Updated on 2021/03/23

写真a

 
Atsuhiro UTSUNOMIYA
 
Organization
Research Field in Clinical Psychology, Law, Economics and the Humanities Area Professional Graduate School of Clinical Psychology Clinical Psychology Professor
Title
Professor

Degree

  • 学士 () 1986.3   鹿児島大学 )

Research Interests

  • 臨床心理学

Education

  • Kagoshima University    

    - 1986.3

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University   法文教育学域臨床心理学系 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻   Professor

    2015.4

  • 法務省所管の矯正施設(少年鑑別所・刑事施設)   その他

    1988.4 - 2015.3

      More details

    Country:Japan

Professional Memberships

  • 鹿児島県再犯防止推進会議

    2020.5 - 2022.6

  • 鹿児島県臨床心理士会

    2015.6

  • 日本犯罪心理学会

    1988.4

  • 日本犯罪社会学会

    2020.5

  • 日本心理臨床学会

    2015.10

  • 鹿児島市いじめ問題等調査委員会

    2017.6 - 2019.6

  • 人吉農芸学院視察委員会

    2017.4 - 2018.3

  • 包括システムによる日本ロールシャッハ学会

    2016.6

▼display all

Committee Memberships

  • 鹿児島市いじめ問題等調査委員会   副委員長  

    2017.6 - 2019.6   

      More details

    Committee type:自治体

  • 人吉農芸学院視察委員会   副委員長  

    2017.4 - 2018.3   

      More details

    Committee type:自治体

Qualification acquired

  • 公認心理師

  • 臨床心理士

 

Books

  • 薬物依存と殺人

    河野荘子、川畑直人、大橋靖史、近藤淳哉、磯邉聡、岡本英生、鈴木明人、中並朋晶、青島多津子、本城英次、宮下一博、水野正憲、關崎勉、柏尾眞津子、髙橋哲、勝田和彦、松嶋秀明、山田祐子、鈴木健一、都築学、小西千秋、宇都宮敦浩( Role: Joint author)

    人をあやめる青少年のこころ~発達臨床心理学的考察・北大路書房  2005.9 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

  • 動的家族画(KFD)

    空井健三、小栗正幸、武田繁好、矢野陵子、井口由子、廣井亮一、藤掛明、石川元、松下恵美子、山﨑一馬、入江是清、井手正吾、酒木保、上嶋一華、糟谷光昭、宇都宮敦浩( Role: Joint author)

    家族描画法ハンドブック・財団法人矯正協会  2002.9 

     More details

    Language:Japanese Book type:Scholarly book

Presentations

  • 岡本英生,齋藤豊治,宇都宮敦浩,岡田行雄,松川杏寧,髙橋智晃,山本雅昭   テーマセッションB 災害後の被災地における犯罪とその対策について  

    日本犯罪社会学会第47回大会  日本犯罪社会学会

     More details

    Event date: 2020.10.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン開催  

    災害後の犯罪について,5人の話題提供者から発表が行われ,当職は災害後の犯罪不安と対策について,熊本地震後の住民調査に基づいて発表を行った。

  • 宇都宮敦浩   災害と犯罪について 熊本地震の被災地調査から  

    第77回鹿児島心理学会  鹿児島純心女子大学

     More details

    Event date: 2020.2.22

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:鹿児島純心女子大学  

     災害後には犯罪が生じやすいと言われており,その実態につて,熊本地震後における被災者のアンケート調査やインタビュー調査から特徴を明らかにした。その結果について,講演を行った。

