2024/02/08 更新

写真a

ナカタ マサノブ
中田 匡宣
NAKATA Masanobu
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士 (歯学) ( 2001年3月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 細菌学

研究分野

  • ライフサイエンス / 病態系口腔科学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   教授

    2020年7月 - 現在

所属学協会

  • 歯科基礎医学会

    2008年6月 - 現在

  • 日本細菌学会

    2007年1月 - 現在

  • 歯科基礎医学会

  • 日本細菌学会

  • American Society for Microbiology

 

論文

  • Takebe K, Suzuki M, Sangawa T, Kreikemeyer B, Yamaguchi M, Uzawa N, Sumitomo T, Kawabata S, Nakata M. .  Analysis of FctB3 crystal structure and insight into its structural stabilization and pilin linkage mechanisms. .  Archives in Microbiology   2023年11月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00203-023-03727-1.

  • Seiko Kubota, Masanobu Nakata, Yujiro Hirose, Masaya Yamaguchi, Bernd Kreikemeyer, Narikazu Uzawa, Tomoko Sumitomoa, Shigetada Kawabata .  Involvement of ribonuclease Y in pilus production by M49 Streptococcus pyogenes strain via modulation of mRNA level of transcriptional regulator .  Microbiology and Immunology   2023年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okahashi N., Nakata M., Kuwata H., Kawabata S. .  Oral mitis group streptococci: A silent majority in our oral cavity .  Microbiology and Immunology66 ( 12 ) 539 - 551   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microbiology and Immunology  

    Members of the oral mitis group streptococci including Streptococcus oralis, Streptococcus sanguinis, and Streptococcus gordonii are the most abundant inhabitants of human oral cavity and dental plaque, and have been implicated in infectious complications such as bacteremia and infective endocarditis. Oral mitis group streptococci are genetically close to Streptococcus pneumoniae; however, they do not produce cytolysin (pneumolysin), which is a key virulence factor of S. pneumoniae. Similar to S. pneumoniae, oral mitis group streptococci possess several cell surface proteins that bind to the cell surface components of host mammalian cells. S. sanguinis expresses long filamentous pili that bind to the matrix proteins of host cells. The cell wall–anchored nuclease of S. sanguinis contributes to the evasion of the neutrophil extracellular trap by digesting its web-like extracellular DNA. Oral mitis group streptococci produce glucosyltransferases, which synthesize glucan (glucose polymer) from sucrose of dietary origin. Neuraminidase (NA) is a virulent factor in oral mitis group streptococci. Influenza type A virus (IAV) relies on viral NA activity to release progeny viruses from infected cells and spread the infection, and NA-producing oral streptococci elevate the risk of IAV infection. Moreover, oral mitis group streptococci produce hydrogen peroxide (H2O2) as a by-product of sugar metabolism. Although the concentrations of streptococcal H2O2 are low (1–2 mM), they play important roles in bacterial competition in the oral cavity and evasion of phagocytosis by host macrophages and neutrophils. In this review, we intended to describe the diverse pathogenicity of oral mitis group streptococci.

    DOI: 10.1111/1348-0421.13028

    Scopus

    PubMed

  • Nakazono K, Le MN, Kawada-Matsuo M, Kimheang N, Hisatsune J, Oogai Y, Nakata M, Nakamura N, Sugai M, Komatsuzawa H. .  Complete sequences of epidermin and nukacin encoding plasmids from oral-derived Staphylococcus epidermidis and their antibacterial activity. .  PLoS One17 ( 1 ) e0258283   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0258283.

  • Okahashi N, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S. .  Secondary streptococcal infection following influenza. .  Microbiol Immunol.   2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/1348-0421.12965.

  • Takemura, M., Yamaguchi, M., Kobayashi, M., ...Uzawa, N., Kawabata .  Pneumococcal BgaA Promotes Host Organ Bleeding and Coagulation in a Mouse Sepsis Model .      2022年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Okahashi N., Sumitomo T., Nakata M., Kuwata H., Kawabata S. .  Oral mitis group streptococci reduce infectivity of influenza A virus via acidification and H<inf>2</inf>O<inf>2</inf> production .  PLoS ONE17 ( 11 ) e0276293   2022年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    Members of the mitis group streptococci are the most abundant inhabitants of the oral cavity and dental plaque. Influenza A virus (IAV), the causative agent of influenza, infects the upper respiratory tract, and co-infection with Streptococcus pneumoniae is a major cause of morbidity during influenza epidemics. S. pneumoniae is a member of mitis group streptococci and shares many features with oral mitis group streptococci. In this study, we investigated the effect of viable Streptococcus oralis, a representative member of oral mitis group, on the infectivity of H1N1 IAV. The infectivity of IAV was measured by a plaque assay using Madin-Darby canine kidney cells. When IAV was incubated in growing culture of S. oralis, the IAV titer decreased in a time- and dose-dependent manner and became less than 100-fold, whereas heat-inactivated S. oralis had no effect. Other oral streptococci such as Streptococcus mutans and Streptococcus salivarius also reduced the viral infectivity to a lesser extent compared to S. oralis and Streptococcus gordonii, another member of the oral mitis group. S. oralis produces hydrogen peroxide (H2O2) at a concentration of 1–2 mM, and its mutant deficient in H2O2 production showed a weaker effect on the inactivation of IAV, suggesting that H2O2 contributes to viral inactivation. The contribution of H2O2 was confirmed by an inhibition assay using catalase, an H2O2-decomposing enzyme. These oral streptococci produce short chain fatty acids (SCFA) such as acetic acid as a by-product of sugar metabolism, and we also found that the inactivation of IAV was dependent on the mildly acidic pH (around pH 5.0) of these streptococcal cultures. Although inactivation of IAV in buffers of pH 5.0 was limited, incubation in the same buffer containing 2 mM H2O2 resulted in marked inactivation of IAV, which was similar to the effect of growing S. oralis culture. Taken together, these results reveal that viable S. oralis can inactivate IAV via the production of SCFAs and H2O2. This finding also suggests that the combination of mildly acidic pH and H2O2 at low concentrations could be an effective method to inactivate IAV.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0276293

    Scopus

    PubMed

  • Comprehensive characterization of sortase A-dependent surface proteins in Streptococcus mutans .    66 ( 3 ) 145 - 156   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Sumitomo T, Nakata M, Nagase S, Takahara Y, Honda-Ogawa M, Mori Y, Akamatsu Y, Yamaguchi M, Okamoto S, Kawabata S .  GP96 drives exacerbation of secondary bacterial pneumonia following influenza A virus infection .  mBio   e0326920   2021年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/mBio.03269-20

  • Expression of virulence factors under different environmental conditions in Aggregatibacter actinomycetemcomitans .    65 ( 3 ) 101 - 114   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Hirose, Y., Yamaguchi, M., Sumitomo, T., Nakata, M., Hanada, T., Okuzaki, D., Motooka, D., Mori, Y., Kawasaki, H., Coady, A., Uchiyama, S., Hiraoka, M., Zurich, R., Riestra, A., Amagai, M., Nizet, V., Kawabata, S. .  Streptococcus pyogenes upregulates arginine catabolism to exert its pathogenesis on the skin surface. .  Cell Reports34 ( 13 ) 108924   2021年招待 査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.celrep.202

  • Nakata, M, Kreikemeyer, B .  Genetics, Structure, and Function of Group A Streptococcal Pili .  Frontiers in Microbiology12   616508   2021年

  • Ayumi Fujita, Yuichi Oogai, Miki Kawada-Matsuo, Masanobu Nakata, Kazuyuki Noguchi, Hitoshi Komatsuzawa .  Expression of virulence factors under different environmental conditions in Aggregatibacter actinomycetemcomitans .  Microbiology and Immunology65 ( 3 ) 101 - 114   2021年

  • Watanabe A, Kawada-Matsuo M, Le MN, Hisatsune J, Oogai Y, Nakano Y, Nakata M, Miyawaki S, Sugai M, Komatsuzawa H. .  Comprehensive analysis of bacteriocins in Streptococcus mutans. .  Sci Rep.11 ( 1 ) 12963   2021年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-92370-1.

  • Katsumata T, Nguyen-Tra Le M, Kawada-Matsuo M, Taniguchi Y, Ouhara K, Oogai Y, Nakata M, Mizuno N, Nishitani Y, Komatsuzawa H. .  Comprehensive characterization of sortase A-dependent surface proteins in Streptococcus mutans. .  Microbiol Immunol.   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oogai Y, Nakata M. .  Small regulatory RNAs of oral streptococci and periodontal bacteria. .  Jpn Dent Sci Rev. 57   209 - 216   2021年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jdsr.2021.09.004.

