基本情報

写真a

原 博満

Hiromitsu Hara


職名

教授

研究分野・キーワード

ITAM、CARD9、CARMA1、CARD11、自然免疫、リンパ球抗原受容体、NF-kB、化合物アレルギー、結核

プロフィール

ITAM受容体を介した異物認識機構

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  農学部

    大学,1992年03月,卒業,日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 九州大学  医学系研究科  病理系専攻

    博士課程,2001年03月,修了,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),免疫学,九州大学,課程,2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 鹿児島大学 医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 感染防御学講座 免疫学分野,教授,2014年09月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本寄生虫学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本細菌学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本生体防御学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

  • 日本インターフェロンサイトカイン学会,2015年10月 ~ 継続中,日本国

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 免疫学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,IL-27-producing CD4+ T cells regulate protective immunity during infection with malaria parasites.,Immunity,44巻 (頁 672 ~ 682) ,2016年03月,Kimura D, Miyakoda K, Kimura K, Honma K, Hara H, Yoshida H, and Yui K

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Loss of CARD9-mediated innate activation attenuates severe influenza pneumonia without compromising host viral immunity.,Scientific Report,5巻 (頁 17577 ~ ) ,2015年12月,Uematsu T, Iizasa E-I, Kobayashi N, Yoshida H, and Hara H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,Clustering of CARMA1 through SH3-GUK domain interactions is required for its activation of NF-κB signaling,Nature Communications,5巻 (頁 3755 ~ ) ,2015年01月,Hara H, Yokosuka T, Hirakawa H, Ishihara C, Yasukawa S, Yamazaki M, Koseki H, Yoshida H and Saito T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,An ITAM-Syk-CARD9 signaling axis triggers contact hypersensitivity by stimulating IL-1 prod,Nature Communications,5巻 (頁 3775 ~ ) ,2014年07月,Yasukawa S, Miyazaki Y, Yoshii C, Nakaya M, Ozaki N, Toda S, Kuroda E, Ishibashi K-I, Yasuda T, Natsuaki Y, Mi-ichi F, Iizasa EI, Nakahara T, Yamazaki M, Kabashima K, Iwakura Y, Takai T, Saito T, Kurosaki T, Malissen B, Ohno N, Furue M, Yoshida H, and Hara H

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

  • 英語,C-type lectin Mincle is an ITAM-coupled activating receptor that senses damaged cells. ,Nature Immunology,9巻 10号 (頁 1179 ~ ) ,2008年10月,Yamasaki S, Ishikawa E, Sakuma M, Hara H, Ogata K and Saito T

    研究論文(学術雑誌),査読有り,共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 英語,CARD9 vs. CARMA1 in innate and adaptive immunity,Trends in Immunology,30巻 5号 (頁 234 ~ ) ,2009年05月,Hara H and Saito T

    総説・解説(学術雑誌),共著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2012年04月 ~ 2015年03月,肺感染症における新規自然免疫受容体の役割の解明,原博満

    肺感染症における新規自然免疫受容体の役割の解明

  • 基盤研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,CARMA1シグナルの制御機構と免疫恒常性維持における役割,原博満

    CARMA1シグナルの制御機構と免疫恒常性維持における役割

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第88回日本細菌学会総会ワークショップ「PAMPs受容体研究の最前線」,国内会議,2015年03月,岐阜,自然免疫による結核菌ミコール酸脂質の認識. ,その他

  • 第60回日本臨床検査医学会 九州地方会 特別公演,国内会議,2015年03月,鹿児島,骨髄系ITAM受容体を介した免疫応答の制御,その他

  • 沖縄感染症医療研究ネットワーク基盤構築事業 「ワクチン及びアジュバントの研究ネットワーク活用型研究開発」シンポジウム,その他,2014年11月,那覇,ITAMシグナルを介した自然免疫応答.,その他

  • 日本生化学会シンポジウム,国内会議,2014年10月,京都,アレルギー性化合物による自然免疫活性化機構,その他

  • 日本生化学会西日本支部会シンポジウム,国内会議,2014年05月,福岡,化学物質アレルギーの感作機構,その他

全件表示 >>