基本情報

写真a

渕上 貴央

FUCHIGAMI Takao


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  医学系研究科  先進治療科学

    博士課程,2015年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),外科系歯学,鹿児島大学,課程,2015年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 鹿児島大学病院,医員,2016年04月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 口腔顎顔面センター,助教,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2014年04月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会,2011年05月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口腔科学会,2011年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口蓋裂学会,2015年05月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

  • 日本口腔科学会認定医

  • 日本口腔外科学会認定医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Three-dimensional analyses of nasolabial forms and upper lip surface symmetry after primary lip repair in patients with complete unilateral cleft lip and palate.,J Craniomaxillofac Surg,47巻 2号 (頁 245 ~ 254) ,2019年02月,Kimura Namiko, Nozoe Etsuro, Okawachi Takako, Ishihata Kiyohide, Fuchigami Takao, Nakamura Norifumi

    DOI:10.1016/j.jcms.2018.11.035,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Reliability of Americleft Yardstick Nasolabial Appearance Assessment With/Without Basal View for Japanese Children With Unilateral Complete Cleft Lip and Palate.,Cleft Palate Craniofac J (頁 1055665618818679) ,2019年01月,Amir Muhammad Subhan, Fuchigami Takao, Kibe Toshiro, Tezuka Masahiro, Ishihata Kiyohide, Nakamura Norifumi

    DOI:10.1177/1055665618818679,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Pilot Study of Visual and Quantitative Image Analysis of Facial Surface Asymmetry in Unilateral Complete Cleft Lip and Palate.,Cleft Palate Craniofac J (頁 1055665618819645) ,2018年12月,Kimura Namiko, Kim Hyoungseop, Okawachi Takako, Fuchigami Takao, Tezuka Masahiro, Kibe Toshiro, Amir Muhammad Subhan, Inada Emi, Ishihata Kiyohide, Nozoe Etsuro, Nakamura Norifumi

    DOI:10.1177/1055665618819645,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 日本語,顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における採骨部の術後創部状態はRohrer Indexと相関する,日本口蓋裂学会雑誌,2018年04月,渕上 貴央, 岐部 俊郎, 木村 菜美子, 手塚 征宏, 松永 和秀, ムハンマド スバン アミール, 中村 典史

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 2: Relationship between root resorption, horizontal tooth movement, and quantity of grafted autogenous bone.,Angle Orthod,87巻 6号 (頁 863 ~ 870) ,2017年11月,Maeda-Iino Aya, Furukawa Minami, Kwon Sangho, Marutani Kanako, Nakagawa Shoko, Fuchigami Takao, Nakamura Norifumi, Miyawaki Shouichi

    DOI:10.2319/031317-189.1,研究論文(学術雑誌),未設定,共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本口蓋裂学会雑誌 優秀論文賞,2019年05月31日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本口蓋裂学会,渕上貴央

  • 第9回 口腔先端科学教育センター研究発表会 若手研究者発表 最優秀賞,2016年12月08日,日本国,その他の賞,鹿児島大学,渕上貴央

  • 第40回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞,2016年05月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本口蓋裂学会,渕上貴央

  • コスモ・バイオ学術論文賞,2016年04月01日,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,コスモ・バイオ株式会社,鹿児島大学医化学分野 代表者:岸田昭世

  • 鹿児島大学大学院医歯学奨励賞 ,2016年03月31日,日本国,その他の賞,鹿児島大学,渕上貴央

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2020年03月,動物移植モデルを用いたエナメル上皮腫の浸潤形態の多様性に関わる因子の解明

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,エナメル上皮腫の多様な浸潤発育機構の解明

  • 特別研究員奨励費,2014年04月 ~ 2016年03月,エナメル上皮腫による骨破壊に関わる分子メカニズムの解明

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 13th Asia Congress of Oral and Maxillofacial Surgery,国際会議,2018年11月,Establishment of novel animal experimental model for elucidation of the pathology in ameloblastoma,ポスター(一般)

  • 第63回日本口腔外科学会総会・学術大会,国内会議,2018年11月,エナメル上皮腫の病態解明に向けた新規動物実験モデルの確立,ポスター(一般)

  • 第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会,国内会議,2018年05月,片側性唇顎口蓋裂児における初診時および顎裂部骨移植術前の顎裂部形態の比較,ポスター(一般)

  • 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,国際会議,2017年05月,顎裂部自家腸骨海綿骨移植術における採骨部の術後創部状態はRohrer Indexと相関する,ポスター(一般)

  • 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会,国内会議,2017年05月,Assessment of nasolabial form of unilateral cleft lip using Americleft Yardstick,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • インドネシアにおける口唇口蓋裂医療援助活動,2016年04月 ~ 継続中

  • エチオピアにおける口唇口蓋裂医療援助活動,2014年02月

  • 口唇口蓋裂親の会「もみじ会」,2011年04月 ~ 継続中