基本情報

写真a

五代 幸平

GODAI Kohei


職名

助教

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 麻酔全身管理センター,特任助教,2018年04月 ~ 2019年12月

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座,助教,2020年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本麻酔科学会,2010年04月 ~ 継続中,日本国

  • 北米神経科学会(Society for Neuroscience),2013年04月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 世界疼痛学会(International Association for the Study of Pain),2015年12月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ryanodine Receptor to Mitochondrial Reactive Oxygen Species Pathway Plays an Important Role in Chronic Human Immunodeficiency Virus gp120MN-Induced Neuropathic Pain in Rats.,ANESTHESIA & ANALGESIA,2018年11月,Godai K, Takahashi K, Kashiwagi Y, Liu CH, Yi H, Liu S, Dong C, Lubarsky DA, Hao S

    DOI:10.1213/ANE.0000000000003916,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Heme oxygenase-1 inducer and carbon monoxide-releasing molecule enhance the effects of gabapentinoids by modulating glial activation during neuropathic pain in mice.,PAIN Reports,2018年08月,Godai K, Kanmura Y

    DOI:10.1097/PR9.0000000000000677,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,The effects of hemodynamic management using the trend of the perfusion index and pulse pressure variation on tissue perfusion: a randomized pilot study.,JA Clinical Reports,2019年11月,Godai K, Matsunaga A, Kanmura Y

    DOI:10.1186/s40981-019-0291-5,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Phenylephrine does not improve oxygenation during one-lung ventilation: A randomized, double-blind, cross-over study,PLOS ONE,2018年04月,Godai K, Hasegawa-Moriyama M, Matsunaga A, Kanmura Y

    DOI:10.1371/journal.pone.0195576,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Peripheral administration of morphine attenuates postincisional pain by regulating macrophage polarization through COX-2-dependent pathway,Molecular Pain,2014年01月,Godai K, Hasegawa-Moriyama M, Kurimoto T, Saito T, Yamada T, Sato T, Kojima M, Kanmura Y

    DOI:10.1186/1744-8069-10-36,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,LiSA 周術期管理を核とした総合誌[リサ] Life Support and Anesthesia Vol.26 No.12 (12月号),メディカル・サイエンス・インターナショナル,2019年12月,五代 幸平

    単行本(学術書),症例カンファレンス: 統合失調症と肥満がある妊婦の予定帝王切開術, 症例提示, キーポイント解説, 本症例における周術期管理の実際,分担執筆

  • 日本語,LiSA 周術期管理を核とした総合誌[リサ] Life Support and Anesthesia Vol.26 No.5 (5月号),メディカル・サイエンス・インターナショナル,2019年05月,五代 幸平

    単行本(学術書),症例カンファレンス: 左不全麻痺を有する認知症患者の骨接合術, 症例提示, キーポイント解説, 本症例における周術期管理の実際,分担執筆

  • 日本語, 麻酔科研修ノート 改訂第3版,診断と治療社,2018年12月,五代幸平

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,LiSA 周術期管理を核とした総合誌[リサ] Life Support and Anesthesia Vol.25 No.4 (4月号).,メディカル・サイエンス・インターナショナル,2018年04月,五代幸平

    単行本(学術書),症例カンファレンス: 気管支喘息とコントロール不良の甲状腺機能亢進症を有する卵巣癌患者, PLAN3: 原疾患や合併症のみに着眼せず 患者をトータルにとらえよう,分担執筆

  • 日本語,麻酔偶発症AtoZ,文光堂,2017年06月,五代幸平, 上村裕一

    単行本(学術書),1. 全身麻酔 2) 肺・縦隔手術および呼吸器系偶発症 a. 診療科特有のもの. 肺水腫,分担執筆

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,慢性疼痛における痛覚伝導路でのヘム・オキシゲナーゼの鎮痛・発痛効果の検討,五代幸平

    本研究は慢性痛におけるヘム・オキシゲナーゼ-1 (HO-1)及びヘム・オキシゲナーゼ-2 (HO-2)の鎮痛もしくは発痛作用を、痛覚の伝導路である脊髄後角・後根神経節・末梢神経において解明するものである。