基本情報

写真a

田金 秀一郎

TAGANE Shuichiro


職名

特任助教

ホームページ

https://www.museum.kagoshima-u.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学,園芸科学,九州大学,課程,2008年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 総合科学域共同学系 総合研究博物館,特任助教,2018年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター (JIRCAS),特別派遣研究員,2008年06月 ~ 2011年03月

  • 九州大学 理学研究院 生態科学研究室,研究員,2011年04月 ~ 2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物分類学会,2008年03月 ~ 継続中,日本国

  • 日本熱帯生態学会,2013年06月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物分類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Five new species of Syzygium (Myrtaceae) from Indochina and Thailand,Phytotaxa,375巻 7号 (頁 247 ~ 260) ,2018年11月,Tagane S., Dang V.S., Souladeth P., Nagamasu H., Toyama H., Naiki A., Fuse K., Tran H., Yang C.-J., Prajaksood A., Yahara T.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,生物多様性・分類

  • 英語,Collaborative exploration of Sorghum, Zea, Saccharum and their relative wild genetic resources in Laos.,Annual report on exploration and introduction of plant genetic resources,27巻 (頁 129 ~ 155) ,2011年,Okuizumi H., Deuanhaksa C., Tagane S., Teraijma Y., Uwatoko N., Noguchi T., Nonaka E., Intabon K., Gau M., Sugimoto A.

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • 英語,Effects of day length treatment and the harvesting time on the flowering of Erianthus arundinaceus on Ishigaki Island, Japan,Tropical Agriculture and Development,55巻 1号 (頁 44 ~ 50) ,2011年,Tagane S., Terajima Y., Shikina Y., Kyan M., Makiya N., Irei S., Yamato K., Sugimoto A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,遺伝育種科学,園芸科学

  • 英語,Cytological study of Erianthus procerus and E. arundinaceus (Gramineae) in Thailand,Cytologia,76巻 2号 (頁 171 ~ 175) ,2011年,Tagane S., Tagane M., Ponragdee W., Sansayawichai T., Sugimoto A.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,遺伝育種科学

  • 英語,Lack of Prezygotic Reproductive Isolation between Rhododendron eriocarpum and R. indicum; Overlapping Flowering Phenology and Cross Compatibility,九州大学大学院農学研究院紀要,52巻 (頁 345 ~ 348) ,2008年,Tagane Shuichiro, Hiramatsu Michikazu, Okubo Hiroshi

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読有り,共著,園芸科学,植物分子・生理科学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,A Picture Guide for the Flora of Bidoup-Nui Ba National Park I: Mt. Langbian,Center for Asian Conservation Ecology, Kyushu University,2019年03月,Nagahama A, Tagane S, Ngoc NV, Binh HT, Cuong TQ, Toyama H, Nagamasu H, Tsuchiya K, Zhang M, Suyama Y, Moritsuka E, Thu NT, Thinh NC, Matsuo A, Hirota S, Naiki A, Son LV,Nhan PH, Yahara T

    その他,共著