  • 岡本英生,斎藤豊治,岡田行雄,宇都宮敦浩,松川杏寧   熊本地震における被災地の窃盗の発生状況  

    日本犯罪社会学会第46回大会  日本犯罪社会学会

     More details

    Event date: 2019.10.19

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:千葉県  

     2016年4月に発生した熊本地震により,犯罪発生についてどのような影響を受けたかについて,調査した結果を報告する。

  • 岡本英生,宇都宮敦浩   熊本地震後の被災地住民の犯罪不安について  

    日本犯罪心理学会第57回大会  日本犯罪心理学会

     More details

    Event date: 2019.8.31 - 2019.9.1

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:日本女子大学  

    熊本地震後の被災住民の犯罪不安について,アンケート調査や県警統計資料等をもとにして調査した結果を報告した。

  • 稲谷ふみ枝,小澤永治,中原睦美,高橋佳代,宇都宮敦浩他   地域支援の臨床実践と実務教育を架橋した新たな「実践型教育プログラム」の開発  

    日本心理臨床学会第35回大会  日本心理臨床学会

     More details

    Event date: 2016.9.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:横浜パシフィコ  

    地域支援の臨床実践と実務教育を架橋した新たな実践型教育プログラムの開発について,今回は,高齢者のライフヒストリーワーク実践を通じた報告を行った。

  • 宇都宮敦浩   困難な課題を抱える少年の自立支援指導に係る少年鑑別所と児童自立支援施設との連携のあり方について~少年鑑別所における新たな試み  

    日本生活指導学会第32回研究大会  日本生活指導学会第32回研究大会

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:Japanese  

    Venue:沖縄大学  

    国内学会

  • 長 和義,宇都宮敦浩,吉田奈央子   描画「私の未来像」の時代差を経ての考察  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 2009.3.31

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

     非行少年が作成した「私の未来像」という描画について,数量的,時代的な見地から,その特徴や変化について考察を行った。

  • 宇都宮敦浩,長 和義,阿部哲郎   性犯罪者へのリスクアセスメントの試行  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 2007.3.31

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

  • 宇都宮敦浩   精神障害を有する受刑者の治療と処遇について~いくつかのバイオレントな事例を通じて  

    第101回日本精神神経学会  第101回日本精神神経学会

     More details

    Event date: 2005.5

    Language:Japanese  

    Venue:埼玉  

    国内学会

  • 宇都宮敦浩   原始的退行状態を呈した受刑者の治療・処遇事例  

    第51回日本矯正医学会  日本矯正医学会

     More details

    Event date: 2005.2.28

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    原始的退行状態を呈した受刑者の治療・処遇事例について,3段階に分けて振り返り,考察を加えた。

  • 大隈光典,主藤順也,宇都宮敦浩,西来路聡   性犯罪受刑者に対する治療処遇の一考察  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 2004.3.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

     北九州医療刑務所に収容されている性犯罪受刑者に対して,リスクアセスメント結果を踏まえた治療的アプローチを行い,その結果をまとめた。

  • 宇都宮敦浩   断薬治療・教育プログラムにおける受刑者の変化について  

    日本犯罪心理学会第41回大会  日本犯罪心理学会第41回大会

     More details

    Event date: 2003.9

    Language:Japanese  

    Venue:西日本大学  

    国内学会

  • 砂田江梨子、宇都宮敦浩   「内省帳」による解決志向アプローチの試み  

    日本犯罪心理学会第38回大会  日本犯罪心理学会第38回大会

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese  

    Venue:大正大学  

    国内学会

  • 柴田博文、宇都宮敦浩   中学生の非行グループの母親へのコンサルテーション  

    日本犯罪心理学会第38回大会  日本犯罪心理学会第38回大会

     More details

    Event date: 2000.9

    Language:Japanese  

    Venue:大正大学  

    国内学会

  • 宇都宮敦浩,山入端津由,大久保俊孝,田中哲人,藤本裕子    鑑別結果通知書の内容分析 非行理解の仕方を中心として  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 2000.3.16

    Language:Chinese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 宇都宮敦浩、柴田博文、砂田江梨子   一般相談におけるソリューションフォーカストアプローチの試み(2)  

    日本犯罪心理学会第37回大会  日本犯罪心理学会第37回大会

     More details

    Event date: 1999.9

    Language:Japanese  

    Venue:東北大学  

    国内学会

  • 松本智数 鮫島時治 宇都宮敦浩   非行少年の生きがいについて  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 1999.3.16

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

     非行少年の生きがいについて,PILテスト日本版を用いた調査により,彼らの人生観や生活観について検討を行った。

  • 宇都宮敦浩、柴田博文   一般相談におけるソリューションフォーカストアプローチの試み  

    日本犯罪心理学会第36回大会  日本犯罪心理学会第36回大会

     More details

    Event date: 1998.9

    Language:Japanese  

    Venue:帝京大学  

    国内学会

  • 黒木康人,知花正浩,宇都宮敦浩   「雨の中の私」画におけるストレスの投影性に関する研究  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 1996.3.15