  • Oogai Y, Nakata M. .  Small regulatory RNAs of oral streptococci and periodontal bacteria. .  Jpn. Dent. Sci. Rev.57   209 - 216   2021年招待 査読

  • 中田 匡宣 .  化膿レンサ球菌による温度感受性の翻訳制御 .  南九州歯学会雑誌   2021年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Okahashi N, Nakata M, Hirose Y, Morisaki H, Kataoka H, Kuwata H, Kawabata S .  Streptococcal H2O2 inhibits IgE-triggered degranulation of RBL-2H3 mast cell/basophil cell line by inducing cell death. .  PloS one15 ( 4 ) e0231101 - e0231101   2020年4月

  • Nakata M, Sumitomo T, Patenge N, Kreikemeyer B, Kawabata S. .  Thermosensitive pilus production by FCT type 3 Streptococcus pyogenes controlled by Nra regulator translational efficiency. .  Molecular Microbiology113 ( 1 ) 173 - 189   2020年査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.14408

    Web of Science

    PubMed

  • Hirose Y, Yamaguchi M, Takemoto N, Miyoshi-Akiyama T, Sumitomo T, Nakata M, Ikebe T, Hanada T, Yamaguchi T, Kawahara R, Okuno R, Otsuka H, Matsumoto Y, Terashima Y, Kazawa Y, Nakanishi N, Uchida K, Akiyama Y, Iwabuchi K, Nakagawa C, Yamamoto K, Nizet V, Kawabata S. .  Genetic characterization of Streptococcus pyogenes emm89 strains isolated in Japan from 2011 to 2019. .  Infectious Microbes & Diseases 2 ( 4 ) 160 - 166   2020年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamaguchi M, Takemura M, Higashi K, Goto K, Hirose Y, Sumitomo T, Nakata M, Uzawa N, Kawabata S. .  Role of BgaA as a Pneumococcal Virulence Factor Elucidated by Molecular Evolutionary Analysis. .  Frontiers in Microbiology11   582437   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakata Masanobu, Kawabata Shigetada .  Detection of fibronectin-binding proteins of Streptococcus pyogenes by ligand-blot analysis. .  Methods in Molecular Biology (published by Springer Nature)2136   181 - 190   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Takeda K, Sakakibara S, Yamashita K, Motooka D, Nakamura S, El Hussien MA, Katayama J, Maeda Y, Nakata M, Hamada S, Standley DM, Hayama M, Shikina T, Inohara H, Kikutani H. .  Allergic conversion of protective mucosal immunity against nasal bacteria in patients with chronic rhinosinusitis with nasal polyposis. .  Journal of Allergy and Clinical Immunology143 ( 3 ) 1163 - 1175   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2018.07.006

    PubMed

  • Yamaguchi M, Goto K, Hirose Y, Yamaguchi Y, Sumitomo T, Nakata M, Nakano K, Kawabata S. .  Identification of evolutionarily conserved virulence factor by selective pressure analysis of Streptococcus pneumoniae. .  Communications Biology2   96   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42003-019-0340-7

    Web of Science

    PubMed

  • Hirose Y, Yamaguchi M, Okuzaki D, Motooka D, Hamamoto H, Hanada T, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S. .  Streptococcus pyogenes Transcriptome Changes in the Inflammatory Environment of Necrotizing Fasciitis. .  Applied and Environmental Microbiology85 ( 21 ) e01428-19   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.01428-19

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Yamaguchi M, Hirose Y, Takemura M, Ono M, Sumitomo T, Nakata M, Terao Y, Kawabata S. .  Streptococcus pneumoniae evades host cell phagocytosis and limits host mortality through its cell wall anchoring protein PfbA. .  Frontiers in Cellular and Infection Microbiology9   301   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcimb.2019.00301

    Web of Science

    PubMed

  • Hirose Y, Yamaguchi M, Goto K, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S .  Competence-induced protein Ccs4 facilitates pneumococcal invasion into brain tissue and virulence in meningitis .  Virulence9 ( 1 ) 1576 - 1587   2018年9月

  • Kriebel K, Hieke C, Müller-Hilke B, Nakata M, Be, Kreikemeyer .  Oral biofilms from symbiotic to pathogenic interactions and associated disease –Connection of Periodontitis and Rheumatic arthritis by peptidylarginine deiminase .  FRONTIERS IN MICROBIOLOGY9   53   2018年1月

  • Sumitomo T, Mori Y, Nakamura Y, Honda-Ogawa M, Nakagawa S, Yamaguchi M, Matsue H, Terao Y, Nakata M, Kawabata S. .  Streptococcal cysteine protease-mediated cleavage of desmogleins is involved in the pathogenesis of cutaneous infection. .  Frontiers in Cellular and Infection Microbiology8 ( 8 ) 10   2018年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcimb.2018.00010

    Scopus

    PubMed

  • Ota C, Morisaki H, Nakata M, Arimoto T, Fukamachi H, Kataoka H, Masuda Y, Suzuki N, Miyazaki T, Okahashi N, Kuwata H. .  Streptococcus sanguinis noncoding cia-dependent small RNAs negatively regulate expression of type IV pilus retraction ATPase PilT and biofilm formation. .  Infection and Immunity86 ( 3 ) e00894-17   2018年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00894-17

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Isenring J, Köhler J, Nakata M, Frank M, Jans C, Renault P, Danne C, Dramsi S, Kreikemeyer B, Oehmcke-Hecht S. .  Streptococcus gallolyticus subsp. gallolyticus endocarditis isolate interferes with coagulation and activates the contact system. .  Virulence9 ( 1 ) 248 - 261   2018年招待 査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21505594.2017.1393600

    Web of Science

    PubMed

  • Nagase S, Matsue M, Mori Y, Honda-Ogawa M, Sugitani K, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S, Okamoto S. .  Comparison of antimicrobial spectrum and mechanisms of organic virgin coconut oil and lauric acid against bacteria. .  Journal of Wellness and Health Care41 ( 1 ) 87 - 95   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sumioka R, Nakata M, Okahashi N, Li Y, Wada S, Yamaguchi M, Sumitomo T, Hayashi M, Kawabata S. .  Streptococcus sanguinis induces neutrophil cell death by production of hydrogen peroxide. .  PLoS One12 ( 2 ) e0172223   2017年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0172223

    Web of Science

    PubMed

  • Ogawa-Honda M, Sumitomo T, Mori Y, Hamd DT, Ogawa T, Yamaguchi M, Nakata M, Kawabata S. .  Streptococcus pyogenes endopeptidase O contributes to evasion from complement-mediated bacteriolysis via binding to human complement factor C1q. .  Journal of Biological Chemistry292 ( 10 ) 4244 - 4254   2017年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M116.749275

    Web of Science

    PubMed

  • Yamaguchi M, Nakata M, Sumioka R, Hirose Y, Wada S, Akeda Y, Sumitomo T, Kawabata S. .  Zinc metalloproteinase ZmpC suppresses experimental pneumococcal meningitis by inhibiting bacterial invasion of central nervous systems. .  Virulence8 ( 8 ) 1516 - 1524   2017年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21505594.2017.1328333

    Web of Science

    PubMed

  • Okahashi N, Nakata M, Kuwata H, Kawabata S. .  Streptococcus oralis induces lysosomal impairment of macrophages via bacterial hydrogen peroxide. .  Infection and Immunity84 ( 7 ) 2042 - 2050   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00134-16

  • Yamaguchi M, Hirose Y, Nakata M, Uchiyama S, Yamaguchi Y, Goto K, Sumitomo T, Lewis A, Kawabata S. .  Evolutionary inactivation of a sialidase in group B Streptococcus. .  Scientific Reports6   28852   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep28852

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Yamaguchi M, and Kawabata S. .  Group A Streptococcus exploits human plasminogen for bacterial translocation across epithelial barrier via tricellular tight junctions. .  Scientific Reports6   20069   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep20069

  • Morita C, Sumioka R, Nakata M, Okahashi N, Wada S, Yamashiro T, Hayashi M, Hamada S, Sumitomo T, Kawabata S. .  Cell wall-anchored nuclease of Streptococcus sanguinis contributes to escape from neutrophil extracellular trap-mediated bacteriocidal activity. .  PLoS One9 ( 8 ) e103125   2014年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0103125

