2021/05/31 更新

写真a

スエツグ タカユキ
末次 隆行
SUETSUGU Takayuki
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 呼吸器・ストレスケアセンター 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2020年3月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 呼吸器・ストレスケアセンター   助教

    2020年4月 - 現在

 

論文

  • Sueoka-Aragane N, Nakashima C, Yoshida H, Matsumoto N, Iwanaga K, Ebi N, Nishiyama A, Yatera K, Kuyama S, Fukuda M, Ushijima S, Umeguchi H, Harada D, Kashiwabara K, Suetsugu T, Fujimoto N, Tanaka F, Uramoto H, Yoshii C, Nakatomi K, Koh G, Seki N, Aoe K, Nosaki K, Inoue K, Takamori A, Kawaguchi A .  The role of comprehensive analysis with circulating tumor DNA in advanced non-small cell lung cancer patients considered for osimertinib treatment. .  Cancer medicine   2021年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.3929

    PubMed

  • Misono S. .  Molecular signature of small cell lung cancer after treatment failure: The mcm complex as therapeutic target .  Cancers13 ( 6 ) 1 - 16   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13061187

    Scopus

    PubMed

  • Mizuno K. .  FAM64A: A Novel Oncogenic Target of Lung Adenocarcinoma Regulated by Both Strands of miR-99a (miR-99a-5p and miR-99a-3p) .  Cells9 ( 9 )   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cells  

    DOI: 10.3390/cells9092083

    Scopus

    PubMed

  • Wakuda K, Yamaguchi H, Kenmotsu H, Fukuda M, Takeshita M, Suetsugu T, Kirita K, Ebi N, Hataji O, Miura S, Chibana K, Okamoto I, Yoshimura K, Nakagawa K, Yamamoto N, Sugio K .  A phase II study of Osimertinib for patients with radiotherapy-naïve CNS metastasis of non-small cell lung cancer: treatment rationale and protocol design of the OCEAN study (LOGIK 1603/WJOG 9116L). .  BMC cancer20 ( 1 ) 370   2020年5月

     詳細を見る

  • Sanada H. .  Involvement of dual strands of miR-143 (miR-143-5p and miR-143-3p) and their target oncogenes in the molecular pathogenesis of lung adenocarcinoma .  International Journal of Molecular Sciences20 ( 18 )   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms20184482

    Scopus

    PubMed

  • Misono S. .  Molecular pathogenesis of gene regulation by the miR-150 duplex: MiR-150-3p regulates TNS4 in lung adenocarcinoma .  Cancers11 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers11050601

    Scopus

    PubMed

  • Uchida A. .  Involvement of dual-strand of the miR-144 duplex and their targets in the pathogenesis of lung squamous cell carcinoma .  Cancer Science110 ( 1 ) 420 - 432   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13853

    Scopus

    PubMed

  • Uchida Akifumi, Seki Naohiko, Mizuno Keiko, Misono Shunsuke, Yamada Yasutaka, Kikkawa Naoko, Sanada Hiroki, Kumamoto Tomohiro, Suetsugu Takayuki, Inoue Hiromasa .  肺扁平上皮癌の発生機序におけるmiR-144 duplex二重鎖の関与とその標的(Involvement of dual-strand of the miR-144 duplex and their targets in the pathogenesis of lung squamous cell carcinoma) .  Cancer Science110 ( 1 ) 420 - 432   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    肺扁平上皮癌の発生機序の一端を明らかにする目的で、マイクロRNA(miR)-144-5pおよびmiR-144-3pが抗腫瘍機能を有しているか検証し、それらの標的の検索を試みた。肺扁平上皮癌もしくは癌ではない肺組織の切除検体で上記2種のmiR-144鎖の発現を調べたところ、癌組織ではいずれの鎖の発現も低下していた。癌ゲノムデータベースを利用した解析の結果、miR-144-5pが低発現であることは肺扁平上皮癌患者の予後不良を有意に予測していることが示された。肺扁平上皮癌細胞株で両miR-144鎖を異所性発現させると、細胞の増殖能、遊走能、浸潤能といった悪性形質を示す性質は有意に遮断された。両miR-144鎖によって制御を受ける遺伝子として、神経特異的カルシウムセンサー1遺伝子(NCS1)を含む3種が同定された。肺扁平上皮癌患者においてNCS1が高発現であることは予後不良を有意に予測し、またNCS1発現は独立した予後因子ともなっていた。さらに肺扁平上皮癌の臨床検体ではNCS1の過剰発現が認められ、細胞株でNCS1を異常発現させると悪性形質転換が亢進した。

