2022/06/21 更新

写真a

ウエダ カズヒロ
上田 和弘
UEDA Kazuhiro
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座 特任准教授
職名
特任准教授

学位

  • 博士(医学) ( 1999年3月   山口大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 循環器・呼吸器病学講座   特任准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 離島へき地医療人育成センター   特任准教授

    2018年10月 - 2020年3月

 

論文

  • Takeda A, Ueda K, Aoki M, Nagata T, Kamimura G, Umehara T, Tokunaga T, Tabata K, Tanimoto A, Sato M .  Altered lymphatic structure and function in pleural anthracosis: negative role in skip N2 metastasis. .  European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezac123

    PubMed

  • Tadashi Umehara, Koji Takumi, Kazuhiro Ueda, Takuya Tokunaga, Aya Harada-Takeda, Masami Sato .  Hemodynamic features underlying pulmonary vein stump thrombus formation after left upper lobectomy: four-dimensional flow magnetic resonance imaging study .  Quant Imaging Med Surg12 ( 2 ) 992 - 1003   2022年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.21037/qims-21-472

  • Go Kamimura, Kazuhiro Ueda, Soichi Suzuki, Koki Maeda, Hiroto Hakamada, Masami Sato .  Intraoperative computed tomography of a resected lung inflated with air to verify safety surgical margin .  Quant Imaging Med Surg12 ( 2 ) 1281 - 1289   2022年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/qims-21-562

  • Kazuhiro Ueda, Masaya Aoki, Go Kamimura, Nobuhiro Imamura, Takuya Tokunaga, Soichi Suzuki, Masami Sato .  Intraoperative cone-beam computed tomography to secure the surgical margin in pulmonary wedge resection for indistinct intrapulmonary lesions .  JTCVS techniques   1 - 10   2022年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1016/j.xjtc

  • Kazuhiro Ueda, Tadashi Umehara, Koki Maeda, Soichi Suzuki, Naoya Yokomakura, Kota Kariatsumari, Masami Sato .  Three-incision robotic major lung resection for cancer .  Transl Cancer Res10 ( 11 ) 4617 - 4623   2021年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.21037/tcr-21-1772

  • 梅原 正, 横枕 直哉, 上田 和弘, 徳永 拓也, 丸山 広生, 佐藤 雅美 .  抗凝固療法の中止により再発した肺静脈断端血栓の1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌35 ( 7 ) 802 - 806   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会  

    <p>左上葉切除後の肺静脈断端血栓に対して抗凝固療法が行われるが,抗凝固療法の中止の可否や中止のタイミングについて一定の見解はない.我々は左上肺静脈断端血栓に対して抗凝固療法により血栓消失を得たものの,抗凝固療法中止後に血栓を再形成した症例を経験したため報告する.症例は71歳,男性.左上葉肺癌に対して左上葉切除を行い,3ヵ月後のフォローCTにて左上肺静脈断端に血栓を認めた.抗凝固療法を開始し血栓の消失が確認できたため抗凝固療法を中止したが,その後のCTで再び肺静脈断端に血栓を形成したため再度抗凝固療法を行った.血栓が消失すればその後は起こらなかったとする報告もあるが,本症例のように抗凝固療法を中止することで血栓を再形成したとする報告は筆者らが検索し得た限りではなかった.急性期のみならず,遠隔期における血栓形成についても注意を要する症例があると考えられる.</p>

    DOI: 10.2995/jacsurg.35.802

  • Nagata T, Minami K, Yamamoto M, Hiraki T, Idogawa M, Fujimoto K, Kageyama S, Tabata K, Kawahara K, Ueda K, Ikeda R, Kato Y, Komatsu M, Tanimoto A, Furukawa T, Sato M .  BHLHE41/DEC2 Expression Induces Autophagic Cell Death in Lung Cancer Cells and Is Associated with Favorable Prognosis for Patients with Lung Adenocarcinoma. .  International journal of molecular sciences22 ( 21 )   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/ijms222111509

    PubMed

  • Go Kamimura, Kazuhiro Ueda,Soichi Suzuki,Masaya Aoki,Toshiyuki Nagata,Masami Sato .  A case of intradiaphragmatic bronchogenic cyst with an abnormally high serum level of CA19-9 .  Respirology Case Reports ( 1 ) 4   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcr2.838

  • TSUNAYUKI OTSUKA,KAZUHIRO UEDA,TATSUHIKO FURUKAWA,CHIHAYA KORIYAMA, ITURO INOUE, MASAMI SATO .  Significance of Mitochondrial DNA Haplogroup on Epidermal Growth Factor Receptor Mutation in Japanese Patients With Lung Adenocarcinoma .  Anticancer Research41 ( 8 ) 3997 - 4004   2021年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15197

  • Jingushi K, Aoki M, Ueda K, Kogaki T, Tanimoto M, Monoe Y, Ando M, Matsumoto T, Minami K, Ueda Y, Kitae K, Hase H, Nagata T, Harada-Takeda A, Yamamoto M, Kawahara K, Tabata K, Furukawa T, Sato M, Tsujikawa K .  ALKBH4 promotes tumourigenesis with a poor prognosis in non-small-cell lung cancer. .  Scientific reports11 ( 1 ) 8677   2021年4月

     詳細を見る

  • Kogaki T, Ohshio I, Ura H, Iyama S, Kitae K, Morie T, Fujii S, Sato S, Nagata T, Takeda AH, Aoki M, Ueda K, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Furukawa T, Sato M, Ueda Y, Jingushi K, Tozuka Z, Saigusa D, Hase H, Tsujikawa K .  Development of a highly sensitive method for the quantitative analysis of modified nucleosides using UHPLC-UniSpray-MS/MS. .  Journal of pharmaceutical and biomedical analysis197   113943   2021年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jpba.2021.113943

    PubMed

  • 上村豪, 上田和弘,丸山広生,今村智美,柚木健太朗,徳田泰裕,森園翔一朗,今村信宏,野中裕斗,佐藤雅美 .  肺門リンパ節腫大で発症した小細胞肺癌の1例 .  肺癌61 ( 1 ) 35 - 39   2021年2月

  • Hase H. .  Cancer type-SLCO1B3 promotes epithelial-mesenchymal transition resulting in the tumour progression of non-small cell lung cancer .  Oncology Reports45 ( 1 ) 309 - 316   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2020.7839

    Scopus

    PubMed

  • Tadashi Umehara, Koji Takumi, Kazuhiro Ueda, Masami Sato .  Why does pulmonary vein thrombus predominantly develop after left upper lobectomy? .  Journal of Thoracic Disease13 ( 1 ) 420 - 421   2021年1月

     詳細を見る

  • 上村 豪, 佐藤 雅美, 上田 和弘, 丸山 広生, 今村 智美, 柚木 健太朗, 徳田 泰裕, 森園 翔一朗, 今村 信宏, 野中 裕斗 .  肺門リンパ節腫大で発症した小細胞肺癌の1例 .  肺癌61 ( 1 ) 35 - 39   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本肺癌学会  

    <p><b>背景.</b>原発巣が指摘できず肺門・縦隔リンパ節腫大で発見される小細胞肺癌の報告がある.今回,T0N1M0小細胞肺癌の症例を経験した.<b>症例.</b>61歳の男性で,8年前に中部食道癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:endoscopic submucosal dissection),また5年前にも胃癌に対しESDを施行されている.病理結果で胃癌は内視鏡的に完全切除できた.しかし,食道癌は壁深達度から追加切除が望まれたが,経過観察を希望された.その経過中に,左主気管支周囲リンパ節が腫大した.ESDを施行した中部食道癌の近傍であり,当初は食道癌転移が示唆された.中部食道を含め,その他に病変を認めず診断も兼ねて切除の方針とした.手術は,胸腔鏡下に左主気管支周囲リンパ節を摘出した.病理結果は小細胞肺癌のリンパ節転移と診断された.画像上・内視鏡的にも明らかな原発巣はなく,肺原発と仮定すると,T0N1M0小細胞肺癌と判断した.<b>結論.</b>肺門リンパ節腫大で発症した小細胞肺癌の1例を経験した.今後は化学療法を含めた追加治療が必要と考える.</p>

    DOI: 10.2482/haigan.61.35

    Scopus

  • Hiroaki Hase, Masaya Aoki, Kentaro Matsumoto, Shuichi Nakai, Toshiyuki Nagata, Aya Takeda, Kazuhiro Ueda, Kentaro Minami, Kaori Kitae, Kentaro Jingushi, Yuko Ueda, Masatatsu Yamamoto, Tatsuhiko Furukawa, Masami Sato, Kazutake Tsujikawa .  Cancer type‑SLCO1B3 promotes epithelial‑mesenchymal transition resulting in the tumour progression of non‑small cell lung cancer .  Oncol Rep45 ( 1 ) 309 - 316   2020年11月

     詳細を見る

  • Umehara T. .  Four-dimensional flow magnetic resonance imaging study to explain high prevalence of pulmonary vein stump thrombus after left upper lobectomy .  Journal of Thoracic Disease12 ( 10 ) 5542 - 5551   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Thoracic Disease  

    DOI: 10.21037/jtd-20-1606

    Scopus

    PubMed

  • Nagata Toshiyuki, Ueda Kazuhiro, Suzuki Souichi, Tokuda Yasuhiro, Yunoki Kentaro, Imamura Satomi, Sato Masami .  Conventional Multi-Planar Reconstruction Imaging Is Insufficient to Determine the Indication for Segmentectomy(和訳中) .  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery26 ( 5 ) 256 - 262   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会  

