Updated on 2021/04/28

写真a

 
ABE Koji
 
Organization
Research Field in Law, Economics and the Humanities, Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Law, Economics and the Humanities Department of Humanitiess Professor
Title
Professor

Degree

  • 博士(人間科学) ( 2003.3   大阪大学 )

  • 修士(行動学) ( 2000.3   大阪大学 )

Research Interests

  • 健康心理学

  • 高齢者(老年)心理学

Professional Memberships

  • 日本老年医学会

    2005.4

  • Gerontological Society of America

    2002.4

  • 日本社会心理学会

    2001.4

  • 日本健康心理学会

    2000.4

  • 日本心理学会

    2000.4

  • 日本老年社会科学会

    2000.4

  • 日本家族心理学会

    2000.4

▼display all

 

Papers

  • Development of a Quick Inventory for Death Attitude 8-item(QIDA-8) and its reliability and validity .    ( 86 ) 1 - 7   2019.3Development of a Quick Inventory for Death Attitude 8-item(QIDA-8) and its reliability and validity

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Lessons learned from Rinro and developed to research from the needs of society .    23   17 - 18   2019.3Lessons learned from Rinro and developed to research from the needs of societyInvited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Abe Koji, Takagishi Yukihiro, Itayama Akira .  Social capital and needs for relocation from post-disaster area among older people .  The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association81 ( 0 ) 2D - 022-2D-022   2017

     More details

    Publisher:The Japanese Psychological Association  

    DOI: 10.4992/pacjpa.81.0_2D-022

  • Takagishi Yukihiro, Abe Koji, Itayama Akira .  Characteristics on development of PTSD symptoms after suffering from flooding disaster among elderly people .  The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association81 ( 0 ) 2D - 021-2D-021   2017

     More details

    Publisher:The Japanese Psychological Association  

    DOI: 10.4992/pacjpa.81.0_2D-021

  • 安部幸志・菅田瀬那・村上晋平・前田麻更・中島里菜 .  高齢者の暮らしとこころのケアのあり方について .  関西国際大学カウンセリング研究所紀要1   12 - 22   2013.3高齢者の暮らしとこころのケアのあり方について

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:関西国際大学カウンセリング研究所  

  • 渡邉直樹・安部幸志・竹田茂生 .  学生キャラバンと自殺予防~地域高齢者のソーシャルキャピタルと抑うつ感について .  関西国際大学研究紀要13   139 - 148   2012.3学生キャラバンと自殺予防~地域高齢者のソーシャルキャピタルと抑うつ感について

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:関西国際大学  

  • 安部幸志・大橋明 .  Positive effects of experience in terminal care on nursing staff in Japan .  American Journal of Hospice and Palliative Medicine28 ( 6 ) 389 - 392   2011.9Positive effects of experience in terminal care on nursing staff in JapanReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Sage  

  • 三澤知代・宮下光令・河 正子・安部幸志・阿部まゆみ・中川康子・Given, C.W .  Validity and reliability of the Japanese version of The Caregiver Reaction Assessment Scale(CRA-J) for community-dwelling cancer patients .  American Journal of Hospice and Palliative Medicine26 ( 5 ) 334 - 340   2010.10Validity and reliability of the Japanese version of The Caregiver Reaction Assessment Scale(CRA-J) for community-dwelling cancer patientsReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Sage  

  • 柴田由己・安部幸志・新井明日奈・荒井由美子 .  一般生活者を対象とした認知症家族の介護に対する感情尺度の作成 .  日本老年医学会雑誌47 ( 4 ) 315 - 322   2010.7一般生活者を対象とした認知症家族の介護に対する感情尺度の作成Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本老年医学会  

  • 安部幸志・大橋明 .  Development and testing of a staff questionnaire for evaluating the quality services at nursing homes in Japan .  Journal of the American Medical Directors Association10 ( 3 ) 189 - 195   2009.3Development and testing of a staff questionnaire for evaluating the quality services at nursing homes in JapanReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Elsevier  

  • 宮下光令・三澤知代・阿部まゆみ・中山康子・安部幸志・河正子 .  Quality of life, day hospice needs, and satisfaction of community-dwelling advanced cancer patients and their caregivers in Japan .  Journal of Palliative Medicine11   1203 - 1207   2008.10Quality of life, day hospice needs, and satisfaction of community-dwelling advanced cancer patients and their caregivers in JapanReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Mary Ann Liebert  

  • 安部幸志・荒井由美子 .  一般生活者を対象とした認知症の症状に対する援助希求行動尺度の作成とその信頼性及び妥当性の検討 .  老年精神医学雑誌19 ( 4 ) 451 - 460   2008.4一般生活者を対象とした認知症の症状に対する援助希求行動尺度の作成とその信頼性及び妥当性の検討Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本老年精神医学会  

