基本情報

写真a

渕上 貴央

FUCHIGAMI Takao


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),外科系歯学,鹿児島大学,課程,2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター,助教,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会,2011年05月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における採骨部の術後創部状態はRohrer Indexと相関する,日本口蓋裂学会雑誌,2018年04月,渕上 貴央, 岐部 俊郎, 木村 菜美子, 手塚 征宏, 松永 和秀, ムハンマド スバン アミール, 中村 典史

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Fibroblasts promote the collective invasion of ameloblastoma tumor cells in a 3D coculture model,FEBS Open Bio,2017年09月,Takao Fuchigami, Hirofumi Koyama, Michiko Kishida, Yoshiaki Nishizawa, Mikio Iijima, Toshiro Kibe, Masahiro Ueda, Tohru Kiyono, Yoshimasa Maniwa, Norifumi Nakamura and Shosei Kishida

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of pre-surgical nasoalveolar moulding on maxillary arch and nasal form in unilateral cleft lip and palate before lip surgery,Orthodontics & Craniofacial Research,2017年08月,Fuchigami T, Kimura N, Kibe T, Tezuka M, Amir MS, Suga H, Takemoto Y, Hashiguchi M, Maeda-Iino A, Nakamura N

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Short-Term Molding Effects on the Upper Alveolar Arch Following Unilateral Cleft Lip Repair With/Without Nasal Vestibular Expansion,The Cleft Palate–Craniofacial Journal,2014年09月,Takao Fuchigami, Norifumi Nakamura, Kazuhide Nishihara, Kazuhide Matsunaga, Hiroko Hasegawa

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Regulation of IL-6 and IL-8 production by reciprocal cell-to-cell interactions between tumor cells and stromal fibroblasts through IL-1a in ameloblastoma,Biochemical and Biophysical Research Communications,2014年08月,Takao Fuchigami, Toshiro Kibe, Hirofumi Koyama, Shosei Kishida, Mikio Iijima, Yoshiaki Nishizawa, Hiroshi Hijioka, Tomomi Fujii, Masahiro Ueda, Norifumi Nakamura, Tohru Kiyono, Michiko Kishida

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,エナメル上皮腫の多様な浸潤発育機構の解明