2021/06/01 更新

写真a

オオツカ タカオ
大塚 隆生
OHTSUKA Takao
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 教授
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 2004年4月   九州大学 )

研究キーワード

  • 消化管運動生理学

  • 分子生物学

  • 膵癌

  • 内視鏡外科

  • 胆道外科

  • 膵臓外科

  • 消化器外科

学歴

  • 九州大学

    - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  •   Associate Professor

    2016年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  •   Assistant Professor

    2009年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  •   Assistant Professor

    2003年9月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   教授

    2020年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本外科学会

    1994年5月 - 現在

  • 日本消化器外科学会

    1994年5月 - 現在

  • 日本肝胆膵外科学会

    2005年1月 - 現在

  • 日本内視鏡外科学会

    2005年1月 - 現在

  • 日本消化器内視鏡学会

    1998年5月 - 現在

  • 日本消化器病学会

    2005年1月 - 現在

  • 日本膵臓学会

    2006年4月 - 現在

  • 日本胆道学会

    2010年12月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2001年9月 - 2003年8月   米国ハーバード大学 がん生物学プログラム   研究員

取得資格

  • 医師

 

論文

  • Okubo K. .  Clinical impact of creatine phosphokinase and c-reactive protein as predictors of postgastrectomy complications in patients with gastric cancer .  BMC Cancer21 ( 1 ) 95   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Cancer  

    DOI: 10.1186/s12885-021-07801-z

    Scopus

    PubMed

  • Iwamoto C, Ohuchida K, Shinkawa T, Okuda S, Otsubo Y, Okumura T, Sagara A, Koikawa K, Ando Y, Shindo K, Ikenaga N, Nakata K, Moriyama T, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Eto M, Akashi K, Nakamura M .  Bone marrow-derived macrophages converted into cancer-associated fibroblast-like cells promote pancreatic cancer progression. .  Cancer letters512   15 - 27   2021年8月

  • Matsushita D. .  Clinical significance of circulating tumor cells in the response to trastuzumab for HER2-negative metastatic gastric cancer .  Cancer Chemotherapy and Pharmacology87 ( 6 ) 789 - 797   2021年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Chemotherapy and Pharmacology  

    DOI: 10.1007/s00280-021-04251-z

    Scopus

    PubMed

  • Nakata K, Mori Y, Ikenaga N, Ideno N, Watanabe Y, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Nakamura M .  Management of postoperative pancreatic fistula after pancreatoduodenectomy: Analysis of 600 cases of pancreatoduodenectomy patients over a 10-year period at a single institution. .  Surgery169 ( 6 ) 1446 - 1453   2021年6月

     詳細を見る

  • Shinden Y. .  Molecular pathogenesis of breast cancer: impact of miR-99a-5p and miR-99a-3p regulation on oncogenic genes .  Journal of Human Genetics66 ( 5 ) 519 - 534   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00865-y

    Scopus

    PubMed

  • Miyasaka Y, Ohtsuka T, Eguchi S, Inomata M, Nishihara K, Shinchi H, Okuda K, Baba H, Nagano H, Ueki T, Noshiro H, Nakamura M, Kyushu study group of treatment for pancreatobiliary cancer. .  Neoadjuvant Chemotherapy with Gemcitabine Plus Nab-Paclitaxel Regimen for Borderline Resectable Pancreatic Cancer with Arterial Involvement: A Prospective Multicenter Single-Arm Phase II Study Protocol. .  International journal of surgery protocols25 ( 1 ) 55 - 60   2021年4月

     詳細を見る

  • Nakajo M. .  A pilot study on EORTC or PERCIST for the prediction of progression-free survival with nivolumab therapy in advanced or metastatic gastric cancers: A STROBE-compliant article .  Medicine100 ( 15 ) e25494   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Medicine  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000025494

    Scopus

    PubMed

  • Noguchi H. .  Rare histological subtype of invasive micropapillary carcinoma in the ampulla of Vater: A case report .  World Journal of Clinical Cases9 ( 11 ) 2671 - 2678   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:World Journal of Clinical Cases  

    DOI: 10.12998/wjcc.v9.i11.2671

    Scopus

    PubMed

  • Ikenaga N, Ohtsuka T, Nakata K, Watanabe Y, Mori Y, Nakamura M .  Clinical significance of postoperative acute pancreatitis after pancreatoduodenectomy and distal pancreatectomy. .  Surgery169 ( 4 ) 732 - 737   2021年4月

     詳細を見る

  • Fujii A. .  The novel driver gene ASAP2 is a potential druggable target in pancreatic cancer .  Cancer Science112 ( 4 ) 1655 - 1668   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14858

    Scopus

    PubMed

  • Kimura R, Ohtsuka T, Kubo M, Kajihara A, Fujii A, Watanabe Y, Mori Y, Ikenaga N, Nakata K, Shindo K, Ohuchida K, Nakamura M .  FoundationOne® CDx gene profiling in Japanese pancreatic ductal adenocarcinoma patients: a single-institution experience. .  Surgery today51 ( 4 ) 619 - 626   2021年4月

     詳細を見る

  • Sasaki K. .  Comparison of greater curvature and lesser curvature circular-stapled esophagogastrostomy after esophagectomy in patients with esophageal cancer: a prospective randomized controlled trial .  Surgery Today51 ( 4 ) 575 - 581   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02147-8

    Scopus

    PubMed

  • Nakata K, Ohtsuka T, Miyasaka Y, Watanabe Y, Ideno N, Mori Y, Ikenaga N, Nakamura M .  Evaluation of relationship between splenic artery and pancreatic parenchyma using three-dimensional computed tomography for laparoscopic distal pancreatectomy. .  Langenbeck's archives of surgery   2021年3月

     詳細を見る

  • Mataki Y. .  Clinical benefits of conversion surgery for unresectable pancreatic ductal adenocarcinoma: A single‐institution, retrospective analysis .  Cancers13 ( 5 ) 1 - 15   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13051057

    Scopus

    PubMed

  • Hozaka Y, Sasaki K, Nishikawa T, Onishi S, Noda M, Tsuruda Y, Uchikado Y, Kita Y, Arigami T, Mori S, Maemura K, Ieiri S, Kawano Y, Natsugoe S, Ohtsuka T .  Successful treatment of post chemotherapy esophageal cicatricial atresia in a pediatric patient with anaplastic large cell lymphoma through minimally invasive esophagectomy: a case report. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 41   2021年2月

     詳細を見る

  • Nagakawa Y, Watanabe Y, Kozono S, Boggi U, Palanivelu C, Liu R, Wang SE, He J, Nishino H, Ohtsuka T, Ban D, Nakata K, Endo I, Tsuchida A, Nakamura M, Study group of Precision Anatomy for Minimally Invasive Hepato-Biliary-Pancreatic surgery (PAM-HBP surgery). .  Surgical approaches to the superior mesenteric artery during minimally invasive pancreaticoduodenectomy: A systematic review. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   2021年2月

     詳細を見る

  • Ohno Akihisa, Fujimori Nao, Miki Masami, Oono Takamasa, Igarashi Hisato, Matsuda Ryota, Koga Yutaka, Oda Yoshinao, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi, Ito Tetsuhide, Ogawa Yoshihiro .  Collision of a pancreatic ductal adenocarcinoma and a pancreatic neuroendocrine tumor associated with multiple endocrine neoplasm type 1(和訳中) .  Clinical Journal of Gastroenterology14 ( 1 ) 358 - 363   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 廣高 健斗, 森 泰寿, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中山 智博, 崎濱 久紀子, 松田 諒太, 小田 義直, 中村 雅史 .  術前画像で疑いえたセロトニン産生性膵神経内分泌腫瘍の1切除例 .  日本消化器外科学会雑誌54 ( 2 ) 133 - 140   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は45歳の女性で,健診のUSで膵頭部の主膵管狭窄と尾側膵管の拡張を指摘された.CT,MRIで主膵管狭窄部に4mmの早期濃染を呈する多血性腫瘤を認めたが,超音波内視鏡下穿刺吸引法およびERCP下に行った細胞診では確定診断に至らなかった.腫瘤は境界明瞭で早期濃染を呈していることから膵神経内分泌腫瘍(pancreatic neuroendocrine tumor;以下,PanNETと略記)と診断した.さらに,腫瘍径が小さいにもかかわらず主膵管狭窄を伴うことからセロトニン産生性PanNETを疑い,腹腔鏡補助下膵頭十二指腸切除術を施行した.最終病理診断ではセロトニン産生性PanNETであった.(著者抄録)

  • Hozaka Yuto, Sasaki Ken, Nishikawa Takuro, Onishi Shun, Noda Masahiro, Tsuruda Yusuke, Uchikado Yasuto, Kita Yoshiaki, Arigami Takaaki, Mori Shinichiro, Maemura Kosei, Ieiri Satoshi, Kawano Yoshifumi, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao .  Successful treatment of post chemotherapy esophageal cicatricial atresia in a pediatric patient with anaplastic large cell lymphoma through minimally invasive esophagectomy: a case report(和訳中) .  Surgical Case Reports7   1 of 10 - 10 of 10   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Miyasaka Y. .  Minimally invasive surgery for pancreatic cancer .  Surgery Today51 ( 2 ) 194 - 203   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02120-5

    Scopus

    PubMed

  • Ohno A, Fujimori N, Miki M, Oono T, Igarashi H, Matsuda R, Koga Y, Oda Y, Ohtsuka T, Nakamura M, Ito T, Ogawa Y .  Collision of a pancreatic ductal adenocarcinoma and a pancreatic neuroendocrine tumor associated with multiple endocrine neoplasm type 1. .  Clinical journal of gastroenterology14 ( 1 ) 358 - 363   2021年2月

     詳細を見る

  • Hozaka Y, Kawasaki Y, Iino S, Idichi T, Hirase Y, Tanoue K, Mataki Y, Kurahara H, Maemura K, Arigami T, Ueno S, Natsugoe S, Ohtsuka T .  Locally advanced cholangiolocellular carcinoma successfully treated with curative resection after downsizing chemotherapy: a case report. .  Surgical case reports7 ( 1 ) 34   2021年1月

     詳細を見る

  • SASAKI K. .  Clinical outcomes of fully covered self-expanding metallic stent placement for palliation of incurable esophageal cancer with or without radiotherapy .  Anticancer Research41 ( 1 ) 385 - 389   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14787

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo Akihiro, Minami Koji, Shinden Yoshiaki, Hirashima Tadahiro, Saho Hazuki, Nomoto Yuki, Nagata Ayako, Ohtsuka Takao .  The usefulness and utilization of a detachable steel wire-rimmed retractor(KN retractor) for endoscopic thyroid and parathyroid surgery(和訳中) .  Surgery Today51 ( 1 ) 159 - 164   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • Nakajo A. .  The usefulness and utilization of a detachable steel wire-rimmed retractor (KN retractor) for endoscopic thyroid and parathyroid surgery .  Surgery Today51 ( 1 ) 159 - 164   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-020-02124-1

    Scopus

    PubMed

  • Nepal Pramod, Mori Shinichiro, Kita Yoshiaki, Tanabe Kan, Baba Kenji, Sasaki Ken, Kurahara Hiroshi, Arigami Takaaki, Maemura Kosei, Ohtsuka Takao, Natsugoe Shoji .  Modified Delta-shaped Anastomosis via the Overlap Method Using Linear Staplers for Colon Cancer(和訳中) .  Journal of the Anus, Rectum and Colon5 ( 1 ) 107 - 111   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本大腸肛門病学会  

  • Hozaka Yuto, Kawasaki Yota, Iino Satoshi, Idichi Tetsuya, Hirase Yuki, Tanoue Kiyonori, Mataki Yuko, Kurahara Hiroshi, Maemura Kosei, Arigami Takaaki, Ueno Shinichi, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao .  Locally advanced cholangiolocellular carcinoma successfully treated with curative resection after downsizing chemotherapy: a case report(和訳中) .  Surgical Case Reports7   1 of 9 - 9 of 9   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Nepal P. .  Anatomical study of the inferior mesenteric vein using three-dimensional computed tomography angiography in laparoscopy-assisted surgery for left-sided colorectal cancer .  Surgery Today   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Surgery Today  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02292-8

    Scopus

    PubMed

  • Ban D. .  Surgical approaches for minimally invasive distal pancreatectomy: A systematic review .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  

    DOI: 10.1002/jhbp.902

    Scopus

    PubMed

  • Nishino H. .  Precision vascular anatomy for minimally invasive distal pancreatectomy: A systematic review .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  

    DOI: 10.1002/jhbp.903

    Scopus

    PubMed

  • Nakata K. .  Precision anatomy for safe approach to pancreatoduodenectomy for both open and minimally invasive procedure: A systematic review .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  

    DOI: 10.1002/jhbp.901

    Scopus

    PubMed

  • Nepal Pramod, Ohtsuka Takao, Natsugoe Shoji, Mori Shinichiro, Kita Yoshiaki, Tanabe Kan, Baba Kenji, Sasaki Ken, Kurahara Hiroshi, Arigami Takaaki, Maemura Kosei .  Modified Delta-shaped Anastomosis via the Overlap Method Using Linear Staplers for Colon Cancer .  Journal of the Anus, Rectum and Colon5 ( 1 ) 107 - 111   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人日本大腸肛門病学会  

    <p>Here, we describe the modified delta-shaped anastomosis (DSA) via the overlap method and how it was a beneficial intracorporeal anastomotic technique for four patients who underwent laparoscopic colectomy. After resecting the colon on both sides of the lesion, proximal and distal colon were laid in an overlap fashion and fixed using sutures. The entry hole was created using an ultrasound scalpel at a point 3 cm proximal to right colic stump and 7 cm distal to left colic stump on the anti-mesenteric side. Then, two arms of the linear stapler were inserted inside each lumen and fired. Finally, using the linear stapler, the common entry hole was closed in a delta-shaped manner. The mean duration of surgery was determined to be 218.4 (196-369) minutes, and amount of blood loss was measured to be 11 (5-25) mL. No intraoperative and postoperative complications were observed. Median postoperative hospital stay was 12 days. Thus, modified DSA via overlap method can be considered as a safe and simple IA technique.</p>

    DOI: 10.23922/jarc.2020-013

    PubMed

  • Nepal P. .  Management of Various Rectal Lesions by Using Transanal Minimally Invasive Surgery .  Indian Journal of Surgery   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Indian Journal of Surgery  

    DOI: 10.1007/s12262-021-02907-x

    Scopus

  • Fujimori N, Osoegawa T, Aso A, Itaba S, Minoda Y, Murakami M, Matsumoto K, Teramatsu K, Takamatsu Y, Takaoka T, Oono T, Ihara E, Yoshizumi T, Ohtsuka T, Nakamura M, Ogawa Y .  Efficacy of Early Endoscopic Ultrasound-Guided Transluminal Drainage for Postoperative Pancreatic Fistula. .  Canadian journal of gastroenterology & hepatology2021   6691705   2021年

     詳細を見る

  • Kurahara H. .  Effectiveness of Adjuvant Therapy in Patients with Pancreatic Cancer Who Underwent Neoadjuvant Therapy .  Annals of Surgical Oncology   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Surgical Oncology  

    DOI: 10.1245/s10434-021-09712-6

    Scopus

    PubMed

  • Okubo K. .  Clinical Impact of the Prognostic Nutritional Index as a Predictor of Outcomes in Patients with Stage II/III Gastric Cancer: A Retrospective Cohort Study .  Oncology (Switzerland)99 ( 6 ) 380 - 388   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology (Switzerland)  

    DOI: 10.1159/000514572

    Scopus

    PubMed

  • Ideno N, Mori Y, Nakamura M, Ohtsuka T .  Early Detection of Pancreatic Cancer: Role of Biomarkers in Pancreatic Fluid Samples. .  Diagnostics (Basel, Switzerland)10 ( 12 )   2020年12月

     詳細を見る

  • Hozaka Y, Mataki Y, Kurahara H, Tanoue K, Idichi T, Kawasaki Y, Iino S, Nepal P, Arigami T, Maemura K, Noguchi H, Shinchi H, Tanimoto A, Natsugoe S, Ohtsuka T .  Usefulness of <sup>18</sup>F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography in primary cystadenocarcinoma of the mesentery: a case report. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 306   2020年12月

     詳細を見る

  • Hozaka Yuto, Mataki Yuko, Kurahara Hiroshi, Tanoue Kiyonori, Idichi Tetsuya, Kawasaki Yota, Iino Satoshi, Nepal Pramod, Arigami Takaaki, Maemura Kosei, Noguchi Hirotsugu, Shinchi Hiroyuki, Tanimoto Akihide, Natsugoe Shoji, Ohtsuka Takao .  Usefulness of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography in primary cystadenocarcinoma of the mesentery: a case report(和訳中) .  Surgical Case Reports6   1 of 8 - 8 of 8   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  クローン病に合併した消化管癌に対する手術症例の検討 .  日本消化器外科学会総会75回   P112 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  • Kimura R, Moriyama T, Ohuchida K, Shindo K, Nagai S, Ohtsuka T, Nakamura M .  Risk factors for postoperative pneumonia after laparoscopic gastrectomy in patients aged 75 years and over with gastric cancer. .  Asian journal of endoscopic surgery   2020年11月

     詳細を見る

  • Arigami T. .  Clinical Significance of Conversion Surgery for Gastric Cancer with Peritoneal Dissemination: A Retrospective Study .  Oncology (Switzerland)98 ( 11 ) 798 - 806   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology (Switzerland)  

    DOI: 10.1159/000509530

    Scopus

    PubMed

  • Valencia Sheryl, Shindo Koji, Moriyama Taiki, Ohuchida Kenoki, Tsurumaru Daisuke, Chua Michael, Chen Hsiang-Chih, Yao Lei, Ohtsuka Takao, Shimizu Shuji, Nakamura Masafumi .  Subcutaneous fat area as a risk factor for extraction site incisional hernia following gastrectomy for gastric cancer(和訳中) .  Surgery Today50 ( 11 ) 1418 - 1426   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 佐竹 霜一, 有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 石神 純也, 大塚 隆生 .  集学的治療により脳転移切除後5年生存中の胃癌術後脳転移の1例 .  日本臨床外科学会雑誌81 ( 11 ) 2232 - 2237   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は45歳,男性.Human epidermal growth factor receptor 2陽性,cT3N3H1M1(LYM) stageIVBの食道胃接合部癌と診断され,化学療法や放射線療法を行った後に噴門側胃切除術を施行した.病理組織診断ではypT3N0M0 stageIIBの診断であり,術後化学療法としてS-1+trastuzumabを開始したが,術後9ヵ月目に痙攣発作が出現し,精査にて右前頭葉の転移性脳腫瘍と診断された.脳神経外科にもコンサルトし,開頭腫瘍摘出術を施行した.術後脳腫瘍摘出腔に対し,ガンマナイフによる定位放射線手術療法を行った.その後は,再度S-1+trastuzumabによる化学療法を再開し,脳転移術後5年経過した現在も新たな再発なく生存中である.胃癌脳転移症例では,多臓器転移を認めることも多く,その予後は極めて不良である.近年では手術や化学療法,放射線療法を含めた集学的な治療によって生存期間の延長が期待されており,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • 中嶋 太極, 迫田 雅彦, 前之原 茂穂, 松木田 純香, 大塚 隆生 .  鑑別に苦慮し切除により診断に至った肝reactive lymphoid hyperplasiaの2例 .  日本臨床外科学会雑誌81 ( 11 ) 2303 - 2308   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例1は50歳の女性で,検診目的の腹部超音波検査で肝S2に10mmの低エコー腫瘍を指摘された.画像検査に特徴的な所見を認めず鑑別に苦慮したが,FDG-PET検査で強い集積を認めたため悪性腫瘍も否定できないと考え,腹腔鏡下肝外側区域切除を施行した.症例2は40歳の女性で,右乳癌の術前精査で肝S2に20mmの腫瘍を指摘された.FDG-PET検査で強い集積を認めたため,当初は転移性肝腫瘍の診断で化学療法が施行されたが,治療経過から原発性肝腫瘍も否定できないと考え,腹腔鏡下肝外側区域切除を施行した.2例ともに病理組織学的検査で肝reactive lymphoid hyperplasia(RLH)と診断した.肝RLHの術前診断は困難であるが,FDG-PET検査で強い集積を認めた場合には肝RLHを念頭に置き,治療方針を検討する必要があると考えられた.(著者抄録)

  • Valencia S, Shindo K, Moriyama T, Ohuchida K, Tsurumaru D, Chua M, Chen HC, Yao L, Ohtsuka T, Shimizu S, Nakamura M .  Subcutaneous fat area as a risk factor for extraction site incisional hernia following gastrectomy for gastric cancer. .  Surgery today50 ( 11 ) 1418 - 1426   2020年11月

     詳細を見る

  • Arigami T, Matsushita D, Okubo K, Tanaka T, Sasaki K, Noda M, Kita Y, Mori S, Tsuruda Y, Kurahara H, Ohtsuka T .  Recurrent gastric cancer sustaining a partial response after the nivolumab discontinuation because of immune-related adverse events: a case report. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 271   2020年10月

     詳細を見る

  • Shindo Koji, Castillo Jaymel, Ohuchida Kenoki, Moriyama Taiki, Nagai Shuntaro, Moriyama Tomohiko, Ohtsuka Takao, Nagai Eishi, Shimizu Shuji, Nakamura Masufumi .  Influence of endoscopic resection on additional laparoscopic distal gastrectomy: a propensity score-matching analysis(和訳中) .  Surgery Today50 ( 10 ) 1290 - 1296   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • Matsushita D. .  The diagnostic and prognostic value of a liquid biopsy for esophageal cancer: A systematic review and meta-analysis .  Cancers12 ( 10 ) 1 - 33   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers12103070

    Scopus

    PubMed

  • Shinden Y. .  Surgical resection with pedicled rotation flap for post-mastectomy locoregional breast cancer recurrence .  Anticancer Research40 ( 10 ) 5739 - 5742   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14589

    Scopus

    PubMed

  • Arigami Takaaki, Matsushita Daisuke, Okubo Keishi, Tanaka Takako, Sasaki Ken, Noda Masahiro, Kita Yoshiaki, Mori Shinichiro, Tsuruda Yusuke, Kurahara Hiroshi, Ohtsuka Takao .  Recurrent gastric cancer sustaining a partial response after the nivolumab discontinuation because of immune-related adverse events: a case report(和訳中) .  Surgical Case Reports6   1 of 5 - 5 of 5   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

  • Tanaka T. .  Molecular pathogenesis of pancreatic ductal adenocarcinoma: Impact of MiR-30c-5p and MiR-30c-2-3p regulation on oncogenic genes .  Cancers12 ( 10 ) 1 - 22   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers12102731

    Scopus

    PubMed

  • Nagai S, Nagayoshi K, Mizuuchi Y, Fujita H, Ohuchida K, Ohtsuka T, Imai R, Nakamura M .  Laparoscopic spacer placement for recurrent sacral chordoma before carbon ion radiotherapy: A case report. .  Asian journal of endoscopic surgery13 ( 4 ) 582 - 585   2020年10月

     詳細を見る

  • Nagai Shuntaro, Nagayoshi Kinuko, Mizuuchi Yusuke, Fujita Hayato, Ohuchida Kenoki, Ohtsuka Takao, Imai Reiko, Nakamura Masafumi .  Laparoscopic spacer placement for recurrent sacral chordoma before carbon ion radiotherapy: A case report(和訳中) .  Asian Journal of Endoscopic Surgery13 ( 4 ) 582 - 585   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • Shindo K, Castillo J, Ohuchida K, Moriyama T, Nagai S, Moriyama T, Ohtsuka T, Nagai E, Shimizu S, Nakamura M .  Influence of endoscopic resection on additional laparoscopic distal gastrectomy: a propensity score-matching analysis. .  Surgery today50 ( 10 ) 1290 - 1296   2020年10月

     詳細を見る

  • Shimomura H. .  Role of mir-30a-3p regulation of oncogenic targets in pancreatic ductal adenocarcinoma pathogenesis .  International Journal of Molecular Sciences21 ( 18 ) 1 - 22   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms21186459

    Scopus

    PubMed

  • Moekotte AL, van Roessel S, Malleo G, Rajak R, Ecker BL, Fontana M, Han HS, Rabie M, Roberts KJ, Khalil K, White SA, Robinson S, Halimi A, Zarantonello L, Fusai GK, Gradinariu G, Alseidi A, Bonds M, Dreyer S, Jamieson NB, Mowbray N, Al-Sarireh B, Mavroeidis VK, Soonawalla Z, Napoli N, Boggi U, Kent TS, Fisher WE, Tang CN, Bolm L, House MG, Dillhoff ME, Behrman SW, Nakamura M, Ball CG, Berger AC, Christein JD, Zureikat AH, Salem RR, Vollmer CM, Salvia R, Besselink MG, Abu Hilal M, International Study Group on Ampullary Cancer (ISGACA) Collaborators., Aljarrah R, Barrows C, Cagigas MN, Lai ECH, Wellner U, Aversa J, Dickson PV, Ohtsuka T, Dixon E, Zheng R, Kowalski S, Freedman-Weiss M .  Development and external validation of a prediction model for survival in patients with resected ampullary adenocarcinoma. .  European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology46 ( 9 ) 1717 - 1726   2020年9月

     詳細を見る

  • Miyasaka Y, Ohtsuka T, Matsuda R, Mori Y, Nakata K, Ohuchida K, Nakamura M .  High-risk lesions in the remnant pancreas: fate of the remnant pancreas after pancreatic resection for pancreatic cancer and intraductal papillary mucinous neoplasms. .  Surgery today50 ( 8 ) 832 - 840   2020年8月

