基本情報

写真a

丸谷 美紀


職名

教授

プロフィール

文化看護、生活習慣病予防、自殺対策

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医学部 保健学科,教授,1955年04月 ~ 継続中

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,〔‘住民の価値観・生活・つながり’を大切にする保健指導方法ABC〕研修受講者の文化的能力の発展,文化看護学会誌,8巻 1号 (頁 2 ~ 13) ,2016年05月,丸谷美紀 佐藤紀子 大澤真奈美 宮崎美砂子 雨宮有子 細谷紀子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,全て,共著,地域看護学

  • 英語,Public Health Nurses’ Activities for Suicide Prevention in Japan,public health nursing,2016年,MIKI Marutani, NORIKO Mitani Yamamoto,SHMPEI Kodama

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著,地域看護学

  • 日本語,自殺対策における保健師のNPO等支援団体との協働方法,日本公衆衛生雑誌,2016年,丸谷美紀 岡田由美子 長谷川卓志

    研究論文(学術雑誌),査読有り,単著

  • 日本語,市町村における新人保健師現任教育上のニーズ(第2報)-管理的立場からみた現任教育体制の現状と工夫に基づく検討,千葉県立保健医療大学紀要,5巻 (頁 49 ~ 58) ,2014年03月,細谷紀子 雨宮有子 大光房枝 丸谷美紀 佐藤紀子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 日本語,:市町村における新人保健師現任教育上のニーズ(第1報)-就職1年後の時点での保健師活動実践能力達成度とそれに関わる経験,千葉県立保健医療大学紀要,5巻 (頁 41 ~ 48) ,2014年03月,雨宮有子 細谷紀子 大光房枝 丸谷美紀 佐藤紀子

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 文科省科学研究費,2014年04月 ~ 2017年03月,:乳幼児虐待予防のアセスメント指針と看護介入プログラムの開発に関する研究,大澤真奈美

    :乳幼児虐待予防のアセスメント指針と看護介入プログラムの開発に関する研究

  • 文科省科学研究費,2013年04月 ~ 2016年03月,公衆衛生看護への意欲を継続し実践の質を高めていくための支援モデルの開発,雨宮有子

    公衆衛生看護への意欲を継続し実践の質を高めていくための支援モデルの開発

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2015年03月,‘地域の文化’に即した生活習慣病予防のポピュレーションアプローチの展開方法,丸谷美紀

    ‘地域の文化’に即した生活習慣病予防のポピュレーションアプローチの展開方法

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第73回日本公衆衛生学会,国内会議,2014年11月,栃木,高齢者のエンパワメント支援指針を活用した介護予防事業参加高齢者の変化 第2報,その他

  • 第73回日本公衆衛生学会,国内会議,2014年11月,栃木,高齢者のエンパワメント支援指針を活用した介護予防事業参加高齢者の変化 第1報,その他

  • 第73回日本公衆衛生学会,国内会議,2014年11月,栃木,生活習慣病予防のポピュレーションアプローチに見られる文化を考慮した保健師の援助3,その他

  • 第73回日本公衆衛生学会,国際会議,2014年11月,栃木,生活習慣病予防のポピュレーションアプローチに見られる文化を考慮した保健師の援助2,その他

  • 第73回日本公衆衛生学会,国内会議,2014年11月,栃木,生活習慣病予防のポピュレーションアプローチに見られる文化を考慮した保健師の援助1,その他

全件表示 >>