基本情報

写真a

杉村 光隆

SUGIMURA Mitsutaka


職名

教授

研究分野・キーワード

歯科麻酔、全身管理

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

099-275-6280

研究室FAX

099-275-6288

ホームページ

http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/masui/

プロフィール

麻酔の4要素(催眠、鎮痛、筋弛緩、自律神経の安定)の中から、催眠に関連して「吸入麻酔薬の作用機序」に関する研究で学位を取得し、その後、自律神経の安定に関連して「低酸素ストレスが自律神経機能に及ぼす影響」に関する研究を遂行した。さらに歯科ペインクリニックを担当する中で更年期女性が多いことから、更年期動物モデルで神経障害性疼痛に対するエストロゲンの影響」に関して調べた。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  歯学部

    大学,1987年03月,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 全身麻酔薬の作用機序に関する研究,外科系歯学,広島大学,論文,2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座,教授,2016年04月 ~ 継続中

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 卵巣摘出動物における口腔顔面領域の神経因性疼痛の制御機構の解明,2010年04月 ~ 2013年03月

    疼痛学,神経生理学・神経科学一般,外科系歯学,機関内共同研究,科学研究費補助金

  • 卵巣摘出動物における神経障害性疼痛の制御機構の解明,2012年04月 ~ 2015年03月

    神経障害性疼痛、三叉神経、エストロゲン、卵巣摘出、更年期,疼痛学,動物生理・行動,神経生理学・神経科学一般,国内共同研究,科学研究費補助金

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Trigeminal nervous system sensitization by infraorbital nerve injury enhances responses in a migraine model,Cephalalgia,2016年11月,Toyama M, Kudo C, Mukai C, Sugimura M, Niwa H et al

    DOI:pii: 0333102416678387,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Premedication with midazolam in intellectually disabled dental patients: intramuscular or oral administration? A retrospective study,Med Oral Patol Oral Cir Bucal,21巻 4号 (頁 e470 ~ e476) ,2016年07月,Hiroshi Hanamoto, Aiji Boku, Mitsutaka Sugimura, Hitoshi Niwa et al

    DOI:10.4317/medoral.21086,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effective Dosage of Midazolam to Erase the Memory of Vascular Pain During Propofol Administration,Anesthesia Progress,2016年,Aiji Boku, DDS, PhD,* Mika Inoue, DDS, PhD, Mitsutaka Sugimura, DDS, PhD,† and Hitoshi Niwa, DDS, PhD†

    DOI:10.2344/15-00034.1.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著