  • Misono S. .  Dual strands of the miR-145 duplex (miR-145-5p and miR-145-3p) regulate oncogenes in lung adenocarcinoma pathogenesis .  Journal of Human Genetics63 ( 10 ) 1015 - 1028   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-018-0497-9

    Scopus

    PubMed

  • Misono Shunsuke, Seki Naohiko, Mizuno Keiko, Yamada Yasutaka, Uchida Akifumi, Arai Takayuki, Kumamoto Tomohiro, Sanada Hiroki, Suetsugu Takayuki, Inoue Hiromasa .  miR-145二本鎖(miR-145-5pとmiR-145-3p)のdual strandは肺腺癌の病態形成において癌遺伝子を調節する(Dual strands of the miR-145 duplex(miR-145-5p and miR-145-3p) regulate oncogenes in lung adenocarcinoma pathogenesis) .  Journal of Human Genetics63 ( 10 ) 1015 - 1028   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    肺腺癌においてマイクロRNA(miR)-145-5pとmiR-145-3pによって制御される重要な癌遺伝子を同定し、肺腺癌の発症機序を調べた。肺手術施行患者から肺腺癌組織と正常組織を採取した。RNAを抽出して定量的リアルタイムRT-PCRを実施した。ヒト肺腺癌細胞株にmiRNAおよび低分子干渉RNAを遺伝子導入して培養し、細胞増殖、遊走、浸潤アッセイを実施した。肺腺癌細胞においてmiR-145-5pとmiR-145-3pが調節する標的遺伝子を同定し、肺腺癌におけるmiRNAとその標的遺伝子の臨床的意義を調べた。miR-145-5pとmiR-145-3pの発現は、非癌組織に比べて肺腺癌組織で減少していた。miR-145-5pとmiR-145-3pの発現に正の関連があった。miR-145-5pとmiR-145-3pでは細胞増殖、遊走活性、浸潤能が減少した。miR-145-3pの発現は抗腫瘍miRNAとして作用した。肺腺癌細胞で標的遺伝子として同定した4遺伝子のうち、LMNB2の高発現が肺腺癌患者の予後不良を有意に予測した。肺腺癌検体でLMNB2の過剰発現を検出し、その異常発現によって悪性転換が促進した。抗腫瘍miR-145-5pおよびmiR-145-3pが制御した遺伝子は肺腺癌の分子病態と密接に関連した。

  • Takayuki Suetsugu, Keiichi Koshizuka, Naohiko Seki, Keiko Mizuno, Atsushi Okato , Takayuki Arai, Shunsuke Misono, Akifumi Uchida, Tomohiro Kumamoto and Hiromasa Inoue .  Downregulation of matrix metalloproteinase 14 by the antitumor miRNA, miR‑150‑5p, inhibits the aggressiveness of lung squamous cell carcinoma cells .  International Journal of Oncology52 ( 3 ) 913 - 924   2020年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)   出版者・発行元:International Journal of Oncology  

    DOI: 10.3892/ijo.2017.4232

    Scopus

    PubMed

  • Uchida A. .  Regulation of KIF2A by antitumor miR-451a inhibits cancer cell aggressiveness features in lung squamous cell carcinoma .  Cancers11 ( 2 )   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers11020258