  • Ueda K. .  Postoperative Complications and Cancer Recurrence: Impact on Poor Prognosis of Lower Lobe Cancer .  Annals of Thoracic Surgery109 ( 6 ) 1750 - 1756   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Thoracic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2019.12.061

    Scopus

    PubMed

  • Go Kamimura, Kazuhiro Ueda,Koki Maeda,Masaya Aoki,Toshiyuki Nagata,Naoya Yokomakura and Masami Sato .  An extremely rare case with right superior pulmonary vein translocation .  Surgical Case Reports96 ( 6 ) 226 - 226   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-020-00860-7

    PubMed

  • MASAYA AOKI, KAZUHIRO UEDA,TADASHI UMEHARA,GO KAMIMURA,TAKUYA TOKUNAGA,AYA HARADA-TAKEDA,KOKI MAEDA,TOSHIYUKI NAGATA,NAOYA YOKOMAKURA,KOTA KARIATSUMARI,YUTO NONAKA,NOBUHIRO IMAMURA,SHOICHIRO MORIZONO and MASAMI SATO .  Targeted Therapy Followed by Cytotoxic Chemotherapy in Preoperative Patients With Locally Advanced Lung Adenocarcinoma .  ANTICANCER RESEARCH40 ( 5 ) 2911 - 2916   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873

  • 上村 豪, 上田和弘,梅原 正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  EWSによる気管支充填術が難治性食道気道瘻の閉鎖に有効であった1例 .  気管支学42 ( 3 ) 220 - 284   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村 豪, 上田 和弘, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  EWSによる気管支充填術が難治性食道気道瘻の閉鎖に有効であった1例 .  気管支学42 ( 3 ) 280 - 284   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景.食道気道瘻の治療は手術、内視鏡的治療(食道側・気管支側アプローチ)が挙げられるが、治療に難渋する。今回、食道胃接合部癌術後の食道気道瘻に対し食道側アプローチと、気管支側アプローチとしてEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)を組み合わせ瘻孔閉鎖を得られた症例を経験したので、報告する。症例.食道癌術後の76歳男性。20XX年5月に、食道胃接合部癌で、腹部食道胃全摘、脾胆嚢切除、食道空腸吻合を施行された。20XX+2年から食事中に咳嗽・喀痰を認め、食道気道瘻と判断した。その後、食道側より内視鏡用クリップ、コイル+ヒストアクリル充填術を試みるも改善なく、カバー付きステントは違和感が強く抜去した。20XX+4年10月に食道気道瘻に対しEWSによる気管支充填を行った。経鼻胃管よりインジゴカルミン液を注入し、責任気管支を同定後、EWSで気管支充填を行った。充填術後は喀痰排出が著明に減少した。その後、内視鏡的に食道側からのインターベンションで瘻孔閉鎖が得られた。結論.末梢気道に生じた瘻孔に対して食道側・気管支両側からの内視鏡的治療を組み合わせることは非常に有用であり、その中でEWSは食道気道瘻閉鎖に有効であった。(著者抄録)

  • Kamimura Go, Ueda Kazuhiro, Maeda Koki, Aoki Masaya, Nagata Toshiyuki, Yokomakura Naoya, Sato Masami .  極めて稀な右上肺静脈転位の1症例(An extremely rare case with right superior pulmonary vein translocation) .  Surgical Case Reports6   1 of 4 - 4 of 4   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    右上肺静脈V1が背側から右主肺動脈に存在し、V2+3が背側からV4+5に存在していた75歳女性症例について検討した。肺癌に対する右上葉切除において、開胸直後に肺門でV1およびV2+3を見つけられなかった。右主肺動脈および上神経幹(A1+3)は、上肺静脈を切断せずに露出した。この転位の特定に術前の3D CT検査が有用であった。

  • Aoki M. .  Targeted therapy followed by cytotoxic chemotherapy in preoperative patients with locally advanced lung adenocarcinoma .  Anticancer Research40 ( 5 ) 2911 - 2916   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Anticancer Research  

    DOI: 10.21873/anticanres.14268

    Scopus

    PubMed

  • 武田 亜矢, 上田和宏,永田俊行,前田光喜,今村智美,佐藤雅美 .  鼠径リンパ節穿刺によるICG蛍光法が肺癌術後の乳糜漏出部の同定に有用であった1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌34 ( 2 ) 20 - 24   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueda K. .  Intercostal block vs. epidural analgesia in thoracoscopic lung cancer surgery: a randomized trial .  General Thoracic and Cardiovascular Surgery68 ( 3 ) 254 - 260   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:General Thoracic and Cardiovascular Surgery  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01197-1

    Scopus

    PubMed

  • Ueda Kazuhiro, Hayashi Masataro, Murakami Junichi, Tanaka Toshiki, Utada Koji, Hamano Kimikazu .  肺癌の胸腔鏡下手術における肋間神経ブロックと硬膜外鎮痛法の比較 無作為化試験(Intercostal block vs. epidural analgesia in thoracoscopic lung cancer surgery: a randomized trial) .  General Thoracic and Cardiovascular Surgery68 ( 3 ) 254 - 260   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    本研究は、癌に対する胸腔鏡下肺葉切除術後の疼痛に対処する方法について検討した。胸腔鏡下肺葉切除およびリンパ節郭清術を待機していた患者を対象として、肋間神経ブロックおよび硬膜外鎮痛法を比較する無作為化比較試験を実施した。高用量celecoxibの経口投与を、肋間神経ブロック群では術後3時間で開始し、硬膜外鎮痛群では硬膜外鎮痛の中止後に開始した。肋間神経ブロックを受けた患者(男性6名、女性15名、平均年齢66.7歳)および硬膜外鎮痛法を受けた患者(男性16名、女性6名、平均年齢69.0歳)を対象とした。術後の有害事象および術後合併症の発現率は両群間で同等であったが、処置関連の問題の発現率は硬膜外鎮痛群で肋間神経ブロック群よりも有意に高かった。鎮痛処置時間は肋間神経ブロック群で硬膜外鎮痛群よりも有意に短かった。視覚的アナログ尺度で評価した術後0〜7日目の術後疼痛には2群間に有意差がなかった。肺活量および歩行距離で評価した術後の生理的機能にも群間に有意差がなかった。

  • 武田 亜矢, 上田 和弘, 永田 俊行, 前田 光喜, 今村 智美, 佐藤 雅美 .  鼠径リンパ節穿刺によるICG蛍光法が肺癌術後の乳糜漏出部の同定に有用であった1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌34 ( 2 ) 116 - 120   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    症例は65歳、男性。同時多発肺癌に対して、胸腔鏡補助下右肺上中葉切除術と上縦隔ならびに#7リンパ節郭清術を施行し、郭清部位にfibrin glueを散布して閉胸に至った。術後2日目に乳糜胸水を認め、絶食管理でも1日1.5l以上の排液が続くため、術後3日目に再手術とした。麻酔導入後、仰臥位で体表エコー下に鼠径リンパ節へインドシアニングリーン(ICG)を穿刺注入し、体位変換を行った。胸腔内を観察すると、近赤外光カメラで気管前に蛍光ICGの貯留を認め、責任部位を同定し得た。同部位をZ縫合で修復してfibrin glueを散布し、さらに気管支断端を被覆した遊離脂肪織の一部を上縦隔にも充填し、fibrin glueで固定した。再手術後4日目に食事を再開しても乳糜の再燃なく、再手術後12日目に自宅退院した。ICG蛍光法は、乳糜の漏出部位の同定に簡便でかつ有用であった。(著者抄録)

  • 13. 武田 亜矢, 上田和弘,梅原正,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  蛍光ガイド手術の現状と展望 7.呼吸器外科領域における研究と展望 .  日本外科学会雑誌121 ( 1 ) 48 - 53   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 武田 亜矢, 上田 和弘, 永田 俊行, 前田 光喜, 今村 智美, 佐藤 雅美 .  鼠径リンパ節穿刺によるICG蛍光法が肺癌術後の乳糜漏出部の同定に有用であった1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌34 ( 2 ) 116 - 120   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会  

    <p>症例は65歳,男性.同時多発肺癌に対して,胸腔鏡補助下右肺上中葉切除術と上縦隔ならびに#7リンパ節郭清術を施行し,郭清部位にfibrin glueを散布して閉胸に至った.術後2日目に乳糜胸水を認め,絶食管理でも1日1.5 l以上の排液が続くため,術後3日目に再手術とした.</p><p>麻酔導入後,仰臥位で体表エコー下に鼠径リンパ節へインドシアニングリーン(ICG)を穿刺注入し,体位変換を行った.胸腔内を観察すると,近赤外光カメラで気管前に蛍光ICGの貯留を認め,責任部位を同定し得た.同部位をZ縫合で修復してfibrin glueを散布し,さらに気管支断端を被覆した遊離脂肪織の一部を上縦隔にも充填し,fibrin glueで固定した.</p><p>再手術後4日目に食事を再開しても乳糜の再燃なく,再手術後12日目に自宅退院した.</p><p>ICG蛍光法は,乳糜の漏出部位の同定に簡便でかつ有用であった.</p>

    DOI: 10.2995/jacsurg.34.116

  • 上村 豪, 佐藤 雅美, 上田 和弘, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太 .  EWSによる気管支充填術が難治性食道気道瘻の閉鎖に有効であった1例 .  気管支学42 ( 3 ) 280 - 284   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会  