     詳細を見る

  • Matsumoto R. .  Conversion surgery for stage IV gastric cancer with a complete pathological response to nivolumab: a case report .  World Journal of Surgical Oncology18 ( 1 ) 179   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:World Journal of Surgical Oncology  

    DOI: 10.1186/s12957-020-01954-0

    Scopus

    PubMed

  • Sasaki K, Noda M, Tsuruda Y, Uchikado Y, Omoto I, Kita Y, Arigami T, Mori S, Kurahara H, Nakajo A, Higashi M, Ohtsuka T .  Primary monophasic synovial sarcoma of the cervical esophagus confirmed by detection of the SS18-SSX2 fusion transcripts: case report and literature review. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 176   2020年7月

     詳細を見る

  • Miyasaka Y, Ohtsuka T, Kimura R, Matsuda R, Mori Y, Nakata K, Watanabe M, Oda Y, Nakamura M .  Is remnant pancreatic cancer after pancreatic resection more frequent in early-stage pancreatic cancer than in advanced-stage cancer? .  Annals of gastroenterological surgery4 ( 4 ) 448 - 454   2020年7月

     詳細を見る

  • Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Kimura Ryuichiro, Matsuda Ryota, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Watanabe Masato, Oda Yoshinao, Nakamura Masafumi .  膵切除後の残膵癌は進行期膵癌よりも早期膵癌において頻度が高いか(Is remnant pancreatic cancer after pancreatic resection more frequent in early-stage pancreatic cancer than in advanced-stage cancer?) .  Annals of Gastroenterological Surgery4 ( 4 ) 448 - 454   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    膵癌に対する膵切除後の残膵癌の発生率を膵癌のステージ別に後ろ向きに評価した。対象は1992〜2013年に原発性膵癌に対し膵部分切除術を施行された患者321例で、ステージ0、IA、IBの早期群は32例(男性18例、女性14例、年齢中央値68歳)、ステージIIA〜IVの進行期群は289例(男性180例、女性109例、年齢中央値67歳)であった。観察期間は早期群(中央値70.5ヵ月)の方が進行期群(中央値21ヵ月)に比べて有意に長く、全生存期間も早期群(中央値166ヵ月)の方が進行期群(中央値23ヵ月)に比べて有意に長かった。残膵癌は19例(5.9%)に発生し、このうち早期群は7例(21.9%)、進行期群は12例(4.5%)であった。Kaplan-Meier法に基づく残膵癌の累積発生率は両群間で同等であった。

  • Sasaki Ken, Noda Masahiro, Tsuruda Yusuke, Uchikado Yasuto, Omoto Itaru, Kita Yoshiaki, Arigami Takaaki, Mori Shinichiro, Kurahara Hiroshi, Nakajo Akihiro, Higashi Michiyo, Ohtsuka Takao .  SS18-SSX2融合転写因子の検出によって確定された頸部食道の原発性単相性滑膜肉腫 1症例報告と文献レビュー(Primary monophasic synovial sarcoma of the cervical esophagus confirmed by detection of the SS18-SSX2 fusion transcripts: case report and literature review) .  Surgical Case Reports6   1 of 6 - 6 of 6   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例は47歳女性で、甲状腺左葉乳頭癌と食道粘膜下腫瘍を検出され当院に紹介された。食道鏡検査で切歯から18cmの部位に径50mmの腫瘍を認め、正常粘膜に被覆され頸部食道左壁に局在していた。造影CTでは限局性の石灰化を有する楕円形の52×34×21mm大の腫瘤を頸部食道に認め、リンパ節腫脹や遠隔転移はみられなかった。甲状腺乳頭癌、頸部食道の平滑筋腫と初期診断を下し、甲状腺左葉切除と食道腫瘍摘出術を施行した。術後の組織学的所見から、食道腫瘍は平滑筋腫と診断した。術後4年、頸部食道腫瘍の再発を認め、内視鏡下生検による顕微観察で紡錘細胞像を呈する非定型細胞浸潤と少数の有糸分裂がみられた。免疫染色所見とあわせ、平滑筋腫ではなく滑膜肉腫が疑われた。さらに、RT-PCR解析を行ったところSS18-SSX2融合転写因子が検出され、頸部食道に生じた単相性滑膜肉腫と診断した。頸部食道切除+空腸間置再建術を行い、病理検査から完全切除を確認した。さらに再手術の3年後、空腸-食道間の吻合遠位部に滑膜肉腫の再発を認め、胸腔鏡下食道切除+胃導管再建後に術後補助化学療法を行った。再々手術の3ヵ月後、再発を認めていない。

  • Shimizu Y, Hijioka S, Hirono S, Kin T, Ohtsuka T, Kanno A, Koshita S, Hanada K, Kitano M, Inoue H, Itoi T, Ueki T, Matsuo K, Yanagisawa A, Yamaue H, Sugiyama M, Okazaki K .  New Model for Predicting Malignancy in Patients With Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm. .  Annals of surgery272 ( 1 ) 155 - 162   2020年7月

  • Fujimori N, Miki M, Lee L, Matsumoto K, Takamatsu Y, Takaoka T, Teramatsu K, Suehiro Y, Murakami M, Igarashi H, Oono T, Ohtsuka T, Nakamura M, Koga Y, Oda Y, Ito T, Ogawa Y .  Natural history and clinical outcomes of pancreatic neuroendocrine neoplasms based on the WHO 2017 classification; a single-center experience of 30 years. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]20 ( 4 ) 709 - 715   2020年6月

     詳細を見る

  • Oyama K, Ohuchida K, Shindo K, Moriyama T, Hata Y, Wada M, Ihara E, Nagai S, Ohtsuka T, Nakamura M .  Thoracoscopic surgery combined with endoscopic creation of a submucosal tunnel for a large complicated esophageal leiomyoma. .  Surgical case reports6 ( 1 ) 92   2020年5月

     詳細を見る

  • 堤 親範, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 松田 諒太, 古賀 裕, 藤森 尚, 大野 隆真, 柿原 大輔, 小田 義直, 中村 雅史 .  1型自己免疫性膵炎を合併しhigh-risk stigmataを呈した膵管内乳頭粘液性腫瘍の1例 .  日本消化器外科学会雑誌53 ( 5 ) 425 - 434   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は75歳の男性で,上腹部痛を自覚し受診した前医で膵頭部に27mmの嚢胞性病変を指摘されたが,明らかな悪性所見はなく,分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;以下,IPMNと略記)として定期的に画像評価を行っていた.6年2ヵ月後,嚢胞内部に10mm大の造影される壁在結節が出現した.High-risk stigmataを伴うIPMNと診断し,腹腔鏡補助下亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した.病理組織学的に,嚢胞性病変は低異形度IPMNであった.IPMNの結節に一致してIgG4陽性形質細胞の浸潤を伴う炎症細胞の集簇,花むしろ状繊維化,閉塞性静脈炎を認めた.免疫染色検査で強拡1視野当たり100個以上の集簇したIgG4陽性形質細胞を認め,IPMNに1型自己免疫性膵炎が合併したために壁在結節状の所見を呈したと考えられた.(著者抄録)

  • Oyama Koki, Ohuchida Kenoki, Shindo Koji, Moriyama Taiki, Hata Yoshitaka, Wada Masafumi, Ihara Eikichi, Nagai Shuntaro, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  大型で複雑な食道平滑筋腫に対する内視鏡的粘膜下層トンネル作成を併用した胸腔鏡手術(Thoracoscopic surgery combined with endoscopic creation of a submucosal tunnel for a large complicated esophageal leiomyoma) .  Surgical Case Reports6   1 of 7 - 7 of 7   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    胸部X線検査にて異常所見を認めた42歳女性症例について検討した。食後の上腹部痛を訴え、CT検査で胸部下部食道の周囲に長さ60mmの食道腫瘍が認められた。食道胃十二指腸鏡検査では、食道胃接合部に巨大で複雑な粘膜下腫瘍が認められ、細胞診により平滑筋腫と判明した。内視鏡下で粘膜下トンネルを作成し、食道筋層から腫瘍を完全に摘出するために胸腔鏡手術を行った。内視鏡胸腔鏡合同手術により、巨大で複雑な食道平滑筋腫を安全に摘出することができ、食道筋層の損傷は最小限で、粘膜の損傷も認められなかった。食道筋層の損傷を胸腔鏡下で連続縫合により閉鎖し、内視鏡下で粘膜下トンネルの入口をクリップで閉鎖した。

  • Matsuda R, Miyasaka Y, Ohishi Y, Yamamoto T, Saeki K, Mochidome N, Abe A, Ozono K, Shindo K, Ohtsuka T, Kikutake C, Nakamura M, Oda Y .  Concomitant Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Is an Independent Predictive Factor for the Occurrence of New Cancer in the Remnant Pancreas. .  Annals of surgery271 ( 5 ) 941 - 948   2020年5月

  • Ohtsuka T, Nagakawa Y, Toyama H, Takeda Y, Maeda A, Kumamoto Y, Nakamura Y, Hashida K, Honda G, Fukuzawa K, Toyoda E, Tanabe M, Gotohda N, Matsumoto I, Ryu T, Uyama I, Kojima T, Unno M, Ichikawa D, Inoue Y, Matsukawa H, Sudo T, Takaori K, Yamaue H, Eguchi S, Tahara M, Shinzeki M, Eguchi H, Kurata M, Morimoto M, Hayashi H, Marubashi S, Inomata M, Kimura K, Amaya K, Sho M, Yoshida R, Murata A, Yoshitomi H, Hakamada K, Yasunaga M, Abe N, Hioki M, Tsuchiya M, Misawa T, Seyama Y, Noshiro H, Sakamoto E, Hasegawa K, Kawabata Y, Uchida Y, Kameyama S, Ko S, Takao T, Kitahara K, Nakahira S, Baba H, Watanabe M, Yamamoto M, Nakamura M .  A multicenter prospective registration study on laparoscopic pancreatectomy in Japan: report on the assessment of 1,429 patients. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences27 ( 2 ) 47 - 55   2020年2月

     詳細を見る

  • Ohtsuka Takao, Nagakawa Yuichi, Toyama Hirochika, Takeda Yutaka, Maeda Atsuyuki, Kumamoto Yusuke, Nakamura Yoshiharu, Hashida Kazuki, Honda Goro, Fukuzawa Kengo, Toyoda Eiji, Tanabe Minoru, Gotohda Naoto, Matsumoto Ippei, Ryu Tomoki, Uyama Ichiro, Kojima Toru, Unno Michiaki, Ichikawa Daisuke, Inoue Yosuke, Matsukawa Hiroyoshi, Sudo Takeshi, Takaori Kyoichi, Yamaue Hiroki, Eguchi Susumu, Tahara Munenori, Shinzeki Makoto, Eguchi Hidetoshi, Kurata Masanao, Morimoto Mamoru, Hayashi Hiromitsu, Marubashi Shigeru, Inomata Masafumi, Kimura Kenjiro, Amaya Koji, Sho Masayuki, Yoshida Ryuichi, Murata Akihiro, Yoshitomi Hideyuki, Hakamada Kenichi, Yasunaga Masafumi, Abe Nobutsugu, Hioki Masayoshi, Tsuchiya Masaru, Misawa Takeyuki, Seyama Yasuji, Noshiro Hirokazu, Sakamoto Eiji, Hasegawa Kiyoshi, Kawabata Yasunari, Uchida Yoichiro, Kameyama Shinichiro, Ko Saiho, Takao Takashi, Kitahara Kenji, Nakahira Shin, Baba Hideo, Watanabe Masahiko, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  日本における腹腔鏡下膵切除術に関する多施設共同前向き登録研究 患者1429例の評価に関する報告(A multicenter prospective registration study on laparoscopic pancreatectomy in Japan: report on the assessment of 1,429 patients) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences27 ( 2 ) 47 - 55   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    腹腔鏡下膵切除術(LP)に関する日本の現状を安全性と実施可能性の観点から調べた。多施設前向き登録システムに報告された、術前の患者背景と予定手術、施行手術と手術成績のデータを収集し、経験レベルを基に各施設間で比較した。100施設における1429例の患者のデータが利用可能で、腹腔鏡下膵尾部切除術(LDP)1197例(男性506例、女性691例、年齢11〜91歳)、腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(LPD)232例(男性125例、女性107例、年齢19〜88歳)であった。LDPの熟練施設は19施設、LPDの熟練施設は5施設であった。予定手術に対する手術完遂率はLDP 92%、LPD 91%であった。術後合併症率と90日死亡率は、LDPで17%と0.3%、LPDで30%と0.4%であった。LDPの熟練施設では、手術時間が短く、出血量も少なく、膵瘻発生率も低かった。またLPD熟練施設では純粋腹腔鏡手技率が高く、手術時間は短かった。日本では、特に熟練施設で両手術は安全に施行されていた。

  • Ohtsuka T, Nakamura M, Hijioka S, Shimizu Y, Unno M, Tanabe M, Nagakawa Y, Takaori K, Hirono S, Gotohda N, Kimura W, Ito K, Katanuma A, Sano T, Urata T, Kita E, Hanada K, Tada M, Aoki T, Serikawa M, Okamoto K, Isayama H, Gotoh Y, Ishigami K, Yamaguchi H, Yamao K, Sugiyama M, Okazaki K .  Prediction of the Probability of Malignancy in Mucinous Cystic Neoplasm of the Pancreas With Ovarian-Type Stroma: A Nationwide Multicenter Study in Japan. .  Pancreas49 ( 2 ) 181 - 186   2020年2月

  • Takesue S, Ohuchida K, Shinkawa T, Otsubo Y, Matsumoto S, Sagara A, Yonenaga A, Ando Y, Kibe S, Nakayama H, Iwamoto C, Shindo K, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Toma H, Tominaga Y, Mizumoto K, Hashizume M, Nakamura M .  Neutrophil extracellular traps promote liver micrometastasis in pancreatic ductal adenocarcinoma via the activation of cancer‑associated fibroblasts. .  International journal of oncology56 ( 2 ) 596 - 605   2020年2月

     詳細を見る

  • Hirono S, Shimizu Y, Ohtsuka T, Kin T, Hara K, Kanno A, Koshita S, Hanada K, Kitano M, Inoue H, Itoi T, Ueki T, Shimokawa T, Hijioka S, Yanagisawa A, Nakamura M, Okazaki K, Yamaue H .  Recurrence patterns after surgical resection of intraductal papillary mucinous neoplasm (IPMN) of the pancreas; a multicenter, retrospective study of 1074 IPMN patients by the Japan Pancreas Society. .  Journal of gastroenterology55 ( 1 ) 86 - 99   2020年1月

     詳細を見る

  • Hirono Seiko, Shimizu Yasuhiro, Ohtsuka Takao, Kin Toshifumi, Hara Kazuo, Kanno Atsushi, Koshita Shinsuke, Hanada Keiji, Kitano Masayuki, Inoue Hiroyuki, Itoi Takao, Ueki Toshiharu, Shimokawa Toshio, Hijioka Susumu, Yanagisawa Akio, Nakamura Masafumi, Okazaki Kazuichi, Yamaue Hiroki .  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)における外科的切除後の再発パターン 日本膵臓学会によるIPMN患者1074例を対象とした多施設共同後ろ向き研究(Recurrence patterns after surgical resection of intraductal papillary mutinous neoplasm(IPMN) of the pancreas: a multicenter, retrospective study of 1074 IPMN patients by the Japan Pancreas Society) .  Journal of Gastroenterology55 ( 1 ) 86 - 99   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の術後の再発パターンとその危険因子を調べた。IPMNのため手術を施行された患者1074例(男性647例、女性427例、年齢26〜90歳)を対象とした。術後再発を、残膵における異時性ハイリスク病変(IPMN悪性進行または異時性膵管腺癌)および膵外再発に分類し、再発危険因子を分析した。155例(14.4%)で術後再発が見られた。残膵の異時性ハイリスク病変は70例で見られ、膵管腺癌23例、IPMN再発45例、両者が2例で、このうち34.3%が術後5年で発生した。当該再発に二次的手術を行った36例の生存は、無施行患者よりも良好であった。残膵の異時性ハイリスク病変の独立危険因子は、症状、膵体/膵尾の位置、主管サイズ10mm以上、高度異形成/浸潤性乳管内乳頭粘液性癌(IPMC)であった。低または高度異型IMPNの6例(0.7%)で膵外再発が見られ、浸潤性IPMCが膵外再発の最も強い危険因子であった。

  • Zheng B, Qu J, Ohuchida K, Feng H, Chong SJF, Yan Z, Piao Y, Liu P, Sheng N, Eguchi D, Ohtsuka T, Mizumoto K, Liu Z, Pervaiz S, Gong P, Nakamura M .  LAMA4 upregulation is associated with high liver metastasis potential and poor survival outcome of Pancreatic Cancer. .  Theranostics10 ( 22 ) 10274 - 10289   2020年

     詳細を見る

  • Ando Y, Ohuchida K, Otsubo Y, Kibe S, Takesue S, Abe T, Iwamoto C, Shindo K, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Oda Y, Nakamura M .  Necroptosis in pancreatic cancer promotes cancer cell migration and invasion by release of CXCL5. .  PloS one15 ( 1 ) e0228015   2020年

  • Ohtsuka T, Tomosugi T, Kimura R, Nakamura S, Miyasaka Y, Nakata K, Mori Y, Morita M, Torata N, Shindo K, Ohuchida K, Nakamura M .  Clinical assessment of the GNAS mutation status in patients with intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. .  Surgery today49 ( 11 ) 887 - 893   2019年11月

     詳細を見る

  • Ishigami K, Nishie A, Yamamoto T, Asayama Y, Ushijima Y, Kakihara D, Fujita N, Morita K, Ohtsuka T, Kawabe K, Mochidome N, Honda H .  Imaging features of undifferentiated carcinoma of the pancreas. .  Journal of medical imaging and radiation oncology63 ( 5 ) 580 - 588   2019年10月

     詳細を見る

  • Ishigami K, Nishie A, Nakayama T, Asayama Y, Kakihara D, Fujita N, Ushijima Y, Okamoto D, Ohtsuka T, Mori Y, Ito T, Mochidome N, Honda H .  Superparamagnetic iron-oxide-enhanced diffusion-weighted magnetic resonance imaging for the diagnosis of intrapancreatic accessory spleen. .  Abdominal radiology (New York)44 ( 10 ) 3325 - 3335   2019年10月

     詳細を見る

  • Iwakiri R, Tanaka K, Gotoda T, Oka S, Ohtsuka T, Sakata Y, Chiba T, Higuchi K, Masuyama H, Nozaki R, Matsuda K, Shimono N, Fujimoto K, Tajiri H .  Guidelines for standardizing cleansing and disinfection of gastrointestinal endoscopes. .  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society31 ( 5 ) 477 - 497   2019年9月

     詳細を見る

  • Miki M, Oono T, Fujimori N, Takaoka T, Kawabe K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Saito D, Nakamura M, Ohkawa Y, Oda Y, Suyama M, Ito T, Ogawa Y .  CLEC3A, MMP7, and LCN2 as novel markers for predicting recurrence in resected G1 and G2 pancreatic neuroendocrine tumors. .  Cancer medicine8 ( 8 ) 3748 - 3760   2019年7月

     詳細を見る

  • Nakayama H, Ohuchida K, Yonenaga A, Sagara A, Ando Y, Kibe S, Takesue S, Abe T, Endo S, Koikawa K, Okumura T, Shido K, Miyoshi K, Nakata K, Moriyama T, Miyasaka Y, Inoue S, Ohtsuka T, Mizumoto K, Nakamura M .  S100P regulates the collective invasion of pancreatic cancer cells into the lymphatic endothelial monolayer. .  International journal of oncology55 ( 1 ) 211 - 222   2019年7月

     詳細を見る

  • Nakamura S, Sadakari Y, Ohtsuka T, Okayama T, Nakashima Y, Gotoh Y, Saeki K, Mori Y, Nakata K, Miyasaka Y, Onishi H, Oda Y, Goggins M, Nakamura M .  Pancreatic Juice Exosomal MicroRNAs as Biomarkers for Detection of Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. .  Annals of surgical oncology26 ( 7 ) 2104 - 2111   2019年7月

     詳細を見る

  • Yan Z, Ohuchida K, Fei S, Zheng B, Guan W, Feng H, Kibe S, Ando Y, Koikawa K, Abe T, Iwamoto C, Shindo K, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Mizumoto K, Hashizume M, Nakamura M .  Inhibition of ERK1/2 in cancer-associated pancreatic stellate cells suppresses cancer-stromal interaction and metastasis. .  Journal of experimental & clinical cancer research : CR38 ( 1 ) 221   2019年5月

     詳細を見る

  • Yan Z, Ohuchida K, Zheng B, Okumura T, Takesue S, Nakayama H, Iwamoto C, Shindo K, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Mizumoto K, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M .  CD110 promotes pancreatic cancer progression and its expression is correlated with poor prognosis. .  Journal of cancer research and clinical oncology145 ( 5 ) 1147 - 1164   2019年5月

     詳細を見る

  • Miyasaka Y, Ohtsuka T, Kimura R, Matsuda R, Mori Y, Nakata K, Kakihara D, Fujimori N, Ohno T, Oda Y, Nakamura M .  Neoadjuvant Chemotherapy with Gemcitabine Plus Nab-Paclitaxel for Borderline Resectable Pancreatic Cancer Potentially Improves Survival and Facilitates Surgery. .  Annals of surgical oncology26 ( 5 ) 1528 - 1534   2019年5月

     詳細を見る

  • Gotoh Y, Ohtsuka T, Nakamura S, Shindo K, Ohuchida K, Miyasaka Y, Mori Y, Mochidome N, Oda Y, Nakamura M. .  Genetic assessment of recurrent pancreatic high risk lesions in the remnant pancreas: metachronous multifocal lesion or local recurrence? .  Surgery165 ( 4 ) 767 - 774   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gotoh Y, Ohtsuka T, Nakamura S, Shindo K, Ohuchida K, Miyasaka Y, Mori Y, Mochidome N, Oda Y, Nakamura M .  Genetic assessment of recurrent pancreatic high-risk lesions in the remnant pancreas: Metachronous multifocal lesion or local recurrence? .  Surgery165 ( 4 ) 767 - 774   2019年4月

     詳細を見る

  • 三木 正美, 藤森 尚, 李 倫學, 大野 隆真, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  内視鏡治療に難渋しFrey手術が奏効した小児再発性膵炎の1例 .  Gastroenterological Endoscopy61 ( 4 ) 387 - 393   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    症例は10歳男児。上腹部痛・嘔吐で発症し、前医で重症急性膵炎と診断され、当院に搬送された。集中治療により膵炎鎮静化が得られ、発症2ヵ月後に合併した感染性嚢胞に対して嚢胞空腸吻合術が奏効した。しかし、その後も膵炎を反復し、その誘因と考えられた主膵管狭窄に対して、内視鏡的膵管ステント留置、続いて副乳頭切開を行い、一時的に寛解したが、その後も再燃したため、発症9ヵ月後にFrey手術を施行した。5年後現在まで膵炎の再燃なく、膵内外分泌機能も温存されている。膵機能温存や長期予後が重視される小児例においては、内視鏡治療の限界も考慮しつつ、外科治療のタイミングを逸さない慎重な経過観察が必要である。(著者抄録)

  • Okumura T, Ohuchida K, Kibe S, Iwamoto C, Ando Y, Takesue S, Nakayama H, Abe T, Endo S, Koikawa K, Sada M, Horioka K, Mochidome N, Arita M, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Mizumoto K, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M .  Adipose tissue-derived stromal cells are sources of cancer-associated fibroblasts and enhance tumor progression by dense collagen matrix. .  International journal of cancer144 ( 6 ) 1401 - 1413   2019年3月

     詳細を見る

  • Kurahara H. .  Significance of neoadjuvant therapy for borderline resectable pancreatic cancer: a multicenter retrospective study .  Langenbeck's Archives of Surgery404 ( 2 ) 167 - 174   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Langenbeck's Archives of Surgery  

    DOI: 10.1007/s00423-019-01754-5

    Scopus

    PubMed

  • Kibe S, Ohuchida K, Ando Y, Takesue S, Nakayama H, Abe T, Endo S, Koikawa K, Okumura T, Iwamoto C, Shindo K, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Shimamoto M, Ohtsuka T, Mizumoto K, Oda Y, Nakamura M .  Cancer-associated acinar-to-ductal metaplasia within the invasive front of pancreatic cancer contributes to local invasion. .  Cancer letters444   70 - 81   2019年3月

  • Ishigami K, Nishie A, Irie H, Asayama Y, Ushijima Y, Takayama Y, Okamoto D, Fujita N, Ohtsuka T, Ito T, Mochidome N, Honda H .  Differential Diagnosis of Pancreatic Epidermoid Cyst Without a Solid Component (Residual Splenic Tissue) vs. Mucinous Cystic Neoplasm. .  Journal of gastrointestinal cancer50 ( 1 ) 91 - 97   2019年3月

     詳細を見る

  • Sadakari Y, Nagai S, Velasquez VV, Nagayoshi K, Fujita H, Ohuchida K, Manabe T, Ohtsuka T, Nakamura M .  Application of ultrasonography to high-tie and low-tie vascular ligation of the inferior mesenteric artery in laparoscopic colorectal cancer surgery: technical notes. .  Surgical endoscopy33 ( 1 ) 309 - 314   2019年1月

