基本情報

写真a

八坂 敏一

YASAKA Toshiharu


職名

准教授

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座,准教授,2016年04月 ~ 2021年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会,1997年01月 ~ 継続中,日本国

  • 日本神経科学学会,1998年05月 ~ 継続中,日本国

  • 北米神経科学学会,2004年05月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

  • 日本疼痛学会,2010年05月 ~ 継続中,日本国

  • 国際疼痛学会,2015年07月 ~ 継続中,アメリカ合衆国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経生理学・神経科学一般

  • 免疫学

  • 疼痛学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Neuronal and glial expression of inward rectifier potassium channel subunits Kir2.x in rat dorsal root ganglion and spinal cord,Neuroscience Letters,617巻 (頁 59 ~ 65) ,2016年03月,Yuzo Murata, Toshiharu Yasaka, Makoto Takano, Keiko Ishihara

    DOI:10.1016/j.neulet.2016.02.007,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,A putative relay circuit providing low-threshold mechanoreceptive input to lamina I projection neurons via vertical cells in lamina II of the rat dorsal horn,Molecular Pain,10巻 (頁 3 ~ ) ,2014年01月,Toshiharu Yasaka, Sheena Y. X. Tiong, Erika Polgár, Masahiko Watanabe, Eiichi Kumamoto, John S. Riddell and Andrew J. Todd

    DOI:10.1186/1744-8069-10-3,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Populations of inhibitory and excitatory interneurons in lamina II of the adult rat spinal dorsal horn revealed by a combined electrophysiological and anatomical approach,Pain,151巻 (頁 475 ~ 488) ,2010年11月,Toshiharu Yasaka, Sheena Y. X. Tiong, David I. Hughes, John S. Riddell and Andrew J. Todd

    DOI:10.1016/j.pain.2010.08.008,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evidence against AMPA receptor-lacking glutamatergic synapses in the superficial dorsal horn of the rat spinal cord,Journal of Neuroscience,29巻 (頁 13401 ~ 13409) ,2009年10月,Toshiharu Yasaka, David I. Hughes, Erika Polgar, Gergely G. Nagy, Masahiko Watanabe, John S. Riddell, Andrew J Todd

    DOI:10.1523/JNEUROSCI.2628-09.2009,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Organization of intralaminar and translaminar neuronal connectivity in the superficial spinal dorsal horn,Journal of Neuroscience,29巻 (頁 5088 ~ 55099) ,2009年04月,Go Kato, Yasuhiko Kawasaki, Kohei Koga, Daisuke Uta, Masafumi Kosugi, Toshiharu Yasaka, Megumu Yoshimura, Ru-Rong Ji, Andrew Strassman

    DOI:10.1523/JNEUROSCI.6175-08.2009,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>