    <p><b>背景.</b>食道気道瘻の治療は手術,内視鏡的治療(食道側・気管支側アプローチ)が挙げられるが,治療に難渋する.今回,食道胃接合部癌術後の食道気道瘻に対し食道側アプローチと,気管支側アプローチとしてEndobronchial Watanabe Spigot(EWS)を組み合わせ瘻孔閉鎖を得られた症例を経験したので,報告する.<b>症例.</b>食道癌術後の76歳男性.20XX年5月に,食道胃接合部癌で,腹部食道胃全摘,脾胆囊切除,食道空腸吻合を施行された.20XX+2年から食事中に咳嗽・喀痰を認め,食道気道瘻と判断した.その後,食道側より内視鏡用クリップ,コイル+ヒストアクリル充填術を試みるも改善なく,カバー付きステントは違和感が強く抜去した.20XX+4年10月に食道気道瘻に対しEWSによる気管支充填を行った.経鼻胃管よりインジゴカルミン液を注入し,責任気管支を同定後,EWSで気管支充填を行った.充填術後は喀痰排出が著明に減少した.その後,内視鏡的に食道側からのインターベンションで瘻孔閉鎖が得られた.<b>結論.</b>末梢気道に生じた瘻孔に対して食道側・気管支両側からの内視鏡的治療を組み合わせることは非常に有用であり,その中でEWSは食道気道瘻閉鎖に有効であった.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.42.3_280

  • Nagata Toshiyuki, Ueda Kazuhiro, Suzuki Souichi, Tokuda Yasuhiro, Yunoki Kentaro, Imamura Satomi, Sato Masami .  Conventional Multi-Planar Reconstruction Imaging Is Insufficient to Determine the Indication for Segmentectomy .  Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery26 ( 5 ) 256 - 262   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会  

    <p>Purpose: The diagnostic potential of conventional multi-planar reconstruction (MPR) images, which consist of horizontal, frontal, and sagittal section, in approximating the anatomical distance between tumors and intersegmental planes remains unclear. The aim of the present study was to clarify the validity of decision-making for segmentectomy based on MPR imaging and identify a specific tumor location that is likely to result in the overestimation of the anatomical margin on MPR images.</p><p>Methods: The study population included 33 patients who were considered eligible for segmentectomy based on the observation of MPR images, and verified using a commercially available image-analysis software whether the decision-making based on MPR images was indeed correct or not.</p><p>Results: MPR image-based assessment resulted in the overestimation of the anatomical margin in as many as 8 (24%) of the 33 patients. Overestimation predominantly occurred in cases involving patients with tumors at certain segments (right S1, right S2, right S3, left S3, and left S4) that had a complex and oblique intersegmental plane.</p><p>Conclusion: Conventional MPR image-based assessment frequently resulted in the overestimation of the anatomical margin. We recommend using software-based assessment preoperatively in patients with tumors in the risky segments, particularly in cases involving indistinct tumors.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.oa.19-00291

    Scopus

    PubMed

  • Masaya Aoki, Tadashi Umehara,Shoichiro Morizono,Yasuhiro Tokuda,Go Kamimura,Takuya Tokunaga,Souichi Suzuki,Aya Harada Takeda,Toshiyuki Nagata,Naoya Yokomamura,Kota Kariatumari, .  Computed tomographu-guided thoracoscopic debridement fou multiple loculated organizing empyema:a case report. Surgical Case Reports .  Surgical Case Reports174 ( 5 ) 1 - 6   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-019-0731-5

    PubMed

  • 7. Ueda K, Aoki M,Maeda K,Umehara T,Kariatsumari K,Harada-Takeda A,Nagata T,Yokomakura N,Sato M .  Thoracoscopic en bloc resection of left upper lobe lung cancer .  Multimed Manual of Cardio-thoracic Surgery2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Multimedia manual of cardiothoracic surgery : MMCTS  

    DOI: 10.1510/mmcts.2019.030

    Scopus

  • Ueda K, Aoki M, Maeda K, Umehara T, Kariatsumari K, Harada-Takeda A, Nagata T, Yokomakura N, Sato M .  Thoracoscopic en bloc resection of left upper lobe lung cancer. .  Multimedia manual of cardiothoracic surgery : MMCTS2019   aheadofprint   2019年11月

     詳細を見る

  • Ueda K, Aoki M, Maeda K, Umehara T, Kariatsumari K, Harada-Takeda A, Nagata T, Yokomakura N, Sato M .  Thoracoscopic en bloc resection of left upper lobe lung cancer. .  Multimedia manual of cardiothoracic surgery : MMCTS2019   2019年11月

     詳細を見る

  • Kunihiro Y, Tanaka N, Kawano R, Yujiri T, Kubo M, Ueda K, Gondo T, Kobayashi T, Matsumoto T .  Differential diagnosis of pulmonary infections in immunocompromised patients using high-resolution computed tomography. .  European radiology29 ( 11 ) 6089 - 6099   2019年11月

     詳細を見る

  • Aoki Masaya, Umehara Tadashi, Morizono Shoichiro, Tokuda Yasuhiro, Kamimura Go, Tokunaga Takuya, Suzuki Souichi, Harada Takeda Aya, Maeda Koki, Nagata Toshiyuki, Yokomakura Naoya, Kariatsumari Kota, Ueda Kazuhiro, Sato Masami .  複数の小房性器質化膿胸に対するCTガイド下の胸腔鏡によるデブリドマン 1症例報告(Computed tomography-guided thoracoscopic debridement for multiple loculated organizing empyema: a case report) .  Surgical Case Reports5   1 of 6 - 6 of 6   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Springer Berlin Heidelberg  

    C-arm cone-beam CT(CBCT)下でのビデオ支援胸腔鏡手術(VATS)によるデブリドマンを安全かつ確実に施行し得た複数の小房性器質化膿胸の67歳女性症例について検討した。右膿胸の治療を行っていた。胸部CT検査から右胸腔内の三つの独立した腔における液体貯留が示された。発症から約7週間が経過していたために、肺と胸壁間に強固な癒着が生じたと考えられた。CBCTを使用して三つの膿胸腔のそれぞれをVATSにより完全にデブリドマンすることを決定した。一つの腔は胸壁との狭い範囲内のみに存在し、肋軟骨の後方に位置していた。CBCT画像上ですべての目的とする解剖学的構造をクリックすることにより、レーザー投影によって腔の位置が体表面に容易に描写され、最善の皮膚切開の位置を決定する助けとなった。他の腔では初回デブリドマン後のCBCTから腔の除去が不十分であることが示された。追加のデブリドマンにより膿胸腔の十分な縮小が得られた。

  • 6. Masaya Aoki,MD,PhD, Kazuhiro Ueda,MD,PhD,Koki Maeda,MD,PhD,Shoichiro Morizono,MD,Tadashi Umehara,MD,Kota Kariatsumari,MD,Yasuhiro Tokuda,MD,GO Kamimura,MD,Aya Harada Takeda,MD,Toshiyuki Nagata,MD,Masami Sato,MD,PhD .  Successful treatment of bronchial obstruction after lobectomy in a patient with scoliosis .  The Annals of Thoracic Surgery110 ( 4 ) 1 - 9   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Annals of Thoracic Surgery  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2019.09.091

    Scopus

    PubMed

  • 上村 豪, 上田和弘,徳永拓也,武田亜矢,青木雅也,佐藤雅美 .  摘出肺を含気させてCTで切除マージンを評価した2例 .  日本呼吸器外科学会雑誌33 ( 6 ) 48 - 54   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上村 豪, 上田 和弘, 徳永 拓也, 武田 亜矢, 青木 雅也, 佐藤 雅美 .  摘出肺を含気させてCTで切除マージンを評価した2例 .  日本呼吸器外科学会雑誌33 ( 6 ) 634 - 640   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    【背景】スリガラス影主体の肺癌病変の縮小手術で、術中に触知困難な場合は切除マージン評価が難しい。そこで、切除標本を体外で含気させCT撮影し腫瘍存在および切除マージン測定が可能か検討した。【症例】症例1)82歳、女性。右下葉S10に肺癌疑いの病変、症例2)70歳、女性。右下葉S9に肺癌疑いの病変、それぞれに対し部分切除をした。【方法】それぞれ部分切除後の切除標本にできるだけ細い穿刺針で、腫瘍からなるべく遠く離れた胸膜から単回穿刺し、シリンジでゆっくり十分に空気を注入した。そして十分に膨らんだ切除標本を密閉容器に入れ素早くCT室で撮影した。【結果】体内と同様に切除標本を含気させCT撮影し、触知困難病変の確認と切除マージンもCTで測定できた。【結論】触知困難な病変に対し、術中に切除肺を含気させCT評価を行うことで、標本を損傷せずに腫瘍の存在確認および切除マージンの評価は簡便で有用であった。(著者抄録)

  • 德永 拓也, 大塚綱志,柊元洋紀,上田和弘,西島浩雄,佐藤雅美 .  Pembrolizumab による難治性大腸炎 .  肺癌59 ( 4 ) 395 - 400   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 徳永 拓也, 大塚 綱志, 柊元 洋紀, 上田 和弘, 西島 浩雄, 佐藤 雅美 .  Pembrolizumabによる難治性大腸炎 抗TNFα抗体に抵抗性を示した1例 .  肺癌59 ( 4 ) 395 - 400   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    背景.Pembrolizumabをはじめとした免疫療法では、免疫関連有害事象を認めることが知られている。Pembrolizumab投与後に難治性大腸炎を発症した症例を経験したので報告する。症例.症例は49歳女性で、左上葉肺癌に対する5次治療としてPembrolizumab投与を行った。6コース目の投与後に腹痛・下痢・血便を認め、免疫関連有害事象である大腸炎を発症した。プレドニゾロン、抗TNFα抗体を用いて加療したが、抵抗を示しCyclosporineの投与を要した。Cyclosporineの血中濃度上昇とともに症状は改善した。免疫関連有害事象である大腸炎には、重篤な経過をたどるものもある。しかし、難治性大腸炎に関する報告は少なく、対応方法には一定した見解はない。結論.Cyclosporine投与は、Pembrolizumabによる難治性大腸炎に対し有効な治療方法である可能性がある。迅速な対応を可能にするために、十分な症例の蓄積が必要である。(著者抄録)