     詳細を見る

  • 林 昌孝, 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 浅山 良樹, 古藤 和浩, 中村 雅史 .  肝門部領域胆管癌術後の難治性細胆管炎に起因すると思われる肝不全に対し抗菌薬動注療法が奏効した1例 .  日本消化器外科学会雑誌52 ( 1 ) 45 - 52   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は65歳の男性で,肝門部領域胆管癌に対し胆管切除を伴う肝左三区域切除術,胆管空腸吻合術を施行した.術後4ヵ月目に血清総ビリルビン値24.1mg/dlと上昇を認めたため入院となった.腹部造影CTで手術時に胆管空腸吻合部へ留置したロストステントが肝内胆管へ迷入している所見を認めた.ステント迷入による閉塞性黄疸を疑い,ダブルバルーン内視鏡を用いた内視鏡的逆行性胆道造影および挙上空腸・腸管皮膚瘻からの内視鏡的アプローチを試みたがステント抜去は不成功であった.このため,CTガイド下経皮経肝的アプローチでステント抜去を行ったが,黄疸は改善しなかった.術後の細胆管炎が遷延したことを契機に,肝不全へ移行し感染症が難治化したものと判断した.このため,meropenemおよびciprofloxacinの動注療法を施行し,黄疸は改善した.肝門部領域胆管癌術後の難治性細胆管炎に起因すると思われる肝不全に対し抗菌薬動注療法は治療の選択肢となりうると考えられたため報告する.(著者抄録)

  • Nakashima Y, Ohtsuka T, Nakamura S, Mori Y, Nakata K, Miyasaka Y, Ishigami K, Matsuda R, Oda Y, Nakamura M .  Clinicopathological characteristics of non-functioning cystic pancreatic neuroendocrine tumors. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]19 ( 1 ) 50 - 56   2019年1月

     詳細を見る

  • Watanabe Y, Ohtsuka T, Nakamura M .  [Treatment strategy for cystic tumor of the pancreas]. .  Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology116 ( 12 ) 1005 - 1014   2019年

     詳細を見る

  • Abe T, Nakata K, Kibe S, Mori Y, Miyasaka Y, Ohuchida K, Ohtsuka T, Oda Y, Nakamura M .  Prognostic Value of Preoperative Nutritional and Immunological Factors in Patients with Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. .  Annals of surgical oncology25 ( 13 ) 3996 - 4003   2018年12月

     詳細を見る

  • Ohtsuka T, Ban D, Nakamura Y, Nagakawa Y, Tanabe M, Gotoh Y, Velasquez VVDM, Nakata K, Sahara Y, Takaori K, Honda G, Misawa T, Kawai M, Yamaue H, Morikawa T, Kuroki T, Mou Y, Lee WJ, Shrikhande SV, Tang CN, Conrad C, Han HS, Palanivelu C, Asbun HJ, Kooby DA, Wakabayashi G, Takada T, Yamamoto M, Nakamura M .  Difficulty scoring system in laparoscopic distal pancreatectomy. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences25 ( 11 ) 489 - 497   2018年11月

     詳細を見る

  • Nakata Kohei, Shikata Satoru, Ohtsuka Takao, Ukai Tomohiko, Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Velasquez Vittoria Vanessa D.M., Gotoh Yoshitaka, Ban Daisuke, Nakamura Yoshiharu, Nagakawa Yuichi, Tanabe Minoru, Sahara Yatsuka, Takaori Kyoichi, Honda Goro, Misawa Takeyuki, Kawai Manabu, Yamaue Hiroki, Morikawa Takanori, Kuroki Tamotsu, Mou Yiping, Lee Woo-Jung, Shrikhande Shailesh V., Tang Chung Ngai, Conrad Claudius, Han Ho-Seong, Chinnusamy Palanivelu, Asbun Horacio J., Kooby David A., Wakabayashi Go, Takada Tadahiro, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  膵尾部切除術における低侵襲脾温存法と脾摘出術の比較 システマティックレビューおよびメタアナリシス(Minimally invasive preservation versus splenectomy during distal pancreatectomy: a systematic review and meta-analysis) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences25 ( 11 ) 476 - 488   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    低侵襲(MI)脾温存遠位膵尾部切除術(SPDP)と脾摘出術を併用したMI遠位膵尾部切除術(DPS)のメタアナリシスを実施し、転帰を比較した。各種文献データベースの系統的検索を行い、総説の引用文献一覧をハンドサーチした。15報(769例)を抽出し、DPSとSPDPのメタアナリシスを行った。さらに、他の15報(841例)を用いて膵血管保存(SVP)およびWarshaw法(WT)のメタアナリシスを実施した。DPS群と比較して、SPDP患者は感染性合併症および膵液瘻の発現頻度が有意に低く、手術時間が短く、失血量も少なかった。WT群と比較して、SVP患者は脾梗塞の発現頻度が有意に低く、二次的脾摘出施行は有意に少なかった。腹腔鏡下手術のみに対するサブ解析は同様の結果を示した。以上から、SPDPはDPSと比較して有意に優れた転帰を示し、脾臓保存時においてSVPは脾臓合併症の減少に対しWTよりも転帰良好であることが示された。

  • Nagakawa Yuichi, Nakamura Yoshiharu, Honda Goro, Gotoh Yoshitaka, Ohtsuka Takao, Ban Daisuke, Nakata Kohei, Sahara Yatsuka, Velasquez Vittoria Vanessa D.M., Takaori Kyoichi, Misawa Takeyuki, Kuroki Tamotsu, Kawai Manabu, Morikawa Takanori, Yamaue Hiroki, Tanabe Minoru, Mou Yiping, Lee Woo-Jung, Shrikhande Shailesh V., Conrad Claudius, Han Ho-Seong, Tang Chung Ngai, Palanivelu Chinnusamy, Kooby David A., Asbun Horacio J., Wakabayashi Go, Tsuchida Akihiko, Takada Tadahiro, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の初期経験における学習曲線および手術成績に影響する手術因子(Learning curve and surgical factors influencing the surgical outcomes during the initial experience with laparoscopic pancreaticoduodenectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences25 ( 11 ) 498 - 507   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(LPD)における学習曲線について評価し、学習曲線において手術転帰に影響する要因を調べた。2007年10月〜2016年11月に3名の肝膵胆道外科医が施行した初回から50例のLPD(150例、男性80例、女性70例、平均69.0歳)の手術成績を分析した。学習曲線は累積集計により作成した。導入期および安定期における切除時間と失血量に影響を及ぼす術前因子を評価した。学習曲線は初期(症例1〜20)、定常期(症例21〜30)、安定期(症例31〜50)の3段階に分けた。リンパ節郭清を伴う切除時間は導入期(初期および定常期)で有意に長かったが、安定期では長くなかった。多変量解析を実施した結果、膵炎患者は導入期および安定期の両方において切除時間が長く失血量も多かった。大きな内臓脂肪面積は導入期の大量失血と有意に関連した。以上から、肝膵胆道外科医はLPD安定までに30症例以上を要することが示された。

  • Ohtsuka Takao, Ban Daisuke, Nakamura Yoshiharu, Nagakawa Yuichi, Tanabe Minoru, Gotoh Yoshitaka, Velasquez Vittoria Vanessa D.M., Nakata Kohei, Sahara Yatsuka, Takaori Kyoichi, Honda Goro, Misawa Takeyuki, Kawai Manabu, Yamaue Hiroki, Morikawa Takanori, Kuroki Tamotsu, Mou Yiping, Lee Woo-Jung, Shrikhande Shailesh V., Tang Chung Ngai, Conrad Claudius, Han Ho-Seong, Palanivelu Chinnusamy, Asbun Horacio J., Kooby David A., Wakabayashi Go, Takada Tadahiro, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵尾部切除術における難易度評価システム(Difficulty scoring system in laparoscopic distal pancreatectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences25 ( 11 ) 489 - 497   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    腹腔鏡下膵尾部切除術(LDP)における難易度を定量化するための評価システムを開発した。LDPを実施した80例(男性25例、女性55例、年齢中央値60歳)の臨床データを収集した。10段階の難易度指標を設定し3段階のサブカテゴリーに分類した。レベル1〜3は低難易度、4〜6は中等度難易度、7〜10は高難易度とした。自動線形モデリング(LINEAR)統計ツールを用いてLDPの難易度を有意に上昇する要因を特定した。操作者の10段階難易度評価(DS)と再評価者による10段階DSの一致、LINEAR指標DS、臨床指標DSシステムを分析したところ、コーエンのκ統計量は順に0.869、0.729、0.648であり、良好ないし極めて優れた判定者間一致を示した。LDPの難易度に有意な影響を及ぼす五つの要因は術式、切除線、腫瘍と主要血管の近接、脾臓周囲組織までの腫瘍拡張、左側門脈圧亢進症/脾腫であった。以上から、LDPに対する新規DPは難易度を適切に定量化することが示された。

  • Nakata K, Shikata S, Ohtsuka T, Ukai T, Miyasaka Y, Mori Y, Velasquez VVDM, Gotoh Y, Ban D, Nakamura Y, Nagakawa Y, Tanabe M, Sahara Y, Takaori K, Honda G, Misawa T, Kawai M, Yamaue H, Morikawa T, Kuroki T, Mou Y, Lee WJ, Shrikhande SV, Tang CN, Conrad C, Han HS, Chinnusamy P, Asbun HJ, Kooby DA, Wakabayashi G, Takada T, Yamamoto M, Nakamura M .  Minimally invasive preservation versus splenectomy during distal pancreatectomy: a systematic review and meta-analysis. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences25 ( 11 ) 476 - 488   2018年11月

     詳細を見る

  • Nagakawa Y, Nakamura Y, Honda G, Gotoh Y, Ohtsuka T, Ban D, Nakata K, Sahara Y, Velasquez VVDM, Takaori K, Misawa T, Kuroki T, Kawai M, Morikawa T, Yamaue H, Tanabe M, Mou Y, Lee WJ, Shrikhande SV, Conrad C, Han HS, Tang CN, Palanivelu C, Kooby DA, Asbun HJ, Wakabayashi G, Tsuchida A, Takada T, Yamamoto M, Nakamura M .  Learning curve and surgical factors influencing the surgical outcomes during the initial experience with laparoscopic pancreaticoduodenectomy. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences25 ( 11 ) 498 - 507   2018年11月

     詳細を見る

  • Saeki K, Miyasaka Y, Ohishi Y, Yamamoto T, Matsuda R, Mochidome N, Mori Y, Nakata K, Ohtsuka T, Ishigami K, Minoda Y, Koga Y, Oda Y, Nakamura M .  Intrapancreatic recurrence of intraductal tubulopapillary neoplasm (ITPN) 16 years after the initial surgery for noninvasive ITPN: a case report. .  Surgical case reports4 ( 1 ) 96   2018年8月

     詳細を見る

  • Miyazaki T, Aishima S, Fujino M, Ozono K, Kubo Y, Ushijima Y, Osoegawa T, Ihara E, Tetsuhide I, Ohtsuka T, Nakamura M, Oda Y .  Neuroendocrine tumor of the pancreas with rhabdoid feature. .  Virchows Archiv : an international journal of pathology473 ( 2 ) 247 - 252   2018年8月

     詳細を見る

  • Saeki Kiyoshi, Miyasaka Yoshihiro, Ohishi Yoshihiro, Yamamoto Takeo, Matsuda Ryota, Mochidome Naoki, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Ishigami Kousei, Minoda Yosuke, Koga Yutaka, Oda Yoshinao, Nakamura Masafumi .  非浸潤性膵管内管状乳頭腫瘍(ITPN)に対する初回手術の16年後に生じたITPNの膵内再発 1症例報告(Intrapancreatic recurrence of intraductal tubulopapillary neoplasm(ITPN) 16 years after the initial surgery for noninvasive ITPN: a case report) .  Surgical Case Reports4 ( August ) 1 - 7   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    16年前に非侵襲性の膵頭部膵管内腫瘍に対する膵頭十二指腸切除術を受けた患者の残膵に生じた膵管内管状乳頭腫瘍(ITPN)膵内再発の54歳男性症例について検討した。原発腫瘍を再評価し、最近切除した標本と比較した。組織学的に、原発腫瘍に高度異型細胞の管状乳頭状増殖および少量の細胞質mucinが認められ、これは最近切除した標本と浸潤領域を除いて同様であった。免疫組織化学的には、両標本の腫瘍細胞は限局的なMUC1染色およびMUC6に陽性を示したが、MUC2、MUC5AC、CDX2、trypsinに陰性を示した。分子的分析から、いずれの標本にもKRAS、GNAS、BRAF、PIK3CAの変異が認められなかった。

  • Koikawa K, Ohuchida K, Ando Y, Kibe S, Nakayama H, Takesue S, Endo S, Abe T, Okumura T, Iwamoto C, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Nagai E, Mizumoto K, Hashizume M, Nakamura M .  Basement membrane destruction by pancreatic stellate cells leads to local invasion in pancreatic ductal adenocarcinoma. .  Cancer letters425   65 - 77   2018年7月

  • Ohtsuka T, Gotoh Y, Nakashima Y, Okayama Y, Nakamura S, Morita M, Aly MYF, Velasquez VVDM, Mori Y, Sadakari Y, Nakata K, Miyasaka Y, Ishigami K, Fujimori N, Mochidome N, Oda Y, Shimizu S, Nakamura M .  Role of SpyGlass-DS<sup>tm</sup> in the preoperative assessment of pancreatic intraductal papillary mucinous neoplasm involving the main pancreatic duct. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]18 ( 5 ) 566 - 571   2018年7月

     詳細を見る

  • Ishigami K, Nishie A, Asayama Y, Ushijima Y, Takayama Y, Okamoto D, Fujita N, Yoshizumi T, Harimoto N, Ohtsuka T, Nakata K, Honda H .  The prevalence of transpancreatic common hepatic artery and coexisting variant anatomy. .  Clinical anatomy (New York, N.Y.)31 ( 4 ) 598 - 604   2018年5月

     詳細を見る

  • 久野 恭子, 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 小田 義直, 中村 雅史 .  嚢胞空腸吻合術後の膵嚢胞性疾患に対し腹腔鏡下膵体尾部切除術を施行した1例 .  日本内視鏡外科学会雑誌23 ( 2 ) 265 - 271   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    <文献概要>患者は30歳代,女性.飲酒歴のある高度肥満患者.前医で膵嚢胞性病変に対し術中嚢胞内容液中アミラーゼ値が高値であったことから仮性嚢胞と診断され,開腹下嚢胞空腸吻合術を施行された.3年後に心窩部痛再燃と嚢胞再増大を認め当科紹介となった.画像所見より膵粘液性嚢胞腫瘍(mucinous cystic neoplasm of the pancreas;以下,MCN)と診断し,嚢胞に吻合された空腸断端から剥離を行い,安全に腹腔鏡下膵体尾部切除術を施行しえた.最終病理診断はMCN, low grade dysplasiaであった.嚢胞内容液中アミラーゼ高値のMCNが存在し仮性嚢胞との鑑別を要する点,また,嚢胞消化管吻合後でさらに高度肥満患者でも手術手技の工夫で腹腔鏡下手術が安全に実施可能であった点で示唆に富むと思われ報告する.

  • Date K, Ohtsuka T, Nakamura S, Mochidome N, Mori Y, Miyasaka Y, Oda Y, Nakamura M .  Surveillance of patients with intraductal papillary mucinous neoplasm with and without pancreatectomy with special reference to the incidence of concomitant pancreatic ductal adenocarcinoma. .  Surgery163 ( 2 ) 291 - 299   2018年2月

     詳細を見る

  • Ohtsuka T, Mori Y, Fujimoto T, Miyasaka Y, Nakata K, Ohuchida K, Nagai E, Oda Y, Shimizu S, Nakamura M .  Feasibility of Prophylactic Pancreatojejunostomy in Possible High-Risk Patients for Prevention of Pancreatic Fistula during Enucleation or Limited Pancreatic Resection. .  The American surgeon84 ( 1 ) 149 - 153   2018年1月

     詳細を見る

  • Koikawa K, Ohuchida K, Takesue S, Ando Y, Kibe S, Nakayama H, Endo S, Abe T, Okumura T, Horioka K, Sada M, Iwamoto C, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Ohuchida R, Manabe T, Ohtsuka T, Nagai E, Mizumoto K, Hashizume M, Nakamura M .  Pancreatic stellate cells reorganize matrix components and lead pancreatic cancer invasion via the function of Endo180. .  Cancer letters412   143 - 154   2018年1月

  • Aly MYF, Mori Y, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Sadakari Y, Nakata K, Oda Y, Shimizu S, Nakamura M .  Laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation: a single-institution experience. .  Surgery today48 ( 1 ) 44 - 50   2018年1月

     詳細を見る

  • Aly Mohammed Y.F., Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Sadakari Yoshihiko, Nakata Kohei, Oda Yoshinao, Shimizu Shuji, Nakamura Masafumi .  先天性胆道拡張症における腹腔鏡下手術 単一施設での経験(Laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation: a single-institution experience) .  Surgery Today48 ( 1 ) 44 - 50   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    先天性胆道拡張症に対して腹腔鏡下手術を受けた患者連続36例(男性13例、女性23例、年齢17〜79歳)を対象に、術式と転帰を診療録に基づき後ろ向きに検討した。戸谷分類ではIa型が31例(86%)、IVa型が4例(11%)、IVb型が1例(3%)であった。術式は腹腔鏡下が28例、腹腔鏡補助下が8例であった。手術時間中央値は493分、術中出血量中央値は154g、在院期間中央値は11日であった。術後早期合併症は7例(19%)で発生し、その内訳は出血が2例、膵液瘻が2例、胆汁漏出、胆管炎、内ヘルニアが各1例であった。晩期合併症は2例で胆管空腸吻合部狭窄が発生した。患者を手術時期に応じて1996〜2005年迄の前期群17例と2006〜2015年迄の後期群19例の2群に分類したところ、患者背景、手術時間、合併症に有意な群間差はなかったが、術中の出血量、開腹手術に移行した症例数、および在院期間は後期群の方が有意に少なかった。以上より、先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術の転帰は良好であることが示唆された。

  • Kanno A, Masamune A, Hanada K, Maguchi H, Shimizu Y, Ueki T, Hasebe O, Ohtsuka T, Nakamura M, Takenaka M, Kitano M, Kikuyama M, Gabata T, Yoshida K, Sasaki T, Serikawa M, Furukawa T, Yanagisawa A, Shimosegawa T, Japan Study Group on the Early Detection of Pancreatic Cancer (JEDPAC). .  Multicenter study of early pancreatic cancer in Japan. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]18 ( 1 ) 61 - 67   2018年1月

     詳細を見る

  • Ishigami K, Nishie A, Mochidome N, Asayama Y, Ushijima Y, Kakihara D, Okamoto D, Fujita N, Ohtsuka T, Miyasaka Y, Hida T, Yoshizumi T, Honda H .  Mucinous nonneoplastic cyst of the pancreas: CT and MRI appearances. .  Abdominal radiology (New York)42 ( 12 ) 2827 - 2834   2017年12月

     詳細を見る

  • Shindo K, Nagai E, Nabae T, Eguchi T, Moriyama T, Ohuchida K, Manabe T, Ohtsuka T, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M .  Successful video-assisted thoracoscopic surgery in prone position in patients with esophageal cancer and aberrant right subclavian artery: report of three cases. .  Surgical case reports3 ( 1 ) 86   2017年12月

     詳細を見る

  • Endo S, Nakata K, Sagara A, Koikawa K, Ando Y, Kibe S, Takesue S, Nakayama H, Abe T, Okumura T, Moriyama T, Miyasaka Y, Ohuchida K, Ohtsuka T, Mizumoto K, Nakamura M .  Autophagy inhibition enhances antiproliferative effect of salinomycin in pancreatic cancer cells. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]17 ( 6 ) 990 - 996   2017年11月

     詳細を見る

  • Zheng B, Ohuchida K, Yan Z, Okumura T, Ohtsuka T, Nakamura M .  Primary Recurrence in the Lung is Related to Favorable Prognosis in Patients with Pancreatic Cancer and Postoperative Recurrence. .  World journal of surgery41 ( 11 ) 2858 - 2866   2017年11月

     詳細を見る

  • 奥田 翔, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 大塚 隆生, 小田 義直, 中村 雅史 .  幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した食道癌術後膵頭部癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌78 ( 10 ) 2329 - 2335   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本臨床外科学会  

    症例は66歳,男性.胸部中部食道癌の診断で胸腔鏡下食道亜全摘術,胃管再建術を施行された.最終診断は中分化扁平上皮癌,Stage Iであった.その約2年後に,経過観察目的のCTで膵管拡張を認め膵頭部癌が疑われたため,当科紹介となった.CT・MRIで腫瘍の同定は困難であったが,超音波内視鏡検査で膵頭部に9mmの低エコー腫瘤を認め,穿刺吸引細胞診で腺癌と診断した.この膵頭部癌に対し,術前に詳細な血管走向シミュレーションを行い,胃十二指腸動脈〜右胃大網動脈,右胃大網静脈〜胃結腸静脈幹を温存し,幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した.最終診断は高〜中分化腺癌,Stage IIAであった.今回われわれは,食道癌術後の膵頭部癌に対し,再建胃管を温存して幽門輪温存膵頭十二指腸切除術を施行した.術前に詳細な血管走向シミュレーションを行うことで,胃管血流の温存に最大限配慮し安全に手術を施行しえた.(著者抄録)

  • Nakayama H, Ohuchida K, Yoshida M, Miyazaki T, Takesue S, Abe T, Endo S, Koikawa K, Okumura T, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Shirahane K, Manabe T, Ohtsuka T, Toma H, Tominaga Y, Nagai E, Mizumoto K, Oda Y, Nakamura M .  Degree of desmoplasia in metastatic lymph node lesions is associated with lesion size and poor prognosis in pancreatic cancer patients. .  Oncology letters14 ( 3 ) 3141 - 3147   2017年9月

     詳細を見る

  • Tanaka M, Fernández-Del Castillo C, Kamisawa T, Jang JY, Levy P, Ohtsuka T, Salvia R, Shimizu Y, Tada M, Wolfgang CL .  Revisions of international consensus Fukuoka guidelines for the management of IPMN of the pancreas. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]17 ( 5 ) 738 - 753   2017年9月

     詳細を見る

  • Ohtsuka T, Mori Y, Ishigami K, Fujimoto T, Miyasaka Y, Nakata K, Ohuchida K, Nagai E, Oda Y, Shimizu S, Nakamura M .  Clinical significance of circumportal pancreas, a rare congenital anomaly, in pancreatectomy. .  American journal of surgery214 ( 2 ) 267 - 272   2017年8月

  • 高岡 雄大, 勝原 俊亮, 内村 浩太郎, 久保 宏明, 後藤 達郎, 大神 吉光, 岡田 泰代, 木村 壽成, 森田 孝一郎, 牛島 泰宏, 中山 宏道, 大塚 隆生, 中村 雅史, 持留 直希, 大石 善丈, 小田 義直, 五十嵐 久人, 伊藤 鉄英 .  急性膵炎を合併した膵動静脈奇形の1例 .  膵臓32 ( 4 ) 760 - 766   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    急性膵炎合併の膵動静脈奇形は非常に稀な疾患である。今回我々は、急性膵炎を契機に診断された膵動静脈奇形の1症例を経験したため報告する。症例は45歳男性。心窩部痛を主訴に受診し、軽症急性膵炎と診断された。同時に膵体尾部に血管異常を認め、膵動静脈奇形と診断された。膵体尾部切除術を施行し、組織学的には体尾部に動静脈奇形を認め、周囲に限局性の慢性膵炎像を認めた。動静脈奇形による慢性的な盗血が膵炎の主な原因として考えられた。(著者抄録)

  • Shindo Koji, Nagai Eishi, Nabae Toshinaga, Eguchi Toru, Moriyama Taiki, Ohuchida Kenoki, Manabe Tatsuya, Ohtsuka Takao, Oda Yoshinao, Hashizume Makoto, Nakamura Masafumi .  右鎖骨下動脈形成異常を伴う食道癌患者に対する腹臥位でのビデオ補助下胸腔鏡手術の奏効例 3例の報告(Successful video-assisted thoracoscopic surgery in prone position in patients with esophageal cancer and aberrant right subclavian artery: report of three cases) .  Surgical Case Reports3 ( July ) 1 - 7   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    症例1は53歳男性で、全身疲労と心窩部痛を訴えて来院した。上部消化管内視鏡検査で中部食道に早期癌が発見され、造影CTで大動脈弓に起源を有する右鎖骨下動脈形成異常(ARSA)が認められた。ビデオ補助下胸腔鏡手術(VATS)を施行し、頸部に非反回下喉頭神経(NRILN)が同定され損傷なく温存可能であった。病理所見から扁平上皮癌と診断された。症例2は75歳男性で、嚥下困難と前胸痛を訴えて来院した。上部消化管内視鏡検査で上部〜中部食道に進行癌がみられ、生検標本では扁平上皮癌であった。造影CTでは多発性のリンパ節腫大を伴う進行性食道癌が認められ、ARSAを伴っていた。フルオロウラシル+シスプラチンから成るネオアジュバント化学療法を2コース行った後、VATSを施行した。頸部にNRILNが同定され、損傷なく温存可能であった。症例3は72歳男性で、発語不全を呈して来院した。上部消化管内視鏡検査で中部食道に進行癌が発見され、生検標本では扁平上皮癌であった。造影CTにて食道背部を通るARSAが認められた。フルオロウラシル+シスプラチンから成るネオアジュバント化学療法を2コース行った後、VATSを施行した。

  • Nakamura M, Miyasaka Y, Sadakari Y, Date K, Ohtsuka T .  Comparison of guidelines for intraductal papillary mucinous neoplasm: What is the next step beyond the current guidelines? .  Annals of gastroenterological surgery1 ( 2 ) 90 - 98   2017年6月

     詳細を見る

  • Asayama Y, Nishie A, Ishigami K, Ushijima Y, Takayama Y, Okamoto D, Fujita N, Ohtsuka T, Yoshizumi T, Aishima S, Oda Y, Honda H .  Prognostic significance of contrast-enhanced CT attenuation value in extrahepatic cholangiocarcinoma. .  European radiology27 ( 6 ) 2563 - 2569   2017年6月

