基本情報

写真a

大賀 泰彦

OGA Yasuhiko


研究室住所

鹿児島市 桜ヶ丘 8-35-1

研究分野・キーワード

歯科矯正学

研究室電話

099-275-6252

研究室FAX

099-275-6258

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/kyousei/clinic/index/index.htm

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  歯学研究科  歯科矯正学分野

    博士課程,2019年01月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),矯正・小児系歯学,鹿児島大学,課程,2019年01月

  • 学士(歯学),矯正・小児系歯学,徳島大学,課程,2007年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device.,Angle Orthod,89巻 1号 (頁 47 ~ 53) ,2019年01月,Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S.

    DOI:10.2319/121117-857.1. ,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,歯科矯正用アンカースクリューとリンガルブラケットを用いて下顎臼歯の遠心移動を行ったアングルII級2類症例,九州矯正歯科学会雑誌,13巻巻 1号号 (頁 33 ~ 38) ,2018年03月,大賀 泰彦, 友成 博, 古川 みなみ, 宮脇 正一

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Development of a novel spike-like auxiliary skeletal anchorage device to enhance miniscrew stability.,Am J Orthod Dentofacial Orthop,148巻 2号 (頁 338 ~ 344) ,2015年08月,Miyawaki S, Tomonari H, Yagi T, Kuninori T, Oga Y, Kikuchi M.

    DOI:10.1016/j.ajodo.2015.02.030.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第77回日本矯正歯科学会,国内会議,2018年10月 ~ 2018年11月,覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動に及ぼす影響,その他

  • 第28回日本顎変形症学会,国内会議,2018年06月,歯科矯正用アンカースクリューを用いて上顎の咬合平面の傾斜を改善した顔面非対称を伴う顎変形症の1例,その他

  • 第13回九州矯正歯科学会大会,国内会議,2018年02月,鹿児島,新規骨固定補助装置を併用した歯科矯正用アンカースクリューの維持力について,ポスター(一般)

  • A Case of Micrognathia Using Skeletal Anchorage after Mandibular Distraction. World implant Orthodontic Conference 2017 (9th WIOC),国際会議,2017年07月,Kobe,A Case of Micrognathia Using Skeletal Anchorage after Mandibular Distraction,ポスター(一般)

  • World implant Orthodontic Conference 2017 (9th WIOC),国際会議,2017年07月,Kobe,A Novel Spike-like Auxiliary Skeletal Anchorage Device Enhances the Stability of Miniscrew,口頭(一般)

全件表示 >>