 大脇 哲洋, 有上 貴明, 上之園 芳一, 前村 公成, 夏越 祥次 .  7.5MHzリニア型超音波専用機による食道癌術前リンパ節転移診断 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 活性酸素測定による生体侵襲の定量化に関する研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  文部省科学研究費補助金

      詳細を見る

    活性酸素測定による生体侵襲の定量化に関する研究

  • 地域医療

    2008年

    補助金 

      詳細を見る

  • 離島へき地医療

    2008年

    補助金 

      詳細を見る

  • 食道癌の化学放射線療法関連遺伝子の解析と微小転移への効果

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  文部省科学研究補助金

      詳細を見る

    食道癌の化学放射線療法関連遺伝子の解析と微小転移への効果

  • インシデント報告の解析から学ぶこと

    2002年

      詳細を見る

  • Sentinel Node Navigation Surgery on Breast Cancer

    2000年

      詳細を見る

  • 乳癌のセンチネルリンパ節ナビゲーション手術

    2000年

      詳細を見る

  • Low Stress Esophageal Sugery

    1999年

      詳細を見る

  • 周術期栄養代謝

    1999年

    その他の研究制度 

      詳細を見る

    周術期の外科浸襲軽減のための栄養療法の確立

  • 低浸襲食道手術

    1999年

      詳細を見る

  • Esophagectomy of Esophageal Cancer

      詳細を見る

  • 乳癌センチネルリンパ節手術

      詳細を見る

  • Surgical Site Infection

      詳細を見る

  • Sentinel Lymph node navigation Surgery of Breast Cancer

      詳細を見る

  • 超音波内視鏡開発

      詳細を見る

  • 食道外科手術

      詳細を見る

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 総合診療

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 地域医療学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 周術期感染

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 乳腺疾患

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 離島医療学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目