基本情報

写真a

加藤 太一郎

KATO Dai-ichiro


職名

助教

研究分野・キーワード

ホタルルシフェラーゼ, 生物発光, チオエステル化, 抗体, ファージディスプレイ

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.sci.kagoshima-u.ac.jp/kato/

プロフィール

有機化学的な視点からタンパク質の解析を行い有用物質の生産に結びつけたいと考えています。タンパク質の有する可能性を見出し、それを最大限に高めることが目標です。ターゲットはホタルルシフェラーゼやチオエステル化酵素等の酵素、および抗体です。酵素は触媒として働き、遷移状態の分子を選択的に安定化させることで化学変換反応速度を著しく上昇させます。私は特に、酵素の有する特異な反応場を利用した付加的な物質変換反応や、高い不斉認識能力を利用した不斉点制御に興味を持っており、酵素が基質(低分子化合物)をどのように認識しているのかを明らかにする研究を進めています。一方、抗体は基底状態の分子と選択的に結合します。この認識方法は酵素が取っている識別戦略と同じか否かについても研究を行っていきます。

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学  理工学研究科

    博士課程,2005年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),生体関連化学,慶應義塾大学,課程,2005年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻,助教,2014年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生物工学会和文誌編集委員,2012年01月 ~ 2019年05月,日本国

  • 生体触媒化学研究会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本化学会,2000年04月 ~ 継続中,日本国

  • 日本農芸化学会,2005年04月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 生体関連化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Characterization of the 3-methyl-4-nitrophenol degradation pathway and genes of Pseudomonas sp. strain TSN1,J. Biosci. Bioeng.,126巻 3号 (頁 355 ~ 362) ,2018年09月,Masahiro Takeo, Kenta Yamamoto, Masashi Sonoyama, Kana Miyanaga, Nana Kanbara, Koichi Honda, Dai-ichiro Kato, Seiji Negoro

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Structural basis of the correct subunit assembly, aggregation, and intracellular degradation of nylon hydrolase,Sci. Rep.,8巻 (頁 9725 ~ ) ,2018年06月,Seiji Negoro, Naoki Shibata, Young-Ho Lee, Ikki Takehara, Ryo Kinugasa, Keisuke Nagai, Yusuke Tanaka, Dai-ichiro Kato, Masahiro Takeo, Yuji Goto, Yoshiki Higuchi

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,mtDNA CO II遺伝子領域の解析によるゲンジボタルの養殖個体と野生個体の地域個体群の判定,DNA多型,26巻 1号 (頁 64 ~ 68) ,2018年06月,斎藤 達也, 石黒 直哉, 加藤 太一郎

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Biosynthetic Pathway and Genes of Chitin/Chitosan-Like Bioflocculant in the Genus Citrobacter,Polymers,10巻 3号 (頁 237 ~ ) ,2018年02月,M.Takeo, K.Kimura, S.Mayilraj, T.Inoue, S.Tada, K.Miyamoto, M.Kashiwa, K.Ikemoto, P.Baranwal, D.Kato, S.Negoro

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Metabolic pathway of 6-aminohexanoate in the nylon oligomer-degrading bacterium Arthrobacter sp. KI72: identification of the enzymes responsible for the conversion of 6-aminohexanoate to adipate,Appl. Microbiol. Biotechnol.,102巻 2号 (頁 801 ~ 814) ,2017年12月,I.Takehara, T.Fujii, Y.Tanimoto, D.Kato, M.Takeo, S.Negoro

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,“Firefly Luciferase as Biocatalysts”, Editors: Tomoko Matsuda, Future Directions in Biocatalysis, 2nd Edition, Chapter 8,Elsevier,2017年08月,D.Kato

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,生体触媒によるカルボン酸の変換反応と光学活性体調製,小宮山眞監修, 酵素利用技術体系~基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで~, 第5編 酵素を操る, 第1章 酵素を使った物質合成(エヌ・ティー・エス出版),2010年06月,加藤太一郎

    単行本(学術書),単著

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会,和文誌編集委員,2012年01月 ~ 継続中