基本情報

写真a

高橋 佳代

Kayo Takahashi


職名

准教授

研究分野・キーワード

発達障害、母子保健、社会的養護、臨床動作法、心理劇、国際協力

プロフィール

1.虐待を受けた児童の心理的援助
2.発達障害を持つ児童とその保護者への支援
3.プレイセラピー、心理劇、臨床動作法などの理論と実践に関する研究
4.国際協力活動における心理職活用に関する研究
5.母子保健に関する実践研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 心理学,臨床心理学,九州大学,論文,2017年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 法文教育学域臨床心理学系 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻,講師,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 鹿児島大学 法文教育学域臨床心理学系 臨床心理学研究科 臨床心理学専攻,准教授,2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • International Society for the Prevention of Child Abuse and Neglect,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本子ども虐待防止学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本リハビリテイション心理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 西日本心理劇学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理士

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Prevalence of Neurodevelopmental Disorders in Japanese Children’s Homes,Scientific Research Publishing, Psychology,9巻 (頁 911 ~ 924) ,2018年05月,Eiji Ozawa, Kayo Takahashi, Susumu Harizuka

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,就学相談活動に係る知能検査の活用に関する実践型教育の試み,鹿児島大学大学院心理臨床相談室紀要,14巻 ,2018年03月,片平千智, 高橋佳代

    研究論文(大学,研究機関紀要),査読無し,共著

  • 日本語,樹木画にみる児童養護施設入所児の発達,臨床描画研究,32巻 (頁 8 ~ 18) ,2017年06月,高橋佳代

    研究論文(学術雑誌),未設定,単著

  • 日本語,精神科心理劇のウォーミングアップ展開における監督の意図,心理劇研究,40巻 (頁 43 ~ 55) ,2017年02月,伊地知 悠紀・髙橋 佳代

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,児童養護施設中高生の時間的展望と生活充実感,子どもの虐待とネグレクト,18巻 1号 (頁 72 ~ 80) ,2016年05月,高橋佳代

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,地域支援プロジェクト 地域支援の臨床実践と実務教育を架橋した新たな「実践型教育プログラム」の開発 : 2017年度(平成29年度)報告書,斯文堂株式会社,2018年03月,稲谷 ふみ枝 髙橋 佳代 片平 千智 永福 美保子

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,地域支援プロジェクト 地域支援の臨床実践と実務教育を架橋した新たな「実践型教育プログラム」の開発 : 2016年度(平成28年度)報告書,斯文堂株式会社,2017年03月,小澤 永治 髙橋 佳代 稲谷 ふみ枝 小原 みさき 江口 夏紀

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,地域支援の臨床実践と実務教育を架橋した新たな「実践型教育プログラム」の開発:地域支援プロジェクト2015年度報告書,鹿児島大学大学院臨床心理学研究科,2016年03月,小澤永治,髙橋佳代,稲谷ふみ枝,平田祐太朗,江口夏紀

    調査報告書,共著

  • 日本語,教育と医学,慶応義塾大学出版会,2015年10月,高橋 佳代

    単行本(一般書),社会的養護における思春期の衝動性の理解と対応,分担執筆

  • 英語,International Social Work Practice :Case Studies from a Global Context,Routledge publishers:London(UK),2012年11月,Joanna E.B.,Gloria J.,Caren J.F.編著 Kayo Takahashi(Chapter5担当)

    単行本(学術書),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 西日本心理劇学会 迎賞(学術奨励賞),2016年02月13日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,西日本心理劇学会,高橋佳代

  • 日本リハビリテイション心理学会 研究奨励賞,2010年12月10日,日本国,その他の賞,日本リハビリテイション心理学会,高橋 佳代

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 継続中,ビジョニングによるアイデア開発,磯野誠

  • 若手研究(B),2015年04月 ~ 2019年03月,国際協力における心理支援ニーズと心理職活用に関する基礎的研究,高橋佳代

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2017年04月,新製品アイデア開発におけるイマジネーション活用の可能性,磯野 誠

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第37回日本心理臨床学会,国内会議,2018年08月 ~ 2018年09月,神戸,臨床動作法の可能性と課題,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 15th European Congress of Psychology,国際会議,2017年07月,Amsterdam, The Nerherlands,Effects of corporal punishment on self-affirmation and inhibiting factors,ポスター(一般)

  • 15th European Congress of Psychology ,国際会議,2017年07月,Amsterdam, The Netherlands,Evaluation of scoring systems for the Baum Test,ポスター(一般)

  • 15th European Congress of Psychology ,国際会議,2017年07月,Amsterdam, The Netherlands,Difference in consciousness of acceptance of corporal punishment among students of planning to be sports coaches and child minders,ポスター(一般)

  • 日本描画テスト描画療法学会第26回大会,国内会議,2016年09月,山口大学,樹木画にみる児童養護施設入所小学生の発達,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

全件表示 >>