基本情報

写真a

稲垣 勉

INAGAKI Tsutomu


研究分野・キーワード

潜在的態度、潜在的パーソナリティ、動機づけ

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://pyfpy037.wixsite.com/tsut0muf

特記事項

藤井 勉(旧姓)

プロフィール

潜在的測定法 (Implicit measure) を用いて,潜在的な認知過程を研究し,態度やパーソナリティの予測対象や両者の不一致について研究しています。
 動機づけ (特に達成目標理論: achievement goal theory) にも関心があり,継続して研究しています。
 近年は,子どもの自尊感情や「いじめ」の問題に関する研究にも着手しました。

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会,2007年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本教育心理学会,2008年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本社会心理学会,2009年04月 ~ 継続中,日本国

  • International Association of Applied Psychology,2010年04月 ~ 2011年03月,日本国

  • 日本認知心理学会,2011年04月 ~ 2013年03月,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

  • 社会心理学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,有能感の4類型と返礼行動の関連――仮想型に注目して――,教育テスト研究センター年報,4巻 (頁 69 ~ 71) ,2019年07月,澄川采加, 稲垣 勉

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,教育心理学,社会心理学

  • 日本語,困難課題の遂行において自尊心は支えとなるか?――顕在的・潜在的自尊心のバッファリング効果の検討――,教育テスト研究センター年報,4巻 (頁 11 ~ 23) ,2019年07月,稲垣 勉, 澤海崇文, 相川 充

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,社会心理学,実験心理学,教育心理学

  • 日本語,顕在的・潜在的シャイネスの不一致に関する検討――孤独感,攻撃性,主観的幸福感を指標として――,教育テスト研究センター年報,4巻 (頁 57 ~ 59) ,2019年07月,稲垣 勉, 澤海崇文, 相川 充

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,社会心理学,教育心理学

  • 日本語,全国規模の調査データによるシャイネスの年代差の検討――性別ごとの分析も含めて――,教育テスト研究センター年報,4巻 (頁 53 ~ 55) ,2019年07月, 澤海崇文, 稲垣 勉, 相川 充

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,社会心理学,教育心理学

  • 日本語,自己卑下呈示行動尺度作成の試み,教育テスト研究センター年報,4巻 (頁 25 ~ 31) ,2019年07月,上拾石直人, 稲垣 勉, 澄川采加

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,社会心理学,教育心理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,感情心理学ハンドブック,北大路書房,2019年09月,内山 伊知郎

    単行本(学術書),分担執筆,社会心理学,教育心理学

  • 日本語,新・動機づけ研究の最前線,北大路書房,2019年08月,上淵 寿, 大芦 治

    単行本(学術書),分担執筆,社会心理学,教育心理学

  • 英語,Intimate relationships across cultures: A comparative study,Cambridge University Press,2019年06月,Charles T. Hill

    単行本(学術書),分担執筆,社会心理学,教育心理学

  • 日本語,誠信 心理学辞典 [新版],誠信書房,2014年09月,下山晴彦, 大塚雄作, 遠藤利彦, 齋木潤, 中村知靖 他

    事典・辞書,分担執筆

  • 日本語,キーワード 動機づけ心理学,金子書房,2012年11月,上淵寿 他

    単行本(学術書),分担執筆

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 見えない気持ちを炙り出す:IAT(潜在連合テスト)の仕組み,2015年07月

    その他

  • 自分も知らない「自信」を測る――顕在的・潜在的自尊心――,2015年03月

    その他

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本感情心理学会 精励発表賞,2019年06月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本感情心理学会,稲垣勉,教育心理学,社会心理学

  • Best poster abstract award,2017年11月,スイス連邦,国際学会・会議・シンポジウム等の賞,The European Society for Trauma and Dissociation Conference,Yoshikazu Fukui, Kazuya Matsuo, Shin-ichi Oura, Yoshihiro Shima,Tsutomu Inagaki,実験心理学,臨床心理学,教育心理学

  • 心理学ミュージアム 優秀作品賞,2015年07月,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本心理学会,稲垣(藤井)勉, 澤田匡人

  • 日本感情心理学会 学術貢献賞,2015年06月,日本国,学会誌・学術雑誌による顕彰,日本感情心理学会,稲垣(藤井)勉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2017年04月 ~ 継続中,思春期における自尊心の低下と内在的・外在的問題との関係

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 継続中,潜在的シャイネスを低減する介入手法の実験的検討

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,愛着と共感性の意識的・無意識的側面の関連とそれらが社会適応に及ぼす影響,福井義一

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 九州心理学会第80回大会,国内会議,2019年11月,熊本大学,シャイネスIATの1年間隔の再検査信頼性――潜在的シャイネスの変容可能性を含めた検討――,ポスター(一般),社会心理学,教育心理学

  • 九州心理学会第80回大会,国内会議,2019年11月,熊本大学,有能感の4類型と自己愛の4類型の対応関係の検討,ポスター(一般),社会心理学,教育心理学

  • 日本社会心理学会第60回大会,国内会議,2019年11月,立正大学,話題提供:潜在的測定法を用いた知能観の測定(マインドセット研究の最前線――マインドセット効果とその社会的意義を議論する――),シンポジウム・ワークショップ パネル(公募),社会心理学,教育心理学

  • 日本社会心理学会第60回大会,国内会議,2019年11月,立正大学,良性・悪性妬み傾向と自尊感情,他者軽視傾向の関係,ポスター(一般),社会心理学,教育心理学

  • 日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会,国内会議,2019年10月,富山大学,小・中学生における顕在的・潜在的自尊感情と抑うつの関連,ポスター(一般),教育心理学,社会心理学

全件表示 >>