  • Okahashi N, Sumitomo T, Nakata M, Sakurai A, Kuwata H, Kawabata S. .  Hydrogen peroxide contributes to the epithelial cell death induced by the oral mitis group of streptococci. .  PLoS One9 ( 1 ) e88136   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088136

  • Honda-Ogawa M, Ogawa T, Terao Y, Sumitomo T, Nakata M, Ikebe K, Maeda Y, Kawabata S. .  Cysteine proteinase from Streptococcus pyogenes enables evasion of innate immunity via degradation of complement factors. .  Journal of Biological Chemistry288 ( 22 ) 15854 - 15864   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.469106

  • Okahashi N, Nakata M, Sumitomo T, Terao Y, Kawabata S. .  Hydrogen peroxide produced by oral streptococci induces macrophage cell death. .  PLoS One8 ( 5 ) e62563   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0062563

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Terao Y, Kawabata S. .  Group A streptococcal cysteine protease cleaves epithelial junctions and contributes to bacterial translocation. .  Journal of Biological Chemistry288 ( 19 ) 13317 - 13324   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M113.459875

  • Kimura KR, Nakata M, Sumitomo T, Kreikemeyer B, Podbielski A, Terao Y, Kawabata S. .  Involvement of T6 pili in biofilm formation by serotype M6 Streptococcus pyogenes. .  Journal of Bacteriology194 ( 4 ) 804 - 812   2012年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JB.06283-11

  • Sumitomo T, Nakata M, Yamaguchi M, Terao Y, Kawabata S. .  S-carboxymethylcysteine inhibits adherence of Streptococcus pneumoniae to human alveolar epithelial cells. .  Journal of Medical Microbiology61 ( Pt1 ) 101 - 108   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/jmm.0.033688-0

  • Nakata M, Kimura KR, Sumitomo T, Wada S, Sugauchi A, Oiki E, Higashino M, Kreikemeyer B, Podbielski A, Okahashi N, Hamada S, Isoda R, Terao Y, Kawabata S. .  Assembly mechanism of FCT region type 1 pili in serotype M6 Streptococcus pyogenes. .  Journal of Biological Chemistry286 ( 43 ) 37566 - 37577   2011年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.239780

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Jin Y, Terao Y, Fujinaga Y, Kawabata S. .  Streptolysin S contributes to group A streptococcal translocation across an epithelial barrier. .  Journal of Biological Chemistry286 ( 4 ) 2750 - 2761   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M110.171504

  • Okahashi N, Nakata M, Terao Y, Isoda R, Sakurai A, Sumitomo T, Yamaguchi M, Kimura RK, Oiki E, Kawabata S, Ooshima T. .  Pili of oral Streptococcus sanguinis bind to salivary amylase and promote the biofilm formation. .  Microbial Pathogenesis50 ( 3-4 ) 148 - 154   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.micpath.2011.01.005

  • Okahashi N, Okinaga T, Sakurai A, Terao Y, Nakata M, Nakashima K, Shintani S, Kawabata S, Ooshima T, Nishihara T. .  Streptococcus sanguinis induces foam cell formation and cell death of macrophages in association with production of reactive oxygen species. .  FEMS Microbiology Letters323 ( 2 ) 164 - 170   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1574-6968.2011.02375.x

  • Okahashi N, Nakata M, Sakurai A, Terao Y, Hoshino T, Yamaguchi M, Isoda R, Sumitomo T, Nakano K, Kawabata S, Ooshima T. .  Pili of oral Streptococcus sanguinis bind to fibronectin and contribute to cell adhesion. .  Biochemical and Biophysical Research Communications391 ( 2 ) 1192 - 1196   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2009.12.029

  • Nakata M, Köller T, Moritz K, Ribardo D, Jonas L, McIver KS, Sumitomo T, Terao Y, Kawabata S, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  Mode of expression and functional characterization of FCT-3 pilus region encoded proteins in the Streptococcus pyogenes serotype M49. .  Infection and Immunity77 ( 1 ) 32 - 44   2009年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00772-08

  • Panchaud A, Guy L, Collyn F, Haenni M, Nakata M, Podbielski A, Moreillon P, Roten CA. .  M-protein and other intrinsic virulence factors of Streptococcus pyogenes are encoded on an ancient pathogenicity island. .  BMC Genomics10   198   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2164-10-198

  • Köller T, Nelson D, Nakata M, Kreutzer M, Fischetti VA, Glocker MO, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  PlyC, a novel bacteriophage lysin for compartment-dependent proteomics of group A streptococci. .  Proteomics8 ( 1 ) 140 - 148   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pmic.200700001

  • Klenk M, Nakata M, Podbielski A, Skupin B, Schroten H, Kreikemeyer B. .  Streptococcus pyogenes serotype-dependent and independent changes in infected HEp-2 epithelial cells. .  ISME Journal1 ( 8 ) 678 - 692   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ismej.2007.54

  • Kreikemeyer B, Nakata M, Köller T, Hildisch H, Kourakos V, Standar K, Kawabata S, Glocker MO, Podbielski A. .  The Streptococcus pyogenes serotype M49 Nra-Ralp3 transcriptional regulatory network and its control on virulence factor expression from the novel ERES pathogenicity region. .  Infection and Immunity75 ( 12 ) 5698 - 5710   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/IAI.00175-07

  • Klenk M, Koczan D, Guthke R, Nakata M, Thiesen HJ, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  Global epithelial cell transcriptional responses reveal Streptococcus pyogenes Fas regulator activity association with bacterial aggressiveness. .  Cellular Microbiology7 ( 9 ) 1237 - 1250   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1462-5822.2005.00548.x

  • Kreikemeyer B, Nakata M, Oehmcke S, Gschwendtner C, Normann J, Podbielski A. .  Streptococcus pyogenes collagen type I-binding Cpa surface protein. Expression profile, binding characteristics, biological functions, and potential clinical impact. .  Journal of Biological Chemistry280 ( 39 ) 33228 - 33239   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M502896200

  • Nakata M, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  MsmR, a specific positive regulator of the Streptococcus pyogenes FCT pathogenicity region and cytolysin-mediated translocation system genes. .  Molecular Microbiology57 ( 3 ) 786 - 803   2005年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2958.2005.04730.x

  • Nakagawa I, Amano A, Mizushima N, Yamamoto A, Yamaguchi H, Kamimoto T, Nara A, Funao J, Nakata M, Tsuda K, Hamada S, Yoshimori T. .  Autophagy defends cells against invading group A Streptococcus. .  Science306 ( 5698 ) 1037 - 1040   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1103966

  • Nakagawa I, Nakata M, Kawabata S, Hamada S. .  Transcriptome analysis and gene expression profiles of early apoptosis-related genes in Streptococcus pyogenes-infected epithelial cells. .  Cellular Microbiology6 ( 10 ) 939 - 952   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1462-5822.2004.00412.x

  • Kreikemeyer B, Oehmcke S, Nakata M, Hoffrogge R, Podbielski A. .  Streptococcus pyogenes fibronectin-binding protein F2: expression profile, binding characteristics, and impact on eukaryotic cell interactions. .  Journal of Biological Chemistry279 ( 16 ) 15850 - 15859   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M313613200

  • Nakagawa I, Kurokawa K, Yamashita A, Nakata M, Tomiyasu Y, Okahashi N, Kawabata S, Yamazaki K, Shiba T, Yasunaga T, Hayashi H, Hattori M, Hamada S. .  Genome sequence of an M3 strain of Streptococcus pyogenes reveals a large-scale genomic rearrangement in invasive strains and new insights into phage evolution. .  Genome Research13 ( 6A ) 1042 - 1055   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1101/gr.1096703

  • Terao Y, Kawabata S, Nakata M, Nakagawa I, Hamada S. .  Molecular characterization of a novel fibronectin-binding protein of Streptococcus pyogenes strains isolated from toxic shock-like syndrome patients. .  Journal of Biological Chemistry277 ( 49 ) 47428 - 47435   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M209133200

  • Nakagawa I, Nakata M, Yamamura T, Wakisaka S, Kawabata S, Hamada S. .  Infection and pathogenesis of a murine strain of Escherichia coli with genetically introduced Shiga toxin type I operon in conventional mice. .  Microbial Pathogenesis33 ( 2 ) 63 - 72   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/mpat.2002.0518

  • Nakagawa I, Nakata M, Kawabata S, Hamada S. .  Cytochrome c-mediated caspase-9 activation triggers apoptosis in Streptococcus pyogenes-infected epithelial cells .  Cellular Microbiology3 ( 6 ) 395 - 405   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1462-5822.2001.00122.x

  • Nakagawa I, Nakata M, Kawabata S, Hamada S. .  Regulated expression of the Shiga toxin B gene induces apoptosis in mammalian fibroblastic cells. .  Molecular Microbiology33 ( 6 ) 1190 - 1199   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2958.1999.01564.x

▼全件表示

書籍等出版物

  • Group A Streptococcus: Methods and Protocols

    Nakata M, Kawabata S.( 担当: 共著 ,  範囲: Detection of fibronectin-binding proteins of Streptococcus pyogenes by ligand-blot analysis.)