  • 安部幸志・荒井由美子・吉川羊子・後藤百万 .  看護・介護スタッフにおける排泄ケアに関する自己効力感尺度作成の試み .  日本排尿機能学会誌18 ( 2 ) 275 - 279   2007.12看護・介護スタッフにおける排泄ケアに関する自己効力感尺度作成の試みReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本排尿機能学会  

  • 安部幸志・荒井由美子 .  認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討:わが国の一般生活者における調査から .  日本医事新報4339   64 - 68   2007.6認知症の病名告知に対する希望に関する探索的検討:わが国の一般生活者における調査からReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本医事新報社  

  • 安部幸志 .  Reconsidering the caregiving stress appraisal scale: Validation and examination of its association with items used for assessing long-term care insurance in Japan .  Archives of Gerontology and Geriatrics44 ( 3 ) 287 - 397   2007.2Reconsidering the caregiving stress appraisal scale: Validation and examination of its association with items used for assessing long-term care insurance in JapanReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 佐々木恵・荒井由美子・熊本圭吾・安部幸志・新井明日奈・水野洋子 .  Factors related to potentially harmful behaviors towards disabled older people by family caregivers in Japan .  International Journal of Geriatric Psychiatry22 ( 3 ) 250 - 257   2007.2Factors related to potentially harmful behaviors towards disabled older people by family caregivers in JapanReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 安部幸志・荒井由美子 .  家族が認知症となった場合の対処行動:一般生活者に対する調査から .  日本医事新報4292   63 - 67   2006.7家族が認知症となった場合の対処行動:一般生活者に対する調査からReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本医事新報社  

  • 安部幸志・荒井由美子 .  認知症における社会的資源の活用:一般生活者の高齢社会に対する意識調査から .  精神科7 ( 3 ) 219 - 225   2005.9認知症における社会的資源の活用:一般生活者の高齢社会に対する意識調査から

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:科学評論社  

  • 安部幸志 .  家族介護者における主観的安寧尺度の信頼性と妥当性の検討 .  健康心理学研究17 ( 1 ) 47 - 55   2004.6家族介護者における主観的安寧尺度の信頼性と妥当性の検討Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本健康心理学会  

  • 安部幸志 .  高齢者を介護する家族のストレスと心理的安寧に関する実証的研究 .  人間科学研究5   47 - 58   2003.12高齢者を介護する家族のストレスと心理的安寧に関する実証的研究

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:大阪大学大学院人間科学研究科  

  • 安部幸志 .  在宅で障害を有する高齢者を介護する家族の抑うつ:性別および続柄による差異の検討 .  家族心理学研究17 ( 1 ) 25 - 34   2003.5在宅で障害を有する高齢者を介護する家族の抑うつ:性別および続柄による差異の検討Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本家族心理学会  

  • 安部幸志・柏木哲夫・恒藤暁 .  Coping Strategies and its effects on depression among caregivers of impaired elders in Japan .  Aging & Mental Health7 ( 3 ) 207 - 211   2003.5Coping Strategies and its effects on depression among caregivers of impaired elders in JapanReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 安部 幸志 .  高齢者を介護する家族のストレスと心理的安寧に関する実証的研究 .      2003.3高齢者を介護する家族のストレスと心理的安寧に関する実証的研究

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Doctoral thesis  

  • 安部幸志 .  介護マスタリーの構造と精神的健康に与える影響 .  健康心理学研究15 ( 2 ) 12 - 20   2002.12介護マスタリーの構造と精神的健康に与える影響Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本健康心理学会  

  • 安部幸志 .  痴呆性疾患による高齢者の問題行動と介護者のストレス .  臨床死生学年報6   2 - 11   2001.5痴呆性疾患による高齢者の問題行動と介護者のストレス

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:大阪大学人間科学部臨床老年・死生学講座  

  • 安部幸志 .  主観的介護ストレス評価尺度の作成とストレッサーおよびうつ気分との関連について .  老年社会科学23 ( 1 ) 40 - 49   2001.3主観的介護ストレス評価尺度の作成とストレッサーおよびうつ気分との関連についてReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本老年社会科学会  

  • 平井啓・坂口幸弘・安部幸志・森川優子・柏木哲夫 .  死生観に関する研究:死生観尺度の作成と信頼性・妥当性の検証 .  死の臨床23 ( 1 ) 77 - 83   2000.8死生観に関する研究:死生観尺度の作成と信頼性・妥当性の検証Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本死の臨床研究会  

