基本情報

写真a

田角 聡志

TASUMI Satoshi


職名

准教授

研究分野・キーワード

魚介類免疫学、宿主‐病原体相互作用、レクチン

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

魚介類寄生虫の宿主認識機構、魚介類寄生虫の寄生組織認識機構、細胞表面ディスプレイ法、魚類粘液中に含まれる生体防御関連因子

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学部  水産学科

    大学,1997年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  農学生命科学研究科  水圏生物科学専攻

    博士課程,2002年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),水圏生命科学,東京大学,課程,2002年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 農水産獣医学域水産学系 水産学部 水産学科,准教授,2018年06月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学 大学院農学生命科学研究科附属水産実験所,特任助教,2010年07月 ~ 2018年05月

  • 東京大学 大学院農学生命科学研究科附属水産実験所,特任研究員,2009年01月 ~ 2010年06月

  • メリーランド大学生物工学研究所 海洋生物工学センター,博士研究員,2004年04月 ~ 2008年12月

  • 東京大学 大学院理学系研究科・生物情報科学学部教育プログラム,科学技術特任研究員,2002年04月 ~ 2004年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本水産学会,1998年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本比較免疫学会,1999年08月 ~ 継続中,日本国

  • 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology),2000年06月 ~ 継続中,その他

  • 糖質学会(Society for Glycobiology),2006年11月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏生命科学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Expression and presentation of immune-related membrane proteins of fish by a cell surface display platform using insect cells.,Molecular Immunology,114巻 (頁 553 ~ 560) ,2019年10月,Tasumi S, Kobayashi K, Takanashi S, Asakawa S, Nakamura O, Kikuchi K, Suzuki Y.

    DOI:10.1016/j.molimm.2019.07.020,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A SNP in a steroidogenic enzyme is associated with phenotypic sex in Seriola fishes.,Current Biology,29巻 11号 (頁 1901 ~ 1909) ,2019年06月,Koyama T, Nakamoto M, Morishima K, Yamashita R, Yamashita T, Sasaki K, Kuruma Y, Mizuno N, Suzuki M, Okada Y, Ieda R, Uchino T, Tasumi S, Hosoya S, Uno S, Koyama J, Toyoda A, Kikuchi K, Sakamoto T.

    DOI:10.1016/j.cub.2019.04.069,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Identification of the sex-determining locus in grass puffer (Takifugu niphobles) provides evidence for sex-chromosome turnover in a subset of Takifugu species.,PLoS ONE,13巻 1号 (頁 e0190635 ~ ) ,2018年01月,Ieda R, Hosoya S, Tajima S, Atsumi K, Kamiya T, Nozawa A, Aoki Y, Tasumi S, Koyama T, Nakamura O, Suzuki Y, Kikuchi K.

    DOI:10.1371/journal.pone.0190635,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Mucosal IgM antibody with D-mannose affinity in fugu Takifugu rubripes is utilized by a monogenean parasite Heterobothrium okamotoi for host recognition.,Journal of Immunology,198巻 10号 (頁 4107 ~ 4114) ,2017年05月,Igarashi K, Matsunaga R, Hirakawa S, Hosoya S, Suetake H, Kikuchi K, Suzuki Y, Nakamura O, Miyadai T, Tasumi S, Tsutsui S.

    DOI:10.4049/jimmunol.1601996,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Identification and characterization of pufflectin from the grass pufferfish Takifugu niphobles and comparison of its expression with that of Takifugu rubripes.,Developmental and Comparative Immunology,59巻 (頁 48 ~ 56) ,2016年06月,Tasumi S, Yamaguchi A, Matsunaga R, Fukushi K, Suzuki Y, Nakamura O, Kikuchi K, Tsutsui S.

    DOI:10.1016/j.dci.2016.01.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Animal models for assessing the biological roles of lectins.,CRC Press,2008年,Ahmed H, Rabinovich GA, Jackson SS, Salatino M, Saito K, Bianco G, Tasumi S, Du SJ, Vasta GR.

