基本情報

写真a

髙宮 広土

Takamiya, Hiroto


職名

教授

研究分野・キーワード

島嶼、ホモ・サピエンス、生業、狩猟採集民、

プロフィール

琉球列島先史時代におけるヒトの適応過程

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 総合科学域総合研究学系 研究推進機構 国際島嶼教育研究センター,教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 南島考古学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本文化人類学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本人類学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • Society for American Archaeology,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • Indo-Pacific Prehistory Association,2015年10月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 先史人類学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,奄美・沖縄諸島先史時代の独自性,2017年次日本島嶼学会甑島大会発表要旨集 (頁 20) ,2017年09月,高宮広土

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,奄美・沖縄のヒトと自然の歴史:公開シンポジウム報告,日本熱帯生態学会ニューズレター,108巻 (頁 8 ~ 13) ,2017年08月,高宮広土

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,中城御殿跡(首里高校内)出土の植物遺体,中城御殿跡(首里高校内)—首里高校校舎改築に伴う発掘調査,93巻 (頁 245 ~ 258) ,2017年07月,高宮広土

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,奄美・沖縄の遺跡植物遺体からみた柳田国男「海上の道」仮説:その後,南島考古,36巻 (頁 187 ~ 202) ,2017年07月,高宮広土

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

  • 日本語,奄美・沖縄諸島先史・原史時代における植物食利用,第27回日本熱帯生態学会年次大会(奄美)講演要旨集,27巻 (頁 19) ,2017年06月,高宮広土

    研究論文(学術雑誌),査読無し,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,鹿児島の島々 文化と社会・産業・自然,南方新社,2016年03月,高宮広土、河合渓、桑原季雄

    単行本(学術書),共編著

  • 英語,Nature and People,Hokuto Shobo,2016年03月,Takamiya, Hiroto

    単行本(学術書),分担執筆

  • 英語,Prehistory of the Central Ryukyus,Hokuto Shobo,2016年03月,Hiroto Takamiya

    単行本(学術書),分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第69回日本人類学会大会,国内会議,2016年10月,自然と調和した島々?先史時代の奄美・沖縄諸島,口頭(一般)

  • 記者会見,その他,2015年10月,An Extraordinary case in human history: prehistoric hunter-gatherer adaptation to the islands of the Central Ryukyu (Amami and Okinawa archipelagos), Japan,メディア報道等

  • 境界領域のダイナミズムin喜界島,その他,2015年11月,喜界島城遺跡群の意義:琉球列島における農耕の始まり,口頭(招待・特別)

  • 平成27年度倍埋文化財活用事業名護市文化講演会,その他,2015年11月,島嶼文明の可能性〜奄美・沖縄諸島の先史時代〜,口頭(招待・特別)

  • 立命館グローバル・イノベーション機構 東シナ海と稲作漁撈・弥生文化,国際会議,2016年01月,東シナ海と稲作漁撈・弥生文化 海上の道の検証,口頭(招待・特別)

全件表示 >>