  • Ueda K, Haruki T, Murakami J, Tanaka T, Hayashi M, Hamano K .  No Drain After Thoracoscopic Major Lung Resection for Cancer Helps Preserve the Physical Function. .  The Annals of thoracic surgery108 ( 2 ) 399 - 404   2019年8月

  • Ueda K, Murakami J, Tanaka T, Hamano K .  Unclassifiable Infectious Complications after Lobectomy for Cancer: Etiology, Risks, and Outcomes. .  The Thoracic and cardiovascular surgeon67 ( 4 ) 315 - 320   2019年6月

     詳細を見る

  • Otsuka R, Ueda K, Tanaka T, Murakami J, Hayashi M, Hamano K .  Who will benefit from thymectomy for myasthenia gravis? Is there any role for this procedure in elderly patients? .  Annals of translational medicine7 ( 1 ) 4   2019年1月

     詳細を見る

  • 上村 豪, 上田 和弘, 徳永 拓也, 武田 亜矢, 青木 雅也, 佐藤 雅美 .  摘出肺を含気させてCTで切除マージンを評価した2例 .  日本呼吸器外科学会雑誌33 ( 6 ) 634 - 640   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会  

    <p>【背景】スリガラス影主体の肺癌病変の縮小手術で,術中に触知困難な場合は切除マージン評価が難しい.そこで,切除標本を体外で含気させCT撮影し腫瘍存在および切除マージン測定が可能か検討した.</p><p>【症例】症例1)82歳,女性.右下葉S10に肺癌疑いの病変,症例2)70歳,女性.右下葉S9に肺癌疑いの病変,それぞれに対し部分切除をした.</p><p>【方法】それぞれ部分切除後の切除標本にできるだけ細い穿刺針で,腫瘍からなるべく遠く離れた胸膜から単回穿刺し,シリンジでゆっくり十分に空気を注入した.そして十分に膨らんだ切除標本を密閉容器に入れ素早くCT室で撮影した.</p><p>【結果】体内と同様に切除標本を含気させCT撮影し,触知困難病変の確認と切除マージンもCTで測定できた.</p><p>【結論】触知困難な病変に対し,術中に切除肺を含気させCT評価を行うことで,標本を損傷せずに腫瘍の存在確認および切除マージンの評価は簡便で有用であった.</p>

    DOI: 10.2995/jacsurg.33.634

  • 徳永 拓也, 大塚 綱志, 柊元 洋紀, 上田 和弘, 西島 浩雄, 佐藤 雅美 .  Pembrolizumabによる難治性大腸炎―抗TNFα抗体に抵抗性を示した1例― .  肺癌59 ( 4 ) 395 - 400   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本肺癌学会  

    <p><b>背景.</b>Pembrolizumabをはじめとした免疫療法では,免疫関連有害事象を認めることが知られている.Pembrolizumab投与後に難治性大腸炎を発症した症例を経験したので報告する.<b>症例.</b>症例は49歳女性で,左上葉肺癌に対する5次治療としてPembrolizumab投与を行った.6コース目の投与後に腹痛・下痢・血便を認め,免疫関連有害事象である大腸炎を発症した.プレドニゾロン,抗TNFα抗体を用いて加療したが,抵抗を示しCyclosporineの投与を要した.Cyclosporineの血中濃度上昇とともに症状は改善した.免疫関連有害事象である大腸炎には,重篤な経過をたどるものもある.しかし,難治性大腸炎に関する報告は少なく,対応方法には一定した見解はない.<b>結論.</b>Cyclosporine投与は,Pembrolizumabによる難治性大腸炎に対し有効な治療方法である可能性がある.迅速な対応を可能にするために,十分な症例の蓄積が必要である.</p>

    DOI: 10.2482/haigan.59.395

    Scopus

  • Tsutani Y, Miyata Y, Masuda T, Fujitaka K, Doi M, Awaya Y, Kuyama S, Kitaguchi S, Ueda K, Hattori N, Okada M .  Multicenter phase II study on cisplatin, pemetrexed, and bevacizumab followed by maintenance with pemetrexed and bevacizumab for patients with advanced or recurrent nonsquamous non-small cell lung cancer: MAP study. .  BMC cancer18 ( 1 ) 1231   2018年12月

     詳細を見る

  • Maeda Koki, Kazuhiro Ueda,Aya Takeda,Naoya Yokomakura,Mari Kirishima,Masaya Aoki,Yuto Nonaka,Syoichiro Morizono,Nobuhiro Imamura,Takuya Tokunaga,Tadashi Umehara,Go Kamimura,Tsunayuki Otsuka,Kota Kariatsumari,Masakazu Yanagi and Masami Sato .  Bronchial atresia in an accessory lobe caused tension pneumothorax .  SURGICAL CASE REPORTS   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31487/j.SCR.2018.03.027

  • Tanaka T, Ueda K, Murakami J, Hamano K .  Use of Stitching and Bioabsorbable Mesh and Glue to Combat Prolonged Air Leaks. .  The Annals of thoracic surgery106 ( 4 ) e215 - e218   2018年10月

  • Ueda K, Murakami J, Tanaka T, Yoshida K, Kobayashi T, Hamano K .  Predicting the response to a bronchodilator in patients with airflow obstruction and lung cancer. .  The Journal of surgical research228   20 - 26   2018年8月

     詳細を見る

  • Ueda K, Murakami J, Tanaka T, Hayashi M, Okabe K, Hamano K .  Preoperative risk assessment with computed tomography in patients undergoing lung cancer surgery. .  Journal of thoracic disease10 ( 7 ) 4101 - 4108   2018年7月

     詳細を見る

  • 大塚 遼, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 小賀 厚徳, 濱野 公一 .  リンパ節浸潤を認めた気管支顆粒細胞腫の1例 .  肺癌58 ( 3 ) 221 - 226   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    背景.顆粒細胞腫は良性疾患であるが、局所切除後に断端再発する症例が少なからず存在する。しかし、再発の原因は不明なものが多い。症例.65歳、女性。健康診断の胸部X線検査で右肺野に異常陰影を指摘された。胸部CT検査で右上葉S2に25×20mm大の結節影を認め肺癌が疑われた。気管支鏡検査で右B2に白色隆起性病変を認め、同部位から生検を行った。HE染色では小型円形核と好酸性顆粒を伴う豊富な細胞質を有する組織球様の腫瘍細胞が充実性に増殖しており、免疫染色ではS-100蛋白陽性、NSE陽性、CD68陽性であることから顆粒細胞腫と診断された。腫瘍が右上葉気管支中枢側に存在したため、胸腔鏡下右上葉切除術を施行した。術後の病理組織学的検査では良性の顆粒細胞腫と診断されたが、腫瘍の一部が隣接するリンパ節へ浸潤していた。結論.隣接するリンパ節への浸潤を伴った顆粒細胞腫を経験した。顆粒細胞腫は良性と診断されたものでも周囲への浸潤を認めるものがあり、これが切除後再発に関与している可能性がある。切除の際に十分なマージンを確保することが肝要であり、葉切除が必要な症例も存在する。(著者抄録)

  • 吉田 久美子, 上田 和弘, 村上 順一, 田中 俊樹, 岡部 和倫, 濱野 公一 .  右中葉低形成に発生した原発性肺癌の4例 .  日本呼吸器外科学会雑誌32 ( 4 ) 517 - 522   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    【はじめに】肺低形成は新生児期における呼吸障害の原因となり得るが、肺葉に限局した低形成の場合、成人期に指摘され、悪性腫瘍を合併することがある。【症例】我々はこれまで4例の肺癌合併中葉低形成を経験した。男性3例、女性1例で、年齢はすべて60歳代であった。平均中葉容積率は全肺の0.24%と著明に縮小していた。肺癌組織型は、4例中3例が定型的カルチノイド、1例が小細胞肺癌であった。4例とも右中葉切除術を施行した。【考察】肺低形成の多くは、先天性臓器異常に続発する二次性であるが、今回の4例は合併異常を有さず、病変も中葉に限局していた。このため呼吸障害を発症することなく成人期まで経過したと考えられた。全例、神経内分泌腫瘍であったが、肺低形成と神経内分泌腫瘍との因果関係は不明である。【結語】右中葉低形成に肺癌を発症した4例を経験した。(著者抄録)

  • Murakami J, Ueda K, Tanaka T, Kobayashi T, Hamano K .  Grading of Emphysema Is Indispensable for Predicting Prolonged Air Leak After Lung Lobectomy. .  The Annals of thoracic surgery105 ( 4 ) 1031 - 1037   2018年4月

  • 山本 直宗, 上田 和弘, 村上 順一, 田中 俊樹, 吉田 久美子, 濱野 公一 .  肺と胸腺に同時期に発生した大細胞神経内分泌癌の1例 .  肺癌57 ( 6 ) 781 - 786   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