    Springer Nature  2020年 

     詳細を見る

    総ページ数:10   担当ページ:181-190   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 口腔微生物学・免疫学 第5版 査読

    中田匡宣( 担当: 共著 ,  範囲: 微生物の遺伝学,微生物遺伝子の変化,微生物遺伝子の応用)

    医歯薬出版株式会社  2021年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:17   記述言語:日本語

  • 口腔微生物学・免疫学 第4版

    中田匡宣,川端重忠 他( 担当: 共著 ,  範囲: 微生物の遺伝学,微生物遺伝子の変化,微生物遺伝子の応用)

    医歯薬出版株式会社  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:17   担当ページ:32〜48   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 病原性レンサ球菌の病原因子の機能解析.

    寺尾豊, 中田匡宣, 住友倫子, 磯田竜太朗, 川端重忠( 担当: 共著)

    大阪大学出版会  2008年3月 

     詳細を見る

    著書種別:一般書・啓蒙書

  • 生命歯科医学のカッティング・エッジ

    寺尾豊,住友倫子,中田匡宣,磯田竜太朗,川端重忠 他( 担当: 分担執筆)

    大阪大学出版会  2008年 

     詳細を見る

    総ページ数:11   担当ページ:68〜78   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • The 9th International Conference on Shallow-Level Centers in Semiconductors : proceedings of the Yamada Conference LIV, held in Awaji island, Hyogo, Japan, 24-27 September 2000

    International Conference on Shallow-Level Centers in Semiconductors

    Elsevier Science  2001年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

  • Streptococci and Streptococcal Diseases edited by Martin DR, and Tagg JR.Effects of receptor-globulins on invasive group A streptococcal infection.

    Nakagawa I, Kimura RK, Nakata M, Kuwata H, Kawabata S, Hamada S( 担当: 共著)

    Securacopy Press  2000年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 化膿レンサ球菌による温度感受性の翻訳制御

    中田 匡宣

    南九州歯学会雑誌   3 ( 1 )   1 - 7   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:南九州歯学会  

    化膿レンサ球菌(Streptococcus pyogenes)は主に上気道や皮膚に限局性の化膿性疾患を惹き起こす。また,免疫性続発症や劇症型溶血性レンサ球菌感染症の原因になる。化膿レンサ球菌が宿主に定着し,多様な疾患を惹き起こすためには,環境条件に応じて分泌タンパク質の発現を調節する必要がある。化膿レンサ球菌の線毛は宿主組織への付着因子であるとともに,バイオフィルム形成や宿主免疫の回避に寄与することが報告されている。また、線毛のメジャーサブユニットの抗原性はTタイピングに用いられてきた。本稿では,化膿レンサ球菌の特定のサブセットから温度依存性に線毛が産生される機構を紹介する。この現象は,線毛遺伝子に対する転写因子であるNraの温度に依存する転写後翻訳制御に起因する。すなわち,nra mRNAの翻訳領域に位置する推定ステムループ構造がサーモセンサーとして機能し,温度感受性にnra mRNAの翻訳と線毛の産生を誘導する。この現象の発見により,化膿レンサ球菌の組織指向性と線毛発現様式の関連とともに,mRNAによる温度感知と翻訳制御が化膿レンサ球菌の宿主環境への適応に重要であることが示唆された。(著者抄録)

  • Secondary streptococcal infection following influenza(タイトル和訳中)

    Okahashi Nobuo, Sumitomo Tomoko, Nakata Masanobu, Kawabata Shigetada

    Microbiology and Immunology   66 ( 6 )   253 - 263   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • Small regulatory RNAs of oral streptococci and periodontal bacteria(タイトル和訳中)

    Oogai Yuichi, Nakata Masanobu

    The Japanese Dental Science Review   57   209 - 216   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本歯科医学会  

  • Genetics, Structure, and Function of Group A Streptococcal Pili 査読

    Nakata, M., Kreikemeyer, B.

    Frontiers in Microbiology   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Streptococcus pyogenes emm89型の侵襲性に寄与する因子の検索

    広瀬雄二郎, 山口雅也, 秋山徹, 竹本訓彦, 奥野ルミ, 山口貴弘, 大塚仁, 住友倫子, 中田匡宣, 川端重忠

    日本細菌学雑誌(Web)   75 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

  • Oral biofilms from symbiotic to pathogenic interactions and associated disease – Connection of Periodontitis and Rheumatic arthritis by peptidylarginine deiminase. 査読

    Kriebel K, Hieke C, Müller-Hilke B, Nakata M, Kreikemeyer B.

    Frontiers in Microbiology   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Erratum: Group A Streptococcus exploits human plasminogen for bacterial translocation across epithelial barrier via tricellular tight junctions.

    Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Yamaguchi M, Kawabata S

    Scientific reports   7   46388   2017年6月

  • 【改めて考えるレンサ球菌感染症】レンサ球菌の病原因子

    中田 匡宣, 川端 重忠

    化学療法の領域   33 ( 6 )   1183 - 1190   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    化膿レンサ球菌(Streptococcus pyogenes),肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)およびB群レンサ球菌(Streptococcus agalactiae)は高い罹患率と死亡率をもたらす病原性レンサ球菌である。近年,抗菌薬耐性菌の増加により病原性レンサ球菌に対するワクチンの開発や改良が望まれている。菌体の定着やヒト免疫機構からの回避に寄与する病原因子群は感染成立と病態形成に必須であり,ワクチン抗原の候補となり得る。近縁種に共通して認められる病原因子も数多く存在し,レンサ球菌に普遍的な病原性を与えている。(著者抄録)

  • 【改めて考えるレンサ球菌感染症】レンサ球菌の病原因子

    中田 匡宣, 川端 重忠

    化学療法の領域   33 ( 6 )   1183 - 1190   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医薬ジャーナル社  

    化膿レンサ球菌(Streptococcus pyogenes),肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae)およびB群レンサ球菌(Streptococcus agalactiae)は高い罹患率と死亡率をもたらす病原性レンサ球菌である。近年,抗菌薬耐性菌の増加により病原性レンサ球菌に対するワクチンの開発や改良が望まれている。菌体の定着やヒト免疫機構からの回避に寄与する病原因子群は感染成立と病態形成に必須であり,ワクチン抗原の候補となり得る。近縁種に共通して認められる病原因子も数多く存在し,レンサ球菌に普遍的な病原性を与えている。(著者抄録)

  • レンサ球菌感染症に対する免疫療法の可能性.

    中田匡宣, 川端重忠.

    化学療法の領域   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 肺炎球菌と現行ワクチン.

    中田匡宣, 川端重忠.

    日本歯科医師会雑誌   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 病原性レンサ球菌の二成分制御系シグナル伝達機構.

    中田匡宣, 川端重忠.

    化学療法の領域   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 口腔内微生物の網羅的検出.

    中田匡宣, 川端重忠.

    歯界展望   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • A群レンサ球菌の病原性発現に関する分子機構.

    中田匡宣, 寺尾豊,川端重忠.

    感染・炎症・免疫   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • A群レンサ球菌 Pilus 発現機構の解析

    中田 匡宣, 川端 重忠

    日本細菌学雑誌   62 ( 1 )   83 - 83   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  • レンサ球菌感染症に対する免疫療法の可能性.

    中田匡宣,寺尾豊,川端重忠.