     詳細を見る

  • Date K, Ohtsuka T, Fujimoto T, Tamura T, Kimura H, Matsunaga T, Mochidome N, Miyazaki T, Mori Y, Oda Y, Nakamura M, Tanaka M. .  Molecular evidence for monoclonal skip progression in main duct intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas. .  Annals of Surgery265 ( 5 ) 969 - 977   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Endo S, Nakata K, Ohuchida K, Takesue S, Nakayama H, Abe T, Koikawa K, Okumura T, Sada M, Horioka K, Zheng B, Mizuuchi Y, Iwamoto C, Murata M, Moriyama T, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Mizumoto K, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M .  Autophagy Is Required for Activation of Pancreatic Stellate Cells, Associated With Pancreatic Cancer Progression and Promotes Growth of Pancreatic Tumors in Mice. .  Gastroenterology152 ( 6 ) 1492 - 1506.e24   2017年5月

  • 増井 俊彦, 高折 恭一, 中村 雅史, 大塚 隆生, 田中 雅夫, 上本 伸二, 膵臓内視鏡外科研究会 .  腹腔鏡下膵切除の現状と内視鏡外科技術認定医の役割 第7回膵臓内視鏡外科研究会学術集会アンケート調査から .  日本内視鏡外科学会雑誌22 ( 3 ) 297 - 304   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内視鏡外科学会  

    第7回膵臓内視鏡外科研究会学術集会において現在の腹腔鏡下膵切除の現状と意識を把握するため,同研究会会員にアンケート調査を行い,全国113施設(452症例)より回答を得た.1施設あたりの年間症例数は中央値4例と少なく,施設間差があることが明らかとなった.80%の施設で,日本内視鏡外科学会技術認定医が手術に参加しており,内視鏡外科技術認定医の有無が腹腔鏡下膵切除の施設経験の有無と有意に相関していた(p=0.0128)ことから,膵臓内視鏡手術を広げるためにはさらなる内視鏡外科技術認定医の養成が必要であることが示唆された.また,2016年より膵癌への保険適応拡大が行われたが,多くの施設がT2までの膵癌を適応と考えていた.膵癌に対しては開腹手技と同等の生存成績が得られる対象を臨床研究で明らかにする必要がある.(著者抄録)

  • Date K, Ohtsuka T, Fujimoto T, Tamura K, Kimura H, Matsunaga T, Mochidome N, Miyazaki T, Mori Y, Oda Y, Nakamura M, Tanaka M .  Molecular Evidence for Monoclonal Skip Progression in Main Duct Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas. .  Annals of surgery265 ( 5 ) 969 - 977   2017年5月

  • Miyasaka Y, Mori Y, Nakata K, Ohtsuka T, Nakamura M .  Attempts to prevent postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy. .  Surgery today47 ( 4 ) 416 - 424   2017年4月

     詳細を見る

  • Abe T, Ohuchida K, Endo S, Ookubo F, Mori Y, Nakata K, Miyasaka Y, Manabe T, Ohtsuka T, Nagai E, Oda Y, Nakamura M .  Clinical importance of intraoperative peritoneal cytology in patients with pancreatic cancer. .  Surgery161 ( 4 ) 951 - 958   2017年4月

     詳細を見る

  • Okumura T, Ohuchida K, Sada M, Abe T, Endo S, Koikawa K, Iwamoto C, Miura D, Mizuuchi Y, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Manabe T, Ohtsuka T, Nagai E, Mizumoto K, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M .  Extra-pancreatic invasion induces lipolytic and fibrotic changes in the adipose microenvironment, with released fatty acids enhancing the invasiveness of pancreatic cancer cells. .  Oncotarget8 ( 11 ) 18280 - 18295   2017年3月

     詳細を見る

  • Hiraki M, Ueda J, Kai K, Ide T, Asai M, Ohtsuka T, Kohya N, Mukai S, Kitahara K, Noshiro H .  A Case of Signet Ring Cell Carcinoma of the Gallbladder Which Was Treated by Aggressive Surgery and Intensive Adjuvant Chemotherapy. .  Journal of gastrointestinal cancer48 ( 1 ) 83 - 86   2017年3月

     詳細を見る

  • 安井 隆晴, 大塚 隆生, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 笠 普一朗, 中村 雅史 .  【超高齢者(80歳以上)の胆膵疾患診療を考える】超高齢者に対する胆嚢・総胆管結石症の治療方針総胆管結石治療後の胆嚢摘出術は必要か? .  胆と膵38 ( 3 ) 267 - 271   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆嚢・総胆管結石症では、総胆管結石の内視鏡的治療後に胆嚢摘出術を行うと、晩期胆道系合併症発症率が低下することが知られており、本邦ガイドラインでは胆嚢・総胆管結石症に対して内視鏡的総胆管結石摘出術と腹腔鏡下胆嚢摘出術の併用が勧められている。しかし、実臨床においては耐術能の低い超高齢者に全身麻酔を要する胆嚢摘出術を行うかは苦慮するところである。今回、胆嚢・総胆管結石症例を80歳以上の超高齢群と79歳以下の非超高齢群に分け検討を行った。非超高齢群で胆嚢摘出を行った場合の累積胆道系合併症発症率は胆嚢温存した場合よりも有意に低かったが、超高齢群では胆嚢摘出術後と胆嚢温存群で晩期胆道系合併症の頻度に有意差はなく、予後にも影響しなかった。以上より超高齢者においては、総胆管結石の内視鏡的治療後に積極的に胆嚢を摘出する必要はなく、個々の病態を考慮して手術適応を決定してよいものと思われる。(著者抄録)

  • Shimizu S, Ohtsuka T, Tanaka M .  Reply to Letter. .  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society29 ( 2 ) 237 - 238   2017年3月

     詳細を見る

  • Abe T, Ohuchida K, Koikawa K, Endo S, Okumura T, Sada M, Horioka K, Zheng B, Moriyama T, Nakata K, Miyasaka Y, Manabe T, Ohtsuka T, Nagai E, Mizumoto K, Hashizume M, Nakamura M .  Cancer-associated peritoneal mesothelial cells lead the formation of pancreatic cancer peritoneal dissemination. .  International journal of oncology50 ( 2 ) 457 - 467   2017年2月

     詳細を見る

  • 菅野 敦, 正宗 淳, 花田 敬士, 真口 宏介, 清水 泰博, 植木 敏晴, 長谷部 修, 大塚 隆生, 中村 雅史, 竹中 完, 北野 雅之, 菊山 正隆, 蒲田 敏文, 吉田 浩司, 佐々木 民人, 芹川 正浩, 古川 徹, 柳澤 昭夫, 下瀬川 徹 .  【膵癌の早期診断最前線】膵癌早期診断の現状 膵癌早期診断研究会における多施設研究の結果をもとに .  膵臓32 ( 1 ) 16 - 22   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    膵癌早期診断研究会が主導して行った。早期診断された膵癌の実態調査について報告する。40例のStage 0膵癌と119例のStage I膵癌が集積された。膵癌全体に占めるStage 0膵癌とStage I膵癌の割合は約2%であり、Stage 0膵癌は0.6%であった。症状を認めたために医療機関を受診した症例は38例(23.9%)と少なかったのに対して、検診にて異常を指摘され受診した症例は27例(17.0%)、他疾患の経過観察中に異常を指摘された症例は85例(53.5%)と無症状で医療機関を受診した症例が多かった。検診にて異常を指摘された27例中、膵管拡張を指摘された症例が19例と画像における副所見の指摘から精査を行った症例が多かった。術前の病理診断では、超音波内視鏡下穿刺吸引法を用いた症例(30.8%)と比較して、内視鏡的逆行性胆管膵管造影下にて病理検体を採取した症例(77.8%)が多かった。予後は良好であったが、14.5%の症例で術後の残膵に膵癌が新たに発生した。今回の調査が、膵癌の早期発見ならびに予後改善に寄与をすることが期待される。(著者抄録)

  • Fujimoto T, Ohtsuka T, Nakashima Y, Gotoh Y, Date K, Mori Y, Sadakari Y, Takahata S, Oda Y, Nakamura M .  Elevated bile amylase level without pancreaticobiliary maljunction is a risk factor for gallbladder carcinoma. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences24 ( 2 ) 103 - 108   2017年2月

     詳細を見る

  • Nakamura M, Nakata K, Matsumoto H, Ohtsuka T, Yoshida K, Tokunaga S, Hino K .  Acyl/free carnitine ratio is a risk factor for hepatic steatosis after pancreatoduodenectomy and total pancreatectomy. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]17 ( 1 ) 135 - 138   2017年1月

     詳細を見る

  • Ohuchida K, Nagai E, Moriyama T, Shindo K, Manabe T, Ohtsuka T, Shimizu S, Nakamura M .  Feasibility and safety of modified inverted T-shaped method using linear stapler with movable cartridge fork for esophagojejunostomy following laparoscopic total gastrectomy. .  Translational gastroenterology and hepatology2   50   2017年

     詳細を見る

  • MiyasakaY, Ohtsuka T, Tamura, K, Shindo K, Yamada D, Takahata S, Ishigami K, Ito T, Tokunaga S, Oda Y, Mizumoto K, Nakamura M, Tanaka M. .  Predictive factors for the metachronous development of malignant lesions in the remnant pancreas after partial pancreatectomy for intraductal papillary mucinous neoplasm. .  Annals of Surgery263 ( 6 ) 1180 - 1187   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tamura K, Ohtsuka T, Ideno N, Aso T, Shindo K, Aishima S, Ohuchida K, Takahata S, Ushijima Y, Ito T, Oda Y, Mizumoto K, Tanaka M. .  Treatment strategy for main duct intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas based on the assessment of the recurrences in the remnant pancreas after resection: a retrospective review. .  Annals of Surgery259 ( 2 ) 360 - 368   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ideno N, Ohtsuka T, Kono H, Fujiwara K, Oda Y, Aishima S, Ito T, Ishigami K, Tokunaga S, Ohuchida K, Takahata S, Nakamura M, Mizumoto K, Tanaka M. .  Intraductal papillary mucinous neoplasms of the pancreas with distinct pancreatic ductal adenocarcinomas are frequently of gastric subtype. .  Annals of Surgery 258 ( 1 ) 141 - 151   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohtsuka T, Yokohata K, Inoue K, Nabae T, Takahata S, Tanabe Y, Sugitani A, Tanaka M. .  Biliary sphincter motility after neural isolation of the pancreatoduodenal region in conscious dogs. .  Surgery131 ( 2 ) 139 - 148   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Ohtsuka T, Takahata S, Ohuchida J, Takeda T, Matsunaga H, Yokohata K, Yamaguchi K, Chijiiwa K, Tanaka M. .  Gastric phase 3 motility after pylorus-preserving pancreatoduodenectomy. .  Annals of Surgery235 ( 3 ) 417 - 423   2002年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 【ロボット膵切除の導入ガイド-先行施設にノウハウを学ぶ】ロボット支援下膵頭十二指腸切除術 導入に際する注意点

    森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 井手野 昇, 池永 直樹, 岡部 安博, 中村 雅史

    臨床外科   76 ( 3 )   304 - 309   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆ロボット支援下膵頭十二指腸切除術では,多関節鉗子などを用いることにより開腹手術に近い感覚で鏡視下手術を行うことができる.◆導入するにあたっては,体位,ポート位置,成熟したチーム形成が重要である.◆様々な場面で適切な鉗子やエネルギーデバイスを選択することが重要である.

  • 【胆膵領域のロボット支援下手術:ベストプラックティスを求めて】膵癌に対するロボット支援下膵体尾部切除術

    蔵原 弘, 又木 雄弘, 伊地知 徹也, 川崎 洋太, 飯野 聡, 大塚 隆生

    胆と膵   42 ( 3 )   233 - 236   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵臓手術においてもロボット支援下手術が導入されるようになってきた。ロボット支援下手術は多関節機能や手振れ防止機能などによる繊細で自由度の高い操作を可能にする。腹腔動脈や門脈浸潤を伴わない膵癌に対するロボット支援下膵体尾部切除術では開腹手術に比べて同等の根治性が得られ、出血量や術後合併症率が低く、術後在院期間は短い。一方、腹腔鏡下手術と比較して同等の安全性と根治性が得られ、とくに大きな腫瘍に対する開腹移行率が低いが、手術費用は高額である。膵癌に対する膵体尾部切除術においては、腹腔鏡下手術とロボット支援下手術はいずれも有用であり、それぞれの特性を理解して術式を選択することが重要である。(著者抄録)

  • 術前補助化学療法を施行したstage III進行胃癌におけるリンパ節転移の臨床的意義

    有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 田中 貴子, 佐々木 健, 野田 昌宏, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 大塚 隆生, 愛甲 孝, 夏越 祥次

    リンパ学   43 ( 2 )   69 - 73   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本リンパ学会  

  • 【胆道ドレナージを極める】外科的胆道ドレナージはいつ行うのか?

    川崎 洋太, 伊地知 徹也, 飯野 聡, 又木 雄弘, 蔵原 弘, 大塚 隆生

    消化器内視鏡   33 ( 3 )   652 - 655   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 【慢性膵炎診療の最前線】慢性膵炎に対する手術適応と手技

    蔵原 弘, 又木 雄弘, 伊地知 徹也, 川崎 洋太, 飯野 聡, 大塚 隆生

    胆と膵   42 ( 2 )   123 - 126   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    慢性膵炎に対する外科的治療の主たる目的は疼痛緩和であり、内視鏡的治療が無効の場合に適応となる。外科的治療としては主膵管拡張がある場合には膵管ドレナージ術、主膵管拡張がない場合には膵切除術が行われる。主膵管拡張に加えて膵頭部病変がある場合には膵管ドレナージ術に膵頭部のcoring outを追加したFrey手術が行われることが多い。外科的治療の除痛効果は良好であり、内視鏡的治療を繰り返す必要のある症例や内視鏡的治療が困難と考えられる症例では早期に外科的治療の介入を検討する必要がある。(著者抄録)

  • Minimally invasive surgery for pancreatic cancer(和訳中)

    Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi

    Surgery Today   51 ( 2 )   194 - 203   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 消化器外科手術アトラス 膵頭温存十二指腸第2部分節切除術

    大塚 隆生, 蔵原 弘, 伊地知 徹也, 又木 雄弘

    消化器外科   44 ( 1 )   1 - 8   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 【IPMN大全】診断 EUS 結節の評価、壁肥厚の意義、併存膵癌の診断

    岩屋 博道, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 川平 真知子, 有馬 志穂, 藤野 悠介, 児島 一成, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1267 - 1274   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    2017年に改訂されたIPMN/MCN国際診療ガイドラインの診療方針選択アルゴリズムにおいて、壁在結節、隔壁肥厚、主膵管径、嚢胞径は重要な悪性化予測因子として位置付けられている。それらを画像で評価するうえで、EUSの果たす役割は大きく、全観察期間において必須のmodalityとなりつつある。壁在結節≧5mmと壁肥厚の所見はIPMNの切除適応を判断する際に幅広く活用されているが、現状においても術後病理結果がlow grade dysplasiaであった症例が少なからず存在するため、悪性化の鑑別についてはさらなる工夫が必要である。近年、IPMN併存膵癌が注目されているが、現行ガイドラインにおける嚢胞サイズに応じた経過観察法はIPMN自体の悪性化に主眼が置かれており、そのため、IPMN併存膵癌を含めたスクリーニング法の構築が今後の課題である。(著者抄録)

  • 【膵嚢胞性腫瘍をめぐる最近の話題】膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の診断と治療の問題点

    大塚 隆生, 蔵原 弘, 伊地知 徹也, 又木 雄弘

    消化器・肝臓内科   8 ( 5 )   428 - 431   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【内分泌腺腫瘍(第2版)-基礎・臨床研究のアップデート-】膵神経内分泌腫瘍 膵内分泌腫瘍の臨床研究の現状と展望

    谷口 隆之, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    日本臨床   78 ( 増刊4 内分泌腺腫瘍 )   755 - 759   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【最新の蛍光ガイド下手術】胃癌における蛍光ガイド下手術

    有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 上之園 芳一, 大塚 隆生

    消化器外科   43 ( 10 )   1411 - 1421   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 【膵疾患の診断・治療の進歩】各疾患の診断と治療 神経内分泌腫瘍の診断と治療

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史

    診断と治療   108 ( 8 )   1073 - 1078   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    <Headline>1 膵神経内分泌腫瘍は2019年に診療ガイドライン第2版が出版されており、これに基づいて診断・治療を行う。2 膵神経内分泌腫瘍は組織学的にNETとNECに分類され、NETの治療は切除を中心とした集学的治療を行うが、NECの治療は抗癌剤による薬物療法が主体となる。3 多発性内分泌腫瘍症1型やvon Hippel-Lindau病などの遺伝性疾患に合併する神経内分泌腫瘍は、散発性のものとは異なる診断・治療のアプローチが必要になる。(著者抄録)

  • 遺残膵の高リスク病変 膵癌と膵管内乳頭粘液性腫瘍に対する膵切除後の遺残膵の結末(High-risk lesions in the remnant pancreas: fate of the remnant pancreas after pancreatic resection for pancreatic cancer and intraductal papillary mutinous neoplasms)

    Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Matsuda Ryota, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Ohuchida Kenoki, Nakamura Masafumi

    Surgery Today   50 ( 8 )   832 - 840   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 膵外分泌機能不全(慢性膵炎・膵切除後)に対する治療戦略

    松本 逸平, 祖父尼 淳, 潟沼 朗生, 芹川 正浩, 大塚 隆生

    消化器クリニカルアップデート   2 ( 1 )   57 - 65   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

  • 【膵癌治療の最前線】総論 最新の膵癌取扱い規約と膵癌診療ガイドライン

    池永 直樹, 仲田 興平, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 大塚 隆生, 中村 雅史

    外科   82 ( 9 )   897 - 901   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>2016年7月に膵癌取扱い規約が第7版に,2019年7月に膵癌診療ガイドラインが2019年版に改訂された.膵癌取扱い規約第7版では,標準的手術でR0切除が可能かどうかの視点から切除可能性分類が導入され,この分類に基づいた細かな治療戦略が膵癌診療ガイドライン2019年版で示されている.ガイドラインの普及と集学的治療の発達により膵癌の予後も少しずつ改善されており,今後もエビデンスレベルの高い大規模研究に基づいたガイドラインの改訂が望まれる.

  • 【P-NENの新展開】膵神経内分泌腫瘍の診療ガイドライン改訂のポイント

    伊藤 鉄英, 増井 俊彦, 河本 泉, 土井 隆一郎, 長村 義之, 櫻井 晃洋, 池田 公史, 藤森 尚, 大塚 隆生, 今村 正之

    消化器・肝臓内科   7 ( 6 )   471 - 476   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【膵癌診療ガイドライン改訂を外科医はこう読み解く-ディベート&ディスカッション】ディベート 十二指腸狭窄に対する治療法 十二指腸ステント留置vs胃空腸吻合 「胃空腸吻合」の立場から

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 渡部 雅人, 中村 雅史

    臨床外科   75 ( 6 )   723,727 - 730   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    膵癌に伴う十二指腸狭窄による上部消化管通過障害に対する胃空腸吻合バイパス術は,十二指腸ステント術に比べて,食事摂取開始までの期間や入院期間が長い.しかし,消化器外科手術を行う施設であれば施行可能な術式であり,また腫瘍のサイズや狭窄範囲にかかわらず施行が可能であるため汎用性が高い.長期的には,胃空腸吻合術は上部消化管通過障害の再燃に伴う再治療の頻度が十二指腸ステント術に比べて有意に低く,長期間摂食状態を維持できる.全身状態が良好で長期の予後が見込める患者には有用であると考えられる.胃空腸吻合術のデメリットとしては,外科手術であるための侵襲性の高さと,術後の胃内容排出遅延の頻度が高いことが挙げられるが,腹腔鏡下手術やstomach-partitioning gastrojejunostomyなどにより改善が見込まれる.

  • 【膵炎・膵がん診療のUp To Date】嚢胞性膵腫瘍と関連する膵癌

    渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史

    臨牀と研究   97 ( 5 )   575 - 579   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 【消化器外科手術の論点2020 誌上ディベートと手術手技】肝胆膵外科 膵頭十二指腸切除における幽門の処理 幽門輪温存膵頭十二指腸切除(PpPD)の立場から

    渡邉 雄介, 大塚 隆生, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    手術   74 ( 4 )   686 - 692   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【内視鏡下採取検体を用いた膵疾患バイオマーカー探索】膵液中microRNA解析による膵癌診断

    中村 聡, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    胆と膵   41 ( 3 )   249 - 253   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    画像診断法の著しい発展に伴い、腫瘤を形成する前の早期の膵癌でも、主膵管拡張などの間接所見で診断されるケースも増えてきた。そのような場合には膵液細胞診で確定診断を付けることになるが、膵液細胞診は感度が十分とはいえず、より高感度な標的分子の同定が急務である。近年、血液などの体液を用いるリキッドバイオプシーが注目されており、そのなかでもexosomeに内包されるmicroRNA(ex-miRNA)がその安定性ゆえに新たなバイオマーカーとして期待されている。膵液中にもex-miRNAが安定して存在することが証明され、miR-21とmiR-155が膵癌患者の膵液において有意に高発現していた。また膵液細胞診と組み合わせた場合、感度は88%と優れた結果となった。膵液中ex-miRNAは膵癌診断に有用である可能性がある。(著者抄録)

  • 【内視鏡下採取検体を用いた膵疾患バイオマーカー探索】十二指腸液による膵癌早期診断スクリーニング法の開発にむけた取り組み

    松永 壮人, 大塚 隆生, 森 泰寿, 渡邊 雄介, 中村 雅史

    胆と膵   41 ( 3 )   269 - 272   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵癌の予後改善のためには切除可能な早期の段階で診断することが重要である。ERCP/膵液細胞診は感度が低く検査自体の侵襲の高さからスクリーニング検査としては不向きである。またEUS-FNAは診断感度は高いが、画像で捉えられない早期の膵癌の診断は困難である。膵管挿管を必要とせずに採取可能な十二指腸液による膵疾患診断の試みは以前から報告されている。十二指腸液中のKRASやTP53、SMAD4、GNASなどの遺伝子変異検索が膵疾患の診断に有用とする報告がある。われわれは十二指腸液中のタンパクマーカーとしてCEA、S100Pに注目しており、直視鏡で採取した十二指腸液中S100P濃度が感度84%、特異度77%で膵癌診断に有用であったことを報告した。十二指腸液は検体採取の安全性、簡便性が高く、liquid biopsy検体とした膵癌診断へのさらなる検討が望まれる。(著者抄録)

  • 【膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症】手術

    森 泰寿, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史

    臨床消化器内科   35 ( 4 )   407 - 412   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    <文献概要>先天性胆道拡張症は,胆汁と膵液の流出障害や相互逆流を引き起こし,胆道癌の危険因子であるため,外科的切除の適応となる.術式は発癌の可能性がある拡張胆管の切除と胆嚢摘出,および膵液と胆汁の分流のための胆道再建である.疾患頻度は高くはないが,若年者や女性に多い良性疾患であるため,整容面からも腹腔鏡下手術の良い適応である.本邦では2016年4月より腹腔鏡下先天性胆道拡張症手術が保険収載された.本稿では先天性胆道拡張症の手術手技と今後の課題について述べる.