  • 安部幸志 .  高齢者の心身の障害と家族の抑うつ .  大阪大学臨床老年行動学年報5   34 - 41   2000.6高齢者の心身の障害と家族の抑うつ

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)   Publisher:大阪大学人間科学部臨床老年行動学講座  

▼display all

Presentations

  • ABE Koji   A pilot study of the effects of informal service on Japanese Family caregivers’ daily fluctuation of stress   International conference

    The Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America 2020  Gerontological Society of America

     More details

    Event date: 2020.11

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online  

  • ABE Koji   An application of a daily diary method for family caregivers of individuals with dementia in Japan   International conference

    American Psychological Association 2020  American Psychological Association

     More details

    Event date: 2020.8

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Online  

  • Abe K, Makizako H, Tabira T, et al.   Attitude towards death and depression among community-dwelling older adults in Japan   International conference

    The 11th Asia/Oceania Congress of Gerontology and Geriatrics  The International Association of Gerontology and Geriatrics

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:台北  

  • Abe K.   Psychological Mechanisms of PTSD Syndrome and Depression Among Elderly Victims of Flood-Disaster in Japan   International conference

    The Annual Scientific Meeting of the Gerontological Society of America 2018  Gerontological Society of America

     More details

    Event date: 2018.11

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Boston, USA  

  • 安部幸志,高岸幸弘,板山昂   高齢者における被災地からの移住希望と社会関係資本の関連  

    日本心理学会第81回大会  日本心理学会

     More details

    Event date: 2017.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:久留米市  

  • 上村 佳代, 佐々木 なつき, 小山 徹平, 山入端 香, 中村 雅之, 佐野 輝, 米田 孝一, 富原 一哉, 飯田 昌子, 平田 祐太朗, 安部 幸志   鹿児島大学病院神経科精神科における公認心理師臨床実習生受け入れの実践報告  

    九州神経精神医学  2018.8  九州精神神経学会

  • 高岸 幸弘, 安部 幸志, 板山 昂   高齢者における洪水災害後のPTSD症状発現の特徴 災害前の健康状態と地域交流の程度に注目して  

    日本心理学会大会発表論文集  2017.8  (公社)日本心理学会

  • 板山 昂, 安部 幸志, 高岸 幸弘   外傷後成長尺度日本語短縮版(PTGI-J-SF)の検討 一般学生と被災高齢者の比較  

    日本心理学会大会発表論文集  2017.8  (公社)日本心理学会

▼display all

Research Projects

  • 施設における高齢者の友人関係・社会的孤立の測定と関連要因の検討

    2018.4

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

    本研究は、施設に入所中の高齢者の友人関係・社会的孤立に着目し、その測定尺度の作成と友人関係の構築や社会的孤立の軽減につながる要因を明らかにすることを目的としている。

  • 高齢者のメンタルヘルス改善に資する社会的活動の実証的分析

    2012.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    本研究は地域における様々な社会的活動への参加と高齢者のメンタルヘルスとの関連を検討することを目的として行った。研究期間内に、岐阜県内で行った調査データを解析するとともに、兵庫県加西市および丹波市で調査を実施し、それらのデータについても解析を行った。分析の結果、岐阜県内で行われていた頼母子講と呼ばれる社会的活動に参加しているグループのメンタルヘルスが、参加していないグループよりも有意に良好であることが明らかとなった。また、兵庫県内のデータを分析した結果、地域への信頼度や、まつりごとに参加しているかどうかが高齢者のメンタルヘルス改善に有意に寄与していることが確認された。

  • 高齢者ケア施設におけるターミナルケア実施が職員に与える心理的影響

    2009.4 - 2012.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    本研究では、介護施設においてターミナルケアを実施することによる、職員への心理学的影響について検討することを目的とした。調査分析の結果、バーンアウトの下位尺度である職務効力感について、ターミナルケアを実施した経験がある者の方が有意に高いことが明らかとなった。これは、ターミナルケアを実施することが必ずしも職員のストレスにつながるのではなく、職務に対するモチベーションを向上させるという肯定的な側面もあることを示していると考えられる。

  • ケアワーカーの職務ストレス尺度の開発と燃え尽き症候群および離職に与える影響の分析

    2006.4 - 2009.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    本研究は、介護老人福祉施設や介護老人保健施設等に勤務する介護職員のストレスを把握し、それらが燃え尽き症候群および離職行動へ及ぼす影響について、検討することを目的として行われた。調査の結果、介護の職務から発生するストレスのうち、「仕事の量的負担」「適切な評価の不足」「仕事の質的負担・範囲拡大」「適性への葛藤」として類型化されたストレスが、燃え尽き症候群へ影響していることが明らかとなった。

  • 在宅障害老人の家族介護者におけるストレスに関する実証的研究

    2003.4 - 2006.3

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費