    背景. 大細胞神経内分泌癌は比較的稀な組織型で、多臓器に同時に発生したとする報告はない。症例. 75歳、男性。持続する咳嗽に対する胸部CTで前縦隔に75mmの腫瘤と左肺下葉に11mmの結節を認めた。CTガイド下前縦隔腫瘤生検で神経内分泌癌が疑われた。縦隔腫瘤は左腕頭静脈、左内胸動静脈、左横隔神経、左肺上葉に浸潤していたが完全切除できた。左肺下葉の病変は部分切除した。縦隔と肺の腫瘍細胞は細胞質に乏しく、不整で大きな核を有し、核小体が明瞭で、胞巣状もしくは柵状に増生していた。ともに壊死を伴い、高倍率10視野あたり11個を超えて核分裂像を認めた。免疫組織化学染色でchromogranin A、synaptophysin、CD56及びCK(MNF116)が陽性で、ともに大細胞神経内分泌癌と診断した。腫瘍細胞の大きさや核形態、並びに細胞配列像の違いやTTF-1の染色性から、胸腺原発大細胞神経内分泌癌及び肺原発大細胞神経内分泌癌と診断した。結論. 肺と胸腺に同時期に発生した大細胞神経内分泌癌を一期的に切除できた、極めて稀な1例を経験した。(著者抄録)

  • Murakami J, Ueda K, Tanaka T, Kobayashi T, Kunihiro Y, Hamano K .  The Validation of a No-Drain Policy After Thoracoscopic Major Lung Resection. .  The Annals of thoracic surgery104 ( 3 ) 1005 - 1011   2017年9月

  • 池 創一, 上田 和弘, 村上 順一, 田中 俊樹, 濱野 公一 .  膵管内乳頭粘液性腺癌術後の孤立性肺転移に対する一切除例 .  日本呼吸器外科学会雑誌31 ( 6 ) 758 - 762   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器外科学会  

    症例は80歳代、女性。膵頭部腫瘍に対して幽門輪温存膵頭十二指腸切除術が施行された。病理所見から浸潤性膵管内乳頭粘液性腺癌(intraductal papillary mucinous carcinoma、invasive:浸潤性IPMC)、pT3N0M0、Stage IIIと診断された。術後2年の胸部CTで肺野結節影を指摘され、増大するため診断と治療を兼ねた胸腔鏡下左肺下葉切除術(ND2a-1)及び舌区部分切除術が施行された。腫瘍のHE病理組織像は既往の膵腫瘍の組織像と酷似しており、さらに免疫染色所見が一致したため、浸潤性IPMCの肺転移と診断された。浸潤性のIPMCは予後不良で、その肺転移巣を切除することは極めて稀である。原発性肺癌との鑑別が困難な浸潤性のIPMCの孤立性肺転移に対して診断的意義を含んだ根治切除を施行した。(著者抄録)

  • Murakami J, Ueda K, Hayashi M, Kobayashi T, Kunihiro Y, Hamano K .  Size-capacity mismatch in the lung: a novel predictor for complications after lung cancer surgery. .  The Journal of surgical research209   131 - 138   2017年3月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • Why does pulmonary vein thrombus predominantly develop after left upper lobectomy?

    Umehara T.

    Journal of Thoracic Disease   13 ( 1 )   420 - 421   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Thoracic Disease  

    DOI: 10.21037/jtd-20-3411

    Scopus

    PubMed

  • Safety and advantage of no drain policy after thoracoscopic major lung resection

    Ueda K.

    Journal of Thoracic Disease   12 ( 3 )   1136 - 1137   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Thoracic Disease  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.12.61

    Scopus

    PubMed

  • 【蛍光ガイド手術の現状と展望】呼吸器外科領域における研究と展望

    武田 亜矢, 上田 和弘, 梅原 正, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美

    日本外科学会雑誌   121 ( 1 )   48 - 53   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

    CT検診の普及によりスリガラス陰影を主体とした小型肺癌の発見率は増加し,一方で人口の高齢化により高齢者肺癌手術症例の比率は顕著に増加した.結果として,切除範囲やアプローチの縮小化を目指した低侵襲手術の需要が増している.原発性肺癌に対する標準術式は肺葉切除と肺門縦隔リンパ節郭清であるが,一定の条件を満たした症例に対して肺部分切除,区域切除,選択的リンパ節郭清といった縮小手術が日常臨床で行われている.そこで工夫しなければならない点が幾つかあり,ICG蛍光法が重要な役割を果たしている.まず,触知困難な小型病変の同定である.従来のVATSマーカーによる経皮的マーキングでは空気塞栓のリスクを伴うが,ICG蛍光法は肺を穿刺することなく病変を同定し得る方法である.比較的深部の病変も同定可能になり,サージカルマージン確保の観点からもその有用性が期待されている.次に,区域切除における切離ラインの決定にICG蛍光法が用いられている.従来の選択的ジェット換気による含気虚脱ラインによる同定は,胸腔鏡下手術において視野の妨げになることがあるが,ICG蛍光法では肺を含気させる必要がなく,手技も簡便である.そして,リンパ節郭清の個別化においてICG蛍光法が期待される.肺はセンチネルリンパ節の同定が解剖学的に困難であり,その概念が確立してない.ICG蛍光法を用いた最新の肺のリンパ節マッピングについて本文中で触れる.(著者抄録)

  • 他科のエキスパートにお尋ねします ここを教えていただけますか? 胸部編 呼吸器外科医に聞く 肺癌の手術について教えてください

    上田 和弘, 田中 伸幸

    画像診断   39 ( 6 )   634 - 638   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

  • Localization of air leaks by soap bubble

    Ueda K.

    Journal of Thoracic Disease   11 ( Suppl 9 )   S1229 - S1230   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Thoracic Disease  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.03.14

    Scopus

    PubMed

講演・口頭発表等

  • Go Kamimura, Keisuke Tabata, Takehito Aruga, Soichi Suzuki, Aya Takeda, Aoki Masaya, Kota Kariatsumari, Kazuhiro Ueda,Masami Sato .  Intraoperative computed tomography of a resected lung inflated with air to verify safety surgical margin . 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 横枕直哉,狩集弘太,梅原正,鈴木聡一,前田光喜,上村豪,佐藤雅美 .  ロボット支援下肺悪性腫瘍手術の技術的進歩 .  第14回日本ロボット外科学会学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 森園翔一朗, 前田光喜,池畑瑞輝,岩元嘉志,坂上友梨,田畑圭佑,有賀健仁,鈴木聡一,上村豪,青木雅也,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  ロボット支援下に胸郭入口部の腫瘍摘出を行った一例 .  第58回九州外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 田畑圭佑, 上村豪,池畑瑞輝,今村信宏,徳永拓也,前田光喜,青木雅也,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美,田畑和弘 .  術前診断が困難であった縦隔肺分画症の一例 .  第58回九州外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 青木雅也, 上田和弘,上村豪,岩元嘉志,坂上友梨,田畑圭佑,池畑瑞輝,有賀健仁,森園翔一朗,鈴木聡一,前田光喜,狩集弘太,佐藤雅美 .  当科における肺切離線細胞診の現状とマージン確認の工夫 .  第62回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Web開催  

  • 田畑圭佑, 青木雅也,上村豪,前田光喜,狩集弘太,上田和弘、佐藤雅美 .  透析患者のEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌へのOsimertinibの使用経験 .  第62回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田 和弘, 前田 光喜, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  3箇所の皮膚切開で行うロボット支援肺悪性腫瘍手術(Three-incision robotic major lung resection for cancer) .  日本内視鏡外科学会雑誌  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語  

  • 鈴木聡一, 上田和弘,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,大塚綱志,狩集弘太,柳正和,佐藤雅美 .  旧世代肺癌手術データベースの再解析:腺癌と非腺癌の相違 .  第62回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

  • 上田和弘, 佐藤雅美 .  胸腔鏡手術とロボット支援下手術のメリットを組み合わせた低侵襲手術 .  第83回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上田和弘, 前田光喜,徳永拓也,青木雅也,上村豪,佐藤雅美 .  4D flow MRIを用いた肺癌術後の肺静脈断端血栓のリスク評価 .  第83回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 徳永 拓也, 上田和弘,上村豪,前田光喜,青木雅也,佐藤雅美 .  触知困難な小型肺結節に対するSublobar resectionの手技の工夫:Hybrid ORとVincentを組み合わせた方法 .  第83回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 前田光喜, 上田和弘,青木雅也,徳永拓也,上村豪,佐藤雅美 .  ロボット手術における助手の役割 .  第83回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

  • 青木雅也, 上田和弘,徳永拓也,上村豪,前田光喜,佐藤雅美 .  ドライバー遺伝子変異陽性局所進行肺癌に対するTKIと殺細胞性抗癌剤逐次併用療法後の手術成績の検討 .  第83回日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Web開催  