  • 【膵癌をめぐる最近の話題】IPMNからの膵発癌

    友杉 隆宏, 大塚 隆生, 谷口 隆之, 木村 隆一郎, 藤井 昌志, 岡山 卓史, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    消化器・肝臓内科   7 ( 3 )   204 - 207   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】虫垂 炎症性疾患 急性虫垂炎・穿孔性虫垂炎・虫垂周囲膿瘍

    永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群II )   236 - 238   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【胆膵疾患における緊急内視鏡-リスクマネージメントも含めて-】EST後出血(抗血栓薬内服例も含めて)

    藤森 尚, 松本 一秀, 村上 正俊, 加来 豊馬, 末廣 侑大, 寺松 克人, 高松 悠, 高岡 雄大, 大野 隆真, 五十嵐 久人, 森 泰寿, 大塚 隆生, 小川 佳宏

    胆と膵   41 ( 2 )   175 - 181   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    ESTはERCP関連手技の基本手技であるが、一定の確率で出血を合併する。抗血栓薬服用症例が多くなっており、EST施行時にはガイドラインに準拠した対応が望ましい。EST後出血は術中出血と術後出血に大別され、後者の場合は緊急内視鏡を要することが多く、かつしばしば対応に難渋する。バルーン圧迫、局注法、クリッピング、凝固法、ステント留置など種々の内視鏡的止血法に習熟するとともに、血管塞栓術や外科手術の選択肢も忘れてはならない。緊急内視鏡に備えて、放射線科・外科との連携を含めた施設内での体制構築がリスクマネージメントとして重要である。(著者抄録)

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】虫垂 肉芽腫、ヘルニア、結石、先天異常、その他 虫垂肉芽腫

    水内 祐介, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群II )   246 - 249   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】虫垂 炎症性疾患 虫垂仮性憩室

    永井 俊太郎, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群II )   243 - 245   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【消化管症候群(第3版)-その他の消化管疾患を含めて-】虫垂 炎症性疾患 肉芽腫性虫垂炎

    水内 祐介, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本臨床   別冊 ( 消化管症候群II )   239 - 242   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【膵癌診療ガイドライン2019改訂のポイント】外科的治療法

    仲田 興平, 尾上 俊介, 川井 学, 大塚 隆生, 松本 逸平, 元井 冬彦, 里井 壯平, 藤井 努, 花田 敬士, 遠藤 格, 中村 雅史

    膵臓   35 ( 1 )   52 - 57   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    膵癌診療ガイドラインが2019年7月に改訂され、『膵癌診療ガイドライン2019年版』として出版された。外科治療で14項目のクリニカルクエスチョン(CQ)を作成し、このうち新設されたCQ、ステートメントに変更のあったCQは12項目である。『膵癌診療ガイドライン2016年版』では切除可能膵癌の治療法に含まれていた切除可能境界膵癌は新たな大項目として新設され(B1、B2)、切除不能膵癌(UR-LA、UR-M)に対する外科的治療法が新設された(LO1、MO1)。また、術前栄養評価(DSg2)、膵癌切除後の長期経過観察(RO7)、高齢者膵癌に対する外科治療(RO9)、膵全摘(RO10)に関するCQが新設された。このほか、門脈合併切除(RO3)、予防的郭清(RO4)、腹腔鏡手術(RO5、RO6)、栄養療法(RO8)に関するCQは推奨度もしくはステートメントが変更された。一方、一定のコンセンサスが得られていると思われる項目に関しては総論での概説とした。(著者抄録)

  • 【IPMN・MCN国際診療ガイドライン総まとめ】分枝型IPMNの診療方針

    渡邉 雄介, 大塚 隆生, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    胆と膵   41 ( 1 )   41 - 45   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    2017年に膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm:IPMN)国際診療ガイドラインが改訂され、IPMNの切除基準と経過観察法が一部修正された。2012年改訂版ガイドラインではIPMNの臨床・画像所見をhigh-risk stigmataとworrisome featuresとして層別化し、これらの所見に基づいた切除適応決定法が提唱されたが、2017年改訂版ではhigh-risk stigmataとworrisome featuresの項目や内容が見直され、切除基準がより保存的となり、壁在結節高のcut off値が導入されるなど、より実臨床に則した基準となった。切除基準の変遷によりとくに分枝型IPMNの多くが経過観察をされるようになり、最近では切除基準のみならず経過観察法が重要な課題として議論されるようになっている。2017年改訂版では分枝型IPMNの嚢胞径に応じた経過観察法がより詳しく記載されたが、IPMN併存膵癌発症のリスクが考慮されていないため、今後はIPMNの進展と同時に併存膵癌の発生をも考慮した、効率的な経過観察法の確立が必要である。(著者抄録)

  • 【膵嚢胞性腫瘍の診断と治療】嚢胞性膵腫瘍の外科的治療とサーベイランス

    渡邉 雄介, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本消化器病学会雑誌   116 ( 12 )   1005 - 1014   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    2006年に国際膵臓学会からIPMN/MCN国際診療ガイドラインが刊行され、2012年と2017年の2回の改訂を経て、嚢胞性膵腫瘍の切除基準は保存的な方向へと転換した。また近年では、嚢胞性膵腫瘍に対する機能温存手術や腹腔鏡下手術などの低侵襲手術も積極的に行われるようになっている。非切除例・切除例ともに経過観察は長期間に及ぶことが多く、今後は患者のリスク・ベネフィットを十分に考慮した効率的な経過観察法の確立が必要である。本稿では国際膵臓学会ガイドラインに基づいた嚢胞性膵腫瘍の切除適応とその変遷、外科的治療法、切除例・非切除例の経過観察法について、主要な海外のガイドラインとの比較も含めて概説する。(著者抄録)

  • 【肝胆膵の線維化up-to-date】胆膵の線維化 基礎・病理 オートファジーによる膵星細胞活性化制御

    仲田 興平, 遠藤 翔, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史

    肝胆膵   79 ( 5 )   911 - 917   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【肝胆膵領域における低侵襲手術】悪性疾患に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術

    渡邉 雄介, 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    外科   81 ( 12 )   1249 - 1253   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    <文献概要>本邦では2016年4月から腹腔鏡下膵体尾部切除術が膵癌にまで適用拡大された.膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の成績は,海外からの報告で出血量や在院日数などの短期成績が開腹手術と比較し優れており,腫瘍学的根治性や長期成績が同等である可能性が示されている.当科ではStrasbergらが提唱するradical antegrade modular pancreatosplenectomy(RAMPS)に準じた膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術を行っており,本稿ではその手術手技を解説する.

  • 【膵炎大全II〜膵炎・Up to date〜】膵炎各論 術後膵炎

    池永 直樹, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    胆と膵   40 ( 臨増特大 )   1233 - 1236   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    手術に起因して起こる術後膵炎は医原性であり、その発症原因や対処法をよく理解する必要がある。術後膵炎には膵の血流障害による虚血型と膵液の流出障害による閉塞型があり、閉塞型には膵管の直接閉塞によるものと、消化管の通過障害から二次的に膵管内圧が上昇し膵炎を発症する間接型がある。閉塞型膵炎の治療には膵管や消化管の減圧が有効であるが、膵再建に伴う術後膵炎では膵管へのアクセスが容易でなく内視鏡的インターベンションを駆使する必要がある。膵切除の急性期に虚血型の術後膵炎を発症することが認知されつつあり、膵液瘻発生と関連が深いことからそのメカニズム解明と予防策の開発が望まれる。(著者抄録)

  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍患者におけるGNAS遺伝子変異状態の臨床的評価(Clinical assessment of the GNAS mutation status in patients with intraductal papillary mutinous neoplasm of the pancreas)

    Ohtsuka Takao, Tomosugi Takahiro, Kimura Ryuichiro, Nakamura So, Miyasaka Yoshihiro, Nakata Kohei, Mori Yasuhisa, Morita Makiko, Torata Nobuhiro, Shindo Koji, Ohuchida Kenoki, Nakamura Masafumi

    Surgery Today   49 ( 11 )   887 - 893   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 【すぐに使える周術期管理マニュアル】術後合併症とその管理 重点術後合併症の管理ポイント 膵瘻

    松本 奏吉, 仲田 興平, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史

    臨床外科   74 ( 11 )   235 - 238   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>術後膵瘻(postoperative pancreatic fistula;POPF)は膵頭十二指腸切除術(PD)および膵体尾部切除術(DP)をはじめとした膵切除術における最も重大な合併症の1つで,ハイボリュームセンターにおいても3〜45%に生じるとされており,その確実な予防法は未だ確立されていない.本項では,最新の知見を混じえ,POPFへの対応について概説する.

  • 【遭遇の機会が増えたIPMN/膵嚢胞-現状と課題】IPMN/膵嚢胞の診療 国際診療ガイドラインによる診断とサーベイランスの現状と問題点

    渡邉 雄介, 大塚 隆生, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史

    臨床消化器内科   34 ( 12 )   1453 - 1459   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    <文献概要>2017年に「膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;IPMN)国際診療ガイドライン」が改訂され,おもにIPMNの切除基準と経過観察法が修正された.切除基準では,high-risk stigmataとworrisomefeaturesの項目や内容が見直され,壁在結節高のカットオフ値が導入されるなど,より実臨床に則した基準となった.経過観察法では,IPMNの嚢胞径に応じた経過観察間隔がより詳しく記載されたが,この経過観察法はIPMN併存膵癌発症のリスクは考慮していないため,IPMNの進展と同時にIPMN併存膵癌の出現に対する注意も必要である.本稿では,2017年改訂版「IPMN国際診療ガイドライン」に基づく切除適応と経過観察の現状と問題点を,海外の他のガイドラインとも比較し,概説する.

  • 消化管内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン(Guidelines for standardizing cleansing and disinfection of gastrointestinal endoscopes)

    Iwakiri Ryuichi, Tanaka Kiyohito, Gotoda Takuji, Oka Shiro, Ohtsuka Takao, Sakata Yasuhisa, Chiba Toshimi, Higuchi Kazuhide, Masuyama Hironori, Nozaki Ryoichi, Matsuda Koji, Shimono Nobuyuki, Fujimoto Kazuma, Tajiri Hisao, Japan Gastroenterological Endoscopy Society, Japanese Association for Infectious Diseases

    Digestive Endoscopy   31 ( 5 )   477 - 497   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】日本における腹腔鏡下膵切除術の現況

    大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 寅田 信博, 中村 雅史

    肝胆膵   79 ( 1 )   29 - 33   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】膵臓 腹腔鏡下膵切除の導入とラーニングカーブ

    仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    肝胆膵   79 ( 1 )   105 - 111   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【肝胆膵外科手術におけるトラブルシューティング】膵臓 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術における過大出血に対する対処法

    森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 岡部 安博, 中村 雅史

    手術   73 ( 7 )   1063 - 1066   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【肝門部領域胆管癌:残された問題をどう解決すべきか?】術後胆管炎を繰り返す際の対策は?

    森 泰寿, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 岡部 安博, 中村 雅史

    胆と膵   40 ( 5 )   435 - 438   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    胆道再建を伴う肝門部領域胆管癌に対する手術後の胆管炎はしばしば難治性であり、患者の生活の質を低下させるだけでなく、重篤な肝障害を惹き起こし致命的になりうる。このため術後胆管炎の予防や保存的加療のみならず、胆管空腸吻合部狭窄に対するバルーン内視鏡下処置や経皮経肝ルート下処置、肝膿瘍に対するドレナージなどの知識と技術を身につけ、それぞれの患者の病態に応じた適切な管理を行うことが重要である。(著者抄録)

  • 【消化器疾患に対する機能温存・再建手術】肝胆膵領域 膵腫瘍核出術・膵部分切除術

    中村 聡, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    外科   81 ( 5 )   594 - 598   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

  • 【膵胆道腫瘍におけるゲノム医療の現状と展望】膵管内乳頭粘液性腫瘍の多発性とclonality

    友杉 隆宏, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 中村 聡, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   40 ( 4 )   317 - 319   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm:IPMN)は膵上皮内腫瘍性病変(pancreatic intraepithelial neoplasia:PanIN)とともに膵癌の前駆病変と認識されており、しばしば多発する。分枝型IPMNは独立した遺伝子変異を伴ってpolyclonalに多発し、主膵管型IPMNは膵管内播種をきたしてmonoclonalに多発するという報告もあるが、定まった見解はない。近年、次世代シークエンサーを用いた遺伝統計学的ゲノム解析が積極的に行われており、IPMNの癌化や進展についての新たな知見が得られつつある。今後さらに解析が進むことで、多発性IPMN診療における悪性化リスクの評価やより適切な診療指針が示されることが期待される。(著者抄録)

  • 【術野展開のコツ】膵切除術

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    消化器外科   42 ( 3 )   327 - 337   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 膵神経内分泌腫瘍の外科的治療適応とその手術方法に関して 可能であれば原発巣・転移巣ともに切除することが勧められる

    大塚 隆生, 里井 壯平

    日本医事新報   ( 4950 )   58 - 59   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

  • 分枝型IPMNの手術適応 壁在結節の存在・大きさと悪性診断能について 悪性予測因子を複合的に評価して治療方針を最終決定する必要がある

    清水 泰博, 大塚 隆生

    日本医事新報   ( 4953 )   59 - 60   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

  • 【急性胆嚢炎診療をマスターしよう】薬物治療とドレナージ PTGBDのコツ

    森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    臨床外科   74 ( 2 )   180 - 184   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆PTGBDは急性胆嚢炎患者において,胆嚢摘出術のリスクが高く,全身管理が奏効しない場合に適応となる.◆PTGBDを安全かつ確実に行う技術と,ドレナージ後の適切な管理を行う知識を身につけることが必要である.

  • 【膵神経内分泌腫瘍の診療ガイドライン改訂にむけての諸問題】肝転移を伴う膵神経内分泌腫瘍の外科治療

    大塚 隆生, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 森 泰寿, 中村 雅史

    胆と膵   40 ( 2 )   125 - 128   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵神経内分泌腫瘍の肝転移に対する外科治療は組織型、ホルモン産生の有無、肝転移巣の広がり、原発巣や肝外転移巣のコントロールの状況、などさまざまな要因により方針が決定される。高分化型腫瘍では肝転移があっても原発巣とともに完全切除可能であれば切除の適応となるが、その一方で機能性腫瘍に対する症状緩和効果、あるいは非機能性腫瘍に対する予後延長効果をめざした減量手術が考慮されるのも特徴である。減量手術ではその前後でさまざまな薬物療法や局所療法(焼灼術、肝動脈塞栓術)、放射線療法(放射性核種標識ペプチド療法)を組み合わせる集学的治療が通常行われる。手術では合併症率が高い肝膵同時切除が行われることもあり、専門施設で行うことが望ましい。(著者抄録)

  • 【膵全摘術を考える】膵全摘術 内視鏡手術

    木村 隆一郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    胆と膵   40 ( 1 )   51 - 56   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    腹腔鏡下手術は消化器外科領域で広く行われるようになってきており、膵切除においても腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術、膵体尾部切除術は日常診療として受け入れられつつある。一方、腹腔鏡下膵全摘術はいまだ保険収載されていない。適応病態が少ないこともあり、海外においても余り普及しておらず、学術誌上の報告も少数である。しかしながら、最近はロボット支援手術での報告が増加傾向にあり、膵低侵襲手術として今後の展開が期待される。これまでの報告では腹腔鏡下膵全摘術は開腹手術と比べて、手術時間は延長するものの、その他の術中・術後成績は同等もしくは優れているとするものが多く、ロボット手術も同様の成績であった。しかしながら、腹腔鏡下/ロボット補助下膵全摘術の意義を評価するには、より大規模な研究が必要とされている。(著者抄録)

  • 【内視鏡外科の進歩】各分野における歴史と未来 膵

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 岡部 安博, 浅野 武秀, 中村 雅史

    消化器外科   41 ( 13 )   1799 - 1806   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 【膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の診断と経過観察法】IPMNの手術適応 最新のIPMN 国際診療ガイドラインの基準

    中村 聡, 大塚 隆生, 中村 雅史

    日本医事新報   ( 4940 )   26 - 30   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

    <Point>▼2017年に「IPMN国際診療ガイドライン」が改訂された▼改訂版では、分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)のhigh-risk stigmataとworrisome featuresの因子が変更され、精査としての超音波内視鏡(EUS)検査の「結節の大きさ5mm以上」が明記された▼現在、日本膵臓学会主導で「分枝型IPMN前向き追跡調査」が進行中であり、IPMNの自然史が明らかとなることが期待される(著者抄録)

  • 【Biliary access大辞典】消化管手術後症例における小腸内視鏡を用いたbiliary access 内視鏡医のための再建術式の知識

    森 泰寿, 大塚 隆生, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   39 ( 臨増特大 )   1059 - 1065   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    近年の内視鏡器具の発達にもかかわらず、術後再建腸管を有する胆膵疾患への内視鏡的アプローチは通常の内視鏡的逆行性膵胆管造影(endoscopic retrograde cholangiopancreatography:ERCP)に比べ難度の高い手技と位置付けられる。胆膵内視鏡処置を合併症なく完遂するためには、再建術式の特徴を理解し、検査前に再建経路を十分にイメージしておくことが重要である。(著者抄録)

  • 【DP(尾側膵切除術)を極める!】腹腔鏡下尾側膵切除術(脾温存) 脾動静脈温存のコツとピットフォール

    仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   39 ( 11 )   1239 - 1245   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    当科では膵体尾部の良性、低悪性度腫瘍に対しては可及的に腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術を試みており、可能ならば脾動静脈温存手術(SVPDP)を第一選択としているが腫瘍が脾動脈、脾静脈に近接している場合には、腫瘍被膜の損傷による内容液の漏出や腫瘍残存の可能性があるためWarshaw手術(WP)を選択している。しかし腹腔鏡下手術ではSVPDP、WPいずれの術式が優れているかの見解はいまだ定まっていない。われわれが行ったシステマティックレビューではSVPDP群での術後脾梗塞発生率、胃周囲静脈瘤発生率、術後脾摘出率の面でSVPDP群はWP群に比べて優れていた。今回われわれが行ったメタアナリシスの結果に加え、当科における脾温存(SVPDP、WP)の適応、血管温存や膵切離時の工夫を概説する。(著者抄録)

  • 【腹腔鏡下膵体尾部切除の手術手技】腹腔鏡下膵体尾部切除における術前3D-CTシミュレーション

    仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    手術   72 ( 12 )   1713 - 1718   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【膵嚢胞診療最前線-IPMN国際診療コンセンサスガイドライン改訂を踏まえて-】2017年IPMNガイドライン改訂を踏まえた嚢胞性膵腫瘍診療

    多田 稔, 大塚 隆生, 北野 雅之, 古川 徹

    肝胆膵   77 ( 5 )   1037 - 1054   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【胆膵疾患内視鏡アトラス】膵臓 膵管拡張 主膵管型IPMN

    森 泰寿, 大塚 隆生, 中村 雅史

    消化器内視鏡   30 ( 増刊 )   106 - 109   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 【ここまで来た!膵癌の早期診断】膵癌の早期診断におけるリキッドバイオプシー 十二指腸液

    中村 聡, 大塚 隆生, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   39 ( 9 )   833 - 836   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    画像診断法の著しい発展にもかかわらず、膵癌を早期診断することは難しく、鑑別診断に難渋することも多い。膵癌の予後改善のためには、根治切除可能な段階での診断法開発が急務である。近年、さまざまな技術革新により分子マーカーの研究が進歩し、それに伴い血液などの体液を用いるリキッドバイオプシーが注目されている。膵液は膵癌組織と直接触れており、血液と比較して膵癌に特異的な分子マーカーが検出できる可能性が高いと期待されている。しかし、膵液採取は侵襲の高さからスクリーニング検体としては不適である。そこで低侵襲で採取可能な十二指腸液を用いたスクリーニング法の開発が進められており、成果が出つつある。(著者抄録)

  • 【癌手術エキスパートになるための道】領域別 膵癌手術エキスパートへの道 内視鏡外科編

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    臨床外科   73 ( 9 )   1134 - 1139   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆膵癌に対する腹腔鏡下手術は他臓器や脈管の合併切除を伴わない体尾部の腫瘍に限定されている.◆基本手技の修得,エキスパートの手術を見ること,術前画像の熟読,自分の手術の見直し,手術成績の把握が肝要である.

  • 【徹底解説! 膵尾側切除を極める】腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除術

    仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    臨床外科   73 ( 8 )   990 - 998   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆脾動脈根部が膵実質の背面深く走向している埋没型では,脾動脈根部処理が困難であることを認識しておく必要がある.◆脾動脈と膵実質の間を交通する動脈をあらかじめ確認しておくことは,術中の出血予防に重要である.◆脾動静脈を損傷しないために血管の腹側中央で切開・剥離を進めると,分枝の損傷リスクが低減する.

  • 【膵神経内分泌腫瘍update】まれな機能性膵神経内分泌腫瘍の診断

    中島 陽平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    臨床消化器内科   33 ( 9 )   1155 - 1159   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    <文献概要>機能性膵神経内分泌腫瘍(PNETs)は過剰分泌されるホルモンに特異的な症状を伴うことが特徴であり,インスリノーマ,ガストリノーマの頻度が高い.そのほかにはグルカゴノーマ,VIPオーマ,ソマトスタチノーマ,ACTHオーマ,セロトニノーマなどがあり,頻度はきわめて低い.その診断は症状から疑われ,各種画像検査と血中ホルモン濃度測定,超音波内視鏡下穿刺吸引法による生検で確定される.機能性PNETは微小な腫瘍でも内分泌症状を呈する場合があり,画像検査では診断が困難な場合もある.したがって臨床所見から疑わないかぎりは正診にたどり着くことは難しく,常に鑑別診断の一つとして留意することが必要である.

  • 消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドライン

    岩切 龍一, 田中 聖人, 後藤田 卓志, 岡 志郎, 大塚 隆生, 坂田 資尚, 千葉 俊美, 樋口 和秀, 増山 仁徳, 野崎 良一, 松田 浩二, 下野 信行, 藤本 一眞, 田尻 久雄, 日本消化器内視鏡学会, 日本感染症学会, 日本消化器内視鏡学会ガイドライン委員会, ワーキング委員会

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( 7 )   1372 - 1396   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    日本消化器内視鏡学会は、内視鏡診療ガイドライン作成作業の一環として、消化器内視鏡の洗浄・消毒標準化にむけたガイドラインを作成した。本邦と欧米先進国では消化器内視鏡医療の環境が異なる。欧米先進国では消化器内視鏡の施行は、ほぼ専門施設に限られ、厳格な洗浄・消毒の既定が遵守されている。本邦では小規模クリニックでも消化器内視鏡が行われ、年間に行われる消化器内視鏡数は膨大な数になる。内視鏡の洗浄・消毒法も医療機関によって差が認められるのも事実である。洗浄・消毒に関しての根拠は、エビデンスが乏しいのも事実であるが、内視鏡医療の発展のためにも消化器内視鏡の洗浄・消毒の標準化が必要である。(著者抄録)

  • 手術のtips and pitfalls 膵癌に対する腹腔鏡下尾側膵切除術

    大塚 隆生, 中村 雅史

    日本外科学会雑誌   119 ( 4 )   421 - 422   2018年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  • 【膵癌update】治療 内視鏡手術

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    臨床消化器内科   33 ( 7 )   825 - 830   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

  • 【膵癌に挑む】膵癌に対する腹腔鏡下手術

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    消化器外科   41 ( 6 )   889 - 896   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 早期膵癌発見への道筋

    伊佐山 浩通, 福嶋 敬宜, 大塚 隆生, 蘆田 玲子, 潟沼 朗生

    日本消化器病学会雑誌   115 ( 4 )   357 - 376   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  • 【診療ガイドライン最新版による膵癌診療アップデート】外科治療 切除 腹腔鏡下手術の意義とは

    大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 中村 雅史

    肝胆膵   76 ( 3 )   387 - 391   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【オートファジー〜胆膵疾患とのかかわりについて〜】膵癌進展と膵星細胞のオートファジー

    仲田 興平, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史

    胆と膵   39 ( 2 )   153 - 158   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵癌細胞周囲に存在する間質細胞である膵星細胞(pancreatic stellate cells:PSCs)は活性化することにより癌間質相互作用を介して膵癌の悪性度増強、抗がん剤治療抵抗性に関与しているといわれているが、その活性化メカニズムは明らかになっていない。われわれは最近PSCsの活性化にオートファジーが関与しており、PSCに対するオートファジー抑制が膵癌抑制効果を認めることをつきとめた。本稿では膵癌における膵星細胞の役割および膵癌進展におけるオートファジーの関与についてわれわれが報告した研究結果を中心に概説する。(著者抄録)

  • 【この手術に欠かせない必須デバイス紹介-こだわりの理由と正しい使用法】腹腔鏡下膵体尾部切除術に欠かせない必須デバイス

    仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    手術   72 ( 1 )   51 - 58   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【膵神経内分泌腫瘍診療の最前線】膵神経内分泌腫瘍に対する外科治療

    中島 陽平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   38 ( 12 )   1387 - 1390   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵神経内分泌腫瘍(pancreatic neuroendocrine tumor:PNET)の治療方針の基本は切除術である。術前に腫瘍の組織型や分化度を診断して術式を決定することが望ましいが、術前診断がしばしば困難であることから、画像検査による腫瘍径や局所浸潤・転移の有無、産生ホルモンの有無と種類、多発性内分泌腫瘍症1型(multiple endocrine neoplasia type 1:MEN1)合併の有無を総合的に判断して治療方針を決定するのが一般的である。遠隔転移を伴うPNETや再発病変に対しても完全切除が可能な場合は切除術が推奨される。近年PNETに対する種々の新規治療薬が登場しており、外科的切除の位置付けが徐々に変化してきている。今後も外科的切除を中心に、各種治療法の特性を理解し、個々の患者の病態にあわせた適切な治療法を選択することが重要である。(著者抄録)

  • 【徹底解説!ここが変わった膵癌診療-新規約・ガイドラインに基づいて】外科治療のトピックス 腹腔鏡下膵切除術の課題

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    臨床外科   72 ( 12 )   1323 - 1328   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>本邦における膵癌に対する腹腔鏡下手術は,腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術が保険診療として認可されているが,腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術についてはいまだ認可されていない.膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術を行う場合には,日本内視鏡外科学会,日本肝胆膵外科学会,膵臓内視鏡外科研究会が合同で運営する術前登録制度への登録が強く勧められている.膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術は,開腹手術に比べて短期成績が優れており,長期成績も同等であることが報告されているが,いずれも後向き研究での成績であり,今後のランダム化比較試験による検証が必要である.(著者抄録)

  • 【手術ステップごとに理解する-標準術式アトラス】胆・膵 膵部分切除術

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    臨床外科   72 ( 11 )   290 - 295   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

  • 【ニュートリゲノミクスから斬る肝胆膵疾患】アミノ酸代謝 膵癌進展におけるオートファジーの重要性

    遠藤 翔, 仲田 興平, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史

    肝胆膵   75 ( 1 )   71 - 77   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【実地診療で遭遇する胆膵疾患 基本病態のアップデートと新しい疾患概念の理解】進歩した胆膵疾患の知識とその実地医療への活用 慢性膵炎の診断と治療

    中島 陽平, 大塚 隆生, 中村 雅史

    Medical Practice   34 ( 7 )   1155 - 1160   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)文光堂  

  • 【十二指腸乳頭部癌-現状の問題点と今後の展望-】ガイドラインからみた乳頭部癌の治療方針の妥当性

    森 泰寿, 大塚 隆生, 藤本 崇聡, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   38 ( 7 )   679 - 683   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    十二指腸乳頭部癌は胆道癌のなかでも比較的予後良好な疾患であるが、現行の画像診断modalityで深達度診断を術前に正確に行うことは困難な場合が多い。胆道癌診療ガイドライン(改訂第2版)では膵頭十二指腸切除術が標準術式とされているが、合併症の発症率はいまだに高率な術式である。したがって適応を慎重に判断したうえで行う局所的乳頭部切除術などの縮小手術は意義を有する可能性がある。根治性と侵襲のバランスを考慮した適切な治療を行うためには、膵胆道内視鏡検査を中心とした診断能のさらなる向上と縮小手術の長期成績の蓄積が待たれる。(著者抄録)

  • ラパコレUpdate 最近のコンセプトと手技(第11回) Difficult gallbladder Difficult gallbladderの術中判定・対処法

    森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 清水 周次, 中村 雅史

    臨床外科   72 ( 7 )   862 - 867   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍の診療ガイドラインの比較 現在のガイドラインを越えた次のステップは?(Comparison of guidelines for intraductal papillary mucinous neoplasm: What is the next step beyond the current guidelines?)

