基本情報

写真a

權 相豪

KUON Sanho


職名

助教

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,助教,2018年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Electromyographic activity of superficial masseter and anterior temporal muscles during unilateral mastication of artificial test foods with different textures in healthy subjects.,Clin Oral Investig (頁 10 ~ ) ,2019年01月,Tomonari H, Seong C, Kwon S, Miyawaki S.

    DOI:10.1007/s00784-018-2754-x. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device.,Angle Orthod,89巻 1号 (頁 47 ~ 53) ,2019年01月,Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S.

    DOI:10.2319/121117-857.1. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,カスタムメイドのリンガルブラケットを用いて治療期間の短縮を試みたアングルI級抜歯症例,九州矯正歯科学会雑誌,13巻巻 1号号 (頁 39 ~ 44) ,2018年03月,福嶋 美佳, 友成 博, 權 相豪, 宮脇 正一

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Micrognathia with temporomandibular joint ankylosis and obstructive sleep apnea treated with mandibular distraction osteogenesis using skeletal anchorage: a case report.,Head Face Med,13巻 1号 (頁 20 ~ ) ,2017年11月,Tomonari H, Takada H, Hamada T, Kwon S, Sugiura T, Miyawaki S.

    DOI:10.1186/s13005-017-0150-4.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evaluation of maxillary central incisors on the noncleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate-Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement.,Angle Orthod,87巻 6号 (頁 855 ~ 862) ,2017年11月,Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S.

    DOI:10.2319/031317-188.1. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第28回日本顎変形症学会,国内会議,2018年06月,歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例,その他

  • 第28回日本顎変形症学会,国内会議,2018年06月,歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例,その他

  • 第28回日本顎変形症学会,国内会議,2018年05月,歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例,その他

  • 第42回日本口蓋裂学会,国内会議,2018年05月,片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連,その他

  • 第13回九州矯正歯科学会,国内会議,2018年02月,健常者の下顎第一大臼歯と下顎頭における作業側と平衡側の咀嚼運動経路の違い,その他

全件表示 >>