基本情報

写真a

篠原 敬哉

SHINOHARA Yukiya


職名

助教

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学  歯学研究科

    博士課程,2016年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(歯学),歯周治療系歯学,鹿児島大学,課程,2016年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻,助教,2015年01月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本歯科保存学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本歯周病学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本口臭学会,2017年02月 ~ 継続中,日本国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 歯周治療学

  • 歯周病学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Periodontal tissue regeneration after low-intensity pulsed ultrasound stimulation with or without intramarrow perforation in two-wall intrabony defects -A pilot study in dogs,Journal of Clinical Periodontology,2019年,Yoshinori Shirakata, Takatomo Imafuji, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Toshiaki Nakamura, Kazuyuki Noguchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,歯周基本治療のための新たな教育用模型の開発,日本歯周病学会会誌,2018年,町頭三保、中村利明、白方良典、中村梢、迫田賢二、瀬名浩太郎、篠原敬哉、橋口千琴、田口洋一郎、梅田誠、野口和行

    研究論文(学術雑誌),未設定,共著

  • 英語,Periodontal wound healing following reciprocal autologous root transplantation in class III furcation defects.,Journal of Periodontal & Implant Science,2018年,Naoshi Takeuchi,Yoshinori Shirakata, Yukiya Shinohara, Kotaro Sena, Kazuyuki Noguchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Split-mouth evaluation of connective tissue graft with or without enamel matrix derivative for the treatment of single gingival recession defects in dogs,Clinical Oral Investigations,2018年,Yoshinori Shirakata, Toshiaki Nakamura, Yukiya Shinohara, Kozue Nakamura-Hasegawa, Chikoto Hashiguchi, Naoshi Takeuchi, Takatomo Imafuji, Anton Sculean, Kazuyuki Noguchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Effects of EMD-liquid (Osteogain) on periodontal healing in class III furcation defects in monkeys.,Journal of Clinical Periodontology,2017年,Yoshinori Shirakata, Richard J. Miron, Toshiaki Nakamura, Kotaro Sena, Yukiya Shinohara, Naoto Horai, Dieter D. Bosshardt, Anton Sculean.

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,口臭と舌苔,鹿児島県歯科医師会会報,133巻 772号 (頁 10 ~ 12) ,2019年03月,篠原 敬哉, 野口 和行

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,Bone morphogenetic protein-9 (BMP-9)の歯周・骨組織再生療法への応用の可能性,日本歯周病学会会誌,in press巻 ,2019年,中村利明, 白方良典, 篠原敬哉, 野口和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本歯周病学会 教育賞,2017年05月12日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本歯周病学会,町頭三保、中村利明、白方良典、中村梢、迫田賢二、瀬名浩太郎、篠原敬哉、橋口千琴、田口洋一郎、梅田誠、野口和行

  • 鹿児島大学大学院医歯学奨励賞,2016年03月02日,日本国,その他の賞,鹿児島大学大学院医歯学総合研究科,篠原敬哉

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,脱分化脂肪細胞集塊(C-DFAT)を用いた新規骨再生療法の開発

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,脱分化脂肪細胞(DFAT)由来サイトカクテルを用いた新規骨再生療法の開発,篠原敬哉

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 17 th Biennial Conference of The International Academy of Periodontology,国際会議,2019年06月,Periodontal regenerative effect of low-intensity pulsed ultrasound with/without intramarrow perforation in intrabony defects in dogs,ポスター(一般)

  • Europerio 9,国際会議,2018年06月,Amsterdam,Healing of gingival recessions treated with coronally advanced flaps and subepithelial connective tissue grafts with or without an enamel matrix derivative: A comparative study in dogs.,口頭(一般)

  • Osteology Japan,国際会議,2017年06月,ソラシティカンファレンスセンター (東京),A comparative study of the effects of recombinant human bone morphogenetic protein-2 and -9 on bone formation in rat calvarial critical size defects.,ポスター(一般)

  • 平成28年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部合同研修会,国内会議,2016年11月,長崎,サル2壁性骨欠損における新規エナメルマトリックスデリバテイブ(Osteogain)による歯周組織再生効果,口頭(一般)

  • 2nd International Symposium Regeneration and Esthetics in Periodontology and Implant Dentistry,国際会議,2016年11月,Bern,Healing of two-wall intrabony defects following treatment with a novel enamel matrix derivative formulation (Osteogain). A preclinical study in non-human primates.,ポスター(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本口臭学会,評議員,2017年02月 ~ 継続中

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 広報きりしま,2018年02月