    Nakamura Masafumi, Miyasaka Yoshihiro, Sadakari Yoshihiko, Date Kenjiro, Ohtsuka Takao

    Annals of Gastroenterological Surgery   1 ( 2 )   90 - 98   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【今IPMNをどう診るか】IPMNをどう診るか GNAS遺伝子に焦点をあてて

    多田 稔, 古川 徹, 大塚 隆生, 花田 敬士

    肝胆膵   74 ( 4 )   627 - 644   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【消化管吻合アラカルト-あなたの選択は?】胃外科 胃全摘術後再建 Linear stapler 完全腹腔鏡下Inverted-T型Overlap法再建

    進藤 幸治, 永井 英司, 森山 大樹, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 中村 雅史

    臨床外科   72 ( 4 )   441 - 444   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>食道と空腸を逆T字型になるように吻合することで,共通孔が腹側を向き,縫合閉鎖に有利である.共通孔閉鎖は連続縫合にこだわらず,術者の技量に合わせて結節縫合を適宜採用すること.(著者抄録)

  • 【先天性胆道拡張症の最前線】先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術(成人例)

    森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史

    胆と膵   38 ( 4 )   375 - 379   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    先天性胆道拡張症の疾患頻度は高くはないが、若年者や女性に多い良性疾患であるため、整容面からも腹腔鏡下手術の良い適応である。我が国でも2016年4月より腹腔鏡下胆道拡張症手術が保険収載され、今後より一層の手技の標準化と発展が望まれる。術式は発癌の可能性がある拡張胆管の切除と胆嚢摘出、および膵液と胆汁の分流のための胆道再建であり、膵内胆管の切離ならびに肝門部胆管レベルでの胆道再建を要するため腹腔鏡下手術手技のなかでは難易度が高い。当科では1998年に発表した世界初の成人例以降、37例の先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術を経験した。導入当初は小開腹下に胆道再建を行っていたが、最近では完全腹腔鏡下で安全に行えるようになってきた。本稿ではわれわれが行っている手術手技の要点とこれまでの手術成績を述べる。(著者抄録)

  • 【今IPMNをどう診るか】サーベイランスをめぐる諸問題 IPMN術後のサーベイランス方法 主膵管型、分枝型の臨床・病理学的特徴に基づいて

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 伊達 健治朗, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史

    肝胆膵   74 ( 4 )   607 - 612   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【膜と層を意識した消化器外科解剖】膵臓・脾臓の手術 腹腔鏡下膵体尾部切除術

    宮坂 義浩, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史

    消化器外科   40 ( 5 )   854 - 861   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • 膵体尾部切除術後の術後膵瘻を予防する試み(Attempts to prevent postoperative pancreatic fistula after distal pancreatectomy)

    Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi

    Surgery Today   47 ( 4 )   416 - 424   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 【消化器癌手術に必要な拡大視による局所微細解剖アトラス】Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery 腹腔鏡下膵体尾部切除術における膵周囲の膜および間膜の認識とその活用

    宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史

    手術   71 ( 4 )   685 - 690   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【エキスパートはここにこだわる!胃癌・大腸癌に対する腹腔鏡下手術】胃の腹腔鏡下手術 幽門側胃切除術

    進藤 幸治, 永井 英司, 大内田 研宙, 森山 大樹, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 中村 雅史

    消化器外科   40 ( 3 )   273 - 281   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)へるす出版  

  • Reply to Letter(Reply to Letter)

    Shimizu Shuji, Ohtsuka Takao, Tanaka Masao

    Digestive Endoscopy   29 ( 2 )   237 - 238   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【膵・消化管神経内分泌腫瘍の診断および治療の進歩】膵・消化管神経内分泌腫瘍の外科治療

    宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史

    Mebio   34 ( 3 )   86 - 92   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <Point>膵・消化管神経内分泌腫瘍(GEP-NET)の外科治療の方針は発生部位、悪性度、ホルモン産生能、遺伝性疾患との関連、転移の有無など、さまざまな因子によって規定される。GEP-NETの外科的切除の際には、リンパ節転移を考慮したリンパ節の郭清あるいはサンプリングを行うことが推奨される。多発性内分泌腫瘍1型(MEN1)に伴う非機能性NETでは、膵全体に小病変が無数に存在するため、膵全摘を避けるようにサイズの小さいものは経過観察も考慮される。遠隔転移を伴うGEP-NETでも完全切除が可能な場合は、原発巣・転移巣を含めた根治切除が推奨される。また、完全切除が不可能な場合でも、90%以上の減量が見込まれる場合には、症状緩和や予後改善を意図して減量手術が行われる。(著者抄録)

  • 【膵癌の早期診断最前線】膵液細胞診によるIPMN併存膵癌の早期診断

    大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 小田 義直, 中村 雅史

    膵臓   32 ( 1 )   45 - 49   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    我々の施設では他の画像診断法では捉えられないIPMN併存膵上皮内癌はERCP下膵液細胞診でのみ診断可能であると考え、IPMN患者に対して積極的にERCP下膵液細胞診を行っている。実際、これまで経験したIPMN併存膵上皮内癌9例のうち4例をERCPのみで診断した。またworrisome featuresを持つIPMNの中から悪性IPMNを拾い上げるのにもERCP下膵液細胞診が有用である(感度100%、特異度92%)。局在がわからないIPMN併存膵上皮内癌の同定には術中残膵洗浄細胞診が有用であるが、洗浄液漏出による術後播種再発や、洗浄細胞診偽陰性の可能性が課題として残る。最近では膵癌を合併しやすいIPMNの特徴としてMUC2陰性、野生型GNASなどが指摘されており、これらを膵癌発症高危険群として重点的にERCP下膵液細胞診を行うことで、膵癌を効率よく早期に診断することができる可能性がある。(著者抄録)

  • 【Mesopancreasを攻める】第一空腸静脈を指標とする膵間膜切除術

    大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史

    胆と膵   38 ( 1 )   73 - 76   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵頭十二指腸切除術における第一空腸静脈を指標とする膵間膜の処理は、その周辺の解剖学的特徴を理解したうえで下膵十二指腸動脈の先行処理と至適範囲の切除を同時に行うもので、動脈先行処理の観点からみると前方アプローチ法に相当する。前方からのアプローチ過程での上腸間膜動静脈間の分離・郭清における出血は、第一空腸静脈とその分枝が原因の大部分を占めており、その解剖把握が出血を予防するために肝要である。とくに、術後補助療法を意識したリンパ節郭清をめざす場合は、上腸間膜動脈左方郭清に注力した手技と組み合わせることで、神経叢温存下での適切なリンパ節郭清を安全に行うことができる。(著者抄録)

  • 【最新の内視鏡外科手術の適応と注意点】膵臓疾患

    大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 永井 英司, 中村 雅史

    臨床外科   72 ( 1 )   42 - 45   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>腹腔鏡下膵手術を保険診療として実施する場合には,厚生労働省や学会が示す適応と指針を熟知する必要がある.腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の保険診療下での運用に際しては,施設認定,学会との連携,National Clinical Database(NCD)への登録を行うことが義務付けられており,学会連携申請制度と,NCD術前登録制度が整備されている.保険診療として定められていない腹腔鏡下膵手術を実施する場合には,当該厚生局と内議のうえ保険診療準用の是非を確認するか,公費負担もしくは自費診療としなければならない.いずれの場合も自施設倫理委員会の認可を受けることが必須である.(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  慢性膵炎の進展予防を目的とした治療 その適応と限界 慢性膵炎に対する外科手術 25年間の成績 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 仲田 興平, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  慢性膵炎の戦略 当科における慢性膵炎に対する手術成績 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 藤田 逸人, 久野 恭子, 木庭 遼, 永吉 絹子, 水内 祐介, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  悪性リンパ腫の消化器病変に対する外科治療を含めた治療戦略 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 進藤 幸治, 貞苅 良彦, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  悪性リンパ腫の消化器病変に対する外科治療を含めた治療戦略 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  悪性リンパ腫の消化器病変に対する外科治療を含めた治療戦略 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術 TG18への改訂と当科の考え方 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 中村 聡, 後藤 佳登, 中島 陽平, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  急性胆嚢炎/胆管炎、閉塞性黄疸へのアプローチ-内視鏡、IVR、外科の立場から- Tokyo guidelines改訂を踏まえた急性胆嚢炎に対する内視鏡的経鼻胆嚢ドレナージ(ENGBD)の位置付けと問題点 .  日本腹部救急医学会雑誌  2018年2月  (一社)日本腹部救急医学会

  • 新川 智彦, 大内田 研宙, 奥田 翔, 大坪 慶志輝, 岩本 千佳, 進藤 幸治, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  微小環境因子依存性に基づいた膵癌subtype分類および薬物治療抵抗性についての検討 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  後腹膜剥離先行アプローチによる腹腔鏡下Surgical trunk郭清の手術手技 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 谷口 隆之, 大塚 隆生, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  当院における膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 松本 一秀, 藤森 尚, 畑 佳孝, 大野 彰久, 寺松 克人, 高松 悠, 高岡 雄大, 三木 正美, 大野 隆真, 大塚 隆生, 中村 雅史, 小田 義直 .  当院での十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡診断・治療についての検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2019年5月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 木村 隆一郎, 森山 大樹, 進藤 幸治, 大内田 研宙, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における高齢進行胃癌に対する集学的治療の現状 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における高齢者胃癌患者の術後合併症の発生に関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 永井 英司, 森山 大樹, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における非治癒切除因子を持つ高度進行胃癌に対して行ったコンバージョン手術の検討 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 木村 隆一郎, 進藤 幸治, 森山 大樹, 大内田 研宙, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における超高齢者に対する腹腔鏡下胃切除の検討 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における膵頭十二指腸切除術後膵液瘻対策 .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 松本 奏吉, 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における膵頭十二指腸切除術後の膵液瘻に対する管理 死亡率ゼロを目指して .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における膵頭十二指腸切除後膵液瘻対策 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における膵空腸吻合法の成績 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 中島 陽平, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 中村 聡, 後藤 佳登, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における膵神経内分泌腫瘍核出術症例に関する検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 後藤 佳登, 森 泰寿, 大塚 隆生, 中村 聡, 中島 陽平, 伊達 健治朗, 藤本 崇聡, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 永井 英司, 中村 雅史 .  当科における膵上皮内癌の臨床病理学的検討と膵癌早期発見への展望 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における腹腔鏡下脾温存尾側膵切除のコツとピットフォール .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における腹腔鏡下幽門側胃切除デルタ吻合の工夫 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における腹腔鏡下Warshaw手術の安全性の検討 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 進藤 幸治, 永井 英司, 久野 恭子, Castillo Jaymal, 森山 大樹, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  当科における胃および十二指腸腫瘍に対するLECS(Laparoscopic endoscopic cooperative surgery(LECS) for gastric or duodenal tumor in our institution) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 岡山 卓史, 大塚 隆生, 中村 総, 中島 陽平, 後藤 佳登, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における肝外胆管癌再発症例の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 新海 健太郎, 永井 英司, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科における残胃癌に対する内視鏡手術成績(Short term outcome endoscopic surgery for remnant gastric cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 進藤 幸治, 永井 英司, 久野 恭子, 森山 大樹, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  当科における十二指腸腫瘍に対するLECSの現状と展望 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 木村 隆一郎, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  当科における初診時切除不能膵癌に対するconversion surgeryの検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 中島 陽平, 大塚 隆生, 中村 聡, 後藤 佳登, 伊達 健治朗, 藤本 崇聡, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 永井 英司, 中村 雅史 .  当科における分化型非機能性膵神経内分泌腫瘍切除症例の再発に関する検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科における先天性胆道拡張症の中期成績と至適術式の検討 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 和田 真澄, 田辺 寛, 馬場 研二, 有上 貴明, 佐々木 健, 大塚 隆生 .  当科におけるConversion SurgeryにむけたFOLFOXIRI療法の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  当科において施行されたバレット食道癌に対する鏡視下手術9例の検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科において施行された、胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術における合併症危険因子の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  当科において定型化された完全右側からの腹腔鏡下胃切除術と3DCTを用いた最適なポート位置の検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 後藤 佳登, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 藤井 昌司, 中村 聡, 中島 陽平, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  当科で治療を行った動脈接触切除可能境界(BR-A)膵癌27例の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 長尾 晋次郎, 進藤 幸治, 森山 大樹, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  幽門狭窄を認め術前診断に難渋した十二指腸球部癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 貞苅 良彦, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  左側結腸癌、直腸癌に対する腹腔鏡手術における術中超音波検査の応用 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  局所進行膵癌に対する動脈合併切除術が有用な症例は? .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  局所進行直腸癌に対する術前化学療法としてのFOLFOXIRI療法の有用性 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 仲田 興平, 水元 一博, 清水 周次, 中村 まさふみ .  定型的膵切除術(PD and DP):腹腔鏡VS開腹pros and cons 膵癌に対する腹腔鏡下尾側膵切除術 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  安全確実な高難度腹腔鏡下胆膵手術手技:定型化に向けて 腹腔鏡下尾側膵切除における術前3Dシミュレーションの有用性の検討 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 永井 英司, 中村 雅史 .  安全性に配慮した肝胆膵領域における腹腔鏡下手術 術前3D-CTシミュレーションを用いた腹腔鏡下膵体尾部切除術 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  安全な腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術のために SYNAPSE VINCENTを用いた術前評価 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 中山 宏道, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  好中球細胞外トラップ(NETs)が導く膵癌肝転移促進的微小環境に関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 松本 奏吉, 新川 智彦, 大坪 慶輝, 相良 亜希子, 米永 晃子, 関 維雨, 馮 海旻, 安藤 陽平, 岐部 晋, 木庭 遼, 中山 宏道, 厳 子龍, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  好中球細胞外トラップ(NET)が膵癌肝転移巣における癌関連線維芽細胞の誘導に与える影響の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 水内 祐介, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 佐田 政史, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  大腸部分切除を施行した大腸癌合併潰瘍性大腸炎手術症例の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 藤田 逸人, 木庭 遼, 永吉 絹子, 水内 祐介, 貞苅 良彦, 三好 圭, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  大腸癌腹腔内再発および骨盤内再発切除症例の臨床病理学的背景と予後 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2019年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  大腸癌肝転移切除症例の臨床病理学的背景と予後 .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 三好 圭, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  大腸癌肝転移および肺転移切除症例の臨床病理学的背景と予後 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 水内 祐介, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 佐田 政史, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  大腸pT1癌に対する内視鏡治療の適応拡大-特にlow-risk T1bに焦点を絞って T1大腸癌リンパ節転移リスクからみた至適追加手術適応 肉眼型別リンパ節転移の検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2020年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 森 泰寿, 大内田 研宙, 中村 雅史 .  多くの研究は1例の臨床経験から始まる .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafmi .  境界切除可能膵癌に対するgemcitabine+nab-paclitaxel併用療法が果たす潜在的役割(Possible roles of combination therapy using Gemcitabine and Nab-paclitaxel for borderline resectable pancreatic cancer) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 佐竹 霜一, 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 戸田 洋子, 大塚 隆生 .  回腸導管傍ストーマヘルニアに対してSugarbaker法からKeyhole法に変更し有効であった1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • Nakashima Yohei, Ohtsuka Takao, Nakamura So, Gotoh Yoshitaka, Mori Yasuhisa, Sadakari Yoshihiko, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Oda Yoshinao, Nakamura Masafumi .  嚢胞成分を伴った高分化型非機能性膵神経内分泌腫瘍の臨床病理学的特徴(Clinicopathological characteristics of well differentiated non-functioning pancreatic neuroendocrine tumors with cystic component) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 中島 陽平, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 中村 聡, 後藤 佳登, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  嚢胞変性を伴う分化型非機能性膵神経内分泌腫瘍に関する検討 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 江藤 正俊, 中村 雅史 .  反回神経麻痺を防ぐための腸間膜化非先行コンセプトに基づく上縦隔郭清手技の工夫 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  十二指腸腫瘍に対するLECSの適応とトラブルシュート .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 中村 聡, 貞苅 良彦, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  十二指腸液中exosomeを利用した膵癌診断バイオマーカーの検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • Mori Yasuhisa, Ohtsuka Takao, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  十二指腸乳頭部腫瘍の治療戦略 内視鏡的切除、減量手術、膵頭十二指腸切除(Treatment strategies for ampulla of Vater tumor; Endoscopic resection, reduction surgery, and pancreatoduodenectomy) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  十二指腸乳頭部腫瘍に対する治療戦略 内視鏡的切除、縮小手術、腹腔鏡手術、標準手術まで .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  十二指腸乳頭部癌に対する治療戦略 内視鏡的治療から縮小手術、標準手術まで .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 松吉 隆仁, 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 川床 慎一郎, 保利 喜史, 山元 英崇, 藤岡 審, 鳥巣 剛弘, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  十二指腸下行脚に発生した胃型腫瘍に対して腹腔鏡内視鏡合同手術を施行した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小田原 晃, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 和田 真澄, 田辺 寛, 馬場 研二, 佐々木 健, 野田 昌宏, 有上 貴明, 松下 大輔, 大塚 隆生 .  化学放射線療法(CRT)の追加で完全奏功(CR)が得られた直腸癌局所再発の1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 後藤 佳登, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 中村 聡, 中島 陽平, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  動脈接触切除可能境界(BR-A)膵癌に対する予後予測因子に関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Gotoh Yoshitaka, Ohtsuka Takao, Fujii Atsushi, Okayama Takafumi, Nakamura So, Nakashima Yohei, Mori Yasuhisa, Sadakari Yoshihiko, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Msafumi .  動脈に接触する境界型切除可能膵癌に対するネオアジュバント化学療法の予後因子 18名に関する後向き分析(The prognostic factor of neoadjuvant chemotherapy for borderline resectable pancreatic cancer with arterial contact: a retrospective analyses of 18 patients) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  切除境界膵癌の集学的治療の現状と今後の課題-特に膵頭部BR-A膵癌について- 膵頭部BR-A膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel療法の有用性 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • Kimura Ryuichiro, Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  切除可能膵癌における術後早期再発の危険因子(Risk Factors of Early Recurrence After Resection for Resectable Pancreatic Cancer) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Kimura Ryuichiro, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  切除可能境界膵癌に対するgemcitabine+nab-paclitaxel併用のネオアジュバント化学療法は予後を改善し、手術を容易にする(Neoadjuvant chemotherapy using gemcitabine plus nab-paclitaxel for borderline resectable pancreatic cancer improves prognosis as well as facilitates surgery) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 佐々木 健, 野田 昌宏, 大塚 隆生 .  切除不能進行・再発胃癌に対するニボルマブ免疫療法を介した治療戦略 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  切除不能膵癌に対するconversion surgery .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 伊達 健治朗, 大塚 隆生, 中村 聡, 後藤 佳登, 中島 陽平, 藤本 崇聡, 持留 直希, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 小田 義直, 中村 雅史 .  切除、非切除IPMN経過観察中の通常型膵癌発症頻度の検討 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  分子マーカーによるIPMN由来癌と併存通常型膵癌の鑑別 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  分子マーカーによるIPMN由来癌と併存通常型膵癌の鑑別 .  日本消化器がん検診学会雑誌  2017年9月  (一社)日本消化器がん検診学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  分子マーカーによるIPMN由来癌と併存通常型膵癌の鑑別 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  分子マーカーによるIPMN由来癌と併存通常型膵癌の鑑別 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 仲田 興平, 長尾 吉泰, 赤星 朋比古, 大塚 隆生, 永川 裕一, 中村 慶春, 三澤 健之, 中村 雅史, 日本内視鏡外科ガイドライン委員会膵臓ワーキンググループ .  内視鏡外科診療ガイドラインの作成に向けて 膵疾患 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 赤星 朋比古, 長尾 吉泰, 仲田 興平, 大塚 隆生, 永川 裕一, 中村 慶春, 三澤 健之, 中村 雅史 .  内視鏡外科診療ガイドラインの作成に向けて 脾疾患 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  内視鏡外科手術の外科解剖 患者個別解剖に留意した腹腔鏡下胃切除におけるポート位置の術前シミュレーションの効果 .  日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  内視鏡外科手術のための新たな個別立体解剖の構築 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 脇山 浩明, 胡 慶江, 黒田 陽介, 伊藤 修平, 江口 英利, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  免疫応答予測スコアCytolytic activity(CYT)値は肝細胞癌の独立予後規定因子である .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  先行する内視鏡的治療が腹腔鏡下幽門側胃切除術の治療成績に与える影響 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  先天性胆道拡張症の中期成績から見る至適術式の検討 .  日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2018年8月  日本膵・胆管合流異常研究会

  • Mori Yasuhisa, Ohtsuka Takao, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  先天性胆管拡張症に対する腹腔鏡手術のコツと落とし穴(Knack and pitfalls of laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 進藤 幸治, Jaymel Castillo, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  傾向スコアマッチングを用いた、早期胃癌に対する内視鏡的治療がその後の腹腔鏡下胃切除術に与える影響の検討 .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 中村 雅史 .  低侵襲膵手術の進歩 Gerota筋膜を意識した膵頭側アプローチによる腹腔鏡下膵体尾部切除術 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 藤田 逸人, 岩本 直也, 米永 晃子, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  他臓器浸潤進行左側結腸癌に対する腹腔鏡手術症例の検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2017年5月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 中村 祥一, 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  二連銃式人工肛門造設後の傍ストーマヘルニアに対して腹腔鏡下Sugarbaker法を施行した一例 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 佐々木 健, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 盛 真一郎, 蔵原 弘, 大塚 隆生 .  乳癌再発による食道狭窄を来した3例 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 廣高 健斗, 森 泰寿, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  主膵管狭窄を伴うセロトニン産生性膵神経内分泌腫瘍に対し腹腔鏡補助下膵頭十二指腸切除術を施行した一例 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 中島 陽平, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  主膵管型IPMNの治療戦略 ガイドラインに基づいた手術適応の再考と切除範囲決定 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 山田 耕嗣, 杉田 光士郎, 森口 智江, 大西 峻, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 加治 建, 家入 里志, 大塚 隆生 .  両端針による連続縫合を用いた肝管空腸吻合術 .  日本小児外科学会雑誌  2017年2月  (一社)日本小児外科学会

  • 真鍋 達也, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  下部直腸癌に対する側方リンパ節郭清 画像所見から見た直腸癌側方転移の検討 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 保坂 優斗, 又木 雄弘, 伊地知 徹也, 田上 聖徳, 川崎 洋太, 蔵原 弘, 飯野 聡, 前村 公成, 新地 洋之, 大塚 隆生 .  下行結腸腸間膜原発の嚢胞腺癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 江藤 正俊, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  上部消化管手術における3次元モデルの実用化と今後の展望 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  ロボット支援下腹腔鏡下直腸癌手術の導入経験 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  リンパ節転移多数例からみた胃癌術後成績の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 中山 宏道, 阿部 俊也, 肥川 和寛, 遠藤 翔, 厳 子龍, 奥村 隆志, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  マウスモデルを用いた膵癌微小転移形成機序の解析 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 松本 奏吉, 仲田 興平, 関 維雨, 相良 亜希子, 池永 直樹, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  ナノ粒子DDSを用いた新規膵星細胞活性化抑制剤の開発 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 佐々木 健, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 大塚 隆生 .  ステージ3胃癌患者におけるネオアジュバント化学療法の臨床的意義(Clinical Significance of Neoadjuvant Chemotherapy in Patients with Stage III Gastric Cancer: A Retrospective Study) .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 相良 亜希子, 仲田 興平, 遠藤 翔, 米永 晃子, 安藤 陽平, 岐部 晋, 中山 宏道, 武居 晋, 肥川 和寛, 進藤 幸治, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  オートファジー跳制は、サリノマイシンによる膵癌細胞増殖抑制効果を増強する .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 森 泰寿, 中村 雅史 .  【膵】膵癌に対するリンパ節郭清の再考 第一空腸静脈を指標とした膵癌に対する膵頭十二指腸切除術・上腸間膜動脈周囲郭清 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 仲田 興平, 尾上 俊介, 川井 学, 大塚 隆生, 松本 逸平, 元井 冬彦, 里井 壯平, 藤井 努, 遠藤 格, 中村 雅史 .  『外科的治療法』の進歩と明日への提言 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 中村 聡, 森 泰寿, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Tokyo Guidelines改訂を踏まえた急性胆嚢炎に対する胆嚢ドレナージの検討 .  日本腹部救急医学会雑誌  2019年2月  (一社)日本腹部救急医学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  Tokyo guidelines改訂を踏まえた急性胆嚢炎に対するわれわれのアプローチ .  胆道  2019年10月  日本胆道学会