    炎症と免疫   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Higashi K, Yamaguchi M, Takebe K, Nakata M, Sumitomo T, Suzuki M, Varki A, Nizet V, Kawabata S. .  Hyaluronidase in Streptococcus pyogenes – analysis based on structural biology and molecular phylogenetics. .  Society for Glycobiology 2023 Annal meeting  2023年11月  国際共著 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

  • 田中 友三佳,大貝 悠一,松本 愛理,中田 匡宣. .  Fusobacterium nucleatumが Fap2を介してAggregatibacter actinomycetemcomitansと共凝集する機構の解析. .  第65回歯科基礎医学会学術大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

  • 中田 匡宣,窪田 星子,広瀬 雄二郎,山口 雅也,住友倫子,川端重忠. .  化膿レンサ球菌のRNase Yによる線毛産生量の調節. .  第65回歯科基礎医学会学術大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語  

  • 武部 克希,鈴木 守,東 孝太郎,山口 雅也,住友 倫子,川端 重忠,中田 匡宣. .  Streptococcus sanguinis が産生する線毛タンパク質の X線結晶構造解析. .  第65回 歯科基礎医学会学術大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

  • 松本愛理,大貝悠一,田端厚之,住友倫子,中田匡宣. .  ミティス群レンサ球菌が産生する細胞外小胞の作用特性の解明. .  九州微生物研究フォーラム2023  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

  • 赤松 由佳子, 住友倫子, 高原悠樹, 広瀬雄二郎, 山口雅也, 中田匡宣, 秋山茂久, 明石満, 川端重忠. .  交互積層細胞コーティング法を用いた三次元肺組織モデルの構築と感染モデルへの応用. .  第75回 日本細菌学会関西支部総会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

  • 赤松 由佳子, 住友 倫子, 高原 悠樹, 山口 雅也, 中田 匡宣, 明石 満, 川端 重忠. .  肺炎球菌を感染させた三次元肺組織モデルにおける上皮バリアの機能障害と炎症応答の解析. .  第64回 歯科基礎医学会学術大会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:徳島市  

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 河野 正充, 赤松 由佳子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 保富 宗城, 川端 重忠. .  肺炎球菌のニューモライシン依存的な鼻粘膜上皮バリア傷害と脳伝播機構の解析. .  第52回 レンサ球菌研究会  2022年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

  • 高原悠樹,住友倫子,河野正充,山口雅也,中田匡宣,保富宗城,川端重忠. .  肺炎球菌のニューモライシンによる鼻粘膜上皮バリアの傷害と脳伝播機構の解析 .  第95回日本細菌学会総会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

  • Nasal epithelial barrier dysfunction involved in non-hematogenous pneumococcal dissemination to brain tissue .  2021年12月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語  