  • 武田亜矢, 上田和弘,坂上友梨,岩元嘉志,今村信宏,德永拓也,有賀健仁,鈴木聡一,前田光喜,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  肺切除例における炭粉沈着と胸膜リンパ管の関連性 .  第62回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 武田亜矢,今村信宏,徳永拓也,鈴木聡一,前田光喜,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,大塚綱志,柳正和,佐藤雅美 .  旧世代肺癌手術データベースの再解析:血液型と他病死との関係 .  第62回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 徳永 拓也, 横枕直哉,前田光喜,内匠浩二,有賀健仁,今村信宏,岩元嘉志,鈴木聡一,武田亜矢,青木雅也,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  呼吸器外科領域における動態X線検査法の活用-胸郭の動きと腫瘍の局在評価- .  第62回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • Masaya Aoki, Marc de Perrot, Kazuhiro Ueda, Masami Sato .  Interferon Regulatory Factor 3 knockout suppresses tumor growth in late phase of malignant pleural mesothelioma via suppressing tumor infiltrating macrophages .  第74回胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,横枕直哉,梅原正,鈴木聡一,前田光喜,佐藤雅美 .  見上げアプローチによるRATSの手技と成績 .  第54回日本胸部外科学会九州地方総会  第54回日本胸部外科学会九州地方総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 鈴木聡一, 酒瀬川浩一,西島浩雄,上田和弘,佐藤雅美 .  左側肺切除中に脾臓損傷を来した症例 .  第54回日本胸部外科学会九州地方総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 坂上友梨, 前田光喜,永田俊行、横枕直哉,上田和弘、佐藤雅美 .  頸胸移行部を占拠する神経鞘腫の一切除例 .  第54回日本胸部外科学会九州地方総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 岩元嘉志, 德永拓也,上田和弘,有賀健仁,横枕直哉,佐藤雅美 .  触知困難な肺小結節をHybrid ORで切除し得た1例 .  第54回日本胸部外科学会九州地方総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 德永拓也, 上田和弘,内匠浩二,横枕直哉,有賀健仁,岩元嘉志,佐藤雅美 .  4D flow MRIの肺動脈渦巻が呼吸不全発症を示唆した1例 .  第54回日本胸部外科学会九州地方総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 前田光喜, 上田和弘,徳永拓也,上村豪,鈴木聡ー,武田亜矢, 青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  肺癌術後の定期検診でCEAを測定することの意義 .  第44回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 横枕直哉, 上田和弘,狩集弘太,青木雅也,武田亜矢,梅原正,鈴木聡ー,野中裕斗,梅田翔太,丸山広生,佐藤雅美 .  ロボット支援下右肺上中葉切除術におけるen blocリンパ節郭清の試み .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 梅原正, 上田和弘,野中裕斗,梅田翔太,鈴木聡ー,武田亜矢,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  4D flow MRIを用いた肺全摘術後の左房内血行動態の評価 .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 徳永拓也, 上田和弘,梅原正,内匠浩二,野中裕斗,鈴木聡ー,武田亜矢,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  肺癌術後の致死的ARDSの発症前に4D flow MRIで肺動脈渦流を認めた1例 .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,横枕直哉,永田俊行,青木雅也,前田光喜,梅原正, 鈴木聡ー,武田亜矢,佐藤雅美 .  3-port RATS lobectomy .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,大塚綱志,青木雅也,横枕直哉,梅原正,武田亜矢,佐藤雅美 .  クリップ型肺腫瘍把持鉗子を用いた単孔式肺部分切除術 .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 武田亜矢, 上田和弘,梅田翔太,野中裕斗,鈴木聡一,梅原正,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太′佐藤雅美 .  skip N2転移における胸膜リンバ流の検討 .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上村豪, 鈴木聡ー,梅原正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  切除標本含気CTの有用性 .  第38回日本呼吸器外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,横枕直哉,梅原正,鈴木聡一,前田光喜,佐藤雅美 .  Three-incision RATSによる左上区肺癌に対するen bloc郭清の手技 .  第18回スプリングセミナー  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,横枕直哉,永田俊行,青木雅也,武田亜矢,梅原正,鈴木聡一,佐藤雅美 .  触知不能肺腫瘤に対する術中CTによるマーキングとサージカルマージンの測定 .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 柚木健太朗, 前田光喜、酒瀬川浩一、上田和弘、佐藤雅美 .  右上葉気管支の破格とright top pulmonary vein を伴った右上葉肺癌の一切除例-Holoeyes XRを用いたMixed reality の有用性- .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 武田亜矢, 丸山広生、梅田翔太、野中裕斗、鈴木聡一、梅原正、青木雅也、横枕直哉、狩集弘太、上田和弘、 佐藤雅美 .  有茎広背筋弁の圧着のみで治癒が得られた有瘻性膿胸の一例 .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 丸山広生, 武田亜矢,梅田翔太、野中裕斗、鈴木聡一、梅原正、青木雅也、横枕直哉、狩集弘太、上田和弘、佐藤雅美 .  長期の術後無再発生存中である肺門リンパ節転移を伴っていた転移性肺腫瘍の1例 .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 徳田泰裕, 前田光喜,酒瀬川浩一、上田和弘、佐藤雅美 .  左腕頭静脈合併切除を伴った胸腺嚢胞術後に深部静脈血栓症を発症した一例 .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 梅田翔太, 梅原正,野本裕斗,鈴木聡一、武田亜矢、青木雅也、横枕直哉、狩集弘太、上田和弘、佐藤雅美 .  気胸発症により偶然発見された原発不明胸膜癌症の一例 .  第61回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 大塚綱志,武田亜矢,梅原正,鈴木聡一,柚木健太朗,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  EGFR変異の頻度は母系の起源の違いにより異なる:ミトコンドリアDNAの解析 .  第61回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    開催地:岡山  

  • 上村豪, 上田和弘,丸山広生,柚木健太朗,徳田泰裕,今村智美,今村信宏,森園翔一朗,野中祐斗,佐藤雅美 .  To小細胞癌を含む異時性3重複癌の1例 .  第61回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    開催地:岡山  

  • 武田亜矢, 上田和弘,丸山広生,柚木健太朗,梅田翔太,鈴木聡一,梅原正,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  ICG蛍光法による隣接区域に及ぶリンパ流の検討 .  第61回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    開催地:岡山  

  • 梅原 正, 上田和弘,柚木健太朗,梅田翔太,鈴木聡一,武田亜矢,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  4D flow MRI による左上葉切除後の肺静脈断端血栓のリスク評価 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 德永拓也, 上田和弘,梅原 正,内匠浩二,狩集弘太,横枕直哉,武田亜矢,鈴木聡一,梅田翔太,柚木健太朗,丸山広生 .  肺葉切除後の急性期における肺動脈血流の評価:4D flow MRI による検討 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 永井太一朗, 武田亜矢、横枕直哉,上田和弘,丸山広生,柚木健太朗,梅田翔太,鈴木聡一,梅原 正,狩集弘太,佐藤雅美 .  術後両側横隔神経麻痺に対する呼吸管理の工夫 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 青木雅也, 上田和弘,丸山広生,今村智美,徳田泰裕,柚木健太朗,今村信宏,森園翔一朗,野中祐斗,德永拓也,梅原正,鈴木聡一,武田亜矢,上村豪,前田光喜,永田俊行,大塚綱志,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  非小細胞肺癌におけるALKBH4の発現とその臨床病理学的重要性 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘, 狩集弘太,横枕直哉,永田俊行,青木雅也,前田光喜,武田亜矢,徳永拓也,梅原正,上村豪,鈴木聡一,佐藤雅美 .  呼吸器外科手術後の疼痛に関する検討 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 梅田翔太, 武田亜矢,上田和弘,梅原 正,横枕直哉,丸山広生,柚木健太朗,鈴木聡一,狩集弘太,佐藤雅美 .  胸骨亜全摘を伴う胸腺腫摘出術後1ヵ月目に発症した右腕頭動脈破裂の一例 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 徳田泰裕, 柚木健太朗,今村智美,梅原正,武田亜矢,前田光喜,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  頚部・上縦隔腫瘍を伴う全身型重症筋無力症患者に対して頚部横切開と両側胸腔鏡下に手術を行った一例 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 上田和弘 .  肺切除後リーク制御とリーク遷延時の対応 .  第73回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    開催地:Web開催  

  • 柚木健太朗, 鈴木総一,丸山広生,梅田翔太,梅原 正,武田亜矢,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  巨大な縦隔原発胚細胞性腫瘍を完全切除し得た1例 .  第53回日本胸部外科学会九州地方会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 前田 光喜, 永田俊行,梅原 正,武田亜矢,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  術前にAdamkiewicz動脈を同定し、安全に切除し得た後縦隔神経鞘腫の2例 .  第60回日本肺癌学会九州支部学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北九州  

