基本情報

写真a

榮村 奈緒子

EIMURA Naoko


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://sites.google.com/site/emuranaokoweb/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),生物多様性・分類,立教大学,課程,2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域農学系 農学部 農林環境科学科,助教,2018年08月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Seasonality of interactions between a plant virus and its host during persistent infection in a natural environment,The ISME Journal,2019年10月,Honjo MN, Emura N, Kawagoe T, Sugisaka J, Kamitani M, Nagano AJ, Kudoh H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Seasonal Stability and Dynamics of DNA Methylation in Plants in a Natural Environment,Genes,2019年07月,Ito T, Nishio H, Tarutani Y, Emura N, Honjo MN, Toyoda A, Fujiyama A, Kakutani T, Kudoh H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,種子散布に関する果実形態の進化プロセスの解明,榮村奈緒子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本植物分類学会第18回大会,国内会議,2019年03月,汎熱帯海流散布植物ナガミハマナタマメの種内と近縁種間の生殖的隔離,ポスター(一般)

  • 2018年度(第50回) 種生物学シンポジウム,国内会議,2018年12月,季節環境がもたらすウイルス―宿主の長期共存機構,ポスター(一般)

  • 2018年度(第50回) 種生物学シンポジウム,国内会議,2018年12月,クサトベラの種子散布に関わる果実二型をもたらす形態的差異と遺伝基盤,ポスター(一般)