  • 高原悠樹, 住友倫子, 山口雅也, 中田匡宣, 川端重忠 .  肺炎球菌のニューモライシン依存的な鼻粘膜バリア傷害と脳への伝播機構の関連 .  第63回歯科基礎医学会学術大会  2021年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  • 中田匡宣 .  化膿レンサ球菌におけるサーモセンサーの発見 .  第3回南九州歯学会学術大会  2021年  第3回南九州歯学会学術大会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 大貝悠一, 藤田愛弓, 中田匡宣, 小松澤均 .  Aggregatibacter actinomycetemcomitansは血清培養時に共凝集性を促進する. .  第94回 日本細菌学会総会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  • 中田匡宣 .  Thermosensitive pilus production by Streptococcus pyogenes via mRNA thermosensor. .  第93回 日本細菌学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 中田匡宣, 住友倫子, 川端重忠. .  温度感受性転写因子の翻訳効率に依存する化膿レンサ球菌の線毛発現. .  第61回 歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Sumitomo T, Hamd DT, Honda-Ogawa M, Mori Y, Yamaguchi M, Nakata M, Kawabata S. .  Two-component regulatory system TCS08 contributes to pathogenesis in pneumococcal pneumonia. .  ASM Microbe 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣, 住友倫子, 川端重忠. .  化膿レンサ球菌による温度依存性の線毛産生. .  第92回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Yamaguchi M, Goto K, Hirose Y, Yamaguchi Y, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S. .  Identification of novel pneumococcal virulence factor CbpJ by molecular evolutional analysis. .  Gordon Research Conference  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hirose Y, Yamaguchi M, Goto K, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S. .  Pneumococcal Ccs4 facilitates its invasion into brain tissue and develops meningitis. .  118th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Yamaguchi M, Hirose Y, GotoK, Sumitomo T, Nakata M, Kawabata S. .  Streptococcus pneumoniae evades host innate immunity through parallel β-helix protein PfbA. .  20th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococal Disease.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣, 住友倫子, 川端重忠. .  化膿レンサ球菌における温度感受性の線毛発現機構. .  第59回 歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sumitomo T, Mori Y, Nakamura Y, Honda-Ogawa M, Yamaguchi M, Terao Y, Nakata M, Kawabata S. .  Streptococcal cysteine protease-mediated cleavage of desmogleins contributes to development of cutaneous infection. .  IUMS2017  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣, 住友倫子, 山口雅也, 川端重忠. .  化膿レンサ球菌の線毛発現機構. .  第37回 近畿腸管微生物研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Honda M, Sumitomo T, Mori Y, Yamaguchi M, Nakata M, Kawabata S. .  Involvement of Group A streptococcal endopeptidase O in evasion from complement-mediated bacteriolysis via binding to complement C1q. .  13th Korea-Japan International Symposium on Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,住友倫子,山口雅也,川端重忠. .  培養温度の変化が肺炎球菌の血中での生存に及ぼす影響. .  第89回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Sumitomo T, Nakata M, Yamaguchi M, Kawabata S. .  Group A Streptococcus penetrates across an epithelial barrier via tricellular tight junctions. .  115th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月 - 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,住友倫子,寺尾豊,川端重忠. .  Transcriptional regulation of FCT type 1 pili in serotype M6 Streptococcus pyogenes. .  第88回日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Yamaguchi M, Yamaguchi Y, Nakata M, Henningham A, Olson J, Dahesh S, Cole J, Kawabata S, Varki A, Nizet V. .  Enzymatically active extracellular hyaluronidase (HylA) of group A Streptococcus promotes intracellular survival and virulence. .  SFG and JSCR2014 Joint Annual Meeting  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Morita C, Nakata M, Sumioka R, Okahashi N, Hamada S, Sumitomo T, Kawabata S. .  Role of Streptococcus sanguinis cell wall-anchored nuclease. .  19th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococal Disease  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,住友倫子,川端重忠. .  Streptococcus sanguinisが産生する菌体表層ヌクレアーゼの解析. .  第34回 近畿腸管微生物研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中田匡宣,住友倫子,浜田茂幸,川端重忠. .  Regulation of pilus gene expression in FCT type 3 strain of Streptococcus pyogenes. .  第87回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Nakata M, Kawabata S. .  Mode of expression and assembly mechanism of Group A Streptococcal pili. .  12th Awaji International Forum on Infection and Immunity  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Terao Y, Kawabata S. .  Group A streptococcal pyrogenic exotoxin B cleaves epithelial junctions and contributes to bacterial translocation. .  113th General Meeting of American Society for Microbiology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Sumitomo T, Kawabata S. .  Assembly mechanism of T6 pili and its involvement in biofilm formation. .  GAS Infections 2013  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 中田匡宣,住友倫子,寺尾豊,浜田茂幸,川端重忠. .  Cell wall anchoring mechanism of FCT region type 3 pili in Streptococcus pyogenes. .  第86回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Terao Y, Kawabata S. .  Group A streptococcal cysteine protease cleaves epithelial junctions and contributes to bacterial translocation. .  11th Korea-Japan International Symposium on Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,住友倫子,寺尾豊,川端重忠. .  A群レンサ球菌が産生するT6線毛の発現機構の解析. .  第32回 近畿腸管微生物研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中田匡宣,住友倫子,東野美晴,岡橋暢夫,浜田茂幸,寺尾豊,川端重忠. .  Assembly mechanism of T6 pili in serotype M6 Streptococcus pyogenes. .  第85回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Sumitomo T, Nakata M, Higashino M, Terao Y, Kawabata S. .  Streptococcal pyrogenic exotoxin B contributes to cleavage of epithelial junctions. .  XVIII Lancefield International Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,木村敬次Richard,住友倫子,寺尾豊,川端重忠. .  T6線毛の形成機構とバイオフィルム形成への関与. .  第20回 Lancefieldレンサ球菌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sumitomo T, Nakata M, Terao Y, Kawabata S. .  Streptolysin S contributes to group A streptococcal paracellular translocation across epithelial cells. .  10th Awaji International Forum on Infection and Immunity  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 中田匡宣,住友倫子,磯田竜太朗,寺尾豊,川端重忠. .  A群レンサ球菌が産生する線毛の細胞壁架橋機構の解析. .  第83回 日本細菌学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Sumitomo T, Nakata M, Terao Y, Kawabata S. .  Group A Streptococci translocates across epithelial barrier via intercellular junction cleavage. .  109th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Isoda R, Terao Y, Nakata M, Sumitomo T, Kawabata S. .  Neonatal exposure induced commensal-like immune-response against Aggregatibacter actinomycetemcomitans in mice. .  87th General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Nakata M, Fiedler T, Koller T, Stander K, Kawabata S, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  The Nra-Ralp3 transcriptional regulatory network of Streptococcus pyogenes serotype M49: control of the novel ERES pathogenicity region. .  17th Lancefield International Symposium on Streptococci & Streptococcal Diseases  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Nakata M, Ribardo DA, McIver KS, Podbielski A, Kreikemeyer B, Kawabata S. .  Role of the Streptococcus pyogenes FCT-region components in pilus assembly and virulence. .  7th Awaji International Forum on Infection and Immunity  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Ribardo DA, McIver KS, Kawabata S, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  Role of Streptococcus pyogenes FCT-region sortase and other components in pilus assembly and virulence. .  107th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  Analysis of a genomic island encoding important virulence factors and transcriptional regulators. .  7th ASM Conference on Streptococcal Genetics  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakagawa I, Nakata M, Sakurai A, Kawabata S, Hamada S. .  Rac1-mediated invasion triggers apoptotic cell death in Streptococcus pyogenes infected epithelial cells by inducing reactive oxygen subspecies. .  105th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Kreikemeyer B, Podbielski A. .  Analysis of differential recognition of surface proteins by sortase A and C2 in serotype M49 Streptococcus pyogenes. .  2nd Joint Conference of the German Society for Hygiene and Microbiology (DGHM) and the Association for General and Applied Microbiology (VAAM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Podbielski A, Kreikemeyer B. .  MsmR, a specific positive regulator of the Streptococcus pyogenes FCT pathogenicity region and cytolysin-mediated translocation system genes. .  2nd Joint Conference of the German Society for Hygiene and Microbiology (DGHM) and the Association for General and Applied Microbiology (VAAM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Nakata M, Kreikemeyer B, Podbielski A. .  The functional analysis of proteins encoded by the Group A Streptococcus pyogenes FCT region. .  Conference program for the specialized group “Microbial Pathogenicity”  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nakata M, Kreikemeyer B, Podbielski A. .  Functional characterization of the MsmR positive regulator for fibronectin-binding by Streptococcus pyogenes. .  56th conference of the German Society for Hygiene and Microbiology (DGHM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Kreikemeyer B, Podbielski A. .  Functional analysis of a potential polypeptide processing complex and virulence factors encoded by the Streptococcus pyogenes FCT pathogenicity region. .  56th conference of the German Society for Hygiene and Microbiology (DGHM)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Nakagawa I, Kawabata S, Hamada S. .  Overexpression of Bcl-2 can protect S. pyogenes-infected epithelial cells from apoptotic cell death. .  15th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakata M, Nakagawa I, Kawabata S, Hamada S. .  Overexpression of Bcl-2 can protect Streptococcus pyogenes infected epithelial cells from apoptotic cell death. .  101st General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakagawa I, Nakata M, Kawabata S, Hamada S. .  Cytochrome c mediated caspase-9 activation triggers apoptosis in Streptococcus pyogenes infected epithelial cells. .  101st General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakagawa I, Kimura KR, Nakata M, Kuwata H, Kawabata S, Hamada S. .  A fibronectin - Fc fusion protein protects from group A streptococcal infection. .  100th General Meeting of American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakagawa I, Kimura KR, Nakata M, Kuwata H, Kawabata S, Hamada S. .  Effects of Receptor-globulins on invasive Group A Streptococcal infection. .  14th Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Nakagawa I, Nakata M, Kawabata S, Hamada S. .  Induction of apoptosis by regulated expression of the Shiga toxin B gene. .  99th General Meeting of the American Society for Microbiology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年5月 - 1999年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 窪田 星子, 中田 匡宣, 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 住友 倫子, 川端 重忠 .  血清型M49型Streptococcus pyogenesのCvfAは病原因子の発現と温度依存性の線毛産生に関与する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 李 怡萱, 中田 匡宣, 住友 倫子, 広瀬 雄二郎, 竹村 萌, 山口 雅也, 岡橋 暢夫, 川端 重忠 .  血清型M18型Streptococcus pyogenesのnra遺伝子に存在するナンセンス変異への点変異導入は温度依存性の線毛産生を誘導する(Restoration of intact nra transcriptional regulator into serotype M18 Streptococcus pyogenes induced thermosensitive pilus production) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 本多 真理子, 住友 倫子, Hamd Dalia, 毛利 泰士, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌性肺炎の発症における2コンポーネント調節系TSC08の関与(Involvement of two-component regulatory system TCS08 in pneumococcal pneumonia pathogenesis) .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 竹村 萌, 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌の菌体表層タンパク質BgaAが病態形成に果たす役割 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • 山口 雅也, 中田 匡宣, 住岡 龍一, 和田 聖史, 広瀬 雄二郎, 明田 幸宏, 住友 倫子, 川端 重忠 .  肺炎球菌のジンクメタロプロテアーゼの系統解析と髄膜炎発症に果たす役割の解明 .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 後藤 花奈, 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌のコリン結合タンパク質CbpJおよびCbpLの肺炎発症における役割の解析 .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 後藤 花奈, 竹村 萌, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌のβ-ヘリックス構造タンパク質PfbAを介した貪食回避機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • 竹村 萌, 山口 雅也, 後藤 花奈, 広瀬 雄二郎, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌のβ-ガラクトシダーゼBgaAの進化的な保存性と病態に果たす役割の解析 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌のCcs4は脳血管内皮細胞への侵入に寄与する病原因子である .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌が非血行性に脳へ伝播する機構の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 長瀬 賢史, 高原 悠樹, 山口 雅也, 岡本 成史, 川端 重忠 .  病原性 インフルエンザに続発する細菌性肺炎の発症におけるGP96の機能解析 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • 中田 匡宣 .  環境に対応する微生物の生存戦略 mRNAサーモセンサーにより制御される化膿レンサ球菌の温度感受性線毛産生(Microbial strategies for survival in response to environmental factors Thermosensitive pilus production by Streptococcus pyogenes via mRNA thermosensor) .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 川端 重忠 .  温度感受性転写因子の翻訳効率に依存する化膿レンサ球菌の線毛発現 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 山口 雅也, 後藤 花奈, 竹村 萌, 広瀬 雄二郎, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  宿主と病原体が織りなす進化の謎 進化的な保存性の評価に基づく肺炎球菌の病原因子の探索 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌のアルギニンデイミナーゼArcAは低グルコース環境下で病原因子の発現に寄与する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌のアルギニンデイミナーゼArcAは低グルコース環境下で病原因子の発現に寄与する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 本多 真理子, 住友 倫子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌のendopeptidase Oと補体C1qの相互作用が病原性に及ぼす影響 .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌による温度依存性の線毛産生 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌における温度感受性の線毛発現機構 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 東 孝太郎, 武部 克希, 山口 雅也, 住友 倫子, 中田 匡宣, 鈴木 守, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌におけるヒアルロン酸分解酵素の分子系統解析およびタンパク質構造解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 秋山 徹, 竹本 訓彦, 奥野 ルミ, 山口 貴弘, 大塚 仁, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  分類・疫学・感染症 Streptococcus pyogenes emm 89型の侵襲性に寄与する因子の検索 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • 山口 雅也, 後藤 花奈, 広瀬 雄二郎, 竹村 萌, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  分子進化解析に基づく肺炎球菌のコリン結合タンパク質群の選択圧の評価 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 岡橋 暢夫, 中田 匡宣, 広瀬 雄二郎, 桑田 啓貴, 川端 重忠 .  ミティス群レンサ球菌が産生する過酸化水素はマスト細胞の細胞死を誘導し、脱顆粒を抑制する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 花田 知己, 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  マウス壊死性筋膜炎モデルの感染局所におけるStreptococcus pyogenesの遺伝子発現解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 山口 雅也, 川端 重忠 .  インフルエンザ感染によるGP96シャペロンの活性化は肺炎球菌の肺胞上皮細胞への付着を亢進させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 山口 雅也, 川端 重忠 .  インフルエンザウイルス感染は化膿レンサ球菌の上皮バリア突破を亢進させる .  日本細菌学雑誌  2017年2月  日本細菌学会

