基本情報

写真a

小幡 純子

OBATA Junko


職名

助教

研究分野・キーワード

予防歯科学、細菌学、う蝕、う蝕象牙質

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 発達系歯科センター,助教,2015年04月 ~ 2017年09月

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座,助教,2017年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔衛生学会,2012年04月 ~ 継続中,日本国

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research),2013年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本がん口腔支持療法学会,2016年11月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 予防歯科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 分子生物学的手法を用いたう蝕象牙質内における細菌叢の解明,2011年04月 ~ 2015年03月

    う蝕象牙質、う蝕象牙質内細菌叢、分子生物学的手法,個人研究,(選択しない)

  • 新規根面う蝕細菌種を標的とした高齢者QPL向上法の開発,2015年04月 ~ 継続中

    ,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,新たな象牙質う蝕関連細菌 Propionibacterium acidifaciens のう蝕原性の解明,口腔衛生会誌,2016年05月,小幡純子、於保孝彦

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 英語,Identification of the microbiota in carious dentin legions using 16S rRNA gene sequencing,PLoS One,2014年08月,Obata J, Takeshita T, Shibata Y, Yamanaka W, Unemori M, Akamine A, Yamashita Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,網羅的塩基配列によるう蝕象牙質病変の細菌構成の特徴,口腔衛生会誌,2013年05月,小幡純子、竹下徹、柴田幸江、山下喜久

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

  • 日本語,分子生物学的手法を用いた乳歯および永久歯のう蝕象牙質病変に含まれる細菌構成の解析,口腔衛生会誌,2012年05月,小幡純子、竹下徹、柴田幸江、山下喜久

    研究論文(学術雑誌),査読無し,共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,新規根面う蝕細菌種を標的とした高齢者QOL向上法の開発

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 94th General Session & Exhibition of the IADR,国際会議,2016年06月,Cariogenicity of Propionibacterium acidifaciens isolated from carious dentin lesions,ポスター(一般)

  • 第65回日本口腔衛生学会総会,国内会議,2016年05月,新たな象牙質う蝕関連細菌Propionibacterium acidifaciensのう蝕原性の解明,ポスター(一般)

  • 93th International Association for Dental Research (IADR) General Session,国際会議,2015年03月,Relationship among carious dentin, dental plaque and salivary microbiota,ポスター(一般)

  • Kyudai Oral Bioscience 2014 -8th International Symposium,その他,2014年02月,Identification of Microbiota in Carious Dentin Lesions using 16S rRNA gene Sequencing Analysis,口頭(一般)

  • 第62回日本口腔衛生学会・総会,国内会議,2013年05月,網羅的塩基配列決定によるう蝕象牙質病変の細菌構成の特徴,ポスター(一般)

全件表示 >>