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    「雨の中の私」画におけるストレスの投影に関して,PFスタディとMAsの二つの心理検査を実施して統計的検証を試みた。

  • 日高吉史,宇都宮敦浩   宮崎少年鑑別所における描画の実施状況について  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 1995.3.15

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

  • 宇都宮敦浩   屈折体験と樹木画Ⅲ  

    日本犯罪心理学会第31回大会  日本犯罪心理学会第31回大会

     More details

    Event date: 1993.9

    Language:Japanese  

    Venue:山形大学  

    国内学会

  • 宇都宮敦浩   樹木画に関する一考察  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 1993.3.15

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:福岡矯正管区  

  • 馬場宗雄 宇都宮敦浩   テスト法としての箱庭作品(Ⅱ) 宗教的主題と屈折体験  

    日本犯罪心理学会第30回大会  日本犯罪心理学会

     More details

    Event date: 1992.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    箱庭作品中,墓,神社,鳥居等の宗教的主題が用いられたケースについて,屈折体験の有無から考察を行った。

  • 宇都宮敦浩、馬場宗雄   屈折体験と樹木画Ⅱ  

    日本犯罪心理学会第29回大会  日本犯罪心理学会第29回大会

     More details

    Event date: 1991.10

    Language:Japanese  

    Venue:筑波大学  

    国内学会

  • 徳田孝成,古川潔,宇都宮敦浩   交通短期保護観察対象者の交通鑑別の実情と諸問題  

    九州矯正研究発表会  福岡矯正管区

     More details

    Event date: 1990.9.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 宇都宮敦浩、馬場宗雄、徳田孝成   屈折体験と樹木画  

    日本犯罪心理学会第28回大会  日本犯罪心理学会第28回大会

     More details

    Event date: 1990.9

    Language:Japanese  

    Venue:大阪  

    国内学会

  • 宇都宮敦浩,馬場宗雄,徳田孝成   性同一視と樹木画(Ⅱ)  

    日本犯罪心理学会第27回大会  日本犯罪心理学会

     More details

    Event date: 1989.12.25

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪教育会館  

    樹木画に現れた性同一視に関する指標について考察を行った。

  • 馬場宗雄,徳田孝成,宇都宮敦浩   性同一視と樹木画(Ⅰ)  

    日本犯罪心理学会第27回大会  日本犯罪心理学会

     More details

    Event date: 1989.12.25

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:大阪教育会館  

▼display all

Research Projects

  • 災害後の効果的な防犯対策について 熊本地震の被災地調査に基づく検討

    2018.09 - 2019.09

    Collaboration in Japan 

    岡本英生、斉藤豊治,宇都宮敦浩,岡田行雄,松川杏寧

      More details

    熊本地震の被災地を対象として,震災後にどのような犯罪が起き,どのような犯罪対応・対策が行われ,どのような効果があったかについて明らかにし,災害後の効果的な防犯対策の在り方について検討した。

 

Social Activities

  • 令和元年度鹿児島市安心安全アカデミー 防犯・事故防止マスターコース

    Lecturer

    株式会社フォーエバー  鹿児島市社会福祉協議会  2019.11

     More details

    「災害と犯罪」「高齢者と犯罪」をテーマとして,防犯や再犯防止に係る啓発を講演を通じて行った。

  • 児童福祉司任用後研修

    Lecturer

    鹿児島県中央児童相談所  鹿児島県中央児童相談所  2018.2

     More details

    Audience: Governmental agency

    児童福祉司として新たに任用された職員に対する非行対応についての講習

  • 児童福祉司任用後研修

    Lecturer

    鹿児島県中央児童相談所  鹿児島県中央児童相談所  2018.1

     More details

    Audience: Governmental agency

    児童福祉司として新たに任用された職員に対する非行対応に関する講習

Media Coverage

  • 凶悪事件に関するコメント

    南日本新聞社  南日本新聞  南日本新聞  2018.4

     More details

    平成30年4月に発生した鹿児島県日置市の5人殺害事件に関するコメント