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 山口 雅也, 川端 重忠 .  インフルエンザウイルス感染によるSnail1の発現誘導は化膿レンサ球菌の上皮バリア突破を亢進させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 長瀬 賢史, 高原 悠樹, 山口 雅也, 岡本 成史, 川端 重忠 .  インフルエンザに続発する細菌性肺炎の発症におけるGP96の機能解析 .  日本細菌学雑誌  2020年1月  日本細菌学会

  • 李 怡萱, 中田 匡宣, 岡橋 暢夫, 山口 雅也, 住友 倫子, 川端 重忠 .  Streptococcus sanguinisが産生する線毛の構成因子(Component analysis of pili in Streptococcus sanguinis) .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 李 怡萱, 中田 匡宣, 岡橋 暢夫, 山口 雅也, 住友 倫子, 川端 重忠 .  Streptococcus sanguinisが産生する細菌壁架橋型線毛の構成因子 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 花田 知己, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesは低グルコース環境においてアルギニン代謝依存的に遺伝子発現を変動させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 毛利 泰士, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesのアルギニン代謝系が病変形成に果たす役割の解析 .  日本細菌学雑誌  2019年3月  日本細菌学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 毛利 泰士, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesが産生するArcAは皮膚病変形成に寄与する .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 竹村 萌, 大野 誠之, 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  Streptococcus pneumoniaeは種特異的なタンパク質PfbAにより過剰に免疫応答を伴う宿主の死亡を抑制する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pneumoniae Ccs4は脳血管内皮細胞への付着・侵入を促進する病原因子である .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 中田匡宣 .  化膿レンサ球菌におけるサーモセンサーの発見 .  第3回南九州歯学会学術大会  2021年  招待