    教科書,共著

  • 英語,Lectin repertories in invertebrates and ectothermic vertebrates: their roles in embryogenesis and innate immunity.,Elsevier,2007年,Vasta GR, Ahmed H, Saito K, Tasumi S.

    教科書,共著

  • 英語,Nonspecific defense mechanisms of the eel.,Springer Tokyo,2003年,Suzuki Y, Tasumi S.

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,Structural, functional, and evolutionary aspects of galectins in aquatic mollusks: From a sweet tooth to the Trojan horse.,Fish and Shellfish Immunology,46巻 1号 (頁 94 ~ 106) ,2015年09月,Vasta GR, Feng C, Bianchet MA, Bachvaroff TR, Tasumi S.

    DOI:10.1016/j.fsi.2015.05.012,総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,水産学に必要不可欠な形態学, 分類学―特にバイオミメティクスとの関連から,生物の科学 遺伝,69巻 5号 (頁 398 ~ 404) ,2015年,大塚攻、梶智就、西川淳、西田周平、浅川学、田角聡志

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,魚類の性統御~トラフグの全オスづくりや雌雄判別法の開発を中心に~,アクアネット (頁 42 ~ 47) ,2013年05月,菊池潔、細谷将、田角聡志

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,魚類の性決定―フグの性決定遺伝子Amhr2を中心に―,動物遺伝育種研究,41巻 1号 (頁 37 ~ 48) ,2013年,菊池潔、細谷将、田角聡志

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Yeast surface display of lamprey variable lymphocyte receptors.,Methods in Molecular Biology,748巻 (頁 21 ~ 33) ,2011年,Xu G, Tasumi S, Pancer Z.

    DOI:10.1007/978-1-61779-139-0_2,総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2023年03月,ウオジラミ類の生活史、宿主特異性、生理機能の普遍性と可変性,大塚 攻

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2021年03月,宿主の糖鎖は魚類寄生虫の宿主特異性に関与しているのだろうか?,田角 聡志

  • 基盤研究(A),2015年04月 ~ 2018年03月,魚類モノクローナル抗体遺伝子の新規探索法と抗体発現系の確立,浅川 修一

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,トラフグ寄生虫の着定メカニズムの解明とその駆除,筒井 繁行

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2014年03月,トラフグに寄生虫感受性をもたらすタンパク質の探索,田角 聡志

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 平成25年度ロッテ重光学術賞,2014年04月 ~ 2019年03月,養殖魚類に甚大な被害をもたらす寄生虫の宿主・組織認識に関わる分子機構

    民間財団等

  • (株)東和食品研究振興財団 平成21年度学術奨励金,2009年04月 ~ 2010年03月,Heterobothrium okamotoiはどのようにしてトラフグの鰓を認識するのか?

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 平成31年度日本水産学会春季大会,国内会議,2019年03月,東京海洋大学(品川キャンパス),Heterobothrium okamotoiの宿主特異性をもたらす因子の探索-1 ―トラフグの鰓の器官培養条件の検討―,口頭(一般)

  • 平成31年度日本水産学会春季大会,国内会議,2019年03月,東京海洋大学(品川キャンパス),Heterobothrium okamotoiの宿主特異性をもたらす因子の探索-2 ―トラフグにおけるH. okamotoiのin vitro脱落実験―,口頭(一般)

  • 平成31 年度⽇本⿂病学会春季⼤会,国内会議,2019年03月,東京⼤学農学部内 弥⽣講堂,Heterobothrium okamotoi のトラフグ属⿂類5 種へのin vivo 感染実験,口頭(一般)

  • 平成30年度日本水産学会九州支部大会,国内会議,2018年12月,鹿児島大学水産学部,トラフグの鰭と皮膚で発現量に差のある遺伝子の同定,口頭(一般)