  • 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 和田 真澄, 田中 貴子, 有上 貴明, 佐々木 健, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 大塚 隆生 .  TaTMEに必要な局所解剖に基づく手術手技 局所解剖に基づくTaTMEの安全な手術手技 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 水内 祐介, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 野口 浩司, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  T1b大腸癌における再発及びリンパ節転移リスクの検討 内視鏡治療適応拡大の功罪、垂直断端陽性を中心に .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 貞苅 良彦, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  S状結腸癌及び直腸S状部癌に対するD3リンパ節郭清における左結腸動脈温存の是非 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • Miyasaka Yoshihiro, Kaida Hiroki, Watanabe Yusuke, Mori Yasuhisa, Ikenaga Naoki, Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  Surgical management for pancreatic neuroendocrine tumor Laparoscopic surgery for pancreatic neuroendocrine neoplasms(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 森 泰寿, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 中村 雅史 .  Stage I膵癌の長期予後 残膵癌に注目して .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Stage IV大腸癌症例に対する治療戦略 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2018年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Stage IV大腸癌症例に対する外科的治療戦略 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤田 逸人, 木庭 遼, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Stage IV大腸癌に対する外科的治療の役割 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤田 逸人, 久野 恭子, 永吉 絹子, 水内 祐介, 三好 圭, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Stage IV大腸癌に対する原発巣切除と転移巣に対する治療戦略 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 奥田 翔, 大内田 研宙, 大坪 慶志輝, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  Single-cell RNA-sequenceを用いた食道扁平上皮癌微小環境の解明 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 奥田 翔, 大内田 研宙, 伊達 聡美, 久野 恭子, 持田 侑己, 大坪 慶志輝, 新川 智彦, 松本 奏吉, 相良 亜希子, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  Single-cell RNA-sequenceを用いた術前化学療法後食道扁平上皮癌の解析 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 相良 亜希子, 米永 晃子, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 岡部 安博, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  S100Pが癌細胞塊のリンパ管内皮層へのクリアランスに関与しリンパ節転移に関わる .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 新川 智彦, 大内田 研宙, 持田 郁己, 伊達 聡美, 久野 恭子, 奥田 翔, 大坪 慶志輝, 松本 奏吉, 相良 亜希子, 岩本 千佳, 仲田 興平, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  R-spondin依存膵癌オルガノイド形成に関わる膵星細胞由来微小環境因子の検索 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 新田 吉陽, 佐保 葉月, 野元 優貴, 永田 彩子, 南 孝次, 中条 哲浩, 大脇 哲洋, 大塚 隆生 .  Pedicled Rotation Flapを用いた乳房全切除後胸壁再発の切除 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 木庭 遼, 植木 隆, 西堀 麻衣子, 石田 竜弘, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Oxaliplatin投与後直腸癌における組織中の白金分布と抗腫瘍効果との関連性の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 木庭 遼, 植木 隆, 西堀 麻衣子, 石田 竜弘, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Oxaliplatin投与後の直腸癌組織における蛍光X線分析を用いた金属元素の分布測定 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • Mori Yasuhisa, Ohtsuka Takao, Yusuke Watanabe, Ikenaga Naoki, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  Our treatment strategy for anastomotic stricture of hepaticojejunostomy(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • Fujii Atsushi, Masuda Takaaki, Matsumoto Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Uchida Hiroki, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi, Mimori Koshi .  Novel oncogene ArfGAP with SH3 domain, ankyrin repeat and PH domain 2(ASAP2) promotes tumor growth via EGFR/ERK signaling pathway(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 馮 海旻, 森山 大樹, 大内田 研宙, 厳 子龍, 武居 晋, 岐部 晋, 永井 俊太郎, 進藤 幸治, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  N-Acetyl-Cysteineによる活性化膵星細胞の不活化の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • Ikenaga Naoki, Ohtsuka Takao, Watanabe Yusuke, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  Management of highly advanced HBP surgery for super-elderly patients Surgical outcome of pancreatoduodenectomy in the elderly patients(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 中村 雅史 .  LPDでの右側アプローチによる腸間膜切除およびVFAを用いた術前難易度の評価 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • Watanabe Yusuke, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Ikenaga Naoki, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  Long-term outcomes after conversion surgery for initially unresectable pancreatic cancer with metastases(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • Ohtsuka Takao .  Laparoscopic biliary reconstruction(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 中村 雅史 .  IPMN診療における内視鏡の役割 新型経口膵管鏡Spyglass-DSのIPMN術前診断での役割 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 友杉 隆宏, 大塚 隆生, 谷口 隆之, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  IPMN由来浸潤癌に対する術後補助化学療法の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 廣野 誠子, 清水 泰博, 大塚 隆生, 金 俊文, 原 和生, 菅野 敦, 越田 真介, 花田 敬士, 北野 雅之, 井上 宏之, 糸井 隆夫, 植木 敏晴, 肱岡 範, 柳澤 昭夫, 中村 雅史, 岡崎 和一, 山上 裕機 .  IPMN国際診療ガイドライン2017の検証 IPMN国際診療ガイドライン2017におけるIPMN切除後フォローアップ法の検証 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 宮坂 義浩, 松田 諒太, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMN国際診療ガイドライン2017の検証 IPMN切除後の残膵high-risk lesionとその予測因子 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMN切除後の残膵病変とそのサーベイランス法の確立 .  日本消化器がん検診学会雑誌  2017年9月  (一社)日本消化器がん検診学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMN切除後の残膵病変とそのサーベイランス法の確立 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMN切除後の残膵病変とそのサーベイランス法の確立 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMN切除後の残膵病変とそのサーベイランス法の確立 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 清水 泰博, 肱岡 範, 廣野 誠子, 金 俊文, 大塚 隆生, 菅野 敦, 越田 真介, 花田 敬士, 北野 雅之, 井上 宏之, 糸井 隆夫, 植木 敏晴, 柳澤 昭夫, 山上 裕機, 杉山 政則, 岡崎 和一 .  IPMNの癌予測モデルの作成と多数例での評価 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • Shimizu Yasuhiro, Hijioka Susumu, Hirono Seiko, Kin Toshifumi, Ohtsuka Takao, Yanagisawa Akio, Yamaue Hiroki .  IPMNの治療戦略に関する最近の進歩 膵管内乳頭粘液性腫瘍患者の悪性を予測するための新規モデル(Recent advances in treatment strategy for IPMN New Model for Predicting Malignancy in Patients with Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  IPMNの手術適応と術式を再考する IPMN術前診断における経口膵管鏡の役割 腹腔鏡下膵切除術の時代を迎えて .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  IPMNに関する課題克服に向けて IPMN切除後の残膵病変 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMNに対する腹腔鏡下膵切除の成績 IPMNに対する腹腔鏡下尾側膵切除術の短期・長期成績 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMNに対する最新の外科治療戦略 IPMNに対する腹腔鏡下手術の長期成績 .  日本消化器病学会雑誌  2020年10月  (一財)日本消化器病学会

  • Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  IPMNに対する手術戦略 膵臓の主膵管型IPMNに対する治療戦略 膵全摘を回避するための経口膵管鏡検査の役割(Surgical Strategies for IPMN Treatment strategy for main duct IPMN of the pancreas: Role of peroral pancreatoscopy to avoid total pancreatectomy) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 松田 諒太, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  IPMNに併存する浸潤性膵管癌の特徴 IPMN併存膵癌切除後の残膵病変 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 大久保 文彦, 古賀 裕, 野上 美和子, 中附 加奈子, 仲 正喜, 山元 英崇, 大野 隆真, 大塚 隆生, 中村 雅史, 小田 義直 .  IPMNとIPNB-臨床病理像と細胞診- 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の細胞像・診断のポイントおよび問題点 .  日本臨床細胞学会雑誌  2020年5月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 北川 彰洋, 清水 大, 大津 甫, 黒田 陽介, 江口 英利, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  iMPAQT法を用いた膵癌における治療標的となるmetabolic pathway同定の試み .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 倉光 正太郎, 北川 彰洋, 清水 大, 吉川 宏幸, 野田 美和, 胡 慶江, 鶴田 祐介, 黒田 陽介, 伊藤 修平, 江口 英利, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  iMPAQT法を用いた膵癌における治療標的となるmetabolic pathway同定の試み .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 豊田 優貴, 藤森 尚, 村上 正俊, 蓑田 洋介, 末廣 侑大, 大角 真央, 日置 智惟, 倉重 智之, 大野 隆真, 伊原 栄吉, 森 泰寿, 大塚 隆生 .  Hot AXIOS留置後に内視鏡的ネクロセクトミーを施行したwalled-off necrosisの3例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 和田 真澄, 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 田中 貴子, 有上 貴明, 佐々木 健, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 大塚 隆生 .  Henle trunk郭清を必要とする進行大腸癌への治療戦略 腹腔鏡下右側結腸癌手術におけるHenle trunk周囲のリンパ節郭清の治療戦略 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Gemcitabine+nab-Paclitaxelを用いた術前化学療法はBR膵癌に有用か? .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 太田 耕二, 久保 進祐, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Gardner症候群に合併した大腸癌の精巣転移 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 中村 雅史 .  ERCP関連手技における偶発症とその対策 外科医からみたERCP関連偶発症の対応策 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 藤本 崇聡, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  ENGBDによる胆汁細胞診と胆汁中アミラーゼ値測定による胆嚢癌術前診断の可能性 .  胆道  2017年8月  日本胆道学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Dysplasia/癌合併潰瘍性大腸炎に対する大腸全摘術の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • Ohtsuka Takao .  Difficulty assessment of HBP surgery Difficulty scoring system of laparoscopic distal pancreatectomy(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 大坪 慶志輝, 木村 隆一郎, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  cStage II、III進行胃癌に対する術前化学療法施行後の腹腔鏡下胃癌手術の安全性について .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 厳 子龍, 大内田 研宙, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  CD110の阻害は、マウスの膵癌肝転移を抑制する(Inhibition of CD110 suppresses liver metastasis of pancreatic cancer) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  BR-PV膵癌に対する術前化学療法は必要か? .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 蔵原 弘, 新地 洋之, 前村 公成, 又木 雄弘, 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 江口 晋, 七島 篤志, 永野 浩昭, 猪俣 雅史, 岡部 信義, 西原 一善, 夏越 祥次, 中村 雅史 .  Borderline Resectable膵癌に対する治療戦略 九州・山口胆膵癌治療フォーラムアンケート結果からの検討 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 片山 直樹, 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  Barret食道癌に対して施行した術前化学療法が著効し、CRとなった一例 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Watanabe Yusuke, Mori Yasuhisa, Ikenaga Naoki, Nakamura Masafumi .  Anatomical landmarks to safely perform laparoscopic HBP surgery The knock and pitfall of Laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic cancer(和訳中) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2021年2月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  80歳以上の進行胃癌患者に対する術式選択と術後化学療法についての検討 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 堤 親範, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 赤川 進, 難波江 俊永, 末原 伸泰, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  7個以上の多発リンパ節転移を伴う早期胃癌の検討 .  日本胃癌学会総会記事  2020年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  6番郭清を患者右側から行う腹腔鏡下胃切除術の1085例の経験と工夫(Lymph Node Station Number 6 Dissection from the Right Side, based on our Experience of 1085 Cases) .  日本胃癌学会総会記事  2018年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  3D画像に基づく新たな個別立体解剖に応じた胃癌膵上縁郭清アプローチ法の選択 .  日本胃癌学会総会記事  2018年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 江藤 政俊, 中村 雅史 .  3D特有の解剖学的特徴に応じた胃管再建時の後縦隔経路と胸骨後経路の個別選択と工夫 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Ohuchida Kenoki, Moriyama Taiki, Shindo Koji, Ngai Shuntarou, Ohtsuka Takao, Nagai Eishi, Shimizu Syuji, Eto Masatoshi, Hashizume Makoto, Nakamura Masafumi .  3Dシミュレーションは超音波メスを用いたロボット膵上縁リンパ節郭清に有用である(The 3D simulation is useful for the robotic sumpancreatic LN dissection with ultrasonic scalpel) .  日本胃癌学会総会記事  2019年2月  (一社)日本胃癌学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 江藤 正俊, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  3DシミュレーションとICG術中イメージングによる食道切除後再建法の個別選択 .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • Shindo Koji, Ohuchida Kenoki, Moriyama Taiki, Nagai Shuntaro, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  3D CT画像は腹腔鏡下胃切除術時の最適なポート位置の決定に役立つ(3D CT imaging helps to achieve the best location of the ports in laparoscopic gastrectomy) .  日本胃癌学会総会記事  2019年2月  (一社)日本胃癌学会

  • 伊達 健治朗, 大塚 隆生, 中村 聡, 後藤 佳登, 中島 陽平, 藤本 崇聡, 持留 直希, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 小田 義直, 中村 雅史 .  2012年版IPMN国際診療ガイドラインを再考する 非切除IPMNの経過観察方法の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 永井 英司, 中村 雅史 .  2012年版IPMN国際診療ガイドラインを再考する IPMN切除後の残膵サーベイランスの要点 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  成人例の先天性胆道拡張症に対する腹腔鏡下手術 これまでの経験と開腹手術との比較を含めて .  日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2017年8月  日本膵・胆管合流異常研究会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  高齢者胃癌に対する術式、郭清範囲、化学療法の有無からみた至適治療戦略に関する検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  高齢者に対する進行胃癌手術における胃切除と胃全摘の比較検討(Preserving stomach for elderly patients has better prognosis in advanced gastric cancer surgery) .  日本胃癌学会総会記事  2018年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 大久保 啓史, 有上 貴明, 松下 大輔, 貴島 孝, 柳田 茂寛, 上之園 芳一, 大塚 隆生 .  高度進行胃癌、再発胃癌に対する治療戦略-薬物療法と手術との融合- 胃癌化学療法後にConversion Surgeryを行った症例の再発と予後の検討 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 永井 英司, 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 山元 啓文, 大塚 隆生, 本山 健太郎, 中房 祐司, 寺坂 禮治, 中村 雅史 .  高度進行胃がんに対する集学的治療における腹腔鏡下胃切除術の位置づけ 短期、長期成績を含めて .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 田中 利幸, 植木 敏晴, 平塚 裕晃, 伊原 諒, 畑山 勝子, 永山 林太郎, 丸尾 達, 野間 栄次郎, 八尾 建史, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史, 山本 猛雄, 古賀 裕 .  高度局所進行膵癌に対して化学療法後に膵全摘術を施行した1例 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 江藤 正俊, 中村 雅文 .  食道非切離・脱腸間膜化コンセプト(神経を包む膜)に基づく上縦隔郭清手技の定型化 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 鶴田 祐介, 佐々木 健, 野田 昌宏, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 盛 真一郎, 大塚 隆生 .  食道神経内分泌細胞癌の4切除例 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 野田 昌宏, 佐々木 健, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 有上 貴明, 蔵原 弘, 大塚 隆生 .  食道癌術後の乳び胸に対してリピオドールによるリンパ管造影を行い治癒した3例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 久保 進祐, 森山 太樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 堤 親範, 長尾 晋次郎, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  食道癌手術前処置のグリセリン浣腸により溶血性急性腎不全に陥った1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • 進藤 幸治, 永井 英司, 森山 大樹, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  食道癌多発病変と遺残食道を含む頭頸部癌の発生 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 堤 親範, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  食道癌再建臓器におけるICG蛍光法による血流評価に関する検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史, 江藤 正俊 .  食道癌・胃癌手術の難易度を術前3Dシミュレーションで予測する .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  食道癌の術後診断と再発形式との関連についての検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 永井 英司, 森山 大樹, 進藤 幸治, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  食道癌からみた重複消化管癌の治療方針と重複癌を考慮した診療計画 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  食道扁平上皮癌手術患者の術後異時性頭頸部癌、遺残食道癌発生 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (NPO)日本食道学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  食道切除術における再建の工夫 3D解剖の理解とICG評価に基づく胃管再建の経路選択と手技の工夫 .  日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

  • 中嶋 太極, 小園 勉, 樋渡 清司, 高取 寛之, 迫田 雅彦, 帆北 修一, 前之原 茂穂, 大塚 隆生 .  鑑別診断に苦慮した肝reactive lymphoid hyperplasia(RLH)の2例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  鏡視下食道切除術後7年目に発症した良性胃管通過障害に対するステント治療の経験 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  鏡視下胃癌手術における患者右側からの郭清の優位性と非劣性 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  鏡視下胃切除術における膵液瘻の原因となる手技についての後方視的検討 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  鏡視下手術のための3Dシミュレーション画像が生み出す新たな個別立体外科解剖学 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 真鍋 達也, 木庭 遼, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 植木 隆, 永井 英司, 中村 雅史 .  重粒子線治療のためのスペーサー手術の経験 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 三好 圭, 佐藤 優, 堀川 通弘, 加来 啓三, 甲斐 昌也, 貞苅 良彦, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  重症筋無力症患者に対してラパロリフトを用いた鏡視下拡大胸腺/胸腺腫摘出術の安全性 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 大内田 研宙, 永井 英司, 森山 大樹, 進藤 幸治, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  郭清すべき組織の可動性向上を目指した3Dシミュレーションの導入 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Nakata Kohei, Shikata Satoru, Ohtsuka Takao, Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Nakamura Masafumi .  遠位膵切除術中の脾温存対脾摘のメタアナリシス(Meta-analysis of spleen preservation versus splenectomy during distal pancreatectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  進行膵癌の治療 Borderline resectable膵癌に対する術前Gemcitabine+nab-Paclitaxel療法の有用性 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 大坪 慶志輝, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  進行胃癌に対する術式が術前・術後化学療法の導入・完遂に与える影響についての検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 永井 英司, 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  進行胃癌に対する腹腔鏡下手術は標準化するのか? 現状と今後の展望 進行胃癌に対する腹腔鏡下手術標準化の取り組み 適正なリンパ節郭清と愛護的操作 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  超音波凝固装置を用いたロボット胃切除のピットフォールとトラブルシューティング .  日本胃癌学会総会記事  2020年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 江藤 正俊, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  超音波凝固切開装置を用いたロボット手術による膵上縁郭清の導入とその定型化 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 森山 大樹, 永井 英司, 大内田 研宙, 進藤 幸治, Castillo Jaymel, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  術後体重変化からみた腹腔鏡下幽門側胃切除後再建法の比較(Comparison among reconstructions of laparoscopic distal gastrectomy for postoperative weight loss) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 友杉 隆宏, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 中村 聡, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  術前膵液細胞診を施行したIPMN切除例の検討 Worrisome featuresに注目して .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  術前栄養状態からみた高齢者に対する胃癌手術の安全性についての検討 .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 森山 大樹, 永井 英司, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  術前3D-CTで血管変異を把握することは、腹腔鏡下胃癌手術におけるリンパ節郭清に有用である .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 渡邉 雄介, 大塚 隆生, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  膵頭十二指腸切除術における切除方法の検討 幽門輪温存膵頭十二指腸切除術と亜全胃温存膵頭十二指腸切除術の比較 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • Ohtsuka Takao, Miyasaka Yoshihiro, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Nagai Shuntaro, Ohuchida Kenoki, Mizumoto Kazuhiro, Shimizu Shuji, Nakamura Masafumi .  膵臓のIPMN 手術適応、術式、転帰 主膵管型IPMNに対する管理戦略(IPMN of the pancreas: operative indications, procedures, and outcomes Management strategy for IPMN insolving main duct) .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 大内田 研宙, 永井 英司, 進藤 幸治, 森山 大樹, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  膵臓と主要血管の3Dシミュレーション像に応じた個別膵上縁郭清(Personalized lymph node dissection based on the 3D simulation of pancreas and major vessels) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 岐部 晋, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵腺房細胞の可塑性が膵癌局所浸潤を誘導する .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Fujimoto Takaaki, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Sadakari Yoshihiko, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Takahata Shunichi, Oda Yoshinao, Nakamura Masafumi .  膵胆管合流異常を伴わない胆汁中アミラーゼ高値は胆嚢癌の危険因子である(Elevated bile amylase level without pancreaticobiliary maljunction is a risk factor for gallbladder carcinoma) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • Nakamura So, Sadakari Yoshihiko, Tomosugi Takahiro, Kimura Ryuichiro, Okayama Takafumi, Mori Yasuhisa, Nakata Kohei, Miyasaka Yoshihiro, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  膵管腺癌を検出するバイオマーカーとしての膵液中エクソソーム由来microRNA(Pancreatic juice exosomal microRNAs as biomarkers for detection of pancreatic ductal adenocarcinoma) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 木村 隆一郎, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  膵管内乳頭粘液性腫瘍の組織学的亜分類と再発形式 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に対する診断、手術適応と至適術式 国際診療ガイドラインの検証と今後の展望 主膵管型IPMNに対するERCPを用いた術前診断と治療成績 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 廣野 誠子, 清水 泰博, 大塚 隆生, 金 俊文, 原 和生, 菅野 敦, 越田 真介, 花田 敬士, 北野 雅之, 井上 宏之, 糸井 隆夫, 植木 敏晴, 肱岡 範, 柳澤 昭夫, 山上 裕機 .  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)における切除後再発危険因子から導いた術後surveillance法 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 渡部 雅人, 中村 雅史 .  膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下手術の短期・長期成績 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 友杉 隆宏, 大塚 隆生, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 中村 聡, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下手術の検討 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下手術 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 雪本 薫平, 大野 彰久, 藤森 尚, 松本 一秀, 寺松 克人, 高松 悠, 三木 正美, 高岡 雄大, 大野 隆真, 大塚 隆生, 中村 雅史, 山本 猛雄, 古賀 裕, 小川 佳宏 .  膵神経内分泌腫瘍との鑑別に苦慮した膵腺房細胞癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  膵神経内分泌腫瘍(PNET)の腫瘍内heterogeneityから病態を考える .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 脇山 浩明, 清水 大, 野田 美和, 神山 勇太, 吉川 幸宏, 佐藤 晋彰, 黒田 陽介, 江口 英利, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  膵癌関連遺伝子ASAP2の癌進展に関わる機序解明と新たな治療標的としての可能性(Elucidation of the mechanism involved in cancer progression of pancreatic cancer(PC)-related gene, ASAP2) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  (一社)日本癌学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 倉光 正太郎, 北川 彰洋, 清水 大, 吉川 幸宏, 野田 美和, 鶴田 祐介, 黒田 陽介, 江口 英利, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  膵癌関連遺伝子ASAP2(ArfGAP with SH3 domain, ankyrin repeat and PH domain2)の癌進展に関わる機序 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤井 昌志, 増田 隆明, 倉光 正太郎, 北川 彰洋, 野田 美和, 鶴田 祐介, 松本 佳大, 大津 甫, 内田 博喜, 大塚 隆生, 中村 雅史, 三森 功士 .  膵癌関連遺伝子ASAP2(ArfGAP with SH3 domain, ankyrin repeat and PH domain 2)の癌進展に関わる機序(Elucidation of the mechanism involved in cancer progression of pancreatic cancer(PC)-related gene, ASAP2) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌転移の新知見 癌細胞塊のリンパ管内皮透過性亢進による転移形成促進機構の発見 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 渡部 雅人, 中村 雅史 .  膵癌術後の残膵癌の発生率は初回病変のステージによって異なる? .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 相良 亜希子, 米永 晃子, 関 維雨, 馮 海旻, 安藤 陽平, 岐部 晋, 木庭 遼, 中山 宏道, 肥川 和寛, 厳 子龍, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌肝転移における好中球細胞外トラップ(NETs)の役割 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 中山 宏道, 肥川 和寛, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌肝転移での癌関連線維芽細胞局所誘導における好中球細胞外トラップ(NETs)の役割に関する検討 .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 安藤 陽平, 大内田 研宙, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌細胞への異なった細胞死誘導による遊走・浸潤能への影響 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 相良 亜希子, 仲田 興平, 遠藤 翔, 大坪 慶志輝, 新川 智彦, 松本 奏吉, 米永 晃子, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 進藤 幸治, 森山 大樹, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌細胞のオートファジー抑制は、サリノマイシンによる増殖抑制効果を増強する .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 安藤 陽平, 大内田 研宙, 相良 亜希子, 米永 晃子, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌細胞のnecroptosisによって放出されるCXCL5は膵癌細胞の遊走・浸潤を促進する .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 大塚 隆生, 大久保 文彦, 小田 義直, 中村 雅史 .  膵癌早期診断における細胞診の役割 .  日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 大久保 文彦, 古賀 裕, 野上 美和子, 中附 加奈子, 仲 正喜, 木村 理恵, 山口 知彦, 山元 英崇, 藤森 尚, 大野 隆真, 大塚 隆生, 中村 雅史, 小田 義直 .  膵癌撲滅を目指して-膵癌早期診断における細胞診の役割 早期膵癌の細胞診断 .  日本臨床細胞学会雑誌  2019年10月  (公社)日本臨床細胞学会

