基本情報

写真a

飯笹 英一

Ei'ichi Iizasa


職名

助教

研究分野・キーワード

パターン認識受容体、結核菌、脂質、ITAM

プロフィール

結核菌に対する自然免疫応答

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座免疫学分野,助教,2003年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本インターフェロン・サイトカイン学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本免疫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本植物生理学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細胞生物学

  • 分子生物学

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Pertussis toxin targets the innate immunity through DAP12, FcRγ, and MyD88 adaptor proteins.,Immunobiology,222巻 4号 (頁 664 ~ 671) ,2017年04月,Phongsisay V., Iizasa E., Hara H., and Yoshida Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Arabidopsis LBP/BPI related-1 and -2 bind to LPS directly and regulate PR1 expression,Scientific reports,2016年06月,Iizasa S., Iizasa E., Matsuzaki S., Tanaka H., Kodama Y., Watanabe K., and Nagano Y.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Loss of CARD9-mediated innate activation attenuates severe influenza pneumonia without compromising host viral immunity.,Scientific reports,2015年12月,Uematsu T, Iizasa E, Kobayashi N, Yoshida H, Hara H.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,相同組換えで色々できちゃうDNAクローニング,生物工学会誌,2015年10月,永野幸生、飯笹英一

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Evidence for TLR4 and FcRγ-CARD9 activation by cholera toxin B subunit and its direct bindings to TREM2 and LMIR5 receptors.,molecular immunology,2015年05月,Phongsisay V, Iizasa E, Hara H, Yoshida H.

    DOI: 10.1016/j.,研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2019年03月, Th2型免疫応答誘導に関わるキチン受容体およびシグナル分子の同定

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,結核菌を認識する新規骨髄系ITAMRの同定,飯笹英一

    結核菌を認識する新規骨髄系ITAMRの同定

  • 特別研究員(PD)研究奨励費,2011年04月 ~ 2014年03月,自然免疫におけるCard9シグナル伝達経路の解明,飯笹英一

    自然免疫におけるCard9シグナル伝達経路の解明

  • 特別研究員(DC1)研究奨励費,2007年04月 ~ 2010年03月,ロイシンリッチリピート受容体キナーゼとそのリガンドの相互作用機構の解明,飯笹英一

    ロイシンリッチリピート受容体キナーゼとそのリガンドの相互作用機構の解明

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • GSKジャパン若手研究助成,2015年12月 ~ 2017年12月,敗血症におけるTREM1Lの同定,飯笹英一

    GSKジャパン

  • 笹川科学研究助成,2015年04月 ~ 2016年03月,哺乳類におけるキチン受容体の同定,飯笹英一

    民間財団等