  • 今村 信宏, 大塚綱志,徳永拓也,西島浩雄,上田和弘,佐藤雅美 .  悪性胸膜中皮腫に対する化学療法―透析症例におけるレジメン選択― .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 上田 和弘, 狩集弘太,横枕直哉,永田俊行,青木雅也,前田光喜,武田亜矢,梅原正,徳永拓也,佐藤雅美 .  EGFR変異はどんな人に多い?どんな腫瘍に多い?喫煙歴の有無別の解析 .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 梅原 正, 上田和弘,徳田泰裕,柚木健太朗,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  4D Flow MRIによる肺癌術後の左房内血流の観察 .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 梅原 正, 上田和弘,徳田泰裕,柚木健太朗,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  4D flow MRIを用いた左房内血流解析による肺静脈断端血栓が危惧される術式の検討 .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 横枕 直哉, 永田俊行,青木雅也,武田亜矢,梅原正,前田光喜,徳田泰裕,柚木健太朗,今村智美,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  膜構造を意識したen blocリンパ節郭清(左上葉切除編) .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 徳永 拓也, 大塚綱志,今村信宏,上田和弘,西島浩雄,佐藤雅美 .  Ciclosporin 投与を要したPembrolizumab による薬剤性大腸炎 .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 武田 亜矢, 柚木健太朗,徳田泰裕,梅原正,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  リンパ節転移あるいは術後リンパ節再発を呈した胸腺上皮性腫瘍の検討 .  第60回日本肺癌学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 梅原 正, 上田和弘,徳田泰裕,柚木健太朗,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,佐藤雅美 .  4D flow MRIを用いた肺葉切除後の肺静脈断端血栓形成の原因予測 .  第72回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Tadashi Umehara, Kazuhiro Ueda,Aya Takeda,Kouki Maeda,Masaya Aoki,Toshiyuki Nagata,Naoya Yokomakura,Kouta Kariatsumari,Masami Sato .  Four-dimensional flow magnetic resonance imaging study to explain high prevalence ofpulmonary vein stump thrombus after left upper lobectomy .  The 10th Biennial Conference of Asian Thoracic Surgical Club  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 柚木健太朗, 武田亜矢,徳田泰裕,梅原正,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  肺原発Ewing肉腫の1例 .  第52回日本胸部外科学会九州地方会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • 徳田泰裕, 梅原正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  右上葉切除直後に急性呼吸不全を来した側弯症の一例 .  第52回日本胸部外科学会九州地方会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • 森園翔一朗, 柳正和,今村智美,柚木健太朗,徳田泰裕,前田光喜,梅原正,武田亜矢,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  51歳で発症した初発月経随伴性気胸例 .  第52回日本胸部外科学会九州地方会総会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • 梅原 正, 上田和弘,青木雅也,佐藤雅美 .  肺癌術後の肺静脈断端になぜ血栓ができるのか?-4D flow MRIを用いた左房内血流の観察から分かること- .  第24回九州肺癌カンファレンス  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 柚木 健太朗, 今村智美,徳田泰裕、梅原正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也、永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美,立石直毅,井本浩 .  左腕頭静脈から上大静脈まで浸潤を伴う胸腺腫に対する1手術例 .  第56回九州外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 徳田 泰裕, 青木雅也,今村智美,柚木健太朗,梅原正,武田亜矢,前田光喜,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  Hybrid手術室で安全・確実に剥皮術を行えた器質化期膿胸の1例 .  第56回九州外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 上村 豪, 森園翔一朗,今村信宏,,德永拓也,梅原 正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,大塚綱志,横枕直哉,狩集弘太,酒瀬川浩一,柳 正和,上田和弘,末永豊邦,佐藤雅美 .  切除標本CT像で術中に切除断端を評価した経験 .  第36回日本呼吸器外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 前田 光喜, 永田俊行,狩集弘太,今村信宏,森園翔一朗,武田亜矢,梅原 正,青木雅也,上田和弘,佐藤雅美,大塚綱志,徳永拓也,柳正和,野中裕斗,上村 豪 .  胸腔造影が有用であった月経随伴性気胸の一例 .  第36回日本呼吸器外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 横枕直哉,永田俊行,青木雅也,武田亜矢,梅原正,前田光喜,今村信宏,森園翔一朗,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  左上葉・右中葉切除における膜構造を意識したen bloc リンパ節郭清 .  第36回日本呼吸器外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 上田 和弘, 横枕直哉,青木雅也,今村信宏,梅原 正,狩集弘太,武田亜矢,永田俊行,前田光喜,佐藤雅美 .  対面倒立式VATSにおける気管支縫合の工夫 .  スプリングセミナーIN OKINAWA 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄  

  • 上村 豪, 森園翔一朗,今村信宏,,德永拓也,梅原 正,武田亜矢,前田光喜,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,柳 正和,上田和弘,末永豊邦,佐藤雅美 .  切除標本CT像で術中に切除断端を評価し有用であった1例 .  第59回日本肺癌学会九州支部学術集会/第42回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

  • 武田 亜矢,前田光喜,梅原 正,青木雅也,永田俊行,横枕直哉,狩集弘太,上田和弘,佐藤雅美 .  胃癌の肺門リンパ節転移巣を切除した1例 .  第59回日本肺癌学会九州支部学術集会/第42回日本呼吸器内視鏡学会九州支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

  • 上田 和弘 .  呼吸器外科手術の合併症対策-術中出血と空気漏れへの対応 .  第71回日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 村上 順一, 上田 和弘, 吉田 久美子, 田中 俊樹, 濱野 公一 .  高度肺気腫例では葉切除術により空気漏れが発生しやすく制御しにくいか? 右上葉切除症例の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 徳永 拓也, 今村 智美, 徳田 康裕, 柚木 健太郎, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  食道癌気道浸潤における気管腔内超音波断層法の有用性に関する検討 .  気管支学  2020年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 村上 順一, 上田 和弘, 吉田 久美子, 田中 俊樹, 濱野 公一 .  術前栄養状態は術後短期成績に関連するか? .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 前田 光喜, 永田 俊行, 梅原 正, 武田 亜矢, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  術前にAdamkiewicz動脈を同定し、安全に切除し得た後縦隔神経鞘腫の2例 .  肺癌  2020年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 徳永 拓也, 梅原 正, 今村 智美, 徳田 康裕, 柚木 健太郎, 武田 亜矢, 前田 光喜, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  血流動態の可視化 肺切除術による肺動脈血流変化を視覚的に捉える .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 吉峯 宗大, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 中村 玉美, 濱野 公一 .  若手が望む胸腔鏡安全技術認定制度の方向性 胸腔鏡安全技術認定制度で審査すべき対象について .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 大塚 遼, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 濱野 公一 .  臨床病期IA期肺癌のリンパ節転移・術後再発を術前画像所見から予測できるか? .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 横枕 直哉, 永田 俊行, 青木 雅也, 武田 亜矢, 梅原 正, 前田 光喜, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 今村 智美, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  膜構造を意識したen blocリンパ節郭清(左上葉切除編) .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 中村 玉美, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉峯 宗大, 濱野 公一 .  胸腔鏡下解剖学的肺切除術後の遷延性肺瘻(5日以上)の危険因子 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 中村 玉美, 吉峯 宗大, 濱野 公一 .  胸腔鏡下解剖学的肺切除術での肺動脈損傷の実際と対策 .  肺癌  2019年2月  (NPO)日本肺癌学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 濱野 公一 .  胸腔鏡下解剖学的肺切除後の胸腔ドレーン非留置が術後急性期の呼吸運動機能に及ぼす影響 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 中村 玉美, 吉峯 宗大, 濱野 公一 .  胸腔鏡下肺癌手術における安全で質の高いリンパ節郭清のための工夫 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 吉田 久美子, 濱野 公一 .  胸腔鏡下肺切除術における安全性と根治性を追求するための工夫 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 前田 光喜, 永田 俊行, 狩集 弘太, 今村 信宏, 森園 翔一朗, 武田 亜矢, 梅原 正, 青木 雅也, 上田 和弘, 佐藤 雅美, 大塚 綱志, 徳永 拓也, 柳 正和, 野中 裕斗, 上村 豪 .  胸腔造影が有用であった月経随伴性気胸の一例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2019年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 武田 亜矢, 前田 光喜, 梅原 正, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  胃癌の肺門リンパ節転移巣を切除した1例 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉田 久美子, 濱野 公一 .  肺部分切除を科学する ダブルオブリーク画像によるシミュレーション .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 陳 献, 蒋 飛, 上田 和弘, 大木 順司 .  肺葉切除術後の残存肺における生体力学環境に関する研究 .  日本コンピュータ外科学会誌  2018年10月  (一社)日本コンピュータ外科学会

  • 永田 俊行, 武田 亜矢, 前田 光喜, 梅原 正, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  肺癌膿胸開窓術後に発症した肺動脈出血に対して肺動静脈離断のみで撤退し、中期生存を得ている一手術症例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 永田 俊行, 今村 智美, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  肺癌におけるリンパ節郭清の流儀(手法・様式・コンセプト)と術後成績 リンパ節を原発肺葉に連続させるen-blocリンパ節郭清の戦略と理論的背景 .  気管支学  2019年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 今村 智美, 武田 亜矢, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 梅原 正, 前田 光喜, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美, 鈴木 聡一 .  肺原発筋上皮腫の1例 .  肺癌  2020年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 永田 俊行, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  肺区域切除術適応症例に対するVINCENTを用いた手術シミュレーション 術式の変更を余儀なくされた症例の検討 .  気管支学  2019年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 村上 順一, 田中 俊樹, 上田 和弘, 濱野 公一 .  肺区域切除術におけるICGを用いた区域間の同定 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 坂上 友梨, 前田 光喜, 永田 俊行, 狩集 弘太, 武田 亜矢, 梅原 正, 徳永 拓也, 横枕 直哉, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  肺アスペルギローマによる繰り返す喀血に対して開窓術が有効であった1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 陳 献, 蒋 飛, 上田 和弘, 大木 順司 .  肺がん手術支援のための呼吸系生体力学シミュレーションシステムの構築 .  日本コンピュータ外科学会誌  2017年10月  (一社)日本コンピュータ外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 吉峯 宗大, 中村 玉美, 濱野 公一 .  縦隔型小細胞癌の放射線療法後に被照射肺に発生した腺癌の1例 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