  • 阿部 俊也, 仲田 興平, 岐部 晋, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌患者における術前栄養・免疫学的因子の臨床的意義に関する検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 大内田 研宙, 中山 宏道, 肥川 和寛, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌微小肝転移における癌関連線維芽細胞の誘導と好中球細胞外トラップ(NETs) .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 岩本 千佳, 大内田 研宙, 新川 智彦, 大坪 慶志輝, 奥田 翔, 進藤 幸治, 赤司 浩一, 大塚 隆生, 江藤 正俊, 中村 雅史 .  膵癌微小環境下で骨髄造血幹細胞はCAF様の形態・機能を獲得し、膵癌の局所浸潤を誘導する .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 相良 亜希子, 仲田 興平, 山下 智大, 松本 奏吉, 大坪 慶志輝, 新川 智彦, 安藤 陽平, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌微小環境の制御に着目した既存薬剤を用いた膵癌治療の新たな展開 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 相良 亜希子, 仲田 興平, 山下 智大, 関 維雨, 松本 奏吉, 伊達 聡美, 池永 直樹, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌微小環境の制御に着目した新規膵癌治療薬剤の探索 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 岐部 晋, 大内田 研宙, 新川 智彦, 大坪 慶志輝, 松本 奏吉, 相良 亜希子, 米永 晃子, 馮 海旻, 関 維雨, 安藤 陽平, 武居 晋, 中山 宏道, 厳 子龍, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌局所浸潤部における癌関連腺房導管異型性は癌局所浸潤に寄与する .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 岐部 晋, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 武居 晋, 中山 宏道, 阿部 俊也, 遠藤 翔, 肥川 和寛, 奥村 隆志, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌周囲微小環境におけるADM-like lesionの局所浸潤に果たす役割 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 大塚 隆生, 石田 晶玄, 中村 雅史, 海野 倫明, 膵癌取り扱い規約委員会 .  膵癌取り扱い規約変更に関する説明会 膵癌取り扱い規約の手術に関する記載法改定について .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 相良 亜希子, 米永 晃子, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 肥川 和寛, 厳 子龍, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 岡部 安博, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌リンパ節転移におけるリンパ管内皮細胞の役割についての検討 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌リンパ節転移におけるcollective cell invasion制御因子の検討 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 菅野 敦, 正宗 淳, 花田 敬士, 真口 宏介, 清水 泰博, 植木 敏晴, 長谷部 修, 大塚 隆生, 中村 雅史, 竹中 完, 北野 雅之, 菊山 正隆, 蒲田 敏文, 吉田 浩司, 佐々木 民人, 芹川 正浩, 古川 徹, 柳澤 昭夫, 下瀬川 徹 .  膵癌の早期診断・治療の現状と展望 膵癌早期診断の現状 膵癌早期診断研究会における多施設研究の結果をもとに .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 武居 晋, 安藤 陽平, 岐部 晋, 阿部 俊也, 遠藤 翔, 肥川 和寛, 厳 子龍, 吉田 真樹, 奥村 隆志, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌のリンパ節転移における新たな機序の解明 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 奥村 隆志, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 阿部 俊也, 遠藤 翔, 肥川 和寛, 厳 子龍, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌における膵周囲脂肪組織線維化と脂肪組織由来幹細胞の役割 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 武居 晋, 鄭 彪, 大内田 研宙, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  膵癌における肝・肺転移形成機序の相違に関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Yan Zilong, 大内田 研宙, 奥村 隆志, 遠藤 翔, 阿部 俊也, 肥川 和寛, 武居 晋, 中山 宏道, 安藤 陽平, 岐部 晋, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 森山 大樹, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌におけるTPO-CD110-ERK-MYCシグナル経路の生物学的意義の解析 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 安藤 陽平, 大内田 研宙, 相良 亜希子, 米永 晃子, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 肥川 和寛, 森山 大樹, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵癌におけるnecroptosisの意義の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 新川 智彦, 厳 子龍, 大内田 研宙, 大坪 慶志輝, 松本 奏吉, 米永 晃子, 相良 亜希子, 関 維雨, 馮 海旻, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 中山 宏道, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌におけるERK1/2阻害剤による癌間質相互作用の抑制効果の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • Yan Zilong, 大内田 研宙, 関 維雨, 馮 海旻, 肥川 和寛, 中山 宏道, 武居 晋, 安藤 陽平, 岐部 晋, 米永 晃子, 相良 亜希子, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵癌におけるERK1/2阻害は癌間質相互作用を抑制する .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  膵瘻管理の最前線 膵頭十二指腸切除術における術後膵瘻の管理 死亡ゼロを目指して(Frontiers in the Management of Pancreatic Fistula Management of Postoperative Pancreatic Fistula after Pancretoduodenectomy: Aim for zero mortality) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2018年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • Mori Yasuhisa, Ohtsuka Takao, Miyasaka Yoshihiro, Nakata Kohei, Nakamura Masafumi .  膵瘻ハイリスク患者における遠位膵切除術後のDuVal式膵空腸吻合変法(Modified DuVal pancreatojejunostomy following distal pancreatectomy in patients with high risk of pancreatic fistula) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 中村 聡, 貞苅 良彦, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 岡山 卓史, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵疾患に対する新たな診断法への取り組み 膵液中exosomeを利用した膵癌診断バイオマーカーの有用性 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵疾患における腹腔鏡手術は有用か? 腹腔内脂肪量からみた腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の難易度の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小山 虹輝, 森 泰寿, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵炎を契機に発見された十二指腸内憩室に対して根治切除を行った1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 中村 聡, 貞苅 良彦, 岡山 卓史, 中島 陽平, 後藤 佳登, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵液中exosomeを利用した膵癌診断バイオマーカーの検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 中村 聡, 貞苅 良彦, 岡山 卓史, 中島 陽平, 後藤 佳登, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵液中exosomeを利用した膵癌診断バイオマーカーの検討 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 肥川 和寛, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 中山 宏道, 武居 晋, 阿部 俊也, 遠藤 翔, 奥村 隆志, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵星細胞におけるEndo180発現の意義および治療標的因子としての検討 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 中村 雅史 .  膵嚢胞性腫瘍に対する内視鏡診断 膵嚢胞性腫瘍に対する各種ガイドライン 内視鏡診断の観点から .  Gastroenterological Endoscopy  2019年5月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  膵嚢胞性疾患外科治療のタイミング《アンサーパッド》 膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の切除のタイミングについて .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  膵切除術における膵切離・断端処理の手術手技 転ばぬ先の杖 尾側膵切除後膵液瘻高リスク症例に対するDuVal変法 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 真鍋 達也, 永井 英司, 中村 雅史 .  膵切除後膵液瘻の予防と対策 膵頭十二指腸切除後膵液瘻に対する対処法とその成績 手術死亡率ゼロを目指して .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵切除後の残膵切除の適応・治療成績 膵管内乳頭粘液性腫瘍および通常型膵癌切除後の残膵悪性病変の予測因子およびその治療成績 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 池永 直樹, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 仲田 興平, 中村 雅史 .  膵切後膵炎の臨床学的意義の検討 膵頭十二指腸切除、膵尾側切除の比較から .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 藤本 崇聡, 大塚 隆生, 中村 聡, 後藤 佳登, 中島 陽平, 伊達 健治朗, 森 泰寿, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 持留 直希, 小田 義直, 中村 雅史 .  膵・胆管合流異常症術後の長期成績からみた治療戦略 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 岡山 卓史, 森 泰寿, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 中村 聡, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵・胆管合流異常に着目した胆嚢癌と炎症関連マーカー発現の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 岡山 卓史, 森 泰寿, 谷口 隆, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  膵・胆管合流異常に着目した胆嚢癌と炎症関連マーカー発現とEGFR発現の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 米永 晃子, 肥川 和寛, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 仲田 興平, 森山 大樹, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵オルガノイドを用いた浸潤性膵管癌の新たな局所微小浸潤機序の解明 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 肥川 和寛, 大内田 研宙, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵オルガノイドを用いたリアルタイムイメージングによる新たな膵癌局所微小浸潤機序の解明 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 肥川 和寛, 大内田 研宙, 岐部 晋, 安藤 陽平, 中山 宏道, 武居 晋, 阿部 俊也, 遠藤 翔, 奥村 隆志, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  膵オルガノイドによる新たな膵癌局所微小浸潤機序の解明 膵星細胞が誘導する基底膜破壊と間質浸潤 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 水内 祐介, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  腹部手術既往が右側結腸癌の腹腔鏡手術に与える影響 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  腹腔鏡手術のポイント 先天性胆道拡張症の中期成績から見る至適術式の検討と困難症例に対する対処法 .  日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2019年9月  日本膵・胆管合流異常研究会

  • Nagakawa Yuichi, Ohtsuka Takao, Ban Daisuke, Nakamura Yoshiharu, Nakata Kohei, Honda Goro, Takaori Kyoichi, Misawa Takeyuki, Kuroki Tamotsu, Kawai Manabu, Morikawa Takanori, Tanabe Minoru, Wakabayashi Go, Yamaue Hiroki, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の難度評価システム(Difficulty scoring system in laparoscopic pancreaticoduodenectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 大塚 隆生, 後藤 佳澄, 仲田 興平, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の導入とその成績 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(LPD)導入期の注意点 腹腔内脂肪面積(VFA)に着目して .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • Ohtsuka Takao, Ban Daisuke, Nakamura Yoshiharu, Nagakawa Yuuichi, Nakata Kohei, Honda Goro, Takaori Kyoichi, Misawa Takeyuki, Kuroki Tamotsu, Kawai Manabu, Morikawa Takanori, Tanabe Minoru, Wakabayashi Go, Yamaue Hiroki, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵切除術の難度評価システム 遠位膵切除術(Difficulty scoring system in laparoscopic pancreatectomy: Distal pancreatectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵切除術に対する術前の三次元解剖学的画像評価(Preoperative 3-dimentional anatomical image assessment for laparoscopic pancreatectomy) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  2017年5月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Watanabe Yusuke, Mori Yasuhisa, Ikenaga Naoki, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵切除の実際と工夫 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術の安全な手技(Current status and tips in laparoscopic pancreatectomy Safe technique of laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic cancer) .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  腹腔鏡下膵体尾部切除術における術前3Dシミュレーションの有用性の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下膵体尾部切除術における3D CTを使用した術前シミュレーションの有用性(The usefulness of preoperative simulation using three dimensional CT in laparoscopic distal pancreatectomy) .  日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (一社)日本肝胆膵外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胆道手術の要点と盲点 未来に向けて 腹腔鏡下胆道拡張症手術の要点と当科の成績 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大塚 隆生, 森 泰寿, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胆道再建術の工夫と治療成績 当科での腹腔鏡下胆道拡張症手術の歴史的変遷と最近の工夫 .  胆道  2019年10月  日本胆道学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胆管空腸吻合術の標準化とコツ .  胆道  2018年8月  日本胆道学会

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃癌膵上縁郭清のための新たな個別立体外科解剖学の構築 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 大坪 慶志輝, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除術後膵液瘻予測因子の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 大坪 慶志輝, 進藤 幸治, 森山 大樹, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除術後のドレーンアミラーゼ値測定の臨床的意義 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 大坪 慶志輝, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除術における患者右側からの6番郭清のための術者右手ポート位置の検討 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除術における個別解剖に基づいたポート位置の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除のデルタ吻合再建(Billroth-I法)における、リニアステイプラー挿入の安全性に関する検討 157例の治療成績 .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除におけるポート位置シミュレーションの重要性 .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除における3DCTによる左右双方からの郭清手技を可能とするポート位置のシミュレーション .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  腹腔鏡下胃切除での幽門下領域郭清における術者の立ち位置による違い .  日本胃癌学会総会記事  2020年3月  (一社)日本胃癌学会

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下肝胆膵手術(Laparoscopic HBP surgery) 膵体尾部切除術における脾温存と脾切除の比較 システマティックレヴューとメタアナリシス(Spleen preservation versus splenectomy during distal pancreatectomy: A systematic review and meta-analysis) .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  腹腔鏡下直腸癌手術における出血と対処方 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  腹腔鏡下手術における術中超音波検査を応用した下腸間膜動脈血管分岐形態の把握 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • Ohtsuka Takao, Miyasaka Yoshihiro, Nakata Kohei, Mori Yasuhisa, Nagai Suntaro, Ohuchida Kenoki, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下手術(肝胆膵手術)に関する落とし穴とトラブルシューティング 腹腔鏡下膵手術の落とし穴とトラブルシューティング(Pitfalls of and troubleshooting for laparoscopic surgery(hepatobiliary pancreatic surgery) Pitfalls of and troubleshooting for laparoscopic pancreatic surgery) .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • Moriyama Taiki, Ohuchida Kenoki, Shindo Koji, Mori Yasuhisa, Nagai Shuntaro, Ohtsuka Takao, Nagai Eishi, Shimizu Shuji, Nakamura Masafumi .  腹腔鏡下幽門側胃切除術の再建による胆石の発生率(Incidence of cholelithiasis by reconstruction of laparoscopic distal gastrectomy) .  日本胃癌学会総会記事  2019年2月  (一社)日本胃癌学会

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森 泰寿, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下幽門側胃切除術における予防的胆嚢摘出術の必要性に関する検討 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 貞苅 良彦, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  腹腔鏡下左側結腸癌・直腸癌手術における術中超音波検査の応用 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 大塚 隆生 .  腹腔鏡下尾側膵切除術の安全な手技 .  日本外科系連合学会誌  2020年12月  日本外科系連合学会

  • 堤 親範, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  腹腔鏡下噴門側胃切除術のダブルトラクト再建における逆蠕動性胃空腸吻合症例の検討 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  腹腔鏡下先天性胆道拡張症手術 今後の課題と現在の取り組み .  胆道  2020年8月  日本胆道学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  腸瘻を軸とした腸捻転症を防ぐための腹腔鏡下腸瘻造設術の工夫 .  日本腹部救急医学会雑誌  2020年2月  (一社)日本腹部救急医学会

  • 貞苅 良彦, 伊達 聡美, 永吉 絹子, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  腫瘤形成性虫垂炎に対する非外科的治療の不成功予測因子 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 木庭 遼, 藤田 逸人, 西堀 麻衣子, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 関澤 央輝, 新田 清文, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 植木 隆, 石田 竜弘, 中村 雅史 .  腫瘍間質における直腸癌L-OHP抵抗性の誘導 放射光蛍光X線を用いた白金分布分析 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 中山 宏道, 大内田 研宙, 安藤 陽平, 岐部 晋, 武居 晋, 肥川 和寛, 厳 子龍, 進藤 幸治, 森山 大樹, 仲田 興平, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 岡部 安博, 大塚 隆生, 水元 一博, 中村 雅史 .  腫瘍由来VEGFCはリンパ管内皮のクリアランスを促進しリンパ節転移に関わる .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 永吉 絹子, 永井 俊太郎, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  脾彎曲部癌に対する解剖学的考察と腹腔鏡手術における定型化の工夫 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 肥川 和寛, 奥村 隆志, 大内田 研宙, 岐部 晋, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  脂肪組織由来幹細胞は膵癌における癌関連線維芽細胞の供給源となり腫瘍形成を促進する .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 堤 親範, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 三好 圭, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 江藤 正敏, 中村 雅史 .  胸骨後経路における縫合不全発生予防目的の縦隔シフトを伴う吻合部引き下げの有効性 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

  • 藤元 静太郎, 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 土橋 賢司, 大塚 隆生, 馬場 英司, 中村 雅史 .  胸部食道癌術後の治療抵抗性リンパ節再発に対して遺伝子パネル検査が有用であった一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 森山 大樹, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 三好 圭, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 中村 雅史 .  胸部食道癌術後4年目に発症した胃管肺瘻の治療経験 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  背側膵動脈に着目した腹腔鏡下膵体尾部切除術 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 友杉 隆宏, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胆膵疾患に対する内視鏡的intervention EHLを用いた膵・胆管結石の内視鏡治療 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 村上 正俊, 藤森 尚, 末廣 侑大, 松本 一秀, 寺松 克人, 高松 悠, 高岡 雄大, 大野 隆真, 小川 佳宏, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胆膵悪性腫瘍への取り組み 当科における膵癌術前化学療法(NAC)の現状とNAC無効例の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 中村 雅史 .  胆膵内視鏡・腹腔鏡低侵襲治療および合併症 腹腔鏡下尾側膵切除術における脾温存術 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 松本 一秀, 藤森 尚, 畑 佳孝, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胆膵内視鏡・腹腔鏡低侵襲治療および合併症 当院での十二指腸乳頭部腫瘍に対する診断・治療戦略 内科・外科の役割 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 麻生 暁, 大塚 隆生, 清水 周次 .  胆膵内視鏡における安全かつ効果的な教育法 遠隔医療とアノテーションシステムを利用した日本から世界へ発信する内視鏡医の教育プログラムの現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 後藤 佳登, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 中村 聡, 中島 陽平, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 小田 義直, 中村 雅史 .  胆嚢癌の術前診断における潜在的膵液胆管内逆流の検討 .  日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス  2017年8月  日本膵・胆管合流異常研究会

  • 岡山 卓史, 森 泰寿, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 中村 聡, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 山本 猛雄, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胆嚢癌におけるVEGF発現に関する検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 岡山 卓史, 森 泰寿, 大塚 隆生, 谷口 隆之, 友杉 隆宏, 木村 隆一郎, 渡邉 雄介, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  胆嚢癌におけるVEGF発現とp53癌抑制遺伝子変異の検討 .  胆道  2019年10月  日本胆道学会

  • 堤 親範, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胃神経内分泌細胞癌4例の集学的治療に関する検討 .  日本消化器外科学会雑誌  2019年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 清水 周次, 江藤 正俊, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  胃癌手術における術前個別立体解剖の理解とその術後合併症に与える影響 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の郭清手技に注意を要する主要静脈の走行パターンの検討 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術における、周術期データによる予後予測 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 永井 英司, 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  胃癌に対する腹腔鏡下D2郭清のコツとピットフォール 腹腔鏡下胃全摘術、D2リンパ節郭清における脾動脈周囲リンパ節郭清の術前準備と手術手技 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 大内田 研宙, 森山 大樹, 進藤 幸治, 永井 俊太郎, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 清水 周次, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  胃癌に対するロボット支援下手術における術前3Dシミュレーションの役割 .  日本消化器外科学会雑誌  2018年11月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大坪 慶志輝, 進藤 幸治, 森山 大樹, 大内田 研宙, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  胃切除後に内ヘルニアを発症した8例の検討 .  日本腹部救急医学会雑誌  2018年2月  (一社)日本腹部救急医学会

  • 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  胃・十二指腸腫瘍の低侵襲治療 十二指腸腫瘍に対するLECS .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 仲田 興平, 大塚 隆生, 森 泰寿, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  肝胆膵領域における漏れない、狭窄しない吻合法 当科における膵空腸吻合法及び術後膵液瘻に対する正中創オープンドレナージによる管理 .  日本創傷治癒学会プログラム・抄録集  2018年11月  (一社)日本創傷治癒学会

  • 後藤 佳登, 森 泰寿, 大塚 隆生, 岡山 卓史, 藤井 昌志, 中村 聡, 中島 陽平, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  肝外胆管癌に対する術後補助化学療法の有用性に関する検討 .  胆道  2017年8月  日本胆道学会

  • 谷口 隆之, 大塚 隆生, 渡邉 雄介, 森 泰寿, 池永 直樹, 仲田 興平, 中村 雅史 .  肝原発腺扁平上皮癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 川崎 洋太, 飯野 聡, 伊地知 徹也, 保坂 優斗, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 上野 真一, 大塚 隆生 .  肝十二指腸間膜内リンパ節転移を認めた大腸がん肝転移の2症例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 大内田 研宙, 永井 英司, 森山 大樹, 進藤 幸治, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  縦隔内腫瘍に対して腹臥位鏡視下手術を施行した5例 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年6月  (NPO)日本食道学会

  • 小山 虹輝, 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 三好 圭, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 中村 雅史 .  縦隔シフトと吻合部引き下げ、ICG評価により細径胃管の圧迫解除を目指した胸骨後経路再建の工夫 .  日本消化器外科学会総会  2020年12月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 仲田 興平, 森 泰寿, 大内田 研宙, 中村 雅史 .  組織亜型とGNAS変異解析に基づく膵IPMNの病態解明と診療への応用 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 風呂井 敦, 佐々木 健, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 内門 泰人, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 盛 真一郎, 大塚 隆生 .  神経内分泌細胞癌と扁平上皮癌が併存した食道多発癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸神経内分泌腫瘍に対する腹腔鏡下手術 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌術後側方リンパ節再発に対する腹腔鏡下手術の検討 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌術後側方リンパ節再発に対する腹腔鏡下側方郭清術の検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2018年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌術後側方リンパ節再発に対する腹腔鏡下側方郭清術 .  日本消化器外科学会総会  2019年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 中村 祥一, 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌術前に機械的腸管前処置を契機に発症した重症Mg血症の一例 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌局所再発に対する重粒子線治療のためのスペーサー手術の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸癌側方リンパ節再発に対する腹腔鏡下側方郭清術 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 盛 真一郎, 喜多 芳昭, 和田 真澄, 小倉 佑太, 佐竹 霜一, 有上 貴明, 佐々木 健, 田中 貴子, 大塚 隆生 .  直腸癌に対する低侵襲治療の最前線 直腸癌に対するロボット支援下手術の導入・定型化と治療成績 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  直腸切断術後続発性会陰ヘルニア症例の検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2017年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 阿部 俊也, 大内田 研宙, 肥川 和寛, 遠藤 翔, 奥村 隆志, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  癌関連腹膜中皮細胞は膵癌腹膜播種形成を促進する .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 林 早織, 久保 真, 鹿田 佐和子, 島崎 亜希子, 原田 由利奈, 森崎 隆史, 川地 眸, 倉田 加奈子, 森 瞳美, 金城 和寿, 山田 舞, 甲斐 昌也, 石井 加奈子, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  生殖細胞系列遺伝子パネル(myRisk)を用いた遺伝性腫瘍のリスク評価の意義 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年8月  (一社)日本外科学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 水内 祐介, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  炎症性腸疾患診療の現状と展望 クローン病に合併した消化管癌に対する外科手術症例の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 有上 貴明, 松下 大輔, 大久保 啓史, 田中 貴子, 佐々木 健, 野田 昌宏, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 大塚 隆生 .  消化管癌におけるConversion手術の現況 腹膜播種胃癌に対するConversion Surgeryの臨床的意義(Clinical Significance of Conversion Surgery for Gastric Cancer with Peritoneal Dissemination: A Retrospective Study) .  日本消化管学会雑誌  2021年1月  (一社)日本消化管学会

  • 峰 慎太郎, 高橋 瞬, 藤岡 審, 森山 大樹, 大塚 隆生 .  消化管内視鏡用先端保護チューブのホールド部の変形による圧着力低下についての検討 .  日本消化器内視鏡技師会会報  2020年3月  (一社)日本消化器内視鏡技師会

  • Nakata Kohei, Ohtsuka Takao, Mori Yasuhisa, Miyasaka Yoshihiro, Nakamura Masafumi .  消化器癌手術に関するナビゲーション法の将来展望 安全な腹腔鏡下膵切除術のための術前3D解剖学的評価(Future prospects of navigation methods for digestive cancer surgery Preoperative 3-dimentional anatomical assessment for the safety of laparoscopic pancreatectomy) .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 木村 隆一郎, 宮坂 義浩, 友杉 隆宏, 岡山 卓史, 中村 聡, 森 泰寿, 仲田 興平, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  消化器癌に対する集学的治療 Borderline resectable膵癌に対するGEM+nab-PTXを用いた術前治療の有用性 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 健, 浦田 正和, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 盛 真一郎, 蔵原 弘, 大塚 隆生 .  消化器外科領域における漢方薬の使い方 食道切除術後のせん妄に対するラメルテオンと抑肝散併用療法の有用性 .  日本臨床外科学会雑誌  2020年10月  日本臨床外科学会

  • 奥村 隆志, 大内田 研宙, 武居 晋, 森山 大樹, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 大塚 隆生, 永井 英司, 水元 一博, 中村 雅史 .  活性化脂肪組織由来幹細胞が作るコラーゲンマトリックスと膵癌浸潤への影響 .  日本消化器外科学会総会  2017年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 大内田 研宙, 進藤 幸治, 森山 大樹, 堤 親範, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 清水 周次, 江藤 正俊, 橋爪 誠, 中村 雅史 .  機能的に胃内流入を主経路とする逆蠕動・側々での胃空腸吻合によるダブルトラクト再建手技 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 真鍋 達也, 大塚 隆生, 永井 英司, 中村 雅史 .  横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の評価と課題 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 森 泰寿, 大塚 隆生, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  標準化を目指した腹腔鏡下胆道再建術 .  日本消化器外科学会総会  2018年7月  (一社)日本消化器外科学会

  • 平瀬 雄規, 佐々木 健, 野田 昌宏, 鶴田 祐介, 内門 泰斗, 喜多 芳昭, 有上 貴明, 盛 真一郎, 大塚 隆生 .  根治的CRT完全奏功後の異時性肺転移を切除し2年生存が得られている食道癌の1例 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 中村 聡, 大塚 隆生, 中島 陽平, 後藤 佳登, 伊達 健治朗, 藤本 崇聡, 森 泰寿, 貞苅 良彦, 仲田 興平, 宮坂 義浩, 中村 雅史 .  最尾部膵管内乳頭粘液性腫瘍の治療方針の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 坂梨 渓太, 進藤 幸治, 大内田 研宙, 森山 大樹, 永井 俊太郎, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  早期胃癌治癒切除後、長期経過後に再発を来した2例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • Castillo Jaymel Ramos, Nagai Eishi, Chuchida Kenoki, Moriyama Taiki, Shindo Koji, Hisano Kyoko, Shimizu Shuji, Manabe Tasuya, Ohtsuka Takao, Nakamura Masafumi .  早期胃癌の内視鏡的切除術後の臨床病理学的転帰(Clinicopathologic outcomes of Gastrectomy after Endoscopic resection in Early Gastric Cancer) .  日本胃癌学会総会記事  2017年3月  (一社)日本胃癌学会

  • 大塚 隆生, 宮坂 義浩, 森 泰寿, 仲田 興平, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 水元 一博, 清水 周次, 中村 雅史 .  新規採用腹腔鏡下膵切除術の現状と課題 腹腔鏡下膵切除術のpitfall .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 木庭 遼, 西堀 麻衣子, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 植木 隆, 石田 竜弘, 中村 雅史 .  放射光蛍光X線分析による白金錯体系薬剤の直腸癌組織内分布の可視化 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 永井 俊太郎, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 藤田 逸人, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  挟み撃ちアプローチによる腹腔鏡下横行結腸癌D3郭清術 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2019年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 藤田 逸人, 永吉 絹子, 貞苅 良彦, 永井 俊太郎, 大内田 研宙, 大塚 隆生, 中村 雅史 .  手術既往のある右側結腸癌症例に対する腹腔鏡下手術 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • ゲノム医療が導く究極の膵癌予防法・予防的膵全摘術の適応患者とは?

    2020年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 膵癌の新たな転移再発機序の解明;膵管内播種に着目して

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • IPMN併存膵癌の分子生物学解析に基づく膵癌早期診断法の開発

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 両刃の剣GLP-1の膵癌治療への応用

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究