基本情報

写真a

瀬戸山 悠

SETOYAMA Yu


職名

特任助教

研究分野・キーワード

動作学習、運動学習、臨床動作法、運動障害、発達障害

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

(研究テーマ)
1.運動障害児・者へのリハビリテーションに関する臨床心理学的研究
2.運動学習援助方略に関する基礎的研究
3.発達障害児・者および保護者への支援に関する研究

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域臨床心理学系 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻,特任助教,2016年10月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 九州大学大学院 人間環境学研究院,学術研究員,2015年04月 ~ 2016年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本リハビリテイション心理学会,2009年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本心理臨床学会,2010年09月 ~ 継続中,日本国

  • 日本特殊教育学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本教育心理学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本臨床動作学会,2017年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,放課後児童クラブにおける集団遊びプログラムを用いた臨床心理学的介入の試み,鹿児島大学心理臨床相談室紀要14号 (頁 3 ~ 8) ,2018年03月,瀬戸山悠

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,単著

  • 日本語,言語による意思疎通の難しいトレーニーへの動作法における関わりー抵抗行動の背景の理解と関わりの工夫-,九州大学総合臨床心理研究,9巻 (頁 55 ~ 66) ,2018年03月,古川依里香, 瀬戸山悠, 古賀聡

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読有り,共著

  • 日本語,同一動作課題における援助の違いが動作者の体験に及ぼす影響,九州大学総合臨床心理研究,8巻 (頁 37 ~ 48) ,2017年03月,瀬戸山悠, 服巻豊, 遠矢浩一

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読有り,共著

  • 日本語,他者への働きかけの視点からみた自閉スペクトラム症児に対する動作法の効果,九州大学総合臨床心理研究,8巻 (頁 119 ~ 128) ,2017年03月,瀬戸山悠, 遠矢浩一

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読有り,共著

  • 日本語,肢体不自由の子どもをもつ親に対する健康動作法,九州大学総合臨床心理研究,3巻 (頁 127 ~ 142) ,2011年,藤原朝洋,本吉大介, エルナンデスコイノール,細野康文,座間味愛理,田中沙来人,吉川桃子,瀬戸山悠,針塚進

    研究論文(大学,研究機関紀要),未設定,共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,内転緊張の強いトレーニーのリラクセイション,心理リハビリテイション研究所,ふぇにっくす,74巻 (頁 35 ~ 40) ,2016年11月,瀬戸山悠

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会第37回大会,国内会議,2018年08月,放課後児童クラブにおける集団遊びプログラム導入の試みー要配慮児童に対する支援を目指してー,ポスター(一般)

  • 日本リハビリテイション心理学会学術大会,国内会議,2017年12月,学童保育における指導員に対する臨床心理学的関わりが児童の行動に及ぼす影響について(4),口頭(一般)

  • 霧島市発達に関する学習会,その他,2017年11月,子どもたちの学校・家庭での困りごとへの対応~事例を通して~,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本心理臨床学会第36回大会,国内会議,2017年11月,「人前で声が出にくい」と訴えた肢体不自由を有するクライエントに対する動作法の適用,ポスター(一般)

  • 日本リハビリテイション心理学会年次大会,国内会議,2016年11月,学童保育における指導員に対する臨床心理学的関わりが児童の行動に及ぼす影響について(3),口頭(一般)

全件表示 >>