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 東元 一晃, 町田 健太朗, 金澤 裕信, 岩川 純, 濱崎 哲郎, 末次 隆行, 是枝 快泉, 窪田 幸司, 佃屋 剛, 松山 崇弘, 田上 あさ子, 井上 博雅 .  鹿児島県内の呼吸器学会認定/関連施設における重症喘息の実態 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 河路 広大, 末次 隆行, 金澤 裕信, 八木 朋子, 砂永 祐介, 本川 郁代, 中塩屋 二郎, 坂木 由宗, 副島 賢忠, 井上 博雅 .  高齢者進行肺癌のカルボプラチン併用化学療法時における制吐療法の臨床的検討 .  日本呼吸器学会誌  2018年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 濱田 幸蔵, 末次 隆行, 金澤 裕信, 八木 朋子, 砂永 祐介, 本川 郁代, 中塩屋 二郎, 柿元 郁代, 坂木 由宗, 副島 賢忠 .  高齢者進行肺癌のカルボプラチン併用化学療法時における制吐療法の臨床的検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 松若 元子, 濱田 幸蔵, 石部 良平, 末次 隆行 .  緩和ケア外来の現状と課題 .  Palliative Care Research  2017年6月  (NPO)日本緩和医療学会

  • 永田 雄大, 福田 宏正, 砂永 祐介, 隈元 朋洋, 三山 英夫, 久保田 真吾, 末次 隆行, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  日常臨床におけるdurvalumabの安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 宮田 真里奈, 末次 隆行, 福田 宏正, 砂永 祐介, 三山 英夫, 籾 博晃, 水野 圭子, 井上 博雅 .  当科における非小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害剤の効果と安全性の検討 .  日本呼吸器学会誌  2020年8月  (一社)日本呼吸器学会

  • 谷川 健悟, 末次 隆行, 本川 郁代, 井上 博雅 .  当科における肺癌の癌性髄膜炎の検討 .  日本内科学会雑誌  2017年2月  (一社)日本内科学会

  • 末次 隆行, 谷川 健悟, 本川 郁代 .  当科でのEGFR遺伝子変異陽性肺癌の癌性髄膜炎の検討 .  肺癌  2017年4月  (NPO)日本肺癌学会

  • 石部 良平, 中薗 俊博, 蔵元 慎也, 永田 祐貴, 末次 隆行, 松若 元子, 柳生 あけみ .  在宅医との連携により、自宅における看取りまでQOLを保ちえた胃癌、癌性腹膜炎患者の1例 .  Palliative Care Research  2017年6月  (NPO)日本緩和医療学会

  • 松山 崇弘, 福田 宏正, 坂上 公太, 高木 弘一, 三山 英夫, 末次 隆行, 町田 健太朗, 井上 博雅 .  全身性エリテマトーデスの治療中に好酸球性肺炎を発症した1例 .  アレルギー  2021年2月  (一社)日本アレルギー学会

  • 末次 隆行, 水野 圭子, 下大田 さと子, 井上 博雅, 高橋 毅行, 寺薗 英之, 新田 美奈 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるAfatinib血中濃度についての検討 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 末次 隆行, 谷川 健悟, 上川路 和人, 隈元 朋洋, 田村 誠也, 水野 圭子, 岩川 純, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌患者におけるafatinib投与の観察研究 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 末次 隆行, 本川 郁代, 谷川 健悟 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌の癌性髄膜炎の13例の検討 .  肺癌  2017年9月  (NPO)日本肺癌学会

  • 大脇 一人, 隈元 朋洋, 美園 俊祐, 俣木 浩子, 籾 博晃, 岩川 純, 太良 哲彦, 末次 隆行, 水野 圭子, 井上 博雅 .  EGFR遺伝子変異陽性肺癌におけるT790M変異発現に影響する因子の検討 .  日本呼吸器学会誌  2017年3月  (一社)日本呼吸器学会

  • 山口 正史, 小副川 敦, 中村 朝美, 森永 亮太郎, 田中 謙太郎, 柏原 光介, 三浦 隆, 末次 隆行, 田口 健一, 鍋島 一樹, 岸本 淳司, 坂井 和子, 西尾 和人, 杉尾 賢二 .  EGFR T790M変異を有する非小細胞肺癌に対するオシメルチニブの獲得耐性メカニズム .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

▼全件表示