基本情報

写真a

佐藤 紘一

Koichi Sato


職名

教授

プロフィール

金属材料の照射損傷組織の発達過程の解明

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 機械工学専攻,准教授,2014年10月 ~ 2018年03月

  • 鹿児島大学 理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 機械工学専攻,教授,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会,2000年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本物理学会,2003年01月 ~ 継続中,日本国

  • プラズマ・核融合学会,2008年06月 ~ 継続中,日本国

  • 日本陽電子科学会,2010年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本鉄鋼協会,2015年02月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 高エネルギー材料工学

  • 格子欠陥

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Quantitative evaluation of hydrogen atoms trapped at single vacancies in tungsten using positron annihilation lifetime measurements: Experiments and theoretical calculations,Journal of Nuclear Materials,496巻 (頁 9 ~ 17) ,2017年09月,Koichi Sato, Akira Hirosako, Kazuki Ishibashi, Yuto Miura, Qiu Xu, Masahira Onoue, Yasuo Fukutoku, Takashi Onitsuka, Masahiko Hatakeyama, Satoshi Sunada and Toshimasa Yoshiie

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Simulation of the effect of volume size factor of solute atoms and their clusters on one dimensional motion of interstitial clusters in Ni binary alloys,Computational Materials Science,132巻 (頁 1 ~ 5) ,2017年02月,K. Sato, Q. Xu and T. Yoshiie

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Detection of Deuterium Trapping Sites in Tungsten by Thermal Desorption Spectroscopy and Positron Annihilation Spectroscopy,Nuclear Materials and Energy,9巻 (頁 554 ~ 559) ,2016年12月,K. Sato, R. Tamiya, Q. Xu, H. Tsuchida and T. Yoshiie

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Ni Ion Damage Structures and Hardness Changes in Austenitic Stainless Steels and their Model Alloys,Journal of Physics: Conference Series,674巻 (頁 012009 ~ ) ,2016年01月,K. Sato, S. Ishioka, Q Xu, T. Yoshiie, H Tsuchida, and A. Itoh

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Defect structures of F82H irradiated at SINQ using positron annihilation spectroscopy,Journal of Nuclear Materials,468巻 (頁 281 ~ 284) ,2016年01月,K. Sato, K. Ikemura, V. Krsjak, C. Vieh, R. Brun, Q. Xu, T. Yoshiie, and Y. Dai

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本陽電子科学会奨励賞,2015年11月27日,日本国,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本陽電子科学会,佐藤紘一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,陽電子消滅分光法を用いた金属中の格子欠陥に捕獲された水素の非破壊定量評価