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 河野 正充, 山口 雅也, 中田 匡宣, 保富 宗城, 川端 重忠 .  選抜ワークショップ3:病原性(毒素・エフェクター・生理活性物質・接着因子・定着因子) 肺炎球菌のニューモライシンによる鼻粘膜上皮バリアの傷害と脳伝播機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2022年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岡橋 暢夫, 沖永 敏則, 桜井 敦朗, 寺尾 豊, 中田 匡宣, 川端 重忠, 西原 達次 .  過酸化水素は口腔レンサ球菌の隠れた病原因子かもしれない .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 赤松 由佳子, 住友 倫子, 高原 悠樹, 山口 雅也, 中田 匡宣, 明石 満, 川端 重忠 .  肺炎球菌を感染させた三次元肺組織モデルにおける上皮バリアの機能障害と炎症応答の解析(Analysis of lung epithelial barrier dysfunction and inflammatory response using three-dimensional lung tissue model infected with Streptococcus pneumoniae) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2022年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  肺炎球菌の菌体表層タンパクPfbAは宿主の自然免疫機構からの回避に寄与する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠, 河野 正充, 保富 宗城 .  肺炎球菌のニューモライシン依存的な鼻粘膜バリア傷害と脳への伝播機構の関連(Pneumolysin-dependent dysfunction of the nasal epithelial barrier is involved in pneumococcal dissemination to brain tissue) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 毛利 泰士, 住友 倫子, 本多 真理子, 山口 雅也, 寺尾 豊, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  細菌病原性の分子機序研究の最前線 Streptococcus pyogenesのシステインプロテアーゼによるデスモグレイン分解が皮膚感染症の発症に及ぼす影響 .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 浜田 茂幸, 川端 重忠 .  細菌の環境シグナル受容体と遺伝子調節ネットワーク Streptococcus pyogenesが産生するFCT3型線毛の発現調節機構の解析(Bacterial signal receptors and networks for gene regulation Regulation of pilus gene expression in FCT type 3 strain of Streptococcus pyogenes) .  日本細菌学雑誌  2014年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  細胞間隙経路を介したA群レンサ球菌の上皮細胞バリア突破機構にはストレプトリジンSが関与する(Streptolysin S contributes to group A streptococcal paracellular translocation across epithelial cells) .  日本細胞生物学会大会講演要旨集  2010年5月  (一社)日本細胞生物学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 河野 正充, 山口 雅也, 中田 匡宣, 保富 宗城, 川端 重忠 .  病原因子と生態防御(感染モデル・寄生・免疫・ワクチン)/病原体と感染症 鼻咽腔に定着する肺炎球菌が非血行性に脳へ伝播する機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2021年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 山口 雅也, 川端 重忠 .  環境温度の変化に対する肺炎球菌の適応と血中における菌体生存の関連 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 中川 一路, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  志賀毒素遺伝子を導入したマウス由来大腸菌の経口感染と宿主の応答 .  日本細菌学雑誌  1999年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 東 孝太郎, 山口 雅也, 中田 匡宣, 武部 克希, 住友 倫子, 鈴木 守, 川端 重忠 .  微生物の分子論(遺伝子・タンパク質・情報伝達・代謝・各種オミクス等) 結晶構造解析に基づく化膿レンサ球菌におけるヒアルロン酸分解酵素の分子機構解明 .  日本細菌学雑誌  2021年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  形質転換誘導性タンパク質Ccs4がStreptococcus pneumoniaeの病原性に与える影響 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山口 雅也, 広瀬 雄二郎, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  常在菌と病原菌の狭間 肺炎球菌の菌体表層タンパクPfbAによる自然免疫回避機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 東野 美晴, 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  宿主細胞間接着分子の破壊に関与するA群レンサ球菌プロテアーゼの検索 .  日本細菌学雑誌  2010年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中川 一路, 中田 匡宣, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  大腸菌志賀毒素遺伝子の細胞内導入による細胞機能の阻害メカニズムの解析 .  日本細菌学雑誌  1999年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 山口 雅也, 川端 重忠 .  培養温度の変化が肺炎球菌の血中での生存に及ぼす影響 .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 山口 雅也, 川端 重忠 .  口腔病原体と宿主のinteraction その新たな展開 プラスミノゲンは三細胞性タイトジャンクションを介してグループA連鎖球菌の上皮転移を促進する(Interactions between oral pathogens and their hosts: new cutting edge Plasminogen promotes group A streptococcal epithelial translocation via tricellular tight junctions) .  日本細菌学雑誌  2015年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 岡橋 暢夫, 中田 匡宣, 住友 倫子, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  口腔レンサ球菌が産生する過酸化水素がマクロファージの細胞死を誘導する(Hydrogen peroxide produced by oral streptococci induces macrophage cell death) .  日本細菌学雑誌  2014年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 岡橋 暢夫, 中田 匡宣, 桜井 敦朗, 寺尾 豊, 山口 雅也, 星野 倫範, 川端 重忠, 大嶋 隆 .  口腔レンサ球菌S.sanguinis線毛piliの機能 .  日本細菌学雑誌  2010年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岡橋 暢夫, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  口腔レンサ球菌2型線毛の分布とその機能 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2014年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Okahashi Nobuo, Nakata Masanobu, Terao Yutaka, Isoda Ryutaro, Sakurai Atsuo, Sumitomo Tomoko, Yamaguchi Masaya, Kimura Richard K., Oiki Eiji, Kawabata Shigetada, Ooshima Takashi .  口腔のStreptococcus sanguinisの線毛は唾液アミラーゼと結合し生物膜形成を促進する(PILI OF ORAL STREPTOCOCCUS SANGUINIS BIND TO SALIVARY AMYLASE AND PROMOTE BIOFILM FORMATION) .  日本細菌学雑誌  2011年10月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 東 孝太郎, 山口 雅也, 中田 匡宣, 武部 克希, 住友 倫子, 鈴木 守, 川端 重忠 .  化膿レンサ球菌の不活性型ヒアルロン酸分解酵素の結晶構造解析と活性型変異体の構造予測(Structural analysis of Streptococcus pyogenes hyaluronidase and in silico analysis based on structural models) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 寺尾 豊, 川端 重忠, 中田 匡宣, 中川 一路, 浜田 茂幸 .  劇症型A群レンサ球菌感染症患者分離株に発現する新たなフィブロネクチン結合タンパクの解析 .  日本細菌学雑誌  2003年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中川 一路, 黒川 顕, 中田 匡宣, 冨安 祐介, 岡橋 暢夫, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  劇症型A群レンサ球菌SSI-1株の全ゲノム解析 .  日本細菌学雑誌  2002年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 冨安 祐介, 中川 一路, 中田 匡宣, 岡橋 暢夫, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  全ゲノムPCRスキャニングによるA群S.pyogenesゲノムの比較解析 .  日本細菌学雑誌  2003年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 毛利 泰士, 小川 真理子, 山口 雅之, 川端 重忠 .  インフルエンザウイルス感染に伴い上皮表層に誘導されるGP96は化膿レンサ球菌の上皮細胞への付着を亢進させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 東野 美晴, 岡橋 暢夫, 浜田 茂幸, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  T6線毛の組立て機構の解析(Assembly Mechanism of T6 Pili in Serotype M6 Streptococcus pyogenes) .  日本細菌学雑誌  2012年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 住岡 龍一, 中田 匡宣, 和田 聖史, 岡橋 暢夫, 住友 倫子, 山口 雅也, 林 美加子, 川端 重忠 .  Stretptococcus sanguinis由来の過酸化水素は好中球にNETsを誘導する .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岡橋 暢夫, 沖永 敏則, 桜井 敦朗, 寺尾 豊, 中田 匡宣, 川端 重忠, 西原 達次 .  Streptococcus sanguinisはマクロファージの泡沫化と細胞死を誘導する(Streptococcus sanguinis induces foam cell formation and cell death of macrophages) .  日本細菌学雑誌  2013年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 中川 一路, 黒川 顕, 中田 匡宣, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  Streptococcus pyogenesゲノムのリアレンジメントによるファージ遺伝子の再構成 .  日本細菌学雑誌  2003年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 本多 真理子, 寺尾 豊, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesのシステインプロテアーゼSpeBによる補体免疫系回避機構 .  日本細菌学雑誌  2013年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 毛利 泰士, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesのC3様ADPリボシルトランスフェラーゼSpyAの機能解析 .  日本細菌学雑誌  2014年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 毛利 泰士, 住友 倫子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesに起因する皮膚感染症の発症におけるSpeBの関与 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2015年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 中川 一路, 冨安 祐介, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  Streptococcus pyogenesにおける二成分シグナル伝達系遺伝子群の解析 .  日本細菌学雑誌  2003年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 寺尾 豊, 浜田 茂幸, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesが産生するFCT3型線毛の細胞壁架橋機構の解析(Cell wall anchoring mechanism of FCT region type 3 pili in Streptococcus pyogenes) .  日本細菌学雑誌  2013年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 浜田 茂幸, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenesが産生するFCT3型線毛の発現調節機構の解析(Regulation of pilus gene expression in FCT type 3 strain of Streptococcus pyogenes) .  日本細菌学雑誌  2014年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 寺尾 豊, 加藤 千景, 中田 匡宣, 浜田 茂幸, 川端 重忠 .  Streptococcus pyogenes FbaBの細胞付着侵入および発現調節の解析 .  日本細菌学雑誌  2005年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 広瀬 雄二郎, 山口 雅也, 後藤 花奈, 住友 倫子, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  Streptococcus pneumoniaeの形質転換誘導性タンパクCcs4は病原因子として働く .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 寺尾 豊, 山口 雅也, 中田 匡宣, 浜田 茂幸, 川端 重忠 .  Streptococcus pneumoniaeに対するキメラ免疫グロブリン製剤の構築 .  Journal of Oral Biosciences  2007年8月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  M6型A群レンサ球菌が産生するFCT1型線毛遺伝子の転写調節 .  日本細菌学雑誌  2015年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山口 雅也, 中田 匡宣, 住友 倫子, 川端 重忠 .  M4型Streptococcus pyogenesのヒアルロン酸分解酵素が宿主細胞内生存に果たす役割 .  日本細菌学雑誌  2015年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 冨安 祐介, 中川 一路, 中田 匡宣, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  EGFP高発現A群レンサ球菌を用いた宿主細胞への付着・侵入能の解析 .  日本細菌学雑誌  2001年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Ara Takahide, Ota Shuichi, Shima Kanako, Yasumoto Atsushi, Minauchi Koichiro, Obara Masato, Nakata Masanobu, Imai Kiyotoshi, Hirano Teiichi, Ogasawara Masahiro, Kiyama Yoshio, Kobayashi Naoki, Imamura Masahiro .  Cefepimeに治療不応性の発熱性好中球減少症患者に対するABK投与とVCM投与とを比較する前向き無作為化研究(Prospective randomized study of ABK vs VCM for febrile neutropenic patients in refractory to CFPM) .  臨床血液  2013年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 作田 哲也, 大貝 悠一, 中田 匡宣 .  Candida albicansの増殖とバイオフィルム形成に対するフロリジンの影響 .  日本細菌学雑誌  2021年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小川 真理子, 住友 倫子, 毛利 泰士, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  C1qとの相互作用を介する化膿レンサ球菌の補体免疫回避機構 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2016年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 山口 雅也, 川端 重忠 .  Bacteria meet Viral Infection インフルエンザウイルス感染に伴うGp96の局在と化膿レンサ球菌感染症の関連性 .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 東野 美晴, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  A群連鎖球菌は三細胞間タイトジャンクションを介して上皮のバリアを越えて移動する(Group A Streptococcus translocates across epithelial barrier via tricellular tight junctions) .  日本細菌学雑誌  2014年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌線毛の温度感受性発現機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2009年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 住友 倫子, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌線毛の機能解析 .  日本細菌学雑誌  2008年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 中川 一路, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  A群レンサ球菌感染による上皮細胞のアポトーシスとその制御機構 .  日本細菌学雑誌  2001年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌は宿主カルパインの活性化を介して上皮バリアを突破する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2013年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌の分泌型システインプロテアーゼであるSpeBは上皮細胞間接着分子を分解する .  Journal of Oral Biosciences  2011年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中川 一路, 中田 匡宣, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  A群レンサ球菌の侵入によるヒト上皮細胞における遺伝子発現の解析 .  日本細菌学雑誌  2000年4月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 東野 美晴, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌の上皮バリア突破機構に関与する宿主プロテアーゼの解析 .  日本細菌学雑誌  2010年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌の上皮バリア突破機構に関する解析 .  日本細菌学雑誌  2009年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 中川 一路, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  A群レンサ球菌のヒト上皮細胞への侵入によるアポトーシス誘導機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2000年4月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 住友 倫子, 東野 美晴, 小南 明里, 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌のシステインプロテアーゼSpeBおよびSib35による上皮細胞間接着分子の分解(Group A streptococcal cysteine proteases, SpeB and Sib35, cleave epithelial junctions) .  日本細菌学雑誌  2013年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 本多 真理子, 住友 倫子, 毛利 泰士, 山口 雅也, 中田 匡宣, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌のendopeptidase Oによる補体C1qを介した補体免疫回避機構 .  日本細菌学雑誌  2016年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中川 一路, 中田 匡宣, 冨安 祐介, 川端 重忠, 浜田 茂幸 .  A群レンサ球菌による上皮細胞死誘導機構の解析 .  日本細菌学雑誌  2002年2月  日本細菌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 匡宣, 寺尾 豊, 川端 重忠 .  A群レンサ球菌が産生する線毛の機能解析 .  Journal of Oral Biosciences  2008年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高原 悠樹, 住友 倫子, 河野 正充, 赤松 由佳子, 山口 雅也, 中田 匡宣, 保富 宗城, 川端 重忠. .  肺炎球菌のニューモライシン依存的な鼻粘膜上皮バリア傷害と脳伝播機構の解析. .  第52回 レンサ球菌研究会  2022年7月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台市  

▼全件表示

受賞

  • 大阪大学総長奨励賞 2015

    2015年7月   大阪大学  

    中田 匡宣

共同研究・競争的資金等の研究

  • 細菌における新規翻訳制御機構の探索

    2019年 - 2020年

    日本学術振興会  挑戦的研究(萌芽) 

    中田 匡宣

      詳細を見る

  • レンサ球菌のニッチ拡大に伴う宿主-菌体相互作用の解析

    2017年 - 2019年

    日本学術振興会  基盤研究(B) 

    中田 匡宣

      詳細を見る

  • 菌体表層に存在する線維状タンパク質重合体の会合と抗原性がもたらす病原性の探索

    2017年 - 2018年

    日本学術振興会 

    中田 匡宣

      詳細を見る

  • レンサ球菌が産生する線毛の付着機能と発現機構の解析

    2016年 - 2019年

    日本学術振興会  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化) 

    中田 匡宣

      詳細を見る