  • 中村 玉美, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉峯 宗大, 濱野 公一 .  緩徐増大を示した十二指腸乳頭部癌多発肺転移の1切除例 .  肺癌  2019年2月  (NPO)日本肺癌学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 中村 玉美, 吉峯 宗大, 東 麻由美, 濱野 公一 .  画像上胸膜接触が術後再発に与えるインパクト .  肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 池 創一, 村上 順一, 田中 俊樹, 上田 和弘, 濱野 公一 .  漏斗胸手術に使用した鋼線を胸腔鏡下に摘出した一例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 吉田 久美子, 林 雅太郎, 田尾 裕之, 岡部 和倫, 濱野 公一 .  残気率の増加は胸腔鏡下解剖学的肺切除術後の心肺合併症の新しい危険因子である .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 小林 大河, 東 麻由美, 神谷 正喜, 亀田 ふみ, 加藤 雅俊, 岡田 宗正, 村上 順一, 田中 俊樹, 上田 和弘, 濱野 公一, 星井 嘉信 .  末梢肺発生の孤立性腺上皮性乳頭腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 今村 信宏, 大塚 綱志, 徳永 拓也, 西島 浩雄, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  悪性胸膜中皮腫に対する化学療法 透析症例におけるレジメン選択 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 吉峯 宗大, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 中村 玉美, 中嶋 朔生, 濱野 公一 .  当科における転移性肺腫瘍に対する手術の成績 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 中村 玉美, 吉峯 宗大, 中嶋 朔生, 濱野 公一 .  当科における肺癌周術期管理の妥当性と問題点 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 原 裕明, 武田 亜矢, 今村 智美, 徳田 康裕, 柚木 健太郎, 梅原 正, 前田 光喜, 永田 利行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  当科で経験したAdamkiewicz arteryに近接した後縦隔腫瘍の1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 大塚 遼, 上田 和弘, 田中 俊樹, 春木 貴史, 濱野 公一 .  年齢別(65歳以上/65歳未満)にみた重症筋無力症に対する手術成績 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2018年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 前田 光喜, 永田 俊行, 武田 亜矢, 梅原 正, 横枕 直哉, 青木 雅也, 柳 正和, 徳永 拓也, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  左主気管支閉塞による呼吸不全を契機に診断された血管内膜肉腫の1例 .  気管支学  2020年6月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 横枕 直哉, 永田 俊行, 青木 雅也, 武田 亜矢, 梅原 正, 前田 光喜, 今村 信宏, 森園 翔一朗, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  左上葉・右中葉切除における膜構造を意識したen blocリンパ節郭清 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2019年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 池下 貴広, 上田 和弘, 吉田 久美子, 村上 順一, 田中 俊樹, 濱野 公一 .  局所浸潤を認めた気管支顆粒細胞腫の1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 吉峯 宗大, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 中村 玉美, 濱野 公一 .  女性肺癌の臨床病理学的特徴 cN0腺癌に対する解剖学的切除症例の検討 .  肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 吉峯 宗大, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 中村 玉美, 坂本 龍之介, 濱野 公一 .  外傷性肋骨骨折の骨折端による横隔膜-横行結腸刺通を原因とした膿胸の1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 濱野 公一 .  呼吸器外科手術での起死回生の一手 喀血を伴う炎症性肺疾患に対する術前IVR併用肺切除術の有効性 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉田 久美子, 濱野 公一 .  呼吸器外科における術後の合併症対策 .  日本外科系連合学会誌  2017年5月  日本外科系連合学会

  • 吉田 久美子, 上田 和弘, 村上 順一, 田中 俊樹, 岡部 和倫, 濱野 公一 .  右中葉低形成に発生した原発性肺癌の4例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 春木 貴史, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 濱野 公一 .  右上葉肺癌に対する右上葉切除後に乳糜胸を合併し、胸管塞栓術により治癒した1症例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2018年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 前田 光喜, 横枕 直哉, 永田 俊行, 武田 亜矢, 梅原 正, 青木 雅也, 徳永 拓也, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  反対側の肋間動脈損傷が主たる出血源であった外傷性大量血胸の1例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 吉峯 宗大, 中村 玉美, 村上 順一, 濱野 公一 .  原発性肺腺癌の占拠部位(上/下葉)による再発率の違い .  肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 中村 玉美, 上田 和弘, 田中 俊樹, 吉峯 宗大, 濱野 公一 .  原発性肺癌に対する消極的楔状切除術の成績 .  肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 上村 豪, 末永 豊邦, 森園 翔一朗, 今村 信宏, 徳永 拓也, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 柳 正和, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  切除標本CT像で術中に切除断端を評価し有用であった1例 .  肺癌  2019年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 上村 豪, 森園 翔一朗, 今村 信宏, 徳永 拓也, 梅原 正, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 大塚 綱志, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 酒瀬川 浩一, 柳 正和, 上田 和弘, 末永 豊邦, 佐藤 雅美 .  切除標本CT像で術中に切除断端を評価した経験 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2019年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 武田 亜矢, 上田 和弘, 今村 智美, 梅原 正, 前田 光喜, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  再発形式と予後から考える胸腺上皮性腫瘍の術式選択 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 前田 光喜, 上田 和弘, 永田 俊行, 武田 亜矢, 梅原 正, 柚木 健太朗, 徳田 泰裕, 今村 智美, 徳永 拓也, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  充実径1.0cm∽3.0cmの原発性肺癌完全切除症例の検討 solid T1bに術後補助化学療法の適応はないか? .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 吉田 久美子, 村上 順一, 濱野 公一 .  下葉切除後の無瘻性膿胸・胸膜炎 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 山本 直宗, 上田 和弘, 吉田 久美子, 村上 順一, 田中 俊樹, 濱野 公一 .  上行大動脈に広く接した胸腺癌を心膜腔内からの剥離により完全切除した一例 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2017年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 上田 和弘, 前田 光喜, 横枕 直哉, 梅原 正, 武田 亜矢, 青木 雅也, 永田 俊行, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  ロボット支援肺悪性腫瘍手術におけるアプローチの工夫 .  肺癌  2020年6月  (NPO)日本肺癌学会

  • 武田 亜矢, 柚木 健太朗, 徳田 泰裕, 梅原 正, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 上田 和弘, 佐藤 雅美 .  リンパ節転移あるいは術後リンパ節再発を呈した胸腺上皮性腫瘍の検討 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 大塚 遼, 濱野 公一 .  より確実な肺瘻閉鎖のために PGAシートを用いた効果的な縫合線の補強 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2018年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 大塚 遼, 濱野 公一 .  なぜ下葉肺癌は予後不良なのか?癌以外の影響の可能性 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 上村 豪, 上田 和弘, 丸山 広生, 柚木 健太朗, 徳田 泰裕, 今村 智美, 今村 信宏, 森園 翔一朗, 野中 裕斗, 佐藤 雅美 .  T0小細胞癌を含む異時性3重複癌の1例 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 吉田 久美子, 濱野 公一 .  QOL向上を目指した診療科連携手術 喀血症例に対する胸腔鏡下肺葉切除術 出血量軽減を目的とした術前IVRの有効性 .  日本外科系連合学会誌  2017年5月  日本外科系連合学会

  • 上田 和弘, 狩集 弘太, 横枕 直哉, 永田 俊行, 青木 雅也, 前田 光喜, 武田 亜矢, 梅原 正, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 今村 智美, 佐藤 雅美 .  Para-axial法で行う3ポートRATS肺葉切除術 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 武田 亜矢, 上田 和弘, 丸山 広生, 柚木 健太朗, 梅田 翔太, 鈴木 聡一, 梅原 正, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  ICG蛍光法による隣接区域に及ぶリンパ流の検討 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 上田 和弘, 狩集 弘太, 横枕 直哉, 永田 俊行, 青木 雅也, 前田 光喜, 武田 亜矢, 梅原 正, 徳永 拓也, 佐藤 雅美 .  EGFR変異はどんな人に多い?どんな腫瘍に多い?喫煙歴の有無別の解析 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 上田 和弘, 大塚 綱志, 武田 亜矢, 梅原 正, 鈴木 聡一, 柚木 健太朗, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  EGFR変異の頻度は母系の起源の違いにより異なる ミトコンドリアDNAの解析 .  肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 濱野 公一 .  CT上胸部膜接触は臨床病期I期充実型肺癌のリンパ節転移・再発の危険因子である .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年4月  (一社)日本外科学会

  • 坂本 龍之介, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉峯 宗太, 中村 玉美, 濱野 公一 .  CTで骨破壊像を伴い診断に難渋した胸壁angiolipomaの1例 .  日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

  • 田中 俊樹, 上田 和弘, 村上 順一, 東 麻由美, 濱野 公一 .  cT1・充実型肺癌におけるリンパ節転移の危険因子 術前にリンパ節転移の有無を評価できるか? .  肺癌  2017年9月  (NPO)日本肺癌学会

  • 村上 順一, 吉田 久美子, 佐野 史歩, 田中 俊樹, 上田 和弘, 濱野 公一 .  CO2胸腔内陽圧法を併用した胸腔鏡下肺葉切除を行った1症例 .  日本臨床外科学会雑誌  2017年2月  日本臨床外科学会

  • 徳永 拓也, 大塚 綱志, 今村 信宏, 上田 和弘, 西島 浩雄, 佐藤 雅美 .  Ciclosporin投与を要したPembrolizumabによる薬剤性大腸炎 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 中村 玉美, 上田 和弘, 田中 俊樹, 村上 順一, 吉峯 宗大, 中嶋 朔生, 濱野 公一 .  80歳以上の高齢肺癌症例に対する手術成績 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年4月  (一社)日本外科学会

  • 梅原 正, 上田 和弘, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  4D flow MRIを用いた左房内血流解析による肺静脈断端血栓が危惧される術式の検討 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 梅原 正, 上田 和弘, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  4D Flow MRIを用いた左上葉切除後の左房内乱流の観察 .  日本呼吸器外科学会雑誌  2019年4月  (NPO)日本呼吸器外科学会

  • 梅原 正, 上田 和弘, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 武田 亜矢, 前田 光喜, 青木 雅也, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  4D Flow MRIによる肺癌術後の左房内血流の観察 .  肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 梅原 正, 上田 和弘, 今村 智美, 徳田 泰裕, 柚木 健太朗, 徳永 拓也, 武田 亜矢, 前田 光喜, 永田 俊行, 横枕 直哉, 狩集 弘太, 佐藤 雅美 .  4D flow MRIからわかる肺切除後の左房内血流パターン .  日本呼吸器外科学会雑誌  2020年8月  (NPO)日本呼吸器外科学会

▼全件表示